5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

続★信じられないが、本当だ。

1 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/07 03:11
「大戦中のソ連軍で、「積雪してるから大丈夫だろう」と、
パラシュート無しで空挺降下。いきなり全滅。」

みたいな、信じられない話を集めてゆきたい。
諸君らの知恵と知識に禿しく期待する!


過去ログ
http://yasai.2ch.net/army/kako/1001/10019/1001937799.html
http://yasai.2ch.net/army/kako/970/970533362.html
http://yasai.2ch.net/army/kako/974/974559470.html


2 :名無し三等兵:02/02/07 03:12
グンヲタは氏ね

3 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/07 03:13
前スレを忘れてた(^^;
「復刻★信じられないが、本当だ。 Part2」
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1004184252/l50


4 :勘違い?               :02/02/07 04:54
>>2
烈士琥導射!
確かにいまさらグンヲタはね〜よな!いくら炭坑本復活したからといって21世紀
にバリ伝はきつい!今田に、あのヘルメットレプリカ被ったヤツを見るけど
なんか可哀想だもん。やぱ〜り今は富士藁党腐転かな?


5 :名無し三等兵:02/02/07 06:19
アメリカはこんな船を作っていた
http://www.warbirds.nu/kakuki/kakkan/kasokan/cvw44.jpg
こんな国に戦争ふっかけちゃだめだね

6 :(・∀・):02/02/07 06:33
>>5
兵装:5インチ連装両用砲x4
20〜40mm機関砲x多数
搭載機:F6F、SB2C、TBM混載で400機



7 :名無し三等兵:02/02/07 06:42
>>5
信じられない、やっぱり嘘だった。スレ向きだな。

8 : :02/02/07 08:40
ど真ん中で思いっきり対象ですな
航空機とかw

9 :73たん:02/02/07 15:27
>>5
双胴空母だ。
超信地旋回とかできそう。

10 :名無し三等兵:02/02/07 15:33
>>5
真ん中に潜水艦の基地ができそうだな(w

まあ、週間空母作る国だから……。

11 :名無し三等兵:02/02/07 15:36
太平洋戦争前夜、アメリカのパラシュートは絹製で、
それらはほぼ100%日本からの輸入だった。
トーゼン勃発後輸入はストップ。しょうがないからデュポン社は
合成繊維を作った。世に言うナイロンである。

って話をどこかで見た。パラシュート特番のCSドキュだったかな?

12 :名無し三等兵:02/02/07 15:41
終戦直後の日本では絹の落下傘がよく盗まれたとか・・・・・

13 :名無し三等兵:02/02/07 17:06
航空関係の引揚者が真っ先に持ち帰ったらしい

14 :空挺ネタなのでコピペ:02/02/07 17:09
488 :余弦者 :02/02/05 15:12
ドイツ空軍降下猟兵が、世界どこでも半日以内に展開するため、
新しい降下システムをテストしています。
HSSTを用い、高層大気から直接降下させるとのコンセプトで
研究が続けられ、志願者による実証試験に漕ぎつけました。
実証試験は降下時間減少を狙い、生身による遷音速試験も含まれます。
このシステムの有用性をどの程度と見ますか?
意見をお聞かせください。

ソース
http://news.bbc.co.uk/hi/english/sci/tech/newsid_1203000/1203564.stm

15 :TWT管:02/02/09 14:54
アメリカ陸軍のナイキ・アジャックス、ミサイル本体をドリルで穴あけ中(なぜ穴あけしたのかは不明)
ドリルの刃が導爆線にふれてどかーん! 文字どうり跡形もなく・・・



16 :名無し三等兵:02/02/09 20:17
>15
昔、陸上自衛隊で迫撃砲を撃っていたOBの方の話によると、
不発弾が出た場合、弾体を回収、信管を取り外す作業中に、
信管だけを暴発させ、よくて指、悪ければ手を吹き飛ばす事故が結構あったらしい。

17 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/02/09 21:57
弾薬ネタと言えば、愛知県伊良子岬にあった旧陸軍の射場の話。

其処には連絡用のトロッコが敷設され、射爆場の監的壕と要塞砲の連絡を行っていた。

ある日のこと、一トン爆弾用の新型爆薬のテストが行われることになり、板橋から火工長
がやってきた。
指揮所にて最終確認を受け、監的壕の前に設置された爆弾に向けて火工長以下5名の
作業員がトロッコに乗って出発した。
火工長は軍服を着ており、残りは作業服に麦わら帽という出で立ちだった。
遅れて、見学者を乗せたトロッコが出発した。
そのトロッコが走っていたとき、突然レールに稲妻のような閃光が走り、試験用の爆弾が
爆発した。

勿論、先に出発した火工長と作業員は粉微塵になって吹っ飛んだ。
しかし、作業員の遺体の一部は其処此処にあるのに、火工長の遺体だけが存在しない。

捜索隊は必死になって探した。
ふとコンクリートの壁に目をやると、人間の形をした影が浮き上がってきている。
コンクリートの合わせ目に、軍服の生地のような糸屑が霜降りの如く細く一面に挟まり込
んでいた。
火工長は、爆風で吹き飛ばされた拍子に肉体と軍服を壁に圧入されてしまったのだ。
その肉体に込められた脂血が時間の経過と共に化学変化を起こし、浸みだしてきていた
のである。

事故処理班が軍服のなれの果ての糸屑をピンセットで取り出し、人型を拭い去った。
しかし、翌日早朝、事故処理班が現場に行くと、また人型が浸みだしている。
このままでは士気に影響すると考えた処理班長は、壁を擦り続けた。
それでも、人型は怨念のように翌日には現れている。
逆上した処理班長は自らセメントを塗りたくった。
ところが、また人型が滲み出ていたと言う。

ついにたまりかね、タガネでコンクリートを片端から削り取り、分厚くセメントを
塗ることで漸く人型は滲み出なくなったという。

18 :名無し三等兵:02/02/09 22:01
>>17
怖……

19 :題して『坂の上のホモ』:02/02/09 22:02
怖いネエ。ポーみたい

20 :名無し三等兵:02/02/10 00:47
>>16
そーゆう危険な作業にもかかわらず、不発弾処理の危険手当って何千円とかじゃなかったっけ?
もー少し報いてあげればいいのに…
誰か本職さん、知らない?

21 :名無し三等兵:02/02/10 04:10
そう言えば何年か前の新聞に東南アジアの何処か(失念スマソ)で
不発弾を見つけて村長の家でハンマーでブッ叩いて村壊滅ってのを読んだ気がする。

22 :名無し三等兵:02/02/10 04:13
>>17
軍事版@オカルト話 スレ向きだな。

23 :名無し三等兵:02/02/10 14:47
>17
小便ちびりそう

24 :名無し三等兵:02/02/10 17:12
>>21のほうはちびるどころかだだ漏れじゃ。

25 :名無し三等兵:02/02/10 17:41
 
>17眠い人 ◆ikaJHtf2

馬鹿か。オカルトネタはほかでやれ



26 :名無し三等兵:02/02/10 17:45

>17眠い人 ◆ikaJHtf2

ハンドルも間が抜けているからしかたないか(藁
所詮は、その程度よのう

27 :名無し三等兵:02/02/10 19:06
17より25-26の方が宇材

28 :名無し三等兵:02/02/10 19:07
わざわざ二回も誹謗中傷の為にレスするなんて資源の無駄
無駄にスペース空けるな転送容量の無駄
ああ、おまえの存在その物が無駄だな
オレモナー

29 :名無し三等兵:02/02/11 00:54
>20
通常弾ならまだマシだが、
スペイン・パロマレス沖で空中給油機とB52が衝突、
核弾頭が海に落下、深海潜水艇を動員して引き揚げた折、
八つある陣頭安全装置の六つまでが外れた状態になっており、
弾頭は凹み、もしかすると放射能漏れが心配される状況で、
引き揚げて間もない弾体のすぐそばに海軍の高級将校を立たせ、
「安全性」をアピールした写真が、今も残っている。


30 :名無し三等兵:02/02/11 05:02
>29
それは、そんな米国海軍は嫌だ!!ですな、怖ひー
核だと、壁に影が貼りつきますからね
(広島の階段は違ったそうですが、理論的にはありうるとか

31 :TWT管:02/02/11 10:00
サウジのホーク、アメリカはニューメキシコ州で年次射撃訓練中、ミサイル発射したが、目標に向かわず見学者用スタンドに方向転換!観客が逃げまどったところで発射管制官がミサイル自爆させて事なきをえた。6年前ぐらいのはなし。

32 :名無し三等兵:02/02/11 10:31
>28 ああ、おまえの存在その物が無駄だな オレモナー
分かってんじゃん。その分、ボケハンドルの「眠い」より
ましだな。

33 :名無し三等兵:02/02/11 10:43
>>29
確かその引き上げのときにアメリカ海軍最初の黒人ダイバーが事故で
片足失ったんだよね。
映画にもなったけど。


34 :お台場:02/02/11 10:47
タイトルも「ダイバー」
マスターダイバーまでなったそうだけれど、まだ生きているって本当?

35 :名無し三等兵:02/02/11 10:53
>>32
おまえ、眠い人さんとなんかあったのか?

36 :名無し三等兵:02/02/11 10:59
>>34
「ザ・ダイバー」で原題は「Men of Honnor」
ですな。感涙ものでした。

37 :日本も核兵器所有を:02/02/11 11:09
>>29
> 引き揚げて間もない弾体のすぐそばに海軍の高級将校を立たせ、
> 「安全性」をアピールした写真が、今も残っている。
原潜の放射能隔壁を、海水で代用して放射能を垂れ流しにしていた
時代だからなー
原子爆弾の地上実験で、多数が被曝したのもガイシュツだし
代表例:物理学者 ファインマン

38 :名無し三等兵:02/02/11 13:48
>32=25=26

39 :名無し三等兵:02/02/11 15:34
>>38
今更言うまでもないような。

40 :名無し三等兵:02/02/12 05:34
煽り合いはアヒャーリでやってください

アヒャヒャ      アヒャヒャ
   (\_/)          アヒャヒャ
   (   ゚∀)    アヒャヒャ              アヒャヒャ
   /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
  (_(__つ⊂(゚∀゚ ⊂⌒`つ(゚∀゚  )_人__) ))


41 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/12 14:51
1904年の日露戦争の際に、ロシア正教会は全教会をあげて日本に天罰を
下すように神に祈りをささげた。結局なにも天罰は降りず、ロシアは負けた。
20年後、日本で関東大震災が発生。ロシアの物理学者カピッツァはこの事実から
「神はわれわれから9光年以内にいる」と結論を下したという。


42 :名無し三等兵:02/02/12 14:59
>>41
大震災の被災者の方には申し訳ないが、なんか頬笑ましく(・∀・)イイ!話ですな。
ということは、人間の祈り・思考波の速度は光速と等しいということでw
9光年か・・・シリウスとか鯨座Τとかそれくらいだったっけ?

43 :名無し三等兵:02/02/12 19:22
>41warata

44 :名無し三等兵:02/02/12 21:15
>41
ノヴィコフ・プリボイ「ツシマ」にも、バルチック艦隊の戦艦「オリョール」で、
さんざコケにされる従軍牧師?が登場しますね。

45 :名無し三等兵:02/02/12 21:21
>41
どっちかっつーとドイツ人あたりがこの手の結論を導きだしがちっつー気が・・(w

46 :名無し三等兵:02/02/12 21:52
アグネードという奴ですかな?

47 :名無し三等兵:02/02/12 21:55
>46
 アネクドート

48 :名無し三等兵:02/02/12 22:08
やっぱ日本の八百万の神の方が近いとこにいるな。
怨敵調伏の祈祷やったら速攻でルーズベルト死ぬし。

49 :名無し三等兵:02/02/12 22:13
それにしては負けてしまったのは・・・
やはり、あのタイミングの敗戦と、そこから培われた今の時代がベスト。
と言うことなのだろうか・・・? ねえ、神様!?

50 :名無し三等兵:02/02/12 22:30
日本と百年近く戦い続けている国がある。
日露戦争勃発直後、バルカンのモンテネグロ王国はロシア帝国に義理だてして日本に宣戦布告。
数名の義勇兵を極東に派遣した。
しかし日本は宣戦布告されたことも知らないままロシアと講和。
モンテネグロとの講和はまだ締結されていない。

51 :名無し三等兵:02/02/12 22:32
グレネード=ポテトマッシャー

52 :名無し三等兵:02/02/12 22:36
1950年代、中米のコスタリカだかホンジュラスだかニカラグアでの話。
その国では、「アメリカの手先の反動的独裁者政権」対「大統領官邸の襲撃から便所の落書きまで何でもござれの共産主義ゲリラ」の熱闘が日夜繰り広げられていた。

ある冬、人口1000人あまりの田舎町があったのだが、一夜明けると人口が600人ほどに減っていた。
世帯ごとにまるごと失踪していたのだ・・・・まさか集団家出ということもあるまい。
事件性を感じた当局が残りの町民をまるごと引き立てて取り調べたり、空家を捜索した結果、行方不明にならなかった世帯はみなゲリラと関わりがあったことがわかった。
そしてその夜、行方不明にならなかった世帯はその玄関のドアにピンで赤い布を留めて「目印」にしていたことも・・・。

53 :名無し三等兵:02/02/13 15:10
>52
 それって”失踪”した400人はみんな殺られちゃったってことですか?
 それとも、その400人はみんなゲリラで、あとの住人は支援者だったって事?

54 :名無し三等兵:02/02/13 17:03
> 玄関のドアにピンで赤い布を留めて「目印」にしていた

聡明な夫人が気づいて全世帯に目印を付ける。  ことはなかったのね

55 :名無し三等兵:02/02/13 21:55
>52
怖…

56 :名無し三等兵:02/02/13 22:17
貧乏人を誘拐しても何も得るものはないだろうに???

57 :名無し三等兵:02/02/13 22:58
>56
南米の現状をご存知ないと見える。

あちらじゃ反政府ゲリラが自分たちに協力しない村人を
村ごと皆殺しにするってのは日常茶飯事だよ。
そうすることで自分たちへの協力を強制できる。

まあ、政府軍も同じことをやってるのが何だが……

58 :名無し三等兵:02/02/14 03:02
地球の人間60億人全てに平等に1畳ぐらいのスペースを与えても
淡路島に余裕で全員乗っちゃうらしい。

59 :淡路島60億畳説:02/02/14 03:41
↑それ、いまから20年前のおれが子供の頃もいわれてたな。
45億人くらいのころ。淡路島は同じで。

ただしいうまでもなく『立錐の余地なく』詰めての話

60 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/14 03:46
地球の人間すべての肉体をぎゅうぎゅう詰めにすると一辺が750mの立方体の中に収まってしまう。

・・・って、どこが軍事ネタやねん!

61 :名無し三等兵:02/02/14 03:57
>61
「トライガン」じゃないんだから・・・

62 :名無し三等兵:02/02/14 04:03
>60
一片が750mの立方体=体積4億2千万立米か・・・
すると1立米に10人以上入るのか?

63 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/14 04:09
一人70kg=約70L、です。ホントに「ぎゅうぎゅう詰め」なんですよ。
生死は問わない(w

64 :名無し三等兵:02/02/14 05:09
特に共産圏の軍隊だと色々な信じられない話が出て来そうだよね。

確かソ連時代に、ある部隊がAKを分解掃除する際ガソリンで磨いていた
そうだけど(本当は禁止事項)たばこの火が引火して近くにあったバイクまで
焼けてしまったそうな。で、やばい誰かのせいにしてしまえ、という事で
反政府主義者2人組が車(パゴダだったかな?)で部隊を急襲し火を放って行ったが
銃の分解作業中だったため反撃できなかったという事で上司に報告したところ
上司もうすうす分かっていたので、ついでだから演習中に紛失したRPG-7も
「連中に」奪われたって事にして中央に報告してしまったそうだ。

そうしたら、その部隊の兵士達は「反政府ゲリラに武器無しで立ち向かって
いった勇敢な兵士」って事で中央のお偉いさんに勲章を貰うわ、新聞に
英雄って乗るわで、えらい肝を冷やししたとか…。
っていう話を何かで見たよ。

65 :名無し三等兵 :02/02/14 05:18
あるんだな・・・笑い話も。

66 :64:02/02/14 05:59
あと旧ソ連軍って中央からお偉いさんが演習を視察しに来るっていう場合
戦車で川をスムーズに渡航させるため川底をコンクリートで固めたりしてたって。
その時、砲兵部隊が張りきり過ぎて対岸の地面が戦車でも通れないくらいほじくり返されて
しまい、上陸できない先頭の装甲車に後続車輌が次々とぶつかって、お偉いさんの
見ている前で次々と流されて行った事もあるらしい(笑)

あと、お偉いさんの車が通る沿道の見栄えを良くする為に無理矢理木を植えて、
結果暑さで木が全滅しちゃったりした事も。

67 :名無し1:02/02/14 12:54
64と66の話はなんかのミリタリー漫画に載ってたよ。


68 :名無し三等兵:02/02/14 13:00
>あと、お偉いさんの車が通る沿道の見栄えを良くする為に無理矢理木を植えて、
>結果暑さで木が全滅しちゃったりした事も。

亡命パイロットのベレンコ中尉がやらされてた仕事ですな。


69 :名無し三等兵:02/02/14 13:22
某共産国には党幹部専用の走行車線がある
ソースはポール・ボネの著書

70 :名無し三等兵:02/02/14 13:25
>67
64と66の話の出典は、
「ソ連軍の素顔」スヴォーロフ著、原書房(ただし絶版)・・・です。

71 :名無し三等兵:02/02/14 13:26
>69
傾斜生産方式時代の日本国の吉田茂専用道路、いわゆる国道1号のことですな

72 :名無し三等兵:02/02/14 13:43
私は本書でソ連軍の将軍を一人も選ばなかったのは、部下の生命を全く顧みなかったからだ。これは特定の人物だけでなく、ソ連軍全体の体質であったと思われる。
「速やかな進撃の際、地雷原の処理に苦慮しています」
そうアメリカ軍の将軍がソ連軍の将軍に本音で話したら、実に単純明快な返事があった。
「あなた方はそんな簡単なことが解決できないのですか。我が軍は歩兵を散開させて前進する。それで万事、解決します」
(柘植久慶「名将たちの決断」中公文庫より)

73 :名無し三等兵:02/02/14 17:19
>>67
他にもバルチック艦隊の原子力艦に親善訪問した米軍の将軍が、実は
ただならぬ放射線に被爆していた事があとでわかったとか、
ソ連艦は見た目が武装でこてこてして強そうだけど、表に見えている分を
ぶっ放したらそれで終わりっていうのもあったよね。

74 :名無し三等兵:02/02/14 17:22
70です。
「ソ連軍の素顔」に加えて、同じ著者、出版社の「ザ・ソ連軍」(上下)、
これらの本は「信じられない」ネタの宝庫です、ご一読あれ。

75 :名無し三等兵:02/02/14 21:04
テポドンの発射実験支援に日本海に出た、北朝鮮海軍のフリゲート。
海上自衛隊P3Cが上空から写真を撮影したが、
涙を誘うほど手入れされていない艦体の、甲板上に何やら緑の物体が。
写真を引き伸ばしてみたところ、
洋上で自活するための”艦上菜園”ではないかという結論に達した。
・・・そんな海軍、後にも先にも・・・。

76 :名無し三等兵:02/02/14 21:14
未来中年ケビン@ウォーターワールドを思い出してしまった・・・(涙

77 :名無し1:02/02/14 21:29
73>>
そういえば
「バルチック艦隊の乗務員は暗闇でも見えるんだぜ」
というシャレにならないジョークもあったね。

78 :名無し三等兵:02/02/14 22:33
伯母に聞いた、話でさほど珍しい話でもないのですが・・・

戦争末期、米軍機が日本に爆弾を落とした帰り道で、プロパガンダ用
の日本語のビラを蒔いていたそうなのですが、そのビラには、
漫画のフクちゃんが掲載されていたそうです。

当時、その類のビラを拾ったり、読んだりは禁止されていたそうですが、
伯母はフクちゃん見たさに親に内緒で拾っていたそうです。

ちなみに、フクちゃんを知らない方のためにこれです。

http://www1.sphere.ne.jp/kobataka/manga/hukutyann/hukutyann.html

79 :q:02/02/14 22:38
>>70

書名は
素顔のソ連軍じゃなかったでしたっけ。間違いなら、ごめん。

80 :名無し三等兵:02/02/15 00:33
>75
そんな海軍滅んでしまえ!
いや…むしろ、そんな国か?(ワラ

81 :ナナシッコ:02/02/15 01:48
>78
その続きがあって
戦後(最近だけど)、アメリカ大使館からフクちゃんの原作者に
著作権料を支払ったそうな
金額はたしか350円はらったような
あやふやでスマソ

82 :女の子。:02/02/15 02:54
雪の八甲田山は?あ、戦場じゃないか。

83 :地雷犬:02/02/15 02:55


        __,,、rー‐冖'''''''''''''ー、._     /゙ノ′
   r'''''^¨¨ ̄`           ¨^^^^¨¨゙゙アllll!
   >.,                      ゙‐丁゙
    .゙''-、..,、   .,/    ●       _,..,、-
      .゙) _/       ._  _.-'''^ ゙̄''u
      ,/-'′._........,,,,,,,   ¨^^⌒^'ーv、  ゙[    わんわん
      (レ:(冖´:::::::: .,,r‐    _,ノヾ ̄\丿
      .}  ¨¨¨¨¨`     . .,,.rl′
      「        ;;;;;;;;;;; ;;;(_                            ....ー-v
     │             ゙'┐                         ,.ノ   ,ノ
      ミ                ¨¨^^^'''''''''''''''¬ー─-v、_          _r'′  _/
      .〕                             ¨^''〜ー--、,,_  ../′ .r''″
       リ                                   `¨'''′ .r┘
       .|                                        ゙l.
       .|                                         ).
       i!、                                        .}
        !                                         |
       .}{                                        }
       ノ.||       .,r                               .ノ′
       / .〔      ../′               .〔_              ,r′
      .,/  |y     |                  |》'r_           .,ノ
     .,「 .r「\    .'ト-、..,__        __,,,,..,、、v-イ;;;; .゙)rv       i゙ ,ノ'′
    _/′ ノ   >.   !    ̄ ̄¨¨¨ ̄ ̄     ..「 ,/′.\_     .ト′
  _.r'″  ,ノ    .゙'!,  .〕‐-ry冖^7        .,、/ .ノ     .{     (__,,ノlァァ
 ./冫  ._「     .ミ  ¨^'''″ 、冫        /冫  丿      (     ゙厂゙7i|'>
 .゙┴(、r'″      ゙'ー---、,,,,_,.ノ        ゙へ=/       \    .'-┘ ア〕
                                        .¨-,、_  ._,/′




84 :名無し三等兵:02/02/15 03:11
>>50
さすがにネタだろうと思ってたが調べると本当だった・・・・ビックリしたYO

85 :名無し三等兵:02/02/15 03:18
50年後くらいに「信じられない話」を語られた場合に
「日本軍が(旧自衛隊)が有事の場合に陣地を作る際にその土地が私有地
だった場合、その土地の所有者と契約わ結ばなければならなかった」
がネタになるであろう・・・。

86 :名無し三等兵:02/02/15 03:30
南京に駐屯していた日本軍の高森部隊が『西遊記』のモデルとなった玄奘三蔵の墓を発見、発掘する。
玄奘三蔵は664年に長安で死去し、洛陽郊外に葬られたが、11世紀に弟子達によって頭の部分だけが南京の天『しめすへんに喜』寺(読み不明)の側に葬られたもの。
石棺にはその経緯が詳しく記されており副葬品もそっくり出土した。
1943(昭和18)年2月13日、出土品は全て南京政府(汪精衛政権)に返還、翌1944年には南京郊外の玄武山に塔が建てられ、日中双方から重光大使や仏教界の代表者が出て、盛大な式典が行なわれた。
現在では遺骨は、麓の霊谷寺に葬られているという。式典の際、発見者である日本にも分骨の申し出があり、1944(昭和19)年10月、遺骨の一部が持ち帰られ、一時は埼玉県の慈恩寺にまつられていたが、最終的に薬師寺に納められた。
戦後、遺骨返還の問題も出たが、1946(昭和21)年、当時の蒋介石政権から『ご頂骨は返還しなくてもいい。広く顕彰することは、むしろ喜ばしいことである』という正式な通達があった。
(『産経新聞』2001・7・26)


87 :名無し三等兵:02/02/15 08:36
>86
文革の愚行から救われた、って話ですね。

88 :名無し三等兵:02/02/15 10:46
>>84
早く講和しないとなぁ。あそこらへんはいつ国があぼ〜んするか分からないし…

ただ日本はまだモンテネグロを国として承認してないんじゃなかった?あくまでも
ユーゴスラビア連邦の一員という扱いだったはず。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/yugoslavia/data.html

89 :名無し三等兵:02/02/15 11:56
>>77
それ、北方艦隊じゃなかった?
あそこは、原潜部隊だから。

90 :名無し三等兵:02/02/15 12:38
>88
害無症にメールで聞いてみる?

91 :名無し三等兵:02/02/15 13:06
>>88
そもそも、今は「王国」じゃないしな

92 :名無し三等兵:02/02/15 14:21
>91
おいおい、統治形態が変わってたって関係ないよ。例えば
ソ連が結んだ条約はロシアがそのまま引き継ぐんだ。ソ連が
極悪だったのはロシアの債務をソ連の債務と認めずに踏み倒したんだ。
あれで、国際信用を全くなくしている。

93 :クーベルタン名無しさん:02/02/15 15:41
 光ディスク開発のベンチャー、オプトウエア(横浜市、堀米秀嘉社長)は容量1テラ
(テラは1兆)バイトを超す光ディスクとその駆動装置を開発した。年内に商品化する。
1テラバイトは従来の光ディスクの最大容量である20ギガ(ギガは10億)−50ギガ
バイトを抜き、世界最大。ハードディスクのバックアップなどの業務用や、映画120本
分を1枚に収めるなど民生用でも用途を見込む。

ソース: http://ss.nikkei.co.jp/ss/


94 :名無し三等兵:02/02/15 15:45
原子爆弾は核分裂を。
水素爆弾は核融合を利用した兵器です。
下のsophia様のご説明道理です。

原子爆弾は、
2分したウランなどの重い放射性物質を火薬を使って瞬時に合わせ、
中性子線が発生する事によって連鎖的・爆発的に核分裂反応を起こさせます。

水素爆弾は、水素の核融合を利用しますが、
現段階の核物理学の実験などでは常温・常圧での水素の核融合はできません。
水素の核融合を起こす為に、原子爆弾を使い、
高温高圧の状態にしてから、水素の核融合を起こして莫大なエネルギーを放出させます。

核分裂よりも、核融合の方が膨大なエネルギーを取り出せるために、
水素爆弾の方が原子爆弾よりも破壊力が大きいです。

U235(92)+n1(0)→U236(92)→Sr94(38)+Xe140(54)+2n1(0)+γ
Sr94(38)+Xe140(54)→Zr94(40)+Ce140(58)+6e0(-1)

上の核反応式は、ウランの分裂です。
下の式は分裂によって発生した物質の変化です。

H1(1)+T1(1)→He(2)+γ
D1(1)+D1(1)→He(2)+γ

信じられないが,アメリカは原爆と水爆を完成させた。

95 :名無し三等兵:02/02/15 15:50
酸と関係ないのに何故酸素?

96 :名無し三等兵:02/02/15 15:54
>>58-59
淡路島の面積は約600km^2 だから無理でわ?

97 :名無し三等兵:02/02/15 16:07
>>92
もしやPKF以外で欧州への自衛隊派遣が可能ですか?

98 :mo:02/02/15 18:49
92>一度無くなった国の場合、どうなんだろ。
でも、旧ユーゴと講和してれば、「モンテネグロ王国」の継承国だから、いいような(笑)。

99 :名無し一飛曹:02/02/15 19:01
>>95 「酸化」物質。板&スレ違い。

100 :名無し三等兵:02/02/15 19:38
>95
95 の言う「酸」が何を指すのか判らないが
酸性の酸と仮定すると

水は(H2O)で、水酸化物イオン(OH)と水素イオン(H)
の数が均等であれば中性
水酸化物イオン(HO)が多ければアルカリ性
水素イオン(H)が多ければ酸性になる

・塩酸(HCl)を10倍の水に溶かすと
水酸化物イオン(OH) ・・10
水素イオン(H)・・・・・11
塩化物イオン(Cl) ・・・ 1
となり酸性になる

・水酸化ナトリウム(NaOH)を10倍の水に溶かすと
水酸化物イオン(OH) ・・11
水素イオン(H)・・・・・10
ナトリウムイオン(Na) ・ 1
となりアルカリ性になる

つまり酸性の「酸」と、酸素の「酸」は全然違う
むしろ酸素原子はアルカリ性の元の水酸化物イオン(OH)
に含まれている。

要するニダ、酸性と酸素の関係は判らん(ダラ汗

101 :ワラータYO:02/02/15 20:54
ラジコンヘリが自動化されたとき、国防省の連中は、既に日本で
玩具として数万で市販されてると知って絶句したとか(藁

無人機について語ろう
ttp://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1011090844/18

102 :名無し三等兵:02/02/15 22:17
>101
DASHを京商が再開発すれば、実用になるかも知れないね。

103 :名無し三等兵:02/02/15 22:34
>98
たぶんそれで正解。旧ユーゴが講和対象国のはず。
ただし、問題なのは「第二次大戦の講和」は済んでいても
「第一次大戦の講和」が済んでいない、ということだろう(w

この場合、引き継いだ国が引継時に事務処理をしておく
必要があったはずだが、双方共に忘れていた(気づいていない)
んだと思われ(w

で、気づいた現段階においては旧ユーゴ後継が正式にどこになるか、
やばそうな藪をつっつくのを避けてるんだろう。
ま、急ぐ必要もないだろうし(w

104 :名無し三等兵:02/02/16 02:05
>>102
DASHって、コントロール不能のまんま、相模湾を横断したって言う
怖い話を聞いたことあるよ。
農薬散布無人ヘリとしてDASHを使おうという案もあったそうだけど、
そりゃ危なすぎるよな〜。

105 :名無し三等兵:02/02/16 02:17
 満州軍の銃は耐用年数を過ぎた日本軍のお下がりで、
銃口から弾がスルスルと入っていったそうだ。

106 :名無し三等兵:02/02/16 20:20
某沖○県の職員が5インチ砲弾の不発弾を三発県庁内に
持ち込んでしまった。

三発のうち一発は信管が生きている模様(w
最初から自衛隊呼べや!(怒

107 :名無し三等兵:02/02/16 20:20
>106のソース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020216-00000020-ryu-oki

108 :名無し三等兵:02/02/16 20:25
>>104
>DASHって、コントロール不能のまんま、相模湾を横断

「伝統」に従がって、そのまま熱海の女風呂に突っ込みそうだな。

109 :竹内:02/02/16 20:34
>>108
>熱海の女風呂

それ何の話だっけ?

110 :名無し三等兵:02/02/16 20:43
ニューギニヤでは友軍の肉を食ってた。はじめは死体の肉をそぎ取って食うだけだったが、
ついには生きている人間を集団で殺して食べていたという。とくに、太った新兵が真っ先に犠牲になった。

111 :名無し三等兵:02/02/16 20:44
>>109
エロ爆弾でググルしる。

112 :竹内:02/02/16 20:56
昭和19年。
三菱と川崎の二大航空機メーカーが、ミサイルの無線誘導を実用化しようとしていた時の事。
川崎航空機で試作した『イ号一型乙』っていうタイプのミサイル。
これが熱海真鶴付近の海上で実験中、母機である四式重爆撃機『飛龍』から発射された時、
誘導装置の故障により、方向を見失って民間の旅館に飛び込んで大騒ぎになったと、
私の読んだ本にあった。

旅館に飛び込んだ時、ちょうど入浴中だった女中さんが裸で逃げまどったので、
それ以来これを『エロ爆弾』と呼ぶようになったとも、本には書いてある。

その『エロ爆弾』の遠い遠〜〜〜い子孫が、今や遥かな上空で、
飛び交うような時代になっているワケだ。
覗きも今度は電子レーダーか何かでやっとるんだろうなあ?

スケベだ!



