5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

いわゆる天皇「戦争責任」考察

1 :へんの:2001/03/18(日) 19:20
先輩諸兄のお考え、このスレでお聞かせ下さい。
尚、出来うる限り、左翼・右翼のイデオロギー的観点や宗教的信念からではなく、
冷静に当時の政治的、軍事的状況の考察からのご意見を希望致します。
よろしく。

479 :名無し三等兵:2001/05/05(土) 05:08
エンペラー裕仁は象徴です。そして大日本帝国のモニュメントです
モニュメントに意志はありません。

480 :ななしのごんべ:2001/05/05(土) 06:48
昭和天皇独白禄、木戸日記があるから読んでから書けば?
 あと文庫では秦 郁男の天皇の決断とかさ・・・。
責任はかなり感じているみたいよ・(笑)
 あと昭和天皇が傀儡(議会の決定事項に賛同する)ようになった
のは西園寺公の責任。彼が天皇の権力をしばった。
 だからといって天皇に全く責任は無いわけではない。
このあたりは近衛さんの本とかに書いてある。(彼は当てにはできんが)

 

481 :本読んでから書けよ…:2001/05/05(土) 08:11
>昭和天皇は摂政から終戦までの間、歴史の節目節目にどのように関わったのか、
>または関われなかったのか知りたい。

Q:昭和天皇に戦争責任はあったのですか?
A:ありました

Q:責任はとらなかったのですか?
A:なんで?(笑)

Q:責任はとるもんじゃないですか
A:…ホンヨメヨ

482 :ななしのごんべ:2001/05/05(土) 08:49
責任ってどうやってとるの????
 昭和天皇って退位を覚悟して戦争をやめさせたの・自分ひとりの
命と引き換えに国民の命を救おうとした。これを責任と呼ぶけどね・
 このあたりは本を読めばわかる。と申し上げたの。

483 :ななしのごんべ:2001/05/05(土) 08:51
 あとあの時代は共産革命やらクーデターやら伏見宮の暗躍やら
マスコミのアジテーターやら色々な雰囲気があったんよ。
 私は天皇も含めて国民全員の責任と感じているよ・大体いまの
日本人も無責任だと思うし・。そういうのは国民性か?

484 :名無し三等兵:2001/05/05(土) 08:54
スレ全部読みましょう。がいしゅつです。

485 :ななしのごんべ:2001/05/05(土) 09:10
ガイシュツ?(既出)きしゅつの間違い??
 既出のスレのもとネタが秦郁男の本に書いてあるから読んでみ?って
いったの。

486 :名無し三等兵:2001/05/11(金) 05:16
はげ

487 :名無し三等兵:2001/05/11(金) 07:45
age

488 :名無し三等兵:2001/05/11(金) 19:48
>13 統帥権が天皇にあるから責任はある。
11条には確かに統帥権があると書いてある。
そしてこれは天皇が単独で行うものとされていた。
が、軍令部・参謀本部が『補翼』(補弼と似非)していた。
つまりここでも、立憲君主制の原則が働いていた(君臨すれど統治せず)、
わけですな。だから、それは根拠ないと思う。

私見では、立憲君主国では君主に法的な責任はないと思うよ。
天皇には実質的な決定権がないからね。(承認権と決定権は違う!)
 考えられる状況としては、絶対君主制だったら法的責任はあるね。
つまり天皇親政だったら、当然決定権があるから、法的責任は問われるだろう。
けど、そんな事はなかった、だから法的責任はない、ということだよ。

あと残された責任は道徳的責任だけどこれはもう個々人の判断、それこそ
感情論ごちゃまぜの問題だと思うな。
俺的には、それでも止めて欲しかったと思う。けどそれは法的責任とは無
無関係のレベルの問題だということっす。

責任は問えないの根拠は↓の通り。
>天皇の戦争責任
 大日本帝国は立憲君主国だった。
すなわち、君主が単独で行為し得ず、
その行為には大臣の許可が必要な制度である。(そして内閣は議会に責任を負わない)
(この定義については、芦部『憲法』に依る)

 くだけていうと、天皇が自分から計画を発案する仕組みはない。
内閣がもってきた案件を承認するだけであり、そうだからこそ、
内閣は自分の案件をどうしても通したい時には、却下されても
何ども同じ提案をもってゆけば通るのである。
 戦争責任を『開戦の決定をした』責任とするならば、
その実質的な決定権があるところ、当時の内閣及び軍令部に戦争責任
があるとするのが(立憲君主制国家ならば)妥当である。
 さらに私見だが、決定権のないものに責任は問い得ない。
従って天皇に戦争責任は(法的には)問い得ないと考えられる。


