5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アバターコースについて教えて。

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 18:27
宣伝はやたらスゴイが仲間内の評判は良くない。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 20:24
でも実際にやった人はそれほど悪く言わない。

…「アバターもえくぼ」。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 21:17
でも32万は高いぞ。
実際はどうなのか?
本当に体験談のような素晴らしい効果があるのか?

4 :名無し:2001/04/23(月) 01:17
うーん、発想はクリシュナムルティーみたいでいいんだけど、実際受講してみてシックリくるような経験はしなかった。再受講までするフアンとしか話していないので、みんなすごくいいといっているが万人向けとは限らないんじゃないかな〜。大体こういうセラピーものって、具体的に悩みがないと効果実感できないもんだと思うが、会社は万人向けみたいに書いている。いまも練習続けているがヨガのトラタクとか、心理療法のフォーカシングでも充分だと思うよ。色んな技法を再編集しただけなんだから、アバターって。ぼくは再受講の権利あるし、嫌いってわけじゃないんでまたうけるつもりだけどね。これからって思う人はまず内観法か、フォーカシング受けてそれでも不満な時にやっても遅くないよ。先生もよく選んでね。有名な人がいい先生とは限らないですよ。ネットワークビジネスに巻き込まれる危険もあることは情報提供しておきます(ニヤ)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/23(月) 01:20
>ネットワークビジネスに巻き込まれる危険もある

これって自己啓発セミナーの技法をつかってるのかー。
あぶない会社だね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/23(月) 01:36
ただの詐欺だろ

7 :@:2001/04/25(水) 16:32
ソースリストが新興宗教みたいで変。それと導入セッションはただの誘導睡眠でしょうも無い。
あんなんで、何でも思い通りになる!なんて詐欺師以外のなにものでもない!

8 ::2001/05/01(火) 01:19
>7
お、具体的な話がでてきたね。ソースリストは拡張法とも言われる心理技法です。あるコトバ・意見を大げさに言うと変な感じがするでしょ?そうするとコトバ・意見の意図するところとかけ離れてくるんだよね。
言葉の音声とその意味がかけ離れるというか・・・・。それを繰り返すと現実感というか思考が弱まるんだよね。と同時に意味を失ったコトバが暗示としてはいる。思考が戻ればまた意味を失ったコトバが意味をもち始める。
その点新興宗教みたいというのは当たっているね。
あと「透明な信念」の練習はビデオで観たダイアネクス(サイエントロジーの前身)のセッションと同じ。

すごく大雑把に言うと導入セッションまで含めて催眠療法の別バージョンだね。ちなみに5さんは誤読しているよ。自己啓発セミナーの技法を使っているという意味でネットワークビジネスに巻き込まれるっていっているんじゃないよ。
マスター(指導者)でねずみ講やっている人もいるんですよ。変なメールが届くんだよなー。ちなみにねずみ講とネットワークビジネスの違いは知っていますがその両方と近い関係のひともいるんですよ。それにニューエージャーはだまされやすいさみしんぼですしね。自己啓発セミナーと事情は同じですが、あれほどあからさまな関係ではないと思いますよ。


9 :なーんだ:2001/05/01(火) 23:08
ソースリストってアバターのオリジナルじゃないんだね、
あれで32マンは目茶目茶高い。
それに誇大広告だよ〜
何でも思いとおりになる!なんて絶対無理なのに!
インチキ、インチキ、インチキ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 00:57
厨房だらけの島に上陸して賢者になったつもりの流れ者がいるようじゃ。
上陸したのがインドだと思い込みたくて吠えているようじゃが,
賢者の住む島を注意深く避けて上陸するぐらいのズル賢さは持ち合わせているようで(笑)。
まあ,吠えたい奴には吠えさせておけ。
煮ても焼いても食えないコピペ荒らしなんぞに較べれば,
田んぼの肥やしにくらいにはなるだろう。

11 ::2001/05/02(水) 01:51
>9
君はさまよえる魂なんだね〜。32万円は本当に高いよ、マジで。でもインチキって言うことは本物があるともっているんだろ?それがさまよえるというところですよ。テクノロジーで何でも解決なんてアバターもドキュンだし、君も痛いよ。もちろん私もだよ(爆)適当なところで手を打ってしまうのがいいんだろうね〜。だけど懲りずに私はアバターなんかに32万もだし、キミは本物を探しにさまよう。
無茶高いということと誇大広告だってことは賛同するよ。

一期一会・・か。では!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 02:11
>>10
スレがずれちまったようじゃの。
失礼した。
鬱だけど氏にません。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 02:43
100万円以下の金を出し渋るのはドキュソ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 03:29
>>13

もちろん冗談でいってるんだよね(笑)?

15 :ユミ:2001/05/02(水) 07:49
アバターは32マンじゃ済まないよ。マスターコースなるものが海外(主にアメリカ)であって
殆どの受講生が受けるように説得されるんだ。
やってる事は、アバターコースと殆ど同じなんだ。
でも終わった後「素晴らしかった」嘘でも言わされる。
もう完全”皆さん最高ですかー”の世界と同じ。
絶対に止めた方がよい!

16 :ななしのたましい:2001/05/02(水) 09:26
32マンは導入なわけね。
結局いったいいくらかかるのか。

17 :ななしのたましい:2001/05/02(水) 09:32
普通の人間ならインチキというのは単に詐欺だといっているだけだと
受け取るだろう。
インチキだというと、言ったやつはどこかに本物があるのだろうと思ってしまう11
は7よりイタイような気がするのは私だけだろうか。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 10:21
で、そのアバターっていうのは、心理学と関係があるのかい?

19 :ヒロコ:2001/05/02(水) 10:39
心理学的手法なんじゃないの?
それかオカルトな訳?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 11:53
>19
いや、金の話ばかりしてるし、傍目にはなんのことやら分からないんだよね。

21 :sorry:2001/05/02(水) 12:33
http://breathavatar.com/
これがアバター

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 12:52
たんなる自己啓発セミナーでしょ。心理学とは関係ないと思うけど。
もし関係がある、というのなら、具体的に教えてくださいませんか?

23 :そうなんか!:2001/05/02(水) 14:19
単なる自己開発セミナーなんか。
心理手法と歌っているんだが・・・・、

24 :32万:2001/05/04(金) 02:47
私もアバター受講した者として、32万の料金は痛手でした。
ただ、アバターを主宰するスターズエッジ社にとって、その料金で十分ビジネスに
なってるかと考えるとかなりあやしい。なにしろ受講者の数が少ないし、その割にマスター
のフォローがかなりしっかりしている。利益追求型の企業とは言いづらい。

25 :名無しさん@初発言:2001/05/04(金) 08:50
このスレはアバター受講者さんが多いようで、私もそうなんですが、効果の方は満足してます。
このスレでの批判点として

1.料金が高い。ネット、ネズ講的かも?
2.いろんな心理技法のゴッタ煮で、心理トリックを使ったマヤカシじゃないか?
3.効果そのものがない。インチキ。

として読んでしまいました。3.の人は、どうぞ目をつむってどこかへ逝って下さい。どこの学校にも、ワークショップにも、セミナーにも落ちこぼれはいるモノで、何も得られなかったという人はどこにでもいる。それを堂々と怒って言うのは無能と甘えからです。何をやっても成長しません。普通に成長する人間は、例え騙されても、己の判断や他人理解の肥やしにするでしょう。
1.の料金は、一般的には効果との釣り合いで考えるべきものです。これも各人の思いで判断するしかないかも。また、「思いこまされた効果」なんて詐欺だと言う人も居ますね。こりゃもうそういう人の(弱い)自我の問題。周りの受講者が喜んでいるからといって、あなたもそういう振りをしてしまったんですね。効果を感じなければ、ハッキリそう言うべきだったんです。あなたも、私達もスターズエッジ社へ何枚も契約書にサインしてきた事を忘れてるんですね、論外。料金そのものは私も痛かったのは事実。
2.技法について。これが1番の関心事じゃないかなあ。いろんな、療法や技法を習ってきた人にとってはアバター技法は焼き直しのように見えますね。一家言ある4(8.11)さんは、ゴタクを並べている私らを見限って、自己探求に戻られたみたいですが、もう少しフォーカシングとのつながりやフィーリッツについて意見を聞きたかったです。アバターの目玉はこのフィーリッツで、これが「思いこみ」か「感じる」かの違いが、他の技法の効果の有無に影響すると思います。かなりの数の人は「思いこんでるだけ」のように感じました。
それと第3部の終わり頃「アイデンティティを気づきへ還元すること」これが、どういうことなのか?単なる催眠誘導なのか?マインドコントロールへのステップなのか?

26 :名無しさん@初発言:2001/05/04(金) 08:53
↑読みにくくてゴメン。

27 :無礼講:2001/05/04(金) 09:12
料金が高いなんて堂々と相手に言えないでしょう
深層心理をコントロールしよう

28 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:14
何言ってんだ馬鹿!
何処がマスターのフォローがしっかりしてる?
昼寝ばっかりしてるじゃないか!
お前こそただの単純バカだろう!
いい加減にしろ。
ぼったくりやろう!
アバターはネズミ講そのものなんだ!バーカ!

29 :無礼講:2001/05/04(金) 09:16
ネズミ講も心理学

30 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:17
ネズミ講は、法律に違反しています。

31 :無礼講:2001/05/04(金) 09:18
法律が常に正しいわけじゃないよ

32 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:20
そういういい屁理屈をこねるのがアバターやオウム信者の特徴。

33 :無礼講:2001/05/04(金) 09:22
法治国家に住んでるから?

34 :ネズミ講:2001/05/04(金) 09:23
貴方はネズミ講に賛成なわけ?

35 :無礼講:2001/05/04(金) 09:26
ネズミ講にやられないように、心理学を学ぶ人が増えたらよいなと。

36 :ユリ:2001/05/04(金) 09:30
アバターは32マンでは済まない。
コースーで効果が無い!なんていおうものならマスターコースへ勧誘され
プロコースへ勧誘されウィザードコースへ勧誘され・・・・
莫大なお金を巻き上げられます。
もうカルト宗教の世界です。

37 :無礼講:2001/05/04(金) 09:31
お金があるのか

38 :@ホーム:2001/05/04(金) 09:34
27以降「荒らし」はやめろ。
ネズ講云々はこのスレの趣旨ではない。
「アバター被害者」本当は受講してないね。してたとしたら25で言われてる「論外者」
そして「無礼講」もおまえらは1人芝居。

39 :無礼講:2001/05/04(金) 09:36
芝居しても仕方ないよ

40 :ユリ:2001/05/04(金) 09:36
お金ならあるわよ。
でも、もうアバターはコリゴリ。
上位コースも絶対に受けない。
だって上位コース受けても結局駄目だった人私の回りにたくさんいるもん。
それに上位コースでもただ初期のアバターコースと同じ事をするだけらしいし。
それなら意味ないじゃん。
時間と金のムダ

41 :無礼講:2001/05/04(金) 09:38
金はあるならいいけど、時間は増やせないもんねえ

42 :@ホーム:2001/05/04(金) 09:43
ハッキリ見えて居るんだって、1人芝居「無礼講」

43 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:47
ちゃんと受講して32マンと20日間をムダにしました(苦笑)
マスターは昼寝ばっかしであと本を読まされて・・・。
その後のフォローも全くありませんでした。
あんな奴をマスターと認めるスターズエッジ社なんてどうせインチキよ。
それとそうですね。
どうせ私達は、アバターマスターが名札付けするところの”黒い虫”ですよ

44 :無礼講:2001/05/04(金) 09:47
このスレの趣旨は?

45 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:49
無礼講さんと@ホームさんって同一人物なんですか?

46 :無礼講:2001/05/04(金) 09:51
アバターは悪徳?

47 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:51
どんな風に見えてるの?
あんた頭おかしいんじゃないの?

48 :アバター被害者:2001/05/04(金) 09:53
もちろん!
超悪徳!
被害者の多数!
そのうち絶対につかまるよ、法の華の福永みたいにね。
祐二,ケンジ、ヒロ当りがまず最初につかまるね。

49 :無礼講:2001/05/04(金) 10:04
お金に余裕のある人から見ても悪徳?

50 :32万:2001/05/04(金) 11:28
みなさんの発言みてると勉強になります。
マスターって昼寝してるんですかあ。フォローのしっかりしてないマスターもいる
んですね。まだよく分からんのですが、ネズミ講というのはどういうこと?スターズエッジ社が
組織だってやってるんでしょうか。何かはっきりしたこと知ってたら是非教えてください。

51 :無礼講:2001/05/04(金) 11:33
あてにはならない

52 :名無しさん@来るの遅かった。 :2001/05/04(金) 12:38
まともな意見は、>4と>25だけか。まあ、しかたないか。
彼らも料金には苦言でしたね。
上記2人については、自分のテーマしっかり持っていて、アバターについても、
いいとこ取りで、過ぎていったような。私もそうありたい。

レス荒らしの方々によって、私の聞きたいことや考えを述べるような雰囲気では
なくなってきてるみたいで残念です。少し遅れてきたのが残念。

レス荒らしさんの心理分析して、私の良心というか捨てぜりふにしたいと思います。
アバターも商売で、その効能を大げさに言うのは当たり前。それ鵜呑みにして、素養も
心理学的造詣も何もない者が受講して、効果がなかったと言って吠えるのは単なる恥さ
らし。
受講中は、周りの言動気にして、合わせてることに腐心していた小心者でしかないよ。
金がもったいなかったら、1部だけで切り上げたら良かったのに。ノコノコ最後までつ
きあってしまい、こんな所で金返せと言ってるようじゃ、ドキュンだよ。
マスターの所へ言って「金返せ。」と言えないダメな自分に気づけっての。
金払えば何でも手にはいるって思いこんでる「あなた」は救いようがない。これは
「甘え」でしかない。ホントに悪いのは自分の甘さだって事に気がつかないうちは
どこへ行っても、ダメですよ。

53 :アバター被害者:2001/05/04(金) 12:38
アムウェイと同じシステムで子がマスターになったら親が儲かる。
だからセミナー中昼寝していても親マスターは、儲かる。
だから親は、子にマスターコースをかなり激しく勧める。
マスターが昼寝して何もしてくれないから受講生は、セミナーに来ても本を読まされたり
雑談しておしまい。
だから9日間でセミナーが終わるはずもなくダラダラとセミナーに通わされる。
やる気の無い金の亡者のようなマスターばかり。
殆どのマスターが一般社会からドロップアウトして仕方なく生活の為にやってるから。
トミーなんかホント特にヒドイ

54 :無礼講:2001/05/04(金) 12:45
荒れてないよ

55 :アバター被害者:2001/05/04(金) 12:53
>53
アバターマスターってこういう無責任な人が殆どなんですよ。
私のセミナーなんて10人受けて10人とも効果が無かったんですよ。
おまけに修了書も来なかった(マスターがスターズエッジに支払うお金を使い込んだ為)
勿論、マスターにも言ったけど逃げるだけで聞く耳持たない。
気持ち悪くなって32マン円払って2部の途中で脱走した奴もいるよ。
勿論金は絶対に返さない。

アバターなんかオウム並のセミナーしか出来ないマスターの吹き溜まり。
イヤオウム以下だな

56 :トモ:2001/05/04(金) 13:00
実は、私も全然効果無かった一人なんですけど…。
再受講に希望を繋いでいるのですが時間のムダって事なんでしょうか?
あの、広告を信じて受講したんです。
誇大広告なんでしょうか?

57 :鴨子:2001/05/04(金) 13:08
プチリサなんてやって新たに鴨を開発しているマスターもいるしね。
結構インチキ臭いよ。
モトモトこんなセミナー受講しようなんてやつ神経いかれてるんじゃないの?

58 :無礼講:2001/05/04(金) 13:31
訴えれそう?

59 :名無しさん@神戸。:2001/05/04(金) 13:36
トモさんって名古屋の人ですか?

60 :22:2001/05/04(金) 13:38
すいません。もう一度訊きますが、この「アバター」なる自己啓発セミナーは、
心理学と関係がある話題なんですか?
もしあるとしたら、そのどんな部分が、どんな心理学と関係があるんですか?
具体的に教えて下さいませんか?

61 :無礼講:2001/05/04(金) 13:41
ネズミ講

62 :名無しさん@神戸。:2001/05/04(金) 13:45
>>55
アバター被害者さんはどこで受けたの?

63 :無礼講:2001/05/04(金) 13:51
場所で違いが?

64 :名無しさん@心理学?。:2001/05/04(金) 13:54
何でも心理学になるよ>>22
アバターの技法や理論を心理学的な用語でデコードしろって意味?

65 :名無しさん@神戸。:2001/05/04(金) 13:56
関西方面で受講した者ですが、結構効果感じてる人多かった。

66 :無礼講:2001/05/04(金) 13:58
感じた人は良かったんだよね

67 :32万:2001/05/04(金) 14:02
アバターコース修了後、予想していた通りマスターコースをすすめられています。
コースの満足度を考えれば、お金の工面に問題は残るが、行ってみたいものです。
私の周りのマスターは、全員、プロもウィザードも修了してましたが、結局マスターコース行くと、その後
のコースも受講したくなるんでしょうね。どなたかマスターコース行かれた方はいませんか?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 14:02
>>64
>>アバターの技法や理論を心理学的な用語でデコード
デコードして示してやっても、ここでその効果とか料金の話
をしている受講者たちは聞く耳もたないかもな。

69 :無礼講:2001/05/04(金) 14:05
俺はもつよ

70 :64だけど、名無しさん@心理学:2001/05/04(金) 15:59
心理を少しはかじって、心得てるつもりだけど、心理学的に解明って
言うのもクセ者で、いわゆる心理学的な言葉で捉え直すことを心理学
って言うんだよね、一般的には。
で、アバターさん達に起こってること(効果)は心理学的な手法では
一口では掴めないし、表現できないんですよ。もちろん価値判断なん
て下せない。
表現しても観察者の見方でしかない。それくらい心理的に微妙なとこ
ろの部分なんです。
もっとも、気分が良くなった、やる気が出た、なんて言う受講者の報
告は、見たとおりでしょうね。言葉と、その人の身辺の行動から真偽
は解るはず。
私が、実は問題にしたいところは、第3部の後半のあたり。感情の根
源に迫るとか、アイデンティティ・気づき云々です。この点ではトラ
ンスパーソナル心理学の領域かも。このトラパ心理は今のところ異端
学という見方が強いです。
しょせん、これらは自分で価値判断を下すしかないでしょう。
私はアバターテクニックは3部まで受講しましたが、料金は別にして
少なくとも感情面でのコントロール技術は、面白いと思いました。

71 :名無しさん@神戸:2001/05/04(金) 16:16
わらしの質問、答えないね。
じゃ、他の件で。
マスターコースは、3部までと同じなの?
憶測じゃなく、体験者の感想を希望。

72 :通りすがり。:2001/05/04(金) 16:30
>>71こんな所で体験談煽ってみても何もまともなレスはないと思う。
私もレスつけずに立ち去ろうとしてましたが、どこかでお会いした方
のように思いますので一言。

一通りROMしましたが、マトモに考えてレスしてる人は数えるほど。
効果ありなんて言うと「くさし」の言葉が入って荒れるだけ。
まともに話を出そうとしてるのは4.25.67.70くらい?、
もっといたかな?
くさすのも結構だけど、感情論にならず、具体例を挙げて欲しいよね。
君の質問にも誰も答えようとしないしさ。

73 :通りすがり。:2001/05/04(金) 16:33
あっt、ごめんごめん、無礼講も、ある意味、「あらし」押さえてくれている。

74 :鴨美ちゃん。:2001/05/04(金) 17:06
マスターコース受けました。
マスターコースはただ単にアバターコースをやるだけ!
私がマスターコースを受けた理由はアバターコースで効果が無かったので
マスターコースに行けば効果があるって自分のマスターに言われたから。
それでな〜んだ。マスターコースって全然だった。って言ったら
じゃあウィザードって言われた。
もう鴨葱状態。
本当にアバターはお薦めできない!

75 :通りすがり:2001/05/04(金) 17:17
とにかくアバターの事を悪くいうなアバターは、金になるんだ。
こっちは専業アバターだからこれがオウムみたいに有名になったら商売あがったりなんだよ
バーカ。
まあお前らがゴタゴタぬかしても迷えるバカは五万といるがな

76 :通りすがり。:2001/05/04(金) 19:19
72.73はまともな「通りすがり。」
75は煽りの「通りすがり」
ちいたっあ考えろよ、「通りすがり2」とかさ。

77 :名無しさん@神戸 :2001/05/04(金) 19:25
レス讃泣>>74
「単にアバターコースやるだけ」って1〜3部を?
エンロール(勧誘)方法とかもあるわけ?。
新しいアバターテクニックとかはないわけ?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/04(金) 19:44
単に「くさし」入れてるような奴がずっと居てるね。
俺自身効果はあったと思うんだけど、そのコツは自分の感情から逃げないように生活
するだけ、なんだけど、これに32万は高いか安いか?俺は「歯ぎしり的やせ我慢で」
安いと思う。払った金額は痛い、確かに。

このコツを同期の受講者人に言っても「?」な顔してる。
たぶんここで「煽り」、「くさし」を言ってくる人もそんな人じゃないかな。自分が抱
いている感情と思考の区別がつかなかったり、テクニックがモノになってないのだと思
う。
ここの古いレスにあったようにフィーリッツが基礎になると思うんだけど、思考でやっ
てるんじゃないかな?。それじゃ100年やってもダメですよ。

79 :キノコで@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 20:22
瞑想にソーマ。
皆さん解る?。
アバターとか全然関係のない話題かも知んないけど、気づき、意識の源、これに至
る道は、覚醒植物を利用するのも一つ。裏社会の「薬、違法」版で待ってるぜ。

えっt、何のことか解らない?
情けないねーーーー、驚きーーーーっと、来るね。
瞑想とか仏教とかトランスパーソナルとか、もちっと勉強しろよ。

アバターは知らないけど、受講者(知人)の感想やリサーフェッシング読むと、かなり逝ってますよ、意識の深いところ。
「視界の縁の闇」なんて、私の愛用アイテムでしか感じられないと思ってたのに。これと○○○を組みあわせれば、可能性
感じるーーーー。

80 :疫病神:2001/05/04(金) 20:38
初めまして、疫病神です。
ずっとロムしてきました。
「アバタ−被害者」「無礼講」「金惜しみの子ギャル」等々、こいつらウザイ。
アバター追究者諸君、騙されるの覚悟で逝かんかい。「効果あり」なんて言っ
てるけど、ホントの所は自信がないのだろう、イヤ、自信があっても、人の視
点が気になるだろう?そこが人生の誤りの始まり。大いなるパラドックスが君
達を待っている。
おれのことば聞こえるだろう。

81 :22:2001/05/04(金) 21:52
>>65
>アバターの技法や理論を心理学的な用語でデコードしろって意味?

ええ。やってみてくださいよ。出来るものなら。
たぶん「それは心理学じゃない」っていう人がゴマンといるのではないかと思う。

82 :名無しさん@神戸 :2001/05/04(金) 22:06
↑ミステリーゾーン突入って感じ。79.80

半市さん、見てる?海の対岸に住む、あの「オヤジ」です。西の方の、わかるかなー?
全国の皆さん、私は3部から更にどうしようか考えてる者です。

近くのマスターさんからは過剰情報、このスレからはマイナス情報、
ちょうど私らにピッタリの情報というのは、得られそうにないですね。

アバターに関する人々の見方ってイロイロでしたね。アバターに限らず、
一般の人に自己啓発とか精神世界、ニューエイジに関心ありと公言する
のは誤解のもとかも。

アバターの方法論・哲学等については別の機会に話し合った方がいいで
すね。効果等々については、こういうスレッドでは反発が大きいので、
話題にはなり得ないようです。

金も払わず上級コースの内容を探ろうとするのは甘かったのでしょうか?
情報は得るモノじゃなく分析するモノでしょうね。ではまた。

83 :名無しさん@心理学:2001/05/04(金) 22:20
ヴァカ、俺は64だっての>>81 番号もわからんのか。
70に俺が書いたことの中に答えてある。良く読め、能なし。

84 :22:2001/05/04(金) 22:52
>>83
番号まちがえちゃったね。
しかし、結論として結局心理学とは何の関係も無い話題というわけだ。
でていけ。

85 :名無しさん@心理学:2001/05/04(金) 23:31
>>84
学問用語でデコードされなきゃ信じないって言う現代の病にかかってるんだよ、おまえ、良く読みとれよ。
心理学っていうのに客観性を持たせるには医学的数値が必要なんだぜ。
おまけに心理学ってのは社会学との線引きが曖昧な物語学だし、結局の所、心理学用語を使って研究すれば
何でも心理学だっていうことだ。極論すれば、人間の関心が心理学だ。
もう一度言う。70もう一度読み直せ、この、サイテー能なし。

86 :80の疫病神 だよーん:2001/05/04(金) 23:47
やはりどう見ても君はヴァカ>>84
とにかく君は、「@心理学」に出ていって欲しいだけと違う?
その理屈に心理学がどうのこうの言ってるだけと違う?
ここは心理版だろうが、ここはアバタースレだから、アバターを語りたくない君が出て行くべきだよ。違う?

