5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇制は必要?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 01:05
天皇制の維持によりもたらされる利益と不利益について
国際情勢板の皆さんの観点から御意見きぼんぬ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 01:45
他の国からみれば
天皇の言葉は総理大臣の言葉より重い

ロイヤルファミリーがない国から妬まれたりする

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 03:56
雅子タン・・・・・ハァハァ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 05:05
必要不可欠とは思わないが、ないよりあったほうがマシ。
皇室とか王室がないと、共産主義とかそういうものを統合のシンボル
にしなきゃあならないから大変だよ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/26(金) 10:48
天皇いなかったら、この国バラバラよ
他に求心力ないだろ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 13:30
大韓民国に天皇制を導入せよ!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 13:41
責任が無いくせに言葉が重いってのは最高の利点です。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 21:48
ま、何だかんだ云っても、公称2600年、歴史で確認できる範囲でも1500年は続いている王家なんて他にないから、もはや存在自体が文化遺産。なくすのは勿体無い。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/26(金) 21:54
popeみたいなもんだからね。まあ存在感なく、
そこにおればよい。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 00:14
森が国家元首だと海外に認められると思うとぞっとするね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/27(土) 00:43
>>10
そうそう
だから天皇制は必要

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 02:07
近ごろアメリカの歴史学者などがまたぞろ天皇の戦争責任を追及する動きをみせているが
これはどういうこと。
アイリス・チャンなんかとは別の流れの様な気がするが。
こんな風になっちまった世で天皇をひきづり下ろせば日本は致命的なアノミーを起こすだろうな。
どうしようもないヘタレ民族になる。

13 :意地悪:2001/01/27(土) 02:15
天皇制という継承システムは
『和をもって尊しとする』
『和魂洋才』
などの生き残り戦略体系を司(つかさど)る
大和民族のミームじゃないの?

ミーム
meme

文化・スポーツ/1998年
イギリスの生物学者リチャード・ドーキンスが著書『利己的な遺伝子』のなかで提唱した仮説。個体が遺伝子という「情報」の乗り物であるのと同じように、人間の文化もなんらかの「情報」が自己複製するための手段にすぎないのではないか、という考えである。この、文化を決定する遺伝子に相当する情報体がミームであり、それは芸術上の様式からファッション、言語、ちょっとした行動パターンなどにいたるまで、人間の活動を支配しているとされる。ミーム仮説のおもしろさは、私たちが通常は自分で主体的に決断していると思っていることが、じつはミームによって神経系を「乗っ取られて」いるだけだとしたら……と考えさせる点にある。ミーム仮説に従うなら、ダーウィニズムを生物界をこえて社会や文化の領域にまで拡張することができる。

DataPal (electric version)91-96 Shogakukan 1996電子ブック版・データパル 総合版 91-96 小学館 1996
DataPal 97-98 Shogakukan 1997/データパル 97-98 小学館 1997
DataPal 98-99 Shogakukan 1998/データパル 98-99 小学館 1998

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 02:43
ミームってな何ん?
DNA上の塩基の一種?それともレトロウイルスの一種か。
難しくて解らんぞ。
文科系にも解るように書いてくれ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 02:46
とりあえず、意地悪のマイブームがミームなのはいやと言う程わかった。

16 :意地悪:2001/01/27(土) 03:00
>ミームってな何ん?
>DNA上の塩基の一種?それともレトロウイルスの一種か。
>難しくて解らんぞ。
>文科系にも解るように書いてくれ。

レトロウィルスなんていうバイオの
専門用語なんて良く知っているね

↓このあたりをクリックしてみて

☆利己的遺伝子やミームで分析予測しよう☆
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kokusai&key=980203639
ヒトラーを真面目に考える!
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kokusai&key=979294209

生物学掲示板
ドーキンス「利己的な遺伝子」スレッド
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=life&key=972688792
ちょっとだけ私が議論に参加したり
群淘汰についての問題提議をしている。

17 :14:2001/01/27(土) 03:26
なるほど何となくではあるがわかりました。
自分は文化はコピーではなくて同調(自分が呼んでいるだけで学問用語ではない)だと理解しているが。
集団で一つの作業をする動物に必要になるのだと思うが。
ばらばらに切り取られた心臓の細胞はそれぞれ別の周期で拍動するが、異なる周期の細胞を繋ぐと一つ周期で動くようになる。心臓は本来別々の周期で動くはずの膨大な数の細胞が、ある働きのためにどういう指揮系統か知らぬが一つの周期で動いているもので、それはコピーなのかな。
個体として行動する生物にもミームは見られるのかな。
板違いだからこれぐらいでやめにしたほうがよいのかな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 03:59
>>6
李朝の王様を戦後拒絶したのはやつら(藁)

19 :意地悪:2001/01/27(土) 04:01
>個体として行動する生物にもミームは見られるのかな。
群れで生活する知能の高い霊長類にはミームがあります。

○ミームの始まり、胎動のようなもので言えば
アフリカ熱帯雨林に住むボノボで見られます。
原始共産社会っぽい手法でメスが群れを支配する乱交社会集団で、
ミームとしての芽が見える部分は『休憩のポーズ』ですね。
ボノボの群れによって『休憩のポーズ』がまるで違うのです。
これが、渋谷の女の子のファッションのように
みんなに特殊な同一休憩ポーズが広がったと思ったら
翌年には同じ群れでまったく別の
同一形態の休憩のポーズに変わっているのです。
○次の段階は日本のサルです。
半野生のサルの集団に人がサトイモを与えたら
ある個体がそのサトイモを海水で洗って食べた。
キレイになって塩水で味付けされ
その群れすべてに流行した。
営利で人工的に人間が作った温泉に子ザルが落ちて、
数年すると年寄りのサルまで勝手に入るようになったとか。
○次は言語です。
ワープロが打てるように訓練教育したゴリラ、オラウータンが
自分の子供にワープロを打てるように教育する。

>板違いだからこれぐらいでやめにしたほうがよいのかな。
板違いだからこれぐらいでやめにしたほうがよいのかな。

20 :14:2001/01/27(土) 04:19
>18そのくせミン妃に同情するふりして日本を非難する。可哀想なら末裔を探しに日本まで来て王位につかせてやれ。さもなくば前近代を終わらせた日本を正当に(感謝しろとはいわない)評価するくらいの客観性は持て。
没落した王家を迎え入れた日本と王の帰国を拒否し、前大統領を暗殺、死刑判決をくだす国との違いだな。

>19やっぱり群れで行動する動物だけですか。

21 :意地悪:2001/01/27(土) 04:48
>14=20

オラウータンは熱帯雨林での生活形態は群れでは行動せず
ドリアンをモグモグほうばって単独で行動するけれどもね。

オラウータンは人間の研究者にワープロを教えられマスターし
研究者とやりとり意思疎通できるようになる。
するとそのオラウータンは自分の子供にワープロを教える。

オラウータンのように群れない動物でも
ミームを伝えられる知的なキャパ、能力があれば、
ミームに感染して他の個体、次の世代に
2次感染させることは可能なんじゃないのかな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 05:17
>21
なるほど、個体で生活する動物にもミームはあるのですね。
了解。

23 :意地悪:2001/01/27(土) 05:31
>>21
>なるほど、個体で生活する動物にもミームはあるのですね。
>了解。

知的能力の高い生物の場合
単独生活、集団生活にかかわらず
人工、人為的に感染させる環境を整えれば
その知的能力を持つ個体が
ミームに感染して子供などに2次感染させることが
『可能である』ということであって

決して
単独生活で知能の高いオランウータンが
熱帯雨林の生態系の中でミームを生み出したり感染したりして
他の個体に2次感染させているわけではないからね。

そこのあたりを誤解しないでね。

24 :意地悪:2001/01/27(土) 09:10
>>19

『間違い』
半野生のサルの集団に人がサトイモを与えたら
ある個体がそのサトイモを海水で洗って食べた。

『訂正後』
サトイモ→サツマイモ
半野生のサルの集団に人がサツマイモを与えたら
ある個体がそのサツマイモを海水で洗って食べた。

25 :つうか・・・・:2001/01/27(土) 12:10
せめて京都に帰ってくれ。都心の一等地がもったいない。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 12:28
遠く離れた猿集団も海水で洗って食べたってのは?。
101匹目のさるだっけ?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 13:55
>せめて京都に帰ってくれ。都心の一等地がもったいない。

皇居=江戸城趾は国の特別史蹟。開発は出来ません。

28 :ぱう:2001/01/27(土) 14:08
天皇制必要無し!あいりんの人達に回す金がさき

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 14:35
基本的には国民の求心的存在として必要だと思いますよ、歴代の天皇家
は基本的に宗教的祭事者として継承されてきました。
現状の天皇家もそれに近い存在です、象徴天皇として今後とも必要不可
欠なものだと思います。
(批判されている明治以降の状態は軍部、官僚が利用してきた結果です)

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 14:53

同感

でも京都に帰るのにも賛成

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 15:14
共和制というのはまともに軌道にのるまで試行錯誤が多いうえに、政権による
政策の変動が大きくて安定性に欠ける。
特に初期には独裁を生む可能性があって不安。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 17:19
何か共和制右翼って統一協会の匂いがする・・・

33 :バウ:2001/01/27(土) 22:59
>ばう
あいりんの人達にまわすって、大阪でさらに公共事業でもするの?
破産寸前の大阪府には厳しいよなぁ(笑)

ところで
平成天皇をじかに見る機会があったけど、
ロイヤル・スマイルって本当に有るんだなぁってのが実感。
奴の笑顔は、裏で何を考えているかは別として、慈愛に満ちているという表現がピッタリだった。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 23:37
美濃部達吉の「天皇機関説」についてご存知の方
よろしければ、お教え願えませんでしょうか
個人的には、天皇制は時の権力者へ「権威」を
付与する社会システムとして捉えているのですが
いかがでしょうか?

35 :台南航空隊:2001/01/27(土) 23:39
>>34
おみ込みのとおり。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/28(日) 00:58
日本では権威と権力が別れているので
他国のようなトンでも独裁者は誕生し得ないのです。
権力者は所詮宿り木

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/28(日) 03:30
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h9/jog012.htm

こんなイイ話を利益不利益で語るのは
いささか抵抗があるが・・・。
だからsage

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/29(月) 01:38
天皇家の飼育費に金かかりすぎ。。。。。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/29(月) 02:10
他国の王室に比べりゃ、はるかに安上がりさ

40 :平岡公威:2001/01/29(月) 02:34
>>34
国家の定義に、有機体説と擬制説いう観念がドイツ法学の影響からあり、
美濃部の機関説は後者の概念になります。国家の統治権は、天皇個人に帰属するのではなく、元首として国家の代表として統治権を行使する存在で、
それは、憲法の制限を受け、絶対的無制限の権利ではないというのが概略ですね。
その根拠条文としては大日本帝国憲法第4条「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フとされます。

41 : :2001/01/29(月) 06:29
>>33
平成天皇ってだれですか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/29(月) 11:29
>>41
詰まらない突っ込みはやめな。
もうチンポに毛の生えた、立派な大人なんだから。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/29(月) 13:51
つまり、平成天皇との表現であれば
「平成時代は終わっちまった過去のこと」と
いう意味になるだろ、ってことを言いたいんだろ>41?
>>33 「平成天皇をじかに見る」
今上天皇と言いましょ。

しかし、国際情勢の視点で見ればよ、
>>7 の一言に尽きるだろ。
「外交」ってぇ面だけ考えてもその「御利益」
てのは、はかりしれないもんだ。
>>38 もそこんとこ考えてみれ

44 :KOKO:2001/01/29(月) 15:12
天皇は無くした方がよい。


45 :kotarou:2001/01/29(月) 16:48
昭和天皇が、崩御せられて後、日本は、
全般に克己活気が無い。
皇太子殿下が、若くして天皇に御即位されれば、
日本の景気も上向くかもと思う。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 12:45
ロイヤルファミリーがいなくても、アメリカのケネディ家みたいなロイヤルファミリー
まがいの存在があったり、天皇や王がいなくても、北朝鮮のキムさん親子みたいな
存在もあるわけです。
人間というのは、どこかでそういう存在を欲しているのかもしれませんね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 12:58
天皇を軽視する人ほど分かってないんですよ。
共和制の行き着く先にある世界を。
ひたすら物質の世界にのみ溺れていく堕落した世界を。
アメリカの実像を見るとよく分かりそうなものなのに。
だれが権力者と君臨しているかを。
政治が一体誰を奉仕するための装置となり下がっているかを。

48 :kotarou:2001/01/30(火) 13:25
森総理の勝利者の顔と、
皇族の生まれながらに頂点にある人の顔を
比較すると、自由競争の行き着く先を示しているようだ。
勝てば良い、勝つ事が全て、負ければ死在るのみ。
(加藤紘一代議士の苦悩に満ちた顔と比較すると良い。)


49 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/30(火) 17:29
天皇制をなくせとかいうやつは
はっきりいって馬鹿か厨房。
国家のなんたるかを知らない恥さらし。

これからは大統領制にして
聖書にでも手を当てるとでも言うのか?

つーか、言ってる意味わかんねーだろ。


50 :天皇制賛成:2001/01/30(火) 20:48
人間の集団は集団を纏め上げる求心力として必ず権威としての象徴を
求めます、その意味では象徴天皇制は非常に理に適っていると思いま
すし天皇は穏健な政治思想の中心として必要不可欠なものです。
共産党の主張している天皇制廃止が実行に移されたら、考えるのも恐
ろしい結果が待っているでしょう!

51 :名無し:2001/01/30(火) 21:36
天皇は日本そのものだ.外国人には分からない.
反日外国人の誹謗中傷を鎮圧すべきだ.

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 22:08
今の天皇制維持には全く賛成。

近代主義者でリベラリストを自称する
宮台真司なんかでも日本にとっての天皇制の重要さを
よく理解している

共和制の具現国家・アメリカでも王家まがいの存在が現れるし、
理念の国おフランスのローカルな理論でいくべきではない

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 22:17
>52
フランスってどうなんだろう?
自由・平等が理念のようだが、
学歴差別は凄いらしいね

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 22:54
>>53

凄いエリート教育とエリート主義の国ではありますね>フランス

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 01:44
>>47
>ひたすら物質の世界にのみ溺れていく堕落した世界を。

それが今の日本の姿そのものぢゃないか(藁



56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 01:53
>>53

フランスは、王族がいないのに貴族がいる不思議な国です。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 02:08
>55
そうですね、、、、。
天皇がなんなのかしっかり定義ずけできてなく曖昧ですからね、元首だとかそうじゃないとか、

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 02:11
>57
そのように俗のレベルでしか考えられないところに物質の世界におぼれている堕落した日本があるのでしょう

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 05:27
>55
君は厨房だな(この言葉初めて使ったよ)
現在の日本が独立国だとでも思っているのかね。
議会で首長が選出されてるから民主主義だと思っているのか。
今の日本は戦前の議会政治よりも非民主的なんだよ。
なんで戦後55年間、日本が物質の世界に溺れていかざるを得なかったのか分かりますか。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 05:58
話はずれるが、うちは子供のころ貧しくてね。
アメリカの生活は凄いと思ったけど、
貧乏が恥ずかしいことと思ったことはなかったな。
贅沢が悪いとは思わないけどね。
最近テレビを見てて、ふと三島を思いだすことが多くなったよ。
スキャンダルを売り物にしてしぶとく生き残ろうとするタレントとか
少年の特権に甘えて、人を殺しても有名になろうとするバスジャック犯とか。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 06:57
>>52

君はゲ〜ハ〜宮台本人か?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 09:14
>>46
>人間というのは、どこかでそういう存在を
この一言に尽きるね、ゲーノー人だろうが
スポーツ選手だろうが「崇める的」ってのを
なくしてやっていけるほどニンゲン様は強かない。
崇められる当人のお気持ちは量り兼ねるが...。

神と王をつくってしまう(語弊あるかな)のは
人間の業よ、と言えば言い過ぎか。
「私はとっても合理的!」てな連中にはオモシロく
ないわな、天皇制って。

63 :宮内庁:2001/01/31(水) 20:11
皇太子妃雅子がこのまま男子を産まなかったら天皇家は跡継ぎがいなくなって
21世紀中ごろには断絶するぞ。秋篠宮以下の皇族にも男子の跡継ぎがいない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/31(水) 21:05
日本史上、女帝は何人もいるよ。

65 :憂國之士:2001/02/01(木) 00:27
必要も何も、天皇無しに日本は存在せず、日本無しに世界は
存在しないだろうが。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 04:46
>>65

んなことぁない。



67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 05:01
天皇は必要だな。
日本が停電したときのための補助電源として。

権力が2つあるから幕末に外国が日本と交渉するのに苦労した。
幕府は認めても朝廷は認めていないという理屈も通る。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 05:06
権力が2つあるから幕末の時に外国の勢力に占領されなかったんだっての。
ノラリクラリとお互いの責任にしている間に、国内の体制を整えることが出来た。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 09:31
海外に長くいて色んな国のやつらと会ってりゃ
しみじみ分かるのよ、天皇制はありがたいって。
アメリカ人はイギリス王室が、韓国人は皇室が
気になってしょーがないってなもんだし。

合衆国だいとーりょーったって、「歴史と伝統」なるものの
前では軽いもんよ。

このまんまじゃ日本も衰退するだけなんだろな。 ど貧乏国家に
転落したそのときこそ、なにをアイデンティティーとするのか。
何を拠り所とするのか。

共和制ど貧乏国のってのはみっともいいものではないからな。
彼の、おろしや国にも皇帝がいれば、あすこまでグダグダに
なることはなかっただろうに...。

70 :アスリート名無しさん:2001/02/02(金) 09:55
>>69

賛成です。

71 :瑞穂:2001/02/02(金) 23:22
>69
俺もそう思います。

72 :土井たかこ:2001/02/02(金) 23:31
ウチも天皇制護持や〜

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/02(金) 23:40
おフランスでさえ、イギリスよりカクシタだしな

まだ、アレルギーもあるだろうが、
時代が、進むほどに、なんらかの形で、残すのは賛成だね

今のままが、いいとか、ましてや50年前の形も嫌だけどね

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 01:00
確かに、フランスはもったいないねぇ〜。
革命時に盛り上がっちゃったし、まあしょうがないんかいな。
今のドイツにしろロシアにしろ、それぞれ事情があるとはいえ、
やっぱり伝統的な王室をうらやましく思うこともあるかもね。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 07:13
最近のおもしろい例としちゃ、オーストラリアは
きょーわせーはいらんと、つまりエリザベス女王さん、
まだまだわしらの女王でいてちょーだい! となった
ことね。

豪は曲うことなき先進国;ただ、哀しいかなオージーには
依ってすがる文化があまりない。 学芸員としてのアボリジニィー
に頑張ってもらうしかない。 こんな国には間接的にでも
王様てのが欲しいわな、箔付けたいから。 わしら共和制で逝く
ですぅ〜ってことになれば、いよいよ欧州からも隔離され、
かといってアジアには遠い。

オーストラリアの選択は正解だった。
まぁ、フランスはフランスで正解だった。 あすこに
王室があったら連中はもっと鼻持ちならないやつらになって
いただろう。 おフランスにはミッテラン程度でじゅーぶん。

76 :名無し三等兵:2001/02/03(土) 19:25
共和制に憧れるのは品の無いドキュソ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 20:38
オーストラリアの今のシステムだと大統領を直接選べるけど
>>75
共和制に変えたら大統領を直接選挙できないとかいうのだったから
まだ女王様でいてください。ってなったとかラジオで言ってた。

ワシは天皇制が少なくとも悪いとは思わんです。
皇室外交なんて政治家の外交よりよっぽど役にたってるじゃない。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 05:23
>皇室外交なんて政治家の外交よりよっぽど

皇室が無かったとしよう、果たして
日本の外交ってのはどれだけミジメな
ものになることやら...。 想像してみましょ、
ほ〜らだんだん怖くなって夜も眠れなくなるぞぇ。

さてさて天皇がさんが外国に行きました、
「しかし、現地には戦争責任を
追求する市民団体の抗議も...」
一部のドキュソ運働屋さんのタコ踊りを
「市民の声」として取り上げる媒体、
侮日新聞サンほか、暢気なもんですぜ。

ところでこのスレにはプチ筑紫君は
いないのかな。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 16:19
科学が進んで無い未熟な時代は天皇制も宗教も必要だが
これだけ科学が進んでくるともはや不要、無用の長物
宗教の不要になった社会が理想の社会
天皇、宗教論者は天皇とともにシベリアにでも隔離せよ

80 :>79:2001/02/04(日) 17:03
>科学が進んで無い未熟な時代は天皇制も宗教も必要だが
これだけ科学が進んでくるともはや不要、無用の長物
宗教の不要になった社会が理想の社会

あなたは共産党員ですか?

81 :花と名無しさん。:2001/02/04(日) 17:22
天皇制がなくなったら雅子サマや紀子サマのお帽子の話題で盛り上がる事も無くなってしまう。
それは悲しいです。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 18:26
>77
オーストラリアに大統領はいませんよ。
確かに現段階では英国王室をとったわけですが、近い将来、共和制になるのは必至でしょう。
みんな英より米だと思ってますから。
特にオリンピック以降、もろにアメリカの影響を受けまくっています。
まあこれから日本と同じようなを歩むのではないでしょうか。

83 :82:2001/02/04(日) 18:28
同じようなを>同じような道を
すみません。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 20:28
>79
君は幼い。
科学が宗教になった世界がどんなに怖いか知らないな。
合理的に人を殺すこともできるんだよ。
例えば人の価値を数値化して間引いたり。すごく合理的だろ。
なんで人を殺したらいけないか、なんで麻薬はいけないか、
個人が望めばいいはずじゃないか。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 21:14
そういや首相だったかな?なんにしろ、共和制になるとエライ方を間接選挙でしか選べない、
現状だと選べるってので現状維持になったそうです。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/04(日) 21:15
↑日本みたいに政治家がエライ方を決めるってことね

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 00:49
世継ぎ誕生は望み薄・・・・・・

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 01:10
科学至上主義自体が近代が生み出した宗教ですからね。
それのみの一本足で立とうとすることは危険なことです。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:32
>>79
宗教はアヘンだってか?(藁)

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:43
>>79
>これだけ科学が進んでくるともはや不要

ニュートンさんの法則をもって「物理学は完成された」つまり
これ以上研究の余地はないぞと当時の人々は思ったわけですな。
そのころ多くの民は思うたことでしょ、「これだけ科学が発達
したんだから...」

科学そのものは大して進んだわけではない、その基礎を応用して
物が増えているだけなのよ。 発明王と呼ばれたエジソンだって
幾多の発明でもって文明の発展に貢献したが、科学的な発見は
一つしかしていない。

物は増えている、しかし精神面での発達はちっとも進んでいない。
物心の均衡が歪(いびつ)になればこそ精神的指針が必要と
なるだろ。

79氏、そこんとこ今一度考えてみれ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:48
>>84
>合理的に人を殺すこともできるんだよ。
昔からそうじゃん、世界。

>例えば人の価値を数値化して間引いたり。すごく合理的だろ。
宗教だって、因習だって、「合理的に」価値体系決めてたじゃん。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:53
 天皇は神の子孫。という存在理由も敗戦で崩れてはや50余年。
家柄がどうかということに振り回されるのはもうやめたほうがよかろう
いまだに結婚差別があるんだもの。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 02:56
>>91
天皇制だって「合理的に」考えて残してるんだろ、バーカ。

>>92
意味不明。
天皇制が差別の元凶てか?(藁)

94 :長文スマソ:2001/02/05(月) 04:48
>>91
ちょっと違う。
昔から合理性というものが最も重要視されていたわけではない。

「合理的=理にかなう」という意味ならば昔から人は合理的に行動していた
(価値体系に関わらず正しさ判断をしてきた)となるが、科学的合理性と
理にかなうこととをごっちゃにしちゃいけない。

昔は「正しさ=賛同者の多さ」だったり、「正しさ=偉い人の意見の一致」
「正しさ=先人の道」「正しさ=自然災害・豊作等による追認」だったりした
わけだが、それらかつての正しさの基準となるものに代わって、
「科学的合理性」というものがもっとも信頼されるようになった。
言いたいのはそういうことでしょ?

-----

実際クローン技術をめぐる議論を見てもわかるように、正しさの基準と
いうものが科学的な(資本主義的といってもいい)論拠へとどんどんシフト
しており、倫理的な反論や既存の社会の掟に基いた反論が無力化している。
むしろ、(倫理的・宗教的etc.)既存のあらゆる論拠というものが、
科学的な観点からの論拠へと読みかえられ、科学の体系を強化するための
ものとして利用されつつある、そういったほうがいい。

愛情は単なる脳の機能となり、人殺しが悪なのは遺伝子の伝達可能性の
問題となり、夜中に爪を切っちゃいけないのはただの経験則の問題になり
(→迷信と呼ばれる)、喜びは脳内電気の発火になり・・・
こうなっちゃ>>84さんの言っているようにただの宗教ですね。

全ては物質「のみ」によって説明される、そういうドグマに支配された世界。
う〜、気持ちわる。
白人どもは単純バカだからこうなりそうだけど。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 10:41
>>94
まさに物教ですな。

さて、天皇制が他の王制(王室)と比べて強靭なのは、
広く民衆と歴史を共有し、カリスマを分配しているからだと思う。
ちょっとした地主や小金もちなら、
先祖(の一人)は武士の○○で、それは○○天皇の子孫・・・
とかいう伝承があるだろう。
僻地や離島には平家の落人伝説があるし、
確率的にも、父方にも母方にもまるっきりそういう話を
聞かないほうが珍しいかもしれない。

そうやって天皇家のカリスマのおこぼれを
自らも世襲によって受け取っている場合、
天皇制を否定することは父親や祖父のプライドを否定することにもなる。

ところで、天皇制のカリスマ世襲を否定する人は、
私有財産の世襲相続も否定するのかな?
両方否定するなら筋が通っていると思うが・・・

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 12:29
>つうか、どうやって固定資産を持ち帰るのですか?アホですか?

日本人の固定資産なんだから、ちゃんと所有権を尊重すればいいだろう。
そんなことも考えつかんのか?正真正銘のアホだ(嘲笑)

>格別に酷かったのだよ。あんましよその国ではやってない

よくまあそんなウソつけるな。
旧植民地でどれだけそういう件があったか全く調べてないだろ。そもそも
大勢の黒人が何でアメリカのいるのかすら知らないらしいし(藁)
同時代だってソ連やドイツの強制労働がどれだけ酷かったかについて幾ら
でも資料がある。泰面鉄道どころじゃないぞ。
(例:スターリングラードで捕虜になったドイツ軍人32万人の内、戦後
故郷に帰れたのは僅か数千人。9割強が過酷な強制労働で死亡している)
そう言えば以前にも慰安婦問題でよその国の慰安所について無知丸出し
のバカ発言してたけど、沈黙したのは自分で
「一つでも該当すれば犯罪行為が成立する」
と言い切った条件を適用すると、どこの国も引っ掛かってしまうから
「日本だけ」悪かったことにしたい君にとって都合が悪くなってしまっ
たからだろうな。

>仮に、元慰安婦に数百億円補償したとしても、日本の対外評価が高まる
>分だけマシ。

高まるわけないだろ。金になると思ってもっとタカリ連中が増えるだけだ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 12:35
ドキュソ・サヨうざい

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 16:21
私は今までに無神論者あるいは無宗教という人に出会ったことがない。
無神論者・無宗教者を自称する日本人はたくさん知っているが。

遺伝子操作やクローン人間も何が問題だ。
借金が返せないなら、奴隷として売り飛ばし返済するという契約も禁止すべきじゃない。
なぜ、法では拘束できない人権などが存在すると主張するのか。

誰かも書いていたが、愛や死を悲しむ心も単なる脳の電気信号でしかない。
本当の無神論者なら、親兄弟の死体もただの物質でしかないないのだから
蹴飛ばそうが何も問題ないはずだ。
火葬は地球を温暖化させるだけだからペットフードに加工するか、
畑の肥料にでもした方がよろしい。
だが、そんな異常者はまだ見たことがないぞ。

我々は時において物質や合理性を超えた価値があり得ることを、
普段は自覚しないが無意識のうちに知っている。
宗教のみが絶対などという原理主義のことを言ってるのではない。
もっと自分の心について深く考えてみることだ。

99 :憂國之士:2001/02/05(月) 20:16
天子様、我死すとも護國の鬼となり尽忠報國仕り候。

100 :平岡公威:2001/02/05(月) 21:37
「天皇制」との語は、昭和七年(1932年)のコミンテルの
「世界の王政を打倒せよ(1922年のブハーリンテーゼの決議踏襲)」
との綱領の日本語訳に於いて最初に用いられた用語です。
確かに日本共産党は、結党時より天皇制の廃止を掲ていたました。
1927年の日本に関するテーゼでも重要項目していました。
しかし、第一次共産党(1922-24年)は、天皇制打倒を思想的基準として集まった党ではなく、
1926年再建の第二次共産党にしても、コミンテルンから天皇制打倒のスローガンを指示され、
個々の党員の決意としながら、具体策もなく漠然と共和制を考えていただけの烏合の衆でしかなかったのです。
「天皇制」と用語は、反対の意思を内包した用語です。
一水会の鈴木は、それを理解せず本の題名にその用語をしています。ドキュソとされても仕方なし。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 22:05
そうなんですよ。
だから私も「天皇制」という言葉には抵抗があります。
ではどういう言葉がいいかとなると適当なのが他にないんですよ。
スメラミコトの道とかいうのも長ったらしいですからね。

102 :名無し三等兵:2001/02/05(月) 22:39
昭和天皇在位を認めたのは大統領制国家のアメリカ合衆国であり、全ての責任はあちら。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 23:11
そういえば、今の天皇は、アメリカ女に「再教育」されたんだったな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 00:14
なんだそりゃ。
じゃあ、昭和天皇はえげれす女に「教育」されたのか?
ま、実際イギリスの立憲君主を目指したのはたしかだけどな。

105 :平岡公威 :2001/02/06(火) 00:31
>>101
伊藤博文は、初期段階では、制度のことを「皇室」と称していました。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 09:15
>>95
95には単純に書かれているが、これこそが
漠然とした庶民感情というものの本質でしょう。

平岡殿、「天王星」と云う用語が内包するもの、
おいらははじめて知りましたです。 勉強になりましたぜ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 00:33
話は趣旨からズレますが、皇室のワイドショー化については
みなさんどのようにお考えですか。
私は反対なんですが。
理由は皇室を国民に知らせるというのならよいのですが、
皇族個人の人柄などに焦点を当てると、
皇室の将来に危険を及ぼしかねないと思っています。
皇族の人柄とは無関係に皇室存在する意義があると思っています。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 01:52
妾も持てない肝っ玉の小ささでは帝王失格。

109 :花と名無しさん。:2001/02/07(水) 03:28
>>107
そんなの何処でもやってるよ
イギリスなんて日本よりひどいんじゃないかな?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 07:30
>>107

需要(皇室の人々の素顔を知りたい)があるから供給(ワイドショー)が
あるのでは?
国民が皇室に興味を持たなくなれば、自然とワイドショー化は沈静化するでしょう。
しかし、その時、国民が皇室維持に賛成するかどうかはわかりません。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/07(水) 10:25
>>110 さんね、

「もっと開かれた皇室を」なんてのは結局は
マスコミに都合のよい言葉でさね。
朝日(ちょうにち)の「懐妊」フライング報道は
えぐかったよねぇ。 「しかし 国民がそれを望んでいる
のだから仕方ないことだ...」こんな戯れ言は
いつまで許されるのだろね。 「開かれる」てのは
ほいほいマスコミに喰われやすくなるてことらしいな。

すべからく需要てのは供給側が造るもの。 世論の「知りたい
権利」を満たすためにマスコミはあるわけじゃない、だって
「これってなんで報道されないのよ」ってことがそれこそ
たっくさんあるでよ、この板に来るひとならいくらでも列挙
したいとこでしょう。 いかに煽るか、これが売文屋の腕だかんね。
(またいかに秘匿するか、これも大事よね。)

皇室は充分開かれていますよ。 これ以上何を 開きたいのだろ、
マスコミは。 「報道の自由」ばかりで「報道の義務」知らず、
このまま逝けば、えげれす式糞タブロイド商法でむたむたに
されますよ、菊の御紋が。

「ドキュソの木鐸」の「開かれた皇室」報道を許すくらいなら、
語弊承知であえていおう、官報を寝て待て。

112 :女帝萌え:2001/02/08(木) 08:23
外交という面を考えれば、女帝はよいよい。
ところで天皇の旦那ってぇのはなんて呼ばれるの?
正式な呼称をおせーてくらさい

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 10:07
えー、でも皇室ってわからないことだらけ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 10:16
>>112
普通ダンナが健在だと女帝にはならないから..
前例が無い.. のかな? 日本史板で聞いてみるか..

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 10:32
人間を「国の象徴」とするシステムである以上ワイドショーネタになるのは当然。
人柄を無視しろというなら天照大神で充分で生身の人間にやってもらう
必要はない。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 13:40
>>111

「もっと開かれた皇室を」って言ってるのはマスコミだけだと思うぞ。

>すべからく需要てのは供給側が造るもの。

これはちょっと違うんじゃないかな。売ろうとして作ったものが
全て売れるわけではない事くらいわかるよね。
いくら供給側が供給しようとしても、それを欲して受け取る人達が
いない限り、実際には「供給」に成り得ない。

人間が人間に愛着を持つようになる出発点は、その人が自分と同じ
人間だとわかった時だ。現人神をやめた人間天皇や皇室に人々が
親近感を抱くのに、ワイドショーや週刊誌がまったく役に立って
ないとは思わないな。
ま、朝日の懐妊報道に関しては君と同じ意見だけどね。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 15:50
>109
英国にワイドショーはないだろ。
「何処でも」とはどこ?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 15:52
>112
皇婿陛下(殿下)、皇配陛下(殿下)

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/09(金) 03:54
>>117

日本みたいなワイドショーはないけど、その代わり「サン」紙という
俗悪新聞があります。王室ネタ、オンパレードです。



120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/09(金) 17:02
>119
結局、やってるのはタブロイド紙でしょ。
日本のように、大新聞やテレビ局が、
皇室・王室のプライバシーを追い掛け回ことはほとんどないでしょ。
一年前の朝日新聞の「懐妊の兆候」報道とか、お妃候補のテレビ報道は
あきらかな人権侵害。日本のほうが大マスコミがやってるぶん、ある意味ひどいね。

そもそも、英国王室と日本の皇室は同じ土俵で比較できないくらい、
政治的立場や環境も伝統も違うんだけどね。
英国王室は政治権力もあるし、莫大な私有財産もある。特権階級だからね。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/09(金) 17:23
>>120

サンはタブロイド紙ではあるけど、影響力は大きいよ。

あと、イギリスは日本と違って高級紙と一般紙・タブロイド紙の区別が明確
な上に、高級紙を読んでる人間が少ない。
日本はある意味、朝日や読売も英国的見地からしたらタブロイド的という事
だろうな。ま、日本に高級紙はないってことだね。

122 :宮内庁:2001/02/09(金) 20:08
>112
残念ながら日本の歴史上旦那を持った女帝は存在しません。持統天皇のように
旦那の天皇が死んだため皇后から天皇になりましたが、再婚はしませんでした。
孝謙天皇や明正天皇、後桜町天皇のように天皇の娘から天皇になった人は生涯
独身でした。日本の歴史上女帝や女帝予定者の配偶者というのは存在しませんでした。
存在しなかったから呼び名はありません。今後女帝や女帝の配偶者を認めるのなら
呼び名を考える必要があります。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:31
おいらのカキコがとんでる...新さーばーになったから?
>>122
宮内庁殿、詳しい御回答有難う御座います。
新たに名称を考案するにあたっては、あれですかぃ、
元号を決めるよう流れでいくんすかね。 どちらかの
お偉い大文学者先生にでもお願いして。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 02:59
>>121
基本的に新聞の内容に思想的な物が反映されてたらタブロイド紙だよな。

125 :名無し三等兵:2001/02/16(金) 19:22
アメリカが最も日本に対しコンプレックスを感じている制度。
どんな大金を積もうが奴等には到底、この歴史と伝統と権威と洗練は真似できない。


126 :名無し三等兵:2001/02/16(金) 19:29
アメリカの大統領なんて
歴代天皇にくらべれば全然箔なんいない。
最高級手打ち蕎麦とまるちゃんのカップメンの違い。
あっちは所詮インスタント。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 19:43
>125
>コンプレクス

おいおいそれは逆だろう?

英国の王政や貴族社会が嫌で、そうした制度の無い社会を理想として
移民してきた人が契約によって作った高度に人工的社会が合衆国だろ?

また天皇制はGHQ占領初期にいくらでも廃止しようと思えばできたが
(事実それも検討された)しかし残した方が米国による占領政策に便利だと
いうきわめて実利的判断で残したまででしょ。

日本の天皇制については馬鹿にすることはあっても「ああいうのが欲しい」とかは
間違っても思ってないと思うよ。
つーか俺の個人的交友の範囲ではそもそも日本が王政なのを知らない米国人も多い。

退役軍人とかの古い世代を別にすれば今の若い世代では日本の天皇制なんて
好悪以前に「無関心(別に知らないし知りたくも無い)」が多くの米国人
(日本人さえ?)の基本的態度でしょ?
ま、その善し悪しはともかく・・

また退役軍人世代にとっては「ヒロヒト」は「ヒトラー」と大差ないバッドワードですし・・

いずれにせよ「コンプレクス」は無いと思うけど・・

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 19:45
そんな天皇と皇室という伝統を平気で放棄しようと
考える人が多いのにはおどろきますね



129 :名無しさん:2001/02/16(金) 19:50
それにしても昭和天皇がヒトラーと同じなら
ビクトリア女王もヒトラーと同じですね。


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 19:53
>128

天皇制っのも決して太古から日本全国の「伝統」では無かったからでしょう?