113 :名無し三等兵:02/02/16 21:12
>112
とはいっても死人が出ているからな。あんまり笑えなくもある

114 :名無し三等兵:02/02/16 21:26
>106

昔のNetNewsに、沖縄在住の某氏が投稿した記事より:

>それで思い出しましたが、今週配達された「市民だより」の記事
>
> 不発弾は「ごみ」ではありません
>
>っていうタイトルの記事がありました。
>資源ゴミの中に機関砲弾(直径45mm、長さ250mm、重量400g)が入ってたそうです。
>うーむ、そんなものを「リサイクル」してどうするんだ > 捨てた人
>
> 不発弾を発見したら、動かさず、すぐ警察に連絡してください。
> 法的にも「爆発物取締罰則」が定められています。
> 市民のみなさんのご協力をお願いします
>だそうな。


115 :元沖縄県民:02/02/16 21:35
>114
そういや俺にも似た体験あってな。
中学校のときに帰宅するんで学校近くのバス停で待ってたら、
小学生のがきんちょがなにやら手に持ってガンガンと縁石叩いて遊んでたんだよ。
なにやってんだ、とよく見てみたら、頭のとれたパイナップル。

もー、逃げたね、俺は。


116 :名無し三等兵:02/02/16 22:35
>>115
そりゃ怖い。おれも逃げるな〜

117 :名無し三等兵:02/02/17 02:06
>115
ちょっと待て!俺なら教えて・・・やっぱり逃げる。

118 :名無し三等兵:02/02/17 02:41
■ワシントン発。
『ワシントン・タイムズ』が、米陸軍が将兵全員に着用させる予定で中国企業に発注したブラックベレー六十一万八千個(四百万ドル相当)が、米国内の倉庫の中で死蔵されていると伝える。
陸軍当局は冷戦後に多発する地域紛争に対応できる敏速な陸軍に変身するとの意味合いを込め、従来は陸軍レンジャー部隊だけがかぶってきたブラックベレーを今夏から全将兵に着用させることを計画し、中国企業を中心に大量発注した。
ところがレンジャー部隊OBから『誇りの象徴』を奪われる事への猛烈な反対運動が起きた上、米軍の帽子を中国で製造することに対する感情的な反発が議会などで巻き起こった。
このため、国防総省や陸軍当局は、ブラックベレーは計画通り陸軍全体の帽子とし、レンジャー部隊には新たにタン(黄褐色)ベレーを着用させるという妥協案を示して事態を収拾する一方、中国製ベレーの着用の全面禁止に踏み切った。
そのベレーが納入されて倉庫に山積みされているもので、同紙によると、当局は、廃棄処分、他機関へ引き渡し、外国への転売、学校や非政府組織などへの寄贈を含む、六つの選択肢を検討しているが、転売先や引き取り手が見つからず、頭を抱えている状態という。
(『産経新聞』2001・8・8夕刊)


119 :名無し三等兵:02/02/17 06:41
>118(・∀・)イイ!!

120 :名無し三等兵:02/02/17 14:06
>118
そのうちユニクロが売り出すだろう。


121 :名無し三等兵:02/02/17 14:18
つーか、米軍の被服や装具で中国製なんざ珍しくもないのに
何故今更ベレー帽だけ?

122 :名無し三等兵:02/02/17 14:49
>>121
「帽子」となるとシンボル色が強いですからね。
こだわりがあるんでしょう。
冠位十二階の例。

123 :名無し三等兵:02/02/17 20:11
フランス人は英語が嫌いなので英語で話しかけられても無視する
という話があるが、これは全くの嘘。

一時期ルノー社が「○○ファイブ」(言うまでもなく5の意)という名の車を発売していたが、
ルノーの社長すらファイブの意味が分からず、結局フランス語で5を意味する
「サンク」に改名された

124 :名無し三等兵:02/02/17 20:27
つまりフランス人はチョン以下ってことだな

125 :名無し三等兵:02/02/17 20:30
>>123
>フランス人は英語が嫌いなので英語で話しかけられても無視する
>という話があるが、これは全くの嘘。

これはほんと.ただし日本人とかが英語で話し掛けても応えてくれる.
西欧の白人限定の話だ

126 :名無し三等兵:02/02/17 20:31
>123
だからルノーは副社長を外部から招いたのか……(w

127 :名無し三等兵:02/02/17 20:52
そのベレー帽はやっぱりフリースで出来ているのですか?

128 :名無し三等兵:02/02/17 20:53
欲しいな、ベレー帽

129 :いずな@兵:02/02/17 21:03
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=MU&action=m&board=1835364&tid=a1za1zbbda4hbdi2shga1a68bdjc08bbbaa1a6la43abiua1za1z&sid=1835364&mid=1&type=date&first=1
無償に晒したくなった・・・・・

130 :名無し三等兵:02/02/17 21:26
今日十数年ぶりに同級生と再会したんだけど
そいつ娘の名前を「美留駈」(みるく)なんて付けやがった

131 :名無し三等兵:02/02/17 21:28
>130 嗚呼・・・・・・・・・・・・・・。

132 :名無し三等兵:02/02/17 21:39
>123
>フランス人は英語が嫌いなので英語で話しかけられても無視する
>という話があるが、これは全くの嘘。

嘘って言い方は変じゃないか?嫌いを通り越して無視してるんだから…
あの国のナルシストっぷり自体が「信じられないが、本当」な事だよな。

133 :名無し三等兵:02/02/17 22:18
ついでに言うとフランスも戦勝国だよねぇ

134 :名無し三等兵:02/02/18 00:07
>>132
無視するわけじゃないよ。英語で話し掛けられてもフランス語で答えるだけ。
中華思想の国はツヨイですね。

135 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/02/18 01:25
もう一方の中華な国はこんな主張を。
http://www.asahi.com/international/update/0214/018.html

アメ公は好きではありませんが、強く反論できるその態度にはさすが自由の国であると
敬意を表したいですね。

136 :名無し三等兵:02/02/18 02:18
>130
「軽井沢シンドローム」じゃあるまいし・・・。

137 :名無し三等兵:02/02/18 02:54
青天白日旗くらいだったら、シャレですむよ。

138 :名無し三等兵:02/02/18 07:46
>135
ナチの旗や日章旗だったら犯罪ですか?

139 :名無し三等兵:02/02/18 09:29
>138
ナチのだったら問題のような。ナチ式敬礼とかナチを髣髴させる行為は
ドイツ本国では違法行為。アメリカでもなんかの法律に触法してそうだ。

日章旗は全然問題ないだろ?だって国旗じゃん?
旭日旗のことを言いたいなら、そりゃ旗の意味が全然違う。
あれは国旗じゃないよ。軍艦なんかで使用するものだ。
ちなみに、現時点でも海上自衛隊で国籍を示す旗として公式に
使用されてるよ。

140 :名無し三等兵:02/02/18 09:55
でもよく日本代表サッカーの試合なんかでは旭日旗をみるね。
対中国、韓国戦なんかで使うとクレームくるのかな

141 :名無し三等兵:02/02/18 10:18
抗議がきても朝日が握りつぶすと思われw

142 :名無し三等兵:02/02/18 10:56
>>139
ナチは韓国で大流行中
ドイツから抗議がきたけど無視

143 :名無し三等兵:02/02/18 13:47
>>123
フランスで発売されたのはサンク・ファイブ。
サンク=フランス語で「5」って意味だから、
車名としてはルノー5・5っていう変なものになるんだけど、
フランス人はfive=5っていうことがわからないので
サンク・フィーヴって自国語読みしてた。
それだけ英語が苦手だ、という話。

なんでそんな変な名前つけたのかは知らない。



144 :名無し三等兵:02/02/18 14:13
>>134
それってやっぱり英語を無視してるじゃん!

145 :名無し三等兵:02/02/18 19:41
お子さまランチの旗にさえ文句を付けるアホは居るからなぁ〜

146 :名無し三等兵:02/02/19 16:48
>>125
連中は東洋人になら英語は使う。白人相手だと本当に使わないらしい(知り合い曰く)。
でも俺相手にもまずわざとらしくフランス語で話しかけてくるけどな。

147 :名無し三等兵:02/02/19 20:18
フランス人は英語を知らないという話は、
「カーグラフィック」に載っていた。

ルノーでデザイナーをしていた日本人の連載記事内。

148 :名無し三等兵:02/02/19 20:42
カーグラフィックで思い出したけど、カーグラフィックTVで
戦車特集があったと聞きましたが。
古谷徹が90式のスペックを流暢に語ったりしたのでしょうか?

149 :名無し三等兵:02/02/19 20:49
>>148
それはそれで見てみたかったなぁ

150 :名無し三等兵:02/02/19 21:00
スバル 陸上自衛隊のオフローダーたち    インプレッション 
http://gazoo.com/download/fre_index2.asp?file=/shop/cg/CG_Exp.asp?FileNo=CG9609114
こんなんは有ったよ

151 :名無し三等兵:02/02/19 22:20
>>148
>古谷徹が90式のスペックを流暢に語ったりしたのでしょうか?
なんかそんな感じだったと思った。
それより松任谷が90式の乗り心地を評して
「まるでセルシオのようですね」とのたまったのには激しく和露他。
まあ、主砲の安定化のためのサスペンションのおかげで、あの乗り心地なのであって、
別に乗員の疲労軽減なんか考えちゃいねーよ、なんて言ってもしょうがないけど・・・

152 :名無し三等兵:02/02/19 22:35
>151
カーグラフィックTVでその表現以外にどう表現しろ、と?

軍事オタ向けの番組じゃなくて車オタ向けの番組だからね、
そこらへんは差し引いてあげようや。

153 :151:02/02/19 22:56
>>152
あ〜べつにけなすつもりでそう感じたんじゃなくて、
90式にのってようが何に乗ろうが、カーグラはカーグラだな、
とおもったのさ。確かにイメージはしやすい表現だったぞ。戦車なのに。

あと、90式がオートマなところに感心してたような記憶があるよ。
ビデオデッキがなくて録画できなかったのがザンネン。

154 :名無し三等兵:02/02/20 02:26
あと、制動力の凄まじさに感動してたな。

155 :名無し三等兵:02/02/20 05:21
あ〜〜〜ん
見たかったよその特集〜〜〜

156 :名無し三等兵:02/02/20 20:53
あぁ〜懐かしいなぁ〜
カーグラフィックTVの戦車特集みたよ
何気なくTVつけたら、ちょうど始まったところだった
前もって知っていたら絶対録画してたのになぁ〜
たしか、松任谷が装甲車は乗り心地悪いが、戦車は良いとか語ってた記憶がある
あと、古谷徹が90式のスペックをエンジンがどうとか、サスペンションがどうとか、
「車」として普通に語っていたを見て、あまりの違和感に大爆笑してました

157 :名無し三等兵:02/02/21 02:45
英軍スペイン侵攻? 英領ジブラルタルと誤認、即撤退
http://www.asahi.com/international/update/0220/012.html

英海兵隊がスペイン南岸を急襲?−−迫撃砲やライフルで武装した英兵20人が17日、スペインの保養地ラ・リネア・デラ・コンセプシオンのビーチに上陸していたことがわかった。19日付の英各紙によると、すぐ南に位置する英領ジブラルタルと間違えたらしい。

 突然現れた物騒なやからに、浜にいた観光客や漁師、子どもたちは逃げ出した。近づいた警官に「ここはスペイン領」と教えられると、兵士らは小声で謝罪しながら揚陸艦に戻ったという。この間、約5分。


158 :名無し三等兵:02/02/21 03:19
チェコだったか東独に駐留していたソ連の戦車兵が
自分達が乗ってる戦車を屑鉄屋に売っ払って酒盛りやってたそうな

159 :名無し三等兵:02/02/21 04:07
>近づいた警官に「ここはスペイン領」と教えられると、
>兵士らは小声で謝罪しながら揚陸艦に戻ったという。この間、約5分。
激ワラタ

160 :名無し三等兵:02/02/21 18:57
このあと日テレで英軍間違ってスペイン侵略の映像やるよ!!


161 :名無し三等兵:02/02/21 18:58
>160
負けた・・・

162 :お呼びでない?:02/02/21 22:04
>157
何となくシャボン玉ホリデーチック(笑)

163 :名無し三等兵:02/02/21 22:24
スイス軍も演習中に峠ひとつ間違えてリヒテンシュタインに侵入したことがあったな。
山から迷彩服の兵士たちが降りてくるのを見た住人たちは、軍隊がないから駐在所に電話したんだそうな。

164 :名無し三等兵:02/02/21 22:27
いや、外国の軍隊が入り込んできて騒ぎになるのはまだいい
某国では、演習場外を兵士が行軍したり、迷彩服で民航機に乗るだけで
大騒ぎになる
自国の兵士なのに・・・・


165 :名無し三等兵:02/02/21 22:33
>164 そゆのは「泣ける話」の方へ。

166 :こんなのどう?:02/02/21 23:40
 日露戦争首山堡の戦いに参加した熊本第六師団の或る輜重輸卒の話。輜重輸卒
っていうのは、まあ、アレです。「輜重輸卒が兵隊ならば電信柱に花が咲く」

 ある日、彼に要務を命じた上官がふと質問した。
「お前は字は書けるか?」「はい」
「小学校は出たか?」「はい」
「中学校は?」「出ました」
「まさか大学までは?」「東京帝大です」

 彼はその後司令部に招かれ、将校待遇(作戦地図作成任務)になったという。

167 :名無し三等兵:02/02/21 23:45
>>166
ありえんだろ。実話か?

168 :166:02/02/21 23:49
マジ。
いやあ、「信じられないが」という趣旨に合わないかと思ったけども、
そのリアクション頂けるなら大丈夫みたいね。ホッとした。

169 :名無し三等兵:02/02/21 23:51
>>166
なぜ、帝大出がそんなところでそんなことを…

170 :名無し三等兵:02/02/22 01:50
>>169
たぶん書類上のミスでしょうby佐藤大尉

171 :166:02/02/22 02:26
 職能・学歴などへの細かい配慮はハナから無かったんでしょうな。
 あったうえでのミスなら笑い話だが、元から無いと信じられない話になる……。

 ソース書くの忘れてました。
「一億人の昭和史 日本の戦史1日清日露戦争(毎日新聞社・昭和54年)」

172 :名無し三等兵:02/02/22 02:49
柔道の篠原がk-1に転向らしい

173 :名無し三等兵:02/02/22 03:05
>>166
>輜重輸卒が兵隊ならば電信柱に花が咲く

それも言うなら
「輜重輸卒が兵隊なら、トンボも蝶々も鳥のうち」だぜ。

ちなみに
『日本勝った・日本勝った・ロシャ負けた♪
 ロシャが日本に勝ったなら♪
 電信柱に花が咲き・絵に描いたダルマさんが踊り出す♪』

つーザレ歌が、当時の花柳界に流行した、それとの混乱だろう。

174 :173:02/02/22 03:28
>>171
日本の徴兵制度は、かなり公平で厳格なものだった。
(ここらが某国と全くちがうー笑)
家の跡取り(長男)にたいする配慮は、かなりあったが、
あとは体格だけで、学歴・貧富・出自は、ほとんど考慮されなかった。

都会住の子供を呼び、わざわざ郷里で徴兵検査を受けさせるのも、
一般的な傾向で、ひとつには農村の体格強靱な若者達の中では、
都会っ子は見劣りするので、徴兵されにくく、また前線部隊に配置され
にくかろうと言う思惑からそうなった。

事実、帝大出の兵士がけっこういたらしい。職業軍人であった亡父から
何度か聞いたことがある。
(海軍は志願兵が主体なので、帝大出の水兵はたぶんいないだろう…)

175 :名無し三等兵:02/02/22 07:49
>174
つくづく思うが、日本の徴兵制度ってのは
「軍隊を作るため」のものではなく、
「国民国家を作るため」のものだったのだなあ……

176 :名無し三等兵:02/02/22 08:11
>>175
どこの国でも同じでしょ。
義務教育と徴兵制度が国民国家を作ったのは
フランスからしてそうじゃないの。

177 :名無し三等兵:02/02/22 08:30
 万人等しくか、特異な職能・学歴の者は別待遇とするべきか……。
難しいところ・・・かな?
 万人等しく、は基本でありつつも、得難い能力を持っている場合は
それは考慮せざるを得ないと思いますがね。無駄になってしまうのだから。

 >173あ、そうなんだ。どうも。二通りあると思っていたが。
元々は「蝶々蜻蛉」で「電信柱」は混同、なんですね。

178 :名無し三等兵:02/02/22 09:12
>176
いや、いつまでもそのまんまじゃまずいでしょ、と。
国民国家形成のための装置として徴兵と学校制度が重要ってのは言うまでも無いことだけど、
どちらも「国民国家形成のためだけに」存在するものじゃないんだから、さ。

179 :名無し三等兵:02/02/22 09:16
>178
175も176もそんなことは言ってないと思われ。。。。

180 :へまむし入道:02/02/22 09:48
スレ違いかもしれんが
うちのジーちゃんは職業軍人の元輜重兵で最終階級は准尉だったそうだ。
話を聞くと、輜重兵は結構人気があり志願者が多かったそう。
難しい文章をスラスラと読み書きすると「こんな天才初めてだ」といわれたそうだ。

あとこの前、駆逐艦「陽炎」に乗ってたじいさんと話したら、「駆逐艦は軍艦じゃないので
そんなに制服の第1ボタンをはずしたり等規律を守らなくても怒られないので志願した。戦艦とか
巡洋艦とかだったら想像も出来ない」と言っていた。

181 :名無し三等兵:02/02/22 09:55
>180
>駆逐艦は軍艦じゃないので ・・・・

なるほど。思わずうなってしまった。経験者じゃないと発想できない
視点だよなぁ。

182 :シュガー:02/02/22 10:35
聞いた話では自営業の有力者の子弟は
それなりに徴兵逃れできたそうだが、ホント?

183 :名無し三等兵:02/02/22 11:14
>>182
>自営業の有力者の子弟
自営業先生の師弟・・・中村?

184 :半ば適当:02/02/22 11:20
代人料?

185 :名無し三等兵:02/02/22 23:06
あのガチャピン・ムックとジャジャ丸・ピッコロ・ポロリが共演した
ことがあるらしい。

186 :名無し三等兵:02/02/22 23:36
>>185
きぐるみイベントの中継じゃないか?

187 :名無し三等兵:02/02/23 00:06
>>154
遅レススマンが
時速40kmから制動距離1.5m程で停止する様を放送してた。下砂地で。ビビタ。

188 :名無し三等兵:02/02/23 00:40
>>174
スマソだが某国って北?の事?
しかし、華族とか皇族とかも公平に徴兵か?
それはそれでおかしい気がする。

189 :名無し三等兵:02/02/23 00:42
>>180
難しい文章をスラスラと読み書きすると「こんな天才初めてだ」といわれたそうだ。
ま、まあ読み書きできない人も多かった時代だからね。

190 :名無し三等兵:02/02/23 00:46
>>174
徴兵検査で兵役に適すると判定されたものの一部が現役兵として『徴集』され,
その他の大多数は補充兵として,既に現役を終えた人々とともに在郷軍人(“待機集団”)
に組織された。そして,兵力が不足すると,これらの“待機集団”が,
「赤紙」と呼ばれた召集令状により,軍隊にかり出されたのである。
だが,
連隊区司令部では,金品と引換えに,原簿の破棄や兵役に耐えられない病歴
の記載等の不正が行われた。招集を逃れた者の職業をみると,
軍需景気で儲けている人や会社の重役が圧倒的に多く,その他配給業務に携わる幹部,
料理屋の主人,群を抜く地名人であった。
まさに「地獄の沙汰も金次第」とはこのことである。”名誉ある招集令状“は
不名誉な手段によって悪用されたわけである
(『新聞集成・昭和史の証言』第18巻497頁)。

こういうのもあるじゃねえか嘘つき。

191 :名無し三等兵:02/02/23 01:11
本日未明、イノシシが衝突して陸自の74式が止まったらしい

192 :名無し三等兵:02/02/23 01:21
>>191
嘘だろ(w

193 :名無し三等兵:02/02/23 01:22
イノシシもがんばればこれぐらいの戦果をあげる!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020222-00000015-yom-soci

194 :名無し三等兵:02/02/23 01:27
ああ。さっきラジオできいたよ。九州の電車がイノシシ轢いて、
点検停止したところ後続の電車がつっこんだあれだろ?
軽傷者74人

195 :166:02/02/23 01:30
>190
 「基本的には、大概はこうだった」「でもね、裏技もあったのよ」
これは並立するよ。嘘つきとはチト興奮しすぎでは?
 174には「電信柱に花が咲く」を改めてもらったのでちょっと擁護。

196 :名無し三等兵:02/02/23 02:36
>>195
そう言われればその通り、2ちゃんだし
煽りもOKかと思いました。
気に障ったらスマソ。


197 :名無し三等兵:02/02/23 03:25
>>180
>駆逐艦は軍艦じゃないので

駆逐艦以下の小艦艇は『舳(みよし)に菊の御紋章が付いていない』ので、
大艦の水兵達からは、軍艦じゃねえ!!なんて言われていました。
実際、家族的な雰囲気で、杓子定規な締め付けは少なかったようです。

>>166
戦役拒否で志願しなくて、運悪く一般徴兵に引っかかってしまった
インテリ学士も結構多く、博士号所持者が「二等兵」なんてことも
それほど珍しくなかったらしい。
有名なプロ野球投手が徴兵されて、戦地で「神業の手榴弾投げ」と
もてはやされた話もある。
娑婆(しゃば)と軍隊とは全く別個の価値観を持った世界だった。




198 :名無し三等兵:02/02/23 03:39
>>197
逆?
書類上軍艦じゃないから、
菊門ついてなかったんでしょ?

人員とかも
4ハイ一個戦隊で軍艦一隻扱いだったらしいね
軍医とか。


199 :名無し三等兵:02/02/23 04:13
角度とか。

200 :フェチ:02/02/23 04:14
あれ?
4杯で1個駆逐隊、駆逐隊が集まったり軍艦と組んで戦隊(水雷戦隊)では?
うろ覚えだけど。

201 :名無し三等兵:02/02/23 04:18
>>200
そのとーりです。
駆逐隊の間違いでした。
寝てました。逝ってきます。スマソ。

あ、4ハイで軍艦1ハイ分の人員配置ってのは間違いじゃないはずです。

202 :名無し三等兵:02/02/23 04:19
一本でも人参♪

203 :フェチ:02/02/23 04:25
>4ハイで軍艦1ハイ分の人員配置・・・
 本論である其の件にかんしては、俺もそう思ってます。
 
  重箱の隅つつきスマソ 

204 :名無し三等兵:02/02/23 14:20
>>197
>有名なプロ野球投手が徴兵されて、戦地で「神業の手榴弾投げ」と
>もてはやされた話もある。

沢村かぁ?


205 :名無し三等兵:02/02/23 14:51
多分そうでしょうね。

沢村選手は二度も応召されて、そのとき何度も手榴弾の
模範投擲をさせられたそうです。
ところが手榴弾の投擲と野球の投球はぜんぜん形が違うのに
無理に投擲をしたために二度の応召から帰ってきたときは肩を壊して
往時の剛速球の面影はまったくなかったそうです。
そして三度目の召集で彼は台湾戦で戦死しました。

以上は聞きかじりの話です。

206 :名無し三等兵:02/02/23 16:37
あと沢村は兵役検査の時に撮った胸のレントゲン写真を新聞に掲載されて、
「これこそが皇国の健康優良なる男子の心臓の見本だ!」と宣伝に使われ
たとか。

207 :名無し三等兵:02/02/23 16:51
沢村で思い出したが
昭和6年、大リーグ選抜軍が来日。日米野球開催。
控え選手の一人で、全く試合に出ない男がいた。
その選手は8ミリカメラで東京の風景を撮影し続けた。
そして太平洋戦争末期、その映像を元に東京への爆撃は計画実行された。
彼は野球選手などではなく、特務機関に所属する男だった。

208 :名無し三等兵:02/02/23 17:09
某国の某巡視船に搭載されていた40ミリ機関砲は、大戦中、空母フランクリン上で
特攻機を迎え撃っていたものだった。

↑同型という意味でなくて、まんま同じもの。。1944年製だって(笑



209 :名無し三等兵:02/02/23 17:45
手榴弾投げで思い出したが、西武・松坂の爺様は陸軍の手榴弾投げコンテストの
優勝者だそうだ。スポーツ紙で「祖父譲りの強肩」という記事を見たことがある。

210 :名無し三等兵:02/02/23 18:06
1940年のオリンピックをどうしても東京で開催したかった日本。
日本オリンピック委員会は最大のライバル・ローマの立候補辞退を直接ムッソリーニ首相に頼む事にした。
首相は派遣された副島伯爵、および杉村駐伊大使の立派な態度に感銘を受け、ローマの辞退を承諾してくれた。

中公叢書 『ムッソリーニ』より

211 :名無し三等兵:02/02/23 19:52
>>205
台湾戦?台湾で地上戦なんかなかっただろ。
沢村が戦死したのは大陸では?

212 :名無し三等兵:02/02/23 19:54
>>208
どこの国?
やっぱ日本?

213 :列島縦断名無しさん:02/02/23 19:56
>>211は相当痛い奴
指摘も間違えて、救いようなし

214 :新潟人:02/02/23 19:59
8年前に死んだ母方の爺ちゃんは天皇の親衛隊で、台湾で足に鉄砲を
撃たれて負傷。
どうしてそんなとこにいて、誰に撃たれたのか不明。葬式の時も長男の叔父さんが
「父は息子の私が言うのもなんですが、過去の経歴がよくわからず・・・」
と言ってた。気になる

215 :名無し三等兵:02/02/23 20:29
日中戦争。中国軍と銃撃戦を演じていた兵隊の一人が、頭に銃弾を受け、倒れる。
周りの者は「頭部直撃弾で即氏」と思ったのだが、その兵士はしばらくして起きあがった。
なんと彼を襲った銃弾は鉄帽の内縁をぐるりと一周して外に飛び出してしまい、彼の頭は
そり込みが入ったようになっただけだった。

同じく日中戦争。なぜか陰茎だけを根本からそっくりえぐられた兵隊がいた。勿論命になんら別状は
なかったが、何故此処まで綺麗にもってかれたのか、どういう弾丸がどういう状態で当たったのか、
みな首を傾げた。

ガダルカナル島。100式機関短銃・軍刀・手榴弾などをもった3人の兵士が
米陣地に夜襲をかけた。アメリカ軍はびびってたった3人の敵だというのに
陣地を放棄して逃げてしまった。

216 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/02/23 21:05
第二次大戦に参加した各国には民間技術のスピンインが結構あった。

その1:
 ドイツ戦車の動力となった水平対向エンジンは、アウトバーンを走る高速バスの
 動力として開発されたものである。
その2:
 2号戦車後期型と3号戦車に採用されたトーションバー方式の懸架装置は、
 国民車(Volkswagen)に採用されたものが基になっている。

(余談)
 Bf-109の燃料タンクには400リットルの燃料が入る。
 Spitfireにも386リットルの燃料が入る。
 で、我が零戦はあれだけ長距離を飛べるのに、落下増槽を除くと380リットルの燃料
 しか入らない。
 

217 :名無し三等兵:02/02/23 22:37
>>215
頭蓋骨って人によってはかなり硬くって、弾丸の入射角によっては、
頭蓋骨の周りを弾丸がぐるって回って、助かる例はたまにあるらしいね。
いや、すっげー石頭って事かね。


218 :名無し三等兵:02/02/23 22:56
このスレや「泣ける」スレ、「知らなくても」スレには面白い小話がたくさんあります。
で、それらを自分のホームページに(もちろん「2ちゃんの××(http://・・・・・)スレから転載」という一文を頭につけます)選んで載せたいと思うんです。

よろしいものでしょうか?

219 :名無し三等兵:02/02/23 23:06
信じられないが、本気か。

220 :名無し三等兵:02/02/23 23:30
信じられないだろうが、今放送してるグリーンジャンボ宝くじのテレビCMで
警官役の男が警笛吹きながらドイッチャーグルスしてるぞ

221 :名無し三等兵:02/02/23 23:42
>>215>>217
浅田次郎の「きんぴか」を思い出したのは俺だけか

222 :名無し三等兵:02/02/24 01:22
「終戦直前の1945年春、とある憲兵伍長は千葉県の九十九里の部隊に上等兵としてもぐり込んだ。
本土決戦に備え、陣地の構築の様子や地雷の敷設工事状況など、正確な情報を報告するのが任務だったのである。
軍隊というのは都合の悪いところは書きずらい。そこで『慰安婦を利用しろ』と憲兵隊上層部から指令が出た。
一帯には慰安所が3ケ所あり、合わせて約60人いた。ほとんど日本人で、朝鮮人も少しいた。
8人を選び、客を装って接触した。客としての料金が2〜3円だった当時、50円近く握らせ、軍事情報を聞き出してもらうように頼んだ。
約70人の確度の高い情報を得ることができた。慰安婦は結果的に国家機関の手足となった。」

 この元憲兵の証言によれば、6月8日の御前会議の直前に、侍従武官が九十九里の陣地構築状況の現状視察に来るので、それまでに戦闘能力や各部隊の陣地構築状況をつかむのがその任務であったという。

6月8日の御前会議では、「今採るべき戦争指導の大綱」で本土決戦方針が再確認された。支配者層の戦争継続の意志を一挙に打砕いたのは、8月9日のソ連参戦であった。
その日の深夜より始まった御前会議において、昭和天皇は、九十九里浜の築城が未だ出来上がっていないことを理由に、本土決戦を主張する軍を切り捨てていった。




223 :名無し三等兵:02/02/24 01:26
http://home9.highway.ne.jp/sakanaya/p_data/nazo.htm

224 :名無し三等兵:02/02/24 02:18
>>223はブラクラ








                                 じゃなさそうだ。


225 :205:02/02/24 08:28
>>211
沢村栄治選手の話
聞きかじりの話でしたので誤解を招き失礼しました。
フィリピンへ向かう途中、アメリカの魚雷攻撃により
台湾沖で船と共に沈んで戦死したというのが正しいようですね。
亡くなった日は1944年12月2日です。

226 :名無し三等兵:02/02/24 09:25
第2次世界大戦においてドイツが使用した
ガソリンは、石炭から作られていた。

227 :名無し三等兵:02/02/24 10:01
>>226
 石炭を石油に変えろという問題を思い出したよ(笑

228 :名無し三等兵:02/02/24 10:03
イノシシで思い出した話。
パキスタンでスクランブル発進しようとしたF-16
滑走路に進入したイノシシを引っ掛け主脚折ってズサ〜
軍は基地をフェンスを囲って事故再発防止を図りましたとさ

何年も前に新聞で読んだ話だが…
パキスタンは基地の警備をしてなかったようだ

229 :名無し三等兵:02/02/24 10:16
>228
フェンスで囲ってなかっただけでしょ?
なんか見晴らしよさそうな基地というイメージが湧いてくるけど、
見晴らしがいいなら警備の仕方もかわるんじゃない?
仮にも核兵器を持ってる国なんだし

230 :228:02/02/24 12:15
>229
いや、実際にイノシシの侵入を許して被害が出てるワケで
これが情報収集とか破壊工作狙いの人間だったらやられてると

231 :名無し三等兵:02/02/24 17:33
>>230
でも入れたのはあくまで滑走路でしょ?
それに工作員がフェンスぐらいで断念する分けないじゃん。

232 :名無し三等兵:02/02/24 22:30
第一次世界大戦中ガリポリ半島でイギリス軍将兵266名が
別の部隊と合流するため丘を行進して上がっていった。
その日は快晴で数個の雲が空に浮かび、そのうち1個は丘にかかっていた。
兵士たちは次々にその雲を行進していったが誰一人として出てこなかったのである。
最後列の兵士の姿が消えるとその雲は他の雲ところに達した。すると全部の
雲がいっせいに動き出しブルガリアの方へ滑っていった。
友軍であるニュージーランドの工兵部隊の兵士たちはなすすべもなく見守る
うちに雲は一時間足らずで視界から消えてしまった・・・
今でもイギリス軍将兵266名の行方は不明らしい
ガイシュツだったスマソ

233 :名無し三等兵:02/02/24 22:59
>>232
日本軍の話も聞いたことが有る
日本のどこかの島を調査していた隊が「碑文を発見した、こんな大きなのは見た事が無い」
という通信をした後、消息を絶ったって話。
詳しく知っている人いませんか?


