5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

続・終わるコミケット

1 :どーしても読みたい:2001/01/16(火) 21:30
真っ白に染め上げられた有明・東京ビッグサイト。
その中で繰り広げられた40万人の物語。

「終わるコミケット」は、1、読者、ライターの手によって大きく膨ら
んだ、2ちゃんねる同人・コミケ掲示板でも有数の名スレッドとして知
られてきましたが、残念ながら執筆事故の頻発により、本当に終わる姿
は描かれませんでした。

しかし、2ちゃんねるで始まったことは2ちゃんねるで終わるべきと私
は信じます。ていうか、終わらせて、続きを読ませて。

ライターの皆さんへ
色々な思いがあろうと思いますが、冬コミも終わったことですし、そろ
そろ再始動する時期かと思い、勝手ながらこのスレを立ち上げます。思
う存分、その筆を振るってください。

2 :あるスタッフに捧げる詩:2001/01/17(水) 00:12
――――――Captain Ariake / Captain Ariake

行け...

左、いややっぱ右
「バカ!もっとつめろ」
左、いややっぱ右、あれ、先頭はどこだ?

整列、開始!

すげえぜ Captain Ariake
(ホントにすげえ!)

東のことなら任せとけ
(英語もチリバツ!)

「サークルチケット、まわしてくれないか?」
(できれば二枚ほど!)

「お前みたいな奴は死ねばいいと思ってる」
(ワアオ!)

1・2・3
(4・5・6)

西は管轄外
(コスプレ嫌い!)

西は管轄外
(企業も嫌い!)

「取り置き頼んでイイですか?」
(ダメー!)

行け...

左、いややっぱ右
「バカ!押すんじゃネエ!」
左、いややっぱ右、あれ、最後尾はどこだ?

行け...

「喫煙スペースはこっち、トイレはそこ
 何?323?」

「アラララララララ」
落ち着けよ Captain Ariake

本部へ走るぜ Captain Ariake
血相変えて走るぜ Captain Ariake

「ありゃりゃりゃりゃん?」
その口癖はどうかと思う

「ほいほいほいほいほい?」
その口癖もどうかと思う

「ありゃ?まずかったですか?」
確かにまずいぜ Captain Ariake

行け...

左、いややっぱ右
「ハイハイハイ、もっと厳密にすべきだと思いマース」
左、いややっぱ右、あれ、これは何の列だ?

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/17(水) 01:39
英訳よろしく(笑)

4 :サンデーライター@無事退院:2001/01/18(木) 23:11
あら、なんかいつのまにか新しいスレッド立ってるし。

ま、今まで書いていたライターも、実は書きたかったんだという人も、
どんどん書いていきましょう。
今度はどこまで続くかね。

5 :中華娘。:2001/01/18(木) 23:15
>>4
あやや、退院おめでとうございます。
ここですべての終わりを見届ける事が出来るといいですね。




6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/19(金) 00:32
2001.01.19

やがて訪れる、ほんとうのコミケの終わりと、
僕らはどんな顔をして向かい合うことになるんだろう。
コミケの終わりがフィクションたりえた時は、
もう過ぎ去ってしまったのに。

それでも、終わりを望む者として、僕らはまだ、ここにいる。

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/20(土) 02:31
age

8 :名無しさんパクリでも:2001/01/20(土) 02:36
>>6
やべー6見て涙出てきたよ
続けろよ現役達。紳士であれよ。

9 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/20(土) 02:40
>>8
俺も涙出た。なぜかわからないけど涙が出た。

10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/20(土) 02:58
いまこのスレッドにネタを書くことは、正直言って書き手にとって
幸せなことなんでしょうか。現役スタッフや関係者も多そうでしたし、
続ければ続けるほど荒むんじゃないかと、私はそれが心配です。
それを乗り越えられる人だけ続ければいいんじゃないかと、
今は思っています。

11 :どーしても読みたい:2001/01/23(火) 10:28
もう、駄目なのかな。コミケって。
そんなに危機に瀕しているのかな。そこまでの実感は正直ないんよ。

12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 10:34
まだ続いてるイベントがカタストロフで終わる様をあの手この手で見せられるのは、
イベントを維持しようとしている人間にとっては気分のいいもんじゃないってこと。
フィクションだと気持ちよく割り切れる人間ばかりじゃないってことは覚えておいてね。


13 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 10:46
>>11
今の自民党政治と同じであちこち腐って、壊れているが
その巨体故に変革をしようとしてもできないジレンマを
抱えているでしょ。

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 11:20
>>12
あんたみたいな人間に維持されるぐらいなら、マジ華々しく
終わって欲しいよ。


15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 12:24
なら来るな。

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 13:21
申し訳ありませんが、荒らしに対しては『完全無視』ということでお願いいたします。
気に入らない事が書かれてあったら、反論したい気持ちも分かるのですけど、そうすることによって荒らしをする人の思うツボになってしまいます。
そのようなことが書かれていた場合、少しの間だけ我慢して
風化するのを待ちましょう。
お願いいたします。

17 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 17:49
作家陣は書く気あるのかな?
私も続きを読みたい1人なんで、テンションが下がってないことを祈る。

18 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 18:27
自分の納得のいく文を書くのは大変手間がかかるもんなんですよ。
まあ気長に待ちましょう。

19 :字並べ屋:2001/01/23(火) 22:04
2000/11/18 22:08 下北沢某所

「……水曜会……。一体、あの水曜会って、なんなんですか……」
 唸るような長谷川宗佑の呟きが漏れる。
「……最初はサークル・一般・スタッフを問わない、単なるコミケットを中心
とする関東圏の同人誌展示即売会参加者の懇親会・情報交換会的な集団だった。
その起源は80年代後半にまで遡るとされている……」
 長谷川の唸りを気だるげの受け流しながら、心持ちやつれたようにも見える
穂波英彦が淡々と語りはじめた。
「……だが、巨大化、いや、肥大していくコミケットの構造の中、水曜会はあ
る種の方向性を内部に堆積させるようになっていった」
「……堆積?」
「そうだ。最初は単なる参加者同士のかわいい愚痴の零し合いだった。しかし、
それは徐々にコミケットのあり方、ひいては準備会の体制批判へと発展してい
った。そう、彼らの中に堆積していったのは、自らの思い通りにならなかった
場に対する不満。それ以外の何物でもなかったんだ」
 穂波はデスクの上に投げ出してあった煙草を取り、それに火を点す。
「……やがてその不満は、歪な方向へと導かれていった。自らが不満を改善す
るために何をするかではなく、不満を改善してくれなかった、不満を改善して
くれると思っていた、そして、不満を改善することが当たり前であると思いこ
んでいた対象への不満へと。それはやがて、その対象への憎悪へとすりかわっ
ていった。。それ以来続いていた緊張状態は、今回のコミケットの中断宣言を
受けて、最高潮に達していた。そして……その緊張状況を更に加圧し、限界に
達しかけていた所を爪弾いた奴がいた」
 一呼吸。そして、煙草を口へと運ぶ穂波。

20 :字並べ屋:2001/01/23(火) 22:10
「それが水曜会の会長とか言う奴だったんですか……?」
 長谷川の目に、ささくれだった険しさが宿る。
「いや。会長……真田毅は、爪弾かれた……いや、利用されただけだ」
 まだ長い煙草を口から離し、穂波はゆっくりと灰皿に押し付けた。
「……コミケットの有明への移転。そして、ブロック担当と混雑対応担当の合
併。その潮流の中で、意思統一の手段として、身近な所に『共通の敵』と言う
結束のための偶像を生み出すために生贄にされた男がいた。……新堂智明。あ
の一般開場直後の晴海A館前を支えつづけた男の1人だ」
「スタッフだって言うんですか?!」
 吐き捨てるような叫びをあげる長谷川。
「……スタッフ……だった。敵を『外部』に求めてはいけない。『外部に敵が
いる』と言う声を、その『外部』に聞かれてはいけないと言う至上命令の元、
両部署併合の人柱となるべく、仲間の前で高らかに吊るされた男。……そして、
その後、米沢代表に『公共安全担当構想』を耳打ちし、周辺から『体制・統制
論者』として叩かれ、準備会からも放逐された『開戦前に到着してしまった前
線指揮官』……。そして、笹倉さんの同期にして、俺の師とも言える人だよ」
 穂波は、口元に嘲りの笑みを浮かべ長谷川を見やった。
 長谷川は、その嘲りめいた笑みが、誰に向けられたものなのかをはかりきれ
なかった。そして、胸の奥に明らかにこみ上がってくる憎悪と憤怒の思いに翻
弄されながら、ただただ、俯き加減になりながら黙っていることしかできなか
った。

21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/01/23(火) 23:30
待ってました。
書き手さん達、がんばってください。

22 :三文文士@素晴らしく目覚めの悪い日曜日:2001/01/24(水) 21:48
真っ暗な部屋の中、目覚ましのベル、苛立ち気味の声。
「みゅ?」
「音美さん、いいから音美さん、起きて」
「うう、まだ眠い」
「駄目だって、一度池袋もやってみたいって、あちこち頼み込んで、調整集会さぼ
ってまで、スタッフ登録したんでしょ。赤羽まで行って」
「確かにそういった。だが、状況が変わったのだ。私の睡眠は、あと2時間は延長
される…」
「納得のいく説明をお願いします。ただでさえ、むちゃなお願いをしたところに、
遅刻なんていうオーバーワークを強いたら、どんな大失態とされるか! ついでに
いうなら、それに無理やり付き合わせたあんたが、なぜにそんな巨大な態度を取れ
るのよ! いい加減起きなさい!!」
「ごめん、尚子さん、付き合ってくれて。無視されたら、どうしようかなぁと思っ
てた」
「いいわよ、私が南雲さんだというんだから。むしろ光栄だわ」

あるホテルの一室。今目を覚ました一人は、洗面台を占領し、なんかやっている。
男性からしたら、魔術か、外科手術の術式かというほど複雑怪奇な工程を、寝ぼけ
ながらも、壮絶な勢いでこなしている。

もう一方は、もっと前から目を覚ましており、身支度も済ませている。
今は、カタログに目を通しつつ、電話をしていた。
「あ、おはようございます。はい、ちゃんと起きました。ていうか、起こしました。
もっと正確な表現を心がけるなら、たたき起こしました。はい、では、集合は予定
どうりということで。はい、はい、では下でお待ちします」
「うう、やっぱしノリ悪いなぁ。寝てないからなぁ」
「さ、もう時間がない。とっとと着替えて頂戴。あたしの忍耐力にはもちろん限界
があるわよ。〆切5分前!」
「ああ、そういう邪悪な単語は聞かせないでちょうだい」
なんだかんだ言いつつ、スタッフ達の身支度は早い。あっという間に終わった。
「じゃ、行こうか。音美さん」
「そうね、尚子さん」
ドアが開き、そして閉じて、部屋には静寂が戻った。

23 :サンデーライター@リハビリ:2001/01/26(金) 12:49
2000/12/30 12:25 某局AMラジオ放送

「時刻は12時25分になりました。ここで交通情報と大雪に関する情報をお伝えします。
 ますは交通情報。警視庁交通管制センターの上田さん、お願いします。」

「はい。まずは首都高速からお伝えします。
 通行止めは昨日の事故の影響で、湾岸線辰巳ジャンクションと有明ジャンクションの間が両方向。
 それと、4号代々木附近で大型トラック2台の事故のため、上りの新宿と外苑の間上下線が通行止めです。
 この影響で代々木は閉鎖されています。
 神奈川3号狩場線上りの永田附近、故障車が停まっています。
 渋滞はありませんが気をつけてご通行ください。
 首都高速は大雪の影響で全線チェーンが必要、最高速度は50キロに制限されています。
 また、ほとんどの入り口は閉鎖されています。