87 :通りすがり。 ただしまともな方の:2001/05/05(土) 00:07
>>84
このヴァカ叩き出さないと、今後の荒れのタネになる。
ここの心理板で、まーたく心理と関係ないスレッドの方が多いよ。
何にこだわっているのかねー。

どうもこのアホーの言うことを推し量ってあげると、心理学的(ハッキリした
基準で)に白黒つけろと言うように読みとれる。
そういうことか? 科学としての心理学を何かとはき違えてる君。

科学として心理学的に、アバターを否定したかったら、君自身が、否定する仮説
と実証を君自身でするのが本筋。
ヴァカなお前には無理。

88 :通りすがり。まとも:2001/05/05(土) 00:09
明日の返事待ってるよ>>84

89 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/05(土) 00:30
もう来るな。>>84
ヴァカな発言するもんだから、荒れだしたよ。

そもそも心理学とは何ぞや?アンタの思うものとはチョット違うみたいだね。去れ。

90 :22:2001/05/05(土) 01:00
おやおや。確かに荒れている。あんたが。(爆笑)

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 01:04
申し訳ないが見苦しいのでsage進行で頼む

92 :22:2001/05/05(土) 01:23
>>91
失礼。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 07:43
あの>>22ってひとは何なの?
あまりわかってないみたいだね。

アバター賛同vs否定派の話って平行線のままになるしかないのかなあ。
もっとも、いいとか悪いとか言いだしてバトルに持っていくのは>>22みたいな
論点ずれてる人のせいかもね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 07:50
age

95 :名無しさん@神戸。:2001/05/05(土) 08:26
あれっ、荒れちゃってますね。
皆さん仲良くして下さいよ。>>22叩きですよこれ。止めれば。

叩かれながらも捨てゼリフ吐いてる人>>22も見苦しく映る。学校でイジメに遭うタイプですよ。

サイエントロジーは知らないけど、ここのテクが「透明な信念」に移乗してるわけですか?
他のアバター・テクもそう?

96 :アバター暴露マン:2001/05/05(土) 08:47
マスターコースのエンディングでは拷問のように素晴らしかったと言わされるし。
ウィザードコースへ行く事を約束させられます。
これには、殆どの受講生が閉口してましたよ。
他私は、アバターの内部に少々詳しいので色々お教えしますよ。
私は専任のマスターじゃないのでどんなことでもわかる範囲で答えます。

97 :32万:2001/05/05(土) 08:53
アバター受けてまったく効果なし、という人に新鮮な驚きを感じます。
私が受けたコースで、かなり苦労している人はいたけど、基本的に皆真剣に
取り組まれていて(それはマスター達も)、いい雰囲気だったんですがね。
このサイトのように匿名性な発言の場面になると、思いも寄らない意見が出てきて
大変面白いです。神戸さん、ここでは真剣な人とそうでない人とごっちゃ
だから、目的を整合させたソートストームみたいにはいきませんね。

98 :32万:2001/05/05(土) 08:55
アバター暴露マンさん、ネズミ講とかマルチ的とか言われているのは
どういうこと?

99 :疫病神、アバター達への電波:2001/05/05(土) 09:58
意識そのものは、あなたであって、あなたは気づいていないが実は宇宙と繋がって
いる。
思考は、そのことを理解できない。なぜなら、思考は「別離感」という寂しい感情
の中から生まれるから。全ての思考がそう。思考は全てあなた1人を運転する。

また感情というのも全て「別離感」の変形でしかない。悲しいことも、悦びも全て。

宇宙と繋がるのは、繋がったという感じ(考えじゃないよ)を太くしていくこと。
太く太くしていくと、「別離感」がなくなっていく。感情のベースがなくなるんだ。
ここまで言えば、もう解るだろう。宇宙と繋がるにはどうしたらええんじゃ。

神は、繋がるためにいろんなモノを用意していると思う。一つしかないかな?

100 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/05(土) 11:27
>99さん
それはトランスパーソナル心理学のようですが??

101 :22:2001/05/05(土) 12:02
狂った連中だなおまえら

102 :アバター暴露:2001/05/05(土) 12:21
だからねずみ講のようなシステムになっていて子がマスターになれば
親は、何もしなくても金持ちになるの。
それが美味しくて皆マスターになりたがるんだ。
私のマスターなんかホントいい加減な人でお菓子ばっかり買って与えて・・・
時間の無駄ばかり。
子供じゃないからお菓子なんかじゃ誤魔化されない。
私も結局アバターって効果があるのかどうかよくわからない。
でも少なくとも私のマスターで悟れた人なんかいない。
皆文句言ってたよ。
中には、32マンは高いけど効果はあったかな?よくわからないけど・・・
って言って一ヵ月後破産して夜逃げしたヤツもいたよ。
自分の望む現実を作りたくて来たのに・・・。
結局破産したんじゃねえ。
ちなみに私は、マスターコースに行ったのでテキストを持っています。

103 :名無しさん@心理学。:2001/05/05(土) 12:50
アバターのネズミ以下だね>>22
何が言いたいのか?。あげ足取りのこと言うか、吠えるだけの動物君。
君のレスには内容が無いよう。

こんだけみんなから嫌われてるのに、まだ出しゃばるのか?
それとも「アバター暴露」の1人芝居かい?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/05(土) 13:02
いや暴露マンと22は違うって。>>103
100と101が1人芝居だって
1人でも大勢に見せかける例の「ヴァカ男」だよこいつ>>22

宗教版とチクリ板で叩かれてたやつ。
おまえどこへ行っても同じ様なことやって周りから総スカン食うんだな。

105 :32万:2001/05/05(土) 13:28
アバター暴露さん:
ねずみ講っていうのじゃないですよね。アムウェイなどのマルチ商法的な仕組み
になってるってことでしょうか。自分がマスターになったとして、一人勧誘して
アバターコースに参加させたら、収入はいくら発生するんですか?それとスターズ
エッジ社へロイヤリティも支払うんですよね。さらに自分のライン(?)のボスとか
にも報酬が支払われるようになってるんですか?

106 :トランス男バラシ:2001/05/05(土) 13:44
>>22はヴァカ男だと思う。じゃなくてもソックリ。

ヴァカ男はここでこのように叩かれてます。
一応、セミナーバッシングしてるつもりらしいけど、
こんな奴と一緒だと、俺は見なされたくない。
裏事情板
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=983986534&ls=50
の308以下

宗教板
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031
の151以下

これ以前にも叩かれてますが、懲りない奴なんです。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 14:56
(爆笑)俺はそんなところでカキコしてないよ。
アバターなるセミナーがいかにおかしいか、示すためにわざわざ22
というナンバーを入れて発言してきたつもりなんだけどね。
バブルの頃、会社の仲間でセミナーにはまったやつをたくさん見てき
ているから、俺はセミナーが大嫌いなんだ。

で、俺の質問「アバターなるものと心理学との関連は何か」ということ
については、いまだにちゃんとした回答を得ていない。
 70の発言を読め、ヴァカ、ということだけれど、ここには心理学との関連
は、表現できない、記述できない、といった言い訳しか書いていないですね。
 で、ちょっとつついたら、今度は猛烈な反応(笑)
 自分の愚かなことを他人に転嫁するために反応しているんだな、と思いながら
見てましたよ。セミナーだと、批判的な人や茶々入れる人は排除されるらしいから
逆に「でていけ」と言ってみたんです。

 「学問用語でデコードされなきゃ信じないって言う現代の病にかかってるんだよ」
 そうかぁ。そしたら、世の学者、心理学者はみんな病人だわな。(爆笑)
 それに人生かけて格闘されている人もいるんだから、失礼なことだとは
思わないのかなぁ
 「心理学っていうのに客観性を持たせるには医学的数値が必要なんだぜ。」
 そうか、心理学は医学の端女なのか。いいかげんなことを言うのはおよしな
さい。
 「おまけに心理学ってのは社会学との線引きが曖昧な物語学だし、」
 いったいどこでこんなことを「学んだ」んでしょうか。

 ヴァカは誰かは明白。

108 :トランス男バラシ :2001/05/05(土) 15:26
ヴァカ男よりは少しはましなヴァカですか?

俺は以前のスレであなたみたいな人が嫌いでした。
まわりの皆さんも迷惑がっていました。
ここでも迷惑がる人が多いのは見たとおりです。

あなたが嫌いなセミナーがアバターなのでしょうか?
セミナー一般が嫌いなだけなら、お知らせしたスレで述べて下さい。
私はそこで叩きマンを叩いていますのでそこでお相手いたしましょう。
ここでは皆さんアバターについて語っているところなので、あなたのような
単にセミナー嫌いは趣旨に合わないはずです。
心理学がどうのこうのと言い張ってのさばって欲しくないのです。出ていけ。

109 :死ね !!:2001/05/05(土) 15:31

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

110 :死ね:2001/05/05(土) 15:31

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

111 :死ね:2001/05/05(土) 15:31

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

112 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

113 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

114 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

115 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

116 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

117 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

118 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

119 :死ね:2001/05/05(土) 15:32

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

120 :死ね:2001/05/05(土) 15:33

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

121 :死ね:2001/05/05(土) 15:33

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

122 :死ね:2001/05/05(土) 15:33

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

123 :死ね:2001/05/05(土) 15:33

        , -‐- 、 , '  ̄ ヾ
         /  /二ニヘヽ,   ミ
        i   iノノノノ)))| !/ヾ ^  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  | | ( | | |l|/   .   |
.         |i ! |l| ~ lフ/リ    <  悪趣味列車ガソバレー !!
        /ヘFllヽ/         |
       / , ヘ.  》 〉        \_____
   , -‐-< ,/   〉 ゚ll゚|
  ((    ゞ  《/|∧》
   ` vバ`   // / | ト
         〈/ / /_」ノ
         rァ‐- |  l |
       / ! ̄ ̄  ノ.ノ
.      〈_ソ ̄ ̄ ̄
         ・
       ゚
          。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/05(土) 15:45
>>22 いい加減にして欲しい。
俺も心理学士で、そんなに詳しい方じゃないけど、あなたの質問そのも
のが?です。
ずっと読ませていただいたところ、あなたの質問はもっと絞り込まなけ
れば、質問として成り立たない。

「アバターなるものと心理学との関連は何か?」なんて門外漢(の能な
し)しか言えませんよ。こんな質問。
例えば、絞り込みの例として
アバターというセミナーがどういう学派を背景にしてる?とか、セラピ
ーとしてのデータを示せとか?、こう言うのでもないのかな?

とにかく1人でそういう漠然とした質問を繰り返したいのなら、別にス
レッドをお立てになって、そこへ出ていって下さい。
あなたの趣旨に応える方も日本には見えるかもわかりませんから。

125 :To 疫病神 From アバター3部だけ終了:2001/05/05(土) 15:57
To 疫病神
やはりあなたのせいでしょうか?私には少しは響いた言葉も気にさわった人がいるみたいですね。
疫病神は、はっきり言ってはいないようですが、3部以上は必要なしと言うことでしょうか?

そして、あなたの神通力は解りましたから、変な落書きさせないで下さい。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 16:32
>124
心理学士ってあるのか?知らなかったぞ。

127 :To 疫病神 From アバター3部だけ終了:2001/05/05(土) 17:04
124は22ですね。
叩かれたからって、いつまでこだわってるんですか?
心理学科出た奴は文学士っていう学士号なんだけど、文学と区別するために
普通そういうよ。
腹立たしい気持ちは解りますが、少しはレスの流れを考えて下さい。
上級コースの話とか待ってる者にとっては、落書きとか、ケンカの続き
をされたのではたまったものではない。
どうぞ、示されたスレッドに逝って下さい、御願いします。

128 :トランス男バラシ:2001/05/05(土) 17:47
このしつこさ、ヴァカ男に違いない>>126
皆さんお騒がせしました。夜になるとバカ男追跡者達が来ると思います。
今バカ男の出身スレッドにここのアドレスを打ってきました。
彼らが、ここのスレを読んで、バカ男かどうかを判断すると思います。
たちまち無茶苦茶になるかも知れませんが、これも、ここのバカ男のせいです。

129 :22:2001/05/05(土) 18:19
ああ面白い。(爆笑)

130 :22:2001/05/05(土) 18:26
俺はこのスレッド以外ではカキコしてないし、無意味なコピペも
していない。
おまえらの自作自演でこんなふうに荒れるとはね。
アバターなるものが人をどんなふうに変えるのか、良く分かったよ。
俺は別にこの板が荒れようがなにしようが関係ないから、
荒れても痛くも痒くもないよ。セミナーでマインドコントロール
された奴が嫌いで、つっついてやるのだけが楽しみなんだから。
これからもたくさんお金をつぎ込んで、がんばってマインドコントロール
してみてください。じゃ。ここにゃもう書き込みしねえからよ。

131 :151:2001/05/05(土) 18:39
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031

132 :151宗教板から来ました。:2001/05/05(土) 18:45
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031

ここから来ました。ヴァカ男(>>22)の情報聞いてきました。皆さん被害はありませんでしたか?
一足違いだったようで、残念です。

133 :151宗教板から来ました。:2001/05/05(土) 18:50
130からもわかるように奴は、何も困らない風を装っているのでしょうが、実は執念深い奴です。
心配しないでも後の成り行きをじっと見てます。

(前回のヴァカ男)動物並のヴァカ男の習性

1.レスセンテンスが短い。(頭が悪い)
2.まともな内容が無い。(引きこもりのため経験が乏しい)
3.両派(セミナー賛成・反対派)から嫌われる。
4.叩かれても、なかなか引っ込まない。(いじめられタイプ)
5.彼女いないので、ずっとROMしてる。(暇がある)
6.しつこい。(パラノイア、感情障害もあり)
7.名乗らない。(前回それを叩かれたので、今回は22と言い続  ける。)
※1.センテンスについては以前叩かれたので無理して長い文を書   いたりすることもある。

まさにピッタリ、こんなヴァカ、こいつしか以内。

134 :トランス男バラシ:2001/05/05(土) 19:08
>>130に補足して、もっと解説しますと、
以前「懐疑神」という「アバター問い合わせ人」にこき下ろされてから
「キッ」て感じで怒りだし、スレを無茶苦茶にして、みんなから総すかんを食いま舌。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031
で見て下さい。ここの131から彼の卑怯な叩きが始まってます。
何故私がトランス男バラシかも解ると思います。
そしてみんなからひどいイジメに遭います。

上記の151のまとめは、その通りです。
奴は今日一日中。ROMしてたでしょ。彼女居ないんで暇なんです。

135 :トランス男バラシ:2001/05/05(土) 19:15
もっと勝手な私見かも知れませんが、
無礼講とか、アバター暴露マンもヴァカの仮装かもしれんぞ。女名も怪しい。
間違ってたらごめんなさい。

俺もこんな事やってるのは・・・で暇です。(泣)

136 :疫病神:2001/05/05(土) 19:30
>>3部終了者さん
なんか責任感じますだよ。
俺が悪いんかのう。荒れまくってきましただ。

で、俺も引きこもるだに。
答えとしては。
あなたにとっての上級コースというのか(マスターコースというのか)、そのコースへ行こうとして、行くのも上級コースだし、そこにいて更に「気づき」に近づきたいと願ってるのも(上級コースと)同じだと思うんだ。あなたが歩く道はあなたの中にあるし、だ。もちろん上級コースの中にもある。全ては自由なんじゃ。あなたが決めるじゃ。

137 :To 疫病神 From アバター3部だけ終了 :2001/05/05(土) 19:53
何かいろいろあって、「複雑」って感じ。
「荒れ」があったので、レスが遠のいたので、疫病神の言(ことの発端)を、コピーして示します。

80:疫病神 投稿日:2001/05/04(金) 20:38

初めまして、疫病神です。
ずっとロムしてきました。
「アバタ−被害者」「無礼講」「金惜しみの子ギャル」等々、こいつらウザイ。
アバター追究者諸君、騙されるの覚悟で逝かんかい。「効果あり」なんて言っ
てるけど、ホントの所は自信がないのだろう、イヤ、自信があっても、人の視
点が気になるだろう?そこが人生の誤りの始まり。大いなるパラドックスが君
達を待っている。
おれのことば聞こえるだろう。

今日になってみると、今の「荒れ」も予見してたように、見ようによっては見えますね。
面白い人ですね、あなた。
まさか、「荒れ」を自作自演ってわけでも無いでしょうに。

チョットここで、友達に、メールを。

半市さん、おれです。
昨日、「答えは、情報を分析」ってこと言いましたが、今どう思いますか?

138 :151宗教板から来ました。 :2001/05/05(土) 19:59
面白いことするな。ここから友達にメールか。やるなー。
じゃ、俺も。
「トランス男バラシ」、久しぶりです。
相変わらず彼女居なくて残念ですね。
他の奴来なかったね。連休中こんなとこでヴァカ男追っかけてエキサイトしてるなんて、ほんと言うと情けない。

139 :トランス男バラシ:2001/05/05(土) 20:02
どこのどなたさんか知らないけど、お知り合いになれたのは、
ヴァカ男のお陰です。
しばらくROMしてます。ヤツは居る。来るかも。

140 :52.名無しさん@来るの遅かった。 :2001/05/05(土) 20:11
何が起こってたのかな?
疫病神さんが、まとめちゃったの?
俺には何かわからないが。
今から読み直すとしよう。
それにしても、あの落書きって、迷惑。
22がやったの?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/05(土) 20:26
こんばんは、今日は一荒れあったみたいですね。
所々、拾い読みするくらいしか出来ないよ。
疫病神、昨日は、たわけ事と思っていたけど、なかなかじゃん。
でも、何か解らない。
このスレももう落ちていきそう、趣旨がマスターコースは?ってことで流れてきて
たみたいだったし。
ここでも、アバターについて語っているよ。↓
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=988117518&ls=50
ヴァカ男来ないでね。
トタンス男バラシさん、151さん、あなた方呼びたい時どうするの?

142 :アバターについて:2001/05/05(土) 21:19
半年前マバターのMLがあったんだけどなくなったちゃったよね。
あの理由はね。
受講生集めの宣伝用に始めたMLでアバター受講生が効果が無かった事を
暴露し始めたのでマスターが思惑外れだって思って無くしたんだよ。

143 :トランス男バラシ :2001/05/05(土) 21:25
>>141
  ↓ここがageっていたら気がつくと思うよ。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031
ここもヴァカ男のために滅茶苦茶になってしまって、もう誰も来なくなって削除寸前
だからここがageる時って、珍しいから。

それと、ここで言うのも何だけど、関係のない人たちにはとても私らも迷惑かけてることはお詫びします。

しかしあのヴァカ男も魅力なんですよ。
あれだけキャラが特定され、俺達もヴァカに向かって「言われてる通りの人間」と何度もこき下ろしても、同じ様なことをするんですよね。
推理ドラマを地で感じるようなリアルさがあって、そいつのレスに出会うと直ぐそこに、ヴァカがいるような、実感がするんです。
相手も同じように感じてると思うのですが。
今回も、まずヴァカ男に間違いないと感じてます。90〜92の所に
端的にヴァカ男の1人芝居の特徴が出ています。
その他の所にも、所々ヴァカのレスらしきところがありました。

また、彼は1人芝居が得意です。
ここのスレッドの中にも、何か異変に気がついていた人がいましたが、
そういう雰囲気を奴は醸し出します。

でも間違いって事もあるかも知れないけど、その場合でも私達の関心は
尽きないと思います。とにかくこんな変な人間っているんでしょうか?
居るんですよねえ、それが。

今回が、たとえヴァカ男でないにしても、彼はかなりなパラノイアです。

144 :アバター修了生:2001/05/05(土) 21:37
アバターってよくわからない?
本当に効果あった?
金額はいくらが適当だと思う?

145 :52.名無しさん@来るの遅かった。 :2001/05/05(土) 21:38
ヴァカ男探し、実は私もハマりそう。
さっき宗教板の、そのスレを見てきましたが、あれがヴァカ男ですか。
いかにもって感じで、この中の22と重なりますね。
そういえば「言われてるとおり」の言い回しやクセみたいなものがありますね。
また平気でハンドル名を変えてレスをつけて、自分の意見を補正したりしてるところも、ミエミエなのに。
今日の捨てゼリフ読むと、聞きもしないのに「会社云々」を言うあたりも、らしいですね。
チクリ板にも居ましたね。ヴァカ男探し、私も始めます。142なんか怪しそう、ごめん。(冗談)

146 :32万:2001/05/05(土) 22:13
2ちゃんねるってスゴイですねぇ。
家帰ってきてPC起動させたら、チアガールの絵とか入ってるし。よく分からんがびっくりです。
また同じ質問繰り返すようで申し訳ないですが、私が支払った32万の料金は、コース
を主宰したマスターにはいくらの収入として還元されてるんでしょうか。かなり遠方
からサポートにきてたマスター達にもなんらかの収入があるわけなんでしょうか。
無限連鎖販売、いわゆるマルチ商法的な仕組みになってるとしたら、マスターのなかでも勧誘
の実績によってランク分けみたいなことがあるんでしょうか。そんな複雑なピラミッドに
は見えないんですが。知ってる方いたら教えてください。

147 :名無しさん@お金いっぱい。:2001/05/05(土) 22:15
>>144
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=988117518&ls=50
ここで「名古屋人」が言ってる。
効果ある人と無い人のタイプ分け。
俺も、周りを見るとそう思う。

148 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/05(土) 22:26
>>146
お金の流れの仕組みね。確かに、上級コースはシツコク勧められるし、
私らも感心深いんですが。
この間もマスターさん達、遠いところから紹介セッションやら、ミーティング
など催してくれて結構金かかってるし、人件費も含めて、そんなに儲かるのかな?
という疑問ありましたね。マスターさん上級コース3000ドルはどう流れるの?

149 :52.名無しさん@来るの遅かった。:2001/05/05(土) 23:25
ヴァカ男、来るかなあ。
昨日に比べ、レス減ったけど、ヴァカ男が去ったからか?
女名もなくなったのは、ヴァカの自演だったのか?結構難しいな、この推理。

150 :アバター修了生:2001/05/05(土) 23:47
いくらやったかちょっと今書類が見あたらんからはっきりは言えんけど
親とスターズエッジに支払うシステムになってたはず。
それと遠方からのサポートのマスターは、殆どが見習いマスター。
見習をして合格を貰えれば本マスアーに昇格してもらえる。
でも、バイト代位は出るところもある。
ちなみに私もバイトした事はあります。

151 :真理子:2001/05/06(日) 00:13
日本のアバターで一番の地位にある祐二さんってどうなの?
ハンサムだけど。
モテそうね。

152 :アバター大好き。:2001/05/06(日) 01:29
なんでもよく寝る人らしい。
昼寝も多いとクレームの嵐

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 04:30
見苦しいのでsage進行でお願いします

154 :52.名無しさん@来るの遅かった。:2001/05/06(日) 07:39
↑やっと見つけた、ヴァカ男。
やはり来た、往生際の悪さは「言われてるとおり」の人ですね。

何で、わざわざ、sageるのさ。あなたの醜態が、目に付きやすくなるから?
どこの誰かさんか判らないのに、そんなこと気にする自意識過剰なところ
以前のスレッドの中そのままですね。

155 ::2001/05/06(日) 12:42
う〜ん随分伸びたね〜、このスレッド。アバターも有名になっていたんだね。知らなかったよ。アバター支持者はあれが心理技法の寄せ集めと認めようとしない。否定派は心理技法であるとかはどうでもよく、社会派的な視点で批判している。
よくわからない状態になってきましたね。
基本的に「心理技法だから効果がない、インチキ」じゃなくて、、心理技法だから効果もあるし、場合によっては効果がないんですよ。いくら心理学が科学的範疇にあるったって、毎度いい結果が出る訳ないでしょ?心理学は経験主義的な科学なんだし。

だから、「アバターはインチキ」というのも変なんですよ。寄せ集めでもそれなりには効果があるものです。それはキーコンセプトが「唯心論=意識が世界を創造している」で、価値判断のない領域を経験しようというものです。
。これを事前に本で読ませ、関心をもたせるということで、すでに思考の枠組みが少し揺らいできているんです。そこにリサーフェシングでなんども知的な問答や練習が繰り返され、元の思考枠組みがアップアップしてくる。そこで2部に移り、今度は感覚的なことを練習する。すると、自己一貫性が揺るがされていたところに、自己を再確認できる(リアリティーを感じれる)感覚に意識がシフトするんで、ほっとしたように一気に感覚に全神経が行く。すると、物が生き生きして見えてくるんです。これはあくまで比較相対の話しなんですが、思考の堂々巡りをしている現代人にはとても新鮮に感じるのですよ。
ココで得られた新しいリアリティーを体系化するために、様々なこれまでの価値判断してきたもの(例えば、ネギはまずい)を少し違う印象に変えてみるとかしていく。そして3部では「全ての印象は自分が創造した」と新しい印象を自分自身に暗示する技法を学ぶ。これが導入セッション。

と大雑把に言えばこういう感じ。内容は明かさない約束になっているんで、心理学好きの人にはなに言っているかわかるぐらいにして説明したつもり。

カルト問題に詳しい人なら、この3段階が洗脳のプロセスに似ていると思うでしょう。
確かにそうなんですよ。
でも、悩んでいる人って、自分自身で悩む方向に自己暗示、洗脳しているわけだから、これを解くにも洗脳と同じプロセスをとらないといけないのです。
自己啓発セミナーではそれをすごく強引に参加者の心を引きずりまわすのですが、アバターは別なカキコにもあるようにマスターが寝ているぐらいほったらかしなんです。
もちろんねているマスターなんて論外ですが、自己チャックリストに沿って自分でやっていくだけのセミナーです。その段階段階でアドバイスしてり、進捗確認するのがマスター。この辺がいわゆる教育カルトである自己啓発セミナーとは大きく違います。

さて、金額とアバターの会社のマルチレーベルマーケティングについて。
わたしはこれは否定派の人同様に批判的です。ハードなエンロールをかけてくるマスターにあったことがありませんが、あのシステムではいずれそうなっていってもおかしくありません。
さらに、すでにある技法をハリーが新解釈をつけて、再編集した点は彼とその会社に知的所有権はあると思いますが、いくらなんでも32万円は高すぎです。産業カウンセリング協会で教えるフォーカシングなどは年間5万円ぐらいです(不確かでごめん)。内観法だってそんなもんでしょ?商品に値段をつけるのが会社の勝手であり、公正価格はマーケットが決めるにしても原材料などかからぬ心理セミナーで30万円を越えるのは異常。
最後に誇大広告については、いくら心理技法ゆえ、それなりに効果あるから「思い通りの〜」は言い過ぎ。
アバターしなくても、思い通りの自分を設定できるよ。ただし、その通りになるかどうかは各人の努力次第。だったら、当たり前すぎて何も言っていないに等しいじゃないですか?
以上です(^^)

156 ::2001/05/06(日) 12:50
追加
1部(リサーフェシング)の原理をうまく説明しているスレッド見っけ!
「ゲシュタルト崩壊」
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=988382859&ls=50

157 :52.名無しさん@来るの遅かった。:2001/05/06(日) 14:17
↑疫病神の言ってたことが少しは解った。

158 :そうか:2001/05/06(日) 14:47
アバターはインチキではなくアバターは高い。
それと後のコースまで行かされる。
誇大広告。
いい加減なマスターが多い。
マルチ商法。
こんなもんでいいかな?