234 :名無し三等兵:02/02/24 23:02
>>232
しってる!けっこうそれ系の話って
戦場であるみたいだね。

235 :名無し三等兵:02/02/24 23:05
兵庫県宝塚市で陸上自衛隊の訓練中の部隊が
進路を誤って、お寺に侵攻。
完全武装で迷彩服姿の集団の出現に
参拝客はパニック、逃げ出したって。
そのあと、隊員一同、住職にこっぴどく
お説教を受けたもよう。

236 :名無し三等兵:02/02/25 00:02
>>232-233
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



237 :名無し三等兵:02/02/25 00:08
>>235
>そのあと、隊員一同、住職にこっぴどく
>お説教を受けたもよう。

微笑ましいな、某国の陸軍は。

238 :名無し三等兵:02/02/25 00:11
あの朝岡美嶺が謎の怪死をしたって話、誰か聞いた人いる?
台所で首を綺麗に切断されていたんだって。
凶器は未だに謎。

239 :名無し三等兵:02/02/25 00:16
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1014563358/
遊びにきてね。いっしょに戦おうよ。

240 :名無し三等兵:02/02/25 00:30
じえーたい、しょぼー

241 :名無し三等兵:02/02/25 00:54
ゴ・ジン・ジェムの死後、南ベトナムの政情は不安定でクーデターが頻発した
その何回目かのクーデターのお話
南ベトナム軍の将軍グエン・カーンはクーデター決行予定の前日に飲みすぎて、
当日の朝遅刻したが誰もいなく、部下に電話したところみんなすっかり忘れていたらしい
結局その日は中止になって、次の日無事にクーデターが成功したとさ

242 :(-_-(-_-;):02/02/25 00:58
≫232、233番さん。
詳しく知りたいです。 どの本に載っているのでしょうか??

≫238番さん
ホントですか??? むかしビデオでずいぶんお世話になったので、
この件も、もうチョい詳しく知りたいです。

追加情報お願いします。

243 :(-_-(-_-;):02/02/25 02:12
≫238番さん
一応AV板にも書いてみたけど反応無し。!!
≪取り合えず一安心≫

軍事板の皆さん、板違い失礼しました。 おやすみなさい。

244 :名無し三等兵:02/02/25 09:16
1951年のことです。
自分の仕事(空軍省勤務)に不満をもつある空軍大佐がいました。
彼はなんとしても今の仕事から逃れるため、ある迷案を思いつきました。

 それは「絶対実現不可能なプロジェクトを作ること」でした。

そうすればプロジェクトが失敗したとき彼は別の勤務に移れると考えたのです。
彼は早速無茶な要求を盛り込んだ新型輸送機の仕様書を提出しました。
ところが、驚くべきことに四つの会社が設計案を提出し、そのうちの
ロッキードの設計案が採用されました。
それが「ロッキードC-130ハーキュリーズ」です。
ちなみにその大佐がどうなったかは不明。

245 :名無し三等兵:02/02/25 15:14
>>244
なるほど、名機C-130は某大佐の現実逃避の結果生まれたのか…

246 : :02/02/25 15:40
>>243
このスレとAV板の朝岡スレと両方同じ日に見てしまった。

247 :名無し三等兵:02/02/25 15:50
>244
とりあえずその大佐さん、かえって功績あがっちゃって空軍省からは永遠に抜け出せなくなったかもね(w

248 :名無し三等兵:02/02/25 17:34
この話も第一次世界大戦ものの話
1914年8月26日にイギリス軍とドイツ軍の間で起こった
第一次世界大戦中もっとも激しい戦闘といわれる「モンスの戦い」で
イギリス遠征小部隊は約3倍もの兵力のドイツ軍に絶体絶命のピンチに
立たされていた。ドイツ軍の激しい攻撃の前にイギリス軍は後退したが
ドイツ軍の執拗な攻撃にイギリス兵は皆観念し死を覚悟したその時
イギリス軍とドイツ軍の間に「天使の部隊」が舞い降りてきたというのだ。
何が起きたのかさっぱりわからないが突然現れた「天使の部隊」にドイツ軍は
錯乱し戦闘を放り投げて退却をしていった。
イギリス軍が無事に退却した1ヵ月後この事は「イブニングニュース」紙に
掲載されてロンドン中にセンセーションの渦に巻き込んだ。
幻覚説やら奇跡説など街中が真偽論争であふれかえったが結局
戦場に何らかの超自然現象が起こったという方向に落ち着いた。
当時のドイツ軍の公式文書には
「イギリス軍を追いつめ一気に粉砕しようとした瞬間、突如
どこからか出現した騎兵隊に我が軍の兵が怯え命令を無視、退散した」
という記録が科学万能のドイツ軍のまぎれもない公式文書に記録が残っている。
不思議な事もあるもんだなと思わさせられる出来事だと思う。




249 :名無し三等兵:02/02/25 19:08
>248
ここは「信じられないが、本当だ。」というスレであって、
「怪しそうな、ネタ話」を書くスレじゃない。

だいたい、モンスの戦いを少しでも調べたのか?
下記のページにモンスの戦いについて少し書いてあるから読んでみな。
ttp://www3.kiwi-us.com/~ingle/honbun/frontier%20battle%20second.html
貴殿の文章が、いかにもな書き方で事実に一部修正がされてるのが
わかるだろう。248はいわゆる、些細な事実を膨らましたホラ話だよ。

250 :名無し三等兵:02/02/25 19:22
>>244
C-130の引渡し終了後の記念パーティあたりで
ご本人がスピーチで披露してそうなお話だな(w

251 :名無し三等兵:02/02/25 20:38
>249
すまんかった。

252 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/02/25 21:56
例によって小ネタ集で…。

その1.
バトルオブブリテンの時、戦闘機軍団司令官は司令部に泊まり込んで、部隊を指揮した。
ところが、11月になっても、外務省は11時になるまで仕事を始めなかった。
また、経済戦争省でも、大臣が10時30分にミーティングを始めようとしたが、スタッフが誰も
来なかったと言う。

その2.
英国の1944年当時の怠業日数は1938年の3倍に上った。
有る造船労組員が組合の掲示板で勤労モラル向上を訴えただけで、3ポンドの罰金を科せ
られた。
なお、独軍の「英国人との付き合い方八箇条」には、英国人が新しい状況に対応する際も
非常にスローモーで有るが悪意はあってではないこと、労働者階級には命令調ではなく、
丁寧に友情を持って接すれば味方に出来ることを記している。

その3.
大正から昭和に掛けて、日本の航空界は多数のお雇い外国人技師を招聘したが、
この時、三菱の外国人技師が気に入ったのは、日本のハンコであった。
一○式を設計したスミスは「酢味噌」、ハイランドは「高国」、ジョウダンは「冗談」
と言うハンコを作り書類に押していたそうな。

253 :名無し三等兵:02/02/25 22:59
高国はともかく酢味噌とか冗談と判が押された書類を
まじめに読む技術者たち
イイ(・∀・)!!

254 :名無し三等兵:02/02/26 01:49
>249
公文書にマジで書かれてたらスレタイにあってるのでは?

あんまり怪しげな話が増えるのはそっち系に(((( ;゚д゚))))なのでイヤだが

255 :名無し三等兵:02/02/26 12:02
>253
禿同!
その書類を提出された役人や軍人が激昂したとかもありそう

>254
それはどうだろう?
そのテの物は話を盛り上げるのに都合の良い解釈や想像が入ってるのが多いし。
何々の公文書に載ってるって言われてもチェックは難しいから下手すりゃ泥試合。
オカルト板で披露した方が書き込む人にとっても良い結果になると思われ。

256 :これはオカルトじゃないよね?:02/02/26 12:32
某サイトよりコピペ

”独ソ戦のころだったか、ある赤軍の軍医のところに「脱走兵」容
疑者を検診してくれという依頼が来たそうです。
で、見てみるとこれがどう見ても野人とゆーか獣人なやつだったと
いう..(笑)
巨大で、裸で、毛むくじゃらで「アー」とか「ウー」としかしゃべ
れなかったそうです。
結局その野人は脱走兵として処刑されたとか。”

257 :へまむし入道:02/02/26 12:36
ミッシングリングを埋めることができたかもしれないのに(涙)

258 :名無し三等兵:02/02/26 13:22
>>248
【ガクガク】ビクビクオドオドしながら戦うスレ【ブルブル】
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1013739997/l50

がいいんじゃない?

259 :へまむし入道:02/02/26 23:36
大戦直前、イギリスで各国の軍備に関する本が出版された。中でもドイツに関する
項目は実に詳しく、兵力の配置や角師団長の経歴は勿論、性格のようなものまで調べ
てある。これを読んだヒトラーは情報の出所を押さえるため、ゲシュタポ(情報元の本によると)
に命じ、著者をスイスの出版社の名をかたっておびき出し、ドイツへ連行させた。
そしてヒトラー自ら、著者がどのようにして情報を入手したかについて質問したところ、
スパイや特別な資料に頼ったものではなく、毎日の新聞や雑誌、ラジオニュースや催し物など
誰の目にも触れる情報の中から、糊とハサミで切り抜きを作り、それを細かく系統的に分析する
ことによって、指揮官の名前はもちろん、その家族から友人関係、本人の癖まで。ほとんど完全
な資料を作成していたという

260 :名無し三等兵:02/02/27 00:11
>>259
その著者のその後が気になるよ。帰ってこれたんかいな?

261 :名無し三等兵:02/02/27 08:42
>>259
マスコミってそうだよね。個々の新聞や雑誌は断片情報だけど
全部集めて整理分類するとかなり詳細な情報になる。
考えてみれば2chそのものじゃん(w

262 :へまむし入道:02/02/27 08:51
「戦争の名言と迷言」スレより(自分自身のコピペ)
ちょっと話が古いが
1795年5月11日、ベルギーのフォントノアでフランス軍とイギリス軍の戦闘が
始まろうとしていた。一度英軍は破れていたが、再び陣営を整え直して仏軍へと進んできた。
そして仏前線まで約80歩ほどの所に近づいたとき、彼らはきちんと列を組み、行儀良く帽子を
手に持って、仏士官に敬礼。対する仏軍も脱帽した。
 それを見て、英軍先頭部隊指揮官ロード・ヘイは1人で仏軍の元へ近づき、再び帽子をとり、
近づいてきた仏軍指揮官に対して
「ムッシュウ、あなたの部下に撃たせて下さい」と申し出た。
すると仏軍指揮官ドードロッシュ伯爵は
「いや、ムッシュウ。我々は決して打ち始めませんぞ。あなた方こそお先にどうぞ」と、丁寧に返事をした。
 この後、2人の紳士はもう1度挨拶を交わした後、互いの陣地へ帰っていった。
そして、相手の許可を得た英軍は、遠慮せずに反撃しない相手に向かって攻撃を開始。
結果、仏軍は一度に千人以上の兵士を失い、大混乱を起こして敗北。


263 :名無し三等兵:02/02/27 09:14
紳士はどっちだ!?

264 :名無し三等兵:02/02/27 10:11
勝った方(英軍)だと思う

265 :名無し三等兵:02/02/27 11:29
>>233
トライデントに消されたか?

266 :名無し三等兵:02/02/27 12:45
>>265
アーカムじゃないの?

267 :名無し三等兵:02/02/28 00:32
>265
最も散文的な予想は現地住民(土人)に襲われたってことだろうけど。
それ以前に軍がそんな不明瞭な通信をするのか? と言う疑問がある。
……無粋な疑問であるな。

268 :名無し三等兵:02/02/28 01:00
>>262
そこまでするんなら、いっそ決闘で勝敗を決めればよかったのに(w)

269 :名無し三等兵:02/02/28 14:09
今の軍板住人の知識の多くは以下のものから吸収されたものである。

1.○人者NF文庫(これがメイン)
2.火葬千基
3.N○Kドラマ
4.一等自営業先生を初めとする戦記もの

そして、初期にいた防○研究所や国会図書館などに日常的に
出入りする人達はほぼ駆逐されている。

270 :名無し三等兵:02/02/28 15:28
>>269
そして

5.アニメのムックなどの解説

で知識を仕入れた住人層も乱入気味で、近親憎悪がはびこっている。

271 :名無し三等兵:02/02/28 16:01
>>269
7.同じ萌え感覚臭で集まる

萌え度が異なる者は認め合わない。アニメ・ムック派を同じヲタとして憎む。


272 :名無し三等兵:02/02/28 17:25
>>269
ついでだから

6.歴史群像(とくにSS特集などの別冊もの)

一次資料をあさらず妖しげなムックを利用して議論している
時点で、アニヲタと大して変わらないことを自覚してない厨房
が板を占拠している(アニヲタも調子に乗りすぎとは思うが)。
ちょっと昔を考えると信じられないが本当だ。
(どちらかといえば泣ける話スレだな(w)

273 :272:02/02/28 17:32
あ、ちなみに歴史群像が怪しげといっているのではない。

274 :名無し三等兵:02/02/28 17:39
ああっ、スレが「信じたくないが、本当だ」になってる…

275 :名無し三等兵:02/02/28 18:00
自治スレで趣味のカテゴリなのはおかしい、って話がでてるけど、
参考資料がこの手のものじゃ、専門板として認めてくれ、ってのは
無理があるよな(苦藁

276 :名無し三等兵:02/02/28 18:31
>275
専門板にしても状況は似たようなもの。

しょせんは2ちゃんだし。

277 :名無し三等兵:02/02/28 18:53
軍事板が趣味なら、厨房度激高の未来技術板もこっちへ
引きずり落とせ!!不公平だ!!

278 :名無し三等兵:02/02/28 19:23
足らぬ足らぬは工夫が足らぬとも言うから、犬なり猫なり使って見るという手も。

279 :きいてい。:02/02/28 19:24

          
        200cc=200mmですよね?








280 :名無し三等兵:02/02/28 21:59
もう春休みなのか……

281 :名無し三等兵:02/02/28 22:07
>>280
らしいですな。
>>279みたいのが涌いてるようですから。

282 :名無し三等兵:02/02/28 22:54
スレッドの趣旨も理解できない厨房はこのスレッドから出ていってもらいたいものだ


283 :名無し三等兵:02/02/28 23:22
ウィットもわからず自分好みのレス以外を必要としてない独り善がりなヤツもな。

284 :名無し三等兵:02/03/01 02:14
研究するつもりで軍事板に来るのは自由だが、趣味の一環としてくるのは
許せないとはなんとも狭量なことで

285 :.:02/03/01 09:46
荒らし帰れここ荒らすな。

286 :名無し三等兵:02/03/01 13:21
アニメ論を語りたければどうぞよそでやってください


287 :名無し三等兵:02/03/01 13:32
>>269死ね

288 :名無し三等兵:02/03/01 13:50
ジョークにしても神経を逆なでするようなのは勘弁してくれよな。
せっかくマターリ進んでたのに…

289 :へまむし入道:02/03/01 13:51
ネタを仕入れるのに経営論や心得を書いた本は結構狙い目だと思っているが、
著者が軍オタでなかったら、人物の階級が違っていたりとかするので注意が必要

290 :名無し三等兵:02/03/01 14:41
大日本絵画あたりの資料しか読まない折れは
ダメダメなんだろうな

291 :名無し三等兵:02/03/01 14:55
大日本絵画の本は
今までなかなか読めなかった本の邦訳が多いので
結構いいと思うよ?

むしろ>>269>>273を読むと
「防○研究所や国会図書館などに日常的に出入りする人」でないと
軍事には詳しくなれないと書いてあるようで不快。

292 :名無し三等兵:02/03/01 14:56
そんなに軍事板の現状が嫌なら、さっさと出て行くか、現状を変えるか
どちらかのアクションを起こせばいいのにね。

293 :名無し三等兵:02/03/01 14:57
ていうか、半分ネタみたいなスレでそんな事いわれてもねぇ……。

294 :名無し三等兵:02/03/01 17:19
>>292
荒らしの常套句だな

295 :名無し三等兵:02/03/01 20:58
スレッド名
続★信じられないが、本当だ。

296 :名無し三等兵:02/03/02 09:19
軍事版の話とは違うかもしれないが、書かないよりはましなので。

かの有名な客船「クイーン・メリー」号のエピソード。
建造したキュナード社は「〜ア」という名前を船につける慣習があり、
当初「ビクトリア」(当時の国王ジョージ5世の祖母であった偉大な女王)
という名前を予定していた。
進水直前にキュナード社の社長が国王に報告に訪れた。

社長「陛下、今度の船は陛下にとって最も誇るべきお方の名前をいただくことになりました。」
ジョージ5世「そうか、私の妻(メリー王妃)のことを祝ってくれるのか。」

この愛すべき?勘違いで慌ててキュナードは船の名前を変えるはめになったとさ。



297 :名無し三等兵:02/03/02 16:46
いじめじゃないんですけどね、聞いた話。
対戦車ミサイルって、髪の毛並みに細い誘導ケーブルで、上下左右と操縦し、
命中させるんですが、あるとき誤って、ミサイルが演習場の森に飛び込み、
ケーブルが木に絡まって断線したんですね。
薄暗い森の中の一本道に、ピンと張ったようになってしまい、
細いから判らない上に、丈夫なケーブルです、
そこに、フロントガラスを倒した、別のジープが走ってきて、
ドライバーの首が、すっぱりと飛んだとか・・・・。

298 :無断転載:02/03/02 16:47
84ミリ無反動砲「カールグスタフ」、わかりやすく言えば「バズーカ砲」のように、
肩にかついで撃つ、普通科(歩兵ですね)の対戦車兵器、
その砲手だった某氏の話。
戦車をやっつける無反動砲のタマですから、やたらと大きくて重い、一発にひとつの、
専用のケースふたつに入れて、一人二発ずつ持ち歩くんですが、
タマに撃つ、タマがないのが自衛隊、そのタマのケースが、ペットボトルにピッタリサイズ、
一発分は本物のタマを入れ、一発分にはポカリスエット、
「戦友」と分けて飲むのが、演習中のひそかな楽しみ・・・で、ある時、運悪く、
二発分、どちらにもポカリスエットを入れてたんだそうで、
そんな時に限って「演習統裁官」、学校に例えれば「風紀指導の先生」がやってきた、
「敵」は目の前、カールグスタフの出番、さあ、どうする!
・・・仕方がない、ポカリスエットのペットボトルをカールグスタフに装填し、
「装填!」
「・・・・お前、それで敵戦車、やっつけられるか?」

その後の話を、どうしても聞かせてくれません・・・・。


299 :名無し三等兵:02/03/02 16:49
ワラタ!

300 :無断転載:02/03/02 16:49
83 名前: 10です 投稿日: 2001/12/17(月) 21:26 ID:YKA2mWGc [ Air1Aaf207.ngn.mesh.ad.jp ]

小話シリーズ。

「64式小銃の弾倉入れ、駐屯地祭で売ってたね」
「あれって、ウイスキーのポケット瓶がぴったり、入るんですよ」
「飲んでたんですか?」
「・・・・・」

「偵察警戒車(20ミリ機関砲つきの6輪装甲車)って、どのぐらいのスピード、
出るんですか?」
「意外に速いですよ、高速で、出足ならジープ、ブッちぎれますからね〜」
「やったんですか?」
「い、いや、じ、自衛隊は安全第一ですから、わはは、わはははは・・・・」

「知ってますか?日米協同演習で、富士の演習場へ行くでしょ。
アメさんが演習、終わったあとって、銃が故障したらポンポン取り替えるんですね、
そこいら中に、集めたら何丁か組めるぐらい、M16の部品が捨ててあるんですよ」
「それ、組み立てたら、ひと儲けできませんかね、わはは」
「う〜ん・・・・」
「マジに考えないようにね、シャレにならんから・・・」


301 :名無し三等兵:02/03/02 19:16
それでは小生も大学生の頃、同じ大学を卒業して自衛隊に入隊した先輩が遊びに来て、ひとしきり酒宴。
 そして帰り際一言ポツリ……明日は富士で接待か(はぁ)
聞けば富士の裾野で米軍との合同演習だそうで、そういうの? それとも騙されてる?

302 :名無し三等兵:02/03/02 20:00
>>269
あ、それでルシタニアとかアキタニアって船があるのか。

ルシタニアは、軍事ネタだよね。(w

303 :名無し三等兵:02/03/02 23:52
アメリカ軍が最も嫌ったのが日本軍であった。生意気にも彼等は直接真珠湾に卑怯な奇襲攻撃を仕掛けてきたのである。
ハルゼー提督は「凶暴な猿」とあだ名を付け、「太平洋の全域で我が軍は奴等を沈め、焼き尽くしている。沈めるのもさることながら、焼き尽くすのは無上の喜びである」と言っている。
ガダルカナルに上陸したある海兵隊員は日本兵が動物にしか見えなかった。
「奴らは山猫のように木立に隠れます。時々攻撃を仕掛けてくるときの声は、屠殺場の怯えた牛のようです」と語り、別の海兵隊員は
「戦う相手がドイツ軍ならよかったのに。ドイツ軍はわれわれと同じ人間だ。しかし、日本兵は動物みたいな物で、まるでジャングルで生まれたみたいに自由に歩き回るし、それに、お目にかかるのは死体になった奴ばかり、というのも動物と同じだ」と言っている。
黄色い猿は人間扱いされないのだ。
従ってモンキーハンティングとなり、狩りのトロフィーとして頭骨などを磨き上げてお土産として本国に送られることになる。
特に人気なのが金歯で、まだ生きて呻きをあげる口に銃剣をさし込み無理矢理引き抜いたりしていた。
彼等はバターン死の行進は知っていたが、それと同じ民族がプリンス・オブ・ウェールズを撃沈した後に花輪を投じた事は知らなかったのである。
日本降服の時にハルゼー提督はこう言った。「正義と品位が勝利を収めたのである」


304 :名無し三等兵:02/03/03 02:56
>>303 ネタ?

305 :名無し三等兵:02/03/03 05:07
ネタを含みつつ本当でしょう
「猿のバーベキューを楽しんでくるぜ」
なんてのたまった提督が品位ねぇ…

306 :名無し三等兵:02/03/03 08:18
>305
 どこぞのくにでは、個人としての提督どころか国民全体で「鬼畜米英」だの
「けものへんに米」とかやっていましたが、なにか?


307 :名無し三等兵:02/03/03 09:24
>>306
まっ、お互い様ってことだね。
ただ、いまだに悪の枢軸国云々みてると、つくづく進歩の無い・・・まぁいいか。

308 :名無し三等兵:02/03/03 09:33
>>307
まぁ、そのあたりも「ばかんこく」だの「厨国」だのやってるのをみれば
(2chの外では、もう少し異なる言い方ですが、根本はいっしょ)どいつ
もこいつも、つくづく進歩がないんではないかと。


309 :へまむし入道:02/03/03 12:38
2・3年前、大阪の「まんだらけ」近くにある「餃子の王将」
に行ったら、店員が「中学生のころ、自衛隊の
銃の弾倉を盗んで追いかけまわされた」と話して盛り上がっていた。

310 :名無し三等兵:02/03/03 20:54
>>303は、軍事板でもよくネタ元にされる
ポール・ファッセルの「誰にも書けなかった戦争の現実」からですな。
ガダルカナル当時の日本軍てば、後のベトコン(及び北ベトナム兵)みたいな
印象持たれてたわけで(w

でも、ハルゼーばかりではアメリカ軍が単なるDQNになってしまうんで
やはり同じ本からC・ニミッツ提督のお言葉・・・
終戦後日本に進駐した海軍将兵に対し
「日本民族、及び個々の日本人に対して侮辱的な形容詞を用いる事は
合衆国海軍の品位にそぐわないものである」

311 :名無し三等兵:02/03/03 21:02
>>306
猿扱いも国民全体でやってたろ?

312 :名無し三等兵:02/03/03 21:27
>310 ニミッツ提督への好感度up!!

313 :名無し三等兵:02/03/03 21:50
>>306=308
みんなその辺のことは解った上で、
個々のエピソードを取り上げてるんだから
いちいち水を差すなっつの。

キティサヨ逝ってよし!

314 :名無し三等兵:02/03/03 21:55
戦時中に伯父は中国にいた。
そこでで虫垂炎を患った伯父は手術を受けることになった。軍医はいたが、麻酔が無かった。軍医は、
「痛みますが、こらえて下さい」
と、言って手術台に伯父の手足をしばりつけ、木片を口に入れて猿轡をしてから腹を切ったそうだ。
戦後、無事に復員した伯父がこの話をたんたんと話してくれた。
「あれは痛かったなあ」
聞いていた親戚たちは顔が蒼白になった。

大正生まれの伯父が癌で亡くなって、12年が過ぎた。

315 :名無し三等兵:02/03/03 22:09
http://www.asahi.com/international/update/0303/001.html
3日午前7時ごろには、ラマラ自治区北のイスラエル軍検問所を見下ろす
丘から武装集団が銃撃し、イスラエル兵10人が死亡15人が負傷した。
アルアクサー軍団とファタハ系アルアウダ軍団が共同で犯行声明を出した。
極めて高度な狙撃訓練を受けた集団と見られる。

すげーな、兵士25人を瞬時に戦闘不能かい・・・・・

316 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/03/03 22:10
第二時世界大戦ブックスのゼロ戦のだったか、前書き中の米軍パイロットの証言で
こんなのがあったと思う;

「米国内で、『日本軍は空ではアメリカの敵ではなかった』と言い触らしている
奴は馬鹿だ。日本軍パイロットは操縦桿を握った鬼だ。彼らは実に強かった。
そして我々が戦場に次々と精鋭を送り込んで必死のつばぜり合いをしていたのは
紛れもない事実だ。」

こんな感じ。細部は怪しいのでだれか添削してくれ。

317 :(-_-(-_-;):02/03/03 22:14
6年前入院中に田中さんから聞いた話。≪田中さんは、インパール帰り≫
田中さんは当時上等兵としてインパール作戦に参加(所属は聞いたが忘れた)
侵攻、戦闘、そして撤退その撤退中の話。

私    「田中さん、ところでインパールからの撤退中食い物はどうしたんですか」
田中さん *「少しおかしくなって戦友にワイタ蛆食ってた奴も居たが直ぐ死んだ。」
     *「一番美味かったのは、英軍の輸送機から投下された英軍の食料だった。」
     *「寝てて、目が醒めたら回りは鰐ばっかり、ありゃァ驚いた。」
     *「投下物資と言えば取りに言ったら英軍とばったり。お互い視線をそらさず、
      にらみ合いながら食料持ってジリジリ離れていった。」

たくさん話し聞いたんだけど、もう忘れてしましました。・・・・
激戦をくぐり抜けた田中さんも癌で6年前死去されました。
EVホールで最後に会った時の笑顔が忘れられません。

318 :名無し三等兵:02/03/03 22:31
ttp://www4.plala.or.jp/hiro_k/Report/Present/P161_repo/no03.htm

本当に本当かは不明

319 :名無し三等兵:02/03/03 23:27
>318
おもろい。ネタだとしたら下手な架空戦記より上。
戦闘シーンなんか迫真性に満ちておりかなり資料を読み込んでいるだろう。
そのくせ初歩的な記述のミスなどがある。
本当に、「軍事の素人が経験した戦争」みたいな文章だ。

320 :名無し三等兵:02/03/04 00:09
>317
田中さんて誰だよ!

321 :名無し三等兵:02/03/04 00:09
>>318
このモデルの国はどこなんでしょうか?

322 :名無し三等兵:02/03/04 00:25
…。本物っぽいのですが…。

323 :名無し三等兵:02/03/04 00:36
>>318
面白いねえ。真実かどうかはさておいても、ウィリアム○○をどついた話なんて
最高。削除されてるイスラエル・ガザ地区編とか読んでみたいですね。

324 :名無し三等兵:02/03/04 01:55
傭兵はカレー粉がないと戦えない

325 :名無し三等兵:02/03/04 02:33
ttp://info.loops.jp/~hkt/uji/index.html
ホントに面白いねー。

326 :名無し三等兵:02/03/04 07:38
F-2の探知距離は目視可能距離

327 :名無し三等兵:02/03/04 12:49
>>318
なんやこいつ。めたくそおもろーでいかんわ。

勿論、脚色もあるだろうし、事実は異なってる点も数多いだろうけど、
そんなん、問題にならんぐらいおもろいな。

328 :名無し三等兵:02/03/04 14:13
>>318
軍事素人なのは士官の認識が間違ってる点とかで判明するが面白い。
しかし、モデル国がわからんな?英語が一般的に通用する国の
ようだし、クーデターがあり軍政下にある(あった)大陸内のアジア地域、
しかも軍隊規模が小さいながらも前線に二人も将官がいるし・・・?
う〜ん?わからん。ミャンマーあたりか??しかし、あれだけ派手な
戦闘状態が日常的に行われているとなると??

329 :名無し三等兵:02/03/04 14:21
アフガニスタン?

330 :名無し三等兵:02/03/04 14:44
>>318
マジ笑わせてもらった。
多少の脚色が有ったとしても余裕で許せる面白さだな。
しかしこんな素晴らしいアホがいるんだな…

331 :名無し三等兵:02/03/04 15:27
318はいくらなんでもネタ臭い。

332 :名無し三等兵:02/03/04 16:21
パキスタンじゃない?カシミールではいつもドンパチ

333 :名無し三等兵:02/03/04 16:22
318のマカロフ20発はうけた。

334 :名無し三等兵:02/03/04 16:32
>>318 のリンク先が完全な創作だとすると…
このレベルを連発できるならプロとして一流の端っこくらいには
ぶら下がれるんじゃないでしょうか。
ベストセラー作家と言われる連中の中にもこの人より文章力も構
成力も何よりユーモアセンスも持ち合わせないヒトはなんぼでも
いるかと。


335 :名無し三等兵:02/03/04 16:38
>>332
パキスタンは軍政下でもないし、クーデターもなかったはずだが?
当該国を特定できないように虚実取り混ぜなのかもしれんが。

336 :名無し三等兵:02/03/04 16:50
>>335
ムシャラフ政権って軍事クーデターで発足したんじゃなかったっけ?
ttp://www2.asahi.com/national/ny/us/K2001092300163.html
の一番下に軍事クーデターで発足って書いてあるよ。


337 :名無し三等兵:02/03/04 17:13
>>333
実はスチェッキンAPSだったとか

338 :名無し三等兵:02/03/04 17:36
>>337
何故あるのかは判らんがグラツブリアかも(w

339 :名無し三等兵:02/03/04 18:44
ああ。ちなみに場所はネトゲ板のOFPスレで見せた時にトビリスってのから
グルジア共和国じゃないか、という結論が出てます。ハイ。

340 :名無し三等兵:02/03/04 18:50
グルジア・・・。う〜ん、よく入国できたな。まぁ、昔だし。
たしか現在は入国できないんじゃなかったか、あそこ。

でも、あそこってそんなに識字率低いんだろうか?グルジアに
しては軍隊がお馬鹿すぎの気もする。一応、政府軍だろ?
装備的にもちと疑問な気がするし。どうなんだろ?

341 :むしろ絶対にネタだと思いたい。。:02/03/04 19:03
俺を差し置いて、こんな面白い体験するなんてゆるせん!
ttp://www4.plala.or.jp/hiro_k/Report/Present/p161_top.htm



342 :ネタじゃ無いと仮定して、、:02/03/04 20:08
>私が行った第三章の国は、私が行った後、クーデターが発生し、現在も軍事政権下にあります。
あっちこっちのサイト検索して“電波”の“ユーラシア大陸横断ヒッチハイク”が
96年に放映されたらしいのを確認。“それに憧れて、、”の件から96年以降クーデターが
起きた国を探せばいいんじゃないかと。。。

とりあえず、
ブルンジ共和国
http://www.sekainenkan.com/2001/3/003_d/D033.htm
シエラレオネ共和国
http://www.sekainenkan.com/2001/3/003_d/D025.htm
ザンビア共和国
http://www.amakasa.net/about/

アフリカばかり引っ掛かるな、、アフガニスタンでタリバンが首都・カブール制圧したのも96年だが
これはクーデターじゃないしなぁ?