 高速道、東名は秦野中井と沼津の間で上下線が雪のため通行止め。
 東京インターと秦野中井の間、その先沼津、磐田間にチェーン着装規制が出ています。
 中央道は八王子から先、山梨県の勝沼まで通行止め。
 高井戸と八王子の間がチェーン着装規制になっています。
 関越道、練馬と渋川伊香保の間がチェーン着装規制、その先は小千谷まで通行止めです。
 圏央道は全線通行止め。
 上信越道も藤岡ジャンクションから松井田妙義までは通れますがチェーンが必要。
 その先、碓氷峠から長野県内にかけては通行止めです。
 東北道は上りの川口ジャンクションで乗用車3台の事故処理中。流れが悪くなっています。
 川口から西那須野塩原までチェーン着装規制、その先宮城県内の村田ジャンクションまで通行止めです。
 常磐道は三郷から美野里パーキングまでと、中郷パーキングから先がチェーン着装規制。
 美野里パーキングと中郷パーキングの間は50キロ規制です。
 京葉道、東関道、新空港道、館山道は全線で50キロ規制。
 東京湾アクアラインは、橋梁部が路面凍結のため通行止めです。

24 :サンデーライター:2001/01/26(金) 12:50
都内の一般道は交通量はそれ程多くありませんが、雪で滑りやすくなっています。
 また積雪により、峠など山間部では通行止めになっているところがあります。
 気をつけてご通行ください。以上です」

 「ありがとうございます。続いて気象情報。気象協会の根岸さん」

「はい。現在関東地方に大雪を降らせている低気圧は、関東の南岸をゆっくりと東へ進んでいます。
 それと北海道沖の日本海にも低気圧があって、北日本も大雪となっています。
 また北からの寒気は大きく八丈島附近まで張り出し、今日は東日本を中心に非常に寒くなっています。
 雪なんですが、現在関東と東北のほぼ全域に大雪警報が出ています。
 関東では今後も山間部の多いところで1時間に30センチ、平野部でも10センチ以上の大雪になる所があるでしょう。
 慣れない雪道で転んで怪我をしないよう、十分にご注意ください」

「えー、各地で雪による規制が出ていますね。
 では電車の情報です。まずはJR。
 東海道新幹線は東京と米原の間で徐行運転をしています。
 遅れは最大で2時間程度ですが、今後の状況によっては運休もありえるとの事です。
 東北・上越・長野新幹線は秋田、山形新幹線が雪のため遅れている影響で、30分程度の遅れが出ています。
 在来線ですが、京葉線は新浦安駅構内でポイント故障のため、全線で運転を見合わせています。
 高崎線は新町駅附近で線路脇の樹木が倒れて架線を切断したため、上野と篭原の間で折返し運転をしています。
 私鉄ですが、西武鉄道の山口線と池袋線の飯能・西武秩父間が終日運休。
 荻島駅附近の踏切で軽トラックが立ち往生しているため、拝島線の小平・拝島間と西武多摩湖線の全線が運転見合わせ。
 地下鉄では、有楽町線が直通運転をしている東武東上線と西武池袋線が遅れている影響で、15分程度送れています。
 その他首都圏の各線は通常よりも間隔を開けて、本数も減らして運転しています。
 また、各地で徐行運転や間引き運転をしている区間が有りますので、通常よりも時間がかかっています。
 道路も雪や氷で滑りやすくなっています。お出かけの際は時間に余裕を持って、十分にご注意ください」

25 :サンデーライター:2001/01/26(金) 12:56
毎度、サンデーライターです。
今回はリハビリと状況確認ということで、偽ラジオ放送をやってみました。
当然ながら、朝のものより状況は悪くなっています。
次はどうしようかねぇ。

26 :名無しさん@現実世界の話です:2001/01/27(土) 14:21
本日、東京は大雪です。信越・東北などの雪に比べればヌルいのでしょうが、
それでも「大雪」といっていいと思います。
ラジオでも各交通機関の麻痺が報じられていました。

「2日目」に降る雪は、まさにこのような感じになるのでしょうか・・・。
そう考えると、ちょっと感傷的な気分になってしまいました。

27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/01(木) 19:18
今のうちにage

28 :サンデーライター:2001/02/01(木) 20:41
おお友よ、そんな物語ではダメなのだ!
知恵を合わせてもっと楽しい本を作ろうではないか、もっと喜びにあふれる物語で!

喜び、それは創作活動から発する美しい火花、創造力の遣わす美しい娘、
私たちは熱い感動の思いに突き動かされて、気高い喜びよ、創作活動に歩み入る!
創作活動は世のしきたりが冷たく見下すものを、不思議な力で再び結びつける。
創造力の優しい翼に抱かれて、すべての人々は兄弟となる。

心の通じ合える親友を得るという、難しい望みがかなった者も、
己の捜し求める本を得ることが出来た者も、喜びの気持ちを声に出して合わせよ!
そうだ、この広い世の中でたった一人でも、心を分かち合える人がいると言える者も和すのだ!
だがそれさえ出来ぬ者は、喜びの仲間から泣きながら去って行くがよい。

すべてのものは表現の自由に抱かれ、その身体から喜びをいっぱいに表している。
善なる人も、悪人も、みなすべて薔薇の香りに誘われて、表現の懐へ入っていく。
自由な表現は私たちに、口づけと葡萄と死の試練をくぐり抜けた友を与えてくれた。
つまらぬ規制などはウジ虫に投げ与えてしまえば、知と正を司る天使が神の前に姿を現す!

喜びにあふれて、ちょうど満天の星々が壮大な夜空に饒舌に物語を語るように、
兄弟よ、お前達も自らの物語を紡ぐのだ、喜びに勇み、勝利の大道を往く英雄の物語を。

互いに抱き合うのだ、諸人よ。全世界の人々と口づけを交わし合うのだ!
兄弟よ! 満天の星々の彼方には、真に求める表現が必ずそこにあるのだ。
諸人よ、お前達は前に進むか? この世の者達よ、お前が創造した表現がわかるか?
満天の星々の彼方に真の表現を求めよ! 星々の彼方に、真の表現は必ずあるのだ。

29 :サンデーライター:2001/02/01(木) 20:42
元ネタは「第9交響曲」の合唱の歌詞です。
ネットで拾ってきた訳詩を元にしているので、
ちょっとおかしいかもしれませんが勘弁。

30 :通りすがり。:2001/02/01(木) 21:25
サンデーライターさんの28が好き。
雲の切れ間から暖かい光りが差し込んでるようだー。

31 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/06(火) 05:53
そろそろage

32 :字並べ屋:2001/02/11(日) 03:11
2000/11/23 09:22 環状7号線上

 1台のセダンが火花を散らしながら、首都圏の動脈の中を転げ回った。
 横を走っていた2tトラックが接触した弾みで路側帯に乗り上げ、そのまま
宙を舞う。
 死者1名。重傷3名。軽傷1名。
 交通事情の悪化著しい東京都下においては、あってはならないはずだが、そ
れでもよくある交通死亡事故。
 しかし、この事故は2000名弱の構成員を持つ大組織の命運を左右する、大事
件となってしまった。

2000/11/23 10:08 下北沢 コミケット準備会事務所

「……なんだって? 交通事故だぁ?!」
 電話を手にしていたスタッフが、周りをはばからぬ大声で叫びを上げた。
 周辺で事務作業をしていたスタッフたちの手が止まる。
「で、状況は?」
 すかさずメモ帳とボールペンを手に取る者。近場の電話の受話器を上げ、電
話の向こうの声を取ろうとする者。携帯電話を手に、次の一手に備える者。彼
らの目は一点。受話器を取ったスタッフへと注がれていた。

33 :字並べ屋:2001/02/11(日) 03:12
『……いま、沖川さんの携帯に電話したら、搬送にあたられていた救急の方が
出られまして……一応、搬送先の病院を伺えたんで、確認のために何人か走ら
せたんですが、今のところ、詳しい状況は……』
「わかった。とりあえず、沖川は誰の車に乗っていたんだ? で、誰がその車
に?」
 左手で受話器を握り締め、手元のメモに走り書きしながら、状況を確認して
いくスタッフ。
『車は西2ホール長の小村さんので、昨日の晩、小村さんに電話した西2の若
い奴によると、小村さん、石川さんと宮永さん、それに沖川さんと打ち合わせ
してから、こっちにくると言っていましたから……おそらく……』
 メモを取っていたスタッフが手にしていたボールペンが、その用いられるに
充分な力を超えた圧力に翻弄されてメモ用紙の上を乱れ走り、鈍い音を立てて
折れる。
「いっさんに、宮永さん、それに沖川さんと小村だって……?」
 電話を受けていたスタッフが漏らした言葉に凍りつく室内。
「……ちょっとまて……」
「確認っ! 確認を急がせろっ! どんな些細なことでも構わないからっ!」
 一拍おいて悲鳴、そして怒声に似た声が室内を支配した。
「……わかった。そっちは金井さんや郷木さんなんかと繰り合わせて、対応し
てください。あ」

34 :字並べ屋:2001/02/11(日) 03:13
 応対していたスタッフが手にしていた受話器が、横から伸びてきた手にひっ
たくられる。
「場合によっては部署集会自体の延期でも構いません。ただし、状況は詳細が
判明するまで伏せられるだけ伏せておいてください。米沢代表にはこちらから
第一報を入れておきます。状況の推移に関しては、部屋宛で逐次報告を。それ
では」
 ひったくられた受話器が、ひったくった手によって電話機へと戻される。
「……鍋島さんっ!」
 受話器をひったくられたスタッフは、受話器をひったくったスタッフ……総
本部別室室長・鍋島芳美へとあからさまな非難の視線を注いだ。
「ただでさえ緊張状態が続いている現状では、いかなる不安定化要素も漏出す
る訳には行かないだろう……?」
 そう言い放つ鍋島の表情は、幾人かのスタッフと変わらぬ、悲痛こらえてい
るそれだった。

35 :字並べ屋:2001/02/11(日) 03:15
2000/11/23 11:52 下北沢 コミケット準備会事務所

「……小村さんが死んだって……?」
 受話器を握るスタッフの口から、こらえきれなかったように言葉が漏れ出た。
 落胆の息と嗚咽。漏れ出る声が部屋の中に満ち溢れた。
『……話によると、救急がきた時には、すでに……』
 電話の向こうの声は、涙に震えていた。
「……同乗者の容態は?」
『石川さんが頭蓋骨陥没。宮永さんは折れた肋骨が肺に。沖川さんは頚椎骨折
で意識が戻らないそうです。あと、小村さんについてきていた矢野さんは腕に
ヒビが入った程度で済んだそうです。いま、ご家族の方から……』
「……わかりました。2人残して後は帰してください。おって、こちらから交
代を送ります……」
 そっと置かれる受話器。
「……なんてこった……」
「館内担当総統括、人事・補給担当、西地区長、西2ホール長……。こんな差
し迫った時に……」
 絶望と言う重圧に押しつぶされたように重い空気。

36 :字並べ屋:2001/02/11(日) 03:17
「どうなる? いや、どうするよ? これから体制を立て直すって言うのか?」
「……やらなければならないだろう。……畜生っ!」
 ガンッ!
 後輩を亡くし、友が生死の淵をさまよっている時に、為す術がないことに苛
まれている男性スタッフが、その拳をデスクに叩きつけた。
「とりあえず、まだ館内の上の連中は固まっているんだろう? 次の手を考え
させなければそれこそ手遅れになる……」
 旧ブロック担当閥出身の総本部事務スタッフは、その言葉と、その場に不釣
合いな禍々しい笑みを背中越しに残すとその場を後にした。

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/13(火) 06:10
またまたage

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 11:16
「このイベントなんですけど…」
そういって手渡されたチラシには聞いた事のない名前の即売会だった
「で、調べてみたら外資系の企業なんですけど…どう思います?」

2024年
完全に廃れきった日本の同人会にアメリカの魔の手が忍び寄る。

39 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 11:51
その前に日本が廃れてなきゃいいけど。

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 14:49
>>38
「終わるコミケット2012」がその前にあるんじゃなかったっけ?
さらに続編で「終わるコミケット2024」か?