159 :4:2001/05/06(日) 16:25
>>158
長々と解説したけど、まとめるとまさにそう(泣)
それを言うために俺は何行かけて書いたんだ・・・・。
でものちのコースはいかされるというようなことはないけど、群集心理(バンドワゴン効果)で迷えるニューエージーは行っちゃうね。
俺も金があったらフロリダとかに行きたいな〜。高すぎなんだよ、特にウィザードコースは!primaryでも立てるか(藁)

160 :アバター被害者:2001/05/06(日) 18:17
でも、マスターコースなんか行く必要ないよ。
マスターコースだと思って再受講したらいいじゃん。
全く同じコースなんだからさあ。
ワィザードの行った人によると大した事ないらしいよ。
ところでプライマリーって本当に達成だきるの?

161 :途中参加のトランス男バラシ:2001/05/06(日) 22:22
お騒がせしました、ヴァカ男追っかけて偶然来た、途中参加の者です。
具体的な話ができるようになりましたね。

で、ですね。私はアバターを実は知らないのですが、その中の
「feel it」ってのが、仙道の「統覚」ってのに非常によく似
てると思うんです。
feelitも含めて心理技法のごった煮がアバターなのか?
それともある真理「気づき」から演繹されてきた、それへ至る
ツールなのか?
非常に気になる事として感じました。

162 :途中参加のトランス男バラシ:2001/05/06(日) 22:26
参考までに、仙道のHPがありました。
ここの性功をクリック。

http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kuturogiya/sendou.htm

ちなみに、作者はアバターマスターみたい。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 15:47
>161
「仙道の統覚」じゃなくて、心理学でいうところの統覚なんじゃない?それを仙道やっている人が心理学用語にいいなおして、さらに意味付与したとか?
全ての感覚を利してありありと感じるってことでしょ?統覚ってのは。確か知覚心理学で出てくる用語で、現象学的アプローチのカウンセリングなどでも使われる用語と記憶。詳しい人フォローして!

おっと、いま162さんの紹介するHPに行って来た。

あれとfeelit(フィリッツ)は同じですよ。
でもやり方に意味があるんじゃなくて、それをやることがどういう意味があるのか?
という前振りは重要。
事前に「幽体離脱の方法です」とアナウンスされて、統覚法=フィリッツすれば、そんな風にも感じ得る。

生理的にいえば副交感神経の活発化、受動的集中→自己催眠、ライトトランスですからリラックスしてくるのは間違いないこと。
それに意味付けているのは、アバターで取り除こうとしているはずの思考そのもの。

技法としてはお勧めするものですが、それをアバターという営利会社に意味付けされて、うれしがっているってこと自体コントロールされているとも言える。
こういうものは極めて慎重さが要求されると思います。

164 :途中参加のトランス男バラシ:2001/05/07(月) 20:59
>>163
「アバター・営利会社に意味付けされて、うれしがっている。」って人
もいるだろうけど、「意図的に生きる」を読むと「前振り」に当たるのが、
前振りじゃないにしても、求めるところが「気づき」ですよね。(性急
な名読みですが)

アバターでは、本当は何を問題にしているのか?
通り一遍の読みでは、「望む現実を創る。」でしょうが、論旨を私なり
に読むと「(気づき)へ至りなさい。」と読めます。
だから、前回のレスで、アバターが「技法のゴッタ煮」に過ぎないもの
なのか?はたまた、本当に「気づき」へ導くようなプログラムなのか?
問いかけてみたのです。

3部あたりで「望む現実を創る」ということが「望む現実を創ると、満
足する。」という理解に進み、最後に「満足する気持を、本当は求めて
いる。」と納得する。てな事じゃなかったですか?
でも、私はそれを求めている。ウソじゃなく。

羊頭狗肉のようなアバターの看板だけど、やっていくことはマインドコ
ントロールというよりは、セルフコントロールの基礎のように思います。
て、いう疑問を投げかけてみたいと思います。

私ですか?私はこのスレ、途中参加の変な奴です。まだアバター受けて
ません。友人が受講して、私と同じ様な趣旨で感動し、私に伝えてくれました。

165 :真理子:2001/05/07(月) 21:56
「意図的にいきる」で裁判という行為を批判してアバターを受講すれば
そんな必要がないとといているのにスターズエッジ社は控訴好き。
ここが矛盾しているのよ。
だからアバターはインチキだといわれるのよ。
もちろんいい加減なマスターも多いけど。

166 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/07(月) 23:30
>>ALL
アバターの技法も統覚もそうだと思うんだけど、心理セラピーとしての
用語でデコードされると、効果があった人はもちろん、無かった人まで
納得して議論が停止してしまうのは、いかがなものか?
私はアバターを全て認める者ではないが、文句を述べられる方々は自分の
感じ方が曖昧なために、他人の考えや見解が気になるという、イヤ、感じ方
まで左右されるという、あやふやな自我しか育っていなかった事になぜ気
がつかないんだろう?という疑問も感じる。

スターズエッジ社が訴訟にたけているというのも一つの見方で、むしろ日
本の我々が自己判断、自己責任に無頓着であったことの方が問題である。
コース中何枚も契約書を書かされたことをよもや忘れてはいないでしょう。
納得できなければサインしなかったらいいだけのことです。
私は納得するまで次に進みませんでした。だから2部3部が普通の人より3
〜4日ほど多くかかってしまいました。受講場所も2カ所にまたがりました。
それで効果の方は、意外な収穫というか、当たり前というか、すごく当然の
ことを当然と思うだけなんですが・・・・。

皆さんはいかがなんですか?
私が学んだことは、今の感情をそのまま受け入れるという事だけです。
「悩みたくなければ悩まなくてもいいということ」を学ぶために32万
そして宿泊費、交通費、時間。タダで学べるものをわざわざ。(激泣)

「感情に対する抵抗」が仏教言うところの「煩悩」と同じです。
抵抗しなければいいだけなんです。私は今も感情を受け入れ続けていま
す。アバターテクが無くても元々出来る人は、出来るでしょうね、こん
なこと。これがセルフコントロールの大元ですよ。「感情を支配」って
ありましたよね。
このスレッドを読んでみると、お腹立ちの方も多いですが、何を学んで
いらっしゃったのか?
私も高い物を売りつけられたという激憤はある。でも、これは他人の視
点か、もっと安く手にはいるべきものという、4さんの視点を受け入れ
たらそうなるだけで、自分の視点に立てば、アバター以外からは得られ
なかったので、高価なものを買った、ということに過ぎない。

皆さんにケンカ売ってるか、アバターの肩を持ってるみたいですね。こん
な言い方すると。
私の言いたいことは、そうではないのですよ。
マジメに受ければ、4さんが説明してくてたことのみならず、もうチョ
ット多く学べたんじゃないですか?

167 :途中参加のトランス男バラシ :2001/05/07(月) 23:50
「感情を支配」ってそうなんか・・。
人の意見聞くたびにうなづいてしまう俺。

アバターに行こうか、いくまいか?
元々タダのモノ。「アバターテクが無くても、・・出来る?」
友人から借りたリサーフェッシングもタダだし。

でも、
結構大きなモノなのかもね。

俺なんか32万くらい払わないと真剣にしないかも。
でも、32万あると、いろんなモノ一杯買えるしな。
ムーーー。
もう寝よう。

168 ::2001/05/08(火) 04:15
どうも私の書き込みが混乱の元のようですね。
>神戸さん
あなたの視点がそうならばそれでいいんじゃないんでしょうか?
わたしは多面的な視点のある一部を受講していない人に伝えているだけです。

ただ、一つだけ厳しく言っておきます。
あなたが何らかの視点でアバターを「よし」とするのは結構。しかし、うまくいかない経験をした人に対し

>私はアバターを全て認める者ではないが、文句を述べられる方々は自分の
>感じ方が曖昧なために、他人の考えや見解が気になるという、イヤ、感じ方
>まで左右されるという、あやふやな自我しか育っていなかった事になぜ気
>がつかないんだろう?という疑問も感じる。
というのは、いかがなものか?その言葉はあなた自身にもかえってくるのですよ。
なぜならば、価値判断をなくせていない証拠なんですから。
批判されることへの抵抗です。
むしろアバターで得られたものがあり、アドバイスできる立場なんですから、アバターで傷ついた人への慈悲ってもんがあってもおかしくないと思いますよ。
彼らもこの現実を共同創造している、他者という「宇宙」なんですから。

>トランス男バラシさん
せっかくこの板で、フィリッツ=統覚法を知れたんだし、リサーフェシングにはアトーメントという「自己との和解」の方法がかいてあるでしょ?
それを試してみては?それからでも決めるのは遅くないですよ。マスターはドンドン増えているようで、受講するに困る状態じゃなさそうですよ。
さらに32万あったら何に使うべきか悩んでいるようですが、確かリサーフェシングに目標の立て方が紹介されていますよね。
あれを活用して、欲しいものの優先順位をつけてみては?目標達成への努力として何が必要かを自分で書き出すところがあります。それでアバターがあなたにとってどの位置にあるかわかるんじゃないでしょうか?

これ以上こういうところであれこれ情報を集めすぎると、欲しくないのに欲しいような気がしてきたり、又はその反対のことが起きたりします。

あなたはそういう状態になりたくないから、「感情の支配」という言葉に注意が集まっているのでは?
もしそうなら、まず手元にあるもので試してみてください。
もともとアバターは自分でやるもので、マスターが替わりにやってくれたりしないんですから(^^)

納得できる結論が出るといいですね。

>ALL
引っ掻き回してすみませんでした。皆さんも各自納得できる結論が出ることを祈っています。短い交流でしたが楽しかったです。では〜〜〜

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 06:25
↑のヒト、支離滅裂ですね。
こういうふうな精神にならなくてよかった。マルチ、足洗いなよ。
もうアナタおかしくなってる。アバターの次は、精神病院ね。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 06:30
はっ、アバタリアンめ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/08(火) 15:08
166=169に決定!!!

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 15:18
ヴァカの臭いがする。むかむかしてきた。

173 :トランス男バラシ :2001/05/08(火) 15:33
No>>171.172
ヴァカ男はおまえ。
ヴァカ男は166のようなまとまった長い文は書けない。
ヴァカだから、169〜172のように動物みたいなことしかかけない。
この板の「嵐厨房の心理を教えて」におまえのこと載ってるよ。

174 :ハッキリしないアバター:2001/05/08(火) 18:34
4さん.神戸さん、それぞれ有り難く聞いたよ。
確かに御指摘のように、アバターの効果がインチキというレスを読むと、自分の効果に疑いを持ってしまうし、心理技法の一つと聞くと、それだけと思ってしまう。
神戸さんに、もっと学んだのではと叱られると、そうそう、神戸さん以上のものを俺は感じた、と思ってしまう。
自分は源でもある反面、自我がアイマイであったとも思える。決してアバt−テクがいい加減なモノではなかったと思う。
誤解の無いように、内容に
自我というと我執の塊みたいですが、心理学用語としては、自我=自分、自分の基本欲求と環境を関係づける判断力、力)

175 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/08(火) 20:40
ごめんなさい。>「4.さん」と「ALL」並びに174さん。
このスレッドが「インチキ」、「インチキじゃない」という不毛の平行線になりか
けている所へ4さんより適切な解説を加えていただき、ようやく終止符が打たれた
ようになって、私としては大変ありがたく感じておりました。

そして話の流れがアバターテクの吟味に入っていけそうになったと思ってしまい、
勢い込んで話を進めようとして、返って混乱させてしまいました。

それにしても166はひどい内容ですね。
4さん、アバターのみなさん。すみません。

よけい恥の上塗りになるかもしれませんが、補足・訂正させて頂きます。

1段落目
>「用語でデコードされると・・・云々」について、
○その後ヤジレスが少なくなって良かったね、という気持ちからなんですが・・・。

>「あやふやな自我に問題」
○せっかく自分理解のいい機会なのに、残念だったんじゃないかな?という提言です。
マインドコントロールされたというのは、外野からの言いがかりで、そんなことされる
ような環境ではなかったということをはっきり認識しないと、妙な自己不信感だけが育
ってしまいはしないかと心配です、というこの私の老婆心です。
でも迷惑でしたね、こんなの。

2段落目
>「納得できなければサインしなかったら」
○私は頑固で大した素養もなかったけど、頑固者なりにやっても、満足できました。

3段落目
○自分に素直になることを学ぶために32万 。(激泣)

4段落目
>「感情を受け入れる」ことが「感情を支配」することだったんだ。
○世間の誰かによく言われたことがあったけど、素直に聞けなかったなあ。
>「自分の視点に立てば、アバター以外からは・・・」
○仕方がないことは、仕方がないとして当たり前に考えたら腹も立たない。

5段落目
> 「マジメに受ければ、・・・もうチョット多く学べたんじゃ 」
○終了時、皆さんあんなにはしゃいでいるのに、あれは何だったんだろうかと?。

追伸
疫病神さんと4さんを同一人物と思ってしまったことも、4さんに失礼な物言いに
なってしまったみたいです。
疫病神さんが「気づき」からの演繹的説明してるみたいだし、4さんは、論拠に基
づいて帰納的説明してるのかな?と。

で、前回のレス(166)をつければ、疫病神さんに変身するものと思っていたけど、
浅はかでした。

カキコの人物特定はトランス男バラシさんの18番でしたね。どうなのでしょう?

176 :傍観者(アバター未受講):2001/05/08(火) 21:16
アバターが一応、自己啓発セミナー的インチキではないと言うことは判った。
「意図的に生きる」「リサーフェッシング」は「原理講論」(統一教会)や創価学会よりは被害が少なくて面白そう。

ただマルチ的な仲間構造ってのが、どうも怪しい。アムで30万円のステンレス鍋を売ってたし、これなんかまんざら悪い品ではなかったけど、値段高すぎ。
アバターもステンレス鍋と同じ値段みたいだけど、私が感じるところ、もっといいと思う。

この辺りのレベルからのレス頼む。

177 :トランス男バラシ:2001/05/08(火) 21:58
いろんな人が来るネー。

4さんも神戸さんも、「必要ない」みたいなこと言ってるとよけいに行ってみたくなるって、ヤッパリ。

私は統覚って技法に、かなり入れ込んでます。金を入れ込むんじゃないけど。
それを想念に対してどうやっていくテクニックなのか?非常に興味があります。

統覚っていう方法もいろいろバリエーションがあって一口に言えないけど、せめてfeelitくらいの事ができない、つまり感じてるのじゃなく思いこみで考えてるfeelitってことですが、そんなことしか出来ずに、それを「いい加減なテクニック」というアバターさんにとっては32万は、鍋買った方が良かったでしょうね。

レス読んでるだけだけど、こういう精神世界のワークは半信半疑でやったり、周りの受講者気にしてやってたらどんな部門でもまともな結果でないって思う。俺もずいぶんいろんな所行ってきたから判る。「神戸さん」みたいな姿勢でやって欲しいよね。

それと、4さんと疫病神ね。今だから言うわけじゃないけど、これ別人。どちらも、書き始め、去り際がよく似てるけど、「気づき」への関心というか重視の仕方に少しずれがある。
4さん、カウンセリングマインドを感じるし、疫病神さん、平気でヴァカ男を叩いてる。いくら2chのカキコと言えど、これだけの2役は難しいはず。

もう一つの見分け方。「それによって得をするか?」という観点から考える。4さんも疫病神もよほどの物好きじゃない限り、そんなことで得した気分にならない。アバターマスターが化けて宣伝してるわけでもない。
「それによって得をするのは誰?」という観点は警察の捜査の基本。いい推理小説はそういう方法論で読んでいくと犯人が判るし、だめな推理小説は単に殺人の可能性だけを創りだしている。

何でこんな事を言うかというと、アバターで誰が得してるのかなーって思うんです。一部のマスターさん?
少し話が横にそれちゃいましたね。私の関心は「意図的に生きる」的「気づき」です。これはトランスパーソナル的領域の言葉だと思うんです。「気づき」へ至ることが出来るんでしょうか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 22:04
>>177

汝カツラ付けるなかれ。

そのクソ長い文章書く労力を育毛に向けなさい。

179 :クミ:2001/05/08(火) 23:30
だからマスターによるのよね。
アバターマスター自体変な人多いからね。
良いマスターに当ればいいけど悪いマスターだと最悪。
だから受講する前に事前調査が必要。

180 :傍観者(アバター未受講) :2001/05/09(水) 06:37
↑変なマスターが多いか。
大きなコースに行くと、マスターがいっぱい居て、中には混乱させる人もいる見たいですね。

181 :名無しさん@おっぱい大好き。:2001/05/09(水) 10:20
>トランス男バラシ
「意図的に生きる」的「気づき」とフォーカシング協会のセラピー技法で言う所の「気づき」とちょっと違うよね。
もちろん普通に言われている「気づき」はセラピー技法のそれに近いけど、アバターの用語って紛らわしいね。
「意図的に生きる」読んで、トランス男が問題にしてることが解った。

182 :トランス男バラシ:2001/05/09(水) 19:32
多謝>181
何様から皆様まで、本当にありがとう。何とかアバターに関して見通しも持てたし、
それに、2chという、ののしり合い当然の掲示板で4さん始め、たくさんの方に励ましと
有力な情報を頂きありがとうございました。

これでサヨナラ言うのは、仁義に反しますね。私の心づもり言うのが、筋というものでしょうか。
当分、32万、宿泊費(大きなコースの場合)、日数などを考慮すると、やはり予習も兼ねて、独習やらやってみるのもいいかなと。フォーカシングも廉価でいいですね。友人のアバターも協力してくれるそうですし、この友人があまり解ってないのがそもそもの混迷の元なんですが。

私も内観、仙道、c+fワークショップなど出て、かなりこういう方面好きなので、いずれはアバターも行くかもね。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/09(水) 20:54
トランス男さん、まだ逝ってしまわないでヨー。

方針決まって良かったね。
してまたイロイロやってたんだ。好きだネー。
俺もそーだけど。んで、そのc+fワークショップって、お薦め?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/09(水) 21:08
>トランス男さん?へ
すいません、この板では全く関係ないものですが、内観、仙道というのはやってみてどうでしたか?
C+Fのブレスワークは参加したことがあり、値段もリーズナブルで、やらないよりは
やったほうがいいかな、と思いましたが、内観と仙道は?

185 :4:2001/05/09(水) 23:33
厨房なもんでまた遊びに来てしまいました(^^;)
>>181さん
>「意図的に生きる」的「気づき」とフォーカシング協会のセラピー技法で言う所の「気づき」とちょっと違うよね。
うん、紹介のされ方というか、説明のされ方が違うね。
でも、よーく考えてみようよ。色々な表現方法はあるけど、心ってもの自体は一つですよね。ま、アバター風に「源」と言い換えようか。ですからね、思考が静まり静寂さの中にある自己を肯定していくエネルギーみたいなもの同じなんですよ。それは本来言葉にできないもので、感覚的です。それを伝えようとする時、思考の罠にはまりますよね。ですから、経験談は先人の枠にはまっていくんですよ。それゆえ、違って見えてくる。
もちろんすんなりとアバターテクとフォーカシングが同じとはいえません。
フォーカシングの手順では、体のある感じに問い掛けていきますから、思考から入ります。そしてその感じに丸ごと入りきりません(ココがフィリッツと違う)。そばにいるだけです。そしてその感覚が何を言いたがっているかを感じ、問い、そしてシックリいくものを選び、その感じにマークします。それはアバターのように消してしまうのではなく、また会えるようにです。
この辺どちらが優れているというのは意味のないことですが、ある面ではとても大切なことのように思います。
というのは、ある信念を消すというのは否定です。(もちろん自分に意味のある信念(例:赤信号は止まれ)は抵抗が出てくるのできえませんが)
これは西洋医学のように「悪いところは切ってしまえ」というようなものです。
フォーカシングは体のその感覚に、耳を傾けるんです。わがままな子どもの話を聞くようにね。すると結果思い込みがベタっと張り付いた状態から、剥がれるような感じになるんです。そうすると、価値判断がない状態になり、心が静かになります。そして、何時でもまた会いましょうという気持で分かれるんです。
この辺が似て非なるところです。
ただし、アバターを実際にやると、体験談や、本の言うような信念を消すという乱暴さはないことに気づきますけどね。アバター側の紹介のされ方は乱暴ですねってこと。

どちらをやっても、やってみたいという気持が強ければ、得るものは大きいです。
それが過剰な期待、先行イメージ、不安や疑念という障害を乗り越えさせてくれます。そして素直になれたら、「自分自身=源」が得られます。
自分とは違うものが得られるのではなく、神戸さんが言っているように元々あったものを見つけるんです。

そのお手伝いをするフォーカシングトレーナーやスターズエッジ社(マスター)にいくら支払うのが妥当か?それも自分で選ぶと、なおさら源を感じられますよ。この時点からすでに<気づき>のプロセスは始まっているんですから。

あ〜、また長文になってしまった〜〜〜。

186 :トランス男バラシ:2001/05/10(木) 10:29
>>183,184
c+fについては、ココを参考にして。
http://www.transpersonal.co.jp/

こういう精神世界の「経験ワーク」って、主観と経験の深さ、思いこみなどが入り交じるので
神戸さんのレスよく読んでから行ってください。>>166
ブレスワークやってるのはココだけじゃないから、その他よく調べてね。
俺的な個人的な感じしか伝えられないけど、そして、まだ1回しか行ったことないし
正確な話ではないと言うことを前提に聞いてください。こういうトランスパーソナル
なことは言葉で伝えること自体おかしいことなんですから。
私は、自分の深い感情(正直な感情?)に少しふれたような・・・、中には前世の記
憶がよみがえる人もいるみたいですが。
自分の深い感情は、「とっても寂しい。」というものでした。これが「顕在意識の防
衛規制」によって抑圧された「トラウマ」かも。理性的な思考が発達する前(出産時、
幼少期)に傷ついたことによる恐怖かどうか、あるいは単にそういうことをたまたま
ブリージングで感じたのか・・?、解りませんが。
この点で4さんの最初のレスにあった「寂しがり屋」という言葉が、どういうものな
のかと気になってます。

仙道、内観については、正当な流派があるわけではなく、各所で各人がそれぞれ意味
付けし、アレンジしたりしてやっているので、ここ(カキコ)で表現するのは難しい
です。私も単なる、一地方の受講者ですし。でも統覚ってのがアバター理解に参考に
なるかな?検索エンジンなどで調べてみてください。
有名な所では、東京都には仙道連というのが世田谷にあったようなことを人づてに聞
きました。内観は奈良県に合宿所が古くからあるみたいですね。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/10(木) 12:05
>186
184です、お返事ありがとう。

188 :トランス男ガンバッテ。:2001/05/10(木) 17:58
トランス男さんのお陰で、俺、助かってます。
俺、あまり精神世界のことわからないし、VOICEの関係のチャネリングや神ガカリみたいなこと頭から信じられないし、かといって現実の自分にも満足しない。それにひきかえアバター、フォーカシング、統覚、等々興味深いです。

俺もこのスレッドにレス参加したいけど、話が濃くなってきて聞くばかりです、あまり素養がないので。でも、話の中身はすごく解りやすい。未受講のトランス男さんの質問やつっこみは、同じ様な未受講の俺にもすごく参考になる。

どうか逝ってしまわないで、いろんな話や質問をここのスレに投げかけ続けて欲しい。

また諸先達の方々、受講時のエピソード、体験談、雑感等々いろいろ聞かせて頂いたら助かります。その他関係することワークなど披露して下さい。

189 :トランス男バラシ。:2001/05/10(木) 20:36
おおきに。>188
でも、私の質問もだいたい出尽くしたって感じかな。
皆さんも遠慮せず、このスレへ問いかければいいのに。

どうでもいいことですが。>188
私はトランス男ではなく、トランス男の正体をバラしたので、トランス男バラシというのです。トランス男は別にいます。
参考(どうでもいいけど)(心と宗教」教板「自己啓発セミナーってなに?」)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981206031
ここで私登場ですが、恥ずかしながらバカなことやってます。

どうでもいいことですが、久しぶりにその宗教板覗いたり、チクリ板を覗いたりしてみたら、もう話は出尽くしたのか、閑古鳥が鳴いてました。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=983986534&ls=50
その両板の常連さんも、ヴァカ男情報に引き寄せられて、ここを覗いているからなのかもね。
と言うよりも、自己啓発セミナーも時代遅れになりつつあるのかな?
どうでもいいことをまた書いてしまいました。

190 :アバターさんです@疑問聞いて?:2001/05/11(金) 12:51
イエイエこれからですよ。>>189トランス男バラシさん。

アバターコース2部3部に比べ、1部で使ったリサーフェッシィングの内容って盛りだくさんね。
マスターコース、ウィザードコースでは使うの?
1部受講中「視界の縁」は、見えない人、見える人それぞれいたみたいでした。
上級コースではこれについてのワークがあると聞いたんですが?