沖縄なんて代表的だけどあそこは近世まで独自の琉球王朝・王室があった。

他にも天皇家が日本全体の「伝統」として受容されたのは地域ごと時代
ごとに格差があり決して太古から普遍的に日本の伝統であった訳じゃない
っていう議論も多い。

もし「伝統」を言うなら琉球王朝も復興せよ、って話になるはずだけど
あんまり「保守」派のひとは言わないよね。



131 :名無し:2001/02/16(金) 21:17
天皇制は日本人にとって利益があり、反日外国人には利益がない。
反対するのは,日本人の宝だから。
外国人の飼い犬となっても後で煮て食われるだけ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 22:57
>127
ケネディ王朝、ブッシュ王朝はどうなのかね。
歴代大統領の選挙は、英国王家と血統的に近い人物が
勝つということをどう考えるのかね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 22:59
>130
>沖縄なんて代表的だけどあそこは近世まで独自の琉球王朝・王室があった。

しかしその琉球王朝が、祖先を源為朝としていることをどう考える?
源為朝は天皇の子孫だよ。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 23:00
ノーベル物理学賞を受賞したアインシュタイン博士は、受賞翌年の1922年(大正十二年)
に来日した。彼が日本でみたものを次ぎのように語っている。

「近代の日本ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的な発展には、他の国と異なる
何かがなくてはならない。この国の歴史がそれである。この長い歴史を通して一系の天皇
を戴いてこれたということが、今日の日本をあらしめたと断言できる。
 私はこのような尊い国が、世界のどこかに一ヶ所くらいなくてはならないと常々考えていた。
なぜならば、世界の未来は進むだけ進み、その間、幾度か争いは繰り返されて、最後の戦い
に疲れるときがやってくる。その時、人類は必ず真の平和を求めて世界的な盟主をあげなけ
ればならない時が来るに違いない。
 その世界の盟主になるものは、武力や財力ではなく、あらゆる国の歴史を遥かに越えた、
最も古く、最も尊い家柄でなくてはならない。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らなくてはならない。我々は神に感謝する。我々人類に
日本という尊い国を作っておいてくれたことを・・・」

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 23:03
>歴代大統領の選挙は、英国王家と血統的に近い人物が
>勝つということをどう考えるのかね。

興味深いですね

素朴な質問なんですが具体的には歴代大統領のうち何割くらいが英国王室の血縁なんですか?
また血縁関係はどのくらいの近さなんですか?

またそのこと(血統)は選挙民の多くは知っていて考慮した上で投票するんですか?



136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 23:06
>133

だったらなおさら日本の保守派は琉球王朝復興のために尽力しなくては(w



137 :>135:2001/02/16(金) 23:07
逆に英国王家と血統的に近い人物が有力者である
ということが多いんじゃない?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 23:25
>>130
>他にも天皇家が日本全体の「伝統」として受容されたのは地域ごと時代
>ごとに格差があり決して太古から普遍的に日本の伝統であった訳じゃない
>っていう議論も多い。

激しく同意!
天皇家の権威なんて薩長が討幕の口実のために引っ張り出したに過ぎない

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 00:41
>133
構わないんじゃない。
琉球王が復活を沖縄がそれを望んでいないということでしょう。
まあ憲法改正するか、沖縄が独立するかのほうが先でしょうがね。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 01:07
>138

戦国時代に日本に来た宣教師が天皇をどう見ていたか、
例をあげてみる。

永禄7年(戦国時代)、宣教師ガスパル・ビレラの報告書に
「彼(正親町天皇)は少しも兵力を有せず、これがため常に
 困窮せりといえども諸人に尊崇せらる」とあり、
翌年のルイス・フロイスの報告書にも
「(日本人は天皇を)日本の頭として、殆ど神の如く尊崇せり」

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 01:13
>135
>具体的には歴代大統領のうち何割くらいが英国王室の血縁なんですか?

全員です。
英国の高級雑誌が毎回調査し、今回も当選前からブッシュ当選を予想してました。
つまり、100%予想があたってるわけです。これはCNNも放送してます。
ただ、「近い」というのは間違いで、「血が濃い」でした。
ちなみにゴアも薄いですが血縁があるそうです。



142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 01:33
>139
そりゃあそうだろ。
初代の舜天王は源為朝の子を自称したが、
その後何度か血統は変わってる。
最後の中山王尚泰の先祖は、伊平屋島の農民出身。



143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 19:10
二千年の文化と慣習の結晶。
ご皇室のご存在は至境の美。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 19:11
アメリカは所詮メイフラワ−に乗ってきた
田舎者が作った国。ポテト臭い。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 21:02
沖縄人の身勝手さにあきれる。
しかし住んでみたい。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 22:22
天皇家に生まれた人には美男美女がいないよね〜
チョンの血が濃すぎるのか…

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 22:36
>146
日本史学会では否定された騎馬民族渡来説を布教するキティサヨ発見。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 22:44
サヨじゃないし騎馬民族渡来説なんて信じてないけどさ〜。
チョンの血が濃いのは事実じゃないの?
天皇陛下を侮辱する気はありませんが。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:11
それを言い出したらきりがないであろうか
大和民族全員、半島や大陸からの渡来者であろうか

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 03:10
>148
>チョンの血が濃いのは事実じゃないの?

おまえ馬鹿丸出し!(藁
日本史の勉強したら?


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 01:50
>>148
〜事実じゃないの?って発言には根拠を付けといた方がいいぞ。
デンパーになっちゃうからな。ただでさえここにはデンパー多いんだし。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 12:56
チョンの血が濃いのは事実じゃないの?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 15:01
漢の血も濃いぞ。多分。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 20:18
何年か前の話だが・・・・
イスラム圏で販売されていた日本製の4WD車のタイヤの溝の模様が、
あちらの「アラー」という文字に似ている、と大問題になり、回収騒ぎになった。
まあ、科学的なデータに基づいてタイヤの溝を決めたわけだし(たぶん)、その後の対応も問題なかったのであるが、気になることがあった。
あちらの人がインタビューで「もしタイヤに「天皇」という溝が刻まれていたら、日本の人は怒るでしょう!」と言うのである。
アホぬかせ、そんなもんいまどきマジ右翼以外におるか!と爆笑したのだが、考えさせられる発言である。
海外には、日本人は未だに天皇を崇め敬っている、と思っている人もいるようである。(冗談じゃねえ!吐き気がするわい!テンコロなんざ死んじまえ!!)

しかし、気持ち悪い事だ。右翼以外の正常な日本人は、普段天皇など意識せずに暮らしているのに。
この海外での日本の天皇制に対する認識は、
アジア各国からの、日本が過去に行った行為&度重なる政治家の失言(つうか、実は本音)に対しての厳しい視線を、さらに強くする要因になっているのだろう。

今の日本人は、「戦争なんて昔の事、天皇はただのシンボル、日本は経済と科学技術で世界と競う、平和を愛する国」と思っていても、
周りの国では、「日本は侵略戦争の旗印だった天皇を未だに国の中心に置いている。何しでかすかわからない恐い国」と思っている人々も多いのだろう。

ま、ドイツにたとえるならば、ヒトラーの倅が大統領やってるようなもんだからな(藁


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 20:33
>>154
>周りの国では、「日本は侵略戦争の旗印だった天皇を未だに国の中心に置いている。何しでかすかわからない恐い国」と思っている人々も多いのだろう。
国によるね。
韓国・朝鮮や中国などでは未だそういう人も多いが(実際教育方針がそうだからなんだけど)
マレーシアやインドネシア、台湾の人たちは概ね対日感情も良いし、天皇制容認派も多い。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 20:41
>>154
多分あなたは在日なのでしょうね。
日本に居住して経済基盤を持ち、日本以外での生活が考えられなくなっている
のにその様な歪んだ奇形な意識を持ちつづけるとは。
日本人の大多数は消極的ながらも天皇制支持派ですよ。
(昨年の読売新聞世論調査では)

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 22:15
でも最近の若い人はマジで天皇制なんかどうでもいいって思ってるよ、
俺は日本は憲法改正して正式に軍隊を持つべきだと思うし、
核兵器の保有って選択肢にも絶対的なアレルギーは感じない、
あと移民を受け入れたり外国人に参政権を与えることも反対
でも天皇なんてどうでもいいと思ってる、今の若い世代には
ナショナリズム=右翼、皇室崇拝ってのは当てはまらないと思う、

それと最近は日本人より外国人の方が天皇制に肯定的なのかも
しれない、以前中国人の留学生(今は日本で働いている)と
政治の話で盛り上がってて、天皇制について話が及んだ時に
半分冗談で「天皇制なんていらない、国の名前も日本共和国
の方がかっこいい」みたいな事を言ったらって言ったら引かれた。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 22:23
>>157
それはオマエがバカだからだよ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 22:24
俺は若いかどうかわからんが天皇制なんかどうでもいいって思ってる
つーか普段あまり意識はしないな。
しかし、積極的に廃止する理由も見当たらないし(天皇が)存在してもいいとも
思ってる。まぁ、大昔は胡散クセーが1000年以上続いている家だし、
重要文化財みたいな感じでいいんじゃねーの?
名目上「王室」だから外交にも使えるし。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/02/21(水) 23:13
>>159

まあ、煩い毛唐とかと話すときに天皇の万世は一系の話をすると
大体静かになる。結局、王室とか皇室とかを持ってる国は
何とも思ってないが、無い国はコンプレックスを持ってるんだよ。
俺はそんなコンプレックス持つようになるくらいなら
天皇制は残すべきだと思う。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 23:15
>152
おまえの願望。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 23:17
 あるユダヤ人が天皇について語った文がある。彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わった男である。彼は著書『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。以下は長くなるが、この本からの抜粋である。

「万世一系の天皇を頂く日本人は幸せである。この万世一系の天皇は、如何なる意味を持つとお考えであろうか。この点では、ユダヤ人が僭越ながら日本人に少々参考になる意見をお聞かせできるかもしれない。日本人からすると、万世一系の天皇といってもピンとこないかもしれない。他にどんな天皇があるのか、と反問されるであろう。だから日本人は幸せだと思うのである。何故か。ヨーロッパの王朝というものはみな混血王朝である。歴史上、しょっちゅう外国から国王や女王を輸入した。しかも王朝の権力が強くなればなるほど、外国からますます輸入するようになる。何故か。王朝の権力を弱める必要からである。国内から昇格させようとすると当然争いが起こり、国内が乱れるのでまずい。その点、外国からの輸入君主は当たりさわりが少なく、しかも飾りものなので、最も有効な方法ということになる。」

「我らの大思想家ジャン・ジャック・ルソーの言葉を思い出して頂ければ幸いである。ルソーは「我もし随意に祖国を選べと言われれば、君主と国民との間に利害関係の対立のない国を選ぶ。しかし現実にそのような国があろうはずもないから、やむをえずその代替物として民主主義国を選ぶ」と言っている。ここに全てが盛られている。ヨーロッパの王朝では常に君主と国民の利害が対立している。しかるに、日本の天皇制は決して利害関係の対立などない。仁徳天皇の「民のかまどに立つ煙り」の故事を説明するまでもなく、利害関係の対立は全くないのである。これこそ君民共治の見本である。」

「ユダヤ人はルソーの言葉を待つまでもなく、長年(2000年以上)このような君主制を夢に描いてきたのである。しかし祖国を持たないユダヤ人は、王を頂くこともできなかったのである。わずかにユダヤ教を“携帯祖国”として持ち、これによって民族の連帯と発展を推し進めて来たのである。キリスト教国では、このような高尚な理想を持った国は永遠に現れないであろうと思う。その点から見ても、ユダヤ人は日本人には及ばないが、一般西洋人よりは優れた民族であると日本人に認めていただければ、はなはだ光栄出ある。(以下略)」

163 :伊藤博文:2001/02/21(水) 23:34
曰く、「日本には天皇を措いて国の機軸となるものがない」。
噛み砕いた話、倫理観、いわゆる道徳を根拠付けるのには、
絶対者を仮定するのが有効である。普通の国だと神か解脱者・
僧侶だが、戦前日本では天皇がその役割を果たした。天皇中心の
世界観を提示し、道徳を基礎付けたのが教育勅語である。
実際には天皇は政治的実力者の道具にされかねないものだったの
だが。(所詮は生身の人間だしね。)なお、テロ・クーデターが
多発した時期は、教育勅語で育った世代が50歳台に達して世代
交代が完成した時期に一致する。

戦後は経済復興・成長が価値観の根幹をなしたが、バブルの崩壊によりそれも
崩壊して現在に至る。


天皇は、ないよりはあった方がましなんだろうかね。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 23:50
天皇陛下から勲一等を受けるのと森ソ〜リから受けるのでは
天皇陛下から受けたいと思うだろうね。
捨てがたいブランドですな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 02:17
米大使、離任を延期=実習船沈没事故で陛下におわび(時事通信)

 米国のフォーリー駐日大使は21日、3月中の離任を前に天皇、皇后両陛下と会見し、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」と米原子力潜水艦「グリーンビル」の衝突事故に関し「大統領と国民すべてを代表して心からおわびの言葉を申し上げます」と謝罪した。同大使はこの席で、当初3月1日に予定されていた帰国を、大統領の命令で延期したことを明らかにした。
 天皇陛下は「まだ9人の行方不明者があることを深く案じています」とした上で、「米国が捜索と(事故原因の)解明に力を尽くしていることは多としておりますが、事故の全容が正しく解明され、行方不明者の家族をはじめ関係者の心が安らぐことを願っています」と述べた。

[時事通信社 2001年 2月21日 00:47 ]
http://news.yahoo.co.jp/headlines/jij/010221/dom/17414501_jijdomx571.html


166 ::2001/02/22(木) 03:05
天皇制?失敬な。というより、失礼な。
その言。
天皇制賛成や反対って、言ってる方は、
日本制賛成?反対?って、言ってるようなもんだ。
よく、こんな、スレがたつもんだ。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 05:41
天皇制も憲法九条も偶像視しない若者が増えてきている。
こういう状況の中で、右派も左派も従来の党派心にがんじがらめにされて
何ら有効的な言辞を吐くことができない。

左右の勢力からあぶれた多数の若年層を吸収するのはいったい誰なんでしょうね?

168 :名無し三等兵:2001/02/22(木) 08:27
>>167
小林よしのり(藁

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 12:35
>>164
うちのじぃちゃんは昭和天皇から勲2等と菊の紋入りのタバコをもらった(笑)

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/22(木) 12:39
sfd

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 05:54
>米国のフォーリー駐日大使は...

皇室がなけりゃこの大使さんも、Regretの一言で
済ませたことだろな。

「日本国民の民主的手段によって選ばれた国家指導者」なんてのが
いたとしても、当然、駐日大使隔靴のほうが断然おエラくなって
しまうんだろしね。

皇室なくしちまったら米大使館が総督府に成り上がるんだろしさ。

きょーわせーなんざぁ、喧嘩強いモン勝ちのジャングルの掟よ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 15:59
なるほど。
age

173 :無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 17:11
天皇「制」っていうな。制度じゃないよ。
伝統だよ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 17:15
歴史的事実から見ると
仏教が神道の上にたっていた江戸時代は300年近く
平和が続いた
明治になって神道が仏教より強くなって王制が強力になってから
日清戦争、日露戦争と連続しておこり日本人が多く死んだ
太平洋戦争では天皇の力が最強力になり 最大の死傷者
数百万人が死んだ
天皇の力が強くなるほど日本人の血が多く流れるというのは
日本歴史を少し勉強すればすぐわかる
天皇の力との日本人の死傷者数は正比例する、、歴史の公理

175 :名無し三等兵:2001/02/26(月) 18:31
>>174

>明治になって神道が仏教より強くなって王制が強力になってから
>日清戦争、日露戦争と連続しておこり日本人が多く死んだ

多くって・・・交通事故程度しか死んでないがね。

>太平洋戦争では天皇の力が最強力になり 最大の死傷者
>数百万人が死んだ

はあ?

なんか「同時に観測された事実間には因果関係がある」というような
原始人並みの論理能力だね。その事実認定にも問題あるけど。

これからの時代、科学的な思考能力を身につけた方がいいよ。
まず因果関係の仮説を立てて、それからちゃんと検証して。
歴史じゃ実験できないのが辛いけどね。がんばれ。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 18:39
>175
君ねえ、日清戦争の203高地でどのくらいの
日本兵が死んだか知ってるの?
 

177 :名無し三等兵:2001/02/26(月) 19:08
>>176
旅順全体で死者1万5千4百らしいね・・・で?


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:13
>>176

あまり詳しくないんだけど、203高地って日露戦争じゃないの?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:21
ああ、日露戦争だった 

180 :名無し三等兵:2001/02/26(月) 19:22
>>174
>>176
>>178
あ、見た瞬間にわかったんだけど突っ込み忘れてた。
まあ交通事故じゃつまらんから、自殺者と変わらんとしとこうか。

年間自殺者3万人+交通事故1万人が、日常の許容範囲なのだから、
10年に1回のちょっとした戦争で死者10万だったとしても、
(当時の人口が半分なら20万相当か)
特別、天皇制による死者が多い、というほどではあるまいって事よ。

まさか、今の不況も天皇制のせいだとか言わないよね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:26
>天皇の力が強くなるほど日本人の血が多く流れるというのは
>日本歴史を少し勉強すればすぐわかる

へえ〜戦国時代はさぞかし天皇の力が強かったんだろうな(藁)


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:48
戦後日本で中絶によって殺された胎児の数は一億に達するらしい。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 19:55
なんだか面倒くさいので勝手に頑張れ

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 20:04
天皇制こそ秩序維持(平和)装置でしょ。
歴史を見ればあきらか。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/26(月) 21:10
憲法改定で皇室をなくし普通の家族にした後の反応。

まず天皇制を支持する人が大きく反撥して政治的に混乱するだろう。
天皇制廃止を支持する人との間で抗争が起きる可能性がある。
そして、皇族の周辺にも、

1、極右や変な宗教団体が元宮家を祭り上げる
2、極左などのテロの対象になる
3、もと皇族の誰かが野望を抱いて結社を作り上げる
4、熊沢天皇みたいなのがたくさん出てくる

といった不安要素がある。
天皇制を廃止して浮くお金は、せいぜい百億から数百億円。
これに引き合うメリットは感じられない。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 00:50
 戦後すぐなら祭り上げられることもあるだろうけど、
(ひがしくに教とか。)毎年の一般参賀社の数を見る限り
皇室の人気が低下した平成の御世では185さんの
心配するようなことは起こりにくい野ではないだろうか。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 02:19
天皇制に関する考え方の朝日のアンケートでは、
無くすべきが9ぱー
権力をもっと付与すべきがぱー(10だったかも)
現状維持が81ぱーだったよ。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 02:26
>>186
お前の脳内だけでな(笑)

>>187
まあ、日本人の大部分が中道右派ってことだろうな。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 02:32
まぁ、統計のいたずらでおそらく無くすべきも権力ふやすべきも実数よりかなり多いことになってるんだろうけど。
そんなにたくさんの人を対象にしたアンケートじゃないだろうし。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 04:11
無駄飯食いに存在価値無し。

ところで、今上天皇の本名は、なんて名前だ?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 04:13

おまえら、勘違いしているようだが、「天皇」は役職であって人ではない。

規範変えれば、誰でも天皇になることも可能だ。

みんも天皇になろう。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 04:19
明仁天皇陛下です

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 05:22
やっぱり左翼は頭が悪いな
そうやってどんどん煽れ。
左翼が天皇を攻撃すればするほど、天皇の求心力は強化されていくんだよ。
まあ、おまえらの思想なんて100年を待たず、まもなく消え去っていくんだがな。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 05:49
<1998年4月29日> 朝刊 1版 総合3面(水曜日)
「皇室」世論調査/「女性の天皇」が50%容認/国民との触れ合いに好感/象徴天皇制、国民に根付く

 本社加盟の日本世論調査会は4月18、19の両日、天皇制や皇位継承の在り方、天皇の国民との接し方などについて、国民の意識を探る全国世論調査を実施した。その結果、皇位の継承で「女子が天皇になってもよい」と答えた人が回答者の50%と半数に上った。女性の社会進出や男女の雇用機会均等化への法整備が進む中で「女性の天皇」を受け入れる意識の拡大を示した。また、天皇が訪問先の老人ホームでお年寄りの肩をもむなど、昭和時代にはなかった国民との接し方について「好感が持てる」と答えた人は83%に上り・国民と共に」を目指す平成の皇室が国民から幅広く支持を得ていることが分かった。
 調査結果によると、皇位継承者を「男子に限るべきだ」と答えた人は前回一九九二年の調査では四七%だったのが、今回は三一%で、女性の天皇を認める意見(前回三%)と順位が逆転した。
 天皇の地位については「国の象徴」とする人が七五%、天皇制の在り方で「今のままでよい」とする人が八〇%で、前回調査とほぼ同じ数字。天皇に「少し政治的な力を与える」「主権者にする」は合わせて一〇%、「廃止する」との声は八%で、象徴天皇制が安定して国民に根付いているのを裏付けた。
 また天皇に「親しみを感じる」とする人が四〇%、「すてきだと思う」が九%で、半数の人が天皇に好感を抱いており、「すてきだと思う」は前回の三%の三倍になった。
 皇族や皇室の出来事への関心は「大いに関心がある」「ある程度関心がある」の合計が六二%、宮内庁がインターネットのホームページづくりなどを通じて皇室の紹介に取り組んでいることについて「皇室情報がオープンになるのはよいと思う」と答えた人は八一%となった。 天皇や皇族にどんな活動を期待するかとの問い(二つまで回答)には「今のままでよい」とする意見が四四%だった一方で「広く国民の声を聞く機会をつくる」が四六%、「福祉や災害の現場でボランティア活動に参加する」が三一%だった。【注】小数点一位を四捨五入した
 ▽日本世論調査会=共同通信社とその加盟社で組織している世論調査機関。調査は同会の委託を受け、共同通信調査センターが担当している。
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 07:36
サヨクは天皇がイヤなら中国でも北朝鮮でもあんたらが
大好きな国に行けばいいのに(笑)

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 09:47
2chの盛況ぶりを見よ、日本の凋落は明らかだ!
皇室を税金泥棒呼ばわりする、国際情勢のなんたるかも
知らぬおまーら、よーく考えな、おまーらの孫の代には
日本はもっとみっともねぇことになってるだろ、
そんな時、他所様からなめられない唯一の頼みの綱が
「皇室」だ。

共和制だの真の平等を実現してこそ、世界から真の民主
国家と認められるのテス、たぁ申しますがね、それは、
「化粧をしたり着飾るべきではない、それは、全ての
女性は等しく美しいのだから!」なんてセリフと同じでネ、
文句言えないくらいの正論かもしれないが、空々しいでしょ。
誰も本心では思っちゃいない。
みんな手の届かないような美人が好きじゃない。

「いや、それでも!」とおっしゃるなら文化大革命でも
やってみるか、サヨちゃん達。 みんな憧れてるんでしょ、
革命の闘士! なんてのになるの。

革命してぇ! のモト、異常性欲衝動がおまーらには
たっぷり溜まってるもんな。 同情はする。

ブサヨクとはよく言ったもんだ、ルサンチマンも
「美人 vsブス」の図式以上のものなんてない
でしょ。 敬う側と妬む側。 おいらは前者で
仕合わせもんよ。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 10:42
右か左にすぐ分けちゃうのはナンデ?
私現在個人的生活には「不要」でもたぶん社会には「必要」こんな風に思います。
そして結果的には社会に生きる私として「必要」となるのでしょう。
別に崇拝する対象でも憎悪の対象でもありません。

んまぁ、ともかく、天皇という仕事も結構大変だと思う。
たぶん自分にはそんな環境は耐えられないだろうし(あろうはずもないが)、
2ちゃんのようなページも見ることもなく一生を過ごすことになるであろうから
タイクツかなって思ったりしてね。
そこが俗と聖のアレか。

ところで、天皇って戸籍はあるのですか?
パスポートがないって言う話を聞いたことがあるのですが、(ウソか本当かし知らんけど)
とすれば天皇は日本人なのでしょうか。(血の話はおいとくことにして)
ちょっとした好奇心でした。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 02:50
簡単なサヨ・ウヨ判定法

天皇制は嫌いだが現天皇は好き=サヨク
天皇制は好きだが現天皇は嫌い=ウヨク



199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 04:03
記者:昭和天皇の戦争責任をめぐる長崎市長発言が大きな波紋を呼びました。
   天皇制、とくに戦争責任について自由な論議が封じられる風潮があり
   ます。天皇制をめぐる言論の自由についてどうお考えですか。
天皇:言論の自由が保たれるということは、民主主義の基礎であり、大変大
   切なことと思っています。
記者:言論の自由というのは、戦争責任について論じたり、天皇制の是非を
   論ずることもふくまれますか。
天皇:そういうものもふくまれております。
(平成元年八月四日、即位後初の記者会見より)

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 04:08
天皇陛下ばんざ〜い


201 :名無しさん:2001/03/09(金) 04:19
>ところで、天皇って戸籍はあるのですか?

この一言でこいつのほざいてる事すべてパーになったね

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 05:39
天皇は無用の長物である。これは荘子の言葉で要らないのではない、
要らなく見えるものにこそ実際には大きな効用を持つことを説いた言葉だ。
天皇は村の鎮守の神社のよなものだ。
西欧で言えば教会や公園に相当する。

203 :意地悪:2001/03/09(金) 05:49
文化に違いのある関西人と関東人が戦って
民族浄化をしないのは天皇のおかげ。

イギリスに天皇がいれば、
スコットランド、イングランド、
アイリッシュの内戦やテロなど
島国内部でのトラブルははなかったはず。

ユーラシア大陸のフランスやドイツと戦争をする回数は
増えていたかもしれないけれども。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/09(金) 05:56
天皇って給料もらうの?

205 :日本人?:2001/03/09(金) 09:53
>>203
そんなに単純な問題か?宗教的対立も無視して?
それにかの国には立派な王室があるではないですか…

206 :昭和天皇はA級戦犯だよね!:2001/03/10(土) 01:46
なんで処刑されなかったの?

207 :昭和天皇はA級戦犯だよね!:2001/03/10(土) 01:55
1945年2月、近衛文麿ら重臣が天皇に戦局の見通しを上奏した。
近衛は天皇に「敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存じ候」と主張したが、
天皇は「もう一度戦果を挙げてからでないとなかなかむずかしいと思う」と述べた。

これで、広島・長崎への原爆投下の責任の一端は天皇にあるといっても差し支えないだろう。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/10(土) 02:03
>>206
天皇の不答責。知っとけ。

209 :なあり:2001/03/10(土) 02:08
>204
給料という概念ではないが、国家予算の中から皇室予算がでてる。
>203>205
天皇という存在は実はヨーロッパ等の王と言う概念とは全く違った
ものなのです、言うなら祭祀者とか家長とか言う概念が一番近い
でしょうか。
明治維新のために無理矢理引っ張り出してきたために(徳川家が余
りにも蔑ろにした為でもあるが)、明治天皇が専制君主みたいに思
われてる部分が有るが、実際は今の天皇と大して変わりは無かった。
>206
少しは歴史を勉強しましょう、なぜ昭和天皇が戦犯を免れたのか、
日本の戦後がこの様になったのはどうしてか、結構面白いと思うけ
どね、書くのは簡単だけど調べてごらんどんな利害が戦後有ったのか
、米国の思惑はどうだったのか。
書籍は腐るほど有るから、図書館でも行ったら面白いぞ。

210 :なあり:2001/03/10(土) 02:14
>207
陸軍大臣・海軍大臣及び将校の動きをコメントしなければ為にする
論議になるぞ。

211 :昭和天皇はA級戦犯だよね!:2001/03/10(土) 02:25
>209
一言でいうと、アメリカの日本統治及び日本隷属化の作戦である。
アメリカは日本に対して賠償や戦争責任を取らせるよりも、
西側陣営の一員として反共の防波堤に仕立てることを欲したのである。

しかし、「自分で調べてみろ」と言うのは、相手が知識が無く尚かつ自ら資料を漁る気が無いという安易な憶測からくる逃げの手段だ。
しかも自分も知識が無いことをさらけ出している。
「書くのは簡単だけど」といいつつ何も書かないのは何も知らない証拠である。笑止。

212 :意地悪:2001/03/10(土) 02:29
>206 名前: 昭和天皇はA級戦犯だよね! 投稿日: 2001/03/10(土) 01:46
>なんで処刑されなかったの?

日本を対ソ防波堤として利用するために生かしておいたの。
米軍が天皇を殺して、
日本国民が抗米運動やレジスタンス活動をはじめたら
ソ連の防波堤として日本国民を利用する算段がパーになるから。

213 :昭和天皇はA級戦犯だよね!:2001/03/10(土) 02:39
さすが意地悪殿、見識が高い。

214 :のらくろ一等兵:2001/03/10(土) 02:55
なんてことを言うんだ。
陛下がいなかったら日本はドイツみたいに分断されてたぞ。
軍幹部は、レイテ海戦で日本の敗北をしりながら、その後
も敗戦処理の戦争をし、一億総特攻なんて時代錯誤もはなは
しい政策とろうとしてたんだぞ。陛下のお言葉で日本人一億人が
たすかったんだから、あほみたいなこと言うな。

215 :意地悪:2001/03/10(土) 02:58
>のらくろ一等兵

そのとおりだよ。

216 :昭和天皇はA級戦犯だよね! :2001/03/10(土) 03:05
>214
国体護持のために、木戸内大臣らが裏面工作を回し、
天皇の「聖断」によってポツダム宣言受諾を行ったスタイルを構築したのである。

217 :なあり:2001/03/10(土) 03:17
>212>213
そんな中学の歴史の教科書に書いてある事では歴史がどう動いたか
説明になってないだろ。
当時ドミノ理論という共産化した国家の隣の国は共産化すると言った
論理が米国などで盛んだったことは事実だけど、日本の隣には太平洋
しかないんだぜ防波堤にする意味はどうしてなのか、寧ろ米国は明治
維新以来の日本の状況を評価しててアジアに於ける米国の代理人とし
ての行動を期待してたんではないのか。
相手として評価してたから徹底的に叩きのめした(原爆まで使って)
、軍部の独走が無い状態にしてから経済復興に手を貸した。
要は強敵は良きパートナーになると言うことだな。
そう言う意味からして、日本の共産化の防波堤として韓国を使ったと
言う方が正確だろう(軍事独裁政権さえも許した)。
天皇に関して言われてるほどの政治的力が無かったことは当時の文献
から明らかだ(ここのところを調べて見ろと言ったんだよ)、これを
知ってたから米国は処罰しなかった、勿論君らが言ってるように政治
的利用はしたけどそれは積極的利用ではなく、日本人の求心力が散逸
することを恐れたからだろう。
このことは戦後の天皇に対する米国大統領の扱い方(不敬だけど)を
見てるとよくわかると思うけどな。

218 :意地悪:2001/03/10(土) 05:15
>日本の共産化の防波堤として韓国を使ったと
>言う方が正確だろう(軍事独裁政権さえも許した)。

ああ、アメリカにとってみれば日本の本土が宝物で、
その宝物を守るために韓国を利用したということかしら。

そんなわけねーだろう。
「なあり」さんは日本を過大評価している。
今現在の日本は経済大国だけれども、
あの当時は惨めな貧民国だ。
アメリカにとって経済的な利用価値は低いと私は思う。

219 :意地悪:2001/03/10(土) 06:19
>日本の共産化の防波堤として韓国を使ったと
>言う方が正確だろう(軍事独裁政権さえも許した)。

おそらく、ソビエトが北海道に上陸する恐れがあるので
そういう意味でソ連の防波堤にしたかったんだと思うよ。

でも、もう少し、「なあり」さん独自の
考えを聞いてみたいな。

「なあり」さんは普通の人とは違う考え方の持ち主だよね。
私は生物学屋さんなので普通の人とは違う
ユニークな発想をするのだけれども
「なあり」さんもユニークだよね。

「なあり」さんの話をもっと聞きたいな。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/10(土) 11:31

http://tume.virtualave.net/cgi-bin/up/tume189.jpg



221 :ブラウニー:2001/03/11(日) 00:52
山本七平の本の中で
「(本人が)韓国人の社長と会談中『天皇制はいいですなぁ』といわれ
驚いて『な、なぜですか』と聞き返すと『大統領選をやらずに済みますから』」
ちょうどノ・テウから金永三の頃、ソウルのヨイド島に各陣営がカネをばら
撒いて100万人集会を繰り広げていた時期だから、各企業のトップは各陣営
から金を搾り取られていたんだろうね。
国家元首を選挙で選ぶというのはそれだけ大変なエネルギーの浪費。
その意味で「首相公選制」、気軽に公言してる人多いけど、そのコスト
考えてね。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/11(日) 02:48
>221
大変なエネルギー使って活気付けばいいじゃん。
現状が極悪すぎるから変えようということでしょう。
目の前の道に奈落の底への落とし穴と霧に包まれた道があれば
あなたはどちらを選ぶのでしょうか。

首相公選は一般人がより政治の主役に近づけるいいことだ。
今よりは一部の人々に支持される政策から市民感覚に近い政治になるだろう。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/11(日) 10:45
>222
首相公選制を導入しているイスラエルは、公選制を
やめるみたいね。
なぜやめるに至ったか研究する価値はありそうだね

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/11(日) 11:02
現在の地方自治体の現状をみれば
強力な権限が無いまま公選制にしても悪くなるだけ
議員内閣制は、首相=議会与党なので法案成立が容易だが
首相公選制で議会が野党の場合、既にみなさん御承知のとおり
政治体制を考えるなら、首相公選制より参議院の改革が必要

225 :名無しさん:2001/03/11(日) 12:03
参議院って今なんかの役に立ってるの?
すごく陰薄いけれど

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/11(日) 14:15
レスの本題
天皇は主権者たる全国民を象徴した人物なのに
ただ単に一人間=王様と誤解している人が多いのが問題
これが納得できれば、主権在民のもとでの天皇制は矛盾しない。

国家元首にとって権威(カリスマ)と権限の関係はとても重要
国民(被統治者)からすると権威と権限が分かれているほうが良い
この二つが一つなったとき、独裁者が生まれやすい

今後もし日本が共和制に移行するにしても
元首は国民投票で、宰相は議会+国民の信任投票という形が良いと思われる。
まあそのとき改めて、国民投票で天皇が選ばれることは否定できないが

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 01:38
自由に天皇を公然と批判できる社会ならいいけど。
タブーならば問題あり。なくなってもいいと思うしね。

>イギリスに天皇がいれば、
>スコットランド、イングランド、
>アイリッシュの内戦やテロなど
>島国内部でのトラブルははなかったはず。

日本にどうして戦国時代があったの?西南の役は?
バカみたいな見解。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:12
どうでもいいけどさぁ〜
今時「天皇家」なんてものが存在してること自体おかしいんだよ。
ことさら昭和天皇ヒロヒトは戦争責任を口にしないまま逝ったし。
太平洋戦争ではみんな天皇家の為と称して氏んだんだよ。
親父が取れなかった責任は平成天皇アキヒト、おめぇが取るんだよ!
おい!平成天皇アキヒト!てめぇはいつまで生きてるんだよ!
お前に今を生きる資格はねぇんだよ!!!ヴァカが!さっさと逝きやがれ!
最後の一言「太平洋戦争等で戦死した皆様。大変申し訳ありませんでした。」
を忘れるな!それを言ってから逝け!チョンやろうが!!!!!!