#ちなみに日本国は議会君主制国である。
#すなわち君主が単独で行為し得ず、その行為には大臣の許可が必要な制度である。
#大臣は連帯して議会に対する責任を負うのが立憲君主制との違いである。

489 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 06:28
age

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 06:36
上から下まで責任回避する日本。
一億総懺悔で、一般国民に責任があることにした日本。
アメリカからも謝罪が足らないんじゃないのと言われてしまう日本。
結局、責任の所在を曖昧にした日本。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 05:24
日本の無責任体制は昭和天皇の事例に倣ってるだけ。

492 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 07:16
日本の無責任体制は朝日新聞の事例に倣ってるだけ。

493 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:11
お前ら、バカなんじゃないの?
天皇が、マッカーサーに会談で語った、「全責任は私にある」なんていうのは、まるきりのウソなんだよ?
裕仁が死んで、暫くして週刊誌で、天皇が松岡洋介や東条に責任があると、飛ばした独白が載ったのは有名な話じゃないの。
週刊金曜日から、出版されている「天皇制」っていうマンガ読んでみなよ。

494 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:17
>493 有名な話
おいおい週刊誌・週刊金曜日を頭から信じてる方がアブネーよ・・
それとマイブームを勝手に有名な話にすんな、ヴォケ。

495 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:18
>>1
似たようなスレたてんな!!タコ

496 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:18
週間金曜日(笑
お前面白いな>>493

497 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:21
sage sage sage sage

498 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:21
>488
>立憲君主制の原則が働いていた(君臨すれど統治せず)、
ってのはどうだろうねぇ・・・。
>すなわち、君主が単独で行為し得ず、
>その行為には大臣の許可が必要な制度である。

だったら、何で海軍軍縮条約で「統帥権干犯問題」が出てきたのよ。
あれは軍部がてめえら政治家の指揮は受けねえ独立組織だ!って言っちゃった
事件じゃんよ。
たしかにそういう解釈はあるが、戦争中ではその見方は
まさに「ドキュソ」だったと思う。街角で話してたら間違いなく憲兵隊行き、みたいな

499 :493:2001/05/14(月) 19:26
なんで、俺が面白いんだ?
ちゃんと説明しろよ。

500 :493:2001/05/14(月) 19:26
何が、マイプームなんだ?

501 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:31
ぎゃははは!>493
あはは!

502 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:35
ワラタ

503 :493:2001/05/14(月) 19:37
何がおかしい?さっさと説明しろ。だから2チャンネルは、厨房だと言われるんだぞ。

504 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:40
嫌なら専用掲示板へどうぞ。>503

505 :493:2001/05/14(月) 19:42
マジで493について説明しないと、君らの負けということになるぞ。

506 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:44
はいはい僕らの完敗ですでもそれがどうかしましたか。

2ちゃんねるは匿名だから俺もお前も妄言の吐きまくりだぜ!!

507 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:49
Your opinion and behavior are too funny!
I couldn't stop laughing!
Don't you think yourself strange?!>>493

508 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:51
ぎゃはは!負けだよ!(ワラ

509 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:52
キミの周りの人間は日々キミのことを心の中で嗤っているんだろうな。
それに今まで気が付かなかったのかな、キミは(嗤>493

510 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 19:52
>>427の通り、昭和天皇在位は民主主義アメリカさんも認めて下さってる。

511 :>493:2001/05/14(月) 19:55
日清戦争は、朝鮮に出兵した日本と清国の衝突で始まった。
その100周年の94年はシンポジウムが盛んだった。
なかに日本、中国、韓国のほか、ロシア、モンゴルの学者を加えた討論会があった。

日清戦争とは、日本が朝鮮を侵略する目的で起こした戦争であると、韓国の学者は力説した。
中国の学者は、「藩属」(保護国)の制度を論じ、清国の出兵は、朝鮮の李王朝を保護するための
行動だと正当化した。
次にモンゴルの学者が発言した。
当時、モンゴルも清国の「藩属」だった。
だが「眠れる獅子(しし)」と恐れられた大帝国が日本に敗れたという情報は、モンゴル人を奮起
させた。「日清戦争をきっかけにモンゴルの民族独立運動が高揚した」。

「違う、違う!」。大声で異議を挟んだのは、中国ではなく、韓国の者だった。
「あれは日本の侵略戦争だ」。
モンゴルの学者は「わが国では別の意味があった」と譲らない。
議論は空転した。
日清戦争がモンゴル独立のためでないことは当然だが、予期せぬ波及効果があったこと
まで認めないというのもどうか。