191 :通りすがり:2001/05/11(金) 15:58
充実してますね、ここのスレ。1から読んでみるね。

192 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/11(金) 23:12
>>4さん
「感じに丸ごと入りきりません(ココがフィリッツと違う)。」
「そばにいるだけです。」「消してしまうのではなく、また会えるようにです。」

アバターテクニックとの違いが端的に解ったような気がします。アバターテクで
すと、「入りきろう」、「消そう」という気持ちが強いので、感じたくない感情
には抵抗が生まれがちですね。

ホントに避けたい気持や感情には、傍で(入りきらず)感じるというのが、自然な
感じ方でしょうね。フォーカシングは受講したことがありませんが、自己流でやっ
てみても、なるほど抵抗はグンと少ないですね。本当の問題は「抵抗がある。」と
いうことである、のがよくわかります。

そのフォーカシングですがHPには産業カウンセリング協会、日本フォーカシング協
会の2つがありますが、その異同ってどうでしょう?
受けるという点から見ると、カウンセリングに比べセミナーやワーク等の方が、積
極的な感じがしますが、こういう受講という観点、或いはフォーカシングの造詣を
深めるには、という事から見た場合。

また、お立ち寄りの節はコメントいただければ、と思います。

193 :4:2001/05/12(土) 02:15
>神戸さん
なんとなくおたがい触れ合うものがでてきましたね。活字でのやり取りの難しさを再認識しました。

>そのフォーカシングですがHPには産業カウンセリング協会、日本フォーカシング協
>会の2つがありますが、その異同ってどうでしょう?
難しいですね。わたしもフォーカシングは専門書を読んで学んだだけですから。
>受けるという点から見ると、カウンセリングに比べセミナーやワーク等の方が、積
>極的な感じがしますが、こういう受講という観点、或いはフォーカシングの造詣を
>深めるには、という事から見た場合。
それぞれの団体から資料を取り寄せては?フォーカシング協会は学者センセーの団体ですから、身近さで言えば、産業カウンセリング協会でしょうね。たぶんこっちの方が安いですしね。
厚生労働省認可団体ですから。
コスモライブラリーから「やさしいフォーカシング」という本が出ています。あまりわかりよくないですが、専門書は高いし心理学専門書店とかでないと購入難しいかも。創始者シェルドリンはカウンセリングがうまく言っている時のパターンから、このフォーカシングという体に問い掛ける方法を生み出したそうです。
フィリッツ経験者にはすごくわかりやすいと思うよ。

フォーカシングをして、それからありのまま見ることにチャレンジするのもさらに面白いかも。
いきなりありのままって言われても困る人多いと思うから。
価値判断をする「抵抗」を減らせば、簡単にできることなんだけどね。
アバターはいいものあると、実はテクそのものは好きですが、あのマニュアル的なところがイヤ。
人それぞれにオーダーメードできないんだもん、マスターたちも。
あ、これは余計なことでした。

194 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/12(土) 22:22
早速のレスありがとう。>>4さん。
抵抗か受容か、自分の心の中はこの2つが常に働いているように感じます。
この受容化に向けて、適切なアドバイスは有り難いです。今後もよろしく。

今回はトランス男さんのレス(>>164)を基に話を始めてみます。(以下抜粋)
『3部あたりで「望む現実を創る」ということが「望む現実を創ると、満
足する。」という理解に進み、最後に「満足する気持を、本当は求めて
いる。」と納得する。』

このことについて、
私は、「望む現実を創る」ことばっかりに今まで腐心してきました。
今回のアバター受講もそういう下心があったけど、終わってみれば満足する気持をいかに創り出すかと言うことを学んだだけ。
これを詐欺というのか?、真理に気づいたというのか?
自分ではやはり、真理とは言えないまでも、大切なポイントだと思いました。
これを忘れて、いくら望む現実を創っていっても心の中は「ボタンの掛け違え」のような不条理な感じが続いていくと納得しました。この点、トランス男さんとも同感です。しかし、未受講でここまで読み切るとはさすがですね。

私としては問題をここまで絞り込めたのですが、その伏線として「透明な信念」に気づかされたのが大きな手助けになっていたと思っています。
この「透明な信念」を特定するという作業ですが、実に良くできているテクニックだと思います。
認知療法では、カウンセリングをしながら、その人の認知構造の深層で、認知判断の歪みを創っている不合理な考えを突き止める事をねらいとしていますが、アバターテクニックの方が速やかにやっていけそうに感じました。

でもこの方法もマスターと受講者の関係にラポール(全人格てき信頼感)が成立し、尚かつ、受講者が積極的に関わっていくことを前提としますが。
今心理セラピーの本や資料を読んでいるところですが、このラポールってのが効果を左右する最大の前提になるみたいですね。してまた「指導者の力量と人格が、ラポール成立の鍵を握る」とあります。アバターコースでは皆さんどうでした?

この認知構造を歪めている大きな信念の一つに、対人恐怖がありますが、この点でもリサーフェッシングp17「あの人も、まるで私のよう・・」という妥当な考えに置き換える技法もあります。

以上は一つの例ですが、認知的な療法と比較してもアバターテクは、かなりのように思えます。認知理論に基づいた療法には私自身は素人なので、間違った考えだったらごめんなさい。
その他の技法も、結構効果が期待できるものだと私は思います。何かの療法からパクって来たのかどうか判りませんが?

それから、依存心の問題。
たいていの宗教は、宗教に対する帰依と言いながら「依存心」をそのままにしています。
自己啓発セミナーもその点しかり。(薬物等を使った「マインドコントロール」と単なる依存心操作とは違うんじゃないか?またこれも別の機会に。)

この依存心操作の問題ですが、アバターもがそれあったのかなあ?
私は受講しながら、アバターの技法に感心はしましたが、いろんな意味で依存心は終了後少なくなったように思いましたが。
もっとも、マスターコースへの期待はありましたね。
しかし、多くの「アバター被害者」さん達の言うように、同じテクニックの復習ということなので、これだけなのでしょうね?

私も人生の目的は「自己受容だけ」と思うほど老けてはいませんので、これからも「望む現実創り」に邁進すると思いますが、先に結論としての「満足感、受容力」等を得ることを確かにしておいた方がプライマリーを立てやすいでしょうね。

以前のレスで、同行のアバターさん達に失礼なことを申し上げたのは申し訳なく思います。
その後4さんにも指摘いただき、自分なりに考察を深めているのですが、やはりこの手のセラピーはラポールが不可欠で、そのためには指導者達(マスター)の力が、かなりいい加減であったのだと気づきました。
比較的ましなマスターが多く集まるコースでは、効果を感じたアバターさんが多くいたり、反対に10人が10人とも何とも感じなかったりというレスも以前にありましたね。

以上のようのことと、それからアバターテクニックの吟味や考察については、まだまだ知りたいことが多いです。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 23:09
ここの人たちって,どうしてこうも饒舌なの?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 23:56
やさしいから

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 00:06
自分がやさしいと信じているから

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 01:05
ほっとけ。このスレに拘わるとあることないこと言われて荒らされるぞ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 01:26

荒らされるのが怖いからといって、
言いたいことが言えない状況ってどう思う?
俺はこいつら金の亡者の糞だと思うよ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 01:31
頼むから煽るな。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 07:41
おまえらウザイ>>199〜195
「言いたいことが言えない状況って」いうんじゃなくて、おまえらみたいなゴミが入れるような知的レベルじゃないだけなんだ。
言いたいことがあれば言ったらいいだけなんだ。誰も邪魔しないし。
俺に言わせて貰うと、おまえさん方のレスからは何も参考になることがないので邪魔なゴミにしか感じられないのでやめて欲しい。

202 :マーフィーによる成功者。:2001/05/13(日) 08:05
ゴミに話しかけるのは止めましょう。>>201
ゴミはセカンダリー、どこにでもあります。
プライマリーはスレッドを育てる。或いはROMを続ける。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/13(日) 09:48
マーフィー理論実践者さんでしょうか?>>202

204 :トランス男バラシ。 :2001/05/14(月) 11:01
だいぶ細かい話になっていて、アバターコースの中味のことはよく分からないのですが、
一応、次のように考えていいのでしょうね。

1.アバターテクニック(1から3部)は、効果のあるものだ。
2.上級コースは。1〜3部の復習みたい。
3.「現実を創り出す」なんてことより「満足感」を追求した方が現実的。
4.アバターコースはべらぼうに金がかかる。
5.マスターにはいい加減なヤツが多いので気をつけろ。
6.「満足感」追求はフォーカシングで十分。(金も安い)
7.アバターテクニックの一つ一つは、捨てたモノじゃないかもしれない。
   (現行の様々なセラピーの技法のパクリかもしれないし。)

205 :通りすがり。:2001/05/14(月) 15:57
>>204
ひいき目に見ても1.は言い過ぎ。
>1.アバターテクニック(1から3部)は、効果のあるものだ。
訂正しましょう。
(新)1.アバターテクニックは、効果のあるモノも中にはある。

206 :通りすがり。:2001/05/14(月) 15:59
もう一つ
>5.マスターにはいい加減なヤツが多いので気をつけろ。
訂正しましょう。
(新)5.アバターマスターは変なヤツばかりなので、受講者はしっかりしましょう。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 17:41
自分の組織の現実が無条件ですばらしいと確信したとき、
あなたはマインドコントロールされている。(by ステョーブン・ハッサン)

208 :そんな組織って?。:2001/05/14(月) 18:25
そういう組織はいろいろあるんじゃない?
たとえば創価学会とか、幸福の科学とか、エホバとか。
アバターは、どうかな?
せいぜい依存心と被関心感を煽られて、セルフコントロールされてるだけぐらいにしか思えんが。
中には、かなりアバターに心酔してるヤツもいるが、己からはまってるだけじゃん。

209 :マーフィーによる成功者。 :2001/05/14(月) 19:28
>>203マーフィーの法則から始めました。その後イロイロ。

>>204に追加。
その8.マルチ商法なんで、どこかインチキあるだろう。

210 :マーフィーによる成功者。:2001/05/14(月) 19:29
だから、もうちょっと中味を皆さん考えて欲しい。
わかんないこと多いよ。

211 :名無しさん@:2001/05/14(月) 21:59
アバターとよく似てるのに、想念観察というのがある。
テキスト3冊(21世紀人になるために)を読んで、無料の電話質問でOKだよ。
アバターに32万をかけるのはドブ銭じゃないですか。
このテキスト読んでみて、アバターとの違いを教えて下さい。

http://www.fujinihon.gr.jp/

212 :4:2001/05/14(月) 22:39
>>204
>>205
ま、まとめるとそういう意見が多いですね。

>>207
>自分の組織の現実が無条件ですばらしいと確信したとき、
>あなたはマインドコントロールされている。(by ステョーブン・ハッサン)

ただこの命題も一つの指標として有効なので、これまで活用させてもらっているクチですが、逆を取って「マインドコントロールされている人は、無条件で自分の組織をすばらしいと思える」
とはならないので、必要条件だけで、十分条件が足りず、「真」とは言えないですね〜〜。
経験則的にはこの命題に当てはまると思われるものには手をださないのが無難。
さて、アバターはどうでしょうか?

少し脱線
「現実を創造する」ではなく「満足感〜〜」という神戸さんのご意見面白く読みました。なるほどです。
もう一度引用しましょう
>私も人生の目的は「自己受容だけ」と思うほど老けてはいませんので、これからも「望む現実創り」に邁進すると思いますが、先に結論としての「満足感、受容力」等を得ることを確かにしておいた方がプライマリーを立てやすいでしょうね。

ココから先は私の視点ですが、満足しようというプライマリー(目標)を立てた瞬間に、いまあなたは不満を抱えていることになります。これがまさにセカンダリー。
アファーメーション(自己宣言)が効果がでない原理と同じです。
実はすでにプライマリーは自分の中にあると思うのです。むしろそれを素直な気持で聞くことこそが自己受容の姿勢ではないか、と思うのです。
したくないという気持があるのに、それを乗り越えようとすることはいかがなものかと。本当にセカンダリーを消すだけでよいのでしょうか?
わたしはむしろセカンダリーがでてきたら、それに耳を傾けるようにフィリッツをする。そして、それが(自分を守る上で)大事なことならば、当然消えない(これを効果がないと人は言う)
フツーココでみんな逡巡してしまいます。
で、ならば、これまで自分を守ってくれたセカンダリー(抵抗)対して感謝し、そしてセカンダリーの感じる場所に伝えてみる(札を貼る)。そして再度その場所にフィリッツしてみる。
どんな感じでしょうか?プライマリー自体変更したいとか、その場所で感じるセカンダリーが柔らかな感じになりませんか?
その感覚を大切にして、再度プライマリーを立てたとしたらどうでしょうか?
なんとなくシックリしませんか?
あとは、そのプライマリーを忘れてしまうことです。どうしても効果を確認したいのであれば、紙にプライマリーを書いて封印してどこかに保存しておく。
そして、また思い出す時がきたら、開けてみる。そして願望が成就したかを確認する。
プライマリーが自分の内側から出てきたもので、そしてそうなることがとても自然に思えた時、その目標はあまりに自然で忘れてしまいます。
忘れられない時は立て方をかえてみることをお勧めします。

これはアバターだからではなく、どんな心理技法による目標達成法(願望成就法)でも同じだと思います。
心理技法とは変化の技法ですから、方向性を決めていくのにとても有効です。
もちろんその目標に対しての努力も大切ですが、よい目標の立て方ができれば、自然なので、自然と実行しています。ですから努力という言葉は不適切でしょうが。
毎度えらそうな文章ですみませんm(__)m

213 :トランス男バラシ。 :2001/05/15(火) 09:13
質問>>4さん
私も、「まず満足したい。」という口です。
これをプライマリーにする。そして出てくるセカンダリーを消していく。
その消し方について、アバター的なやり方が、逆説的に矛盾がある、というように読めました。
確かにそう感じます。

満足したいというプライマリーは、なんとなくやれそうな気がするのです。なぜなら、自分の中にことだからです。
じゃ、心理に興味があり、心理ウィ勉強するとわくわくするという私が「修士課程へ行ってアバターを研究する。」というプライマリーを(例えば)立てたとする。これは自分の他に他の人との競争もありますね。
こういったものも、同列に考えていけるのでしょうか?

214 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/15(火) 21:41
>>4さん
自分の心を相手にして話し掛けてると、天邪鬼だったか、山彦だったか忘れましたが、そういう神様がやってきて
延々と続く、どうどう巡りの問答に引き込むという神話があったように記憶してるんですが・・・。
思い出せないのが残念です。

その話の「落ち」は、(「やまびこ」みたいな鬼神を)追い払う呪文を唱えるんではなくて、「じっと聞く」ということだったように思います。
なんとなくそういうことかと、・・・・。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/15(火) 22:27
それって「日本昔話」だったかも>>神戸さん。
私の記憶もいい加減で、いろんな話が混雑していますけど、多分確かじゃないと思う。

要するに、アバター受講しても、しなくても、既に「自分が源」として動いているってことでしょうね。

ところが現実には、「自分が源」なんだけど、「身の回りの生活がややこしくなってイヤになってくる。」のって、何とかならないかなあ。

216 :4:2001/05/15(火) 23:37
>>214
>じゃ、心理に興味があり、心理ウィ勉強するとわくわくするという私が「修士課程へ行ってアバターを研究する。」というプライマリーを(例えば)立てたとする。これは自分の他に他の人との競争もありますね。
>こういったものも、同列に考えていけるのでしょうか?
どうでしょうね。まず、競争があるということがセカンダリーとしてでてきますか?
というより、まずこれは例えでやっている話なんで、実感ないですよね。

基本的にどんなプライマリーでもチャレンジできますよ。ただ、自分の中で整合性のないプライマリー(この時点でプライマリーじゃないが)はどうしたってセカンダリーがでるということ。
そのセカンダリーがすでに古い記憶や行動パターンであり、いまは不要だと思えるのであれば、消せます。
その「不要だ」という気持がセカンダリーへの名札となります。私流の表現では「感謝します。そしてもう必要ないです、さようなら」こんな感じ。
感謝した段階で消えますけどね。

#これこそが、矛盾を潜り抜ける逆説的なアプローチですね。
思考の罠を潜り抜ける妙技ですね(^^)でもこれで少し「源」を感じられたでしょ?
私はこういうひねくれたやり方を勧めている訳じゃなく、あなたも「源」足れる事を確認して欲しかったんです。

 一番いいのは確かにアバターがいうように価値判断なく観ること。自然と消えていってくれますよ、セカンダリーが。
価値判断なし=源の状態なんです。源にとって要らないものは、もう創造されません。

まず、現実を直視できるようにしませんか?経験して感じる体感を味わう。それは過去の記憶に対してもできるし、他者の印象でもできる。
ただ、観るんです。黄昏の美しさを眺めているの時自分自身はないでしょ?
その感覚です(^^)源にあるときは無葛藤ですから、不満はないです。

神戸さんとバラシさんは少し分けてお話したいです。
神戸さんは源を経験していながら、疑問を感じている。これは大変解決が難しいと思いました。
ですから、ひねくれた方法をあえて提示しました。

バラシさんは未受講者ですよね。でしたら、例の統覚法を実践してみてください。そしてその経験を言葉にせずよく味わってください。
なにも失敗経験した人の悲しみまであなたが感じる必要はないんですから。
それは215サンにもお願いしたいな。

私のもう一つの視点は「アバターは心理技法だけど、源や無条件の状態に到れますよ。瞬間的にね」です。
この辺がアバターをけなしきらない由縁です(^^)
引っ掻き回しておきながら、こんなオチでごめん。
214の神戸さんは今そういう感じでいるんじゃない?とてもいい感じが伝わってきていますけど(^^)

217 :215:2001/05/16(水) 19:25
>>4
「なにも失敗経験した人の悲しみまであなたが感じる必要はない。」という言葉も含めて、神戸さんの言われる「視点」等
に感じるところ多いです。
自分の視点、自我(確立)の問題、依存心等と共に照らし合わせて過去レスを大急ぎで読んでます。

友人や他人との共感共鳴に心を砕いていたときもあったので、そんなことが自分のあり方を曖昧にしたり、人間関係を複雑に感じてきたんだと思います。
「・・人の悲しみまであなたが感じる・・」というのも、ある面勇気が要りますね。

218 :バラシ=トランス男バラシ改め:2001/05/16(水) 20:47
長い間トランス男バラシなどという名前を使用してきましたが、以後サッパリとバラシでお願いします。
>>4さん。
>216、修士課程の話=「まずこれは例えでやっている話なんで、実
             感ないですよね」
実は、本当にそう思ってるんですよ。アバター研究するというのは例え
にしても、心理技法にハマリましたので、こういうこと研究しようかと。

で、こういう問題(自分だけではどうにもならない問題)なんかも、プラ
イマリーって立てて、現実創造できるんですか?

219 :215:2001/05/17(木) 20:47
↑ウン、そういう現実創造に関するテクニックがマスターコースにはある、という話ですね。

私も少ーーし(本当は深い)関心あり。

220 :4:2001/05/18(金) 01:31
>実は、本当にそう思ってるんですよ。アバター研究するというのは例え
>にしても、心理技法にハマリましたので、こういうこと研究しようかと。
ふむ、基本コースでも現実創造はあります。
簡単です。「源」の状態で目標を宣言するだけです。で、詳しいやり方はすでに既出済み。
その実現の過程での努力や財政力などの物心両面での「コスト」と「修士課程に行きたい」という今の気持ちとの「賃借対照表」がどうなっているかですよね。
それはバラシさん自身が知っています。
統覚法をやってみて「源」になり、そして体に聞いてみてどうですか?シックリしますか?
修士課程じゃなきゃだめなんですか?単に心理学関係学会に参加しつつ、専門書を読むではだめですか?そういう見方もありますよね。
ですから、心理技法を研究することが主たる目的か、修士号取得が主たる目的かなどはっきりさせる必要がありそうですね。
主たる目的から離れれば、離れるほど実現可能性は下がりますし、モチベーションがあがらないでしょ?
まさにそういうことをはっきりさせるのが、「現実直視」「ありのまま見る」ですよ。
すごくアバターってリアリストなところがあって、現実創造するにはまず、現実直視が必要。だから、「源」である必要があり、自我が必要なわけではない。
自我とは例えば、金持ちになってえらくなって、人をコントロールしたいとかもてたいということです。
これはニーチェかなにかも指摘していますが、「欲望の三角関係」で他人の視線を気にして、欲しくもないものを欲しいと思う。
この他人の視線こそが、外側から教化された透明な深い自分の信念(エゴ=自我)にスイッチを入れます。
こういうパターンを切る作業がアバターですから、親の希望とか世間体を気にするようなものを相対化していかないといけませんね。
そして、その上でも自分が選択肢、必要だと思える信念はそのままでいいわけ。それもあなた自身=「源」が知っていますよ。

まず、統覚法を大マジでやってみては?なんとなく議論が先行して「生きた学び」としての「体験」が少なすぎるように思えます。
統覚法を今までやってきてどうですか?その辺のレスが何度聞いてもないのですが?

ちなみに「統覚」という言葉はカントからきています。
「五感を統合した主観的形態」のようですね。つまりはあなたにとってのリアルさのことです。
まさにフィリッツの日本語としてぴったりですね。

221 :ゴンベイ:2001/05/18(金) 05:51
その源にさえなれば何でも思いとおりになるの?

222 :アマチュア・アバター:2001/05/18(金) 17:13
話が核心に来ましたねー。
俺なんかは、源になれば(近づけば)創造したいことも変わってくると思うんだ。
神戸さんが言ってたように、源に近づく(満足した気持ちを得る)ということを
まず第1の課題としたいと思ってる。

それには、4さんがいう所の逆説的な関門みたいなモノもあるでしょう。
でも、こういうの追ってくってのも楽しいね。

223 :4:2001/05/18(金) 22:00
>>222
>俺なんかは、源になれば(近づけば)創造したいことも変わってくると思うんだ。
>神戸さんが言ってたように、源に近づく(満足した気持ちを得る)ということを
>まず第1の課題としたいと思ってる。
少し私は読み違いをしていたようですね。おっしゃるとおり、「源」になると今までの思考パターンが一度切れるので、創造したいことが変わって来ますよ。
そうか、神戸さんはそういう意味で、「満足した気持」といっていたんでしょうか?
もしそうなら、これまでのレスは少し変でしたね。ごめんなさい。
でも、課題(問題として自分に課す)ようなものではないと思いますよ、それを今まで書いてきたつもり。
りんごを食べて満足した後に、すぐりんごが食べたくはならないようにね(^^)
結果として満足しているという感じですね。この辺は感覚ですから表現は違いはあれど、神戸さん・アマチュア・アバターサンそして私には質的な違いはなさそうですね。
失礼な書き込みすみませんでしたm(__)m

>>221
ゴンベイさん、ご理解いただけました?

224 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/19(土) 08:22
源になる方も楽しいよ。>>222
自分が欲しいものとか、なりたいものとか、それはぜひ手に入れて欲しいと思うし出来ると思う。
4さんの>「他人の視線を気にして、欲しくもないものを欲しいと思う。」ということもよくよく吟味していないと自分にだまされちゃうかも。
私など、そういうこと気が付いてるのに世間体や格好気にして源を失っている毎日ですが。

読み違いしてませんよ。>>4さん
源になろうじゃなく、ずっと源だったんだ、ということや自分にとってイヤなことも実は創造してたということが少しづつ心に浸みこんできつつ、というか、言葉を尽くすと源から遠ざかるというか、それでいて人の視点(4さん)や言葉で教えられてると言うか、助かっています。

私も当分、アマチュア・アバターさんのように源であることを味わうような時間を長くしていきたいですね。
でも、
>>223「りんごを食べて満足した後に、すぐりんごが食べたくはならないようにね。」源も常時、食べたくはないものですかね。意味深ですねえ。

225 :マッチ:2001/05/19(土) 20:51
FIで源になれるんですか?
CHPで本当に全ての不安が消えますか?

