5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮50年戦争を語る(煽り禁止)

1 :名無し三等兵:01/10/10 03:25 ID:IFan9hcs
あの朝鮮戦争が休戦となって、50年が過ぎました。
言うまでもありませんが、「休戦」は「終戦」ではありません。
形骸的とはいえ、まだ朝鮮戦争は続いてるのです。
この戦争、いったいどうなるのでしょうか。
そして、戦略戦術的には第二次大戦型戦術の集大成といえる一方、
相手は前時代的な人海戦術で圧倒してきたり、
ジェット機などの新兵器が投入されるという、非常に興味深い展開でした。
この語るべき部分が多い朝鮮戦争を、煽り抜きで語りましょう。

2 :名無し三等兵:01/10/10 03:26 ID:L0JGKMF.
             ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい、>>1
     「 ⌒ ̄ |    |    ||   (`∀´ )    \___________
     |   /       |    |/   /     \
     |    | |     |    ||    | |   /\\
     |    | |     |    |  へ//|  |  | |
     |    | |   ロ|ロ   |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
      | | | | >    |    |     | |
     / / / / |     |    〈|     | |
     / / / / |     |    ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |
        

3 :名無し三等兵:01/10/10 03:49 ID:on.oh8go
せっかく1がマジメに語ろうとしているのに、
2がこれじゃあね・・・
不覚にも爆笑したよ。

4 :名無し三等兵:01/10/10 03:52 ID:IFan9hcs
 1950年に勃発した朝鮮戦争は、局地戦争だったとはいえ東西対立最初の発火点と
なり、第2次大戦後に発生した最大規模の国際戦争であった。軍事的には何度も攻守を
変えるきわめて特異なシーソーゲームとなり、そして結局、何も情勢が変わることのな
かった奇妙な戦争であった。
 第2次大戦での日本の敗北とともに勢力の空白地帯となった朝鮮半島は独立を回復す
ることなく、米ソ両国の進駐を受け、北緯38度線を境に南北に分断されてしまう。
 1948年、ソ連が領する北半分は「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」、米国が
領する南半分は「大韓民国(韓国)」として独立する。だが2年後の1950年6月2
5日、政治的に混乱する韓国に対して北朝鮮が突如侵攻する。T34を先頭に進撃する
北朝鮮軍に対して、重装備のない韓国軍はその侵攻をまったくくい止めることができ
ず、わずか3日で首都京城が陥落する。駐留していた米第24師団もT34を撃破する
手段がなく敗走、米韓軍は朝鮮半島の南端、釜山まで後退し、そこで最後の防衛線を展
開した。
 北鮮軍も補給の関係から「釜山橋頭堡」を攻めあぐんだ。8月に最後の攻勢を加える
が、次々と釜山に揚陸され、増強を続ける米軍中心の国連軍(7月7日決議)の頑強な
抵抗と、日本本土および空母群から飛び立つ数百機の航空部隊が空からの攻撃を加えて
進撃しようとする北鮮軍を撃破し、戦線は膠着状態となった。

5 :名無し三等兵:01/10/10 03:52 ID:IFan9hcs
 攻勢の失敗で消耗した北鮮軍に対し、戦力差を逆転した国連軍は9月15日、無防備
に近い京城西方の港湾都市仁川への上陸作戦を敢行する。マッカーサーの大胆な作戦が
見事に功を奏して形勢は一気に逆転し、10日後には京城を奪回、国連軍が北朝鮮全軍
を包囲するかというような戦況となる。包囲をおそれた北鮮軍は釜山より全面的に退
却、釜山の国連軍はこれを追って反撃に転じた。航空部隊は退却する北の軍隊に空爆を
加え、追い打ちをかけた。
 完全に攻守ところを変えた国連軍は10月に38度線を突破、同19日には北朝鮮の
首都平壌を占領する。軍事力の壊滅した北朝鮮は成すすべもなく、同27日、中朝国境
の鴨緑江まで追いやられた。
 国連軍が北朝鮮をほぼ全面的に占領したことにより戦争は終結するかと思われたが、
状況は中国の介入により一転する。10月末、義勇軍と称した中共正規軍30万が鴨緑
江を越え、寒さに震える国連軍に襲いかかったのである。突如としてキャンプに現れ、
倒しても倒してもその死体を乗り越えて前進してくる「人海戦術」は、これまでの軍事
的良識を覆すような攻撃であり、国連軍兵士を恐怖の渦に巻き込んだ。航空部隊が1日
延べ2000機以上も出撃し、地上部隊の支援に投入されたが、その死を恐れぬ攻撃と
圧倒的な兵力差はそれだけでカバーできるものではなく、国連軍は退却するほかなかっ
た。形勢は再び逆転し、中朝軍は12月末に再度38度線を突破、またもや京城を占領
した。深刻な状況に陥った国連軍は核兵器の使用を検討するが、核戦争の引き金になる
ことを恐れたトルーマン米大統領に拒否された。