とりあえず5ページまで見ましたのであと興味がある人はよろしく。
http://www.google.com/search?q=%83N%81%5B%83f%83%5E%81%5B+%82X%82U%94N&hl=ja&lr=lang_ja&start=50&sa=N


343 :名無し三等兵:02/03/04 20:18
小松の六輪装甲車の最高速度は公称約100/km、実は130/km(メーター読み)
親父が東北道で・・・。

344 :名無し三等兵:02/03/04 21:24
大陸から僅か2kmの台湾領の島、金門島。
1949年10月25日0200時、中国軍は台湾侵攻の足がかりとするため、
金門島に上陸を開始した。上陸部隊の第1波が漁船(ジャンク)で
古寧頭海岸に上陸、対する台湾軍は海岸線陣地と
M5A1スチュアート軽戦車で応戦。対戦車戦闘能力を持たない中国軍は
スチュアートに良いようにやられていく。中国軍は近くの集落に
立てこもって反撃、激烈な戦闘が展開されていく。
翌26日0300時、中国軍第2波が増援として上陸開始。上陸部隊は
併せて数万になり、使われたジャンクも数千隻にのぼった。
体勢を立て直した台湾軍は、猛烈な反撃を加える。
作戦の失敗に気付いた中国軍は海岸へ撤退、大陸へ撤収しようと
するが、なんと全てのジャンクは台湾軍により燃やされていた。
立ち往生した1万5千の中国兵は結局降伏。
中国兵は1人残らず死ぬか、捕虜になった。

金門島の記念館で、中国軍のマヌケさに激しくワラテしまった。

345 :名無し三等兵:02/03/04 21:40
SH−60Kには韓国サムスンの半導体が使われている。だからKなのだ。

346 :名無し三等兵:02/03/04 21:42
>>318
この作者は

ttp://cgi13.plala.or.jp/hiro_k/Report/repo_top.cgi

ここの常連。No.161が最新。
横道なのでサゲ

347 :名無し三等兵:02/03/04 21:50
ヤフオクで、いちびって、送料は出品者負担で出してたら、落札者が沖縄の人だった。

348 :名無し三等兵:02/03/04 21:56
赤城、加賀の20センチ砲は撃つと飛行甲板の木の甲板が反り返るので
発射した事がなかった。
砲員は配置されていたのだろうか?

349 :名無し三等兵:02/03/04 22:00
>>346
つか、激しくガイシュツ

350 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/04 22:57
ブラジル陸軍では、1975年まで第二次大戦中のM3軽戦車が現役だった。
その後継として開発された国産のEE-9装甲車の最初の量産型の砲塔は、
そのM3から取り外した砲塔をそのまま流用していた。

流石にその後、90ミリ砲塔に変更されているが。

351 :名無し三等兵:02/03/04 23:08
カシミール地方のインド・パキスタンの紛争では
戦死者よりも高山病の犠牲者の方が圧倒的に多い
そうです。
ずっと前にニュース番組で見たインド側から見た
海抜4000mにあるパキスタン軍陣地はただの
登山用テントでした。寒そうだった。


352 :名無し三等兵:02/03/04 23:11
>>351
インド軍の装備が気になる

353 :???:02/03/05 13:55
>>348
発射した事がないのにどうして甲板が反り返るって判ったの?
設計段階で判ってたんだろうか?

設計者の「こんな事もあろうかと20cm砲を…」に激しく期待。

354 :名無し三等兵:02/03/05 14:03
>>353
準鷹なら(以下略)

355 :名無し三等兵:02/03/05 22:41
>350
その後、アメリカの「パットン・ミュージアム」で、
M3戦車を動態復元しようとした時に、さすがにアメリカ国内にはパーツがなく、
ブラジル陸軍のスクラップ置き場からサルベージしてきた貴重なパーツが、
お役に立っております。

356 :(-_-(-_-;):02/03/05 23:57
≫318番さん
大変面白かったです。 発見者?及び原作者に敬礼!!
*** 「田中さん」は、私が入院中に知り合った大阪府熊取市在住だった
中小企業の社長さんです。***
抜群に面白い人でした。

357 :名無し三等兵:02/03/08 02:22
太平洋戦争末期、植民地統治の失敗から南方諸島での対日感情は最悪と言えるまでに低下していた。

昭和18年フィリピンの話。
座礁した日本船からカッターに乗って上陸した日本兵をゲリラが捕虜にした。
ゲリラの隊長が上層部に捕虜の対処を相談すると、自由に処刑して良いと許可が下りる。
住民たちは狂喜して日本兵を取り囲み、よってたかって棒で殴りつけた。渾身の力で殴りつけ棒が折れると新しい棒に取り替えてまた殴りつける。
それで満足した男は家に帰って女房に報告した。
「今日には日本兵を殴って棒を四本も折ってしまったよ」
妻はそれを聞いて怒りだした。
「奴らを殺したのか?」
「いや、殺しはしなかったけど、さんざんに殴りつけたよ」
「あんたはなんのためにいつも刀を持ち歩いているの! もう一度行って殺しておいで!」
慌てて男は現場に戻ったが、時すでに遅く日本兵はみんな殺されていた。
すごすごと帰った男は女房にさんざ叱られたという。

信じたくはないが本当だ。

358 :名無し三等兵:02/03/08 02:22
昭和19年インドネシアの話。
ジャングルに日本兵が潜んでいるのを狩り立てようと言う話が持ち上がり、村中の男を集めることになった。
めいめい武器を持ち寄ってきたのだが。
「お前の刀錆びているぞ。手入れくらいしろよ」
「これでいいんだよ。切れ味が悪い方が痛いじゃないか」
彼が望む成果を上げたかは伝わっていない。

信じたくはないが本当だ。

359 :名無し三等兵:02/03/08 02:23
昭和20年フィリピンの話。
フィリピンも南部になってくるとイスラム教との比率が多くなってくる。
日本兵の公開処刑があるというので喜び勇んで自分たちも処刑に参加しようと集まってきた。
ゲリラもそれを押しとどめようとすると「裏切り者」扱いされるので彼等の好きに任せる。
結果、日本兵はたかられて毟られるように惨殺された。指をペンチで潰す者、ヤットコで引き抜く者、(中略)切り取った性器を高く掲げて彼等は嘲笑した。
「オヤマァ、やはり異教徒は割礼されていない!」

信じたくはないが本当だ。

360 :名無し三等兵:02/03/08 07:22
>>357>>359
幾らなんでも酷すぎるよな。
泣けてくるよ。


361 :名無し三等兵:02/03/08 08:19
>>357-359
ソースは?確かにフィリピンでの対日感情は末期にはかなり
悪かったと聞いたことがあるが。ちょっと信じがたいな。

362 :名無し三等兵:02/03/08 18:03
>359
イスラム教では例え異教徒に対しても死体損壊はタブーになっているはずだが。

363 : :02/03/08 18:24
>>358
昭和19年のインドネシアで日本軍は
ジャングルに潜む必要は全く無い。
完全に作り話だな。バカが。

もう少し考えて作れよマヌケ(藁
今すぐ首吊って死ね。

364 :名無し三等兵:02/03/08 18:25
ニューギニアで敗走中の一兵士、ふと見ると、目の前にたわわに実った
レモンの木。むさぼるように甘露の汁をすすって、雑嚢にもいっぱい詰めて
部隊に追いついて助かったそうな。
祖父(本人もニューギニア組)の蔵書の体験記より。

365 :名無し三等兵:02/03/08 19:31
信憑性の低い話しを..戦争後半になるとインドネシアへの敵
の空襲も規模の大きなものになってきたが..
コタラジャ市のアチェ州政府の厚生局配給課長に連れられて
老人がやってきた..自分も何か役に立ちたい!
聞けば、アチェ戦争の際にサルタンのモハマッドダウトに従
い軍司令官として戦ったパンリマ・ラダデイプラン115才..
課長の祖父が村長だったころ、その村のリーダー的存在だった。
貧弱な武装でオランダ軍に立ち向かい、一時は追い返したが遂
に敗北して故郷に落ち延びた。同年代の仲間も今はもういない。
あれから幾歳月...さすがに歳をとりすぎていて長官と面会し
たものの、内部の固めを頼むと諭されて故郷に帰ったとさ。
同盟通信社 大東亜報 昭和19年10月15日号
「百五十才の心意気」コタラジャ支局 堀野外善雄
                   から抜粋、簡略化

366 :名無し三等兵:02/03/08 19:52
>>365
そのおじいさん、5年後の1949年までご存命だったんでしょうかね。
生きて独立承認の日を迎えられているとよかったのですけど。

367 :360の者だけど。:02/03/08 22:10
>>363
デマだったのね・・・・
無知な自分が恥ずかしいよ。

368 :357:02/03/08 23:30
>367
出典
「拷問・処刑・虐殺全書」柳内伸作著。KKベストセーラズ発行。税別1500円
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584183988/250-2336138-2106633
まぁたしかに一次資料じゃない以上創作が混じっている可能性があったな。

369 :名無し三等兵:02/03/09 00:48
>>368
タイトルからして怪しそう・・・

370 :空冷:02/03/09 00:51
>>369
怪しいのは出版社だろう(藁



371 :名無し三等兵:02/03/09 01:24
>>370
ぷぷぷ、つ、ツボ突き過ぎ

372 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/09 01:35
ステン・サブ・マシンガンの口径と弾丸が決定されたのは、東アフリカのエリトリアで、
イタリア軍の9ミリ拳銃弾が大量に鹵獲されたからである。
お陰で、レジスタンスは大いに助かったそうな。

ちなみに、当時の製造価格でステン・サブ・マシンガンは£2.75だった。
他の兵器で、これだけ安い価格で作られた銃器は殆どない。

…イタリアまんせ〜。

373 :名無し三等兵:02/03/09 02:57
ビールは戦略物資、ヲトカは昔からだが
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020304i502.htm

374 :名無し三等兵:02/03/09 03:10
フリーズ・ドライの保存食はイタリア軍の軍事食から、
北アフリカで伊軍から鹵獲したカサカサの軍事食に水
をかけたら新鮮な野菜になったと連合軍は驚いた。
弾薬よりワインの量が多いのにも驚いたらしいけど。


375 :必殺飛燕一文字五段蹴:02/03/09 03:13
そのステン・サブの要求仕様書の1項目
「ライフリング以外は町の自転車屋でも製造可能な構造にせよ」

376 :政二さん:02/03/09 04:12
>373
「これからピカの毒を取り去る実験をする!」グビグビグビ

377 :名無し三等兵:02/03/09 04:20
放射能ネタはデブで臨界が一番笑えた

378 :名無し三等兵:02/03/09 04:23
2ちゃんねらーの力で子供達を救おうよ(連日連夜 祭り開催中!)
何処の板から来たかを明記してくれると、みんなのやる気が上がります!

【クリック】 押してみっかなPart2【クリック】
http://live.2ch.net/test/read.cgi/festival/1015607977/l50
みなさん協力おながいします

379 :名無し三等兵:02/03/11 21:35
近くの図書館に「世界奇跡の駆逐艦雪風」という寄贈図書があったんだが
借りてきて読むべきですか?

380 :名無し三等兵:02/03/11 21:53
第2次大戦終了後、警察予備隊では小銃が足りなくて
旧軍の小銃まで使用したらしい。


381 :名無し三等兵:02/03/11 22:12
>380
補足しますと、旧軍の九九式小銃のチャンバーに加工を施し、
弾薬だけを30−06にしたものでした。
もとが決戦兵器として備蓄されていた粗悪な戦争末期の銃なのに加えて、
7・7ミリ九九式実包に比べて強装弾の30−06を、
九九式から発射すること自体に無理があり、
ある程度米軍制式銃が行き渡った段階で、全てが回収され、
・・・韓国軍の装備に回されております。


382 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/11 22:17
>380
韓国軍から引き上げてきた99式小銃ですね。
薬室を米軍用の7.62ミリに削り直したけど、改悪で結構不良品が多かったらしい。

例によって小ネタ。

合衆国海軍はいかなる状態であろうと、世界の何処にあろうと、海軍所有物の
法的権利を主張する。
従って、ジャングルに墜落しているヘルキャットとか、湖に沈んでいるアヴェン
ジャーを米国人が引き上げると、連邦裁判所に呼び出され、合衆国政府所有
物窃盗の科で告発されるそうな。

383 :名無し三等兵:02/03/11 22:17
補足ありがとうございます。

最後の一行は、私も知りませんでした。(^^;


384 :名無し三等兵:02/03/11 22:20
自衛隊の64小銃は、タイに輸出されたらしい。


385 :名無し三等兵:02/03/11 22:28
>384
大変だ!武器禁輸はどうなったんだろう?

386 :名無し三等兵:02/03/11 22:34
私が台湾のカウンターバーで飲んでいると、
ひょんなことから隣で飲んでたドイツ人のおじさんと話すことになり、
「若い頃、軍隊にいて、G3ライフル撃ってたぞ。
・・・ところで、今、日本の国防軍(ディフェンス・フォースと言ったので)は、
どんなライフルを使ってるんだ?」
「タイプ64だよ」
「聞いたことがないが、日本製だからさぞ、優れた銃なんだろうな・・・」
・・・私はニヤッと笑って済ませましたが、みなさんならどうコメントされますか?

387 :名無し三等兵:02/03/11 22:37
89は?


388 :名無し三等兵:02/03/11 22:39
>385
別に、武器輸出を禁じた法は日本には無いよ。

いわゆる「武器輸出三原則」(1967年)は、
「共産圏への輸出はしない」
「国連決議による禁輸には従う」
「国際紛争がらみの地域には輸出しない」で、
76年の(軍ヲタには自民党最左派として知られる三木内閣時代だ)「武器輸出に関する政府統一見解」では
「三原則の対象地域には輸出しない」
「三原則外のところに輸出するのも慎む」
「武器製造設備も武器として扱う」
の三つ。

「永久に行わない」とでも言ったならともかく、
「慎む」程度では政治用語としては「禁止」とは読むのは無理だな。


389 :名無し三等兵:02/03/11 22:39
俺なら、迷わず、64を使うね。夜店で使うなら。

390 :花の子ノレノレソ:02/03/11 23:32
>>382
うちの裏山のグラマソは合衆国政府のものだったんですね。

391 :名無し三等兵:02/03/12 04:54
少し前の航空ファン誌でF-104が数機
アメリカ→空自に供与→米軍籍に戻る→どっかの空軍に供与
ってケースはあったな。写真も何枚か載ってた

392 :名無し三等兵:02/03/12 07:29
>>391
台湾空軍のF-104ですね。
ちなみにあれは供与とはちょっと違いまして、
購入資金の一部を米国が援助したのでその金額相当分を返納したというほうが正しいかと。

393 :名無し三等兵:02/03/12 08:54
つーか、コレクターの必須アイテムだろ>64式
期間限定で言うとMSのX箱みたいなもんだ(w


394 :名無し三等兵:02/03/12 14:39
>384

豊和でライセンス生産してたAR-18の間違いじゃないのか?

395 :名無し三等兵:02/03/12 15:11
つーか、>>380程度の知識をうれしそうに披露する姿が信じられない

396 :名無し三等兵:02/03/12 19:29
イギリス軍がいつまでたっても旧式なキャンベラを退役させることができないのは、
親子三代続けてのパイロットや、整備兵などによる組合ができていて、
その会からの猛烈な反発があるから。

これ本当?

397 :名無し三等兵:02/03/12 19:32
>>82
なら不発弾の類を送り返して送料を要求しようYO!

398 :397:02/03/12 19:33
わりい
>>392宛のレス

399 :名無し三等兵:02/03/12 20:05
>394
豊和のAR18なら、タイどころか、
セミオート・バージョンのAR180を不正にフルオート改造したものが、
アイルランド・ゲリラの手に渡って英軍に捕獲され、問題になりましたね。

400 :名無し三等兵:02/03/12 20:09
>399
そん時に単純分解した時の下半分が丸々豊和のAR-18つーモデルガンが
引っ掛かって規制されたのは悲しかったな。


401 :名無し三等兵:02/03/12 21:49
64小銃はタイ警察用に少数が納入されたのだったかな?
うろ覚えだが・・

役に立ったのかなあ?


402 :名無し三等兵:02/03/12 22:14
>401
タイ警察、とりわけ、内務省直属の高等警察CSD(アメリカで言えば、
FBIとSWATの機能を足したような、高性能火器装備のセクション)では、
M16、いまだにA1が制式銃で、
P90の導入にあたって、納期とスペックでFNとひともめあったような・・・。

403 :名無し三等兵:02/03/13 01:59
捷一号作戦に参加した駆逐艦「桐」と「杉」の逸話。

瑞鶴から転落した乗組員を救助していたところ、本隊とはぐれてしまった。
無線封止の中、ようやく追いついたと思って飛び込んだのが何と敵艦隊の
輪形陣のド真ん中!幸い敵に気付かれずに反転、離脱できたが、
結局本隊とは合流できずに高雄へ帰投した。

因みに、本隊は「桐」「杉」の両艦が合流し損ねた事に気付いていなかった。


ソース:艦長たちの太平洋戦争<続編>/光人社・244ページ

404 :名無し三等兵:02/03/13 02:13
>>396
RAFの退役軍人が、同じく退役した戦略爆撃機のバルカンを
譲り受けて飛ばしているらしい。

405 :名無し三等兵:02/03/13 02:51
>395
最近そう言うの多くない?(;´Д`)

406 :名無し三等兵:02/03/13 04:20
>>403
なぜ魚雷を 撃たなかったんだ !!

407 :名無し三等兵:02/03/13 11:23
>>409
ボフォース40mmやエリコン20mmで死ぬより辛い目に合わされると思われ

408 :名無し三等兵:02/03/13 12:02
>407のカキコを見ると、次の方が不憫でなりません

409 :名無し三等兵:02/03/13 12:58
>420はどうだろう?

410 :名無し三等兵:02/03/13 22:21
http://www.fujinews.com/today/2000-06/20000601/0601-09.htm

信じられないというか、信じられなくもないと言うか・・・・・・

411 :名無し三等兵:02/03/13 22:25
お金ないからね・・・
アメリカ軍はなんでも支給だけど
自衛隊は訓練資材も自腹購入(泣)

412 :名無し三等兵:02/03/13 23:15
>>410
学園祭のサークルの出店じゃないんだからさぁ…。

413 :旦那 ◆TMVvwTTY :02/03/13 23:28
>>410
泣けてくる話だよなぁ・・・不憫な・・・

414 :名無し三等兵:02/03/14 02:48
>>410
特車2課はフィクションだったが・・・

415 :名無し三等兵:02/03/14 04:45
>410
うーむ、人民解放軍を笑えないというか、何というか。


416 :名無し三等兵:02/03/14 18:20
>>410
こんなんで処分かよ。不憫でならない。


417 :名無し三等兵:02/03/15 16:08
装甲強化服(w に予算が付いたそうな

MIT to make tech 'exoskeleton' for Army
http://zdnet.com.com/2100-1103-859896.html

418 :名無し三等兵:02/03/15 16:17
>>416
そうかぁ?
勤務時間に、上司の命令以外で業務外のことやってりゃ処分は当然だろ。
自己啓発や備品購入資金稼ぎは、勤務時間外にやるのが普通じゃねえか?

419 :名無し三等兵:02/03/15 16:34
>>418
元記事を良く読め
「連隊本部の幕僚の指示」って書いてあるだろうがよ。

420 :名無し三等兵:02/03/15 22:42
なんかどう考えても「通常業務」じゃない?あれが業務じゃないとしたら
年度末に会社の大掃除するのだって、業務じゃないことになるじゃん。

要はいちゃもんつけられた上の方のお偉いさんが「うるせ〜なぁ〜、
んじゃ、処分でも検討するか、そうすりゃ黙るだろ」って感覚で
やってるだけの気がする。

421 :名無し三等兵:02/03/16 01:02
>420
かばったところで自衛隊全体の評判が悪くなるだけだからね…

422 :名無し三等兵:02/03/16 04:45
>418見たいなやつが因縁つけたんだろうな…

423 :海の人:02/03/16 07:53
>420
 たとえば、気の利いたCPOのいるフネなんかだと、艦長の許可をもらって
市内の農家から実費(だいたい頼むとタダでわけてくれるけど(笑))で孟宗竹
を切ってきてペイント缶に索を巻いて立派な門松作ったりしてるんだけど、
あれもやっぱり不祥事になるのかなぁ。
 なんか、>410の引用もとの記事を読んでると業務中に無駄話もしちゃ
いけないという極論でしか無いような気がしてみたり。


424 :名無し三等兵:02/03/16 08:25
これ、結構昔の記事だよね?2000年の6/1?

もちっと最近の話だったら無理やりにでも祭りにして
いちゃもん厨房逝ってよしキャンペーンでもしたい気分

425 :名無し三等兵:02/03/17 00:38
RSの整備後、電波放射(ハイパワーで)しました。フォルトやTANが出ていないこと
を確認して電波放射をやめようとしたところ、シンボルが一つ表示されました。
「こんなところに民航機飛んでたっけ?」次の瞬間みたことも聞いたこともない
場所に航跡が移動!「なにこれ?!」航跡をフックしてデータ表示するまもなく
エリア外に飛んで追随不能になりました。
航跡が出たということは空中にあって電波を反射したから航跡を表示し、それが
動いていたから航跡がエリア外にでていったはず。しかし問題はそのスピード!
航跡が移動してレンジ外へ出るまでの時間を計算した(数値は内緒)ところ
時速1万キロ以上!
いまでも時々思い出すあれはなんだったのだろうか。

426 :名無し三等兵:02/03/17 01:07
>425
貴方の妄想です

427 :名無し三等兵:02/03/17 01:17
129 名前: 名無し三等兵 メール: 投稿日: 02/03/13 23:27

>128
生はコテハンだよ
他に
名無し幼年兵
名無し初年兵
ちむ
日蓮
帝国海軍兵学校生徒
パブロフ
べた藤原
ベンゼン中尉などを名乗ってるらしいよ

209 名前: ベタ藤原 ◆94Ls6/3E メール: 投稿日: 02/03/16 17:57

 あうあう、ちょっとだけ……

>>205 さま
>「£歴史修正主義」
 正しくは「歴史抹梢主義」っす。
 叩かれましたねぇ…… あの頃は青かった……

>>207 さま
 弁明したって 「ベタ藤原=ベンゼン中尉」 と思ってる人に何を言っても
「そ〜やって弁明するのは『ベタ藤原=ベンゼン中尉』の証拠だ!」
 って言われるだけなんで、何も言わないだけです。
 私的には「そう思いたい人は、思っておけば」ってな感じです。 

218 名前: 名無し三等兵 @関東軍憲兵隊 メール: sage 投稿日: 02/03/16 23:58

以上、
>>209-217まで小官の自演でした。
おやすみなさい








428 :名無し三等兵:02/03/17 08:51
>>425
すべてプラズマで説明できます

429 :名無し三等兵:02/03/17 08:58
>428
あすかあきおかYO!

430 :名無し四等陸士:02/03/17 09:40
>>428
もしかして、大○キョージュでは?

431 :名無し三等兵:02/03/17 11:05
海上自衛隊では4時間働いて4時間寝るの繰り返し勤務があると
聞いたのですが、本当でしょうか?

そんなのやったら氏ぬと思うのですが。


432 :名無し三等兵:02/03/17 11:11
>>431
いや、寝すぎだからw

433 :名無し三等兵:02/03/17 11:34
>>431
一日12時間寝る事になるぞ。

434 :名無し三等兵:02/03/17 11:35
自衛隊板で確かめてこよう。


435 :名無し三等兵:02/03/17 12:45
>>431-433
自作自演でも許す。めちゃワラタ

436 :空冷:02/03/17 14:30
昭和20年の春。
瀬戸内海のOと言う島。
漁業と造船。ミカン栽培などが産業の島では戦時中にもかわわらずのどかな毎日が続いてい
た。
しかし、そんな島にも戦争の影は忍び寄っていた。
島が直接攻撃されることはなかったが、毎日のように呉を攻撃する米軍機が島の上空を飛行
して行った。

そんなある日、急激に高度を落とし、島の上空を旋回する一つの機影があった。
飛行機が珍しかった島民達の見上げる目に銀色に光る機体に描かれた星のマークが見えた。
「アメリカ軍だ!」
呆然と見上げる島民達。
国籍マークが見えるほどの低空のまま米軍機は島の小学校上空を通過。
その時米軍機のキャノピーが開けられ何かがほうり投げられた。
そして、米軍機は高度を上げ四国の方へと消えていった。

小学校の校庭に落下した物を確かめるべく島民達は恐る恐る校庭に集まった。
そこにはヒモで縛られた小さなボール箱があった。
爆弾ではないか?
一人しかいない島の警察官と軍属、そして代々島の庄屋で村長も勤めているY氏立ち会いの
元、Y家で下働きをする男達がその箱を開いた。

中に入っていたのは1枚のハンカチーフとウンコだった。




437 :進藤准尉:02/03/17 15:33
絶対に誰か挙げてて既出間違いなしだと思うが
某帝國の超ド級、最大級の戦艦を艦船不足のため急遽改装した化け物な装甲を誇った空母は処女航海で進水直後に某覇権主義国の潜水艦の魚雷一本で轟沈したそうな。
潜水艦乗りたちも見たとき信じられず、取り合えず何もしないよりましだろうと撃ってみたもので沈んだので報告も自信のないものになり、戦争終結後資料照会で初めて認められたそうな…
ガス抜き不足が原因とも…

438 :猛牛フェルナンドス:02/03/17 16:03
>>437
一本で沈むか!、4本だ。

439 :進藤准尉:02/03/17 16:07
>>438
失礼しました。しかし信濃ほどもったいない船もないと思ふ今日この頃…

440 :名無し三等兵:02/03/17 16:10
>>437
つーか、どこが信じられない話なんだ。信濃を知らないようなヤツが
軍事板にくるかっつーの。

441 :猛牛フェルナンドス:02/03/17 16:14
しかし“片舷4本”魚雷くらって沈まないなんて戦艦でも殆ど無い
と思うのだが・・・・・・しかも信濃未完成だったし。

442 :進藤准尉:02/03/17 16:52
過去ログみてきたが常識いっぱ〜い。ま、信濃は本物のアフォぼんでも知ってる話だろうけどね。
あんまりつっこまんでも…結構ここそういうのも多いと思うけど?

443 :名無し三等兵:02/03/17 16:59
パワードスーツ
イメージ図がね、もう【略】 陸自のかたご愁傷さまです
http://cnet.sphere.ne.jp/Enterprise/News/2002/Item/020315-8.html

444 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/17 17:29
>441
大和は片舷に9本、両舷で10本。
武蔵は両舷で20本以上魚雷をくらっています。
なんて、御存知ですよね。

445 :名無し三等兵:02/03/17 17:39
信濃があったとしても、艦載機(パイロット)がないから
生き残っても、ただ港に飾っただけでしょう。
固定滞空砲台になる?

446 :名無し三等兵:02/03/17 17:42
信濃は魚雷を受けてだけでは沈まず。
格納庫に航空燃料が充満しそれに引火が
して爆沈じゃあなかった?

447 :中¥某:02/03/17 17:44
>>444
まあそれは復元作業をすればということだろう。
しかし武蔵は左右均等にくらったわけだから別物として考えるべきだろう。

448 :進藤准尉:02/03/17 17:44
>>445
檄藁!なるほど!
艦載機はなんとかなっても艦載機乗はいねぇ〜わな。
はっ!全員新兵で構成する特攻部隊とか…名付けて白虎隊…スレ違いだな…
固定対空砲台か。大和もかなり増強してたけど基本設計から実効の程は…でも大和よりましか

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/17 17:47
>>442
仰るとおり。別に程度の高い話をする所でもないのだから、
これからも気軽に書き込んでくだされ。

450 :中¥某:02/03/17 19:11
>>125
俺の親も30年ほど前平和公園でフランス人と英語で話して宮島を案内したらしい。

>>108
dash8っていう激安ラジコン機があるんだよね。
DASHと同じくらいの性能。

451 :名無し三等兵:02/03/17 19:30
>>449
程度の高い話をするところではないが、ああいうのは
スレ違いじゃないの?

それに
>過去ログみてきたが常識いっぱ〜い。
>ま、信濃は本物のアフォぼんでも知ってる話だろうけどね。
こんな風にいうヤツに気軽に書いて欲しくはないなぁ(;´Д`)

452 :名無し三等兵:02/03/17 20:27
>442プッ

453 :名無し三等兵:02/03/17 21:01
>>446
だ〜か〜ら〜。

454 :名無し三等兵:02/03/17 21:53
第2次大戦中、ドイツは石炭からガソリンを作って、使用していたらしい。


455 :名無し三等兵:02/03/17 22:00
>>446
それは大鳳

456 :猛牛フェルナンドス:02/03/18 01:31
>>444
そりゃ知ってる。
儂が言いたいのは信濃に『あっけなく沈んだ』っつーイメージが
先行してるな〜ってな事。
世間一般じゃ
“実質未完成だった”とか“乗員が回航要員程度しか居なかった”
は語られんだろ?。

457 :名無し三等兵:02/03/18 01:33
>>454
らしいじゃなくて、本当。
ハゲシクガイシュツ。しかも常識。
 
もしかして釣られた?

458 :名無し三等兵:02/03/18 18:27
我らが皇国は大東亜戦争で負けた・・・信じられないようだが本当だ

459 :名無し三等兵:02/03/18 18:29
SPOT LIGHT〜羨望と欲望の狭間〜がおもしろいそうだ

460 :名無し三等兵:02/03/18 18:42
>>458

にわかには信じがたい、ソースの提示を要求する

461 :名無し三等兵:02/03/18 19:08
みんな、もっとレベルの高い議論をしよう。
たとえば・・


462 :名無し三等兵:02/03/18 19:10
南極に取り残された犬二匹が生きていたらしい

463 :名無し三等兵:02/03/18 19:22
どこが軍事だというのだ。

生きていたというならキスカ島の犬だろうが。


464 :名無し三等兵:02/03/18 19:29
厨房の僕のために「準鷹」を語ってもらえませんか?

ってスレッド実話らしいよ

465 :名無し三等兵:02/03/18 19:35
そんなわけないだろう!

最近軍事板の奴らどうかしてるぞ!


466 :名無し三等兵:02/03/18 19:38
>>465

信じられないだろうがこれが軍事板の現状だ。

467 :名無し三等兵:02/03/18 20:40
>>466
スレッド名 信じたくないが、本当だ。
になってしまったではないか!!

468 :名無し三等兵:02/03/18 21:52
>>466-467
それもガイシュツ・・・・。春だしねぇ。

469 :名無し三等兵:02/03/18 22:44
多分ロシアのお話
戦争が終わった後ある工場でT−34を門の前に飾った。
その戦車はそのまま40年間放置されていたが、工場の模様替えに伴って移動させることになった。
しかし30tもあるものをどうやって動かすのか問題になった。
じゃあとためしにエンジンをかけてみたところ始動。
戦車は自力で新しい位置に移動したそうだ。

出典:桜樹ルイ16世虎の穴掲示板3月18日、ロシア人のErikaさんの書き込みを一部アレンジ。



470 :海の人:02/03/18 23:13
>469
 40年経って動く戦車も戦車だが、40年経って始動手順覚えてる
(or始動手順が変わらない、のか?)方も結構「信じられないが、本当だ」
くさいような気が(笑)


471 :中¥某:02/03/18 23:20
>>463
犬の所属は海上自衛隊だったよね?
うろおぼ。

472 :ロシアン・ジョーク:02/03/18 23:36
>>469
これは共産主義の素晴らしさを示すお話であり、我が事のように誇らしく感じられます。
ところで話は変わりまして、私が修理をお願いした自転車は、いつできあがるのでしょうか?

