5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お米の研ぎ汁が環境破壊って本当ですか?

1 :教えてください:2001/08/01(水) 17:12
本当だとしたら何故なのか教えてください。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 17:20
水が富栄養化して赤潮につながるとか

3 :リン・チェンメイ:2001/08/01(水) 17:58
嘘です。
普通にといでたいて全然問題ありません。

>1
だれですか、貴方にそんな悪質なデマをふきこんだのは?
返答ギボン
悪質な環境ヲタですな。

4 :教えてください:2001/08/01(水) 18:17
1です。
ある大手外食グループの宣伝文句として、次のようなくだりがありました。

●環境にもやさしくある(環境破壊となる研ぎ汁の出ない米使用他)

僕にとっては初耳だったので、質問させてもらいました。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 18:23
CODが高いんだよ。米の研ぎ汁は。
たぶんそういうことでしょ。
下水に接続している家ならあんまり関係ない

6 :リン・チェンメイ:2001/08/01(水) 18:46
そんなことを言うなら、人間の存在そのものが
環境破壊だ、という極端な理屈に行きついてしまう。

それなら言います。玄米を食うのが正しいのです。
白米を食ってる時点でアウト。
人間が基本的な生存に必要なことについて環境破壊とかいう
理屈をこねては逝けないのです。

たとえばだよ、その無洗米を作るのに
普通にといでたく米よりどの程度余計になにをしているのかを
公表しないと本当のところはわからないですよ。そこは公表してるのでしょうか?

最近は宣伝文句に環境にやさしいとくっ付ければ良いとばかり
なんにでもつけてますが、本当になにが良いのかまるきり
わからないのが本当なんですよ。
その外食グループは悪質な環境デマを流した罪で
不買運動を起こしたいくらいだよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 19:57
海でションベンするくらいの環境破壊だろ。
一般人は興味のない話。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 20:33
>下水に接続している家ならあんまり関係ない
その通り。
川に直結してる家は庭に撒いてってこと。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 20:35
>>7
>海でションベンするくらいの環境破壊だろ。

全世帯がしてるとどうなるでしょう。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/01(水) 20:53
>>9
集団放尿シーンを想像しちまったぞ(w

11 :リン・チェンメイ:2001/08/02(木) 09:53
そもそも研ぎ汁が環境破壊って言い方が変なんだよ。
環境負荷が高い、とか言いかえれば良いんだよね。
研ぎ汁が海小便と同じかどうかは、この際あっちにおいておいてな、
人間活動にともなうことで環境負荷の無いものはこの世にないからね。
普通の米をといだときはね、下水で処理するか、集落排水処理か合併浄化槽で処理するか
あるいは垂れ流しかどれかだね。自分のすんでいる町によって違う。

では、無洗米はどうやって作ってるんだ?
出荷する前に大量に研いでいるわけ?それとも機械的にといでいるわけ?
そのときのとぎ汁や米の粕はどうやって処理してるわけ?
それとも洗わなくてよい米なのか?そうだとしたら
その米はどうやって作るんだ?
普通の米と比較して@灌漑の状態は?A農薬の使用量は?
B単位面積当たりの収穫量は?C包装容器はなに使ってる?
D保管状況はE流通のコストは?…・・
そういうことを総合的に評価しないとだめだよ、そうしないと
「環境負荷が小さい」なんて威張ることはできないんだよ。
まして、環境破壊なんて言葉は安易に使えないよ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 16:05
活性汚泥処理で水処理をする時に炭水化物系の基質が多いと
バルキング(糸状性微生物の異常増殖)が起こって水処理が困難になります
だから研ぎ汁を流すな、と言ってるんだと思いますよ
環境破壊というか水処理が楽、ということでしょう

ちなみにCODが高い、というよりBODが高い、のほうが合ってるかもしれませんね
大して変わらないですけどね

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 16:14
>>12 それはそれとして、処理場はそう言うことも考慮に入れて設計されてますから大丈夫ですね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 16:30
じゃぁ、原因になるコメは作るのも食べるのも禁止にしよう
がんばってくれ>環境ホゴ屋

15 :リン・チェンメイ:2001/08/02(木) 17:37
うう、理解してもらえませんかね。
12>
その無線米を作っている業者は排水処理をしないのですか?
しているはずですね。つまり処理状況が良いか悪いかなんてのは
ここで比較しても意味ないことわかりますね。

私は安易に「環境破壊」などという単語を使用しては
いけないと、このように言いたいのです。
こんな単語を聞くと、無線米のユーザー(多分主婦)はびびります。
「環境にやさしい」ではあきたらず、他の商品をと差別化するために
このような恐ろしい単語を使用してはいけないんです。

環境問題は視野をひろく、目先のことではなく全体を見渡すような
高みからものごとを俯瞰しなければいけません。
視野狭窄におちいると、どこぞの環境カルト団体にひっかかって
イタタな人になってしまうのです。
わかっていただけましたでしょうか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 17:42
>>11
こういう事書くと無洗米信者と思われてしまうかもしれませんが、
いちおう新聞の記事のうるおぼえによると

