5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山本五十六はスパイだ

1 :真実を伝えるもの:2001/05/04(金) 23:46
かたりあおう

37 :名無し三等兵:2001/05/06(日) 22:51
五十六大将が連合艦隊司令長官にならなかったら、嶋田がなっていたのかな(笑)

38 :長岡市民:2001/05/06(日) 22:51
>35
川尻博士・・・・。

39 :海軍武官:2001/05/07(月) 00:28
スパイかどうかわからんが、
日本大使館の奥村一等書記官(最後通告を遅延タイプした人)
の開戦前夜の行動もそうとう怪しいね。

しかも、戦後何故か、要職に出世している。

40 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 00:40
日本の外務省はいろんな国のスパイ支部です。

41 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 01:11
七年ほど前、書店で「山本五十六は生きていた」とかいう本
(著者、出版社いずれも忘れた。スマソ。)を見つけた。
その本の主な内容

山本は軍国主義化した日本を是正し、民主主義国家にすべく、
アメリカと手を握った。
そして、連合艦隊司令長官として「わざと負けるように」作戦指導をした。
真珠湾で空母を逃したのも、強引にミッドウェー作戦を進めたのも、
日本を劣勢にするためである。
そしてガダルカナル攻防戦で大勢が決したと見るや、山本は
乗機が撃墜されたように見せかけて、極秘裏に米軍に保護された。
その後、山本の思惑通りに海軍は壊滅。日本は敗戦を迎える。
終戦の日、宇垣纏は「最後の特攻」に見せかけて沖縄に飛び、
彼も米軍に保護された。
宇垣も山本の有力な協力者で、彼の「作戦」が成功するよう参謀長として
尽力しており、まさしくその「作戦」は大成功を収めたのである。
そして、二人は米国で再開し、新しい日本の門出を祝うのであった。

いや〜〜〜〜〜〜〜、遠大な作戦ですな(藁

42 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 01:35
ヤコブ・モルガンだっけ、
文体見ると日本語がやたらとこなれていて
翻訳文にみえない・・・日本人だろ。

43 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 01:42
東条が生きてる説ってのもあったな。
処刑したと見せかけて朝鮮戦争に起用したとか。

44 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 01:51
妄想というにもばかばかしすぎる。
よく読むとなんの資料も、証言も裏付けないしね。
まともな読者に相手にされんのは当然。

45 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 03:34
たまたま見つけた「ひょっとしたら」のような証言をかき集めて
一筆でっち上げたと思われ。

46 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 03:37
ヤコブ・モルガンってのは、たぶん語呂的にキンダイチ・タナカとか
シロー・カンタローとか、ネイティブスピーカーからみると、おかしいと
思うよ

47 :山本五十六はスパイだ:2001/05/07(月) 13:55
私はトンデモ屋ではないがそれにしても山本五十六の作戦計画は
何か胡散臭い。
スパイでなくとも帝國海軍をあんな形で消滅させた国賊・敗将
であるのは間違いない。

ミッドゥェーでもなんでもあんな負け方したら独軍かソ軍なら
銃殺だ。米軍でだって降格になるだろう
これをなぁなぁで許してしまう村社会的な発想が日本人の欠点なのだよ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 14:28
山本五十六には実戦指揮の才能はあまりなかった。
軍政家の面が強く、作戦を立てるときにどうしても政治的な要素を
介入させすぎて、戦機、地の利などを逃すことが多かった。
上司としての彼は優秀な部下は集まってきたが、自分の気に入らない
人物は優秀でも冷遇する悪い癖があった。
開戦直後の大勝利で彼は全国的に英雄として知れ渡っており、一回の
失敗で引きずり降ろすわけにもいかなかった。

49 :ロンメル太郎:2001/05/07(月) 14:31
ある日本軍の中尉だか少尉だかが、
ミクロネシアの島で英雄になってるそうです。

それによると、彼は島民に
タロイモの収穫が2倍にも3倍にもなる方法を教え、
そして実はアメリカのスパイで、
アメリカ軍が島民に乱暴を働かないように取り計らった…のだとか。