473 :名無し三等兵:02/03/19 01:03
「ソ連製兵器は、単純で故障しにくいのが優れている」
東西冷戦の頃、軍事評論家の一般的見解。
「じゃ、その単純なのを動かすのに俺たちが必死なのはどういうことなんだ?」
ソ連製兵器で武装したアメリカ軍仮想敵部隊「オプ・フォース」の下士官。

474 :名無し三等兵:02/03/19 01:59
ソビエトの戦車は装填手の腕を食う。
信じられないかどうかは別としてホントの話

475 :名無し三等兵:02/03/19 05:06
スウェーデンがNATOに加盟するらしい。

スイスが国連に加盟するらしい。

476 :出戻り二士:02/03/19 05:10
>>474
それは安全装置が不備という話なのですね。
二次大戦中だったらそういう閉鎖機はあちこちにありそうなのです( ´D`)ノ

477 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/19 08:07
>476
フランスの小銃MAS Model36 Rifleにも手動Safetyが付いてなかった。
ちなみに、この小銃の採用は米国のM1と同じ年。

運搬中に弾薬をバレルのチャンバーに装填されているといつでも暴発する
危険があった。
なお、この小銃は、1968年の学生暴動の時まで使用されている。

478 :名無し三等兵:02/03/19 19:25
>>476
T64の戦車砲の自動装填装置
よくジャムる。その上リカバー中に腕を巻き込む。

479 :イルボソ:02/03/19 19:31
韓国がイージス缶3隻を買う。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20020319CF1I020919.html

480 :名無し三等兵:02/03/19 19:39
>479
そんな記事を書く記者が存在すること自体「信じられないが本当だ」だな

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1016526033/l50

481 :名無し三等兵:02/03/19 21:00
ちゅ○ごくの保有する戦車の8割がいまだT54である。
どの国が攻め込んでも、敵戦車に怯えることはないだろう。


482 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/19 22:08
北鮮の戦車の半数以上がいまだにT−34なんだそうだ。

483 :名無し三等兵:02/03/19 22:12
>482
 いくらなんでも、それは嘘だろう。


484 :名無し三等兵:02/03/19 22:20
>482
ネタは笑心者スレでやってね。
ttp://www.fas.org/nuke/guide/dprk/agency/kpa-orbat.htm

485 :名無し三等兵:02/03/19 22:39
大戦勃発で、クランシーはT-34に戦争をさせる気らしい…

486 :名無し三等兵:02/03/19 23:26
>483
 今だに公式装備品として記載されている、という意味ではホントみたい。
 まぁ訓練用とかだと思うけど。

 でもアフリカの国には今だにM4とかT34とか現役で使ってる国あるけどね・・・。

487 :名無し三等兵:02/03/19 23:44
現在のダッチワイフはここまでリアルです。
http://www.shuzenji-net.co.jp/dolls/report/yuko000502_b.jpg


488 :名無し三等兵:02/03/19 23:50
        ∩
 \      ( )                 ∩         /
           | |               (ヨ )
     ( `Д)|               \ (Д´ )
     /⌒   |    \   ボッキアゲ /   (  ⌒ヽ
_    < く\ \   \     /    ノ ).ノ\\___
     \( ヨ 、 つ             ⊂  )  \   ) ─
       / //     ヽ(`Д´)ノ     ω \     ̄
     / / ./       ( ∩ )       ヽ\ \
 /  (  ̄)  ̄).     /ω\     ( ̄( ̄  )  \
       ̄   ̄                  ̄  ̄


489 :名無し三等兵:02/03/19 23:55
      ∧_∧
     ( ´Д`)<軍事板にそんなのを貼るんじゃねぇYO!
     /⌒    ヽ
    / /    ノヽ    _ー ̄_ ̄)',  ・ ∴.'  , .. ∧_∧ ∴.'.'  , .
    ( /ヽ   | ) --_- ― = ̄  ̄`:, .∴ '      ((( #)゚Д゚)>>487
    \ /  _, -'' ̄  = __――=', ・,' .r⌒>  _/ / ・,' , ・,‘
      (   _~"" --  _-―  ̄=_  )":" .' | y'⌒   ⌒i .' .   ’
      |   /,,, _―  ̄_=_  ` )),∴. ).  |  /  ノ | ∴.'∴.'
      |  / /   ―= _ ) ̄=_)   _), ー'  /´ヾ_ノ
      (  ) )      _ _ )=  _) ,./ ,  ノ  '
      | | /          = _)  / / /   , ・,‘
      | | |.               / / ,'  , ・,‘
      / |\ \            /  /| |
    ∠/   ̄            !、_/ / )
                          |_/

490 :中¥某:02/03/19 23:57
>>486
タイでチハが現役だという噂を聞いたことがありますが。

491 :名無し三等兵:02/03/20 00:01
>>487
信じられないが本当のようだな。

492 :名無し三等兵:02/03/20 00:02
>>785
本当ですか?
買いにいきたいです。

493 :486:02/03/20 00:09
>490
 チハじゃなくてケハ(九五式軽戦車)だったかと思います。
 たしか80年代まで使われていた、筈。

494 :中¥某:02/03/20 00:12
>>493
サンクス。
それでも充分驚きだ。

495 :信濃丸は知ってるだろうが:02/03/20 19:51
太平洋戦争最末期、カムチャッカでカニ缶輸送中に、ソ連軍の空襲で撃沈された
輸送船「笠戸」の正体は、ロシア病院船「カザン」である。
日露戦争時に旅順港内で撃沈されて戦後浮揚・修理。
日本船籍に移りブラジル移民船、定期客船、蟹工船などとして活躍。
ソ連参戦前に、カムチャッカ半島に残るカニ缶、工場設備などを移送する任務を
帯びてカムチャッカ半島のウトカに入港。
しかし、8月9日、ソ連参戦と同時に港内で空襲を受け、再び海中に没したのです。

496 :信じられない話だが。。。:02/03/20 23:01
日本ちゃちゃちゃクラブの掲示板で辻本の政治資金に関する面白い記事をみつけましたので、
コピペさせてもらいました。

これをみると、彼女の言動が誰のためのものか、納得できますね。


平成13年9月14日 官報
ポリティカ=きよみと市民 収支報告書から主な所をコピペしますと

石川真澄  200,000  杉並区 「朝日新聞社編集委員、現在新潟国際情報大学教授」
筑紫房子  300,000  練馬区 「TBSニュース23キャスター筑紫哲也の妻」
土田功光  453,309  所沢市 「第二秘書」
梅澤桂子 1,200,000 杉並区 「北朝鮮妻=李桂順」
辻元清美 1,500,000  高槻市 「本人」

「官報を総合すれぱ」
梅澤桂子 1,200,000(ポリティカ=きよみと市民への寄付)
      712,546(市民政治をすすめる会への寄付)
  合計 1,912,546
土田功光  453,309(ポリティカ=きよみと市民への寄付)
     2,000,000(市民政治をすすめる会への貸し付け)
  合計 2,453,309
森 正幸 2,500,000(ポリティカ=きよみと市民への貸し付け)
  合計 2,500,000


http://www.nc4.gr.jp/nihoncha/nihoncha.cgi


497 :名無し三等兵:02/03/20 23:02
うむ、ひさしぶりにらしくなってきたアゲ


498 :名無し三等兵:02/03/20 23:11
リンク
【世界史】◆知らなくても良いが、本当だ!◆
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/whis/1006591585/


499 :名無し三等兵:02/03/21 03:07
>496
さすがは、第1次カンボジアPKO派遣部隊タケオ基地に大挙して押しかけ、
内地から運んできた貴重な缶ビールをたかり、
広報の3佐に「カンボジアのPKO派遣部隊による環境破壊」を説き、
「あんたら、コンドーム持ってるでしょ!」と、
脳内妄想の裏付けを取ろうとした団体の”首領さま”ではありますな。

500 :名無し三等兵:02/03/21 06:32
age

501 :だー ◆sVcsRgBE :02/03/21 21:43
age

502 :名無し三等兵:02/03/21 23:16
>>499
現代日本は信じられない話ばかりが山の様にある。。。。

503 :名無し三等兵:02/03/22 01:39
ヒトラーは実は転生していた!
↓3段目に注目
http://images.google.co.jp/images?q=%83q%83g%83%89%81%5B&svnum=10&hl=ja&start=20&sa=N

504 :名無し三等兵:02/03/22 18:53
オスプリがまた生産されるそうだ。
欠○機なのに。


505 :名無し三等兵:02/03/22 19:17
38t戦車なのに9.5tだったらしい

506 :名無し三等兵:02/03/22 20:03
(t) はチェコのt。

507 :名無し三等兵:02/03/22 20:10
>>504
え!? シスプリ!?

508 :HP太郎 ◆RFDs26OQ :02/03/22 20:12
ヒトラー本人は「電撃戦」という言葉を一度も公に使ったことがない

509 :名無し三等兵:02/03/22 20:26
>>507は銃殺されるらしい。

510 :名無し三等兵:02/03/22 20:37
>508
そりゃ、日本語分からないからだw
まあイギリスかどっかの記者が勝手につけた名前だから公に使うほうがおかしい。

511 :名無し三等兵:02/03/22 21:06
>>506
tは日本でいう「式」みたいなものだと思ったが

512 :名無し三等兵:02/03/22 21:25
>>505
その程度の事を得意げに書き込むのも信じられないが、(t)の意味を知らないのはもっと信じられない。

513 :バッチ3:02/03/22 21:29
>>511
チェコのtであってます。
ちなみに他の国だとフランスがf、ロシアがr、イギリスがe、
ベルギーがb、アメリカがa、というようになってます。


514 :竹内:02/03/22 21:30
>>512
ギャグにきまってんだろアフォ


515 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/22 22:06
なんでも旧ソ連の戦車博物館に日本の74式戦車が置いてあった、という話。
田宮のスタッフがそれを目撃しており、案内の人の話だと
”ベトナムから拾ってきた”
のだそうだ。

516 :名無し三等兵:02/03/22 22:09
>515
いつからネタ・デマカセOKになったんだ?

517 :バッチ3:02/03/22 22:12
>>516
春だからじゃない?

518 :名無し三等兵:02/03/22 22:31
前線に噂やらデマやらは付き物。
末期の欧州戦線では、ありもしない「アルプスのドイツ国家要塞」を信じて、
米第3軍は南ドイツへまっしぐら。

519 :名無し三等兵:02/03/22 22:31
>>515
たいした事じゃない
アフガニスタンで使用されている火器のうち,旧ソ連製,中国製のAKシリーズを
除き,残りの40%には「MADE-IN-JAPAN」の刻印が押されている

520 :名無し三等兵:02/03/22 22:36
>>519
それはあれだろ。AK47も含めてMade in Japanの刻印を入れてあるだけだろ。
(その方が高く売れるらしい…)

521 :名無し三等兵:02/03/22 22:49
「うんこ爆弾」は既出かね?

522 :名無し三等兵:02/03/22 23:12
にっとうまる【日東丸】
日本漁船中、最殊勲の漁船の総称。
@第23日東丸。特設監視艇。1942年ドゥリットル隊を積んだ米機動部隊を発見、
 第一報を送った後、単身突入、機銃一丁で巡洋艦ナッシュビル及び艦載機と
 交戦。撃沈され総員戦死。米軍に予定繰り上げを強い、B−25不時着の
 遠因となる。その米軍過失の正当化のため、映画「パールハーバー」では
 巡洋艦として描かれている。このほか、第1、8、9日東丸なども特設監視艇
 として活躍。
A日本海軍特設駆潜艇。各地の防備隊に配属されたほか、小型船ながらも
 船団護衛にも従事。ニューギニア向船団を護衛、戦没した第18日東丸ほか、
 第3、13、17日東丸などが存在。
B第71日東丸。底引き網漁船。1985年、サハリン沖で活動中のソ連原潜と
 底引き網で交戦、力及ばず、生存者3名を残し海中に消える。戦死16名。

523 :          :02/03/23 00:49
3番目に涙。

524 :名無し三等兵:02/03/23 01:25
引っかかってしまったのか・・・

525 :名無し三等兵:02/03/23 02:08
>>522
オチをつけるなオチを(涙笑

526 :名無し三等兵:02/03/23 02:12
83>
ソ連の自爆犬!
モスクワ猟犬中隊出身。
今、考えると動物愛護団体が黙ってないな。


527 :名無し三等兵:02/03/23 02:15
>>526
それどころか機雷処理用自爆イルカなんてのもあったらしいからなぁ。

米国の機雷処理のために機雷の発見、処理用の爆薬装着の調教をさせたイルカでさえ
大騒ぎになったからなぁ。

528 :名無し三等兵:02/03/23 15:24
たいきょくほう【太極砲】
幕末、水戸藩が江戸湾防備のために鋳造した大砲のうちの1門の名。
3.5口径、36センチ砲。ペリー艦隊と交戦した、という話は聞かない。
なお、希望者は試射可能。下記ページ参照。
http://komonsan.on.arena.ne.jp/htm/taiho.htm



529 :TAMAや:02/03/23 16:02
>515漏れもその話聞いた事が有る!!そのときは信じてなかったが・・・・



530 :名無し三等兵:02/03/23 18:26
トンネルを抜けるとそこは雪國だった

531 :名無し三等兵:02/03/23 19:28
527>
確か、処理用爆薬が炸裂したときに
イルカは衝撃で死んでしまう話を聞いた。
イルカの日と言うむかしの映画のモデルだったような気が?
映画ではイルカがしゃべるという話に変わっていた。

532 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/23 19:38
>515
田宮模型のスタッフが見たのだから信憑性は高い、と思う。
ちなみに後日談
何年か後に同じ博物館に彼らが行ってみると、
74式戦車もその案内の人も消えていたそうだ。
旧ソ連ではよくある話らしい。

533 :水瀬禾火子:02/03/23 19:45
>532
個人的には眉唾だと思う。
写真の一枚もあればともかく、「昔はあったけど、今は無い」ってのが一番胡散臭い。
誰か疑い深い人が確認に行っても、言い訳できるわけだからね。

534 :名無し三等兵:02/03/23 19:46
>531
>映画ではイルカがしゃべるという話に変わっていた。
イルカに言葉を教える海洋生物学者が「パットン大戦車軍団」でパットンを演じた
あのジョージ・C・スコットなもんで、最初は目茶目茶違和感あった(笑)

ちなみに海洋学者の実在のモデル、ジョン・リリーは「アルタードステーツ」で
感覚除去タンクを作った学者のモデルにもなってる。

535 :へまむし入道:02/03/23 20:52
有名だけど坂井三郎著「大空のサムライ」より、台湾のからフィリピンを空襲
した時の米軍発表
「コリン大尉以下10名の搭乗せるB−17は、圧倒的な日本空軍の攻撃を排除しつつ、
ビガンの敵上陸地点を襲った。戦艦ハルナ、戦艦ヒラヌマほか約40隻の日本艦隊は、
上陸作戦中であったが、B−17は500ポンド爆弾3発を投下、そのうち1発はハルナ
に命中、2発目はヒラヌマに命中、ともに大火災を生ぜしめたが、敵艦載機数十の包囲攻撃
を受け、故障を生じたコリン大尉は、B−17をそのまま降下させて、ハルナに体当たりを
敢行しこれを撃沈せしめた。コリン大尉の勇戦こそは全軍の範とすべきである」

このコイン・ケリーはオーナー・メダルを授与。ケリーの息子が陸軍士官学校か海軍兵学校
を志望するときには、無条件の優先入学許すという大統領発表を行った。
(この子供は、成長して士官学校に入ったそうである)

536 :名無し三等兵:02/03/23 20:58
米軍もすっげえ神風するなあ

537 :名無し三等兵:02/03/23 21:07
仮想戦記か?

538 :へまむし入道:02/03/23 21:11
いや、この時米軍はボロ負けしていたので、景気づけにやった「大本営発表」

539 :名無し三等兵:02/03/23 21:15
戦艦平沼……

540 :名無し三等兵:02/03/23 21:20
朝鮮出身の陸軍将校

 明治29年1月 韓国陸軍の尉官または生徒相当の11名が陸士(8期相当)の特別課程に入学した。
 その後、明治年間に数名が入学し、卒業後は韓国陸軍将校として任官した。

 明治43年の日韓併合により、日本陸軍に準じその官位、階級、任免 等は
 当面韓国の規定にそのままよるものとされた。

 大正9年 4月勅令118号により、旧韓国軍人(朝鮮軍人)のうち将校を帝国陸軍将校に任用、
 39名がその適用をうけた。そのうち11名が留学生出身者であった。

 明治40年 9月 韓国軍廃止により当時の韓国武官生徒等が陸士予科に編入され、
 陸士本科卒業後は帝国陸軍軍人として処遇され将校に任官された。

 その後は、内地出身者と同一の試験に合格して入校していった。

 魚 潭中将(11) 洪 思翊中将(26) はじめ将官まで昇進した者もあり、
 その多くが終戦後の独立韓国軍の将校として任じられ、
 韓国国防相や参謀総長まで輩出した。

 陸士内部はもちろん軍内部においても
 朝鮮人であるがゆえの差別待遇はなかった。
 むしろそれは、「陸士生徒として最も恥ずべき行為である」とする風潮が強く、
 厳正なる軍紀にてらし、同じ「帝国臣民」として処遇された。
 また朝鮮出身者の多くも国防献金その他、銃後に戦線に献身的であったという。

 しかし、地方(一般民間社会)の空気の残る下級兵士の中には、
 朝鮮人将校を軽視する傾向があったことは否定できない。

541 :名無し三等兵:02/03/23 21:22
今のゴキブリチョンにこれを見せてやるたいね。

542 :名無し三等兵:02/03/23 21:22
平沼騏一郎だろうか。
どうせなら、トウジョウとかヒロヒトとか。

543 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/03/23 21:22
坂井三郎といえば、なんでも日本海軍では航空機搭乗員を選ぶとき
人相を専門家にみせていたとか。
”大空のサムライ”にかいてあった。

544 :名無し三等兵:02/03/23 21:26
>>543
手相ではなかったか?

545 :名無し三等兵:02/03/23 22:12
>540
コピペだけど。

朝鮮人指導者は相次いで朝鮮人青年の奮起をうながした。各指導者の共通した主張として、
朱燿翰(後の韓国国会議員)の「ルーズベルトよ、答えよ」と題する演説の一部を紹介する。
「正義の仮面をかぶり、搾取と陰謀をほしいままにしている、世界の放火魔、世界第一の
偽善君子、アメリカ大統領ルーズベルト君。君は口を開けば必ず正義と人道を唱えるが、
パリ講和会議の序文に、人種差別撤廃文面を挿入しようとした時、これに反対、削除したのは
どこの国か。黒人と東洋人を差別待遇して、同じ席につかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りを、
あたかも野獣狩りをするが如くしたのはどこの国の者であったか。しかし君らの悪運は最早尽きた。
一億日本同胞なかんずく半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜聖戦の勇士とならん事を誓う!」
と朝鮮青年に訴えましたが、アパルトヘイトに言及しているのが共通した特色である。

彼等は少なくとも今の大多数の日本人より、半島出身の誇りある帝国臣民だとおもう。


546 :名無し三等兵:02/03/23 22:28
そらぁ今の日本に「帝国臣民」はいねぇわな。

547 :名無し三等兵:02/03/23 22:54
「日本は、原料や資源の不足に直面しておらず、生産設備をフル回転させている。」

米国外国経済統計局 1945年中期報告

548 :名無し三等兵:02/03/23 23:02
まあ、44年が生産のピークだったんだからそう判断されても仕方ないわな

549 :名無し三等兵:02/03/23 23:23
>魚 潭中将(11)
若すぎ

550 :名無し三等兵:02/03/23 23:31
>548
ドイツの弾薬生産ピークも44年。
もっとも火薬不足解消のため岩塩を混入してかさを増やすという苦肉の策まで
取ってたんだけど。
ところがそのときですら第1次大戦の時の生産量には達してなかった。

551 :名無し三等兵:02/03/24 00:44
>>549
ネタなのかマジボケなのかいまいち分かりづらいな。

552 :名無し三等兵:02/03/24 01:57
11歳の天才中将………ハァハァ

553 :海の人:02/03/24 02:55
 軍事板には、小学四年生の天才少年少女が・・・・(笑)


554 :名無し三等兵:02/03/24 03:33
>515
 それは、田宮のスタッフがロシアのクビンカに取材に行ったら、「T−74」と
いう解説プレートのつけてある試作戦車があって、
「なんか74式に似てるねぇ・・・74、という番号も同じだし、74式戦車って
これを参考にしたのかな(笑) まさかね(笑)」
 とみんなで笑った、という話に尾ひれがついたものじゃないのか?
 

555 :名無し三等兵:02/03/24 09:51
>>554
そっちは実話?ならそれっぽい。

556 :名無し三等兵:02/03/24 10:14
T-74って、T-72の派生形で複合装甲か何かのテストベッド
になってた奴じゃなかったっけ?
シルエットは似てたような気がするけど、
鋳物の74式とは随分違うような・・

勘違いしてたらすまん。

557 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

558 :名無し三等兵:02/03/24 17:24
昨年某演習場内で穴を掘ったらF-4の尾翼が出てきた。
いつ落っこちたのかな。
私は建設住宅業界板の住人です。

559 :名無し三等兵:02/03/24 17:41
ワイルドキャットの尾翼ですか?


560 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

561 :名無し三等兵:02/03/24 17:54
嵐はされ!
557,560には削除以来だすぞ。


562 :名無し三等兵:02/03/24 21:17
フロッピーディスク5枚を10秒以上口で挟めないと(歯で噛んじゃダメ)、口の
筋肉が衰えている証拠。
就寝中いびきで死亡する確立がある。

563 :名無し三等兵:02/03/24 21:21
死亡する確立があるって、アンタ・・・

564 :名無し三等兵:02/03/24 21:23
>>562
5インチでも良いですか?


565 :名無し三等兵:02/03/24 21:24
>>563
本当だよ。
いびきを甘く見てはいけない。
口の筋肉が衰えていると「グゴォォォォ」じゃなくて「キュホォォォォ」
といった変ないびきになり危ない。

566 :名無し三等兵:02/03/24 21:25
>>564
3.5インチじゃなきゃダメ

567 :名無し三等兵:02/03/24 21:25
匿名リサーチ200X

568 :名無し三等兵:02/03/24 21:40
3インチではだめなんですね。

569 :名無し三等兵:02/03/24 22:04
>562
8インチは可?

570 :名無し三等兵:02/03/24 22:16
>>568-569
だめなんだよもん

571 :名無し三等兵:02/03/24 22:32
重ねて5枚でいいですか?
縦に並べると4枚しか入りません。

572 :名無し三等兵:02/03/24 22:38
>>571
よこにしてそうにゅうするんだよもん

573 :名無し三等兵:02/03/24 22:44
FDが近くにないのでMO5枚で出来たのですがいいですか?

574 :名無し三等兵:02/03/24 22:47
うちはDVD-RAMなんですがこれでもいいですか?

575 :名無し三等兵:02/03/24 22:53
>>573
それはちょっときついかもだよもん

>>574
それほしいんだよもん

576 :名無し三等兵:02/03/24 22:54
私パソコンもってないので、LPレコードでもいいですか?

577 :名無し三等兵:02/03/24 22:57
>>576
しんでもしらないもん

578 :名無し三等兵:02/03/24 23:39
>>577
長森さんですか?

……冗談です。

579 :名無し三等兵:02/03/25 03:50
信じられんスレの流れだ…が、本当だな。

580 :名無し三等兵:02/03/25 04:46
国会図書館では、たとえばベルセルクでグリフィスが「神」と会う単行本
未収録の回が載ったヤングアニマルが切り取られているらしい。


581 :地方人:02/03/25 09:44
国会図書館ってなんでも置いてあるんですか?

582 :名無し三等兵:02/03/25 10:14
>>581
同人誌は置いていない

583 :名無し三等兵:02/03/25 14:33
>580
国会図書館の独國海軍軍令部編纂、帝国海軍軍令部訳 「北海海戦史」
のドッガーバンク海戦の巻は挿図が全部切り取られてたぞゴルァ b(`Д´)

584 :名無し三等兵:02/03/25 16:08
アメリカには稀覯本の地図専門窃盗犯が存在するそうな
「古地図に魅せられた男(ハーベイ・マイルズ著)」より


585 :名無し三等兵:02/03/25 16:18
ミュレータ准尉に敬礼!!

586 :名無し三等兵:02/03/25 16:22
わたくしも敬礼させていただきます!

うちはあのバイクと同じ郵便局の管轄なんだよ!親しみがわきました。世の中って狭いもんだ。

587 :名無し三等兵:02/03/25 16:27
ミュレータって多分murataなんだろうね。

588 :名無し三等兵:02/03/25 16:29
おれはmiurataか?とか思ってた。アフォでした。

589 :名無し三等兵:02/03/25 16:40
映画化キボンヌ

しかし、なんの予備知識も無しに読んだので、
最後は大尉さんに「あなたってどういう人なの?」とか
言われラブな展開の後、会社でも作って任務完了な
羨ましい自慢話なんだろうなコノヤロー、と思いながら
読んでたのでラストにショボーン。

590 :名無し三等兵:02/03/25 16:56
>582
しかし自費出版本は依頼すれば置いて貰える。
ウチの祖父の句集、置いてもらってるので。

591 :名無し三等兵:02/03/25 23:32
 陸上自衛隊機甲科では今でも自衛火器にM3グリースガンを使っている。

 ウソだと思う人はバンダイビジュアルから出ている海上自衛隊の防衛力2 呉」
を観るべし。

 まぁM3は後継が開発されてないんだから当然なのかもしれんが・・・。


592 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/25 23:43
久々に小ネタ。

第二次大戦中、米軍はドイツ軍が使用していたMG42に惚れ込み、BARの後継機
としてこれをコピーすることを考え、捕獲品を徹底的に分析した後、1944年2月に
MG42を、米軍制式の.303口径弾丸に合わせた試作品を完成させた。

ところが、徹底的に分析し、コピーしたはずなのに、1,500発の試射で失敗作と
分かった。

大がかりな調査の結果、所期の性能が出なかったのは機関部全長が6.3ミリ
短いためと判明した。
(ドイツの7.92ミリ弾に比べ、米国の7.62ミリ弾は全長が長かった)

一製図工の基本的な設計ミスがなければ、米独両軍でMG42が使われる可能性
があったわけで、信じられないが本当だ。

593 :鈴木宗男:02/03/26 00:25
http://www.j-webtv.ne.jp/~motor/cgi-bin/img-box/img20020325232528.jpg

本当だ

594 :名無し三等兵:02/03/26 00:29
>>593
す、凄過ぎる・・・

595 : :02/03/26 05:21
南京で30億人虐殺したらしい。

596 :名無し三等兵:02/03/26 17:24
>>590
出版された本を収蔵するのが国会図書館だから、受け取ってもらえる。
2部か3部、持っていけば良かったのかな。


597 :名無し三等兵:02/03/26 20:55
>>562
試してみたら、出来なかったよ・・・・。
俺、顎の骨が他の人より少し小さいからな。
正直、かなりショック・・・・・。

598 :真実:02/03/26 23:44
既出かもしれないが?、
極東軍事裁判を真っ先に否定しA級戦犯を筆頭にB、C級戦犯の人権回復を
国会に提出したのは、社民党の元祖旧社会党。同じ時期各家庭に国旗を!
一家に一枚日の丸を!!!と、はりきっていました。
社民党今からでも遅くないから初心に孵れ!!!





599 :名無し三等兵:02/03/27 00:03
>598
信じられないな
本当なのかw

600 :名無し三等兵:02/03/27 00:09
>>599
元々は水平社宣言からの
あらゆる差別撤廃&人権保護をうたった政党だからね




見る影も無いが…

601 :海の人:02/03/27 01:40
 社会党は、もともと中道を目指す右派と、社会主義を目指す左派があって
血で血を洗う派閥抗争があったですよ。


602 :名無し三等兵:02/03/27 03:24
>>562
とりあえず、MO三枚で実験。はさみ方が間違ってるかも知れないが
一応10秒達成。

603 :名無し三等兵:02/03/27 03:27
そして社会党は現実主義的対応を取り、自衛隊合憲、安保堅持を宣言…
(原稿には、堅持とは書かれていなかったそうだが、村山だし…)
その後土井復権を経て、赤軍ゲリラに乗っ取られる、と…

604 :リトル愚礼@ロズウェル逝きます:02/03/27 03:36
信じられん、というか身もふたもないというか

イスラエルの陸軍将軍(第三次中東戦争で勇名を馳せた隻眼眼帯の人、
名前は忘れたニダ!)
を、日本の自衛隊が
「ぜひあなたの、機甲師団のノウハウを伝授してください」と招聘。
そして、招かれた将軍は曰く!!
「日本に機甲師団など無用である。」
・・・オマエモナー

ちなみにこの将軍。「日本陸上自衛隊の戦車戦の育成に貢献した」
とか言うことで勲章までもらいやがって
俺によこせ!金返せ!
などと言ってみるテスト。

605 :名無し三等兵:02/03/27 03:43
>>604
戦車無用論者が喜びそうな話だな。

606 :少佐:02/03/27 03:51
>>605
呼んだ?

607 :名無し三等兵:02/03/27 04:26
堅めのダヤンね。

カーチス・ルメイもそうだけど勲章乱発癖はあかん

608 :名無し三等兵:02/03/27 14:01
>603
社会党の「現実主義」移行路線は80年代から。
ところが現実主義に移行すればするほど党勢が衰える罠。

これぞ戦後政治史の「信じられないが、本当だ」。


609 :リトル愚礼@ロズウェル逝きます:02/03/28 02:22
>>607さん
まあ其れはつまり、ダヤン将軍(伝授感謝)のときは
ルメイの其れよりは罪深くないということで(苦笑)

610 :名無し三等兵:02/03/28 04:28
イギリスでは、戦略ミサイル原潜の核弾頭をコンクリート隗と交換する計画があった。
どうせ使わないのに、維持費をかけるのは馬鹿げているからというのが理由。

核戦略について象徴的な計画だった。

611 :名無し三等兵:02/03/28 04:30
引っ掛かっている人もいるみたいだけど>>562はホモ、
ノンケの奴をからかう時によく使う手だよ。女にバナナ食わして喜んでいるのと同じだって、
つーか“歯を立てないで咥えろ”という時点で怪しいだろ(w

612 :名無し三等兵:02/03/28 04:36
>>562、611
その咥えられるか否かの測定は最近TVで出ていたよ。

613 :水瀬禾火子:02/03/28 08:51
イギリスでは、原潜の基地に侵入してSSBNを破壊しようとした過激な平和団体のメンバーが無罪になった。
いわく、「核兵器は国際法違反なので、それを破壊しようとする行為は犯罪に当たらない」とのこと。

恐ろしいことに実話らしい。いつぞやの朝日新聞に書いてあった。

614 :.:02/03/28 10:50
もしかしたらガセかもしれないけど>>613みたいなはなし
フランスにもあるよ平和団体がミラージュ戦闘機を何機か爆破
したらしい。それなのに判決はなぜか無罪本当なのか。

615 :名無し三等兵:02/03/28 10:52
パキスタンでは基地に突っ込んできた豚の大群のせいでF-16が壊れちゃった
という事件があった。

616 :名無し三等兵:02/03/28 11:06
>615
>>228で既出。

617 :名無し三等兵:02/03/28 11:13
アメリカでELFのアンテナ(山の斜面に沿って立てられている木製の電信柱)を、チェーンソーで切り倒しまくったヤツの話。
判決は罰金とELF発進基地への立ち入り禁止。当人コメントが「またやる」だった。

618 :名無し三等兵:02/03/28 11:16
>>617
ELF発進基地→ELF発信基地
いかん、この時間になってもまだ寝ぼけてる。

619 :名無し三等兵:02/03/28 11:22
>>618
検索してみたらこんなのが引っかかったけどな。(w
ttp://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw4/pw004898.html

620 :名無し三等兵:02/03/28 11:41
>>613
スコットランドの法廷だっけか? 最近は基地周辺のデモを扇動する位でも
ちゃんと刑を科せられるようだ。

621 :618:02/03/28 12:08
>>619
そーかー、ELF発進基地でも間違いでは無かったのかぁ〜
サンクス、ワラタ

622 :名無し三等兵:02/03/28 21:58
映画「Uボート」を観て(DVD)、感動して泣いてしまった。
本当だ。


623 :562:02/03/28 22:06
>>611
久しぶりにスレ覗いたらホモ呼ばわりかよ(w
大爆笑させてもらったよ(w
君、恥ずかしい人だねえ(w
クスクスクスクスクスクスクスクス
クスクスクスクス
クスクスクスクス
クスクスクスクス
クスクスクスクス


624 :名無し三等兵:02/03/28 22:27
>622
激しく同意だね。・・・こんな話はどうだ?

あの映画で、深深度潜航テストのシーンがあったが、
当時、Uボートの生産ラインには捕虜や外国人徴用工を動員していたため、
溶接の肉盛りに軟鉄の棒を入れたりしたサボタージュ行為が結構あり、
安全深度までの潜航は問題なくこなせても、
圧壊深度すれすれとなると、「やってみないとわからない」、
造船所の保障を艦長が信用しなかったため、も、実話として背景にある。

625 :名無し三等兵:02/03/28 22:32
ついでに。
日本で戦後初の潜水艦「おやしお」を建造した折、
溶接の肉盛りを、仕上げの美しさから全部削り取ってしまい、
見た目は良いが所定の強度が出せず、
「外観はどうでもよい、強度が出せなければ」と、
某重工の現場に指示を出し直したことがあったらしい。

626 :名無し三等兵:02/03/28 22:33
手抜き工事なんて・・
潜水艦は、映画で観るのはいいけど、実際乗りたくはないです。

日本海軍の潜水艦も、かなり帰還率は低かったらしいですね。
現代ロシアの潜水艦も、実は手抜きだらけだったりして。



627 :名無し三等兵:02/03/28 22:36
>625
 なんてことを・・
 潜水艦のなんたるかを全く理解してませんね・・
 ん? 某重工はその15年くらい前まで潜水艦建造してたろうに・・

 そのときも肉盛りは削ってたのかも。
 日本の潜水艦は200メートル以上潜れたのだろうか・・


628 :名無し三等兵:02/03/28 22:40
>圧壊深度すれすれとなると、「やってみないとわからない」
その試験の時だけ作った人をご招待てのはだめ?