6 :名無し三等兵:01/10/10 03:53 ID:IFan9hcs
 圧倒的な人的優勢を持って攻勢を続けていた中朝軍であったが、1951年に入ると
寒さと補給不足に苦しみ、その攻勢が鈍くなった。それを知った国連軍は航空攻撃によ
って後方補給線を徹底的に叩くとともに、重火器のさらなる強化と人海戦術に対応する
防御戦術によって再び態勢を立て直し、1月末には反撃に転じた。3月には再三京城を
奪回し、38度線以北に中朝軍を駆逐した。
 ところが4月には、補給状況を改善した中朝軍がまたもや反撃に転じ、38度線を突
破する情勢となる。マッカーサーは再び核兵器の使用を画策するが、この問題でついに
総司令官から解任されてしまう。兵力的な限界に達していた国連軍は圧倒的優勢な重火
力と空軍力で中朝軍を制圧し、じりじりと北上した。この重火力攻勢に対抗するため、
中朝軍は東西海岸線を結ぶ大規模な重深陣地の構築をはじめた。この大陣地帯を突破す
ることはいかなる重火力を持ってしても容易ではなく、戦いは38度線北方で完全な膠
着状態に陥った。

7 :名無し三等兵:01/10/10 03:53 ID:IFan9hcs
 双方決め手を失った両陣営は7月から休戦交渉に入ったが、交渉は進展せず、2年後
の1953年7月27日にようやく休戦協定が締結された。その間、両軍はまったく無
益な消耗戦を繰り広げることになった。北鮮軍はゲリラ戦で国連軍陣地を襲い、国連軍
は空爆で北鮮の工場・発電施設・鉄道などを破壊した。交渉がまとまろうかという19
53年の4月には交渉を有利にすべく、中朝軍最後の攻防戦が京城前面で展開された。
これに対抗する国連軍は4700ソーティにおよぶ航空部隊の出撃と770輌の戦車、
2200門の火砲をもって反撃、5月までには失地を回復した。中朝軍の大規模な攻勢
は休戦成立までに2度繰り返されたが、結果は同じであった。この戦争で双方何も得る
ものはなく、朝鮮半島が焦土と化しただけであった。そして状況の変わらぬまま、現在
に至るのである。

8 :名無し三等兵:01/10/10 03:54 ID:IFan9hcs
 朝鮮戦争ではついにジェット機が主力となり、ジェット機同士の空戦も繰り広げられ
た。国連軍の圧倒的な空軍力に対抗すべく、1950年10月から中朝軍がソ連製の後
退翼ジェット戦闘機ミグ15を投入すると、それまで朝鮮上空を制していたF80、F
84、F9Fといった旧式ジェット機ではミグ15に対抗できず、日本を焦土としたB
29爆撃機もミグ15が現れると次々に叩き落とされていった。ミグ15に対抗するた
めに、国連軍は最新鋭の後退翼ジェット戦闘機F86セイバーの投入を待たねばならな
かった。以後、朝鮮上空を翔けるミグ15対F86の空中戦は新しいジェット機時代を
象徴する戦いとなった。もっとも、ミグ15の登場によっても全面的な国連軍の航空優
勢は変わることなく、常に空を飛んでいたのは国連軍の航空機であった。