41 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/22(木) 18:51
そろそろage

42 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/22(木) 23:25
おそらく、誰も核心に触れなかったのが敗因なんだろうな。
周りをいくら固めても事件の直接的な描写がいつまで
経っても出てこないから物語として成り立たない。
核心に触れられなかったのか、それとも触れたがらなかったのか……。
冬コミ前までは非常に期待して見ていただけに、残念でしょうがないよ。


かってに改蔵の「何でも、予告編にすると面白い」という
ネタを思いだしちまった。

43 :この状況だと:2001/02/24(土) 05:03
確かにそうなりそうだね。

でも、俺、執筆者たちの気持ちがわかるような気がするよ。
みんな、内容を見ていると準備会スタッフ永くやっていた人たちか、少なくとも
コミケ参加暦はかなり長そう。

自分達の青春だったイベントの終わりは予感していて、書き出したんだけど、結局
最期を物語るのがあまりに辛すぎて、書けない。

そんなところじゃないかなぁ。ぶっちゃけた話終わらせる方法はいくらでもあるん
じゃないの?この人たちの頭の中には。でも、それは出せない。
昔、内周辺境伯(おお懐かしいこと!)さんがそんなこと言ってたよね。

44 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/24(土) 13:11
終わらせたいと思ってる側の心理を描いたものが少なかったしな。

45 :サンデーライター:2001/02/25(日) 01:02
終わらせ方はいろいろあるけど、
本音としては終わって欲しくないからねぇ。

46 :字並べ屋:2001/02/25(日) 14:31
確かに現実のコミケットを終わらせたくはありませんよ。
しかし、これはちゃんと(?)終わらせたいと考えていますし。
ただ、「ここでの終わり」に至るまでの道が、当初、思っていたより
遠かったと言ったところでしょうか?
「それ」が起きるまでに何があったか?
そして、何故、「それ」がおきてしまったか。
さらに、「それ」の周辺はどうだったのか?
背景は?
考え出すと停まりませんし、非道い話、楽しかったりもします。
あ、重ね重ね言いますが、私も「現実のコミケット」には、
決しておわって欲しくない1人ですんで(苦笑)。

47 :三文文士:2001/02/26(月) 03:52
今、必死に書いています。いろいろと制約あって大変なんですけど。
これはきちんと「終焉」を迎えさせたいんです。
コミケの終わる世界を考えることで、コミケとの付き合い方をもう少し違った角度
から考えることもできるでしょうから。
いや、これはこれで、楽しいんです。ただ、なんと脆い存在なのかなと思うことも
しばしばですけれども。

48 :連鎖倒産?:2001/03/06(火) 01:39
コミケが終わったんでイヌも逝っちゃったよ……

49 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/09(金) 06:04
dat逝き断固阻止!

50 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/17(土) 03:40
とりあえず、ぽちっとな。

51 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/20(火) 04:18
age

52 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/27(火) 01:40
期待しつつ。

53 :字並べ屋@メアド変更:2001/03/28(水) 18:40
……年度末(自分の場合は来年度の準備期間)だってぇのに、風邪引いて倒れちまってます(苦笑)。
あげく、前まで使っていたメールサービスが管理会社のトラブルでこけてるし(涙)。
つーわけで、生存証明&新メアド告知がてら

54 :字並べ屋@大馬鹿者:2001/03/28(水) 18:42
……途中で書き込んじまっただよ……。
鬱だ、薬飲んで寝よう。

55 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/28(水) 19:11
すまん、話が見えないんだが、コミケ無くなるのか?

56 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/28(水) 20:04
>>55
ま、この辺でも読んできなされ。

終わるコミケット
http://piza.2ch.net/doujin/kako/966/966795175.html

終わるコミケット#2 猶予の月
http://yasai.2ch.net/doujin/kako/969/969006158.html

終わるコミケット#3 おもいでコミケット
http://yasai.2ch.net/doujin/kako/974/974588977.html

57 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/28(水) 21:32

http://www.comiket.com/bbs/gra/yytalk323.mp3


58 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/08(日) 19:27
age

59 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/15(日) 03:12
気長に皆様の続き待ってますー

60 :サンデーライター:2001/04/19(木) 02:50
2000/12/28 14:48 東京都江東区豊洲 食堂「潮風」

歳の瀬も押し迫った日の午後。
店にいるのは、饂飩を食べている15歳ぐらいの少年1人だけだ。
昼飯時を過ぎてしまえば、いつもこんなものだ。
その時、表に大型のトラックとマイクロバスが止まり、乗っていた連中がどやどやと店の中に入ってきた。
「コミケ前の食事だ。何を食ってもいいぞ」
髭を生やしがっしりした男がそう言った。彼がリーダーらしい。
一緒にいた女性がメニューを見て「何にも無いのね」と呟くのが聞こえた。
女性は野卑な男たちの中で、妙なくらい気品があるように思えた。
彼女は「何でもいいわ、できるものを14人分」と注文を出した。
「おい、積荷を調べてる2人を入れても1人多いぞ」
髭の男が言うと女性は、「あの少年にも」とカウンターの少年を指した。
男は少年を見ると「あんな子がいいのか?」と笑った。
「まさか」と女性も微笑んだ。
カウンターにいた少年は戸惑いながらも言った。
「あなたに奢ってもらう理由がありません……」
男はこれを聞いて高笑いをした。
「羽門、一本やられたな、この小僧に!」
羽門と呼ばれた女性は微笑んで答える。
「あなたを私が気に入ったからなんだけど、理由にならないかしら?」
しかし少年は頑なに拒んでいる。
「気に入ったぞ、小僧。それだけはっきりものを言うとはな」
男はいたく感服した様子で、
「俺からも奢らせてもらおう。それならいいだろう?」
と少年の肩をたたくと、顔を覗き込んだ。
「いい目をしているな」とコートをめくると、少年は外周にびっしりとチェックの入った配置図を握り締めていた。
「それと度胸もいい。ますます気に入ったよ」
少年は何も言い返すことができなかった。
髭の男は何事も無かったかのようにコートを閉じ、
「だがな、会場であったらこうはいかんぞ。がんばれよ」
と言って少年を店の外に送り出した。

61 :サンデーライター:2001/04/19(木) 02:52
チョト ナガカッターネ

62 :名無しさん@修羅場中。:2001/04/19(木) 03:48
>>61
サンデーライター氏
おお、新機軸ですな、笑わせていただきました。

63 :凪の谷の名無しさん:2001/04/19(木) 10:06
修正前のセリフの方が良かったかな。
「僕は乞食じゃありません」

64 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/23(月) 04:49
沈みすぎage

65 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/27(金) 00:26
dat逝き帽子age

66 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/27(金) 18:44
永遠に終わりそうにねぇな。

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/04/29(日) 19:33
とりあえずage

68 :****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/02(水) 02:19
つづきはいつかな〜

69 :闇に踊る@現状の確認:2001/05/13(日) 21:02
(終るコミケット#3―142からの続きです)
軽やかな携帯の着メロが鳴ったと同時に、折戸はそれを引き寄せ耳に当てた。
「松畑だな?良かった無事そうだな」
『うわ、びっくり。夜中の3時にコール1回で出るかなぁ。てゆーかいきなり何言い
出すんだ、心臓に悪い』
松畑の驚いた声が返ってきた。背後に流れる雑音から察するにどこかのファミレスか
ら掛けているらしかった。
「この時間にかける方がよっぽどどうかと思うぞ」
『いや連絡すると言ったのに出来なかったからさ、寝てるのを覚悟の上でかけたんだ
が起きてたとは思わなんだ。で、一体何であんな言い方をしたんだ』
折戸が手短に知る限りの事を話し、松畑も自分の身に起った事を要領良く伝える。一
通り情報交換が終ると、呆れ気味の声が松畑の口から洩れた。
『乱闘騒ぎに搬入トラックの事故だぁ?世の中一体どーなっていやがんだ』
「いや全く。お前にも全然連絡が取れないから何かに巻き込まれたかと思ったんだが
、まさか拉致監禁されていたとはなぁ。世紀末の東京は色んな事が起こるなあ」
『そんなもんの所為にすんなって。で、その後の話は何かあるか』
「一応ネットで調べているけど、昨日の今日じゃ、そう情報は出てこないな。今の所
は明日の事もあって煽りや荒らしも入り乱れてグチャグチャだよ」
『やれやれ。2ちゃんねるが生きていればなぁ。あそこは少なくても速報性はピカ1
だったもんな』
様々な話題を振りまいてきた2ちゃんねるはブラディマリイ事件や白麦茶事件等の影
響で既に閉鎖されていた。同人板の住人達は三々五々他の匿名掲示板等に散っていき
、同人系ネットはより混沌とした状況にある。今そこは最後のコミケットを控え、更
に立て続けに起きた事件群に刺激され最高の盛り上がりを迎えつつあった。

70 :闇に踊る@現状の確認:2001/05/13(日) 21:04
「事故の話は被害サークルの発表以外に未確認情報の書き込みが相当数あるが、もう
片方がなぁ。結構な人数が見た筈なのに第一報以降全く出てこない」
『ふん、準備会が緘口令を敷いたと見て間違い無いだろうな』
一番大事なのは最後のコミケットを問題無く開催し終了する事で、少なくとも最終日
の閉会時間までは大きな騒ぎを起こす訳にはいかない。松畑は準備会の思惑をそう推
測した。脳裏に先程会ったスタッフ、小笠原の妙な態度が浮ぶ。
だが未だマスコミは動いていないが警察沙汰になっているのだ。身内で伏せる段階は
既に越えたと判断すべきだし、世間の目が厳しい現在ばれた時の悪印象は大きい。彼
らはその際他イベントへの影響を考慮できない団体ではない筈だが。
「なんか準備会えらく刹那的になってないか」
『と言うより精神的余裕とカルシウムが著しく足りないと思われ』
「最近の研究じゃ情緒不安定にカルシウムはあまり関係無いらしいぞ。まあこういう
状態だと気分がテンパりやすいけど、それを差引いても今回はなあ」
折戸の嘆息は言葉にならず中空へ消えていった。
『そーいえば、さっきの被害サークル、名前解るか?』
「ああ。一応メモは取ってあるけれど。読上げようか」
折戸が読み上げたサークル数は思った以上にあり、聞き覚えのあるサークルが多かっ
た。この内どれが本当でどれがデマなのか、少数の被害サークル自身の報告以外確実
な物は無い。事故の起こった時間やその後の状況を考えると判断材料は乏しく情勢の
推測は困難と思えた。
『そう言えば、事故を起こしたトラック関東近辺の印刷所の分だったよな。運んでい
た本は2日分だったのだろうかね?』
「あ、それは」
『普通経費の関係で搬入は2日分一度にする物なんだが、近場だし量が多いと、殊に
よったら2日に分けてる可能性もあるよな。どちらにしてもこれは二日目まで混乱が
持ち越される可能性は大きいぞ』
折戸の携帯を持つ掌は汗で随分湿っぽくなっていた。

71 :闇に踊る@現状の確認:2001/05/13(日) 21:08
そう言えば、と折戸が話す。
「ニュースでやってたんだが東名は雪の為東京の手前で通行止めで、国道じゃあ大渋
滞が発生してるってさ。流通に多大の影響が出るだろうって」
『うわあ、箱根以西もそんな調子か。とすると関西の印刷所からの便も前日搬入に間
に合うかどうか微妙と考えていいな。』
「まともに機能しそうなのは既に東京に荷物が入っている宅配搬入だけか。サークル
も不幸な事だねえ」
『不幸なのは準備会の外周スタッフかもしれんぞ。これだけネットで虚実入り乱れた
話が流れてるんだ、大手狙いのサークル参加者や買專が諦めて島中に散ってくれるな
らいいけれど、手持ちの在庫や慌てて作ったコピーの突発本目当てに開場後ダッシュ
で殺到する可能性の方が大きいわな。それでなくても最後のコミケットで動員人数は
これまでより多いだろうし、この雪で場内の環境も確実に悪くなっているだろうしな。
夏のあの騒ぎ以上の事が起こっても不思議じゃないぜ』
「あの連中は同人誌をレアなコレクターズアイテムとしか見ていないもんなぁ」
折戸はそんな最近の傾向にずっと文句を言いつづけていた。彼や松畑もプレミア物の
同人誌を幾つか持っていたが、それは未だそのサークルが大手になる前に手にいれて
いた物で、高い金を出してまで求める気は更々無かった。レア物が珍重され、価格が
高くなるのは市場原理として仕方ないとは言え、彼らの中にある同人誌の姿とはかけ
離れた今の状況に、コミケットが休止せざるをえない理由の一端を見ていた。
「この調子だと入場ゲートも色々あるだろうし。遅刻サークルも山ほど増えそうだし
ね。この場合救済措置って何かあったっけ」
無かったと思うがな、と答えながら松畑は後ろの壁にもたれかかった。長かった1日
の疲労が肩の上にどっしりと居座り、そのまま座り込みたい気分になる。
『どうしたもんかねえ……』
「え、何がだ?」
最後のコミケットの開場時間まで、もう十時間を切っていた。