精米したときに出る糠で精米後の米を高速攪拌だかどうだか忘れましたが
とにかく糠で米の表面を洗うらしいです。糠で擦ると(もちろん機械で)
糠が粘性を持つんだかやすりみたいになるんだか忘れましたが(これもすんまそん)
表面についてるカスをとるとか書いてあったような。

実際のどうだかは知りません。私は使ってません。が、そういう
記事があったと言う事です。ただ、この記事通りだとすると
無洗米製造にかかるエネルギーはあまり大したことなさそうです。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 17:42
その大手外食グループでは廃水処理をしていないので、そこで洗浄水を排出すると
負荷が高く、無洗米製造業者はちゃんと排水処理してるから、そこで洗浄水を排出
しても負荷は低い、と解釈することも可能。15は思い込みが強すぎないか。

18 :16:2001/08/02(木) 17:48
>>15
うぅ無洗米保護に聞こえてしまうかもしれませんが、
糠ですから水に流すとはあまり思えないような・・・。
機械の洗浄で多少は出るでしょうが。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 17:59
>>11
>では、無洗米はどうやって作ってるんだ?

>出荷する前に大量に研いでいるわけ?それとも機械的にといでいるわけ?
機械的に研いでいるところが多いみたい。日本酒用の精米も同じようなことしてる。

>そのときのとぎ汁や米の粕はどうやって処理してるわけ?
とぎ汁は出なくて、固形分のぬかが少し多めに出るわけ。
新たに増えるぬかの量は一合につき20ccぐらいかな。
従来のぬかとおなじようなルートで処理されてるんじゃないかな。
肥料とかね。

>その米はどうやって作るんだ?
>普通の米と比較して@灌漑の状態は?A農薬の使用量は?
>B単位面積当たりの収穫量は?C包装容器はなに使ってる?
>D保管状況はE流通のコストは?…・・
>そういうことを総合的に評価しないとだめだよ、そうしないと
>「環境負荷が小さい」なんて威張ることはできないんだよ。
無洗米と普通米のLCA比較(抜粋)
http://www1.ttcn.ne.jp/~kankyo/lab/t1.htm
があるよ。参考までに・・・。

20 :リン・チェンメイ:2001/08/02(木) 18:02
そうですか、
つまりそのようなことを総合的に
評価してほしいです。それにしても普通米を環境破壊と
言いきるセンスは勘弁してもらいたい。

ところで、その業者はそのぬかをどうしているのでしょうかね?
普通米を環境破壊というのであれば、玄米を販売してもらいたいね。
もっとも玄米だって、人工的に水田で栽培しているのであれば
結構環境破壊だね。洗わない玄米食って、未消化の雲子(下痢ともいう)
するやつは生きている資格もないくらい、環境破壊だね。

21 :19:2001/08/02(木) 18:13
>ところで、その業者はそのぬかをどうしているのでしょうかね?
紹介したページでは、肥料や飼料としての用途を挙げてるよ。
どちらも有価物と見なせるし、肥料として使えば肥料代の削減と
有機農法の推進が一石二鳥でできるから。そういう意味では
けっこう戦略的な試みとして評価したいね。

22 :リン・チェンメイ:2001/08/02(木) 18:21
今、リンク先いって読んでみたよ。
とりあえず、総合的に評価はするよ、取組み姿勢もまじめだ。

でも米ぬかを肥料としてリサイクルってのはごまかされちゃいけないよ。
今の日本で殆どの土地で(特に農地)は施肥のしすぎで
返って汚染されてんだからね。まあこれは圧倒的食料輸入国の
宿命だけどね。ここではこの問題はまあやめとこ。

とにかく、環境破壊って言葉は使わないでほしいよ。
普通米と比べ、環境負荷が××%低いとか
そう言う書き方をしてもらいたいね。
まるで普通米を食ってる連中は悪人のような広告は
使ってはいけないね。

23 :下水道職員:2001/08/02(木) 22:08
4月に配属されたばっかだから僕は素人だけど、うちのお偉方によると、

・米のとぎ汁はBODが高い。
・なので、これを処理すると処理場の負担が重くなる。
 処理場の消費電力が増大したりする。
・米のとぎ汁は植木にでもやって欲しい。肥料効果もある。

・・・ということだそうです。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 22:36
>>23
言われてみれば、処理場に負担をかけることも結局は
「環境負荷が大きい」ことだよなぁ。

処理してるから良いんだ、って言い草はナシだね。

25 :リボン:2001/08/03(金) 12:42
お米のとぎ汁はアサガオの鉢にかけてあげるとよろしくてっよ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 13:30
その通りじゃ。
米のとぎ汁はいい肥料になるぞよ。
どんな狭いアパートでも、ベランダに鉢くらいおけるじゃろう。
朝顔でもパンジーでもとぎ汁で緑爆発じゃ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 17:06
>>26
その爆発した緑を、冬になって可燃ゴミでだしたりしてね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 17:13
大馬鹿者!固定化された炭水化物は肥料にするのじゃ!
単純に焼却するより二酸化炭素排出量は低いはずじゃろう。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 17:16
ついでに。アサガオでもよいが、カニシャボでも良かろう。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 17:52
>>28 >>29
ダメ。
@そもそも炭水化物自体には肥効がない。
A増やしていくうちに、ベランダでは足りなくなる。
Bそういう用途に使うには、アサガオはヒマワリと並んで最悪の選択。
以上。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 18:00
ナスとかキュウリとか食えるもの育てろ。

32 :27=30:2001/08/03(金) 18:02
ごめんなさい。「以上」じゃやなかった。
おだやかにお話しましょう。 以上(笑)

33 :27=30:2001/08/03(金) 18:03
>>31
えらい!!