9 :開戦前の状況:01/10/10 04:03 ID:IFan9hcs
 日本の降伏後、朝鮮半島は連合軍最高司令官命令第一号により、北緯三十八度線を境
として、北部をソ連軍、南部をアメリカ軍が占領することとなった。だが、明確な朝鮮
統治プランを持っていなかったアメリカに対し、極東方面における日露戦争以前の権益
回復を狙っていたソ連の動きは素早かった。
 一九四五年五月のドイツ降伏から太平洋戦争末期の頃には、すでに米ソの対立は避け
がたいものとなっていた。日本の戦後体制を巡る米ソの駆け引きは顕著なものとなり、
八月六日の広島原爆投下に続く同八日のソ連参戦は、満州及び朝鮮占領の既成事実と戦
後極東情勢に対する発言力の拡大を狙ったものであった。
 極東ソ連軍はすでに実態なき存在となっていた関東軍を満州から蹴散らし、日本のポ
ツダム宣言受諾を無視して南進を続行、八月二十六日には平壌に入城した。これに対し、
アメリカが朝鮮へ兵を進めたのは、九月八日になってからのことだった。
 植民地だった朝鮮の将来については、一九四五年十二月のモスクワ協定で独立国とし
て再建を進めていくことが定められた。一九四六年三月、同協定に基づいた米ソ合同委
員会が京城で開催されたが、協議は最初から難航し、翌年五月の第二次合同委員会でも
紛糾、ついに無期休会に入り、南北朝鮮の分裂は避け難いものとなった。
 すでに北朝鮮では、金日成を委員長とする臨時人民委員会が一九四六年二月に発足、
翌年には総選挙を経て正式な人民委員会として成立した。さらにソ連軍の積極的な援助
によって人民軍も編制され、国家体制が着々と固められつつあった。
 北朝鮮のソビエト化を急速に進めるソ連に対し、アメリカの軍政司令官ジョン・ホッ
ジ中将は南朝鮮の安定化に失敗した。混乱の発端は、日本の朝鮮総督による統治を続け
させようとしたことだった。これはマッカーサーの日本占領政策をまねようとしたもの
であったが、当然のことながら民衆の猛反発をかい、ホッジは三日後にこれを撤回しな
ければならなかった。
 その後、南朝鮮では左右勢力の対立による政治的混乱が続く。大規模なゼネストの展
開などにより、一時はアメリカの軍政も危機に陥るが、米軍を背景とした李承晩を中心
とする右翼勢力が左翼勢力を弾圧していった。
 南朝鮮は一九四七年二月の暫定政府発足、翌年五月十日の総選挙を経て、一九四八年
八月十五日に「大韓民国」の独立を宣言する。これに対し、北朝鮮も九月八日に「朝鮮
民主主義人民共和国」の独立を宣言、朝鮮半島は二つの国家に分裂することとなった。
 独立宣言後、北朝鮮は米ソ両国に対し、朝鮮からの即時撤兵を要求する。これは北朝
鮮がすでにソ連軍に準じた軍事態勢を整え、韓国に対する軍事的優勢を確保していたか
らに他ならない。思惑通りに北朝鮮軍を整備することができたソ連は、当然ながらこれ
を受け入れ、年末までに撤兵を完了した。
 一方のアメリカは、ヨーロッパを中心とした対ソ戦略を採択、独立後も政治的混乱の
収拾に難航し、アメリカ極東戦略の枠外でもあった韓国から撤兵する時期を図っていた。
韓国政府の要求により、当初は駐留を継続すると発表したものの、最終的には五〇〇名
の軍事顧問団を残し、一九四九年六月二十九日までに撤兵した。
 GHQの総司令官として日本の復興にあたっていたマッカーサーは、同時期に中華人
民共和国が成立し、中国大陸が赤化したことで、北朝鮮の成立にも大きな危機感を抱く
ことになった。マッカーサーは北朝鮮軍南進の危機を幾度となくワシントンに報告した。
だが、ワシントンはこれを聞き入れようとしなかった。アジア軽視の風潮は、まさに太
平洋戦争直前の状況と同じであった。

10 :名無し三等兵:01/10/10 04:04 ID:Agkstwh2
目がチカチカする・・・

11 :名無し三等兵:01/10/10 04:07 ID:IFan9hcs
 独立後も政治的混乱が続き、「韓国はアメリカにとって負債である」という意見もあって、韓国に対するアメリカの支援は消極的だった。特に李承晩の「北進」を警戒し、韓国には警察軍程度の兵力しか与えなかったのである。

12 :名無し三等兵:01/10/10 04:11 ID:p3I8xUMo
そういや日本の掃海艇が出動したのだった

13 : :01/10/10 04:15 ID:RZaKnYG.
李承晩は「南進」も計画していた、って話。
本当??

14 :名無し三等兵:01/10/10 04:32 ID:IFan9hcs
>13
南進じゃなく、北進。
李承晩の赤狩りがすごくて、
これで軍事力与えたら間違いなく北進するだろうと
アメリカは考えたらしい。

15 :名無し三等兵:01/10/10 04:46 ID:lgJ8Uc/A
あり?対馬、壱岐、竹島、九州への侵攻作戦があったって聞いた事があるのだが。

16 : :01/10/10 04:50 ID:RZaKnYG.
そう、壱岐対馬。
開戦当時、韓国軍は半島南部に終結していたので対応が遅れた、
とか、
韓国を警戒した米軍が、防衛ラインを半島から日本に引き下げていた
とかいう話なんだけど…。(ソース不明)

17 :名無し三等兵:01/10/10 07:23 ID:iGbwHN4I
 それニュース極東とかでももっともらしく語られてる話だけどソースが付いてた
事がないからガセだと思ってる。
 いかにも有りそうな話ではあるけどね。