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:26
>太平洋戦争ではみんな天皇家の為と称して氏んだんだよ。

これまちがい。日本人は日本のために戦ったのだよ。
「このままではアメリカに日本が滅ぼされる」っつってな。
自己を犠牲に国を救う・・・う〜ん、美しいね。
こういう意識がない中国なんかでは、敗残中国兵による中国民間人虐殺
が起こってしまった。日本ではありえないことだ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:33
自己を犠牲に国を救う・・・う〜ん、美しいね。
こういう意識がない日本なんかでは、沖縄や満州で敗残日本兵による日本民間人虐殺
が起こってしまった。中国ではありえないことだ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:34
>>227
タブーはないんじゃないの?
>>228の発言を見ても解るでしょう?(藁

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:45
>>230
中国は自国内の殺し合いの繰り返しだろう。
文革で2000万人が死んでいるんだぜ?
天安門事件でも、ケ小平は人口の1%の1000万人を殺してもたいしたことないと言っていたが。(笑い


233 :なあり:2001/03/12(月) 02:49
>218
いや別に経済的に発展してる国に友好国としてその勢力下にいて貰う必要は
必ずしも無かったと思いますよ。
今でもそうだけど米国は超大国だから、寧ろ政治的安定性のある国家で友好
国を欲していたんだと思いますよ。
そうすると文化的にも文盲率の当時から異常にアジアでは低い日本を選択す
るのはかなり意味があることだと思いませんか。
経済は文化度が高ければ国民性が勤勉なら発展するものなのです。
それから天皇が明治から昭和初期の時代を除けば政治的権能を有してなかっ
たのはかなり有名な話でしょう、そう言う意味では今の天皇陛下と何ら変わ
りは有りません。
更に実際は昭和天皇の回顧録にあるように軍部に押されて、決定事項をかな
り制限をされた(少なくとも精神的には)ことは、それほど無理な弁明だと
も思いません。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 02:50
>>230
素晴らしい反応速度だ、チャンコロよ。
2chの敵対発言を監視しているのかね。
支那では、インターネットを自由に扱っていいのはエリートだけだと思って
いたが、君はそうではないのだろうか。
まあ、もともと無駄な君の人生だ。2chで脳無し反射レスをして、ますます
無駄に浪費してくれたまえ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 03:45
1.功罪両面あろうが、1500年間続いてきた天皇制を今廃止する
  積極的な理由があるとは思えない。
2.日本の転換期に国内の軋轢を少なくする為に天皇制は有用で
  あったと考える。
3.権威は天皇家に実権は武家政権にと言う、二権分立国家とし
  ての日本は、当時としては世界的にも先進的でバランスがと
  れた制度を持っていたもので、誇りにしていい。
4.1500年続いた天皇制は、もはや日本人のアイデンティティー
  に深く根付いており、日本の文化として後世に残していくも
  のだと思う。
5.共産主義革命にみまわれた諸外国でも、伝統文化を破壊した
  事を悔やんでいる。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 05:58
明治天皇すり替え秘匿の、その後の歴史への多大な影響

「南朝革命の宣言」は、国外よりも国内に暮らす人々に大きな意味を持つのである。
「南朝革命の宣言」をしておれば、偽朝であった北朝の江戸時代が終わり、
“名実ともに”新しく甦った南朝の時代を国民も政府も正々堂々と主張
し生きることができたはずだったのだ。
ところが現実には、南朝の天皇を即位させたにもかかわらずその事を
“秘匿”するという方針をとり、なおかつその存在を“絶対である“と
位置付けたために、その後の日本国民の精神生活を常に緊張で圧迫することになった。
いわゆる“征韓論”に起因する西郷の下野は、
“礼を尽くして平和的、道義的に交渉して日朝間の国交を樹立すべし“という、
征韓論とは正反対の西郷の主張が閣議で認められ、西郷の朝鮮派遣使節が任命されたにもかかわらず、
岩倉具視と伊藤博文の策略で閣議決定とは反対のことを天皇に上奏することが明らかになったためであった。
伊藤は石城山の力士隊時代の人間関係によって大室寅之祐たる明治天皇を
ほしいままにコントロールできたのである。
このため西郷は即座に抗議辞職し、そのため日朝友好、東アジア平和の貴重な芽をつんだばかりでなく、
後の日清、日露戦争の導火線が敷設されたのである。
さらにまた、伊藤や岩倉の孝明天皇親子暗殺事件を、西郷によって世間にバラされることを恐れた彼らは、
大警視・川路利良に命じて23人の密偵団たる西郷暗殺隊を鹿児島に派遣し、
ワナにかかった私学校生徒の暴発により西南戦争が始まったのであった。
西郷隆盛が朝鮮に行っておれば、常々「敬天愛人」を主張して無益な流血を好まなかった彼だから、
朝鮮を説得して日本の立場を理解させ、後日、日本が朝鮮を侵略することができなくなっただろう。
このことは、江戸攻略のとき徳川側と協議して無血開城させたことでもわかる。
日清戦争が起きなければ三国干渉もなかったし、したがって日露戦争も起きなかった。
また、中国侵略も起きなかったし、日米戦争も起きなかった。そして広島、長崎への原爆投下もなかった。
まことに罪深きは、伊藤博文たちである。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 07:22
>>228
お前、誰かをスケープゴートにすりゃいいと思ってるだろ。
旧憲法下でも天皇は独裁者じゃないんだから、
全部が天皇個人の責任じゃないだろが。
当時は、軍部と世論が開戦支持(内閣は慎重)だったんだよ。
政治に利用された「天皇制」の功罪を問うならともかく、
天皇個人(特に今上陛下)の罪を問えば済むなんてのは幼稚な考えだ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 10:34
栄光も責任も天皇のものだよ。

>>237
おまえ、前大戦が悪だとでも思ってんの?

239 :名無しさん:2001/03/12(月) 14:25
ロイヤルファミリーというものを持たない国、無くしてしまった国が
強い憧れの念を抱いているのをひしひしと感じる今日このごろ。
天皇家はこれまでもこれからもマターリといきましょう。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 15:01
>>238
宗教に頼らずに「悪」を定義しようとすれば、
人数の少ない方、または、力の弱い方の考え方が、
結果的に「悪」ということになる。
勝てば官軍で正義。負ければ賊軍で悪なのである。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 15:13
>236
またトンデモ本かよ。
明治天皇すり替え説なんて、まともな学者は誰も相手にしてない。


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 19:51
>>228
崩御していない現在の天皇を平成天皇って呼ぶのはおかしい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 19:57
おかしくてもわかりゃいいじゃん
不敬か?

244 :>243:2001/03/12(月) 22:51
不敬かどうか知らんが、生きている人間を死人
呼ばわりするんだから、まともな発言でない事は
確かだな。
それとも243の内容すら知らない馬鹿かどっちか?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/12(月) 23:17
>>243

今上天皇を平成天皇と呼ぶのは、単にお前が常識知らずなだけだ。
お前、マトモな教育を受けていないだろ〜 藁

246 :243:2001/03/12(月) 23:25
>>245
(゚Д゚)ハァ?  俺がいつ今上天皇を平成天皇なんて呼んだ?
馬鹿なのか?

247 :>246:2001/03/13(火) 19:26
228=243と推測したのでは?
243は228ではないと断っておくべき
だったな

248 :笹川良一:2001/03/14(水) 17:31
やっぱりさ〜。華族制度復活しようよ、、、
せっかく皇族がいるんだからさ、もったいないじゃん
トルシエ監督に男爵の称号をとかって盛り上がりそうじゃん
権威がない世界ってやっぱつまらん。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/14(水) 17:37
昔風に従三位上総介とか武蔵守というのに萌
叙勲で越前や筑前の介、守を頂戴するのがよい。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/14(水) 17:43
そんなものは要らん。
貴族などは所詮君側の奸。
貴族なんか復活させたら、どうせ皇室を都合よく利用しようとするに決まっておる。
皇室は国民と共にある。それだけで十分だ。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/16(金) 09:26
>>1
天皇制? いらない。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/16(金) 09:45
>>250 そうだね
ただでさえ宮内庁なんていういらんものがあるんだし
政治家だって皇室に取り入ってる
加藤紘一が皇族の誰かの同窓会パーティーで 皇太子の付近を取り巻きと共に
べったり固めていたという話も聞いたことがあるよ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 10:33
他の板なんかだと共和制>天皇制、共和制は
すばらしいといった意見を多く見ますが、
本当にそう言い切れるのでしょうか?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 14:13
朝鮮民主主義人民共和国は地上の落園
朝日が鮮やかな地の人々により作られた
民が主権を持ち、共に和やかに暮らす国
入れ物より中身
以上!

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 14:35
合理主義と伝統的な非合理と両面を持つのが健全な人間。
二つの対立軸を持つ方が安定した社会を築ける。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 14:42
          _
     \  ∧二∧
       \( `∀´)お国のために死ね
        / 二 二 ]」
        ┌|| ̄彡 ̄ ┬=二__                      ___
       | |+2ch o||  ((__((二⊇〓〓〓〓〓〓( ̄o)    /o__⊥
  ┌――┴┴―――==┬―┴――‐ヽ          ̄   ∠=√`∀´)天皇陛下万歳!
  ||  ⌒~~~⌒⌒~~°   |_(∈∋__(@ 」_            //   / ⊥ _
  /―――――――――>‐―┬――――┬>         =し==O⊂〔| | 〕
   /○  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ((*))}===) 冊冊冊冊〕==)        /  / ゝ    ̄
  λ (◎) (◎) (◎) (◎) )ー/==ノ――――< ==ノ       (__)\_)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 19:52
失礼な意見と思われるかもしれないけど、現在の大部分の日本人は
天皇なんて珍獣とか、天然記念物を見るような目で見てると思うぞ。
256みたいな煽りもいるけど、今天皇のため死ねと言われて死ぬやつは
おらんだろう。お国のために死地に赴くという人はいるかもしれんがな。

でも今の日本人の天皇に対する考えでいいと思う。
パレードとかしてたら旗振ってみたり、写真とってみたりで
楽しめるからいいじゃん。世界一歴史の古い家柄なんだしさ。
イギリスの王家とかより歴史と伝統の部分では格上なんだし
わざわざ無くす理由もないと思うんだけど。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 20:02
>>257
そうだな。別に天皇に特別の興味も反感も持っとらん。
あちこちにある天皇スレに煽りばっかで反応がないのもそのせいだろう。
皆そういうスレは興味無いから流し読みでしか見ないしな。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 20:11
>今天皇のため死ねと言われて死ぬやつは
>おらんだろう。お国のために死地に赴くという人はいるかもしれんがな。

そうだと思うけど、天皇とはその「お国」を象徴してるだけのものですよ。
いわば日の丸や君が代と同じようなものです。(天皇には歴史的な意味や民族的な意味もあるが)
戦前の日本人も天皇陛下万歳とは言ってましたが、それは国家・民族・伝統を守るという意味で、彼らも天皇個人のために死んだわけじゃないでしょう。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 20:19
<1998年4月29日> 朝刊 1版 総合3面(水曜日)

「皇室」世論調査/「女性の天皇」が50%容認/国民との触れ合いに好感/象徴天皇制、国民に根付く

 本社加盟の日本世論調査会は4月18、19の両日、天皇制や皇位継承の在り方、天皇の国民との接し方などについて、国民の意識を探る全国世論調査を実施した。その結果、皇位の継承で「女子が天皇になってもよい」と答えた人が回答者の50%と半数に上った。女性の社会進出や男女の雇用機会均等化への法整備が進む中で「女性の天皇」を受け入れる意識の拡大を示した。また、天皇が訪問先の老人ホームでお年寄りの肩をもむなど、昭和時代にはなかった国民との接し方について「好感が持てる」と答えた人は83%に上り・国民と共に」を目指す平成の皇室が国民から幅広く支持を得ていることが分かった。
 調査結果によると、皇位継承者を「男子に限るべきだ」と答えた人は前回一九九二年の調査では四七%だったのが、今回は三一%で、女性の天皇を認める意見(前回三%)と順位が逆転した。
 天皇の地位については「国の象徴」とする人が七五%、天皇制の在り方で「今のままでよい」とする人が八〇%で、前回調査とほぼ同じ数字。天皇に「少し政治的な力を与える」「主権者にする」は合わせて一〇%、「廃止する」との声は八%で、象徴天皇制が安定して国民に根付いているのを裏付けた。
 また天皇に「親しみを感じる」とする人が四〇%、「すてきだと思う」が九%で、半数の人が天皇に好感を抱いており、「すてきだと思う」は前回の三%の三倍になった。
 皇族や皇室の出来事への関心は「大いに関心がある」「ある程度関心がある」の合計が六二%、宮内庁がインターネットのホームページづくりなどを通じて皇室の紹介に取り組んでいることについて「皇室情報がオープンになるのはよいと思う」と答えた人は八一%となった。 天皇や皇族にどんな活動を期待するかとの問い(二つまで回答)には「今のままでよい」とする意見が四四%だった一方で「広く国民の声を聞く機会をつくる」が四六%、「福祉や災害の現場でボランティア活動に参加する」が三一%だった。【注】小数点一位を四捨五入した
 ▽日本世論調査会=共同通信社とその加盟社で組織している世論調査機関。調査は同会の委託を受け、共同通信調査センターが担当している。

http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71



261 :257@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 20:41
>259
いや、私は天皇は悪の象徴と言ってる人達に対して天皇の為に
死ぬやつはおらんと書いたまでです。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 23:09
Yahoo掲示板での出来事だったと思うが、
天皇制廃止論者が「天皇が居なくなると日本が
バラバラになる」という意見に対し、それくらいで
日本人がバラバラになるくらいならそんな国は
滅びてしまえという意見(暴論)を読んだことが
あります。
私はこの意見を危険だと感じたのですが、皆さんは
どう思いますか?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 23:30
>>262
それ、少なくとも日本人の意見じゃないね。
仮に日本人だったら、そいつは日本人失格だね。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 23:38
日本国憲法(いわゆる平和憲法)第一条で天皇は国民統合の象徴であると規定しているのだから、
絶対とまでは言わんが、天皇がない状態を国民が統合されていない状態(バラバラ)だと思うのは自然だ。
護憲派や左翼の人間ほど天皇を平和の象徴として尊重すべきだな。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/17(土) 23:55
日本政治の矛盾
護憲を訴える政党ほど、主張を実現するために
天皇、憲法第一章は廃止を訴えるのが筋
特に、社民、共産


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/18(日) 00:13
>>263
今後、天皇に対してどんどん国民は無関心になるだろうから、天皇廃止論自体無くなっていくと思う。
ま〜わりと中流階級の生活してて、平均的(偏差知的に)な高校へいったけど俺の知る限り
今の二十代以下の世代ってほとんど天皇家に無関心だよ。「あ〜いい生活してんだろなぁ」ぐらいの認識だと思う
無くなったぐらいじゃバラバラなるわけねーだろ、って言うヤツは沢山いると思うけど、
滅びろって言ったヤツそれ日本人じゃないと思うぞ、自分の国に対してそんなこというヤツはいないだろ・・・

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/18(日) 00:32
>>266
それは昔も今も変わらないんじゃないのかな。
俺も高校ぐらいまではそんな感じだったよ。
でも大学に入って左翼の奴らが何であんなに天皇を攻撃するのか疑問を感じてからだな。
国民が天皇に無関心だったのは天皇の地位が下がったからじゃなく、冷戦体制下の平和で無関心でいられたからだと思う。
例えば、大化改新以来、平安末期から鎌倉にかけて、戦国時代末期から江戸幕府の成立、幕末の動乱期から明治新政府の成立まで、戦後のマッカーサーによる占領と時代の動乱期に社会の変革のために天皇の力を必要としてきた。
日本の歴史は、天皇を見方につけたものは革命に成功し、反対したものは敗れ去った。
俺はむしろこれから皇室が尊重される時代がくるだろうと思う。
肝心なことは統合の象徴として精神的な価値として必要だが、特定の政治勢力の卑しい権力闘争に利用させるべきではない。

268 :日の丸、君が代は大量虐殺のシンボル!!:2001/03/20(火) 01:11
最近の卒業式って、いやね。蛍の光だけにしてよ!
ちょっと想像してみたけど、ドイツの国旗がハーケンクロイツ(かぎ十字)で、国歌の歌詞の中に「ハイルヒットラー!」という文句がはいっていたらイヤーンって感じ!日の丸を国旗に、君が代を国家にしてるってのはそういう感じじゃない?
君が代は現在の在位中の天皇を讃える歌だよね。こんな歌を国家だと思いたくないね。

だいたい日の丸のデザイン自体イヤーンな感じなんだけど。 
白地の上に赤丸が覆い被さっているが、多民族(白地)を単一民族(赤丸)が支配している様に見えちゃうんだけど。

政府は日の丸と君が代に嫌悪感を感じる日本人が非常に多いってことをわかって欲しいな。

269 :天皇制はいつまで続くの?:2001/03/20(火) 01:12
マッカーサーは日本の統治を容易にして西側に引きずり込むために、天皇制を残してしまいました。最大の戦争責任者である昭和天皇が終戦後も生きのびたってことは、ドイツにたとえればヒトラーが生き残ったようなもんじゃない?ヒトラーと比べるのはちょっと酷だけど、昭和天皇は決してお飾り人形なんかじゃなかったのですよ。
終戦前後の政権中枢部には、「国体護持」(=天皇制の維持)のためには、昭和天皇に戦争責任を押しつける形で退位+出家させることも致し方ないという考えもあったそうです。近衛文麿なんか凄いこと言ってます。
「敗戦の暁、どうして国体を護持できるか、私は陛下にお願いして、連合艦隊の旗艦に乗っていただいて、最後の決戦に艦と運命を共にしていただく、これこそが天皇制を護る道ではないかと思っている」
と語ったそうです。天皇の特攻?シブすぎ!(近衛文麿の側近、富田建治著「敗戦日本の内側」より)

だいたい、江戸時代の庶民(知識階級除く)は天皇なんて存在しらなかったんじゃねえの?
天下で一番偉い人は将軍だと思っていたでしょう。
明治維新で薩長が徳川から政権を奪取するときに天皇という権威を利用したんですよ。鳥羽伏見の戦いで官軍が、岩倉具視が偽造した錦旗(てゆうか、本物のデザインを知らないのでテキトーに想像で作った)を翻したら、幕府軍は朝敵呼ばわりされるのを恐れて戦意を失いました。こんなもんですよ。
そんなわけで、(大部分の)日本人と天皇制の付き合いはたかだか百数十年だと思います。実に短い付き合いではあーりませんか!

尊王賤覇(だったっけ?)なんて妙な思想もあったらしいけど、新井白石は「覇王こそ帝だ」(だったけ?)って言ってたそうだし、いっそのこと徳川将軍が朝廷を廃して帝の位につけばよかったのに。そしたらとっくに日本は共和国になってたのに。残念。

270 :アスリート名無しさん:2001/03/20(火) 01:18

電波がきてるの? 大丈夫?

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:19
天下を取ったり、端っこに追いやられたり、傀儡にされたり。どの時代
にも出てくる一族。善悪別にして、歴史の生き証人だよなぁ。俺は忠誠
を誓う気は無いけど、何でそこまで嫌う人がいるのかなぁ。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:21
>日の丸を国旗に、君が代を国家にしてるってのはそういう感じじゃない?
って聞かれてもね〜

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:28
>>269
江戸時代、本当に庶民は天皇の存在を知らなかったのか?
根拠を求む!
それに徳川将軍が朝廷を廃したら江戸時代成り立っていただろうか?
関が原の合戦で徳川に味方した大名が黙っているだろうか?
答えを求む。

>>268
「白地の上に赤丸が覆い被さっているが、多民族(白地)を単一民族(赤丸)が
支配している様に見えちゃうんだけど。」
君は多分病気だよ。医者に行った方がいいよ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:34
>267
日の丸って外国の人にもデザインがすばらしいとか言われてるんですけど。
それと太陽と海を表す白って太陽の登る国の日本を象徴するピッタシなデザインかと。
(オセアニアとかより遅いとかいうのはやめてね)

君が代の君は日本を象徴する天皇を〜とか故汚渕が言ってましたが、オレは
君を天皇と思ってないし。
君が代をやめてどういう歌にしますか?ヨーロッパをまねて戦う、とか戦争とか
王の為に、とか言う言葉を入れるかね?無難なとこでポケモンの歌にでもするか?
こんなメチャクチャ平和的な国歌なんてほかに少ないぞ。少なすぎるほど。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:37
日の丸売ってくれって言われたんだよね、どっかの国に。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:37
日の丸ってシンプルで好きだよ。
でも君が代はいただけない。
君が代をやめて「さくら、さくら」を国歌にするというのは
どうだろう。こちらの方が日本的情緒にあふれている。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:38
売ったらいいのに、どっかの国に。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:40
>>276
さくらさくらは春ならいいけど、他の季節じゃちょっと合わないな。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:40
国歌とか国旗を反対するのでロクでもない話を聞いたが、
国旗と国歌を義務づけられてから、ある小学校で校長が指示通りに
やってたら生徒が校長を取り囲んで土下座させて謝らせたと。(実話だよ)
もちろん他の先生が扇動してやらせてるんですよ。小学生にそんな判断力ないからな。

オレはこの事件を知ってから国旗、国歌賛成派になったね。
こんな狂った連中に今のものを変えさせたくない。なにもかもだ。

280 :>>277:2001/03/20(火) 01:42
煽りですか?それとも近隣諸国の工作員ですか?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 01:45
つーか、人間は何かに支えられなければ生きていけない弱い存在なので、外人はそ
れを宗教やイデオロギーに求めるわけであるが、宗教音痴で物心崇拝者な日本人に
はそれはできない。で、具体的な人、ものをもってくるわけ。
そこで天皇ということになるが、日本人の世界が村社会で完結していればわざわざ
天皇を持ち出すことはない。隣の美人を拝んでいてもかまわない。しかし日本国の
国民として生きるとなればそうはいかない。そのとき、天皇以外に持ち出すものが
ないってこと。
自分は自立した近代的な個人なので、そんなものは必要ないなどというヴァカは逝
ってよし。


282 :>281:2001/03/20(火) 01:49
近代的な個人というのは西洋の概念ですね
西洋の概念、思想をそのまま日本に当てはめようと
するのは問題かもね

283 :279逝ってよし!:2001/03/20(火) 01:53
それはサンケイのデマ。


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 02:19
>283
なるほど。私はラジオで聞いたのですが、デマというのはどこで
知られたのでしょうか?サンケイに書いてあったこととは知りませんでした。
今後の参考の為にどこでデマと知られたかお教えください。
これからはその雑誌か新聞かニュースか口コミかも参考にします。
謝罪文がサンケイに載ったのかな?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 02:21
>>281
日本国民は天皇を精神的な拠り所とすべきってことか?

286 :281:2001/03/20(火) 02:32
>282
近代的な個人というのは、モダニズムというイデオロギーに支えられた人なのです。
日本人でイデオロギーを信じていたのは赤軍派くらいかと思ったら、彼らもまた、
吉田松陰とかを心の支えにしていたのであった(藁

287 :281:2001/03/20(火) 02:37
>285
ほかにいいものあれば夜露死苦

288 :285:2001/03/20(火) 02:56
俺も崇拝するなら現在の日本では天皇がベターだと思う。
それに、人間ってのは常にヒーローや偶像を求めるってのもわかる。
だけど、弱いってのは悪い事なのか?また、「べき」論ってのは非常に危険だろ。
まぁ、なんつーか天皇崇拝したいヤツは勝手にどうぞ、でもそれが正しい事で
日本人はそうすべきだ、みたいな押し付けはうっとーしーんだよね。俺は隣の美人拝んでた方がいい。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 04:20
>>284
週刊金曜日に反論記事が出ていたよ
もつろん、あたしゃ金曜日の記事なんぞ特に反論記事なんぞ信じないけどね


290 :名無しさん:2001/03/20(火) 05:52
>285

 全面的に賛成。
 ○○書記長やら自民党の金満代議士よりは、忠誠心を
仮託しやすい対象ではある。
 

291 :>290:2001/03/20(火) 08:52
某○○学会名誉会長もですね

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 10:34
絶対的なカリスマが有るから万人の平等が保証されるのです。
君臨すれども統治せず。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 12:06
>288
普通の日本人にとっては天皇なんてどうでもいいのに
声高に反対と言い、他人に押し付けてる人が多いように思うんですけど。

あ、私は前に天皇は珍獣とか特別天然記念物みたいなもんでは?
と書いたものです。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/03/20(火) 12:12
毎年3000億円弱の国家予算使ってるんだよね。
もう少し規模を縮小すべき。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 12:40
天皇家の存在意義と外交的役割対して3k億って多い?少ない?情報きぼーん。

というか、天皇家よりも宮内庁が金使ってるんじゃない?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/03/20(火) 12:56
天皇家の外遊を外交というのは少々疑問に思う。
ヨーロッパの王族が来日してもほとんどニュースにならないでしょう。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 13:22
>294
桁を3つも間違えるなよ。
実際は3億。後の宮内庁予算は天皇制がなくなっても、
他の部署にいくだけ。むしろ増額のほうが多いだろう。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 13:24
>>294
実質は10億程度でしょ。
しかし、皇室のお祝いイベント(結婚や出産)では
数兆円の経済効果として国民に返って来る。
また皇室外交での効果もはかりしれない。(特に王制をとる中東の産油国)

299 :294:2001/03/20(火) 13:28
うろ覚えですが3000億円弱というのは宮内庁予算含めてだったと思いましたが・・・。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 13:30
>毎年3000億円弱の国家予算使ってるんだよね。
ソースは?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/03/20(火) 13:34
お小遣いとかもらえるの?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 14:13
>299
宮内庁予算は、平成12年度で約119億円。
これらは、宮内庁が管理する莫大な文化財(土地、建物含む)や、
天皇の国事行為、国家儀礼、皇室外交などで使われるものでしょう。

天皇家の私費として支給されてるのは、 合計でもたった6億円。


303 :うへほ:2001/03/20(火) 14:26
 外交機密費を20倍にしても天皇家を廃した場合の
リカバリは出来まい。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/03/20(火) 18:25
警備も含めた年間予算は2700億円くらいってだれか言ってたぞ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 19:11
あのショッキングピンクを平気で着るエリザベス婆さんの
隣にいて釣り合いがとれる人は他におらん。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 19:30
下のBBSで天皇制に反対してる人はやっぱり
学生時代に左翼教師から影響を受けて固まって
しまったのだろうと思う。

http://www63.tcup.com/6323/asao.html

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 19:39
皇室関連の警備費は、すくなくとも犯罪者を萎縮させる効果があるから
過剰警備の害をさしひいてもプラスじゃないか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 19:52
>304
その額はトンデモだし、
それは皇室にかかる費用ではなく、サヨクにかかる費用。
だいたい警備のことを言うなら、過激派に払ってもらえよ。
それに、そういう奴らの取り締まりの強化をさせないように
してるのはサヨク勢力だろ。破防法だって反対するしな。
また、日本で秩序装置として機能してきた天皇制をなくせば、
もっと警察力が必要になるんじゃないか?
新しい元首(大統領)だって狙われるだろうし。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 00:21
>>293
俺はアンタの意見にも同意だ。天皇崇拝押し付けるのも反天皇押し付けるのもどっちもウザイ
ただ281の意見に反論しただけだよ。日本のいいところってのは何一つ絶対的なものが無い事だと思うよ。

310 :うに:2001/03/21(水) 07:26
天皇陛下を廃立した場合。
貴方の心の拠り所は、誰になるのですか?




311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 09:31
日本人の多くは特定の人物を心の拠り所としてない気がするが

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 17:21
天皇制廃止すべし。
今の時代、存在意義が不明。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 17:47
>>312
カコログ読んだ?読んだ上でそうなのならば別に良いけど

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 19:50
 天皇陛下あってこその日本の国際信用だと思うが。政府・財界が
腐っている現在日本の対外信用の拠り所であることも忘れてはなら
ない。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 22:47
日本は天皇を中心としたかみの国

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 23:07
                _      Λ∞Λ     <天皇陛下ばんざーい
             = /●\ニ ̄|(| `∀´)つ  ))
            =  〔∈∋、  ̄+∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
             =  ♂   ̄ ̄ー―=ニ⊃=´((
      _    _Λ∞Λ  <総員突撃準備完了
   = /|●\ニ\(| ´∀`)、  ))
  =  〔|∈∋、 ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
   =  ∂   ̄ ̄¬∠ニ\=〃 ((
                <Ъ
                _      √∞Λ     <覚悟はいいか!
             = /●\ニ ̄|(| `∀´)つ  ))
            =  〔∈∋、  ̄+∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
             =  ♂   ̄ ̄ー―=ニ⊃=´((
      _    _Λ∞Λ <死んでお國に奉公します
   = /|●\ニ\(| ´∀`)、  ))
  =  〔|∈∋、 ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
   =  ∂   ̄ ̄¬∠ニ\=〃 ((
                <Ъ
                _      Λ∞Λ     <天皇陛下ばんざーい
             = /●\ニ ̄|(| `∀´)、   ))
            =  〔∈∋、  ̄+∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
             =  ♂   ̄ ̄ー―=ニ⊃=´((
      _    _Λ∞Λ <(やっぱり死にたくないよぉ)
   = /|●\ニ\(| ´∀`)、  ))
  =  〔|∈∋、 ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|l≫
   =  ∂   ̄ ̄¬∠ニ\=〃 ((
                <Ъ

317 :↑↑↑↑↑↑↑↑:2001/03/22(木) 03:50
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こういう馬鹿がいること自体が大問題。そもそも国際板にくる程の教養がない。
旧日本軍の兵士たちは天皇の為ではなく、家族や縁者たちのために命を捧げたと
いう事実を解ってない。

318 :↑↑↑↑↑↑↑↑:2001/03/22(木) 03:58
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こいつも教養ないと思うが

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/22(木) 04:02
>318
つまんねぇ煽りすんな。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 11:10
>>317
ネタだろ?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 11:09

         =====================================================
     |     =================================================
  \\   /// ============= ∧===============∧=================
   \  天  /   =========./ λ============= / .λ================
   \  皇  / ===========. /  λ============/   λ===============
   \  を  /  ========/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ==============
   \          =====/  ⌒           ⌒       ============
      殺   \    ===.|   <◎\       /◎ >      ============
  /   せ l  \    ==== |    ⌒  l____ l  ⌒       ===========
  // !! \    ===|       lV    V|          ===========
     /   \   =======λ      \ ⌒⌒/ 丿丿      .============
      |    .____入       \/                ======
    +    /⌒                   ______      ====
       < ○                  /⌒丶             ===
       < ○    l            <                  ===
         <○   ノ____      <                 ====
             ̄ =========\      < __ノ______  =====
          =================\                      ====
                 =========.\                     ===
                     ======\          ==


322 :アドル:2001/04/01(日) 12:19
KILL THE JAP!!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 12:25
>>322
噂通りだ。
政治体制に関わらず朝鮮民族はナチズム的色彩が強い。
いまだにヒトラー崇拝者が多いな。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 05:04
>>277みたいなサヨがいるから日本ってだめなんだなー。
まずは市民ありきってやつ。
この国は陛下の御威信
サヨのバカどもの「反戦平和」「市民が主人公」を
意味も無く崇めてどうするんだ?
あんなの居なくて良い。
この非国民め!!
死ね死ね死ね!!!

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 02:23
 天皇右翼、保守の時代は、地方分権と西洋思想没落の現代にそぐわない。
これからの保守、民族派のトレンドは、西洋に毒されない真の民族伝統を
志向する江戸時代回帰をとなえる我ら「アズマ至上主義」。

 天皇制及び明治以降の近代化政策を肯定して保守とするのは無理というか、
矛盾がありすぎる。それに伝統というのは、誰かから人工的な「伝統」なるものを
強制されるものではなくて、人間集団がいてそこに自然と発生するもののはず。
 その点、天皇制とか明治以降の中央政府からの押しつけられた諸制度、文化をもって、
伝統というのは明らかにおかしい。だから、真に日本に住まう人に「伝統」があるとすれば、
それは明治政府による全国統一される画一化される前の地域的・封建的伝統こそ真の伝統のはず。

 これからは、日本が西洋化していなかった時代、地方に中央政府による文化強制のなかった
真の民衆の「伝統」こそが、保守・右翼の守るべき伝統になる。そしてそれは、アズマ地域においては、
アズマ至上主義ということになる。これ自然の摂理。明治簒奪中央政府によって人口的に作られ、
統制され、地方の独自性を無視して押しつけられたものが民衆の「伝統」であろうはずがない。
 我らは、日本が西洋化していない、地方が自立していた、江戸封建の世に日本をもどし、地域ごとの
「伝統」を復興せねばならぬ。そして、我らアズマ人にとって、それはアズマ至上主義運動なのだ!

 打倒、天皇制! 打倒、ブサイコク文化人のインチキ伝統! アズマ万歳!

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 02:36
>325
>天皇制及び明治以降の近代化政策を肯定して保守とするのは無理というか、
>矛盾がありすぎる。

天皇なんて一般市民は興味無いし。
オレは天皇なんて珍獣とか天然記念物みたいなもんという認識しかない。

封建化するならおまえがかってに身分制度の一番底辺の身分になってろ。
天皇を廃するという、おまえではできない事だけを威勢良く主張してたら
楽だろうな。伝統を復活させるのが目的ならば、それなりの行動してる
んだろうな?
口だけ番長だろうがね。(ゆうだけ番長か)

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 02:44
ゆうだけ番長ってな〜に?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 04:16
>>325
アズマ主義者を騙る在日朝鮮人よ。
あんたの正体が在日で関東(日本)人のフリしてあちこちにスレ立てまくってるのチョンバレだよ。
一人の在日朝鮮人として堂々と日本批判してみれば。
あんたの頭の中じゃどんどん妄想が膨らんでるようだが日本分裂なんて起きないんだよ。
最近反韓スレが増えたんでこっちにも出張してきたんだろうが、大人しく日本史板に帰りなされ。
(というか、あんたこの板でも良識的日本人のフリして書き込んでるみたいだね)

329 :コヴァの頭ん中:2001/04/08(日) 03:26
自分らと意見の違う者=チョン

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 05:23
>>327
昔ね、ケンカの天さ〜い夕焼け番長ぉ〜って学園硬派漫画があったの。
たしか千葉てつや原作だったかな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 05:26
>>329
あんたコヴァなんて恥ずかしげもなく使ってるからアズマ至上主義者だってばれちゃうんだよ。
頼むから、よその板でやってくれ。

332 :武者小路公一:2001/04/08(日) 11:04
天皇の風情はヤクザ、暴力団のトップの持つ雰囲気とそっくりである。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 16:14
>>332
暴力団の方が真似したんじゃないの?

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/13(金) 01:50
王家の残ってる国って、斜陽な国ばかりだね

335 :名無しさん:2001/04/13(金) 02:36
 率的には、先進国に多い>王家

 途上国や中進国の王家は、冷戦で壊滅した。
 米ソ共に君主を否定する体制だったからな。
 例外は金氏朝鮮くらいかな?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/13(金) 04:54
マルセル・ゴーシュ『代表制の政治哲学』(みすず書房)あたり読んでみたら。古いけど、バジョットの『英国政体論』(English Constitution)も面白いよ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/13(金) 05:18
>334
逆だろう。うまくいってる国は立憲君主制の国ばかり。


338 :迷います:2001/04/13(金) 07:01
教育勅語の文言は現在とうてい受け入れられるものではないと思うのだが、
君が代はみんな卒業式やオリンピックで歌っている。内容には大差無いのに?
けれど、日本人に宗教的な共通の規範がないので、天皇家が王家でなくなると
怖いかな。オウムがサリンをヘリコプターで皇居に撒く計画をしていたことを、
テレビのニュースで知ったとき、みなさんはどう感じましたか?
私は、それが成功していたら、日本は、ばらばらになると感じました。
それまでは、天皇制にたいしては懐疑てきだったのですが、考えが変わった。
日本には天皇は必要と今は考える。
でもね、あの昭和天皇崩御のときの日本全体をおおった自粛のムードはやはり
気持ち悪いとも感じる。テレビは自主的に3日に渡って特別番組をながしたよね、
1日ならわかるのだが、3日というのが怖い。それもすべて自主的にである。
理論では割り切れないこのような気持ちって、天皇制を肯定してる方はどう?


339 :奥さん、名無しです:2001/04/13(金) 08:37
森に戦場に逝けと言われても嫌だが天皇に逝けと言われれば
「仕方あるまい」と思う。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/13(金) 11:04
天皇反対派がよくそれを言いますね(338さんがそうだとは思ってません)
これだけを聞くと戒厳令かのように聞こえますが、普通のお笑い番組などもありましたし天皇崩御のニュースのみ一日中放送してたわけではありません。
湾岸戦争やサミット・APECが行われるときはどうだったでしょうか。やはり特集番組が前後数日に渉って組まれます。
オウムの時は数ヶ月間まさにこれ一色でした。
英国について詳しいわけではないですが、ダイアナ妃の訃報はそれなりに大きく扱われたようです。
将来エリザベス女王の場合はそれ以上になるのではないでしょうか。

結局ニュースバリューと視聴率で決まるのではないでしょうか。
昭和天皇は先の大戦の指導者ですから報道する価値はあったと思います。
視聴率については知りませんが、その後も皇太子妃ご成婚やなんやらで特番を流しますのでそれなりに良いのかもしれません。報道規制が掛けられたわけでもないので局の勝手ということでしょう。
今上天皇の場合はもっと落ち着いたものになると思います。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/14(土) 16:28
自粛自粛って、ありゃやり過ぎだったわなぁ。 CMはおろか
ラグビーの試合まで自粛ってのは行き過ぎだったね。
どうも世論は極端に走るけど、サヨちゃんらに「ほれ見たことか、
天皇制の異常」としたり顔されて腹たつわ。
しかし、どうにかならなかったのかねぇ。

340氏、
>今上天皇の場合はもっと
本意は理解しちゃおりますが、また大意に於いて得心しましたが、
この表現、ある種不謹慎つーか...

あ、このツッコミが「過剰自粛」に向かわせる源泉か!?


342 :祝!流産!:2001/04/17(火) 19:38
さっきテレビでやってたよ

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 07:40
おれは2chにいるくらいだから良識派ぢゃねぇが
それにしても342のあんたねぇ、
まともな親にゃなれねぇぞ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 09:25
天皇制やめたら、大統領制にできる。
そっちのほうが、よくないか?


345 :名無しさん:2001/04/18(水) 10:08
いらん

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 10:10
いる

347 :ィヨ、だいとーりょー!:2001/04/18(水) 12:35
語弊を承知で言おう、
大統領は「ぽっと出」であり
消耗品である。 悪いと言ってるのではないぞ!

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 14:18
天皇は、簡単に消費できないから、
大統領制のほうがいいぞ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 01:19
天皇制に比べて大統領制のメリットは何?

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/22(日) 00:28
http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=987434816&ls=100
雅子にんし〜んウザイヨ
1 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/04/17(火) 00:26
雅子懐妊で街頭インタビュー。みんな「うれしい。うれしい」とう
るさい! みんな世界中の女性が妊娠するたびに「うれしい。うれ
しい」と連発してくれ。皇族を国外追放にしろ!