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 18:14
鑑賞用のハナを育てるのは
水の無駄使いです。
地球環境にやさしくありません

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 18:18
米と関係ない方向に話が行っちゃったよー。
とりあえず、1への回答をまとめまーす。


Q.お米の研ぎ汁が環境破壊って本当ですか?
A.本当です。栄養がたっぷり含まれているので、その栄養分を
  処理しようとすると下水処理場に大きな負担がかかります。

対策:
 とぎ汁は下水に流さない。植物の肥料にするのがgood!

ということで良いですよね >All
ではでは、「どんな植物の肥料にするべきか」を続けましょう。

36 :27=30 :2001/08/03(金) 19:29
>植物の肥料にするのがgood! かどうかわかりませんが、
もし植物を使うなら、
@冬に燃料として使える成長の早い雑木。
 もちろん、その分化石燃料を消費しない事が前提。
A>>31さんの言う通り。但し葉野菜が理想。
 もちろん、その分八百屋からモノを買わない事が前提。
B建材になる樹木。
 もちろんCO2固定は期間限定を覚悟しなければならないが。
Cピートを作る植物。(環境が限定されるが)
 ちなみに>>28氏がこの事を言っているのなら、同意します。

が良いと思いますね。

ところで、今日はこれで失礼します。
何かご指摘を頂ければ、明日の午前中には反応します。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 20:24
>>30
>そもそも炭水化物自体には肥効がない。
土中の微生物のエサになります。世の中共存がよろしゅうございます。

>増やしていくうちに、ベランダでは足りなくなる。

「成長の果実」を太陽の恵みとしていただきましょう。
ぬかの成分は窒素(葉っぱ)・リン酸(花実)が多いようなので、
カリ(根っこ)を補うのがよろしいかと。

植木鉢とは別に堆肥用の土を用意して、野菜や果物の皮を中に混ぜ込んで
肥料を作るのがベストでは。魚の骨や茶がらも立派な肥料のもと。
バランスのよい食生活をしていればバランスのよい肥料ができるという
寸法でございます。

あと、冬は蓄積の時期でございます。世の中成長だけではやっていけません。
とぎ汁は毎日草木にやりつつ、生ゴミは土に埋めてゆっくり発酵させて
おくのがよろしいかと。

>そういう用途に使うには、アサガオはヒマワリと並んで最悪の選択。

実のなる野菜がよろしいですが、この時期アサガオもよろしいのでは?
窓際に何本も並べておくと、天然のスダレとなりますです。

CO2削減、とか大上段に構えず、まずは身近な物質循環を体験して
収穫を楽しみながら気長に続けるのがよろしいのでは。

38 :リン・チェンメイ:2001/08/03(金) 20:28
35>
>A.本当です。栄養がたっぷり含まれているので、その栄養分を
>  処理しようとすると下水処理場に大きな負担がかかります。

だから、環境破壊という単語はつかうなーーーーーーーーーーー。
せめて、「環境負荷がいくらか低い」と言う程度の単語しか
つかえないんだぞーーーーーーーーーーーーー。

無線米のウエブをよっく読め。

>結論
>無腺米が普通米に比べ環境により可能性が強く示唆される。

いいか、可能性が示唆されてるのにすぎないんだぞーーーーーー。

環境破壊なんて単語はダイオキシンを垂れ流しするとか
処分費惜しさにそこらに冷蔵庫をほかしたりするときにしか
使ってはいけないんだぞーーーーーーーーーーー。っと。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 20:45
>>38

環境破壊って言葉に、なんでそんなにムキになるの?
電気の無駄遣いだって環境破壊の一種だと思うけどねえ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/03(金) 21:44
行為と責任が明確なのを環境破壊と呼んでいるのかなあ。

えーとね、全国で1日に出てくるとぎ汁には10トントラック100台分の
ぬかが含まれてるんだって。

誰かが夜中にこっそりトラック100台分のぬかを捨てたら環境破壊だけど、
みんなで少しずつトラック100台分のぬかを捨てたら環境破壊じゃないと
言いたいのかな。なんかおかしいね。説明きぼーん。

41 :無洗米の普及の一翼を担う者:2001/08/04(土) 02:45
生協の職員です。
>>40 そう、それなんですよ。何だかんだ言っても日本人は米をそりゃあたくさん
炊いて食ってるし、多くの家庭で毎日のようにお米を研いでいる。
さすがにてんぷら油を流しに捨てているというドキュソな家は少なくなってきたろうけど
お米の研ぎ汁は多くの家庭で毎日のように流しにジャーしちゃってるじゃない?
てんぷら油ほど環境負荷が高くなくてもその量が問題ってわけです。
で、無洗米が多くの家庭で使ってもらえれば結構環境負荷を低くする事が出来るんだって。

