5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嗚咽

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 22:54
30歳すぎて人前で泣いてしまいました。
それも車の中で10歳年下の女の子の前で。
ちょっと前に悲しいことがあって突然それを思い出したからです。
涙もろい訳じゃないけれど、嗚咽を止めることができなかった。
泣いてる理由が分からなかった彼女は一生懸命慰めてくれたけれど
ちょっと恥ずかしかったです。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 23:28
わたし、泣く男好きよ。 でも嗚咽は・・・わからんです。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 23:41
芸術家は、けっこう人前でも泣くらしい。
やはり感受性が強いからなんだろう。
でも普通、泣かんわな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/01(水) 23:52
自分のことでは心の中で泣くが、人のことでは涙が出る。
人知れず泣くよ。男です。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 20:07
よくわかんないけど
涙モロくなった気はする。
訳もなく悲しくなったり。

中年になってホルモンがアンバランスに
なってきたって事らしい。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 20:49
人前でなく奴大嫌い。ほとんどが計算。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 21:02
男がなにを計算して泣くんだよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 21:59
>>6 女だけだよ、計算ずくで泣くのは。
  でも、男なら普通人前じゃ泣かんわな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 22:04
それが男でも泣くやつがいるんだよ!
2みたいな馬鹿がいるから。

10 :6:2000/11/02(木) 22:38
>>9 そいつは男じゃないな。
 
  

11 :8:2000/11/02(木) 22:40
8=10 スマソ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 23:09
フィールドオブドリームス、テレビで見ててとつぜん嗚咽。
数年前の出来事でした。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/02(木) 23:22
仕事で、訳のわからない上司に仕事の失敗おしつけられてりして、
西麻布の空き地で人知れず嗚咽をもらした。ちょっとやばかった
と我ながら思う。

14 :名無しさん:2000/11/02(木) 23:32
うちの夫、学生時代に急逝した自分の父親の話し
していて、涙がはらはら出てきちゃって
拳でさっとぬぐってた。
惚れなおしました。
男性の嗚咽は・・・・・見たことないけど、
理由によっては愛しいと思うかも。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 00:54
女だって計算で泣くなんてバレバレな真似は人前では普通しない。
職場で悔し泣きしそう(涙こぼれそう!)になったときとか、
トイレに駆け込むね。

机でいつまでも泣いてるバカ女、確かにいるけどね。
男はさすがに見たことないな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 00:58
>>12
あー泣いた、泣いた。
あれは男が泣いても許されるでしょ。ひとりきりの時なら。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 01:05
計算で泣いてるクセに
自分では本当の涙だと思い込んでいる
もしくは思い込むことが出来るのが女だろーが
厚顔無恥め

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 01:10
泣かないけど数年前の東京砂漠のBGMでおっさん達がビル
の上でバスケやっていたCMの後ふと田舎思い出して、そういや
学生時代の友人思い出してあの頃は、、とおもって胸にきた
ことがあるなぁ、

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 01:18
>>12

20 :13:2000/11/03(金) 01:46
涙はストレス物質を体外に出す働きがあるらしいと聞いてからは、
泣きたくなったら心おぎなく泣くようにしています。人の前ではほ
とんど泣かないけど。家でひとりで、とか。

彼氏の前では、つい先日はじめて不覚にもぽろぽろと泣いてしまっ
た。計算してたつもりはないが…。泣くの我慢しようと思うと、へ
の字口になって、みっともないので素直に泣いた方がいいようです。

泣くときって、泣きたい気持ちMAX状態なだけで、その理由は何でも
よかったりしない? 映画なんかはガス抜きスイッチみたいな感じ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 02:11
何となく、若い頃よりも歳くってからの方が涙腺弱くなったような
気がする。
可愛がってた子猫が交通事故で・・・
生まれて初めて往来で泣いてしまった。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 02:24
RCサクセションの「多摩蘭坂」
特別な思い出があるわけでもないんだけど
一人で聴いてるとヤバイ。
夕方だったら、さらに倍。
「BLUE」は封印か。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 02:27
父親が2ヶ月前に死んだ。
今でも夜独りになったり、
ちょっとしたことで思い出すと
涙が出てくる。

でも翌日瞼が腫れるので、泣かないように
と思うが難しい・・・

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 02:43
21>そりゃ泣くわ。(ドウジョウ
小さい子がワンワン大泣きするのを見かけると「おお、そうかそうか、泣く
が良い…。そんな大声で泣けるキミをおじさんはうらやましいぞ!」と一人
思うこの頃。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 03:51
>>23
私の母親が、ガンでそう長くはないということを聞いたとき、
なんとも言いがたい気持ちになった。
だから、泣いた。
さんざん泣いてみて、人は必ず死ぬものなのだと
受け入れることができた。
もっと泣こうよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 16:26
『異人たちとの夏』見て泣いてしまったよ。

 「ありがとう」
 「どうもありがとう」
 「ありがとうございました」

仕事や友人達には、なにげに言える言葉だが、この世で一番感謝しなければならない
両親には素直に言えないんだよな・・・
幸いウチの両親とも健在なのだが、最後に言えるかなぁ


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 17:27
>26 今のうちに言ってあげて。最後に、なんて言わずに。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 18:26
うちの旦那、最近よくテレビとか見てなく。
仕事大変そうだし、ストレスたまってるのかなー。
俺は単身赴任できないよ、というのがよく出る言葉。
泣かせてあげるから、ノイローゼにならないで!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/03(金) 23:25
男だって弱音はきたいことあるさ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 15:12
なんだかリゲインのCMっぽいな。


31 :>22:2000/11/04(土) 18:13
多摩蘭坂か〜、もう20年くらい聞いてないな。
レンタルCDで借りられないかな?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 18:19
映画「恋しくて」を観て泣けた。
切なくて、シャイな恋心がうまく表現できてたなぁ。
秀作・・・・お薦め♪・・・ってスレじゃないけど。あはっ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 18:42
俺は嫁さんに先立たれ
「キャスパー」で大泣きした
幽霊でも、会いたい。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 18:44
あ、スミマセン。調子に乗りすぎてスレの雰囲気を壊してしまいましたね。
ゴメンなさい。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/04(土) 19:50
数年前に仕事のことで悩んでたとき,知り合いに電話で相談してたんだけど
だんだん感情が高ぶってきて嗚咽しながら泣いてしまった。
泣きながら,自分でもビックリしてしまった。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 11:22
みんな人知れず辛いことが多いんだね。
今日は天気がいいから一人で日向ぼっこしながらボーっとしてリラックスします。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 13:28
>>33
大丈夫、奥さんはきっとあなたを見守ってるよ。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 15:22
不倫が終わった後、「マディソン郡の橋」を観て大泣きした。
自業自得とはわかっていながら、涙がとまらなかった。

39 :33歳男:2000/11/05(日) 16:38
今、このスレの後半読んでて泣いた。
まだ日本は、きっと大丈夫だ。
>33
頑張れ〜!!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 21:29
新婚2ヶ月で私の母が突然自殺した時
夫が泣いてくれた。
SHOCKでぼー然としていて、その前後の記憶は定かじゃないんだけど
夫が一生懸命手を合わせて私がかわいそうだと言って泣いている姿は覚えている。
一緒に暮らしていると腹立つこととか色々あるけど
彼のことを信じられるのはあの時の涙があるからのような気がする。

41 :>40:2000/11/05(日) 22:06
自分以外の人間の為に涙するのはすごいことです。
ご主人が出来る最大限の分かち合いだったのだと思います。
見ず知らずの他人である私が事情も知らず
このようなことを言うのは失礼であると承知の上で書かせていただきました。
40さん、良い御主人と一緒になられました。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/05(日) 22:08
>>33
「always」も秀作ぞ。
すまん、今酔ってるから…。

43 :文句なしで:2000/11/05(日) 22:25
あげぇえええー!!(号泣)
(最近涙腺チョー弱い39.)

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/06(月) 11:11
5年ほど前のこと、精神的にかなりきている時期があったけれど、一人の時でも泣く事はなかった。
「大丈夫、きっと克服できる」っていつも自分に言い聞かせていた。
ある晩、夢の中で見知らぬ人が「みんながんばっているんだ、おまえも大丈夫だよ」って励ましてくれた。
自分の涙が耳にかかって目が覚めた。ほとんど嗚咽状態。夢の中で涙したのは初めての体験。
それからはだいぶ気が楽になったよ。



45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/06(月) 15:30
こうして本音を見るといい人ばっかりなのに、
なんで世の中みんな見え張って争ってギスギスしてばっかりいるのだろう。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/06(月) 21:40
>45
同感。
人間って・・・。
いいスレだな、ここ。
みんな頑張ってるんだな、辛い事があっても。
俺もがんばろうっと。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 01:31
俺はシュワちゃんの「ジングルオールザウェイ」何回観ても泣いちゃうん
だよねえ、ラストで。こないだもTVでやっててグスン。
初めて映画館で観た時はエンディングの間涙が止まらんかったよ。
他にほとんど客が居なくて助かったが。


48 :だーりー:2000/11/07(火) 05:43
ザ・キッドを見た。女性ニュースキャスターが主人公に「あなたは人生で価値の
あるものを手に入れたか?」と聞くシーンで別れた彼女を思い出して泣いた。
映画館で泣くなんて何年ぶりだったろう。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 17:00
ちょっと読み返してみた。
涙でそうになる。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 18:08
友達の子供が生後2週間で死んだ、と聞かされたとき。
妊娠期間に友達夫婦がどれくらいの愛情をお腹の子に注いで
いたか知ってたし、生まれてきた子の顔も一度見てたし、
その顔見て「将来別嬪さんになるぞ〜」なんて笑ったことも
あるってのを一気に思い出して号泣。最初に喉の奥から
「おえっ」と来たんで吐くかと思ったら涙が出てきて、
歯を食いしばっても声が出る。息が止まりそうだった。
これが「嗚咽」なんだって初めて知った。不思議とその後は
涙はでなかったなぁ。全部流れてしまったんだろうか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 18:30
子供の死は知らない子でも痛ましいです。
絶対、親より長生きしてほしい…

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 23:09
高校を卒業してから1度もあってない奴の名前を先日新聞で見かけた。
交通事故死だった。
特別仲が良かった訳じゃなかったがそれでも2つ3つは楽しい想い出があった。
夜、そんなことを感思い出していたら自分の身を引き裂かれたようで突然涙が出てきた。
1週間前の夜の話。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 23:13
>>52
人の「生」の儚さを感じたのかな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 00:18
逸見さんが亡くなったとき、CX18時からの「スパータイム」で安藤優子女史
が泣いてたっけ。嗚咽、号泣、泣き崩れる、全てが当てはまるような泣き方だった。
告別式の時、殿(ビートたけし)はずっと遺族と一緒だった。出棺の時、山城新吾
は数珠を持って合掌していたが、殿は手を合わせるでもなく、ただ黙って逸見さん
の棺、見てたっけ。最後はあのテレ屋の人が、遺族と一緒に会葬者に頭を下げてた。
涙は見なかったけど、なにかもの凄い悲しさを感じてしまった。
ちょっとスレ違い。ゴメン。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 00:48
W不倫だったので、社会的には許される事じゃなかったと思うので
何を言われても文句は言えないのだが・・・。

「このままでは(流されちゃ)いけない」って事でお互い同意で
別れた。
一月位経った頃、「あぁ、終わったんだな」と本当に実感した夜、
流れる涙に気が付いて真夜中目が覚めた。

本当に愛していた。
布団を頭から被って、嗚咽を漏らした。

56 :55:2000/11/08(水) 00:49
↑スレ違いだったかな?
気分を害したらゴメン。>ALL

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 00:52
半年前に女房が乳がんで片側切除した。
あの時は泣いた。泣いた。泣いた。

もう、どうしようもない気持ちになったとき、友達に電話した。
その時、嗚咽というものを初めて経験したよ。

娘が3人(1、6、9歳)いるんだけど、退院のとき
女房が言った言葉が印象に残っている。

「まだ、死ねないからね」

また、泣いたよ。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 01:07
うわーーーーーーーん!!!>ALL

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 01:09
>>55
ちょっとズレますが
本当に愛していたのなら
離すべきではなかったのでは。

60 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/08(水) 01:24
少し軽めの話題なのだが…

わたしと妻は、かなり年齢差があるので(もちろん
妻の方が若い)、たとえば映画(ビデオ)を見よう
とするときも、「あまり自分の趣味を押し付けても
なあ」と思って、わたしの好きな古い映画を一緒に
見ることは、あえてしてこなかった。
 が、この間、わたしが木下恵介監督の『二十四の
瞳』のビデオを借りてきて何気に一緒に見ることに。
わたしの方は、木下監督のあまりに古典的な演出に
少しテレながら見ていたのだが、妻のほうは、まる
で魅入られたかのように画面に食い入って、クライ
マックスの場面では嗚咽と言うより、号泣していた。
妻は、映画を見てもあまり泣いたりする方ではない
ので、あまりの予想外のことに、わたしはしばし呆然
とするのみだった。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 01:45
>>57
ええ旦那やのー。
奥さんのために泣けるなんて。

62 :いい関係@名無しさん:2000/11/08(水) 01:51
四年前に初産の娘を3歳で交通事故で無くしたんだけど。
一番の友達が交通事故の前日に、帰郷でひょこり家族連れで遊びに来たんだけど。
その時自分は、娘の生まれてからの写真を整理してて、三日前の有る神社での、
娘の不思議な出来事を友達に話したりして、「気を付け様ーね」て、別れたんだけど。
次の日、娘が交通事故に遭って逝っちゃたんで、友達とも4年間気まずくて、
遭わずじまいでいたけれど、
今年のお盆に、しばらくぶりに合って話すことが出来て、
自分の家で、2時間ほど家族が居るから当り障りの無いことを話したんだけど、
友達の家までの距離は500mしか離れていないけど、5時間道路上で男同士が、
始めて2人で、人目も憚らず嗚咽しなから話し歩いたんだ。
本当の友達って、最高のセラピストだよね。

娘の葬式では、泣く事も出来なかったのに・・・


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 02:24
あれ?デジャブ?
62さんのお話し、
すでに知っていたかような感覚に襲われました。今。

やっぱり「人の死」が一番悲しいのかな。
私もパパが亡くなった時は、びっくりしました。
一週間、危篤状態だったけれど、
直前まで死ぬなんて思えなかった。
生まれて初めて、胸が張り裂けるような悲しみを知りました。
・・と言うことは、私はパパに守られてたんだなぁ・・と亡くなってから
シミジミ感じました。(あえてパパと書かせていただきました。)

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 23:40
いいスレだねここ・・・

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/08(水) 23:47
>64
2ちゃんねるは意外とこういうスレは荒れない。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 00:08
>64,65
>2ちゃんねるは意外とこういうスレは荒れない。
つか、みんな煽りとかは、ネタでやってる感がする。
(言葉遊びってゆーか。)
こうゆう剥き出しの本音を出せるスレは荒れにくい。
まだまだ日本は大丈夫かもしれない。
人間、捨てたものじゃないって思えて目頭が熱くなる。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 00:10
>65
そだね。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 00:12
>66
なんかほっとするよね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 01:06
元彼と別れる時、私はふられる側だったのに
元彼の方が何故か泣いた
それを見ていたら、自分は泣けなくなって
なんか他人事のほうな気になり、
スッパリ諦めがついたのだ
ひょっとして計算ずくだったのか?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 11:43
夫が他界してから今日までまだ信じられない。
気付くとひょっこり現れる気で居る。

時々色んな事を思い出すけど、その後「もういないんだ」と思うと涙が溢れる。
泣くと「夫が心配する。私の笑顔が大好きだったもの。」と奮起すると守られている様な暖かさを感じる。
きっとこうやって夫が守ってくれているんだと思ってる。
おめでたいかな?(笑)

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 12:17
ウン。オメデタイというよりちょっと陶酔しすぎ。>70

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 12:57
他人の気持ちが推し量れない厨房ドキュソ&
愛されたことのないサミシイヒトに決定 >>>71

>>70
ダンナさんはまちがいなくあなたを見守ってると思うよ。
無理はせず、悲しい時は悲しさにドップリつかりましょう。
これを『喪の仕事』と言います。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 13:28
>>72
ありがとうございます。本当に嬉しいです。
煽りなのかも知れないけど、>>71のレスには本当にショックでした。
でも改めて71さんの視点で読み返してみれば
「ああ、ナルに見えない事も無いかな」とも思いました。
72さんには私の気持ちを推し量って貰って本当に嬉しかったけど、
71さんの視点からすれば、陶酔でしょうね。

煽られる可能性を知り乍らも、
つい安直に書き込みしてしまった自分に少しヘコみました。
夫に申し訳無い。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 14:10
きのう時間つぶしに映画観ようと、映画館街で看板を見渡して、見
たいの特にないのでウィノナ・ライダーならいっか、と「オータム・
イン・ニューヨーク」を観てしまいました。しまった最初から涙ぼ
ろぼろ。難病モノなんて知らなかったんだよー。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 16:15
こういうスレこそ「各板の名スレッド」に紹介
したいんだけど、荒れたら困るので止めときますね。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 18:47
「各板の名スレッド」って荒れるんだー?
逝ってみたいと思ってたけど、怖くなっちゃった(笑)
こう言うあったかいスレッドに篭ってようっと。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 18:49
>>70さんの旦那さんに合掌します。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 19:50
>>72 短絡的だなあ。だからいつも低脳扱いされてんだろ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 20:06
>>無理はせず、悲しい時は悲しさにドップリつかりましょう。
>>これを『喪の仕事』と言います。

いいこと書きますね。
悲しみは結局当事者しか分からない。
自分もいろいろ辛いことがあったけれど、時間が痛みを癒してくれる。
ネットに書き込むことで癒せる場合もある。
70さん、無理しない範囲で日々を過ごしてね。


80 :短絡的だなあ。だからいつも低脳扱いされてんだろ:2000/11/09(木) 21:19

>>78

81 :うーろん:2000/11/10(金) 12:37
このスレ見てもう涙ボロボロ。モニターとキーボードがよく見えません。
2チャンネルのスレ見て初めて泣いたね。2チャンの良心的スレに思えるよ。
煽りはやめようや。人の善意を素直に感じさせて欲しいな。
自分も家庭を持ち、35歳になり思いの外涙腺がもろくなってきた。
嫁さんにはこんなぼろ泣き姿恥ずかしくて見せられないなあ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 13:14
>>79
ありがとうございます。嬉しいです。
今は自分に「ゆっくりゆっくり」と言い聞かせてます。

83 :72さんじゃないけど:2000/11/10(金) 14:55
『喪の仕事』って精神医学だかの用語だったと思う。

大切な人や物を失ったときに生じる悲しさから逃げたり、目を逸らしたり
無理に忘れようとしない。きちんと悲しむ。
そして時間をかけて、自力で立ち直っていけるのを待つ。

というような意味だったと思います。うろ覚えですみません。
私も学生の頃母を亡くし、苦しさのあまり宗教にでも
すがるかという気になった時、この言葉を知りました。すっと楽になりました。

うつ病は、『喪の仕事』の障害だそうです。
本屋さんでも『喪の仕事』について書かれた本は見つかると思います。
長々失礼しました。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 15:29
喪の仕事。ジークムント・フロイトですな。
人生の中で最も大切なこととは?彼は答えて曰く
『愛すること、働くこと』

じたばたしてもいいんだよ。
逃げ切れないと分っていても逃げられるだけ逃げ続けてもいいんだよ。
追いかけてるのは自分自身だから疲れて仕方ない。
で、またぐったりと沈むように眠ればいいんだよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 15:33
嗚咽同舟…。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 15:40
>>83>>84
なんかすごく好い事聞いた気がする。
どうもありがと。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 15:46
今は平穏で幸せ、だと思う。
昼間、ふとした瞬間に亡くなった祖母の思い出で胸が熱くなり、
涙が出てくる。育ててもらったのに、何もお返しできなかった・・・。
そして、いつまでも許せない人に対して自分の心の狭さに
また泣いてしまう。

本当に大変な時期は、意識して泣くことなんて無かった。
枕に訳の分からない大きいシミが幾重にも重なってついていて、
自分はよっぽどの汗かきかと思っていた・・・・。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 17:47
このスレは、なんか僕を大人にしてくれる気がする。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 18:57
ここ十数年泣いたことなんか無かった。
つい先日とあるゲームをやって、本気で泣いてしまった。
周りには誰もいなかったせいもあったかもしれないけど、しゃくりあげるくらい泣いてしまった。

ああ、まだ泣けるんだなあと本気で思った。


90 ::2000/11/10(金) 20:04
何のゲームですか?
ちなみに私はFF4で号泣でした。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 20:14
>90
人様には言えないようなゲームです・・・(笑)

92 :90:2000/11/10(金) 20:31
合点しました・・・

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 22:57
「お前がいなくても世の中なんにもかわらないんだよ」
この言葉に傷ついて嗚咽した、若かった一時もある。
けれど、最近同じこの言葉にどれだけ救われたことか。
どの言葉にも表と裏の意味がある。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 12:17
>>「お前がいなくても世の中なんにもかわらないんだよ」

先日近所の男の子が自殺した。まだたったの19歳だった。
人間関係がうまくいかずいじめられ上記のようなことも言われたそうだ。
彼の両親のことを思うとやりきれない。
彼とはまったく面識がなかったがやり場のない怒りと悲しみに涙する自分がいた。




95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 13:10

うう。19歳…。甥っ子と同い年。

この年頃で、感じやすく、深く真剣に考える質だと
傍から見てて切なくなる事がある。

もう少しバカなら生き易いだろうに、と思う事もある。


96 :23です:2000/11/11(土) 19:27
>>83>>84 ありがとう。
「喪の仕事」いい言葉だね。
まだ、父親の衣類とか片付けてなくて
(泣きそうになるんで)泣きたくなったら
思いっきり泣くことにする。
本当にいいスレだね。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 20:26
6年ほど前に愛犬が亡くなった頃からものすごく涙もろくなった。
その時も人生においてこんなに泣いたことがあるんだろうかと
思うほど泣き叫んだんだけど。
それからというもの、テレビとかでちょっと感動モノ見ると
すぐウルウルきてしまう。
もちろん”忠犬ハチ公”はオープニングからもうダメです・・・

98 :名無しさん@あの頃にもいちど・・・:2000/11/11(土) 20:45
1週間前、職場の先輩がなくなった。
パソコン初めて買うときに、いろいろ教えてもらった、初メールもその人だった。
仕事はあまり一緒にはしなかったけど、可愛がってもらっていた。
もうだめだと聞いて、亡くなってお通夜ですこしお手伝いをして・・・その晩が一番泣きました。
翌日、相当目が腫れていたらしい。
ようやく仕事の帰りや寝る前に顔を拭う事は減ったけど、さっきうたた寝したら
夢の中でその人、幽霊で職場に帰ってきてました。。。私の願望でしょうか?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/12(日) 11:30
身近な人がいなくなると言うのはとても寂しい。
覚悟ができていても、できていなくても。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 17:26
思い起こせば、大人になってから人前で嗚咽した相手って夫だけ。
ここに来る迄、考えた事も無かったです。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 17:35
age

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 17:38
>>100
何かいい話だな。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 18:30
弟のお葬式。
母親がぼろぼろだったんで
自分がしっかりしないと、と
がんばっていました。

お葬式当日は、彼の中学校の入学式の日でした。
担任になるはずだった教師が
生徒手帳を持って来てくれたのですが
それを見て、涙が止まりませんでした。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 22:58
みんな、頑張ろうね。

105 :100:2000/11/14(火) 10:43
>>102
恥ずかしいです(笑)
その時夫は私を抱きしめて「大丈夫。大丈夫。」と
ひたすら私の背中をぽんぽんし続けてくれました。
「子供みたいだ」と言う恥ずかしさと、否めない心地良さがジレンマでした(恥)

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 11:15
友達が癌になった。口の中やら骨やらに転移してしまい、もう余命いくばくもない
と言う。大陸の反対側までお見舞いに行ったら、しっかりした口調で「私が死んだら
○○(主人)のことをよろしくね。二人(私と主人)で慰めてあげてね。××(娘)も、
しっかりやっているかどうか、たまには様子を見に来てやってね。」と言われた。
泣いてはいけない、と思いつつ、涙がとまらなかった。今も、電話で話しては受話器を
置いた後号泣してしまう。
彼女に、何もしてあげられない無力感に苛まれる。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 17:03
>>106
電話で話すことによって彼女の救いになるのでは…、と思う。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 17:56
父がガンで亡くなってから10年経ちました。
年に数回、夢の中で父に会えるのですが、
夢の中の父も余命数ヶ月のガンなんですよ。
だから、なんと言ったらいいのでしょう、夢を見ている自分は
醒めているんですよね。
せめて夢の中では、元気な父と会いたいです。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 23:00
>>108
必要だから見る夢なんですよ。



110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 17:04
>>108
位牌が白木のままだったり…

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 17:10
>110
冗談にしては…
そういうことはここのスレには書かないで欲しかった。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 17:12
大学進学で親元離れるときにも、結婚式でもついぞ涙を流した
ことがなかったが・・・
結婚してまもなく、夫の転勤で山奥の土地に行った時、
親が遠路はるばる逢いに来てくれたということがあった。
親が帰る日、観光スポットを車で案内してあげたんだけど
帰る時間が近づくにつれ、いろんなことが思い出され、
子供みたいにひっくと唐突に泣いてしまった。
夫の実家で心細かったとか、夫との距離がうまくつかめないとか、
夫の実家の墓参りして、なんとも言えない気分
(あたしもここに入るのかな)になったり、が原因。若気の至り。
夫は今やかけがえのないパートナーだけど・・・
私が死んだら、”半分は”父母の眠るところに入れて欲しい、
と考えることがある。
死後の世界とかまるで信じていないんだけど、なんか心情的に。



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 17:21
>>111
いや、結構真剣に書いたんだよ。
煽るつもりは毛頭ないです。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 17:37
>113
それは申し訳ありませんでした。

もしかしたら?、そういうことだったら、
訴えているのかもしれないよ・・・と読ませてもらいました。

115 :名無しさんだ。:2000/11/15(水) 19:53
1行レスっていまいちわかりにくいよ。
>>109 これは深い意味合いがあるんだろうね。
>>110 うーん・・・もうちょっと書いて欲しかったね。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 20:24
三男の弟は父が35歳の時の子供だが母によると父は
男三兄弟の中で末っ子を一番かわいがっていたそうだ。
早産で産まれたこともあり、余計にその感が強かったのだろう。

そお末っ子の弟は三兄弟で最初に結婚した。
式の最後、両家の挨拶を代表して父がスピーチした時に思わず涙声に…。
嗚咽ほどではないけれどね。父の涙は初めてみたような気がする。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 22:42
僕の父は僕が3歳になる前に事故で一酸化中毒になって、4年ほど植物人間
の状態が続いた後死にました。臨終の瞬間、病室から母の号泣が聞こえました。
今は大酒のみになった僕は一度でいいからお父さんとお酒を飲んでみたかった
と思って時々部屋で一人で泣いてしまいます。今も一人で飲みながら涙が溢れ
てきました。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:18
事故に巻き込まれ重度の障害者になった。
自殺は考えなかったが何度も死にたいとは思った。
まぁなんだかんだで10年もたつといろいろな想いも落ち着いてくる。
実際は今でも何かと辛い事は多いのだが、みんなの書き込みを見ると
自分は恵まれていると感じることもある。



119 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/16(木) 13:47
2chの書き込みも、役に立っているんだね。
役に立たぬものなどない、その小石だって…


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 16:21
このスレを読んで、泣いてしまった。
でも泣けるって気持ちいいですね。何だかこちらの板は泣けるスレが多いように
思います。私が年をとった証拠でしょうか。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 17:40
私パソコンはじめて、ここにきて、よかったです。



122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 22:08
今日、新聞の片隅のコラムを見て、号泣してしまいました。
先日のケーブル火災の被害者、出口氏についてです。
彼の先輩だった、伊藤龍治氏の書いたものでした。
ほんの少しだけ紹介させてください。

出口沖彦は、わたしが早大スキー部コーチ時代の教え子だった。
(以下彼の思いで、業績、などが書かれている)
遠く札幌にいても、私にはわかっている事がひとつだけある。
出口沖彦は、自分を慕ってついてきたスキーヤーを
逃がすために必死になっただろう。
コーチとして選手を助けるために全力を挙げただろう。
そして、最後は、沖彦、
君は13歳の自分の娘を、抱いてやれたか。

泣きながら書いただろうコラムをはじめて読みました。
合掌

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 03:23
>>122 これは哀しい。自分も泣いてしまった。いい大人の男なのに、こういう
事件はやりきれない。
同様に涙がとまらなかったのが、日航機事故の犠牲者の一人(河口さんだったか)
が書いた遺書。妻と子供に宛てたものだ。
「どうか仲良くがんばってママを助けてください。パパは本当に残念だ。
…さようなら、子供達のことをよろしく頼む。…本当に今までは幸せな人生
だったと感謝している。」
大学生だった俺はこれを読み、家族の前で泣いた。今も書き込みながら泣けて
くる。俺が死ぬ時は、出口氏やこの河口氏の様に、堂々と男らしく死ねるのかと
考えてね。
合掌。

124 :>123:2000/11/17(金) 03:55
覚えています。日航機の遺書。
降下していく機内での走り書き、というより殴り書きのような
ものだったと思います。彼の残された時間を誇示するようで
当時大学生であった自分も思わず涙ぐんでしまいました。
そして自分の父親も家族の前で、臆面もなくそのニュースを見て
泣いていました。同じ父親として耐え切れないものがあったのでしょう。
そんな父を見てまた悲しくなり泣いてしまいました。
事故でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 06:22
じいさん・ばあさん・従兄弟が亡くなった時も泣けなかったが、家族で旅行中、
季節外れの大雪により高速が閉鎖され、下道(もちろん大渋滞)での帰路を強いられ、
雪道走行の準備も無いまま夜通し車内に缶詰。(道中スピンすること二回。)
高々150kmの道程を15時間以上掛けて自宅に辿り着いた時、風呂の中で
何故か涙が溢れてきた。
母親と姉貴の命を預かり、無事生還させたことに対する満足感だったのか...
家族の大切さを再確認した出来事だった。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 09:03
>125 私も同じ思いをしたことがあります。
その昔、ゴールデンウィーク前に納車された新車で彼女と旅行の
帰りのことです。家まであと少しという所のバイパスで、落下物に
よって起きた5台がからむ玉突き事故にあってしまいました。
私のはその中の3台目。前2台がトラック、後ろは家族連れの乗用車。
80キロ近くで走っていたのですが、幸い私は前のトラックとの隙間
1メートル位で止めることが出来ました。
しかし後ろ2台は自走不可の衝突、その反動で押し出され私の車に
ぶつかりましたが、後ろバンパーがへこむ程度で済みました。
またこの事故で死者重傷者が出なかったのもよかった所でした。
事故処理も終わりやっと家路に着きました。家に着いたとたん、
緊張の糸が切れたのか、彼女の前で泣いてしまいました。
新車をぶつけられた悔しさなんかではなく、恐怖感がよみがえり、
彼女はもちろん、他の車の家族も大事にならなくてよかったという
安堵感で、勝手に涙が流れて止まりませんでした。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 11:37
親より先に子をなくした親、
幼い子供を残して先に逝ってしまう親の悲しみ
どちらの悲しみも深いものだと思います。
>117のお父さんもきっと、あなたが産まれた時から
一緒に飲める日を楽しみにしてたと思います。

あの世というのがあるのなら、『死』によって切り離された関係も
またそちらで、出会うことがあれば
悲しみもその時までの喜びに変えていければと思う。
再び会う時のためにも頑張って生きてゆきたいですよね。

そして疲れた時には思いきり涙しましょう。



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 11:59
泣くのは疲れるが、気持ちのいいことだと最近知った。若い頃は意地を
はって、泣くまい、泣くまいと堪えていたのだが・・・。
最近は泣くことによって魂が洗浄されるような気がするよ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 17:03
父が肝臓癌で死亡して10年になります。
年に一度くらいの割合で同じ夢を見ます。
私は病院の中庭に立っていて、父の病室を屋外から窓越しにのぞき込んでいます。
窓にはまっているのは半透明のすりガラス。
ベッドから上体を起こす父のシルエットに、私はつとめて冷静を装いながら
話しかけます。夢の中の私はもちろん、父が死んだことを知ってます。
「お父さん、お見舞いに来たよ」
「うん」
「どう?」
「ちょっと寒いけど心配すんな」
「そう・・・」
ここまで来ると、涙が滝のようにあふれて会話が成立しません。
朝起きると枕がぐしょぐしょになってます。


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 20:31
>129
読むんじゃなかった......
同じ経験を持つ者として.......

会社で泣いてしまった.....

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 20:53
失って泣けるような親を持つ人は幸せだ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 23:34
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=cosp&key=972962899
すみません。私はこのスレを今日知りました。 700以上レスが付いていますので
この時間は見づらいと思いますが、出来れば全部読んで下さい。(下らない煽りはトバ
して下さい)
ただし、700近くにHPのアドレスが貼ってあるのですが、写真のUPが18日迄
となっていますので、なるべく早く読んで下さい。

133 :23=96:2000/11/18(土) 02:23
亀レスごめん。
私も死んだ父親の夢を見た。
図書館みたいなところで嬉しそうに調べものをしていた。
「あんまり無理しちゃだめだよ。」と言ったら
「大丈夫だよ。」と答えてくれた。
なんだか少し救われた気がした。
(本当に自分のことばかり書いてごめん。)

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 03:32
嗚咽して流れ去るものがあるのなら嗚咽したいが涙の一滴すら出ない。
夢でいい、先に現世から去った人に逢いたい。

けれど、叶わず生き続けている。
これもオレの仕事です。かなり働いて疲れているのに
酒もまわらず、眠れない。これもキツイが死にはせんだろう。
だが泣くべき時にはひとめもはばからずに泣くぜ。ちきしょう。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 14:25
>>134
慢性的なストレスになってませんか?。
自分で感じている以上にストレスを受けているように思えるぞ。
海とか水平線が見えるところかで数時間ボーっとしてこいよ。
飛行場とかでも結構いいぞ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 18:46
>>132
行ってきました。泣きました。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 19:45
ここは2ちゃんの良心だな。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/20(月) 16:36
以前BSでEPOのライブを見ていた。
後半でポルトガル語(?)で一曲歌った。
歌詞の意味は全然分からなかったが悲しい曲だった。
突然涙が出たよ。音楽を聴いて涙が出るなんて…。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 22:11
今日のNHKプロジェクトXはスクールウォーズの元ネタになった伏見工業ラグビー部。
怒濤の展開に感動してしてちょっぴり涙が出た。
TVドラマは汗くさくて見ていなかったが見たくなったぞ。

http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=tv&key=971766901

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 23:01
どうしてか、このスレ読んでいて泣けてきた。
三十越えると涙腺ゆるくなるって本当かもな

いいスレなので上げます


141 :確かに。:2000/11/21(火) 23:31
自分でも予想できない「ふとした瞬間」に泣いてしまう。
油断大敵!


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 12:24
人生で一番辛く苦しかった頃、感情が麻痺しまっていた時期があった。
涙すらでなかった。ある日、突然、抑えきれない感情が
わーっと高まり、大声で泣きながら、こんな感情が
残ってたんだ、もう大丈夫だと思った。

143 :神戸人:2000/11/22(水) 14:17
突然のことでした。ものすごい地鳴りととともに、家がグラグラと揺れ、私はとっさに
妻と共に、間に寝ていた当時5ヶ月の娘をかばうように娘に覆い被さりました。長い揺れ
でした。この世の終わりかと思いました。幸い私の家は六甲山の裏側なのでつぶれずに
済んだので、つづく余震に震えながら、夜明けを待っていました。ラジオでは長田の方で
火災が多発している状況をアナウンサーが息を切らせながら伝えていました。午前10時
ごろ電気が回復しました。テレビをつけた瞬間、唖然としました。阪神高速がおもちゃ
のように倒れています。信じられない光景でした。1週間後実家のある三宮へ出かけました。
ビルは倒壊し、道は波打ち、何もかも壊れていました。私は街を見て涙が溢れました。
生まれ育った街が、思い出だらけの場所が、ボロボロになっていました。
何十年かかってもおれはこの街の復興のためにできることをやらねばとも思いました。
阪神大震災にまつわる数々の話しは、何を聞いても今でも当時を思い出し、泣きそうになります。
今年も神戸ルミナリエをやるそうです。あの美しい光を見てまた涙しそうです。
全国、全世界のみなさん、あの時はありがとうございました。神戸は元気ですよ。
(長レスですみません。)

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 14:43
>>132
ありがとうございました。
泣いた〜。 ご冥福をお祈りしてます。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 22:52
前にもちょこっと書きましたが・・・

3年前に親父を亡くしました。
入院先の病院の8階から飛び降りて逝ってしまいました。
夜中に病院から父の姿が見えないと連絡があり、
母や弟たちと病院の中を探し回りました。
3時間程探しても見つからず、
家に帰ろうとして病院を抜け出したんじゃないかと
皆で話しながら途方に暮れていると
うっすらと夜が明け始めた頃、
一緒に探してくれていたお巡りさんが
あの人じゃないかとあわてて知らせに来ました。
教えてくれた方に走っていくと
駐車場近くに何かがあるのが遠目に見えました。
駆け寄ってみると、父でした。
ずっと冬の冷たい雨が降っていて
ずっと見つけてあげられなくて
ずっと父に寒い思いをさせてしまったと
その場で泣き崩れてしまいました。


146 :大人の名無しさん:2000/11/22(水) 23:31
お願いですから泣かさないで下さい。

147 :ひよこ30:2000/11/22(水) 23:46
145さん、大丈夫だよ。
きっとお父さんは天国に上りながら、みんなが探してくれてる
姿を見ていてくれたと思うよ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 15:34
94です。
19歳の彼は投身自殺だった。
第一発見者は私の母の知人で時間が経ってたらしく血は乾き気味だったそうだ。
意識混濁状態で唸っていたと聞いた。痛ましい限りだ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 21:12
ソニーからでているリラックス系アルバム「image」。
このスレのBGMにぴったりだ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 21:32
馬鹿でかいウンコが出て
治りかけてたキレ痔が再発。
泣いた。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 21:45
うちの子は、言葉が出るのが遅く、私は検査の為に
保健所、大学病院、小児科、カウンセリング、センター
耳鼻科を息子と二人で通いました。
2歳半の時、耳の検査の為に耳鼻科に行ったとき、
「うちでは手に負えない、この子は生まれつき耳が聞こえてません
 先天性難聴です。大学病院にすぐ行ってください。紹介状を渡します」
その場では、顔色一つかえないで会話をした記憶があります。
耳鼻科を出て子どもを自転車に乗せ、坂道を登ろうと加速したら
止めどなく涙が出てきました。子どもに気が付かれないように
涙を止めようとすると嗚咽が止まらなかった。

次の日、違う病院に行くと、中耳炎だった。
ホッとしたら、その場で泣き崩れてしまいました。

152 :大人の名無しさん:2000/11/23(木) 22:38
>>151
ほんとにほんとによかったね。

153 :大人の名無しさん:2000/11/24(金) 00:57
>>151
うんよかったよかった。
最近の医者ときたら・・・


154 :名無しさん@寂寥:2000/11/24(金) 01:00
叔父が死にました。
祖父の妾家の出身で、裸一貫で大きくした会社を息子に譲って
たった一人で隠居して、あり余るお金と追憶と酒びたりの孤独な晩年でした。
死後、日記めいた走り書きが多く見つけられ、その中に

「寂しい、寂しい、また○○のところにくだらない電話をしてしまったらしい。
 酔っ払っていたとはいえ、猛省しなくてはいけない。
 こんな酔っ払ってばかりの一人暮らしの老人を近所ではどう思っているだろう?
 日本男児として恥ずべき行為である。
 だがそれでも寂しいのだ、この酔っ払いの老いぼれに、この家はなんと大きい
 ことだろう。寂しい、だから酒を飲んでしまう、そして後悔する、
 悪循環である、なんとかせねば。」

この○○とはうちのことで、私はよく深夜にその電話を受けました。
そのときは、「お金持ちでのんきなご隠居さんのいたずら」程度にしか
考えていなかったのですが、叔父の死後、その走り書きを見たら
泣き出してしまいました。

とてもその息子である従兄弟にそれは話せませんでした。 

155 :終了:2000/11/24(金) 01:56
(TДT)

156 :名無しさん@寂寥:2000/11/24(金) 02:24
>>132

泣けた・・・・

157 :大人の名無しさん:2000/11/24(金) 14:28
アイアン・ジャイアントを娘(5歳)と一緒に観て、一緒に泣きました。age

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 17:29
小さい頃「みなしごはっち」を観て泣いていました。
あまりにかわいそうで観ていられずとなりの部屋で
めそめそしているのを母親に発見されました(^ ^;。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 19:22
お金はあるに越したことないが第一条件ではないな。
人の繋がりこそ大事…。独り身にはつらい。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 21:06
>>151
自分の姪っ子1号もうすぐ4才がやはり同じような感じで言葉が遅い。
彼女の母親、つまり義理の姉は心配しているとは思うけれど、
自分の前では気丈に振る舞っています。
彼女もいろいろつらいと思うが自分は何もしてやれないのがつらい。
そんな義理はないと分かっていても、自分には子供がいないからね。

161 :大人の名無しさん:2000/11/24(金) 22:16
自分の兄は軽度の障害があって、子どものころからハズレものだった。
人はいいんだけど病的意志薄弱というタイプで、家の金を盗んでは嘘をつく。
そのたびに父親が兄を折檻した。父親はわたしたちが子どものときに
死んだけど、兄の障害はひどくなって、今はまったく働けない。
わたしの仕送りと、障害者年金で暮らしている。
母は、この兄のことを最後まで心配しながら死んだ。瀕死の床で、口が
きけなくなっても、わたしに兄を頼むと話そうとしてるのがわかった。
今も仕送りを続けてるけど、兄のことを考えると、辛くてたまらんとき
がある。
自分は普通の人の幸せを一通り体験して家庭を持てたけど、同じ家族な
のに、兄は親以外のだれにも愛されずに、ひとりぽっちの人生を送るの
かと思うと、辛くてやり切れなくて号泣してしまう。母がどんな気持ち
で死んでいったか思い出すたび、涙がとまらなくなる。
ツレアイはいい人だから、一緒に暮らそうよといってくれるが、それは
兄を知らないからで、同じ家で生活してると、どんな生活になるか眼に
みえているから、絶対いやだといっている。去年も兄が人に迷惑をかけて、
後始末に一千万近い金がかかった。もう生まれた家も残ってない。
両親が命を削るようにして溜めた金を兄は全部使ってしまった。
でも、それで兄の気が紛れるならと割り切っている。自分が末期の癌とかなっ
たら、身体が動くうちに、この兄を殺そうと思っている。
わたしの他に気にかけてくれる人間はいないし、子どもや夫には迷惑をかけた
くないから・・・。けど、こういうのが人生っスね。兄が悪いじゃないんだもん。
愚痴を吐き出すスレがあってよかったっス。みんなありがと。

162 :大人の名無しさん:2000/11/24(金) 23:03
>161

がんばれよ.....
そんなことしか言えないが......