72 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/15(火) 06:26
描かれている世界の行く末が気になっている者の一人です。
マターリと続けて下さいましm(_ _)m

73 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/15(火) 15:01
期待age。
プレッシャーとも言うかも(藁

74 :三文文士@宴の前に:2001/05/17(木) 13:48
殺気と狂気、悪臭にビル風、包装紙にビニール袋、ペットボトル、そして異常な早
口の会話と冷気がうずまく巨大ビルとなりの公園。
その風景は、前例をひもといても、極めつけに異常だった。

「やばいなぁ。殺気があるよ。こんなのは久々だわ。A館体制か、つばさトルーパ
ー全盛期の東館かって感じ」
「いつまでも続くと勝手に思っていたものが、突然ラグナロクを迎えたというこの
状況。まぁ、おかしくもなるわよ、幼児性強い連中だから」
「もともとおかしい連中多いけどね。あたしなんかからすると、想像力の貧困って
恐ろしいなぁという感想になるんだけどさ」
「かけがえのないものの価値を思い知ったなら、もう少し行動のベクトルが変わっ
てもよさそうなもんだけど…」
彼女らは顔を見合わせると、自分達の戦場に向かった。
かの名高き摩天楼へ。

スペイン階段を上がると、見知った顔があちらこちらにいた。
「あ、おはようございま〜す」
「おう、おはようさん」
「あれぇ、三池さん、今日、公共の責任者会同じゃないの?」
「レヴォとぶつける統括部のスケジューリング能力をどう思うよ? 主要な面子は
全部こっち来ちまってるんだ。どーせ、第二次拡大準備集会が終わらなければ何を
始められるわけでもない。寒くても場外で、ニンジン振る方がなんぼかましだ」
「な〜る」
三池は、新館階段担当、入口担当を経て、公共地区担当の立上げに関わった準備会
スタッフの重鎮の一人だ。物の見えすぎるところが軋轢を呼ぶ自分の性格を熟知し
ており、総統括補佐ポストを提示されながら、自ら引いて東地区統括補佐を務めて
いる。なかなかに奥深い人物で、慕うスタッフも多い。尚子と音美もその一人だっ
た。

75 :三文文士@宴の前に:2001/05/17(木) 13:49
「あ、三池先生、おはようございます」
「木下さぁ、先生はやめようよ、先生は」
「私にとっては先生でして。敬称表現は本人の自由でしょ?」
「誰に言っても構わない。でも、俺の前で使うな。俺が勘違いしかねん」
「お話は承りました。ところで、師匠、下の公園をご覧になりました?」
「師匠もやめんかい。マスターとか、閣下とか、同志とかもだめ。分かった?
で、質問に答えると、見てきたよ。面白いよね」
「面白いって? なにが? 誤解を招きますよ」
「誤解など恐れて、真実の探求ができるかよ」
「悪法も法なりとかいいながら、静かに死を迎える覚悟があるなら、それもいいん
じゃないですか?」
「…やっぱ、やめとくわ。木下の物言いにはリアリティがあるよ」
「お褒めの言葉ありがとうございます」
「で、三池兄はなんだと思います? あの妙な殺気。入場列形成にも支障がでかね
ませんよ、あれじゃあ」
「お前、インターネットとかやってる人?」
「うんにゃ、やりたいけど、そんなお金がない人」
「ああ、つまりだね、確立された流通経路だと思っていたものが、実はそうではな
いと言うことを知った人たちがだね、石油危機の時にトイレットペーパーを買占め
に走った主婦のような心境になっているわけだよ。2ちゃんねるってHP、機会が
あれば見ておいたほうがいいよ」
「コミケットの黄昏時」を知った彼らは、レヴォだっていつ終わるか分からないと
いう当然の連想から、本に対するより強い執着心を抱くようになったのだ。

76 :三文文士@宴の前に:2001/05/17(木) 13:52
「一言で言い換えるとするなら、あれはツアーリズムだな」
「ツァーリズム? なぜにロシアっすか?」
「違う、ツアーリズム。旅行者主義とでもいうべきかな」
「? あたし、国語の成績あんまりよくなかったんですよ。10段階で5ぐらい」
「いいか、ある共同体にある人物が所属していたとするね。そして、その共同体の
存続に、その人物の欲求が満たされるかどうかが掛かっていたと仮定する。このよ
うな状況下において、通常の人間であれば、その人物は共同体の存続に関心を向け
る。少なくとも自分から何か不都合が起きそうなことはしない」
「ああ、つまり、例のこみパ効果だと」
「そうだ。本当に、CPSの方々の笑うべき識見には頭が下がるよ。あれ以来、情
報として同人誌即売会を知り、参加の方法も何も全然分からず、ところが、無知で
あることも気にせず、そこにある資源だけをひたすらに消費することしか考えてな
い連中が増えた。彼らは自分がある種の共同体にいるという発想などない。今いる
この場所は仮の宿ぐらいに思っているだろう。あらゆるところに、土足でずかずか
と踏み入り、目にしたもの全てを欲しがる。そこを終の棲家とすることに決めた人
間すらいるというのに、そんなことは知ったこっちゃないと考える。この発想を旅
行者主義と僕は呼んだのさ」

そして、うすぐらい世界にも光が戻ってきた。宴が始まる。

77 :三文文士@書けない理由:2001/05/18(金) 02:17
深夜のロイヤルホスト。薄暗い店内。緩んだ雰囲気。客席には1組のお客。

「で、どうして、こんなことをしたんだね?」
尊大な口調で男が言った。
「そこにネタがあったから。では駄目ですか?」
「ああ、いかん、いかんねぇ」
「別に準備会の機密情報をもらしたわけではありませんし…」
「スタッフがこのようなことに関わること自体、由々しき問題だ。で、他のライター
とやらとは、連絡を取っているのかね?」
「いや、特に」
「うそをつけ。先日のイッテヨシといったか、あのイベント、別室の厳重な監視下に
あったのだぜ」
「ならば、今更」
「ふん、あそこにいたねずみどもは捕まえたが、まだ足りん。我々の調査では、あ
と、3人裏切り者がいるはずなのだ。さぁ、答えろ。どこのだれだ!」

っとこんなことが、裏で起きてないでしょうね(怯)>ライター各位
夏に向けて、スパートかけましょう!

もしもそうなら僕のことだけは喋らないで下さい(笑)@三文文士

78 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/18(金) 02:46
たとえ今年の冬でコミケが終わっても
このスレッドは終わらないような気がする

79 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/28(月) 09:58
dat逝き阻止age

80 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/28(月) 10:09
まぁ、米沢が棚木みたいなドキュソに襲われたら
一瞬にして終わりだろうな。

SPの護衛が必要になるかもね。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/05/30(水) 17:21
250まで落ちているよage

82 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/02(土) 16:53
不自然に終わるより、
自然と世代交代が進むほうが良いと思われ

83 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/06(水) 14:36
定期age

84 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/06(水) 15:07
なくなっちまえ、コミケ

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/07(木) 23:02
米沢の多摩を取れ!!多摩を!!!!

86 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/07(木) 23:45
82>同意見です

87 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/07(木) 23:58
次世代の萌芽が見られないんだろ

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/08(金) 13:52
暗いと不平を言うよりも
すすんで明かりをつけましょう

89 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/09(土) 23:25
>>88
爆弾に?

90 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/13(水) 23:10
「殿中でござる。殿中でござるぞ。」

91 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/14(木) 20:35
>>90
刃傷、松の廊下ですか?

92 :ナナーシ:2001/06/14(木) 22:21
「コミックマーケット」が、終わるそうだ。
その情報は、とある深夜放送のニュース番組で10数分程度の
特別企画として組まれていた。
有明最後の夏。執筆に燃える若者。コスプレの衣装作りに猫の手も借りたい
主婦。徹夜組のテント。大イベントの終末を惜しむオタクたちの
涙・・・番組構成はそれらをさらさらと映し出していった。
「コミックマーケット」。
先日金色に染め直したショートヘアをなでつけながら、私は
どろりどろりと濁る心を感じながらベッドにバッグを投げつけた。

何があったというわけじゃない。

たまたま生れ落ちた両親が見事なほどのオタクで、年に二度必ず
そのオタクの祭典へ連れて行かれたというだけのことだ。
そう、それだけのこと。
そして5歳の夏、メイド服のコスプレをさせられた私は
オタクの青年たちに連れ去られそうになった。
それだけのことだ。

93 :ナナーシ2:2001/06/14(木) 22:42
本当に、「何も無かった。」若い青年たちがメイドコスプレの幼女を連行するように
歩く、その
組み合わせを不審に思った女性が大声を出し、スタッフに通報し、
スタッフや他の常識ある男性たちが彼らを取り押さえた。
私は保護されて両親のもとへ戻った。
私を助けてくれた彼らの勇姿は、コミケでの珍しい美談として
今でも語り継がれているという。

その「美談」には当然のように、私の名前がフルネームで含まれる。
毎年毎年、両親がバラまいているからだ。「見ず知らずのお兄ちゃんたちにへこへこと
ついていった、躾ができてなかった娘」として。
自分達が目立つために娘をエサにしながら、本を売り、コスプレをしている。

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/14(木) 22:45
こぴ、ペッ

95 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/14(木) 22:46
>>94 …伝わってる?

96 :ナナーシ3:2001/06/14(木) 23:09
何も無かった。
しかしその後、私の脳と体はゆるやかに異常を示し始めた。
吐き気が絶えず、不安が常に体を覆っていた。笑う事が少なく
なった。「私は悪い事をした悪い子」だという念が消えなかった。
弱った私はいじめの標的になり、体に生傷が絶えず、ますます
表情がなくなっていったそうだ。よく、覚えていない。
誰にも話せなかった。

コミケに行かずにすむようになったのは10歳の夏。夏コミに
着用を強要された露出度の高い魔女っこ衣装が嫌悪を極め、従姉妹の
お姉さんに号泣しながら悩み全てをぶちまけたのがきっかけだった。
思えば、どうして早くそうしなかったのか・・・小さかった私は
殻を作るのが精一杯だったのだろうか。
それは祖父母や親戚を巻き込んで、父母への大批判へと発展した。

その父母という、私を無責任に製造した動物どもは、
私が巻き込まれた事件を全て私の不注意のせいにした。
そして極めつけを父という生き物ははき捨てた。
「ついてったってことは、まあそういうことだろ?」

97 :ナナーシ4:2001/06/14(木) 23:40
何も無かった。
それが嘘だということを認めるのに何年かかった事だろう。

父母はそれからも「コミックマーケット」の名物常連として毎年通っているようだ。
そして今年13になる妹はひきこもっているらしい。

その後、私は従姉妹のお姉ちゃんの家へ転がり込んで、そこから
高校に通った。生活費はしばらく援交で稼いでいたが、運悪く
補導されてお姉ちゃんに迷惑をかけてしまったのでやめた。
その時、いつも大人しいお姉ちゃんが泣きながらぶん殴って
きた。両親がしてきたそれとは違う、電流のようなものが
体を突き抜けた。それでいて暖かい光のような、あれは
何と表現すればよいのだろう。とにかくその時、自分はまだ
見捨てられていないと確信がもてた。

両親との縁は切ったも同然かもしれない。

98 :ナナーシ5:2001/06/15(金) 00:17
何も無かった。
それは認めたくないが真実ではない。
あの真夏、狂ったようなエロ本を求めるなだれ、私を捕らえた汗ばんだ
青年の手、私の四方を取り囲んで歩く背の高い生物たち、
見下ろすその目は氷のように冷たいのに、荒い息づかい。
そしていまだに私の痛みを考えようともしない、というか
わかろうともしない両親。二次元の幼女たちのように
レイプでもそのうち気持ちよくなるんだろうと確信している父、
流行りの漫画のエログロ同人を描いてちやほやされるのが
生きがいの、母親になってはいけなかった心が子供の母、
そのすべてが事実なのだ。

私は「あのお兄ちゃんたちが私をさらって何をしようとしたか」を
考えたとき、必ずといっていいほど吐き、わかる自分にも
けがれを感じてしまった。それを克服したいが為に何十人もの
男と寝たが、それは同時に言いようのないむなしさも襲ってくる
ものだった。
こんなことをしていても男を征服できるわけじゃないんだ。
克服するというのは、「一人の男を好き」になるということだと
本当はわかっていたからかもしれない。

99 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 00:18
どーでもいいが全部書いてからコピペすれ。
下げてな。

100 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 00:29
>>99
いいとこなんだから絡んじゃイヤイヤ♪

101 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 00:33
そーお?新聞連載みたいでいいじゃん。
時々覗くと話が進んでて嬉しいよ。
ナナーシ5さん、続き楽しみに待ってますyo!