つーか、それよりも粉石けんの普及に力入れるべきだと思うけどね、オイラは。

42 :無洗米の普及の一翼を担う者:2001/08/04(土) 02:53
だー!
粉石けんも環境負荷が高いとか言われそうだから、前フォロー。
合成洗剤に比べれば、環境負荷は低いって事だかんね。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 05:54
とおりすがりのものだけど、具体的な数字で考えるた方がよいのでは?
例えば、とぎ汁のBODを1000mg/Lと仮定する。1日1回炊飯しとぎ汁発生量を10Lと仮定する。
BOD総量は、10g/日となる。一人1日、BOD排出量は40g/人くらいなので、5人家族で200g/日。
BOD排出量の5%くらいとなる。原単位がちょっち違うかもしれんが、ここから議論が始まるはず。
ちなみにトラック100台でぬかを捨てる話は、環境容量を考えてみてよ。
白黒はつかないけど、そんなにおかしくないよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 06:01
>>42
ん〜「粉石鹸」=「低不可」というのにあまり根拠はないぞ。
粉石鹸だろうが合成洗剤だろうが「界面活性剤の総使用量」
こそが最大の問題だ。

ちなみに「生分解性がよい」ということは、短期的にはBOD
を悪化させるからな。だからといって、ABSやLASがいいとも思
わないけれどもな。ただ、粉石鹸は界面活性剤の使用量が高ア
ル系と比較して高いので、俺としてはむしろ高アル系を勧める。

45 :44:2001/08/04(土) 06:02
誤字訂正。
低不可じゃなくて低負荷ね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 06:55
う〜ん、そうはいっても純石鹸を飲んでも死なないが、合成洗剤を
飲んだら死ぬからなぁ。直接飲む訳じゃなくても
分解されるまでに出会った生物とかは・・・

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 07:48
>>46
量の問題でしょ。

48 :30=太陽がちょこっと:2001/08/04(土) 09:00
>>37
ジェントルマンの登場に恐縮。居住まいを正しコテハンを使用します。

[概要]
37の内容には文句はありません。
他スレにもありましたが、「身近な緑」が秋に降らせた落ち葉の下には、
自己満エコの陥穽が隠されている事が多いので、、、、
つい、チャチャを入れてしまいました。

[詳細]
>土中の微生物のエサになります。世の中共存がよろしゅうございます
そうですね。但し、土のマスが十分あれば。

>「成長の果実」を太陽の恵みとしていただきましょう。
同意です。私も36で書いている通り。

>カリ(根っこ)を補うのがよろしいかと。
あなたのおっしゃる方法までいかなくても、せめて自作の草木灰を使って
欲しいものですね(虫除けにも使えるし)。
ホームセンタで硫酸カリを買って来るのはカンベンです。

>窓際に何本も並べておくと、天然のスダレとなりますです。
なるほど、気が付きませんでした。巨大輪・行灯作りのオタクが身近に
多くいる為、イメージが固定されていました。
アサガオが悪い理由は、収穫したものが下剤にしかならない事に加え、
その連作の難しさです。(ここにも陥穽が隠れてる)
魔性の魅力に抗してローテーの1つにすれば良いんですけど、、。
日よけにするにはヘチマやツルムラサキもいいですよね。
ヘチマについては鑑賞魚水槽の排水と草木灰で育てた経験があります。
その時はタワシにしてしまいましたが、実を腐らせる段になって後悔
しました(しまった!落とし穴にハマッタ)。
でも、全ての雌花に実をぶら提げて若い内に食してしまう手もありますからね。

49 :太陽がちょこっと:2001/08/04(土) 12:33
連続カキコスマソです。
「草木灰」に誰もツッコンでくれない(泣)。
問題ないんですかね?
スレ違いだから?
それとも、私がでてくるとスレが荒れるので「放置」されてるとか?
御願い。一人にせんといて。

・・・と言いつつ今日はこれでお暇します。

50 :リン・チェンメイ:2001/08/04(土) 17:27
>>39/40
私が環境破壊と言う単語に過剰反応するのは、技術的な問題ではないのです。
むしろ心理的問題ですね。
過剰広告という概念をご存知だとおもいますが、
環境破壊という単語には脅迫に近い効果があります。

広告に使用してはいけないのです。
これはある種の単語に使用制限がでていることと同じです。
「他社の商品は環境破壊です。わが社の商品は破壊しません」
そんなことはない。
人間が経済活動する以上、環境はなんらかの影響を受けています。
当然です。仕方ないことです。こんなことを言い出せば人間は生きて行けません。

一般的商品より環境負荷が小さい商品にはエコマークがつきます。
この商品は環境負荷が(いくらか)小さいです。との証でしかありません。
これ以外のものを買う貴方は「環境破壊に手をかす、悪鬼羅刹です」
というようなニュアンスを含む環境破壊なんて言葉はつかってほしくない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 17:32
>>50
>広告に使用してはいけないのです。

広告や商品のパッケージには「環境破壊しません」なんて
書いてなかったと思う。このスレに書き込んでいる個人の
主観でしょ、環境破壊するかしないかって問題にしているのは。