163 :161:2000/11/24(金) 23:09
鼻かんで戻ってきました。頭が冷えると、赤裸々してしまった自分が
ハズカシイ・・・・。でも消せないのね、ココ。下げます。

164 :大人の名無しさん:2000/11/25(土) 00:22
>161さん
ちょっとはスッキリしましたか? ココは匿名なんだから。
書き込んだ事で少しでも気が紛れるのなら、もっと書けばいいよ。
こういう愚痴(?)ならいくらでも聞いたるわい!



165 :161:2000/11/25(土) 01:22
ありがとう!>162,164
不覚にも・・・・です。

166 :大人の名無しさん:2000/11/25(土) 09:41
ほっとするね、このスレ。

167 :大人の名無しさん:2000/11/25(土) 22:04
自分は事故に巻き込まれて重度の障害者になった。
今のところ60になる母の全面介助に頼っている。
将来のことを考えると不安だ。
兄は面倒を見てやると言ってくれるが結局義姉の負担がかかるだけで
彼女に申し訳なくとてもそんな気になれない。
きっと施設に入ることになるだろう。
>>161とは逆の立場だがどっちもいろいろつらいのよ。
愚痴でごめんな。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/25(土) 23:09
小5の時、友だちと3人で、駅ビルに行ったとき、
店内で商品を見ていると、後ろから女性が声を掛けてきた。
何が起きたか判らない私は、腕を捕まれて駅ビルの事務所に
連れて行かれた、友だち2人は事情が判っているらしくて
堂々としていた、私はひとり怖くて怯えていた。
事務所で、女性と、警備員、事務員たちに囲まれて
私たちは怒られた。「万引き」なんのことだか判らない。。
私の知らない間に、彼女たちは万引きをしていた。
警察官が、迎えにきた。派出所に連れて行かれた。
お巡りさんが「親と言う字の意味を知っているか?」
「木の上で立って見ているんだぞ」、私は目から涙がポロポロ出て
きた、「私は知りません」と言ったけど、、そのまま
迎えきたパトカーで、警察署に連れて行かれた。
三人座らされ、怒られた。親を呼んでいると言われた
みんなが泣き出した。泣きながら私は署名捺印させられた。
「私はしてません、知りません」と泣きながら言い続けました。

真っ赤な顔をして父が、私を迎えにきた。
どの親よりも真っ先に、父がきてくれた。
父と警察が話をしていた、私はその場で帰された。
私が万引きに関与していなことが判ったから釈放された。
帰り道、父と私は無言で歩きながら自宅に向かった。
30分の距離が、途方もなく感じた。
自宅で母の顔を見たら、ホッとして泣き崩れた。

あの二人が、後日私を呼びだした、いままで万引きした商品を
始末したいから、ついてきて!とね。仲間5人で出かけた。
タンス一杯の服は全部、万引きした服だった。
机の中の、小物はすべて万引きした物。
処分した帰り道、私はこの人たちと離れようと思った。
残りの学校生活の一年半、私はひとりになった。
でも、あの日の両親の姿を思うと、耐えられた。

いまだに、あの日のことは鮮明に思い浮かぶ
声にならない思いが、涙と一緒に出てくる。
怖い、、怖かった。

169 :大人の名無しさん:2000/11/26(日) 11:37
みんないろんな体験をしていい大人になっていくんだ。

170 :copy:2000/11/26(日) 14:15
小学生の頃、自営業を営んでいた父を、ませたクラスメイトが
ミナちゃんのお父さんは低学歴だからお豆腐屋さんなんだね!と
馬鹿にした。私は深い意味も考えずに少しづつ父に対して、低学歴
だから…と見下すようになっていった。
 せめて自分は、高学歴の男と一緒になろうと思った。子を持った
とき、自分の父を尊敬してもらいたかったからだ。それが愛情だと
信じた。
 結婚した相手はミナの望み通り、高学歴の男だった。結婚前の漠
とした不安はあったものの自分では上出来だと思っていた。
 数年経ち、男は仕事のストレスを全て家に持ち帰ってはミナに当り
散らした。厭味をいうのは日常茶飯事だった。「ただの飯炊き女」
「俺がいなければ生きていけないのだから、せいぜい奉仕しろ」など
外面の良さとは裏腹なだけにミナには耐え難いものになっていった。
 結婚前の不安は的中した。
 ミナは母にも愚痴をこぼす日が多くなった。離婚さえ頭をよぎっ
た。
 ある日。普段は酒を飲まない父が珍しく泥酔し、ミナの家を訪れ
た。そしていきなり夫の前に土下座すると「この子は、本当に大切に
育てた可愛い娘なんです。頼む、幸せにしてやってください」と頭
を垂れた。夫は激怒した。
 足元の覚束ない父を担ぐように夜の町をミナは実家への道のりを
歩いた。「ミナは、本当にいい子なんだ、大切な娘なんだ…」父の
つぶやきがミナの耳を何度も打つ。
 お父さん、ごめんなさい、ごめんなさい。
 ミナは人目もはばからずに涙を落とした。 ミナは、離婚に踏み切った。心配顔の父に、久しぶりに屈託のない
笑顔を向けながらミナは言った。
「心配しないで。私、今幸せだから。今度はお父さんみたいな、家族
想いの優しい人と結婚しようかな」


171 :大学中退**才:2000/11/26(日) 16:10
>>170
ありがとう。

希望が見えてきました。

172 :大人の名無しさん:2000/11/26(日) 21:09
>>170
いいお父さんだ。
高校時代の同級生が「自分の父親は中卒だ」と屈託なく言った奴を思いだした。
あいつもお父さんのことを尊敬してたな。

173 :大人の名無しさん:2000/11/26(日) 22:34
両親の実家に久々に帰ろうかな…

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/27(月) 21:27
うんうん

175 :大人の名無しさん:2000/11/27(月) 22:56
>>167
色々考えさせられた。
誰にでも起こり得ることだから・・。

何と言っていいかわからないけど、
あなたも辛いだろうけど、お母さんの方がもっと辛いのかも。
私なら、子供にふりかかる不幸を、代わりに全部自分に与えて
欲しいと考えているから。

あなたはそんな状況になっても、明るく生きている人なのかもしれない。
でも、もしそうでなかったら、明日からでもお母さんにいっぱい笑顔を
見せてあげて下さい。。

176 :大人の名無しさん:2000/11/28(火) 02:18
2年前に母がガンで亡くなりました。
病名は伏せていたのですが、亡くなる数日前、かすれる声で私に葬儀の手配や今後の
ことなどを伝えはじめました。
声がつらくなるとペンをもってメモするのですが、糸のような字で読めませんでした。
うん、うん、わかった。そうする。
さっきまで「早く良くなって退院してね」って言ってた私も、もう何も言えなくなりました。
その数時間後に危篤になりました。
意識のない母の手をさすりながら「早くお迎えがきますように。早く楽になれますように」
とつぶやき続けていました。
それを聞いていた親戚は怒りましたが、心底早く苦しみから開放してあげたいと思ったのです。
死の苦しみの中でも子供の心配をしてくれる親。
あの時安心させたくて「心配いらないよ。私は大丈夫だよ」って言ったけど、ほんとうはそうじゃない。
母が生きていたら、きっと今も心配かけて叱られてばかり。
私はいくつになっても子供です。
もう一度怒られたい。もっともっと、いろんな事をきいてあげて。
そして心底安心してから逝かせてあげたかった。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 02:51
父が亡くなった後、結婚して家を出た私に、
母は対等に、時には友達に話するようにいろんなことを報告してきてくれます。
子供のときはよくけんかしたというのに。
同じ市内に居て、遠くないはずなのに、長い間会っていません。
私の方は生活に余裕が無く、仕事も忙しく、あわただしく過ごしています。
しょっちゅう実家へ帰っている人のことがうらやましいです。
>176の書き込みを読んで、亡くなった父のこと、元気でいるだろう母のこと、
 いろいろ頭の中に浮かんできました。




178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 22:32
Nステで女子高生コンクリ殺害犯人のインタビューを見た。
怒り心頭だ。彼女の両親のことを思うとつらすぎる。

179 :>167さん:2000/11/29(水) 04:57
161です。亀レスでごめんなさい。まだ読んでくださっていればいいのですが。
レスを読んでから、どう答えればいいか、ずっと考えてました。
介護される人も介護する人も、相反する感情に引き裂かれてしまいますね。
それでもボチボチと生きてゆくしかないんですけど。
ただ家族として一番の願いは、「幸せになってほしい」ということです。
気を遣わなくてもいいです。ワガママ、幾らでもいってください。
本人の幸せにつながることなら耐えられるんです。
でも、そのためには、当人がまず辛い現実を受け入れて、乗り越えないと
いけないとわたしは思ってます。うちの兄にはそれができませんでした。
だから、今、不幸で幸福です。兄が自分自身の状況を直視できない人間だという
ことを、わたし自身が納得するまで長い時間がかかりました。身体の強い人が
いれば弱い人もいるように、心の強さも個人差があるということが、わかって
いても、受けいられなかったんです。自分は、我が強いほうですから。
この性格で今まで兄を苦しめていたんだなあと、反省してます。
年取っても学ばないといけないこと、いっぱいありますね。
長々とすみません。レス、ありがとうございました!

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 21:01
ずーっと昔、NHKで夕方やってたニュース640(ロクヨンマル)って覚えてますか?
曽我さんという男の人がアナウンスしてたんですけど。
どこかの家が放火魔にやられて、お母さんと子供が逃げられずに
焼け死んでしまったニュースがありました。現場からの中継が終わって、
画面がスタジオに戻ると、曽我さんは何とボロボロ涙を流していて、
次のニュースも涙声でした。
「すみません。すみません。」と何度も繰り返してました。
当時小学生だった私は何て人間的な人なんだろうと思いました。
ちょっとスレの方向が違いました?ごめんなさい

181 :167:2000/11/29(水) 21:01
>>175
ありがとう、毎日暗い顔をして過ごしている訳ではないので大丈夫です。
いろいろつらいことを経験したからこそ大抵のことには耐えられるからね。
普通の人の生活は無理でも自分でできる範囲で楽しんでいるし、
事故は不運だったけれど、自分自身は決して不幸じゃないから。

>>179
自分はあなたのお兄さんとあまりにも状況が違うけれど、
数少ない身内があなたと言うことを重く受け止めすぎるようにも感じます。
あなたの幸せの根本がお兄さんの幸せというのは分かるけれど、
あなたが考えているお兄さんの幸せが本人自身の本当の幸せとは限らない。
結局なるようにしかならないことを。
う〜ん、こう書いちゃうと文面がちょときついな。
すまんです。でも正直に感じた思いです。


182 :大人の名無しさん:2000/11/29(水) 22:45
このスレのタイトルってなんて読むの?
みんな、いいたいことはわかるが、胸の内に秘めとくのが
大人じゃねえのか?

183 :大人の名無しさん:2000/11/29(水) 22:48
嗚咽(おえつ)だよ

184 :大人の名無しさん:2000/11/29(水) 22:49
>>182
「おえつ」も読めないようなヤツに、
大人がどうとか言って欲しくない。

185 :182:2000/11/29(水) 22:59
183ありがとう。
読めるようになりました。
これで大人の仲間入りです。

186 :大人の名無しさん:2000/11/29(水) 23:06
>>182
あなたのような人がいるから、
普段は人に話さない。胸の奥に秘めてるわけでしょ?
だから、こういうスレがありがたいのですよ。

187 :名無しさん@寂寥:2000/11/30(木) 02:52
>>154の叔父の話です、なんてことない話なんですが。

叔父は入院していたとき、同じ病棟に先天性の呼吸器不全で
病院からほとんど出たことのない、8歳の男の子と「友達」になりました。
男の子はTVの「ゾイド」が大好きで、特別室にいた叔父の大きなTVで
毎週楽しみにしていたそうです。

男の子はゾイドのおもちゃを一つだけ持っていました。
ご両親が立派な方で、「病気でも、決して甘やかさない」考えで
そうそう買い与えなかったのです。
そのため、彼のかっこいいゾイドはいつも枕と戦っていました。

「デパート行って、なんだか知らねえけどマンガのゾイドのおもちゃで
 一番強い、一番悪い奴買って来い、高くてもたかが知れてる。」

叔父は息子にそう言いました。
なんで悪い奴なんだ?と息子が訊くと

「正義の味方には、強くて悪い奴が必要だ。
 しつけも大事だけど、男の子にヒーローを枕と戦わせちゃなんねえ」

数日後、言いつけ通りジェノなんとかという悪いゾイドを
息子が買ってきたときには、もう叔父は昏睡に入っていたそうです。
孤独な晩年の締めくくりに、小さな子供の喜ぶ顔を見たかったろうに

「俺が子供のときそんなもんねだったら、ぶん殴られたけどね。」

と息子は葬式のとき話していました。

188 :大人の名無しさん:2000/12/02(土) 13:16
年を重ねると共に心境も変わるんだろうな。
「…しつけも大事だけど、男の子にヒーローを枕と戦わせちゃなんねえ」
映画のワンシーンみたいだ。

189 :おかいものさん:2000/12/02(土) 13:24
泣いちゃった。


190 :大人の名無しさん:2000/12/03(日) 12:57
このスレを読むと素直になれるな。
他のスレで気楽なこと書いてる自分と別人みたい。

191 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/03(日) 14:14
小学校のとき小田急線で、故藤子不二雄F先生に会ったことがあります。
興奮のあまり、「ほんとうにドラえもんをかいたひとですか?」と
失礼にも言ってしまった私を、先生は笑ってくださいました。

しかし、「ぼくはドラえもんにてがみをだしたのに
どうしておへんじをくれなかったの?」と言ったときに
先生はとても悲しそうな表情になり、「ごめんね」と
私に謝り、鞄の中からテレビ朝日の名前が印刷された
ドラえもんの絵コンテを出して、目の前でサインして下さいました。

本当に悔やまれてなりません。
子供だったとはいえ、最愛のドラえもんの生みの親に
なんであんなに無礼なことを言ったのか。
忙しいことくらい子供心にわかっていたのに。

自分が大人になってから、藤子F先生の晩年の酒に関するトラブルが
漏れ聞こえて来ましたが、それでもあの日もらった絵コンテは
家宝として今でも保管してあります。

192 :おかいものさん:2000/12/03(日) 15:21
泣いちゃうね。

最近の漫画家の先生は夢がないと言うか、、
夢を与えられない先生が多いよ。

晩年の、、お酒の話は少々耳に入っていますが、
子どもに夢を与える素敵な先生でしたね。
子どもにも、そう教えたいですね。



193 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/04(月) 00:44
子供に「ないた赤鬼」を読んで聞かせていたら

ぽかん、ぽかん、ぽかん、
「ほら、もっと強く僕を殴りたまえ」
「どうした、なぜやめるのだ」
「もういい、君は逃げたまえ」

のところで声が詰まってしまった

194 :大人の名無しさん:2000/12/05(火) 19:38
みんなまだ語り足らないだろ?。

195 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/06(水) 02:42
私たちは、元々親がおらず養護施設で育ちました。
3つ上の兄は中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになって
その給料はすべて貯金してました。
そのお金で私は私立の高校、そしてさほど一流でもありませんが
大学へも行けました。

小さな会社ですが就職も決まり、兄への感謝を込めて
温泉へ連れて行きました。
ビールで上機嫌の兄に、「あんちゃんありがとう、
あんちゃんも遊びたかっただろう?」と言うと

「お前憶えてねえんか?『あんちゃん、俺、しあわせになりてえ』って
小6のとき言ったろ?それで決めたんだ、なーんも辛くなかったど
お前を『しあわせ』にしてやるのが俺の夢だったかんな」

自分ではそんなこと言ったなんて憶えてません。
思春期には、金髪で人相も悪く、クチャクチャと
音をたてて食事する兄を恥ずかしく思い、
そんな兄に学校へ行かせてもらうことへの
憤りすら感じてました。
その晩は23歳と26歳の兄弟が布団で抱き合って眠りました。
8年前のことですが、ネタじゃないんですよ
本当の話です。


196 :大人の名無しさん:2000/12/06(水) 02:47
>>195
いいお兄さんですね。
大切になさってくださいね。

197 :大人の名無しさん:2000/12/06(水) 20:56
泣ける話だ…。




198 :大人の名無しさん:2000/12/06(水) 23:16
離婚してシングルマザーになった友達。
普段は明るく楽しい彼女だったが一緒に飲んでいたとき突然泣いた。
5分ほど声を出さずに泣いた後また陽気に飲む。
泣くという行為、泣くのを見守る行為、泣くのを見守られる行為、
すべて大切だと気がついた夜の話。

199 :大人の名無しさん:2000/12/06(水) 23:30
最後に力になってくれるのは、女友達なんだよね・・
年を重ねるにつれて、いい女友達がありがたくなるらしい・・
カッコイイお話しをありがとう。>198

200 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/07(木) 01:19
Y実ちゃんと言う小学四年生の女の子がいました。
お父さんが不景気で会社を追い出されてしまい、一家は失業保険と
お母さんのパートで生計を立ててしました。
ある冬の日、Y実ちゃんは学校の友達と、冬休みの予定を話していて
豊かな家のその友達の優雅な冬休みについ、
「ハワイに行く」とウソをついてしまいました。

Y実ちゃんは、悩んで悩んで、お父さんに相談しました。
確かにウソは絶対にいけない、しかし、どんな想いでついたウソだったろう、
それを思うとお父さんも辛くてならなかったそうです。

お父さんは意を決します、失業保険の大半をジャパンカップに突っ込みました。

「神様が許してくれたらY実はハワイに行けるかもしれない。
しかし許してくれなかったら、あきらめなさい、
だってウソは絶対にいけないんだから。」

レースがスタートしました、Y実ちゃんは必死でお祈りします。
外国から集まったすごい馬を迎え撃つ、日本で一番凄い馬を。
「もうウソはつきません、もうウソはつきません」
ウソつき!と学校でいじめられる自分が頭をよぎるのか
次第に泣きべそをかきながら両手を合わせてお祈りします。

最後の直線にその馬がどんどん追い上げて来ました。
Y実ちゃんは泣きながらTVに向かって叫んだそうです。

「お願い!スペシャルウィーク!!」

201 :大人の名無しさん:2000/12/08(金) 21:46
素直になれる時間って大切だ。
酔いながらこのスレを見ているとグッとくる。
朝がくればまたギスギスした社会が待っているが。


202 :トヨ嗚咽:2000/12/12(火) 18:05
同級生の子供が亡くなりました。
言葉がありません。

飲んだくれの俺だけど今日は早く帰ってうちの子供の相手をしてやろうと思いきや、
日ごろ構ってやらないもんだから警戒されて泣かれてしまった。

203 :大人の名無しさん:2000/12/12(火) 19:46
>>195
親には育ててもらってないかもしれないけど、
生きていく上で、何が一番大切なのかわかっているお兄さんだと思った。

いい大人になっても、それがわからず、心の中で迷っている人は
多いと思う。

お兄さんに苦労かけたと思ってるかもしれないけど、お兄さんは
弟を大切にすることが幸せだったのかもしれない。

204 :大人の名無しさん:2000/12/12(火) 19:50
>>202
子供に先立たれることほど、不幸なことはない。
病気ならまだ覚悟ができるけど、事故なら・・・
自分の身に置き換えると怖い。

でもそういう、明日は何が起きるかわからない世界で
自分達は生かされているんだろうなぁ。

205 :トヨ嗚咽 :2000/12/12(火) 19:58
そう、「いかされて」いるんですねえ。われわれわ。たぶん。

206 :大人の名無しさん:2000/12/12(火) 22:10
不慮の事故で子を失う親、一方虐待で子を殺す親。
自分の子をかわいがることができないは不幸だ。

207 :大人の名無しさん:2000/12/13(水) 08:18
>>200
こんな奴がいると2ちゃんやめようと思う。
この程度の字も読めない奴に何か言われた日にゃ・・・

208 :大人の名無しさん:2000/12/13(水) 17:14
>206
そんな親の子はもっと不幸

209 :大人の名無しさん:2000/12/13(水) 18:28
>>207さん
この200の意味がわからないのですが・・・・。


210 :大人の名無しさん:2000/12/13(水) 18:54
>207さん

200さんのは、とてもいい話だよ。
嗚咽の読みができない奴のこと?

211 :ん〜〜:2000/12/13(水) 19:02
人の親となってから、子供が死んじゃうドラマはお話やすぐに泣いちゃうようになりました。
2年ぐらい前に劇場で「フランダースの犬」を見て、鳴咽しちゃいました。
あ、
でも、長野オリンピックのジャンプの原田が銅メダル(団体金)をとったときもおお泣きしたな。。




212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/13(水) 23:28
子どもに熱湯をかけて逮捕された母親。虐待は絶対に許されることじゃない。
画面から流れてくる彼女の生活。コメンテーターのコメントに、
私は涙が溢れてきた。四世代同居のお嫁さん、ご主人とは十以上離れてる。
二十歳そこそこの彼女は、年子の世話と、舅姑、祖父母、旦那の世話を
一人でこなしていたらしい。インタビューを受ける旦那方の親戚。
「いい嫁さん」「いい家庭」「家族もいい人ばかり」
絵に描いたように褒め称える・・・
だけどね、絶対にお嫁さんは追いつめられていたと思う。
誰一人助けてくれない、唯一の救いの夫は・・
同居していた人たちも彼女を追いつめた「無意識の共犯」だと思う。
私も同居して十数年、今でこそ舅姑小姑親戚の攻撃に反撃できるように
なったけど、若い当時は、あの人たちの言葉が一つ一つナイフのように
私の身も心も傷つけたんだ。半ノイローゼ状態。旦那は仕事が忙しくて
あてにならない。「乳が出ない」「何で泣かせる」「もっと着せろ」
一日中監視され、ナーバスになった私は、自室に閉じこもり
雨戸を閉め、大声を叫びながら泣いていました。
あぁ、一歩間違えれば私も・・・
せまい密室の中で閉じこめられ、なじられ続けた私がいました。
あたる場所は子どもだけだった。
ゴメンね子ども達・・・そしてあの時の私に、偉かったね乗り越えて
と伝えたいです。

二人のコメンテーターの言葉に当時、傷ついた私の心は
癒された。

213 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 00:04
>>207
 200のレスの中の「ウソ」という記述にキミは反応したのか?
あれはわざと漢字にしていないんだと思うぞ、子供のついた嘘だけに。
その辺のニュアンス、汲み取ってたれんもんかな?三十代として・・・

214 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 00:06
いやいやスマソ、
>汲み取ってたれんもんかな?  は
 汲み取ってやれんもんかな?  の誤り、ウン。

215 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/14(木) 00:29
今このスレを全部詠みました。
だれか>>200のY美ちゃんの馬はどうなったのか教えて下さい。
競馬やらないんでわかりません、優勝できたのですか?



216 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 00:43
99年のジャパンカップの話だとしたら、勝ってるね<スペシャルウィーク
Y美ちゃんの話が99年のことだったと思いたいな。

http://homepage1.nifty.com/yono/result/result-index.html


217 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/14(木) 02:59
今年の夏、6歳の娘が夏風邪をこじらせて、一週間ほど入院した。
病状は回復へ向かい、退院間近の娘のいる小児病棟へ行くと
七夕の飾りがしてあった。

多くの短冊の願い事は、「たいいんしたいです」とか
いじらしいお願いがいくつもあった。
その中に一枚「ジャイアンツのまつ井せん手にあえますように:しゅうじ」と
書いた短冊があり、ああ野球が好きな子なんだろうと思っていたら
その隣の短冊に「松井せん手が、しゅう君に会いにきてくれますように:りおん」
と書いてあって、なんだか涙腺がゆるんできた。

どの子だかわからないけど、しゅうじ君とりおんちゃんの病気が早く治るよう
おじさんは心から願った。

218 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 03:19
父が癌で入院していた時(3年前に亡くなりました)
病院にお見舞いに行くと、男性の病棟ではエプロンをした奥さんや
娘さんに、一日中付き添ってもらっている方が多いのに、
女性の病棟では、ほとんどの患者さんがたった一人でベッドに横たわっていた。
仕事を終えた旦那さんが毎日お見舞いに来てくれてるのかもしれないけど、
女の人生って・・・って、ちょっと考えちゃった。

219 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 03:52
>218
私は別居中の出戻りなんで、この前母が入院した時は、もう、べったり
世話しました。でも、主人と暮らしてたら、こうはいかなかった。
夫婦って、いい夫に当たるかどうかで、大違い。
うちなんか、私の貴重品をごっそり質にいれられたりしたけど、
夫婦間では、「盗難」にならないんだもの。
今は、収入が減っても、「知らない間にお金が減る」事が
ないだけ、精神的には、とっても幸せ。


220 :207です。陳謝します:2000/12/14(木) 08:16
いや、ごめん。
>>200 でなくて >>182 でした。
ということで 213さんも怒らないでください。

かといって、200の話がいい話だなんて
ちっとも思わないが。
私も競馬は好きで時々やりますがね。
子供の夢をかなえるために
失業保険の大半を競馬に突っ込む馬鹿親の話に
「いい話」と思える神経が理解できない。
200はふざけて書いたんでしょう?

221 :大人の名無しさん:2000/12/14(木) 08:59
私も>>200は「境界線」だなぁと思う。
書きようで、いい話にもギャグにもバカ話にもなる話だよね。
215さんと同じで、競馬知らないから、結末はよくわからなかったし。

まあ、率直に感想を言わせてもらえば、いい話って思う前に、
「当たったからいいようなものの、ハズレてたらどーするつもりだったの、おとーさん」
な感じがジャマをして、嗚咽も涙ポロリもありませんでした。
すみません、現実的で…。でも、賭事にロマン感じられるタチじゃないんで。

222 :大人の名無しさん:2000/12/15(金) 01:18
初七日の晩、パパが夢に出てきて、私の部屋の戸の前に正座して、
にこにこしながら、(お世話になりました)というように、お辞儀をした。
それから部屋に入ってきて、風呂敷包みのようなものを私に渡し、促すように
「食え」とひとこと言った。
包みの中身は目には見えなかったけど、手にとって口にほおばった。
それは氷砂糖のような感触で、口の中でしゃりしゃりと音をたてた。
その隙にパパは部屋を通り抜けてベランダに出て、手すりを乗り越えようとした。
私はあわてて、「行かないで」と言って思いっきりパパの足にしがみついた。

ここで目が醒めました。世の中で一番好きな人でした。

もう5年になろうとしていますが、今でもよく夢を見ます。
家でいつもの定位置にパパが座っていて、私は、「でも本当にうそみたいだよね、
一時はもうだめかと思ったのに・・・奇跡的だよね」と言ったあとで、
「・・・え?」と不安に思って振り返るともうそこに父がいない、という
夢が多いです。

叫んで目覚めたりします。やはり目覚めたときは嗚咽、です。

223 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/12/15(金) 02:26
>>222
6歳と3歳の娘がいます。
そういうパパになりたいと正直思いますが
ちゃんとした女性になって欲しいと思うあまり
きつく叱ってしまうので、なれないだろうな

224 :222:2000/12/15(金) 10:32
>>223
娘さんのためを思うとそのほうがいいと思いますよ。
私はファザコンのおかげで36歳になるというのに
未だお嫁に行けてません。

愛情ゆえの厳しさなら、娘さんたちがひと歳いってから、
必ずその有り難味がわかると思います。
あなたはステキなパパだと思います。

225 :223:2000/12/15(金) 11:53
>>224
私はファミレスに長くいたものですから、バイトの子でとんでもないのを
多く見てきました。ろくな挨拶もできない子、時間を守れない子、
仕事中に平気で携帯に出る子、それらは大抵女の子でした。
ああはなって欲しくないあまり、他人様から見ると厳しすぎるくらいに
子供を叱ってしまいます。

学校の友達だったら平気でやってることを、どうして自分は怒られるのか
目に涙をいっぱいためながら正座する娘を見ると、心中察して余りあるものが
あり、自分も泣きそうになってしまいます。


スレの内容と違いますね、すみませんでした。

226 :222:2000/12/15(金) 14:04
いいな〜、パパの愛情って・・・。

厳しすぎる親を子供は一時憎むかもしれない。
でもそこで「なにくそ!」と思うことで「枠」ができる。
この「枠」は生きていく上でとても大切なものです。

私はこの「枠」がふにゃふにゃなのでなかなか前へ進めず苦労しています。

私のパパは決して怒らず、ストレスを全て引き受け、自分の体をむしばんでしまう
人でした。
家でベッドから起きられない生活になったとき、私がバカみたいに、
「一日中寝てて退屈じゃない?」ときいたとき、
「おとうさんはずっと昔から、年とって動けなくなったら、家でこうやって好きなテレビ
見て過ごそうと思ってた。計画通りや。」と言って結構幸せそうでした。

私はパパを愛しすぎて、いろいろつまづいてます。

223さんの、子を思う故に憎まれ役となるストイックさを尊敬します。
そのほうがきっと、子供はしっかり生きて行けますよ。
でも、パパは辛いね! 

227 :大人の名無しさん:2000/12/15(金) 14:22
>学校の友達だったら平気でやっている事をどうして自分は怒られるのか。
・・昔の自分を思い出して辛くなってきた。きつかった。
今は何となくは理解できるんだけど。
友達の中にはそういうお父さんのことを誇りに思っている(尊敬してる)
人もいましたよ。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/18(月) 20:02
>>222
そこまで想ってもらえるあなたのお父さんは素敵な人だったんだろうな。
そんな大人になりたいものです。
まだ辛いことも多いかもしれませんが無理をしない範囲でがんばってください。

229 :>>228:2000/12/19(火) 20:08
ありがとうございます。

本当に、このスレのような話って、外の世界ではなかなかきいてもらえませんね。
痛みを知っている人にしか話すべきではないのかも。
またいくら辛いからってどこででも垂れ流してはいけないんですね。
みんなが楽しくなるようにもっていくのが、大人のお付き合い。
こんなことに今やっと気づきました。

だけどこんな場所があってよかったです。
優しい人ばかりで、みなさんの痛み、胸にしみました。

230 :大人の名無しさん:2000/12/20(水) 20:50
痛みの共有って訳じゃないけれど、ただ誰かに聞いて欲しいって話は誰にでもありますよね。
そんな意味でもこのスレは大切です。

231 :2度目:2000/12/21(木) 17:48
私も弟も所帯を持って家を出て、
田舎に両親を二人きりでしてしまっていた。
小さな会社を経営していた親父は何よりも仕事優先で
遊びも仕事関係の仲間とばっかりだった。
そんな親父が二人きりになってからは母とあちこち出かけていたらしい。
でも1年前、親父が心臓発作であっけなく逝ってしまってから
母は大きな家にずっとひとりだった。
おそらく母の60数年の人生で初めてのひとり暮らしだろう。

今年の節分の翌日、用があって実家を訪ねたとき
窓の外に節分の豆が落ちていた。
母が夜、たったひとりで豆まきをしていたんだと思った途端
突然涙が出てしまった。
数粒の豆を見下ろしながら、涙が止まらず
なかなか家に入れなくて困った。


232 :大人の名無しさん:2000/12/21(木) 22:26
>>231さん
その気持ちわかるよ。ウチも兄弟3人実家を出てしまった。
もしお母上が動物好きなら、犬でもプレゼントしてみたら?
ウチは私らが家を出た後、飼い始めたレトリバー、過保護に育てられて現在
体重約40キロ・・・ 手もお金も人間並みにかかるが、その分気は紛れて
いるようだよ。
(ちなみに座敷犬です。 セントバーナードも欲しいと言ってます・・・)


233 :大人の名無しさん:2000/12/24(日) 15:57
2ちゃんの良心スレ上げとこう。

234 :大人の名無しさん:2000/12/24(日) 22:30
>>54
逸見さんが亡くなったのはクリスマスだったね。
世間が浮かれていく中で家族を失うのもつらいことだろう。
自分は小学生の時1/4に祖母を亡くしたが元旦を迎えた朝、
祖母が介護していた家族に蚊の鳴くような声で「ありがとう、ありがとう」と
話していたことを聞いていたたまれなくなったよ。

葬儀の日にそれまで恐い恐いと思っていた叔父の涙も初めてみた。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 20:46
ちょっと上げようか。

236 :大人の名無しさん:2000/12/30(土) 20:53
>232
近所のオバさん、雑種の中型犬お散歩中に転倒。そのママ寝たきりになってしまい、噂ではボケちまったらしい。
大型犬はやめといたほうが無難。不吉なかきかたしてスマン。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 15:48
NHK-BSで「映像の世紀」再放送を見ているが自分たちが如何に恵まれた時代に
生きているか再認識できる。嗚咽している人々の映像だらけだ。
20世紀最後の日にこの番組を放送するNHKはさすがだ。

238 :大人の名無しさん:2000/12/31(日) 18:41
おせちもう食いはじめて正月飲むはずだった酒もガンガン飲みはじめて


「おえ~っ」です。


ハッ!   (゚o゚)   失礼しました・・・・。

239 ::2000/12/31(日) 18:46
どうして2行も空けるの?

240 :238:2000/12/31(日) 22:05
ばかだから

241 :大人の名無しさん:2001/01/06(土) 02:22
定期あげ

242 :大人の名無しさん:2001/01/06(土) 02:55
うぅこのスレ読んで泣けた。。。(679以降)
   ↓
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=yume&key=962676706&ls=100
夢、独り言板のファミコンショップの1日スレ

243 :牛男:2001/01/06(土) 07:51
ごめん。「鳴咽」のスレじゃなくて、お気に入りのスレに紹介すべきだったかも
知れないけど、各板の名スレに挙げられていたスレ。28番に本当に泣かされるから
是非読んでみて欲しい。以前、「思い出の食事」でもさんざん泣かされたし、
この板の「国語の教科書」スレでも泣かされた。2チャンでもこういうスレがある
んだ、って思って嬉しくなったよ。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=uwasa&key=975655838
次の人、もとに戻してくださいな。

244 :大人の名無しさん:2001/01/06(土) 15:26
>243
これ読んだら、泣いて人前に出られなくなっちゃったよ。
他板でも、いいスレがあったら紹介してね。

245 :牛男:2001/01/06(土) 16:16
俺だけじゃなくて良かったよ。この素晴らしいスレを、泣けるスレ紹介スレ
にしてしまうのは申し訳無いから、もう一つだけ。これも「各板の名スレ」
から。いや、まさかflashアニメ(しかもモナー・・・)で泣かされるとは
思わなかった。いい年こいた大人なのに。
嫁に見られない様に、途中で一度席を立たなきゃいけなかった。こんなことで
感動している俺はまだまだ修行が足りないのかな。
http://mona.omosiro.com/f/mona3.html
音楽もいいので、音声オンでどうぞ。

246 :大人の名無しさん:2001/01/06(土) 16:56
>>245
age


247 :大人の名無しさん:2001/01/07(日) 21:16
泣けるスレ紹介の続きで済まないんだけど、「思い出の食事」「国語の教科書」の
リンクも頼むよ。

248 :大人の名無しさん:2001/01/07(日) 22:16
>>245 牛男さん
やだもー。思いっきり鳴咽!!!
くしくも、雪も降ってるし。



249 :大人の名無しさん:2001/01/08(月) 12:14
妻が27歳で死んだ。

妻が20歳のとき、上の子を孕ませてできちゃった結婚だった。
遊びのつもりで付き合ってたので、下品な言葉遣いと低い知性に
辟易した俺は、結婚してすぐに愛情がとっくに冷めてしまい、
もしも人生をやり直せるなら、とそんな空想ばかりしてこの7年過ごしてきた。

夜中に突然苦しみ始め、病院へ運ばれた次の日妻は死んだ。
子供には可哀想だったが、妙に自分は冷静だった。
葬儀の後、妻の身の回りの整理をしていたら、妻の財布の中から
俺の写真が出てきた。

そこで初めて号泣した俺は最低の人間だと思う
俺が最低の女と結婚してしまったのではなく
妻が最低の男を愛してしまったのだ。

250 :大人の名無しさん:2001/01/08(月) 12:23
>>249
子供さんを大事に育ててあげて下さいね。

251 :sage:2001/01/08(月) 12:35
>249

気付くのが遅かったかもしれないけどさ....
本当に大切なことが解ったと思うからさ....

これから、それをどう生き方に反映していくか
子供をどう育てていくか....

あなたは、この事実をずっと背負って生きて行かなければ
ならないよね.....

亡くなった奥さんのためにも、これからの子供のためにも.....

252 :251:2001/01/08(月) 12:40
すまん、動揺してsage間違えてしまった.......

>247

「思い出に残る食事」、ここです。
ttp://freepage.kakiko.com/natumelog/omoideshokuji.html

253 :すわしんじ37歳:2001/01/08(月) 12:51
このスレのおかげですこし自分を見つめなおす事ができた。
今よりも家族を愛そうと感じた。
ありがとう          >ALL

254 :大人の名無しさん:2001/01/08(月) 13:52
男の見栄や女のプライドや大人の事情や社会のしがらみやらで
泣いちゃいけないとか泣いてる場合じゃないって時多いよね…私も今だってそう言う事ある。
でも前に、ある小説の一文を読んでハッとした。

「泣いていいんだよ、涙は泣く為にあるんだから」

皆は覚えてた?私は忘れてたよ…そんな簡単な事すら、そしてとても大切な事なのに。
泣く事は恥ずかしいなんて誰が言ったんだろうね、だからってすぐに状況は変わらない
かもしれないけど、ここって言う泣ける場所があるといいね。
そうそう、このスレもその一つだよ。

255 :大人の名無しさん:2001/01/08(月) 18:03
名スレだからあげ。

256 :大人の名無しさん:2001/01/08(月) 21:33
こんなスレあったんだ…ageます

257 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 01:54
ageage

258 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 02:12
家の飼い猫が交通事故で死んで一週間後夢に出てきた
そして膝の上にちょこんと乗ってしばらくして部屋から
出て行った。不思議にぬくもりを感じて起き上がった後
自分でも驚くくらい嗚咽した。結構ペットごときと思うが
恥ずかしいけど

259 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 03:50
23の時,父が急逝した(母は既に他界していた)。
両親を失ったショックでその後精神的に辛い日々が続いた。
父のことを思い出して泣いていたら,
彼(今のダンナ)が激怒。
彼は私を「嫌い!!」と言って殴った。

ダンナは弱音や愚痴を絶対吐かないサムライみたいな人。
だから他者の弱いところも許せないらしい。
その時は「私が悪いんだ・・・」と思って謝った。

そして今・・・結婚したこと後悔してる。
あの時の自分にもう少しプライドや自尊心があれば・・・。

260 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 04:19
ヒドい旦那だね。殴ってやりたい。

261 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 09:09
>>259さん
やり直すのに遅すぎることはないよ。
人生は一回きりだから大事に生きようよ。

貴女にとって一番大切なものはなにか、
本当にしたいことはなにか・・・
世間体とか「常識」にとらわれずに考えてみてはどうでしょう?



262 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 10:20
>259
自分が強くなって、相手に結婚したことを後悔させてやれば?
人の弱いところを許さない人なんて、案外もろいよ。

263 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 12:48
>259

>ダンナは弱音や愚痴を絶対吐かないサムライみたいな人。
だから他者の弱いところも許せないらしい。

「弱音を吐かない、愚痴を言わない」って、かなりストレスのたまることだよね。
自分が強くなり、周囲も守るという強い意志がないと出来ないんじゃないかなぁ。

彼はどうして激怒したんだろう?
あなたを、亡くなった両親に代わって庇護する立場になろうとする感情の
表現が「殴る」という稚拙な表現になったって事はないのかなぁ。

穿った見解かもしれないし、勝手な解釈かもしれないけど
もし、僕が若くて、両親を失った恋人を一生涯守っていこうという覚悟があれば
同じ事をするかもしれない.....
(尤も、そんな強さは持ち合わせてはいないが(笑))

戯言ですんで、気にさわったら無視してください。(スマソ)

264 :大人の名無しさん:2001/01/09(火) 15:27
259です。レスありがとうございます。うれしく思いました。

主人は本当は傷つきやすい性格らしく(そうは見えないのでわかりにくいのですが),
そのため,相当厚いヨロイを着ているといった感じです。
自分自身のネガティブな感情にも蓋をして気付かないようにしているようです(本人にその自覚はない)。
風邪をひいて熱があっても黙って会社に行くような人です。
だから周囲の人からは「いい旦那さんだ」って言われているのですよ・・・

彼は「男はこうでなければ」みたいな意識が強い人なので
263さんの言われるような「両親に代って庇護する立場になろうとして・・」
みたいなのはあったでしょうね。

世間体を気にせず自分の人生を考え直したい。
もっと強くなりたいです。




265 :263:2001/01/09(火) 17:09
>264

少しお役たてて、僕もうれしいです。
偉そうなこと言っちゃって、ちょっと恥ずかしいんですけど......

僕も優しい対応が出来るようになりたいんだけど
妙に気負ってしまったりして....(強い人間じゃないくせにね(笑))
その度に反省はするんだけど....
まぁ、強くなれなくても良いから
優しくなれたらなってね(本当の意味で....)

「人に厳しく、自分に甘い」僕は、仕事中にカキコしてます。(爆笑!)

266 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 00:10
子のいない知人夫婦は意を決して3人の子を持つ彼らの弟夫婦へ
3人のうちの1人を養子に迎えたいと涙ながらに伝えた。
弟夫婦も涙ながらに断ったそうだ。
望みながらも子を持つことができないのはつくづくつらいことだ。

267 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 00:23
いいスレあげ

268 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 01:26
>266
そこまでして血にこだわる気がしれない。
孤児を貰えばいいのにさ。


269 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 02:08
孤児を貰えばって、そういうのって、
まだ日本にはあんまり定着してないんじゃないの?

逆に兄弟7、8人はざらだった、親の世代では、
身内の間での養子縁組はよく聞くハナシだったとおもう。
(現代は違うと思いますが)

スレと主旨がズレるのでサゲ。

270 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 04:04
ageage

271 :大人の名無しさん:2001/01/11(木) 22:12
家族の血に対する想いは人それぞれ。
簡単に孤児を養子に迎えられないんじゃないかな。

自分も三人兄弟だがやはり子がいない伯父夫婦に養子の話があったよ。
結局養子には行ってないんだけれどね。
やはり母の抵抗が強かったらしい。
しょっちゅう喧嘩ばかりしているが。

272 :匿名:2001/01/11(木) 23:08
俺なんか不倫した相手が孕んじまった子だから
父がた母がたともに相当養子の口があったらしい。

でも母親が頑として養子は断りまくり、自分で育てて最後は略奪婚のはしりみたいになった。

母親に感謝。
お子さんのいらっしゃらないかたには申し訳ないが、養子にだされなくてよかった、
母の3回忌も過ぎたいま、本当にそう思います。

273 :大人の名無しさん:2001/01/12(金) 01:15
>272
経緯はどうであれ、いい母さんだったんだね...