629 :名無し三等兵:02/03/28 22:42
>627
「世界の艦船」に、「おやしお」建造に携わった技術者の回想がありましたが、
いまだに具体的にどの程度の深度かは明言しないにせよ、
「旧軍では考えられない深度で、安定航行に成功した」と、申しております。


630 :名無し三等兵:02/03/28 22:43
安全深度で60mくらいじゃないかな。
圧壊は、その何倍かわからん。

631 :名無し三等兵:02/03/28 22:47
2倍だったりして・・使えないな、そんな潜水艦。
空からみえるぞ。


632 :名無し三等兵:02/03/28 22:58
>622
あの映画でも「急速潜航!」で、乗員が一斉に艦首に走るシーンがあったが、
日本海軍の場合は、食料の米を米袋に入れて艦内通路に敷き詰めていたため、
「急速潜航、各自、米袋をひとつずつ持って艦首へ走れ!」で、
より素早くダウントリムできる?場合があったらしい。

633 :名無し三等兵:02/03/29 00:15
2ちゃんねる最萌トーナメントを開催しる!
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1017297538/


(´-`).。oO(軍事板はどこまで進めるのだろう…)

634 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/29 00:40
朝鮮戦争時、ソウルにあった韓国銀行が北朝鮮軍に占領された。

ここには、朝鮮銀行から引き継いだばかりの未発行の朝鮮銀行1000円券と
100円券、それに印刷原版が残されていた。
そして、北朝鮮軍はその紙幣と原版を使って、物資調達と経済攪乱工作をはじめた。

このため極度の経済混乱になることを恐れたGHQは日本の大蔵省印刷局に新紙幣
の印刷を依頼し、日本側は図案作成を6日で成し遂げ、徹夜に継ぐ徹夜で12日目に、
韓国に新紙幣を納入した。

仁川上陸作戦では韓国銀行の行員が「金融師団」を編成して海軍のLSTで紙幣を
運搬し、解放後の仁川市で紙幣の交換を行い、その占領地が拡大する毎に、交換
を進めていったのである。
その状況は、「前進しながら交換し、戦闘しつつ交換し、撤収しながら交換するという
実に金融通貨史上類例を見ない、文字通りの“弾雨下の交換事務”であった…。」そうな。

ちなみに、一国の通貨体制を崩壊させるには偽造券の目標発行額を全体の20%以上に
する必要があるらしい。

635 :名無し三等兵:02/03/29 00:48
>634
日本では沖縄返還時の「戦後日本最大の現金輸送作戦」、
自衛隊の輸送艦で沖縄ドルから交換される日本円を運んだ作戦に当たるか、と。

636 :名無し三等兵:02/03/29 11:29
第一次大戦時のこと、ドイツ帝国のエルンスト・ウデットは愛機フォカーDVII
の昇降舵に「撃たないでちょうだい」と書き込んでいた。

こいつは総撃墜数62機の第一次大戦時ドイツ第2位のエースである。

637 :JKC:02/03/29 11:42
「裸の銃を持つ男」シリーズの主演喜劇俳優レスリー・ニールセンは、WWU
で従軍中はカナダ軍の爆撃機のガナー(銃手)をやっていたとか。

638 :人民軍:02/03/29 13:02
確か、日本軍が中国の経済を崩壊させるために
偽札を一生懸命作っていた。
偽札のできは本物以上のでき、さすが物づくりには妥協がない。
しかし、すでに中国経済は崩壊していたし、貨幣価値がさがり
お金の供給が足りない状態だったので、中国政府は黙認。
本物として流通させていた。恐るべし、中国人!

639 :大渦よりの来訪者 ◆Bzr3neko :02/03/29 13:09
>638
………マジですか?

640 :名無し三等兵:02/03/29 13:20
>639
 マジな話。

 結局、日本のやったことは中国の替わりに札を刷ってあげただけに終わった。

641 :呉志水000000番:02/03/29 13:37
>630
私の祖父は伊号潜水艦乗りの生き残りですが、100mまでは潜れると言っておりました。
まだ元気なので、ご質問のある方はどうぞ! 聞けるうちに聞いとかないとね。

642 :特務機関:02/03/29 18:20
638>
思い出すな〜。
中国の紙幣の紙質やインクの調合、成分分析
コスト、度外視、今考えると馬鹿な作戦だった。


643 :名無し三等兵:02/03/29 18:47
登戸で偽札作ってた事までは知ってたけど、歓迎されてたなんて…
昔なにかの本で、命がけで内地から中国まで偽札詰まったトランクを運んだ
元特務機関員の方の話読んだ事あったんだけど、実は一人相撲だったのね…

644 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/29 21:58
>643
北朝鮮軍によって不法発行されたのは、100円券5億1930万円、1000円券18億6万円、
人民券255万円+偽造した100円券。
これでも、23億2191万円で鮮銀券流通額の3%。

蒋介石相手には香港で接収した法幣の原版を使って偽造した額が30億元。
これは蒋介石政権の法幣発行額の僅か0.7%しかなく、経済に打撃を与えるものでは
なかった。
それ以上に打撃を与えたのは、中国(満州)、朝鮮国内の日本軍の戦費調達だった
そうな。

645 :名無し三等兵:02/03/29 23:44
NHKのドキュメントでやってたよ。

646 :名無し三等兵:02/03/30 08:42
>>638
「歴史への招待」で読んだ。

647 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/03/30 23:08
1940年の大ブリテン島。

(その1)
ダンケルクで大量の武器を失ったのに、本土防衛軍用に多量の武器を
必要とした英国政府は、部内の反対を押し切って、安価な新兵器を配給
した。

その新兵器は、水道管をショート・リー・エンフィールドライフルと同じ長さに
切断し、大量に余っていたそのライフル用のバイヨネットを溶接して作られた、
「槍」である。
数千本生産されたそれは、1950年代に入ってもホームガードの武器庫にあった
という。

(その2)
本土防衛用に、英国はスペインで活躍したアストゥリア地雷兵と同じような対戦車
攻撃隊を作った。

チームは3人。
1人目が丈夫な鉄棒、短く切った鉄棒を持ち、物陰から戦車の起動輪目がけて
投げ込む。すると戦車が止まる(はず)。
2人目がすかさず、毛布を止まった戦車のキャタピラ目がけて投げ込む。
3人目はバケツに入れたガソリンを毛布にぶっかけ、2人目がマッチとか信号用
ピストルでガソリンに着火させ、その間にチームは逃げる。

これで戦車は炎上する(はず)。

竹槍で一人一殺と肉薄爆雷の戦争末期日本を笑えないぞ、英国。

648 :名無し三等兵:02/03/31 00:03
信じられないがワロタ

649 :名無し三等兵:02/03/31 00:21
1940年次の英国ってそこまで追い詰められていたのですか・・・

650 :大渦よりの来訪者 ◆Bzr3neko :02/03/31 00:27
何となく、限りなく情けなく悲惨な英本土決戦の話を読んで見たい気がする。
多分、沖縄戦なんか比較にならないほど強烈な話になるだろうけど。

651 :名無し三等兵:02/03/31 00:33
>>638 建前と本音がそこまでかい離すると、むしろさわやかですなあ。

652 :名無し三等兵:02/03/31 00:55
>647
「鈍色の攻防」の王立少年戦車隊が、まだマシに思えてくる……

653 :名無し三等兵:02/03/31 01:34
>>647
あれはまだ戦車に乗ってるぶんだけ…
でも最後の切り札が、菱形戦車の乗った少年とは…

654 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/04/01 20:15
まんじとハ−ケンクロイツの区別のつかない奴がいるとは・・・

655 :名無し三等兵:02/04/01 20:16
>>654
一般の人はそうじゃないの?

656 :名無し三等兵:02/04/01 20:32
一般人にはそうでも、軍オタには”E”と”ヨ”みたいなものか。

657 :名無し三等兵:02/04/01 20:33
>>656
だね。6と9みたいな。

658 :名無し三等兵:02/04/01 20:41
>>655
いや、その疑問は小学生の時(まだ軍ヲタになる前のことだ)に感じた。
地図帳の寺を意味する卍とナチスのマークがそっくりだ!と思い調べてみたら
逆さまなことに気づいた。

みんな知ってると思うけど。

659 :名無し三等兵:02/04/01 21:02
4式戦闘機「疾風」は、3480機も生産された。
ゼロ戦で1万機だから、ビクーリ。

もっと戦果あがってもよかったのに、と思える数字。
ちなみに「紫電」1007機、「雷電」470機、「紫電改」400機。
「烈風」8機・・・


660 :(-_-(-_-;):02/04/01 21:25
≫659さん
「海の荒鷲、陸のニワトリ」だったからね。・・・・
陸軍航空隊は、海上飛んで帰ってくる訓練をしていなかった。
(標識が無いと無理、行って帰れない。)

太平洋戦争(大東亜戦争)は、海軍の戦い。
いっその事、紫電、雷電、紫電改を作るの止めて、「疾風」の海軍仕様が、
有れば良かったけどね。
* 陸海相争い、余力を持って米国に当たる * 状態では、トテモ無理
コレこそ信じられん話ですね。

661 :名無し三等兵:02/04/01 21:28
『リーサルウエポン』の意味を『最終兵器』と勘違いし、
「リーサルウエポン食らえ」とパンチをかましてくる友人

662 :名無し三等兵:02/04/01 21:33
>660
 陸軍航空隊さんは、洋上迎撃はできなかったのですか・・・
 なんのための防空やら、負けて当然ですな。

3480機の疾風、もったいない・・


663 :名無し三等兵:02/04/01 21:36
>>661
ヱ?Σ(゜□゜ノ)ノ違うんですか?

664 :名無し三等兵:02/04/01 23:53
零戦は、終戦時およそ1100機残存していたらしいが、疾風は何機くらい
あったのだろうか?

665 :名無し三等兵:02/04/01 23:55
そんなことより、北朝鮮の領空侵犯機が、航空自衛隊に撃墜されったって、ニュース速報でてるよ!




666 :名無し三等兵:02/04/01 23:56
>>665
3分後謝罪しろYO!

667 :名無し三等兵:02/04/02 00:02
>665
すいませんでした〜!!
ほかの板でマジで信じた人がいたよ〜。

668 :.:02/04/02 09:40
信じられない話だが現代空母で魚雷発射管が装備されている
船があるらしい

669 :名無し三等兵:02/04/02 10:40
ロシアのなんとかっていう空母か?
あれは兵装はずすと搭載機数が増えるらしいな。


670 :名無し三等兵:02/04/02 10:52
帝国陸軍の高速戦闘艇「カロ艇」は、帝国海軍の魚雷艇よりも
高速・高性能だった。

671 :名無し三等兵:02/04/02 12:13
魚雷撃てるの撃てたら秋津丸母艦にして空母にすれば軍艦史上に残る
究極の奇想天外兵器になったのに

672 :名無し三等兵:02/04/02 12:25
>>671
君の文章の方が奇想天外。

673 :G_Tomo:02/04/02 12:26
>>668
 それって対魚雷用短魚雷の為でない?

674 :名無し三等兵:02/04/02 12:38
>673
それってアレですか、
「対雷撃防御!(CV:大塚明夫)」って奴ですか。

675 :名無し三等兵:02/04/02 13:08
実は今軍事板に来ている人の8割はアニメからこの道に入っている。
>674などね。

676 :名無し三等兵:02/04/02 13:09
>>670

帝国海軍魚雷艇の機関は焼玉だったっていうのも、
信じられないが、本当だ。

677 :名無し三等兵:02/04/02 13:20
ニミッツ級には324ミリの短魚雷3連装発射管が2基搭載されている
これはどっちかというと常識だろ?

678 :名無し三等兵:02/04/02 13:25
>>676
数を揃えようとしたら人の問題が出てきて、
グローだと漁村出身者とかでも整備できるので
まあ妥当な選択かと

679 :マルサッカ:02/04/02 13:33
何時帝国海軍に魚雷艇がいたんだ??
震洋のこといってるのか?

680 :名無し三等兵:02/04/02 13:39
というようなことを言う奴がいるくらいこの板のレベルは下がっている。

681 :名無し三等兵:02/04/02 13:40
90年代に一部の米空母に短魚雷発射管が装備された。これは対魚雷防御用とも
言われているが、全空母装備にはいたってない。
キエフ級は533mm発射管装備と思われてたが、実は積んでなかったらしい。

682 :名無し三等兵:02/04/02 13:56
>>678
アルコールで動くので石油がいらないのも利点

683 :名無し三等兵:02/04/02 14:48
>677
 まぁスペック表見ると載ってるしねぇ。
>681
 対魚雷用のデコイを発射するためとも、小型艇による体当たりテロ対策とも
言われてます。
 後者かなぁやっぱり。でもそれなら単装25mmでいいような気もするけど・・・。

684 :名無し三等兵:02/04/02 15:53
>>679

震洋じゃないよ。文字通り「魚雷艇」。
光人社の小艦艇写真集に結構写真出てるよ。
今手元に無いので詳しいことは書けないが、何種類も型があって、
内火艇に毛の生えたようなものから、ドイツの魚雷艇みたいなのま
であった。ドイツ式の奴は焼玉機関ではなくて、たしか35kt以上出
せたように記憶している。








685 :名無し三等兵:02/04/02 16:20
日本の自衛隊(陸海空)の航空機の稼働率(持っている機数に対して
実際飛べる機数の割合)は、米軍より高い。
 たしか92パーセントだったと思う。
 F15が200機あるなら、184機はすぐ飛べる。
 これは日本の周囲の国々には真似できません。


686 ::02/04/02 16:29
>>685

>F15が200機あるなら、184機はすぐ飛べる。
> これは日本の周囲の国々には真似できません。

 ちなみにお隣の中国の場合は、空軍機の”実際の”稼働率は最高軍事機密
だとか・・・。 ま、中国空軍機の大半はあまりにも古すぎるか、整備製や
信頼性において信用できそうな機種が見あたりませんからね。

687 :名無し三等兵:02/04/02 16:52
>685
 残りの8パーセントは、なぜ飛べないのか?
 飛べない飛行機を売った三菱は税金泥棒だぞ!
 F15 200機×8パーセント=16機
 16機×110億円=・・・!!
 三菱、金かえせ!!


688 :海の人:02/04/02 16:56
>687
 稼働率100%だったら、一体いつ分解整備とかIRANとか大がかりな
整備をするんで?(笑)


689 :名無し三等兵:02/04/02 17:04
>>687
ネタだけど、ネタじゃないから笑えない。
こんな風に考えてるヤツって、本気で多いんだよなぁ(萎え
折れ鯖の仕事してるんだけど
壊れた時の交換用HDDをセットに含めた見積もりだすと
「これは何だ!お前の会社は壊れるモノ売りつけるつもりか!」
ラック組んだマシンでどこにも故障が起きないワケ無いだろ(トホホ

・・・こんなヤツが鯖管理責任者だったりするから萎える。本気で萎える。
板違いのグチですみませんです。はい。


690 :名無し三等兵:02/04/02 17:38
>689
まあ、そう言わんと。

>688的常識が分からない政治家と、あなたが見聞きしたアホな有権者。
割れ鍋にとじ蓋という奴で、
政治家の阿呆をカバーするのが自衛官であるように
クライアントの阿呆をカバーするのがあなたのような立派なシステム管理者。
つまりどちらも日本をささえる大事なお仕事なのですよ。

腐らず頑張ってください。

691 :名無し三等兵:02/04/02 17:38
ああ、割れ鍋が有権者でとじ蓋が政治家ですので誤解なきように。

692 :マルサッカ:02/04/02 17:46
>>684
あったとは知らなかったです。教えていただきありがとうございます。

693 :海の人:02/04/02 18:03
>689-690
 うはは、それは海の人も見かけることありますね、たいてい黙って、その人
飛び越えて、その上司に直接かけあっちゃうか、うけないか、半分フリーランス
みたいな仕事してるので、そういう命取りなことは、なるべく逃げてます(^_^;
 その仕事受けてなにがしかの入金があったとしても、半年もしないうちに
もっと大きな不利益が生じるのが目に見えてますし。

 そうそう、(持ってる機体数全体に対する)稼働率92%という話には、実は全然
笑えない実体が隠されているわけですよね、さらに言うなら。

 稼働率92%で出撃させて、その半分である全体の46%にあたる損害がでた場合に、
それを補填するための予備は8%しかないという状況で、これはもう敵にとっては
一機削るごとに、どんどん航空自衛隊は弱くなっていくのが確実保証になっちゃう
という、めまいがしそうな話になるわけですから。

 なんつうか、「余裕」とか「予備」とかいう考えが根付くのは、一体いつなんでしょね。


694 :名無し三等兵:02/04/02 18:10
すぐ飛べない機体を「予備」とか「余裕」と
思ってるバカ発見!

695 :名無し三等兵:02/04/02 18:13
>一機削るごとに、どんどん航空自衛隊は弱くなっていくのが確実保証になっちゃう

それは敵も同じだらう。

696 :名無し三等兵:02/04/02 18:51
>694
稼働率の外にある機体は手間をかければまた飛べるようになるが、
存在しない機体は飛ばそうにも飛ばしようが無い。

>695
予備戦力をひねり出す余裕がどこにもない、という話。
稼働率の外にある機体はすべてスクラップだ、というならともかく。

「日本を守るのに何機の航空機が要るのか」
その数ぎりぎりしか保有してないようでは、防衛体制が整ってるとはお世辞にも言えないのよ。
組織には冗長性というものがある程度は必要で、
それを省いて見た目だけの合理性を追求するのは組織全体を殺してしまう諸刃の剣。
軍事に限らず、ちょっとでも組織で働いた経験がある人間なら
どんな計画を立てるときでも余裕がなくてはならないことくらいは自明の話なんだけどね。
もちろん程度問題ではあるけれど、
平時の防衛体制を維持するのが精一杯の数しか航空機を保有してないのでは
航空自衛隊が「張子の虎」と嘲られても反論できん。
特に日本の防衛は先制攻撃に対して政治の縛りがキツくかかってるのだから、
最初の第一撃に対する冗長性を最低限備えておかなくては
いかに高価な正面装備を備えようと、全体としての国防能力を見くびられてしまう。
それはすなわち日本の軍備が抑止力として役に立たないということになってしまうのだ。

しつこいようだけどどれほどそうした冗長性を組織に持たせるかは程度問題。
文民統制というのはそういう分野でこそちゃんと発揮されなくちゃならんのよ、
予算ケチればすべてうまくいくというようなものではないのだ。


697 :名無し三等兵:02/04/02 18:54
ごみ捨て場に対空ミサイル廃棄−ロシア
エープリルフールではない本当の話
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_04/3t2002040218.html

 【モスクワ1日共同】ロシア西シベリアのアルタイ地方で2基の対空ミサイルが、鉄くず集積所に丸ごと廃棄されていたのが見つかった。ロシア連邦保安局の当局者らが1日明らかにした。

 ミサイルは全長7メートル、直径60センチの防空システムS200で使用されているものと同型。タス通信によると「幸い2基とも弾頭は外されていた」というが、保安当局は鉄くず回収業者のもとに丸ごと廃棄されていた原因などについて捜査している。

 鉄くず集積所からは、このほか戦車や大砲の弾丸も見つかったが、保安当局が既に回収、処理のための軍事施設に回送した。

 記事を配信したタス、インタファクス両通信社は問い合わせに対し「エープリルフールではなく本当の話」としている。

#国名にロシアがついてるとあんま「信じられない」話じゃなくなるな。


698 :名無し三等兵:02/04/02 19:09
S-200か・・・
こないだソ連時代の戦車マガジンのバックナンバー見てたら
「一度も写真が公表されたことの無い幻のミサイル」とか書かれてあったな・・・

699 :名無し三等兵:02/04/02 19:29
イザというときのために働かない社員を飼っておけ、
みたいな見当外れな話だな。

700 :名無し三等兵:02/04/02 19:54
>699
兵器を消耗品として認識するということがまだ出来ないのね。
先の敗戦はいったい何だったんだか、この学習能力のなさこそまさに「信じられないが、本当だ」だな。

701 :名無し三等兵:02/04/02 20:17
699の言ってることの方が見当はずれというか・・・・・・

わかってない


702 :名無し三等兵:02/04/02 20:30
>>685
ちょっとまて、IRANは4年に1回、半年ほどかかるんじゃなかったのか?
それだけで稼働率は最高でも87.5%以上にはならないぞ。

703 :名無し三等兵:02/04/02 20:30
>>699
ことわざ辞典
「千日兵を養うは一朝のため」…長い間、軍備に高い金を掛け続けるのは
いざと言うときのためであるので無駄ではない/軍は実際に働くのはほんの
短い間だが、だからと言って無駄であるとはいえない

ちなみに「何か事が起こったとき」と言う意味の「一朝事」って言葉は
ここから来ている。

704 ::02/04/02 21:51
>>697

 この「誤って捨てられたミサイル」の”S−200”って、NATOコード名で
言うところのSA−5「ガモン」でしたっけ?。

 確かこのミサイルは昨年の暮れ頃に、カスピ海で防空演習を行っていたウクライナ
軍が使用していたはずです。
 で、なまじ射程が長い(確か200q?)せいか、演習空域をミサイルが飛び出して
誤って付近を飛んでいたロシアの旅客機を撃ち落としていたような・・?。

705 :名無し三等兵:02/04/02 22:09
>>696
今どき、ある日突然、稼働全機出撃! みたいなことが発生するかなあ?
天が落ちてくるのを心配してもねえ。

中国をみならって稼働率を秘密にするのが一番か(w



706 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/04/02 22:53
帝国海軍の魚雷艇だけど、一番最初は1940年建造のイタリア製MAS。
ま、これは民国海軍の分捕り品だったりするわけで。
全長19m、18.7tの船体に合計1860馬力のイソッタフランスキーニエンジンを
搭載し、35knotを出した。

これは良いってんで、1941年に日本は同じような艇(1号型)を6隻作った。
94式ガソリンエンジン2基搭載で、38.5knotを出した。

暫く忘れられて1943年、急に又魚雷艇を建造した。
これが101号「隼」型。
機関は寄せ集めで信頼性が無く、800馬力で21.5knot〜1840馬力の35knotまで様々。
その基本形は530〜600馬力のディーゼルで17knot。
これら総数で44隻が作られた。

凡そ魚雷艇の波濤を蹴立ててというイメージにはほど遠い。

末期になって漸く、金星41型(飛行機用ね)を2基搭載し、1400馬力を発生させた
241号型が出来たけど、それでも27.5knot。

もう一つはドイツのS-Boat系のもので、75トンの船体に本艦式ガソリン4基3680馬力
を搭載したもので11号級と呼ばれる。
それでも船体設計が不味く、29knotしか出せなかった。

後は試作品がちょぼちょぼ。

707 :687:02/04/02 23:29
ああ、飛べない飛行機は「車検」?に出してるんですね。
分かりました、勘違いスマソ。

てことは自衛隊の飛行機は100パーセント飛べる、ということなのか。
それもすごいかも。


708 :名無し三等兵:02/04/02 23:31
>>707
>てことは自衛隊の飛行機は100パーセント飛べる、ということなのか。

それは絶対にあり得ない。そもそも戦闘機はそこまで信頼性の高いものではない。
1機につき、部品取り用の機体が1機あれば話は別だろうけど…。

709 :名無し三等兵:02/04/02 23:47
>>707

もちろん故障して飛べないものも発生するからさすがに100%ってことはない。
たしかホークアイだったと思うけど、交換部品は契約の問題で米海軍を通して
発注するが、納期がかなりかかるらしい。で、飛行に支障のないものは部品が
到着するまでそのまま使用し、支障のあるものは格納庫で休眠状態にしておく
らしい。

710 :名無し三等兵:02/04/03 08:06
>707
なんで、「稼働率外はスクラップ」じゃないとわかったら「すべて飛べる」になるんだ?
両極端な発想は組織運営の敵だ、って言ってるのにぃ……(泣

711 :名無し三等兵:02/04/03 09:17
>710
春休みが終わったあとでも707クラスが多数居る。

信じられないが、本当だ。

712 :名無し三等兵:02/04/03 13:58
>>710
705モナー

あと、日本って予備役の割合もめちゃくちゃ低いんだよね。
まさに張子の虎だ…

713 :名無し三等兵:02/04/03 22:53
日本に攻めてくる敵はいないから、結果としては大丈夫だと思うよ。
日本が張り子の虎というのは分かるが、周辺国が輪をかけてフヌケだから
大丈夫。
 パーマのキチが攻めてきても、ミグ21だから大丈夫。 黄海わたって
どこかが進撃してきても、先っちょに穴の開いてないミグ21コピーだから
やつらに負けるということが想像できない。
 まあ、奴らは装備に劣っても外交は上手だから、その辺には注意しとくべきかな。



714 :名無し三等兵:02/04/03 23:48
>>713
ウォッカを燃料にした軍隊が攻めてきたら?

715 :名無し三等兵:02/04/04 00:10
>>714
ウォッカを与えて手なづければよい。っていうか連中は揚陸艦もってないし。

716 :名無し三等兵:02/04/04 00:14
>714
ムネヲを派遣してなんとかしてもらう

717 :名無し三等兵:02/04/04 00:20
ムネオはロシアでは偉大な政治家らしい

718 :名無し三等兵:02/04/04 00:21
>713
「敵がいないから大丈夫」じゃない、「大丈夫だから敵にならない」が抑止の基本。

日本の場合、自衛隊が張子の虎であるかわりに
日米安保による米国の戦力が予備戦力になっている、という考察もできるな。
そのぶん、二重にも三重にも日本は安保体制から脱却できないという状況に陥っているのだが。
安保脱却の可能性を「ほのめかす」どころか「想像させる」ことすら出来ない現状の、
ひとつの現れでもある、か。

719 :名無し三等兵:02/04/04 19:01
民族の自尊心をわきに置けば、安保は大変有用だと思います。

日本の立場が低いとかの問題もありますが、基本的に外国との約束事は
守るのが一番かと。 実際安保で恩恵受けてるのは日本の方でしょう。
 日英同盟の反省をふまえれば、向こうから「やめよう」と言ってくる
までは継続するのが吉だと思います。
 スレ違いによりさげ。


720 :名無し三等兵:02/04/05 01:21
1. 航空自衛隊築城基地からは毎朝9時頃訓練飛行が行われているが
  一回飛ぶのに燃料が2億かかるとか…常識か。
 ていうか,この時間帯バラしたら駄目やったんかな?
 狙われたらオシマイやん?
2.インドは95年頃まで「宗教的平等実現のための『社会主義国』」だった。
 ガセかも。


721 :名無し三等兵:02/04/05 01:21
     試 勝 負 分 勝率
1 阪神 5 5 0 0 1.000
2 ヤク. 5 4 1 0  .800
3 広島 5 3 2 0  .600
4 巨人 5 2 3 0  .400
5 中日 5 1 4 0  .200
6 横浜 5 0 0 0  .000


722 :名無し三等兵:02/04/05 01:22
>>699
 どっちかっていうと、イザという時の為の掛け捨て保険の方が適切かと。

723 :名無し三等兵:02/04/05 01:43
>>721
ワラタ

724 :名無し三等兵:02/04/05 01:44
>>721
 禿同

725 :名無し三等兵:02/04/05 02:26
>>720
 おい!!今、築城町上空に2機の飛行機(F15にしては高度高すぎ、
成層圏で運行してるようなのに振動音してる)が飛んでるぞ!!
 何だあれは?

726 :名無し三等兵:02/04/05 02:29
>>725
いつもの音が「ゴォーッ」ならさっきのは
「ビュァーッ」だったな?輸送機か何かか?
 それにこの時間帯は協定で自衛隊は飛行機飛ばせないはずなんだが…
 ハッ?!ま、まさか米ぐ…
 
 バァン!

727 :ロバート・ルロイ・リプレー少佐:02/04/05 02:31
>>721
ナポレオンの大臣のタレイランも言っています。
「1頭のライオンに率いられた100頭の羊は
 1頭の羊に率いられた100頭のライオンに勝つ」と。
勇猛な指揮官こそが戦力を決定する最大の要因なのです。




728 :名無し三等兵:02/04/05 02:40
>>726
 福岡県東部を西の空に南の方から北のほうへ飛んでたな。
 しかも普段なら旅客機が飛ぶような高さ(夜用ランプの大きさで)
なのに音速は超えてなくてゆっくりめだったな。二機変態だったな。
 確か一機につき1つしかランプなかったな。
 ひょっとして巨大な1つの飛行物体だったんじゃ・・・
 そういえば昨日起動衛生上で直径50Mの未確認物体が見つかってたな。

729 :晒しあげ:02/04/05 02:45
こんばんわ、ジョットさん。
今夜も電波絶好調ですね。


そこまで強烈な電波のダシにされて、スペースガード協会もC-17も本望でしょう。

730 :728 ◆B178h7r2 :02/04/05 02:53
間違った・・・
変態→編隊
でもホントに飛んでたんだってば。地元住民が言ってるんだから
間違い無いってば。

731 :添削太郎:02/04/05 02:55
X 二機変態
O 二機編隊

X 起動衛生上
O 衛星軌道上

X 直径50M
O 全長50m

X その他の文章全部

普段から使っている語彙を、日本語FEPがしっかり学習しているようです。

732 :729:02/04/05 02:59
いつもあわてて、スレ違いもかまわずに自分勝手な電波文書を書き散らかすジョットさん、
グダグダ言い訳してないで、落ち着いて私のレスをちゃんと読みなさい。

そして鬱になって接続を切り、電話線で首を吊りなさい。

733 :名無し三等兵:02/04/05 03:00
>730
べつに信じられないってことも無いし、珍しくない。
アラート任務の機体。

アラートとはいえ、音速を超えて行くことは、陸地上空では無い

734 :729:02/04/05 03:06
>>733
なんだ、築城のアラートか。
いや、横田近辺では夜間でもC-17が来るんで、音からしてソレかと思ったよ。

まぁ、成層圏で飛ぶF-15が夜間見えたらすげぇけどな(藁
しかもナゾの「夜用ランプ」の大きさだもんな(藁藁

735 :728 ◆B178h7r2 :02/04/05 03:10
>>734
 ごもっとも。
 本拠がここと半角板住人なんで。
 でも人工衛星くらいなら見たこと有るけどなぁ。
 何故か青い空気のもやの向こうにあるロケットがどんどんと空を上っていく
やつ。むぅ、もうデンパ扱いで良いや。

736 :728 ◆B178h7r2 :02/04/05 03:46
今また飛んでた。帰りらしいな。さ、寝よ・・・

737 :名無し三等兵:02/04/05 04:49
アラート?スクランブル?最近は年に2回ほどに減っています
だなんて大嘘こきやがって・・・
>>729
 漏れはこの板初心者だからジョットって何かわからぬ。

738 :名無し三等兵:02/04/05 11:21
>>712

じゃあ、君は
>稼働全機出撃! みたいなことが発生する
と思っているんだね。 バカウヨキモイ


739 :名無し三等兵:02/04/05 11:28
>>738


・・・・・どこを縦読みするの?


740 :名無し三等兵:02/04/05 11:35
>>739
撃 !
↓ ↑
ん→だ

741 :名無し三等兵:02/04/05 11:39
>>737
なるほど、さすが初心者。
年に2回ってのは領空侵犯の事だろう。実際には領空に近づいた段階でスクランブルをかけるので
スクランブル回数ははるかに多いぞ。詳しくはここ。
ttp://members.tripod.co.jp/zenkou2/sukuranburu.html

742 :名無し三等兵:02/04/05 12:06
つーか、ジョットて誰よ?
ヲタな住人が他の掲示板ネタを持ち込んでるんじゃなかろうな??


743 :名無し三等兵:02/04/05 12:14
「ジョット」で検索しても、絵描きしか引っかからんぞ。
ってなわけで、このネタは終了。

744 :名無し三等兵:02/04/05 13:16
インストロールとか大勲位菊花賞頸飾みたいなもんでは。
引っ張ってスマソ。

745 :712:02/04/05 22:30
>>738
思ってる訳無いだろ!
そこまでのレスの流れを読んでないみたいだけど、
696等が空自の予備機が少なすぎる事を危惧する発言をした事に対して、
705が「稼働全機出撃!みたいなことが発生する訳が無いから大丈夫」(=予備は必要無い)
という旨の発言をしたから、そんなアホな!というレスをつけたんだよ。OK?