18 :名無し三等兵:01/10/10 07:31 ID:Jvwg5uOo
>>17
でも、実際に竹島取られてるからね・・・。

19 :名無し三等兵:01/10/10 09:18 ID:IFan9hcs
>18
それはアメリカが線引き間違えたからじゃないの?
米軍の半島撤退は9にあるように北朝鮮の提唱によるもの。
ソ連が引き揚げたためにアメリカも引き揚げざるを得なかった。
ただ、11にあるように
「韓国はアメリカの負債である」という考えは進駐した初期の頃からあったらしい。
ソ連がいなければさっさと引き揚げたかったということか。

20 :名無し三等兵:01/10/10 09:31 ID:IFan9hcs
個人的には陸がT34/85、空はF4U大活躍マンセー、かな

21 :名無し三等兵:01/10/10 09:42 ID:.r0NXMf2
竹島は、一時期、韓国がヤバクなったときに
アメリカが日本政府に対し「無線基地として使用するので
戦争が終わるまで韓国に貸してやれ」と言われて
そのままになったと聞くが。

ま、いずれにせよアメリカって杜撰。
北方領土がああなった責任は50%は当時の
占領者アメリカ。残りは無論、ロシア。
ちなみに、北方領土を南千島に限定するのは
俺的には(?)
江戸時代は南千島+南樺太となっていた筈。

22 :大陸打通太郎:01/10/10 11:19 ID:PISok7/6
硫黄島・沖縄の陥落により本土爆撃・海上封鎖が激しくなったことで
大陸打通作戦の勝利を持ってしても南方からの補給・空爆阻止は
不可能であった。とはいえ中国のゴロツキチンピラナラズ者集団を
徹底的にやっつけて、その後の米中離間を大きく促進しえたことは、
ヤルタ会談・国共内戦・朝鮮戦争で確認することができる。

23 :名無し三等兵:01/10/10 11:26 ID:.r0NXMf2
煽りは禁止!

24 :名無し三等兵:01/10/10 16:20 ID:Wo9tx07s
戦車のことも語ってクレー
T−34/85 VS M4イージーエイト
ほぼ互角? T−34/85にはかなわなかった?
資料によってまちまちの評価だが実際のところはどうだったと思う?
JS−2・JS−3・T−44は使われてたの?
M26やセンチュリオンとの戦闘記録とかはあるの?

25 :事実上の敗戦:01/10/10 16:33 ID:f6rgsrlk
金のパパが平和を口にしたのは、もう降参と言うことでしょう。
戦車の話がしたいとのことですが、北朝鮮の主力戦車がいまでも
T-34/85だそうです。

26 :名無し三等兵:01/10/10 16:34 ID:wOk.UeZ6
マッカーサーが解任されたのは、米軍の作戦計画が国連を通じて筒抜けになっているとトルーマンに、クレームを付け、独断で作戦行動を起こそうとしたかららしい。

27 :名無し三等兵:01/10/10 16:54 ID:.r0NXMf2
>T−34/85 VS M4イージーエイト

これは、もうユーザーの能力如何です。
ある写真でT34/85が数量ノックアウトされており
遠景には2両のM4A3E8も撃破されている光景。

ベトナムの例で何ですが1975年4月(サイゴン政府
崩壊寸前)サイゴン政府のM48、6両が北ベトナム
(当時の)T-55、8両と戦車戦になり双方各3両だか4両を
ノックアウトされたとの記事(81年ごろの戦車マガジン)
があります。ユーザーが同程度なら結果も同程度。

センチュリオン・M-26はT-34の負け

28 :ミリ屋哲 ◆ZIX.r92I :01/10/10 18:04 ID:PEZAQUE.
朝鮮戦争、センチュリオンよりもチャーチルに萌える漏れは変態?

29 :名無し三等兵:01/10/10 18:08 ID:.r0NXMf2
ムカデを連想するね・・・
あの、転輪たくさん

30 :名無し三等兵:01/10/10 18:19 ID:.r0NXMf2
Caterpillar は 芋虫だたっけ。

31 :名無し三等兵:01/10/10 19:44 ID:IFan9hcs
朝鮮戦争に参加した最新鋭機はなんだ?F86どまり?