274 :大人の名無しさん:2001/01/12(金) 04:10
遺伝子を伝えるのは動物の親子。
人間の親子は心を伝えるのだよ…なんちて。

275 :大人の名無しさん:2001/01/12(金) 04:26
女の執念を感じますな。おぉ〜怖。

276 :275つづき:2001/01/12(金) 04:47
>>272はあんまりいい話とは思わないな。

母親が頑として養子を断ったのは、結果、略奪するためのツールに子供を
利用したとしか思えないもの。そりゃ、頑としても断るよ。

我が子かわいい、というのはあると思うけど、その背景にはまず、好いた
男の子供を孕んだという優越感、そしてそれを我思うが侭にできるという
優越感があるというのを、知るべきだと思います。

養子縁組に関しては(本来親子関係はすべてそうであるのが理想的ですが)、
人間個々人として、お互いの生き方を尊重できる人間関係を築くことを目
指せば、血の繋がり云々は関係ないと思います。

277 :あ、でも:2001/01/12(金) 04:54
そのお母様の生き方を否定する気はありません。「女」の生き方として、
それは正当化されると思います。

ただ、私はそういう生き方を選びたくないという、これは個人的な、
「常識」に対する挑戦です。

278 :大人の名無しさん:2001/01/12(金) 06:19
274はいいこと言った。

279 :大人の名無しさん:2001/01/12(金) 23:02
泣くことは滅多に無い年になったけど、
時折、夢の中で泣いている。
それはいつも同じ夢で、20年くらい前に海で死んだ友が生きている。
「なんだ、おまえ、生きてたのかよう。」
そう言いながら、そいつの肩を叩きながら、号泣している。ずっと泣いている。


280 :大人の名無しさん:2001/01/13(土) 00:40
夫の先妻はガンで亡くなっています。
先日、夫のパスポートケースの中に先妻からの手紙が入っているのを見てしまいました。
夫の誕生日に病床で書いたとみられ

 誕生日おめでとう。来年もお祝いしたいです。
 プレゼントは・・・ナシ

と、ありました。その半年後に30で亡くなったようです。
まだまだ生きたかっただろうな。闘病生活はつらかっただろうな。
夫は、彼女の事ホントに愛していたんだろうな・・
いろんな感情が錯綜して・・・

彼はきっとあなたのことずっと忘れないと思う。




281 :大人の名無しさん:2001/01/13(土) 06:46
272さんの『母親に感謝。』という一言が心に響くなぁ。

282 :匿名:2001/01/13(土) 21:12
若気の至りの馬鹿なことの結果、当時の彼女に中絶させました。
あとから考えて、わたしの母が中絶していたら、わたしはこの世にいませんでした。
もう、人に中絶はさせません。

先妻の子が遊びにきて、帰った後、苦しんでいる父も見てます。
だから僕は浮気を絶対にしません。できません。


>280
それをうけとめている280さんがえらいと思います。

283 :名無しの名:2001/01/14(日) 16:11
ageとこ


284 :大人の名無しさん:2001/01/14(日) 22:53
苦しみは自分のモノだと思っていた。
30過ぎてそれが間違っていたとようやく感じたよ。

285 :大人の名無しさん:2001/01/15(月) 20:09
結婚式の司会の仕事してた時。

新婦の父親が急逝した様で、遺影を持ち込んでおられました。
花束贈呈の時、新婦の手紙を読んだのですが
晴れ姿を見せられなくてとても残念だった事、小さい頃の
思い出話し・・・

音響さんのあまりにはまってるBGMで(曲名は忘れたけど)
司会の私が泣き出してしまい
手紙、読めなくなってしまいました
なんとか最後までがんばったけど会場中、涙、涙でした。

結婚式って人生の縮図でもあるから色んな人生、
見させてもらいました。
自分の晴れ姿を両親に見せられるって幸せなんだなって
その時思いました。



286 :>両親に見せられるって幸せなんだな:2001/01/15(月) 20:34
親に嫁見せたかったとは思わないが孫は見せてやりたかったな。
子供ができたときにはじめてそう思った。
「今度は俺が子供に迷惑かけられる番だ。宜しくな。」
と思ったら急に親のありがたみが分かった。
子を持って知る親のありがたみとかいうけど、本当だった。



287 :大人の名無しさん:2001/01/15(月) 20:35
会社に結構派手目の若い女の子がいて
飲み会の時に飲んでない理由を聞いたら
耳まで真っ赤になって
「いま入院中のおばあちゃんが妹の結婚式に出席できるよう
酒断ちしてるんです・・・恥ずかしいから内緒にしといて下さい」
同性ながらすごい可愛いと思った。
ごめん、話がずれた。

288 :大人の名無しさん:2001/01/15(月) 21:33
流産した。
稽留流産といって、お腹の中で死んでるのにそのまま
留まってる流産。

定期検診で発見、次の日には手術という段取りに。
ラミナリアって言うんだっけ、子宮口広げるやつ・・
痛くて痛くて・・でも泣かないでベッドで我慢してた。
看護婦さんが「取り乱す人多いんですよ。」って言ってた。

手術室に運ばれて担当の先生の顔見たら(すごい、良い先生)
ずっと我慢して来たのに、涙がどんどんあふれでてきた。
看護婦さんが手を握ってくれた。
その後は麻酔で覚えていない。

夜中に出張先から夫が駆けつけてくれたが麻酔で朦朧としてた。
朝、看護婦さんが、綺麗な花でかざって小さな子供の棺を作ってくれた。
そして、病室で子供の魂を慰めるため賛美歌を唄ってくれた。
クリスチャンじゃないけど、唄いながら涙が一杯棺に落ちた。

札幌の天使病院でのこと。
ここの皆さんはほんとに優しくて救われた。
ちょうど、今頃のこと。雪が降ってた。
小さい棺をバスタオルにくるんで帰った。
子供には、雪って名付けた。

雪ちゃん・・そっちに行ったら沢山沢山遊ぼうね!



289 :大人の名無しさん:2001/01/15(月) 23:38
涙…。
つらいこともある。
でもいつか報われると信じたい。
ご自愛くださいませ。

290 :大人の名無しさん:2001/01/15(月) 23:46
ごめ・・。
ずっと我慢していたけれど288でもう限界。
今、外は雪が降ってます。
288さん、綺麗で荘厳な雪景色ですよ、白くて美しいです。

291 :経験者:2001/01/15(月) 23:57
急がずに、ゆっくりと回復してください。
助けになるHPいっぱいあるので、探してみてね。

292 :大人の名無しさん:2001/01/16(火) 00:40
>>288
うちの妻もも前に似たような経験をした。
今はどんな励ましの言葉でも何故か傷つくでしょ
でも励ます人たちの優しさが解るのは残酷かも知れないけど
君がお子様の死を本当の意味で受け入れられた時かな・・・
いかん!泣けてきた
・・・・まさか?ネ○?・・・
それは無いよね



293 :大人の名無しさん:2001/01/16(火) 08:28
275・276・277 みたいなのは山ほどいるが
このスレの中に混じると悲惨きわまりないなぁ。
よくいる(実)人生経験欠乏症だな。
可哀相だ。

294 :大人の名無しさん:2001/01/17(水) 16:39
288です。
みなさん、温かいレスありがとう。

職場では心身とも傷ついてるなんて感じさせる訳にいかないし、
夫も私の憂鬱な顔を見るのは耐えられないようなので
心の奥底に感情を閉じ込めてきた。

みんなが優しいから、自分の感情に素直になって泣く事ができました。
今は東京暮らしで一面の雪景色はなかなか見ることがありません。
今週末は郷里の北海道に帰る予定。
除雪は大変だけど銀世界は大好きです。心が洗われる。

降り積もる雪を静かに眺めてると、亡くした子供と
対話出来るような気がします。
寒さ厳しい折、皆様もご自愛ください。ありがとう。


295 :大人の名無しさん:2001/01/17(水) 23:40
今日は40代になる脳性麻痺の知人の葬儀だった。
こんなことをほかの板で書けば荒れるのは分かっているが分別のあるここであえて書きたい。
先天性の障害者だった彼は特に社会的に何かをしたわけじゃない。
彼の責任という訳ではないが両親にも苦労をかけてきた。
普通の人が体験できるほとんどのことを彼は体験できなかった。
でも彼がいなくなってただ単に寂しいです。本当に寂しい。合掌。

296 :大人の名無しさん:2001/01/18(木) 00:50
俺自身の嗚咽じゃなくてスマソ

小学校の四年のころ、家の近くに飯場兼資材置き場があった。
ある日Kという転校生が来た、そこの子だった。
Kは転校が多かったからなのか、あまり友達のできないタイプだったからなのか
いつも一人だったが、俺の家と彼の住む飯場が目と鼻の先だったので
俺とKは友達になり、俺は入ったことがない飯場の中に何度も入れてもらって
意味もなく有頂天だったし、Kも俺の家に来て一緒に遊んだ。
Kはほんの数ヶ月で転校していって、俺もKのことを忘れ
飯場はなくなり、歳月は流れバブルがやってきてそこはマンションになっていった

最近、家の近所にヤクザそのまんまのベンツが止まっていて
その前を通ると中からやはりヤクザそのまんまの男が降りてきた。
こっちを凝視するその男に俺は警戒し、子供の手を握った。
その男は礼儀正しく俺に話し掛けてきた
「あそこに二十五年前あった飯場をご存知ですか?」
俺はその男を土地の権利関係のブローカーだと思ったが、関係ないから
「憶えてますよ」と答えた。
「○○(俺の名前)さんですか?」
「そうです。」
「あそこに二十五年前住んでて一時期○○小学校にいた子を憶えてますか?」
「Kか?」
「そうです!!」

名前を憶えていたことがよっぽど嬉しかったらしくKはその場で嗚咽した。
この四半世紀どんな人生を送ってきたのかは推して知るべし
家に誘うとKは固辞した。
「あんたのお母さんは、やさしくて上品で、映画の中にいるような人でした。
 俺はあんたに遊んでもらったことよりも、あのお母さんが忘れられないんです
 だから・・・・会えないです。」

同級生だった俺との会話にKは、ちょっと変ではあるが敬語で通した。
また必ず会いに来るから、と名刺を渡してKは去って行った

今年、Kから年賀状が来た
「お母さんに今度ご挨拶にうかがいたいと思っております」
とあったから俺も返事を書いた。
「うちの母もKのことはよく憶えてるそうです」と

ちなみにうちのオフクロはせがれの俺に言わせれば
おっそろしいババァなんだが。



297 :大人の名無しさん:2001/01/18(木) 15:17
いいスレなんで、上げときます。

298 :とりみんち:2001/01/18(木) 17:33
全部読んだ。
涙がボロボロこぼれてきた。
ちょっと声出して泣いてしまった。
すると、ワンコちゃんが、「どうしたん?」って顔で見てきた・・・
久しぶりに、いっぱい涙が出た。


299 :みけ:2001/01/19(金) 05:44
>298 を読んで20年前の出来事を思い出しました。
中学2年の夏に転校してきた、かわいくて垢抜けした、標準語のEちゃん。
クラスになじめなくて寂しそうなので家に遊びにさそったら、5時を過ぎて他の友達が帰ったあとも、帰りたがらなかった。
夕焼けを見ながら「ずっとここにいたい」って言ってました。
母が「おうちに帰りなさい」って言いに来ると、私のベッドに突っ伏して泣きながら「帰りたくない」って泣いてました。
そして2ヶ月ほどで転校していったEちゃん。
今じゃお母さんになってるのでしょうか。。。

300 :みほ:2001/01/19(金) 15:22
皆さん泣いていらっしゃるようなのに私だけ泣けなくて
どこか異常なのかと心配すらしていましたが
296さんのを読んでオイオイ泣いてしまいました。
そんな自分にホッとしました。

301 :名無しさん@品詞:2001/01/22(月) 00:46
うちの弟は、売れっ子と言うほどではないのだが、
そこそこ子供たちには有名な雑誌で漫画を描いてる。

こないだの雨の日、うちの前に小学生が座り込んでいた。
うちの隣に住んでる子と同じくらいだったから、友達なんだろう程度に思っていた。
夜、タバコを買いに外に出ると、その子はまだそこにいた。
雨の吹き込むうちのガレージでうずくまっていたその子に話しかけたら
その子は弟の漫画のファンで静岡からサインをもらいに来たのだったが
いざ家の前にきて、緊張で玄関のベルを押せなかったのだ
ビニール袋の中には自分の家の茶畑から、たぶん勝手に持ってきたであろう
静岡名産のお茶が、すっかりしけっていた。

家の中へ入れて濡れた服を脱がすと、その子はシャツの腹の中に
弟の描いた単行本が入れていた。自分がどんなに濡れても
これだけは濡れないようにと彼が大切に抱えていたそれはほのかに暖かかった。
俺はその子に「先生は別のところに住んでるんだけど、おじさんは先生の
兄貴だから、必ずサインをもらって送ってあげる。」と約束して
その子の親に電話して、東名のインターでおち合うことにして車で送った。
何度も頭を下げるその子の親と、その子と別れ帰ってきたとき
もう深夜になっていたが、弟の住むマンションへ行って事情を話した

弟は食っていくためにその雑誌で描いてるだけで
子供なんかよりも、コミケに出す本の方が大事な奴で
子供からのファンレター(しかもそう多くないのに)もろくに読んでない。
わが弟ながら嘆かわしい奴なのは知っていたので嫌な予感はしたのだが
案の定、奴は「わざわざ送ったの?警察に保護させればいいのに」とほざきやがった
女の子が歌ってるアニメの主題歌らしき曲の流れる弟の仕事部屋で
そんなセリフは大御所になってからほざきやがれ!と俺は弟をぶん殴った。

てめえの単行本なんか本屋の隅っこにたまーに見かける程度のくせに
そんな漫画をわざわざ買って、胸躍らせた坊主が大冒険の果てに
たどり着いた目的地で、どんな想いで雨に打たれてたと思ってるんだ
俺は泣きながら弟をぶん殴った。

単行本でなく、新品のスケッチブックにカットとサインを書かせ
まるごとその子に送った。
クズでヲタな弟だが、せめてその子にとって尊敬する先生のスケッチブックを。

302 :大人の名無しさん:2001/01/22(月) 02:15
また明日から仕事ですが、なんとかやっていけそうです。
ありがとう。

303 :大人の名無しさん:2001/01/22(月) 14:50
私が23歳の頃、就職1年目の冬、私の誕生日の日のこと。
職場の人たちが「誕生パーティーをしてあげる!」というので、家に、「今日は遅くなるよ。
ゴハンいらないから。」と電話を入れたら、父が「今日はみなさんに断って、早く帰ってきなさい。」
と言う。「だってもう会場とってもらったみたいだし、悪いから行く。」と私が言うと、いつもは
温厚な父が、「とにかく今日は帰ってきなさい、誕生日の用意もしてあるから。」とねばる。
「???」と思いながら、職場のみんなに詫びを入れて帰宅した。
家にはその春から肋膜炎で療養中の母と、電話に出た父。食卓にはスーパーで売ってるような
鶏肉のもも肉のローストしたみたいなやつとショートケーキ3つ。
「なんでわざわざ帰らせたの!私だってみんなの手前、申し訳なかったよ!」と言ってしまった。
父は何か言ったと思うが、覚えていない。母が、「ごめんね。明日でもよかったね。」と涙ぐんだ。
私は言い過ぎたな、と思った。でもあやまれず、もくもくと冷えた鶏肉とケーキを食べて部屋に戻った。
その2ヶ月後、母の容態が急変し入院した。仕事帰りに病院に行くと、父がいた。廊下の隅で、「実は
お母さんは春からガンの末期だとわかっていたんだよ。隠していてごめんね。」とつぶやいた。
呆然として家に帰ったあと、母の部屋の引き出しの日記を読んだ。あの誕生日の日のページに
「○子に迷惑をかけてしまった。」とあった。
ワーッと声を出して泣いた。何時間も「ごめんね。」といいながら泣いた。夜が明ける頃には
涙が出なくなった。すごい耳鳴りがした。
4,5日して母は死んだ。仕事をやめて、看病していた父も数年前に死んだ。
父が準備したささやかな誕生日パーティーをどうして感謝できなかったのか。
母にとっては最後だったのに、、、。
父も数年後に死んだ。こんな情けない自分でも、がんばって生きている。

304 :大人の名無しさん:2001/01/22(月) 14:53

ちょっと取り乱してしまいました。最後の数行、2度打ちしてしまいました。

305 :大人の名無しさん:2001/01/23(火) 00:11
>>303
泣けた。もうとりかえせない重荷だよね。
私の母もガンで、もう病院にいても治りようがなく、
小康状態のあいだ一時自宅療養していたときがあった。

外出していた私が、トイレに行きたくて急いで帰ってきた、
ところを、母が「おかえりー」と出迎えてくれたのに、
私ときたら「どいてどいて!!」と邪険にあつかってしまい、
母を深く傷つけてしまった。
情けない話。
今、母に「お帰り」と言ってもらえたら、と思うと涙が出ます.....。

306 : 5つの赤い風船 :2001/01/23(火) 00:13
コピペうざい

307 :大人の名無しさん:2001/01/24(水) 08:16
あげ

308 :大人の名無しさん:2001/01/26(金) 12:19
あげ

309 :大人の名無しさん:2001/01/26(金) 12:22
親の思い出の有る奴は幸せだよ。おれは両親の顔も知らん。

310 :大人の名無しさん:2001/01/26(金) 16:59
いいスレなんで、上げときます。


311 :大人の名無しさん:2001/01/31(水) 23:43
ちょっとあげようか。

312 :大人の名無しさん:2001/02/01(木) 01:35
私の父は三年前、私がカラオケ屋で朝まで歌い騒いでいる日に亡くなったそうです。
退職してからはお酒ばっかり飲んで、淋しくなるとしょっちゅう電話掛けてきました。
母と離婚し、マンションに一人暮らし。
ある朝、私が掃除機をかけている時に
「今度はいつ帰ってくる?」
「そんなの、春休みになってからじゃないと分からないよ!
今、すんごく忙しいから後でこっちから電話する!」
父の声を聞いたのはそれが最後です。
妹から電話が入って 「じいじ・・・死んだよ・・・・」
一人暮らしの為、亡くなってから10日以上経ってからの発見でした。
新聞がポストから溢れるほどたまっているのを訝しいと・・・・。
とるものもとりあえず駈けつけても、顔は見られませんでした。
見せられる状態ではなかったそうです。
ベランダには、自分で始末したらしい血まみれの下着がゴミ袋にありました。
トイレの便器は血で真っ赤に汚れていました。
口から吐いたのか、下血だったのか・・・・。
しんどかったら、どうしてしんどいって言ってくれなかったのか。
また下手に電話して、怒鳴られるのがイヤだったのか。
どうしてあの日、「春休みには帰るよ。だから飲み過ぎるなよ」
そう一言でも言ってやれなかったのか。
自分の親だけはいつまでも死なない・・・そう勝手に思っていたような気がします。
ごめんねお父さん。ごめんね、ものをもらう時だけ可愛くって。
すぐにきついことばっかり言ってごめんね。
ごめんね、春休み、お彼岸には帰るから、ね。


313 :大人の名無しさん:2001/02/01(木) 19:31
いいスレage

314 :大人の名無し:2001/02/01(木) 20:24
うんあげ

315 :大人の名無しさん:2001/02/02(金) 12:07
あげ

316 :大人の名無しさん:2001/02/03(土) 18:55
私の妹、生後3ヶ月で突然死した。
もう30年も前の事。

先日父親がそのときの事をはじめて口にした。
病院に駆けつけた時、すでに息は無く医者もマッサージ、
あきらめたんだって。
でも父は信じられなくて自分で人口呼吸やり続けて・・。

だんだん、つまんだ鼻が紫色に変わって行って、先生も
泣きながら もう止めましょうって。
私に出来た子供(初孫)、生まれ変わりって思ってるみたい。
たまに名前間違えて呼んでる。

その話、聞いたとき自分の部屋に戻って嗚咽した。
子供に先立たれるほどつらいことないよね。

317 :大人の名無しさん:2001/02/03(土) 22:07
あげ

318 :大人の名無しさん:2001/02/03(土) 22:13
>316
 泣けた。どうか親孝行してください。よってあげ。

319 :大人の名無しさん:2001/02/03(土) 22:23
「6千人の命のビザ」。読んで泣いた。外交官である前に、
人間であろうとしてひたすらビザを書き続けた杉原氏に
感動。

320 :319:2001/02/03(土) 22:28
スレの趣旨と違った。ごめん。

321 :大人の名無しさん:2001/02/04(日) 12:50
age


322 :大人の名無しさん:2001/02/04(日) 23:21
感動を求めているわけじゃない。
でもこのスレは色々なしがらみの中で素になれる大人たちがいる。
貴重だ。

323 :大人の名無しさん:2001/02/05(月) 08:58
同感なのであげ

324 :大人の名無しさん:2001/02/06(火) 00:28
思いっきり泣いた後にはきっといいことがあるさ。
あしーたがある。あしーたがある。と思いたい。

325 :大人の名無しさん:2001/02/06(火) 01:48
十数年くらい前に渋谷でレイプされた
一晩監禁され
首を絞められて(痣が残ったくらい)その時は本気で死んでしまうのだと思った
幸いなことに逃げおおせたけど
以来、感情や感覚がおかしくなってしまった
自分の中でその事件を「なかったこと」にしてしまったつもりだったけど
(思い出すとフラッシュバックが起こるので)
ずっと心身の不調が続いていた
自分には「レイプされるような価値しかない」って思い込んだ
やっと最近その事件について泣けるようになり、怒れるようになった
ものすごく悔しくてものすごく哀しい・・恐かった・・

この春から放送大学に入って、被害者心理学やカウンセリングを学んで
レイプ被害者の力になれる専門知識を身につけたいと思ってる

犯罪の被害に遭った人は泣かなくちゃダメなんだって思う
泣けるようになるまで時間がかかるんだけど
いつか、私と同じ目に遭ったひとたちのために
「泣ける手助け」が出来ればって思ってる
それが私自身をも救うことになる気がする


326 :大人の名無しさん:2001/02/06(火) 02:54
>325
ほんとうに頭が下がります。
あなたがこの世に存在することが多くの人の
救いになるよう心の底から祈りたい気持ちです。

327 :大人の名無しさん:2001/02/06(火) 19:45
>>325
幸福が訪れるよう祈願あげ

328 :大人の名無しさん:2001/02/06(火) 19:59
10年ぐらい前、ある病気で入院した。
結構苦しくて、もしかしたら、このまま逝ってしまうんじゃないかと思った。
ある日、夢にうなされた。子供のころ、可愛がってくれた祖父がいた。
祖父は何年も前に亡くなっていたが、なぜか夢のような気がしなかった。
祖父は何も話さず、優しくほほえむだけだった。でも、次の日を境に、
病状は回復に向かった。偶然なのかもしれない。だけど、祖父が苦しむ
孫を助けるために、黄泉の国から来てくれたのだと信じている。



329 :325:2001/02/06(火) 23:40
>>326
>>327
のおふたり

どうもありがとう
頑張ります

30何年も生きてりゃいろんなことがあるよね
何も背負ってないひとなんかいないんだ・・
それぞれみんな生きてるんだ・・って
ここを読んで勇気が出ました


330 :大人の名無しさん:2001/02/13(火) 13:09
ハワイ沖の9人のかたがたに黙祷

331 :大人の名無しさん:2001/02/13(火) 15:47
2年前の、ちょうど今頃の話です。
その日ちょっと熱っぽかった(といっても37度くらい)のですが、
翌日はどうしても休めない仕事があったので、少々きつい解熱剤を
飲んで寝ました。
翌朝、ちゃんと熱もなく体のだるさもなく起きることができたの
ですが、いつものように朝ご飯を口にして「???」
みそ汁を飲んでみて「?????」
梅干しをかじってみて「・・・・・・・・・・・・・・・」
味覚がゼロになっていました。匂いすらしません。梅干しのしょっぱさも
全くなしです。でも、気のせいだと思うことにしました。
昼食も、晩飯も、同じでした。砂をかじるというのは正にこういうことなんですね。
その翌日、会社を休んで某大学病院に行ってみました。
数々のテストをした結果、医師は突き放すように
「もう直りませんね。薬だしときますけど、厳しいので諦めておいた方が
いいですね。」
病院を出て、公園のベンチから携帯で妻に詳細を話しました。
その時は比較的大丈夫だったのですが、
「もう、ご飯を作ってくれても美味しいって言えないかもね。」と
言った瞬間、正に嗚咽してしまいました。電話先の妻も同様でした。

2年たって、違う病院に通ってほぼ元に戻りつつあります。原因は未だに
わかりません。薬は関係ないとの話なんですが。友人のお医者さんは、
「当時は言えなかったけど、正直、直るのは不可能だと思ってた」と言って
ます。
生死に関わるような話ではないのですが、自分が白昼堂々と涙したのは
あれが最初で最後なので書かせて頂きました。

332 :大人の名無しさん:2001/02/13(火) 17:42
>>331
嫁さんの作る料理に「美味しいね」って随分言っていないことを思い出したよ。
今日はちゃんと言おう、と思った。334さんも一日も早く快癒することを
祈ってるよ。奥さんの手料理がまた心から美味しいを感じられる日が一日も
早くやってくることを祈りつつ。涙。

333 :大人の名無しさん:2001/02/14(水) 10:47
age

334 :331:2001/02/14(水) 11:41
>332さん
どうもありがとうございます。
今思うと、あの時一緒に泣いてくれた妻がいなかったら
もっと辛かったと思います。
当たり前のように思っていること(味覚)が、無くなってみると
こんなに辛いとは思いませんでした。
332さんだけでなく、他の方も是非「美味しい」っていって
あげてください。

335 :大人の名無しさん:2001/02/14(水) 22:22
>>331
ちょっとうろ覚えなんだけど味覚障害には亜鉛不足が関わっているって。
牡蠣とかにはけっこう含まれているそうです。

辛い時を奥さんと乗り切ったので夫婦の絆はきっといっそう強くなったよね。
どうぞご自愛ください。奥様も大切に。

336 :大人の名無しさん:2001/02/16(金) 00:53
あげておきます

337 :大人の名無しさん:2001/02/16(金) 14:26
あげさせてください。

338 :大人の名無しさん:2001/02/20(火) 22:34
うちの妻は俺に障害が出たら分かち合ってくれるだろうか。。。。

339 :大人の名無しさん:2001/02/20(火) 22:42
あげ

340 :大人の名無しさん:2001/02/21(水) 00:35
はー、ここ読んでいろいろ思い出すと涙が出そうです。
女手ひとつで僕と兄を育ててくれた母には親孝行しなくちゃ。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 00:50
プロジェクトX「南極越冬隊」
北村泰一氏の嗚咽はもらい泣きしてしまった。


342 :大人の名無しさん:2001/02/21(水) 09:03
あげ

343 :大人の名無しさん:2001/02/21(水) 12:25
>>341
同感。
訛りが強い人だと思ったら伏線があって苦労された方だったんですね。
淡々と当時を語りながら突然の嗚咽…、自分ももらい泣きしてしまった。
同期の方が「いつまでたっても青年のままなんです」の言葉にも泣けた。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 14:16
>>343
70歳となった今でも教鞭をとっておられるとのこと。
あのTVをみたヴァカな学生が、単位もらえなかった腹いせに
あんな純朴な方をからかったりしなければいいけど

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 14:53
水深600mだ。
足が届かないなんてもんじゃない。
鉄でできた大きな船がひしゃげるくらいの水圧。
高校生の小僧たちはどんなに怖かっただろうに

沿岸警備隊の船の上にいたあの民間人たち
あの鼻持ちならない上流階級の男女の中に
アトラクション気分で潜水艦を操舵した人間がいる
そして彼は日本政府の「配慮」により実名を公表されることなく
弁護士に守られ口をぬぐうのだ。

アメリカ万歳だ


346 :大人の名無しさん:2001/02/22(木) 01:08
自分の話じゃなくて申し訳ないんだけど、こういうニュースはあまりに切ない。
自分が30代も後半にさしかかってくると、「老い」ということを嫌でも考えざるを
得なくなってくる。
この二人は最後まで夫婦として、布団の上で亡くなったから幸福だったのか。それとも・・・。
http://www.asahi.com/0221/news/national21036.html

347 :大人の名無しさん:2001/02/23(金) 20:40
元々悔し涙やら、悲しさの極みで漏らす嗚咽のスレッドだったのが、
感涙やら良い話がいっぱい混じってきたけど、どっちにしても
まれにみる良いスレだから107番からage

348 :大人の名無しさん:2001/02/25(日) 09:12
age

349 :大人の名無しさん:2001/02/25(日) 19:36
もいっぺんage

350 :大人の名無しさん:2001/02/26(月) 00:04
徳永英明のCall聴きながらこのスレ読ませてもらったら涙出てきた。。。

351 :大人の名無しさん:2001/02/26(月) 00:05
あんたは俺と実際あった事は無いよね?
何度も言いたくないけど、俺はクールって言われる事が多々あるの。
とにかく絶対冷静なんです。
冷静さでは、誰にも負けない自信があるのさ。
周りの奴がどれだけ騒いでいても、ビビっていても、俺は常に冷静だった。
でもね、頭の中では色々考えてるんだよ。

冷静≠何も考えない
だよ。

冷静な奴ほど、色々考えを持ってるのさ。
ここでは冷静に見えなくても、普段の俺は冷静なんですよ。


352 :クジラのベーコン:2001/02/26(月) 00:06
一応本物です。
ただし、、、
色々と雑音が多いので、
このスレッドでの書き込みは、これ1回きりにします。

小生と「コービー博士」は、全くの別人です。
勝手な詮索で迷惑しております。

一人称で「小生」と言ったり、
単語の間にスペースを空けたりする文癖は、
たまたまの偶然です。

信じる、信じまいは、皆さんの御判断に委ねます
ちょっとくどいですかね、、、
これぐらい書き込まないと小生の疑惑は晴れません.

353 :クジラのベーコン:2001/02/26(月) 00:19
かまってほしかっただけなんや。
ほんま堪忍してな。
スレッド立てて、レス貰えて、それだけで嬉しかったんや。
別に誉めてもらおとか、友達になってとか、そんな虫のええこと思てない。
寂しかったんや。人に触れていたかったんや。
俺、ここにおるで。って。俺、生きてんで。って。俺、まだ大丈夫やで。って。
でも、あかんかったな。
アホなことばっかり書いたせいで、叩かれてもうた。
俺の頭が悪うて、かっこええこととか、いい文章とか、書けんかったせいかな。
頭かーっなって、むきになって書き込んで、俺、厨房みたいやったな。
今まで他人の厨房、いっぱい見てワロとったけど、人のこと言えやせんな。
ほんま情けないわ。泣きとうなるわ。でも、泣いたって、どうにもならんのやろな。
このスレ見た人はみいんな俺のこと厨房や思うに違いないわけやし。
あかんのかな。こういうとこで人の温もり期待するの。
でも現実の方がもっとせちがらいわけやしな。
どうせいっちゅうんやろな。
なんか疲れたわ。もう厨房でも何でもええわ。
ほんまごめんな。悪気も何もあらへん。このスレ見て嫌な気分なった人ら、掲示板の管
理人さん、このスレに書き込んでくれた人ら。
ほんま、堪忍な。
ただ、かまってほしかっただけなんや。
ゆっくり、寝かしてえや




354 :クジラのベーコン:2001/02/26(月) 00:22
>>353
小生の偽物ですね。痛い目に遭わせましょうか?
信じる、信じまいは、皆さんの御判断に委ねます。




355 :大人の名無しさん:2001/02/27(火) 01:31
あーあ。
募金箱にゲーセンのコイン入れるようなヤツめ。

356 :大人の名無しさん:2001/02/28(水) 00:34
も一遍ageてもとの良いスレで続いててほしくて
126まで探しに行きました。

357 :大人の名無しさん:2001/02/28(水) 00:40
>>356
今は、荒らされるだけです。

358 :大人の名無しさん:2001/03/02(金) 13:32
復活してくれい!

359 :大人の名無しさん:2001/03/02(金) 13:54
>>356
いや、その前に人がいないぞ、ここは
今、ご存知の彼、魚好き、ねむいぞ、名無しが4人、計7人
ってところか。

360 :大人の名無しさん:2001/03/02(金) 19:29
いますよ〜〜

361 :大人の名無しさん:2001/03/02(金) 19:35
この一時間の、この板のアクセス数75.

362 :大人の名無しさん:2001/03/04(日) 14:50
以降、随時ageさせていただきます。


363 :大人の名無しさん:2001/03/05(月) 10:37
定期age

364 :age:2001/03/05(月) 22:42
私もage

365 :大人の名無しさん:2001/03/07(水) 11:45
定期?age

366 :大人の名無しさん:2001/03/07(水) 21:01
あるメールニュースのコラムにあった話です。
本人はフィクションとコメントしていますが、
30代後半の私には時代背景とともにあいまってホロリとしましたので紹介いたします。

70年代の初め、私の家族は、関西のとある新興住宅地に引っ越してきた。山
を切り開いて造られた町は、自然に溢れ、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、経
済成長期の中、これほど幸せな環境はなかった。私は、その町の新しい中学校
に入学し、新しい友達が毎日増えていく、楽しい日々を過ごしていた。

 2年生の1学期のことである。お昼休みに、私は女の子3人に呼び出された。
真中の少女がノートを差し出して、これに日記を書けと言う。そして、横の2
人が「ちゃんと書くのよ」と念を押すのである。私は、これが何を意味するの
かがよく分からなかった。

 家に帰ってからノートを開けてみると、彼女からのメッセージと前日の日記
が書かれていた。それまで、日記は正月三箇日しか続かず、昼食と夕食のメニ
ューしか書いていなかった私は、困り果てながらも、その日のページを埋めて、
翌日、彼女に渡したのである。70年代、このような交換日記が流行っていた。

 今となっては、自分が何を書いていたのか全く覚えていない。テレビとか、
友達のこととか、他愛も無い事を書きつづけていたのだと思う。オバQがムー
ミンに「変身」する漫画とか、駄洒落とか。それぐらいしか書けなかったと思
う。

 それでも、1日置きに日記を書いては彼女に渡していた。彼女が何を書いて
いたのかも覚えていない。そして、そんな日々が1ヶ月ほど続いた。

 確か、あれは夏休みの1週間前の土曜日だったと思う。学校が終って、同じ
組の仲間6人で自転車に乗り、まだ開発中だった隣の住宅地まで遠出すること
になっていた。みんな新しい自転車を持っていた。でも、暑い中、我々は隣町
までは行き着かず、近くの小川で遊んでいた。

 帰り道、友人たちと別れて坂道を汗だくで上っていると、「サトウ君」と呼
ぶ声がする。振り向くと彼女が、家の前でホースで水をまいていた。彼女は、
いたって機嫌が良かった。チョコレートの懸賞でコダックのカメラが当たった
のである。1時間ぐらい話したと思う。帰る前、彼女が「写して」と言うので
写真を1枚撮った。そして、次ぎの日に会うことにしたのである。「約束よ」
と彼女は言った。

 次ぎの日も暑かった。大汗をかいて公園に自転車で行った。そして彼女が現
れるのを待った。しかし、待てども彼女は来なかった。約束したのにと呟きな
がら、私はひどくがっかりして夕方、家路についた。

 月曜日、彼女は学校を休んだ。組の友達に話すと、「デートでふられたんか」
と笑われた。デートのつもりは無かった。いけないことをしてしまったのだろ
うか?裏切られたのだろうか?私は良く分からないまま、腹を立てた。彼女は、
期末まで、とうとう学校を休んだままだった。


367 :大人の名無しさん:2001/03/07(水) 21:02

 夏休みに入ると、私は、田舎の親戚の家に預けられることになった。父が急
に転勤することになり、準備のために家はどたばたしていた。関西に戻って来
たのは、2学期が始まる約1週間前だった。

 帰ると、母が「彼女」が大変な病気で入院していてると言う。私は驚いた。
彼女のことは、家では内緒にしていたのである。その事がバレたことに驚いた
のだ。

 そして、日曜日に市民病院にお見舞いに行くことになった。私は、事の重大
さを全く理解していなかった。母と病院に行くと、彼女の母親が待っていた。
そして、私に「来てくれてありがとう」と何度も頭を下げるのだ。

 彼女は個室にいた。部屋に入ると、ベットに横たわる彼女がいた。彼女は、
病の為に疲れ果て、もうぼろぼろだった。まだ子供だった私は、驚き、恐怖の
あまり、走って逃げたのである。大きな病院の中を走り抜け、玄関の外で震え
ていた。

 すると、彼女の母親がやってきて私の手を取り、「待って、お願いだから。
ちょっとでいいから、そばにいてやって」と言う。そこへ私の母が来て、いや
がる私を無理矢理、彼女の病室まで引っ張って行ったのある。「ちゃんと優し
い言葉をかけてあげるのよ」と言われ、私は、彼女のベットの横の椅子に座ら
された。

 一体、どのぐらい病室にいたのかは覚えていない。

 それから数週間後、2学期の2週間目に、私の家族はイギリスに引っ越すこ
とになった。イギリスでは、現地の中学、高校に通い、何年か経過し大学を卒
業した。日本を忘れ、日本語も忘れ、ロンドンでイギリス人と共に働いていた。
そうして、12年という歳月が過ぎていった。

 

368 :大人の名無しさん:2001/03/07(水) 21:03
 イギリスに行ったのは父の都合だったが、今度は私が、日本に転勤すること
になった。そして、また関西に戻って来たのである。帰国して1年ぐらいして、
小学校2年2組の友達と、再会することになった。

 しかし、12年もイギリスで過ごした為か、昔の友達と会うと、もう話題が全
く合わなかった。でも、彼女のことを聞くのは、忘れなかった。

 「なんや、サトウ君、知らなかったんや。」

 その時、彼女が、私が転校した約1ヶ月後に亡くなったことを始めて知った
のである。2年2組は、私が引っ越した直後に彼女が死に、その後はクラスか
ら笑顔がぱったりと見られなくなってしまったそうだ。3年に上がると、受験
戦争で毎日が苦しく、自転車でみんなで遊びに行ったあの日が一番楽しい思い
出だったと、彼等は語った。

 友人たちと会って数ヶ月後、私は、私がかつて住んでいた町に戻っていた。
そして、彼女の家の前で立ち止まっていた。ベルを押すと、「はーい」という
声が聞こえ、まもなく彼女の母親が出てきた。

 私は、何かを言おうとした。でも、何を言っていいのか分からなかった。そ
して、「すいませんでした」と一言だけ言うと、逃げ出してしまったのである。

 「サトウ君でしょ。待って、お願いだから。」

 13年も過ぎているのに、彼女の家に始めて入ると、70年代当時の面影があっ
た。彼女の母親は、冷たいジュースを勧め、本棚にあった10冊のアルバムを出
してきた。そして、彼女が亡くなるまでの、ことの経緯を話しくれた。

 約束の日、彼女は朝から微熱があり、気分が優れなかった。昼食もあまり食
べないので、どうしたものかと思っていたら、彼女が思い出したように自分の
部屋に入って着替え、これから出かけると言い出した。病気になる前に寝てな
さいと言う母親と娘は大喧嘩となり、彼女は、飛び出していったのである。

 ところが、10分もしない内に近所の人が駆けつけてきて、彼女が路上で倒れ
ていると伝えた。暑さの中、失神している彼女を背負って家に連れ帰り、救急
車を呼んだのである。最初は原因がわからず、病状はどんどん悪くなっていっ
た。

 入院中、彼女はひどくふさぎこんでいたのだが、時々、「勉強用に」と持っ
てきたノートを見ながら、くすくすと笑う彼女に、母親も最初は気がつかなか
ったらしい。病状が悪化して、始終眠る彼女の枕もとのノートを手にとって始
めて、それが彼女と私が書き綴った交換日記だったことを発見したのだ。彼女
の母親は私の母親に会いに行き、娘の病状を説明した。それが、私が秋田から
戻ってくる数日前だったのである。

 「あの時、サトウ君が『がんばってね』と言ってくれたので、その後、ちょ
っとは回復して、後数日しかないと言われていたのに1ヶ月半も持ったのよ。」

 アルバムを開けると、みんなから愛され、大切にされて育った彼女の写真が、
ページを捲るごとに見られた。そして、最後のページには、あの土曜日に私が
写した彼女の笑顔が飾られていた。

 「あの交換日記はね、娘が天国に持って行ったわ。」

 大粒の涙が止まらなかった。

 あれからさらに13年。私は、骨髄バンクへのドナー登録のために秋葉原の献
血センターに行った。ひどく寒い日だった。採血を済ますと、10ccの私の血が
トレイに置かれているのをじっと見つめながら、ようやく、生きている意味が
分かったような気がした。



369 :大人の名無しさん:2001/03/08(木) 21:27
>>368
うううっ....
ホロリじゃすまなかったよ....

370 :大人の名無しさん:2001/03/09(金) 11:21
俺も会社で読んでて、涙隠すの大変だった。

371 :名無しさん@日産バカ一代:2001/03/09(金) 23:10
>>368
いい話だぁ・・・・・・・まじで泣きそうだった
心無い誰かが揚げ足取る前に言っとくけど
「小学校」の2年2組じゃなくて「中学」のだよね?

372 :大人の名無しさん:2001/03/10(土) 22:14
みんなに読んで欲しいから、age

373 :大人の名無しさん:2001/03/12(月) 00:12
いい話だったね。

374 :大人の名無しさん:2001/03/13(火) 22:46
定期age


375 :大人の名無しさん:2001/03/14(水) 18:12
昨夜ビール飲みながら読んでたら大変なことになっちゃったage

376 :大人の名無しさん:2001/03/16(金) 00:56
病院で知り合った車いすの彼に偶然10年ぶりにあった。
元々寡黙な性格だったが事故で障害者になって以来ほとんど外出もせず、
会話らしい会話はほとんどできなかった。
私のことも憶えていなく入院中のこともほとんど記憶に残ってないそうだ。
うつろな目で無気力さだけが漂ってきた。

彼に同情して涙が出た訳じゃないけれど、ただ悲しかった。
もっと周りがいろいろなサポートができたんじゃないのかと。
でも退院後の10年は彼が選んだ人生なんだろうな。
とりあえずインターネットを薦めて別れた。

377 :>>366:2001/03/16(金) 01:43
文章の長さと、その内容からさっして何かの小説のような気が…

378 :大人の名無しさん:2001/03/16(金) 10:45
最近涙もろくなってきた

379 :アスリート名無しさん:2001/03/16(金) 20:12
あげよう

380 :大人の名無しさん:2001/03/17(土) 16:26
定期age

381 :大人の名無しさん:2001/03/18(日) 15:14
ageナイト

382 :名無しです:2001/03/18(日) 15:56
広末の映画「秘密」観て泣いたのって、私だけ?