102 :ナナーシ6:2001/06/15(金) 00:50
「コミックマーケット」が、終わるそうだ。
それを聞いたとき、私はこのラストイベントへの参加を決意した。

私は今、コピー本を制作している。思ったよりページ数が増えたが、
運良く取れたスペースで、これを無料配布しようと思っている。
私の今までの人生を全て記した自分史だ。お姉ちゃんには
止められたが、両親の口から配布されている嘘だらけの
「美談」に、「娘は今そんなことすっかり忘れて私たちと普通に生活している」
という嘘に終止符を打ちたい。私がこんなにも苦しんだ事を、最後の
コミックマーケットという〆切に間に合わせたいのだ。

大丈夫。終わってしまうけど、今でもその名を聞いただけで
頭がもやもやすることもあるけど、本当は「コミックマーケット」は私の大好きな
場所だった。可愛い絵の本、綺麗なコスプレイヤーさん。年に二度の
楽しみな日だったはずだ。大事な思い出のはずだ。
あの日だって、私を助けようと、人ごみのなか大声を張り上げてくれた人もいた。
すぐに駆けつけてきて「大丈夫?」と声をかけてくれた人もいた。
そして、傷ついた私を包んでくれたお姉ちゃんもいる。そういう人達も
たくさんいるのだ。
大丈夫、大丈夫だ。

コミックマーケット。どうか最後に、私に勇気をください。

(完)

103 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 00:57
静かに拍手を送ろうと思う。お疲れ様。

104 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 01:00
おお!続きは明日以降だと思ってたのに!
ナナシーさんのお話、どこが良いかってゆーと、ホントにこんな女の子がいるかもと
思ってしまうリアリティさがあるとこだね。ちょっとうすら寒いんだけどさ。

105 :ナナーシ:2001/06/15(金) 01:10
ひえー、下げ忘れごめんなさい。呼んでくださった方ありがとう。
レスしてくださった方ありがとうです。

ていうかもうしません。ごめんなさい。

106 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 01:13
>>105
次やるときはメモ帳かなにかに書き溜めておいて、
間を空けてコピペすればよし。
最初と最後だけage、途中はsageるといいよん。
ちゅーか、思いついたらまた是非。

107 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/15(金) 01:16
>>105
いえ、新作楽しみにしてたので嬉しいです。
また是非書いてくださいね。

…しかし、本当に「終わるコミケット」は終わるんだろうか。

108 :ナナーシ:2001/06/15(金) 01:26
あ、ありがとうございます〜皆さんお優しい・・・

あ・・ちなみにこれ、結構実話が元です。両親の気持ちとは裏腹に
結構怖い思いしてる子って多いみたいですね、コミケは。

109 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/19(火) 02:22
datには逝かせんよ!!

110 :三文文士@見つめる人々:2001/06/26(火) 05:25
「あ、秋葉原さん、おはようございます」
「おお、島君、待たせてしまったかい? すまんね」
「いやいやついたばかりです。しかし、昨今寒さがどうも身にしみますな」
「ああ、つまり、この借りはいずれ」
「可能な限り物理的に」
「…買い物は?」
「私はファミリーマーケットが嫌いでしてね。地元の711で」
リュックサックから白い袋を取り出して掲げる。
「そりゃ良かった。とりあえず、場所だけ確保してから、どうだい、竹屋で牛丼で
も」
「290円ですもんね。そういや、ステーキ定食が美味しいらしいですよ」
「分かったよ。好きに食べるといい」
「ありがとうございます。優しい先輩がいるというのは幸せなことで。清少納言も
友にすべき人の中に物くるる人をいれてます」
「ただより怖いものはないという言葉もあるね」
秋葉原の視線を島はヤナギに風と受け流す。

店内は同胞たちで一杯だったが、料理は遅れずに出てきた。
「そういや頼まれていたリサーチの結果なんですが」
「ちょっと待て、場所が悪い。ここで話すな」
(ったく、情報保全という言葉の意味がわかっているのかよ)
秋葉原は、口の中でもごもごと毒づく。
彼は、準備会入口担当の中堅スタッフだが、もう一つ、別の顔も持っている。
準備会総本部別室。
かつてはその存在と名前すら厳重に秘匿され、ある同人系裏情報掲示板の常連が解
説を書き、どこかの厨房がそれをわざわざ正式な名前に書きなおして2ちゃんねる
に転載したことで、明るみに出た準備会の非公然情報部門。その要員としての顔だ。
この島の他にも、何人かの人間を「運営」している。大学のサークルを拠点とし、
男性向・女性向とわず広いジャンルの動向に精通する、あらゆるジャンルがタコツ
ボ化した最近では稀有な人間だ。

111 :三文文士@見つめる人々:2001/06/26(火) 05:30
猫舌の島が苦労してステーキ定食を平らげているのを見ながら、秋葉原は物思いに
ふける。
(こいつの一家もなぁ。母親がお茶大漫研出身で、第一回からの参加者。姉がキャ
プテン翼以来の大手サークル主催者、妹は、スタッフ兼コスプレイヤー。挙句の果
てに、親父が文化庁の著作権専門官なんてな…。ご都合主義もいいところだ。ハー
レクインか、コバルトか。だが、こういうやつが実在するから、コミケは面白いよ
な)

「どうかしました? なんかついてます?」
「あ、いや、なんでもない。ただ、注意力が暴走しただけだから」
「暴走ですか。いいですね、心が揺さぶられますよ」
なにか気持ちが落ち込んできた秋葉原は、親の敵のように紅ショウガを盛ると、多
少煮つまり気味の牛丼を無理やり口に押し込みはじめた。

10分後、店を出て、左へ。歩きながら話す。
「で、どうなんだ、各界の反応ってやつは」
「黄昏の鐘が鳴り響き、そして、僕達は途方に暮れちゃってますね」
「つまるところ、驚きのあまり何も出来てないと?」

112 :三文文士@見つめる人々:2001/06/26(火) 05:31
「虎やらだらけやらの相場値は一時期200%ぐらいまであがりましたが、その後、
市場自体の消滅を見込んで、投売りに入る業者も現れてます。あちこちの掲示板で
は、恐慌寸前の女は喚き、男は震え、自称事情通が嘘・大げさ・紛らわしいの3拍
子そろった立派な情報を撒き散らす。一言で言うなら、むしろケイオスと表現すべ
きかもしれません。同人にはこれこそ相応しい。活力と混乱の時代です」
「お前の世界観に干渉するつもりはないがね。準備会は又戻ってくる。その時代は
長く続かんよ」
「ううんと、どうですかね、先輩が思っているほど、準備会も一枚岩じゃないです
よ」
「分かってる。今の準備会にとって、我が陛下のおっしゃる運動体としての機能は
重荷過ぎるんだ」
「坂井代表閣下が、箱を移す覚悟を固められれば、男性向けに関する限りは、この
イベントが当然後継するでしょう」
「いや、それは難しいだろうよ」
「もちろん。それに、それではもうレヴォではありませんから」
「君も池袋でないレヴォはレヴォではないと」
「コミケット準備会は、偉そうな理念を振りかざしている分、責任も付きまとって
ますが、レヴォはそうではありません。自分達のやり方がここにはある。それにつ
いてこないなら、来なくて結構。それがレヴォのやり方です。そして、それこそ、
同人の源流の一つです。だれも、それを否定できません。最終的な責任は彼女が取
るのですから。違います?」
「いや、違わんよ。俺もそう思う。やりたい奴がやりたいことをやるというのが唯
一のルールのはずだ。原則的にはね。問題はあらゆる原則には例外があり、何が例
外かについて、見解が四分五裂なことさ」
彼らは、信号が青になると、高架をくぐり、彼らの戦場へと向かった。

113 :三文文士@どーでもいいことだが:2001/06/26(火) 05:41
親切で(以下20行ぐらい人を褒め称える美辞麗句。もちろん嫌味^^;)
なお友達から、大変ありがたい御通報をいただきました。

「ライトノベル板のマリア様が見てるスレッド、スレ換えしようとして
しくじったでしょ? ばか? 無能? 頭悪い?」

すんません、「マリア様が見てる」は大好き(ああ、ロサギガンティア
!眼鏡ちゃんも好き。駄目じゃん俺様)ですが、他所板行くほど今時間
ありません。大商戦控えて、その準備でてんてこ舞いっす。ワークスケ
ジュール表は、予定でぎっしり、新人アルバイトの教育に追われまくり、
他部署からのヘルプ要請爆発でもう氏にそう(>_<)

114 :傍観者:2001/07/02(月) 18:45
これまでの執筆陣とその作品を勝手にまとめてみた。
かなりの間違いも含むだろうが、ご了承下さい。

http://www.geocities.com/eofsurver/

これだけの人・組織が複雑に絡み合った今、
自然な形で収拾をつけることは不可能のような気が・・・

115 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/05(木) 12:21
米沢のオッサンが代表から退くとき=込み家の終わる時

116 : :2001/07/10(火) 18:12
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
漫画家か、若い女性絞殺される=自宅マンションで−東京

29日午後1時ごろ、東京都江東区亀戸の「レック亀戸グリーンマンション」604号室、
漫画家吉田陽子さん(28)方で、異臭を不審に思った管理人らが室内に入ったところ、
ベッドで若い女性が死んでいるのを見つけた。
首に絞められたような跡があり、警視庁捜査1課は城東署に捜査本部を設置、
遺体を吉田さんとみて確認を急ぐとともに、殺人事件として捜査を始めた。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
決して忘れてはならない。

117 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/13(金) 22:33
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経

あわー。
楊受け死ね。楊受け死ね。
と毎日呼吸をするように連呼していたら
本当に一人亡くなってしまいました・・・。
ぶるぶるぶる。

願い事を口に出すと叶うと言うのは本当ですね(違)
ああ。じゃあ。次は是非江口洋介か仲村とおると結婚できますように・・・(無茶)
大体二人とも結婚してるって・・・。

ああ。犯人は私じゃ有りません。
動機は該者楊受けだったからです!!(違)
ああ。またこれからも毎日楊受け死ねを連呼していたら
また誰か死んじゃったりして!!オイオイ。
それは嬉・・・違う・・オソロシイなぁ・・・。<これも違う。

まあ。
私も至る所で怨みを買っているだろうカラ・・・
どうか殺されませんように・・・。
ていうかまた私が一人手にかけたりしませんように・・・<違うって!!