50 名前: Blind Blue Boy 投稿日: 2001/04/17(火) 23:59
>49
流産よりは奇形児出産のほうがネタになるのでは?
その奇形児が日本の象徴になるのを見るのも楽しい(しかし、最近の皇族は死に損ないの連中なので、現皇太子が黄泉の国に永久訪問するより前に死んじまうか・・・)

51 名前: 宮内庁ウォッチャー 投稿日: 2001/04/18(水) 00:38
>50
皇室に五体不満足の子供が生まれることはありえません。
もしダウソ症児など五体不満足の子供の妊娠が判明した場合、
その五体不満足の子供は、自然流産として堕胎させられ
闇に葬られてしまうのです。

これヒルコ以来皇室の伝統なのです。まえのダウソの胎児もこのように
闇から闇に始末されてしまいました。
よって、皇室に乙武君のような国民的アイドルの誕生はゆるされないのです。
乙武君、ほんとうに皇室に生まれなくて本当によかったね。

70 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/04/19(木) 07:47
 どっかのおばさんの妊娠にいちいち喜んでたら、365日祝宴張ら
ないといけないよ。
 まさにどうでもいいって感じやね。特集で好きなTV番組が潰れる
であろうことがイヤだけどさ。

351 :俺が昭和天皇を好きになつた訳:2001/04/22(日) 20:42
あまり記憶がないが確か「新世紀歓談」で岡崎久彦氏の話だったと思う。
サイパンでなく硫黄島玉砕の時のことだと記憶している。
いよいよ玉砕というときに司令官(栗林中将?)が大本営に最後の打電をした。
大日本帝国の繁栄を祈りつつ別れを告げ最後に受信機を破壊する旨を報告して
打電が終わる。
この報告を聞いた天皇陛下は「そうか、すぐに返電をしてやれ!」と側近に下命
する。側近は「もう受信機は破壊されており、意味がありませんが」と答える。
そして次の天皇陛下のお言葉
「それでもいいから返電してやれ!」
これを聞いて昭和天皇の男の心意気知り、やさしさに自然と涙が出てきた。



352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/24(火) 05:05
あ、そう。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/24(火) 09:43
三浦朱門はええこと言っておる。
感服したでやんすよ。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/25(水) 13:45
>>353
詳しく教えてちょーだい

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/26(木) 22:54
>>351
一人の人間として見れば、彼はいい奴でしょう。しかし・・・・

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/27(金) 04:08
制度としての天皇制は廃止。心の拠り所・・・それって今でも
ないのと違う?天皇制を拠り所にしている人は、天皇とともに
氏んで下さい。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/27(金) 04:10
天皇制は有益だよ。首相の首のすげ替えも楽だし。


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/27(金) 05:56
>>356
で、池田の大ちゃんを拠り所にするんだろ?(藁)

359 :名無しさん@天皇いらない:2001/04/29(日) 00:28
明治維新以前の日本では、
天皇制というものは、武士や知識階級以外の一般の庶民には縁遠い物だったようです。
明治維新後間もなく政府は、各県で「人民告諭」というものを公布しました。
たとえば「奥羽人民告諭」では
「天子様は天照皇太神宮様の後子孫様にて
此世の始より日本の主にましまし
神様の御位正一位など国々にあるも
みな天子様より御ゆるし被遊候わけにて誠に神様より尊く
一尺の地も一人の人民もみな天子様のものにて日本国の父母にましませば・・・・」

1869年に長崎で出された御論書はもっとあからさまです。
「この日本という御国には天照皇太神宮様から御継ぎ遊ばされた所の
天子様と云う方がござって
是が昔からちっとも変わった事のないこの日本国の御主人さまぢゃ!!
天子様と云うものは色々御難渋遊ばされながら今日まで御血統が絶えず
どこまでも違いなき事ぢゃ。
何と恐れ入った事ぢゃないか・・・・・」

天皇というものを知らない庶民がいっぱいいるので、このような公布を出さざるを得なかった
つーことですね。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/29(日) 00:31
.

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/29(日) 00:47
 わが国は二千年の歴史を通じて、天皇と国民との間に権利の闘争が行われたなどということは一度もない。守護大名や幕府に抵抗した一揆はあっても、朝廷に対するそれはない。それどころか徳川幕府によって身分制度が確立した江戸時代において、その「既存の序列・ヒエラルヒーを相対化する位相」を提供したのは、ほかでもなく天皇であったのだ。(兵頭裕己「太平記<よみ>の可能性)。
 幕府によって序列化された庶民は、天皇との結びつきを願い、自らの尊厳の根拠と身分解放への原理を天皇に求めた。被差別民の由緒書、職人の由緒書や偽文書には、その起源を天皇に求めるというのが少なくなかった。
 また職人や町人の中には、朝廷から位階や受領を授けてもらおうとする者も後を絶たなかったというのは、その現われであろう。当時、天皇や中宮、朝廷の人物を模した雛人形が百姓町民の間に売れに売れ、幕府の統制が加わったほどだったというから、いかに庶民が皇室へ厚い憧憬を寄せていたかが分かる。(松浦光修「菊の下草」)。
 〜衛門とか、〜兵衛とか、権助など江戸時代民衆の間で親しく使われた名前は、実は朝廷の官職名に由来している。また近松門左衛門は三十三篇もの天皇を素材とする浄瑠璃を書き、天皇の御代を称え、天皇の徳政に感謝する劇が民衆から喝采を浴びた。
 中でも天皇に忠誠を尽くした楠木正成が、当時の人々は大好きだった。講釈場の門口に「今日より正成登場」というような張り紙が出ると、お客がどっと集まったという。(司馬遼太郎「余話として」)。
 この正成を中心とする「太平記」を題材とする作品は、謡曲、能、浄瑠璃にも数多く作られた。そのためか、幕末に来日したロシア宣教師ニコライによれば、日本のどんな辺鄙な寒村に行っても、楠木正成の名前を知らない無知な者に出会ったことはなかったという。
 こうした民衆の尊王の土壌、天皇のもとに身分を超えたいという伝統的な心情が江戸時代に存在したが故に、明治維新後、天皇のもとに近代国民国家が急速度に形成され、フランスやイギリスのレベルをはるかに超える身分制の消滅に成功したのである。
 明治になって、自由民権運動の活動家たちにも、天皇との闘争という発想はなかった。彼らは「国権全うして然る後民権全うし」の立場に立って、「君民一体」の理想を掲げ、立憲君主政体をめざした政治運動を展開したのであった。
 かの東洋のルソーといわれる中江兆民も、「我国人民の身として天子様(天皇)の御位に対し奉りて兎や角と嘴(くちばし)を動かす物はよも有らじ」(平民のめざまし)といって、君主制と民権の調和こそが日本の採るべき道だと考えた。
 天皇を平等と解放の原理として受けとめたのは、自由民権運動家にとどまらず、水平社宣言を起草した部落解放運動の父・西光万吉についても同じだった。西光は「天皇制」を「日本民族にとって、これこそ尊重すべき民族的形式である」(明治維新のスローガンと昭和維新のスローガン)と述べ、西光も天皇のもとでの解放と平等をめざした。−この考えは戦後も寸毫違わず変えていない−のであった。
 江戸時代においてはたらいた身分制解放の原理は、このように天皇のご存在であり、明治以降もその原理によって身分制解体の努力がはかられたのである。したがって、先の三同教のように「天皇制」に差別性を見い出すというのは、その努力のベクトルとは逆であり、わが国の歴史と伝統に根差した真の平等の原理が何であるかを見誤った考え方なのである。
 西光万吉の”天皇のもとの平等”という原点に立ちかえり、憲法や学習指導要領の精神を踏まえて、同和教育を再構築することを三同教に求めたい。

http://www.internet-times.co.jp/news/news120802/fuumon-1-120802.html

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/01(火) 17:32


        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  右翼殲滅がんばれ〜
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 16:03
age

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 00:55
 ずいぶん前になるがウガンダは、ブガンダ王朝を復活させた。ムセベニちゃんはどう使っているのかな?
 このスレを読むと、王朝を持たない国は持つ国に多大なコンプレックスを抱くとある。実際そうらしいことを窺わせるのがウガンダの例だ。
 使える!莫迦な毛唐を黙らせるのに。黙らない奴とだけ議論すればいいのだから便利だ!
 こんな便利なものは残そう!ただ、もっとスリム化して安く上がるようにしたいものだ。ウガンダはブガンダ王朝に幾ら使っているのだろう?

 家康は天皇の存在を「やばい!」と察知し、天皇封じ込めにありとあらゆる手を打った。しかし、天皇を廃止するには及ばなかった。家康候にこのスレで語って欲しいものだな。霊能者の方、実現きぼんぬ。あはは。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:12
確かに歴史の浅いアメリカなどは、
ギネス級の天皇制にコンプレックスがあるかもね。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:31
ところで誰が初代でいつから始まった?

367 :なあり:2001/05/04(金) 03:45
神武天皇が初代だよ大体紀元前660年くらい

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 20:25
>367
今から2600年前に日本に古代国家があったって?
それ、シラフで言ってるのか?
お前、バカ?気違い?

ところで、神武天皇が実在の人物だなんて思ってないよな?

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 20:27
ぷぷ たかが2600年ぽっちで、しかも捏造だって
朝鮮半万年の歴史の足元にも及ばないよ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 20:45
>>369
くだらない煽りはやめましょう。
実在したことが確認されている天皇は、
仁徳天皇からということでよろしいのでしょうか?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 23:54
俺は皇室なんて下らないもんだと思ってた。
だが今日マサオを見て考えが変わったよ。
品格が人間にとって、国家にとってどれだけ大切なものなのか分かったような気がした。
海外の人が日本人をイメージする時に天皇陛下と愛人同伴のパチンコ屋のオヤジとじゃ雲泥の差だもんな。

372 :大権現:2001/05/05(土) 02:44
家康だけど。何か聞きたいことある?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 05:02
>372
大権現の官位は誰にもらったの?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 05:06
あれ家康って逝っちゃったとき、左大臣までのぼったっけ?
それとも右府どまりだったっけか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 09:46
>>371
ブルジョアでもチョンはチョンってことだね。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 11:24
>>368
2600年は嘘っぱちで、せいぜい1700年としても、
神武は実在の可能性が有ると思うが。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 11:53
>>371

同感。

しかし、前に英国のダイアナとチャールズと、日本の皇太子夫妻が
一緒にテレビに映ったときは、なんて小さいんだろう、と
惨めさを覚えました。

378 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/05(土) 12:42
でもその末路を比較してみると、日本人として日本の皇室を象徴として
得ることできたことを大いに誇りに思えます。やっぱ背負っている歴史が
違うというか、格の違いっていう物がこんなところでもはっきり判ります。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 13:47
歴史的位置付けはともかく、あんな善人育成システムはなかなか
考えられない。象徴として適切な人材が育成されていると思う

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 14:42
とりあえず、天皇制賛成。
大きな失点でもないかぎり、廃止には反対。

でも、それは昭和天皇という、一人の人間の印象から導かれたもの、(終戦の決断など)
であって、現在の天皇が、日本という国家をどう考えているかはわからない。

せめて、ドキュソな日本政府以上には、まともに日本を見ていて欲しい、と思う。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 17:03
>377
そんなフォーショットはないぞ。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 18:55
日本の象徴たる皇室が西洋式の正装をしているから違和感があるのだ。
日本の伝統的な正装をべきである!
なに?そっちのほうが間抜けだと?
伝統を貫き通せんほうがよっぽど滑稽じゃ。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 21:48
日本の皇室は、ほとんど私心がないんじゃないのかな。
こんな王様?どこにもいません。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 23:08
天皇制は一種の予備電源だね。
幕末の動乱は天皇の権威が存続していたおかげで明治維新という形で収束したし。
終戦直後も天皇陛下の全国慰問をしたことで秩序を保てた面もあった。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 23:17
理屈で考えると共和制>君主制という気はするね。
しかし、今の日本やイギリス、オランダ等は君主制
でうまくいっている。そう考えると共和制と君主制
とは優劣がつけられないということなのかな?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 23:23
>>382
伝統に固執するのも滑稽だよ

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 23:55
>>371
 激しく同意。「品格ある代表」をキープしておく皇室システムってアリなのかなと、このスレを見てると気が変わってきちゃったぜ。

 スレ違いにはなるが、下々が人肉喰らってる悲惨な状況下に偽造旅券でディズニーランドに来るとはどういう神経してるのか!?そして、こんな棚ぼたを捨ててしまうとは日本政府は何考えてるのか!?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 14:09
終戦秘話
戦艦大和を沖縄戦に無謀にも送り込んだのは
ひろひとの 沖縄戦には航空機部隊だけか?の一言だった
慌てた海軍は急きょ戦艦大和を航空機の護衛もなしに
沖縄に向かって出港 アメリカ軍航空機が戦艦大和を追跡
沖合いで撃沈
沖縄戦では本土アメリカ軍上陸の防波堤として
派手に死んでくれれば良かった 犬死に多し
ということからして 下下の生命など虫けらの命くらいにも
思ってないことが伺える
沖縄戦で崖から飛び込んでしんだバカ沖縄女
戦艦大和で撃沈されるためだけに出撃した大和のバカ船長
すべて犬死に

389 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/06(日) 18:05
個人的には天皇制存続賛成。その歴史、特異さにおいて世界に誇れるものの一つ
だと思う。ただ当のご本人達はどう感じているのか聞いてみたい。
なんとか頑張って続けてもらいたいが、
「もう疲れました。天皇やめさせてください。」
というのなら、これまでの苦労に感謝しつつ、本人の意志は尊重したいと思う。
天皇制がいつまで続くかわからないが、元首や名誉元首(今後なるかもしれない)
の座から降りても、その血筋を保護し尊重する勢力は残るでしょうね。
彼らが生活に困るなら、俺もいくらかカンパしてもいいよ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 18:26
天皇とは、国家儀礼用に政府が所有している奴隷である、という考えはどうか。
基本的人権は認められていないから、憲法のもとでは人間の対象外にある。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 19:38
>>390
書いてて恥ずかしくないか?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 20:30
天皇=国家儀礼用奴隷。どこかおかしいか?

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 20:49
>>392
でも天皇を殺害したら殺人罪に問われるんじゃないの?
あんたが試しにやってみたら?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 22:04
皇室の方々は2ちゃんねるに参加する自由はあるのだろうか?
もし見てる方々がいたら、ぜひ本音を書いてほしい、と思うのだが
さすがにいないだろうな。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 22:34
じつはヒロヒトがそうなのです。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 00:32
>>390 この人が皇族に対していかなる感情持ってるか知らないが、
奴隷という表現からみると、あまりいい感情は持ってないようだな。
それはさておき、皇族に基本的人権がないのは本当だと思う。
職業選択、信仰の自由がない。
投票する権利も(おそらく)ないだろう。

先週、サンデープロジェクトに自民党幹事長の山崎氏がでたとき、
彼の出した本に触れて、天皇(皇族含む?)に基本的人権を与えよう…、
とかいう表現があったので、政治家からみても天皇の人権は可哀想な
レベルにあるのだろうと感じた。
ちなみに私も天皇制存続は賛成。ただ389の人が言うように、皇族の意思は
尊重したいね。
また仮に天皇制がなくなっても、皇室は永続すると思う。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 01:14
皇室典範を改正して、女帝と退位を認めるべき。

398 :名無しさん:2001/05/11(金) 16:03
天皇陛下チャマ、バンザーイ

http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/11(金) 16:09
その是非は別にして
天皇には選挙権、被選挙権はないし
政治的・思想的発言もできないので思想信条の自由も制限されている

あと「信教の自由」とかあるのかな?

皇太子がクリスチャンになるとかOKなの?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 05:52
ダライ・ラマがクリスチャンになれるかというようなもんだが。
改宗ではないが、古代に本地垂迹説を取り入れることで神道だけでなく仏教も同時に信仰している。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 07:00
我が日本国には大統領制は、なじまないので変える必要は無し。
って慨出か。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 01:42
あのね、皇族を頂点とした閨閥があって「お前らとは違うんだぞ!」
って言うブランド意識と、利権の構造があるわけよ。雅子妃だって皇后だって
「一般から」ってことになってるけど、ルーツをたどれば皇族にあたること
みなさんご存じかな?

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 01:51
>ルーツをたどれば皇族にあたること

え、日本人はみんなそうじゃないの?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 02:37
>>403
天皇に発する源平の姓をなのる武将が多かったようにそう言うこと
近世には賎民とされた人々にも皇室との関係の深さを誇る文書が多く残っている
江戸時代にお伊勢まいりが流行したように、皇室は日本の権威ってこと
日本人が結束する象徴として皇室はきわめて重要だから
日本弱体化を図る中共やちょんの手先になっている奴らは反対する

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 03:07
>>404
逆に、連中は天皇が日本の中心であることを見抜いてるよね。

406 :名無しさん:2001/05/13(日) 03:35
>405
見抜いていると言うか、意識しすぎ。ほっとけば現代の日本人は
日常生活で殆ど天皇家のことを意識してないのに(別に嫌ってもいないが)、
中韓鮮がさわぐから右翼も反応して、余計耳目が集まってしまう。
外から見てると天皇家がすごい存在に見えるのかと思う。

それと中共とか朝鮮半島の政治的な世界観が、実質的に五十年前のままで、
彼ら自身の時計の動きが止まっていることも原因だろうな。
だからいまだに共産主義やってられるわけだし。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 08:02
天皇家を一番意識するときって他の国の王様に会われる時
ではないのだろうか?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 19:01
「貴あれば賤あり」
この言葉が天皇制の必要性を如実に物語ってるね。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 19:02
>>403
402は在日チョンだから違うんだよ。

410 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/13(日) 20:04
天皇家は鎌倉時代以降、政治の実権を失い庶民が普通に生活している分にはおそらく
だれも意識していなかっただろう。しかし、時代の変革期・節目々々には天皇家は必
ず表舞台に登場してなんらかの影響を及ぼしている。そしておそらくこれからも…。

おそらく日本人の深層意識の中には天皇家に関する”なにか”が存在しているのだろう。
そしてこれが日本人であるということであり、日本人であるという意識の原点とも言える。
逆にこれが”無い”もしくは”理解できない”人間は日本人ではないのだろう。

自分でも抽象的すぎる気はするが日本人ならば理解していただけるかと思いますが如何?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 20:17
今日、本屋に行くと小室直樹執筆の「痛快!憲法学!!」
という本が置いてあったので、立ち読みしていたら、
小室は、戦前の帝国憲法は天皇教を中心に据えたものだと
書いていたな。
何か宗教を中心に据えないと憲法というのは成立しない
らしい。西欧ならキリスト教があるが、日本にはキリスト教
に匹敵する宗教が存在しなかったことがその理由らしい。

なぜ、戦前の日本において天皇家があれほど神格化されたのか
判った気がしたよ。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 21:04
現在は天皇は神格化されてませんが?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 22:10
>>409
頭わるー
お前軽い精薄だろw

414 :411:2001/05/13(日) 22:28
>>412
現在の日本国憲法には基盤と言える宗教が無い。
今後、日本はどんどん駄目になっていくだろうというのが
小室氏の持論。
それが嫌なら日本国憲法に基盤と言える宗教を導入しなければ
ならないらしい。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 22:44
西部進の著作に詳しく載ってたな
日本人は神道と儒教と仏教がバランス良く共存して
始めて日本人の規範が作られるとか
これが崩れたのがまさに戦前の日本であったと。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 22:50
>>415
神道の規範ってイメージが湧かない。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 22:54
神道ってのは宗教よりも精霊信仰に近い気がする。
絶対的価値な神を信仰するのは日本人にはなじまないような気がする。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 22:59
イギリスみたいに自分の金で生活しろ。
税金使うな。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 23:02
神道は主に自然感とか美意識でしょう俗に日本風と言う奴です
仏教が生死感やそれに伴う社会倫理
儒教が言わずと知れた責任感や主従関係とか武士的な縦社会でしょ
戦前は神道が支配的だったと思われがちだけど
実際は儒教でしょうね。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 23:58
>>418
資産を運用しだしたり、寄付を受け付けたり、金集めのパーティーをやりだしたら
今度は地位を利用して金儲けするなとか言い出すんだろ(藁)

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 16:45
天皇を公選制にしよう!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 17:05
何とかいって、爺ちゃんが死んで喪中に孫に結婚させるような家は
あまりに恥知らずだから要らん。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 17:55
>418
なら戦前のように私有財産を認めないと。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 18:58
天皇なんかいらん。税金の無駄使いだ。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 19:24
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm
http://www06.u-page.so-net.ne.jp/da2/selene/e/
http://www.toyama-shinsei.net/htmlfile/donna.html
http://www.water-institute.org/water/04/index61.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgd5322/ikihtm/MessagetoJapan.html
http://www.lovenotesjoy.com/hotsuma1.htm
http://www.tokyobbs.or.jp/teddyangel/ain.htm
http://www.bsb.ne.jp/~sasaki/mirai.htm
http://www.kumanolife.com/History/ain.html
http://dreamcity.gaiax.com/www/dreamcity/k/m/kimitake/main.html

426 ::2001/05/14(月) 19:27
>>424
ドイタカコやツジモトキヨミが大統領とかになるのをふせいでるんなら、税金の
無駄使いだとはおもえんがね。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 19:30
>>423 財産はコツコツと貯めていけば良い。
    戦前の財産って何?。
    式典や名誉会長などやってギャラ貰いなさい。
    ちゃんと税金納付し家賃払いなさい。
    土地建物は国のものだったはず。

428 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/14(月) 19:57
まず天皇陛下は人間ではなく、<天>より降りて来た
天孫降臨現人神てある神武天皇の子孫なのだ。
したがって今上天皇陛下は人間ではなく神なのだ。
人間くせに神について悪口を語るのは不敬なことであり、
人間が取り扱った国の権力は
更に神のお手元にご奉還されかければならないのだ。
歴史的に日本国は神である天皇陛下によって建国された
神の国であり、更に全ての権力はご奉還され天皇親政制へ
戻すべきなのだ。これこそ日本国は他の人間の国とは違うのである。
日本は人の国ではなく神の国なのだ。
我々は天から降りて来た神である天皇陛下の恩恵によって生まれた、
天皇陛下による被造物に過ぎないし、
我々人間の生命は天皇陛下によって造られたのだ。
天皇陛下は我々日本人の名前もお造り頂きましたし、
我々日本人は天皇陛下の恩恵に恩返すために、
代々に交尾し繁殖しなければならないのだ。
又、我々に生命と名前をお造り頂きました、
天孫降臨現人神である天皇陛下の恩恵に恩返すためには、
天皇陛下よりの要求があれば直ぐ自分の生命を返して致すべきだ。
日本国は民の物ではなく神の物、ただ天皇陛下の物なのだ。
日本国は民の国ではなく神の国、ただ天皇陛下の国なのだ。
日本国内にある全ての物は全部、ただ天皇陛下の物なのだ。
我が国に私有財産なんて無い。ただ神有財産だけあるのだ。
日本国自体が神である天皇陛下の財産なのだ。
我々日本国民は天皇陛下の息であり、天皇陛下の財産なのだ。
我々日本人は、ただ天皇陛下のために生きるべきだし、死ぬべきなのだ。
これこそ他の国ではない、全世界中にただ日本だけにある、
<国体>である。
憲法改正し、天皇親政制と皇室不敬罪を追加せよ!!!

ただ天皇陛下!!!

皇民党に一票を!!!

衆院選が近付いています。

429 ::2001/05/14(月) 19:59
>>427
だから、実質的には、特殊な公務員あつかいなんだろ。そーゆー
マネージメントは国が一手に引き受けているわけで。
つーか、アンタじつはサヨなんじゃねえの(w
そんな、国費を一兆も二兆も、好き勝手に使えるわけでもない
皇室にメクジラたてるなんてよ。『垢ハタ』みてーだな(w
ムダならもっとほかに、いっぱいあるだろーが。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 22:46

君主は文化の継承、民族の統一の象徴と云う
役割があります。しかし、これだけでは教師
(一部には親も)から煽動されて、醜い嫉妬心
を浅薄な正義感で包んでいるは納得しません。

ですから、そのような人達には過去の実例を
挙げて、説明することにしています。

古代は知らず、近代以降、君主制を廃止して
良くなった国が一つでもありまたしょうか?

悪い例はざっと挙げてもこれぐらいはあります。
@フランス革命後の200万人とも謂われる大量虐殺
 ナポレオンの台頭・欧州の戦乱
Aピューリタン革命後の恐怖政治
Bドイツ帝国崩壊後のナチスの台頭
 第2次世界大戦
Cオーストリア帝国崩壊後にナチスドイツに併合
Dハイレセラシエ皇帝暗殺後のエチオピアの飢餓
Eシアヌーク国王退位後のカンボジアの混乱・
 ポルポトによる虐殺
Fロシア革命後のスターリンの大量虐殺

逆に王政復古の良い例を挙げて見ましょう。
@スペインの民主政治復活
Aカンボジアの政情改善

王制を続けている北欧や英国・ベネルクスの
安定した民主政治やタイの独立維持等は言う
までもないでしょう。

共和制で民主政治が安定しているのは、米国と
スイス等限られています。

何故、君主制が政治的に安定しているのか、社会
学的に別途考察が必要ですが、事実は事実です。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 22:49
皇室に対する非難があるが、これは外国と日本では、王家に対する解釈が違うからだ。

外国では、王家が崩壊することなく永遠に続くことはありえないことだった。
外国の場合、王家とは権力者であり、支配者だったから。
外国にとって王家とは、他国、他民族を支配して、
他国、他民族の財産を奪う存在だった。
奪うものはやがて奪われ、滅びていくのが歴史の常識だった。
だが、日本の王家は違う。
日本の天皇は支配したり、支配されたりすることとは無縁の存在である。
天皇は人々の幸せを自然に祈る存在だから、無縁なのである。
だから天皇は永遠なのである。
そして日本人が天皇を敬い、天皇の愛に感謝する時
日本人は永遠になれるのである。
実際にあることに注目してみよう。
天皇のような王家が、有史以来存在している国は世界中どこにもない。
日本ほど気候に恵まれている国はない。日本ほどおいしい水が飲める国はどこにもない。
日本のような単一民族の国はどこにもない。八百万もの神様がいる国はどこにもない。
それは日本の王家が、権力や支配とは無縁な存在だったからである。

戦後、天皇の戦争責任を追及しようとしたが、とうとう出来なかった。
一方的なリンチ裁判である東京裁判でも、証明することは出来なかった。
権力や支配とは無縁の存在だから、組織を動かす権限がない、
だから戦争責任なんてないのは当然である。

これは私の見解なのだが、左翼の連中は戦後の日本人に「天皇は権力者であり、支配者だった」というイメージを植え付けたいがために、「天皇制」という言葉を捏造と思う。
肉体的に滅ぼすのは不可能だから、精神的にダメにしてしまおうと考えたのだろう。
左翼にとって、天皇を認めない、文化を認めない、精神を認めないことが前提だから。
天皇制に対して批判をさせることで、日本民族のアイデンティティーの消滅を画策したのだろう。

マッカーサーにとって「王家とは支配者だ」と信じてた。どうしても天皇が権力と支配とは無縁な存在とは考えられなかった。五千年の歴史の基づく解釈だから仕方がない。外国人にいくら言っても信じてもらえないのは当然だ。これから辛抱強く、外国人に対して説得していくしかない。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 22:59
>>430
現在のドイツ、フランスは結構安定しているように
思うんだけど・・・。

イタリアは駄目みたいだね。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 23:05
>>431
天皇制を否定することが、どうして日本民族の否定になるのか、今ひとつ
分からない。
私は、天皇はいないが、誇りある民族として存続しうる日本というものを
十分にイメージできる。

434 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/14(月) 23:28
>433
頭で考えて理屈をこねくりまわしてもダメ。所詮経験の少ない理想主義者
の抽象論にしか聞こえない。
これは口で言って説明できるものではない。生きていればそのうち何かの
局面で、突然、自分は日本人であり無意識のうちに天皇というものを意識
していたんだと気づかされることになるよ。

正直、今の私には天皇家が存在しない日本など考えられない。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 23:59
>>434
イミワカラナイヨ(゚д゚)

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 00:08
キミノブンショウワカンナイヤ(゚д゚)

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 00:10
>>435
このスレでも読んでみたら。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kokusai&key=979472960

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 00:43
>>437
なんか関係あるんですか?

439 :>433:2001/05/15(火) 01:53
私は共和制にシンパシーを感ずる方だけど、
今の日本に天皇制は必要だと思うよ
我々日本人のアイデンティティを突き詰めていくと・・・

それに、世俗を超越した権威というのは大変有用だ
むげに捨ててしまうのはもったいない
将来何かしら使い道があるだろうに
いま天皇制をあえて廃止する理由が見つからないと思う

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 04:01
天皇制って必要がなさそうだから、では全然説得力ない。
現在、天皇制支持率90%くらいでしょ。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 04:06
天皇制廃止とかやり始めたら何かやらかすつもりかと
諸外国が警戒しそうだ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 13:21
思想・宗教・政治等、全てを否定せず(逆には洗脳されず)に、国民が幸せになること
を命と差し替える気持ちで、四六時中思いを馳せたとき、皇室の方々の気持ちが
少しだけ、理解出来たような気がします。

私も出来ることは、最終的には祈る事でした。
今、与えられた立場で、少しでも祈りが現実出来るように、
ささやかですが(寄り道もありますが)貢献できればと日々過ごしています。

また、氏神さんへ参り、自分の事は感謝のみとし、世界・国・地域のことを祈る事を
日課としています。(但し、個人的な宗教は別に信仰しております。)

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 17:15
まねはできんが、>>442は偉い。
体制でなく心の問題か・・納得。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 17:21
ここはデムパのハキ溜めか?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 17:53
リケンウヨクデイッパイ(゚д゚)

446 :日本アメリカ化計画:2001/05/15(火) 18:05
A型は徒党を組んで国民を操ろうとする。注意せよ!

447 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/15(火) 20:08
天皇陛下万歳!!!

皇民党に一票を!!!

衆院選が近付いています。

ただ天皇陛下!!!

448 ::2001/05/15(火) 20:12

外国の方にこんなこと言っていただけるなんて嬉しいですね。
ただ、あなた方には選挙権はありませんよ(藁

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 20:47
>>448
非国民!!!

450 :名無しさん@お腹すいた。:2001/05/15(火) 20:57
>.448
もしあなたこそほんとうの日本人なら、毎日天皇陛下に感謝するのは基本。
このスレってさ、天皇陛下及び皇族に感謝する心のスレでしょ。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 21:49
>>450
感謝ってあーた。一体彼らが僕に何してくれた?

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:49
>>451
天皇陛下は天孫降臨現人神であり、
我々人間の生命をお造り頂いた。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:55
人間ではなく現人神の天皇陛下がおられることこそ、
又、進化ではなく天孫降臨現人神の天皇陛下によって
自分の生命と名前は造られた歴史的なことこそ、
日本人は他の人種とは違うのだ。
君も日本人なら日本書記で書き込まれた事実を全部受けてもらうはずだ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:58
>外国の方にこんなこと言っていただけるなんて嬉しいですね

↑よく読めよ。

非国民って・・・。
確かに日本国民でないあなた方と同じ国民ではありませんが。
日本の近隣の三国にとっては日本人は天皇を崇める右翼でないといけないのね。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:58
ちなみに、日本人は他の人種みたいに進化によって形成された人種ではなく、
天皇陛下によって造られた。神の被造物なのだ。
これこそ、日本人は他の人種とは違うのだ。
なせ王様ではなく天皇陛下と呼ばれておられることがわかる?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:28
そうだ。日本人は、人種を超えた天皇の赤子の共同体だ。
したがって、日本民族という言葉は狭すぎる。
当然、日本は民族をも超えている。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:32
>>455
 ああ、なんかこういうの読むと、
 俺サヨクになろうかな、とか思っちゃう。
 

458 :457:2001/05/15(火) 23:34
>>455を見て思った。
次は共産党に投票しよう。

459 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 00:11
昭和天皇は名君であった。
戦前と戦中の時、昭和天皇は支那と鬼畜米英よりの侵略から日本及び全世界の平和を守るため闘ってきたのだ。 2・26事件においては、青年将校らの小物を、踏みにじり死を賜った。又、昭和天皇は卓越な軍事戦略家であり、世界平和のため大東亜共栄圏という新インフラを建設しようと労力してきたのだ。 そして、戦後は、
立憲君主制をよく理解し、憲法を誰よりも遵守し、話し合いで決まったことに口を
はさんだことはなかった。軍の暴走には終始反対し、三国同盟にも不満を示した
が、直接政治に介入することを徹底的に避けた。日米戦争に突入する際にも反戦
の御製を紹介するにとどめ、国民の代表たる政治家や軍人の意向を押しつぶす
ことはなかった。敗色が濃厚となり、我々愚かな国民の多くが本土決戦などと考え
ていた時、戦争終結の考えを示し、日本を滅亡から救った。
この時も命令したのではなく、総理から判断を求められたうえでのことだった。
真の民主主義者は昭和天皇であった。 そして占領軍総司令官に対して「全責任を負います」と明言し、マッカーサーをして、 「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、この勇気に満ちた態度は、私の骨のズイまでも揺り動かした」と言わしめた。このような国の代表がかつていただろうか?ムッソリーニのように逃げるか、ヒットラーのように自殺するのがオチである。マッカーサーとの会見は秘密であった。マッカーサーはあちこちで暴露したが、昭和天皇は「男の約束」として生涯話さなかった。 昭和天皇の生涯を振り返ると、我々の理性では計り知れないものがある。 昭和天皇はその人柄がいつも強調されるが、それは表面のほんの一部分であって、 本質は君主としてどのような行動をとってきたかである。確実に言える事は、天皇は困難から逃げなかったということである。 なぜなら、
これは天皇は人間ではなく神であったから。もし天皇が神ではなく人間だったら
これは不可能だったのだ。 天皇陛下万歳!!! ただ天皇陛下!!!

皇民党に一票を!!!

中院選が近付いています。

460 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 00:14
ヒトラーもムッソリーニも死んだ。でも昭和天皇は生き残って天寿を全うした。
なぜか?これは、昭和天皇は人間ではなく神であったことを鬼畜米英も知って
いてたからだ。

皇民党に一票を!!!

衆院選が近付いています。

461 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 00:17
>>448>>454
俺のことが右翼ならお前はサヨクだよ!!!

462 :448ですが:2001/05/16(水) 00:56
>>77
>>257
>>274
>>293

一応僕の意見です。全部。

僕はあなたを右翼と言ってませんし、思ってもいません。
天皇を無くす必要なんて別にないんじゃない?と思っている一般的
な日本人を右翼扱いする、実は自分達が右翼な外国の電波野郎と
言ってるんですよ。

463 :ちょっと訂正:2001/05/16(水) 00:59
日本(人)のウヨクと言ってないってことね。
日本の近隣3国は国自体がウヨクですけど。

464 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/16(水) 01:09
>嗚呼〜〜天皇陛下!!!

天皇並びに日本国のイメージを悪くするための売国左翼&怪賤人の自作
自演のようです。とりあえず「!」の付けすぎで非常に低脳に見えます。
とりあえず本国の方に御帰りください。

465 :皇民党です:2001/05/16(水) 01:17
>>462
逆に、戦後の日本人とはサヨク気分になってしまいました。
ご存知ですか?
朝日新聞、毎日新聞のサヨク系マスコミはお断りです。

466 :名無しさん@お腹いっぱい :2001/05/16(水) 01:22
>464
同感。こういうのを「誉め殺し」といいます。

467 :448ですが:2001/05/16(水) 01:34
(・∀・)ガイコクジンガジサクジエンシテルッテワカッテルンダヨ

一応君が10000000が1日本人だとして書きますが、
日本が左翼的になってるのはわかってるし、中立の意見を言うと
周辺諸国や国内の困った君達に右傾化してるとか言われることも実感してます。

でもその口実を与えているのが君みたいなガイキチ電波なんだよ。

468 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 02:03
とりあえず、こんなスレが立ってるから逝ってみてほしいです。

http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=989425272&ls=50
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=989937902

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 02:15
一応君が10000000が1日本人だとして書きますが、
天皇を支持っつーか、よいところもあるって思ってる人も多いじゃん。
タレントでも政治家でも冗談のネタにはされる。良くないことですが。

でも天皇にはそんなことは100%認められないって言うのなら君はアブナイ人ですな。

まあ、僕はまだ君を外国の自作自演野郎だと思ってますけどね。

470 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 02:31
>>469
我が皇民党は三国の自作自演野郎だったら君こそドッキュンなキティ売国政党だと思ってますよ。
いや、君によって日本中の良識ある人は皆自作自演の三国人でしょ。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 02:32
いや、君にとって日本中の良識ある人は皆自作自演の三国人でしょ。

472 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/16(水) 02:41
>>469
タレントか政治家とは一般の人間なんです。しかし、天皇陛下は神なのだ。これが違うのだ。お前の反論こそ役に立っていないよ。
日本が三国と違う点は2600年以上の前に天から降臨して、この伝統を今に伝える皇室のあるところ。皇室は日本のアイデンティティーであり、放棄するのはあまりにも惜しい文化的財産でもある。 わかるか? お前こそ自作自演はやめよ!