226 :215:2001/05/19(土) 20:54
いつとは言えないけど、アバターやマスターの集いがあって、ソートストームとか
やってアバターテクニックを深めたんだけど、最後はマスターコース勧誘モードに
なって、嫌な感じだった。
こんなことやってるからアバターに対する偏見が生まれるし、私自身もアバターの
集まりに全面的に入りきりたくない。
そして、ここの皆さんのように本当に理解しているとも思えない。
源へのアプローチとか現実創造とか、こういうことは自分自身の孤独な試行錯誤か
ら生まれるものだと思った。
こういうことでは4さんはじめ皆さんのやり取りから学ぶこと多かったです。

227 :日本アメリカ化計画:2001/05/19(土) 22:38
A型は徒党を組んで国民を操ろうとする。注意せよ!
特に全国民の5%しかいないAA型は偏固で神経質。

228 :4:2001/05/20(日) 06:16
脱線するけど、精神世界にはあまり興味のない私ですが、クリシュナムルティはやはり学ぶべきところが多いと思う。
アバターをやる前から彼を知っていたけど、アバターやって初めて理解できるところが多い。
彼も「ありのままに見る」ことが「無条件の精神状態」に到れるといっている。悟りなどというような表現をせずに・・・・
そしてエゴ(自我)がありのままの木、ありのままの自分を見失わせると。色眼鏡なんですね、エゴは。

ただ単に見た木や空は「わたし」の信念が作ったものではない。すでにある。しかしこれに「きれいな」とか「役に立つ」
形容詞をつけたり、経験に基づく印象を被せるとそれはありのままではない。
今私たちがアバターで消そうとしているのはまさに「わたし」が造った印象や、思考の産物です。木や花ではない。

そして自分自身への印象「だめなやつ」とか「仕事が出来る」などを消す。これはフィリッツができればその視線を自らに向ければいいだけの話。
私はCHPはほとんど必要ないように思う。極めて個人的見解だが・・・・
ふと浮かんでくる、「ああ、今日も仕事に追いかけられたな~~」と思えば、それにフィリッツする。
それ以上に「明日は振り回されないぞ」などと目標を立てる必要はないと思うな。
その目標とは仕事に振り回された=だめな自分という印象からきていると思う。
その印象はフィリッツで消せるわけだから、目標など立てなくとも「源」(潜在意識といってもいいな)が自然とその場にあった方法を見つけ出すと思う。
だから、目標立てた場合でも目標自体を忘れた方がいいと思うわけです。

現実なんて毎日のように創造していると思う。アバターは未来志向というより、「いまココ」だと思う。

さらに脱線するとニーチェやフーコーが最近面白いと思えるようになってきた。
直接アバターとは関係ないが、いかに自分の精神が他者の視線で構成されているかがわかるような気がして。
詳しいことを書けるほど理解できているわけではないけど・・・・。

229 :アマチュア・アバター:2001/05/20(日) 09:05

うまくまとめますねー。

feelitやアトーメント、CHPなど生活の中で利用できるようにはなって
いて、それなりに説明できると思ってたんですが、>>225さんに答えよ
うと思って、いざ書いてみようとすると言葉にならないんですよね、こ
れが。
別のいろんな技法や知識があるとアバターを言語化できていいですよね。
神戸さんが、「助かってます。」と言う意味、良く解る。

俺は俺で神戸さんが強面のカキコしたり、凄く柔和な姿勢になったり、
これが同一人物かと思ってしまう。アバター・テクの冴えを感じますが。

うーん、うまく言えないけど、アバター・テクで期待できる効果ってのも
だんだん見えてきた。効果は、人から聞くものじゃなく自分が感じなきゃ
ならんのだけど・・・・。

230 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/20(日) 17:31
>>229
「効果は、人から聞くものじゃなく自分が感じなきゃならんのだけど・・・・。」

私らはいつも外の世界の出来事ばかりに目が行っていて、内面世界に目を向けることなんて長い人生であまりないので、心の中の出来事や変化には気づいてるけど、それに言葉を与えたり、カテゴリーに分けて認識することに慣れてないんでしょうね。
お互い4さんには感謝しますね。

>>225さん,参考になれば、聞いてください。
アバター・テクに慣れてくると、CHPも内面の信念に対するfiだから、fiの援用のように感じました。
また、不安とのつきあい方はフォーカシングのようにするのが無理のないように思いました。

憂鬱な不安を感じている(創り出している)信念には、「しつこい塊」の対応としてCHPの応用方法が2つほど示されていましたね。その方法なんかもfiの工夫のように思います。「感情を支配する」コツはいろいろ工夫して抵抗なく体験することじゃないかな。また、消すことに気をとられると抵抗を煽ってしまうという失敗をしないでください。なにせ相手は天邪鬼みたいな逆説でエネルギーを得ているものですから。

認知構造論から見ると、知覚した物事(例えば上司)自体には価値があるんじゃなく、それに意味付けしたり価値判断をしている「認識」(例えば、上司は性格が悪い、無能だ、など。)が出来てくるのは、認知構造(たくさんの経験や印象がまとまり、構造化されたもの)でやっているということです。
アバター的に言うと「認識」や「考え」を造っているのは複数の信念の構造ということになると思う。
だからCHP一発では不安は消えないと思う。構造を構成する信念の一つを消しても、心はバランスをとるために、また補強して構造を保つんでしょうね。
またその中には、生きていく上で必要な信念もあるから、やたら消していくのも問題ありでしょうね。この取捨選別には、4さんによると心がそれを知っているので、思考を介さず感じるだけで自然に選別されるということです。
私もそのように理解してやっています。

やっていて思うんですが自分が困るような不安というのは、消えていきましたね。
「気がかり」なことは残るでしょうが、それがなかったら生活は崩壊するでしょう。
問題は感情が混乱する強迫的な、意味のない不安でしょう。これは無い方がいいですね。



>>225さん

231 :KANE:2001/05/20(日) 18:02
源ってどんな状態を言うんですか?
それと神戸さんはどちらで受けられたんですか?

232 :アマチュア・アバター:2001/05/20(日) 19:49
>>230「気がかり」なことは残る・・なかったら生活は崩壊するでしょう。」

俺としては、「気がかりなこと」が気になって眠れなくなる性格なんで、
「気にとめておくべき予定みたいなものは、残る。」と、読み換えたい。
多分同じように感じられてると思うんで。

>>231「源って?」
老子風に言えば、源は月で、表現する言葉が月をさす指かな。だから言葉を
並べれば並べるほどややこしくなるんだけど。
俺風に言うと、今も源であり、源から逃れることはできないんじゃないか。
でも、源を意識する状態ってのはあえて言うと、(感情や信念に)フィリッ
ツしてたり、リサーフェッシング練習6なんかで気持ちがフラットになって
きたりした時に意識する「存在としての自分」がある、という状態と表現す
るしかないかな。今の自分としては。

この質問は神戸さんへ、だったらごめんなさい。
質問を横取りしちゃったのは、4さん、神戸さんや、わかってらっしゃる
方からのコメントを、KANEさんへの返答と併せていただければと思い、書
いてしまいました。

受講場所については、皆さんどこかで顔をあわせてるかもね。

233 :4:2001/05/20(日) 19:59
>>230
神戸さんのまとめた文章はすごくスムーズだとROMっている人も思っていると思います。もちろん私もです。
こういう感じですよ、「源」って状態は>>231さん(^^)
そして「気がかり」という感触も「気づき」なんだと思います。そういう不安感はとても大切ですよね。それは思考でもなんでも使って、身の安全や、未来への投資となる行動を迫っているからです。もちろん「源」が(^^)
そしてそういう不安感の対処は当たり前ですが、調べて解決案をだし、そして行動することです。
それは「おなかがすいた、買い物行って料理しよう」という合図としてお腹が鳴るのと同じです。
こうなると問題解決は簡単です。何の矛盾もない・・・

これが「望む現実をつくる」なんだと思います。今回はすごく勉強になりました。
アバターの中で「ソートストーム(思考の嵐)」というブレインストーミングみたいなグループ討議方法がありますが、あんな感じですね。
私にも<気づき>が生まれましたよ(^^)ありがとう!

234 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/20(日) 22:21
>4さん
お陰を持ちまして抵抗をよりよく受け入れられるようになってきました。
本当に実のある休日でした。
ソートストームが決まったときって、こういう感じかなあ。

>>231
いろんな人が、言葉で説明してくれてますが、それぞれの視点からの解説なので最後の納得は御自分でアバター・テクをやりながら感じ取るしかないでしょう。
言葉では伝え難いといいながらも、かなり手助けにはなるものです。虚心坦懐に行って下さい。


>>232
私と同じ様なところで苦しんでいらっしゃたように思います。
でも、もうお判りじゃないですか?
アマチュア・アバターさんの弱点は、私と同じように自分を許したり、認めたりすることにどこか抵抗してるんでしょう。だから、他人からの言葉が欲しいんでしょう。他人からの言葉は確かに助けになりますが、月をさす指、絵に描いた餅みたいですね。だからそれはそれに違いないのだから疑いなく感じて下さい、イヤ「疑い」を「感じて」下さいか。(^^)

235 :バラシ:2001/05/21(月) 10:48
皆さんいい休日みたいで、良かったですね。
未受講の私としては、用語的についていけなかった所もあり、うらやましかったです。

それはそうとして、院行きにも挑戦したいし、これを現実として経験したいけど、
それが目的じゃなく、心理研究を目的(プライマリー)としてやっていきますか、私としては。

236 :4:2001/05/21(月) 23:43
バラシさんへ
がんばってください(^^)

237 :4:2001/05/22(火) 19:01
最近少し時間があるせいか、ココを私の雑記帖にしているきらいがありますね(^^;)
反省しつつもまた書く。
雨の音・・・タイプを打つ指の感触・・・・・そして自分が打ち出す活字を眺め・・・心が少し仕事からはなれ、そして意識が内側に集まっていことに気づきながらこれを書いています。

ネットで会話する時相手が見えず、こちらで相手の感情、思いなどをイメージしていますよね。
イメージが湧かないと交流しにくいものです。とても役に立つ能力です。
そのイメージは過去の経験から作られています。自分が「創造してきた現実」を素に・・・・・。

そしてイメージが固定化すると相手がとてもよくわかるような気がしたりしませんか?
安心して会話ができるような気がしませんか?

でも、どうでしょう?イメージと違うような書き込みを相手がした時、どんな感じがするでしょう。

なんとなく「だまされた」とか「ゲ!そういう人だったの?」という気持になりますよね。
オフであった時「全然違う〜〜」と思うことは多々ありますよね。

それはどうしてでしょうか?それはイメージを固定させることで、自分が安心して会話ができるようにしきた為ではないでしょうか?
イメージはとても便利です。でも、確かなものではないようです。なぜなら、過去を土台としているからです。
すなわち相手に自己投影をしているだけだからです。
 自分の心の中に相手を観ているのです。
さて、でわどうしたら活字でのコミュニケーションをうまくできるのか?イメージを使わず?
たぶん、イメージ抜きにコミュニケーションすることはとても難しいでしょう。
私はイメージを「固定化」しなければよいのではないかと思います。
「あの人は苦手だ」そう思うのであれば、そう思う心の動きを眺め、感じる・・・・
「あの人はいい人だ」と思うなら、それも同じように・・・

そして「他者」という宇宙と自分を隔てているはずの時間も空間が、ネットを通してつながっている。その生の営み(現実)を感じながら会話すればよいのではないかと・・・・
ネット(バーチャルコミュニケーション)は自己投影そのものかもしれません。でもそれに気づいて会話する時、私たちは自分自身の心の動きを見つめている(対話している)のかもしれません。

238 :アマチュア・アバター:2001/05/22(火) 19:39
なるほど>>4さん。
すべては周りの人は自分の投影で、自分はそういうものとつきあっていると。
んーーーー。そうですね。そういう仕組みを確かに感じます。
でも、そうでもない何かを感じるのはなぜなんでしょうね。

239 :アマチュア・アバター:2001/05/22(火) 19:56
んーーーーっ。そうか、イメージを固定するから、か?

そして切り離しているからかなあ?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/22(火) 19:59
アバターとマーフィーと放送大学は出入り禁止!

241 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/22(火) 20:20
今日はぐっと砕けた感じがしますが、
みなさんお元気そうでなによりです。

なぜ他者を感じてしまうかという流れですか?今のところ。

私は、人間は寂しがりやだという心の癖があるように思うんですよ。
ここに登場のみなさんと同じように、私もc+fへ行って感じたんですが、静かな深層の意識っていうのかなあ、そういう部分がブリージングで浮き上がってきて、
そういう感情って、落ち着いてていいんだろうけど、寂しいんですよね。

いやこれも人それぞれかなあ?

242 :4:2001/05/23(水) 05:03
そういえば神戸さんはブリージング経験者でしたね。
>私もc+fへ行って感じたんですが、静かな深層の意識っていうのかなあ、そういう部分がブリージングで浮き上がってきて、
>そういう感情って、落ち着いてていいんだろうけど、寂しいんですよね。
わたしはc+fには行ったことがありませんが、高岡さんとマクリーン(だっけ?)さんと人を介して呑んだことが一度あります。
とても感じのいい人でした。
で、ブリージングって大雑把に言って呼吸法なんですよね?それは他者にしてもらうの?それともヨガのふいごの呼吸法のように自分で(指導者の下でやらないと危険だが)過呼吸にするのかな?
 寂しく感じるんですか・・・・

最近なんとなく落ち着いた状況なので、寂しい感じってなんとなくわかります。
あ、寂しいんだな、と自分で気づくわけです。
そういう寂しさが最近すきなんですよ。

昔なら寂しさで苦しんでいたと思う。むしろいまは「寂しい」より「懐かしい」という方が近いかも。
以前マジックマッシュルーム(MM)なんかに嵌っていたことがあるんだけど、アレもアッパーな気分でゲラゲラ笑うピークが過ぎるといい感じに落ち着いてくるんですよ。
それが好きだったわけですが、いまはMMなしでもいい感じに落ち着けます。
ココロの流れを見つめるだけです。
それでもムカッと来たり、イライラしたりもしますよ。聖人や覚者になったわけじゃないから(^^)
ただそれが余り後に引かなくなったようです。
今は寂しさと戯れています。でもそれが自分が変化していくことの恐れだということも感じています。以前の思考回路が寂しがっているようです。
そして以前の思考回路も納得してくれているので、懐かしくも思えるのかな?

と内側を書いていたら、シフトしてきた。
>すべては周りの人は自分の投影で、自分はそういうものとつきあっていると。
>んーーーー。そうですね。そういう仕組みを確かに感じます。
>でも、そうでもない何かを感じるのはなぜなんでしょうね。
それはやはり本当にネットの向こうに他者がいるからではないですか?
ネットでは相手が見えないから、相手に自己投影して対話をしてますが、現実として自分でない存在があるんですよ。
その他者が私のイメージと違う行動をした時、それに気づきます。
その時イメージに固執するとありのままの他者と向かい合うことができません。

相手の存在に気づき、いままでありのままの相手ではなくイメージを通してみていたとわかる。
そして今、イメージの固定から離れました。だからアマチュアアバターさんは「何か」を感じるんですよ。その「何か」がありのままの相手なんだと思います。

「その相手を理解できるできない」など超えて、存在するそのものを見ている。
「何か」を感じている時を振り返って、どうでしょ?その感触は?簡単でいいですから、聞かせて欲しいです(^^)

243 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/23(水) 08:54
>「ブリージング」=ヨガでいう「ふいご式」呼吸法ににてるかな?1時間以上やります。
深層の感情がわき上がってくるのかな、怒りだしたり、泣いたり、何かを思い出したり、気分悪くなったり、何ともなかったり、効果のほどは人それぞれでした。

>「昔なら寂しさで苦しんでいたと思う。むしろいまは「寂しい」より「懐かしい」という方が近いかも。
源に近くなるときってそんな感じですね。c+fへ行ったときは源もなにも知らないときでしたので、寂しさ、孤立感はバーストラウマかと思っていました。

>「以前・・・・」
それを鑑賞して、価値判断なくモノを見るって言うことが、私もよくわかりました。ブリージングの限界を超えました。
そして、アバターへ行ってからは鑑賞する必要をあまり感じなくなりました。

まだまだ書きたいけど、そろそろ仕事行って来ます。

244 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/23(水) 21:43
>>231KANEさん、京都です。

245 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/05/23(水) 21:44
それはそうそして、
4さんのやってるトラクタって?どんなヨガなのですか。

246 :4:2001/05/24(木) 02:49
トラタクですか?それはヨガの技法のひとつで、空手バカ一代で主人公マス大山がやっていたやつです。
ろうそくの炎とか、壁に貼った○を凝視するものです。応用はいろいろあると思いますが、基本的に知られているのがこれ。
特に流派とかは知りませんです。たぶんハタヨガの技法のひとつ。

247 :神戸さん@お疑問いっぱい。 :2001/05/25(金) 11:23
それをトラタクって言うんですか。

最近レスが少なくなりましたね。
私も常連として参加してて思ったのは、フォーカシング的にfiやCHPを工夫して
やっていくという話が出だしたあたりがピークだったかな、皆さんの関心が深かったのは。
私も4さんの方法に凄く妥当性を感じました。

感情を処理(受容)は、ずっと続けていますが、ムカつきやイライラはあるもののだんだん静かになって行きつつ日々を送っています。
でも、「こだわり」ってるモノがあって、ずっとこだわってて抵抗を続けていることもむなしいと思いながらも、悲しい性(さが)かな、捨てきれずにいることもありますね。

248 ::2001/05/25(金) 15:37
>神戸さんへ
ホントレスが減りましたね。誇大広告への批判がおさまれば、あとは興味がうせたんでしょうか?
結局のところ自分の内面や、アバターに関心があったわけでは何でもなく、成功哲学のような意味で興味があったり、反発してりしていただけだったのかもしれませんね。
それに対してアバターテクは期待に答えられるが、魔法ではないという当たり前の話。
これでは2ch的にはつまらないのかもね。
>「こだわり」ってるモノがあって、ずっとこだわってて抵抗を続けていることもむなしいと思いながらも、悲しい性(さが)かな、捨てきれずにいることもありますね

わたしもまだまだそういう「こだわり」はあります。すでに気づいているでしょうが、理解する能力が高いと思われたいという透明な信念に基づいた、知的好奇心は全くといっていいほど捨てられません。
「捨てようとしていない」ともいえそうです。
そういう捨てられない信念のせいで、人を不愉快にした時や自分が落ち込んだりした時は、被害者にすぐ謝る、または自己嫌悪が湧いたらだれかれ構わず5つぐらいの無償奉仕(仕事の手伝いとか、明るく声をかけるなど)しています。
害悪を自分で処理できないからといって人に垂れ流すのは、「ある種の環境破壊だな」と思うものですから。これは私の発案によるものではないですが(^^;)
偽善者っぽいですが、「常に心をゼロにしたい」という願望(プライマリー)が、わたしを支えてくれています。

249 :神戸さん@お疑問いっぱい。 :2001/05/26(土) 21:15
その「こだわって」いるというか、「捨て切れず」にいるというか、つまり執念みたいなモノは、私の場合、面子とか世間体というモノでしょう。
これは、4さんのような具体性があるモノじゃないので、本当に「透明な信念」です。

他人の視線で、自分を見てしまう。でもその他人の視線は、他人に投影した自分の目なんですね。だから「しつこい塊の除去」「攻撃・・・」など(3部の内容)にもありましたように、結局は自分のアイデンティティから生じている問題だと思います。

そうは思うものの、それでいて自分自身の見方(視線)も歴然としてあるので、複数の視線を意識して混乱した気持が生じちゃったりします、恥ずかしい話が、今日も。
その都度、源を意識するようにして、気持をリセットできるので、昔のようにずーーーっと引きずることもありませんので、それだけが救いです。
なんて書いてしまうと、現実や否定感情に折り合いつけて暮らしてるだけの情けない生き方みたいですね。
しかし、
成功なんて漠然として捉え所がなかったけど、今は何となく言葉で表現できそうですね。
成功を端的に言うと(アバター流に言うと)「探索」「探検」の生活になるんでしょうか。
マーフィー流に言うと「可能性の拡大」になるんでしょうか?
まっ、言葉で言い切っちゃうとどこか空々しくなりますね。
でも「源」から始まる生活というのは、自分の中がとても静かで、守るものが何も無いという気軽さでやっていけるので、何をやっても探検になるし、可能性も拡大しますね。
してまた、特に何もする必要も感じませんが。自由ってこういうことかなともおもえます。
だから、
今は、現世と源を行きつ戻りつって所ですか、私としては。
アバター30万も、元はとれたって感じもしますが。これは4さんの御指導もあっての話ですが。多謝多謝。
それで、
カウンセリングの方に興味も湧いてきましたところ、学校心理士の学会講演会が近くの大学でやってるのを耳にしたので早速出かけてみました。提案が6本くらいあったけど、ほとんど解らなかったのですが、一つだけ感情そのものを消す方法を提案される先生がいました。
内容を簡単に言うと、感情の種類を経絡と関係づけて考えていました。
否定感情の出所を、小腸系、三焦系、膀胱系等に分けていました。
そして、
否定感情が起こったとき、その経絡の気が滞って詰まっている現象がみられる。だからその経絡の壺を、刺激すると気の流れがスムーズになって、否定感情が消えたりする、というものでした。
更に驚いたことに、感情の出所を特定するのにOリングテストを利用してました。Oリングなんてオカルトの世界のものだと思っていたので感動でした。しかも、サイコ・メリディアン療法と言って、既にアメリカで創始さているものだそうで、2度びっくりでした。
トランス・バラシさんがこういう方面に興味が湧くのもうなずけますね。
ますます意識の世界の事ってこれからもドンドン明らかになっていくようです、そんな感じがしました。
それと、
産業カウンセリング協会の支部が、もっと近くの大学にあったので、またまたびっくりでした。こちらも訪ねて見るつもりです。

250 :北風小僧:2001/05/31(木) 02:59
私の場合*3年前に生きる事が嫌になって世の中全部が無駄に見えて、この先
どうしようもないと思えた時、アバターを見つけました。その前にも他のセミ
ナーとか受けて結局ものにできなかった経験があり、セミナーというものには
かなり抵抗があったし32万だし、もちろん悩みました。でも、1.2.3部あと
マスターコース4部で一応は完結。そのほか希望すれば他のコースもあると
しって、ダラダラやっていつ収得できるかわからないようなものとは違うと
思い一気に1.2.3部受けました。正直、1.2部は毎日つらかった。楽になったのは
3部後半。だって、自分の嫌な部分ばかり浮き出てくるんですもん。
最初から「さい疑心」「人間不信」の私ですもの、それがコースによってより一層
現れる。その時は、自分の問題なのにマスターのせいにしたりマスターに嫌われているとか、、
毎日もうヤダって思ってました。私の場合一気に3部までやったのがよかったように思います。
「32万もだしたから」あと「自分自身を変えたい」ということが強かったのでしょうね。
もちろんアバターになったからといって全部がうまくいくことはありませんでしたよ。
あいかわらず、人間関係やいろいろな事で悩むし、でもアバターを知る前よりは楽になりました。
アバターは技術です。道具です。私は集団が苦手なので、アバターになった後でも
あまり集まりにも顔をだしませんでした。マスターコースにも興味がなかったので
行きませんでした。でも結構アバターの技術は使っていましたね。今年に入って
急にマスターコースに行きたくなったので、マスターの方に相談したらいろいろ
教えてくれて、またそこで「不信感」やら「お金の問題」やらもろもろ出てきたのですが、
それこそ技術を使って処理に処理を重ねて、行ってきました。私の場合、マスターコース中も
普段の生活の中で押さえ込んできた問題が表面上に現れるようで、正直、すんごく楽しい!
ってものではありませんでした。充実はしてたけど。油よごれじゃないけど、問題を浮かせて
落とす、そういう場にしてました。だから、コース終了後はスッキリでしたよ。だって、自分でも
問題を解決するための努力はしたもの。自分の問題と直面するって怖いし、精神的にも
どうなるか不安、でも補佐してくれる人(マスター)がそばにいてくれると安心して
問題と向き合える。コースやマスターは私にとってそういうとこ(そういう人)みたいです。
マスター批判とかがあったみたいだけど、だって、みんな人間ですもの。
いくらマスターになってもねえ問題もあるだろうし、合う合わないもあるでしょ。
だから、コース受けている最中も違うと思ったらそこを指摘してもいいのに。
なぜか、何も言えないのよね〜〜〜。きっとそういう教育されてるからなのね。
私にとってアバターは知ってよかった道具(技術)です。が、すべての人がこの
道具(技術)を使えるとは思いません。例えば運転技術。私は今だにペーパーです。
すぐ、収得できる人、なかなか出来ない人、不向きな人もいるでしょう。
またアバターでいってることは、他のセミナーやいろんなとこで聞いたような
ことが多いので、、、 BからA地点へ行くための道が何本もあるって感じなのでは
ないでしょうか。だから、違うと思ったら他の方法を探せばいいし、マスターコース
に行きたくないなら行かなくてもいいし、、、何も特別なことではないと思うけど。
これらが現時点の私個人のアバターに関する感想、情報です。
ユガマズに伝わることを願います。

251 :北風小僧:2001/05/31(木) 03:49
つけたし、4さんや神戸さんのレスには、シリドルを感じました。
その後に、こんなレスで、みなさん長々と失礼しました。(^^;)

252 ::2001/05/31(木) 10:59
>>251
>つけたし、4さんや神戸さんのレスには、シリドルを感じました。
そう感じてもらえましたか。うれしいです。自分と相手に向けてシリドリしながら書いたんです、実は(^^;)
CHPはほとんど使わない。たいていはフィリッツで十分だ、と考えるのはそこです。
自分に気づいている。そして相手をそのままありのままに見つめる。これ以上に何を求めるのか?
「しつこい塊」とか、有効そうだけどあまり使う時がないです。
北風小僧さんの体験談は共感できることばかりでした(^^)

253 :考えすぎ。:2001/05/31(木) 11:40
>とりあえず文句言ってる人
直接言えば? そのマスターのいどころ、わかってんでしょ。
32万で満足してないなら、金返せって言えばいいじゃん。
合同コースはクオリティかなり上がってるし、
もとがとりたいなら、復習してくりゃいいじゃん。

マスター自体の数も、WebPageも、情報も、いろんなものが増えてきてる。
いろいろ自分で見てから判断するよろし。何が真実かなんて、その人次第だろ。
今ここでくすぶってたいのなら別だが、変わりたいならそれなりの行動をしないと意味ないぞ。
少しでも建設的な人生にしたいんなら、
アバターとか、アバターじゃないとか、そういうんじゃなくってさ、
もうちょっと常識的に考えて行動したら済む話でしょう。ガキかお前ら。
以上、親切なアドバイス。

ま、文句言いたいだけなら、いい毒吐き場所だよねえここって。…共感するッス(殴

254 :通りすがり(その1):2001/05/31(木) 17:16
bQ53「考えすぎ」へ。
てめえみたいな中途半端はマスターがいるから、アバターはインチキくさく
みえんだよっつ!! ドアホ!
てめえを嫌いな受講者をたくさん知ってるぞ、このやろ!
てめえこそ、単に反応した行為じゃねえか。お前こそ、アバターに満足して
ねーんだろ! だから、アバターの批判してるやつには反応するわけさ。
おまえの隠された秘密は、自分自身が「アバターコースに満足してない」
ってことだよ! 「アバターは効果がなかった。でもすばらしいコースとしたい。」
とムリヤリ自分自身を誤魔化してる、「自分はアバターコースで成功している
素晴らしい自分」と装っている偽善者だよっ!
自分自身のことがよく見えてないのに、人のこと、どうのこうの、言うな! アホ!
見渡せば、アバター内部にはてめえみたいな粗悪マスターはゴロゴロしてるわな。
アバターの宣伝マンこと、元歯科医のFちゃん、こいつは借金だらけで、アバター
営業に徹してるわな。(こいつの美化された体験談に、どれだけ多くの素人が
騙されて受講したことか・・)アバターコースをやってるマスターなんて、ほとんど、
営業マスターで、商売としてやってんだろうが。だから、商売の邪魔するやつ、
コースの悪口いうやつには、反応するんだよ。自分のメシのたねがなくなるから、
当然っていやあ、当然だけど。
アバターコースでマスターとしてスターエッジ社から、認められると、グリッド
に入って(上納金システム)、自分の教え子が、また、独立してマスターとなって、
そのマスターが受講者を集めて、マスターコースにいかせたら、いくらか親マスター
に金が入ってくるから、受講者の目をつぶそう、というような発言は許せないわけさ。
どうどうとマスターコースで、グリッド(上納金システム)の仕組みがあることを
教えられて、浅はかにも、お前みたいに、「マスターとなってデリバリしようかしらん」
と考える浅薄な思考の依存者が多いんだよ!
その浅はかな試みにも、やっと気づくときはくるわな。マルチまがいってのは、
無限連鎖だったらという話であって、日本人全員がマスターになれば成り立たない話だ
もんな。その企ては愚かにも挫折するわな。