とりあえず今回の事件で分かったことは
オタクが死ぬと
やっぱり買ったホモ本や作ったホモ本が身内等ににばれてしまうことは必須
だと言うことですかね。
ああ。ヤバイ物はさっさと何とかしよう。
後葬式もオタク風だったり・・・・。
「もっと○○の本を出して欲しかったのに!」
とは葬式で祭壇前に言われたり・・・。
参列者名簿にペンネーム書かれたり・・・・<んあアホな。
その前に殺されないようにしましょう。

えっと。
ご冥福をお祈りします。・・・一応
知らん人から冥福祈られても仕方ないと思うが・・・・。
とりあえず味っ子の時は好きでた。
でもフグが死んだ時の方がショック・・・(無関係)
ああ。クワバラクワバラ。
ほいじゃー
黙祷


チーン。

118 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/20(金) 23:11
datに逝かせてたまるかage

119 : :2001/07/20(金) 23:28
一応書いておくが、
「保全のためのレスはsageでもいい」のだよ。
スクリプトが変わってるからな。
スレッドの順番ではなくて最終書き込み日時で
倉庫行きが判断されるから。

……で、本音。
時期的に旬を逃したし、もう書く気のある人居ないんじゃない?
このまま未完の物語として終わった方が
今まで作品を書いてくれた人のためになると思うよ。

120 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/21(土) 00:50
>>119
知らんかった…(´Д`;)
鬱だ、氏のう。

121 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/22(日) 00:40
こち亀と言ってしまっては残酷かね?

122 :内周辺境伯:2001/07/23(月) 14:17
個人的には、この作品群の中では、三文文士氏の「緊急アピール」「代表挨拶」が
いちばん心に残りました。凄いと思った。

これで終わるとするなら、やはり一言言っておきたいと思ったので。

123 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/24(火) 04:12
さげ

124 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/07/29(日) 15:39
 

125 : :2001/07/31(火) 20:28


126 :      :2001/08/01(水) 19:41
 

127 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/04(土) 20:42
定期上げ

128 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/04(土) 20:46
まるで主の居ない城を守っているようだな。

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/06(月) 00:56
>128
もはや終了宣言を出せる人間すら残ってないからな。…こち亀か。

130 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/07(火) 00:41
ところで、ライターズサロンは行方不明?

131 :サンデーライター:2001/08/08(水) 02:24
>>130 消えてますね。どこかに再度作りましょうか?

■ 告知 ■
コミックマーケット60で、「終わるコミケット プロローグ版」を頒布します。
場所は、2日目の「アニメ(その他)」で配置されているサクールのどれか。
目印は例によって「うまい棒」が机の上に置いてありますので、探してください。
見つけられたら「うまい棒ください」と訊いてください。
何の味がいいか訊き返すので、この同人板のある鯖名を返してください。
1冊200円。まとめ買いもOKです。150部程度搬入の予定。

私のサクールスペースは取れなかったので、委託です。
特定の人に頼んでありますので、その人が席を外している場合は頒布できません。
午後はスペースに居るということなので、昼過ぎからの頒布になると思います。

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/08(水) 21:29
揚げ

133 :同人ゲーマー:2001/08/08(水) 22:19
このスレ、久しぶりに見たけど閑散としてるなぁ。
祭りの後って感じですか。

134 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/08(水) 22:25
本当にコミケが終わるとき、このスレッドは再開するのでしょう。

135 : :2001/08/11(土) 11:04
 

136 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/11(土) 21:18


137 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/11(土) 22:02
THE END OF COMIC MARKET

138 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/13(月) 23:59
ついにコミックマーケットは新世紀を迎えた。
しかし、一発の爆竹が静寂を破り。
そして・・・
いま、また神々の宴が始まる・・・。

新世紀コミケットウォー

近日公開!

139 :自己満足。:2001/08/14(火) 00:58
パン!
乾いた、拍子抜けした、銃声がきこえる。
「どこだ!敵はどっからくる!」
隊長は浮き足立っていた。
無理もない士官学校上がりのスタッフ殿、それもまだ3ヶ月目のひよっこ。
2日目の東6のシャッター前の責任者なんて荷が重すぎる。
すでにサークルチケットで入った疥癬どもの整列は終えていた。
あとは会場のアナウンスを待って一般入場者を捌けばいい。
いつものことだ。
ただ、いつもと違ったことは西館担当のスタッフが多かったことだ。

世紀末のあの大戦で我々は勝利した。しかしスタッフの激減は火を見るよりも明らかだった。
それによるスタッフ養成期間の短縮。当然、錬度の低いまま送り出すことになる。
何より小隊付きスタッフが不足していた。小隊付きスタッフとは小隊の先生みたいな存在で、階級は
下でも経験ははるかに上。戦闘でも抜群の戦果をあげる小隊のエース。
士官上がりのひよっこを立派に育て上げるのも彼等の仕事。そうやって士官上がりのスタッフは短い
教練期間で判断力と統率力を養われてきたのだ。しかし、その小隊付きスタッフ達ももういない・・・。

元来、西と東ではやり方が全然ちがう。今までは転館するときは養成校で6ヶ月間の養成期間を経て初めて転館
が可能だった。それさえ省かれるようになったのだ。
勝負は見えてたのかも知れない。

開会の拍手とともにそれはやってきた。

「隊長!敵先見隊シャッター前方から突撃してきます。総数、100!なお増加中です!」
「よし!いつも通り警告と体当たりをかませ!敵の勢いを止めるんだ!スタッフの威信を知らしめろ!ここで
止めんとあとがないぞ!」
「おうっ!」
赤いビームサーベルを持ったスタッフ達が勇ましく吼えると敵に吸い込まれていった。
戦闘は予想通りに進んでいった。若葉のマークがまぶしい新スタッフ達も古参スタッフに混ざり良く敵の勢いと止めてくれてる。
第一波はこれで防いだ。あとは列に並べるだけ、だれもがそう思ってた。
そのとき。
やつらはやってきた。

140 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/14(火) 01:00
ガンパレ?

141 :自己満足。:2001/08/14(火) 14:16
「おかしい・・・、いつもよりプレッシャーが少ない。確かに東4にはヤツがいる。だが、今日のメインは東6だろう。」
確かに、今日は最大手が2カ所あった。
一方はヲタクも並ぶが一般人ウケもする東4。
もう一方は完全にヲタ専門の東6。東6には転売傭兵部隊が展開するのも見えていた。
だから無理をして東を警備しに来たのだ。
「なぜだ、なぜなんだ。俺の考え過ぎなのか。」
ふと外の階段に首を向けた。生け垣の葉が不気味に震えている。
違う、大地が震えている。自分自身が震えている。
「ドドドドドドド」
大地の震えは収まらない、余計ひどくなっていく。
向き直りながらシャッター前を見る。しかし、そこには大地を震わせるような大部隊いない。
「どこだ?シャッター前にはおらんぞっ!」
隊長が声を裏返しながら唸った。
その通りだった。確かに人は多かったがすでに並んだ列の長さを見て流れはマターリしつつあった。
だが確かに大地の震えは続いていた。とどまるところを知らない威圧感も。
全員が完全に浮き足立っていた。無理もない、東は初めてだったのだから。
「隊長!右です!右から敵が・・・」

そのとき確かに私は見たのだ。紫緑の。腐った様な。汗くさい空気の固まりを。

全員が首を右に振ったときにはすでに遅かった。前傾姿勢を保ち最高スピードで敵がなだれ込んでくる。
「そんな・・・ここは外周からまわれるのか!?」
そう隊長がつぶいやとき、体を腹の辺りからくの字に曲げて。
消えていった・・・。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/16(木) 23:38
保守

143 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/17(金) 00:25
今になって見つけた……もっと続きが見たい。

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/18(土) 19:33
 数多書氏は既に散ったか……。

 もはや今一度を願うことすら叶うことはないのだろう……鬱なり。

145 :サンデーライター@新しく:2001/08/19(日) 04:41
2001/08/18 19:48 ゆりかもめテレコムセンター駅

あ、もしもし、坂井です。OK取れましたよ。
場所がちょっと遠いんですけどね。
そうです、青海の保税倉庫地区です。テレコムセンターの先になりますね。
歩くと20分はかかるんじゃないかな。でも人家は無いですから。
あぁ、広さは十分ですよ。東の3ホール分ぐらいありますね。
それに、元は冷凍倉庫だったんで、防音とかも完璧です。
んー、窓が無いのはしょうがないですね。倉庫ですから。
え、機械ですか?
一応動くらしいですよ。貨物が減って使われていないだけですから。
そうです、電源を入れてやれば…。でも、冷房には強すぎますね。
なにせ冷凍用の倉庫だから、機械も強力ですよ。
あはははは、なに言ってるんですか。
冷凍した徹夜組みなんて、誰が欲しがるんですか。
まー、とりあえず深夜来場者を収容する場所ということで。
んじゃ、私はこれからそっちに戻ります。

146 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/19(日) 04:45
うっそぉ?
このスレまだ生きてたんだ…
もしかして、現在生きてる同人板での最古スレ?

147 :サンデーライター@新しく:2001/08/19(日) 05:26
2001年夏、コミックマーケットは開催された。

昨年の冬で終わりを告げるとされたイベントは、今も続いている。
あの「終わり」は、幻だったのだろうか。
あの「事件」は、今や誰一人として全貌を掴めなくなった巨大なイベントの、
我々から見えなかった部分で起きた、非常に些細な出来事だったのだろうか。

しかし今、一つだけ言える事がある。
それは「終わりの始まり」を迎えたということだ。
本当の終わりはゆっくりと、そして確実に迫っている。
とても緩やかな「崩壊のカノン」を奏でながら。

148 :愚痴小説としての一試行:2001/08/19(日) 15:03
これは、どうしようもない現実と霞がかった本当の終わりとの狭間で生きゆく僕らが振り絞る、なけなしの抵抗なのかも知れない。

149 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/08/19(日) 15:29
サンデーライター氏が復活してる。
期待age

150 :見習い文士@どーでもいいことだが。:2001/08/19(日) 16:40
21:00 Saturday,11th,October
−東456地区館内担当ホール本部−

<<業務連絡、ただいまの時間を持ちまして完全閉館します>>

「おつかれさま、先あがってもよかったのに」
「いや、年甲斐も無く今日は動いて、もう足が動かなくてね」
美人で年下のホール長に声を掛けられて、そのホール長補佐は
立ち上がり、夜間出入り口に向かってスポーツバッグを担ぎあげた。

((踊る大捜査線のメインBGMリズミカルタイプをフェードイン))

−ワシントンホテル側からりんかい線国際展示場駅(移動)−

((カメラは駅方向へ進行しながらも左から右へパン))

場外救護の詰め所で談笑するスタッフの男女、そのそばの公衆トイレ前では
コスプレ姿と思われる痴話げんか中の男女、本来は足下灯であるものを
読書灯としてライトノベルを寝袋に入りながら読む男性、その足下灯を
室内灯代わりにしてUNOを楽しむ男女の集団、更に隣の足下灯では
向かい合いリーフファイトをやっている男性2名、少々離れた足下灯では
テント用の防水シート上で寝て抱き合いながら愛を語らう男女一組。

「年を取ったな、私も」
スポーツバッグを重そうに担ぎなおそうとするホール長補佐。
((カメラは決して正面からは写さない。背後からのみ。駅に消えたらホワイトアウト))
((BGMはホワイトアウトと同時にカットアウト))

151 :見習い文士@どーでもいいことだが。:2001/08/19(日) 16:41
22:00 Saturday,11th,October
−BS国際会議棟内のバー、ザトップオブ有明−

((BGMはシックなムード系カットイン。店の扉のチャイムがなるところから))

「あら、いたの」
腕章夫人は意外そうな顔をして視線を支配人に向ける。
「意外でしたか?」

「そりゃね。疲れてないの?」
「疲れてないと言ったら嘘になりますが、ここに立つのは半ば私の趣味ですし」
「ま、そうよねえ。ところで今日はどうだった?」
「そうですねえ・・・、まずはこれをお飲み下さい。芸は無いですが」
「いつもの100%グレープフルーツね。少なくとも目が冴えるわ。ありがとう」
「いろいろと疲れていたみたいですよ。特に本来楽ができるはずの人が」
「というと?」
「若いスタッフに色々とさせようというのはわかるのですが、
そのフォローに補佐クラスを全て投入するのはいかがなものかと」
「そうね。バカキャリアスタッフを産み出しかねないわね」
「ええ、大変に誤解した方が上に行くと私たちもやりづらいです」
「明日もそうなりそうと、支配人は思うのね」
「ま、今日の東456の展開を見て頂いたのならわかるかと」
「でも、それしか人材がいないとも支配人は思うのね」
「ええ、悲しい事ながら」