32 :名無し三等兵:01/10/10 19:56 ID:XxemunWQ
31は真性厨房

33 :名無し三等兵:01/10/11 02:21 ID:1Ttc.QiU
韓国軍及び駐韓米軍に配備されていたバズーカではT34/85を撃破することができず、
大敗走につながった。

34 :名無し三等兵:01/10/11 08:58 ID:ZVzvE4qc
これで、たっぷり楽しんで・・・
http://rt66.com/~korteng/SmallArms/prisoner.htm

アメリカのウェブ頁でありながら、こんなんでも
出すところがエライ。
宣伝写真のサカナにされている米兵が首からM-1ガーランドを
吊り下げたままなのは、マヌケさを強調するための演出か。

ともあれ、この頁見てるとアノ戦は新兵器の実験場であると同時に
第二次大戦兵器の処分場でもあったようだ。
特に敵味方共々使用した、菊の御紋のない日本軍兵器の・・・(嗚咽

35 :名無し三等兵:01/10/11 09:22 ID:U3DeG8aw

>>17
「歴史群像シリーズ 朝鮮戦争上」の李承晩の韓国人学者著コラムに
少なくとも側近達は日本侵攻を考えていたと記述してあったよ。
李承晩自身については言及してなかったけど。

36 :名無し三等兵:01/10/11 09:45 ID:cuX.irXg
>>55
おじさんは群馬出身なので、東京の幼年学校ではないかと思います。

37 :名無し三等兵:01/10/11 09:48 ID:1Ttc.QiU
>35
むう、学研はデムパ記事をもっともらしく掲載することがあるからなあw
しかも韓国人学者のコラムか。。。

38 :名無しさん:01/10/11 10:42 ID:AtU82VsI
正直、塗留漫も松笠もちょん半島に核叩き込んで置けば
良かったと思う。

39 :大渦よりの来訪者 ◆8An/neko :01/10/11 10:55 ID:CSlIu3Wg
もしネタはあんまり良くないとは判ってはいるんですが………。
もし、韓国がその時点で日本に攻め込んでいたら何が起こったんだろう。
気になる……とても気になる。

40 :名無し三等兵:01/10/11 12:23 ID:1Ttc.QiU
>39
そうなったら、北朝鮮がその隙をついて南進を開始。
日本は米軍の支援を受けて反撃し(米は当然韓国より日本をとるでしょう)、
韓国はただ南北から袋叩きになっただけ、という気がしないでもないw
戦後処理はどうするのかな。さて。北が半島の分割を許すはずないから。
日本は済州島ぐらい手に入れられたかな。

41 :落とし穴で戦車退治:01/10/11 12:37 ID:V2Ajw6CE
朝鮮戦争って南の敵はソ・中・北軍って感じだけど
忘れている気がするゲリラの蜂起ってのは軍事的にどれくらいの
効果だったんだろう。

ところで
この板って戦史・戦術系の人と兵器系の人が割れてるみたいだね。
集まってる数なんか見てると兵器>>>戦術って感じだけど。

42 :名無し三等兵:01/10/11 12:44 ID:TaXQJO26
つーか、50年経ってないと思うが…

43 :名無し三等兵:01/10/11 12:51 ID:ZVzvE4qc
大きな図書館に行けばあると思うが、韓国の現代小説「南部軍」
を読めばゲリラの活動について詳しい。
小説の体裁だが、作者の体験談である。(戦争終結後投降)
作者は北側の政治将校でゲリラ戦を指導する為南側に残った。
最後のゲリラが韓国国軍に投降したのは戦争終結後2〜3年経ってからだった
らしい。

44 :名無し三等兵:01/10/11 13:35 ID:TaXQJO26
ねぇ、疑問に答えてよ
1953年に終わったのに、どう計算したら休戦後
50年経ったという答えになるの?

45 :名無し因果応報:01/10/11 13:40 ID:38pP9T/E
>>39
韓国の軍事力を考えるになかなか辛いものがあるかと思います。一応、当時の日本には
復員兵が多数いたわけでアメリカからすれば彼らを以て当面の対抗兵力を整備するのは
容易いことだったでしょうし。

しかし、こうして見ると日本というのは数奇な運命で今、こうなっているのですね〜。

極個人的には朝鮮戦争での英機動部隊の活躍話をきぼんぬ……。

46 :名無し三等兵:01/10/11 13:46 ID:ZVzvE4qc
http://korea50.army.mil/
これのタイトルを素直に信じたまでさ
>44

47 :名無し三等兵:01/10/11 13:48 ID:Cty9yEX.
多分開始と間違ってるんじゃ無いの?>44

48 :名無し三等兵:01/10/11 13:55 ID:1Ttc.QiU
>42
朝鮮戦争は戦術的にも面白いねえ。兵器は新旧ごちゃ混ぜだし。
仁川上陸作戦は
よくあんな上陸不適当っぽい適地を見つけたなという感じ。
マッカーサーが原爆投下を独断でやっていたらどうなったか
というのも興味深い。

49 :名無し三等兵:01/10/11 13:56 ID:1Ttc.QiU
>44
くだらん揚げ足とってる暇があったら建設的な意見でもかきこめや
ひきこもりが

50 :キムチズム:01/10/11 14:08 ID:.tBdJ8zE
関係ないけど共和国は中国人民志願軍のこと教えないで
自分達だけで戦ってきたみたいなこと言ってるらしいね。