255 :通りすがり(その2):2001/05/31(木) 17:17
「直接言えば? そのマスターのいどころ、わかってんでしょ。
32万で満足してないなら、金返せって言えばいいじゃん。
合同コースはクオリティかなり上がってるし、
もとがとりたいなら、復習してくりゃいいじゃん。」ってのは、お前のマスターとしての
立場の単なる一方的な価値判断だよ! ドアホ! マスターじゃなけりゃ、そんな反応しな
いだろーが! このハリー教に洗脳された中途半端マスター! マスターっていうのも、
おこがましい! お前なんか、厚顔無恥の偽善者、っていうラベルで十分だよっつ!
お前が本当にマスターかどうか怪しいぞ! こら! アバターコース第2部で「すべての
価値判断を手放す」練習したんじゃないんですかね? え? アサオカさん?
お前こそ、「アバターコースの悪口をいうやつ」に対する価値判断を消せよ! アバター
コースでお得意の「CHP処理」とやらで、てめえの「信念・印象」を消してみろよ!
お前みたいに、ウイザードコースを何回受講しようが、マスターコースを何回受講しようが、
まったく、そこらへんのアバター受講生や一般素人よりより、レベルが低いマスターなど、
ゴロゴロしてるよ。
それが、さも、私は、「マスターコース」を受講したから、マスターでござい、ウイザー
コース受講したから、「私はそこらへんのマスターじゃないだぞ」と威張ってるんだから、
ちゃんちゃら可笑しいよな!
ウイザードコースに何回出て、受講しようが、単にハリーの言うことをそのまま、受講生
に押し付けるのなら、宗教の信者とまったく変わり無いぞ!
皮肉っぽくアバター的に言えば、「お前は意図的に生きていない人」ということになるぞ。
このドアホ! てめえのほうが、知能の低いガキだよっつ!
お前みたいなマスタターから、アバターコースを受ける受講生のほうがかわいそうだよ!
まさに、不幸の再生産、信念体系の再生産だよっつ! このダーホ!
「アバター教材は人には見せないでね。非公開だから」
「非公開だから第2部以降の教材で使ってる言葉は使用しないでね」
「舞台裏で使う用語は受講者には使わないでね。これは、マスター達の特権よ」
ってのは、お前らの勝手な営業論理であって、アバターの世界で通用するだけの話だよ!
それさえも気づかず、単にスターエッジ社やハリーの言ってることをそのまま鵜呑みにして、
それを受講生に押し付けるなら、まさに宗教の信者と変わり無いぞ! こら!
自分では決定できない、依存者だぞ!
要するに、お前みたいなやつを、社会一般的には「洗脳された人たち」といっているわけだ。
そもそも、契約というなら、アバターコース受講時にそのことをしっかり説明せんかい!
「非公開である」「アバター教材の内容(2部以降)を受講者に見せてはいけない」というの
はスターエッジ社の勝手な理論であって、受講生は関係ない。なぜ、受講時にその「非公開で
あること」をもっと十分に受講者に説明して、受講者の同意、許可を得ないのか?
説明も不十分なまま、受講者が受講すると決めたら、もう、アバターのルールの配下、傘下
に自動的に入ることになってしまうのはまったくもって理不尽だし、
そこらへんが、アバターコースとやらの正体だよ。営業のため、営利のため、に採用してる
単なる「制限信念」じゃんか。
それをまともに信じて、鵜呑みにしているお前の行動行為、お前自身がなした発言自体が
厚顔無恥ものだよ。失笑だよ。ちゃんちゃら可笑しいよ! 笑っちゃうぞ! わはははは!
てめえが、そんなにカッコいいこといいたいんなら、
アバター教から脱退して、発言しろよ! アホ!
「合同コースはクオリティかなり上がってるし、 ・・」という部分が、すでに、じゃ、
以前は、アバターコースは品質が悪かった、と自分自身で認めてるようなものだぞ! こら!
自己欺まんもはなはだしい! てめいみたいに、自分で自分が何の制限信念に縛られてるか
わかってなくて、他人に投射するところみるとヘドがでんだよっつ!

256 :通りすがり(その3):2001/05/31(木) 17:18
「昼寝するマスター」がいたり、いいかげんなマスターがいることは事実じゃんか!
そのへんをどう、ハリー教に洗脳された教徒(お前のことだ)としては、申し開きするのか、
聞いてみたいものだな。ええ、おい。
お前ら、マスターは、「コースを受けたけど効果がなかった」とか、「マスターがうまく
教えてくれなかった」という受講生に対して、まともに取り合わず、
「再受講してみたら」、とか、てめえがいうように「そんなの高いとその時に言えよ」、とか
「なんで、その場で指摘しないのか」でちゃんちゃん。論点をはぐらかせてばかり。
まったく、逃げだな、まともに受講者の意見・感情を取り合わないで、受講者に責任を押し付
けるしか能がないじゃんか。詭弁もはなはだしい。まやかし、ウソ、いつわり、
卑怯な丸め込め、子どもだましじゃないか。JAROに言いつけるぞ! お前ら、へなちょこ
マスターや、アバターコース、スターエッジ社は!
さも、それらしい、「自己責任だ」とか「自分で決めて自分で創造するのだ」と、まったく、
そこらへんの、精神世界やニューエイジで言われているような理論を持ち出して、
「受講生に責任がある」とするなら、お前の知能指数を疑うぞ! コラ!
そのくせ、自分では、「ああ、やっぱり、自己決定よね。私はアバターコースを受けて
良かった」と内心、おもってんだろーが! このドアホ! そんなの単なる「制限信念」だよ!
バカ! ちゃんちゃらおかしいぞ! わーーーーはっつははははは。
はっきり言うと、お前が創造してるぞ! しつこいアイデンテテイの片割れを装って発言する
のはいいかげんにしろ!

「アバターとか、アバターじゃないとか、そういうんじゃなくってさ、
もうちょっと常識的に考えて行動したら済む話でしょう。ガキかお前ら。」とは、
まともなマスターの発言とは思えないが、ま、洗脳されたアバター教徒の発言と
考えりゃ、納得できる。よくよくここでも、論点をそらして、
注意を他に向けてるとこなんざ、まさにアンタはえらい! アバターの教義、営業テクニック
では満点を差し上げましょう。
てめえの発言自体が常識的じゃないんいだよ! このバカ!
アバターをこれから受講しようかしまいか真剣に悩んでる人たちへの真摯な回答になってない
ぞ! このドアホが! お前のいう、その「常識的」な行動とやらを定義してみろよ!
あいまいなラベルで逃げるなよ!
お前ら、営業マスターは、自分の価値感、を転写してるだけじゃないか。そこらへんの、
宗教や危ない自己開発セミナーとあまり変わらないじゃないか。羊頭狗肉の多いHP、
デタラメなコース運営、昼寝するマスター、まさに誇大広告のオンパレード!
そのくせ、自分たちの利益に固執するのは長けていて、コース教材にあちこちに、
「タダほど、高いものはないのです」とか「スピチュアルな教義は、レベルの低い弟子
によって、台無しにされる」とか、洗脳の教義がちりばめられていて、それをまともに、
取り込んでるだけだよ。お前らは。ハリーはうまいね、営業戦略が。
お前みたいに知らず知らず、ハリーの教義(こんなの単なる制限信念)やスターエッジ社の
営業論理を信じ込んでいるやつが、そんな無神経な発言するんだよ!
それをそのまま、その論理が正しいとして発言するのなら、宗教の強制転写とまったく、
変わり無いぞ! お前らは、考える「思考力」がないのか?
ま、第2部で、さも、「思考」は悪いことだ、「ただ、感じるのです」と洗脳されるから、お前
みたいに、「思考は悪いことだ」と早合点して鵜呑みにしてしまうバカなマスターは
多いのだけどよ。・・・はは、笑止千万とはこのことだ。
それに、スターエッジ社は、アバターコースの悪口をいったやつや、自分の権利を犯すよう
なやつは、裁判を実際、起しているのだろうが。
矛盾してるね。ハリーは。表向きには「ECPの実現」とカッコいいこと言ってるのに、
ウラでは、裁判起して「罪と罰」の創造をしてるじゃんか。ええ、こら。
その点、お前はどう説明つけんだよっつ! 結局は、アバターコースも単なる商売じゃんか、
はっきり言って、32万は高いよ。高いか、高くないか、を決めるのは消費者だ。
お前が決めることじゃない。ましてや、アバター教にかぶれたマスターや、ハリーや、
スターエッジ社が決めることじゃない。
そして、お前は単にスターエッジ社やハリーの言うことを鵜呑みしてる視野狭窄に陥った
どうしようもないやからだよ。カワイソーだね。はは。御大事に。
以上、親切なアドバイス。

257 :通りすがり(その43):2001/05/31(木) 17:30
お前ら、営業マスターは、自分の価値感、を転写してるだけじゃないか。そこらへんの、
宗教や危ない自己開発セミナーとあまり変わらないじゃないか。羊頭狗肉の多いHP、
デタラメなコース運営、昼寝するマスター、まさに誇大広告のオンパレード!
そのくせ、自分たちの利益に固執するのは長けていて、コース教材にあちこちに、
「タダほど、高いものはないのです」とか「スピチュアルな教義は、レベルの低い弟子
によって、台無しにされる」とか、洗脳の教義がちりばめられていて、それをまともに、
取り込んでるだけだよ。お前らは。ハリーはうまいね、営業戦略が。
お前みたいに知らず知らず、ハリーの教義(こんなの単なる制限信念)やスターエッジ社の
営業論理を信じ込んでいるやつが、そんな無神経な発言するんだよ!
それをそのまま、その論理が正しいとして発言するのなら、宗教の強制転写とまったく、
変わり無いぞ! お前らは、考える「思考力」がないのか?
ま、第2部で、さも、「思考」は悪いことだ、「ただ、感じるのです」と洗脳されるから、お前
みたいに、「思考は悪いことだ」と早合点して鵜呑みにしてしまうバカなマスターは
多いのだけどよ。・・・はは、笑止千万とはこのことだ。
それに、スターエッジ社は、アバターコースの悪口をいったやつや、自分の権利を犯すよう
なやつは、裁判を実際、起しているのだろうが。
矛盾してるね。ハリーは。表向きには「ECPの実現」とカッコいいこと言ってるのに、
ウラでは、裁判起して「罪と罰」の創造をしてるじゃんか。ええ、こら。
その点、お前はどう説明つけんだよっつ! 結局は、アバターコースも単なる商売じゃんか、
はっきり言って、32万は高いよ。高いか、高くないか、を決めるのは消費者だ。
お前が決めることじゃない。ましてや、アバター教にかぶれたマスターや、ハリーや、
スターエッジ社が決めることじゃない。
そして、お前は単にスターエッジ社やハリーの言うことを鵜呑みしてる視野狭窄に陥った
どうしようもないやからだよ。カワイソーだね。はは。御大事に。
以上、親切なアドバイス。

258 :アウトサイド・アバター:2001/05/31(木) 18:45
う〜ん、通りすがりさんのカキコ見て、考え込んでしまいました。
現在、アバター第二部受講中なんですが(途中で苦しんでます)、
こういうのは、いちばんこたえますね。
でも、確かに通りすがりさんがおっしゃられている通り、スターズ・エッジ社
の訴訟好きは、サイエントロジーを彷彿とさせるものがあるし、そろそろ
足を洗う時期なのかなぁ。

259 :アウトサイド・アバター:2001/05/31(木) 19:15
追伸:
通りすがりさんが書かれていたマスターの「上納金システム」
について、もし、このスレ見てるマスターの方がいたら、
「正直に」説明してもらいたいです。
実際のところ、どうなっているんでしょう?

260 :一応マスター:2001/05/31(木) 19:55
アバターは単なるトラウマ克服であって思った通りの現実が造れるなんて
誇大広告です。
でもトラウマ克服ならヒプノで充分です。
安いし時間もかからない。

261 :アバター被害者:2001/05/31(木) 20:07
通りすがりさんの投稿を読んでスッーとしました。
ありがとう。

262 ::2001/05/31(木) 20:50
 ウン、面白い議論。アウトサイドアバターさんにはすでに3部までお金を払っているのなら続けた方がいいかもね。3部まで行くと返金受けられないデメリットはありますが・・・
これは私の視点でしかありませんが、わたしは3部のCHPは「結果として」不要と思いますが、プロセスとしては必要と思いました。
そしてテクはならっても、組織としてのアバターとは距離をおきことを勧めます。

サイド受講する必要が出来たらwebで受講スケジュールを探せばいいだけ。
アバター村の住人ははっきり言って自立できていない人が多すぎですので。
だからアバターを語るならここみたいなオープンなところで語ってきた。批判も自分の見落とした視点の提示になるはずだから。その点アバター卒業生のMLとかは決り文句のオンパレードでウザ過ぎ。
でも、けんかすることはないよ(爆)

263 :アウトサイド・アバター:2001/05/31(木) 22:11
一応マスターさん、4さん、ありがとうございました。

“アバターでも”一応トラウマ克服には有効ということなんですかね。
結果がでないので(特にアトーンメント)苦しんではいるのですが・・・。
TFTなんかに浮気しようかとも考えていますが、やはり人によっては、
向き不向きがあるのかも知れません。

組織としてのアバターとは距離を置く、というのは便利な視点ですね。
テクノロジーそれ自体と組織のあり方は別ものですからね。なんとなく
すっきりしました。

ありがとうございました。

264 :アバター被害者:2001/05/31(木) 23:01
トラウマの克服ならTFTの方がズーーーーーーーーーーーーーーーっと有効ですよ。
おまけに自分でできるし。
大体アバターになっても現実を創造する事は無理。
私だったら32万円返してもらってずらかります。

265 :アウトサイド・アバター:2001/05/31(木) 23:42

>アバター被害者さん

そうなんですか。ありがとうございます。TFTは試しに今度受けてみます。
ただTFTが、3in1から枝分かれして出来た療法だ、というのがちょっと
引っかかる点ではあるんですけどね。というのも、以前3in1のセッション
受けたとき、何これ?って感じだったんで・・・。

アバターに関しては、とりあえず第二部終了してから返金して貰うかどうか
考えることにします。利用できるだけ利用してやる、という言い方はごく一部
の真面目なマスターの人たちには申し訳ないですが。

それにしても、笑われてしまうかも知れませんが、BBSっていうのは、
本当に便利ですねえ。私はまだインターネット始めて日が浅い超超・初心者
なんですが、見ず知らずの皆さんから即行でいろいろと情報を提供して頂いて
なんというか単純に感動してます。ありがとうございました。

266 :Nanashi:2001/05/31(木) 23:43
人の好みに文句つけるわけでないけど、騙されているといえよう。

どこかで読んだが、ある催眠術師がいうには催眠療法は総計で10万ならまとも
で30万なら悪徳だそうだ。その人は数万円程度で、年収は千万を超えていると
言う話だった。心理については金額に直すのが難しいことは事実だが、
それでもものには相場というのがある。宗教だって年間数万程度が相場で
なにもないのに年間何十万何百万とっていえば怪しい教えといえる。

でもこんなこというと支持者、批判者のどちらの側からも非難されそう。
匿名でしかいえません。(わら

痘痕ーのことはしらんが、思いっきりあやしいね。

267 :北風小僧:2001/06/01(金) 01:40
当たり前ですが、いろいろなマスターがいるんですね。
「私はラッキーだったんだなー」と思いました。
そうそう、あやしいといえば私は7年前、2年間で75万の英会話を習いました。
ものにはなりませんでした。200回のところ150回も行かないうちに
タイムリミットであとは流れました。先生はニュージーランドと
オーストラリア出身者でした。名前はアメリカンなんとかだったのに、、;
結構へんなとこでドバっとお金を使っておきながら、スーパーで10円安い、
高いにこだわる私。 お金の価値って不思議だと思いました。

268 :268:2001/06/01(金) 04:46
今何時って四時
以下なんつーか余事
なんちって

>通りすがりさんの

言葉は乱暴かもしれませんが
その通りだと思う所多いです。

受講する前に仕組みの説明が無いのは
それこそ意図的でしょう。
システムを知っていたら、わざわざアメリカくんだりまで行く人は減るかもしれません、
営業マスターでお金儲け第一的な色彩の強い人は逆に無理しても行くかもしれませんが。
商売でマスターするのは本人の自由で別に勝手だけど
受講生の自由を奪うような可能性があることを前もって説明しないのは
ハッキリ言ってやり方が汚いかなーと思う。
アバターの中身で言葉や解釈のアレンジで旧知の事柄が多いと思った受講生は少なからず
いらっしゃったでしょう。実際多いです。
みなさんが有り難がっているCHPも門外漢の私でも
知っている心理学関係の技法にそっくりです。それはアバターより遙か以前から存在し知られています。
古今東西の広範囲の様々な情報や知恵・伝統・文化の恩恵を享受しながら
自分勝手に囲い込みをしてネットワークビジネスにしてしまうのはアメリカ的発想の
悪いところです。アメリカから入ってくるのは、この手の、自分はよそ様から無償で頂いたのに、人には何かと自分勝手な理由で拘束しいるものが多いです。
話はちょっとそれますが、京都で何百年も前から伝統的技術を生業にしてきた人がアメリカ人から特許違反でお金をふんだくられたケースがあります。
スターズエッジ社の訴訟の内容は知りませんが、当事者はお互いにどんな言い分かきいてみたいものです。
それから、トラウマが強烈な人はそれにあわせて工夫をしてあげれる力量がマスターになければ、その他の様々な事も旨く通過させる手伝いはできないでしょう。もしそれが出来ないようなら、そのマスターはそばにいないほうがいいくらいだと云ったら言い過ぎでしょうか。受講生をコンランさせて気がつかないマスターがいるのは残念なことです。ちなみに、アバターしか知らないでマスターをやっている人は型にはまったアバター的な視点で人を観てしまいがちなので気を付けてもらいたい。
それと、トラウマ処理にTFTは使えるけど、アバターコース中は御法度なので
E・・・を応用するといいでしょう。これならアバター中でも受講生に使えるし、受講生はそれとは知らずに処理し終わって先に進めます。
また直ぐにアトーンメントが上手く出来なくても気にしないこと、
しょっている物が皆違います。臨機応変に。
最後に懐疑的な思いが・・・。
効果(何の?)が感じられない人がなんで最終的にコースを終了したとされるのか?
マスターとしてサポートした人は何故それをよしとするのか?
効果がないなら次はマスターコースへ行ったらいいと何故に勧められるのか?
もしこのような粗製濫造が多くなっているのなら
総合的にスターズエッジの姿勢も疑問視されてくるのではないでしょうか。
何故?何故?・・・なんて書くと「体験することに抵抗している」なんて
思ってしまう・・・そこの君。
ちみはおそらくアバター教に汚染されてるぞよ。まぁいっか。
現実的には受講しようと思っている人は自分の眼で自分の受けようとしているマスターといわれる人をよくチェックすることです。過度な宣伝広告に過度に期待しないように、
広告内容とアバター及びそのマスターがどれだけ一致してるでしょうか。
なかにはそのマスターと全然関係ない、よそで受けた人の体験談の中から良さそうなのを本人に無断で掲載して人集めをしているマスターもいると以前訊いたことがあります。
そういうマスターに限って受けた受講生の評判が悪いそうです。さもありなん。
用心!用心!空き巣に御用心!

喫茶店のマスターは出来ない水だしコーヒやエスプレッソはメニューに書かないよ。
アバターのマスターも自分の力を鑑みて出来ない指導は人の受け売りはしない
潔さが必要でしょうね。折角のアバターマスターなんだから<う〜嫌みな表現
結果は受講生次第は指導出来ない人の逃げ口上。結果はマスター次第が妥当でしょう。

あばたもえくぼなんちって!
笑って胡麻化されないように。
どちら様ももう一度こころしておきましょう
用心!用心!空き巣に御用心!

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 08:15
聞いていいですか?>>268
「トラウマ処理にTFT」とか3in1とか、そういう療法って?

270 ::2001/06/01(金) 09:29
簡単にいえば鍼療法の応用です>TFT
これはEMRI同様に身体にアプローチするセラピーです。
感情と経絡、筋肉の結びつきに注目したものです。
EMRIは眼球運動に力点おいています。

271 :269:2001/06/01(金) 11:36
ありがとう>>4さん
私も3部修了者なんですが、まずまず自己のマイナス感情を緩和することには慣れてきてます。
今は、こ今は、心の根底に凄いトラウマがあるのが何となく感じ取れます。
アバターテクニックでも精通すれば、やっていけると思うのですが、いろんな技法と併用して、工夫もしてみたいなと思ってます。
TFTとかその他の技法とか、お勧めのありましたら紹介お願いします。>>ALL

272 ::2001/06/01(金) 15:12
>>27
どういたしまして。でも少しだけわたしの視点を言わせて貰ってよいですか?少しあなたの視点を否定することにもなりかねないので、もしお嫌でしたら、さきは読まないで下さい。

前置きはこのままにして、本題

まず、心の取り扱いとは実に簡単なものなのです。自分がデチあげた信念(考え)に自分で縛られていることを忘れている。だからそれを素直に認め、取り外す。「そうあるはずがない。だって、この○(年齢)年間そうできなかったんだから」という抵抗が自分を複雑に引き裂き、アバターでいうところの「源」に到れないのです。
これはたぶんアバターのコースでも似た事を言っています。
それゆえ、様々なセミナーやテクをならってみたくなります。どれもそれなりに「効果」的です。
しかし、心理技法の欠点を言えば、その技法の背景にある観念(信念)です。
つまりは「何か問題を覆い隠す、またはそれのみを消す」です。
アバターテクもそういう視点であれば、単に心理技法でしかありません。私はアバターを心理技法の寄せ集めだとこれまで書いてきました。それは事実です。
しかし、それをあるコンセプトで取り集め、そして使って向かう方向性に「ホーリスティック(全体論的)」なものを感じます。
つまりは「あるがままの自分と向き合う」このコンセプトです。簡単に言えば、自分の信念やイメージというフィルターを取り除き、世界(現実)と向かい合う(一つになる)ということです。
そのためにはアバターの信念さえも越えてゆかねばなりません。そういうかなり根源的(ラディカル)なものです。
しかし、スターズエッジ社はもうそういうものではないようです。踏み台として以上の期待や信頼は置くべきではないでしょう。

もし、あなたがトラウマがあると信じる時、あなたはトラウマがとても大きなもので、取り除くことが難しいものと考えるでしょう。
しかし、トラウマとは他の記憶同様に「自己の解釈付の記憶」でしかないのです。
ならば、その記憶の解釈を変えればよいというのが、NLPなどの考えです。
しかし、アバターはその解釈(ラベル)を剥がそうというのです。効率的には両方とも大差はないです。
違うのは「単なる記憶を自己解釈付のままにしている」のがヒプノやNLPなどで、「単なる記憶を単なる記憶にする」のがアバターです。
アバターではその記憶から影響されることはなくなります。不要なものは自然と忘れ、必要なものは単に道具です。

なぜ多くの人が次々様々なセミナーに行くのでしょうか?それは部分にだけアプローチするセミナー受けてきているからです。
そして当然部分の改善が全体のバランスを崩したりして、また別なもので他の部分を改善しに行くのです。
これでは、自分自身は「完全」「生の全体性」ではないという信念を強化しているようなものです。

もしあなたが他の技法を学ぼうとする時、単にあるトラウマだけが解消されればよいと考えるのではない時、あなたの「生」そのものを見つけようとしてください。
自分で自分を縛っている(制限)その信念と思考なしに向き合えるように。
たぶん、アバター以外のセラピーや技法でもそういうコンセプトで行えば、アバターがいうような効果があるかもしれませんよ。

まず自分を見つめる前に他者や身の回りの環境を見るめてみることも勝手ながらお勧めします。
もう少し具体的に言うのであれば、
>今は、こ今は、心の根底に凄いトラウマがあるのが何となく感じ取れます。
トラウマの方が自分より大きいと思っていませんか?でも、作り出したのはあなたです(詳細は上記)。そうであるならば、簡単です。
まず、そのトラウマを感じてみてください。
そしてそのトラウマの大きさなどに気づいてください。
そしてそれをドンドン小さくしてみてください(イメージでよいので)。
そしてCHP(の手順の最後の2つ)!または価値判断なしに見つめる。

どうでしょうか?もしこの手順の途中で「そんなことできない」などのセカンダリーが出てきたらそれをCHPしてくださいね。
感想など聞けたら幸いです(^^)

273 :269:2001/06/01(金) 17:20
再びありがとう>>4さん
確かに、心当たりはありますね。
自分で障害を心の中に創っているという。

早速、自分の中で悲鳴を上げている根元にfiしてみました。
そう言われて、やってみるとじんわりと向かい合えますね。
今までは、とても手に負えないと思って(思いこんでいた)のでしょう。
バカみたいなことですが、他人の視点の方が、自分がこうありたいという見地より強いんですね。
何故かそうなんです。

そういう信念もfiやCHPで消していくんですね。こういう孤独な作業は、寂しがり屋には耐えられなくなる時がくるのでしょう。(これも思いこみの信念か)
4さんや神戸さんのやりとり見ながら、fiやCHPの有効性を確信しながらやっていた時期は、それなりに良かったんですが、ここんとこしばらくこういう話題から離れていたので、私の中に孤独とか、???が湧いてきたのでしょう。
やっぱり同じようなところでがんばっている人を身近に感じてないと、自分のやってることに疑問が湧いたりしてきたのだと思います。
いい年こいて情けない話を申し上げてしまいましたが、あれこれ手を広げず、自信を持って再びfiやCHPに戻ります。

274 :中立者(その1):2001/06/01(金) 20:12
 はじめまして。
 この掲示板、5月初旬からROMしてました。
 2ch=いいかげんなことを言いまくる無法地帯、というイメージでしたので、発言することなく野次馬的に見てました。
 ところが、アバター事情をよく知ってると見受けられる投稿も結構あり、まともな意見交換ができそうな気がしてきましたので、私も投稿しようかと思っていた矢先、昨日、No.254−256の「通りすがり」さんの投稿を拝見しまして…

 私自身、アバターを「インチキだ!」の一言で、バッサリ切り捨てるつもりはありませんが、疑問に感じていた点は多々ありました。この通りすがりさんの投稿は、その疑問点をほぼ網羅しているので、まずは、この通りすがりさんの投稿に対してコメントさせてもらいます。
 アバター受講を考えてる人にとって、営業マスターからの情報は、あちこちで目にするでしょうけど、利害関係のない受講生からの情報というのは、ほとんどないでしょうから…。
 まぁ、参考にして下さい。

>見渡せば、アバター内部にはてめえみたいな粗悪マスターはゴロゴロしてるわな。

 全くその通り(苦笑)
 ちょっと信じられないような人が少なからずいます。
 仮に受講しようとするなら、充分な情報収集が必要です。
 マスターの質は、ほんと〜〜に、ピンきりです。
 何故、粗悪マスターがいっぱいいるのでしょう?