「そういえば、伯は来ませんね」
「疲れてるんでしょ。館内は原則浦島だからそちらで寝てるのかも」
「そうだったですね。もう今日はしめましょうか。明日もありますし」

152 :サンデーライター@新しく:2001/08/21(火) 21:27
2000/12/31 22:52 東京都渋谷区上原 上原ロイヤルハイツ

14型の小さなテレビは、大晦日の様子として、
カウントダウンイベントに繰り出す人で溢れているお台場や、
人気バンドのライブが行われている東京ビッグサイトなどを映している。
「なんかさー、昨日の騒ぎが嘘みたいだな」
そう言って煮えている土鍋から春菊を取り出したのは、この部屋の主の内藤だ。
「『あれ』のニュースって、どこも流してないでしょう?」
聞き返したのは、自称「内藤の通い妻」の片平だ。
「んー、テレビも新聞も、ネットでも流れてないね。
 ま、一部の掲示板では騒がれてるみたいだけどさ」
「掲示板って、2ちゃんの同人板?」
片平は鍋から鱈の切り身を取りつつ内藤に訊く。
「正確には『2ちゃんねる同人板の極秘避難所の掲示板』だけどな」
内藤は豆腐を一口食べると、そう答えた。

昨日、コミケット59の2日目、その事件は起きた「はずだった」。
実際に内藤はその事件を目撃しているし、さまざまな対処もしている。
しかしその事件についての詳細は伏され、どんな些細なことも公表されていない。

片平が口直しの膾を食べならが言う。
「さすがに警察も発表できないか…」
「そりゃそうだろう。下手すりゃ日本って国が傾くかもしれないんだからな」
内藤はグラスのビールを飲みながら答えた。

153 :三文文士@こそーり:01/08/28 12:53 ID:zF9sUhgY
見習い文士さま、あのですね、なぜに10月なんですか?

154 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/08/30 10:41 ID:0SB4UYio
応援age

155 :サンデーライター:01/08/30 18:53 ID:SFUb6T1s
転送量問題で2ch存続の危機ということで、続きを書こうかどうか迷っておりまする。
このスレッドはただでさえログサイズが大きいですからね。

156 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/08/30 19:36 ID:6jTeIJoo
たんに書けないだけじゃないのか?

157 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/08/31 00:23 ID:ZzjT2hZE
age

158 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/08/31 02:47 ID:H8oXZvtc
>>155
問題になるほど大きいとは思えないが。。
続けてくれい。

159 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/08/31 20:42 ID:rJPlEemo
いらんものは消した方がいい。
 でも、此処は残して欲しい。

160 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/02 17:23 ID:HtE6cC7k
age

161 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/03 15:32 ID:YqJkjuLw
今やスタッフスレの方が熱くなってるからなあ

162 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/09 02:22 ID:CzdQVHhE
保守。

163 :サンデーライター@新しく:01/09/09 05:35 ID:YUCP2cKE
2000/12/30 21:03 http://doujin.ug2ch.net/read.cgi?bbs=comike&key=979648203

1 名前:名無しさん@冬の祭典 投稿日:2000/12/30(土) 21:03
    ようやくコミケから帰還しました。
    7時まで西ホールで足止めを食らいましたが、事の詳細が全く見えません。
    断片でもいいので今日西で起きた事件に関する情報をお願いします。

2 名前:名無しさん@冬の祭典 投稿日:2000/12/30(土) 21:09
    え?今日西で何か事件があったの?
    ずっと東にいたから知らなかったよ
    詳細キボーン

3 名前:名無しさん@冬の祭典 投稿日:2000/12/30(土) 21:10
    >>1は西2のシャッターのことか?

4 名前:七資産 投稿日:2000/12/30(土) 21:13
    漏れは東で撤収後の反省会までいたが、
    代表は西で混乱があって多少けが人が出たとしか言ってなかったぞ。
    気になるので知ってる人の情報提供きぼん

5 名前:名無しさん@冬の祭典 投稿日:2000/12/30(土) 21:16
    今日、西で起きた事件に関して、スタッフおよび関係者には強力な緘口令が出ている。
    それだけの事が起きた、としか今は言えない。スマソ。

6 名前:名無しさん@冬の祭典 投稿日:2000/12/30(土) 21:17
    >>5さん、めちゃめちゃ気になるっす。
    いったい何があったんですか?

164 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/14 08:30 ID:x9iaXv9M
2006年4月
築地市場跡地に、築地コンベンションモール(中央区築地文化交流市場)完成。
シンプルで独立した建物を複数(東・西・南・A・B館)建設することで、
ゆとりある空間作りと柔軟な展示場としての機能の提供を目指したこの会場は、
安価な利用料金、交通機関の適度な利便性、そして一部の参加者にとって
伝説の地として語り継がれた晴海国際見本市会場を彷彿とさせるたたずまいから、
サブカルチャーコンベンションのメッカとして人気を博す。

165 :ん?:01/09/16 21:43 ID:g2.A325E
>>164
 それは新規の設定になるのか?

166 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/18 06:45 ID:jy2YS7Vk
あの敷地に五館は辛いだろ。
三館くらいにしとけ。

167 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/22 01:28 ID:YjFrl/WU
やれrsさおうsです

168 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/28 23:17 ID:h1H297c2
つづいてほしいのだ。

169 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/09/30 00:17 ID:l9FiU4ck
まぁ、漫画自体

既に斜陽文化ですから・・・

170 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/02 01:58 ID:qpDL1T2c
バブル世代は、タチが悪いぞ

171 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/02 11:39 ID:xp2K/TVQ
昨日の続きですが、生首の件は当初のモチーフに由来してます。
小雪のイメージモデルはモローという画家の「サロメ」です。
ご存知の方も多いと思いますが、サロメはヘロデ王の王妃の連れ子で
王の前で踊りを披露した褒美に、受洗者ヨハネの首を要求します。
そういうわけで、生首を抱えることになったのですが
服を煽情的に自作する予定が、今着ている服がとても似合うので
方向を変えたので首の出番が無くなってしまいました。

完成した首の方は教室でも評判が良かったので、また何かの機会に使おうと思います。
お人形よりも、半日で作った首の方が注目を浴びてました。
あまり思い入れが無かったので、塗りもいい加減にやったのですが
必死で塗ったお人形より首の方が評判良かったです。

4人目の子は関節の作成に入りました。
今度は少し頭を使って、関節の球の形を真球ではなく多少楕円にするつもりです。
これで関節の動きが部分的にきつくなって、自立しやすくなると思います。
手足の関節も従来のものと違うので動きが自由になるはずです。


172 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/03 00:53 ID:uWOqCS0w
>>171
スレ違わないか?

173 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/03 01:03 ID:v0RR.5NQ
つまらないことを他人のせいにするのはよせ、

自分の楽しみを作らないヤツに、他人を楽しませる事なんて出来るか?

174 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/03 11:37 ID:Ik9shIks
東京都の石原知事殿
コミケは無くしても構わないので、早くお台場にカジノ作ってください

それから、後楽園競輪も復活きぼ〜ん

175 :        :01/10/04 01:12 ID:c0UhSDxk
>>171
モローって、あの?

176 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/07 13:58 ID:fbfBECvk
http://www.tohgoku.or.jp/~hoimin/

177 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/08 21:32 ID:yTxy3RQc
                    、、           、、
    ∧∧           十 | 十  十    /  十┐\
   (,,= ∀)      \  | ノ   | こ  人ノ ノ ノ
  ヽ/ つ つ         、、                、、
  (_う_う       十     ヽ 十      ‡ 十
              | こ  \    つ ゆ \  | こ


だいぶ毒も抜けました。
いろいろ一人で考えてたって仕方ねー。
おれにとっても、さげパーシバルたんはかけがえのない人
また会いたいからここにいるだけ。
彼女も同じ気持ちなら、きっとここを見つけてくれるさ・・・
春が来るまでマターリ待つだけさ〜




178 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/10 10:15 ID:CUc9cSrs
嗚ボ

179 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/12 18:30 ID:k/oaI8ZQ
細々と生き延びてるなぁ。

180 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/13 00:39 ID:MUIEuWdM
第三次世界大戦
置きそうです

181 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/14 16:16 ID:mgy/ec8c
このスレッドがなくなったとき

182 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/18 08:10 ID:SbmPlyc0


183 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/18 09:02 ID:9LQddHR3
すでにノーナシ上げ厨が意味なく存続させている駄スレに変貌しているように思われ

184 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/18 19:11 ID:xlke7Z5L
あのような状態だったら、米沢はマジで頃されるな。

185 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/24 13:39 ID:G9CtF4/e
age

186 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/24 14:34 ID:z7zlr6+Z
やっぱ前スレ逝っちゃった?熱が再発した、読みたい。

187 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/25 01:31 ID:Yr2rumhd
保存はしてあるが、この時期見てると本格的に鬱入りそうで恐い。
 日曜はレヴォ、階段が崩れないと良いねえ。

188 :名無しさん@どーでもいいことだが:01/10/25 01:33 ID:4VTDJg4w
白い粉が撒かれて警察が介入とかな>>187

189 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/25 01:42 ID:N1Ry5RhB
描き手と買い手の確執が元で即売会が危機に陥るような
話がかけないかなぁと思案中。

190 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/25 12:05 ID:kwlaQSA/
レボもスタッフが頃されそうだな

191 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/26 23:23 ID:Dk3lAcTV
正直な話、今の方が1年前の時よりも危機は深まってないか?

192 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/27 23:40 ID:58Ms+Fqx
あげておこう

193 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/28 00:39 ID:s2EnLsMd
だから、フィクションとして捉えていられた幸せな頃ってのは、もう前世紀に遠く過ぎたんですよ。
コミケットに立ち会う人間は、これからますます「現実の終わり」に立ち向かわなければいけない状況に追いやられるんですから。
のうのうと愚痴小説を垂れ流している場合じゃないというわけです。

それでも、抑えきれない何かを記しておきたいと、作者の皆さんが望むのであれば、このスレッドはこれからも、細々と生き残ることでしょう。

194 :187:01/10/28 23:23 ID:GIlYjvFO
 レヴォ行ってきた。
 毎回奇跡のように致命的事態が起こらないものだから、
「次が大当たりだろう」と邪推してしまう。
 ていうか、よく防げてるな、あれを。

195 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/29 11:33 ID:zO3hpf+b
池袋のイベントは、雨が味方をしているような気がしてならない。

196 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/30 22:17 ID:1hcEwWzF
ざまぁ味噌汁

ヲタクども、って感じでした

197 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/31 15:36 ID:PGm+vpvK
マンガ文化は既に斜陽です

198 :流れ書き ◆ZfgPhUPU :01/10/31 20:12 ID:rg/HRVuR
斜陽だろうがなんだろうが関係ない。書くだけだ。

ログ保存人さんからパス貰ったんで、過去ログ管理しときます。
出来上がったらURL書くんで、よろしゅう。

199 :流れ書き ◆ZfgPhUPU :01/10/31 20:32 ID:rg/HRVuR
ttp://ueno.cool.ne.jp/endofcomike/
前の過去ログはここ。
f2sかiswebの鯖でも取るとするかね。

200 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/31 22:41 ID:cXm3DKdx
失業率最悪

201 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/10/31 23:01 ID:iG2mCS6v
>流れ書き
お前ウザイよ
こんなところでセンズリ作文書いて悦に浸るな、ヴォケ

つーか、年々開催が難しくなっとるコミケを本気で維持するために
腐心しとる立場の人間からすれば、こんな駄文書いて喜んどるダボ、
マジでムカつくわ

202 :201:01/10/31 23:05 ID:iG2mCS6v
追加

>斜陽だろうがなんだろうが関係ない。書くだけだ。
便所の駄文書きの分際でイッパシの書き手を気取るもんじゃないぞ、んっ?