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 08:12
突然低レベルになったな。
芸のない煽りにマジレスするなよ。

474 :名無しさん:2001/05/16(水) 16:56
天皇、皇室関係者は一人づつスマキにして、太平洋かなたに投棄すべし!

http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/tennou.html

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 20:20
縦社会 日本の構造の頂点にいる天皇
縦型社会がいじめを自動的に生み出す
いじめがおこった地域を分析してみると
ほとんどが地方の保守的な縦型社会を形成した地域
和歌山、愛知、佐賀、岡山、新潟、、、、
天皇は日本の象徴ではなく 日本のいじめの構造の象徴

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 20:37
>>475
>保守的な縦型社会を形成した地域

そうではない地域を教えてくれよ。つまり革新的で横型社会を
形成している地域をな。(藁

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 20:44
>縦型社会がいじめを自動的に生み出す

アホか?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 21:30
 大統領制の韓国における実状を無視していると思われ。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:11
実情無視で脳内電波を根拠に主張するのがサヨ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:28
>>478
同感。
姦国の大統領は他の共和制の国での国家元首とは違う意味で、
全国民の父みたいな存在。
したがって、姦国では大統領を批判したり
大統領様と呼ばないのは不敬罪であり犯罪となる。
お神様・・お仏様・・大統領様・・
またあるよ、警官様・・刑事様・・
不敬罪と警官侮辱罪の国。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:30
まずサヨクは天皇のことを問い詰める前に奸国の国家権力による
自由弾圧を問い詰めるべきじゃないのか。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 00:13
>>475
具体的なデータを出してくれ

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 00:29
欧米でも、ラテン系の国ではイジメはほとんどない
本当か?

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 05:41
中国人に皇室の三種の神器の実物をバカにされたり
(こんなチンケな粗悪品は故宮博物院の裏で廃棄処分されている)、
カルト宗教に天皇を殺されそうになったり
(オウム真理教がヘリからサリンを散布する計画を立てていた)、
などにふれると、
ノンポリ無宗教と思い込んでいる日本人は天皇万歳となる。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 10:59
>>475
大阪はサヨの町。
辻元のような、赤軍支援者を政治家に平気にする町。
イジメも日教組も大活躍。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 23:25
天皇制廃止になったらおもしろいのに。

487 :名無しじゃーん:2001/05/17(木) 23:36
>>481
まずは自分の足元からだね。それが順序。

488 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/18(金) 00:47
時世に媚びず、俗に流れず、権に屈せず、利に走らず、虚名を追わず、悪名を甘受し、起っては斬奸の剣を振ひ、漂々弧高の祖国愛に生きるもの、之を真の皇民主義と云ふ。

皆の左翼化、これでいいのか。

489 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/18(金) 00:53
次は日本愛国革新本義との共同声明



国土ヲ離レテ国民ナク、国民ヲ離レテ国民杜会ナク、

国民杜会ヲ離レテ人生ナシ。

故二国ヲ愛セザルモノハ人二非ズ。

日本ハ尊厳極ミナキ天皇陛下ト皇室ヲ中心トシテ

世界ニ比ナキ団結カヲ有スル

日本同胞ノ愛国同胞主義ニヨル日本タラザル可カラズ。

実二、日本ハ愛国同胞主義二生キ、愛国同胞主義ハ国体二生ク。

シカモ日本愛国同胞主義ヤ今何処。

国体ヤ今如何。

世界ノ大勢、国内ノ実状、

一トシテ国本改造ノ急ヲ告ゲザルモノ無シ。

日本ノ危機タル真二未曾有ト称セザル可カラズ。

之ヲ救フモノハ何ゾ。

唯平成維新ノ断行アルノミ。

生命二価スルモノハ唯生命ヲ以テノミスベシ。

日本人ヨ、

神権統治デアル天皇陛下親政制復活ノ大道ノ為二死ヲ以テ、

唯死ヲ以テ立テ。


(天皇陛下親政制復活の絶対性)

衆院選が近付いています。

皇民党に一票を!!!

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 01:38
しかし、なんだなぁ。天皇ネタにオナニーするのは飽きがこないか?

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 03:45
日本史板を追い出されたアズマの自慰行為だろ。

492 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/18(金) 05:24
皆の左翼化、これでいいのか。

皇民党に一票を!!! 参院選が近付いています。

皇民党と日本愛国革新本義、今度の参院選に共同出馬決定!!!

493 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/19(土) 05:18
皇民党と日本愛国革新本義の日本主義政策共同大綱原案

今日の目本主義派の経済論に於いては、儲け主義と自由競走と私有財産の原則に立っている資本主義の弊害を認め、殊に凡てに於いて生産過剰の現在の経済管勢からして、統制経済の必要は見るもの.それ程の興味を引いていないことは事実である日本主義の統制経済論と関連して論ずべきは、日本主義に於げる私有財産論である現在の杜会では私有権と云うものが不当に重大視されておりますが、元来個人の私有権と云うが如きものは公益公利と相低触せざる範囲に於いてのみ貢定さるべきものであって絶対的の意義を持っものではないのであります。殊に日本に於いては普天の下率土の浜悉く王土に属するものでありまして、凡ては皇室の御所有であり、国民は一時の便宜として之をお預りしているにすぎないのであります、皇土皇財を私して、た父自らの利害の打算の前にあくまでも私有権の神聖を頑守して公利公益を眼中におかざる一部の富豪資本家の徒の如きはその罪頗る重大であります。

君が日本人なら皇民党に全員一票を!!! 参院選が近付いています。

皇民党と日本愛国革新本義、今度の参院選に共同出馬決定!!!

494 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/19(土) 05:21
「戦前と戦後では人々の価値観が変った」と言って社会の秩序や道徳を軽蔑したり、無視したりする風潮が近頃の一般的傾向になっている。ところが、彼等のいう価値観とは、自分にとって都合のよいことや、有利なこと、 つまり自分の欲望をいちばん満足させるものが最大の価値観なのであり、自分の自由や欲望の邪魔になる社会の道徳や法律、規則などは無視して、わがまま勝手な振る舞をするようになる。しかしそれでは家庭も、社会も、国家も、秩序を失って乱れてしまうのである。日本が大東亜戦争に敗れるまでは小学校に「修身」の学課があり、児童は入学から卒業までの六年間、道徳教育を受けた。だが、占領軍は修身も、歴史も、地理も禁止し、さらに明治、大正、昭和の三代にわたって国民精神の脊梁をなしていた明治天皇の「教育勅語」をも没収して捨てさる暴挙を行った。それ以来わが国の義務教育は、共産革命集団である「日教組」の赤い教師達の左翼偏向教育にゆだねられて今日に至っている。日の丸国旗にも、君が代国歌にも反対する「赤い教師」の偏向教育によって洗脳汚染された子供達は思想が悪化して、登校拒否、校内暴力、そして恐ろしい殺人犯罪までおかすようになる。今日の教育荒廃の惨状はことごとく「日教組」の偏向教育の所産なのである。国民の道徳が墜落し、社会の秩序が崩壊すれば、国家も、民族も、亡び去ることは古今東西の歴史が如実に示している。だから一日も早く国民道徳を復活し、社会秩序を再建しなければ、わが国の前途はまことに深憂にたえないのである。「教育勅語」は、国民の誰れもが心得ねばならない道徳の手本を示されたものであるから、今こそ、その復活を望みたいのだが、昭和二十三年に占領軍命令で廃止されてから、すでに四十年におよぶ長い年月が過ぎ去ってしまった今日では、その復活は不可能な状態である。だが「教育勅語」の中で明治天皇がお示しになった国民道徳の基本精神こそは、千古不滅の聖訓として、われわれは千々孫々にまで伝承しなければならない。

皇民党は教育勅語の復活を望みます。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 08:50
>>493-494
俺は天皇制存続賛成だし、天皇を続けてくれることに感謝してる若者だが、
こういう皇民党の宣伝内容みると、一歩ひいてしまうのよ。(20代前半)

まず何よりも読みにくい。
そして文面が戦前の教科書みたいで、いらぬ嫌悪感を持ってしまう。
現代の若者にうったえたかったら、それなりの工夫をしてよ。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 12:02
腔眠党のみなさまへ

495が「難しくてよくわかりません」と申しております。
AAを必ずつけて説明して下さい。
漢字のふりがなも入れて下さい。
3行以上書かないで下さい。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 12:06
いや、天皇を無くしたい人のほめごろしでしょ?

498 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/19(土) 12:18
次は平成13年5月6日に発表された、
皇民党と日本愛国革新本義の共同政策宣言文より抜粋した一部です。

人類最高の道義は確立せられ、
戦勝に必要なる物量も神助と相俟って自ら獲得せられ、
敵を挫く雄渾果敢なる作戦も自然にその力を増し、
斯くしてはじめて大東亜戦争の勝利把握も期待し得るのでありまして、
これを私は必勝信念の本体であると確信いたし、
国民諸君に対しこの信念の把握を強力に提唱いたすものであります。

君が日本人なら皇民党に全員一票を!!! 参院選が近付いています。

皇民党と日本愛国革新本義、今度の参院選に共同出馬決定!!!

499 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/19(土) 12:23
次は平成13年5月6日に発表された、
皇民党と日本愛国革新本義の共同政策宣言文より抜粋した一部です。

時代が時代であるから、引用の諸論には大にあれ、小にあれ、時代的な雰囲気が多分にもられて、神秘的である、誇張的、独善的で高
天原の霞がたなびいているの感があるが、その本文の中に流れる思想に於いては今日ともに変りはないのが日本主義である筈である目
本主義は政党政治の腐敗、晴落を鋭く衝くが決して議会制度を否認するものではない我々革命的大目本主義者の重大任務は、即ちかか
る亡国議会の否認と毒虫的既成政党の撲減闘争である。

君が日本人なら皇民党に全員一票を!!!

これは国民の義務であります。参院選が近付いています。

皇民党と日本愛国革新本義、今度の参院選に共同出馬決定!!!

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 12:26
>嗚呼〜〜天皇陛下!!!

だから誉め殺しはやめろってんだよ。まだわかんねえのかFuck You!

501 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/19(土) 12:28
次は平成11年7月29日に行われた、
全日本愛国者共同闘争議会で発表された共同宣言文の内要より
抜粋した一部です。

我らば亡国議会政治を覆減し天皇親政の実現を期す。

全日本愛国者共同闘争議会ずい分と勇しい綱領やスローガソは見るが、
しかしそれと同時に北一輝著の「日本改造法案犬綱」の如く、
更に祖国会の北玲吉の主張の如く、
議会制度そのものを明らかに認容した面もある
即ち日本主義は国家論としては有機的国家説をとり、
そこに東洋の美風である家族制度をみつつ、
政党の堕落は迫めて手をゆるめることをしなかったが、
一面議会否認を全くは行わなかった処に特徴があった。

君が日本人なら皇民党に全員一票を!!!

これは国民の義務であります。参院選が近付いています。

皇民党と日本愛国革新本義、今度の参院選に共同出馬決定!!!

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 12:33
こんだけクソミソいわれてる皇民党ってどんなんだろ。
ちょっと調べてみたくなったり(藁

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 14:43
全国の刑務所の中にいるやつは圧倒的に天王星支持
なぜなら恩赦、特赦、大赦というのがあるからな
ガキがうまれたら恩赦で出所、みな心待ちだろうな
だから暴力団は圧倒的に天王星支持
暴力団のかしらみたいなもんか天王星は

504 :声の出演:名無しさん:2001/05/19(土) 16:16
俺多少の愛国心はあるつもりだけど、天皇に対して思い入れ
とか全然ない…。
最近の若者ってみんな同じなんじゃないだろうか?

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 01:41
>>503
本当です。
皇民党ってこういう奴等なんですね。
http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b9%c4%cc%b1%c5%de&hc=0&hs=0

506 :皇民党の実体がわかる:2001/05/20(日) 01:43
これが皇民党の実体だ。
http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%b9%c4%cc%b1%c5%de&hc=0&hs=0

507 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/20(日) 02:06
>504
同意同意。
なんてーかなー積極的に支持する気持ちは全然ないけど、
あえて廃止するほどキライでもないというか。

>505-506
何だ右翼のフリしたヤクザか・・

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 11:29
日本足り得てるのは、皇室のあるなしだろうね。

違う価値観の国にしたいのなら、どうぞ無くしてください。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/20(日) 22:51
>>508
そんな事はない、俺は右翼的な思考の持ち主だけど、天皇いらん。
日本人に必要なのは天皇じゃなく、『日本』という確固
たる存在。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 23:02
>>509
何も分かってないね、あんた。
まず
>俺は右翼的な思考の持ち主
この表現の貧困さ…論ずるに値せず
ついで
>日本人に必要なのは天皇じゃなく、『日本』という確固
たる存在。
いきなり文頭に「日本人に」と断言し、
「誰が日本人なのか」という問題を無視して、アプリオリな
存在として「日本人」を規定しておきながら、
>『日本』という確固たる存在
が必要だとのたまう。これは論理的思考の訓練ができてない
人間が好む循環論法でしかない。
そうでないというのならば、「日本」という歴史的・地理的・
政治的範疇を他者と区別した場合、天皇はこの範疇に対し如何
なる位置を占めると考えているのか、論理的に述べて見よ。

511 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/20(日) 23:03
日本という確固たる存在があるためには天皇という要素は必要不可欠。
日本の歴史は天皇家の変遷の歴史ともいえるもの。
別に歴史の表舞台に国家元首として出ている必要はないだろうが、天皇
家の存在が消滅=過去からの歴史の連なりの断絶を意味する。

今、必要がないからといって短絡的に廃止していいものではない。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 23:05
>509
 >『日本』という確固たる存在。

それが曖昧だからこそ天皇を日本の象徴として存在させてるんじゃないの?
漠然としすぎで解りずらいんじゃない。確固たる日本っていわれても。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 23:19
>>511
そか?
この日本列島に国土があり、一億2千万以上の日本民族
が住んでいて日本語を喋っている。 それだけで十分
じゃないの?

514 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/21(月) 00:02
いまは天皇家の存在意義がほとんどなくても将来の変革期において再び
必要とされるときが必ず来るだろうということ。

鎌倉期以降、天皇家は実権を失って久しいが節目々々には必ず天皇家は
大きな関わりをもっている。これが日本の国のこれまでの歴史。だからこそ
これからも将来のためにも天皇家を残して置こうということ。今はちょうど幕
府政権の安定・成熟期だと考えたらピンとくるかな?

515 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/21(月) 02:17
売国的左翼及び戦後議会民主主義者は
我が皇民党及び日本中の愛国青年右翼団体同士に対する
全ての誹謗行為と中傷謀略蛮行を直ぐ中止しろ!!!

日本国民は天皇陛下とは我々のような人間ではなく、
<天>より降臨した現人神でおられることを忘れるな。
日本国民は天皇陛下に全員感謝すべきだ。


ただ天皇陛下!!! 天皇陛下万歳!!! 日本皇民党千歳!!!

516 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/21(月) 02:23
おい、諸君!!!

天皇陛下はなければ日本もなくなるよ!!!

517 :とりあえず名無しさん:2001/05/21(月) 02:27
『天皇』は日本の安全装置
高いお金つぎ込んでる保険なので
廃止するのは惜しいと思われ

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/21(月) 02:27
皇室は別に国家・政治と関係なく存続していくことは出来ないのか?
神道行事にとって元締めのような存在でもあり、一種の家元みたいなものとして。

519 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/21(月) 21:07
政治的なところから切り離す(幕府期や現在みたいに)ことは問題ないと
思うが国家から切り離すのは無理だと思う。日本国において政治的な実
権を持つものはこれまで全て天皇より政治の実権を任されるという形で国
を統率してきている。天皇=中国の天等存在(ある人は神と言ってマスコミ
にたたかれたけど・・・)として考えられてきた。

天命を受けたものが天に代わり人の世界を支配する。
神の代弁者たる人の子が神の命に従い人の世に君臨する。

歴史を知れば以上の台詞に類似する言葉を必ず耳にすることになるだ
ろう。日本にはこの天も神も存在せず、変わりに天皇が存在した。
国と皇室を切り離すこと、それは天皇が天皇でなくなることを意味し、日
本国がこれまでの日本国としての歴史の連なりを否定することになる。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/21(月) 23:30
>>513
>この日本列島に国土があり、一億2千万以上の日本民族
>が住んでいて日本語を喋っている。 それだけで十分
>じゃないの?
だから、全然分かってないね。
「国土」=国家の存在を前提とした言葉
「民族」=文化的自己同一意識・言語の共通性を前提とした言葉
「日本語」=諸言語が歴史の中で国家の措置により歴史的に統合されてきたもの
全部循環論法なんだって!

521 :政教分離名無しさん:2001/05/26(土) 16:26
天皇、皇室関係者は一人ずつスマキにして、太平洋かなたに投棄すべし!

http://www4.ocn.ne.jp/~aoitori/tennou.html

522 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/26(土) 16:30
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm
http://www06.u-page.so-net.ne.jp/da2/selene/e/
http://www.toyama-shinsei.net/htmlfile/donna.html
http://www.water-institute.org/water/04/index61.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgd5322/ikihtm/MessagetoJapan.html
http://www.lovenotesjoy.com/hotsuma1.htm
http://www.tokyobbs.or.jp/teddyangel/ain.htm
http://www.bsb.ne.jp/~sasaki/mirai.htm
http://www.kumanolife.com/History/ain.html
http://dreamcity.gaiax.com/www/dreamcity/k/m/kimitake/main.html

523 :本勝萌え:2001/05/27(日) 00:17
グアムのジャングル生活16年で出てきた伊藤正さんは、その手記の中で次のように考えている。

「戦争が終わったら、一番先に東条さんが死刑になる。
天皇陛下も死刑にされても仕方がない、と考えた。
(中略)天皇陛下も東条さんも、日本の軍事裁判所で、日本の刑法により、死刑になっているものと、想像したわけだ。
アメリカ側の手で、戦争裁判があろうとは夢にも考えなかった」

そう、私たちは自分の手でついに裁かなかったし、今も裁かないでいるのだ。

(1972年2月11日号週刊朝日の本勝コラムより部分的に抜粋)

524 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/27(日) 02:02
昭和天皇の御言葉に対するマッカーサーの所感
 私は天皇が、戦争犯罪者として起訴されないよう、自分の立場を訴えはじめるのではないか、という不安を感じた。連合国の一部、ことにソ連と英国からは、天皇を戦争犯罪者に含めろという声がかなり強くあがっていた。現に、これらの国が提出した最初の戦犯リストには、天皇が筆頭に記されていたのだ。私は、そのような不忠正な行動が、いかに悲劇的な結果を招くことになるかが、よくわかっていたので、そういった動きには強力に抵抗した。
 ワシントンが英国の見解に傾きそうになった時には、私は、もしそんなことをすれば、少なくとも百万の将兵が必要になると警告した。天皇が戦争犯罪者として起訴され、おそらく絞首刑に処せられることにでもなれば、日本中に軍政をしかねばならなくなり、ゲリラ戦がはじまることは、まず間違いないと私はみていた。
けっきょく天皇の名は、リストからはずされたのだが、こういったいきさつを、天皇は少しも知っていなかったのである。しかし、この私の不安は根拠のないものだった。天皇の口から出たのは、次のような言葉だった。

「私は、国民が戦争遂行にあたって政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負う者として、私自身をあなたの代表する諸国の裁決にゆだねるためおたずねした」

私は大きい感動にゆすぶられた。死をともなうほどの責任、それも私の知り尽くしている諸事実に照らして、明らかに天皇に帰すべきではない責任を引受けようとする、この勇気に満ちた態度は、私の骨のズイまでもゆり動かした。私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても日本の最上の紳士であることを感じとったのである。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 10:33
>>524
昔はそれを聞いて感動したもんだが、
今となっては「アメリカの占領政策に利用するためでないの?」
とか疑ってしまうなあ。

日本人に復讐心を持ち、バカにもしていたマッカーサーを動かしたのだから、
それなりに真実の部分もあったのだろうけど。

526 :嗚呼〜〜天皇陛下!!!:2001/05/30(水) 01:27
昭和天皇は立憲君主制をよく理解し、憲法を誰よりも遵守し、
話し合いで決まったことに口をはさんだことはなかった。
軍の暴走には終始反対し、三国同盟にも不満を示したが、
直接政治に介入することを徹底的に避けた。
日米戦争に突入する際にも反戦の御製を紹介するにとどめ、
国民の代表たる政治家や軍人の意向を押しつぶすことはなかった。
敗色が濃厚となり、我々愚かな国民の多くが本土決戦などと考えていた時、
戦争終結の考えを示し、日本を滅亡から救った。
この時も命令したのではなく、
総理から判断を求められたうえでのことだった。
真の民主主義者は昭和天皇であった。
そして占領軍総司令官に対して「全責任を負います」と明言し、
マッカーサーをして、
「明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする、
この勇気に満ちた態度は、私の骨のズイまでも揺り動かした」
と言わしめた。このような国の代表がかつていただろうか?
ムッソリーニのように逃げるか、ヒットラーのように自殺するのが
オチである。
マッカーサーとの会見は秘密であった。マッカーサーはあちこちで
暴露したが、昭和天皇は「男の約束」として生涯話さなかった。
昭和天皇の生涯を振り返ると、我々の理性では計り知れないものがある。
昭和天皇はその人柄がいつも強調されるが、
それは表面のほんの一部分であって、
本質は君主としてどのような行動をとってきたかである。
確実に言える事は、昭和天皇は困難から逃げなかったということである。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/30(水) 04:34
廃止してみな、内戦だよ。

528 :名無しさん:2001/05/30(水) 05:01
>514 いまは天皇家の存在意義がほとんどなくても
将来の変革期において再び必要とされるときが必ず来るだろうということ。  
======
おまえら日本の政治を動かす口実に、天皇家を利用するのはもう止めろや。
結局天皇家を利用したいだけなんだよ、おまえらは。

もう政治とは切り離して、そっとしておいてやれ。
古代から続く日本の良き家族の象徴として、敬意が払われていけば
良いじゃないか。
 

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/30(水) 23:15
>>528
そう簡単には切り離せないだろう。千年以上政治と関わってきた一族
なんだから・・・。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/30(水) 23:37
>>528
それが危険だから憲法でがんじがらめにしてるんだよ。
わかりやすく言えば「日米安保ビンの蓋論」と同じだ。

531 :Tkmr69:2001/06/01(金) 04:16

不細工な真似をするな。

日本人が「打って一丸」となったときの
すさまじいパワーがいかなるものかは、
大東亜戦争が如実に示している。 アホ諸君はもうお忘れかな?
外国が一番嫌がるのが日本人のこの美点。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 15:10
 今は天皇制は存続しても良いと思っている。
1500年以上も続くロイヤルファミリーって世界的に稀有だし、
国によっては皇室外交も有効でしょう。少なくとも今の外務省よりは
貢献しているように見える。
 また、非常時における錦の御旗になり得る。緊急避難的暫定処置として
シフト可能で、そういう時の教育も受けていそう。最終的な民族の求心力
になる。

533 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/01(金) 19:25
>>528

人が書いたレスを全部読まずに一部だけを曲解してヘンな自論を展開する
ための小道具にするのは止めてくれない?

534 :クンニ:2001/06/02(土) 03:54
531へ
あほかおまえは。「大東亜戦争における日本人の一致団結パワー」やと。
日本は戦争に負けたんや!そんなことも知らんのか!
負けといて何が「打って一丸の美点」や!
みんな、わろたってくれ。
でも、こうなると、戦争に負けたのも天皇のせい、といえるんちゃうか?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 03:57
つーか関西弁うざい
方言を文章に使うなよ

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 05:29
>>535がいいこと言った。
ある程度公共の場で関西出身者以外に理解不能
の口頭語を書きこむその神経がわからん。

537 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/02(土) 07:47
>>535-536
公共の場で自作自演をヤルほうがもっとうざい

538 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/02(土) 07:52
>>534
戦争に負けたとは言うが、かなりの部分で充分に戦争目的は達成したんだから
単純に負けたとは言えないんじゃないの?

まあお互い痛み分けってとこじゃないかな?

539 :山師さん:2001/06/02(土) 20:07
>戦争に負けたとは言うが、かなりの部分で充分に戦争目的は達成したんだから
>単純に負けたとは言えないんじゃないの?

そうそう。戦争目的を達成できなかったのはむしろアメリカの方。

>まあお互い痛み分けってとこじゃないかな?

こっちは相当痛かったけどな・・・

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 21:16
朝日新聞って天皇制を支持してるよね?それなのに左翼なの?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 21:50
>>540
それ以外の朝日の主張を聞けば、朝日が左よりである事は明白だよ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 23:37
>>539
>>まあお互い痛み分けってとこじゃないかな?

>こっちは相当痛かったけどな・・・

同意!もし戦争をするなら、勝たないと駄目だろうね。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 02:59
 現代の科学の粋を尽くせば、現天皇のクローンをおつくりして、
万世一身の天皇を作り、永代かわることのなき真の象徴とすることができる。

 DNA解析によりDVD-ROMにありがたいデータを入れ、全国民に一家に
一枚配布し、もって家電業界に一大ブームを巻き起こすこと必如。
ネットワークをもって海外配信も可能となろう。
高貴なるY遺伝子に秘められたありがたいDNAの列には万人が平伏すであらう。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 08:52
>>543
ヴァカ

545 :月読神:2001/06/06(水) 14:39
今年は皇紀2661年であることを忘れるな^−^。神武天皇が即位されてから、はや2661年!!まさに萬世一系!!まさに「万歳」である!!

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 14:49
天皇制がなくなって、英語公用語かが進めば、
日本がアメリカの一部でない必然性はどこにもなくなる。
軍隊はもうちゃんと駐留してるし。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 15:04
天皇制はもはや日本国をまとめるアイデンティティーとしての意義を喪失している。
でも、話のねたが少し減るので廃止には反対

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 18:24
文明が未開で文化が遅れている時代には国家統一という
概念から天皇という制度も必要であったが
ここまで科学技術が進歩してくると必要性はない
医学が未開のとき病気を拝み、祈祷で治そうとするのと同じ
現代では科学的な検査で合理的な治療をすればよろしい
よってもはや存在意味なし 無用の長物
税金の無駄遣いという他なし

549 :こいつらマジでアホや・・・:2001/06/06(水) 19:04
>>546-548
アホ・・・。
おまえらとっととアメリカなりシナなり好きなところへ出て行け!

氏ねとまでは言わんから、ちきゅう市民はとりあえず日本から出て行け。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 20:40
>>548
>医学が未開のとき病気を拝み、祈祷で治そうとするのと同じ

激しく同意
天皇制はシャーマニズム

551 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/06(水) 20:41
リベラリスト気取りの厨房が暴れてますな。

552 :ボディパーマだいすっき!:2001/06/06(水) 20:45
>>549
賛成デス!!地球人民さいなら〜!!大元帥陛下バンザ〜イ!!!

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 20:49
天皇制反対と地球市民??
それは次元のずれた話し

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 20:49
ナァ、ルイ16世は悪政をしいたからこそ首はねられたんだぜ?
今の天ちゃんのどこに落ち度があるのよ。
外国からもエンペラーエンペラーてちやほやされるし、威厳のある存在
がいることで対外的に国民が得してるとこもあるんちゃう?
とにかく『論理的にあってはいけない。よってなくすべきである』
みたいな平等原理主義にはつきおーとれんわー

555 :Nanashi:2001/06/06(水) 22:20
日本国民にとってなんの意味もない。必要ない存在だが、
支配者にとっては愚かな民衆を支配する道具として意味があり存続するの
ではないか。政治家は市民の国家への信頼関係がない現状では、有事には
やはり皇室を中心に結束するぐらいしか策がないと判断しているのではないか。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 22:49
>555
徳川幕府は天皇を残したけど、皇軍になった薩長に負けました。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 00:14
>>555

愚かな民衆か?他人を貶めるのがそんなに楽しいか?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/09(土) 17:47
いまや天皇は民を支配する力を持たず、民はもともと天皇を必要としていない。
皇室の維持費なんて無駄そのもの。
天皇制なんてやめろ。

559 : :2001/06/10(日) 04:39
皇室が廃止になったら、その歴史とネームバリューから今の小泉内閣どころの人気じゃないだろう。
過去の歴史を振り返ると、日本経済が落ち込むなどの国難が訪れた時天皇家が影響力を持つ内閣が誕生するだろう。
そうなると皇室廃止を主張してる人は真っ先に粛正されると思われる。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 05:13
天皇家は日本のアイデンティティの一つ。
日本が民主主義国家として成熟していると言うのならば、
廃止もあるかもしれないが、現状をみるに簡単に切るべき
ではないよ。

561 :>555:2001/06/10(日) 05:59
正直「賢明な民衆」による政治などといっている連中は胡散臭い。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 10:50
必要も何も、この国は皇室が開かれ、治められている国。

563 :天皇陛下万歳:2001/06/10(日) 12:27
売国的左翼及び戦後議会民主主義者は
我が皇民党及び日本中の愛国青年右翼団体同士に対する
全ての誹謗行為と中傷謀略蛮行を直ぐ中止しろ!!!

日本国民は天皇陛下とは我々のような人間ではなく、
<天>より降臨した現人神でおられることを忘れるな。
日本国民は天皇陛下に全員感謝すべきだ。
さらに日本は天皇親政制へ戻すべきだ。
覚めて下さいませ、天皇陛下!!!
自分は人間ではなく神であることをご認識下さいませ!!!


ただ天皇陛下!!! 天皇陛下万歳!!! 日本皇民党千歳!!!

564 :名無しさん:2001/06/10(日) 12:56
日本の明文化させた歴史の中で
天皇家が存在しない時代が無いからなぁ
(いや実際はあるんだろうけど日本書紀が正統とされてるからね)
実際天皇家がなくなるとどうなるのか想像つかん。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 18:29
あらゆる間違いは人間を特別視することから起こる
錯覚、妄想などは人間を特別視することから起こる
人間を特別視することから起こった間違いは歴史上数多い
すべて間違い
キリストでも釈迦でもマホメットでもヒトラーでもスターリンでも
裕仁でもあさはらしょうこうでも福永ほうげんでも、池だ代作でも
特別視することから間違いが起こった 単なる糞製造機に過ぎない

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 18:38
ここも面白いよ
OKINAWA掲示板 : 政治・経済
http://www.okinawa.gasuki.com/okinawa/

567 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/10(日) 19:23
>天皇陛下万歳  殿

いまハングル板で「低脳屁以下」という基地涯が暴れています。
彼が天皇陛下に如何なる感情を持っているかお分かりでしょう。
さあ、どうする。
このまま侮辱を許すのか?
それともIPアドレス突き止めて、吊るし上げするか?

例えばこれ↓
■低脳屁以下■に何でも質問しよう!
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=korea&key=991579741

逝くぜ! 皇室ブス10番勝負ぅ!
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=korea&key=992076523

皇居ぶっ潰してソープランドにしたいんだけどver2
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=korea&key=992105931

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 19:29
200万人の日本人を虐め殺したひろひとが
なぜ尊敬されるのか?余はいまだに理解できない

569 :倉田まゆみ:2001/06/10(日) 19:35
>>568
激しく同感!!昭和天皇こそ非地球市民ですよね!!勿論日本抗民党も勿論非国民です。次の参院選は社会民主党が勝つでしょう。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 19:47
どこをどう考えれば社会民が勝つのでしょうか?
20年後の話し?

571 ::2001/06/10(日) 19:55
>>567
あれは、コヴァすらろくすっぽ読めない、無思想で無教養な、ただの
ユカイ犯か、サヨのDQN消防でせう。もちっと暴れさして、DQN
ぶりを見物しましょう。568や569と合わせて。

572 :名無し:2001/06/11(月) 16:14
ギネスブックでは、年代こそ疑義を入れているけれど、
日本の皇室を最長(現存)最古の王室として載せてる。
世界的に認められてるんだね。
ロイヤルファミリーの権威って、世界的に見てもすごいよ。
なにせ、国賓って一種と二種に分かれる。
世襲制の王族が一種、選挙による大統領などは二種(格下)
だから北欧とかの国王よりも、米国大統領の方が、
国際的儀礼の中では格下になっている。
このことが妥当かどうかは議論をすべきことかもしれんが、
少なくとも国際政治ではあまり問題にされていない。
日本が国際儀礼上優遇されているのは、天皇の存在によるところが極めて大きい。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 16:29
>569
社民党は天皇制を否定してないじゃないか。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 16:38
私は日本の国益第一主義者です。社民党、共産党や外務省・自民党のChina schoolの売国奴は大嫌いです。
でも国益第一政権なら、天皇制の要否は問いません。
そんなに婦人週刊誌のように皇室記事で楽しむ趣味はありません。
首相公選制で選ばれた首相は国家元首となります。
これでも良いと思います。

575 :572:2001/06/11(月) 16:43
>574
国際儀礼でのステータスを失うけれど。
現在日本の天皇は英国とならんで世界第一位の格をもっている。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 16:51
>>572.格では、外交は勝てません。外交は戦争です。
外交戦争に勝ち抜ける国益第一政権を期待します。

577 :名無しさん@もね:2001/06/11(月) 17:09
>>1
まあ、日本文化の一部だしね。
瞬間湯沸し器の日本国民には、まだ必要な安全装置だと思うよ。
発火点にならないよう、注意深く扱えばよろし。・・・こりゃ内政か(w

578 :572:2001/06/11(月) 17:37
>576
外交戦争に勝ち抜くために格を捨てる、てのはいいけれど、
具体的に格を捨てなきゃならんという事態ってある?
格は一度捨てたら二度と戻ってこないし。
それとも格をもったままじゃ外交戦争には勝てない??

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:59
保守主義と王制はイコールではない。王制でなく、大統領制でも良い。
日本国に忠誠をつくしても、皇室につくすかどうかは別。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 00:16
天皇は外交上の有力なカードの一つなので保存しておくべきだ

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 00:19
国に尽くそうが、皇室に尽くそうがたいした問題ではないのでは?
別に今の皇室が政治に何かしらの影響力を与えている事はまったくないわけで。
それなのに皇室を廃止すべきって論調はよろしくないと思う。
皇室を崇める必要はまったくないが、積極的に廃止するのはどうだろう。
共産主義者にとってはうれしいことだろうが。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 00:22
首相公選制導入となると陛下に首相が”主権者たる国民の名において任命される”必要が
なくなる。公選首相は国家元首だ。
国家元首は2ついらない。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 23:51
>>568-569
>200万人の日本人を虐め殺したひろひとが
>なぜ尊敬されるのか?余はいまだに理解できない

それはあなたが昭和天皇に対する知識が不足してるからでしょう。
憎む人がいるのは理解できるし、尊敬する人がいるのも理解できる。
俺は29だし、別に尊敬しているわけではないが、自分なりに戦争前後
のことを調べると、昭和天皇はりっぱな方だったと認識するようになったよ。
「昭和天皇独白録」なんか読んで自分で考えてみたらいかが。

ちなみに開戦を認めたのは立憲政治下における立憲君主として裁可するに
好き嫌いをはさめないからで、終戦時の英断は、議論分裂のため裁断を天皇
に求められたから可能だったわけ。
天皇が開戦を認めなければ、天皇やその側近は暗殺され、弟で軍人の秩父宮
が擁立されたでしょう。そしてポツダム宣言受諾が遅れ、悲惨な事態になっ
たでしょう。
昭和天皇の功績は、連合国軍も認めています。

584 :名無しさん:2001/06/12(火) 23:59
>>582
必ずしも=にはならんだろう…

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:35
どうして王制が必要か?なくても保守政治は可能ではないか?
この質問に誰か答えて欲しい。
俺の血筋は皇室くて近い高貴だからとか以外で。

586 :チクロZ:2001/06/13(水) 02:23
まぁ、立場表明しておくか、政治思想板だとサヨクと罵倒されるリベラルね。
天皇制自体は否定しない。むしろ肯定する。
さて、天皇制の問題だけど、問題点が少なくない

1 金を使いすぎ(諸説あるが150億〜300億)
皇族は天皇の直系だけにして、あとは独立採算でやれば?
ヒゲの殿下なんて大学教授やれば人気も出るだろうし
本はベストセラーで、国に金もらわなくても生きていけるでしょ。

2 サヨクは行きすぎ
天皇制廃止?それが日本に国益をもたらすかね?
やっぱり、日本には「天皇(連中の言葉じゃエンペラーだ
びびるだろ)今じゃ世界唯一のエンペラー様だ」

3 日本とは
このカオスっぷりが日本なんだよ。諸外国の真似の出来ないことである。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 02:42
>>583
「昭和天皇独白録」は英語版の発見によって
戦争責任の逃れるための弁明の書である事が
明らかになったんだよ。
マッカーサー回顧録での天皇美談も
回顧録に記載はあるのに、マッカーサーとの
会見時の通訳の書いた会見録には記録が無くて、
マッカーサーが昭和天皇を日本の統治に利用しようと
考えていたこともあって本当に言ったのかどうか疑問が残る。

後半の部分だけど、
226事件の時、
側近が叛乱将校達の行動を容認するように言っても
自ら鎮圧すると発言して鎮圧を断行させたり
阿部伸行内閣成立時に内閣の人選について
かなり細かい部分にまでこだわったりと
よくいわれるように囚人同様だったかどうか疑問が残る。
連合国が功績を認めるのは、そりゃ天皇制を利用して
占領政策を進めたんだから当然だと思う。

別に自分は天皇制を廃止しろ!となんて
思わないけどね。今の形の天皇制には
疑問を感じるけど。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 02:46
>>585
積極的になくす必要が無い。
一体何故王制が必要無いのか教えて欲しい。
>>586
金に関しては価値観の問題とか、いろいろなものがあるでしょ。
思いやり予算が高すぎるという人もいれば、イヤ安上がりだという人もいる。
金に関して、個人的には世界最古の王朝を維持するのに適当な額だと思うが。
世界で2番目の経済大国という側面も併せて考えれば。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 08:42
>>586
> 1 金を使いすぎ(諸説あるが150億〜300億)

そのトンデモな数字がどこから来てるのか知らないが、
宮内庁の予算=天皇制の予算と考えるのは間違い。
天皇制を廃止した時、どこの予算が削減され、どこが増額されるのかを考えるべき。
俺はこれほど安上がりな制度はないと思うけどね。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:08
>>588.百億ぐらいの金などは外交儀礼費として、日本ぐらいの規模なら何の問題もない。
しかし、首相公選制をとり、国民が元首を選出した場合は、国家元首としての王は
いらないんじゃないか。
公選首相は元首となる。陛下と公選首相とどちらが儀礼上、上位にしなければいけないか。
主権者たる国民に直接選出されたものが出てくると、日本史上初めての事態に陥る。
日本の国益を守る保守政治が公選首相のもとで可能なら、国家元首という点から天皇制は不要となる。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:15
>公選首相は元首となる。
そんな決まりってあるの?
まあ名目上のことだけど。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:23
>>591.公選制の場合、陛下に任命される必要がありません。現在、直接選挙の国会議員
は陛下に任命されていません。
主権者たる国民の直接投票ですから。
しかし、間接選挙や指名の首相、大臣、最高裁判事などは陛下に、国民の名において
任命されます。
したがって、宮中松の間での親任式も必要なくなります。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:24
>>591
最近、公選制を廃止することに決めたイスラエルには首相のほかに
大統領がいなかったけ?
あと、この2chでも首相公選制を支持する人を結構見るけど、
首相公選制ってそんなに素晴らしい制度なのかな?