ま、試しに無洗米買って使い心地試したり試食してごらんよ。

52 :リン・チェンメイ:2001/08/04(土) 18:01
試食してもかまわないし、
米とぐのはめんどうだから無線米はありがたいよ。

このスレの題をもう一度たしかめろよ。
それと4を読んでくれ。あきらかにある種の意図を持って
コピーをかいている。勘違いさせるように。
個人の主観は意図的に作られている。

いいか、
「無線米は一般米に比較して××%環境負荷が低い(現状でのLCAに拠ります)」
このようなコピーにしなければならないんだよ。
まじめな意図をもって作っている商品であるほどそういう真摯な態度が必要だ。
環境問題は科学なんだから、不確かな単語を使用してはいけない。
消費者が適正な判断ができるようなコピーを書かなければいけないんだよ。

53 :リン・チェンメイ:2001/08/04(土) 18:01
話しは変わるが、以前(三年くらい前か)東電のパンフに
発電量1kWあたり炭酸ガス放出量××gと書いてあったんだよ。
計算するとおかしいんだ。それで東電の相談室に電話をかけて確かめたら
数時間して返事が来た。

「炭酸ガスではなくて炭素換算でした」それはあきらかに詐欺だ。
「炭素換算するのが一般的なんですよ」
だったら、「パンフに炭酸ガスではなくて炭素って書けよ」
「炭素と炭酸ガスの明確な区別がつく人は余りいません。
炭酸ガスは温暖化ガスという認識はある程度出来あがっています。
炭素と書くと意味が通じなくなります」

言うことに理解はできるが、詐欺は詐欺だ。
なんとかしろ。と言ってそのときは電話切ったんだけどね、
去年、省エネ展示会にいったらパンフにちゃんと
「(全て炭素換算です)」
との但し書きが入っていたんだよ。

これから、エコマークの付く商品はバンバンでるよ。
そのときに消費者が的確な判断ができるように
トチ狂ったエコマニアが勘違いして「不買運動」なんて起さないように
別な商品を購入してる他人をむやみに攻撃しないように
脅迫的単語をコピーに使用してはいけないんだよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 19:28
>>50
>環境破壊という単語には脅迫に近い効果があります
ありません。

55 :>>42 無洗米の普及の一翼を担う者 :2001/08/05(日) 11:11
>リン・チェンメイ様
大筋でおっしゃりたい事は理解し賛同申し上げます。
>>53のところは半分くらいしか解かりませんでしたけど。1/4かも)
そうですよね。「無洗米食わない奴は環境破壊の元だ」みたいな訳ワカラン
話になっちゃあイカンですわな。私も生協の組合員さんに無洗米を薦める時は
そこに気を付けるよう心掛けます。

ところで、その無洗米の味。これがなかなかよろしゅうございます。
出始めの頃食べたときは、「何かぬか臭いような気が・・・」って感じましたが
今では無洗米の方が美味いと感じてしまう私です。
ただし、これは私が無洗米に慣れてしまったからかもしれませんし、初めて食べた
時のその年のお米の味の出来がイマイチだったのかも知れませんし、銘柄のせい
かも知れません。(たは! 不確定要素多すぎ)
ここをお読みの皆さんも、無洗米をお試しください。
あ、宣伝じゃないですよ。私はあくまで、無洗米「も」取り扱ってる、生協の
一職員にしかすぎませんから。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 15:52
無理して無洗米食べるより玄米にすりゃいいのに。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 18:48
玄米が研がずに食うものだとは知りませんでした。

ほんとか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 21:59
米を食わずにパン食にしましょう。欧米各国も喜びます。(ニガヒワラヒ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 14:04
庭にとぎ汁ばらまいたとしても、その水は地下水から河川や下水道に流れ出る。
その途中で、土壌微生物がとぎ汁を完全に分解できるならば、問題はないかもしれない。
しかし、このような見極めを、都市部の住民1人一人が計算可能だろうか。

また、分解産物としての無機イオン類が、直接に地下水に到達して汚染を早めるかもしれない。
米のとぎ汁にも、窒素・リン・硫黄分は含まれているから。

個人的には、とぎ汁の環境負荷は、神経質になるほどのものではないと思うが、
(その前に飽食を止めてクソを減らす方が効果的)
自分で水の出入りを管理できないような都市の住人は、自治体の下水処理施設で一括した処理を
して貰った方が無難だと思う。
処理施設には負荷がかかるかもしれないが、汚染物質はなるべく広げないことが原則だ。
浸透マスなども、地元の自治体と相談して使うべき。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 15:17
処理施設って過負荷になると処理し切れてない水のままで流すらしいからなあ。
庭で分散処理したほうが問題少ないんじゃないか?