203 :2chFAQより:01/11/01 10:03 ID:OqmkRiDb
荒らし行為に遭遇した場合は、諌めたり挑発したりなど、むやみに対抗しないようにお願いします。
特に荒らしを煽るのは逆効果です。荒らしに反応したらあなたも荒らしかも。。。

204 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 10:05 ID:OqmkRiDb
> 流れ書きさん
過去ログ教えてくれてありがと〜。
久々に読み返したよ。

205 :201:01/11/01 21:05 ID:J4SPYkJO
確かに口汚いレスだったとは思う
が、異論=荒らしかい?
荒らすつもりだったら上げんじゃねーの、普通は?

まっ、こんな駄文に賛同してるような連中に何言っても時間の無駄とは思うから
反論はせんよ。
せいぜい、必死で頑張って場を維持してる人間をコケにした、オナニー作文を
貼りつけてる文豪様のシンパ気取っとけや

206 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 21:27 ID:EE6ZfA1u
そういやサンデーライターさんを別スレでみかけた。
自分は参加できないけどオフ会がんばってください〜。

207 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 22:32 ID:2fFOT7Qg
>>205
まあそうムキになることでもないかと。
スタッフとして本音をいえば少し悲しくはありますが………

208 :どーでもいいことだが:01/11/01 23:07 ID:vz2MJfCz
このスレでは反対レスは全て「荒らし」らしい。

209 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 23:18 ID:35GU7aL2
>205
君の言わんとしていることはとっくに既出でありますから。

210 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 23:22 ID:xSepDPwg
関係ないけどそういえばコミケット殺人事件みたいな小説なかったっけ?

211 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 23:26 ID:1+c1SHJj
どこをどう読んだら「必死で頑張って場を維持してる人間をコケにしてる」ように見えるのかが疑問だ

漏れは一連の作品を読んで全く逆の感想を持ったが

212 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/01 23:28 ID:BrYl7w48
反対レスを嵐と決めつける事と、
自分への異論を「俺を嵐と決めつける」と考える事は、
多分イコールだろう……。

213 :>210:01/11/02 00:01 ID:oVIbdywS
ttp://plaza27.mbn.or.jp/~WinterOrb/novel01.htm
ttp://www.kadokawaharuki.co.jp/book/1998/4894564777.html

214 :207:01/11/02 00:25 ID:tY2ai03w
>>211
おそらく感情的なもんでしょう。
ただ、ここで小説を書かれている方は正直、配慮にかけているとは思います。
過去ログでも語られていますが、擬似カタストロフを書かれて楽しいスタッフが
いないことは間違いないことですから。

今のコミケはその類のものを笑って受け入れるほど余裕はないんですよ。

215 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/02 00:37 ID:LgLptcg9
一年前に色々あったのを知らない奴らが「配慮に欠けているとは思います」か……。

216 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/02 00:41 ID:3v1Tg3hJ
そのコミケスタッフも書いていたみたいだからねぇ。

217 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/02 01:13 ID:Uw4SC8BD
イワエモンが酷評してたね(笑)

218 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/02 01:38 ID:Doaa93f+
こう言うのが笑い飛ばせるような状況になって欲しいとは思う。
ならないと言うのは簡単かも知れないけど。

219 :どーでもいいことだが。:01/11/02 05:12 ID:FOn92UbI
もし準備会からの封筒に、炭そ菌をしかけられてたら・・・

http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_h/h07.html
●炭疽の発生
炭疽菌に感染して死亡した動物により、土壌が炭疸菌に汚染され、土壌中に芽胞が形成されると、その地域は長期間にわたり(数十年の単位で)炭疽の発生がおこりやすくなります。
※この菌は土の中にあることから土壌菌ともよばれており、土壌中などで極めて抵抗性のある芽胞という形になって、長い間(少なくとも数十年)栄養素がない状態で生存することが可能です。
このような地域を炭疽地帯と呼び、我が国を含む世界の各地にみられますが、特にトルコ‐パキスタン間は炭疽ベルトと言われ、年間数百人の患者を数えています。
降雨が多く土中の小動物の活動が盛んな夏期に、土壌が変化して、土中の炭疽菌の芽胞が地表に現れ、これを動物が飲み水や牧草などと共に摂取すると、菌が発育増殖し発症します。
炭疽菌は、感染した動物の体液、血液、乳を初め、全身臓器にみられます。

http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i04-11.html
■潜伏期
●感染経路により異なるが、1〜7日。

診断と治療
■臨床症状
●皮膚炭疽:ニキビ様の初期病変の後、無痛性で非化膿性の悪性膿疱が出現する。所属リンパ管炎やリンパ節炎を合併する。
●腸炭疽:腸管感染では吐き気、嘔吐、腹痛、吐血、血便、腹水の貯留など、口咽頭部感染では咽頭炎、嚥下障害、発熱、頸部のリンパ節炎が起きる。
●肺炭疽:軽度な発熱、疲労感、倦怠感が数日続き、頭痛、筋肉痛、悪寒、発熱、そして胸部の軽度の疼痛が起きる。重症では、突然の呼吸困難、チアノーゼ、昏睡を伴う失見当識が起こる。
●炭疽菌性髄膜炎:脳脊髄液中に菌体が現れ、意識消失が起こり死に至る。

220 :内周辺境伯 ◆UeDHmc7k :01/11/02 05:35 ID:r/1TMXCU
正直言って、このスレッドのライターさんたち、ほとんどがコミケット準備会スタ
ッフ、少なくとも経験者じゃないかと思っています。スタッフサイドの描写が余り
に真実味にあふれていますから。

この程度のお遊び、笑って済ませようよ。目くじらたてなきゃならんようなことか
い? ここで何を書かれようと、コミックマーケット自体が磐石なら、それでいい
わけでしょ?

磐石だとは一瞬たりとも考えたことはないけどね。

原発事故を描いた作品が、「原発関係者に対する配慮に欠けてる」って非難される
ようになったら、そりゃどうよって思わないかな? おわこみも、結局のところは
小説に過ぎない。こういうことが起きる可能性を念頭におきながら、粛々と自分の
職務を果たせばいいんだって。

221 :207:01/11/02 09:58 ID:c/bBaPQg
了解です。

222 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/02 23:25 ID:Erv+kTkm
>>219
さすがにそいつはまずいでしょ。本気で「終わって」しまう……

223 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/03 01:04 ID:I+1+4DVx
>>210
「Jの少女」とかいうやおい系作家が起こす事件の小説なかった?

あと「コミケ中止命令」っていうのも読んだ事ある。

両方とも詳細忘れたけど(w

224 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/03 11:45 ID:JjdichBM
         ┌――┐
         │火山|
         └――┘
                      ┌―――┬──┐
                      │捕┌─┴┐惨│
  ┌――┐┌―┐      │  │性  │田└┐
  │IRA..││狂│      │鯨│解┌┼─┬┴─―
  └──┘│  │      └─┤放││三|
        ┌┘牛│    ┌―┐└─┘│国|
        └──┘┌┬┴―┼――─┼─┘
        ┌―――┼┘ナ  |鞠  ┌┘    ク
        │ ベル │  チ |  酒│       ル
        │ 薔   ├―┬――┼――┤      ス
┌―┬―┤ 薇  .│山│極右│豚ペスト      ク
│大|  │     .├―┴┬―┴┬─┴┐
│航|闘├.――...┤セ┌┴┐空│吸血鬼
│海|牛│     .│リ.|  │  ├――┼──―┬──┤
├―┘┌┘    .│エ│  │爆│ヨーグルト 黒 海 │テロ │
└――┘     .┌┘A │  ├―┴┬─┼―――┴─┬┴─―
┌―┐       .└――┘  │麦茶│  │ 地       │ 回教
┘性├―─┬┐         └――┘  │     震   ├―┐
 転 │    ││                   └――┬──┤  └┐
 換 │ 砂 |└┐                  │ テロ│ 空 └┐
┌―┘ 漠 |  |                 ├――┤  爆  │
┘        │  └―――――┬―――――...┤聖地 ├―┐┌┼
          |     カダフィ   .|  ミイラ     .├┬―┘  .└┴┴
  

225 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/03 11:53 ID:r2pSarl/
棚木予備軍なら、山の様に居ると思われ、
今度は、代ね座和が、棚木みたいなドキュンに会場内か外で
いつ刺し頃されてもおかしくない危険な状況だと認識したほうがいいな。
世田谷の某一家の様に

>>218
まぁ、逆にカタログで下手に煽ったりして、逆に危険を招いている方が
問題だけどな。

226 :名無しさん@そうだ地獄へ逝こう:01/11/03 12:15 ID:IBigbnZM
>>223
コミケ廃止命令
ttp://www.pinkvalley.com/tanaka/hic.txt
ttp://www.pinkvalley.com/tanaka/hic2.txt

227 :>223:01/11/04 05:14 ID:rglTJkj+
コミケ中止命令!(南田操・著/富士見ファンタジア文庫)

228 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/06 01:59 ID:cKezg0Qv
>>226
読んでてすごく面白かったー。
どこかで本を出しているの?

229 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/06 02:08 ID:Zt2YxyUJ
>>210
はいよ「コミケ殺人事件」
ttp://www.kadokawaharuki.co.jp/book/1998/4894564777.html
前は違う出版社だったんだけどね。

230 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/06 02:26 ID:CXVVukxu
>>229
いや、新しい方が理解ある挿絵でよろしげ。

231 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/06 02:52 ID:Ne5p/9pq
 

232 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/08 08:52 ID:Rwck88x4
>229
遅レス粘着だが213でガイシュツ

233 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/08 11:05 ID:bhkbb+/S
当落カウントダウンage

234 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/11 00:34 ID:TUyJY9/P
あんなもん尾輪りゃいいんだよ、ばかやろう

by縊死腹千路

235 :2番ゲッター:01/11/13 23:24 ID:+Out98Jo
>201
ん?? なんで流れ書きさんをたたいてるの??なんか嫌な事でもあったの??
流れ書きさーんオイラも過去ログ教えてくれてありがと〜

236 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/18 01:35 ID:5lT3zQCv
 今年の冬は大丈夫かage

237 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/18 01:36 ID:5lT3zQCv
ageてねぇ……鬱

238 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/21 14:15 ID:N+5n6xsD
しらねえよ、

239 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/21 14:28 ID:V32Bdt94
コミケットは今年の冬で終わりだよ。
米やんが言ってた

240 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/25 23:33 ID:dQ+Hrm9+
>>239
 いや、さすがにそりゃないだろ。

それはそれとして、終わってほしくはないな。
なんだかんだで、色々想い出もらったわけだし。

241 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/25 23:48 ID:bXYJW45x
>>239
まぁ、終わるときは、代ね座和のオヤジが代表の座から
去ったときだろうよ。

つーか、今まで続いていた即売会が終わる時っつーのは、
大抵の場合、代表者が降りる時と重なってる場合が多いからな・・・。

242 :飲料部支配人@どーでもいいことだが。 ◆o5FJ54C2 :01/11/26 00:11 ID:ysisK5aU
初代代表のことをみんな忘れてる・・・。

243 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/26 00:20 ID:QcpYLHJo
>242
小さいイベントなら、交代はいくらでも可能だよ。どこでもな。

244 :飲料部支配人@どーでもいいことだが。 ◆o5FJ54C2 :01/11/26 00:23 ID:ysisK5aU
あれを小さなイベントというのはどうかと思われますが・・・。
今の中小と単純比較しても大きかったと個人的には思っていますけど。

245 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/26 00:28 ID:QWGK/TgX
>>242
初代代表が降りたときにも、マトモに開催できなくなる位、
お家騒動が勃発しましたけど・・・。

246 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/26 03:25 ID:bfdny2TM
スクウェアは初代とは関係ないけどね

247 :名無しさん@どーでもいいことだが。:01/11/27 12:18 ID:cocuoMNm
ほほう

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>3"Y>>36>>34>>49\*X>>88>>69
>>65>>62}m;M,QV>>61@顏/test/read.cgi/doujin/979648203/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)