51 :名無し三等兵:01/10/11 14:12 ID:ZVzvE4qc
アノ国のとんでもない独善性が
一緒に血を流した戦友を無視するところにある。
中国の政府はともかく、一般の中国人は
金ちゃんの国が大嫌いなそうな。
洩れの知り合いの中国企業の経営者が怒っとったわ。
まだ、韓国人や日本人がはるかにマシだとさ。


国連軍ソウル再度奪還→共産側春期攻勢→
撃退→キラー作戦
で、以後双方手詰まりのため、戦線が固定した
陣地戦になり51年、最初の休戦交渉が開始された。
これを記念して50周年としている。

52 :名無し三等兵:01/10/11 14:23 ID:ZVzvE4qc
2年ほど前、
中国、大連の貿易会社の社長の話、
「アノ国は最低や!」(何故か突然大阪弁)
話によると、数年前に大連から陸路貨車積みで
食糧数百トンを輸出したが、代価とすべき
鉱産物、水産物を送ってこないだけでなく
貨車自体が帰ってこなかった。
やがて、貨車は返されてきたが、ボロボロになって
いたとのこと。
何より、彼が怒るのは、あちらの教科書では朝鮮戦争は
外国の援助無しで戦ったとされており、中国が完全無視
されている点にある。

53 :名無し三等兵:01/10/11 14:30 ID:SuUauu8A
>>52
信じられないが本当だ からの関連コピぺ

歴史読本って「349」だったんだね。
コバらの新しい教科書批判の緊急特集本出てたけど
別にあの教科書は批判してくれてOKなんだけど
と同時に批判の対象とならねばならない中国の教科書を
全く批判せず、「事実を淡々と」とか肯定気味。
日教組のオバさん教師の文言みたいな
「私達教師を再び犯罪者にしてはならない」
とデカデカと書いてありどう見ても行き過ぎでした。
今まで戦史関連で歴史読本をちょくちょく見てただけに
そんな政治性を持っていたとはとてもショックです。

俺もショックだ。

54 :名無し三等兵:01/10/12 11:29 ID:6r4ugBqs
>>24
ドラゴン(模型メーカー)のカタログ見てたら
コリアンウオーシリーズって言うのがあって
JS−2mとJSU−152があったから実戦投入されてたのかも
記録や写真は見たこと無いけどね

55 :名無し三等兵:01/10/12 11:38 ID:Xv4nnV5.
銃剣付きカービン銃の歩哨
当時は当然占領下、そのころ大学生であった昔の指導教官は
帰省するときに関門海峡トンネルに入るときに列車が最徐行
そしてトンネル入口に歩哨や車両に銃剣を着剣した米兵が警
乗しており、改めて目先の半島での動乱であると実感したと
もう15年前に語っていた。
今回の事件で要所要所に鉄帽姿の警官を見ると、彼らが拳銃
ではなくカービン銃を肩から下げて警備、鉄道警察隊も小銃
装備で警乗するようになったら戦時色が一挙に強まるのだな
あと感慨にふけってしまう。

56 :名無し三等兵:01/10/14 04:37 ID:M/l4MUDD
釜山まで行きながら追い落とせなかったのはいかにも惜しかった。
統一朝鮮になっていれば国軍復活、叩きがいもあったのに。
しかし、釜山が落ちると国内に韓国難民が大量流入するからやばいか。
下手すると九州北部をかすめ取られたかもしれん。

57 :名無し三等兵:01/10/14 10:48 ID:DU1NcPy/
以下は中国側の宣伝写真
ノックアウトされたM−26、
輸送中のJS−Uなど
載っているサイトはアメリカの頁なので
勿論、国連軍側の情報も満載。
http://rt66.com/~korteng/SmallArms/CCFTankTrain.htm
http://rt66.com/~korteng/SmallArms/CCFFifthPhaseCampaign.htm
http://rt66.com/~korteng/SmallArms/M46Captured.htm

58 :名無し三等兵:01/10/16 12:48 ID:PB8yc2Fp
えひめ丸回収作業成功祈念揚げ

59 :名無し三等兵:01/10/16 12:54 ID:jdshZKOn
ttp://www.people.or.jp/~sensiken/sensi/deta02c6.htm

これどう?

60 :ミスプレ改「今は授業中」:01/10/16 12:57 ID:PjUg/AFi
国宝級超優良スレあげ

61 :名無し三等兵:01/10/16 14:40 ID:PB8yc2Fp
>59 結構な情報サンクス
T-34/85 < M−26
朝鮮のドカ○ > M−26

それと、>57のウェブに登場する中国義勇軍(CCF)
が、3.5吋バズーカらしきものを担いでいるが
これは、「五一式」火箭筒で、M−20のパチ物

62 :名無し三等兵:01/10/19 10:42 ID:/+IMPWoP
AK47って、名前から1947年に造られたんだと思うけど、
朝鮮戦争では使われてたの?