>アバターの宣伝マンこと、元歯科医のFちゃん、こいつは借金だらけで、アバター
>営業に徹してるわな。(こいつの美化された体験談に、どれだけ多くの素人が
>騙されて受講したことか・・)

 Fちゃんが借金だらけかどうか知りませんが…
 私もこの宣伝マンの体験談にのせられた内の1人です。
 あの体験談は、明かに宣伝用ですね(苦笑)。
 だって、まともなマスターならば、純粋な体験をさせるために、受講前にあんなバリバリの先入観を抱かせるような体験談なんか見せないでしょう(苦笑)。
 まぁ、あの人の言うことは話半分に聞くのがよいかと…。
 ML等でアバター宣伝をしまくってるそうですが(苦笑)。
 コースの体験談というのは、十人十色、色々でしょうが、皆があのような体験をする訳ではありません。少なくとも私の場合は、もっともっと地味〜〜〜なものでしたよ(笑)

>アバターコースをやってるマスターなんて、ほとんど、
>営業マスターで、商売としてやってんだろうが。だから、商売の邪魔するやつ、
>コースの悪口いうやつには、反応するんだよ。自分のメシのたねがなくなるから、
>当然っていやあ、当然だけど。

 金をとって教えているので、そういった側面はあるでしょうね。
 この点は、アバターだけの話じゃないですね。
 本当、当然って言えば当然です。
 なので、これからアバターの受講を考えてる人は、利害関係のない、中立の立場のマスター(アバターコースを教えてないマスターということです)なりアバターなりから話を聞くのがベストです。その意味じゃ、私の話も「一意見」として参考になるでしょう。

>アバターコースでマスターとしてスターエッジ社から、認められると、グリッド
>に入って(上納金システム)、自分の教え子が、また、独立してマスターとなって、
>そのマスターが受講者を集めて、マスターコースにいかせたら、いくらか親マスター
>に金が入ってくるから、受講者の目をつぶそう、というような発言は許せないわけさ。

 この上納金システムの存在は、アバターコースでは知らされません。
 裏では、こんな「からくり」が存在してるんですよ。
 この「からくり」の存在が、粗悪なマスターが乱造されてる一因となってると思ってます。

275 :中立者(その2):2001/06/01(金) 20:14
>255 名前:通りすがり(その2) 投稿日:2001/05/31(木) 17:17
>「直接言えば? そのマスターのいどころ、わかってんでしょ。
>32万で満足してないなら、金返せって言えばいいじゃん。
>合同コースはクオリティかなり上がってるし、
>もとがとりたいなら、復習してくりゃいいじゃん。」ってのは、
>お前のマスターとしての立場の単なる一方的な価値判断だよ!

 「テキストに2部で満足しなかった人は、3部に進まない方がよい」旨の記載があります。
 裏を返せば、3部を受講した→少なくとも2部までは満足した となりますから…
 3部まで受講しておいて、全額返金しろ!と要求するのは無理でしょう。(返金要請を拒むための予防線が張られている訳です)
 だから、マスター達は、何としても受講生を3部まで行かせたい!と思うのでは?
 一括申し込みを割り引きしてるのは、その為の手段でしょう(苦笑)
 あと、アバター信者を呼び寄せ、「3部って凄いよ!」なんてことを2部受講生に吹き込むのも「手」でしょう。
 だから、アウトサイドアバターさん、仮に3部へ進もう思っていても、2部で一端やめ、効果をじっくりと吟味してからでも遅くありません!!!
 この点は、強くご忠告しておきます。


>ウイザードコースを何回受講しようが、マスターコースを何回受講しようが、
>まったく、そこらへんのアバター受講生や一般素人よりより、
>レベルが低いマスターなど、ゴロゴロしてるよ。

 最初にも申しましたが、全くその通りです(笑)
 この状況を見る限りでは、「ウィザードコース」の効果に疑問を持ってしまいます。
(全てのマスターが、「レベルが低い」とは言えないでしょうけど、「レベルが低い」マスターは、ゴロゴロしていることは事実です(苦笑))


>皮肉っぽくアバター的に言えば、
>「お前は意図的に生きていない人」ということになるぞ。

 そうそう、全くの皮肉ですが、意図的に生きるように指導してるはずのアバターコース(マスタコース…)を受講して、却って意図的に生きていけなくなってるなんていうのを目にします。
(アバターを絶対視するあまり、アバターを宗教のように祭り上げて、真っ当な思考ができなくなってる人は結構いると思われます。アバターは、単なるテクニックに過ぎないと思いますが。)

>「合同コースはクオリティかなり上がってるし、 ・・」という部分が、
>すでに、じゃ、 以前は、アバターコースは品質が悪かった、
>と自分自身で認めてるようなものだぞ! こら!

 いや〜、正にその通りです。(何度も繰り返しますが)
 レベルの低いマスタ−が如何にいることか。
 スターズエッジは、需要と供給のバランスを考えずに、マスターを量産しすぎです。
 量産するのはいいけど、マスターの質をもっと考えて欲しい。
 現状を見れば,上位コースは、「マスターの免許」を餌にした集金システムと言われてもしょうがない(苦笑)。

276 :中立者(その3):2001/06/01(金) 20:16
>256 名前:通りすがり(その3) 投稿日:2001/05/31(木) 17:18
>「昼寝するマスター」がいたり、
>いいかげんなマスターがいることは事実じゃんか!

 この昼寝マスターの1人が、日本のアバターのトップなんですから(苦笑)
 こんな人が新たなマスターを認可してるんですよ???
 いいかげんなマスターが増えるのも、無理もない??

>お前ら、マスターは、「コースを受けたけど効果がなかった」とか、
>「マスターがうまく 教えてくれなかった」という受講生に対して、
>まともに取り合わず、 「再受講してみたら」、とか、
>てめえがいうように「そんなの高いとその時に言えよ」、とか
>「なんで、その場で指摘しないのか」でちゃんちゃん。論点をはぐらかせてばかり。

 全くです。
 へなちょこマスターに教えられて「効果がない!」と言ってる受講生は結構います。
 簡単に「再受講したら?」と言われても、時間をとれない人も大勢いるでしょう。

>まったく、逃げだな、まともに受講者の意見・感情を取り合わないで、
>受講者に責任を押し付けるしか能がないじゃんか。詭弁もはなはだしい。

 何かあってクレームしても、最後にはお得意の決り文句
「その現実(不平・不満etc)は、あなたが創ったものなのですよ」
 開いた口が塞がらなくなります(苦笑)


>そのくせ、自分たちの利益に固執するのは長けていて、コース教材にあちこちに、
>「タダほど、高いものはないのです」とか「スピチュアルな教義は、
>レベルの低い弟子 によって、台無しにされる」とか、
>洗脳の教義がちりばめられていて、それをまともに、
>取り込んでるだけだよ。お前らは。ハリーはうまいね、営業戦略が。
>お前みたいに知らず知らず、ハリーの教義(こんなの単なる制限信念)
>やスターエッジ社の 営業論理を信じ込んでいるやつが、
>そんな無神経な発言するんだよ!
>それをそのまま、その論理が正しいとして発言するのなら、
>宗教の強制転写とまったく、 変わり無いぞ! お前らは、
>考える「思考力」がないのか?

 前述した「アバターを宗教のように祭り上げて、真っ当な思考ができなくなってる人」っていうのは、アバターを絶対視するあまり、思考が停止し、アバターの営業論理とアバター理論そのものの区別がつかなくなってるとしか思えません。
 どう考えても矛盾する点があるのに、この矛盾に気付いていない。
 それも↓の理由からでしょうか??

>ま、第2部で、さも、「思考」は悪いことだ、
>「ただ、感じるのです」と洗脳されるから、お前
>みたいに、「思考は悪いことだ」と早合点して鵜呑みにしてしまうバカなマスターは
>多いのだけどよ。・・・はは、笑止千万とはこのことだ。

277 :中立者(その4):2001/06/01(金) 20:17
>それに、スターエッジ社は、アバターコースの悪口をいったやつや、
>自分の権利を犯すよう なやつは、裁判を実際、起しているのだろうが。
>矛盾してるね。ハリーは。表向きには「ECPの実現」
>とカッコいいこと言ってるのに、
>ウラでは、裁判起して「罪と罰」の創造をしてるじゃんか。ええ、こら。

 そうそう、この点。これは大いなる矛盾です。
 アバター理論によると(広告でも謳ってますが)、アバターテクニックを用いることで、意図する現実を自在に創造できるのでは??
 スターズエッジが数々の訴訟を起こしている状況をどのように説明するのでしょう? 営業マスター達の意見を聞いてみたいものです。

・仮に、アバターテクニックで現実を創造することができるのなら、スターズエッジ自らが、その現実創造能力を用いて、訴訟を起こさなければならない現実を創造していることになるけど(笑)
 ならば、被告が、お得意の決り文句「その現実は、あなたが創ったものなのですよ」と言ったのならどう言い訳するのでしょう???

・一方、アバターテクニックを用いても、意図した現実を創造することができない、のなら、スターズエッジの訴訟好きは、説明がつきます。それに、端から見て、どう考えても「意図した現実」を創り出せていないヘナチョコマスターたちの状況も説明がついてしまう(笑)
 しかし、そうすると、アバターの広告は、うそっぱちになってしまう。

278 :アウトサイド・アバター:2001/06/01(金) 22:32

>だから、アウトサイドアバターさん、仮に3部へ進もう思っていても、
>2部で一端やめ、効果をじっくりと吟味してからでも遅くありません!!!
>この点は、強くご忠告しておきます。

中立者さん、ご忠告感謝致します。私も一時期、『アバター教』 の信者に
成りかかっていました。しかも、まだコースを受講する前、「意図的に生きる」
を繰り返し繰り返し読み込んで、ご丁寧にも自らマイコンされていた!(笑)
でも、皮肉なことには、実際にコースに参加し始めてから、ん? こりゃ
ちょいと違うんでないかい? ってことに気がつかされた次第です。
この掲示板で、繰り返し指摘されているように、マスターの質の問題です。
同一のコース内ですら、それぞれのマスターによって、言うことがばらばら
だし、何と言うか、マニュアルどおりのアドバイスしかできない。
“はい、それじゃ意志目覚めをやった後、外で形を数えるやってきて”etc.
何もわかっていないマスターが多すぎるということなんでしょうか。
本当に泣かされてきました、ヘナチョコマスターさんたちに。

ところで、矛盾するようですけど、来週から、またコース再受講することに
なってるんですよね〜実は(笑)
皆さんのアドバイスを参考に、
『背後に移動して、意図的に』コースを見て(診て)いこうと思います。

要は利用できるところは利用すればいいし、役立たずなら、はい、サヨウナラ、
ってことでしょう。

279 :通りすがり(その5):2001/06/01(金) 22:37
●ども、「通りすがり」で〜す。(^^)

>アバター被害者さん
>通りすがりさんの投稿を読んでスッーとしました。
>ありがとう。
→ いえいえ、どうも〜。自分でもスッキリしたいため投稿したんですのよん。

>4 さん
>でも、けんかすることはないよ(爆)
→ おっしゃる通りですぅ〜。(笑)

 >268さん
 >>通りすがりさんの
 >言葉は乱暴かもしれませんがその通りだと思う所多いです。
   → ども、すいませんでした。(^^)

 >中立者さん
 >はじめまして。
 >この掲示板、5月初旬からROMしてました。
 >2ch=いいかげんなことを言いまくる無法地帯、というイメージでしたので、
 >発言することなく野次馬的に見てました。
 >ところが、アバター事情をよく知ってると見受けられる投稿も結構あり、まともな意見交換ができそうな気が
 >してきましたので、私も投稿しようかと思っていた矢先、昨日、No.254−256の「通りすがり」さんの投稿を
 >拝見しまして…
 >私自身、アバターを「インチキだ!」の一言で、バッサリ切り捨てるつもりはありませんが、疑問に感じていた点は
 >多々ありました。この通りすがりさんの投稿は、その疑問点をほぼ網羅しているので、まずは、この通りすがりさんの
 >投稿に対してコメントさせてもらいます。

  → いやあ、どもありがとうございます。私とどうやら立場は同じのようですね。
    私も短絡的に「インチキだ」と済ませるつもりはありません。でも、矛盾が多くて・・・・。あはは。(苦笑)
    それにへなちょこマスターちゃんがね〜・・・。(苦笑)



●ん、じゃま、ソフトに、チッとまじめにいきませうか。


「こんなアバターマスター要らない」
−単純お気楽無能マスター・粗悪マスターの特徴 −

「信念体系編」

●アバター教を信奉しているマスター達、あるいは、教化を好むマスターたちによって
歪曲されたり(教義化)、恣意的に捻じ曲げられて、次のような信念体系を再生産
している。こんなマスター要りません!!
@「透明な信念を探して見つけなければ私(あなた)は変われない」
→ は・は・は。これ自体が「信念体系−1」ですよ。
→ 馬鹿の一つ覚えみたいに「あなたの透明な信念は?」と聞くのはもう
やめてね。マスター様。
→ この罠に陥ると、「透明な信念を見つけられない私はダメな奴」と
容易に思考転換してしまいます。結果、不安・悩みで自分を無理に
幻想の成長ゲームに誘い、苦行主義を実践することになります。
まったく、感情(不安・恐怖心)で人を操作しようとする宗教とやり口は
一緒です。
→ あるいは意図的に「透明な信念」「透明な信念」といって、注意を固定
させてるのかも。そうだとしたら、ムカつきますねー。
「透明な信念を探せ!」ゲームという「堂々巡り地獄」に堕ちてしまいます。


280 :通りすがり(その6):2001/06/01(金) 22:38
A「CHPで消さなければ、それは残ってしまう」
→ 信じられません。こんなこと言ってるマスターの顔が見たいものです。
何が残るの? はて?
→ そもそも「CHP処理」自体が、アバター理論と不整合を起こし、矛盾して
いることに、どれだけ多くのマスター、受講者は気づいているのでしょうか。
聞いてみたいものです。
→ アバターの中核をなす理論に「抵抗していることを経験しないと、源には
回帰できない」というものがあります。なんでもかんでも、それは「経験
することを抵抗してるからだよ」でちゃんんちゃん。
はて? 「CHP処理」で何かを消そうとするのは「抵抗」そのものではないの
かしらん? アレ? ヘンですなー。
「抵抗」ぢゃないとしたら、消す必要あんのかなー? CHP処理の動機は、
自分が何かに抵抗しているものを消したい、からぢゃないのか? アレ?
わかんなくなっちゃった。
こんなすぐ論理破綻してしまうような、不整合点・矛盾点がアバター教材には
あちこち散在してます。おーい、責任者出てこーい! 誰かわかるように説明
してくれよ。
→ ”・・だから、CHPで消さないからよ。アバターってすごいんだから。
     CHPがすべてなの。CHPで消せばらくになれるよ〜”っててなタイプの人。
あはは。こういったマスターは、押し付けがましく自分の感情を転写してくる点
では宗教信者と同じ。
「あなたが感じたことは私が感じたことじゃない。」ってことわかってないの
かしらん。
→ こういうマスターに、「真実とは、私が信じたことであって、誰かが私に信じ
てほしいと思っていることではない。ましてや、ハリーやスターエッジ社や、
そこらへんのアバターマスターが言っていることでもない。私が決めるのだ。
アバターというものも単なる信念体系にすぎず、それに気づかず錯覚を起こして
アバター教を盲信しているアバターマスターの言うことなど私はまったく信じな
いし、その必要もさらさらない。」と、一度言ってみたいものです。
   

281 :通りすがり(その7):2001/06/01(金) 22:39
B「他者の宇宙はコントロールできない」
→ これって単なる制限信念じゃん。これをまともに信じてるマスターのほうが、
おかしいよ〜。ここで言っているのは「他者をコントロールする」とか「他者
を操作する」ということ自体の是非論ではなく、これから歪曲して、
「プライマリーは効かないこともある」あるいは、「CHP処理は効かないこと
もある」と逃げ道を作ってるマスターの態度だよん。
→ アバター第3部が、終わると、上位コース「マスターコース」の受講を勧められ
ます。そして、それまでに読んどけって渡されるが、
「マスターのためのハンドブック」(もちろん、タダでくれない。買うのだけどね)
これが、またちゃんちゃら可笑しい、ほとんど「営業テクニック」が書かれた内容。
失礼しちゃいますねー。受講者は全員マスターとなってスターエッジ社の営業テク
ニックを勉強してデリバリすると思ってんでしょうか?
(ここらへんが、ムカつくのですねー。エンロール(勧誘)は、ないと言っておきな
がら、それってエンロールじゃん。さらに、マスターが上位コースに誘うのは、
グリッドのため。自分の受講者がどんどん上あがれば、自分に金が入ってくる
仕組みだからねー。もちろん、マスターはそんな本音は一言も言わないよん。
皆さん、「アバターコースにエンロールがない」、ってのは大嘘ですよー!)
→ 「他者の宇宙はコントロールできない」とは、この「マスターのためのハンドブック」
に書かれている、ハリーの一考察。そんなの単にハリーが言ってるだけじゃん。
→ さんざん、「望む現実は創造できる」と誇大広告を出しておきながら、
こういうケースは違う、とか、「物理宇宙はコントロールできない」とか、
「いや、CHP処理が有効なのは、自分の印象・感情・思考だけです。
もちろん、他者の宇宙をコントロールすることなんてできないよ」と、ここで
マスターが、受講者を、がっくり落胆させます。
(もしかして、そういう作戦なのかも。一旦、落胆させて、よし! 次のマスター
コースでは何かあるに違いない、と期待を持たせてんのかも・・・)
→ 一方で”〜できるよ”と言っておきながら、一方で”実はこれはできない”と制限
をつける。心理学ではこういうのを二重バインド(二重拘束)といいます。たとえば、
子供に親が「○○ちゃん、いい子ね〜」と怒った顔でいうと、子供はどうしていいか
わからなくなり混乱する、ということです。従って子供に、今後も親にほめられる
行動・行為をしよう、という思いと、こういうことをしたら親に見捨てられるから、
今後はこうしたことはすまい、という葛藤の中に落とし込むことができるのです。
だからますます親の言うことを注意するようになります。
      現実創造はできる、と人を希望に導いておきながら、別では、”こういう場合は〜”
と、”え、そういうこともあるの?”と注意を固定させ、自分の理解不足なのではと、

282 :通りすがり(その8):2001/06/01(金) 22:40
その道に浸透させていく。まさに教化への道ですな。
(自分の理解不足でもなんでもないよ。だってマスターは教えないんだから。
アバター理論の珍解釈、歪曲、情報の歪み、思い込み、早合点、間違いなんてのは
起こるべくして起こってるね。アバターコース運営上の問題でしょう。)
  → 「あなた、何か勘違いしてない? プライマリーはそういうものはダメなのよん」
受講前にはさんざん期待を持たせておいて、第3部が終了してがっくり。
気に食わないのはマスターのお前の態度じゃー! ボケー! 金かえせー!
→ この「マスターハンドブック」の中のハリーの「CHP泥棒」の話には、気分が
悪くなった受講生も多いはず。私もその一人。結局、CHPテクニックを盗んで
他でやろうとしてもうまくいかない、ってなことが書かれてるんですが、
ハリーは用意周到に自己防衛をはってるんですね。 教材のあちこちに、スターエ
ッジ社の都合のいい理論がちりばめられてます。
そんなん、お前の商売理論じゃー! 私にはハリーが自分の著作権、システムを
守ろうとしている理論にしか見えませんが・・・。これをまともに信じ込むと、
脅迫にも聞こえてきます。(信じられないことですが、ハリー信奉マスターは、
これに縛られて身動きできないのです。そうなったら、宗教信者とその本質は
変わるところがありません)
お前はサイエントロジーの焼き直しじゃないのかー!
そこらへんの心理学技法の寄せ集めじゃねーのか! ボケ! といってやりたい
ところです。
→ 狡猾なのは、これが宗教の信者を囲む効果と同じになってることです。恐怖感や
罪悪感で信者を縛り付けておくのは宗教の初歩的な手口です。
「君たち、アバターの悪口を言ってはいけないよ。もし、ウチのテクニックを盗んで
他で商売始めたら、訴えるからね」と「裁判起こすぞ〜。裁判起こすぞ〜」と
いうようなハリーの裏のメッセージが聞こえてくるような気がします。
ちゃんちゃらおかしいですよね〜。感情(恐怖心・罪悪感)で操作するのは
信念体系−1である、と自らのアバター教義では定義してるのにねー。
お前のその理論は、そのお前が言う「信念体系−1」と、どう違うんじゃー!
ボケ! カス!