594 ::2001/06/13(水) 21:26
>>589
ウッソ〜、そんなに少ないの。国民ひとり当たり¥100弱〜200弱じゃん。
これ以上に無駄なモンなんていっくらだってあんでしょ。姦サンジュのいるトーダ
イとか(w) この程度で、対外的なプレステージが維持されてんなら、安いモン
だよ。サヨって、北チョソのキムさんみたいに(w)無教養無品格なヤツが国家元首
することの損失って、わかんないのかな?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:27
天ちゃんだけやり玉に挙げられてかわいそう。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 21:39
ちなみに漏れは今の天皇制は将来的に問題なしと認識している。

>>583 >>587

まあ、マッカーサーは下手に昭和天皇を超A級戦犯として死刑にすると
原爆投下で只でさえ反感を抱いている日本庶民の反米感情に油を注ぐ
結果になってソ連あたりの介入を受ける事を恐れて天皇を生かすべく
画策したのでは?何れにせよ、昭和天皇はマッカーサーの提案を
受け入れざるを得なかっただろうよ。当時の昭和天皇はかなり神格化
されてその神格化たるやあの成田きんさん蟹江ぎんさん姉妹が
今(今上)の天皇陛下の前でまともに顔を上げられなかった位
だからね。

そこに双方の関係者が憶測で書いて議論を呼んでいるのでは?

597 :文責:名無しさん:2001/06/13(水) 21:58
>>587
>囚人同様だったかどうか疑問が残る。
それでも、・赤軍を大粛清したスターリン
     ・ニミッツを大抜擢したFDR
     ・マンシュタインをクビにしたヒトラー
ほどの権力は持ってなかったわけよね。南部忠一を山口多聞と代えるこ
とすらできなかったんだから。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 22:02
>>597
明治憲法って共産党とかは色々と攻撃するけど、
やはり立憲君主制なんだろうね。

599 :文責:名無しさん:2001/06/13(水) 22:30
>>598
明治憲法って、よくみてみりゃ、単に内弁慶なだけよね。
国民には「天皇陛下は偉いんだぞ、ゴルァ!!」っていって、
エリートには「天皇は機関にすぎん」っていってるわけで。
まあ、サヨがいうほど、呪わしいもんではないと思うが。
凶惨はね・・・、どうだろ。カムフラだと思うけど。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 22:37
ウヨにしてもサヨにしても
正直、天皇って便利だからなぁ

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 23:30
天皇制をなくし、公選首相による共和制でも国家としては良いのではないか?
きちんと国家利益を守ってくれる保守政治(米国のような保守2大政党)が根付けば。

602 :583:2001/06/13(水) 23:39
>>587
>「昭和天皇独白録」は英語版の発見によって 戦争責任の逃れるための
>弁明の書である事が 明らかになったんだよ。

このソースはもしかして「昭和天皇 二つの「独白録」」でしょうか?
http://www.ywad.com/books/203.html

俺はこの本読んだこと無いし、ネットで検索しても内容がわかるページが
無かったので、コメントできません。憶測でモノを言うのは控えます。
(週末まで本屋にも図書館にも行ってる暇なし)
もし内容をご存知だったら教えて欲しいのですが、マッカーサー秘書官
のボナー・フェラーズが残した書簡で、「昭和天皇独白録」の内容が捏造
だったと証明されたのでしょうか?
もっとも「昭和天皇独白録」が寺崎氏の遺品から見つかったという経緯
からして、その目的と、また内容を100%信じていいものか懸念がある
ことくらいは承知しているつもりです。

あと226事件に辺り関して・・・、
天皇が政治的発言したのは、3回しかなかったと思う。
この人の意見を参考にどうぞ。
http://forum.justnet.ne.jp/ebf/nph-open_frdspspk/00166/000091/000091.html
1.田中義一首相:張作霖爆殺事件の処分に対する不満発言:「辞めてはどうか」
2.226事件の対応:「自ら近衛師団を率いて鎮圧にあたっても良い」
3.終戦の英断

226事件のときは、内閣が機能しない状態だったから、俺は肯定的に
みてますよ。
あと囚人というのは酷い言い様ですね。
せめて立憲君主として制約があったと言いましょうや。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 23:45
>>602.昭和天皇や戦争責任なんぞ、ナツメロ古い昔話はじじいにさせておけばいい。
馬鹿の一つ覚えみたいな、毎年同じネタの繰り返し。
新しいネタ作りをサボるマスコミの影響か?
今上陛下、および皇太子殿下を戴く必要があるかどうか、論じて下さい。

604 :583:2001/06/14(木) 00:05

ブラジャー!!
俺は天皇制賛成よ。
この話題も繰り返しのような気がして飽きたかな。

しかし天皇陛下万歳氏などの電波は誉め殺し以外の何物でも
ないよね。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:09
>>601
米国のような保守政治が根付くまでが相当大変だろう。
ドイツはナチスに乗っ取られたし、イタリアは戦後王室を
廃止したけど、全然安定してないじゃない。
フランスも議院内閣制だった第三共和制時代はあまり安定して
なかったみたいだね。今も時には大統領と内閣が全然別の政党同士
になったりして安定しないこともあるようだね。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:14
>>605.公選首相だったら、いわゆる大統領制となるんじゃないでしょうか。
強大な権限をもった国家元首たる首相。軍と行政の責任者となる。
監視機構として議会、および司法府がある。
この共和制でも問題なさそうに思えますが?

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:14
天皇陛下万歳は戦時中でもそんなにいなかったと思うね。
まして今の日本にいたら間違いなく電波ちゃんですよ。
フィリピンで初めて特攻した敷島隊司令官・関行男中佐も、
天皇のためじゃなく愛する人のために死ぬんだと言っておられますから。
しかし、皇室を積極的に無くそうとする人の意図がわかりませんよ。
何故わざわざ共和制などというくだらない制度に変えようとするのか?
今の皇室制度で何か不利益でもあるんでしょうか?

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:16
>>607
とりあえず共和制にすれば世の中良くなるとでも思ってるんでしょう。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:16
>>607.王制が必要な理由は何か?
公選首相による共和制でも問題ないのでは?
婦人雑誌とワイドショーは困るでしょうが。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:18
>>608.あってもなくても良くも悪くもならないのでしたら、なくてもいいのでは。
重要無形文化財として、世界最古の王朝としてという理由は、いかがなものか?
ちなみに私は保守主義者です。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:24
>>610
要は無くすにしろ残すにしろ
どちらの理論も稚拙極まりないところに問題があるのです。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:31
首相が国家元首になればしいて必要性は感じないと思いますが。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:37
国家元首ってのはお飾りですので、つまり誰だっていいのです。
ですから天皇だろうがホームレスだろうがパンピーだろうがいいのです。
ですがそこいらのアンちゃんが国家元首だと箔が付かないので。
まぁそんなところです。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:38
>>613.少し安直な意見ですね。わずらわしいから問題先送りみたい。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:40
>>614
あってもなくても構わないのなら
別に問題にする必要もないでしょう。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:42
>>615.国家体制という本質問題は先送りにするおとなの対応ですな。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:44
>>606
世界を見渡すと606氏の言う大統領制を採用している国は
多いけど、なぜ独裁が多いのでしょうか?

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:46
>>616
トップを替えたところで何にも変わらん国家体質こそ問題でしょう。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:51
>>617
一言でいうと国民がオバカだからです。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 00:57
まあ、王制、貴族性、代議員制など、どの制度も一長一短ですな。
21世紀ですから、優秀なコンピュータに治めていただくのはどうでしょう。
私利私欲や、不正がないので、国民みんながまあまあ幸せになれそう。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:03
>>620
不正がないからといって国民が幸せになれるとは到底思えない。
今の日本の繁栄にしろ、なんらかの犠牲によって成り立ってるからな。
そのことが良いか悪いかは別問題だが。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:14
結局今の皇室制度でも何ら問題無いわけですよ。
誰も不利益を被ってない。
どっかの国みたいに皇太子が機関銃をぶっ放すわけでもなし。
政治にまったく関係せず、国家元首であるというのは理想的だと思うんですよね。
国家体制とかワケのわからん言葉を使って問題にするような事ではない思いますね。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:15
>>620
コンピュータは人間のプログラムした通りにしか動かないんだけど・・・・。
そんなもん、想定外の出来事に対応できない硬直化したシステムが出来るだけだよ。

というか、そういう他力本願が一番駄目でしょ。
自分たちの力で、1歩づつ進んでいくしかないんだよ。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:18
担がれたり降ろされたりと同情するね。
皇族の人権を考えると公選制に切り替えた方がいいかも。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:26
http://www2.ocn.ne.jp/~nalu/chara8.htm
天皇は朝鮮人
右翼って何故天皇を尊敬してるの?
あんなの朝鮮人の末裔だろ
日本は天皇が来る前から長い間縄文人が文化を築いていたのにそっちは軽視し
弥生系渡来人の天皇を未だに崇拝なんて可笑しくないか?
今ヒラメみたいに醜い顔した在日チョンコが日本にウヨウヨいるのも天皇の下で
あんな腐れ半島を合併してしまったせいだ
その大義名分に天皇が使われたんだよな
右翼が天皇中心主義を主張してるのは不思議でしょうがないよ

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:31
>>625
生粋の縄文人がまだいたら崇拝してやるよ(藁

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:36
アジア人は皆、北京原人ってか?
人類は皆アフリカ人なのか?
それともウリナラは人類発祥の地なのか?

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:42
>625
それチョンの主張。
百歩譲って仮に先祖が弥生系渡来人だとしても、(天皇家は縄文の末裔との説もある)
弥生系渡来人=朝鮮人なんて思ってるとしたらDQN。
また弥生系渡来人が先祖にいない日本人など基本的にいない。
むしろ平均的日本人は縄文より弥生の血のほうが濃い。
あと、桓武天皇の母親の高野新笠が百済出身というのも間違い。
高野新笠の父親の先祖が百済出身。つまり家系に過ぎないのであって、
血統的なものではない。現に高野新笠の母親は土着系の土師氏出身。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:45
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 01:45
あるユダヤ人が天皇について語った文がある。彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わった男である。彼は著書『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。以下は長くなるが、この本からの抜粋である。

「万世一系の天皇を頂く日本人は幸せである。この万世一系の天皇は、如何なる意味を持つとお考えであろうか。この点では、ユダヤ人が僭越ながら日本人に少々参考になる意見をお聞かせできるかもしれない。日本人からすると、万世一系の天皇といってもピンとこないかもしれない。他にどんな天皇があるのか、と反問されるであろう。だから日本人は幸せだと思うのである。何故か。ヨーロッパの王朝というものはみな混血王朝である。歴史上、しょっちゅう外国から国王や女王を輸入した。しかも王朝の権力が強くなればなるほど、外国からますます輸入するようになる。何故か。王朝の権力を弱める必要からである。国内から昇格させようとすると当然争いが起こり、国内が乱れるのでまずい。その点、外国からの輸入君主は当たりさわりが少なく、しかも飾りものなので、最も有効な方法ということになる。」

「我らの大思想家ジャン・ジャック・ルソーの言葉を思い出して頂ければ幸いである。ルソーは「我もし随意に祖国を選べと言われれば、君主と国民との間に利害関係の対立のない国を選ぶ。しかし現実にそのような国があろうはずもないから、やむをえずその代替物として民主主義国を選ぶ」と言っている。ここに全てが盛られている。ヨーロッパの王朝では常に君主と国民の利害が対立している。しかるに、日本の天皇制は決して利害関係の対立などない。仁徳天皇の「民のかまどに立つ煙り」の故事を説明するまでもなく、利害関係の対立は全くないのである。これこそ君民共治の見本である。」

「ユダヤ人はルソーの言葉を待つまでもなく、長年(2000年以上)このような君主制を夢に描いてきたのである。しかし祖国を持たないユダヤ人は、王を頂くこともできなかったのである。わずかにユダヤ教を“携帯祖国”として持ち、これによって民族の連帯と発展を推し進めて来たのである。キリスト教国では、このような高尚な理想を持った国は永遠に現れないであろうと思う。」

631 :東夷人:2001/06/14(木) 02:00
>>628
濃さの問題だよ、我々は縄文人と弥生人混血だけど
DNA的に東日本&南九州、沖縄と関西、中国、九州北部では違うらしいよ
前者に比べ後者は弥生系の血が濃いらしい
鹿児島にシンスケやツルベみたいなチョX顔の人はあまりいないし
逆に京都に定岡正二みたいな濃い顔の割合は少ないだろ もちろん例外はあるよ、あくまで割合の問題
日本には元々縄文人が住んでたが後に成立した大和朝廷に東はエミシ、九州はクマソなどと呼ばれ異民族
扱いされ征服されました、でも征服された地域の側からみれば天皇側こそ異民族だとという思いが強いんだよ
決して天皇嫌い=サヨかチョンでは無いんですよ
天皇制をやめろ!なんてことは言わないけどせめて京都に帰って欲しい

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:02
>>631
いまさら京都に帰れってそりゃ酷だよ。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:11
>>631
>DNA的に東日本&南九州、沖縄と関西、中国、九州北部では違うらしいよ

ならそのデータを出せよ。願望で言うのはやめな。
それと天皇家だって日向の国で九州南部の出身だろ。
薩摩系の豪族らと東征している。
また応神天皇は熊襲の王だったとする説も根強くあるぞ。
あと半島からの征服王朝説(騎馬民族征服説)はとっくに破綻している。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:13
>>631
だいたい、濃さの問題で
今現在にどれほど差があるというんだ?
天皇家の顔と言っても、明治天皇や大正天皇なんか
まったくチョン顔なんかしていない。
戦前の皇族の写真を見ても、縄文人ぽい顔はいっぱいいる。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:16
634はコピペだろ(笑
前にも同じような書き込みを見たぞ

636 :>>633:2001/06/14(木) 02:18
常識だろ
村上ショージ、雨上がりの蛍原みたいな顔は関西以外ではお目にかかる機会は
少ないぞ

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:23
>>635
じゃあ、同じようなトンデモな主張を君がしてんじゃないの。
>>636
現代の天皇家の混血の濃さと、一般人とは明確に違いがあるという根拠は何もない。
君の願望に過ぎないということだ。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:28
現在一般的に知られている明治天皇の写真は肖像画である、「御真影」は明治21年にイタリア人画家キョッソーネにより描かれたコンテ画を撮影したものであり、天皇生身の写真ではない。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:30
>>638
いや、だからどうだっていうのよ?

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:31
>>638
んなこたー知ってるよ。
単身でアップで映ってる写真は4枚しかないこともね。
それを見ても、当時の他の日本人と比較してみても、
俺は縄文ぽい顔をしていると思うね。
少なくともぱっと見てチョン顔とか弥生顔だと
誰もがわかるような顔はしていない。
だいたい、天皇家なんて側室の子がほとんどだから、
外から血がいっぱい入ってるだろう。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:36
右翼には在日が多いんだよ
それに在日で無くたって野村某みたいなどうしょうもない人間のクズも多いだろ
この野村というクズは石原さんの陣営が選挙で新井チョン敬のポスターに「66年北朝鮮より帰化」
というシールを貼ったことに対して石原さんを批判し脅してるんだよ
いくら帰化してるといっても元チョンコが元チョン籍であることを隠して立候補するなんてさどう考
えても間違ってるだろ
新井チョン敬を攻撃するのは当然なのにね、逆に右翼は石原さんを攻撃してるんだから笑わせる
それでも右翼か

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:36
 最近では、縄文人たちが自然共生型の高度な生活文化や洗練された信仰体系を持っていたこと、また縄文末期には一部の地方で初期の稲作農耕が行われていたことなどが分かってきている。
 そして、一方では6千年前頃から始まった気候の寒冷化によって森林の食糧生産力が低下したために縄文人の人口は減少傾向に入り、やがて突如として列島に蔓延したウィルス性の疾患(ATLウィルス)によってその人口が一気に激減したことも知られるようになってきた。そこから推測されることは、自然と共生しながら豊かな文化や信仰を育んできた縄文人たちの生活が、自然の猛威に脅かされて存亡の危機に瀕していた時に、より安定的に食糧を供給できる稲作農耕の高度な技術を携えた渡来人たちが彼ら席巻していったのではないかということである。
 ただし、縄文人が有していた文化水準の高さから考えると、渡来人は自分たちが持ってきたものを一方的に縄文人に押しつけるだけでは縄文人をうまく支配することはできなかったのではなかろうか。ことに宗教的なことに関して言えば、渡来人は縄文人がもともと持っていたものを尊重し、それを制度的に再組織化することによって洗練させ、自らもそれに帰依していった可能性が高いように思われる。
 そうした宗教的な帰依の対象を天皇に集約するにあたって、渡来人たちは縄文人たちの自然信仰と天皇信仰を巧みに同化させていった筈で、それはイスラム・マタラム王国がスノパティとニャイ・ロロ・キドゥルを結びつけた時よりも、はるかに徹底したやり方がとられたと思うのだ。
 これに関してより大胆な仮説を立てているのは栗本慎一郎氏で、同氏は田原総一郎氏との対談『闘論・二千年の埋葬』において、天皇制は古代における縄文勢力と弥生勢力の妥協の産物であり、弥生人たちは縄文の首長をそのまま天皇として奉り、統治システムは弥生人が持ち込んだものを採用した可能性があると語っている。
 そして、それ故に天皇は弥生の中心に居座りながらも、常に日本文化の基層部を担う縄文とも直結しうる両義的な存在になったというのだ。栗本氏はこの説を敷衍して、日本人の政治的な意思決定の曖昧さは、縄文と弥生の妥協の産物として天皇が生み出されたことに由来するとも語っているが、これもまた興味深い仮説である。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:37
70年代のアカの置土産ともいふべき「原住民史観」によつて
サンカ/アイヌ/蝦夷=原住民=出雲 /国津神=縄文人
      大和朝廷=侵略者=高天原/天津神=弥生人
といふ図式が作られた。
こんなのは冷戦下での第三世界論(左翼のアジア解放論)のもじりで、
初期には政治的プロパガンダであることが意識されてゐたのだが、
今は古代のロマンを売る通俗本のネタになるだけ。
これで歴史がわかったなどとは思考停止も甚だしい。
たんじゅんな二項対立で世界が理解できるなら、学問はいらぬ。
階級闘争史観で十分、といふことだ。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:39
>>638
マジで?!
やっぱりもっと変な顔してるのかな?
ちょっとカッコよすぎる気はしてたんだが。
ヨーロッパ人が日本人を描くと妙に日本人離れした画になるよね。
戦国時代の武将を描いた画を見たけど、明らかに日本人じゃなかったからな。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:39
天皇家発祥の地であるが記紀には日向国とある。これに異論を唱える説、
大和説、卑弥呼の末裔説、朝鮮説等があるが。当時の物の考え方からすると
朝鮮であれば堂々と書けた時代である。何も嘘をつく必要など何もない。
では日向国の何処か?高千穂の峰の麓に広大な盆地の中心に位置する都城
である。都という字を「みやこ」と読むのは奈良の都と京の都とこの都城だけで
ある。当時この地は都島(みやこのしま)と呼ばれていた。これは「みやこ」ある
地域即ち都城盆地全体を指す意味で島と言っている。例えは悪いがヤクザの
いうシマと同じである。 言い換えればこの名は「みやこ」のある場所という意味
である。これは何を意味するかといえばここが天皇の拠点であるということである。
土地の名前の決定権は権力者だけに許された特権事項である。
ましてや「みやこ」である。 これは天皇の専権事項で天皇の拠点である地域にし
か許されない呼び名である。それは都が京に移った後は奈良の都は単に奈良と
呼ばれていることからも推察できる。このことは天皇が権力を失う摂関政治が始ま
るまで続く。 もう一つ日向国の名前は古事記が編纂される前まで国の名前が
なかったのである。古事記を編纂するから急遽、名前をつけたと言っても過言で
はない、それはなぜか?ひとは自分の家を言うのに固有名詞を使わない。
私の家とかじぶんちとか普通名詞で言う。例えば中村さんが自分の家のことをいう
時に「中村の家」とは決して言わない。 これと同じでじぶんちである日向の国に
特に名前を付ける必要がなかったのである。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:41
天皇家の系譜を追ってみよう。初代、神武から九代開花までは伝説上の
人物と言われている。ある説では十四代仲哀までがそうだといわれている。ここ
では開花までを混乱をさける為、伝説上の人物としておこう。人物は伝説上の人
でも起きた出来事は事実に基ずいていると考えている。それは何かの始まりの
天皇には神の字の付く諡が付けられている。諡は死後、天皇の業績を反映して
付けられる名前である。決して、生存中に呼ばれた名前ではない。神武、崇神、
応神と天皇ではないが神功皇后の四人である。神武は初代だから当然である。
応神、彼こそが全国を統一して大和に都を定めた天皇であるという説が有る。
その成立過程については異なるが応神が全国を統一を成し遂げたということに
異論はない。ということで大和政権の始祖という意味である。では崇神は何を始め
たのか、彼こそ都城に都を定めたのだ。崇神から応神までの6代が都城を都とし
ていた。神功皇后についてはあとで詳しくに述べる。 初代から応神まではある
特定の人物がいたのではなく起こった事柄に合わせて天皇の名前を入れ込んだ
と考えた方がよいのではないか。言い換えれば神の付く天皇については
その在位期間に何かが始まったということです。
=================================
お墓について触れていなかったので、ここで少し述べよう。 都城5代の天皇
のお墓はこの宮崎の地にある。みんながよく知っている前方後円墳は飛鳥時代初
期まで天皇家と皇族にしか許されない墓の形式であった。ここまで言えばお分か
りと思う。宮崎の古墳のほとんどが前方後円墳である。日向の国には地方豪族は
いなかったのです。いるのは天皇の一族ばかりです。そしてこの前方後円墳は重
要なもののを象徴したものなのです。それは三種の神器のひとつにまつわるもの
なのです。
=================================

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:43
 また、もうひとつ日向の国が天皇家の家であることを裏付けることがある。宇佐神
宮である。そうです称徳天皇が弓削の道鏡を天皇にしていいかどうかの託宣を貰い
に行かせた神社である。なぜ伊勢神宮ではなく宇佐神宮なのか。それは天照大神
が天皇家と直接の繋がりがない神と分かっていて、しかも、宇佐神宮が大和政権の
礎を築いた直接の先祖である応神天皇を祀っている神社であって当時最高位に位置
する神社であったからである。その宇佐神宮の領地の9割が日向にあって、それが日
向の全荘園の4分の一を占めていた。宇佐神宮が豊後の国にあるのにもかかわらず、
なぜそうなったか、宇佐神宮が天皇家のために天皇家を守るために建立された神社
であるからだ。
そのため天皇家は天皇家の土地、日向の荘園を神宮に寄進したのだ。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:52
ルーツは知らないけど桓武の母親が百済の輩とハッキリ分かってるのは残念だ

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 02:56
あと典型的チョンコ面の在日の顔を馬鹿にすると
すぐ皇太子の顔を引き合いに出されるのは辛いね

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:01
あらら右翼に在日が多いという指摘をしたら
途中からコピペで荒らしだしたな

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:15
>>648
だから、数百人いる先祖に百済系がいるだけだろ。
桓武の母親の時点でね。
現在の血で考えれば、まったく話になんない。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:16
>>649
別につらくないでしょ。
皇太子の顔ってチョンコ顔じゃないし。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:17
>>650
俺じゃないけど、それは関係ないんじゃないの。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:22
そもそも天皇家の起源を朝鮮半島とする発想は、
まさに2chで笑われてる「なんでもウリナラ起源」とするチョンの発想。
あとは江波の騎馬民族征服説をいサヨ曲解したものに過ぎない。
桓武の母親の話はまったくマイナスになるようなことではない。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:24
>DNA的に東日本&南九州、沖縄と関西、中国、九州北部では違うらしいよ
ならそのデータを出せよ。願望で言うのはやめな。

オイオイ引きこもりか?
いろんな地域の出身者と付き合ってれゃ地域差があるのは分かるだろ
君は沖縄人、鹿児島人と京都人に違いがないとでも言うのか?

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:35
>>655
すり替えてんじゃねーよ。>チョン
現実に違うといわれてるのは薩摩(鹿児島)くらいだね。
あそこは一種の鎖国状態だったからな。
それ以外で弥生と縄文の血の濃さに明確な違いなどない。
あるならデータでしめしてみろ。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:45
いずれにしても、沖縄やアイヌを除けば、
縄文の血の方が渡来系より濃いという地域などはない。
平均値でわずかに差があったとして、それがなんだと言うのかね。
仮に天皇家の血が渡来系が濃くとも、
あっちは侵略者、こっちは侵略された側などという主張はできないのである。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 08:16
縄文だろうが弥生だろうが知ったこっちゃないが
天皇の名のもとで兄の国である朝鮮半島を支配したというのは事実

韓国、北朝鮮の人たちには謝っても謝っても足りないと思う

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 10:58
>>658
兄なら弟の悪さぐらい許してやれよ。
それが兄弟愛だろ(藁

660 :    :2001/06/14(木) 11:44
DNAがどうこう逝ってる人がいるがミトコンドリアDNAのことだろ?
NHK 遺伝子 で検索してみな、NHKの番組でやったんだよ。
日本人のミトコンドリアDNAは中国・朝鮮・沖縄・アイヌ・日本・その他に分類される。
しかしこの分類法は不適切、何故なら中国や朝鮮もDNAを調べればけっこうバラバラだから。
〜人に多いタイプ という分類は誤解を生む。
ま、もう少しすれば研究がすすんですべてが明らかになるでしょ。
きっと朝鮮人にとってつらい結果がでると思うが(w
そういえば「ウリナラが稲作を日本に伝えたニダ」っていう妄言も
NHKの稲作起源に関する番組で論破されたっけ、稲のDNAを調べたら
日本の稲作は中国から直接来たものと東南アジアから来たものの2系統になったそうだ。

661 :602:2001/06/14(木) 12:21
>>602 の書き込みの、天皇の政治的発言の参照として
間違ったリンクを貼ってしまいました。
今更ですが修正しときます。
こちらです。
http://forum.justnet.ne.jp/ebf/nph-open_frdspspk/00166/000102/000102.html
今の話題と関係ないのでsageにします。

しかし出自に関する話題だとヒートしますね。
俺は案外、中国からきた人かもと思ってますが、根拠はありません。
仮に1500年ほど前に外国から来た人であっても何も気にしません。
積み上げた歴史と今のアイデンティティが肝要だと思うのだが、
なぜ気になるのでしょう。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 13:16

朝鮮人にとっての天皇家は現代日本人が感じる以上に畏敬を年を覚えるんだろうな。
天皇から直接従三位を下賜するとか言われると感激する朝鮮人が続出しそう。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 14:20
中国と関係の深そうな遺物は出るかも知れないが、朝鮮とは関係が薄いのは、
これまでの古墳の発掘から確実視される。

先ず、前方後円墳は日本独特なもので、巨大な墳墓は、日本以外に
エジプト・中国・メキシコなどにも存在するが、他の地域では墓室は
地平面以下に作られているのに対して、日本の竪穴式石室は頂上近くに作られる
ことも極めてユニークで、日本の独自性を顕著に示すもの。

三種の神宝の内、東アジアでは糸魚川特産のヒスイで作られた勾玉は
縄文時代から続く日本伝統のもの。剣は世界各地にあるもの。
銅鏡は、中国の祭祀を流用したもので、中国の影響が強く見られる。
但し、弥生時代の銅鐸同様に、銅鏡も日本で著しく巨大化している特徴がある。
銅鏡は、日本での出土が非常に多く、朝鮮半島では楽浪郡の漢人の墓では出るが、
土着の墓には殆ど見られず、日本との大きな違いを見せている。

文献では、魏略逸文に、邪馬台国の使者が、呉の太伯の末裔と自称した話がある。
日本書紀では、天孫降臨は南九州であり、黒潮ルートが考えられる。
魏志倭人伝に記された倭人は、南方系の特徴が強い。
これらは、中国南東部の民族との関連を示唆するもの。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 13:51
リンガフォンにかよってると地球市民がとかグローバルスタンダード
がどうのこうのいって絶対に自分の誕生日を西暦でいうバカサヨク
にいやけがさして考えかたが右よりになってく

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 14:58
むしろチョンに在日が多く崇めてるのそいつらだろ

半島併合だって天ちゃんがチョンというのが大義名分の1つだったし

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:03
>>665
電波発見 それは日鮮同祖論だろ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:12
天皇が朝鮮系である証拠は一つもありません。皆騙されないように。
朝鮮人が良く言う「天皇陵を掘り起こせば、天皇が朝鮮系である
証拠が出てくる」というのも嘘です。なぜなら前方後円噴は日本発祥
だからです。朝鮮にも前方後円墳はありますが、一番古いものでも
日本で一番古い古墳より300年以上は新しいです。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:13
「魏志倭人伝には、狗邪韓国(加羅)を倭国の北限とする記事があり、
考古学的にも当地の3世紀の遺跡には、倭系遺物の出土が多い。

好太王碑文に倭国が海を渡って、百済・新羅を臣民にしたとの記述が見られる時期に、
朝鮮の正史「三国史記」に、百済が皇太子を、新羅が王子を、倭国に人質に出した記事がある。
「日本書紀」も同様で、400年前後に倭国が朝鮮半島南部に勢力を広げたことで一致。
宋書には、5世紀後半に、倭国に新羅・任那などの軍事権を認めた叙任がある。
これらの文献資料は、全て調和的。

考古学的には、畿内発祥の埴輪を並べた前方後円墳が、古墳時代中期〜後期(5〜6世紀)
になると、朝鮮半島南部にいくつも見られるようになり、倭国の勢力拡大を裏付けている。
と言うわけで、全く問題ないのである。 」

300年以上も倭のぱしりをしていた連中が大和朝廷の始祖で
ある、などということはありえない。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 15:15
コピペウザイ

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 18:35
ちょんは改竄しまくって歴史を捏造しようとするのだからタチガ悪い
好太王碑文捏造説は墓碑が中国領にあったのでちょんのウソがばれた
ちょんの主張するトンデモ歴史はこんなものだかりだ

好太王碑文改竄説は、1972年に日本朝鮮学校の李進煕が、サヨク岩波書店『思想』に
発表したのが発端で、呼応するように北鮮が改竄説を宣伝した。

好太王碑は中国領にあり、中国の研究者が改竄説の検証をおこなった結果は、
王建群・吉林省文物考古研究所長(1984)『好太王碑研究』(吉林人民出版社)で、
訳本として、翻訳:林国本・繆光禎『好太王碑の研究』(雄渾社)がある。
検証の詳細はこの本にまかせるが、改竄説のでっち上げを厳しく批判している。

「歴史は客観的存在であり、歴史の研究は事実にもとづいてすすめなければならない。
中国に対して破壊活動を行なった酒匂景信や当時の日本陸軍参謀本部の犯した罪は
徹底的に暴露しなければならない。しかし同時に、事実を無視し、根拠のないことを
書き加えるようなことは、してはならないのである。」

この発言でも、是々非々で対応する中国人と、ひがみ朝鮮人のレベルの違いが分かる。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 20:06
今日は機嫌いーんでマジレスしちゃうけどさ?
前田って皇族の血筋引いてるんじゃないかな?

チョンの分際で古代の日本に渡り
あつかましくも日本人を名乗ったばかりか
自らを神と称して民衆を支配 絶対的な権力を手中に収める

この気持ちよいぐらいの詐欺っぷりと
白痴並みの図ずうしさは彼とどっかで繋がってると考えるのが普通

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:01
>>671
根拠lessな電波ちょん発見(w

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:13
天皇家が朝鮮人なら在日に対する差別は
自らの象徴に対する侮蔑にもなり矛盾するな
コリア系に限っては選挙権を与えるべきやと思う

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:18
678=ちょんの前提が間違っているのは明らかだから結論も間違い(w

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:19
山崎幹事長は最新刊で「永住外国人参政権に反対する」と明記しているし
小泉首相は「他の国がどうこう言っても終戦記念日の靖国参拝は絶対に行う」
と言っているし小泉内閣が続く限りは大丈夫だね

http://www.taku.net/hp/mag-back/ma-034.html
「山崎拓の時々刻々」2001年5月1日 第34号
■ 「憲法改正 山崎拓--道義国家をめざして」5月3日発刊 ■
(中略)
あとがきにかえて
永住外国人参政権に反対する

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:51
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 21:51
あるユダヤ人が天皇について語った文がある。彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わった男である。彼は著書『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。以下は長くなるが、この本からの抜粋である。

「万世一系の天皇を頂く日本人は幸せである。この万世一系の天皇は、如何なる意味を持つとお考えであろうか。この点では、ユダヤ人が僭越ながら日本人に少々参考になる意見をお聞かせできるかもしれない。日本人からすると、万世一系の天皇といってもピンとこないかもしれない。他にどんな天皇があるのか、と反問されるであろう。だから日本人は幸せだと思うのである。何故か。ヨーロッパの王朝というものはみな混血王朝である。歴史上、しょっちゅう外国から国王や女王を輸入した。しかも王朝の権力が強くなればなるほど、外国からますます輸入するようになる。何故か。王朝の権力を弱める必要からである。国内から昇格させようとすると当然争いが起こり、国内が乱れるのでまずい。その点、外国からの輸入君主は当たりさわりが少なく、しかも飾りものなので、最も有効な方法ということになる。」

「我らの大思想家ジャン・ジャック・ルソーの言葉を思い出して頂ければ幸いである。ルソーは「我もし随意に祖国を選べと言われれば、君主と国民との間に利害関係の対立のない国を選ぶ。しかし現実にそのような国があろうはずもないから、やむをえずその代替物として民主主義国を選ぶ」と言っている。ここに全てが盛られている。ヨーロッパの王朝では常に君主と国民の利害が対立している。しかるに、日本の天皇制は決して利害関係の対立などない。仁徳天皇の「民のかまどに立つ煙り」の故事を説明するまでもなく、利害関係の対立は全くないのである。これこそ君民共治の見本である。」

「ユダヤ人はルソーの言葉を待つまでもなく、長年(2000年以上)このような君主制を夢に描いてきたのである。しかし祖国を持たないユダヤ人は、王を頂くこともできなかったのである。わずかにユダヤ教を“携帯祖国”として持ち、これによって民族の連帯と発展を推し進めて来たのである。キリスト教国では、このような高尚な理想を持った国は永遠に現れないであろうと思う。」

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 22:32
しかしさあ。
こういうコピペを延々と繰り返す人間って、何考えて
生きてんだろう。
何を訴えたいの。
バカにされるだけだよ。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 23:37

             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  < 先生!桓武天皇はチョンです!
      /     /    \______________
     / /|    /
  __| | .|     | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 23:39
>>679
ごめん桓武天皇をチョン鮮半島から連行したのオレ

681 :名無しさん:2001/06/16(土) 00:08
>>679
そんな太古の話なんてどうでも良い

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 00:44
679=681のちょんは自作自演のウソをつくな
桓武天皇の母親が百済系帰化人の末裔と言うだけだぞ、ヴァカ

683 :681の名無しさん:2001/06/16(土) 01:10
>>682
( ゚Д゚)ハァ?