383 :大人の名無しさん:2001/03/18(日) 16:22
映画は観ていないど小説読んで結構ぐっときました。
でも男性と女性ではずいぶん感想が違うみたい。

384 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 00:27
映画「レナードの朝」は号泣します。

385 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 13:27
火垂の墓、ダメ、、、。

386 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 13:49
モウネタギレ ムリシテアゲルナヨ

387 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 16:02
あがっていると「あっ上がっている!」って思わず選んじゃうスレ。

388 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 16:50
ぼくは、シロ。
みきちゃんのイヌ。
ぼくは、いつも 楽しくて、
うれしくて、
しあわせ だった。
みきちゃんが、だいすきだった。
ずっと いっしょに いられると思った。
どうして かな。
なんで かな。
みきちゃんが、いなくなった。
ぼくは、いつも さみしくて、
かなしくて、
ふこう だった。
みきちゃんに 会いたかった。
とっても会いたかった。
どこ?どこ?どこ?どこ?どこに いるの?
シロ、ってよんで。あたまを なでて。


389 :大人の名無しさん:2001/03/22(木) 16:50
「シロ、シロ。もう、いっしょにあそべなくなったね。
いっしょにごはんも食べれなくなったし、
あたまもなでてあげられない。
でもね、そばにいるよ。いつでも会える。
今も これからも、ずっとかわらない。」
それは、僕をよぶ とてもなつかしい声。
ぼくは、シロ。みきちゃんに 会えた。
目をつむるとね、みきちゃんのこと 考えるとね、
いつでも 会えるんだ。
とおくて、ちかいとこにいたんだね。
まぶたの裏で ぼくらは、かわらない。
ぼくらは、あの時のまま。
ぼくは、シロ。
みきちゃんに、
いつでも会える。

390 :大人の名無しさん:2001/03/24(土) 01:58
とりあえずあげ

391 :大人の名無しさん:2001/03/30(金) 09:15
 友達と旦那様の乗った飛行機が墜落した。彼女とはとても仲良し
だった。同じ日に寿退社して、偶然にも結婚式は一週間違い。結婚
してからもずっと仲良くしようね、って言ってたじゃん。まだお互い
新婚だよ!なんで先に逝っちゃうのよ…。

 お葬式が終わっても、ずーっと悲しいままだった。何をしても楽しい
気分になれない。気がつくと彼女のことを考え、街を歩いていても涙が
勝手にポロっとこぼれてくるのに、思い切り泣くことができない。
なんだか頭の中に霧がかかったような、最悪の精神状態が続いた。

 数ヵ月後、彼女の誕生日に、納骨の済んだばかりの新しいお墓に
お参りに行った。可愛いバースデーケーキと素敵な花束を買って
いってお供えした。

 その日の夜、彼女の死後、初めて彼女の夢をみた。私も彼女も、
これは夢の中のできごとだということを知っていた。そして、目
が覚めるたら、もう私たちは2度と会えないということも。
 そして私たちは抱き合って、思い切り泣いた。ずーっとずーっと
泣いていた。

 目が覚めた時、私はやっぱり泣いていた。横でびっくりしてる
旦那の腕の中にもぐりこみ、彼女の死後初めて、声をあげて大泣き
した。「○○ちゃんがかわいそうだあ!」と何度も叫びながら。
旦那は黙って聞いていてくれた。

 その夢以来。不思議なことに彼女との楽しい思い出しか思い
出せなくなった。思い出の中で彼女はいつも微笑んでいて、
私も思わず微笑んでしまう。もちろん街中でふいに泣くことも
なくなり、私に笑顔が戻った。
 あの夢は、いつまでも悲しんでいる私に、彼女が最後のお別れ
に来てくれたのだと思う。

 あれから10年近くたつ。私もそれなりに辛い経験をして
いるけど、その度に彼女が見守っていてくれる気がする。
 あの世での再会を楽しみに、とりあえず私はこっちで頑張って
生きている。

 %%%%ネタじゃないです。%%%%

392 :名無しさんの野望:2001/03/30(金) 10:22
なんちゅう良いスレッドだ・・・
こんなの2ch来てから始めてみたぞ(^^;
30歳以上にならないと来れない(厨房はこない)からなのか?
とにかくよかったっす(TT

393 :大人の名無しさん:2001/03/30(金) 23:23
age

394 :大人の名無しさん:2001/03/31(土) 17:08
何がきっかけでどう転ぶか人生分からないな。
>>391の亡くなった犠牲者の冥福を祈りつつ…。

395 :大人の名無しさん:2001/04/01(日) 06:40
391で号泣age(T-T)


396 :大人の名無しさん:2001/04/01(日) 09:51
転勤になって、一人暮らしを始めた。慣れないことばかりで、かなり
へばっていた。ある日、出張先のホテルで夢を見た。
なぜか、実家の居間でソファーに寝転がってTVを見ている。もう深夜
で部屋の電気も消して暗い中で、TVが青い光をちらちら放っている。
もう疲れて一歩も動けない、早く自分の部屋で寝なきゃと思いなが
ら、TVを眺めていると、父が2階の自室から降りてきて、ちょっと
こっちを見た後、冷蔵庫の中を覗いて、背を向けながら、
「おまえ、いつまでそんなことしているんじゃ。仕事ばかりしてん
と、自分の身体大切にせーよ。」
と言った。
そこで、目が覚めた。胸の中の何かが外れて、暖かいものがこみあげ
て来ていた。枕を抱いて嗚咽していた。転勤前には、いろいろなこと
があって、父と冷戦中であった。うちの父は、口下手でほとんど話を
しないが、たまに何かこちらに話すときは叱責の言葉ばかりであっ
た。転勤前に、いつも深夜まで続く残業に
「おまえ、よっぽど仕事がでけへんのやなぁ。きちんと定時までに仕
事、よう終わらさんのか。」
などと言うので、大喧嘩したばかりであった。
「あほやなぁ、父さんは。もっと別の言い方したら、きちんと通じる
のに。」
と言いながら泣いていた。宿泊のホテルから、客先に向かう地下鉄の
中でも涙が止まらずに、周囲の怪訝な視線を浴びながら泣いていた。
その日の仕事を終えて、実家に電話した。母が出て、互いの近況につ
いて話した後、
「父さんいる?」
って聞いたら、しばらく電話先で話した後、
「元気にしてたら、それでええって。何も話すことあらへんって言っ
ているよ。」
「父さんらしいな。元気にしているってだけ言っておいて。」
と言って切った。夢の話をするつもりだったが、そういうのがなくて
もつながっているという安心感があった。
それから一週間後、過労から、はやり目と風邪を併発して、高熱と一
時的な失明のため、一ヶ月休職して、実家で両親に面倒見てもらうこ
とになるとは、予想もしていなかった。

397 :大人の名無しさん:2001/04/01(日) 20:39
親のありがたみは離れて気づく訳やね

398 :大人の名無しさん:2001/04/09(月) 16:52
某所からのコピペ。
嗚咽と言うよりちょっといい話。
---
事情があって生活保護を受けている母子家庭の知人の子供が。
夏休みに法事で東京へ来た。
「おじさんがディズニーランドへ連れてってあげるよ」と言うと
頑なに固辞するので、子供のくせに遠慮するなあと思って理由を訊いたら
「だって高いから」とだけ言うと、その子は下を向いてしまった。
「じゃあおじさんと、明日どこかドライブへ行こう」と次の早朝連れ出した。

首都高から湾岸線、浦安で降りるとTDLの看板があり、その子は
まだきょとんとしていたが、駐車場へ入るあの角を曲がったときの
その子の驚きと感動の歓声が忘れられない

持ちきれないくらいのおみやげを買ってやり、
5万くらい使ったが、馬にぶち込むよりはいい使い方だと思った。

399 :大人の名無しさん:2001/04/09(月) 17:00
391・・・泣泣泣泣泣泣!!!
プロジェクトX並だ。

400 :大人の名無しさん:2001/04/09(月) 17:06
2ちゃんねるのスレで初めて泣いてしもた。
感動age

401 :大人の名無しさん:2001/04/10(火) 09:16
>>398
>5万くらい使ったが、馬にぶち込むよりはいい使い方だと思った。

馬で当たるよりも大きな配当がくるかも知れん。

402 :大人の名無しさん:2001/04/10(火) 12:38
うおー!(ToT) こんないいスレあったんじゃねえかage

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/10(火) 13:11
アニメの「赤毛のアン」でマシュウが死んじゃう回。
「いいかい、1ダースの男の子よりもだよ...アンは儂の娘じゃ」
姉と堪らず号泣。二人ともとっくに成人してたのに...ううぅ。

404 :大人の名無しさん:2001/04/25(水) 20:01
dat逝き防止

405 :大人の名無しさん:2001/04/26(木) 12:22
remember me

406 :大人の名無しさん:2001/04/26(木) 13:20
久しぶりに発見あげ。

407 :大人の名無しさん:2001/04/27(金) 17:55
あげ


408 :大人の名無しさん:2001/04/28(土) 01:26
3年前に父が他界した。重度のアルコール中毒により肝臓を壊し肝硬変に
なった事が直接の原因だった。倒れた後、昏睡状態に陥り一度も意識を回復
することなく息を引き取った。家族を省みる事もなく、働く意欲も失せ、総ての
責任から逃れる様に酒に溺れた父は人生の落伍者だった。
親は選べないからな・・諦めにも似た感情の中で激しく父を憎悪していた俺は
父の死もまったく哀しくはなかった。むしろほっとしたというのが偽らざる本心
だったのだろう。葬儀の日、母と妹は父の為に涙を流した。俺は喪主として葬儀を
片付ける事しか考えていなかった。その後、一周忌、三回忌と流れる日々の中で
まったく父の事を思い出す事も無く、俺の記憶から父は完全に消え去っていた。
俺は冷徹な人間なんだろうな・・自嘲気味にそんな風に考えていた。

先日、よく晴れた日に仕事で海岸線を走っていた時、不意にまだ小学生だった頃
の夏、父と海にいった日の思い出が蘇った。俺と友人を連れて海に来た父はまだ
若く、俺達と一緒に実に楽しそうに泳いでいた。スポーツ万能で結構男前だった
父は当時の俺にとって自慢の父親だったな・・そんな事をぼんやり考えていたら
不思議と涙が溢れてきた。父の死後初めて流した涙だった。

コンビニで酒を買って帰り父に供えた。酒を憎んでいた俺がそんな事をしたので
母は少し驚いた様子だったが「珍しい事もあるねえ、おまえが父さんに供え物を
するなんて。」と言い心底嬉しそうに微笑んだ。

409 :大人の名無しさん:2001/04/28(土) 12:57
このスレッド、何回も何回も読み返してしまう。
そのたびに涙しているような気がするよ。

410 :大人の名無しさん:2001/04/29(日) 03:43
母親が急逝しました。何の虫の知らせも無く連絡を受けた時は
もう逝った後でした。妙に冷静になっている自分とどうしたらいいのか
わからない自分とが交錯してます。灰になる前にそっと母の髪の毛を少し
切りました。ヘアークリームの匂いがして白髪まじりの髪を見つめていたら
ふいにいろんな事が思い出されて・・・あとからあとから涙が出てきて何も見えない。
風呂場でタオルに顔を埋めて泣きました。今はただ喪失感でいっぱいです。
もっと生きてて欲しかった。何もしてやれなかった。


411 :大人の名無しさん:2001/04/29(日) 10:10
2歳になる娘がいます。私はこの子を抱き上げたりおぶったり
してあげたことがありません。
高校のときの事故で、右肘から下がほとんど動かないからです。
でも子を思う親としての気持ちは、決して人に劣っていないつもりです。

先日離婚が決まりました。
主人が有責なのに、他に女の人を作ったからなのに
腕のせいで親権をとれませんでした。
娘とはあと2ヶ月しか一緒にいられません。

買物の帰り、娘と手を繋いで歩きます。
だらりと下がった右手を、娘が精一杯の力で握ってくれて
でも、私はその手を握り返してやれない…
一杯抱っこしたり、おんぶしたりしてあげたかった。
ずっと、ずっと傍にいて成長を見守りたかった。

412 :大人の名無しさん:2001/04/29(日) 14:51
>>218
末期の妻や娘に一日中付き添っている事ができない男の人生についても
考えてみよう。
>>223
「飴と鞭」


413 :大人の名無しさん:2001/04/29(日) 17:24
つくづく人生って大変だと思います。みんなに幸あれ!

414 :大人の名無しさん:2001/04/30(月) 20:38
「同情して嗚咽」と「他人の不幸は蜜の味」は紙一重


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/30(月) 22:33
>>414
微妙に違うね。チミはそうなのかもしらんが。

416 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 01:39
30代になってから、何を見ても何を聞いても涙腺が弱くなった。
歳かなぁ・・・・。

417 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 02:30
>>411さん
一番かわいい盛りで・・・胸が詰まります。。
気休めに聞こえるかもだけど、親になってから得た私の結論を書かせて

ずっと近くに居る愛情薄い親よりも(あ、コレ私の親の事です)
どんなに離れていても、深い愛情を持ってくれている親の存在の方が、
子どもにとって大きな精神的支えになる←一生モノです

418 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 03:08
スレッド全部読んだ。

俺は18の時に大学入学で親元離れてそれっきりのパターンだけど、
だいぶ前に、ふと両親のことを思って夜中に泣いたのを思い出したよ。
まさしく嗚咽でした。
そろそろ40だけど、両親と一緒の時間よりこっち(東京です)に
いるほうが長いんだよな。うまく言えないけど、そのあたりで悲しく
なったわけだ。



419 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 18:01
GW半ばあげ

420 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 23:22
age

421 :大人の名無しさん:2001/05/01(火) 23:51
2ヶ月前会社の同僚が39才の若さで肺ガンのために死んだ。
手術の経過がよくないのでうすうす予感はしていたが知らせを聞いて
すぐ実家まで枕焼香(っていうのだっけ?)に行った。
実家では奥様も、もうさんざん泣いた後だったのでしょうが気丈に
対応していて私も涙をこらえて座っていました。
その時です、3才の次男坊が私にちっちゃな手で座布団をもってきたのです。
お父さんが死んでしまった状況も理解してないのでしょう。
「どうぞ」そう言われた瞬間、私はまさに嗚咽してしまいました。



422 :421:2001/05/02(水) 00:03
最後の て はなんでしょう。
すいません。

423 :不良中年:2001/05/02(水) 01:27
ああ、鬼の目にも涙だぜ。(グチョグチョ)

424 :おとなの名無しさん:2001/05/02(水) 01:36
忘れてしまいたいことやー
どーしようもないさびしさにー
つつまれたー時に男はー
酒をのむのでしょー

>>421 俺もだ。

425 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 04:05
最近、予備校の自習室で弁理士試験の勉強をしている人をみるたびに、わたしは、「ああ、なんてかわいそうな人たちなんだろう。この人たちは、司法試験の勉強がやりたくてもできないんだなあ」って、思います。
 最近わたしは、予備校の自習室でよく見かける女性(弁理士試験受験生)が、ラウンジにいたので、「こんにちは」って挨拶をしました。そのひとは、わたしの母校の大学の図書館でも以前見かけたことのある人だったからです。予備校のラウンジではお互い感じよく自己紹介もしました。良いお友達になれそうな予感がして、正直、すごくうれしかったです。
 でも、その女性は、それ以降、突然わたしに対して陰険な、性の悪い態度を取り始めました。徹底的に無視されました。わたしはその理由がはじめのうちはよくわからなかったのですが、よく考えて見ると、そのひとも本当は司法試験の勉強がやりたくてやりたくてたまらない、だから、わたしが司法試験の勉強をしていることがうらやましくて仕方が無い、だから、わたしに対してこんな陰険な態度を取るのである、ということが判明しました。将来わたしは司法試験に合格して高級スーツに弁護士バッジを身につけて、颯爽と街中を闊歩する。なのに、彼女は、どんなに頑張っても、わたしの輝かしい人生には遠く及ばないんですものね。まあ、彼女が合格することは、まずありえないことだろうけど、万が一弁理士になれたとしても、どんなに頑張っても、訴訟代理権は、無し。だって、弁「理」士だもん。そりゃあ、わたしがうらやましがられちゃうの、当然ですよね。芥川竜之介「蜘蛛の糸」でいうと、わたしは蓮の葉の上でカンダタたちがよじ登ってくるのを見下ろしているお釈迦様。彼女は、えっちらほっちら蜘蛛の糸をよじ登ってくるカンダタなんですから。蜘蛛の糸、ぷっつん、はい、ご苦労さん!!…・本当に、最近、予備校の自習室で弁理士試験の勉強をしている人をみるたびに、わたしは、「ああ、なんてかわいそうな人たちなんだろう。この人たちは、司法試験の勉強がやりたくてもできないんだなあ」って、つくづく思います。社会の最底辺に生きている人の気持ちが、よくわかり、いい勉強になりました。それに比べて、わたしは、ああ、なんて幸せなんだろう!!!

426 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 04:15
優越感に浸りたいなら、
せめて受かってからにして下さい(笑)

427 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 08:33
捕らぬ狸の皮算用ってか。
それにスレ違いだし。

428 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 13:44
>>425
 このォ〜 嫌われ上手ゥーん

429 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 17:51
>>425は女性ですか?
まさかぶっさいくじゃないですよね。

430 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 17:58
下らないコピペ>>425とそれへのレスで
この良質スレが荒れませんように

431 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 21:18
>430
こういうレスが荒れる元。

>431
オモエモナー

432 :大人の名無しさん:2001/05/02(水) 22:41
同居していた父が急逝した。私の幼い娘の面倒をみることに全てをかけてくれていた
優しい父だった。だけど、一緒に生活している時は教育方針の違いで言い合いもしたし
夫婦間のトラブルにも巻き込んでしまって本当に迷惑かけていたと思う。

先日2歳の娘が「じーちゃん、書くの。絵、書くの」と言って
画用紙を引っ張り出してきた。
そこには娘と一緒に書いたのであろう、実に様々なイラストというか落書きが本当に
沢山あって、私がいない昼の時間に父と娘が過ごしたなごやかな時が感じられた。
父の書いた絵を見ていたら、自分も幼い頃こうやって父と過ごしたんだなって。
なんだか自分もすごく幼い頃に逆戻りしたようになってしまって号泣した。

433 :大人の名無しさん:2001/05/03(木) 01:27
1さんはなにを思いだしたのでしょう?すごく気になります。

434 :大人の名無しさん:2001/05/03(木) 02:51
>>1さん、出番デスあげ

435 :大人の名無しさん:2001/05/03(木) 21:31
1です。
思い出した悲しいことはやはりまわりで人を失ったからです。
3日間で2人、相次いで亡くなってしまいました。

その後もちょくちょくこのスレッドに書き込んでいます。
感動を求めているわけじゃない。
でもこのスレは色々なしがらみの中で素になれる大人たちがいる。
スローペースながらも自分にとって貴重なスレッドです。

436 :大人の名無しさん:2001/05/03(木) 21:40
1さんのやさしさがつたわってくるような。世知辛い世の中でなんだか
ほっとします。

437 :大人の名無しさん:2001/05/04(金) 00:16
スカパーでch477の沖縄ミュージックを聴きながら読み返してみる。
ゆったりとした蛇味線のサウンドが悲しみを癒してくれるよ。

438 :大人の名無しさん:2001/05/04(金) 17:21
嗚咽ではないのだが・・
昨日うちの小3の次男と自転車の練習をした。
小3で?と笑われるかもしれないが、もんのすごくどんくさいのです。おまけにビビリ。
1つ下の妹はとっくの昔に乗れているので本人、今年こそはとヤル気です。
しかし運動会でもビリ以外とった事がないほどの運動神経で3時間経過しても全然進歩せず。
長男の時も妹のときも1時間ほどで乗れたので私もちょっとあせってきた。
やさしくやさしく、ときには怒り、なだめ、ゲンコはり、ほめて、おだてる・・・
しかし案の定泣き出してしまいました。もうだめかとあきらめかけ「帰るのか?」
と聞くとあの根性なしが「もう少し・・・がんばる」との答えでした。
これでもちょっとグッときたのですが心を鬼にして(大げさか)特訓再開です。
そしてもう日も暮れかかったころ、支えてた手をそーっと離しても乗れるように
なったのです。不思議なもので一回コツをつかむと何で乗れなかったの?っていう
くらいみるみる上達しました。
帰り際、ほこりだらけのジャージをほろってやりながら「やったな、おい」というと
真っ黒な顔で「せっかくの休みつぶれちゃったね、ごめんね」とませた事を言いやがり
やがって不覚にも涙がこぼれてしまった。
たいして金もないので泊まりがけでどこかに行くなんてできないがいい休日だった。
風呂上がりのビールがなまらおまかった。

439 :438:2001/05/04(金) 17:23


440 :438:2001/05/04(金) 17:26
すいません。
>>438
風呂上がりのビールがなまらおまかった。→なまら、うまかった。
>>439
気にしないで。

441 :大人の名無しさん :2001/05/05(土) 03:05
GW半ばage

442 :大人の名無しさん :2001/05/05(土) 14:40
うーん、ほのぼのとage

443 :( ..)_37sai:2001/05/05(土) 15:17
>>438

いや、なかなかいいですよ。 「なまらおまかった」って
北海道はもう雪はとけたのでしょうか?

444 :438:2001/05/05(土) 18:03
>>443
恥ずかしいのであまり突っ込まないで。
北海道はもうほとんど雪は無いですよ。山菜採りの季節です。
札幌では桜が7分咲くらいかな、一番さわやかな季節です。
一度みんなでジンギスカンでも食べにくればいいっしょ。

445 :ほろり:2001/05/05(土) 19:43
>>438
次男坊ちゃんは今日も得意で乗ってますか?
最高のこどもの日だね!

446 :大人の名無しさん:2001/05/05(土) 19:44
9年前に突然死症候群で子供が亡くなった時さすがに涙が!!
しかしその後、警察の事情調書、いい加減にしてほしいが!!!!!

447 :438:2001/05/06(日) 00:31
>>445
今日はお兄ちゃんと練習してました。第一歩目を踏み出して反対の足をペダルに乗せ
スムーズに加速するのが超むずかしいのだそうです。(本人談(微笑
私は今日、全身激しい筋肉痛です。

子供にとっては初めて自転車に乗れた日というのはけっこう思い出に残るんでしょうね。

448 :Mr.名無しさん:2001/05/06(日) 01:56
>>446
ご冥福をお祈りします。
うちも5年前に死産をしました、考えても仕方のない「犯人さがし」を
したり、人から色々好奇のいりまじった質問をされたりしました。
しばらくは疲れていました。

449 :Mr.名無しさん:2001/05/06(日) 18:58
age

450 :大人の名無しさん :2001/05/07(月) 19:05
GW終わってしまったage

451 :大人の名無しさん:2001/05/07(月) 19:13
どうでもいいことだが、
何故、443さんは
438さんが北海道だって分かったんだろう?

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 20:10
「なまら」ですよ。

453 :大人の名無しさん:2001/05/08(火) 00:23
先日結婚6周年を迎えました。
その日の夜遅くまで、旦那と二人で話をしてたんですが
ふと、会話が途切れました。
そろそろ寝ようかな・・と思っていたら、旦那が「あのね・・・聞いてくれる?」と
話しを始めました。
旦那の両親は、彼が5歳の時に離婚してるんですが、今までその話題は
あまり触れないようにしていました。ところが、この日に限って旦那の方から
両親が離婚した時の事を話はじめました。
経済的な理由等々によって、旦那は父方に引き取られる事になったんですが
「行きたくない」と泣き喚く自分を見ていた母親の、何とも辛そうで悲しそうな顔が
今でも忘れられない・・・話ながら旦那は既にボロボロ涙を落としていたんですが
こらえ切れなくなったらしく、枕に顔を埋めて嗚咽していました。
その後、気を落ち着けた旦那は「両親が離婚したのは結婚6年目だったから
自分達はそれを乗り越えられて、本当によかった」と言って
またちょっと泣きました。

私はこの人の妻になって本当に良かったと思ってます。

454 :大人の名無しさん:2001/05/08(火) 12:29
>>453さん
仕事中に泣かせないで。
女房に見せよ。

455 :大人の名無しさん:2001/05/08(火) 22:26
>>453
きっとご主人にとって長い6年だったんでしょうね。
これからの人生に幸多いことを祈ります。
こうやってカキコしちゃうとなんか軽く感じるけれど、
本当にそう思っています。

456 :大人の名無しさん:2001/05/09(水) 00:29
>>453さん
ご主人、6周年記念日を乗り越えられて、本当に良かった
5歳児が抱えるにはあまりにも辛すぎる思い出を、語れて良かった
そして、奥さんが ちゃんと受け止めてくれる人で、本当に本当に良かった

457 :そううまくは逝かないぞ:2001/05/09(水) 02:02
まあ来年が7年目の浮気で離婚まっしぐらという線もあるので
期待することにしよう。

458 :大人の名無しさん:2001/05/09(水) 02:22
>>453
>>457が何か言っているが、男は(ホスト等除く)演技では泣かないから
その点は信じてよいだろう。
ただ、下半身は別の人格があると言うのも事実だけどモナー

459 :大人の名無しさん:2001/05/09(水) 02:24
>>446
今児童虐待が流行りだから。。。

460 :大人の名無しさん:2001/05/09(水) 12:53
泣いちゃったよ。。。>>453
ご主人、言えてよかったねえ。
あなたと泣く事も出来て、ほんとに良かったね。
結婚6周年おめでとう!
困った、、、もう花粉も飛んでないよね。

461 :大人の名無しさん:2001/05/10(木) 08:33
 8年前の母の臨終の時、妹は泣き叫んでいた。だが俺と父は取り乱すことは
なかった。そんな二人を妹はなじったが、ほんとうは大声で泣きたかった。でも
そこで感情を爆発させると自分が壊れてしまうように感じた。父も多分そうだっ
たんだろう。

 でも俺は母がもう余命幾ばくもないと知った時、人気のない病院の待合室で
涙を流していた。父も、実家に電話したとき、ひどく声がかすれていたことがあ
った。母がもう長くないことを一番早く知っていた父は人知れず大声で泣いて
いたんだろう。

 今思えば変な意地張らずに大泣きしておけばよかったと思う。おかげで悲し
みが心の内に山積みになって、しばらく辛かったから。

462 :大人の名無しさん:2001/05/10(木) 16:00
泣いたよ。

463 :大人の名無しさん:2001/05/12(土) 02:39
うん、だからあげ。

464 :大人の名無しさん:2001/05/12(土) 03:45
母の余命がもうわずかしかない。
去年手術したときに覚悟していたのだけれど,
様子を見ているとその日が徐々に近づいてきているのがわかる。
本人の目の前では明るくふるまおうと思うのだけれど,
ふくよかだった身体に肉はなくなり,
症状が急速に悪化して,もう歩けなくなってしまった。
毎日見舞いに行っている父は
いつも話をしながら背中をごしごしこすってやっている。
母は「ああ,気持ちがいいよ」と,おとなしく座っている。
俺は見舞いに行っても何も言えず,ぼんやりとしている。

もうすぐ母の日だと気づいた。
来年はカーネーションの色が変わってしまうんだと
今日,気づいた。
泣いてしまった。

465 :大人の名無しさん:2001/05/12(土) 09:35
>>464
気休めにもならないレスだが、
母上様の残された日々をなるべく楽しい思い出で埋めてあげてください。

466 :大人の名無しさん:2001/05/12(土) 23:19
>>464
私は母を7年前に亡くしました。
昨日、花屋でカーネーションを見て、もう赤い花では
無いと初めて気がつき悲しくなりました。
自殺でしたので、とても長い間、今も・・・ですが
思い出しては泣いてしまいます。

お母様のこともですが、どうぞ、ご自分の健康にも
お気をつけて、心の中に、お母様の良い記憶をなるべく
たくさん覚えておかれるといいと思います。

467 :大人の名無しさん:2001/05/13(日) 09:51
age

468 :大人の名無しさん:2001/05/13(日) 12:22
年をとると、死というものに接する機会が多くなるね。

469 :大人の名無しさん:2001/05/13(日) 12:39
私は両親、祖父母ともに健在です。皆さんが経験したことの
辛いレスを読んでいると、それはとても幸せなことなんだなあ、
と思いました。
でも、いずれは訪れるであろう別れの日に、どう向き合えば良いのか、
正直言って分かりません。何か、怖いです。

470 :大人の名無しさん:2001/05/13(日) 22:41
>>469
うん、わかるわかる。
でも、きっと別れも意味があったのだといつか思えるようになる。

471 :大人の名無しさん:2001/05/14(月) 01:35
とにかく子供の頃から、両親に迷惑をかけていた。親のいやがることをわざと
やっていたかも知れない。
「こいつら全然わかってねえ」と大きくなっても思っていた。

20代になっても、親に迷惑かけどおしだった。借金の肩代わりさせたり。
30過ぎてやっと自分のやってたことに気がついたら、今度は恥ずかしくて実家に顔を
出せなくなってしまった。
それでもある日久しぶりに帰ったとき、父親が「生活は大丈夫か?少ないけど
足しにしろ」って自分の持っていたお金を小銭まで私に渡してくれた。
家だって自営業で、今はスーパーに押されて閑古鳥ないてるのに、それに私は
両親の老後の蓄えまで食いつぶしたってのに…手のひらに載せられた、鈍く光る
小銭を見ていたら、涙が止まらなくなってしまった。

昔は言えなかったけど、今は声を大にして言える。
「うちのオヤジは世界一いい男だ」って。

結局まだ恥ずかしくてろくに実家には帰ってないんだが、これを書いてちょっと
すっきりした。近いうちに実家に帰ろうと思う。
やっとほんの少し生活にも余裕がでてきたから、新しい服でも買ってあげよう。

472 :当方十代:2001/05/14(月) 08:43
昨日このスレ読んだ後さ、
街でカーネーションもった子供みたのよ。
そしたら、知り合いのおばちゃんが近寄って来てさ、
なんか声かけてくるのよ。
なんだろ?って思ったら、
俺、泣いてた。
ここを読んだことも、一因だけど、
そういえば、高校卒業して一年以上、全然連絡してなかった。
おふくろも、親父と離婚して一人暮し・・・
頼りの叔父も入院したとかで、
大変だろうなぁ、寂しいだろうになぁ、と。
涙がとまらなくなってた。人前で情けないと思いつつも、とまらなかった。
実家に電話しようと思いました。

473 :大人の名無しさん:2001/05/14(月) 11:22
みんないい人だなあ〜。

474 :大人の名無しさん:2001/05/14(月) 15:13
バツ付けて、乳飲み子を抱えて実家に帰ったのが8年前。
ちょうどその時、父親が事業に失敗して借金を山ほど抱えていた。
親戚中にも借金。サラ金数社からも督促の電話が月末には休むまもなく来ていた。
父には、何がなんでも借金を返すんだという意志はなかった。
平然と嘘を繰り返し、のらりくらいとその場限りの言い訳で逃げ回っていた。
母も精神的につらかったのか酒量が多くなり
夜、酒を飲むと人が変わったように暴言を繰り返しては暴れる。
結局、耐えかねた私が父に借金の任意整理の手続きをさせ、
乏しい給料の中から弁済をして5年経った。
その間も両親の諍いは止まず、私も収入を当てにされ独立もままならなかった。
そして最後の支払いが今月終わる。
今まで、何度も何度も何度も布団の中で声を殺して泣いた。
だけど子供の顔を見て、歯を食いしばって頑張ってきた。子供は4年生。

きのう母の日にマグカップとグラスをくれた時、初めて子供の前で泣いた。
「おかあさんありがとう」の一言で、全て報われた気がした。
もう少ししたら、二人だけの生活が始められる。布団の中でもう一度泣けてきた。

475 :大人の名無しさん:2001/05/14(月) 17:33
正直者が馬鹿を見ませんように。
がんばってる人がババをひきませんように。

476 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 01:34
>>471
>家だって自営業で、今はスーパーに押されて閑古鳥ないてるのに、それに私は
>両親の老後の蓄えまで食いつぶしたってのに…手のひらに載せられた、鈍く光る
>小銭を見ていたら、涙が止まらなくなってしまった。
>>474
>今まで、何度も何度も何度も布団の中で声を殺して泣いた。
>だけど子供の顔を見て、歯を食いしばって頑張ってきた。

「親の、子への無償の愛」に、泣きました。私も、こんな親に なりたい。

477 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 10:54
>>474
私も親のサラ金の返済には泣かされた。あの取り立ての恐怖は消えない。
しかし、親亡き今、すべて許せる。3歳の子どもを笑顔で育てられるのも
あの眠れない日々の苦労のおかげと思える。
苦労も乗り越えられる強い子に育てようじゃないか。

478 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 11:45
高校生のとき親友と殴り合いのけんかをして負けなんかくやしくて泣いてしまいました。
泣いた自分が惨めで情けなくそれ以来、人前でも1人でも涙を流して泣かないと誓いました。
それ以来20年近く涙を流して泣いたことはありません。あのときの涙が逆にくやしくて
泣けてきそうなことがあってもぐっとこらえてしまいます。
今結婚して5年目ですが妻が不妊のため子供がなかなかできません。
子供ができたら泣けるだろうな。いや泣いてみたい。

479 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 12:06
>>478
妻が、て、あんた・・・

480 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 14:29
家出同然に親元から離れて5年になった。
居所も教えてなかったので、どんなにか心配かけたことだろう。
何処からか、母が住所を知ったのでだろう。
中学しか出ておらず、字も下手で漢字もろくに書けない
母からの手紙が来た。
折りたたまれた1万円札と「これでなにかを買いなさい。」と。
おかあさん。ごめんなさい。

481 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 14:35
>>480
おかあさん、大切にな。

482 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 15:01
このスレは好いもんだね。
最初から読んで何度ティッシュを目頭にあてたことか。
2chに見られる煽り・荒れにしょうがないのかなーと
思ってたところだったんです。
私にここに書かれているような親の愛を
子供に与えていくことなんて出来るんだろうか・・。
おかあさーーーーん。長生きして〜な。

483 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 15:59
ねたかな。

484 :483:2001/05/19(土) 16:00
>478
ごめん、なんかすごいスピードでぼっとしてたら。。

485 :大人の名無しさん:2001/05/19(土) 22:08
ぼっとしてたら、、、、、どうしたのっ!!!!

486 :Mr.名無しさん:2001/05/20(日) 16:29
age

487 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 03:14
仕事をやめて、専業主婦ってのになった。
体はボロボロで、生理はめちゃくちゃ。セックスなんかする気にもなれない。
その最中に家族で唯一愛してくれて、愛してた祖母がなくなって、
もう、私なんか生きててもしょうがない、ムダな人生と思うようになった・・・。
恥ずかしいけど、ろくに買い物もしない、引きこもりで何年も過ごした。
それでも夫は、出かける前と、帰った時に、必ずキスしてくれる。
週末に、一緒に買出しに引っ張り出してくれる。
私が元気そうにすると、とってもうれしそうにしてる。
好きで一緒になったけど、これほどの男とは知らなかったよ。
この人だけは、悲しませたくない。幸せにさせたい。
結婚してよかった。今度は、私があなたを守ってあげる。

488 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 03:22
>>487
寝ようと思ってた寸前にこのレスだよ。(勘当
今度はあなたが強くなる番だね。

489 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 03:27
>>488
同意ー。

490 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 03:56
ありがとうございます。>488、489
甘えすぎですよね。これからは私がしっかりしなければ。
今まで私に甘えられなかった分、たっぷり愛そうと思ってます。
ここ数年間の彼の忍耐と愛情を思えば、
私はどんな事も耐えられそうな気持ちです。
強く、揺るぎのない安らぎの場所をあたえてあげれるように、がんばります。

491 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 17:18
数年前に祖父が亡くなった
その晩は、悲しくて悲しくて一晩中布団の中で泣いていた
そんなとき、RCサクセションというバンドの
”空がまた暗くなる”という歌をふと、思い出した

 大人だろう? 勇気を出せよ
 大人だろう? 知ってるはずさ
 悲しいときも 涙なんかもう二度とは流せない
  (中略)
 悲しいときも 涙だけじゃ
 空がまた暗くなる
 空がまた暗くなる
 この空がまた暗くなる

あれ以来、”悲しいときに泣くのは止めよう”
って心の中で誓った。

みんな、泣くなよ。大人だろう?
でも、どうしようもないときは大声で泣こうね
誰もが許してくれるよ

492 :大人の名無しさん:2001/05/25(金) 17:23
>>491
秋田実賞でも狙うのかい?(ぷっ

493 :age:2001/05/26(土) 21:14
age

494 :大人の名無しさん:2001/05/26(土) 21:22
>>492
逝ってよし

495 :大人の名無しさん:2001/05/27(日) 03:58
>>492 ←不幸な環境で育った孤独な人って感じる、こーいうの、やめれ
 

496 :大人の名無しさん:2001/05/27(日) 04:06
>>487
・・・うらやましいなぁ・・・。
なんでみんなが普通にできてる「結婚生活」が
私には出来なかったんだろう・・・?
みんな、普通にできてるのに・・・私が欠陥品なのかな。

497 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/27(日) 04:11
>>496
みんなができることをできなくても
「少数派」なだけ。
欠陥なわけない!

498 :大人の名無しさん:2001/05/27(日) 04:44
>>495
そうか説明出来なかったんだが、そんな感じ。
これから先もいい事なさそうな人のよう。

499 :名無しさん@お腹いっぱい :2001/05/27(日) 13:35
18年働いたテレビが今日壊れた。
親父がボーナスで買ったテレビで、今度は自分が買おうと軽トラに古いテレビ乗せ
て新しいのを買いに行く途中、泣けてきた。じーちゃん 両親 子供三人
茶の間でこのテレビで泣いたり笑ったりした。家族が一番いい時だったのかも知れ
ない。18年の間にじーちゃんが亡くなり、妹が結婚 弟が就職で三人に。
今年 自分が結婚でアパートに入るので両親二人になる。
店に着いた頃目が真っ赤になっていた。古いテレビにありがとうを言い
年老いた両親が見やすい大きなテレビを買った。
でも、ちっともうれしくない自分がいる。むなしい。

500 ::2001/05/27(日) 15:24
>>499
似た体験あり。30年住んだ家を、建て替えで壊すとき。
取り壊し前日に一人だけ家を訪れ、ガランとした家の中で柱や壁に手を当てて浸った...。

501 :大人の名無しさん :2001/05/27(日) 19:50
物にも情が移っちゃうよねー

502 :大人の名無しさん:2001/05/27(日) 22:12
子供が2歳になってすぐ、風邪をひいた。なかなか治らないので変だと思い、
いつもと違う病院に。しかし、そこでも風邪薬が出ただけだった。そのうち、
走り回ってた子供がトコトコ歩くようになり、次に立ち上がるのも嫌がるように
なり、しまいにはハイハイでしか移動しなくなった。
足が悪いのか?怪我してるのか?痛くないのか?何を聞いてもはっきりしない。
赤ちゃん帰りかとも思ったが、バランス感覚がなくなったのでは・・と心配に
なり耳鼻科、整形、小児外科、内科、とにかくいろいろ訪ねた。整形でレントゲン
をとり、関節に少し影があるので詳しく調べましょうといわれMRIで断層の写真
を撮って、さらに「万が一もあるので、血液も調べましょうね」ということに。

その日は足にギプスをしてもらい、次週の予約をいれて帰ってからわずか30分後。
「明日、内科の先生のところへ行ってください」との電話。何で???

翌日内科に行くと別の病院にすぐ行くように紹介状を手渡された。何だよ???

紹介された病院では予約の人を飛ばして案内された。子供とすぐに引き離され
奥からは泣き声しか聞こえない。何なんだ?どうなってんの?訳がわからないまま
次に見た我が子は点滴が入り担架に乗せられて行ってしまった。
入院の手続きをするように言われ病名も知らされないままばたばた時間が過ぎた。
昼過ぎに行った病院で、ようやくはっきりとした病名を知らされたのは、日も暮れた
6時半ごろ。

503 :大人の名無しさん:2001/05/27(日) 22:48
ちょっと 続きが心配、、、、
うるうる

504 :僕たん(35歳):2001/05/27(日) 23:00
気になるからあげ。

505 ::2001/05/28(月) 00:14
気なって寝られないじゃないか〜。 >>502

506 :502:2001/05/28(月) 02:20
ごめんなさい。続きです。

で、女医の先生が、手に持っているファイルに娘の名前が書いてあった。
分厚いファイルで、なんかだんだん怖くなって、「何からお話しましょうか?」
って言われた時、とりあえず、正式な病名を教えてくださいとお願いした。
「急性リンパ性白血病です・・」
僕らの世代は山口百恵がドラマで演じてた怖い病気というくらいのイメージが
強くて、正直めまいがしたよ。
先生は言葉を選びながら、「ご自身を責めないでください、因果関係も何も
はっきりしていない病気です。不幸中の幸いというか、お嬢さんの場合は助かる
確立が最も高いところに分類されます。化学療法で6〜7割は治癒するまでに
なっています。」
不思議と、その日は冷静に聞けた。でも、翌日仕事の休憩中に車で休んでたら
突然恐ろしく不安になって、「なんで、うちの子なんや!何も悪いこと
してないやろ!なんであんなちっちゃい手に針刺されてるんや!」言葉に出して
泣いてたよ。

おかげさまで今のところ順調に治療は進んでます。状況の厳しい子供たちが病院に
まだまだ沢山いて、素直には喜べない部分もあるんだけど。
でも、生きるってことを真剣に考えたよ。今の時代に感謝した。希望のある時代に
この子が生まれてよかったと。

507 :匿名きぼ〜ん:2001/05/28(月) 04:04
502さん、502さんのお嬢ちゃん、
がんばれ!! 病気なんかに負けるな!!

508 :502:2001/05/28(月) 04:21
>>507
ありがとう。全ての子供とパパ、ママたちに、健康と希望を・・・
おやすみなさい。

509 :大人の名無しさん:2001/05/28(月) 05:12
頑張ってね!私は骨髄バンクに登録してて結婚して子供が出来るまでは
いつでもあげるよ!まだまだ結婚する予定ないしねー。
二次検査まで行ってるので連絡があった時は即移植だ。

510 :大人の名無しさん:2001/05/28(月) 11:13
子どもの入院はつらい。
面会時間が終わって、音楽が流れ始める頃、1歳半の我が子がベッドの柵から
手を伸ばして「いや〜!!ママ行かないで〜!!」と大泣きする。
看護婦さんがさっと寄って来てくれて子どもを抱き上げてくれる。
我が子の泣き叫ぶ声を聞きながら、「明日も1番に来るから、、、。」と言うのが
精一杯。涙でぐしゃぐしゃの顔で病室を出ると、私と同じ様なぐしゃぐしゃな顔の
パパ、ママが何人も、、、。
ああ、つらいよ。替わってあげたいよ。でも治るためにはしかたないんだ。
家に帰って脱力のまま、コンビニ弁当を食べて今日が終わる。
502も頑張れ!負けるな!