63 :名無し三等兵:01/10/19 11:07 ID:tKTuiQl/
いんや、
最新兵器はMig-15Bisを供与されてた反面
AK−47は朝鮮には登場しません。
北朝鮮の狙撃兵に僅かの「トカレフM-1938」のスコープ付きが
有ったようではありますが。
中国兵の自動火器は57のレスを参照されたい。

64 :U-名無しさん:01/10/19 11:18 ID:Prq4Ap0K
アフガンの空軍戦力うんちゃら言うニュースにイリューシン28が映ってたけど、
朝鮮戦争にも参加してなかったっけ。原型初飛行はいつなんだろう。

65 :57/61/63:01/10/19 11:26 ID:tKTuiQl/
これまた登場しません。
当時、共産側最大の爆撃機はTu-2でした。
Il−28が登場すると、戦争がエスカレート
し、国連でのソ連の立場が微妙になるので・・・
とか言われてましたが・・・

66 :名無し三等兵:01/10/19 12:25 ID:fH6Do8i7
>>63
当時の人民軍の写真とか見るとSKSはもってたようですね

67 :名無し三等兵:01/10/19 14:48 ID:tKTuiQl/
ほとんどは、モシンナガンのボルトアクションでした。
中国志願軍は以下の4系統です
@ソ連軍火器(モシンナガンM1944)
A旧日本軍火器(三八式九九式)
B旧米式装備国府軍火器(スプリングフィールドM1903、M-1カービン)
C中国在来のモーゼル系7.92小銃(Vz24等)
ステンガン・トミーガン・PPsh1941は各部隊に近接強襲火器として
比較的大量に装備されていたようでありましたが、バトルライフルのほとんどは
ボルトアクションです。弾薬補給が大変だったでしょう。
因みにこの時点では対する英軍も小銃はボルトアクションです。
(No4リーエンフィールド)

68 :名無し三等兵:01/10/19 18:49 ID:ow4swzJT
空母向きじゃないはずのコルセアが艦上攻撃機として活躍する謎。

69 :名無し三等兵:01/10/19 20:01 ID:tKTuiQl/
あいつは、猫ちゃんシリーズ(6F・8F)よりも、
爆弾搭載量が多いからです。

70 :名無し三等兵:01/10/21 01:24 ID:FwZcQkua
シューティングスターは対置攻撃のみ?

71 :名無し三等兵:01/10/26 19:09 ID:LEtljctJ
チョーセンアゲ

72 :名無し三等兵:01/10/29 15:12 ID:3aV14mA2
シャーマンファイアフライは使われてたの?

73 :名無し三等兵:01/10/29 15:15 ID:6YWqA6tr
1は二桁の計算もできない消防と決定。

74 :名無し三等兵:01/10/29 15:39 ID:3EhnSmJL
真っ赤朝が更迭されたのは確か奴は大乗り気で、戦争するからには38度線越えて北進だ!
と言い張り、ソ連や中国を無用に刺激したくなかった当時の大統領と折り合わなかった挙句
公式の場で大統領を腰抜け呼ばわりしたのが逆鱗に触れたからだったと思う。あいつまじで
ぬーくも使いかねなかったからね。行き過ぎた軍人は政治家にとって迷惑以外の何者でも
ないっつー証明だね。

75 :名無し三等兵:01/10/29 15:46 ID:sYNkc8rt
>>74
まあ、原爆使いたがってたしね。
トルーマンも、安直に第3次世界大戦を起こされちゃかなわんだろう。

76 :名無し三等兵:01/10/29 16:22 ID:l1LNFCH6
>>73
レス >>51 を読んでから書き込むように。つーか日本語読める?

77 :名無し三等兵:01/11/01 16:24 ID:CdeERf+y
まだ終戦じゃないんですよね。。。
経済の破綻した北がぶちきれないとよいのですが。

78 : @潜 ★:01/11/09 19:26 ID:???
いくら第二次大戦後の軍縮の嵐の中とはいえ、陸軍の進歩のみが
空軍と海軍に比べてかなり遅かったように思えます。
ヘリの開発と運用は例外ですけど。

79 :名無し三等兵:01/11/10 14:21 ID:j77n7leI
>>74
シビリアンコントロールの好例…違うか。

80 :名無し三等兵:01/11/10 19:33 ID:O9LkL9un
リッジウェイ(マッカーサーの後任)は、中共軍は規律が正しく勇敢だった。北鮮軍は残虐でどうしようもない相手だったと書いてるね。
もっとも、「日本に着任した最初の印象は肥の臭いだった」、なんて書いてるぷっつんアメ公の言うことですが。