746 :名無し三等兵:02/04/05 23:59
>>743
 オカ板における「マウ」みたいなもんかもな。
 このネタ終了。

747 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/04/06 00:01
日本海海戦のさなか、東郷平八郎は”面舵”と言いつつ、左手を上げた、とか。

748 :名無し三等兵:02/04/06 00:03
で右に倒した

749 :728 ◆B178h7r2 :02/04/06 00:04
>>741
 分かりました。今も飛んでます。
 一応地域住民との協定有るけど、これは低空飛行についての
協定なんでしょうね。スレ汚し失礼しました。

750 :海の人:02/04/06 07:25
>747
 逆逆(笑)


751 :名無し三等兵:02/04/06 16:09
>747
そこでどっとコケる参謀たち

あの絵柄で想像してしまうととても笑える

752 :名無し三等兵:02/04/07 23:55
みなさんおなじみの(?)木炭車。

この木炭車には、ほかの動力の乗り物にはない独特な運転テクニックがありました。
それは、「溝やでこぼこをわざと踏む」ということです。
でこぼこを踏むと、その衝撃で木炭が動き、そのためガス発生量が増加し、
出力が増大するとのこと。

ただ、やりすぎでサスペンションアームを折った人もいたようですが。

753 :海の人:02/04/08 00:00
>752
 うへぇ、そんなことするくらいなら送風機でもつけた方が、はるかに効率
よさそうな気が(^_^;


754 :名無し三等兵:02/04/08 04:19
う〜ん。送風も重要でしょうが、振動で木炭の「火床」が崩れて通気面積が
増えるってのも大きかったのでないかな?

ちなみに送風機にしても、木炭車が使われるようになった時点では、マグネットやコイル用
絶縁電線の不足のため、電動機や発電機自体が貴重品でしたからなぁ。

同乗者にうちわ渡してパタパタしてもらうとか。

755 :海の人:02/04/08 08:53
>754
>うちわ渡してぱたぱた

 一瞬、たたら製鉄で使う、でかい「ふいご」を思い出してしまいました:-p
 それにしても、よくもまぁそこまでして戦争やったもんですなぁ。


756 :名無し三等兵:02/04/08 09:46
>755
>それにしても、よくもまぁそこまでして戦争やったもんですなぁ。
それが一番の「信じられないが、本当だ」ですな。

757 :名無し三等兵:02/04/08 16:01
正直、戦争終わった時、日本とドイツがここまで復活した事事態が
「信じられないだが本当だ」だろうな

758 :超一級緊急事態:02/04/08 16:09
アラート!エマージェンシー!
以下ROSF(http://www.ssi-n.com/~zine/ROSF/index.htm)よりのコピペ。
「某新聞記者から流れてきた情報なので、現段階では裏がとれていないのですが、
自由民主党は、人権擁護法、個人情報保護法、青少年有害環境対策基本法案の、
いわゆるメディア3法を4月中に国会へ抜き打ち上程し、
強行採決に持っていくスケジュールを大枠で決定したそうです」

これらの法律が施行されると、お上が有害と判定したメディアは全て発禁にされます。
音楽はおろか2ちゃんも例外ではありません。

もはや自民党は国民の事を全く考えていません。
一億総奴隷化を本気でやろうとしてます。
こちらは正に風雲急を告げる事態です。
本気で私達一人一人が動かねば、日本が終わります。

言論弾圧法反対(http://members.tripod.co.jp/event0307/


759 :名無し三等兵:02/04/08 16:46
題目自体は非常にまともなのに、
マルチポストして故意に青環法反対の動きを貶めるアホウがいる。

信じられないが、本当だ。

760 :名無し三等兵:02/04/08 18:30
>756
 国家総力戦なんて、きょうびはやらないですねえ。
>757
 アメリカの戦略です。 マーシャルプラン、朝鮮戦争。奇跡ではありません。
 ドイツ、日本製品の優先買い付けです。 自由貿易国なのにねえ、てその
 おかげで我々はご飯たべて2ちゃんができるわけです。
  第2次大戦で無くなった各国の英霊に感謝しましょう。


761 :名無し三等兵:02/04/08 20:58
全く関係無いけど、うちの親戚がアフガンで地雷撤去事業(?)してるらしい。
なんでも、退職自衛官を雇って犬を訓練して送り込んでるとの事だったけど。
地雷と犬って言ったら地雷犬しか知らなかったからなんかビックリしました

762 :名無し三等兵:02/04/09 23:30
>759
すまん。漏れがやりました。もうしません。
 最初に貼ったヤシとは別人。
 6つの板にまたがってやりました。すみません。
 などとマルチポストした本人が謝るのは信じられないかもしれないが本当だ。

763 :.:02/04/10 10:23
信じられない話だがブラッドレー戦闘車は開発当初は兵員輸送車だったらしい
あまつさえ欠勘品の段階で正式採用されそうになったそうだ(ちなみにイスラエル
軍仕様は欠勘を改善して輸出したらしい)惜しい欠勘だらけで正式採用されて
いれば現代に不死鳥のごとく蘇るチハ車になれたのに。

764 :名無し三等兵:02/04/10 10:37
ってゆーか、イスラエルはブラッドレー持ってないし。

765 :名無し三等兵:02/04/10 10:40
>763
根本的に分かってないようだが、チハ車が叩かれる最大の理由は火力の無さだぞ。
機動力同じなら装甲薄くても火力あったほうが使い道がある。


766 :.:02/04/10 10:40
て事はキャンセルされたのねそりゃ欠勘品だからなあ

767 :名無し三等兵:02/04/10 10:42
'路地から突然現れた駆逐戦車に我が軍の戦車部隊は大混乱に陥った、出てきた相手が悪かった、ヤークトタイガー戦車だ。

'タイガー駆逐戦車は辺りじゅうに榴弾を撃ち込み、我が軍の混乱に拍車をかけた。それと同時に随伴のドイツ兵も現れた。

'我が軍の戦車隊には壊走するものもあったが、ほとんどの車両は混乱しながらもタイガー駆逐戦車に正面を向けて射撃を開始した、

'ゼロ距離射撃だ、だが75mm戦車砲はおろか長砲身の76mm砲も全く歯が立たずタイガーの側面すら貫通する事が出来ない。

'そうしている間にも我が軍戦車はタイガーの榴弾やドイツ兵の対戦車火器に次々と破壊されていった、連中はシャーマン76mm砲装備型を最優先に攻撃しているようだ。

'ナチスの重駆逐戦車が現れて以来、装甲車に乗り込んだ空軍管制士官は延々と航空支援の要請を無線機に叫んでいたが、戦闘が始って30分後にようやくRAFのタイフーンが現れた。


768 :名無し三等兵:02/04/10 10:46
>>763
映画を見たのだろうが、そんなことここの住民はよ〜く知ってるよ…。
いまさら自慢げに書かないでくれ。

769 :名無し三等兵:02/04/10 10:53
ってゆーか、事実に基づいてるってのと、全てが事実ってのは違うだろー

770 :名無し三等兵:02/04/10 10:53
>>763
ブラッドレーってM2歩兵戦闘車のこと?
意味解らん。


771 :杉浦日向子:02/04/10 11:20
 陸上自衛隊の朝霞基地の広報センターでは、自販のジュースが110円で、センターオープン初日にはおまけにカードがついた。


772 :名無し三等兵:02/04/10 11:27
カードってなんのカード?  テレクラか?

773 :名無し三等兵:02/04/10 11:59
WACのトレカ?

774 :名無し三等兵:02/04/10 17:57
広島、長崎に投下された原爆は「ファットマン」と「リトルボーイ」と呼ばれていたが、
「ファットマン」はイギリス首相チャーチルを、
「リトルボーイ」はアメリカ大統領ルーズベルトを表している。

775 :名無し三等兵:02/04/10 19:32
>>774
言われてみればそんな感じだけど、ソースは?
てっきり見た目でウラン型が小さくてプルトニウム型がデブッチョ
だからと思ってたよ。

776 :名無し三等兵:02/04/10 21:09
ちなみに
投下されなかったもう一個の原爆は「キチガイヒゲ」 つまりヒットラーの事。
マンハッタン計画で実験用に使われたのは「チビザル」昭和天皇の事です。

777 :ざむえる・わーれん:02/04/10 21:12
ジョージ・ワシントンはフリーメーソンだったから、1ドル札には
フリーメーソンの象徴であるピラミッドの目が描かれている

778 :名無し三等兵:02/04/10 21:21
>>763
何かいてあるのか君の文章表現能力ではさっぱり分からんが、
M2/3の車体はM113の後継として各種システムを構築しているよ。
欠陥あるなら使わんのでないのけ?っつーか元ネタなに?

779 :名無し三等兵:02/04/11 02:59
リトルボーイの破壊力は、
1500トールボーイ

780 :名無し三等兵:02/04/11 03:08
>>779
おもしろいなぁ。
実におもしろいよ。
おかしくて腹がよじれるよ。
ヘソが茶を沸かすってこのことだね。
君のギャグセンスにはダウンタウンもまっさおだ。
本当に、笑わずにはいられないよ。

781 :名無し三等兵:02/04/11 03:33
>>779
 トールボーイって3発目の原爆の名前だっけ?
 確かガンパレードマーチだと東京に落とされたんだよな。

782 :名無し三等兵:02/04/11 03:33
最近このスレレベルが低い、仕方ないか「信じられない話」が2000も転がってる方が信じ難い。

783 :名無し三等兵:02/04/11 03:38
原爆の投下目標都市には

広島 小倉 長崎 呉 京都 新潟

があったらしい

はじめ4つは軍事的主要都市として、日本軍の戦意を失墜させる事を目標に、
京都は、文化財を破壊して一般国民を混乱させる事を目標。
新潟は、食料供給を急速に衰えさせる事を目標に。 

784 :779:02/04/11 03:47
トールボーイってのは、
イギリスの10t爆弾のことだよ。。。

785 :名無し三等兵:02/04/11 03:49
ってことは、数値がヘンだ

786 :779:02/04/11 03:56
×トールボーイ
○グランドスラム

787 :名無し三等兵:02/04/11 11:05
>784
12000ポンド爆弾だっけ?

788 :水瀬禾火子:02/04/11 11:17
>783
実際の原爆投下命令書では

「第20航空隊第509混成飛行隊は1945年8月3日以降、天候気象の許す限り
速やかに第一特殊爆弾をもって所定の目標の一つを爆撃すべし。目標は、
広島・小倉・新潟・長崎とす。(以下略)」

と、あるから、4つに絞られたみたい。
しかし天候気象で選ばれて原爆落とされたら……(汗

789 :名無し三等兵:02/04/11 11:36
黄砂は中国軍の戦略兵器である。
わが国自衛隊の戦車、装甲車、その他車両のエアフィルターを詰まらせ、ダメージを与えるのが目的である。
よってわが国は中国に宣戦布告しる!

790 :名無し三等兵:02/04/11 12:38
中国の戦略兵器である黄砂の爆心地に尤も近いのは、北京である。

791 :名無し三等兵:02/04/11 12:39
>>788
>しかし天候気象で選ばれて原爆落とされたら……(汗
って、小倉が曇ってたから長崎に落とされた、って事を知らないのか…

792 :水瀬禾火子:02/04/11 12:42
>791
いや、さすがにそれぐらいは知ってるけど。

793 :名無し三等兵:02/04/11 13:34
十分信じられることではあるが、このスレの寿命は既に尽きている。

794 :名無し三等兵:02/04/11 14:45
長崎上空も曇ってたけど、雲の隙間見つけて何とか落とした(長崎でもだめだったら海上投棄されたらしい

その結果、病院の上に原爆が落ちたってわけだ

795 :名無し三等兵:02/04/11 16:10
長崎は、予定では神社(ん?寺だっけ?)の上で爆発するはずだった。

しかし、実際は紆余曲折の末に教会の上で爆発した。

796 :ちょっと聞けよ、オタども:02/04/11 16:37
今年から大学に通うものですが初めての語学の授業で
友達ができ一つのグループの中にはいりました。
そこにアトピーの奴が輪に入りたいのか積極的に話しかけてきた。
最初俺もちょっと気持ち悪かったけど友達はいっぱいいたほうが
いいと思い話していました。ところがこやつ、臭い!
みんなも気づいて全員でちょっと無視みたいな感じになってきた。
ところがこいつまだ積極的に話しかけてくる、みんな臭いと
いいだせず・・・どうしよ。こんな奴輪に入れたくないのだが。


797 :名無し三等兵:02/04/11 16:41
>796
スレ違いだ
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1018275431/l50

798 :名無し三等兵:02/04/11 16:42
>>797
ふざけんなよ、オタが。

799 :名無し三等兵:02/04/11 17:06
>>783
米どころに落とされたら末代まで鬱だよねぇ。

800 :名無し三等兵:02/04/11 17:10
信じられないが、800だ。

801 :名無し三等兵:02/04/11 18:31
京都に落とされてたら
それこそ文化が空白になってしまう

802 :名無し三等兵:02/04/11 18:48
京都で思い出したこんな話。

かの近衛文麿が歓談していたとき、こんなことを聞かれた。
「そういえば、御宅には○○と言う書籍があるとか…。」
「ああ、あれはこの間の戦で焼けてしまいました。」
「いくさ? いつの?」

「応仁の乱です。」

なんというか…お公家さんという奴は…。

803 :名無し三等兵:02/04/11 20:03
>789
原子力発電所の周りに設置されてる放射線カウンターは、毎年春になると
わずかながらPuの崩壊α線を計測するそうです。
黄砂に混じってゴビ砂漠の核実験場の砂も飛んでくるせいだとか。

804 :名無し三等兵:02/04/11 21:17
>>784,786
トールボーイ
全長6.4m 重量約10tのうち3/4が炸薬(6tとの記載もあり)
グランドスラム
トールボーイの改良版 全長7.7m 炸薬量約10t

第二次世界大戦ブックス38 米・英・ソ秘密兵器 より


805 :791:02/04/11 21:33
>>792
そうか…
それなら日本語の勉強をしたほうがいいな。

806 :名無し三等兵:02/04/12 03:31
うちの親戚の話。
満州にいた頃の家に久しぶりに行ってみたら、ものすごい腐ってて大変なことに(この辺信じられるだろうけど)

びっくりしたのが、弾のなくなった機関銃+銃剣が落ちててそれは錆びてたんだけど、
床下の防空壕に隠してあった日本刀は錆びずにきれいなまんまだったそうな。

うちは武家w

807 :名無し三等兵:02/04/12 12:44
>>806
最後の一行を自慢したかったのか・・・

808 :名無し三等兵:02/04/12 22:12
>806
ちゃんと持って帰ったんだろうね?例え鍛えの無い軍刀でも、親族の記念品的な
価値が有れば売買しない事を前提に許可は下りるからね。

809 :名無し三等兵:02/04/12 22:29
>808
中共、そんなこと許すの?

810 :中¥某:02/04/13 00:26
蒋介石は日本陸軍の二等兵だった。

811 :名無し三等兵:02/04/13 02:13
旧帝国陸軍の戦車兵操典には
「戦車はみだりに対戦車戦闘をするべからず」とあった。

……いや、コレは「泣ける話」かな…・・・

812 :名無し三等兵:02/04/13 06:34
>811
まあ、「ゼロとの交戦を避けよ」と訓示した海軍もあることですし……その発言自体は、まあ、合理的思考ということで。

「じゃあどうするか」という対案を出さないところが実に日本的なのですが。

813 :名無し三等兵:02/04/13 08:10

旧日本陸軍沖縄守備隊第32軍司令の牛島満中将の曾孫は
現在コミックマーケット、コスプレ担当部の長。

ある意味、泣ける(笑)

814 :名無し三等兵:02/04/13 08:45
>813
しかもナチファン(笑)
良い奴だけどな。

815 :名無し三等兵:02/04/13 08:49
>>813
そんなこと言ったら、大山元帥の



パァン

816 :名無し三等兵:02/04/13 13:25
次号予告によると,ゴルゴ13はガンダムと戦うらしい

817 :名無し三等兵:02/04/13 19:38
そんな事言ったら東郷(パーン...

818 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/04/13 23:21
離れているようなので軌道修正。

第二次世界大戦中、欧州戦線では、しばしば戦死者の埋葬、負傷者の
交換などで連合国とドイツ軍が前線で停戦協定を結んでいた。
これ自体、ヒトラーの耳にはいるとタダでは済まなかったのだが、一件
だけ例外があった。

ギリシャのイオニア海に浮かぶクレタ島などの島嶼に駐留していたドイ
ツ軍は、連合国軍の黙認の下、全員無事にヨーロッパ本土にたどり着いた。
但し、英国との協定で、その部隊はバルカン半島を侵攻するソ連軍から
ギリシャのテッサロニキなどを防衛するために使用されることになっていた
のである。
このため、ソ連軍の侵攻を免れたギリシャは戦後の共産党軍との戦いに
勝利することが出来た。

欧州情勢は正に複雑怪奇なり。

819 :名無し三等兵:02/04/14 00:03
>>818
スターリンとチャーチルとの話し合いで、もともとギリシャはソビエト
勢力の影響はそれほどなかったんじゃないの?
ギリシャにおけるイギリス勢力とソビエト勢力の比率を9:1にする、
ってな協定を結んでなかったっけ?

820 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/04/14 00:36
>819
相手はスターリンですよん。

あわよくばバルカン半島全てをソ連の勢力範囲に入れようと画策し、
ユーゴを通じて(ユーゴもギリシャのマケドニアの領有を主張してた。
ついでにブルガリアもね)、共産党パルチザンに軍事援助を与えてた
訳で。

それに不信感を抱いていたのがチャーチル。
これは、1944年後期にドイツ軍が英国軍に交代するや否や、ギリシャ
共産党のパルチザンが蜂起したことで決定的となります。

その後、英国の支援で1946年までに共産党の蜂起は鎮圧されましたが、
王制に関する国民投票(ギリシャの国王はドイツのザクセン王の系統だった
ので、ドイツから解放された国の元首としてはふさわしくないと言う国民世論
(と言うか共産党のアジテーションによるもの)に押されて国民投票を行うこと
となった)を実施し、王制が支持されると、再度内戦に突入。
1949年までこれが続いた。

これが、ソ連軍支配下だったらどうなってたかね。

821 :名無し三等兵:02/04/14 15:20
>1と同じソ連パラシュートネタを・・・
1969年5月、ソ連タジキスタンとキルギスタンのザアライ山脈にある
レーニン峰頂上(標高7134m)へ10人のソ連人がパラシュート降下したが、
4人が死亡したと伝えられる。


822 :名無し三等兵:02/04/14 23:05
スターリングラード戦の前の、スターリングラード市は、
人口が50万人以上だったが、
戦闘終了後には、市民がたったの
1515人になっていた。

823 :名無し三等兵:02/04/14 23:14
戦艦大和スレに神が降臨しました。

774 名前: 761 投稿日: 02/04/14 22:22
>>772
俺はなぁ、小沢が大嫌いなんだ。
レイテ突入を無視した負け犬め!意気地なしの低脳野郎め!


824 :名無し三等兵:02/04/14 23:55
1式戦でP-51を墜としたこと

825 :名無し三等兵:02/04/15 03:18
>>822
ある種「長征」に近いものがあるな。
 あれって10万人が最後数百人くらいになってなかったっけ?
 それで、生存者は皆、幹部になったって・・・いやそうだっけ?

826 :名無し三等兵:02/04/15 04:53
在中国大使の阿南大使は阿南惟幾大臣の孫(さっき聞いた

827 :名無し三等兵:02/04/15 05:26
結局、偉人の子供はどんなに迫害されても、迫害されたとしても
頑張ると言うことか。
 ところで誰かレーニンが実は支持されてなかったけど厭戦気分が漂ってて
悪魔とでもでも結びたい状態だったから支持されたって話知らない?

828 :名無し三等兵:02/04/15 05:56
西南戦争の時、田原坂では薩官両軍は間近で対峙していた。
このとき官軍は豊富な補給があったのに対して薩軍は補給路が
絶たれており、特に食料が欠乏していた。
一時休戦になったて、薩軍兵は
「官軍は酒あり餅あり羨ましむべし。少しモチを恵まないか?」
と言って来たので、官軍の兵が保累へ餅を投げてやると
「ありがとう」と言ったという。

829 :名無し三等兵:02/04/15 06:56
シリーズ・防衛新時代
 検証有事法制の深層
tbshoutoku_2_30kbps_20020414.avi
30kbpsで配信 10.7 MB (11,277,824 バイト)
http://members.tripod.co.jp/fukifiki/top.html

自爆テロ発生の瞬間(バーン!!)
エルサレム12日
血まみれの女性がカメラ目線で
うめき声を出し周囲の人に支えられて通り過ぎてゆく
ann_news_1_300kbps_20020413.avi
300kbpsで配信 2.76 MB (2,897,920 バイト)

「悪法の枢軸を撃て」
言論弾圧に倒れた歴史上の人物たちに扮しパレード
吉岡忍(作家)
これは何としても止めなければ日本の表現活動がだめになる
ann_news_2_300kbps_20020413.avi
300kbpsで配信 3.96 MB (4,157,952 バイト)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/7843/top.html

830 :名無し三等兵:02/04/15 18:37
>828
 いい話ですね。
 西南戦争は「かちあい弾」とか、興味深い話がいっぱい埋もれてそうです。


831 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/04/15 19:56
零式水上観測機でB-25を撃墜したこと。
古〜い”航空ファン”で読んだことがある。

832 :名無し三等兵:02/04/15 21:55
>>298
亀レスでスマン
そういえば俺はカールグスタフで味方の61式を
誤射して、あとでこっぴどくしかられました。
でも本体もけっこう思いよね〜、12.7mmを
分解して運ぶよりはましだけど

833 :名無し三等兵:02/04/15 22:30
>802
近衛文麿と言えば、戦後すぐだったか、武見太郎のクリニックに通院していた
ときに牧野伸顕夫人(だったと思う)にたまたま会ったそうな。
そのとき、件のおばあさんいわく、
「あら、文磨さん、ずいぶん大きくおなりあそばして」
待っていた患者達は大笑いしたとか。

834 :名無し三等兵:02/04/16 17:29
>>833
>近衛文麿と言えば、戦後すぐだったか

終戦から自殺まで、わずか4ヶ月の間の話ですな

835 :中¥某:02/04/16 19:13
辻政信は筆まめだった。

836 :名無し三等兵:02/04/16 19:22
東条英機はメモ魔

837 :中¥某:02/04/16 19:58
辻政信は胃ガンで1950年代中盤の医療技術で胃を全て切除したのにも関わらずその後何年も生き(行方不明になった)常人の数倍近い活動をした。
また辻は体内に五カ国の弾丸が入っていて危険にも関わらず何十年も生き延びた。

838 :名無し三等兵:02/04/16 23:45
>>837
 えっ!?衆議院議員の最期が分かってないなんて珍しいな…
 というかヤシの最終職が衆議院議員で戦犯指定されずに復員できた事は
スゴイと思うが。

839 :名無し三等兵:02/04/16 23:53
西南戦争ネタでは弾丸不足に陥った薩軍兵士が椎の実型ということで
エンフィールド銃にドングリを詰めて撃った。
溺れる者は藁にもすがる良い例。

840 :名無し三等兵:02/04/17 00:01
>>838
軍事板の住人で辻の最期のことを知らないというのも、「信じられない」話だな。(w

841 :名無し三等兵:02/04/17 15:57
>>840
あんた偉そうな事言ってるけど、明確な事は誰も判らないんじゃないの?
遺体発見されてないし。

842 :有事法制記念:02/04/17 18:18
自衛隊の戦車が滑り落ちた。

843 :名無し三等兵:02/04/17 18:57
>841
失踪宣告された以上「死人」。

つーか「ジャングルに消えて行方不明」自体を知らないのは明らかに知識不足だろ。
趣味の板に分類されてるとはいえ専門知識が要る軍事板で二次大戦を語るときに、
辻くらいは知っていてもおかしい話じゃない。
つか揚げ足取りカコワルイ

>838
もちろん本当なら戦犯指定→死刑、は免れなかったでしょう。
ある意味、彼のようなDQN中堅将校たちこそが日本が無謀な太平洋戦争に突入した最大の責任者ともいえますし
東南アジア戦域で「戦争犯罪」として扱われた事例の多くに彼が一枚噛んでいることも指摘せねばなりますまい。

が、彼は戦犯として裁かれることはありませんでした。
敗戦後彼はすばやく身を隠し、一説によると中国国民党内部の協力者の手を借りて中国経由で帰国、
国内の「東亜同盟」メンバーの元を転々として逃走を続けたとのこと。
1950年に戦犯裁判がひととおり終結したのをうけて戦犯指定が解除されたことで
彼は大手を振って世間に姿を現せるようになり、
この実体験を基にした小説「潜行三千里」などで一躍人気作家に成り上がったのです。
その名声をもって52年に衆議院議員に当選、保守合同で自民党に参加するも総裁選の金権批判で除名。
その後は参議院に活動の場を移す(59年、全国区で三位当選)。
61年に紛争さかんなインドシナに潜入するも、その後の足取りは不明、と。

まあ、これで戦後の辻の行動は多少は説明できた、かと。
軍事板だと「やめろ、辻ーン!」があまりにも有名ですが(w

844 :名無し三等兵:02/04/17 21:37
>>843
つか揚げ足取りカコワルイ

845 :名無し三等兵:02/04/17 22:15
第二次世界大戦と太平洋戦争を一緒にするのも不味いと思う

846 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/04/18 20:07
戦艦大和ですら一個しか持っていない”菊の御紋章”を、特務艦のくせに
二個も持っている艦が存在する。
その特務艦の名前は敷設艦”白鷹”排水量1540トン です。


847 :名無し三等兵:02/04/18 22:41
>>846
マジレスでカコワルイが、艦首形状の問題だよね。他にも何隻かある。
2個つける場合は、1個だけの艦よりもサイズを小さくする決まりだった。

848 :名無し三等兵:02/04/19 07:23
アメリカ捕虜生体解剖が行われた、九州大学には、
戦後になってF4ファントムが墜落している。
特攻で復讐、、、ではないが。

また、この大学の建物の幾つかは、現在でも第二次大戦中の、
防空のための黒塗装がそのまま残っている。


849 :名無し三等兵:02/04/19 08:03
既出かもしれんが…。

BBCの番組でアン王女が所属する戦車隊がTV取材を受けている。
荒地の向こうから走ってくるスコーピオン戦車。
砲塔に身を乗り出した人物が一人。
テレビを見ていた俺は思った「…あいつがアン王女だな…。」。
ところが
戦車が近くに来ると、砲塔の人物は、明らかに、どう見ても、完全に、「男」。
「あれっ?じゃあアン王女はどこに?!」
戦車が止まると、ドライバーズ・ハッチから、よっこらしょという感じて出てきたのが
アン王女だった。

王女がドライバーやってる戦車の戦車長…。大変だろうな。


850 :名無し三等兵:02/04/19 08:13
某国の戦車みたく、戦車長が運転手の肩蹴っ飛ばして方向指示はできないね(w

誰だ、王女に戦車長代わってもらいたいとか言ってるヤツは?

851 :True/False:02/04/19 09:43
>849ー850
ちなみにアン王女は、何年か前にローバーが献上した
車のタイヤを5〜7日(スマソ、覚えてない)で交換に出した
ことがありますです。

……どこの峠を攻めてるんですか、王女殿下。


852 :名無し三等兵:02/04/19 09:51
アン王女、1950年生まれだというのに実に元気な御方で……

853 :名無し三等兵:02/04/19 10:22
>852
ちなみに我が国の今上陛下は皇太子だった昭和30年代、
ディムラーの12気筒を愛用なされていた。

渋谷で午前中に目撃され、その3時間半後に軽井沢で
今の皇后陛下とテニスを楽しんでいるところが目撃されたりもしてる。

……当時の道で、平均何キロで走ったんだか。
今はワーゲン・ビートルをゆったりと走らせておいでですが。

スマソ、ぜんぜん軍事ネタじゃないね。

854 :名無し三等兵:02/04/19 21:42
74式戦車の開発時の話。
当時、コンピュータによるシミュレートなどはできなかったため、
105ミリL7戦車砲の反動はどのぐらいか、テストすることになり、
中古のM4用砲塔に無理やり105ミリを据え付け、無人で発射!
・・・砲が砲塔ごと後に吹っ飛び、計測機器も全部お陀仏、
「とりあえず、凄まじい」としか、データ収集できなかったとか。

855 :名無し三等兵:02/04/19 23:45
>>853
当時は車も少なかったし、さらに「交通規制+途中の信号全部青」をやったんでは。

856 :名無し三等兵:02/04/20 01:08
>>855
大門使用?

857 :名無し三等兵:02/04/20 02:50
>>851
さすが英国人。



858 :名無し屯田兵:02/04/21 15:10
>>853
横川の「峠の釜飯」は、
御所望になられたのだろうか?

859 :見たい:02/04/22 02:55
俺の親父は学校の事務員しているのだけど、(博多の某中学校)
何年か前、水道工事をしていると、ボロボロの米軍のヘルメットと
ピストルと遺骨が学校の中庭から出てきた!しかし、警察に届けると
何かとやっかいなので、水道業者と親父と相談してそのまま埋めてしまった
らしい。戦後、その中学校は米軍の駐屯地として使われていたらしいから
何かの事件か謀殺でアボーンされたのかな?

860 :名無し三等兵:02/04/22 02:58
よくある都市伝説

861 :うろおぼえ:02/04/22 03:04
北原白秋の叔父は、日独同盟中「ようこそナチス」
という曲を作曲した。

楽しげな曲調らしい。

862 :いやいや:02/04/22 03:06
いや、本当だって。その日顔が真っ青になって帰ってきたYO。
その中学校って板付航空基地の近くだよ。


863 :名無し三等兵:02/04/22 03:17
アフリカにトーゴー共和国っていうのがあるけど・・・・まさか、ね・・・・・違うよなぁ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/togo/data.html

864 :名無し三等兵:02/04/22 05:45
>>861
↓これの事か?
ttp://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/nanka.swf


865 :名無し三等兵:02/04/22 06:02
>>864
多分その曲だ!

866 :名無し三等兵:02/04/22 07:30
>>861
万歳ヒトラーユーゲントでしょ?