検定に合格した中学校の歴史教科書について、韓国政府が35項目の再修正を求めている。
日清戦争関係もある。
だが修正要求の多くは、「農民の反乱」を「抗争」とすべきである、といった細かな問題
に見える。
政府や議員が乗り出すような重大な誤りだろうか。
韓国人学者とモンゴル人学者のかみ合わない議論がつい浮かんでくる。

(毎日新聞2001年5月14日東京朝刊から)

512 :493:2001/05/14(月) 20:09
511も含めて、君らは俺の質問に一切答えていない。
ヒロヒトが、自らの戦争責任を放棄して、東条達になすりつけた、ということを問題にしている。
マッカーサーとの美談と称される会見は、単なる虚偽だったということなのだ。
異議あるなら、反論してみろ。

513 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 20:14
>ヒロヒトが、自らの戦争責任を放棄して、東条達になすりつけた

そもそも他の生き残った日本人の全員が、自らの戦争責任を放棄して、
東条達になすりつけた。こんな無責任集団は本土決戦が為されて
一億総玉砕で全員各々の犯した罪に対し死んでわびるべきであったのだ。

514 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 20:56
>>493おもしろすぎるからさげ

515 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 21:03
>498 なんで海軍軍縮条約で統帥権干犯という問題がでてきたのか?

これは本来の統帥権の意味から言えば筋違いな議論だった。
内閣が海軍の装備・編成に関してどんな条約を結んでこようがホントはちっとも
統帥権干犯じゃない。
軍部がそうさわいだのは、軍部独裁が進んでくるとともに軍部サイドから統帥権
の定義を拡大する主張がなされたからだよ。その基準だと、統帥権干犯になる。

それに海軍が政府に対して独立した存在だぜ、と宣言することと天皇が開戦決定権
(戦争責任)をもっていたかということは関係がない。
というのも内閣の権限の範囲に関して文句いうことと陸海軍(軍令部・参謀本部)
が事実上の決定権をもっていることは全くの別問題だからね。

ちょっと説明しようか。

まず本来の統帥権の意味ね。
本来の統帥権は11条で規定されている天皇の単独行使可能な権限(大権)で
軍隊の指揮・統率に関する権限を意味する。
(但し488で言った通り、実際は、天皇は軍部の助言を受けて初めて行為しうる枠組みができてた)、
くだけていうと作戦の立案・実行権だ。
この基準でいくと、海軍軍縮条約は装備・編成に関する事項だから、11条の統帥権には含まれない。
では軍隊の装備・編成に関する権限はどこにあるのか?
この権限は、12条で内閣、すなわち陸海軍大臣の権限だ。

けど、軍部独裁が進むとこういう定義が軍部サイドからもちだされた。
『統帥権』は、軍隊の指揮・統率の権限のことだけをいうのではなく、
軍隊の編成・装備に関する権限(12条)も含むのだと。
なぜなら、
@明治憲法12条では陸海軍大臣が装備・編成に関する権限を有すると書いてあり、
A陸海軍大臣は現役武官だから(現役武官制)である。(ここに論理の飛躍がある!)
そして、この基準に照らせば
海軍軍縮条約は装備・編成に関する事項だから、『統帥権』に含まれる。
だから、海軍軍縮条約を勝手に政府内閣が決めてくるのは、『統帥権干犯』になるわけ

要約すると、軍部が勝手に統帥権の定義を変えて、本来内閣の権限だったものを
天皇の大権だ、つまり軍部が助言する範囲内のことだと主張してさわいだわけ。

ただ、『仮に』装備・編成に関する12条が天皇の権限(大権)だったと憲法上規定され
ていたとしてもしても、それでも天皇は法的責任は負わない。
なぜなら、天皇は軍部(軍令部・参謀本部)の助言(『輔翼』)を受けて初めて行為する枠組
みができあがっていたから。(君臨すれど統治せず)

つまり、陸海軍が海軍軍縮条約について統帥権干犯だと主張すること(統帥権の定義の拡大)
と天皇が天皇が戦争責任(開戦の決定権)をもっていることとは関係ないわけよ。
明治日本が立憲君主制をとっていて、天皇の権限でさえ軍部が助言を要する仕組みがある限り。

だからね、後は道徳的責任論。
俺的には天皇に止めてほしかったよ。なんつっても敗戦は悲惨だからね。
東条!宣戦布告はナシだ!絶対にいかん!決定だ!ってね。
けどね、それは立憲君主に向かって、専制君主になれっていってることなんだよ。
法的には。

>戦争中ならその解釈は逮捕
同意同意(笑)
天皇は偉い(万世一系)ってことと、大臣の助言をへて初めて行為する(立憲君主)
ということは別ものだけど、確かに軍部相手なら逮捕だろーなー。
ていうか話ききそーにない。帝大の学者追放してるし(天皇機関説事件とか)

516 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 09:21
諸悪の根元は昭和天皇在位を新憲法で認めてしまったアメリカ占領軍だ!