実際、その伝説の元となった士官は、大学の農学科を卒業したインテリで、
きわめて原始的な農業しか知らなかった島民に
ちょっとした手ほどきをして、収穫を飛躍的に伸ばすことに成功し、
さらに、終戦時には、上陸してきたアメリカ軍と交渉するため
丸腰で敵軍のほうへと向かい、撃たれなかったのを見て
島民に「アメリカのスパイだったのだ」と誤解されたらしいです。
そして、アメリカの占領政策が思いのほか緩やかだったため、
島の恩人であるその日本軍の士官を「フタを開けて見れば官軍」扱いするために
「実はアメリカのスパイ伝説」が生まれたとも言われています。

山本五十六スパイ説も、それと同じような感じがするんですよね。

アメリカと戦ってはならないという正しい戦略的判断をし、
大鑑巨砲主義に見切りをつけて航空戦を重視した「正しい将帥」、山本五十六。
彼を官軍とするため、腐敗した戦前の日本を叩き直す為にあえてアメリカの手先となったのだッ!
…という伝説を作っちゃう。

すべては「アメリカに負けたからこそ今の日本の繁栄がある」という結果論から始まってるわけですから、
真偽もなにも、検証するほどのモノですらないのでは、と思います。

50 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 14:32
>>48
なんで南雲が機動部隊指揮してるんだよ。

51 :>49:2001/05/07(月) 14:48
いや、そもそもそんな「伝説」自体を聞いたことがないんだが>山本
一部の極端な夢想家の妄想の内容にまでわざわざ丁寧に由来や根拠付
けしてやることもないかと。

52 ::2001/05/07(月) 16:05
ふっ…。
日本人はメンタリティーに引っかかって、大局を見る議論を忘れてくれる。
ありがたい事だ。
トンデモ本の一言でかたずけてくれて、ありがとうな。

53 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 19:04
海軍関係者では永野元帥が東京裁判で訴追されてるぞ。

54 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 19:14
山本五十六は、孔明の霊が転生しているのです。
だから無罪なのです。

55 :名無しさん23:2001/05/07(月) 19:16
この人、わざわざニュース速報板でも同じスレ立ててました。
ただでさえ荒れてるってのに……ウザイったらありゃしない。

56 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 22:10
しかたないん違いますか?
こいつらあちこちの板荒らしてる消防だし。

57 :真実を伝えるもの:2001/05/07(月) 22:46
゙ニュース速報板で同じスレ立ててましだ
とは何のことでしょうか。

嘘ではなく本当に知りません。

そのスレ教えてください

58 :名無し三等兵:2001/05/07(月) 23:41
みなさん誤解していらっしゃる。
1は実在のスパイ山木五十七について書こうとしてミスタイプしたの
ですよ。
ですから、1の意を汲んで山木について語り合いましょうよ。

59 :英霊の声:2001/05/08(火) 22:21

てめーら・聖将山本元帥閣下のあげあしばっかとんじゃねー

もういいじゃねーか!
精一杯やったんだから

このチンカスども

十年はえーよ

60 :名無し三等兵:2001/05/08(火) 23:02
山本元帥はともかく,日本側の情報活動ってどうだったのかな?

「ハワイに送り込んだ工作員が真珠湾の艦艇の情報を送っていた」
とかいう話は良く目に留めるけど,それ以外にどんな諜報活動を
やっていて,どんな情報を送り,それをどう役立てたか全然聞かない。

いったい日本の情報戦はどうだったの?

61 :英霊の声:2001/05/08(火) 23:40
>60番さんへ。
巷間言われる「日本の情報等つつぬけだった」という理論は半分間違っています。
当時日本は相当ハイレベルな暗号技術を持っていました。
そうは簡単に見破られるはずがありません。

現にスパイが入り込む余地がほとんどなかったと言われる日本陸軍の暗号に対する米
軍の解読状況は以下の通り。


戦争前半 0パーセント 昭和19年0.08パーセント 昭和19年末以降0.6パーセント

でした。

これに対して海軍と外務省は以下の通り。

外務省 約95パーセント
海軍 約70パーセントが傍受され、その約70パーセントが解読された。

この差は一体何を物語るのか。陸軍なんてゾルゲ事件をみてもわかる通り
暗号保護に大して力を入れてなかった。一般的には海軍の方が力入れてたと思うだろう。

この極端の差は一体何を意味するのか。

62 :名無し三等兵:2001/05/08(火) 23:44
あんたヴァカかよ。日本とアメリカの間にあるのは海なの。
ヨーロッパみたく大平野戦はしないの。陸の戦いにも空母が支援出来る
戦いなの。