61 : :2001/08/06(月) 15:18
>>57
精米してないから「磨ぎ汁」は出るはずがない、食べる前には
米を「洗う」けどね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 15:27
>>61
なるほど。
米の粉が表面についてないってことか。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 16:02
>>59
あのぅ・・・電気釜一杯分の米を研ぐのに使う水の量は
土地面積からみると雀の涙なんですけど

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 17:44
>>59
>また、分解産物としての無機イオン類が、直接に地下水に到達して汚染を早めるかもしれない。
米のとぎ汁にも、窒素・リン・硫黄分は含まれているから。

この調子だと花壇への施肥、水やりは禁止とか言いそうだなー

65 :59:2001/08/06(月) 20:24
>個人的には、とぎ汁の環境負荷は、神経質になるほどのものではないと思うが、
>(その前に飽食を止めてクソを減らす方が効果的)

これが、私の意見。
たしかに分散処理が可能なら、その方がマシだと思う。
垂れ流す排水は、分解して無害化することが前提になるけど。

でも「なんだか判らないけど庭に捨てちゃえ」って感じでやられると、
行政(国民一般)も困ることが出てくる、ということが言いたかった。
繰り返すが、一度広がった汚染をキレイにするのは、一カ所にたまったゴミを処理するよりも
はるかに大変だ。汚染負荷と自然浄化能との関係を見積もるのは、専門家にとっても大変な仕事。

下水汚泥が貯まったら、リサイクルするか焼却するか後からでも考えられるが、
地下水中の濃度が一度上がってしまったら、もとに戻すのは本当に大変なのだ。
窒素やBODならマジかもしれないが、何でも庭に垂れ流す習慣が付いたりして
洗剤とか有機溶媒が混じってるのに平気でに流す奴が居る(この板には居ないと思うが)。
そうすると、数キロ離れた地下水からも、それらの汚染物質が検出されるようになったりする
(誰が垂れ流しているかが判る場合もある)
だから、排水の量が少ないからといって、汚染が深刻にならないとは限らない。
こればっかりは、自治体の言うことを聞いてやって欲しい。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 20:45
下水があるなら、何も問題ない

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 20:46
> こればっかりは、自治体の言うことを聞いてやって欲しい。

オレのところ(横浜市)じゃ、市役所自体がとぎ汁を有効活用するのを
推奨してますけどー?
http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/mail69.html

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 21:08
食えるものと毒物を一緒に扱うのはどうかと思うが・・・

69 :名無し東シナ海:2001/08/07(火) 06:29
米を研がない分、節水にも効果があるといえるでしょう。

無洗米が出始めの頃は、ものぐさ主婦御用達って感じがして、
いいイメージは持ってなかった。けど、阪神淡路大震災のとき、
水が貴重な被災地で非常に重宝されたという事例を知って、
認識を改めたよ。

70 :リン・チェンメイ:2001/08/07(火) 12:22
59.65> はげしく同意
俺もそれ言いたかった。22でちょっとフッタんだけど無視された。

日本の地下水の窒素汚染てのはかなり進んでいて、
俺の実経験だけど富士の山小屋に飲料水引こうとしたとき、
井戸水使えなかったんだよ。硝酸体窒素が多すぎて。
(まあ、これの原因は飯盒炊爨のせいじゃなくて、垂れ流しの雲子だけど)

何でもカンでも土にまくってのもヤバイんだよ。
静岡では土の栄養がたっぷり過ぎて、茶の立ち枯れまで起きている。
自分の住む土地が過栄養になっているかどうか、
米のとぎ汁撒いてもだいじょぶかどうか、ちょっと簡単にはわからないだろ。
日本の場合(集落では)ほとんど過栄養になってると思ってもあながち
間違えとは言えないぞ。

自分ちが下水処理かどうかはだれでもわかると思うから
下水とおってるときは、とりあえず台所に流しておくほうが
無難だよ。

米研ぎに使う水はかなり減らせるんだよ。
米がひたひたになる+アルファ水を加えてとぐ。
水を全部ながして、同程度の水量で三回すすぐ。
これで充分だよ。ほんのすこしの水で済むよ。

69>
大災害のときは研がないで直接たいてもドウと言うことないはず。
米の容量の1.5倍のジュースやビールで炊くとよろし。不味いけど。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/07(火) 14:33
畑で過栄養になってるのは肥料のやりすぎが原因だろ?
肥料(科学でも有機でも)撒く量減らせば良い。

肥料会社からのバックマージンで稼いでるバカがいて難しいらしいがね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/08(水) 05:25
そもそも米のとぎ汁を分解する動植物がいなくなった川に問題があるんじゃないの?米のとぎ汁を問題にしたって根本的な問題の解決にならない。無洗米を開発している企業の戦略に乗せられてはいけません。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/08(水) 10:33
べつに無洗米はどうでも良い。
普通の白米をとぎ汁の捨て方の問題だ。

74 :リン・チェンメイ:2001/08/08(水) 11:50
72> 考え方が根本的に違ってる。

河川・湖沼の(有機)汚染が進むっていうことを富栄養化というんだけど、
これは水中に栄養がありすぎて
米のとぎ汁(に限らず、もろもろの有機物)を分解する(餌にするってこと)
動植物が増えすぎぎることを言うんだ。

動植物がいなくなるような水域は重金属や塩素化合物のような
毒物に満ちているということだと思うけど、
今の日本ではここまで汚染された水域はもう無い。
有機汚染が進みすぎて嫌気性になった水域に魚はすめないけど
代わりに、ちゃんと別な生物が住んでいるよ。