511 :大人の名無しさん:2001/05/28(月) 18:21
生活板のクソスレからこちらに来るとほっとする。

512 :大人の名無しさん:2001/05/28(月) 18:49
>>502さん
小さいお子さんなら、さいたいけつ(字が解らないので失礼)での
骨髄移植という道もあります。骨髄バンクの登録者も年々増えている
ようです。良い方向に向かうことをお祈りします。

>>509さん
お体を大事にして下さいね。
私は、ドナー登録して3年目くらいで2次検査、それから、5年ほど
してから、適合する患者さんがあり、急遽、3次検査と医師からの説明、
弁護士立ち会いの元での最終同意をし、移植手術日まで決定していました。
ところが、最終の健康診断で、2年ほど前の風邪をこじらして入院し
たことがネックとなり、移植手術は見送られました。
多分、患者さんも移植に向け、期待をしていたと思います。
申し訳ない気持ちで、いっぱいになりました。

513 :通りすがり:2001/05/28(月) 21:58
あげます

514 :大人の名無しさん:2001/05/29(火) 00:46
私は過去に下半身麻酔で手術を受けたことがある。
脊髄に麻酔を打たれる瞬間が一番恐ろしかった。
あの時の怖さを思うと骨髄バンクの登録はできない。

一方待ち続ける患者がたくさんいるのは知っているし、
いつ自分や家族が患者になるかもしれない。
身勝手さがでていやなんだけどね。

515 :509:2001/05/29(火) 00:50
いや、それが正解だと思うよ。私も家族がいたら断る。
5割程度しか助からないのに命をかけるなんてアホだと思うよ。
ドナー登録しろ、なんて簡単に言う奴は氏ね、って思う。
あのCMの団体やそれに関わる広告代理店の奴らなんて
絶対登録してないはずだ。むかつく。

516 :大人の名無しさん:2001/05/29(火) 03:19
>>515
え?なんで?私も(ていうか
うち家族全員)登録してるけど、全麻事故って
海外で、1件とかそれくらいなんでしょ?
脊髄麻酔は痛いけど、それ自体は危なくない
はず。でも、人それぞれ考えがあるでしょうしね。
臓器提供意志表示カードも携帯してるよ。
いつ死んでもいいようにって思って。けど
最近、私が死んだあとのだんなの悲しみを
思うと、死にたくないかもって思い始めた。

517 :大人の名無しさん:2001/05/29(火) 17:38
一週間ほど個室で入院してきた。
自分がいた部屋の前には公衆電話があって話声が聞こえてくる。

ある晩、電話をかける音で目が覚めた。
「あー俺、さっき午前1時12分に亡くなった。
うん、みんなにはこっちから連絡するから、じゃぁ。」
と淡々とした口調で話していた。

電話していた人はたぶん40歳代で父親が亡くなったんだと思う。
一通り電話した後に数分してから今度はすすり泣く音…。
きっと他の家族には見せないで一人で泣いていたんだろうな。

518 :512:2001/05/29(火) 22:34
>514さん
近親者以外の骨髄移植手術は、現在では全身麻酔でしか行わないそうです。
私の場合、上記で書いた、手術できなかった原因は、全身麻酔で行うと
万一、気管に影響が出て、入院期間が延びる可能性がある=事故扱いとして
公にしなければならない、とのことで中止になりました。

ちなみに、最終同意は弁護士および医師立会いで、ドナーの家族の同意も
書面にします。
ドナーになる、ならないは、最終同意までは撤回ができます。あくまで
個々の判断です。ドナーになったから見かえりがあるわけでもなく
ならなかったからどうなることもない。
ただ、私が登録したときに、
「患者さんや家族にとって、登録者が増えることは、適合する人が見つかるか
もしれないと言う未来への希望につながるのです。」
と、言われたことが強く印象に残っています。

519 :464:2001/05/29(火) 23:46
長期にわたり帰省していた。
母の葬儀が終わった。
夏までは大丈夫と言われていたのに,
急に病状が悪化し、あっという間だった。
夜,意識のない母の病室に1人で座っていると
苦しそうな寝息ばかりが聞こえ
がんばれよ,がんばれよ,と小さく声をかけながら
母の足をなでた。

母は、付き添っていた父が気づかなかったほど
静かに息を引き取った。

家に帰って祭壇に骨壺を置いて
「お帰りなさい」と声をかけたとき
涙がこぼれてしまった。

520 :僕たん(35歳):2001/05/29(火) 23:54
こんな世の中だからこそ、このスレは必要。

んで、あげ。

521 :465:2001/05/30(水) 00:06
>>519
人事ながら気になっていました。お母様の御冥福をお祈りします。

522 :大人の名無しさん:2001/05/30(水) 00:14
4年前、9人の子供を育て上げた祖母が亡くなった。
出棺の際、葬儀場の人が「故人は果物はお好きでしたか?」
と尋ねるので母が「はい」と答えると。
「どうぞ、お棺に入れてあげてください。」との答え、
そしたら、ウチの親族たち泣きながら入れる入れる・・・
バナナやオレンジなどトロピカルなフルーツに
囲まれたバアちゃんの死に顔が可笑しいやら、悲しいやら
でも、涙あり笑いありのいい葬儀だったと思う。

523 ::2001/05/30(水) 00:51
いいね〜。
スレの趣旨とは違っちゃうけど、葬式に笑いってのはアリ。
年取って死ぬのはハッピーなことです。

524 :大人の名無しさん:2001/05/30(水) 01:06
そうだね。みんな死ぬんだよね、いつかは。
519さんは、おとうさんをお大事に。
ご自分もお疲れでしょう。

525 :大人の名無しさん:2001/05/30(水) 10:17
>>523
>スレの趣旨とは違っちゃうけど、葬式に笑いってのはアリ。
>年取って死ぬのはハッピーなことです。
なんか、とてもいいレスですね。
俺も、こういう気持ちをずっと持ち続けていたいです。
>>522さんも同じ気持ちでしょう。

526 :523:2001/05/30(水) 23:39
うわ〜い誉められちゃった!
そういう私は昨年母を亡くしました。ちなみに「年をとって死ぬのはハッピー」ってのは
亡くなった母が生前よく口にしていた言葉です。
残念ながら60を少し過ぎた年齢で他界しました。つまりハッピーではなかったんですけど...。

どういう訳か亡くなったときから今まで一度も泣いていません。
ただひたすら母の作ったものが食べたいです。

527 :大人の名無しさん:2001/05/31(木) 01:39
>>526、ごめん。私が泣いちゃった。
大事な人を失った傷が大きすぎると、泣けない場合もありますよ。
気にしないで、日々充実した生活を送ってください。
思いもしなかった時になぜか涙が出たりして、困っちゃう事があるかも。
私がそうでした。

528 :464=519:2001/05/31(木) 03:35
病床の親がいたために、はけ口が欲しくていろいろと書いてしまいました。
>>521さん、524さん他、ありがとうございます。
77歳の父と旅行に出かける相談をしています。
ウチは浄土宗なので京都の知恩院に行き
その後、奈良の古寺名刹を尋ね歩こうと言っています。
精一杯孝行したい。

529 :.:2001/06/01(金) 00:19
さあ名スレ!マタ〜リと逝きましょうよ。

530 :大人の名無しさん:2001/06/01(金) 00:39
良いスレだ。age

531 :大人の名無しさん:2001/06/01(金) 02:56
>>526-527
あぁ、同じ思いをしてる人がいるんだなと思いました。
私は何を見ても、何をしても悲しくて寂しくて涙ばかり出てしまって・・・
穴を掘ってるみたいに下ばかり向いてる泣き虫の自分が嫌で苦しかった。
今もまだ引きずってるけれど。私ももう一度母の作ったモノが食べたい。
もう一度話をしたかったなぁ。

532 :大人の名無しさん:2001/06/01(金) 07:04
実家に帰りたくなったage

533 :大人の名無しさん:2001/06/03(日) 01:50
>>526
いや、精神衛生的には、泣かないで我慢しているのは
非常によくありません。
自他に何か精神的支えがあるならばともかくとして。

534 :大人の名無しさん:2001/06/04(月) 18:20
優良スレage

535 :大人の名無しさん:2001/06/04(月) 19:03
>>533
526さんは、泣いてないけど悲しんでいない訳ではないでしょう。
我慢してるという気もないんじゃないかな?

536 :大人の名無しさん:2001/06/04(月) 20:10
子供を堕ろされたとき、人前で初めて泣いた。

もう二年も前だが、未だに立ち直れない。
相手は、半年後に結婚しやがった。
相手よりもその旦那を一生許せないだろう。

彼女は今でも話したがっているが、
立ち直るまでは話せないな。

537 :大人の名無しさん:2001/06/04(月) 20:50
>>536
ちょっと状況がわかんないんだけど。
あなたの血を分けた子供を降ろされたのか?

538 :大人の名無しさん:2001/06/04(月) 21:50
オレの子だった。
オレのほうは、結婚に障害はなかったのになぁ・・・。

唯一あったとすれば、相手の男がマザコンで、
結婚できなきゃ死ぬって自殺未遂起こしたことかなぁ。
今ごろになって、ヨリを戻したがってもなぁ。
別れてから言って来いよ、ってとこです。

539 :526:2001/06/05(火) 02:28
ぜんぜんレスがついてないと思っていたら急についてますね〜。

>>533 >>535 そうそう我慢してる訳じゃないんですよ。なんか力抜けちゃったって
かんじかな...。だからこのスレ「嗚咽」には合わないんですけどね。

取り急ぎレス申し上げます。

540 :大人の名無しさん:2001/06/06(水) 11:02
>>538
横レスですんまっそーん。
それって同時進行で(彼女が)二人と付き合っていたということですか?
堕ろしたのも彼女の判断で、でしょ?結婚する気なかったのではないかと思われ。
スレの趣旨と関係なくてすんません。

541 :大人の名無しさん:2001/06/06(水) 13:01
>>538
>相手の男がマザコンで、結婚できなきゃ死ぬって自殺未遂
何歳だその男?しかしそんな脅しに乗るかねえ?彼女

542 :名無しさん@共和国軍:2001/06/07(木) 03:37
もう二十年くらい昔だが、高校生だった俺は病院の売店でバイトしていた。
水曜発売のため、火曜日の夕方配送されてくる少年サンデーを一冊だけ別の所によけておくのが俺の日課だった。
水曜日の朝、院長の回診を済ませて車椅子で買いに来る9歳のガキのためにだ。
10冊くらい入ってくるから、別によけなくてもいいのだが、そのガキのために
必ず「特別予約のサンデー」を確保するのがその店の暗黙のルールだった。
車椅子の肘掛の部分に、マジックで描いた赤い稲妻。
そのガキが毎週楽しみにしていたのは「赤いペガサス」だった。

ガキが死んだ。あっけなく、病名だって知らない。
ただ死んだということだけを看護婦さんから聞いた。

物語のクライマックス日本GP、
満身創痍の主人公ケン・アカバが決死の猛追の果てに、
ラスト数週で先頭を走るマリオ・アンドレッティに遂に追いつく。

そこで物語よりも早く、そのガキの命は力尽きた。
どんなに読みたかったろうに。
20年以上経った今でも、あの車椅子の肘掛にマジックで描かれた赤い稲妻を思い出す

543 :大人の名無しさん:2001/06/07(木) 04:08
>>499
そう言えば、昔はテレビって、家族みんなで見てましたよねえ
たまにエッチなシーンが映ると、みんなモジモジしちゃったりして。
最近は一人1台みたいになっちゃって、子供は自分の部屋にこもって
しまうし、テレビは家族団欒の象徴ではなくなっっちゃっいましたね

544 :大人の名無しさん:2001/06/07(木) 04:32
>>496
>みんな、普通にできてるのに・・・

そんな事ないです。離婚してる人はいっぱいいるし、外からは一見
おだやかな家族に見えても、家庭内は修羅場なんてのも、いっぱいいます。

うちの親も、籍はそのままだけど、もう何年も前から完全に家庭内離婚してて、
たまに実家に帰省すると、そんな親の姿を見てるのすごくイヤになります。
人前でだけ無理して世間体を保ってるの・・・・なんだか最低のウソツキ人間に
思えて見てる方が悲しくなります。いっそ別れてくれた方が、子供としては
両方にいちいち気を使う必要がなくなって、せいせいするのに・・・・そんな風に
見栄っ張りのウソツキ人間だから離婚できないなんて人だっているんです。

一人では生きていけないから誰かにすがって結婚してるだけなんて人もいるし。
一人でも自分の生活をちゃんと維持していけてるのなら、結婚生活に向いてるか
どうかなんて気にする必要は全然無いと思いますよ。
それに、世の中、一度目はうまくいかなくても、再婚して、とても幸せに
なってる人だって、いっぱいいます。たまたま、たった一人の男性とうまく
いかなかったからと言って、くよくよする必要は全然ないと思いますよ。

545 :大人の名無しさん:2001/06/08(金) 22:45
泣きあげ

546 :大人の名無しさん:2001/06/09(土) 00:30
大阪の事件で犠牲になった子供たちに黙とうします。

547 :大人の名無しさん:2001/06/09(土) 00:58
子供たちのご冥福をお祈りします。
http://www.asahi.com/national/update/0608/035.html

548 :大人の名無しさん:2001/06/09(土) 11:29
今回亡くなった子供たちに。。。
There's a grief that can't be spoken There's a pain goes on and on
Empty chairs at empty tables Now my friends are dead and gone.
(中略)
Oh, my friends, my friends, forgive me That I live and you are gone.
There's a grief that can't be spoken There's a pain goes on and on.

Phantom faces at the window Phantom shadows on the floor
Empty chairs at empty tables Where my friends will meet no more.

Oh, my friends, my friends, don't ask me What your sacrifice was for.
Empty chairs at empty tables Where my friends will sing no more.
(from Les Miserables Lyrics by HERBERT KRETZMER)

549 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:13
大阪の池田小学校の事件
ひどいことしやがるなぁとニュースを聞いていて
被害者の子どもたちの名前が読み上げられた途端に
泣いてしまった。
別に知ってる子がいたわけじゃないけれど・・・

今まで事件事故のニュースを見て泣いたことなど無かったのに。

550 : :2001/06/11(月) 12:28
サッカーのコンフェデ杯の決勝、キックオフの直後に試合を止めて、大阪の池田小学校事件の被害者のために
全員で(観客も)黙とう・・・
感動した
ほんの少しでも残された親御さんや体や心を傷つけられた子供たちの慰めになればと思った

551 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:35
幼児虐待も悲しすぎる。
あんな柔らかくて暖かいものを
よく踏んだり蹴ったり殴ったりなげたり捨てたり
焼き殺したりできるよなー。

552 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:37
>>548
日本語訳つけないと意味ない。

553 :ご隠居:2001/06/11(月) 12:41
コービー博士のようなオタクが陥りやすいことだが、
これ知っているあれも知っているとただ知識を羅列するだけの文章は,
ただ長ったらしいだけで中身の薄いモノである。
そこにコービー博士のメッセージが詰まっている訳でもなく、
単なる自慢話に終始する。
だから彼が尊敬され愛されることは今後もなかろう。

554 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:41
>>552
また、これくらい訳せないのかとレスつけてくるからやめれ。

555 :ご隠居:2001/06/11(月) 12:44
ちゃんと義務教育くらい受けているんやろが、ドアホめが!

556 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:48
>騙り

こ・の・ス・レ・で・く・だ・ら・ん・ま・ね・は・や・め・ろ!

557 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 12:48
>>555
あの女ヤだ。

558 :二代目・安斎勝洋子:2001/06/11(月) 12:54
本当に酷い野郎だ。

559 :557:2001/06/11(月) 12:59
間違い>>554へのレス

560 :二代目・安斎勝洋子:2001/06/11(月) 13:00
557は本当に酷い野郎だ。

561 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 13:02
真っ昼間からやめろよ・・・ > 騙り

562 :二代目・安斎勝洋子:2001/06/11(月) 13:06
真っ昼間からやめろよ・・・ > 盗作&自作自演

563 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 13:09
>>548の意訳です
(適当ですが大体こんな感じだと思います。私は548ではないです)

言葉にできぬほどの悲しみ いや増す痛み
空っぽのテーブル 空っぽの椅子 友は皆死に去ってしまった
(中略)
ああ、我が友よ、我が友よ、君たちが逝き私が生きることを許せ
言葉にできぬほどの悲しみ いや増す痛み

幻の顔が窓に 幻の影が床に
空っぽのテーブル 空っぽの椅子 二度と会うことのない我が友

ああ、我が友よ、我が友よ、君の犠牲の意味を私に問うな
空っぽのテーブル 空っぽの椅子 二度と唄うことのない我が友
===============
特に第2節(中略の後)は、助かった子供、その親も
そう思って苦しみそう。彼らのせいではないのに。

564 :二代目・安斎勝洋子:2001/06/11(月) 13:10
略すなよ。

565 :557:2001/06/11(月) 13:16
>>563
ありがとう。

566 :563:2001/06/11(月) 13:36
私が略したんじゃないのに…(愚痴)

>>565 どういたしまして

567 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 14:02
>>548さん >>563 さんご苦労様です
 564とかのアホな煽りは措置入院中の
 人なので、暖かく晒しておきましょう

568 :名無しさん@お馬で人生アウト:2001/06/11(月) 16:28
みなさん煽りは無視、無視。

大阪の事件は子供をもった事のある人ならなおさら胸がいたみます。
日刊スポーツを読んだら被害者の父親のケイタイに愛娘からのメールが
残っていたそうです。「大好きなパパへ・・・」と書かれていたそうです。
それを読んでなんともやりきれない気持ちになり泣きそうでした。
あっソースはないです、すいません。

569 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 16:32
>>568
激しく同意。

小学校の低学年くらいの子が歩いてると、大阪の被害者の子と
ダブって涙が出そうになりました。
御冥福をお祈りします。

570 :  :2001/06/11(月) 21:40
殺されこそしなかったが、目の前で次々と友達を殺された目撃者の子供達の
心の傷はかなり深いぞ。
充分なケアがなされんことを。

571 :コービー博士:2001/06/11(月) 21:42
数年後の年老いたおまえ自身のケアも忘れるなよ(笑)

572 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 21:48
>>569
同じく。
言葉なく、黙祷。

573 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 21:48
>>571
よお!お前も逝っとく?

574 : 名無し:2001/06/11(月) 21:53
優良スレだったのにね。軌道修正して嗚咽にすこしづつ戻そう!

575 :コービー博士 :2001/06/11(月) 21:54
優良スレ? ギャハハハハハハハハハハハ

576 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 22:24
コービーって実生活でもその「顔」に表れていってると思う
どんどん人相に表れるよ、酷い事ばっかやってる人間ってーカオに
きっとなってるよ いい加減、やめた方が本当に身の為だと思うよ

577 :大人の名無しさん:2001/06/11(月) 22:42
児童八人が死亡した大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)の連続殺傷事件で逮捕された宅間守容疑者(37)が、犯行前にインターネット掲示板で「付属校もそこの教師も大嫌いだ。あいつらの環境を否定することが自己肯定」と“犯行予告”をしていた可能性のあることが十日、本紙の調べで分かった。捜査本部は容疑者宅からパソコンを押収し、また学歴にコンプレックスを抱いていた点から、同校に狙いをつけた予告ではないかとみて、厳しく追及している。

 「俺のプライドは、ずたずたになった。付属校もそこの教師も大嫌いだ」―。

 インターネットの掲示板に、惨劇の舞台となった大阪教育大付属池田小学校を批判する言葉が延々と流れていた。

 「周りは逆恨みというが、すべてあいつらのせいだ。俺は執念深い。あいつらのいる環境を否定することが、俺の自己肯定につながるのだ」「(自分の主張は)議論にならないというが、当たり前だ。オレはストレス発散しているのだから。ますます執拗に書き込みを続けてやる」と同小学校に対する悪意に満ちあふれた過激な文章が並んでいる。

 この掲示板は「お受験」について議論するページ。国立大学民営化などについてのまじめな論議が展開されている中、突然、この書き込みが現れ、異様さが際立っている。

 宅間容疑者はこれまでの調べに「何もかも嫌になった。死刑になりたい」と供述している。

 しかし「なぜ子どもを狙ったのか」「なぜ池田小を襲ったのか」といった、肝心の動機部分の解明につながる供述は得られていない。

 この点について、捜査員は「学歴によるコンプレックスが背景にあるのでは」と分析。

 宅間容疑者は県立の工業高校を中退していることについて知人らに「学校の先生は大学を出ていないとなれない。おれは工業高校しか出てない」と話したり、大学や高校の偏差値ランクを「あの学校はいい。あそこは悪い」と話すなど、学歴への強いこだわりをみせていたという。

578 :大人の名無しさん:2001/06/13(水) 08:48
いいスレだったのに・・・。
軌道修正希望!

579 :大人の名無しさん:2001/06/13(水) 15:27
ラウンジの「一番楽しかった日々」より。

http://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=990320134&st=177&to=179

580 :579:2001/06/13(水) 15:34
すみません、リンク間違えた。
こちらです。
http://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=992018390&st=177&to=179

581 :大人の名無しさん:2001/06/14(木) 12:31
ageさせて

582 :大人の名無しさん:2001/06/16(土) 06:02
泣き虫なのですが、頬伝うって感じで『嗚咽』するほど泣くこと
なかったんですけど、流産したときは看護婦さんに「麻酔できないよー」
と怒られるほどでした。
手術が終わった後もずっと泣き続けてたので、同室の方が
「私もなかなかお腹に落ち着いてくれなくて、やっとできたんだけど
ここでずっと安静にしてなくちゃいけない。初めての妊娠だったから
悲しみはなおさらだろうけど、あなたはまだ若いからだいじょうぶ。」
と励ましてくださいました。深夜だったのにもかかわらず・・・。
嬉しかったです。(余計に泣いちゃいましたが)

たった5週間の命だったけど、あなたのおかげでたくさんの優しさに
出逢うことができました。ママは幸せ者です。
ありがとう。

分かりにくい文章ですみません・・・。

583 :大人の名無しさん:2001/06/16(土) 15:11
>>582
お体お大事にしてくださいね。

584 :大人の名無しさん :2001/06/16(土) 18:50
一週間程前、弟が死んだ。
葬儀の時、俺は泣けなかった。
一週間たったが、未だ死んだなど思えない。
ただ、家にある位牌を見ると、あぁ、死んだのか、と思う。
矛盾している。

弟よ、今お前は天国にいるのか? そっちは楽しいか?
お前は辛かったんだから、せめてそっちでは楽に生きてくれ。
だから、もう泣くな。
お前の分までお兄ちゃんが泣いてやる。
一晩でも二晩でも泣いてやる。涙が枯れるまで泣いてやる。
だから、だから、ずっと笑っていてくれ。

それでも未だ涙が出ない自分がいる。
本当に代わってやりたい。
でも自分が可愛いばかりに死にたくない自分がいる。
ムジュンしている。
そんな自分が憎い、憎い、憎い。

暗い話でスマソ。

585 :大人の名無しさん:2001/06/16(土) 19:14
結婚式以来あっていない東京に住んでいた両親が8月のお盆と初孫の出産が重なっていたので、自分
たちの住んでいる大阪にやってくることになりました。
空港からの電話があってから、2時間ぐらい経過していたので、こっちに着くころかなと思っていた
ところ、航空会社から両親の乗った飛行機が行方不明になったらしいという電話があり、それが例の
御巣鷹山に落ちた123便でした……。
当然助かるわけもなく、葬儀も含めてすべてが終わったその翌日、自分の家に荷物が届きました。
その荷物は、見ることのできなかった初孫へ両親が送ってくれたベビーベッドでした。
一緒に同封された両親の手紙を読んだ時に、葬式の時に流した涙とは別の、声が口から漏れてきました……。

今では子供もおおきくなってベビーベッドも使うことはなくなったのですが、それでもいまだに捨て
られずに大切にしまってあります。
たぶん、このままずっと持っていることになるんだろうな……

586 :大人の名無しさん:2001/06/16(土) 19:30
>>584
泣くだけでなく、笑ってあげてください。
弟さんもそれを望んでいると思うから……。

>>585
あの事故だけでも気の毒なのに、そんな裏話があったなんて哀しすぎる。
そのベビーベッドは大切にしてあげてください。

587 :とおりすがり:2001/06/16(土) 22:04
>>585
ずいぶん昔の話になってしまったね、御巣鷹山、、、。
墜落前の数分の様子を想像するたびに今でも泣けてくる。
命があることを感謝して生きたい。

588 :とおりすがり:2001/06/16(土) 22:05
>>585
ずいぶん昔の話になってしまったね、御巣鷹山、、、。
墜落前の数分の様子を想像するたびに今でも泣けてくる。
命があることを感謝して生きたい。

589 :とおりすがり:2001/06/16(土) 22:05
連打スマソ。

590 :>585:2001/06/16(土) 22:23
山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んでいて、
御巣鷹山に落ちた123便、JALの裏話を
知って、憤りを感じていたところ・・。
あなたの話しを、アホなJALの経営陣に
突き付けてやりたいよ。

591 :大人の名無しさん:2001/06/16(土) 22:36
日航機墜落、留学中のシアトルで聞いた。
同級生のアメリカ人が、「JALがクラッシュしたみたいだ。」と教えてくれて
ラウンジのテレビを見に行ったら学生が集まっていた。
日本人は私だけだったので「JAL has a good reputation.Why?」とか
いろいろ聞かれた。最初の報道は「横田基地付近に落ちた。」だった。
そしてなんとその学生たちのなかの1人で、日本に交換留学したことがある
女の子のホストペアレントがその飛行機に乗っていたことが翌日わかった。
彼女は、記念にもらった博多人形を抱きしめて1日中泣いていた。
いろいろな人のそれぞれの人生を1瞬にして断ち切った事故だった。

592 :ありがとう:2001/06/17(日) 00:48
十代のガキです。

子供の時の俺は本当、頭おかしくて。きっと目の前にこんなガキが居たら
気持ち悪くて薄ら寒くなるだろうってぐらい、何もかもダメなガキで。

その絡みで養護学級に入れられて、中学時代はキチガイって校内でも
評判のイジメられっ子。小学校の時の担任も、校長も、そして
「守ってくれなかった」
親を、すぐ目の前に居る親を物凄く恨みました。

中学の時は、「世の中の親が子供産むのなんてペットショップで犬を
買う感覚だ」だと、理屈も無いまま感情的に侮蔑して。

高校時代に辿り着いた人生哲学は、「子供を産むなんて、許されない罪。
愛情の結晶だかなんだか知らないが、幸せになれるか不幸になるか分かった
もんじゃ無いこの世の中に、事後承諾で人間一産み落とすなんて
こと、していい訳が無い。出産ってのは人間が犯せる最大級のエゴだ」
そう思ってました。

そのスタンス変える訳じゃない。けど、そんな理屈吹っ飛んでしまうぐらい、
このスレッドで語られた、皆さんの愛情、親から受けた想い、気高いもの
だと思います。見捨てることだって、なあなあで育つに任せることだって
「自由」なのに、それでも自身を犠牲にしてまで子供に幸せを与えようと
する心。甚だ見当違いだったり失敗続きだったりすることも有るかも知れない。
それでも等しく、一心不乱な親心なんだと。

それは、俺が勝手に考えた「親としての原罪」なんかまるで霞んでしまう、
理屈抜きの「感動」が有ると思います。

どんなしょうもない奴にも親が居て、それできっとそいつの事をいっつも
考えてるんだと。絶対に二つと無いような思いやりを、注いでくれているんだと。

なんか上手く文章が構成出来ないな。表現も陳腐になってしまって。

尻窄みだけど、最後にこのスレでお話を聞かせてくれた皆さん、本当に
ありがとうございました。
両親の選択の是非はともかく、今は二人の気持ちに無条件で感謝出来そうな
気分です。

593 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 01:04
まあ君たちは両親や恋人、子供、親友が逝った時しか人前で泣かないでくれよ。あとは一人隠れて勝手に泣いてくれ。

594 :僕たん(35歳):2001/06/17(日) 01:15
悲しき名スレ。

〜 深夜には、心にも灯りを点してお読みください。〜

595 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 01:22
>>592 さん、子持ちのおばちゃんです。私も少しアナタに似た部分が
あります。子どもを持って初めて、私自身の両親には世間の、無条件の愛情を
注ぐ親たちとは異質のものがあったんだなと気づいたのです。恨む気持ちと
哀しい気持ちでいっぱいになりました。

悲しいかな幼い子どもというのは、たとえどんな親であっても、
その親を愛し、親からも愛される事を願います。本能だそうです。
親にもそれぞれ事情があって、子どもへの愛情ならあるんだけれど、
育った環境が災いして「愛情を示す事をはばむ何か」に邪魔される親も
存在するのは事実だと思います。中学生時の恨む気持ちの複雑さを思うと
本当に大変だっただろうなと感じます。

苦しい中、一生懸命生きてこられたんでしょうね。そんな中、感謝したい
という言葉が出てくるなんて…偉いね、心根の優しい子なんだね、と胸が
詰まりました。本当に貴方のレスを読んで良かったです。おばちゃんの中で、
何かが大きく変わりそうです。私は自分の親と居ると、悲しさが募るので
長い間会ってませんが、私なりに会える自分になりたいと努力中なのです。

私もあなたを見習って心の中では許せる気がしました。心っていきなり
パッと変わるものではないけれど、一つの方向が見えた気がします。
ありがとう!!!!  なんか支離滅裂な文でスマソ

596 :592:2001/06/17(日) 03:16
>>595
あー…寝なきゃいけないと知りつつ(笑)

ええと、レス、ありがとうございます。俺は何一つ行動に移さない理屈屋君
なので、そんな風に言われたら照れます(笑)

なんというか、俺の場合両親が随分年食ってからの子供なので、イジくるに
しても何にしても、構われ方が半端じゃありませんでした。ちなみに末っ子です。
それでいて子供よかは家長(父)優先、子供のために何かしてやるなんて
のは間違ってる(たぶん面倒だから笑)という訳の分からない教育方針で。

>>595さんのそれとは多分全く違うんだろうけど、そういうギャップが「他の親」
と比較した時、愛情の欠如みたいに感じられたりもしました。ええ、甘ったれ
ですね。なんたってお坊ちゃんに育てられましたから(笑)

で、前にも述べたように俺は、まあ言ってしまえば半ば知的障害児みたいな
もので、しかも甘やかされたクソガキでしたから。キチガイの噂と自身の
怠慢、アレな行動など、半々ぐらいの割合で全校の反面教師の座に目出度く
落ち着きました。で、パーのままなら良かったのでしょうが、中3後半ぐらいから
思考的に冷静な部分ってのが出てきてしまって、自分が苛められてる原因探し
を始めました(言うまでも無く自分が悪いんですけどね)。で、この手のイジメられっ子
特有の心理、自身には過度の責任を求めないとゆうソレが出て来て、
自分の親に全部、ではないけど大部分ひっかぶせました。最低です。
なんというか、今更立場取り戻し様もないしな、という諦観も相俟って、
タダの馬鹿よりタチの悪い人間として卒業しました。

597 :592:2001/06/17(日) 03:18
高校生になって、今度は自分の屑ぶりにほとほと嫌気がさして、自己嫌悪に
陥って。先に述べたような「出産原悪論(笑)」みたいな考え方を持ちながら、
自分が如何に恵まれているか、というより両親に迷惑を掛けるのはかなり
心苦しい、でもその時期に同期して、家の父が人間的な粗を見せ始めて、
そのせいで親父は許せないが、親を苦しめるのも嫌だ、みたいな矛盾した
考えにも落ち込んで。で、ヒネたガキの俺がしたのが、父親を人間的に
見切りつけるってやり方でした。精神的にも家庭的にも、どこにいたらいいのか
いいのか分からず悩んで、結果として家族のそれぞれをこういう人間である、
と割り切って、事務的に対処する、って方法で自分の居場所を見出した
んです。

今思い返すと、どんどん「嫌な奴」の方向に進んでますね(笑)面白い。

でもそれをやった後は、父親や家族が何しても、まあこう言う人だし仕方ない
なんて見方出切るようになりまして(本当、ヤな奴)。これでやっと親に感謝
する土台が整ったんだと思います。ちょっと不思議に思われるかも知れませんが。

冷徹なぐらいに家族を「分析」するようになったからこそ、その後ろの思惑
や感情を(まあ自分が傷つかない方向で笑)読み取れるようになったと
思います。

598 :592:2001/06/17(日) 03:18
えと、つまり言いたいのは、親の行動ってのはそんなに重要じゃない
って言ったら語弊があるな、本当に大事なのは親心ってのをきちんと
「持って」いるか、その示し方なんか問題じゃなくて、子供がある程度
落ち着いたときに、下手糞でも愛情が伺えるか、少なくとも俺はその
愛情ってやつだけで充分です。お腹いっぱいです。家族なんですから。
ってことです。まあどう転ぶかなんて分かったもんじゃないけど、最後に
俺が両親を好きでいられたなら、家に関しては子育ては成功なんだよ、
というか。なんでこんな偉そうなこと言ってるんだ俺(笑)殆どアホなだけの
子供時代をさらしちゃった照れ隠しだ(笑)

あの、だから俺なんかを「見習った」りしたら間違いですよ(笑)
なんだかだ言って、俺の両親は俺に「愛されてる」と感じさせてくれた
わけですから(笑)確かに俺は悲惨な子供時代を送ったけれど、それは
所詮自業自得に過ぎないところも多くあったわけですし。
どうしても性根が合わない許せない人ってのは
それが例え親だろうと居るだろうと思います。俺も高校時代初期、父を
許し難い人間だと感じてました。だから、>>595さんがご両親を許せない、
と感じてらっしゃるんでしたら、お子さんもお持ちの大人の貴女の考えと
してきっと曲げられない重大な何かが有るんだろうとお察しします。
だから、こんな阿呆な子供の意見に惑わされず、こんな言い方も失礼ですが、
ご両親を反面教師になさる、というのもやり方だと俺は思います。
両親のために、不遇な子供時代を過ごして、そしてそれを間違っていると
強く感じられた人の子供は「不幸」が一つ遠ざかってると思いますから。

願わくば、お子さんが大人になったとき、貴女の必死の親心にありがとうを
言ってもらえますように。

599 :592:2001/06/17(日) 03:24
読み返して見るとなんだかって感じだなあ…(笑)

すいません、最後の二段落は読み飛ばして、タダの阿呆のレスとして
お読み下さい。眠気のせいか、自分では絶対すまいと思ってた無責任な
発言をおもっきりしてしまってる…

600 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 06:12
この手のスレのネタ職人ってだいたいいつも同じパターンの繰り返しだよね。
あきるよ。

601 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 07:24
★荒らしは、完全無視&放置して下さい。煽られても大人らしくマターリと
レスする事を心掛けましょう。

602 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 17:40
近所の同級生が、突然、交通事故で亡くなった時、
泣きました。
それまで、よく手紙をくれていたのに、亡くなる少し
前から、「もう手紙はかかないよ。」と言っていた
理由が少しわかったような気がします。
亡くなった後に、遺族の人から彼のPCに私宛の
手紙が残ってるから見てみる?って言われて見に
行ってきました。
前に、彼は、「手紙書いたけど、もう出さないって決めた
から、書いただけ。あげないよ」って言っていた事がある
ので、その手紙の事だろうとすぐにわかり、どうしても
読みたかったのです。
その手紙には、海外旅行に行った時の、話なんかが書いて
あって、文の最後に、「せっかく現地でさようならって
言葉を覚えたのに、使えなかったが、ようやく使い道を
発見したよ、・・・・・・」って最後にその国の言葉で
さようならって書いてありました。それを見たときに、
そこの家の人も一緒だったのに、思わず泣き出して
しまいました。
今でも、その同級生から来た手紙を読むと、涙が出てしま
うので、今は本棚の隅っこの目に付かないところへしまって
あります。。。

603 :595:2001/06/17(日) 21:24
>>592 さん、今レス読みました、ありがとう!!
ちょっと上手い言い方が見つからないけれど、自分で生きる道、居場所を探りながら
生きて来られてますよね。対処法(見切りをつけて割り切る、など)をきちんと自分で
みつけていて、やっぱり本当に偉いな凄いなと思います。
>親の行動を重視せず親心をくみ取る
(あるいは>反面教師として見て行く…)
これなどまるで私がここ一年くらい考え続けている事を言い当てられたようです…。

>最後の二段落…アホ…だなんてトンでもない! あれは本当に胸にしみました。
だって↑それこそ正に今後の、一番の願いなのですから。本当に、ありがとうね。

604 :大人の名無しさん:2001/06/17(日) 21:39
人生で一番泣いた二つの出来事の一つ

「オジイちゃんが入院した。」という電話が母親からあった。
90歳も越していたので心臓の手術などで何回かは入院した事があったのだが、
今回はある程度の娘である母にはある程度予感があったのだろう。
「今回は見舞いに来て欲しい。」と頼まれた。

 就職後すぐに大阪に勤務していたので土日を利用して横浜の病院へ。
病室に入り、三年ぶりに再会したオジイちゃんは前に会ったときより
驚くほど痩せていて、そして小さかった。
 でも、呼吸器をつけていていようが矍鑠(かくしゃく)としているところは
相変わらずで、オバアちゃんが「身体が冷えるわよ」といって布団をかけると
その布団を勢いよくどけてはオバアちゃんの手を叩いて叱ったりしていた。
 その様子は昔と変わらずでなんだか微笑ましかった。
呼吸器をつけているので口はきけないのだが、手を振って「お前ら早く帰れ」
というジェスチャーを何度も繰り返す。
 ベッドに横になってるところを見られたくもなかったんだろう。

あまり疲れさせてもなんだし、その様子に少し安心したので、
『オジイちゃん元気そうだな。この様子ならもうしばらくは大丈夫かもしれないな』
と思いつつ
「じゃあまた来るね。」と声をかけて病室を出ようとしたときに
それまでは皆を追い出そうとしていたオジイちゃんが急に手を伸ばして
俺の手を握ろうとした。
 それに気づいて手を握り返すとギュッと力強く俺の手を握り締めて離そうとしない。
オジイちゃんは泣いていた。


大阪に戻って二週間後、オジイちゃんは死んだ。

605 :604:2001/06/18(月) 14:37
改めて自分で読んでみると文章としてまとまり過ぎてるな…
強かったジイちゃんが最期に握った手の力強さとその思いがけない弱気さに泣いたって
事なんだけど。
なんかネタっぽいな。昨日書いたときは泣きながら書いたんだけどなあ。
とりあえず恥ずかしいのでさげます。

606 :592:2001/06/18(月) 22:56
595さん、有難う御座いました。あー、というか595さんをダシ、言い方
悪いな、けどきっかけにして吐き出すもの吐き出せたって感じです。すみません。
それともうひとつ、有難う御座いました。

607 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 14:28
>602さん
どうして、彼がもう手紙を書かないといったの?
どうして、その理由がわかったの?
なんでさようならなの?

608 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 15:07
>>602
602さんは女性ですか?
話が見えません。

609 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 15:19
>>602は作り話でしょ。
最初に交通事故と書いたの忘れて、
病死のつもりで話を続けてしまったんじゃない?

610 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 17:54
会社で全レス読んだよ…。
やめとけば良かった。大変だったわ。
実家に帰りたくなるようなお話、多いですね。
実家、札幌なんですよねえ。今は東京に住んでいるけど。
へこんでる時にここ読んだら、多分速攻で飛んで帰りたく
なるんだろうなあ。父母ともに健在だけど、父はちょっと
危険だし、こういう気持ちになったときくらい、勢いに
のって帰った方がいいのかもなあ。

611 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 18:40
野菊の墓を読んで、最後の方で盛大に泣いてしまった
36の男なのだが、。。いまあんなのねーよな。

青空文庫のがダータです。ナキタい人。

612 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 20:38
会社から読むのは非常に危険だが、
会社のことで小さく(但し本人そのときは
とても大きな悩みだと思っている)悩んで
いるときにはいいかも知れない。
評価がどうとか考えるのがなんとなく
馬鹿らしくなってくる。ここを読んでいると。

613 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 23:56
2年間付き合っていた人がいました。
ある日、買い物に行ったときショーウインドウに、ウエディングドレスが飾ってありました。
「こうゆうのS子(私)に似合うよな」って、言ってくれました。
お店の人がパンフレットをくれたので、私の部屋に帰ってからマターリしつつ、パンフを見ていました。
そしたら、突然彼が「ごめん。俺、実は結婚してるんだ」って・・・
私は、よくわからなくて呆然としてしまいました。
「S子を手放したくなくて今までウソついてたんだ。ごめん」と、泣きながら言っていました。
私はその時は泣きませんでした。
4日後に、なんだか急に感情が戻ってきて、泣きました。
子供にみたいに、泣いてしまいました。
それまで、普通にケンカもしたし、いっぱいデートもしたし、
私の友達ともWデートしたし、お泊り旅行もしてきたのに・・・
結婚をほのめかす言葉もありました。
それが全部ウソだった。なにもかも失った気分。

今でも、思い出すと胸が締め付けられる思いです。
自覚なくても不倫してた訳だし、はずかしいからsage

614 :大人の名無しさん:2001/06/19(火) 23:58
>>613
切ないね・・・

615 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 01:11
3年前の春、妻が妊娠した。
妊娠&出産なんて、今まで何億も症例があるんだし、病気じゃないって
言ってる人も多いぐらいだから、タカをくくっていた。
そんなある日の夏、妻が突然出血した。
入院、そして出産。
妊娠6ヶ月で、560グラムの女の子が産まれた。
その女の子は、半年間生死の境をさまよった。
退院は出来たが、その子の眼は、早産の後遺症によって光を失った。
でも、退院できたこと、生きて我が家に帰ってきたことが嬉しくて、
寝静まっている子供の横で夫婦で泣いた。
もうすぐその女の子も3歳になる。
未熟児のために体は小さいけど、元気いっぱい遊び回っている。
眼は相変わらず見えていないようだ。
そんなある日、一緒に風呂に入っているとき、
「パパ」って、目が見えないはずの女の子は、
こっちを向いて笑顔で話しかけてきた。初めてのことばだった。

俺がおまえの眼の替わりになってやるから、ずっと元気でいて欲しい。

616 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 01:41
うわーん。泣ける〜
名スレだ。

617 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 01:51
本当にいいスレだ。
今夜はいい気分で眠れそうだ。このスレのみんなに幸あれ!