867 :名無し三等兵:02/04/22 12:39
>>863
国の南部に「トーゴ湖」というのがあり,それが国名の由来らしい
意味は調べたが判らなかった
http://edu2.mitaka.ed.tao.go.jp/jiji/teacher/search/world/togo.html

868 :名無し三等兵:02/04/22 17:00
>>867
Thanks

869 :名無し三等兵:02/04/23 00:12
幾つかそういった曲があったのかもね。

870 :名無し三等兵:02/04/23 00:33
愛知県庁舎の中庭に面した壁面には、戦時中の迷彩が残っている。

871 :名無し三等兵:02/04/23 00:41
>>861
それは後に東京五輪のテーマソングになった。
♪こ〜んにちは こ〜んにちは
 ナチスの〜、くにから〜

三波春夫…合掌

872 :名無し三等兵:02/04/23 01:24
九州大学の施設の一部は、防空用の黒塗装が残っている

873 :870:02/04/23 07:23
 愛知県庁舎の壁も、迷彩でなく防空用の黒塗装。872にならい修正。

874 :ロボット三等兵:02/04/24 12:51
Qミサイルが飛んできたら。
A武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かもしれない。

byさわやか 朝日新聞
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/8906/index.html


875 :名無し三等兵:02/04/24 12:56
誤射で核弾頭が飛んできます

876 :名無し三等兵:02/04/24 16:17
>874
なるほど、じゃあ朝日支局襲撃事件で撃たれた最初の一発目も誤射だ、と(ワラ

その一発で将来ある若い記者が命を落とすこともあるってえのに、
なんともはや太平楽なことで。
偉ぶって「あれから何年」などと記事にするんじゃねーっての、安全の価値も分からんくせに。

877 :名無し三等兵:02/04/24 17:13
>876
いえ,アレはヤラセです(w

878 :名無し三等兵:02/04/24 19:38
自衛隊の小銃(64式)はNATO弾を打つと焼付けを起こします。
使っている実弾は火薬の量が少なくしてあり、無理やり作動させている。
実戦には使い物になりません。
日本が戦場になったら、敵の武器をぶん取りましょう。
生存率も上がるはずです。

879 :名無し三等兵:02/04/24 19:51
どれ、久々に釣られてみるか

>878
ハァ?
ここはネタスレじゃねーぞ

880 :名無し三等兵:02/04/24 22:27
タリバーン再結集阻止、アフガン南部で現金を空中散布
http://www.asahi.com/international/update/0424/007.html

アフガニスタン南部で先週末から今週にかけて、米軍が大量の現地通貨アフガニを空中から散布し、話題になっている。最近、南部ではタリバーンの再結集や米軍への自爆テロを呼びかけるチラシがまかれるなど不穏な動きが目立っており、「現金」で抑え込もうという狙いだ。

 目撃者によると、カンダハルの周辺やパキスタンとの国境近くなどで米軍の大型輸送機が連日、80万アフガニ(約3000円)とタリバーンやアルカイダの残党に対する通報や非協力を呼びかけた文書が入った封筒を投下しているという。

 物価の安い地方では80万アフガニは家族を1カ月以上は養える金額。輸送機を見つけると必死に追いかける住民が相次いでいる模様だ。
(以下略)


いかにもアメリカ様らしい人間味に溢れた話でんな。

881 :名無し三等兵:02/04/24 23:42
>>880
アメリカ様のヒューマニズムに感動した

882 :名無し三等兵:02/04/25 00:16
>880
どうせならドルを撒けば評価されたかも知れないのに……

883 :名無し三等兵:02/04/25 01:35
>空中散布
一時、アフガニー高・ドル安傾向があったらしいから、
為替レートをドル高に誘導するためじゃないの。(w

884 :名無し三等兵:02/04/25 11:12
民族浄化作戦、リアルタイムで進行中

http://www.yomiuri.co.jp/05/20020424id25.htm
>イスラエル軍の侵攻を受けたヨルダン川西岸のパレスチナ自治区で、テロとは無関係に見える
>民生部門機能の徹底した破壊ぶりが際立っている。特に自治政府の政治機能が集中するラマッラでは
>ほぼ全省庁が破壊され、商店や文化施設にも被害が波及。西岸最大の都市ナブルスでも高校が破壊されるなど、
>今回の侵攻作戦の目的が、「テロ基盤の根絶」にとどまらず、シャロン政権が「テロ支援団体」とみなす
>自治政府自体の解体にあったことをうかがわせる。(ラマッラで、貞広貴志)

>ラマッラ中心部にある自治政府の教育省では、床一面に散乱した書類や建材を前にぼう然とする
>職員の姿が見られた。証明書類発行を担当するベテラン職員は「まともに仕事を再開できるまでに
>少なくとも2か月はかかる」とつぶやいた。

>広報担当のマハ・シハデさんによると、今月4日、戦車などに乗って同省を急襲した約150人の
>イスラエル兵は、8時間をかけてすべての部屋を入念に捜索。1967年以来、蓄積してきた
>約100万人分の生徒のデータを持ち去ったうえ、コンピューターなど同省の情報システムの
>中枢を破壊したという。

>イスラエル軍撤退で明らかになり始めた被害リストには、ほかにも土地登記や自動車登録、
>住民の健康データなど、テロ封じ込め作戦の標的に似つかわしくない項目が並ぶ。日本の
>援助で整備された文化センターは爆弾で窓ガラスが破壊され、企業の金庫がこじ開けられて
>現金がなくなっているケースもあった。

>イスラエル軍の意図を、パレスチナ側は「自治政府の統治能力を破壊し、自治区に混とんを
>生み出す目的」(アベド・ラボ文化情報相)と見る。自室わきで多くのコンピューター類を
>爆破されたという高等教育省のハシム・クハイル副大臣は「市民の福利厚生のため、
>国際社会の支援を受けて積み上げた努力が一気に台無しにされたことに憤りを覚える」と言う。
>アラファト自治政府議長は閣僚を代表とする調査委員会を発足させ、被害の全容解明に乗り出した。

>これに対し、イスラエル軍当局は「自治政府の省庁は秘密文書や武器の隠し場所となることがあった。
>コンピューターなどを狙って破壊した事実はない」(広報担当)と「逸脱」を否定している。
>ただ、ラアナン・ギシン首相顧問は「教育省が必ずしもテロリストの潜伏先でないのは事実だが、
>テロ扇動活動の拠点ではあった」と作戦の正当性を主張する。

>事実、イスラエルは昨年12月、自治政府を「テロ支援団体」と断定しており、テロ掃討を
>目指す以上、捜索・破壊対象に例外はないというのがシャロン政権の論理。学童や住民の
>データ収集も将来、自爆テロ防止策に役立つとの判断からとみられる。

885 :名無し三等兵:02/04/25 11:22
イスラエルの連中なんで自爆テロされてるのか、絶対理解してないな
議会の連中もさっさと無能なシャロンを弾劾すればいいのに奴は
牟田口と同類の人間だから、さっさと辞めさせるべきだな。

886 :事情通:02/04/25 11:46
真のマッチポンプはアラファトなんだけど・・。

887 :名無し三等兵:02/04/25 12:02
>886
何か信用できるソースか事情の説明つけんと、
徒のイスラエルマンセー厨と小一時間問い詰められるヨカーン。
その裏事情とか、ぜひとも教えてクーリー。

888 :名無し三等兵:02/04/25 12:27
アラファトのマッチポンプなんぞアメリカ様に比べたら小さい小さい。

イスラエルにしてみりゃアメリカ様の代理で爆弾テロ食らってるから
アメリカ様と同じ論理で敵本拠地に直接反撃してるだけのことなのに
調停役とか称してアメリカ様が乗り込んできて非人道的だの何だの、
納得できるわけないじゃん。

889 :バキャベッリ:02/04/25 22:36
 自治政府だけを「テロ支援団体」と断定したから問題にされる訳で、自治区を「テロ支援団体」と
呼べば何を遣っても許される事でしょう。端的にいってシャロン政権の最終目的はパレスチナにおける
アラブ人社会の絶滅に有る訳で、流石に皆殺しにする事は出来無いから可能な限り住み難くしておき
自然に人口が減る事を期待しているのでしょう。緩やかな民族浄化といった所かな?、或いはそこまで
は考えず、場当たり的に叩いているだけなのかも知れませんが。危機を演出して政権を維持するって、
何処かで聞いた話では有ります。


890 :名無し三等兵:02/04/27 00:16
ヤクトティガーの価格は、4号戦車と同じくらいだった。

891 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/04/27 00:25
>>889
>可能な限り住み難くしておき
やってることが地上げ屋と変わらんなあ。『いやなら出て行け』か。

892 :名無し三等兵:02/04/27 06:14
イスラエルがやってることは共産匪がチベットでやってることと変わらんね。

893 :愚礼@倍南:02/04/27 12:11
クソラエルも中狂も、逝ってよし。
クソラエルには特にいろいろ言いたいが、マタ後日。

894 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/04/27 17:36
そういえば、今のイスラエルの首相はシャロン。
冥府の王の名前もたしかシャロン。
先行きは暗い。

895 :海の人:02/04/27 17:38
>894
 Charon(カロン)なら、三途の川の河守の名前なのでわ(笑)
 わりと下っ端チック:-p


896 :名無し三等兵:02/04/27 17:41
やっぱりアレだな。
阪神大震災の時に知事が左の人間だったので自衛隊への出動要請をしなかったために震災の被害が広がり6000人が犠牲となった。
これに尽きるが。

897 :名無し三等兵:02/04/27 17:43
もしくはコレかな。
集団的自衛権に抵触するとか憲法違反と騒いで戦地に向かう自衛官に武器をほとんど持たせずに派遣した。
これだな

898 :名無し三等兵:02/04/27 17:44
マジ!!?はじめて聞いたよ。


899 :名無し三等兵:02/04/27 17:53
>>896
おまけで
震災で苦しんでいる現地の人間をテレビで見ながら、
高級ホテルで優雅に飯を食いつつ米軍の支援を断った。

怠慢さを非難されたら、
「はじめてのことじゃから」とのうのうと言い切った総理大臣が存在した。

・・・こんなのが総理大臣やったんだよな。

900 :名無し三等兵:02/04/27 17:59
泣きたくなるな。

901 :名無し三等兵:02/04/27 18:02
>>899
さらにおまけ。

その首相に緊急事態を伝えなければならない、防衛庁の統幕は現場ががんばっている
にもかかわらず、当日の午後になるまでのほほ〜んとして現場の状況を把握していなかった。

902 :名無し三等兵:02/04/27 18:21
陸上自衛隊が神戸の町で
野戦病院および避難所を展開しようとしたら
公園は公共施設です
と言われ撤退させられた。

903 :名無し三等兵:02/04/27 18:42
>>901
そんな状態で有事のとき大丈夫なのかねぇ?

904 :名無し三等兵:02/04/27 18:46
>>902
権威のない軍隊なんて無いのと一緒だな。

905 :名無し三等兵:02/04/27 18:46
オアフ島(だっけ?)に設置した陸軍のレーダー基地が
国立公園法と対立したのは有名ですね>1941年真珠湾

おかげでオーバーホライズンな山頂ではなく、山の裾野に設置せざるを得なかった

906 :名無し三等兵:02/04/27 19:02
神戸JR三宮駅前の震災と復興の記録を展示しているフェニックス館には、
多くの写真や資料が展示されているが、自衛隊員が写っている写真は一枚も存在しない
記録も自治体、警察、消防、ボランティア等がほとんどで、
自衛隊に関する記述は僅かに災害の状況を示す時程表に「自衛隊災害派遣」の1行しか
認められなかった
信じられないが、神戸市はあの震災で自衛隊がほとんど何もしなかったことにしたいようだ

907 :名無し三等兵:02/04/27 19:07
>>896-
「信じられない話」というか、ここまでくるとむしろ「泣ける話」のような気も……。

908 :名無し三等兵:02/04/27 19:09
オウム事件で有名になった江川紹子女史は、震災の際、
黒の皮ジャンと黒の皮パン、カメラバックを抱えて
首に一眼レフを2、3個ぶら下げた勇ましい格好で現場に赴き、
作業中の自衛官を捕まえて、
「何故自衛隊は国民に認知されていないのか?」
「国民に愛されていないのは自衛隊や隊員に問題があるのではないか?」
と聞いてまわり、隊員から「黒い魔女」と恐れられたという

909 :名無し三等兵:02/04/27 19:16
>901
今は民間会社でテストパイロットやってる人物は当時、空幕勤務で、
「数時間経ったのに被害状況が入らないってことは
 相当深刻です。訓練名目でRF−4を出しましょう」
と意見具申した。

が、
今は将官になっている某1佐が「『便りがないのは良い知らせ』と言うぞ」
と却下した。

まぁ、被害状況の空撮映像が数時間早く得られていたとしても、
結果は同じだったと思うけどね。

910 :名無し三等兵:02/04/27 19:44
自衛隊の微妙な位置かんがえると、おいそれと行動できないのが
気の毒

911 :名無し三等兵:02/04/27 19:54
右・左はともかく。

あの当時、もしも、地方自治体・警察・消防・自衛隊がそれぞれに
連絡をすることができ、行動を一個所で集中管理できたら
助けられた人は多かったと思う。

 こうやって書いて、生き残った人や助けられなかった人を
 責めているわけではない。
 あの地震が発生するとは、殆どの人が予想できなかったわけだし。

問題なのは、
あの地震の教訓を踏まえて事後対策は色々と為されているのだが、
通信網そのものはあっても、役所のナワバリ意識や装置の使い勝手の悪さから
「災害時に使用するには不適当」ってその問題点を直そうともしてないし、
防災地図1枚にしても同じ物は使われていないのが現状。

震災時には自衛隊はよくやったとは思うが
また何かあっても手をこまねいて見ている事になると思う。

912 :名無し三等兵:02/04/27 20:03
現実はそういった手続き、制度などの些末な問題じゃなくて、
自衛隊が活躍し広く認知されるような事態になるぐらいなら、
犠牲者が多少増えるぐらいどって事ナイとマジで考える連中
も国会で一定数の議席を持ってる事の方が重大なんでは?

913 :名無し三等兵:02/04/27 20:11
>>909
なるほど。彼はそこまでされていたのですか…。ご本人のサイトではそこまでは書かれて
いませんでしたよね。

ちなみにRF-4が飛んでいれば、村山君に災害出動を命じるように説得することができたと
思いますよ。みんな、村山君を批判しますが、彼が意思決定できるような情報をあげる事が
できなかった各組織の罪は重いと思います。現場のみなさんががんばっていたのは重々
承知しておりますが。

914 :名無し三等兵:02/04/27 21:53
>>913
村山は空撮写真があったとしてもウンとは言うまい。
なんせ、はじめてのことだから。

六千人を殺したのは
こんな無能が首相であることを許した我々国民に他ならない

915 :名無し三等兵:02/04/27 22:31
陸路が潰れたんで海自の艦船で救難物資運ぼうとしたら、ゴムボートに乗った
自称市民活動家が行く手を遮ってたってホント?資料なり画像なり持ってる方
いたらUPキボンヌ。

しかし、今度なにか災害なり有事なりあった時にそんな事あったら、駆逐艦コ
ールの事引き合いに出して問答無用で撃って欲しいね。

916 :中¥某:02/04/27 23:58
ちなみに自衛隊の災害救助の基礎を作ったのは辻政信議員であった。

917 :名無し三等兵:02/04/28 00:07
>>914
>村山は空撮写真があったとしてもウンとは言うまい。
>なんせ、はじめてのことだから。

全然根拠になってないぞ。社民党憎いからといって結論ありきの議論をするな。
しかも統幕が動かなかったことの正当化にもなってないし。

危機管理担当省庁とも言える防衛庁の制服組の意思決定機関が6時間以上
ろくに動いていなかった事は、なかなか自衛隊に出動命令を出さなかった村山と
同じぐらい非難されてしかるべき話。

客観的な視点がないと単なるウヨになるぞ。

918 :名無し三等兵:02/04/28 00:27
もう捨民は政権を取らせない方が良いと言う事がわかったので反面教師としておくしかなかろう。
未だにあの時のミスを誤ろうともしてないしな>捨民
森の時よりよっぽど酷いのにマスコミはほとんど報道していなかった。

919 :名無し三等兵:02/04/28 00:31
>>917 氏は
まあ、動かぬ証拠を突きつければ 動かざるを得ないだろう、
といいたいのだろうが、
テレビで黒煙が上がり倒壊した建物の姿を見ても
ろくなアクションを起こさなかったような国家統治機構の最高責任者なのだから、
偵察写真を見たって自衛隊にGOサインをださなかたであろうという
>>914 の意見もまたあり得なくはないよなあ、と思われ。

920 :中¥某:02/04/28 01:16
>>918
人の命を何と考えているのだろうか?
森は人を殺してないからいい人だな、社民とくらべれば。

>>919
酒鬼薔薇を覚醒させた責任もあるし村山さんは何か一言ぐらい謝ってほしかったよ。オウム事件の時自衛隊が不祥事した時も自分は全然責任とらなかったし、それで今は北鮮マニア・・・

921 :名無し三等兵:02/04/28 01:27
市民派知事とやらを選んだ県民には、神戸で起きたことについて真実を
ちゃんと知った上で、投票したのか聞いてみたいね。

ま、その結果はそいつらがかぶるんだけど

922 :中¥某:02/04/28 01:38
俺の隣街の市町選挙の候補。
元自衛隊員の共産党員。
童話教育4ね。童話予算4ね。童話が諸悪の根源。
もう最高。

923 :名無し三等兵:02/04/28 06:57
感情モロ出すな
ワゼー

オレモナー

924 :名無し三等兵:02/04/28 08:02
>>915
「入港した海自の艦艇に抗議した団体がいた」
うろ覚えで申し訳ないのですが、たしかどこかの新聞が記事
にしたたけど後で誤報だとして訂正した・・・というのを
どこかでみたような気が・・・震災直後の色々デマが流れて
いた時の事ですし(いかにもありそうなのがかえって怪しい)
そんなことは無かったと思いたい、いくらなんでも
そんなことする暇なんて無いだろう、と思う。


925 :海の人:02/04/28 10:52
>924
 留守居部隊の方でも、ニュースでそういう情報が流れてやきもきしていたの
ですが、実際にはそういうことはなかったようです。


926 :神戸市民:02/04/29 12:04
自衛隊の方々には感謝しております。


927 :名無し三等兵:02/04/29 15:31
今、家の前の道を愛国党の街宣車が
愛国戦隊大日本を大音量で流しながら走っていった

928 :名無し屯田兵:02/04/30 08:41
今更「英国記者による南京大虐殺の記録を発見」
だそうです。
かなり匂います。
http://j.peopledaily.com.cn/2002/04/29/jp20020429_16713.html


929 :名無し三等兵:02/04/30 11:58
>>928
多分同じネタ
アノ国の再発見癖にも困ったもの
http://j.people.com.cn/1999/10/25/newfiles/a1150.html

930 :名無し三等兵:02/04/30 19:42
なんたって「温故知新」って言葉の発祥地ですから。

931 :海の人:02/04/30 19:57
>930
 古い革袋に新しい酒を盛るってのも、あそこでなかったっけ(笑)

932 :名無し三等兵:02/05/02 17:45
ちょっと早いのですが、かちゅから見れなくなっているようなので新スレ立てました。

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1020328990/

933 :名無し三等兵:02/05/02 20:33
>古い革袋に新しい酒
聖書ではないかと愚考

934 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/05/02 21:29
新潟県の白根市にある凧の博物館には、なぜか鷲の紋章にハ−ケンクロイツ
のついた旗のようなものが存在し、その説明として、白根の大凧合戦を
ゲッペルス宣伝相が褒め称え云々と書いてある。

935 :Mr.ダイオキシン ◆kmNaURZ6 :02/05/02 22:22
>934
宣伝相の名前違ったかな?

936 :名無し三等兵:02/05/02 22:43
http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/monku.swf
ここ見て勉強しる!

937 :名無し三等兵:02/05/02 22:56
べです。

938 :名無し三等兵:02/05/02 23:24
マレーシアだかインドネシアだかの国は、
政府専用機として、王子専用F5戦闘機を保有している。

939 :名無し三等兵:02/05/02 23:28
>>930
いくら日本人には電波ゆんゆんのネタでも、地道な捏造活動が世界的には認められつつあるのが涙を誘う・・・。


940 :名無し三等兵:02/05/02 23:34
ボーイング(旧MD)にはF-4担当エンジニアは4人しかいない。
仕方がないのでMHIはイスラエルのIAIなどと連絡を取り合ってF-4関係の情報を入手している。

941 : :02/05/03 01:13
>>924
俺も覚えている。
阪神大震災の救援に駆けつけた艦艇を左の人が
接岸拒否。それを読売新聞が報道。
それを元に海部元首相がTVで左を大批判。

結局それは読売の嘘で海部が謝罪した。

というのを毎日新聞で読んだ。

朝日もそうだけど、意図をもって報道しているから
そうなるんだろうね。

ちなみに朝日の例の珊瑚の記事は図書館にある
ような縮小版でも真っ白らしい。

942 :中¥某:02/05/03 17:01
>>941
今日憲法記念日のNHKの番組みてたんだが。
ここで村山の阪神大震災の行動について批判が集中しているが、本人は災害出動について積極的でやる気はあったらしい。
しかしそれを社民党?が足をひっぱったって保守党の二階が言ってた。

943 :名無し三等兵 :02/05/03 17:31
大阪はほとんど漫才かギャグみたいな感覚で知事を選んで
崩壊寸前です。


944 :名無し三等兵:02/05/04 21:45
>>942
なんでそういうくだらない矮小な弁護が出るのかねえ・・・
国民の財産と生命を守る最高責任者がそんなくだらない理由で
すくんでしまうとはなんとも情けない話だ
死刑だな。

945 :名無し三等兵:02/05/04 21:55
>942
トップの責任と権限を小一時間(以下省略)

946 :名無し三等兵:02/05/04 22:54
        まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

947 :名無し三等兵:02/05/04 23:16
東京を大空襲で焦土にしたルメイ中将は
戦後空自創設の功から勲一等旭日大綬章を受けた。
大和を無慈悲にも航空機で葬り去った
スプルーアンス大将は戦後海自創設の父と言われている。
ヲイヲイ

948 :中¥某:02/05/04 23:21
>>944
トップの権限が小さいんだよ。

949 :名無し三等兵:02/05/04 23:25
>945
何の為の民意だ。

950 :名無し三等兵:02/05/04 23:27
いい大人が目を血走らせて玩具付きチョコレートを買い漁っている今の日本。

951 :名無し三等兵:02/05/04 23:28
明日もう20個追加じゃー

952 :名無し三等兵:02/05/04 23:30
>950
それいつの話?ひょっとして前世紀のことでわ?

953 :名無し三等兵:02/05/04 23:31
>>947
ルメイはともかく、スプルアンスってそれほど問題か?

954 :名無し三等兵:02/05/04 23:40
たしかに。日本機を打ち落とした機銃を巡視船に積むのにくらぶれば。

955 :フェチ:02/05/05 17:43
泣ける話通り越してヒクツな話やのう・・・(泪)

956 :名無し三等兵:02/05/05 19:40
>941
朝日のセミナーに逝ったとき
「質問のある人はどうぞ」のあとで
「珊瑚についての質問は受付けません」だと。
なんでも 報道機関として恥ずべきことはしてないというような
言い訳をしていた。
朝日は珊瑚のことを 反省はしていない。
批判されたから割愛しただけって感じだたよ。

すれちがいスマソ


957 :名無し三等兵:02/05/05 19:44
数年前まで鬼畜と呼んでた国に安保政策頼るんだから、
ルメイに勲章くらいくれてやってもよかろうに。
米国相手にモノも言えない状態を固定化してしまったことに比べれば、
あんな金属片なんざいくらでもくれてやればよい、その程度の問題。
国家意思を発動させることを有権者が嫌うようになってしまったんだから当然の結末だが。
愚かな政府は愚かな国民の上にしか成立しえないのだ。

958 :名無し三等兵:02/05/05 19:51
>956
自社で雇った人間が何をしようが責められる筋合いはない、と。

なるほどその理屈なら日本軍と契約した売春業者が何をやろうと
日本軍が責められる筋合いもないことになりますな(藁

959 :名無し三等兵:02/05/05 19:52
同じ英語でも… 作戦名で英米にギャップ
2002.05.05
Web posted at: 17:40 JST

- CNN/AP

アフガニスタン・カブール――アフガニスタン南東部で4月末から英海
兵隊を中心に始まった、イスラム原理主義勢力タリバンとテロ組織アル
カイダの掃討作戦「狙撃作戦」が、協力する米軍の失笑を買っている―
―理由はその名前。「狙撃作戦(Snipe Operation)」が、米国では全く別
の、かなり皮肉な意味になってしまうからだという。

英語の「Snipe」は鳥のシギだが、米国の俗語では「存在しない動物」と
いう意味があり、「Snipe Hunt」は「存在しない動物を狩る」ということにな
る。また「シギ猟に誘って寂しい場所に出向かわせ、待ちぼうけを食わせ
るイタズラ」の意味もあり、この作戦に協力する米軍にとっては、苦笑す
るしかない作戦名だ。

英国では言葉どおり「シギ狩り」という意味しかないのだが、米軍のビ
ル・ピープルズ大尉はこの作戦名を聞いて「冗談に違いない」と叫んで記
者を基地から追い出す始末。しかし、後で落ち着いてから「英海兵隊は
我々のパートナーだ。英海兵隊が付ける作戦名をもの笑いの種にする
わけにはいかない」としている。

1000人体制の「狙撃作戦」の結果は、作戦名を英国風に解釈した
「組織立ってシギを追い詰め、討ち取る」ものになるのか、米国風に解釈
した「アフガニスタンにはもういない容疑者らを追いかける、大山鳴動ね
ずみ一匹作戦」となるのかは、今後の展開次第だ。

960 :名無し三等兵:02/05/05 20:28
(藁。もうひたすら(藁(藁(藁。

961 :名無し三等兵:02/05/06 00:28
>959
久しぶりにわらかしてくれる話です。
ありがとう

962 :名無し三等兵:02/05/06 04:49
なんか次スレ変なのに荒らされているようなんですが・・・
そろそろ移りましょうか?

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1020328990/

963 :名無し三等兵:02/05/06 04:58
■■■■■< 祭り!!祭り!!祭り!! >■■■■■

【驚愕!】ヤフー社員による入札価格吊り上げ、発覚!【詐欺?】


【 <祭会場> ヤフー社員関与疑惑! (゚Д゚)モルァ!!】
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1020613504/


*社員とおぼしきIDのスレを立てた途端に次々削除で隠蔽工作!?
↓こいつが証拠だっ!!
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/bid_hist?aID=e8269612&typ=log

今回のヤフー社員による入札価格吊り上げ事件は、アメリカのebayを舞台にした吊り上げ行為に対しては
詐欺罪が適用されています。(最近の話)
ただ、日本のネット取り引きに関する法整備などは遅れているし
法曹界でも十分に実状を把握している方は少ないと思いますので
もし、事件になればこれからの先例になることは間違いない筈です。

964 :名無し三等兵:02/05/06 07:27
>>941
大震災の緊急入港時の拒否事件は実は本当なのだ。
だが、マスコミがウラを取り始めると港湾当局をはじめ現場の人間も否定し始めた。
普段なら自慢げに拒否を語る連中も震災事態の重大さが徐々に見え始め、コトの馬鹿さ
加減に気付いたから、あわてて口ごもって事実を否定しだしたのよ。
ウラが取れなくなってので読売は仕方なく「誤報でした」と書かざるを得なくなった。
現場警官をはじめ何人も現認した人がいるのだが、全て口をつぐんでしまった。
多勢に無勢になっちゃったからな。
サヨの連中の典型的な「パブロフの犬的な反応」の顛末です。

965 :名無し三等兵:02/05/06 10:44
>>964
何でも陰謀論に仕立て上げる人間ハーケン。いかにも黄金厨って感じ。

966 :名無し三等兵:02/05/06 11:03
このスレ最高。消滅したらまずいから保存しとこう。
我が家では故祖父(元海軍航空隊)の金鵄勲章、家宝にしてます。

967 :寸評:02/05/06 12:02
>>966
一行目から二行目への飛躍がすばらしい文章だと思います。

968 :名無し三等兵:02/05/06 15:40
香港――中国の特別行政区・香港の九竜半島で3日未明、警察署前の監視任務に当たっていた巡査が
男にナイフを突き付けられて脅かされ、短銃、弾薬12発や無線が盗まれる事件が起きた。
警察が声明を出して認めた。

被害に遭った巡査は夜勤で、けがなどなかった。犯人は逃走中で、警察で行方を追っている。
地元テレビは、前代未聞のこの事件を大きく報道、警察署周辺で犯人を捜索する警察官らの姿を伝えている。

http://www.cnn.co.jp/fringe/K2002050400858.html

969 :名無し三等兵:02/05/06 16:29
いま目の前を「アメリカは核兵器を使うな」「戦争を直ちに止めろ」というデモ隊が横断中

970 :名無し三等兵:02/05/06 20:22
>>969
場所どこよ? 

971 :名無し三等兵:02/05/06 20:24
呉服橋交差点

972 :名無し三等兵:02/05/06 21:55
                                ┠───┐
            ._____ ._____ ._____ ._____ .__ ┃ ∧∧ │
          .__[・-・]_[・-・]_[・-・]_[・-・][・∀・]┃(,, ゚Д゚.) │
         .__[・-・]_[・-・]_[・-・]_[・-・]_[・-・]|├╂───┘
       .__[・-・]_[・-・]_[・-・]_[・-・]_[・-・]._]| |_ ┃
 ∧∧   [・-・] [・-・] [・-・] [・-・] [・-・]._]| |_
 (,, ゚Д゚)/ |[_]| |[_]| |[_]| |[_]| |[_]| |_
  |  つ  ._| |_  _| |_  _| |_  _| |_  _| |_
〜|  ノ |\_______________________
  し∪ /  ゴルァ!良く聞け!我が精鋭なる機械化軍団よ!!!!
   / 1000取り合戦、残レスを1つ残さず撲滅するのだ!

973 :名無し三等兵:02/05/06 22:03
機械化ってあんた・・・

974 : <ヽ`∀´>:02/05/06 23:24
奇怪化ニダ

975 :名無し三等兵:02/05/06 23:53
            人人人人人人人人人人人
               ,ィミ,  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,ィミ,     ┃
                彡 ミ __★_|彡 ミ  ━╋━┓┃┃
             ,,彡   ミ____|彡  ミ,   ┃  ┃
            彡;:;:             ミ,    ┃
         〜三;:;:::::              彡   ┃
         ~~三:;:;:;::::: ∪ ◎     ◎  三~~   ┃
         ~~彡::;:;:;:;∪     ___     ,三~~ ━  ┃
          ~~彡;:;:;:;:;:;:;:.    |   |    ,ミ~~     ┃
          ~~彡:;:;:;:;:;:;:;:;.  ノ――| ---彡   ━━┛

         <<   ウッ! なんだこれは   >>
         << 胸に穴があるのか、それとも >>

http://www.sanspo.com/geino/g_top/gt200205/g_top2002050402.html

976 :名無し三等兵:02/05/07 00:36
>>975
   /ニニ「ノ
  ミ゚Д゚_;彡   「‥‥‥すごい、信じられんがモノホンのようだ。」

977 :名無し三等兵:02/05/07 00:45
>>975
  0)0)ニ7l
   | ||. |     ∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ゝL(]l.    ミ゚Д゚ 彡<   穴はアナでなくケツという
    ≧}    ({^Y ="},)  |  ことか・・・。 信じられんが
   /||\.     /~||~[[[|l.  |  本物のようだ・・・。
  / ||  \  L_l|___,ゝ  \______________
 /  ||   \.∠_/|| 」 
     ll         ̄

978 :名無し三等兵:02/05/09 05:57
>>975
ブラがなかったら、「落ちて」そう。

979 :名無し三等兵:02/05/09 15:44
 8日発売のドイツ週刊紙ツァイトは、同国の公文書館で見つかった
資料から、19世紀末に当時のドイツ帝国皇帝ウィルヘルム二世が、
米国本土への侵攻作戦計画を策定していたことが分かった、と報じ
た。

 計画は1897年に立案が命じられ、1900年に完成。艦艇60隻で
10万人の兵士をニューヨークとボストンに上陸させ、米東部を制圧
するとしていた。

 作戦を立てたドイツ海軍当局者は、米国と開戦した場合、海上封
鎖や艦隊決戦よりも本土に上陸して戦う方が効果的と判断。理由と
して「米軍の士気や練度は低い」と分析し、米中枢部を占領した上
で、ドイツ側に有利な講和条約締結を迫る戦略だった。

 ウィルヘルム二世は植民地拡大を目指して海軍の拡張を進めてお
り、ミクロネシア諸島の領有などをめぐり米国と緊張関係にあった。ド
イツ軍首脳は長距離の渡洋攻撃には懐疑的だったが、皇帝の意向
を尊重し作戦策定を進めたという。

 皇帝の植民地拡大政策は英国やフランスとの対立も招き、1914
年に第一次世界大戦が発生。敗れたドイツ帝国は18年に崩壊し、
作戦が日の目を見ることはなかった。(共同
(以上引用)

http://www.sankei.co.jp/news/020509/0509kok026.htm


980 :名無し三等兵:02/05/09 16:03
あたりまえの話 >>979
信じられない〜一般スレにかるべきだろう


981 :名無し三等兵:02/05/09 19:44
>978
ありゃ必要以上に小さすぎるブラつけた「演出」だよ。
バスト93ってたしかにデカいけど、せいぜい「手に余る」くらいだぞ。
その程度を収められるブラならいくらでもあるよん

982 :名無し三等兵:02/05/09 20:59
もうすぐ1000モナ?
 じゃあ、コソーリいくモナ。
_____ ______
       ∨
ヒソヒソヒソ
  ∧__∧∧_∧∧_∧  ヒソヒソヒソ
 ( ´∀(    )∀` )
 ( つ (    つ ⊂ )
( _)(⌒)(⌒)ノ_(_)ノ


983 :Su−30MKI:02/05/09 21:57
チョコ戦車 WTM、初回50万個はほぼ完売だそうです。

次回分、50万個は5月下旬頃の予定とか。

大阪、京都エリアはどこに行ってもないです・・・
どこに残っているのやら・・・

243 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)