75 :リン・チェンメイ:2001/08/08(水) 12:13
72>つづき
>無洗米を開発している企業の戦略に乗せられてはいけません

これはその通り、と激しく同意。だから、環境破壊という
単語を広告宣伝に使用することには大反対。

73>
白米のとぎ汁に環境負荷が高いことは確かなんだけど
捨て方はとりあえず普通に下水にすててくれ。
庭にすてるのはあまり感心しない。河川汚濁浄化は比較的楽なんだけど
地下水汚染の浄化の大変さは半端じゃない。
地下水汚染の原因の99%は不適確な施肥が原因だが、だからといって
そこまで環境に注意したいのなら、捨てないほうがまだましだ。

これからはLCAをもっと充実させて、全ての事柄やマテリアルを
数字化することが重要だと思う。
たとえば、
普通米を研いで食うと1合あたり100LC 無線米1合で90LC
200m先のタバコ屋までカローラでタバコ買いに行くと1000LC
という感じにする。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/08(水) 17:05
>>75
>捨て方はとりあえず普通に下水にすててくれ。
庭にすてるのはあまり感心しない。河川汚濁浄化は比較的楽なんだけど
地下水汚染の浄化の大変さは半端じゃない。

庭に「捨てる」って考えるからおかしくなるんじゃない?
ふつう庭に撒くのは植物とか土の中の生き物への養分でしょ。
いつも撒いてるけどすくすく育ってるよ。ミミズだって
時々顔出してるし。

そりゃね、一家庭で何百人分のとぎ汁を毎日撒いてたら問題かも
しれないけど、撒いたとぎ汁の有機分が植物や虫とかの養分に
なっていれば問題ないんでしょ。とぎ汁撒いた分いつもやる
肥料を控えめにすればね。育ち方とか虫の様子見てれば分かるよ。
肥料やり過ぎかどうか。

「不適確な施肥」とか言ってるけど、これって速効性の化学肥料が
問題なんじゃないの?雨が降ったら養分がすぐ流れてしまうから。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/08(水) 19:06
リンさん
言うは易し

だよ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 05:51
とおりすがりのものだけど、
一般に「富栄養化」とは、閉鎖性水域において窒素・りんが過剰に存在する
ことにより内的生産能力が上がり、藻類等が多量に増殖できる環境になること
をいうんのではないかい。それで、過剰に増えすぎた藻類が死滅し嫌気する
(これだけが問題ではないが・・)ことにより水質が悪化すると・・
>河川・湖沼の(有機)汚染が進むっていうことを富栄養化というんだけど、
これは、変だな。

79 :リン・チェンメイ:2001/08/09(木) 08:45
その通りです。私の書いたことは間違い。

>そもそも米のとぎ汁を分解する動植物がいなくなった川に
>問題があるんじゃないの
の発言レベルに合わせました。

80 :リン・チェンメイ:2001/08/09(木) 08:54
77>
無線毎にかんしていえば、現状でのちゃんとした
LCAがある。
それを広告に乗せるべきだよ。そうやってだんだんケバイ
環境広告を駆逐していくべきだと思う。

81 : :2001/08/09(木) 19:55
日本人は、千年以上も米を磨いできたのにね。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 21:02
精米って千年以上前からあるのか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/12(日) 17:01
あるだろうな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 07:54
>肥料を控えめにすればね。育ち方とか虫の様子見てれば分かるよ。
>肥料やり過ぎかどうか。

そりゃ、植物にとっての話じゃないの。
水質の話とは別だよ。

農地に下水ばらまくのは、昔からやられてきたし、
いまでも海外では珍しくない。
そういう農法を採っているところでは、作物生産の最適化だけではなくて、
地下水や土壌汚染への関心も高い。
井戸水が飲めなくなったり、表土を全部入れ替えないといけなくなったりしたら、
ものすごい損害だからね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 08:51
わが国では何千年も昔からお米の研ぎ汁を流していたのですから、私には
「何で今になって・・?」 という気がします。
現代社会ではよくあるように、 メーカーの言い分が先行している気もします。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 10:43
それを言ったら、何億年も前から動物は糞尿を垂れ流してるよ。
なんで今になって、下水処理が必要だと思う?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 12:04
>>86
人口密度や衛生面を考えてごらん。
第一少なくとも江戸時代には、肥料にしてたよ。
垂れ流すは、ないな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 12:07
つまり、人間が多すぎて廃棄物もいっぱい出るようになったから、
米のとぎ汁も減らす必要が出てきたのですね。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 02:03
今必要な地下水の処理ってトリクロロエチレンとかじゃなかったけ?
雨が降ってから地下水の地層に達するまでってかなり時間がかかるから
そのあいだに微生物に分解されると思うのだが・・・。
生ゴミ処理機だってかなりのスピードで分解するよ。それに対して
富士山とかのわき水ってかなり昔の水が出てきてるんだよ

90 :sage:2001/08/14(火) 06:02
>89
確かに現在地下水のトリクロロエチレンによる汚染が問題になっているね。
これが何で問題かというと生物難分解性だからでしょ。一般ナントカ基が
塩素に置換されると難分解性になりやすく環境中に残存するようになる。
これは海洋汚染でも同様。
生ごみ処理機は、分解されやすいものを、分解しやすい環境で、大量の微
生物によっと処理するので、高速に分解する。地下水の有機塩素化合物汚
染は、分解しにくいものを、分解しにくい環境で、ほとんどいない微生物
によって処理するため、きわめて低速。