その差は正に陸と海の重要度の差。

63 :62:2001/05/08(火) 23:49
つまりそれだけ米国は暗号解読に力入れたという事。
ちなみに外務省の暗号がヴァレタのは宣戦布告文をそのまま暗号組んで
米国大使館へ打電したからね。それをそのまま原文に直して
大統領に渡しちゃった(藁
基本的に海軍も同系列の暗号だったので、これを手がかりに一気に解読
された。五十六は関係無いよ。単純なミス。

64 :英霊の声:2001/05/08(火) 23:56
海軍は海外によく出かけていくので海外の諜報機関に洗脳されやすい。
山本五十六もそうだろう。
その辺のくだりは、ガヂカチの山本五十六信奉者である阿川弘之が
偏見丸出しで書いた著書「山本五十六」の中にでさえ、五十六の身辺
のあやしさが描かれている。

65 :名無し三等兵:2001/05/09(水) 14:17
だいたい私の経験から言って山本五十六を国賊として認識している人物
は愛国陣営の中には15%位はいる。
しかし一般的な戦中派、つまり専門的な研究をしていない無邪気な大多数の人達
はその多くが何となく山本五十六を英雄と感情的に判断してる(信念を持って尊敬
しているのは少ない)。

対米崇拝主義とか、日本悪玉論といったいわゆる戦後民主主義の観点から見たら
確かに山本五十六は英雄だ。
しかしそれはあくまで戦後民主主義というエセヒューマニズムの観点から見た判断だ。
純日本人的な目からみたら何かおかしなものを感じるはずだ。

66 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 15:40
山本がスパイなら東条のバカは何だ?
山本はまだマシな方

67 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 15:43
辻政信はソ連のスパイだ!

68 :桜庭:2001/05/13(日) 22:44
東条も辻政信も栗田も
国賊!

69 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 22:52
 米英はドイツの暗号解読するために、コンピューターまで開発して成功した。海軍、外務省の暗号はドイツと同系列だから、解読されて当たり前。陸軍の97式欧文印字機(パープル)は、マジックにさらに手を加えたもので、海軍のより難解だったし、何よりも海軍より傍受する無線の数が圧倒的に少なかったから、解読できなかっただけのこと。大体、陸軍は有線電信を使えるからね。

70 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 23:06
栗田は怪しいな

71 :ミス宇野薫:2001/05/13(日) 23:09

1.東洋的気風や日本精神にかたよって西洋的な合理精神の皆無な人物

 東条英機 牟田口廉也 草鹿龍之介(字あってたっけ?)
 寅さん いわゆる「右翼団体」の構成員
  ※これらの人達の特徴は判断がフィーリングに流される。
   つまり世界基準から見たら田舎者。ある意味無邪気な子供。
 

2.骨の髄まで親米派・親西洋派の人物(東洋的気風や日本精神を嫌悪する人達)

中曽根康弘 橋本龍太郎 吉田茂 河野洋平 河野一郎
福沢諭吉 中江兆民 山本五十六 米内光政
  ※これらの人物の特徴はいやらしくキザっぽい。いわゆる西洋かぶれ。
   日本人には偉そうにするくせに、白人にはこびる。

3.西洋的な合理精神をもちながら、ちゃんと東洋的気風や日本精神
を理解している人達
(つまりバランスのとれてる人)

山口多聞 栗林忠道 福田和也 井沢もとひこ
 ※これらの人達、特に最初の二人は世界基準に充分通用すると
考えられる。世界に誇れる日本の「知性」である。

72 :ミス宇野薫:2001/05/13(日) 23:18
>>71の人物リストについて
日本人てそれにしても1のパターンか2のパターンが多い。
つまり徹底的なバンカラかイヤミなハイカラ。
日本人の思考の立脚点はこの2つのどちらかに入るのが多いのではないか。

しかしこれでは国際社会に通用しない。3にならなきゃ!