81 :少佐:01/11/10 19:59 ID:17GqpgXB
朝鮮戦争でアメリカが使用した爆弾の量は第二次世界大戦で世界中で使われた
爆弾の2倍の量である。
アメリカにとって、この戦争は単なる在庫一掃セールだったと思う。
制空権がある状態で一進一退を繰り返すなどオカシイだろう。

82 :少佐:01/11/10 20:02 ID:17GqpgXB
ついでに言えばアメリカには制海権もあったのだ。

83 :名無し三等兵:01/11/10 20:02 ID:O9LkL9un
>>74 あたりです。少なくともJFケネディはトルーマンをシビリアンコントロールの鑑だと思っていた。
無理にこじつけると、対日戦中はそんな骨っぽいこと言い出せなかった。
それからJFケネディもあまり良い死に方をしなかった。

84 :名無し:01/11/10 20:03 ID:c6njJLY8
中共は内戦で捕虜にした国民党軍を前線に送った。
督戦部隊が追い立てたのだろう。
このため人海戦術で大量に戦死した。
捕虜になった中共軍兵士は9割が帰国を望まなかったという。

85 :名無し三等兵:01/11/10 20:03 ID:bIfFrDmA
朝鮮戦争参加国の戦略・兵器・作戦
http://yasai.2ch.net/army/kako/981/981512844.html

86 :名無し三等兵:01/11/10 20:12 ID:O9LkL9un
マッカーサーほど政治家に嫌われた軍人はいないのではないか。すでに半分政治家化していたからか。
フィリピンでウェンライトとか幕僚が大勢捕虜になったのに自分は脱出した。そのとき、マッカーサーは置いてくるはずじゃなかったのか? と呻いた大統領もいたのだそうだ。

87 :名無し三等兵:01/11/10 20:29 ID:xWKB2NKZ
その一方軍人としては優秀で、常に第一線の歩兵のことを考えて作戦を立てるので兵隊の
信頼と尊敬は大きかったとか。

まーようするに、典型的な現場人間と上層部の軋轢ですな。

88 :名無し三等兵:01/11/11 22:00 ID:8x3EaZhK
残された将兵は上下結束して怒りまくってましたー。
アジア人には威圧するのが一番だというのが持論で、日本でそれやって
大成功した。

89 :こっちにスレがあった:01/11/14 15:29 ID:fL5FOnSk
どさくさにまぎれて朝鮮半島がすごいことになってるな
http://www.cnn.co.jp/2001/WORLD/11/14/korea.talks.ruptured/index.html

90 :名無し三等兵:01/11/14 15:38 ID:bnddVq0O
〃心の中の巨大な城〃とでも言うか、共産国の兵士達は洗脳でホ大
な自国王様崇拝がある。

リッジウェイは戦後、
「異なる精神構造との戦いだつた」と述べているな、

91 :少佐:01/11/14 15:47 ID:vuf3cz3+
南北閣僚会談の決裂を受け、今後このスレは第二次朝鮮戦争を
語るというスレに変更する。

92 :名無し三等兵:01/11/14 15:58 ID:tVA0MCJW
>91
>今後このスレは第二次朝鮮戦争を語るというスレに変更する。

それは良いアイデアだが
「第一次」も含めて・・・てことにしてくれ。
第一次で論議され尽くしてない部分もあるから。
例えば他スレで見たが、ただでさえ近代的上陸作戦の苦手な
中共軍がなぜ「大和島攻略作戦」に成功したか・・・
果して島の守備隊=韓国軍ってそんなに屁たれ(当時)だったのかとか・・・

93 :名無し三等兵:01/11/14 16:24 ID:BCr9dx8c
それにしても戦争ってむごいな
なんかのフイルムに朝鮮戦争が映ってるのテレビで流していたが
倒れたおかんの横で立ったまま足をばたばたさせ泣いている子供
の映像を見たが、正直気分はサヨク化したよ(泣

94 :92:01/11/14 16:35 ID:tVA0MCJW
確かにアレを見たら反戦化しそうになる。
3〜4歳ぐらいの子供が・・・(鬱

95 :名無し三等兵:01/11/14 20:47 ID:YiPpwucz
>第一次で論議され尽くしてない部分もあるから。
>例えば他スレで見たが、ただでさえ近代的上陸作戦の苦手な
>中共軍がなぜ「大和島攻略作戦」に成功したか・・・
>果して島の守備隊=韓国軍ってそんなに屁たれ(当時)だったのかとか・・・

俺もこれ知りたい。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)