618 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 04:19
土曜日、友人が自殺するためにどこかに消えた。
携帯にかけても出ない。メールアドレスも変えていやがる。
最後に会ったとき、おやすみの挨拶も出来なかった。

身近にこういう事が起きると、すぐには泣けないんだって初めて知りました。

619 :名無しさん:2001/06/20(水) 08:21
>>617
頑張って、とは軽々しく言えないけどお子さんが良くなるのを願っています。
朝一から会社で鼻の奥がツーンとなってしまった。

620 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 12:59
ご隠居がケンカ君のスレで大暴れしているのを見かけた時。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=992955859
哀れで可哀相な「ケンカ十段」を応援しよう!

621 :maru:2001/06/20(水) 13:19
お父さんと呼んでいた伯父さんが亡くなった。
病院では実感出来ずに、ぼんやりしてたけど、1ヶ月ぐらいたって
皆で食事に行こうという時、「じゃ、お父さん(伯父さん)に電話するね」と
受話器をとってしまった。
お母さんに、「伯父さんはもういないよ」と言われ、ようやく実感した。
もーれつに哀しくなった。

622 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 14:14
好きな人とずっと一緒にいたくて、初めて家を出た。
母は反対したけど、強引に。
でも突然彼に別れを切り出されて、認めたくなくて無為な日々を過ごして、
なんとなく実家に寄った昨日。
愛犬が傍に寄って寝転んで、母がさっき作ったハンバーグを包んでくれた。
涙が出てきたけど、心配されたくなかったので声を殺してテーブルの下に隠れた。

早まった。馬鹿な事した。

623 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 18:10
>>622
家に帰りなさい(涙

624 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 18:42
そうだよ。
間違ったなあと思ったら、思いきって家に帰ってみればいいよ。
お母さんがあれだけ反対したのに、それをつっぱねちゃった、
ってことの後悔は残るかもしれないけど、だからってそれは
家に帰っちゃいけないということではないと思う。

帰ったら帰ったで、「ほれみっ!!」みたいな感じでケンカに
なりそうな気もしますが、ケンカ相手がいるくらいのほうが
気も紛れませんか?
ダメだったから戻るってのは、自分勝手な行動かもしれないけど、
ここは意地の張りどころではないような気がするなあ…。

625 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 18:45
慌てふためきなにも考えずに警察に駆け込みそうな予感も(w

626 :625:2001/06/20(水) 18:46
スマソ。
スレ違いだった。

627 :大人の名無しさん:2001/06/20(水) 19:49
>>615を今読みました。
どうしてここにはこんなにいいレスがあるの・・・。
ナイタヨ・・・

628 :ご隠居:2001/06/20(水) 21:15
>>615
どうせ頓珍漢のコピペでしょ。(笑)

629 :大人の名無しさん:2001/06/21(木) 09:50
>>628
隠居なら隠居らしく黙ってな。

630 :622:2001/06/21(木) 09:58
>>623-624
レスありがとう。
家に帰れば確かに少しは気が紛れるだろうなぁ、と思います。
でもまだ彼を待ちたいって気持ちもあって・・・。
意地を張るというより、我慢してる状態ですね。
一人でいるのは耐えられない位つらいんだけど・・・。

631 :大人の名無しさん:2001/06/21(木) 20:17
490 名前:22世紀を目指す名無しさん 投稿日:2001/06/21(木) 18:13 ID:???

たとえ下を向いて歩いていても落ちてる100円見つけるかもしれない。
もしも上を向いて歩いていてら空の美しさに出会えるかもしれない。
でも、後ろを向いていたら目に映るのは過ぎ去った事ばかり。
美しい思い出を眺めながら、前を向いて歩こう。

きっと今日より楽しい明日に出会える。
そう信じよう。


某スレよりコピー。良い言葉だと思います。
頑張ろうって気になりました。

632 :大人の名無しさん:2001/06/21(木) 20:25
>>631
それはいい言葉だったよな〜
明日から下見て歩こう・・・

633 :625:2001/06/21(木) 20:49
その心は闇を払う銀の剣
絶望と悲しみの海から生まれでて
戦友達の作った血の海で 涙で編んだ鎖を引き
悲しみで鍛えられた軍刀を振るう
どこかのだれかの未来のために
地に希望を 天に夢を取り戻そう
われらは そう 戦うために生まれてきた

それは子供の頃に聞いた話
誰もが笑うおとぎ話 でも私は笑わない
私は信じられる あなたの横顔を見ているから
はるかなる未来への階段を駆け上がるあなたの瞳を知っている
今なら私は信じられる あなたの作る未来が見える
あなたの差し出す手を取って 私も一緒に駆け上がろう

幾千万の私とあなたで あの運命に打ち勝とう
どこかのだれかの未来のために マーチを歌おう
そうよ未来はいつだって このマーチとともにある
ガンパレード・マーチ ガンパレード・マーチ…

落ち込んだ時この歌をうたうと少しだけ元気になれる。

634 :大人の名無しさん:2001/06/21(木) 21:44
私には、私が生まれる前に亡くなった姉がいます。
写真と位牌でしか会ったことのない姉。
両親の姉の墓参りのついでに母の実家に寄った。伯母が
「あなたのお母さん、あなたのお姉ちゃんが亡くなってから
 あなたが生まれるまで一度も里帰りしなかったんだよ。
 同じ年に生まれた私の子を見るのが辛いって電話で言ってた」
と言った。はじめてきいた話だった。
帰り道、高速を走っている最中とつぜん泣けてきた。
路肩に止めてわぁわぁ泣いた。
お母さん、お姉ちゃんと30年ぶりに親子水入らずで
楽しく過ごしてますか?
お父さん、お母さんとお姉ちゃん、よろしくね。
私と弟はこっちでがんばってます。

635 :634:2001/06/21(木) 21:55
あ、書き間違い。両親「と」姉のお墓参りの帰りの事です。
このスレ読んでて号泣しながら書いたらタイプミス。

636 :大人の名無しさん:2001/06/21(木) 22:22
>>634
よい子だね、あなたは。

637 :親不孝者:2001/06/21(木) 23:47
>>610
まったく同感。

あーあ。俺も全レス読んだらなんだか実家に帰りたくなった。
実家は北海道の網走の近くの北見。今は東京に住んでるんだけど、
なんだかんだで、もう3年近く実家に帰ってないなぁ。
電話ではオヤジもオフクロも「元気、元気」って言ってるけど、
もう二人とも年寄りだから、元気なうちに、
ちょくちょく顔を見せといた方がいいんだよなぁ・・・

638 :ご隠居:2001/06/21(木) 23:48
>>634もどうせ頓珍漢のコピペだろうよ。(笑)

639 :大人の名無しさん:2001/06/22(金) 11:32
いいじゃん、コピペでも。
スレ内容にあってるんだし。アンタがなんか困ることあんの?>>638

640 :大人の名無しさん:2001/06/23(土) 00:01
じいちゃんがなくなった日。朝一番に母からじいちゃんが亡くなったと連絡があった。
その日はどうしてもやらなくてはならない仕事があったので、家族は先に四国へ行った。
そのあと昼までに仕事を片づけた。阪神淡路大震災の影響で電車がまともに使えなかったので、
一人で車にのって四国まで走った。高速を走っているとき、CDを聞いていた。
森高千里の「夏の日」が流れた。毎年夏にじいちゃんのところへ行って、さんざんあそんだ
日々を思い出した。日も暮れて夕焼け空、涙がすーと流れた。でもそれだけ、嗚咽まではいってないよ。

641 :634:2001/06/23(土) 01:10
>>636
どもです。けど両親が健在な頃は親不孝な娘でした。
>>638
そういうふうに言われるから、めったに言わないんです。
私の家庭環境しらない人からは「苦労知らず」って言われる
ような性格してるし。

642 :大人の名無しさん:2001/06/23(土) 12:00
ちなみに>>638 は煽り専門の荒し屋なので無視がイイとおもいます

643 :大人の名無しさん:2001/06/23(土) 12:10
>>642
本当にご隠居の煽りにはウンザリだね。

644 :大人の名無しさん:2001/06/23(土) 19:29
ところで
592 と 595 の掛け合い漫才はどうなった?

645 :大人の名無しさん:2001/06/26(火) 04:31
このスレが言葉じゃなく心で理解できた。

646 :645:2001/06/26(火) 04:54
俺が、働きもしないでダラダラと過ごしていた10年ほど前、ばあちゃんが入院した。
ばあちゃんとは、別居だったが、歩いて数分のところにじいちゃんと住んでいた。
でも、なんとなく、顔を出すのも照れくさく5年、いや10年以上も顔を見せていなかった。
病気の容体があまり良くない事は母から聞いていたのだが、お見舞いに行っても、ずっとご無沙汰
だったので、何を話していいのかも解らないし、お見舞いに行くのをズルズルと引き伸ばしていた。

それを母親に怒られ、強引に連れられ、母親と一緒に病室に見舞いに行った。確か10年ぶりぐらいに会った
んだと思う。
「ああ、○○(俺の名前)大きくなったなあ」と、ばあちゃん。
俺は、何と言っていいのかもわからないし、近くに住んでいるのに、大きくなったなあって言われるのも
なんだか違和感を感じていたし、何より20歳を越えた人間にそんな事を言うばあちゃんに当惑した。
見舞いに何を言って良いのか、長いブランクで何を話していいのかも解らなかった。たいした事も言えずに、
その場の空気を苦痛に感じて、俺は、色々と世話を焼く母親を残して、5分ぐらいで病室を出てしまった。
帰ろうとする俺をばあちゃんが呼びとめて、
「○○、よく来てくれたなあ。こづかいやるから待ってろ」と言い、ガマ口を出した。
俺は、「いいってばあちゃん」と断ったが、半ば無理やりに俺にこづかいをくれた。

ばあちゃんは500円玉を俺に手渡した。ばあちゃんの体温でやたらと生暖かくなっていた。
俺は「昔、よくばあちゃんに、こんな生暖かい100円玉を貰ってアイスとか買いに行ったな」と思った。

一人、その500円玉を握り、暗くなった病院から出た。
「ばあちゃん、20歳過ぎた孫に500円のこずかいは無いよなあ…ばあちゃん、俺が何歳だか解ってたの
かな?まぁ、だいぶ会ってなかったから、解らないのも無理無いか…でも500円…子供じゃないんだから…」
と思い、なんとなく、自分のサイフにその500円玉を入れられずに、ずっと握りながら帰った。
そんな事をずっと考えながら、暗い道を家まで帰った。知らない間に、ボロボロ泣いていた。

ばあちゃんは、退院すること無く亡くなった。
今でも無駄使いしそうになると。あの500円の生暖かさを思い出す。

647 :645:2001/06/26(火) 04:56
ごめんage忘れた。せっかくだからばあちゃんの最後の思い出ageさせてくれ。

648 :係長:2001/06/26(火) 05:10
>>646
ばあちゃん、泣けたage・・・あ、やべ、まじ涙出る・・・

649 :645:2001/06/26(火) 05:44
>648
ありがとう。ageるのも失敗してるし。
今でも、もっと会ったり話したりしとけば良かったと後悔してます。
ばあちゃんの連れ合いのじいちゃんも今年亡くなりました。孫とのたいした思い出も
作ってやれなかったのを本当に後悔してます。
ここ読んでる若い人、若い頃は、じいちゃんばあちゃん家に行くのが面倒だったり
するのは解るけど、ただ、遊びに行くだけでも嬉しいものなんです。
孝行できる人は、顔見せるだけでも孝行してあげて下さい。

650 :大人の名無しさん:2001/06/26(火) 07:57
>649
良い話だ。嗚咽・・・。

651 :音無しの名無しさん:2001/06/27(水) 01:06
おやじが死んだのは大学2年の夏。お盆に帰省した後、バイトの為に大学に戻った
1週間後だった。
オヤジは鳶をやっていて俺なんかよりもタフで、その夏オヤジの仕事手伝ったり
したけど俺の方がバテるぐらいだった。だから兄貴からの電話で「父ちゃんが
死んだ」て言われた時は、悪い冗談としか思えなかった。
原因は疲れが溜まった挙句に、その疲れが心臓に回り心筋梗塞を起こしたのだろう
との事だった。もしもは無いけれど、あと1週間田舎に残っていたら・・・
結果は変わっていないかも知れないが、未だに後悔してる。
葬式が進められる中、父の死が現実として受け止められず、逆に回りの目を気に
して悲しいフリをしていたが、火葬場で灰の中から骨を拾う時になって初めて
子供の頃の思い出がよみがえり、声をだして泣いた。

結婚して最初の子供に先天的な障害があり、3度の手術を繰り返した挙句に、
一度も集中治療室を出る事もなく23日の生涯を閉じた。
子供を抱いたのもその時が最初だった。
死の知らせを受けた時は、悲しみよりも、この重荷から開放されたという思いの
方が強かった。背骨に歪みがあり、歩く事もままならず、脳内出血も起こしている
との事で、重度の障害が残るのは避けられなかったようだ。
通夜の時、伯母に「この子はお前の苦しみを和らげる為に死んだんだよ。親孝行
だよね」と言う言葉を聞いた時に、自分の身勝手さに泣けてきた。

身の回りの悲しい出来事では、なかなか泣けないくせに、最近はニュースや映画を
見てても泣けてしまう。ダンサー・イン・ザ・ダークで涙、ハンセン病の報道で涙、
池田小学校事件で涙・・・
次に本当に泣きたい時の為に取っておきたいのだけれど・・だめですね年取ると

652 :大人の名無しさん:2001/06/27(水) 04:20
4さんが書いていたように、歳を取ると自分のことでは泣かずに、人のことで泣くようになりますね…

きっと1度も会うことの無い人達が、みんな悲しい思い出抱えて生きてるんだなあ、とこのスレを
読むたびに思います。こんな悲しい思い出や後悔を抱えた人間が、ひとときその悲しみを皆と共有できる…
この人達と、今同じ時代を生きている、それだけでもとても癒される気がします。

ご家族、や友人の為に涙を流された皆さんの優しい気持ちを、去っていった人達は、きっと嬉しい気持ちで
見守っていますよ。人の為に涙を流せる優しい子に育てて良かった、優しい親に生まれて良かった、優しい
友人を持てて良かった…と。

653 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/27(水) 20:11
小6のとき
お父さんが死んだ
36歳だった
人はいつか死ぬ物だお父さんお疲れ様
そうおもって涙を飲み込んだ
でもおばが一言こういった内容のことを言った
「うちの子は優しいから泣いてるけど、ありさちゃんは冷たいのね。」


いい加減にしろ馬鹿
親が死んで悲しくないやつがあるか
おまえは本当に、2児の母親か?


しかも同級生に父が死んだことを学校中に叫んで回った奴がいたらしい。




なんだか情けなくて涙が出た、
あの時のマイナスな感情が
中3になったいまでも忘れられない

654 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/27(水) 20:14
板違いでスマソ

655 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/06/27(水) 20:16
>>653
コピペ房逝ってヨシ

656 :大人の名無しさん:2001/06/28(木) 00:16
>>651
それを言った伯母さん、何か間違っていると思う。

657 :大人の名無しさん:2001/06/28(木) 00:24
>>656
俺はその伯母さんの優しさと受け取りたい。

658 :大人の名無しさん:2001/06/28(木) 09:24
>>656
>>651???653の間違いでは?

659 :大人の名無しさん:2001/06/28(木) 21:13
雑誌の編集屋をやってます。

コソボ紛争のさなか、俺たちは一枚の写真を表紙にした。
多分俺と同じぐらいの歳の、垢と埃にまみれぼさぼさ頭で不精ヒゲ一面の難民の男が、
幼い兄弟の写真を手に、目を真っ赤に泣き腫らしながら口を歪め、カメラマンに向かって
何か話し掛けている。
戦乱の中で生き別れたらしい。

表紙のDTPデザインを画面で見てたら、なんだか泣けてきた。涙を必死にこらえて、
黙々と作業した。

6ヶ月後、別の一枚の写真が届いた。
同じカメラマンの撮った写真だ。
同じ男が、今度はヒゲをきれいにそり髪も整えて、写真の中の子供たちといっしょ
に笑顔をカメラに向けていた。子供たちは男がかつて持っていた写真より、もっと
もっと可愛かった。

1人で便所の個室にいって、今度はほんとに泣いた。

660 :長くてスマソ:2001/06/29(金) 01:42
>>653
それってまだたった3年前の話なんですね
まだ中学生なんだ… 酷い目にあいましたね
よく耐えられましたね それだけでも凄い事ですね

そのオバさんは、間違ってるし、人として(悪イケド)
最低ですね… 小学六年生が親の死という耐えがたい状況に
必死で耐えている時に普通 出る言葉じゃー無いですよ

私がこの頃思うのは、親戚であれ何であれもう、
短い人生だもの、嫌だ、と思う人は 避けて、
目一杯遠ざかっていればイイんぢゃ?と。
親戚であっても、そのオバ様からはなるべく
逃げてた方が良さそう…ですよね?

そして、気がかりなのは、その時の貴方の
悔しかった気持ち、悲しい気持ち、腹が立った思いを、
長く閉じ込めて封印してきているんじゃないかという事です。
思い切り外へ出してやらないと、
ずっと燻(クスブ)って貴方の心の中で暴れ続ける気がする…

ひとりの時でも良いし(ひとり語り・文章にする)、
誰かに聞いてもらって吐き出しても良いし、
とにかくその時の‘感情たち’を 外へ出して、
解き放ってやって下さいね

661 :大人の名無しさん:2001/06/29(金) 09:13
>653
悲しい思い出ですね。
でも、おばさんも、人の死に対して、それほどベテランじゃありません。
僕も数える程しか出ていない身内の葬式ですが、どんな人間でも感情的になるし
混乱します。よく親戚同士、わけもなく喧嘩したりしてませんか?葬式の時。

おばさんも、ちょっと配慮の無い言葉だと思いますけれど、653さんがおばさんの
言葉で傷ついたのを、そのおばさんが知ったとき、そのおばさんもやはり後悔すると思います。

個人的に、このスレッドを読んで、いろんな事(人)を許せるような気持ちになりました。

662 :大人の名無しさん:2001/06/30(土) 00:35
5年前、部下の女性が交通事故で亡くなった。
私のグループに来て、5ヶ月だった。
会社に入って、3年間、ずっと低い評価を受けつづけていた、休みがちで、仕事をまかせられないと。
彼女を引き受けて欲しいと以前の上司に頼まれたとき、彼女の評価を向上させることが出来るなら、自分の評価が上がるだろうと計算しなかったとは言い切れない。
彼女は、昔の上司からの心無い対応で拒食症になっていたようだった。
でも、彼女はやっと信頼できる上司が出来て、これから頑張るのだと家族に告げていたことを、事故の後に知った。
私の言うことは、必ず、どんなに遅くなっても、時には休日にも出社して、仕上げていた。
私は、彼女のやる気が見ていて楽しく、笑顔も戻ってきていたので、充実した気持ちになっていた。
その日の夜11時、会社の警備室から自宅に電話がかかってきた、「**さんの」、私は彼女の仕掛けた仕事がトラブルを起こしたのだと思った、以前に数回、そういったことがあったから。
電話の声はこわばっていた「ご自宅から連絡があり、交通事故で、お亡くなりになられたそうです、病院は。。。」
それから数日は怒涛のように過ぎていった、病院でのご遺族への挨拶、彼女が付き合っていると聞いていた大学の同級生への連絡は、大学名と勤務先の大手の会社の名前しかわからなかったのにどうやって付けることが出来たのか、今でも判らない。 部長の許可を得て、机の上に飾っていた手向けの花を代えようとした7日目の朝、上司が言った。
「もう、いいだろう」、私は、大声で言い返していた「部長から49日まで、花を飾る許可は得ています」、背中に大部屋の社員の視線を感じた。
上司は、彼女の昔の上司が、社員の士気に影響するから花を飾ることを止めるように伝えてきたことを私に説明した。
上司の目も悲しみに満ちていた、彼女の昔の上司は実力者だった。
そのとき、会社に入って初めて、会社で涙を流した、上を向いても、ズボンの太ももに滴が落ちた。 声は不思議と出なかった。
会社を変わって3年経った。 彼女の命日は年休を取って、墓に向かうことにしている。 あと2ヶ月で命日だ。

長文スマソ

663 :あのなこんなことしっちょるか:2001/06/30(土) 23:53
「他人の不幸に流す涙ほど乾きやすいものはない。ギリシャの古いことわざじゃ。」

664 :大人の名無しさん:2001/06/30(土) 23:57
>>662
その女性も、良い上司に恵まれたことを
喜んでいらしたんです。
多少の計算が入るのは、会社勤めをしている人間なら当たり前。
662さんは良い方ですね。

age

665 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 00:24
>>662
心無い上役に疎んじられ、萎縮していたかクサっていた人に、
仕事への意欲を取り戻させた。
あなたは有能なだけでなく、人を育てられる立派な方ですね。
これからも頑張ってください。

666 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 03:03
子供の頃からずっと一緒にいた従姉妹が死んだ。
お正月に、一緒に遊びに行ってその二日後に。
心臓の病気だったらしい。家族以外誰にも伝えずに、必死に笑ってくれたんだろう。
叔母は死んだ事を認めたくなかったらしく、親戚にも伝えずに葬式を行った。
俺や、父さんがそれを知ったのは三月の事だった。
位牌を見て、お墓を見ても死んだとはとても思えなかった。
きっとどこかに入院しているんだと信じたかった。
彼女が好きだったピアノで彼女が好きだった月光を必死に練習した。
弾き終わった後、いつも彼女が座っていた椅子を見ると、
そこには彼女の笑顔の写真が置いてあった。
涙が零れた。
その時、俺は始めて自分が大好きだった従姉妹を失った事を理解した。

667 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 03:04
って、ここは三十歳以上の板だったのか……スミマセン

668 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 12:44
十年前、学生生活を送ったボロ下宿を引き払った日のこと。
その下宿は当時でも稀なほどボロくて、貧乏学生が10人ほど住んでた。
俺の卒業時に残ってたのは6人。俺、同学年のOとM、イッコ上のKさんと
Tさん(ともに一回ダブり)、ニコ上のYさん(二回ダブり)。
最後の年は、なにかといえばこの6人でつるんじゃバカな遊びばかりしてた。
殆ど「馬鹿兄弟」の如き仲の良さで。
皆がそれぞれの行き先へ散っていった日のことはとても鮮明に覚えている。
まず「んじゃあ、行くわー」
と言って就職先の名古屋方面に車を走らせて行くO。
次に「嫌やなー…まだ居りたいわここ」
ブツクサ未練たらしく実家の京都に向かうM。
3番手「コケそうで怖ええよ」
バイクのアクセルふかしてYさん。…県の南端までその「布団袋」積んでく気
なんすか。バイクに。
4番手「家に着くまでに一泊しなきゃいけないの、俺だけ?」
…Tさん。東北まで、廃車寸前のマークUで下道つかうのなら当然です。
5番目は俺「Kさんまだ帰んないスか?」
Kさん「まだ荷物まとめてねえからさ、出発は夕方」
俺「あー、んじゃ、俺行きますね。…そんじゃ、また」
Kさん「うーい、気ぃつけてなー」
車走らせながらバックミラーでちらっと後ろ見た。Kさんは下宿をバックに
ずっと立ってこっちを見てた。カーブ一つ曲がって、Kさんも下宿も見えなく
なった。少し走ってから、パチンコ屋の駐車場に入って、車を止めた。
馬鹿みてえ、と思いながら我慢しきれずに泣いた。いろんなことが思い出されて、
お祭りが終わったのを知って、ハンドルにデコ押しつけてしばらく泣いてた。

…なんかスレの流れにそぐわない気もするけど、堪えきれない嗚咽がもれたのは
あのときが初めてだった。長文スマン。

669 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 16:41
>>668
いい話だったよ。自分の学生時代を思い出した。
もう一度やれっていわれれば喜んでやるだろうな。
椎名誠の「哀愁の街に霧は降るのだ」って本があるけれど一度読むといいよ。
嗚咽するような内容じゃなく楽しい学生時代の話。

670 :大人の名無しさん:2001/07/01(日) 22:50
>>659
その雑誌定期購読してる。

671 :大人の名無しさん:2001/07/02(月) 00:38
>>670
なんてやつ?いや、元発言に迷惑かかるといけないからそれとなくでも。

672 :大人の名無しさん:2001/07/02(月) 09:34
ああ、それぞれの人生に乾杯!

673 :30前だけど:2001/07/02(月) 12:07
俺が大学生の時、10年近く飼っていたウサギのミミが死んだ。
ミミは俺が中学の時にデパートの特売で980円で買ってきたメスのウサギだった。
全身真っ白の生まれたばかりで愛らしかったこのウサギをどうしても飼いたくて、
「自分で面倒を見るから」と弟と一緒に親に頼みこんで買ってもらった。
最初の数ヶ月は約束通りまめに面倒を見てウサギ小屋の掃除をしたり、餌を
あげたりしていたが、大きくなるにつれて純白だった毛色は耳と足の部分が
黒くなり、体も太ってきてあまり可愛くなくなってきた。
猫や犬と違って鳴いたりなついたりしないせいもあって、じきに飽きてしまい、
いつの間にか世話もしなくなった。
結果的にミミの世話は専業主婦のおふくろがする事になった。
それからは気が向いた時だけウサギ小屋に行って、餌を与える程度の付き合い
しかしなくなっていった。
そんな状態で気がつけば10年近くの歳月が流れていた。
ある日、大学から帰った俺を泣き顔のおふくろが出迎えた。
「ミミが死んじゃいそう」おふくろの言葉に、最近元気が無かったミミの様子を
思い出した。
玄関に入ると、ウサギ小屋から出されてダンボール箱の中でタオルに包まれて
ぶるぶる震えているミミが目に入った。
見るからに長くは持ちそうに無かった。
「前から排便の調子がおかしいと思っていたらこんなになっていたの、見て」
おふくろに言われてミミの体を持ち上げてみると、肛門付近は乾いたフンが
固まって塊になっていた。
これではほとんど排便できなかっただろう、狭いウサギ小屋でじっとしていたので
誰も気がつかなかったのだ。
あまりにもかわいそうなので、はさみを持ち出してフンの塊を切ってやった。
そうするとミミが苦しそうに「キュー」と鳴き声を出した。
ウサギの鳴き声を聞いたのはそれが初めてだった。
見てみるとフンからはウジがわいていて、腹の肉にまで食い込んでいた。
これがミミの苦痛の原因だったのだ。
見るに忍びなくてピンセットを持ってきてできるだけウジをとってあげて、
アルコールを持ってきて消毒してあげた。
その作業の間にもミミは苦痛で体を硬直させてキューキューと何度も
鳴き声をあげた。
なぜこんな状態になるまで気がつかなかったのか、なぜ自分で世話を
すると言っておきながらおふくろに全部の世話を押し付けていたのか、
ミミの苦しむ様子を直に見、苦痛の鳴き声を聞きながら俺は激しい後悔の
念に苛まれた。
思えば彼女(ミミ)がうちに買われてきてから外に出たのは一度きり、近くの
野原で30分ほど散歩させてあげた時だけだった。
その30分以外はずっと60cm四方の狭く暗いウサギ小屋に閉じ込められていた。
彼女が生まれてから知っている世界は、最初のデパートのペット売り場と、
近所の野原、そしてほぼ100%の時間を過ごしてきたウサギ小屋だけだった。
ウサギ小屋の鉄格子越しの風景を、彼女はどんな気持ちで毎日眺めていたの
だろうか。
当然彼女は今まで1回の性交渉(交尾)もなく処女だった。
本来なら野原を駆け巡るはずの脚も無残に衰え、身動きも満足に出来ない為に、
体は運動不足でぶくぶく太っていた。
そして今はフンが固まって排便も満足に出来ず、沸いたウジに肉を食い破られる
苦痛に苦しんでいる。
これが、これだけが俺が今まで彼女に与えてきた全てだった。
あまりにも飼い主として無責任だった。
こんな状態になる前に出来る事はもっといっぱいあったはずだったのに。
彼女の末期の苦しみを見ながら、俺の頭の中で「飼い殺し」という言葉が
ぐるぐると駆け巡った。
彼女の心中を、その無念を察するとやりきれなかった。
ミミの体を清め、苦しむ体を撫でながら俺はこらえきれずに嗚咽した。

674 :30前だけど:2001/07/02(月) 12:08
今、ここでいくら献身しても今までの仕打ちを考えたらとてもつりあわない
事は自分が一番良く知っていた。
でも、今ここで出来る限りの事をしなければ一生後悔すると思った。
おふくろも嗚咽していた。
二人でひたすらミミの体を撫で、清め、力づけた。
そして俺はひたすらミミに謝り、許しを求めていた。
「ごめん、本当にごめん、俺はおまえに何もしてやれなかった」
声にならない声で涙をこぼしながら謝り続けた。
こんなに泣いたのは数年ぶりだった。
泣いても泣いても自分の罪は償えない事はわかっていたが、涙を流して
世話を続ける事しか、たったそれだけの事しか俺にはできなかった。
2時間ほどそうしていただろうか、ミミの体はだんだん動きが少なくなり、
体は冷たくなっていった。
ミミがひときわ大きくキューンと、2度鳴いた。
切なく苦しい、末期の鳴き声だった。
体が2、3回痙攣した。
それっきりだった。
彼女の目は虚空を見つめて見開かれたままだった。
目を閉じさせてやって、俺とおふくろはその場で号泣した。
あまりにもかわいそうだった、俺はなんて罪深い事をしたのだろう、
この罪は一生背負っていかなければならないと思った。
一晩、家で寝かせてあげてから、翌朝家の庭の隅に墓を作った。
墓に手を合わせながら、俺は二度と無責任にペットを飼う事はするまい
と誓った。
俺はミミに何もしてやれなかった。
彼女に何か楽しい、飼われて良かったという思い出を何もつくってやれなかった。
彼女の人生に何の意味付けも与えてやれなかった。
それでも、彼女の死で俺は 『相手が死んでからコミュニケーションを取れなかった
事を悔やんでも遅い』 、という事だけは嫌というほどわかった。
彼女は自分のそのささやかな一生でその事を身を持って教えてくれたのだと
思いたい。
そうとでも考えなければ、彼女の一生はあまりにも惨めで無残過ぎる。
俺は一生ミミの事は忘れない、彼女にした俺の無慈悲な行為も忘れない、
そして唯一学んだ事も。
それがせめてもの俺の贖罪だと思っている。

675 :くわちん:2001/07/02(月) 17:34
声無き動物から学ぶことは多いっす・・・

676 :φ人:2001/07/02(月) 19:37
ウチのイヌも大事にしてやらねば。

677 :大人の名無しさん:2001/07/02(月) 20:37
結婚式でボロ泣きしてしまいました。
というのも、数年前に人生の大失敗を犯し、
もう俺には人並みの幸せなんてあり得ないと思っていたのです。
事情を知る私の親戚もボロ泣きでした。
でも新婦方の親戚はご両親も含め誰も事情を知りませんから、
よく泣く一族と思ったことでしょう。

678 :670:2001/07/02(月) 20:58
>>671
報道週間。めちゃ有名な雑誌だし、このスレの住人も絶対読んでると思う

679 :大人の名無しさん:2001/07/03(火) 08:39
>>673
>当然彼女は今まで1回の性交渉(交尾)もなく処女だった。
この一行で オモイッキリ ヒイタヨ

680 :30代以上?:2001/07/03(火) 22:15
>>673

>>679でも泣いたよ。

681 :30代未満:2001/07/04(水) 18:21
あーーーー、泣きそう。
さっき初めてココを知って読ませてもらいました・・・
↓一部ガイシュツしてたが、こっちにも来て!もう!

一番楽しかった「あの日」はなんですか?
http://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=992018390&ls=50

682 :大人の名無しさん:2001/07/05(木) 01:18
不覚にも涙したゲームは?から勝手に紹介

http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=retro&key=984579336&st=349&to=349&nofirst=true

409,410,411もね。

683 :大人の名無しさん:2001/07/05(木) 12:21
ここ良いスレだね!!
ばぁちゃん思い出しちゃった。
また来るよ。

684 :大人の名無しさん:2001/07/05(木) 13:52
義父が亡くなったのは10年前ですが、くも膜下出血で倒れ2年の闘病生活、
義母も主人もみんなどこかに心の準備が出来ていました。
葬儀も慌てることなく速やかに終わり、とてもあっけなかったです。
主人は次男ですが集まった親戚や弔問の人たちには気丈に振舞って
どんな時も涙を見せませんでした。それどころか、葬儀の終わった
その日の夜にパチンコに出掛けて行ったのです。
あまりにも非情な人だと私は腹を立てました。
しかし、その話を実家の母に愚痴ると
「親が死んで悲しくないはずはない。家にいると悲しいから
 わざと出かけたんでしょ、そういう気持ちをわかってあげなさい。」

何年かして、島田伸助が「あのひとにあいたい」みたいなTV番組の司会を
していて、「合いたい人がいたら番組が捜します、奮ってご応募ください」
とブラウン管から視聴者に呼びかけた時それを見ていた主人は沈んだ顔で
「オヤジにあいたい・・・」とボソっとつぶやいた。わたしは嗚咽しました。

685 :684:2001/07/05(木) 14:10
義父が亡くなって2年後に義母が亡くなりました。

主人は義母の時も1滴も涙を見せませんでした。
とにかくわたしは主人の泣いたところを見たことがないのです。
子供(オトコ)が泣くと「男は泣くな!」と怒鳴りつける人です。
ある日、子供がわたしの作った卵焼きを「おふくろのあじだね」
と言いました。「おとうさんも食べな」と主人に勧めます。
そんなやりとりと会話なのに、わたしは嗚咽してしまいました。
主人の「おふくろの味」はもう二度と食べられない「味」

強すぎる主人に代わってわたしは泣いてあげました。

686 :大人の名無しさん:2001/07/05(木) 19:12
いい奥さん。
ダンナは幸せだな。

687 :30代以上?:2001/07/05(木) 19:36
な、泣いたよ〜ぉぅぉぅぉぅ

688 :大人の名無しさん:2001/07/05(木) 21:28
がいしゅつとは思われるが、
↓も御一読あれ。
http://yasai.2ch.net/army/kako/984/984375960.html

689 :大人の名無しさん:2001/07/06(金) 02:11
今このスレを2時間位掛けて読みました。
最初の方から涙零しまくりなんだけど、
数年前に自分の祖母が他界した時の事を思い出しました。
亡くなる数週間前は病院から家に帰っていました。
私は彼女が亡くなった日も出勤。
午前11時に父が祖母に手を貸してトイレに行こうと廊下を歩いていた時、
突然倒れてそのまま亡くなってしまったそうです。
本当に「操り人形の糸が切れた」とか「電池が切れた」という表現がぴったりな倒れ方に
ビックリした父は家事をしていた母と眠っていた弟の名前を怒鳴って呼び、
慌てて掛けつけた二人を伴い、病院、親戚等に電話をしてそのまま葬式準備等へなだれ込み。
今でもその時の話を「あの時は驚いたよねー」と話し合う3人を見て、
祖母を看取れなかった自分が悔しく、なんとも言えない思いになります。

関係無い話なのでsageます。

690 :大人の名無しさん:2001/07/06(金) 20:23
親父の告別式の時、親父の行き付けの寿司屋が仕事着のままで駆けつけて来た。
「○○さん、ウチの散らし寿司の折詰め、好物でしたンで。霊前に供えさせて下さい」
と言いながら、作りたての折詰めを差し出して頂いた時、病院や通夜の席では
なんとか堪えていた涙が止まらなくなった。
通夜に見えられた方の誰かが帰りに寿司屋に寄って親父が死んだ話をしたのだろう。
翌朝、市場で魚を仕入れて店に戻って急いで折詰めを作って、朝早くから片道一時間は
かかる道のりを車で来てくれたと思うと、寿司屋の店主の情の深さに感極まってしまった。

691 :大人の名無しさん:2001/07/06(金) 23:13
>690
お父さまがいい方だったから、
すし屋のおじさんも心を尽くしてくれたんだよ。

人と人とのつながりっていいなage

692 :522:2001/07/06(金) 23:46
ウチのじいちゃんの葬儀の時、参列者が一人ひとり焼香してるとき
じいちゃんの友人の一人が何を思ったのか、ヅラを取って深々と
霊前に頭を下げてくれた。ウチの家系の葬儀にはいつも笑いの影が付きまとう・・・
趣旨からハズれてるのでsage

693 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 00:59
・・

694 :名無しさん@小市民:2001/07/07(土) 01:10
>>680のレスで思い出した。

大学のとき、高校の同級生の女の子がALSを発症した。
そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて
軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ひまつぶしで見舞いに行っていた。
ある日彼女が、病室で言った。
「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなあ、ねえ今度夜這いにこない?」
その晩実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが
髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。
行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開くこともできなかった。
彼女はわざとらしい喘ぎ声をあげて、なんとか無事終ることができた。
そのあと俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。

695 :名無しさん@小市民:2001/07/07(土) 01:18
>>694の続き
翌日俺の実家に彼女の母親から、「息子さんの優しいお見舞いに感謝します。」と
電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。
彼女はもう、起き上がることすらできない。トイレだって行けないから
たぶんおむつの世話になっているはずだ。
では誰が?
彼女の髪をとかし整えてやったのか
彼女に薄化粧を施してやったのか
彼女のおむつを脱がし、流行りの下着をはかせてやったのか
それがわかったとき、嗚咽とはいかないが不覚にも涙が出てきた。

あれから8年、彼女はもはや目も動かせない状態で今も闘病を続けているという。

696 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 01:42
>>694
もしできたら見舞いに行ってやってくれ…

697 : :2001/07/07(土) 01:53
>>695
あの病気はキツイね。でも8年も生きているというのはかなり長いほう。
さらに、いきなり進行が止まる事もあるらしい。
なんと言っても原因不明だからな。
小市民はよくぞやった!(あっ、これマジレスね)

698 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 01:57
>>689
お祖母さんを看取れなかったその気持、わかるような気がする。
私も母の時は本当に突然だったので、間に合わなかったから。
久しぶりに会ったら、それがもう死顔だったのは辛かったしね。
祖母の時は自分は看取れたけど、離れて住んでた兄は間に合わなかった。
だから、その時の兄の気持も今はわかるような気がする。
思い出すと何となく拘ってしまうけれど、想いはきっと届いてると思いますよ。

699 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 05:21
私には1年半以上つきあっている16歳年下の彼女がいるのですが、
先日彼女の友達から「私は彼女があなたとつきあうのには反対だ」という
旨を聞いて、彼女との年齢差とか、彼女の両親と自分の関係とか、その他色々
今まで漠然とした不安、そして自分なんかとつきあっていちゃんじゃ彼女は
幸せになれないんじゃないのか、など思っていたことが意識の表層に浮き出て
きて涙が止まらなくなって困りました。
36にもなるというのに、20そこそこの女の子に泣かされるとも思いません
でした。やっぱりダメ人間なのか>自分

700 :699:2001/07/07(土) 05:25
「いちゃんじゃ」って…
「いたんじゃ」のまちがいでした
酔っぱらいのたわごとでしたごめんなさい

701 :699:2001/07/07(土) 05:28
「今まで漠然とした不安」ってのも変だな
「今まで感じてた漠然とした不安」でした。
ああ、なんだか酔っぱらってるせいで自分に対して粘着気味…
ごめんなさい>皆様

702 :名無し:2001/07/07(土) 10:00
昨日、仕事から帰ると家族の夕飯はとっくに終わっていてテーブルに自分のおかず
だけが並べられていました。その中に小皿にちょっとだけ盛られている見慣れない
ものがあって妻に聞くと「卵味噌」だという。
皆さん知ってますか「卵味噌」。それが正式な名前かどうかはわからないし、味噌
を卵で溶いてフライパンで煎る(のかな?)料理とも言えないものなんだけど。
それは昔、子供の頃婆ちゃんがよく作ってくれたものでした。
ド田舎に住んでいて親は共稼ぎ、ご飯のしたくは婆ちゃんでした。
子供のころはウィンナーとか卵焼きとかあれば大満足なんだけど、家は晩ご飯の
メインのおかずが異常にしょっぱい糠ニシン(わかるかなー)とかがほとんどでした。
たまーに「こんなおかずじゃご飯たべれない」とゴネてみても「じゃ食うな」と
いわれてお終い。そんな時そっと婆ちゃんが台所に行ってよく作ってくれたのが
卵味噌でした。名前そのまんまの味だけどそれをご飯にふりかけるだけで二杯は
食べられたような気がします。
婆ちゃんが死んでから食べたことがなかったので昨日は20何年以来のご対面でした。
「なっつかしーなー」と腰掛ける前に一口ほうばった瞬間、トーン と昔に帰り
曲がった腰で台所に歩いていく婆ちゃんの背中を思い出して涙があふれました。
本当にとまらなくて子供が心配して集まったくらいです。
妻はなんとなくわかったみたいですけど。
今、会社でこれ書いててまた目がウルウルしてます。長かったかな、スマソ。

703 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 14:04
やさしい・・・
なみだは・・・
あまーい

704 :大人の名無しさん:2001/07/07(土) 16:38
うるうる土曜日age

705 :Mr.名無しさん:2001/07/07(土) 18:38
不倫板に行っては心がすさんでいた中、久しぶりに立ち寄った30代以上板。
ここにこんな名スレがあったのか(涙

706 :大人の名無しさん :2001/07/08(日) 00:44
うーん、土曜深夜しんみりage

707 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 01:27
10年前、親父がガンで死んだ。その瞬間は突然で、母や弟は泣いていたけど、
長男のオレは「みんなに連絡しなくちゃ」とか考え、涙は出なかった。
葬儀後も墓の問題やら相続税の問題やらで忙しく、親父の事を思い出して
泣く事はなかった。
先日、友人に息子が生まれ「いつかこいつと飲む日が楽しみ」という
当たり前の話しを聞かされた時、ふと親父を思い出し、はじめて号泣。
親父と飲む機会が無かった事を後悔。
いまだ独身で遊び続けている自分を自戒。

708 :大人の名無しさん :2001/07/08(日) 01:30
>>699
本当に好きで大切なら恥じるな。
本気でつきあっていらっしゃるんでしょ?
幸せにしてあげなよ。

709 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 01:32
我ながら、恥ずかしい言い草ですが(汗)
ここ読んでいると心が、澄んでいく感じ。人に優しくしよう、とか思ってしまうよ。

710 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 01:33
あー恥ずかしい。でもそう思うんだ、、ホント

711 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 08:43
わかるわかる

712 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 09:55
まったく同感

713 :sk-ao174.ppp.ttcn.ne.jp:2001/07/08(日) 10:15


714 :名無しさん@どっと混む:2001/07/08(日) 11:49
注目の犯人逮捕!
http://keishichou.virtualave.net/

715 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 11:51
↑これアチコチに貼ってるけど何

716 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 12:03
悪意のある地雷。踏むべからず。

717 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 13:33
いい歳こして、家族を許せないまま喧嘩中。
けど相手の弱り具合が心臓直撃する事態があって連絡をとるようにした。
歓び勇んでなにかと連絡をとろうとしてくる家族。
その電話を切るたび、鉛のように心の真中に居座りつづける怒りと、その自分を
狭量だと思う心とで、泣く。情けない。
(いい話しでも無し、スレずれの気配もあり、さげ)