91 :89:2001/08/14(火) 06:14
>>90
sageの使い方ちがうっすよぉ(汗
はい。いえ、言葉足らずでしたが、トリクロロエチレンとかだと
地下水の地層まで分解せずに達してしまうけど、米のとぎ汁を
庭に巻いたところで即効分解されるんじゃないかと言いたかったわけで。

92 :リン・チェンメイ:2001/08/16(木) 10:04
有機物は即効分解するかもしれないけど、
分解されない栄養塩はのこるでしょうが。
地下水の栄養塩汚染はたしかにあって問題になりつつあるですよ。
地下水の硝酸亞硝酸なんてのは限りなくゼロに近いのが本道。

でも日本の地下水結構でるよ。
中国の地下水殆ど出ないアルね。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/09 01:31
簡潔に
米のとぎ汁は酸化し易い。酸化=下水道配管腐食
実験してみて
米のとぎ汁をペットボトルに入れて砂糖を入れる。放置してどうなるか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 13:58
以前NHKのためしてガッテンで河川の汚染についてやってたけど、BODで見た場合、
河川の汚染の98%は生活廃水で、そのうち約60%が米のとぎ汁なんだそーな。

しかーし!これは表向きのデータであって、現実はまったくちがう。河川の汚染の一番の
原因は、BODでいうならば、養豚場の糞尿垂れ流しや小規模の食品加工会社の排水垂れ流し
なのだ。豚のし尿は人間の10倍のBODがあり、たとえば、豚1000頭の豚舎が水処理
施設つけようとしたら、10000人のし尿処理施設が必要になる。そんなことできっこないので
業者はたれながし、役所に苦情がきても、対策ナイから役所も強く指導できないわけ。
だから大雨で川が増水したときにみんな垂れ流してるよ。あと、法律の抜け道ってのがある。
食品加工会社なんかの事業所は、1日40トン以下の排水なら処理施設つけなくていいんだよねー。
だからみんな余計な金使いたくないから工場をたてるとき、40トン以下しか排水でないって
役所に申請して処理施設つけないんだって。実際にはそれ以上の排水がでてんだけどね。

あとね、汚染って意味からいえば、水田で使われる除草剤。あれかなりやばいね。魚の養殖あるでしょ?
実際に現場の人に聞いたことあんだけど、一番魚が死ぬのが、3月から6月なんだって。つまり、
各地域で除草剤使う時期って少しずつ違うけど、その時期とその下流で養殖の魚がたくさん
死ぬ時期がぴったり一致するらしい。こわいね。ホントの情報ってのはなかなかおもてに出てこないんだね。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 21:44
これって無洗米業者の宣伝活動?

96 :はっきりと断言する:02/03/18 22:05
>95
そうだ。
無線米のLCAをよく読め。
普通米と比べて環境負荷が小さい可能性があります。
としか書いてない。
ようするにどってことないのだ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 22:24
>>95-96
宣伝活動と決め付けるなら、企業側の言い分も聞かなければ不公平と言うもの。
下記の東洋精米機製作所の「BG精米製法」って製法だと、製造時にも研ぎ汁が出ない。
普通に考えても、環境に良いと思うが。

東洋精米機製作所
http://www.toyoseimaiki.co.jp/
全国無洗米協会
http://www.musenmai.com/



98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 22:28
>97
普通米より環境に優しいのは判る。だが財布には厳しいぞ‥(貧乏人の叫び)
これ以上エンゲル係数をageたくないのでそこんとこ何とかしてくれ〜


99 :はっきりと断言しる:02/03/18 23:47
環境にやさしいかどうかについての
LCAでは
「環境負荷が小さい可能性があります」としか書いてない。
98知恵遅れ、ちゃんと意味を考えろっての。

米なんて研がないで食えばいいんだよ。だいたい白米をさらに研ぐなんて
生意気なんだよ。ごるあ。

100 :はっきりと断言しる:02/03/18 23:49
100げとだ!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/18 23:51
>99
悪いな‥
漏れは玄米派だ‥


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/19 00:10
>>99
君は>>19のリンク先の一研究結果だけにずいぶんと拘っているようだけど、
もっと色々な資料を読んで判断することを身に付けたほうが良いね。
しかも曲解してるしね。LCAとは何であるかよく調べてごらんよ。
結論としては、普通米よりもBG無洗米の方が環境負荷が少ないのは間違いない。
あとは>>98の言うようにコストの問題。知恵遅れの君でもそれぐらいはわかって欲しいな。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 00:15
>99
白米を研ぐなって‥
研いだ方が確実においしいぞ!


104 :地球にやさしい名無しさん:02/03/21 01:36
>>1-103(一部は除く)
お前ら、米の研ぎ汁が小川にたれ流しになってるところとか
じかに見たことないのに、イメージだけで論じてるだろ。
ありゃ環境破壊だね。実感としてそう思う。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/21 01:47
>104
悪いな‥
家がそうだ。
下水道完備してない町だから。


41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)