73 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 00:29
>>71
1,2はなんとなく判るが、3のバランスがとれてるってのは、
具体的にどういう部分を指すのか?何か例を出してちょ。

74 :ミス宇野薫:2001/05/14(月) 13:37
≫73へ

彼ら将官は二人とも滞米経験がある。特に山口多聞は米国高官に
友人知己が相当いる。
この二人は1.の人達のように米国を過小評価する事無く、また2.の人
達のように米国に過大なコンプレックス・西洋礼賛主義を抱く事もな
かった。
米国の短所も長所も把握して冷静な判断を下していた。

その判断の結果、「やり方によっては米軍に勝てる」と判断していた
節がある。

はじめから米国を軽視していた東条首相や牟田口廉也。
或いは、与えられた条件を生かそうとせずやる前から「どうせ米国に
は勝てないよ」と悟りきっていた山本五十六や米内光政。

山口・栗林両人はこういう人達とは違った対米感に立脚していた。

ちなみに米軍が最も評価していた日本の将軍・提督は間違いなくこの
二人である。特に山口多聞に関しては、上司の山本五十六や南雲忠一
等に対してよりも遥かに高い評価を下している。

さすが米軍だ。見るべきところは見てる。日本人のように情緒的・浪花節的
観点から判断していない。

ちなみに3.に当てはまる人はまだいる。
例えば沖縄戦の大田実海軍少将。源田実海軍大佐。硫黄島の西中佐等である。
いずれも対米経験があり友人知人も多い。そしてまた米国から高い評価を得ている。

75 :大渦よりの来訪者:2001/05/14(月) 13:47
>74
なら不屈の外交官・新渡戸稲造も3にいれなければなるまい?
Sieg 5000札!

76 :おいおい:2001/05/14(月) 14:39
山本はともかくとして、米内のどこが西洋かぶれなんだ?

77 :ミス宇野薫:2001/05/15(火) 15:35
いや〜。
米内さんも親米派でしょう

78 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 15:39
源田大佐が含まれた時点で萎え〜
それを言うなら大井篤大佐でしょう。

79 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 15:43
西中佐は五輪のヒーローだからであって、軍人としてアメリカがどうこうと
いうわけでもなかろう。

(荒唐無稽な例え話で恐縮だが)日米が逆の立場だとしたら、ランディ・バース
中佐に対して大阪の8連隊が「君は英雄だ」と言ってるのと同じだろう。

80 :俺様枢機卿:2001/05/15(火) 15:48
>>79
立場が逆なら必ず言うな。それ
秀逸な例えだね。

81 :ミス宇野薫:2001/05/16(水) 14:09
帝國陸軍        帝國海軍

徳将 阿南惟幾    聖将 東郷平八郎
哲将 牛島満     悲将 小沢治三郎
仁将 今村均     理将 山口多聞
殉将 乃木まれすけ  剛将 大西滝二郎
悟将 石原莞爾  諦将 山本五十六

82 :名無し三等兵:2001/05/16(水) 16:35
ちなみに私は牛島中将が大好きです。
栗林中将も大田中将も日本人の鑑だ

83 :名無し三等兵:2001/05/16(水) 17:28
>>74
おい、他はともかく、源田はないだろう。
戦時中に、戦闘機開発についてののある会議でやつは、防弾なんていらないからとにかく、軽い戦闘機を作ってくれって企業に言ってんだぜ。
それのどこが合理的なんだ。

84 :ミス宇野薫:2001/05/16(水) 18:30
源田実氏についてはゆっくり考察します。
今回当方に源田氏についてのクレームが一番多かった。

85 :名無し三等兵:2001/05/16(水) 23:57
山本五十六がもろに欧米崇拝主義者で国賊ならば、それを言うなら
大久保利通や幸徳秋水の方が欧米崇拝の度合いがより強い国賊ではないか。

86 :榎本 武揚(偽名):2001/05/17(木) 05:53
>>85
山本五十六と大久保利通を比べる事自体不毛だと思うけど。

明治維新の真っただ中の日本は、西洋に追いつけ追い越せムードで、ある意味でも
そうならざるを得なかった部分が多少なりとあるのでは。

しかしながら、その当時として孤立した島国の優秀な若者が江戸時代末期にヨーロッパに
留学して、アメリカ・イギリス・オランダ・ロシアの圧力にも耐えぬいた上、"うまい具合に"
"その当時としては賢く"外交をしていったような気がする。

一方、殆どのアジア諸国はアングロサクソンの植民地と化してしまった。

今のアホ政治家は、PKO,在日米軍基地問題もろくに解決できないとこを見ると、
当時の人達は、今のクソ政治家と比べてもシャレにならないくらい頭が切れてたと思う。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)