718 :test:2001/07/08(日) 13:43
おえ〜
きのうはのみすぎた。

719 :30代以上?:2001/07/08(日) 19:12
>>695
すっごい泣いた。ていうか、今泣いてる。
どーしたらいいんだろ・・・どうしようもないんだけど。

720 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 23:14
切ないよね

721 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 23:22
真っ暗な部屋で坂本龍一のenergy flow聞きながら
扇風機にあたって一人あまがしを食っている。
ただ泣きたいようなぼんやりとした眠気を弄んでいます。
ださいね。いつのまにこんなオヤジになっちゃったんだろう。

722 :大人の名無しさん:2001/07/08(日) 23:32
とっくに亡くなった祖母のこと。

夏に実家に帰った時、祖母が私に「どなたさんでしたか」と聞いた。
痴呆症が進行中で、たまにしか帰省しない私を認識できないよう
だった。名前を言っても「ほう、遠いところからそれはそれは」と
お客さんに対するような口ぶり。

2〜3日の滞在中、とうとう思い出してもらえなかった。
寂しい気持ちで「じゃ、行ってくるから」と声をかけると、祖母は
ちょっと待って、と合図して立ち上がり、自分の部屋へ手招きした。
箪笥の引き出しから取り出したのはくしゃくしゃのチラシに包まれた
薄い物。とめてあるゴムが劣化してくっついている。「あけていい?」
チラシを開くと、旧札で3000円入っていた。
かなり前に包んだ物のようだった。

「おばあちゃん、私はいいからなんか好きなもの買いなよ」
「いいから。○○くんと△△にでも行って来なさい」

○○くんは高校時代に私がつきあっていた男の子、△△はとっくに
潰れた喫茶店の名前。
当時両方の家からつきあうのを反対されてたけど、おばあちゃんだけは
○○くんとの話をにこにこしながら聞いてくれてた。

帰りの飛行機の中で、チラシをにぎりしめて泣いた。

723 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 00:21
722さん
きっとやさしいおばあさんだったのですね。
痴呆になると、ヒトは往々にして醜くなると聞きます。
心のやさしいおばあさんをしのんでください。

724 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 08:22
だめだなぁ。
朝一、会社で読むとこじゃないなぁ。

725 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 09:13
1からちゃんと読むと、涙といっしょに心の中のドロドロがすーっと
流れて出ていくかんじがする。
しかし、職場で読んじゃダメだね、目が真っ赤になる。
ドライアイの人にはおすすめだが。

726 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 11:12
昨日は38度の高熱で一日うなされ、今日もまだ37度の熱。
今日ここに来てもそれほど感じないと思ったのに朝から涙腺が
緩みっぱなしだ。
普段元気だと、病気になると人の有り難味をひしひしと感じるね。
早く病気治すぞ。

727 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 13:30
東京ディズニーランドのエレクトニカルパレードは嗚咽です。
あんなきれいなもの始めて見た!と同時に、思い出がたくさんあります。
息子を2歳ではじめて連れて行ったとき、最前列でパレードを口をあけて
見せる事ができたのですが、ふっと息子の顔を覗き込んでびっくりしました。
まさに嗚咽で2歳のくせにポロポロポロと涙を流して見上げているのです。
「泣いてるの?」と聞いたら「ないてない、あめがふってきた・・・」
と、照れくさそうに言い訳するのです。今、息子反抗期の14歳。

友達の当時3歳の娘・・・6年前再婚相手の男に虐待で殺されました。
大好きだった「最後のエレクトニカル・・・」のビデオを
くりかしくりかえし観ていた・・・。
「またつれてってね」なんてかわいい笑顔でおねだりされてたっけ。
Mちゃん、天国は楽しいですか?Mちゃんの大好きな大好きな
エレクトニカルパレード始まったよ。キラキラたくさんの光が
お空にとどいているかな?今度生まれてきたら、おばちゃんに
あいにきてね。いっしょにディズニーランドいこうね。

728 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 18:56
うるうる・・・これはまいった・・・

729 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 19:03
全部よむのたいへん・・・(涙

730 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 19:12
>>727
まいった・・・・・

731 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 19:13
まいった・・・・久々に・・・

732 :大人の名無しさん:2001/07/09(月) 20:59
なにここ・・・

733 :30代以上?:2001/07/09(月) 21:49
>>727
その男は許せないけど・・・けど・・・
それ以上に、今、そのことを胸に生きている>>727さん・・・・・・おつかれさまだね・・・

734 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 00:32
花屋の知人から聞いた話。

その花屋に、夕方になると毎日花を1輪ずつ買いに来る青年がいた。
店の人は青年の照れた様子が微笑ましく、彼女にでもあげるのかな、
うまくいくといいね、等と噂していた。
しばらくして、その青年は店に来なくなった。
うまくいったのかな、別れたのかな。引っ越したのかな。

ある日店の奥さんが葬儀花の配達に出かけると、玄関からその青年が出てきた。
「あら、この家の方だったの。」
「はい。もう、花がいらなくなっちゃいました。
母が、ずっと入院してたんですけど。花の好きな人でした。」
最後の一ヶ月ほどは、遠くの病院に転院していたそうだ。

735 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 01:06
近所で交通事故があり小学6年生の小さな命が神に召されました。
両親の離婚、腹違いの兄弟、継母のいじめ・・・。
お通夜の晩に次から次へと噂が立ちました。
冬なのにTシャツ、夏なのにセーターちょっと変わった子だなと
思っていた私・・・知らなかったの・・・面倒みてもらえてなかったのね。
「どうしたの?」って声を掛けてあげなくてごめんね。

見かねたご近所の方が実の母親に連絡、話し合い、何日か後には
別れた実の母親のところへ行くことが決まっていたそうです。
北海道行きの飛行機のチケットが送られてきていたそうです。
事故の日は継母に言い付けられて買い物に出たそうです。
道路を渡ろうとして車にはねられたそうです。
継母はやっかいがって相当な仕打ちをしていたそうです。
ごはんもろくに食べさせてもらってなかったそうです。
亡くなった子は、何のために生まれてきたのでしょうか?
神も仏もこの世にはいなっかった・・・。

736 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 01:19
ネタはやめてね・・・。いいスレだから・・・。

737 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 14:55
とりあえずあげさせて

738 :名無し:2001/07/10(火) 16:48
友達の彼女が死んでしまった。
その子が死んだ時友達は浮気をしていた。
浮気の理由は彼女が夜会ってくれなくなったかららしい。
実は彼女は深夜のビデオ屋で男に内緒でバイトをしていた。
突然の交通事故。
彼女は友達がずっと欲しがっていたギターを抱えていた。
私は友達を軽蔑した。
86キロも体重があった友達が50キロを切りそうになっている。
思い出と現実の区別が付かなくなっている。
私には救ってあげられない。
彼女も彼も時間が止まってしまった。
嘘みたいな現実をどうやって彼に理解させようか思案するが、
彼女のスカートを身につける彼を見る度に絶望してしまう。

今日街で赤いミニスカートを見た。
きゅうに悲しくなって泣いてしまった。

739 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 17:15
セルビアだかクロアチアだか。

街への攻撃がひどくなって、住民が疎開する。
破壊された我が家に一家が戻ってきて
子どもは瓦礫の中にかわいがっていたぬいぐるみをみつける。
”おきざりにしてごめんね。ひとりぽっちで怖かったよね
 待っててくれてありがとう”
不安と緊張の日々の中の、一瞬の緩和。
ぬいぐるみを抱き上げる。

仕掛けられた爆弾によって
子どもはもっとも親しいトモダチに
殺された。

人間というのはなんという生き物なのだろう。
涙が、嗚咽が、止まりませんでした。

740 :30代以上?:2001/07/10(火) 17:24
最も尊いことを行うのも、最も醜いことを行うのも、全て人間である。

741 :大人の名無しさん:2001/07/10(火) 17:31
ネコが押し入れで子猫を産んでいました。
しかし、子猫は数日で息絶えました。
父が庭に亡骸を埋めました。
母ネコはその光景を遠くから見届けていました。
「死んじゃったんだよ」と父が母ネコに言いました。
「にゃ」と短く鳴きました。
「わかってる・・・」と私には聞こえて嗚咽しました。

742 :734:2001/07/10(火) 18:22
>>736
ネタぢゃないっす。

743 :大人の名無しさん:2001/07/11(水) 00:08
ふーーーーっ

744 :大人の名無しさん:2001/07/11(水) 03:49
五年前に祖父が亡くなった。
亡くなる三ヶ月程前から入院していたが、母から「容態は安定して
おり、快方に向かっているから大丈夫」と聞かされていた最中の出
来事だった。徹夜仕事の最中に実家から連絡があり、翌日帰省した。
フリーとして独立した直後で、納期を守れないと自分の信用に関わ
る仕事があった為、PCを抱えて帰省し、通夜の日も翌日の葬式の日
も、別室で親類縁者の小言を聞きながら仕事をした。

祖父にとって俺は初孫で、そのため子供の頃から可愛がられてきた。
母にとっては厳しい父親であったらしいが、俺には甘かった。
おかげで俺はガキの頃、厳しい両親から逃れるように、頻繁に祖父
の家に入り浸っていた。なのに、二十歳をすぎた頃から俺は実家に
帰省するどころか祖父の家にも近寄らなくなっていた。
そうして七年近く経った頃、祖父は亡くなった。

通夜の日も葬儀の日も涙は出なかった。火葬のあと骨を拾うときに
なっても涙が出ない。周囲の人間が泣くのを見る中で、自分の心は
冷徹に「じいちゃん、さよならだな。小さくなっちゃったな」と考
えるばかりだった。そればかりか、クライアントからの仕事をどう
やって二日後の納期までに間に合わせるか?ということだけを考え
ていた。葬儀のあと、そんな自分に対して「俺は冷たい人間なんだ
な。最低だな」と、自嘲気味に思った。

翌日、東京に戻るために空港に向かうバスに朝一番で乗りこんだ。
バスの中から何気なく外を見ていたら、海が見えた。その瞬間、子
供の頃に祖父に連れられて近所の海岸へ行ったこと、続けて子供時
代の様々な祖父との想い出が去来した。
次の瞬間、涙が溢れた。バスの中で外を見つめたまま、声を殺して
嗚咽した。
いまでも祖父のことを考えると涙が出そうになる。
今年は久しぶりに帰省して墓参りをしようかと思う。

長文でスマソ。

745 :702ですけど:2001/07/11(水) 11:40
>>744
すごくよくわかる。
自分はばあちゃんっこだったんですが、亡くなる3年ぐらい前からボケて寝たきり
になってました。その間おふくろが当然オムツの代えまでつきっきりで世話をして
本当に大変そうでした。
当時高校生だった私は「早く死んだ方がいい。」本気でそう思ってました。
かわいがってくれたばあちゃんに対してそう思う事でバチがあたろうとかまわない。
これ以上看病してたらオフクロまで倒れる。口には出さないが考えはまちがってい
ない。早く死んだ方がいいんだ、ばあちゃんを前にしても心の中で言ってました。
それから半年後、眠るように逝ったんですが「あんな事考えてごめんな、でも
これで良かったんだよ」と葬儀が終わっても涙は出なかった。
一通り親戚も帰った頃おふくろに「だいじょうぶか」と聞くと「おまえがいてくれ
て助かった」という。何もしてないのに?
朝一番必ず○○は?と聞いたという、日曜で家にいるというと不思議とわがままを
言わない、私が口を水で湿らせてあげるとすごく喜んだ、そうだ。
全然気付かなかった。聞いてて涙が溢れたのを覚えてます。
今でもいい年こいて何かピンチになった時「ばあちゃん、頼む助けてくれ」と
心のなかで拝みます。
何かレスになってないな、スマソ。

746 :はぁー:2001/07/11(水) 22:44
739読んで思い出したが、「東京が燃えた夜(日?)」というタイトルの
絵本、嗚咽なしには読めなかった。東京大空襲の日、子どもや伴侶を地獄の中で
失った実話からなる絵本だが、、、。
戦争はほんとにいやだ。

747 :TiC:2001/07/12(木) 01:18
このスレ読んでたら、可愛がってくれたお婆ちゃんの事で泣けてきた。またお婆ちゃんのご飯を食べたいよ。。。
お婆ちゃんは、俺が3ヶ月の時に祖父が火事で他界してからは、俺のことを祖父の生まれ変わりと思ってたのか、
ずっと可愛がってくれてた。
小学生の頃、親に怒られたときはお婆ちゃんの所に逃げて泊めてもらったこともあった。
でも、中学の頃になってからはぜんぜん有り難いと思わずむしろ世話を焼いてくるのをうざいとさえ思っていた。
俺が社会人になってからは、お互いほとんど顔をあわせることもなく過ごすようになった。
その婆ちゃんも、数年前カゼをこじらせて入院してから寝たきりになっている。

このスレッド読んでいたら、お婆ちゃんの懐かしい思い出がよみがえってきて、これを書いている
間も涙が止まらないです。明日久々にお婆ちゃんに会いに行こうと思ってます。何も出来ないけど
せめて顔を見せるだけでも・・・と。

748 :大人の名無しさん:2001/07/12(木) 01:51
私のお婆ちゃん
自分が産んで育てた5人の子供の家をたらい回しにされて、
最後にうちにきました。
無口で大人しくって、ちょこんと座って雑誌を読む毎日でした。
耳が遠くなってたから会話があまりできなかったけど、
おじさんやおばさんの家を転々として辛かっただろうな。
ちっちゃいちっちゃいお婆ちゃんのどこがそんなに邪魔だったのだろう。
「お婆ちゃんもっと早くうちに呼んであげればよかった・・・」
と孫の私は思ってたのに、お婆ちゃんが来て両親が喧嘩するようになった。
話がこじれて離婚話に発展し、お婆ちゃんが老人ホームに入ることになった。
最後はそこで亡くなったけどお婆ちゃんが可哀想で悲報の知らせに嗚咽した。
両親を憎めないけど、本当にこれでよかったのかなと思うと涙が溢れた。

749 :大人の名無しさん:2001/07/12(木) 10:45
おばあちゃん・おじいちゃんって、孫である私達にとっては
血族だけど、私達の親の片方にとっては、他人なんですよね。
昔の家ではそういう「他人と暮らすこと」が当たり前だったんだと
思うし、そこで生じた軋轢の上手な解決法も「生活の知恵」的
なものとして受け継がれてたと思うけど、今の家族環境の中では
うまく処理できない人たちが増えてきてるのかな。

かくいう私も、将来結婚して、自分も中年を過ぎてそろそろ体力的にも
衰えてきたし、更年期迎えたし、なんて頃になって旦那の親をひきとって
うまく一緒に生活できるのか??と問われると、自信はないです。
他人だからって冷たくしていいなんてことはないんだけど、
家という一番甘えが出る空間というか世界だと、ついついそういう
本能的な甘え(血のつながりがない人に気を遣いたくない、みたいなもの)
が出てしまうのでしょうか。

750 :大人の名無しさん:2001/07/13(金) 02:36
sageられすぎて100以下に下がっていたので上げます。
いいでしょ?

751 :大人の名無しさん:2001/07/13(金) 10:54
今日は13日の金曜日だからあげときます

752 :オトナの名無しさん:2001/07/13(金) 14:15
異常に暑いのであげます、いいでしょ?

753 :大人の名無しさん:2001/07/13(金) 16:40
>>634
路肩に止めて追突されて死傷しで貴方の母親を悲しませることの無いように。
もしくは運転中に著しい情動発作を起こして正常な運転が出来ないおそれがある
場合には高速に乗らないように。

754 :欝氏:2001/07/13(金) 16:42
死傷しで→死傷して
出来ない→出来なくなる

755 :大人の名無しさん:2001/07/13(金) 19:04
>>754
おまえホントにつまんないから氏んでいいよ。

756 :大人の名無しさん:2001/07/13(金) 20:51
>>755
>>754はある意味正しいでしょ。
けっこう萎えるもん。書き間違い。
と、何気に包容力のない二人を攻めてみたり。
そして、想像力のない自分を自覚してみたり。

 
 

↓軌道修正

757 :大人の名無しさん:2001/07/14(土) 13:31
age

758 :大人の名無しさん:2001/07/14(土) 14:19
いやエラいところ来ちゃったな。
お盆も近いですね。

759 :大人の名無しさん:2001/07/15(日) 20:06
くさ

760 :大人の名無しさん:2001/07/15(日) 23:04
>>759
福岡の人ですか?

761 :ごめんな・・:2001/07/16(月) 04:06
高校で転校した。転校生の俺のことに興味を持ってくれた奴がいた。絵が上手くて
暑中見舞にバイクのイラストが書いてあった。
転校前の地元では、田舎だったせいもあって免許が無い俺でも割と自由に友達の
バイクで走ってた。「汚れた英雄」という映画に魅せられて、いつか免許をとって
堂々と走りたいと思ってた。
毎日毎日、転校生の俺に近づいてきて、興味の無かったバイクの話を
熱心に聞いてくれた。そしていつか免許を取って二人でツーリングしようと・・・

卒業まで二人とも免許は取れなかった。俺は関西の、彼は東京の大学にそれぞれ
進んだ。俺は19歳で車の免許を取り、二輪の免許はもうそんなに欲しいとは思って
おらず、約束など忘れかけてた。

正月に帰省する予定があって、ちょうどいい、同級生に会えるかな、なんてワクワク
気分でクラスメートに電話した。「みんな元気?会いたいねー。○○は?××は?」
何人目かにそいつの名前を出してみた。「東京に行ったあいつは帰ってくるの?」
「え?知らなかったの?」「ん?何の話?」「△△君、亡くなっちゃったのよ」
「は?嘘でしょ・・いつよ!何でよ??」
「去年の冬休みに、事故で」「えー・・交通事故なん?」
「うん、大学に入ってからどうしてもバイクに乗りたいって免許取って、夜中に
街路樹に当たっちゃったんだって。ご両親がすごく悲しんでて・・・」

興味を持たすようなことを言って、焚付けておいて、未だに俺はこうして生きてる。
バイクの免許すら取らず。
俺に出会わなければ、彼は今でも好きな絵を描いていたのだろうか。
無責任な俺を彼は許してくれるだろうか。
15年間、いつも自分に問うている。人と交わること、影響を与えること、
悲しみを与えてしまうこと、残された人のこと・・・
今でも忘れてはいない。イスをバイク代わりに、またがってエンジンをかけるしぐさ。
彼の楽しそうな表情。一枚の葉書を見て、昨日のことのように思い出した。

762 :大人の名無しさん:2001/07/16(月) 23:34
私の父は生前
「孫なんてなぁ、所詮は他人の子供なんだ。だからお前がもしも結婚して、子供を
 生んでも連れて来るなよ?俺は絶対可愛がらないぞ」
と口癖のように云っているヒトだった。
そんな父が亡くなって半年後、供養の意味で訪れた旅先のショーウィンドウに
飾られた可愛い子供服を見た母がポツリとこぼした。
「お父さんと最後の旅行の時ね、『アイツも馬鹿だなぁ。さっさと結婚して
 孫を連れてくればイイのに。そしたらこんな服、一杯買ってやるのになぁ』
 って、云ってたのよ」
その時には「お父さんてば、云ってるコトと主張が違うじゃない」と笑ったのだが、
余命を気力だけで延ばしていた父がどんな思いで云ったのかと、一人になった時に
涙がこぼれた。
長い闘病生活の間についに『花嫁の父』にも、『おじいちゃん』にもさせてあげる事
なく逝かせてしまった自分がものすごい親不孝な気がして、父の写真を見ては時折
たまらない思いにかられています。

763 :大人の名無しさん:2001/07/17(火) 23:08
数年前、義父が死んだ。
葬式が終わり、東京へ戻ってきてから、女房が初めて聞く話をした。

小学校三年生ぐらいのある日、彼女は亡くなった祖母の部屋でぼんやり膝を抱えていた。
何か寂しいことがあると、彼女はそうしていたらしい。
そこへ、思いがけず義父が入ってきた。

女房の話によれば、当時の義父は決してよき家庭人とはいえなかった。
内にとても激しいものを秘めた孤独な人で、お嬢様タイプの義母とは必ずしも折り合
いがよくなかった。子供時代の女房にとっては、突然ブチ切れたり、子供相手に手加
減せず自立を要求したり本気でケンカをふっかけたりする、不条理で怖い人だった。
メディア屋としてそれなりの野望を抱きながら、労働争議に巻き込まれて数年間干さ
れていた影響もあったのかもしれない。

だがその時、怖い義父はなぜか彼女のそばにそっと座り、彼女を膝の上に載せて黙っ
て頭をなでてくれた。彼自身をひどく嫌っていた、母方の祖母が暮らしていた部屋で。

とてもうれしくて癒された。
なぜあの時、あんなことをしてくれたのかわからないけど。
女房はそう言って、そのままうつむいた。

俺は女房の横に座って、俺と同じ年頃の義父がしたのと同じことをした。
なんだか二人とも泣いた。

764 :大人の名無しさん:2001/07/17(火) 23:37
今日も良い天気ですよ。
こんな上天気の日にはさぞかし良い笑顔でいることでしょう。
見えないけれど見える、そんな気がします。

ほんの少し時間がたって、その事実を知ったときよりも
落ち着いて思い出すことができるようになりました。
私は、貴方達が望んだ未来が実現すれば良いと
そればかりを願っていただけの見ず知らずの他人ですが、
どうしても貴方達に伝えたいです。
ありがとうという言葉がこんなにも美しく輝いている、
それを教えてくれたのは貴方達です。
本当にありがとう。

私は今年も誕生日をお祝いしたいです。
だからもう少し時間がほしい。

自己完結ですみません。
どうしても吐き出したくて……。

765 :大人の名無しさん:2001/07/18(水) 00:08
>>764
なんか知らんが長生きして幸せになってくれ。

766 :大人の名無しさん:2001/07/18(水) 00:27
いや、764はかなり深い事情をかかえているような気がする。

手の届かないものの幸せを祈る、ってせつないことだから。

767 :大人の名無しさん:2001/07/19(木) 02:06
この前8年前に亡くなった、ばぁちゃんの夢を見た。
最近辛いことばかりで落ち込んでいたから、
頑張れって言ってくれたのかな?
会話らしいものはほとんどなかったけど
ばぁちゃんはずっと前を歩いていた。
とても早足だった。
何故か目が覚めたら泣けてきた。
物凄く涙が出てビックリするくらい。
そしたら、少しスッキリした。
ばぁちゃんありがとう。

768 : :2001/07/20(金) 10:56
なんだか故人スレになってないか?

他にも嗚咽ってあるだろ。

769 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 11:26
仕事の関係で、東京から兵庫へ家族で引っ越した。
小学校三年の娘は、おとなしい性格なので学校で馴染めるかどうか
心配していたが、その心配の通り娘は「言葉が気持ち悪い」と少しいじめられている。

それでも仲間に入れて欲しい娘は、TVで久本雅美が出ると
大急ぎでノートを持って来て懸命に久本のギャグをメモに取っている。
おとなしくて家で絵を描いたり本を読んだりすることが大好きな娘が
たとえ真似でも久本みたいなことができるだろうか
たとえ出来たとしても、そんなことで仲間に入れてもらえるだろうか

大人から見ると不毛な発想、不毛な手法なのだが
親としてはそれを指摘することはできない。

嗚咽ってほどじゃないな
ごめんな

770 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 12:39
泣けない私の分まで、皆さんで泣いて涙を流してください。
私は涙を流せないのです。悲しい事、嬉しい事、慟哭するほどの出来事を前に
平静を装う、これが私の習慣。この長い習慣のせいで涙を流せなくなってしま
い本当に辛い。私が泣く時、それは「夫の身勝手」や「暴言」。冷たくて嫌な
涙です。泣きたくないのに溜まっていた長年の涙がここぞとばかりに意思とは
裏腹に流れてくる。夫は「泣く私」が小気味良いらしい。。どうか皆様、私の
分まで純粋な涙を流してください。私は時々こうして上げて行きたいと思いま
す。

771 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 14:58
なんか、このスレの題名はいいね。東野圭吾の小説風で。

さて。

数年前、高校時代の後輩が病気で亡くなった。
しかし、どうしても俺は、告別式に参加することが出来なかった。
彼は最期まで、懸命に生き続けていた。妻子のことを常に思いやっていた。
なんであんないいやつが死ななくてはならないのか?そう思うと、泣けてきた。
俺は葬式の日、喪服まで着て、出かけようとしたが、玄関を出ることが出来なかった。
俺は間違っていたのだろうか。
それ以来、墓参りすら出来ないでいる...ごめんよ。

772 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 15:09
息子へ

君もこんなにでかくなって、決して良いとは言えない通知表を
はにかみながらテーブルに放る。
君には色々苦労をかけたが、君の屈託の無い笑顔に何度も私は
救われたのだよ、ごめんそしてありがとう。

773 :軽すぎるとは思いつつ:2001/07/20(金) 17:31
旅行帰りの機中で、なんとなく読んでた新潮だか朝日だか忘れたけど
ライスシャワーが転倒→骨折→安楽死という記事が載ってて
『馬はもっとも苦しい最後の直線をただ自分が乗せている人のためだけに走る』
みたいなキャプションを読んで泣いた。
競馬はやらないけど、昔コンビニでかわいいと思って買ったライターが
ライスシャワーだったんで名前だけは知ってた。

774 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 17:59
交差点で、右折しようと待っていたところ、
対向車線で私と同じように右折待ちの車を運転するおじさんが、
半年前に死んだ父とそっくりでした。

迷惑かけてばかりで、親孝行らしいことを全然してあげられなかった、
自分の腑甲斐無さから泣けてきました。

生きてる内に、一緒に酒を飲みたかったよ。

775 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 18:05
初めて甥っ子が生まれたとき、新生児室で元気に泣いてる姿を見て
涙があふれてしかたなかった。私の血が流れる新しい世代なんだっていうのと
幼い頃から可愛がってくれた姉が母になったことに、素直に感動した。

776 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 18:43
>>773
ライスシャワーの故障は何年か前の宝塚記念だったよ
観衆から見える位置でビニールシートかけられて「処置」されてたっけ
俺見てたよ

777 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 20:28
いいね、ここ。涙が乾いてる暇がなかったよ。
かれこれ7年ぐらい実家に帰ってないけど、このスレ見たらいろんなこと
思いだしちゃって両親に会いたくなった。
両親が健在な内に親孝行しなくちゃね。亡くなってからでは遅いからね。

778 :大人の名無しさん:2001/07/20(金) 21:10
先週末に妻と話し合い、離婚を決めました。
2人の娘には3日前にそれを告げました。
小3の下の娘はただ大声で「いやだ」と言って
泣きじゃくっていましたが、
小6の上の娘はただうつむいて、
声を殺して泣いていました。
小さい頃から自由奔放な妹に比べて
姉の方は何かとつらいことをぐっと飲み込んでしまう娘でした。
いっそ、泣いて私をなじってくれれば良かったのに。
妻とはお互いに浮気とかじゃなく
小さな食い違いが積み重なって
最悪の結果になってしまいました。
2人の娘には何の罪もないのに
唯々、彼女たちにすまないという気持ちで胸がつまります。
最後に妻と娘が家を出ていくとき
どんな顔で3人を見送ればいいのか分かりません。

779 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 05:26
ここを読めといわれたので、読んでみた。読んで俺は言葉を失った。
何と言えばいいのだろうか。そこには真実がびっしりと書き連ねられていた。
こんな文章は見たことがない。 全身が感動で打ち震えるのを覚えた。
一体だれが、こんな文章を書いたのだろうか。嘘偽りのない、
まさに血の滲んだ真実の言葉が俺の脳髄めがけて飛びこんでくる。
すさまじい。本物の苦しみを知っている者だけがかもし出すことのできる、
怒りがそこにはあった。本当の痛みを知っている者のみが知る優しさがあった。

俺はいま嗚咽している。
こんなに感動したのははじめてだ。一体、
この文章を前に何を書けばいいというのだろうか。
いや、何も書くべきでないのかもしれない。
俺が長年追い求めてきた、真実の雄たけびがここにある。
ニッポンとは不思議な国ではないか。こんな文才をもった人間が、
なにげにネットに書きこんでいるのだから。
まったく世の中とはわからないものだ。
どうやら、わたしは君にすっかり惚れこんでしまったようだ。
このキモチを隠すことはできない。
あふれんばかりの愛を君にささげたい。私はこう見えても尽くす男だ。
一度惚れこんだ相手には地獄の底までついていくつもりだ。

780 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 08:05
↑ 星飛雄馬氏の親戚と思われ

781 :sueasinnji:2001/07/21(土) 09:28
真実だけが持つ迫力があるね。
どんな名作家が書き評論家が絶賛した小説もかなわない強さが!

782 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 10:37
天真爛漫で、当時十八の俺より純粋だった父が出張先で車にハネられ重体になった。
病院の関係者は勿論、他の入院患者の家族まですぐ親しくなってしまう父の病室は、
いつも賑やかでした。
いつの間にか仲良くなった、小さな子供達に描いてもらった絵も貼ってあったりして、
ちょっとした人気者だった。
やがて帰らぬ人となり、霊安室で寝かされ動かなくなった父に、
絵や手紙を描いてくれた子供達が来てくれて、「どうして、おじちゃんはずっと寝てるの?」とか
理解出来ない子供に対して、自分なりに「死」ということを教えてあげた。
誰かに聞いたのか「星になったのかなぁ」という子供の真剣な顔に、必死で涙をこらえた。
葬儀で自分と同世代くらいの父の仕事仲間がみんな涙流しているのを見て、
世間体やカッコなんか、どうでも良くなった。嗚咽した。
赤の他人の人達に、こんなにも慕われてた父が誇らしかった。
生き様と死に際で、人生について最後に教えてくれた事だと思っています。

783 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 14:57
ここはすばらしいなぁ。
実話だからこんなにも胸に響く文章なんだろう。

何度読んでも泣ける。
特に未熟児で生まれた娘さんののお父さんの話は
号泣した。同じく娘を持つ父として。

784 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 17:56
ゆっくり休んだら今度は優しい両親の元へ産まれておいで。
そしたら暖かい部屋でおいしいごはんを沢山食べよう。
春になったらお花見に、夏になったら海水浴に、秋になったらハイキングに
冬になったら雪だるまを一緒につくろう。

亡くなった子供たちの魂が穏やかになりますように。


某板からひろってきました。虐待で苦しむ子供たち。。つらいです。

785 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 19:30
>>779
何かしらんが、怖いからついてこないで欲しい。

786 :大人の名無しさん:2001/07/21(土) 21:42
今日の「雷波&電波スペシャル」見た方いる?
私は「鉄棒少女」で大泣きしてしまいました。
屈託のない中国の子ども達に励まされ、再び帰ってきた日本。。。

妹、友人、知人が見守る中
何度も大車輪に挑戦する彼女でしたが、
無情にも回ることはできず……。
でも最後に、以前中国のコーチが言った「1%の可能性」を見事実現したとき、
信じられない思いと、感動とで涙が止まりませんでした。
まさかアレ…やらせじゃないよね?
そうでないことを祈ります。。。。
小泉さんじゃないけど、本当に「よく頑張った! 感動した!」

787 :age:2001/07/22(日) 08:15
786です。
ageときます。

788 :sage:2001/07/22(日) 11:33
>>786
やらせ説有るぞ。どっかの板で大分前にみたよ。

789 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 13:19
おっ下がってる。勿体無いからアゲ。

790 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 13:19
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoshizoo/GetMoney/

791 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 13:38
電波・雷波は見る気がしないなー
プロデューサーが鬼畜な人らしくて、
視聴率の為ならなんだってヤラカスらしいから…

792 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 14:25
>>791

でもあの最後回ったトコは(大車輪)
まさかやらせじゃないと思うよ。
アレ、ほんとすごかった!

793 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 15:46
『おばあちゃん子』だったのに、祖母が死んだとき、うちに連絡があったのは亡くなった後だった。
祖母が危険な状態であるとは知らされていなかった。
なぜ亡くなる前に連絡をしてくれなかったのか、父親に聞いた。
「ずっと布団の中で言っていたんだ。『○○(私)には知らせるな。○○が心配するから』」。
祖母が死の床で残した遺言は二つだけ。
「式は自宅。この家から送って欲しい」「○○が6歳のとき、一緒に撮った写真を遺影にして欲しい」。
ちょっとピントがぼけている写真だが、遺影の祖母は最高の顔で笑っている。

794 :大人の名無しさん:2001/07/23(月) 23:44
今年はおばあちゃんの7回忌です。
あれから7年もたったのか、、、と、正直驚いてます。
7年もたつのに、もう会えなくなってしまったのに、それでも
おばあちゃんのことを毎日のように思い出すのです。
亡くなった当時、私は大学をでたものの、わけあって就職できずにいました。
就職して一人前になったら、おばあちゃんと旅行にいったり、おいしいものを食べ歩いたり、
私の知らないことをもっともっといっぱいおしゃべりしようといろいろ考えていたのに、
その夢はとうとう叶えられませんでした。
おばあちゃんを喜ばせるようなことは、なにひとつできませんでした。

あれから、もう何十回となくおばあちゃんの夢をみています。
夢の中には、おばあちゃんと今も健在のおじいちゃんがでてきます。
今は実家をはなれ地方に住んでいるのですが、
ある日、その土地のおいしいものをごちそうする夢をみました。
お店の椅子に皆でこしかけ、さあこれから食べるぞ!という段になると、
どういうわけか夢から醒めてしまいます。
いつも、こんな感じです。
楽しい寸前になると、夢が終わってしまうのです。
夢のなかでさえ”夢”を叶えられないのが、悔しさ、寂しさをつのらせます。

でも、私が生きている限りおばあちゃんの夢はみつづけるにちがいありません。
いつもおばあちゃんのことを想っています。
ご恩返しはできなかったけど、それだけでもいいですか? おばあちゃん

795 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 00:25
大阪の小学校襲撃事件の時。
夜中に2chやニュースサイトやらを見て激しい憤りを感じていた。

もう寝ようと思い、妻と娘(小2)の寝ている部屋に行って、娘の
あどけない寝顔を見た時、急に感極まり嗚咽を漏らした。
妻は、その異様な雰囲気に目を覚ました。
知り合ってから14年、初めて妻に見せた私の涙だったと思う。

明石の事故、また娘と同世代の子供達が犠牲になってしまった。
妻には見せない涙を流しつつ、黙祷。

796 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 01:06
恋愛話でもいいですか?つきあって5年、お互いの親にも会い、誰もが結婚するものと想っていた。
4年目から仕事の関係で、遠距離。それでも週2回は電話をして、2ヶ月に1回は会っていた。
久しぶりに会ったとき、少しだけ彼女の雰囲気が違った。気のせいだろうと想った。
しかし決定的な事が起こった。彼女がキスを拒否した。
「好きな人がいるの?」「・・・・うん」彼女は号泣した。とりあえずその日は泊まらず別れた。
「お互いよく考えよう」と言って。でも彼女の心が新しい彼のもとにあるのは明らかだった。
翌日の昼休み、誰もいない会議室で、1時間声をあげて泣いた。本当に彼女が好きだと気がついた。
ごめん、真夜中に嫌がらせの電話をしちゃったね。ごめん、友だちにお前の悪口言っちゃった。
あれから3年たった。「元気かい?今幸せかい?旦那を大切にしろよ。
俺も35になってやっと一生を共にできそうな人が見つかったよ」。

797 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 13:46
三年前に親父が死んだんだけど、ほとんど遺産を整理し終えた後に
親父が大事にしていた金庫があったんだよ、うちは三人兄弟なんだけど
おふくろも死んじゃってて誰もその金庫の中身を知らなくてさ
とりあえず兄弟家族みんな呼んで、その金庫をあけることにしたんだけど
これがまた頑丈でなかなか開かないんだよ。仕方ないから鍵屋を呼んで
開けてもらうことにしたんだけど、なかなか開かなくてさ
なんとなく俺たちは子供の頃の話を始めたんだよ、親父は昔からすごい厳格で
子供の前で笑ったことも一度もなくて旅行なんてほんとにいかなかった
子育てもお袋に任せっきりで餓鬼の頃はマジで親父に殺意を覚えたよ

798 :797:2001/07/24(火) 14:01
んで、一番下の弟が、そういうわけだからしこたま溜め込んでるんじゃねえか?
みたいなことを言い出して、その後に真中の弟も親父が夜中に金庫の前で
ニヤニヤしながらガサガサやってんのを見た とかいったから
俺もかなり金庫の中身に期待を抱いちゃったんだ
んで、そのときに鍵屋がちょうど「カギ、開きましたよ」といったから
ワクワクしながら金庫の前に行き、長男の俺が金庫のドアを開けたんだ
そしたら、まず中からでてきたのは、古びた100点満点のテストなんだ
それをみた一番下の弟が「これ、俺のだ!」といって俺から取り上げたんだよ
次に出てきたのは、なんかの表彰状、すると次は次男が”俺のだ”といいだして
その後にネクタイが出てきたんだ、見覚えがあるなあと思って
気がついて叫んじゃった「あ、これ俺が初めての給料で親父に買ってやったネクタイだ」
その後に次々と昔の品物が出てきて、最後に黒い小箱が出てきたんだよ
その中には子供の頃に家の前で家族全員で撮った古い写真が一枚出てきたんだ

799 :797:2001/07/24(火) 14:17
それを見た俺の嫁さんが泣き出しちゃってさ、その後にみんなもなんだか
泣き出しちゃって、俺も最初は、なんでこんなものが金庫のなかにあるのかが分からなくて
なんだよ、金目のものがねーじゃんとか思ってちょっと鬱になってたんだけど
少したって中に入っていたものの意味が理解できたとき、その写真を持ちながら
肩震わして泣いちゃったんだ。人前で初めて本気で号泣しちまったよ
そこで鍵屋が、きまずそうに「あの、私そろそろ戻ります」とかいったんで
みんなが、はっとして涙をにじませながら「ありがとうございました」

このとき、俺は親父がどんなに俺たちのこと想っていてくれたかと
さっきまでの自分が金目当てで金庫を開けようとしたこと
子供の頃に親父に反感を抱き、喧嘩ばっかりしたことが恥ずかしくて仕方がなかった
親父は金よりもほんとうに大事なものを俺たちに遺していってくれたと思っている
長くなって申し訳ない sage

800 :797:2001/07/24(火) 14:33
なんかところどころ日本語が変だな・・・・
短く収めて書いたんで読みにくい、ここのみなさんの体験談を読んで
ふと、思い出してしまったんで書かせて頂きました

801 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 16:19
>>797さん

いいえ、とてもいい文ですよ。
鍵屋さんの「あの、私そろそろ戻ります」が、
また良いスパイスで泣き笑いって感じでよろし。
昔の男の人って、子供に対する愛情表現が下手だったんですよね、きっと。
兄弟3人、これからも仲良くしていって下さいね。

802 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 16:41
伸介に読み上げてもらいたくなった…

803 :年寄り:2001/07/24(火) 16:57
>>794
その恩返しをいつかあなたのお孫さんにしてあげることが、おばあちゃんに
とっての喜びなんじゃないかな。
>>795
うちは子供のいない夫婦ですが、周りの友人がどんどん人の親になっている
のを見るにつけ、こういうのは昔と比べても本当に切なく、やるせなくなり
ます。どうしてだろう。
>>797
いい親父さんじゃないか。仕事中に呼んで涙目になっちゃったよ。
どうしてくれるんだ。

804 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 17:39
アルツハイマーになり、7年間の闘病生活の後祖父がなくなりました。
祖父と祖母はあまり仲が良くなくて、子供達に面倒をかけ続けた祖父に
対し、非難をいつも浴びせていました。「早く死んで欲しい」と。

祖父の葬式の晩、私と祖母はコタツでお茶を飲んでいました。祖母が
落ち込んでいたように見えたので、「これから自由に遊べるね」って
言うと、「もういいよ」と答えました。子供だった私は祖母に向かって
「だっておじいちゃんが死んだら自由になれるっていつも言ってたじゃ
ない。やっぱショックなの?」と聞くと、祖母は「そりゃ連れ合いだ
ったから・・・」と答えました。

それから一週間後、祖母は脳溢血でいきなり倒れ、亡くなりました。
子供だった私は、まだそのとき良くわかっていなかったけれど、今なら
わかります。祖母のあの時の気持ちが・・・

おじいちゃん、ぼけた姿を見たくなくて特養ホームに7年間一回も
お見舞いに行かなくてごめんね。そして、おじいちゃんに冷たい
おばあちゃんのこと、誤解してて、本当にごめんなさい。

805 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 17:56
>796
おれにもつい最近同じような別れが訪れた。
3年も経てば、おれもそんなセリフが言えるようになるんだろな。
なりてえな。

806 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 18:26
>>797
仕事中なのに思わず涙ぐんじゃった

807 :大人の名無しさん:2001/07/24(火) 22:54
>>797
いいおやじさんだったんだね。
カネはあるにこしたこたーないけど、親の愛は一生もんだ。

808 :涙目の名無しさん:2001/07/25(水) 23:11
>>797
うるうる・・・
思わず親父のこと思い出しちゃったじゃないか。
もうすぐ命日だ。

809 :大人の名無しさん:2001/07/26(木) 20:33
ageとく

810 :大人の名無しさん:2001/07/26(木) 21:04
離婚して2年たった
今も娘たちのことが頭から離れず きつい毎日
それから逃れるように仕事に没頭しているが、
ちょっと気を抜くともうだめ

二人目の娘の出産のために
家内が実家に帰っているときに
離婚の話が煮詰まりまった
妻の実家の畳敷きの小さな部屋で話し合いをしていたのだが
(ののしりあいもなく 本当に静かな話し合いだった)
娘は 横でトランプの一人遊びをしていた
当時三歳だった娘は
黙って無心でゲームをしていたように見えたのだが
私が少しでも体を動かすと
びくっとして「帰っちゃうの?」と聞いてくる
それを何度も何度もくりかえし
いよいよ本当に帰るとき
家内のマンションの出口まで2人で見送りに降りてきて
俺が10mばかり歩いていったところで
娘が後を走って追ってきた
ふりむくと娘が必死の顔で何かを言おうとしている
でもどうしても言葉が出てこない様子で
ただ必死の表情をしていた
「どうした?」と声をかけた途端
ばっと泣き顔になって
そのまま マンションに走って帰っていった
それが最後になってしまった
二人目の娘が生まれた時に
もう一度家内とは会ったのだが
姉となった娘とは会えなかった

もし新しいお父さんができたときに
なじめないといけないと思い
会いたい気持ちを必死でかみ殺している

ついつい長くなってしまった 申し訳ない

811 :810:2001/07/26(木) 21:07
重ねて申し訳ない
駄文を重ねてしまった

812 :大人の名無しさん:2001/07/26(木) 21:41
そんなに可愛い娘さんが2人もいて、どうして別れる事になってしまったの?