517 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 14:19
>マッカーサーとの美談と称される会見は、単なる虚偽だったということなのだ。
週間金曜日の記事は常識のある一般人なら眉唾ものだと考えるということなのだ。
わかったか『マイプーム』野郎(プ)

518 :名無し三等兵:2001/05/25(金) 10:19
文句あるならアメリカさんへどうぞ。

519 :493にあらず:2001/05/25(金) 14:33
>517
特定のメディアが言ったということを理由に嘘だと決めつけるのは
図星つかれて反論できずにうろたえてる詐欺師みたいだぞ。
某犯罪醜画家が「朝日新聞が書いた」ことだけ強調したがるみたいにな。

そもそも、マッカーサー会見というのは米軍が日本を支配する為の政治儀式だろう。
天皇を利用して円滑に支配を進めようという意図でやったんじゃないか。
そこから出てきた話なんて、政治的な八百長と見ないほうがおかしいぞ。

520 :名無し三等兵:2001/05/25(金) 18:09
法的な名目上の戦争責任はあり
実質的には権限はなかったので戦争責任はなし

名目上の責任を取るとすれならば退位するのが一番良かったと思う
それを許可しなかったGHQ逝ってヨシ!

521 :名無し三等兵:2001/05/25(金) 18:16
GHQやアメリカが日本支配に利用するために天皇制を残したわけだけど、
これって変な奴らに担ぎ出される可能性があるわけだから危険な存在だよな・・・

変な話、サヨが天皇を担ぎ出して支配することも可能なわけで

522 :名無し三等兵:2001/05/25(金) 18:17
サヨが天皇を担ぎ出すなんてあり得ません。

523 :名無し三等兵:2001/05/25(金) 20:45
責任とかいってる馬鹿は過去ログ読んでちゃんと次のことに反論できるように
してから書くように。できるわけないが。

1.天皇に責任求めるのは民主主義の否定で独裁肯定論。いってる奴は馬鹿。
2.天皇が機軸となって国を建て直すことを国民は選択した。
その歴史の重みを否定する奴は馬鹿。
3.実際繁栄したのだから功績の方がでかい。これがわからないのも馬鹿。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 04:38
戦前の主権者は天皇だけだったんだよね。
戦後は天皇を祭り上げ、主権を剥奪することを国民は選択した。
神武以来、あちこち飛びながらも系図がある歴史は重いね。
戦後は天皇のおかげで繁栄したのかな。

525 :名無し三等兵:2001/05/26(土) 12:07
まあ、下手な総理大臣や政党よりは天皇の持つ意味のが何百倍もでかいわな。
これに置き換えられるものはちょっと考えつかない。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 05:08
天皇制賛成派も反対派も燃えるものね。
たださすがに、天皇主権を唱える賛成派はあまりいないな。
傀儡でいいと思ってる。

527 :名無し三等兵:2001/05/27(日) 05:42
>>526
思想板へ逝けば結構違うかもよ。

528 :名無し三等兵:2001/05/27(日) 16:00
責任はかなり感じているみたいよ・(笑)
 あと昭和天皇が傀儡(議会の決定事項に賛同する)ようになった
のは西園寺公の責任。彼が天皇の権力をしばった。
 だからといって天皇に全く責任は無いわけではない。
このあたりは近衛さんの本とかに書いてある。(彼は当てにはできんが)




481 名前:本読んでから書けよ… 投稿日:2001/05/05(土) 08:11
>昭和天皇は摂政から終戦までの間、歴史の節目節目にどのように関わったのか、
>または関われなかったのか知りたい。

Q:昭和天皇に戦争責任はあったのですか?
A:ありました

Q:責任はとらなかったのですか?
A:なんで?(笑)

Q:責任はとるもんじゃないですか
A:…ホンヨメヨ


482 名前:ななしのごんべ 投稿日:2001/05/05(土) 08:49
責任ってどうやってとるの????
 昭和天皇って退位を覚悟して戦争をやめさせたの・自分ひとりの
命と引き換えに国民の命を救おうとした。これを責任と呼ぶけどね・
 このあたりは本を読めばわかる。と申し上げたの。


483 名前:ななしのごんべ 投稿日:2001/05/05(土) 08:51
 あとあの時代は共産革命やらクーデターやら伏見宮の暗躍やら

177 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)