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 03:44
でもハッキリチョンと分かってるんだから
やっぱ許せないね

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 07:51
百済人=朝鮮人ではありません。
高句麗はツングース系狩猟民族の一派で朝鮮民族というより女真族に近いです。
大和朝廷と百済の関係があったから日本は朝鮮起源であるということは、
バイキングのルス族がキエフルーシを建国したからロシアはスウェーデン起源であるといっていることと同じです。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 15:11
あのさ、まともは文化人・政治家は、どこの国へいっても招待先の王様の悪口は
いわないもんなんだよ。文化人でなくても自分程度でも訪問先の主人にはお世辞
をいう。(藁

大物理学者の口をかりて前近代的な制度を美化するとは笑止。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 15:53
後にトロイ遺跡などの発見したシュリーマンは幕末に日本と清国を訪れ
日本はべたほめ、清国には酷評と大きく違っている(講談社学術文庫にある)
その後の日本の発展と中国の没落を見ると眼力は正しかった

日本とちょんについては従軍ジャーナリストが的確に書いている
1905年・日露戦争当時の米ジャーナリストのジョージ・ケナンによる報告

「日本から朝鮮に行った旅人がまず驚くことは、日本の清潔、秩序、勤勉、繁栄に
対して、朝鮮の不潔、混乱、怠惰、荒廃とのあいだの著しい差異である。
(朝鮮の統治者は)子どものように無分別で、ブール人のように頑固で、
中国人のように無知で、ホッテントットのようにうぬぼれが強く・・・
妖術師、魔女、女占い師、まじない師を重用し、たえず彼らに国事を相談している。」

688 :名無しさん@少し悲しい:2001/06/16(土) 16:18
俺は自虐史観や韓国の起源捏造に腹が立っているが、最近、「ちょん」
という別称を使う発言が多いことにも嫌気がさしてきた。
国際情勢板に書いてる人は、大抵分別ある社会人だろうから、もう
止めたらどうかなあ。
少なくとも、まともな内容書いてるときくらいは。
「ちょん」の一言がでてくるだけで、なんか軽く見えてしまうのよ。
このスレだけじゃないけどね。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 16:36
>>688
同意。韓国・朝鮮を非難するならフェアに行こうぜ
さもないと韓国批判者=民族差別主義者みたいに
とられかねない。

690 :名無しさん:2001/06/19(火) 11:29
age

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/19(火) 11:48
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/19(火) 20:09
右翼団体には在日が多い
天皇万歳とキチガイみたいにやってる朝鮮右翼と
金正日万歳とやってる北チョンの奴らは似ている
天チャンも金もチョンコだしな

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/19(火) 20:35
アインシュタインも、やっぱただの変な人なんだな。
家父長制を賛美するようなことも言ってたし。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/20(水) 13:34
692=tyon

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/22(金) 01:09
           __
        , - "~: :::: : :~` - 、
       /: : . . . ..::::.. : : : : : \
     /: : : : : : : : :}\:::::::::::::::::ヽ
     /. . . . : . : .  /  ヽ\:::::::::::ヽ
    /: : : : :/: :/: :./|   ヽ. \:::::::|
    |:::::::::/!{_/___/ !  _____!_ ヽ::::|
    {:::::::{ 7フ_/__    _____` |';二|
    レl::{ ゝ./{:i l`    '{:i lヽ.}´))|
     |:ゝヽ.' ゞ‐'       ‐-'' /,-:´|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .|;:;';';'ヽ    __‘__   /;';';';';::| < 天皇制うざいわ
     |:;:;:;';';';`;..、      /';';';';i':::|.  \___________
    .|: ::;;';';';';';';';':i  . .. イ-'、';';'i';l;:::|
    |: : :::';';, '"._|     |、 ヽ|::|:::::|
    |:|: : |'"  /ヽ、    /   |::|ヽ::|
   /:|: : |   ./ ヽヽ-_'"/    {::{ ヽ
  /-.}: : }   |  ` ´ /    ___{::{ -‐i
 /  }: : }\  |    /, - '"~ ̄  {::{  .}

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/22(金) 01:21
反日ちょんはちょん国へ帰れ

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/22(金) 02:45
右翼団体に在日が多い理由は
天皇が朝鮮人だからです

698 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/06/22(金) 02:49
天皇は朝鮮人にくれてやればいいよ。
要らないよ。禁治産者は。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/23(土) 01:33
それはいい過ぎ
京都に帰ってもらうのがいいね
K太子が国民の象徴になるのはやめてくれ
昔の人は天コロのルーツなんて知らなかったから支持してたんだろうけど
今は天ちゃんすがチョンコの末裔ということは明らかだから愛国者は支持なんてしないよ

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/23(土) 01:48
           __
        , - "~: :::: : :~` - 、
       /: : . . . ..::::.. : : : : : \
     /: : : : : : : : :}\:::::::::::::::::ヽ
     /. . . . : . : .  /  ヽ\:::::::::::ヽ
    /: : : : :/: :/: :./|   ヽ. \:::::::|
    |:::::::::/!{_/___/ !  _____!_ ヽ::::|
    {:::::::{ 7フ_/__    _____` |';二|
    レl::{ ゝ./{:i l`    '{:i lヽ.}´))|
     |:ゝヽ.' ゞ‐'       ‐-'' /,-:´|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .|;:;';';'ヽ    __‘__   /;';';';';::| < 695うざいわ
     |:;:;:;';';';`;..、      /';';';';i':::|.  \___________
    .|: ::;;';';';';';';';':i  . .. イ-'、';';'i';l;:::|
    |: : :::';';, '"._|     |、 ヽ|::|:::::|
    |:|: : |'"  /ヽ、    /   |::|ヽ::|
   /:|: : |   ./ ヽヽ-_'"/    {::{ ヽ
  /-.}: : }   |  ` ´ /    ___{::{ -‐i
 /  }: : }\  |    /, - '"~ ̄  {::{  .}

701 :正論茶:2001/06/25(月) 15:19
天皇制はすなわち、
日本人にとって、空気のようなもの。
必要性云々の議論には馴染まない。
ア・プリオリなのだな。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/25(月) 15:29
海外にも象徴としての元首を持った立憲君主制を取っている国は結構ある。
有名なイギリスやオランダ、ベルギー。
良識派が好きなノルウェー、スウェーデンも立憲君主制。
それらの国では君主制廃止論議がどれだけ行われているんだろう?
俺はあってもいいじゃん派だな。
一応世界最古の王朝が残っている国なんて、エキゾチックで面白いじゃん。

703 :えーちゃん:2001/06/25(月) 15:56
皇族がいなかったらとっくにクーデターが起きていたろうな。
日本民主主義人民共和国とかってなってたりして。(藁)

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 16:01
日本ではヒトラーやスターリン 金日成のような独裁者は出にくいと思う

705 :名はまだ無い:2001/06/25(月) 16:42
主権は国民にあり。
天皇は国民の総意に基づく象徴。
国民は選挙により議員を選出し、議員は内閣を選出する。
内閣は最終的に国民の象徴である天皇に任命され政治を任される。
内閣の任命において事実上、天皇に拒否権はない。
つまり、国民の選んだ内閣を意志を持たない国民の総意に基づく
代表(象徴)が政治を委託するのである。
これはこれでつじつまがあっている。

外交においても、政治目的の外交とは別に、政治的意図を持たない
国民の代表としての外交が可能であり、政局によらない継続外交が
可能という意味で、天皇の存在は日本国の国力維持には極めて
重要である。
この外交政策は共和制では実現できない非常に大きな利点といえ、
なくすと二度と戻らない尊いものである。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 16:50
確かに政治的意思を持たない外交という点で象徴元首は効果的だ。
ピンポン外交じゃないけど、直接的には何もしない親善外交にはメリットがある。
ただあし。
日本の天皇家には戦争を起こしたという負のイメージがくっついている。
天皇は軍部の操り人形だったなんて本気で信じてるのは日本人ぐらい。
イギリスを訪問した時も虐待を受けた英国人捕虜が騒いでいたけど。あれは完全に日本軍がやった事で天皇の命令とは関係ない。
それでも世界では当時の日本国の最高責任者は天皇と考えている。
世界は、もし天皇が勇気をもって止める気があったなら止められたはずと言う認識が普通。
日本の天皇には親善外交は出来ない!!

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 17:03
いいじゃん。当面、理解不足により天皇の戦犯容疑があって
天皇による親善外交が出来ずとも。
外交に限らず、総理大臣が行わなければならない多くの象徴行事が、
大臣としての政務負荷を大きくしている。
それを幾分か肩代わりできるがら賛成。

将来的にバイパス手術としての首相公選制が成って
2元首制が実際に生じても整合性もなんとかつくだろう。
(私学助成が追認されたり9条2項と自衛隊が共存できるのだから)

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 17:13
そんなことは無いと思うぞ。
当事国の元首であるからできることがあるはずだ。
謝罪するもよし、握手するもよし。

ただし、西洋のアジア侵略、白人至上主義を棚上げし、日本が全て
悪いという戦勝国の感覚が公論として残っている間は、天皇陛下に
簡単に謝罪をして欲しくないけどね。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 17:38
憲法前文をアイデンティティとする国民の象徴が天皇。
これは戦争当事国だからこそインパクトがあると思われ。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 17:45
〉709
どういう意味でしょう?

711 :>701 :2001/06/25(月) 17:55
天皇いらない派=税金もったいないて言うヤツ+サヨクド急ん

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 19:26
>>710
敗戦後誕生した新たな国家が作った自国だけ対象の憲法ではなく、
いにしえより続く国家が、過酷な戦争を経験することによって得た
教訓を世界へのメッセージとして盛り込んだ憲法を持ち、そこに
日本国民としての誓いが含まれ、その誓う国民の象徴が戦争当事国の
元首でこの憲法を公布した天皇。
インパクトあるじゃなあい。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 19:50
何で必要なん?
戦後すぐはともかく今この現代で

714 :名はまだ無い:2001/06/25(月) 21:25
なんでも合理的に計る現在の風潮に流され、短絡的に必要・不必要を
天秤にかけるのではなく、我が国が有する長き歴史と同様に長く続か
ねばならない未来において、日本国存続=皇室維持というのが、
日本人として常識と捉えるべきである。
これは右翼でもなんでもない。国際社会における「日本人の在り方」
「日本人としての生き方」の問題である。

皇室維持に異を唱えることは、大和時代より続く日本国ではなく
日本列島に新たな国を作ることになる。

715 : :2001/06/25(月) 21:30
>>714

確かに今必要じゃないというのは、1000年以上/数10年の
意見(少数)なので、いかに民主主義であるとも、そう安易に
考えるのは祖先に対する筋を通す意味でも難しい問題では
あるな

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 21:50
それは関係ないだろう。
だいだい延べ人数(人口×年数)だったら結構どっこいどっこいじゃない

717 ::2001/06/25(月) 21:52
まあ、京におひきとりただいてもいいかも。
サヨ一掃キャンペーンがやりやすくなるし(ワラ

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 21:54
>>716
そんな合理性をついた計算で答えを出そうというのが
「短絡的」ということでしょ。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 21:56
いや短絡をブロックするには短絡が一番かと重いましてん

720 :えーちゃん:2001/07/03(火) 00:47
天皇制に文句をつける左翼と在日チョンは
2ちゃんねるで住所と氏名を公表しよう

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 00:55
国際外交上のカードのひとつとして保存して置くべき

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 01:48
天皇制を廃止するのは、大仏を叩き壊すのと一緒だ
と一般のアメリカ人が言ってる

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 02:41
カコイイから維持キボン。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 02:57
様々に形を変えながらも天皇制は、千五百年の間日本人によって守られた来た。
その制度の功罪を別にして、後世に引き継ぐ義務が現在の日本人にあると思う。
それぞれの時代の人間が、時代に合った天皇制を神輿として担いでいけば良いんじゃないか?
皇族は自由を奪われ気の毒かもしれないが、それも彼らの運命だろう。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 03:57
オナラって臭い??俺は臭くないと思う。むしろ、いいにおいだと俺は思うな。
俺は自分のオナラの匂いを楽しんでるよ。オナラが出そうになったら、ケツの付近
に手をやってオナラを少しも逃さず収集し、最大限に匂いを嗅ぐ努力を俺はしている。
確かに他人のオナラは嫌だけど、それは臭いそのものより、オナラが他人のケツから出
ているガスであるということを意識することによって生じる嫌悪感ではないのか。
もし、最初に人間がオナラという現象を知らなかった場合、それは人の目にどのように映
るのであろうか。おそらく人はオナラに対して嫌悪感を覚えるどころか、むしろ
その人体の精巧なメカニズムと生命の不思議さに対し興味を持ち、感動するんじゃないかと思う。
今現在、オナラが悪者にされている責任はマスメディアにあると思う。
マスメディアはドラマやアニメなどを通じて、「オナラは臭いもの」「オナラは恥ずかしいもの」
だということを喧伝してきた。だが、その通説は今、崩されようとしている。
今は医学の進歩によってオナラがいいものであると証明されているのだ。
オナラがでているということは、腸が活発に、正常に機能していることの証しなのだ。
オナラは健康のバロメーター。決して恥ずかしいとか格好悪いとか言って遠慮しちゃいけない。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 04:18
天皇制は絶対必要だ。明治維新から大東亜戦争の終結まで、日本
が他国の植民地にならなかったのは天皇を中心として国家がまとまって
いたからに他ならない。特に日露戦争の勝利は重要な意味を持つ。
もし満州に出征した日本軍がロシア軍に殲滅されていたら、ロシア軍
はそのまま日本本土へ侵攻し、占領されていただろう。もしそうなって
いたら、いまごろ日本はロシアの一地方になっていただろうな。
そうならなかったのも、天皇を中心とした国家建設、富国強兵政策を軸
とした国策によって、強い軍隊をつくることに成功したからに他ならない。
いま我々がこうして独立国の住人として生活できるのも、そういった過去
からの歴史の流れの上に立っているからなのである。安易に天皇制不要論
をぶちまけるのは到底納得できない。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 04:24
リンチ
http://210.155.3.244/mov/gro/rinchi.mpg
首きり
http://www.wonderland.millionserve.co.uk/tqf7/clips/9193uohv/cap017a.mpg
銃殺(女)
http://village.infoweb.ne.jp/~angie/image/mist/movie/kill.mpeg
ボウガン
http://members.nbci.com/bb2gro/g271/fakesnuff.mpeg
オノ
http://210.155.3.244/mov/gro/knife.mpg
電車
http://210.155.3.244/mov/gro/densya.mpeg
ビルから落下
http://210.155.3.244/mov/gro/tobi.mpg

解説:「リンチ」は生きてる男の腕を両サイドから車で引っ張られて、腕が片方とれて
そのまま、車で引きずられます。

「首きり」は、おそらく今まで出てたシロクロのモノの最強バージョンでしょう。
カラー、音付き。

「銃殺(女)」は椅子にくくりつけられた生きてる女が頭を銃で打ち抜かれます。

「ボウガン」は木に縛られた女の腹にボウガンの矢が突き刺さります。

「オノ」は覆面が生きてる男の頭を丸太に乗せて、首を一刀両断します。

「電車」..........................。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/03(火) 10:39
>>726さん
過去は「まとまり」が必要不可欠で日本にとっては良かったかもしれませんが、今現在の「まとまり」のない日本にはたして天皇制は必要でしょうか?象徴の意味では存在してもいいでしょうが、体制自体は大統領制に移行した方が政治も対外的なものも含めて分かり易いと思いますが、どうでしょうか?

私個人的に政治に於いては2大政党か3大政党が確立されて欲しいですがね。

729 :726ではないですが・・・:2001/07/03(火) 12:02
>>728
今の日本人に、共和制の前提となる徹底した国家への忠誠が誓えるのか?
宗教や思想とらわれない国益最優先に考えた政権維持ができるのか?
現在のアメリカ・ブッシュ政権のような状態で政権が誕生した時、
「民主主義だから」と全国民がその政権に無条件で従えるのか?

合理的民主主義の象徴である共和制は、精神世界を大事にする日本人にはなじみません。

730 :奈々資産:2001/07/04(水) 01:06
朝鮮人が日本の象徴というのは変だね

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 15:09
顔が典型的な朝鮮顔
特に皇太子

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 15:12
>>726 みたいな電波がでてくるから困る。
でも、>>722-724 には同意。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 17:31
天王星必要ないよ。血税の無駄。人工授精で子供作って無理やり存続しようとしてるその根性が気に入らない。大体からして健康なカップルなら何年かまえから妊娠の兆候があったはずだよ。でも、タイムリミットの迫った雅子にとっては今年あたりが限界だから(年だし)相当な荒修行したんだろうね。でも、不妊治療はマジ痛いらしい。卵管にチューブをつっこんで精子を通リやすくするのが特に激痛だとさ。皇太子が無能なばっかりに。まあ、車の中から手をふってりゃいいんだから楽なもんかもね。

734 :いちけん:2001/07/04(水) 18:00
宮内庁に取られる税金でいったい何人のホームレスが救えるんだい?
国民は餓えて、皇室はぬくぬく
おかしいじゃん

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 20:18
>>734
共産主義政権を望んでいるのかい?

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 20:19
>>731
はぁ?
どこがだよ。おまえがチョンだろ。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 20:21
>>733
反日チョンは半島へ帰れよ。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 23:21
初めてドイツに大統領がフランスに首相がいて、
それが象徴的な存在であると知った時、
「あぁ、やっぱり、人は“権威”を必要とするのだなあ」
と思った。
つまり、天皇制はあった方がいいと思うということね。
1500年以上の裏付けのある権威ならなおさら。

天皇制が無くなって思い浮かぶプラス面も多いけど、
よく考えると出てくるマイナス面の方を避けるためにね。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/04(水) 23:49
皇室自体がギネスものだからね。
大切にしていった方が良いじゃない?
京都や奈良の歴史的建造物を維持するお金も結構かかってるよね。
だけど、税金の無駄だから叩き壊せ!!って言ってる奴いないでしょ?
皇室外交は金閣寺よりはるかに日本にプラスだしね。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 13:26
天皇を歴史的建造物と一緒にするな。天皇は人間なのさ。
皇室外交なら、首相一家にさせればいいよ。
お前は知らないかもしれないけど、宮家は男が生まれる限り永遠に存続するんだぞ。
本家の連中だけならまだしもその周りにも税金使う必要あるか?
これから医学がもっと発達して、宮家の税金払うために国民が居ることになったらどうする?
ボケ。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 13:54
>>740
税金の無駄だとか、贅沢してるとか、平等に反するとか、
その憤りは、嫉みから発しているのか? 卑しくないか? そもそも日本人なのか?

俺が天皇制に賛成するのは、もっと素朴な感情、
ふるさとの山河がいつまでもそのままであってほしいというのに似ている。
大部分の日本人もそうじゃないのか?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 14:59
国旗は日の丸、国家は君が代ならば、
国のマスコットキャラは天皇&皇室って解釈は可能かな?
国民統合の象徴なんだし。
ディズニーランドにミッキーマウスがいるが如く日本には天皇がいる。
そうすれば君が代の解釈は“アイラブミッキーマウス”と同じでいい。

743 :えーちゃん:2001/07/05(木) 15:03
もしクーデターなんかで皇族が国を追われても世界各国の王族貴族が
皇族なき日本を国家として認知しないだろうな。
>>740 皇族は世界で一番、質素だぞ。「天皇陛下の料理番」って本を読め。
衣服にしたってほとんど「寄付」。修繕を繰り返している。
質素で慎ましいからギネスに載る程の「血統」なんだろが。
支那の歴代帝国はなぜ長続きしなかったか?贅を尽くしすぎたからだろ?
皇族に今まで「後宮」や「満干全席」のような物、あったか?
欧州のどこぞの国の王族は国民の税金で世界中の富を漁っているぞ。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 15:07
日本の皇室を他国の王室と比較するのはナンセンス
長い伝統を持つ宗教的権威が背景にあるのだから
ローマ法王やダライラマに近いところもある
ブサヨクの主張は全く受け入れられていないから意味なし(w

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 15:14
>>744
左翼は反宗教だぞ。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 15:15
>>740
宮家ってもうはるか昔から次々と生まれているが、お前サンの主張の
通りだとしたら、日本は宮家だらけだな(笑)

>これから医学がもっと発達して、宮家の税金払うために国民が居ることになったらどうする?

そんなアホな妄想にひたる前に老人福祉の心配しろよ(笑)

747 : :2001/07/05(木) 15:18
天皇家にすごい美少女が生まれてその娘が
天皇になるなら天皇制を支持する。
とりあえず女性の天皇を認めるように皇室典範(だっけ?)
を改正しよう。

とか思ってる人多かったりして、俺も思ってるんだけどね。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 19:56
>>746
そう決まったのは戦後なんだよ。ばか者。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 20:27

   彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン
  ‖|‖ ◎---◎|〜        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  川川‖    3  ヽ〜      < くらたまゆみです
  川川   ∴)д(∴)〜      
  川川      〜 /〜 カタカタカタ
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 20:35
国際板なのになんでこんな国内問題話してるんだよ

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 22:03
>>748
だったらなおのこと宮家のことなど心配する必要なんぞなかろう(笑)

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/05(木) 22:48
一般会計50兆円÷一億人=年間一人あたり50万円
一家四人で200万円分ちゃんと税金払ってるのか?
払ってない奴に限って税金の無駄遣いとか税金泥ボーとかいうんだよな。
クズ人間どもは逝ってよし、である。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 07:14
>>747
軍事板でCtrl+F 「萌」...

754 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/07/06(金) 17:31
>>747
激しく同意!
でも「美少女天皇」は難しいな・・・
皇女が若い内に天皇が死ななきゃだめってことだろ?

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 17:37
もう、天王星は一度妥当して、新たに美少女王朝を建てよう。
漏れは、朝の連どらのエリィちゃんなんかいいな。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 03:42
憲法以前の存在、それが皇室。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 04:34
天皇制、否定する日本人なんて中共かぶれのあほ左翼だけ。
日本人の圧倒的多数は肯定派。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 20:03
いつか、美少女天皇がご生誕されたら、
新しい日本の千年王国の始まり・・・

759 :なな:2001/07/20(金) 20:11
>>754
皇室典範で、天皇の隠居も有りにするらしか。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 20:39
天皇陛下万歳!!

761 : :2001/07/20(金) 21:05
君主制の滅亡なんて自明の理。 良い悪いの問題ではない。
500年後の天皇制を想像できるか、おまえたち。
「日本」だって非常に怪しい。

762 : :2001/07/20(金) 21:07
本当は100年後だって怪しい。 

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 21:11
女帝陛下がいいな
そもそも天皇家は天照大神(言うまでもなく女神だ)に仕える
神官だったわけだし、女性の方が国民の敬慕を受けやすいと思う。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/07/20(金) 22:10
むかしむかし こだまと言う CIAの職員がおりました。戦争中は 軍部の調達に関わり大儲けしました。戦争に負けて
今度は G H Qと言う所の下請けになりました。自民党なる政党は彼がアメリカの指示で作りました。 彼は もうひとつ 御主人から重大な命令を受けておりました。
日本国天皇を 日本民族と分断する。 すなわち 日本人が天皇の名のもとに 再び結集する事の無いように と言う事でした。
 彼が選択した手段は 社会的に信用の無い 所謂 ゴロツキ達に天皇の名を叫ばせる というものでした。
 彼は 青山のユナイッド鋼とかいう所から貰った金で 沫ヘ団 事件屋 在日朝鮮人 ゴミ屋さん 等などに声をかけました。
 右翼団体の誕生です。ゴロツキどもは 天皇の名を叫ぶと 彼からおこずかいが もらえました。右翼団体が ゴミ処理の利権に絡んだり
倒産整理に介入したりするのは そんな訳なのでした。 今のところ 彼の作戦は とてもうまく成功しています。普通の日本人は
ゴロツキと同じと思いたくないので 天皇や国旗をうさん臭いものと感じています。
 右翼団体は 売国奴の手下 というお話でした。

765 :心美:2001/07/21(土) 00:01
テスト終わった〜!!やった〜!!
夏休み、夏休み。(ルンルンだよ。)
さてさて、右翼はいるかな?

766 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/07/24(火) 02:11
民主主義はすべての独裁者を排除するが、それによって、
すべての独裁者の排除を主張するものを独裁者の地位に押し上げるというパラドックスを持つ。
権力の座の空白を擁護するものが空白を占めているとすれば、
民主社会は自己規定不能状態に陥ってしまう。
そこに君主(神でもなんでもいい)という民主主義とは関係ないものが登場して、
「朕はこうしたい、このように計らえ」という言葉を与えてみる。
民主主義社会はこの言葉を手がかりに方針を定めることができる。
しかし、だからといって、その君主が民主政治を代表したり、根拠付けたりするわけではない。
君主の言葉を実行に移すのはあくまで民主主義のメカニズムなのであって、
君主は単にそこに存在するだけの「モノ」、いわば物理的な足がかりに過ぎない。
そして君主により暗示されることは、民主制の統一性とは、
対立やコンフリクトという形でしか有り得ない、ということなのではないだろうか。

完全に実定法となった法システムは、もはや法の外に根拠を持つ道徳や宗教的戒律などにのっとって法の内容を定めることはできない。
実定法が効力を持つのは、それが合法的な手続きによって定められた(そして同じ手続きによって改変、廃棄できる)からに過ぎない(この憲法は、我が国の最高法規であり…日本国憲法89条)。
このため法システム総体のレヴェルでは。
「不法な行為とは合法的でない行為で、不法でない行為は合法的だ」という形でしか規定しようが無い。
この無内容な規定に内容を与えるには、法システムは、政治システムが下す決定(立法)を自己の作動の前提にしなければならない。法は民意に基づく立法行為によって規定され根拠付けられる。
だが、君主の言葉と同じように、政治の決定が法の根拠となるのは、「民意」を代表しているからではなく、それが法システムの自己規定に役立つからである。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 03:39
とりあえず東京のど真中に皇居はいらない。あの土地をもっと有効活用できるはず。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 04:23
>>767
皇居の森林は結構役に立ってるらしいよ。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 04:33
>>768
何に?一般人立ち入れないじゃん。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 04:41
>>769
二酸化炭素を吸って、酸素を吐いてるらしい。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 09:41
>>770
すげえ。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 10:47
1922年にアインシュタインは来日し、日本に対して次のような讃美のメッセージを残した。

「近代日本の発展ほど世界を驚かしたものはない。その驚異的発展には他の国と違った何者かがなくてはならない。果たせるかな、この国の歴史がそれである。この長い歴史を通じて、一系の天皇を戴いてきた、という比類ない国体を有することが、それこそ今日の日本をあらしめたのである。私はいつもこの広い世界のどこかに、一カ所くらいはこのようように尊い国がなくてはならないと考えていた。なぜならば世界は進むだけ進んで、その間、幾度も戦争を繰り返したが、最後には、闘争に疲れる時が来るであろう。この時人類は、必ず真の平和を求めて、世界の盟主を挙げねばならぬ時が来るに違いない。
その盟主こそは、武力や金の力ではなく、あらゆる国の歴史を超越した、世界で最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならない。世界の文化は、アジアに始まって、アジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に感謝する。神が我々人類に日本という国をつくっておいてくれたことを」。と

http://kamakura.cool.ne.jp/iwaoiwao/einstein.htm
http://www.toyama-shinsei.net/htmlfile/donna.html

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 11:33
皇居の責で東京の道はくねくねと分かりにくくなっていると思うが、
そんな不愉快な感情を持ってはいても、
あそこの堀に貯まる水と周りを覆う緑の美しさには
すがすがしさを感じる。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 11:49
>>773
だからこそ一般人が入れる公園にでもした方がいいと思う。

775 :和文に英語を混ぜてすまんが:2001/07/24(火) 12:24
軍人さんにとって、指揮官や部下は互いに頼もしいリーダーであり、フォロワーであるのだけれど、民間人と文官を含めても誰一人としてマイ ロード(主君)に相応しい者はおりません。
理性ある服従を旨とする現代の軍人さんは、自らは国民として君主から統治権と国土と統帥権とを奪った、君主権の敵対者であることを弁えています。民主制は速やかな国家の繁栄のために最良の政体であることも弁えています。ですから民主制は堅持したい。ではあるのですけれども、現在の日本の君主は軍人さんが主君として最も愛敬する存在であることに変わりはありません。
この点、軍の士気の点では天皇制、つまり立憲君主制は必要であると考えます。
軍を解体して日本を無防備な金持ちにしようとする勢力、現実としてこの勢力は国内外の左翼勢力と特定されますが、この勢力は必ず天皇制は不要であると唱えると思います。

776 :名無しさん@一児の母:2001/07/24(火) 12:39
>>774
ゴミ散らかす人が居るから維持管理費が高くなりそう。
入場料でも取りますか?私は今のままがいい。

天皇制は有った方が良い。私にはどこか心の拠り所と言うか、
存在するだけで落ち着きます。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 12:46
>>776
そう言う人もいるとおもうから別になくせとは思わない。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 13:52
宮崎学の選挙専門サイトで「★特集★小泉改革はウソの動かぬ証拠!独自調査データ公開中!」
http://www.jcss.ne.jp/~manabu/kiji/0723.html

779 :心美:2001/07/25(水) 10:01
天王星は物理的に必要はない。と言うかそこまでお金かけることは無いと思うけど
それをより所にしてる人も居る事を考えると・・・

  う〜ん。

780 :名無し:2001/07/25(水) 10:03
時がたてばそういう人も少なくなり、なし崩しに消えていくに千点

781 :ななしさん:2001/07/25(水) 12:39
>>775
つまり、ここのスレの者は、家柄についても人柄についても、相手にされていないってことか。そういうこともあるんだな。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 12:40
あるユダヤ人が天皇について語った文がある。彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わった男である。彼は著書『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。以下は長くなるが、この本からの抜粋である。

「万世一系の天皇を頂く日本人は幸せである。この万世一系の天皇は、如何なる意味を持つとお考えであろうか。この点では、ユダヤ人が僭越ながら日本人に少々参考になる意見をお聞かせできるかもしれない。日本人からすると、万世一系の天皇といってもピンとこないかもしれない。他にどんな天皇があるのか、と反問されるであろう。だから日本人は幸せだと思うのである。何故か。ヨーロッパの王朝というものはみな混血王朝である。歴史上、しょっちゅう外国から国王や女王を輸入した。しかも王朝の権力が強くなればなるほど、外国からますます輸入するようになる。何故か。王朝の権力を弱める必要からである。国内から昇格させようとすると当然争いが起こり、国内が乱れるのでまずい。その点、外国からの輸入君主は当たりさわりが少なく、しかも飾りものなので、最も有効な方法ということになる。」

「我らの大思想家ジャン・ジャック・ルソーの言葉を思い出して頂ければ幸いである。ルソーは「我もし随意に祖国を選べと言われれば、君主と国民との間に利害関係の対立のない国を選ぶ。しかし現実にそのような国があろうはずもないから、やむをえずその代替物として民主主義国を選ぶ」と言っている。ここに全てが盛られている。ヨーロッパの王朝では常に君主と国民の利害が対立している。しかるに、日本の天皇制は決して利害関係の対立などない。仁徳天皇の「民のかまどに立つ煙り」の故事を説明するまでもなく、利害関係の対立は全くないのである。これこそ君民共治の見本である。」

「ユダヤ人はルソーの言葉を待つまでもなく、長年(2000年以上)このような君主制を夢に描いてきたのである。しかし祖国を持たないユダヤ人は、王を頂くこともできなかったのである。わずかにユダヤ教を“携帯祖国”として持ち、これによって民族の連帯と発展を推し進めて来たのである。キリスト教国では、このような高尚な理想を持った国は永遠に現れないであろうと思う。」

783 :無名紳士:2001/07/25(水) 17:37
天皇なんて日本にはいらない。昭和天皇なんて銃殺されればよかった、と俺は思う。

上官の命令は全て陛下の命令 敗ければ人情お人柄で押し通す
国破れて山河破れて皇居あり 緋モウセン敷いて茶をたてる
どうしてさざれ石が巌となるのか 天動説よりずさん
権力者にとって 天皇制を使わねば 宝の持ち腐れ

 家付きカー付使用人付
 産めよ増やせよネズミ家カゾク
 菊の御威光あまねくニッポン
 スキーにテニスに山登り
 SPぞろぞろ植樹祭
 予算ブン獲れむしりとれ
 民草喜ぶ一家の繁殖
 あー、税金ドロボー一族

784 :名無し:2001/07/25(水) 19:46
>>783
貧乏人や政治的弱者がサヨの支持基盤になるのはどこの国でも変わらないらしいよ。あと、君の発言はワイドショーの踊り字かと思えた。ただの煽りなのかな。

785 :こんなのいかが?:2001/07/25(水) 19:53
御糞におかれましては
御艶程佳く
御輝きあそばれ
御臭気かぐわしく
あらせられ
感じ入って
ござります。

786 :名無し:2001/07/25(水) 20:03
>>785
ネットの中だけにしとけよ。君のこのスレでの発言は、国民とやんごとなきお方との分離を狙って右翼団体が褒め殺しをやってるのとは正反対の結果になってるよ。アジテーションするときは効果を考えて。
もしかして素でやってるのか?
あと、いろいろアドバイスしてるけど、俺はサヨじゃないよ。

787 :やんごとなきお方:2001/07/25(水) 20:23
あ、そう。

しのぶれど かおにでにけりわが責任 文(あや)に隠れよと付き人の言うまで ネロヒト文術陰士

的外れなアドバイス、ありがとう。
打倒天皇制!

788 :心美:2001/07/25(水) 20:25
打倒天皇性?

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 20:36
神武綏靖安寧懿徳孝昭孝安孝霊孝元開化崇神垂仁景行成務仲哀応神
仁徳履中反正允恭安康雄略清寧顕宗仁賢武烈継体安閑宣化欽明敏達
用明崇峻推古舒明皇極孝徳斉明天智弘文天武持統文武元明元正聖武
孝謙淳仁称徳光仁桓武平城嵯峨淳和仁明文徳清和陽成光孝宇多醍醐
朱雀村上冷泉円融花山一条三条後一条後朱雀後冷泉後三条白河堀河
鳥羽崇徳近衛後白河二条六条高倉安徳後鳥羽土御門順徳仲恭後堀河
四条後嵯峨後深草亀山後宇多伏見後伏見後二条花園後醍醐後村上
長慶後亀山光厳光明崇光後光厳後円融後小松称光後花園後土御門
後柏原後奈良正親町後陽成後水尾明正後光明後西霊元東山中御門
桜町桃園後桜町後桃園光格仁孝孝明明治大正昭和今上

790 :baka:2001/07/25(水) 20:45
暗誦でいってみな。いえないような奴が書くな。

791 :マジで暗誦:2001/07/25(水) 20:48
神武綏靖安寧懿徳孝昭孝安孝霊孝元開化崇神垂仁景行成務仲哀応神
仁徳履中反正允恭安康雄略清寧顕宗仁賢武烈継体安閑宣化欽明敏達
用明崇峻推古舒明皇極孝徳斉明天智弘文天武持統文武元明元正聖武
孝謙淳仁称徳光仁桓武平城嵯峨淳和仁明文徳清和陽成光孝宇多醍醐
朱雀村上冷泉円融花山一条三条後一条後朱雀後冷泉後三条白河堀河
鳥羽崇徳近衛後白河二条六条高倉安徳後鳥羽土御門順徳仲恭後堀河
四条後嵯峨後深草亀山後宇多伏見後伏見後二条花園後醍醐後村上
長慶後亀山光厳光明崇光後光厳後円融後小松称光後花園後土御門
後柏原後奈良正親町後陽成後水尾明正後光明後西霊元東山中御門
桜町桃園後桜町後桃園光格仁孝孝明明治大正昭和今上

792 :790:2001/07/25(水) 20:51

     川|川川  川
    ‖川 | | | ー ー||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    川川 | |ー□--□l      < 「暗誦でいってみな。いえないような奴が書くな。 」と…、
    川川| | \ J/||        \________
    川川‖  | ロ|/| カタカタカタ
    川川|‖\|__|l|l  _____
   /川川川__/川川  |  | ̄ ̄\ \
   |  川川|  |/川l__,|  |    | ̄ ̄|
   |  \_|__|_|、__|  |    |__|
   |  \____|つ   |__|__/ /
   |      |  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
  |  童貞   | ̄

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 22:01
天皇制・・・反対

天皇賞・・・賛成

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 02:01
別に必要ではないが、廃止するべき積極的理由もない。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 03:55
米大統領も震えるほどのステータスだし、
明治維新級の国難に備えての保険とゆうことでいいじゃない。
そう考えれば、安いもんだよ。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 13:44
私心のない君主を戴く立憲君主制(象徴天皇制)>共和制>独裁制
このルソー・アインシュタインの不等式はサヨ教師なら絶対に教えないけどね、
そろそろ常識だろ。

797 :ななしさん:2001/07/26(木) 14:06
失ってからそのよさに気づくんだろうな。

798 :外相「ヤメナサイ!」:2001/07/26(木) 15:37

天皇制について聞かれて、、

799 :えーちゃん:2001/07/26(木) 16:24
天皇家が国家元首だから纏まってるんであって、天皇制が廃止されて
首相が最高国家元首になったら民族の纏まりが無くなるだろうな。

800 :名無しさん:2001/07/26(木) 16:27
憲法で規定されてはいないがな 天皇=国家元首
諸外国では国家元首として遇されている。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 16:48
>>600
憲法第一条に出てくるのだからどう考えても元首だな
ブサヨクが否定したいだけだろ

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 17:47
べつに天皇をブチ殺す必要はない。
しょせんお人形さんに過ぎないのだから。
だがこいつらを利用するクソどもが目障り。とりあえず京都へ帰れや。
まりでも蹴らしといて観光資源にでもしときゃいいんだYO。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 22:10
過去ログ読めよ、あほ。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 23:51
人類は、理屈だけでは、生きていけないんだとおもうよ
だから多少の宗教的なものは、必要堕と思う
だから日本は、天皇制でいいんだよ もし天皇制くずれたら草加の大将の大きな肖像画
渋谷の109とかに飾られるんだぜ やだろ だから天皇制でよし

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 00:21
天皇は別にあってもたいして害はないと思われるから残しておいても良いけど(国定アイドルとして)
イギリス王室みたいにもっとマスコミが皇室を茶化してもいいと思う。
週刊現代とかで「雅子、その乱れた性癖」とかいって特集するのも良い。
「雅子様は浣腸がお好き」という記事が出れば国全体が明るくなる可能性もある(←根拠無し)

何しろ究極の公人なわけだから、それくらいしても別に良いだろう。
雅子が流産した時「マスコミが騒ぎすぎだ!!」とかほざいてたアホどもは、雅子が公人であるという事を忘れているのではあるまいか。
相手が芸能人の場合は騒いでも良くて、公人たる雅子の時は慎重にならねばならないなど、本末転倒である。

もっと茶化せよ、マスコミ。腫れ物を触るみたいに扱うな、納税者なんだからもっと図々しくなるべし。

806 :えーちゃん:2001/07/27(金) 01:11
>805
逝きなさい。

浅卑などの反日侮日売日マスコミに天誅を加えます。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 01:37
小泉批判記事を小泉本人が見ていた!通信記録公開中!

http://www.jcss.ne.jp/%7Emanabu/kiji/0726.html

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 02:46
>>805
英国王室は政治権力をもってるんだよ。
莫大な私有財産もある。軍のトップでもある。
だから、英国マスコミも政治家と同じように茶化すこともある。
日本のお飾りの皇室とはぜんぜん違う。
そもそも公人だからプライバシーを侵してよい理由はない。
政治権力者はプライバシーが制限されるが、皇族は政治権力はない。
芸能人は自分で望んだものだが、皇族の場合は生まれたときからだろ。

809 :805:2001/07/27(金) 10:52
>>808

オカザリだからこそ庶民の好奇の対象となるべきじゃないの?
血税で養ってもらってる上、日本の政治を動かしているわけじゃないんだから
それくらいは我慢してもらっても良いだろ。

国家元首なんだから、それにふさわしいかどうか、国民の目で見定める必要がある。

「芸能人は自分で望んだものだが、皇族の場合は生まれたときからだろ」だなんて言い出すなら、天皇制そのものを無くしてしまった方が良い。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 11:07
国際政治と何の関係がある。
アホだらけですな。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 11:25
>>810
おまえがアホ。
皇室外交という言葉をしらない文盲は
一度死んどけ。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 11:50
>週刊現代とかで「雅子、その乱れた性癖」とかいって特集するのも良い。
「雅子様は浣腸がお好き」という記事が出れば国全体が明るくなる可能性もある(←根拠無し)
>オカザリだからこそ庶民の好奇の対象となるべきじゃないの?