813 :810:2001/07/26(木) 21:54
新婚当初は目に見えないほどだった小さなズレが
年を追って大きくなった としか言えない
離婚の言葉を口にするようになったきっかけは
言うのも恥ずかしいほど些細なこと
このことはスレとは関係ないので  失礼

814 :大人の名無しさん:2001/07/26(木) 21:58
>>810
うぅぅぅぅっ、つらい‥‥‥

815 :大人の名無しさん:2001/07/26(木) 22:28
>>797
いいお父さんですね。
泣けた。
>>810
また泣けた。
親になって、あなたの気持ちがわかるようになりました。
いい男になってね。

816 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 00:03
>>810
ちくそー泣かせるじゃねーか!

娘さんが物事が理解できるようなトシになったら、たまには
あわせてやれよー>元奥さん
って、ここ見てないか。。。

817 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 06:45
阪神大震災で神戸の祖母の家がぺしゃんこになった。
東京から車飛ばして、途中からは5時間歩いて親父と救出に行ったけど・・・

たどりついた家はただの瓦礫の山で、祖母の姿もどこにもなかった。
救援所や体育館などを走り回って祖母を探したけど見つからず、隣のおばさんを
ようやく見つけたら「おばあちゃん、まだ中にいるんとちがう?見てないで」
って言われて、急いで引き返した。

親父と二人で瓦礫を掻き分けながら、何度も大声で呼んだけど反応がなく
日も暮れてきて、警察にも連絡したのにいっこうに来てくれない。
声も枯れ果て疲れきった俺はその場に座り込んで動けなくなった。
でも親父はあきらめずに、ずっとずっと瓦礫の上や下を一生懸命探してた。

2日後、祖母はショベルカーによって遺体で発見された。親父が遺体に駆け寄って
「お母ちゃん!お母ちゃん!ごめんな、ごめんな、見つけてやれんかったんや」
泣きながら小さく折れ曲がった体を抱きしめていつまでも揺すってた。

俺もその姿を見て声にならないほど涙が流れた。「ワシが見つけてやりたかった・・・」
親父はいまでも自分を責めてる。

818 :ちち:2001/07/27(金) 11:07
5歳の長男が自閉症です。満足に言葉もしゃべれない・・・。俺はこの子は諦めていた。
口で言っても解らないんだよ。躾以前の問題だ。療育センター、TEACHいろいろやったけど
あまり変化がなくて・・・。なんか育てるのが辛くなってきて。
叩いて躾けるしかないって。愛情もあるのかないのか・・。
反動か、2歳になる愛想のいい次男を可愛がってばかりいた。話し掛けるとニコニコ可愛い。
いっつも俺の後についてきて・・・。散歩もこの子とばかり・・・。
ちょっと前のこと・・・。
長男を風呂にいれた日のこと。いつもの様に長男は石鹸で遊んでた。体を洗おうとしても
まるで反応なし。口笛(?)を吹きながらシャカシャカ石鹸を泡立ててる。俺は内心
うんざりしながら子供の体を洗ってやった。洗いおわって、子供を湯船にいれた。
一息ついて自分の髪を洗っていると・・・。
子供が背中をさすっているんだよ!手を石鹸で泡立たせて。手だけで。初めてだよ。
なんで?自分の体も洗えないのになんで?
驚いたけど・・・。なんでか涙がでたよ。この子にしか見られてなかったけど、シャワーで
涙をかくしたよ・・・。その日、次男のほうは妻に風呂にいれてもらった。
なんで俺の背中を流してくれたんだろう?ほんの気まぐれなのか?解らないけど・・・。
ほんのちょっぴり、この子の親になって良かった。

819 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 11:15
>>818
泣いちゃったよ・・・。
その長男もきっとあなたの子供でよかったって
思うようになるよ。大変だろうけれど、頑張ってほしい。

818の話と関係ないけれど、虐待されている子供が必ず言うセリフが
あるんだって。身体中痣だらけな上に、愛人と一緒にねりがらしを
3本分塗りたくられた子供のセリフだよ・・・。
「お母さんお父さんは悪くない。僕が悪いんです」
って・・・・。その話を聞いた時俺は真剣に泣いた。その子は最後に
餓死寸前な状態で全身暴行を受けて死んでいった。

820 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 13:58
>>818
オレもシャワーを浴びてくるよー。

821 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 14:02
>>818
障害を持って生まれてくる子供は、
大変だけれど頑張って育ててくれるいい人を親に選んで
生まれてくるっていうのを聞いたけど
ほんとだな、と思いました

お父さん、頑張ってね。家族で仲良くね。

822 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 14:10
なんていいスレなんだよ。

823 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 17:27
>>817
以前見たような

824 :ネタと思いつつマヂレス:2001/07/27(金) 17:32
>>810
ん?面会する権利は行使できないのか?
自ら抑えるのは止めて居た方が良い。
安っぽいドラマの真似なんかしてんじゃない。
その娘は継父の子では無く、810の子である事実に変わりは無いのだ。

825 :824:2001/07/27(金) 17:33
と思ったが子のDNA鑑定してから考えるべきか

826 :810:2001/07/27(金) 18:14
>824,825
どう思われてもいいが
ネタではない
やっぱ書くんじゃなかった
ここで初めて言葉にしてしまったことで
ぎりぎり踏ん張っていたものが切れそうだ 後悔・・・

827 :ちち:2001/07/27(金) 18:21
>>819,821
ありがとう。がんばるよ。マターリ、気楽に。ありがとう。

828 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 18:54
おもいきりぶちまけて聞いてるから。

829 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 19:13
>>826
後悔しないで下さい。泣いてる人のほうが大勢いますよ‥‥

830 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 20:22
みんなつらいこと抱えて頑張ってるんだな。
俺も離婚はしない方向で考え直してみよう。

>823 >824 >825 すごくいやなもの見ちゃった

831 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 22:57
>>810
あ、すでに継父が存在していたのかと勘違いした。

最後の段落は、いらぬ心配だ。

漏れの兄は結婚数年で一子をもうけたあと離婚したが、
今も休日は子供を1日ひきとって面会しているらしい。

810は我慢できているとしても、娘(姉)は我慢できているのか?

832 :大人の名無しさん:2001/07/27(金) 23:32
ageとくね。

833 :大人の名無しさ:2001/07/27(金) 23:53
ageて置くね。

834 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 00:15
ageちゃうよ。

835 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 06:03
age

836 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 11:44
>>832-835
このスレは無理にあげなくていいよ。
必要になれば必ずあがってくるから

837 :くわちん:2001/07/28(土) 12:01
>>836

そだよな! もう9ヶ月くらい続いてるもんな。

838 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 13:32
>>831
離婚や人生相談系の板に逝った方がよさそう。

839 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 18:18
女房と別れ話をしている。
一緒に暮らし始めてから12年。その前の付き合いも含めると19年。
人生の半分を彼女と一緒に過ごしてきた。

結婚前から感じていたズレを、結局克服できなかった。
小さな傷、小さな沈黙の積み重ねが、互いを石にしてしまった。

それぞれの出てきた家庭とは違う形の、幸福な家庭を作りたかったのに。
結局は2人ともが、自分が逃げてきた場所の雛型のようになってしまった。
子供でもいれば違ったんだろうか?
こうなることを内心恐れて、作らなかったのだけど。

嫌いになったの? と彼女は言う。
今でも好きだ、でも君に触れようとすると体が固まる、と俺は言う。

>>810さんより俺は身勝手だと思うけど、そのつらさは俺にもわかるような気がする。
自分がかけがえがないと思い、人生を捧げようと思ったものを、自分の手でとりかえ
しのつかないところに持って来てしまったこと。いっそはっきりと嫌いになれれば、
邪魔だと思えれば、憎んだりできれば、こんなに苦しまないのに。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。
それを女房と毎晩話し合いながら、二人で泣いている。

840 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 19:09
>>839
うちもお互いのことの話になると、ひどくケンカしたりするけど、
子供とか他のことで話してると、けっこう仲が良かったりする

互いの違いだけを見つめていると、やはり別れてしまうんじゃ
ないかって気もします。今からでも、何か、二人で見続けられ
るものを見つけるってのは、やはり難しいんでしょうか?

でも、うちも子供いなかったら、今頃どうなってるんだろうなー

841 :大人の名無しさん:2001/07/28(土) 23:24
>>810
僕も両親の離婚経験がありますが、あまり考えすぎない方が良いと思います。
子供って特殊な環境下でも「家って、そういうものなんだ」と納得しているものです。

会いたい時には会った方がいいと思いますよ。
娘さんたちがここを読めるぐらい大きくなったらきっと解ってくれると思いますし、
もし、再婚した新しいお父さんができても、娘さんたちと極端に離れたりせず、
なるべく子供達にも連絡先を教えていた方が良いと思います。
連絡がとれなくなってしまう、なんていう事になると、娘さんもあなたも後悔しますよ。

842 :大人の名無しさん:2001/07/29(日) 09:23
私が20歳の時姉が自殺しました。ものすごく私のことかわいがってくれていた人。
死ぬ前日なんか机に向かって遅くまで書き物していました。途中手を休め、耳掃除
してくれて、ふつうに時間がすぎていました。しょーもない話をえんえんとして。
警察から連絡があって、実感がないまま葬式の準備が進められ、妹の私に親戚が、
お棺に真新しい下着着せて入れてやりたいから買っておいでと言われ出かけた。
自転車にのっているときも何か麻酔打たれたようにぼーとしているだけ。以前から
店の前を通って知っていた小さいしゃれた下着屋があってここにしようと入った。
お店の人が寄ってきたときに急にこみ上げてきて、しゃくり上げながら白い下着を
というのがやっとで、店の人がびっくりして、何かされたの、貴女大丈夫、どうし
たのと、性犯罪に巻き込まれたと勘違いされてしまった。その店で一番清潔感のあ
る綺麗な下着を泣きながら選び、包んでもらいながら甘えるばかりで一緒にでかけ
ることはもうないんだと考えまた涙。帰りの自転車の道すがら滝のように涙を流し
続けた。遺体と対面したときあまりに眠っているのと変わらない様子だったので、
かえって悲しみがその時麻痺して、枕元でお通夜の間小さい声で話しかけ続けた。

843 :842:2001/07/29(日) 09:41
葬式の間も混乱した私を気遣いひたすらぼーとしていた。他の家族の
悲しみも目に入らない状態。その後前日にしていた書き物である遺書
が発見された。私宛のものはいろいろ言葉につまったらしく、書き損
じがたくさんあったらしい。自分がいなくなっても強く生きろ、でも
支えてくれる良い旦那さんと巡り会い、早く家庭を持つようにとあった。
何年もかかったけど、喪失感と戦いながら生きてきて、結婚して、子供
を授かった自分を思うと、あの大きな悲しみから立ち直れたとしみじみ
思う。でもね、今でもたまにねえちゃん・・・とつぶやいてしまうとき
がある。来月命日きたらまた墓参りします。

844 :>842:2001/07/29(日) 21:01
そんなに、いいお姉さんなのに、なんで
自殺しちゃったんだろうね。
悲しいね・・。

845 :大人の名無しさん:2001/07/30(月) 05:04
>>842
こういうのを読むと、いくら辛くても
あとに悲しむ人間がいるうちは生きなきゃ、と思う・・

846 :横レスごめんね:2001/07/30(月) 18:57
>>778
>小さな食い違いが積み重なって
>最悪の結果になってしまいました。
>>813
>新婚当初は目に見えないほどだった小さなズレが
>年を追って大きくなった としか言えない
>>839
>結婚前から感じていたズレを、結局克服できなかった。
>小さな傷、小さな沈黙の積み重ねが、互いを石にしてしまった。

みんな同じことを言ってるよね。
他人事とは思えない、痛いほどよく分かる。
ひとつひとつは本当に小さな食い違い、ズレ、傷だから
何時でも修復できるとたかをくくって放っておくんだよね。
でも年月を経て置き去りにしてきたそれらは
気がつくと手に負えない大きさになっていて・・・
つらいよね、悲しいよね。

他人が何を言っても
夫婦のことはなるようにしかならないけど
みんな頑張ろうね。

847 :839:2001/07/31(火) 17:08
>>846
ずれること自体、食い違うこと自体はね、しょうがないと思うんですよ。
そんなの上手に克服するとか、暮らしのなかでカバーできたりもするわけだから。
夫婦といったって、それぞれの抱えてる歴史とかは違うんだしね。

ただ、その違いの組み合わせが、なんだか傷を大きくしたりとか、互いの困った
部分をエスカレートさせていくような感じだと、うちみたいになっちゃうのかな
と。

お互いに適当にアバウトになればいいのにね。心を開いちゃうから、ガンとやら
れたときに強烈に傷つく。

好きだったのに。

848 :思いっきり横槍:2001/07/31(火) 20:22
別に人様のご家庭のことだから関係ないんだけど、私、「好きだったのに」
とか言われるのが一番嫌かも。
(いや、別に839さんの発言がどうこうという意味ではないですよ)

許せないものは許せない。間違ってると思うものは間違ってると思う。
そういうふうに思うポイントが各人で違うこと、それはあたりまえ。
だから、互いにそういう点を指摘することも、あってあたりまえ。
なのに、指摘したら(というかそういった点で議論や喧嘩になった
ときに)「俺は俺と同じ方向を向いててくれない人となんで結婚
しちゃったんだろう」とかなんとか言われて、悲しいよりもキレそう
になったことが多々あります。
自分は完璧だと思ってるのかな、とか思うと情けなくなったし。
オマエは何でも言うこと聞くあほが良かったのかと聞くと、そうでも
ないと言うし。人間だから矛盾があるのは構わんが、そういう矛盾を
きちんと自己処理しないうちに相手に向かってそういう付き合いを否定
するような発言をすること自体、パドゥン?????って思ったし。
そういう「後悔してます」系の言い方とか、過去形現在否定みたいな言い方、
非常に無責任。とりあえずうちのダンナの場合はね。

違うところがちょっとでもあると我慢できないのかしら。
悲しい涙より悔しい涙が多いですね。私は。

849 :839:2001/07/31(火) 23:03
うーん反論の余地はないよね。>>848
矛盾を自己処理できてないという部分も含めて。
うちの女房もそう思ってるのかな。

俺にとっては、ガキの頃に自分の家がすごくキライで逃げ出してきて、家庭
そのものになんか身体的な居心地の悪さとか不信感みたいなものがあって、
それでも家庭をつくってしまったという部分がまあ最大の矛盾なんだけど。

それはまあバレバレなんだろうし、何かあるごとに指摘されるのもしょうが
ないんだろう。
そう思って、とくに反論もしてこなかったんだけどね。

怒りはないです。ただ、この人に心を開くのはよそうとそのたびに思うだけ。

850 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 09:24
>怒りはないです。ただ、この人に心を開くのはよそうとそのたびに思うだけ。

う〜ん・・・
う〜ん・・・
839は俺の化身か?
心情的には839の言っていることは
今の自分を代弁してくれているようで怖いくらい

840は手厳しいね つくづく男は幼稚なんだとおもう
世の中の「いい女」ってのは(容姿の美醜じゃないよ もちろん)
そんなことは百も承知なんだろう
840は正しい、文句なく正しいけれど「いい女」には一生なれないだろう

ところで どんどんスレの本題からずれてきているから
誰か戻してください。

じゃお前がこんなのカキコすんじゃねぇよ!

851 :〉842:2001/08/01(水) 09:46
読んだら……嗚咽してしまったよ

852 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 10:15
>>842
結局残された者は何で死んでしまったのか、どうして助けることができなかったのか
一生その悔いを持ちつつ生き続けていかないといけないんでしょうね。
私の周りにもそういう人結構います。
でも死んだんじゃない、いつも自分のことをどこかで見守ってくれてるんだと
思うこともできますよね?これからも忘れないでいてあげて心の中で呼びかけてあげてね。

853 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 10:35
大好きな人と別れて半年。
昨夜、好きでもない人と酔っぱらって関係してしまった。
なぜか終わった後、涙が出て涙が出て

心の中で別れた人の名前を叫びつづけてそのまま寝てしまった。
いったいこの苦しみはいつまで続くのか

854 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 11:58
今日の朝、夢をみて目がさめた。

場所は小学校6年まで住んでた団地で、父と母とまだ赤ちゃんの妹がいる。
80年代のはずなのに、私は携帯を持ってて、その携帯に仕事の電話が入る。
30分で来いという。
「会社から電話がきたから、ちょっと行ってきてもいい?」
と、小学生の私が言うと、母は明らかに不服そう。
「今、これからごはんなのに、なにも今でかけなくても・・」
そこで、父と母の意見が対立し、言い争いに発展。
母が最も父のプライドを傷つける一言を言う。
「お前、今なんて言った」
怒鳴る父。殴られる、という恐怖で母の体が一瞬びくっとなる。
自分のせいでこんなことになって、おろおろする私。
会社にいかなくちゃ。でも、私が行ったら母が殴られる・・つづく

855 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 12:00
昔から日にち薬といいますよね?
今は苦しいだろうけど・・・・思い出になる日がきっときますよ。
私も同じような経験あるから・・・。
一生忘れないでこの気持ちを持っていくんだと思います。
たとえ別の人を好きになったとしても(涙

856 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 12:25
つづき・・
目がさめて、今みた夢の意味を考えてみた。

小さい頃から両親は仲が悪かった。
夜中に酔っ払った父が帰って、乱暴にインターホンを鳴らす。
不機嫌に母が対応して、大きな声で父が母を罵倒する。
隣の部屋の暗闇で、息をつめてそれを見守る私。
お母さんが殴られませんように。

日曜日、「小学校の友達の家に遊びに行きたい」と母に言う。
母は妹を昼寝させていて、ふとんの中からぎらぎらした目で
「だめ」という。
私がいなくなったら、父と二人っきりになるのが母は嫌なんだ、
と反射的に理解する私。

私はもう25歳になった。両親は中学生にあがる頃、離婚。
未だにこんな夢をみるなんて・・と悲しくて泣いてしまった。
まちゃあきの元妻の言うPTSD(だっけ?)ぎみ。
なんでも過去のトラウマのせいにするのは、良くないが、私
の育った家庭環境は、確実に私の生きずらさの原因になって
る。

857 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 14:37
>>854
板違い???

858 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 15:32
人間と言うヤツは、どんなに悲しくても、どんなに辛くても
腹は減る。眠くもなる。死にたいくらい辛いのにどうして?
と思うだろうが、そう言う生き物だ。

食べる毎、眠る毎に胸に刺さった大きな杭もやがて抜け、
傷跡も忘却という薬が癒してくれ、やがて目立たなくなる
だろう。

もちろん全て忘れることは出来ないが、傷跡をさすりながら
「そんな事もあったなあ」と懐かしく思える日が来る。

859 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 17:19
忘れられないよぉぉぉぉぉぉ・・・。(涙

860 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 18:31
どーも最近涙もろくなっていかん。
お約束の「プロジェクトX」やちょっとした事故や事件のニュースにも
うるうるしてしまう。
でもちょっとそれ以上に気になることがあるんです。
涙もろくはなったんですが
TVでも映画でも「嗚咽スレ」でも男と女の問題には全く反応しなくなったんです。
愛だの何だの言っても その渦中の人を見てると
自己陶酔か自己満足としか感じられなくなって
涙なんか一粒もでやしません。(老夫婦の絆みたいなのは別かな)
親と子、友人や上司と部下(特に幼い子の話)には
過敏に反応します。(「母と息子」はちょっと嫌悪があるんです。これは私の偏見です)
皆さんはそんなことはないですか。
恋愛ものには無反応ってのはヤバイ傾向ですか。
ちなみに私は Just 40 。

861 :中年のななしさん:2001/08/01(水) 19:16
貧しさの中で生きる幼い子どもの話しをきくのは ホントにつらい。
振ったり、振られたりの話しには 全く涙腺が反応しませんが 裕福な子ども達の中で
たった一人 貧しい子が 健気に生きている、なんて話しを聞いたりしたら
たちまち 私の目からは 涙が止めどなく流れます。

862 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 19:17
>860
わかる〜!
ついでに、動物関係にも弱くなっている。
でも、男女間のことって、たいてい似たような苦い経験しているせいかな?
ここでも、ほとんど感動しない。

スレ違いなのでsage.

863 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 19:38
不妊治療の末ようやく授かった赤ちゃんが稽留流産と診断された
その事実を告げられたときはどうしてもこらえ切れずに
待合室に人がたくさんいるのに号泣した
手術もすでに終わったけど考えると未だに涙がとまらない

妊娠発覚から流産と診断されるまでの間は
ようやく親となれる喜びで一杯で本当に幸せだった
生まれてくることはできなかった小さい命は
とても短かったけどそんな幸せな時間を私たちに与えてくれるために
私の中に宿ってくれたんだとなーと今は考えるようにしている
そのことに感謝してまた頑張ろうと思う
・・・それでも、これ書きながらまた泣いてしまったケド

864 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 19:58
>>863
また頑張ろう、子供を作ろうって気になれたなら頑張って(この言葉
あんまり言われたくないだろうけど)
私なんてあんまりにも出来なさすぎて、子供は欲しいけど、作る気が
起こらない・・・

865 :850です、間違いました・・・:2001/08/01(水) 20:12
>>850の文中の840は
>>848の間違いでした。
アルツとロウガン・・・
打つ出し悩・・・
840さん、ゴメンナサイ

866 :850:2001/08/01(水) 20:14
おまけにこんな謝罪レスでageてしまった。
怒らないで >ALL

867 :大人の名無しさん:2001/08/01(水) 23:01
>>861
私は昔、ドラマのおしんのシーンをちょっと見ただけで泣いてしまいました。
今、入力している途中でも泣きそうです。
板が違うかも?すいません。

868 :大人の名無しさん:2001/08/02(木) 00:26
・ ・ ・ ・ ・

869 :858:2001/08/03(金) 10:21
>>859
そんなにすぐには忘れられないよ。

いつかそう思えることを心の慰めにして
日常をこなして行くしかないよね。

870 :大人の名無しさん:2001/08/03(金) 20:36
悲しみを引きずってはいけない。
悲しみをトラウマにしてはいけない。

871 :大人の名無しさん:2001/08/03(金) 22:12
虎馬ってのは自分の意志で
したりしなかったり出来るのか?
なら、いいのだが。

872 :大人の名無しさん:2001/08/04(土) 03:20
>>871
自分はなかったことにしたくても、相手には分かるみたいっすよ。
男にどつかれるときは平気で、ついでに殴り返したりしても、女からしばかれるとき
には目をつぶってしまう、とかね。

AC主張してるみたいで何だかなーと思うんだけど。
今子供とかそう言うケースのほうが、なんかくるのはくるよね。
虐待はよせ!

873 :大人の名無しさん:2001/08/04(土) 20:29
別になんでもない話なのかもしれないが。
4年前に、すぐ近所に住む私の同級生の奥さんが
34才の若さで突然亡くなった。
二人の小学生の男の子を残して。
(今はそれほど同級生である父親と親しくしているわけではないのだが)
子どもたちがかわいそうでならなかったが
かける言葉も見つからず、
子どもたちに会うと「おはよう」とか「おかえり」と言う以外には何もできなかった。
先日、引っ越し屋のトラックが彼の家の前に横付けされていて
家の中からタンスなどを運び出しているのが見えた。
亡くなった奥さんの嫁入り道具じゃないかと思った。
そして、「再婚するのかな」と思った。
幸せになって欲しいと心から願っている。

874 :大人の名無しさん:2001/08/04(土) 21:12
私の以前の職場の上司の奥さんは、同じマンションの女性の飛び降り自殺の
現場に居合わせてしまった。
まさに落ちていくトコロを目撃してしまったらしく、ひどいショックを受けていた。
今の上司の娘さんは、急死した同僚(しかも真夏に死後5日経過)の第一発見者に
なってしまい、いまもそのフラッシュバックに苦しんでいる。
そんな話を聞きながら。
「タイヘンだよな」と思う気持ちはもちろんあるのだが。
『所詮他人事』な自分に、いつからこんなに乾いた自分になってしまったのだろうと
妙な寂しさに泣いていた。

875 :大人の名無しさん:2001/08/06(月) 07:42
いくら何でもちょっとageとこう

876 :大人の名無しさん:2001/08/06(月) 08:52
昔、在米中に一人山の中へドライブに行った。大分煮詰まっていたんだと思う。
夜空を見上げると、飛行機がトンでした。
『夜間飛行か、アレに乗ったら日本に帰れるのかなぁ』
何気なく思った。
…しばらくしたら両頬が涙でぐしゃぐしゃだった。自分で気付かぬ内に嗚咽を漏らしていた。
後になって、アレがホームシックという物だと初めて気が付いた。

877 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

878 :大人の名無しさん:2001/08/06(月) 18:12
ageeeeee

879 :大人の名無しさん:2001/08/07(火) 10:46
浜省の新しいシングルCDを聴きながら思わず涙してしまった。
別に何が悲しいと言うわけでもないんだけど・・・。
何だか胸の内を色んな想いが駆け抜けていった(涙

880 :大人の名無しさん:2001/08/07(火) 14:05
今は冷めきった夫婦です。
だけど旦那を「大事にしなくちゃ…。」と思い起こさせるお薬があります。
それは旦那がやっとおすわりをしている赤ちゃんの時の白黒の写真。
可愛い笑顔で右手にバナナを持っています。
その写真をみると何故か泣いちゃいます・・・「かわいいなぁ」
今はむさ苦しい大木のような旦那が急に愛しくなって
色んな事があっても写真を見ると忘れられます。
喧嘩したり言い争ったりして「もういやだ!」と思った時
その写真は効き目があります。

将来、息子がお嫁さんをもらったら お嫁さんに息子のかわいかった
赤ちゃんの時の写真を渡したいです。

881 :大人の名無しさん:2001/08/07(火) 14:10
>>880
すごい、女神さまみたいなひとですね、あなた。
あたしの赤ん坊時代の写真もナニゲに飾っとこう。

882 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 14:32
ログ読みきった。
仕事とかで色々鬱だが、明日から頑張れる。皆様に感謝。

883 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 16:08
私の彼には子供がいました。
小学4年生の女の子でした。
彼が私を「お友達」と紹介するとニコニコっと笑顔で近づいてきました。
私は何と言葉をかけてよいかわからず、手を握ってあげました。
車のエアコンで小さいやわらかい手がすっかり冷えていました。
「こんなに冷たくなっちゃって・・・」
別れ際にいつまでも車の中から手を振ってくれました。
後から彼が「優しそうな人だね」と私の感想をその子が言ったと教えてくれた。

私は優しい人なんかじゃない・・・。
あなたのお母さんが家を出て行ったの私のせいなのよ・・・。
ごめんなさいごめんなさい ごめんなさいごめんなさい

884 :883:2001/08/08(水) 16:19
彼は離婚して子供も引き取り
私を迎え入れる準備を始めた。
私は女の子に出来る限りのことをしてあげようと思った。

同居寸前で些細なことから喧嘩して私たちは別れた。
彼に二度と逢えない事よりも彼との思い出よりも何よりも
女の子の笑顔が忘れられなくて忘れられなくて
ごめんなさいと泣いてます。

885 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 16:43
きれい事言って逃げてんじゃねーよ。
本当にそう思うなら母親の代わりになってやれ。
方法は残されてるだろ?

886 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 19:30
>>883
話しが事実なら、あんたは、退場。

887 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 19:37
>>883
> 彼に二度と逢えない事よりも彼との思い出よりも何よりも
> 女の子の笑顔が忘れられなくて忘れられなくて

よく言うよ、お前は偽善者かよ・・・
その子の身にもなれ、4年生じゃなんでもわかるぞ。

888 :大人の名無しさん:2001/08/08(水) 19:52
美しいスレを汚すなよ。

889 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 10:38
>>883-888
このスレでは恋愛結婚離婚不倫ネタは禁止にするべきかな
荒れるから

890 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 12:30
ちょっと年代的に生々しくて拒否反応強いだろね。<不倫ネタ
そろそろ900か...

891 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 14:14
不倫ネタ禁止というより
倫理感のない馬鹿は来るな!

892 :ぼろくそ:2001/08/09(木) 14:18
883は立ち直れないだろうなぁ。

893 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 14:28
>>892
そういうのを自業自得って言うんだろうねぇ。

894 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 14:41
些細な喧嘩で別れるくらいの愛だったの?
彼が離婚する前に喧嘩して別れれば良かったのに。
彼のところに戻れないのかなー?

895 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:21
>>883
分かってもらえる、一緒にみんな泣いてくれる
とでも思ったのか?

896 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:23
ネタっぽーい・・・。
ネタじゃないにしても嘘っぽい。>>883

897 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:30
>>1が恋愛を振ってるけど、途中から変わったのにね・・・。
いいスレだから また軌道修正して欲しいです。

898 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:34
>>897
良く読めよ>>1
>>1
>>ちょっと前に悲しいこと
いわゆる男泣きてやつだろ

899 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:35
嗚咽という言葉で岡八郎を思い出す私は関西人。

900 :900!:2001/08/09(木) 15:37
900!
新刷れ勃てに逝って着ます

901 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:39
>900
可愛いやつ。

902 :900:2001/08/09(木) 15:40
痔擦れです
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=997339170

>>901
ぐふぇっ、漏れ男よ(w

903 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:46
>>889
つか、「謝罪」のためのスレじゃないよな。

904 :901:2001/08/09(木) 15:46
>900
私オンナよ。

905 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:48
>>904
次スレ建ったからって遊ぶなよ…

906 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:49
902 名前:900 投稿日:2001/08/09(木) 15:40
痔擦れです
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=997339170

907 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 15:59
助産院での自由な出産を夢見てずっと助産院に通っていた妻が妊娠25週目で切迫
早産になり、県立子供病院で入院・出産をすることになった時,先生が「説得でき
るのはあなたしかいない」といって私から妻に話した。涙が出てきて「元気な赤
ちゃんを見たいよ」としか言えなかったっけ。でも、妻も泣きながら「ウン」とい
って,それからは72日間陣痛に苦しんで予定日の1週間前に元気な赤ちゃんを産
みました。この話を書いてると今でも涙が出てきます。

908 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 16:15
902 名前:900 投稿日:2001/08/09(木) 15:40
痔擦れです
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=997339170

909 :黄色い帽子:2001/08/09(木) 17:36
北海道の,広尾町の,事件。小1の,長女の,賢さ、けなげさに、ワイドショーを見ながら思わず,泣いてしまった.亡くなられた,下の,お子さんの,ご冥福を,心よりお祈り申し上げます.合掌

910 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 17:38
,って多いね

911 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 19:10
大人の涙−嗚咽2−

感動を求めているわけじゃない。
でもこのスレは色々なしがらみの中で素になれる人がいる。
泣くという行為、泣くのを見守る行為、泣くのを見守られる行為、
すべて大切だと気がついた大人たち。

こんな感じで新しいスレッドたててください。

912 :大人の名無しさん:2001/08/09(木) 19:41
2つ目の嗚咽
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=997339170
パート2が既に立っています。

913 :900:2001/08/10(金) 01:18
つわけで?痔擦れはタイトルが不評らしいので
誰か別のスレ勃ててください。
後は知らん。

914 :大人の名無しさん:2001/08/10(金) 01:22
>>911
ちょっとクサイもな…

915 :大人の名無しさん:2001/08/10(金) 09:51
嗚咽の次は、慟哭ってのはどう?

916 :900:2001/08/10(金) 13:11
>>915
うん、それで良いから勃ててきて。
叩かれるから(ぅわら

917 :900:2001/08/10(金) 13:11
>>912
荒れてるから別スレにしよう。

918 :大人の名無しさん:2001/08/11(土) 14:52
一応別スレ建ててみました。

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=middle&key=997509116

919 :女医:2001/08/17(金) 19:57
>>818ちちさんへ
超遅レスですが・・
長男くんが貴方をなでなですることができたのは、貴方が頭を洗っていたから、
長男くんを見ていなかったからかもしれません。
自閉症は他者との接触において非常な困難があるので、心では思いがあっても
それを「相手がこちらに向かっていると」表現できないことが多いのです。
ほんとはいつもちちさんを、なでなでしたかったのかも。
長男くんは大変なものを乗り越えてその日貴方に向かって行動したはずです。
愛を感じさせる様にいままで長男くんに接していた、ちちさんも素晴らしいと思います。
もう、ご存知かもしれませんが、新潮文庫 ドナ・ウィリアムズの「自閉症だった私へ」
「自閉症だった私へ2」をご一読なさることをお勧めします。
内容はともあれ、自閉症の方の感じ方、対しての接し方が多少分かるかとおもいます。
自閉症には、一見みえませんが、感情や愛情もあるのです。ちちさん、がんばって!!

920 :大人の名無しさん :2001/08/20(月) 06:03
お盆に母の母に(お祖母さん)に久しぶりに会いました、
100歳ちょっと手前の祖母が、私の顔を見るなり、目に涙を浮かべて
「よく来たな、昨日XX(私の母)の夢をみて、今日あたり来ると思っていたらホントに来た!
 XXがお前(私)に、ありがとう、もう気持ちを押さえ込むのはやめれって言ってた。」
と途切れ途切れに小さい声で私に話した。
挨拶もそこそこに祖母の小さい皺だらけの手を握りしめ、泣きました。
家族や親戚は、私が泣くのを初めてみたそうです。
その後、お墓参りに行く時は、皆目が真っ赤でした。
母が亡くなって18年、思わぬ形で心のしこりが取れました。
誰かに聞いて欲しくて、書き込みました。

921 :大人の名無しさん:2001/08/22(水) 05:00
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoshizoo/Future-web/
入金確認♪稼げるよ!

922 :大人の名無しさん:01/08/26 22:08 ID:vvjYgdEU
倉庫送りにしたくない・・・。

923 :大人の名無しさん:01/08/30 21:45 ID:kR.WRXTs
倉庫にしないage

924 :あげ:01/09/02 14:42 ID:ReLSVMQI
倉庫だめage

925 :大人の名無しさん:01/09/02 16:22 ID:obMk5nPM
上げなくても書きこんどけば大丈夫

926 :大人の名無しさん:01/09/03 00:53 ID:3zv4cidM
「色々あるぜ、haha!(涙)」はどう?

927 :大人の名無しさん:01/09/03 00:58 ID:I7vQz9BM
1000になっちゃえば否応無し。
ここ好きな人はもうログとったろ?

928 :大人の名無しさん:01/09/03 01:11 ID:p2Gz/12A
2はどこいった? あげ

929 :大人の名無しさん:01/09/03 01:19 ID:K2pyDYWc
>920  ご長寿おめでとうございます。

930 :大人の名無しさん:01/09/03 03:53 ID:lpO1WrvA
>>301

931 :大人の名無しさん:01/09/03 09:21 ID:Kjg8EjS2
ガキの頃、毎日のように母親にぶたれて育った。
父親が忙しくてあまり家にいない人だったので、父親の分まで引き受けようとしたのだと
今になってみれば思う。でも当時は、このひとはたぶん自分のことを愛してるんだろうな
という思いと、それなのになんでこんなに恐ろしいことをするんだろうという思いの間で
分裂していた。いつまで続くのか分からない平手打ち、そして洗面器いっぱいの水。

いまだに女の人に手を挙げられると目を閉じて身構えてしまう。男相手なら平気でカウン
ターの蹴りを狙いに行くのに。藁)

成長するに従い体罰は減っていったが、俺の中での彼女の位置付けは「怖いけど愛してる
人」から「支配欲の過剰な暴君」へと変わっていた。俺は自分の世界を見つけ、家に寄り
付かなくなり、家にいるときは部屋に閉じこもって暴力的な音楽を聴きながら呪われたテ
キストを読む、立派な厨房になっていた。

そのうち彼女は精神のバランスを崩し、入退院を繰り返すようになった。
俺はそのまま、家を飛び出した。そうしないと生きていけなかったから。

結婚することになって、今の女房を連れて実家に帰った。女房には事情は話してあっ
たが、母親は薬のおかげで小康状態で、まあまあなごやかなムードでその日は推移した。
それでもときどき女房に見せる露骨な嫉妬心に、俺は時々血が逆流するのを必死でこ
らえていた。

帰り際、両親が包みを持たせてくれた。小さな包みのほうは弁当だから電車の中で食
べてくれということだった。俺の実家の沿線は駅弁がうまいので(藁)正直迷惑だっ
たが、ありがとうと言って駅へのタクシーに乗った。物凄い疲労と安堵。すまんね、
と女房に言って、沈黙。

帰りの電車の中で、女房が手洗いに立っているすきにこっそり包みを空けた。卵焼き
がぎっしり、少しおひたし、残りはごはんというシュールな弁当だった。
ヘタクソな卵焼き。俺のガキのころの好物だ。
指でつまんで口に入れて、涙が止まらなくなった。

憎みながら愛する、ということがあるんだとそのとき初めて知った。
今だにどうしていいのか分からず、女房の実家にばかり顔を出している。

932 :931:01/09/03 09:24 ID:Kjg8EjS2
長すぎた。鬱だ氏のう。

933 :大人の名無しさん:01/09/03 20:00 ID:8UPDsr4w
>>931
いや、全然長くなかったよ。
忘れないようにしなくちゃね...

934 :大人の名無しさん:01/09/03 23:16 ID:nsjefNRM
さんざん既出だろうが、、、

一緒に慰めてくれる彼女がいるんだから、
なんとかなるぜ。

935 :931:01/09/05 03:38 ID:YR6Jc/YA
>934
いやそれがその、12年の結婚生活の末に現在離婚相談中。藁)
われながらかなり情けないけど、結局うまく家庭というものを作れなかったよ。
防衛機制が強すぎると、それで相手を傷つけてしまう。けっこう克服しようと
頑張ったんだけど。

やれやれです。愚痴っぽいしまた荒れそうなのでのでsage。

936 :千夜伝説:01/09/06 22:11 ID:???
記念カキコ

937 :大人の名無しさん:01/09/07 16:00 ID:FmkcYA9A
>>411
超遅レス ゴメソ
今日全部読んで、411さんのが心に引っかかってる。
俺にも2歳の子供がいるけど、むちゃくちゃかわいい。
母親なら尚のこと、それを有責なのに取りあげるなんて
ゆるせない! そいつを張り倒してやりたいヨ。

411さん、もう見てないかもしれないけど、がんばってな。
ほんと 応援してるよ。

なんとかして 取り戻せないのかなあ・・
411さんと子供さんの幸せのためにも。(涙)

938 :大人の名無しさん:01/09/13 10:04 ID:1KSY/joc
私が幼稚園の頃から不治の病で苦しんできた父。
それでも家族の為に働いていた。
私が二十歳を迎えた翌年に雪で足を滑らせてから
気が抜けたのか瞬く間に病状が悪化して入院した。
3ヶ月余り、、食事制限の厳しい病気なのに
「何を食べてもよいと言われた」と父は言う。
じわじわと体力は落ち、足も細くなって行ったけど
「頑張る、良くなるから旨い物を持ってきてくれ、力のつくものを」
弱った体には無理だろうと思い
コンビニで茶碗蒸しを買い、家からはおにぎりを作って持っていった。
美味しそうに食べてくれたが半分も食べられなかった。
先生から言いにくそうに「もう長くはないので本人の好きなようにしてあげて」と
いう話があった。
「甘い物が食べたい」というのでクッキーを持っていくと
長い時間をかけて美味しいといいながら一枚をやっと食べていた。
それから何日かして治療中に意識を失い一週間経ち父は逝った。
あのとき父が美味しいといったクッキーをコンビニで見つけた。
もう10年以上経つのに包装もおなじままで、、
買って帰り食べてみた。涙がでてきた。

939 :大人の名無しさん:01/09/13 22:37 ID:s8XR/lyA
>938
ほろっときました。
そのような『ある物』に対する自分しかわからない
思い入れってありますねえ。

この良スレもPart2で崩壊してしまい、
あと60あまりで終了ですね。
非常に残念です。

あっ、このレスで1つ無駄使いスマソ。

940 :大人の名無しさん:01/09/17 18:25 ID:Hss9yrM.
事情により

941 :大人の名無しさん:01/09/22 20:59 ID:WBKXyUfs
夫がストレスから来る病気で服薬するようになった。
言動・行動が以前の彼とは違い、家の中がとげとげしくなった。
事情を知っている友人がこの連休に旅行に連れだしたので、
家の中には私と4歳の息子。気抜けして、なぜかメソメソ泣いてしまった。
横でおやつを食べていた息子が「お母さん 好き」と言いながら自分の
食べているクッキーを、一枚くれた。またまた泣いてしまった。
さっき夫から電話があり、元気な声で、「寒いけど楽しいよ」といったので、
わんわん鳴いてしまった。電話の向こうで急に具合が悪くなったのかと心配
していたけど、うれしくて・・・と伝えるのに苦労した。

942 :大人の名無しさん:01/09/24 07:22 ID:8dB8.blY
人前で泣かないのも男だろうけど、
泣けない男は男じゃないな・・・。

943 :大人の名無しさん:01/09/25 00:58 ID:CkXuNEJc
俺は涙もろい方だと思うがいつも泣く時は1人の時だった。
祖父が死ぬって解かった時も1人で、走る車の中で嗚咽していた。
どういう訳か人前では泣けない。
祖父の葬儀の時、葬儀場から火葬場までの送迎バスに乗り込んだ時は
堪え切れずに涙が溢れ出てしまったが、ハンカチで顏を押さえて誤魔化した。
こういうのって男だけかな?

944 :大人の名無しさん:01/09/26 23:24 ID:5ONi8aCc
私の夢は自分の子供をだっこすることだった。
しかし色々な事情があり、自分は子供が作れない。
だから弟に子供ができた時は想いは複雑だった。
しかし生まれてきた姪っ子の姿を見た時にはそんな想いはどこへやら。
彼女に対する両親の愛には勝てないかもしれないが
それでも自分は姪っ子を愛している。
生まれて3年たった今、姪っ子に知的障害があることがわかった。
それでも彼女を愛している。
色々つらいこともあるだろうがすくすく育っておくれ。
切に願う。

945 :大人の名無しさん:01/09/27 00:28 ID:KdqQBnKs
>この良スレもPart2で崩壊してしまい、
>あと60あまりで終了ですね。
>非常に残念です。

今からでも遅くないので
「その2」でまたやりましょう。

946 :大人の名無しさん:01/09/29 18:57 ID:B0xq1P0Y
お父さんとお母さんにあいたいです。
私の頭を撫でてもらいたいです。
私の子供を見てもらいたいです。
せめて天国から見ていてください。

335 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1は氏ね >>1は氏ね >>1は氏ね >>1は氏ね >>1は氏ね                              
                                                                
                                                                
        変 態 露 出 狂 お ば さ ん はピンク板へお帰りください       
                                                                
                                                                
            取り巻きキモおっさんもピンク板へお帰りください                             
                                 顏/test/read.cgi/middle/973086841/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)