なるほど皇室外交とはこれか。
アホ同士存分に話し合ってくれ(w

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 12:01
>>809
>天皇制そのものを無くしてしまった方が良い。

国民が支持してるのでなくならない。
国民(大多数)が象徴一家をお願いしてるのに、
プライバシーは与えないなんて通用しない。

814 :805:2001/07/27(金) 14:16
>国民(大多数)が象徴一家をお願いしてるのに、
>プライバシーは与えないなんて通用しない。

政治家も多数決で選ばれているのですが何か?

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 14:27
政治家は政治権力を持っている。

816 :名無し:2001/07/27(金) 16:40
>>808
血税って、明治時代に徴兵制を導入する時に政府が用いた言葉だろ。現代の民間人にはまったく縁がない言葉だが。

817 :名無し:2001/07/27(金) 16:41
>>816
訂正  808→809

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 16:44
日本人の大半は皇室に対して負の感情は感じてないよ。
一部の人だけだよ。変なこと言ってるのは。

819 :えーちゃん:2001/07/27(金) 16:50
しかし、国家元首に対してこんだけ発言できる日本って国は民主的だな。
不敬罪があるエセ民主国家の韓国や中共とは雲泥の差だ。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 17:02
>819
天皇は国家元首じゃないけどね。
まあ、自由に発言できるのは確か。
良い国だな〜。

821 :えーちゃん:2001/07/27(金) 17:13
>>820 儀礼的には天皇家は国家元首だよ。
ソウルや北京で政府や大統領の批判や悪口(ゴシップ的な)をしゃべると
公安や秘密警察がやってくる。
中共じゃ経済活動で現地視察の時もマンツーマンで党と軍の監視付。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 17:45
税金で養うならプライバシーを制限する、
プライバシーを最大限尊重するというなら、天皇制をなくすべき。

どっちかにして欲しい。

税金で養うけど、国民には情報公開しませんなんて、通用しない。
まだ芸能人のプライバシーの方が尊重するに値する。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 17:47
>税金で養うならプライバシーを制限する

ということは、公務員はプライバシーが無いと?
市役所勤めの方も、学校の教師も、保母等何もかも?
あなた馬鹿ですか?

824 :えーちゃん:2001/07/27(金) 17:47
>>822 ?厨房?

825 :名無し:2001/07/27(金) 17:57
情報公開とか、知る権利とかっていうのは、「民主主義の立場から、政治に関して知る権利」のことなんですけど。
マスコミが騒ぎ立ててる、アイドルとか、その他の個人に関して知る権利は、地球上の誰も持っていません。
公人に関する情報でもこれは同様です。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 18:28
>822
てゆーか、すでにかなり制限されてるじゃんかよ。

827 :●天皇ご一家の皇室報道への発言:2001/07/27(金) 18:29
 型にはまったイメージでみられがちで、ある特定の部分が強調される−。皇太子さまは記者会見で、自らマスコミの皇室報道に言及し、こう述べられた。昨年十一月、週刊誌の記事に反論した秋篠宮さまをはじめ雅子さま、天皇陛下、そして今回の皇太子さまと、天皇ご一家はそれぞれの言葉で国内外の皇室報道の在り方を批判されている。
 秋篠宮さま(平成八年十一月三十日付) 「(週刊新潮が報じた女性問題について)火のないところに煙が立った。非常に想像力の豊かな人がそういう記事を書いたんだとは思いますけれど、完全に事実と異なる報道がなされたことに、不満を持っています」

 雅子さま(十二月九日付) 「(ニューズウィークなどの報道について)皇室なり、宮内庁なり私に対して一定の先入観を持って、あるいは事実に基づかない憶測というものを中心として議論を進めているもの、そしてまたさらに、その上にとてもセンセーショナルな見出しが付けられたりしていることがよくございます」

 天皇陛下(十二月二十三日付) 「(週刊新潮が、川嶋辰彦・学習院大教授が陛下に苦言を呈したと報じた問題で記事を否定して)間違っているということがほとんど確実であっても、絶対にそれが間違いであるということを証明することは、非常に難しいわけなんです。そして、その文献がずっと後でも引用されて、非常に奇妙な分布というものが示される」

 また、誕生日(十月二十日)に際し宮内記者会の質問に、文書で答えられた皇后さまは、「常に国民の関心の対象となっているというよりも、国の大切な折々にこの国に皇室があってよかったと、国民が心から安堵(あんど)し喜ぶことのできる皇室でありたい」と述べ、間接的ながら過剰な皇室報道を戒められている。

http://www01.sankei.co.jp/databox/paper/9702/html/0223side11.html

828 :822:2001/07/27(金) 23:15
>マスコミが騒ぎ立ててる、アイドルとか、その他の個人に関して知る権利は、地球上の誰も持っていません。
公人に関する情報でもこれは同様です。

アホ、アイドルはともかく、公人に対してのある程度のプライバシー侵害は法律的にも認められている。

829 :822:2001/07/27(金) 23:18
>ということは、公務員はプライバシーが無いと?

ないとは言わんけど、制限されるのは法律学上の常識。
だいたい公務員のプライバシーなんて写真週刊誌で散々侵害されてるだろ。

皇室だけ他の公務員と区別されるのはおかしいといってんの。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 23:51
>>829
お前プライバシーの日本語訳わかってるか?

831 :名無し:2001/07/28(土) 00:05
>>829
寛大というか、プライバシーを侵されていることに泣き寝入りしているだけだろ。
必要な情報は開示請求すれば良いし、そもそもプライバシーを侵して取材するのは違法だろ。
マスコミは政治に関わりのないことを興味本位で報道してるだけだろ。そういう一方的な関係を認める見解なんて存在したっけ?

832 :822:2001/07/28(土) 00:31
>そもそもプライバシーを侵して取材するのは違法だろ。

違法じゃないよ。記事が事実で、対象が公務員であるとか、公益性がある時なら名誉毀損罪、侮辱罪などの罪には問われないはず。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/28(土) 00:33
>>832
皇室のプライバシーは公益性ないですよね。
夏厨はもう寝なさいね。

834 :名無し:2001/07/28(土) 01:22
>>832
>対象が公務員であるとか
それは、公務員として、逸脱した行動をしている時のみだよな。機密費で馬を買ったとか。
公務員にかんする事実でも、逸脱した報道は違法なんだよ。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/28(土) 02:36
皇室にプライバシーがあることは判例でも決着済

836 :Foresight:2001/07/29(日) 18:43
判例の事件名について詳細きぼんぬ。

837 :日本国民より帝國臣民はかっこいい:2001/08/01(水) 12:54
今や、天皇は世界のラストエンペラーだよ。言うなれば地球の文化遺産。全人類が協力して守らなければ。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 02:05
↑↑↑↑↑アホアホアホや↑↑↑↑↑↑

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 02:08
↑↑↑↑↑アホアホアホや↑↑↑↑↑↑

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 02:19
>記事が事実で、対象が公務員であるとか、公益性がある時なら名誉毀損罪、侮辱罪などの罪には問われないはず。
記事が事実で相手が公務員なら 昨夜誰とセックスしただのって書いて良いの?事実だとしたら(笑)
なら、ストーカーするなら公務員相手だよな。内容が事実なら相手の性癖だの、異性遍歴だのをビラをまくのも
許されるんだよね。あなたの考えだと公務員相手だとひょっとして、のぞきもOKですか?(笑)

記事自体が「公益性」を持つならわからないが、公務員だろうとなんだろうと「プライバシーの保護」は受けます。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 02:20
↑↑↑↑↑アホアホアホや↑↑↑↑↑↑

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 13:03
↑↑↑サヨの程度も下がったな↑↑↑

843 :この考えどうでしょう?:2001/08/05(日) 14:26
天皇制については「あったほうが良いんじゃないの」と言うのが正直なところ。
現代の日本人ってあんまりまとまりがないから何か意識的に中心になる物(普段は意識していなくて良い)が
あったほうがまとまりが保てて良いのでは?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 17:27
   /   ゞヽ_,..-─ '  ̄ ` ヽ'::`i|
  ./   /:::::ノ         ヽ;l
  j   /::::::/           i
  !  ./:::://  ⊥_ノノ´⊥_l !!  |
  | /::::/::::i l  l T'Т  T'l l ノi  !:!
  !.l:::/|l:::l ゙! .、└   └ : リノ_ノ|:::!
  il::/ ト:l  ゙i_゙l_ 、" - " ノ . !  .i.l::!
  !:,i.  l:l`/ ⌒ -^ _ , ' .ヽ l  l l;!
  .l;| |.  | i   、   `  `ヽ  .! `
   | |  !!   i   ゚    ゚ i  !
   ! )  l |   !        丶. ヽ
   /  ! |   l`、       !` 、 ゙、
   l , i  !  __! !        l  `    _ ,.. .. .. 、
  l / i  /'  ̄   ̄` 、       'i ,.:- '  ̄       `ヽ、
   '   i   ヽ、   `ヽ、      ´        _,   !
      、    丶、    . l !        ,、'~   ノ
  _, ─ヽ、   ノ ヽ    ゙、/,`ヽ、     _, ' ヽ、, '
  `─,^_;...- '`-ニ´   \   .!   `ヽ _,- '  .,.- '
    ´      ゙ >-  .l_ ノ ` --─i'~ヽт'  ̄
           /   ,゙          !  ヽ,
          ノ   .,゛        !   ヽ
         '、  _ノ         ヽ、 _ノ ゙、 。 o.
          ` ´       ゚ σ⊂ 。_ヾ、),.'゚- 。
                     。  <_., 、-`つ

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 20:00
天皇制はもちろんあったほうが良い。
ただ民主国家を標榜するなら「大臣」はいかがなものかと思う。
疑問点はそれだけ・・・

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 22:38
>あなたの考えだと公務員相手だとひょっとして、のぞきもOKですか?(笑)

アホはすぐ極論を言うから疲れる…

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 22:40
あって困るのは、請求書と借用書くらいなもんだよ・・・・

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 23:20
>846
最後の1行はジョークだろ。(笑) って書いてるし。論破されたレスに気付いたからって、負け惜しみすんなよ見苦しい。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/06(月) 02:13
>>846
大蔵省もそのうち復活するでしょう

850 :モナカ:2001/08/08(水) 06:41

野中は太平洋戦争で300万人死んだ責任は天皇にあると言った。

靖国に参拝づべきでないともいった。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 20:19
>>850
野中は中国人脈を保ちたいからそういっている。ただそれだけ。彼は売国奴です。

852 :くらたまゆみ:2001/08/10(金) 20:38
>>850
昭和天皇には責任有りでしょう。当時の天皇は国権の最高機関ですし、あのとき東條首相の重圧に屈せぬ精神力が昭和天皇にあればまがりなりにも開戦は
さけられ、日本人、そして世界じゅうを恐怖に叩きこむ
ことは避けられたはず。更に酷い事に先帝は近衛氏が「そろそろ講和した方がよいですよ」と奏上した折、
「もう1度だけ敵を叩き、有利な条件を作ってから講和
を持ちこもう」と答え,近衛氏の案を却下したそうです。日露戦争での「日本海海戦」みたいのをやろうとした
のでしょうが、サイパンや比も取られた状態で反撃も
なかったと思うのですが。そしてこの天皇の愚断に
よって沖縄や広島・長崎の悲劇が・・・。やっぱり先帝
に責任はありますよ。ただし、「てんのーや軍部が悪いんだ!ボクらは悪くない(`Д´)!!」なんていう考えは
間違っているような気がしますね。

853 ::2001/08/10(金) 20:44
>>852
めづらしくまゆタンに同意。

854 : :2001/08/10(金) 21:28
>>850,851
それと、地元に部落があるのだろ?

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 21:58
そもそも天皇ってチョンなんでしょ!

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 22:00
>>854
結局選挙対策なのね。

857 :えーちゃん:2001/08/10(金) 22:02
>>852
いつ、日本軍が日本人、世界中を恐怖に叩き込んだんですか?
講和云々は海軍首脳部の意見だろ?天皇には発言権はあるが決定権は無いんだぜ?
明治欽定憲法知ってる?勉強しなさい。天皇自らの国政に対する指示は出来ないから。
臣下の言う事にYesは言えてもNoは言えなかったんだから。
初めて政府首脳が法を曲げて天皇に下駄を預けたのがポツダム宣言受諾だよ。
きみ、天皇が国権の最高機関って変型立憲君主制何だから天皇自ら国政をどうこう
する法律は無かったんだぜ。
て言うか>>852はくらたまゆみの偽者じゃないのか?

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 22:58
20世紀に王家をなくした国はろくなことになってない。

ドイツ=プロイセン王ヴィルヘルム2世が退位した後、ヒトラーが登場した。→ユダヤ人、障害者など数百万殺害。

ロシア=ロマノフ朝がニコライ2世を最後に途絶した後、スターリンが登場した。→「血の粛清」で数千万人殺害。

中国=清の溥儀を最後に中華帝国が途絶えて国共内乱や第二次世界大戦の混乱の後、毛沢東が登場した。→文革と大躍進で数千万人死亡。

エチオピア=ハイレ・セラシェの退位の後、メンギスツの「赤の恐怖」で数万人が虐殺された。

カンボジア=戦後、シハヌーク王が父に譲位して国家元首になった後、ポルポトが極端な社会主義政策をとり、数百万人が虐殺された。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 23:14
>>858
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
日本人は経験ではなく歴史に学びたいですな。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/11(土) 04:50
>>852
昭和天皇は、大日本国憲法を厳格なくらい尊重した。
イギリス流の「君臨すれども統治せず」を自らに課していたんだね。
天皇が聖断を下したのは、政府が判断停止に陥った226事件とポツダム宣言受諾の
2回のみだよ。

861 :任意たん.COM:2001/08/11(土) 04:52
日本国民なんてダサい。
トレンドは帝國臣民。

862 :モナカ:2001/08/11(土) 06:36

天皇がいると八紘一宇でまた世界戦争するしかない。

腐敗官僚は朝鮮人の官の威光で支配者日本人を食い物にしている。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/11(土) 23:08
>>858
追加。20世紀じゃないけどフランスもルイ16世をギロチンにかけたあと、
ロベスピエールやナポレオンが登場して恐怖政治とヨーロッパの戦乱を呼んだな。

もっともこの法則にあてはまらない国(イタリアなど)があることも忘れては
ならないけど。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/11(土) 23:17
ウヨの皆さん小室直樹の著作のコピペに熱心ですね。(ワラ

865 :所得太子:2001/08/12(日) 07:31

先祖はチョン、チョンなら子豚と同じ。 小豚の国と酷似。

子豚はロ助の豚小屋に逃げ隠れか?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/12(日) 09:29
>>862
八紘一宇意味しらないだろ。(w

867 :バカ右翼:2001/08/12(日) 10:08

不要だ!

868 :ZEPPELINsama:2001/08/12(日) 11:32
いらないかも・・・

869 ::2001/08/13(月) 19:09
1000年?のマインドコントロールを解け!

発祥はOーMUと全く同じだ。 

チョンであることも同じだ。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/13(月) 19:26
天皇親政=独裁政治

871 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/13(月) 20:50
必要なんじゃない?
別に崇拝はしとらんけど。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:44
必要だよ。おれにとっても。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:47
無いと日本史を読んだとき寂しいと思う。

たとえばイギリス人は、どこまでがブリテン島の歴史で、
どこからイギリス人の歴史になるのだろうか?

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:56
実際政治まったく影響力ないんだからあってもなくてもいい。
税金の問題もあるが、彼らが行っている皇室外交はその税金の元は確実に取ってる。
そして何より存在自体が日本の至宝。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:57
官位くれ。
従五位下でいいから!!(藁

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 02:57
無いと古文をよんだとき寂しいと思う。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 03:46
無いと修学旅行で京都や奈良にいったとき寂しいと思う。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 04:00
明治から天皇の名前がショボくて寂しい。
醍醐とかかっこええ名前つけろや。
あと皇太子は親王って呼べ。
秋篠宮とか逝ってんな。徳仁親王やろが!

879 ::2001/08/14(火) 08:12

朕は沈沈

880 :ぶらっく@ますかき:2001/08/14(火) 11:27
別に無くてもOK。
中韓との断交以上に存在に意味はない。
ただ、個人レベルでの必要論の域でしか
ないと思う。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 11:53
>>878
天皇は唯一の存在なので今上天皇と呼ばれるのであって名称では呼ばない
皇族を宮殿名、大名などを官位で呼ぶのも常識

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 12:36
まんこー!!!!!

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 12:43
>天皇制は必要?
これは、もともと、対外的に箔を付けるのか目的。
象徴だけなら困らんが、これを政治的に利用されるのが怖い。
お姫様(天皇)が困っているのに、なぜやらないのか?
と言うような理屈の言いがかりで利用されかねない。
天皇がいい人で、権力がないほど利用されやすいから困る。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 12:45
>>883
日本統合の象徴だから ちょんなど敵国にとっては困るだろう
だからこそ逆に日本にとっては重要な存在である

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 12:50
女性も天皇になれるようにしろ!!

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 14:09
>>885
ちょんには関係ないだろ(w

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 14:18
>886
なんでもかんでもチョンとか言ってんな
わしは生粋の日本人じゃヴォケ
男尊女卑主義者め!!

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 16:05
女性が天皇になった場合
その配偶者をなんと呼ぶのかな?
皇后じゃまずかろうて。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 16:40
>>888
皇婿殿下
じゃなかったっけ?以前のレスからの引き写しなんだけど。

890 :(゚Д゚)ウマー:2001/08/14(火) 17:21
>>889
ちゃうちゃう
皇婿陛下だよ。皇后だって陛下って呼ばれるだろ。
あと皇配陛下とも聞くな。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 17:36
>>890
あっ、そうか。でも俺が気付くのが遅かったですね。スマン。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 17:40
皇后でもいいんだよな、本当は。
后という字には男女を問わず君主という意味もあるんだから。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 23:29
>>852

天皇の戦争責任の前に、貴方は「統帥権」という、
訳の分からない実体をどう考えるのか?
それを考えた上で天皇の戦争責任を問うべきではなかろうか?

894 ::2001/08/15(水) 06:17
こんなのがいるから 官僚が腐敗し 庶民が奴隷化し 民主主義が育たない。

こんなのがいるから また世界相手に戦争か 鎖国しかない。

世界に送れた封建国 隣の北XXと全く同じ体質がある。

先祖はやっぱり チョンだ。 

895 :名無しさん ◆vPb9P/Xk:2001/08/15(水) 12:58
>>894
>官僚が腐敗し 庶民が奴隷化し 民主主義が育たない。

日本が遅れてるのはお前等自身の農民的性質の所為だよ!人のせいにすんな!

896 :名無し:2001/08/15(水) 13:00
>>895
いや、バカな日本人しか生き残らなかった戦争が1番悪い。

897 :名無しさん ◆vPb9P/Xk:2001/08/15(水) 13:13
>896
戦略眼をそなえていた頭の切れる連中は、自分が立案して成功させた計画を、前例踏襲主義の戦争終了までの馬鹿の一つ覚えに使われて、迷惑したそうだからな。
あと、呪術的精神主義者も迷惑な連中だな。

898 :名無しさん ◆vPb9P/Xk:2001/08/15(水) 13:14
スレ違いなんでよそにいってくる。

899 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/15(水) 17:48
個人的には、天皇制はいらない。
今でこそ天皇に政治的権力はないが
>>883が言うように傀儡または盾として利用するDQSが現れないとも限らないから。

ただ、今現時点で天皇家を解体するのは
多くの日本人の精神衛生上、よくないんだろうね。

900 :チュー:2001/08/15(水) 18:19
◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドル画像秘宝館◆
http://www.futomomo.com/netidol/idolhappy/maki/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆セーラー服◆
http://www.futomomo.com/netidol/sailor/miku/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

◆◆◆(新)芸能人彼氏とH芸能界の表裏画像動画大公開◆◆◆
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆綺麗なおねぇさんは好きですか?◆
http://www.futomomo.com/netidol/sister/megu/
◆アイドラー◆
http://www.futomomo.com/netidol/idoler/momo/
◆モーニング娘 ◆
http://www.futomomo.com/netidol/morning/mai/

kiuliu.iou

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 18:23
天皇家(神道)に法皇(仏教代表)を復活させる。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 19:40
>>899
利用しようとする者は、天皇だろうが議会だろうがなんでも利用する。
利用される恐れがあるから廃止と言うのは、安易と言うか、倒錯してると言うか、
日本人の自信の無さ、主体性の欠如の表れでないかい?

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 20:39
天皇制いいね。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 20:46
皇室ファンクラブは強制加入です。脱会希望の方は日本国籍を捨てて下さい。

以上、靖国神社前からお伝えしました。

905 :ネオムギ茶:2001/08/15(水) 20:49
天皇陛下こそ素晴らしい。
天皇陛下万歳
大日本帝国万歳

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 21:32
>>902
>日本人の自信の無さ、主体性の欠如の表れでないかい?
だから気にしているわけ。
小泉の支持を見ても分かるだろう。

907 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/15(水) 22:01
>>902
> 天皇だろうが議会だろうがなんでも利用する
利用の仕方がちがうんじゃない?

日本の王(つまり天皇だが)は他の国の王様や皇帝と違って
起源が分からないぐらい遠い昔から続いているために、
変な神秘性まで帯びてしまっている。人によっては神と同一視するものもいる。
それは、すごくヤバイような気がするよ。
たとえば、オウムでいうところの麻原と同じような存在とされてしまうことが
あるとしたら・・・って思って怖いんだがね。そうなると天皇家にとっても不幸だし。

皇室を支持する人って、皇室に何を見出しているのだろうか?
大戦前の強い日本なんてゆーのは止めて欲しいが。

908 :的屋:2001/08/15(水) 22:08
日本国を支えている人々は
天皇家
源氏
平氏

909 ::2001/08/15(水) 22:27
百害あって一利無し。  不要

金はかかる、威張る、腐敗官僚がまねして蔓延る。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 23:01
ニュース議論板にも書いたが、こんなのはどう?

【皇室改革案】
元首と象徴を分離する。名実ともの主権在民と、国民に親しまれる伝統ある皇室を両立できる。
また皇室の人権にも配慮する。

大統領…独伊型の形式的な元首。公選。被選挙権は12年以上勤めた現職国会議員。現行では天皇が担当する国事行為を行う。

首相…公選。被選挙権は6年以上勤めた現職国会議員。大統領が形式的に任命。
天皇…象徴。伝統文化の継承者。世襲。対外的には国王(king)と称する。男女とも皇位継承権あり。大統領が形式的に任命。天皇の退位、皇族の皇籍離脱は自由。新年参賀、歌会始、園遊会、新嘗祭、植樹祭、全国巡幸、外国賓客の接待等を行う。皇居は縮小し、残りの土地に天守閣を復元して江戸城自然公園として公開。敬称廃止(皇室典範から削除、天皇家や民間人の私的使用は禁止せず)。元号廃止(天皇家や民間人の私的使用は禁止せず)。国歌の歌詞(君が代)を廃止し、新しい歌詞をつける。国名は日本共和国。天皇と皇族も選挙権あり(被選挙権は現行通りなし)。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/15(水) 23:09
>>910
小泉がこんなくだらない事に神経使わないで、
不良債権処理と景気対策を早急にしてくれる事を望む。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 01:52
>>902
悪用される恐れがあるから、どれほど伝統やメリットがあっても廃止。
この理屈は、日本人としてかなり恥ずかしいぞ。
危ないから小学生に刃物を持たせない母親みたいだな。
なさけねー

913 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 12:00
>>912
伝統はともかくメリットって何?
ちなみに、>>902はあなたと同様廃止論者じゃないと思うが?

914 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 12:04
>>913に付け足すが、

> 危ないから小学生に刃物を持たせない母親みたいだな

ってオレが父親なら、余程特別な理由が無い限り、
ナイフや拳銃など物騒なものを息子にもたせないけどな。
あんた、なかなかいい親父(または母親?)になれるよ。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 12:47
馬鹿な、
成人したら親が要らなくなるから
親を親と思わなくなるのか?
ジジババはおこずかいをくれたからずっと親身にしていたが
成人してお金をもらえないと他人となるのか?

古くから天皇家は日本の重要な存在だったはず
今お前ら天皇家と関わりが無い奴等が必要に感じなくても
天皇家を簡単に切り捨てることが出来ないということを
歴史から学べ、この無国籍を気取る引きこもり評論家よ

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 12:56
>>912
「憲法で禁止されているから、できません」
「憲法改正したら、改悪になるから改正反対です」
これらも外国人に嘲笑される日本人(一部)独特の理屈です。
自分が主体だと言う覚悟が無いんですね。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 13:11
>>914
鉛筆削ったり、りんごの皮むいたりできないのは、どうかと思うぞ。

918 :鹿羽:2001/08/16(木) 17:37
皇室の役割はやはり、皇室外交ではないかと思います。
これは日本の切り札でしょう。

歴史的にみても、いつも天皇は利用されてばかりですね。
憲法で決めるまでもなく、いつも象徴としての役割だったようです。

919 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 17:42
>>914だが、
>>917
なるほど、刃物ってそういうことを言いたかったわけね。
でもさ
刃物たって、りんごの皮むき用から殺人用までいろいろあるよね。
同じ刃物という分類をいいことに、
殺人用ナイフをちらつかせながら、
「これはりんごの皮むきに使いますから安心です」って
詭弁をたれる基地外だと困るんだよねぇ。
廃止論者にしても維持論者にしても、
天皇制の意義の見極めが必要とおもわれる
(りんごの皮を剥くのに使うのか、人の皮を剥くのに使うのか)。
で、個人的な意見は分かれるところだけど、
天皇制は危険をはらんでいるんでいらないのでは、と思う。オレは。
イギリスのような民主主義の意識がある国ならいざ知らず、
日本のような民度の低い国では、なおさらね。
ここの国民って小泉のことでもそうだけど、ムードでワーッって騒いじゃうもんね。
いまでも、神様のようにおもっているジジババいるもんな。
ちなみに、>>915は皇室を親同然に思っているらしいが(w。

維持論者は
持たされたナイフを絶対殺人用に使われないという自信があるんだね。
すごいね。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 17:53
>維持論者は持たされたナイフを絶対殺人用に使われないという自信があるんだね。すごいね。

普通の人間はそうだろ。
つまりキミはナイフを持たされると「このナイフで殺人をしてしまうかもしれない」
と思うわけだ。
ある意味、凄いね(藁)

921 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/08/16(木) 18:38
>>920
あー、ごめん。ちょっと日本語おかしかったかもね。
「持たされた」→「渡した」ととってくれるといいんだが。

まぁ、DQS厨房レベルのミスを犯しちまったんで、逝ってきます。
ジュワッ!

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 19:20
>>920
俺はナイフでは人は殺さない自信があるが、
他の奴が殺さない、という確信が全く持てない。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 19:29
皇室なけりゃあ日本の存在意義はなし。
国家元首は創価か?中共被れか?在日か?そうなりゃあ日本じゃねえな。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 19:41
>>923
>皇室なけりゃあ日本の存在意義はなし。
皇室さえあれば、特高警察があっても軍部が独走しても
外務省が無能でも、輸出企業が輸出できなくなって経済が悪化しても
石油が入ってこなくなっても特攻を強いられても
軍隊に自殺を強要されても「非常時だ!」と言われれば何も反論できなくなってもいいんだ。
ふーん。
お前、独立宣言して自分が天皇になって、自分の家族を皇室にすれば?

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 20:04
>>923
>>924
屁理屈ドキュソ厨房は逝ってよし(゚Д゚)!!!!!!!!

926 ::2001/08/16(木) 20:14

不要

金がかかるからいらん!

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 20:16
>>925
「逝ってよし」じゃなくてさ、反論してみろよ。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/17(金) 03:01
皇室の歴史はイギリス王室を抜いて世界最古です。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/17(金) 03:19
【天皇】
日本国内で基本的人権を剥奪された人間のひとり。
自己の将来さえ自分で決定することは出来ない。

マジかわいそう。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/17(金) 04:05
日本人「ナイフを持つのを止めようと思います」
外人「けっこういいナイフじゃないか。由緒もあるし」
日本人「これを持っていると、自分で悪用してしまいそうなんです」
外人「・・・(怖え〜。こいつと付き合うの気をつけよう)」
わかりやすく言うと、こういうことだよ。
自分の意思にもっと自信を持てよ。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/17(金) 04:09
>>930
こんなやつは、ナイフを捨てても信頼されないのは言うまでも無い。

932 :(゚Д゚)ウマー:2001/08/17(金) 04:31
>>929
まあまあ。
その分喰うには困らない訳ですしね。

933 :929:2001/08/17(金) 04:37
>>930
意味わかりません。
大体いいナイフだとは思えません。

934 :新スレを立てて下さい:2001/08/18(土) 20:13
このスレのログの大きさが256KBを超えました。
サーバ側のCGIの変更により、ログが256KBを超えると
IEやNN等の普通のブラウザではスレの過去ログが参照
できなくなります。

早急に次スレを立ち上げてください。
詳細は自治スレを見てください。
■■■国際情勢板自治(討議)スレッド2■■■
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=kokusai&key=998127097

935 ::2001/08/19(日) 08:26
不要

家系的に疑わしい。 南北朝で不明?

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/29 20:16 ID:pk1fmINk
ageeeeee

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/29 21:33 ID:tYVjJuJw
まあ兎に角、明治維新以降のキティガイじみた天皇崇拝はいらない。
今でも一部のジジババや右翼がやってるけどさ、あれじゃまるで北チョンのジョンイル
マンセーだな。
あんなもん恥ずかしくて外国のメディアにみせられねえ。
京都に引きこもってマターリしてたほうが天皇自身も幸せじゃねーの?

938 :ポプラン中尉:01/08/29 22:44 ID:ulGiOJ/w
>>928
世界最古のエチオピア帝国
(初代皇帝はシバァの女王の子供)が潰れてるので、
これを抜いて正真正銘の世界最古です。
>>935
北朝も南朝も天皇家です。南朝の大覚寺党の方が、
元々、皇弟の家系だったような記憶が?

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/29 23:17 ID:B0DDkFzY
>>937
典型的な政治思想板の厨房風ですね。別に煽るつもりはありませんが、
ここは国際情勢上、如何なのかという観点でお願いします。

天皇制の存在は、戦後から現在までの極東情勢に強く影響しています。
日本の左翼化はアメリカの敗退を意味します。
文化面では、現在天皇制を強く支持する保守派とアメリカナイズされた
米文化支持・共存派と共産主義支持派の三つ巴が、この天皇制日本の中で
56年間成り立っており、また朝鮮半島を分断する38度線も51年間不動の
ままであります。
私は、天皇制の有無は極東のバランスに強く影響し、周辺国全てに
それなりの激しい変化を与える程重要な問題に発展するものと考えています。

>>937さんが安易なノリで天皇制廃止を語っていますが、それは日本国内で
アメリカも加わる程の戦争に発展する可能性が有る事を示唆しています。
勿論革命左派がその混乱を望んでおられる事も各国首脳は周知の上ですが。

940 :名無しさん:01/08/30 00:06 ID:0LRXTHxc
「天皇には世界皇帝になっていただく。
そのために日本はどんどん戦争をやって、
どんどん領土を広げなければならない。」
......なんてぇ右翼は出てこねぇだろうな。

941 :名無しさん:01/08/30 00:09 ID:0LRXTHxc
天皇が世界戦略に結びつくとすれば、それくれぇだぞ。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/30 00:15 ID:anPBcD1s
>>939
あまり意味がわからないが。
>日本の左翼化はアメリカの敗退を意味します。
>文化面では、現在天皇制を強く支持する保守派とアメリカナイズされた
>米文化支持・共存派と共産主義支持派の三つ巴が、この天皇制日本の中で
>56年間成り立っており
「日本の左翼化はアメリカの敗退を意味します」とは?
「米文化支持・共存派」とは?

自分は天皇制擁護派だ。

943 :939:01/08/30 01:26 ID:gSjpzcjI
>>942
左翼化と在日米軍との共存は有得ない。左翼支配の場合、極東地域に限っての戦略的アメリカ敗退であろう。
右翼と左翼に含まれない多々ある種類の部類として、アメリカ併合支持派をあえて挙げてみただけである。

944 :DRX:01/08/30 08:45 ID:vnSQfihY
易姓革命思想の観点から支那や朝鮮には潜在意識的に天皇家の長年の継続に対して口に出せないコンプレクスがあるかも。自分達もいただく事が出来なかった程に徳を維持している帝室って事になるからね。下等な筈の倭人が歴然と見せ付けるから目障りなんでしょ?

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/30 08:52 ID:EeFV.Erw
大中華、小中華からすればいまだに倭国だからね。

946 :DRX:01/08/30 08:55 ID:JjSFTHvk
あと「姓が無い」ってあたりも歴代支那王朝とは一味違うメタ的な存在みたいに見てるのかも。易姓革命の原理に逆らえなかった諸王朝とは別次元の存在感を感じているのかもね。自画自賛かな?

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/30 11:59 ID:qMgulr/w
944
男女別姓を唱える女議員共と中国のコンプレックスと見事に重なりませんか?

948 :937:01/08/30 13:35 ID:3mU/AwRk
>>939
ああ?なに言ってンだてめえは。
>文化面では、現在天皇制を強く支持する保守派とアメリカナイズされた
米文化支持・共存派と共産主義支持派の三つ巴が、この天皇制日本の中で
56年間成り立っており

なんだこりゃ?
もう冷戦は終わったんだよ、ボク。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/30 17:17 ID:SPXeuD4Q
939に概ね賛成だ。
937の現状分析はどうよ?

950 :DRX:01/08/30 17:48 ID:DtLAIVTU
>>948
姓の有無という価値を問う点では真反対のベクトルなのにコンプレクス
の原理が相似してるのが絶妙なご指摘ですね。個人的には特別崇拝して
神聖視している訳でもないのですが、やっぱり気軽に廃止するのは勿体
ないでせう。記録更新中ってだけでも存続させるべき理由に充分だし。
諸外国の王朝と比べても特別存在していて迷惑な点はないし。左翼は
そうと認めなくてもね。そういう意味では徳のある王朝でせうね。
支那の学者の中には日支事変で日本に征服されていた方が良かったと
主張する者もいるそうです。蒙古人や満州人同様日本人も漢民族の文化に
感化出来た筈なのだからだそうです。なかなか見事な着眼点にシャッポ
を脱ぎましたがそうならなくて良かったですね。実際あの戦争に勝って
しまっていたら蒙古や満州同様に支那化していたかも。

951 :947:01/08/30 18:39 ID:kT5Aqyg.
>>950DRXさん、ご意見有り難う御座います。

952 :947:01/08/30 18:43 ID:kT5Aqyg.
>>948=937
さんは、日本国内や極東の情勢を如何推察されているのかな。
948のままでは単なる煽りで終わってしまうが。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/30 21:44 ID:zAX.NHc2
>>939
>天皇制の存在は、戦後から現在までの極東情勢に強く影響しています。
.......
>私は、天皇制の有無は極東のバランスに強く影響し、周辺国全てに
>それなりの激しい変化を与える程重要な問題に発展するものと考えています。

この辺はもう少し根拠を説明しないとだれにもわからない。

327 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)