C「他者や他者の宇宙とは合意しないといけない」
→ マスターはやれ、整合だ、不整合だ、ソートストームだ、合意だ、とのたまいます。
「へ? 整合って何ですか?」
「は? ソートストームってなんですかそりゃ? よく企業でやられている
ブレーンストーミングとどう違うんですか?(もしかしてパクリ?)」
「合意って何ですか?」

→”〜できない”という形をしているのはやっぱり制限信念です。この形の意見に屈服し
てしまうとき私たちは、源ではなくなるのでしょう。これを真実として採用すとき、
不安や怖れに取り囲まれます。人と話す内容は、”私たちはどう生き延びればいいのか”
という論議に陥ります。”あの洞窟にはいかないほうがいいよ。なぜって、虎がいる
からね”という具合に。

→ この魔法の呪文は、受講者を「そうか、まだ、合意ができてない私はダメなのか」
という錯覚に陥れる効果があります。

283 :通りすがり(その9):2001/06/01(金) 22:41
D「透明なアイデンテイティ、隠された意図、秘密があなたにはある」
→ このアホマスターは、なにかアイデンテテイや隠された意図を持つことが
「いけないことだ」とでも言いたいのでしょうか?
ふふん、ばかばかしい。それは、単なるアバター理論の話であって、
それを「信じ込んでいる人たち」には通用する話ですが、他のまったく
アバターを知らない人にとっては、なんら関係がありません。

→ このように、世間一般に通用しない独自の専門用語を使って
いる集団を”カルト”というのです。
「は? 隠された意図? なんですか、そりゃ」
「へ? アイデンテテイーを持ってる?? どういう意味ですか?」
と、まとまもな一般の人たちに通用しないのであれば、
その用語も、内部でしか通用しない「概念」、「用語」です。
極端に言えば、オウム真理教の「ポア」と同じです。
私は、こいつらに「カルト」というラベルをはるのにいささかの躊躇もありません。

→ ウイザードテキストには、「秘密は、フロートになる」と言っていますが、
別に悪いことだと価値判断してはいません。
確かに、「秘密」を持つことは、「注意を固定する要因になる」、とは説いて
いますが、だからと言って、「悪いものだ」、とは定義していません。
→ 困るのは、このマスターのように、すぐ「いい悪い」の価値判断をしてし
まうことです。 私は、これには、本当に驚嘆しています。
→ 皮肉っぽく言えば、アバターコースで、「すべての価値判断を手放す」
練習をしたのではないのですか? といいたいくらいです。
マスターのたちの悪いくせなのでしょうか。
「注意を固定する要因になる」、と聞いただけで、すぐ、「じゃあ、
それは悪いことなんだ」と理解してうのみにしてしまう。
「価値判断が、あなたを苦しめる」と聞いて、「じゃあ価値判断は悪いこと
なのだ」と短絡的に、判断してしまうのと同じです。
→ いい加減にして欲しいです。そのように中途半端に理解してるマスターは
たくさんいます。そのマスターがまた、受講生に「そのように」教えます。
これでは、また、新たな信念体系を構築しているだけではありませんか。
アバターはいいかげん、そこから出てください、と言っているのです。
少なくとも私はそのように理解してます。


284 :通りすがり(その10):2001/06/01(金) 22:42
E「アイデンテテイは消滅させるべきもの。中立にならないといけないのよん」
→ おそらくアイデンテテイを持っていない人など、この世にいないでしょう。
まあ、いたとしても少ないかもしれません。皆、アイデンテテイを持って存在してい
ます。それが、この世に存在するということですから。私ももちろん持ってます。
→ おそらく、こういうマスターもアバター教にかぶれて、「アイデンテテイは持っては
いけないもの」「アイデンテテイは消滅させるべきもの」と思い込んでいるので
はないかと推測されます。ちゃんちゃら可笑しいです。それはアバターの世界だけで
通用する話です。そうしないと悟れないというのでしたら、悟る人など皆無でしょう。
「もう、これしかない。アバターしかない。」と言いだしたら、カルトでしょう。
他の優れた技法、いろいろなスピチュアルな方法論を抹殺しようとする試みです。
「これしかない」というアバターマスターがいたら、それは大嘘つきのコンコンチキ
野郎です。宗教が他宗を排撃するやり口と同質です。
→ こういったマスター達の微笑みは、彼らからしてみればシリドリのつもりかもしれませ
んが、私にはアバター教に洗脳された不気味な笑顔にしか見えません。

F「ECPの実現」
→ 「すべての人が高い境地の世界の実現」という発想こそ、
私は、カビくさい、うざったい思想だ、と前から感じておりましたが・・・。
その理想を持つこと自体、「そうである者」と「そうでない者」を分けているから
です。そういう創造をしているからです。
まるで、アバター教に入信すれば、それを実現できると、信じているかのように見えます。
どこぞの宗教にも、「私たちは選ばれたのだ」といって信者の優越感をあおる「選民思想」
の教義がありましたっけ・・・。
→ 信じられません! マスター達はどうして、こんな矛盾に気づかないのか、不思議だねー。
→ 「ECPの実現」という発想自体が、すでに優劣の二元性の幻想のもとに構築されて
ます。まるで、レベルの低いかわいそうな人間と、悟ったアバターマスターの人種が
いる世界観を構築してます。その発想自体に、マスターと受講者を分ける信念が内包
されてます。この目標を推進すればするほど、マスターが必要になってきます。
マスターがそれだけ必要ということは、それだけ受講生もいないと、なりたちません。
アレ? おかしいですね? すると、いつまでたっても「すべての人が高い境地になって
いる世界の実現」は実現しないのでは?いったい、いつになったら実現するのでしょう?
不思議です。矛盾してます。アホです。
この目標を実現するには、マスターが居なくなることなのです。だって、最終的には
教える必要がなくなるのですから。そうすると、最初のこの発想が、おかしいのでしょ
うか? アレ? おかしいな〜??? へんだな〜。
    → ただ、単にマスターが「優越感」を感じたいだけのために、こんな唾棄
すべき目標を提示しているのならそれこそ、ハリーはまやかしのペテン師です。
   「 おいおい、それを言い出したら宗教じゃんか」って、正直に言えば、前からそう感じ
てましたども。私はね。
だけど、このEPCの実現とやらをまともに信じ込んでるマスター、ウイザード、トレ
ーナが多いことに、私は、本当に驚愕します。
「なんと、まあ、・・・」と開いた口がふさがりません。

285 :通りすがり(その11):2001/06/01(金) 22:43
→ ま、アバターも「注意」を向ける「目標」が必要なのでしょう。
「注意」をどこに向けさせるかが、リーダーの素質だ、とハリーがウイザードテキストで
言っていますから。
→ こんなの単にハリーが言ってるだけです。宗教と同じです。
これを信じ込めば、世界の半分を否定することになるのです。永遠に世界の半分に
抵抗し続けることでしょう。もし、「悟り」というものがあるとするならば、この
アバターマスター達はずっと悟れないでしょう。優越の幻想に縛られて、存在するはず
のない「かわいそうな受講生たち」を探して格闘し続けることになるでしょう。
はは。ちゃんちゃら可笑しいです。
→自分たちの教義を広げるためには、スケープゴートが必要なのです。
「君たちは選ばれた光の戦士だ! まだ、目覚めてない人を目覚めさせるのだ!」
なんという傲慢で、破廉恥な思想でしょう! こんなん、どの宗教でも似たようなこと
いってます。
→私は、「EPCの実現」というものにはまったく興味関心がありません。
なぜ、それをする必要があるのかその必然性が見出せません。こんな「創造」に貢献し
たくもありませんし、ましてやそんなものを信じておりません。はっきり言えば、こん
な唾棄すべき「創造」には、異論を唱える者です。
だけど、アバターマスターの中には、これを言って賛同を示さないと、まるで人間では
ない、マスターではない、というような風潮があります。
まさに言葉の暴力ならぬ、目にみえない圧力です。そんなの、ハリーが勝手にいってい
るだけです。スターエッジ社が勝手に唱えているだけです。私には関係がありません。
そういったマスターを見ていると、本当にアバター教に洗脳された人たちに見えてきま
す。宗教でも同じですが、「ユートピアの実現」、「理想郷の構築」などと観る視点
がすでに、今のこの現状を否定する信念を内包しています。


  「態度・言動編」 

●一般的に、へなちょこアバターマスターは次のような態度をよくとっている。
こんなマスター要りません!!
また、コースに関してやスターエッジ社などにはたくさん矛盾点があります。
こんなもの要らない!!

@「それはあなたの創造です」
→ もう、このセリフ聞き飽きたー。誰か助けちくりー。何でもかんでも、都合が悪く
なると受講者のせい。「それはあなたの創造でしょ。自分の創造したものに責任
持ちなさいよ」 と平気でのたまうアバターマスターちゃん。
お前は全然、悪くないんかい!ボケ!
→ こういうふうに、安易に精神世界でいう「自己責任」の論理を持ち出してくる
中途半端マスターが多いです。受講生の感情を無視し、教化されたセリフしか
いえない、へなちょこマスターも多いです。もう、うんざりです。
→ 受講者の怒りの声(その@):
>まだ受講生の段階で(その後の段階でもです)、不整合とかたくさんある中で
>「これは私が創り出した」なんて認めるのは(認めさせられる)のはあまりに
>酷ではありませんか!
受講者の怒りの声(そのA):
>私も、第二部のエクササイズで、”先輩アバター”から、さんざん、それをされ
>ましたです。こちらを さんざんアラ探しして、欠点を指摘する事にある種の快感
>を感じているようにさえ思えました。
>で、二言目には『それは、あなたの創造です。』と涼しい顔をしてましたです。
>相手のその攻撃的・挑戦的な態度を選択している主体が、私自身であるという主張
>には抵抗と反発を強く感じました。私の今までの人生に於ては、これは喧嘩を売られ
>ているという状況になりますです ・・・・ (^^;ゞ
> (よぉ〜し、上等だ! 殴り合いなら俺が勝つに決まってる。)

→ 素直に怒りを表すと、”今のその気持ちを味わい愛でるだけでいい”の決めセリフ。
(出ましたねー。マスターの常套文句! 何か言えば、今の「その感情を味わい
愛でてください。」「でも、これは、・・・」「その今の感情を味わい
愛でて下さい」・・・・馬鹿にしとんのかー! おのれは!)

286 :通りすがり(その12):2001/06/01(金) 22:44
A「生きた学びと言葉による学びがあるのよん。アバターは生きた学びです」
(だから、マスターは受講者には、教えてはいけないことになっとんだ、そんなことも
知らなかったのかネ、受講生諸君。ふふん。−−−威張ったマスターより)

→ 私の場合、「「味わい愛でる」ってどういうことですか」とまじめに聞いても、
一人もまともに答えたマスターなんて皆無でした。
あるマスターは、コース教材のここに書いてあるでしょ、といわんばかりに指を
差しただけでした。まるで、その人は、アバター理論でいう、
「言葉による学びと、生きた学びというものがあり、言葉・知識・思考・理論
などによる学びは生きた学びよりたいしたことなのだ」という信念を実践して
いるかのようでした。まるで、受講者に言葉では、教えてならない、ということ
信じ込んでしまってます。そんなん、単にハリーが言ってるだけじゃー! ボケ!
もしかして、まともに知的に、理論的に説明できないんだろうが! テメーラは!
と叫びたくなります。
→ こういうと、あるマスターは「それは、受講者自身が体得するためだ。言葉だけ
で知識だけでわかったつもりになると、我々のテクニックは正確に伝わらない。
受講者自身が肌で感じて体得するためにマスターはサポートしているだけだ」
と反論してくるでしょう。そうです。まことしやかに、マスターのあなたは
それ(スターエッジ社営業理論)を信じ込んでるだけです。
ぼけ! カス! そんなご都合主義の単なる営業戦略をまともに信じ込んでるマス
ターとはまともに話ができないぞー! 責任者でてこーい!
そりゃ、一見、「自分達は品質管理のため、受講者の最終的な満足のため、あ
えて、そうしてるのですよ」、とカッコいいように聞こえるが、そんなん詭弁じゃ!
ボケ! カス! アホンダラ!
だから、受講生に混乱が生じてるんだろーが! 「Fiはこれでいいのかな?」
「今のエクササイズはこれでいいのか?」 という疑問に、まともに答えず、
単にご都合主義のスターエッジ社の理論しか言うことができない柔軟性のない、
マスターはハンバーガーショップの売り子のセリフと一緒じゃー! ぼけ!
コース運営の不備、コース上で不満がでてくる受講者への対応などの「運営の
あり方」を議論してんのに、お前たち、洗脳されたマスターのスターエッジ社
営業理論を聞いてんじゃねー! コラ!
それをまともに信じてるんだったら、マスターのあなたはいかに自分がアバター
教にかぶれているか、その度合いが実によくわかります。
本当は、「Fi」は、心理学系統の「フォーカシング」や、仙道でいう統覚法と

287 :通りすがり(その13):2001/06/01(金) 22:45
似てて(もしかしたらパクリ。アバターのオリジナルじゃない)理論的に説明
できないからだろーが。まともに理論的に説明したらバレバレになってしまう
からだろうが! ドアホ!
皆さーん! アバターコースは、エクササイズの知的な説明は一切ないですよー。
それを聞こうものなら、マスターからたしなめられますよ。あるいは、上記の
決まり文句ではぐらかされ、ケムにまかれますよー。
「受講者が本当に体得するために、品質管理のために」・・・うん、いいじゃん、
いいこと言ってるじゃん、と思ったそこのアナタ。アナタは騙されやすいですよー。
一見、それらしい理論でまともですが、アバターコースでは、コース上、疑問点
や不満点がでてくる不都合に多少、目をつぶっても、堂々と自説の主張で
あいまいに教えるのが作戦ですよ。不満足な受講者をたくさん、大量生産して、
次の上位コースにいかせようとする作戦ですよ〜。
(それは何のため? → 商売のために決まってんじゃん)
それに輪をかけて、バカなマスター、無知で無能な思い込みの激しい(アバター
教に洗脳された)マスターが真顔で上記のようなセリフを言うものですから、
それらしく見えるだけですよ〜。
これが単なる一つの「視点」、「信念」とは気づかずに、勝手に、スターエッジ
社がこの「聞こえのいい美化された営業理論」を、自分たちの「品質管理」理論に、
すりかえて、マスターに説明させてるだけですよ〜ん。
受講者を囲いこむ作戦ですよ〜〜〜〜〜! はあースッキリした。
これに反論があるマスターがもし、いるのなら、コース運営上、知識・説明を
与えないことから生じる混乱、受講者の不利益をどう解決していこうとするのか、
内部提起、内部改革、内部改善してみろ! ってんだ。バカヤロメ。もちろん、
アバター教に洗脳されたマスターにそんなことできるわけないもんね。自分が洗脳
されてることさえ、気づいてないマスターがゴロゴロいるもんね。だって、
「生きた学びと言葉による学びがあるのよん。アバターは生きた学びです」って
まともに信じ込んでるんでしょ? おたくたち? そこから派生して形成された
「受講者に体得していただくため。品質管理のため。」という美化されたラベル
づけにまったく違和感を感じないんでしょ? アンタ達は?
そんなん「ラベルづけに過ぎない」と早く気づけよ。アンタ達は。アバターで
教えてんでしょ。「誰が重要性をつけたかです。」「それに、誰が、どうラベル
をはったか、に過ぎないのです」と。


B日程的にスムーズ過ぎて、手を抜いているんじゃないか? と懸念されるマスター。
(誰が受講しても、ピタッ ピタッと9日間で完了してしまう)
→ 受講生に説明しないことをいいことに、受講生に疑問が残ったままでも、
次々と次に行かせてしまって、あっという間に9日間で終わり。
なんかへん。このようなマスターが粗製濫造してるのか?

→ ま、営業マスターも商売として割り切ってやってるのでしょう。

「契約しないと、免許を与えないぞ! という脅しの数々によって、
やむなくマスターは、スターエッジ社と契約させられてます。
そして、グリッドの中に入らされます」 てな感じでしょうか。はは。スゲーいやみ。

288 :通りすがり(その14):2001/06/01(金) 22:46
C受講生への説明不十分(これはコース運営上の問題にもなる)
→ 前回投稿で書きましたが、平気で、マスターはいいます。
「アバター教材は人には見せないでね。非公開だから」
”あほか!”と私は思います。そんな契約、お前とした覚えはないし,ましてや
スターエッジ社がそれを強要するなら、それを受講時にしっかり説明せんかい!
と感じます。
一般的な社会通念として、「契約」というのなら、そもそも、受講者もマスターも
平等で同じ立場なのです。受講者に、その旨を告知して、受講者(消費者)の理解、
同意、を得るべきだと思うのです。
ところが、どこでもそうですが、「あなたは弱い立場で、私はマスターなのよん」
という態度、透明なアイデンテイテイをどのマスターも持っているということです。
知らず知らず、受講生に自分(マスター)とスターエッジ社との契約を受講生に押し
付けてしまっている、ということです。

→何に一番怒りを覚えるかというと、マスターの態度です。「それはあなた(そのマス
ター)とスターエッジ社が契約したものであって、私とあなたの契約事項じゃありません。
私にあなたのルール、価値観を押し付けるな!」といいたいぐらいです。
見渡せば、知らず知らずなのか、はっきりそういう意図を持っているのかわかりませんが、
そんなマスターはゴロゴロしています。
そもそもアバター受講生のときは、受講時になんら契約などしてませんから。単なる一消費
者の立場ですから、 弱い立場にあります。それもしないで、「私たちのルールはこうよ。」
とか、「非公開だよ」、っていうのは、言葉はきついのですが、私にとっては、アバター教
に洗脳されているマスターにしか見えません。ハリー教を信奉している教徒にしか映りません。
自分(マスター)とスターエッジ社の契約を受講生に押し付けるのではなく、受講生とそのマ
スターのやりとりをお互いに納得するルールを確認し合うべきだと思います。契約とまではい
かないまでも・・。

→それはお前とスターエッジ社の契約であって、私とあなたの合意事項ではないじゃないか!
最初に言わずに、あとから言うのはひきょうなやり方だ! と私は思います。
合意もしていないのに、アバターの中に入るためには、暗黙の了解としてそのルールに従わない
といけない、というのでしたら私はまっぴらごめんです。そのやり方の本質は宗教とかわるとこ
ろがありません。同質です。
(宗教は信者の教祖に対する依存性を利用して当初の合意事項でもなんでもないものを次々に持ち
出してくる)

→”それは気づかなかった”、と言おうものなら、そのマスターがどれほど、「アバター教材は非公
開である」という信念を「当たり前」のように信じ込んでいるか、その度合いがよくわかります。
世の中には、そういった考えに賛同しない人たちもいるでしょうに、ひとくくりにして、「そうい
うものだ」と、告知の義務すら、果たさない無責任マスターに対しては、はっきりと異をとなえる
べきだ、と私は思っています。
中には、平然と、「そんなの、当たり前じゃんか!」 と、平気でのたまう厚顔無知なマスターも居
ることでしょう。
まるで、「郷にいれば郷に従うべきだ」という「信念」を信じ込んでいるかのようです。 何が「当
たり前」なのでしょうか? 聞いてみたいものです。

289 :通りすがり(その15):2001/06/01(金) 22:47
→ 契約事項だ、告知義務だ、・・・などと難しいことを言わないまでも、
率直に、「誠実さを欠いたやり方だ」と思うのです。

→ 欧米社会では、「契約」主義なのですが、これがいいのか悪いのかという価値判断をしないとしても、
日本の社会にはなじめない部分もありますし、システム・仕組みとしては一考を要するものだ、と私は
「名札」を貼ってます。よく考えればわかることですが、しょせん、契約しなければ、相手が契約違反す
るかもしれない、というのは怖れであり、「契約」という創造の前提として、
「相手は信用できないものだ」という信念がすでにはいっているのです。
相手を無条件に信じるなら、「契約」など必要がありません。
なぜ、契約までして、自分たちの主張を守らせようとするか・・。それは怖れや、不信がその根底にある
ように思います。スターエッジ社も、さも、それとらしい理由で説明していますが
これは、「契約」という名に借りた、価値観のおしつけ、だと私は思っています。
なぜ、私たちは「契約」させられて、そのルール、価値観に縛られなければならないか・・。

→ 「非公開」というのは単なる制限信念です。そのルールがなければ、秩序が守れない、というのなら、
それは「語るに落ちた」ということになります。つまり、正体は「不信」だ、ということです。
「私はお前を信じない。お前に脅かされるのはいやだ。」という「抵抗」をスターエッジ社は持って
いることになります。(だから裁判沙汰を起こしてんのかな?)
おかしいですよね? 「リーサーフェッシング」にこう書いてあるのに。
「あなたが税金を収めるのは現金でも小切手でも構いません」と。

→別に、「価値判断」をしていることが悪いわけではありません。他人の信念、価値観、意見を、知らず
しらず「自分の価値観」であるように思い込んで、それをまた、他人に押し付けようとする態度が
気に食わないのです。世の中一般、会社の中にも、そういう人はたくさんいます。
「それは受け売りだろ」「それはお前の考えたことじゃないだろ」
・・と突っ込みたくなるくらいですが・・。
「非公開」というルール単なるマスターが信じ込んでしまった「制限信念」です!
受講者にどうのこうの言う前に、ご自分の「制限信念」を点検したらどうでしょうか。
「透明」 になりすぎて気づかないというのでしょうか。・・・はは、ちゃんちゃらおかしいです。
私は、そんな「制限信念」に合意することなどしません。
どんな「信念」であろうが、「〜してはいけない、〜できない」という形をとるものは単なる「制限信念」
に過ぎません。その信念を採用するかしないかは、その本人の自由だ、ということを
そのマスターは忘れています。あるいは愚かにも知らないのかもしれません。

→アバターはアバター、マスターはマスターというように隔離する結果となっている以上、
グリッドや上納金システムなどのアイデンテテイを奨励するシステム、「非公開」などの
誤解を生む政策に対しては、一考を要するのではないかと私は思ってます。

290 :通りすがり(その16):2001/06/01(金) 22:48
D「白虫・黒虫」
→ マスターコーステキストに出てくるこの概念も私は腹立たちさを覚えます。なにか、受講生を「操作」
しようというのでしょうか。
こんな受講生をバカにした話はない、と思います。
こういう発想、考えこそ不必要で、誠実さを欠いたものだと、私は思うのですが・・・。

→ そこで白い虫をいれる。「この次のエクササイズはおもしろそうだよ」・・などと。
ホントにバカにしています。こうして受講生を誘導して、マスターのいいように、
アバターコースを勧めているのが実態なのです。
マスターコースの教材にちゃんと書かれてあり、ハリーもそう言ってますから、
あまり疑念を感じずに、ほとんどのマスターがこれに賛同しているかのようです。
「そうだな。これはいい方法だな。」などと・・。
あまり言う人は少ないのでしょうけども、私ははっきりと異を唱えます。
「こんな受講生を明らかに都合の言いように操作するやり方なんておかしいぞ!
こら! スターエッジ社! そしてハリー!」

→ ま、単なる心理作戦なのですけどね。マスターの都合のいいようにコースを運営する
チンケなテクニックです。
→ ついでながら、どなたかが発言してましたが、某アバターマスターのHPに去年まで
存在していた「アバターML」なる存在も、受講生が「アバターは効果がない」と
騒ぎ出したから閉鎖した、というのは事実です。
そのマスターは、こう言ってます。「一部、コースに不満足な人がいて、黒虫メールが
多くなっていました。私自身、言葉の表現だけによる問題解決に限界を感じているのと、
問題解決というあまり生産性のない事柄に、私自身の注意がかなり取られてしまうとい
うこともあり、現在、一時、運営を中止させてもらっています。」
どひゃ〜、このマスターは平気で「問題解決することは生産性のないことだ」と
言ってます。こんなバカにした話はないのではないでしょうか?
これは、要は、 「アバターなどおかしい」 「粗悪マスターがいておかしい」
と言ってくる受講生のほうがおかしい、と言っているのと同じではないでしょうか。
→ まさに、こんなふざけたマスターなんて、もう要らない! です!
閉鎖の理由が一部の不満を言っている受講生のせいで、としたら、とても腹立たしいこと
だ、と思いました。ふざけんな! バカヤロー!
→ ま、結局、アバターの悪口を言う者、アバターの批判を言う者を排除するためが
動機・意図だとすれば、このアバターMLなる存在も、最初から公平な情報交換の場など
ではなかった、ということです。某マスターの「営業」の手段だったに過ぎない、という
ことになってしまいます。
現在、マスター以上のみが入れる「マスターML」なる存在が残ってますが、

>4さん
>その点アバター卒業生のMLとかは決り文句のオンパレードでウザ過ぎ。

→ まったく同感! その通り!!
みんなが、みんな、「アバターって素晴らしいんだよ」といっているML
のどこがいいのでしょうか? 私には気持ち悪いだけです。奇異に感じてしまいます。

291 :通りすがり(その17):2001/06/01(金) 22:49
Eさりげなく威張ったマスター
→ QMだか、トレーナだかしれませんが、それがそんなにエライのですか?
そんなの「アバターの世界」だけで通用する話です。一般社会では、
まったく意味のないものです。
”ヒロ”なんて、一般社会からスピンアウトして、精神世界に入った人なの
でしょう?
そして、企業でも宗教でも、「地位」、「立場」、「肩書き」、「役職名」など
を与えて、そのアイデンテテイを褒め称えることはどこでも、
やっていることです。
もし、そのラベルに固執しているのなら、その人はアイデンテテイを
もっていることになります。ましてや、ウーイザードコースに出たから、
俺は他のマスターとは違うんだ! と言わんばかりに、「アバターマスター
/ウイザード」と自称したり、「マスター」だと主張しているのなら、
その人はバリバリにアイデンテテイを持っていることになります。
アイデンテテイは、トロフィーを集めるのが好きなのです。
宗教的な「悟り」という観点から言えば、「地位」「肩書き」に執着している救済
すべき人たち、ということになってしまうのでしょう。
→ そして、「ヒロ」って奴は、マスターコースで乱暴に教えてるぞ。マスターコース
を受講される皆さん、気をつけてね〜。
「もし、こういう受講生がきたらどうするのだ」という信念を持って、乱暴に教えて
います。私には、ただ「注意」をひきたいだけだとしか映らないのですが・・。
多くの受講生が、マスターコースで「ヒロにいじめられた」と言っていました。

→突然、メガネを外して「バカヤロウ! 全然変わんないぞ、何言っているんだ!
 お前!!」などと、いって受講生を脅しています。
私もこんなエクササイズのやり方は、おかしいと思う者の一人です。
新米マスターがアバター受講生にイニシエーションセッションをやるときの
練習なのですが、あきらかに、前提をもって、教え込んでます。
「教師」のアイデンテテイのつもりなのでしょうか。
そもそも、そんな受講生は来ないし、存在しない、と創造すれば済むことなの
に、ヒロはそういう教え方をしています。
そんなの、単にヒロが経験したことをムリヤリ、受講生に押し付けているとしか
思えないのですが・・。 マスターコースで不愉快になったのは、この事件だけ
ではありませんが、明らかに、皆、アイデンテテイを持ってます。
あるいは、なんらかの「信念」をもっています。
腹立たしいのは、その「信念」を前提にして、その「信念」をおしつけられること
です。イニシエーションセッションで、セッション中、暴れ出す受講生は、くるか
もしれない、と植え付けられることです。
そういう受講生がきたらマスターとしてあなたはどうするのだ、というありもしない

292 :通りすがり(その18):2001/06/01(金) 22:50
不安を 押し付けられることです。

→ 私はそんなものは創造しません!
→ 私はマスターになってデリバリするつもりもありません!

→はっきり言って、マスターコースのエクササイズも、ある価値観を知らず知らず
植え付けられる、という点では、宗教と同じです。
ある前提を持って、「もし、こうだったらどうするのか?」として練習するわけです
から。 本家本元のアバターコースが、「信念」「信念体系」を前提にして、
練習してます。周りの人たちはそれでも喜んでます。
私一人がおかしいのだろか?、と自信もゆらいだこともありました。
今となっては遅いのですが・・。 今なら、面と向かってヒロにそういうことを言う
こともできます。 「あなたの教え方はおかしい!」「ふざけんな! てめーの教え方
おかしーぞ!!コラ! ドアホ!」と。
→アバター理論で「合意、合意」と、「合意」の理論を持ち出すなら
受講生ときちんと、「合意」してから練習しろ! ということなのです。
受講生と同意、合意をとっていないセッションなどやるな! ということです。 恐喝ま
がいのことはするな! と言いたいわけです。
(旅費を含めて高い受講料を払っているのですから)
そもそも、そういう練習が必要だ、というのなら、受講生に対して、

「弱い、何も知らない世間知らずの受講生」 → 何も知らない、ことは悪いという「判断」があります
「苦労を知らない新米マスター」 → 苦労をしないといけない、という「信念」があります

などの、ラベルを前提にはっていることになります。

→ あ〜あ、うざったいたら、ありゃしない! こんなやつら!

Fスターエッジ社の裁判
   → スターエッジ社の裁判は、大きな矛盾点の一つです。
     アバターコースでは、「あなたは信じることを経験する」「あなたが創造の源だ」
     「信念と経験は、信念が先だ」などと教えているのですが、
     じゃ、現実的に裁判を起こしているスターエッジ社はどんな信念を持っているのだろう?
     と疑念がわいてきます。
     そんな「創造」しなければ裁判起こす必要もないでしょうに、なぜ、裁判起こしてるのか
     がわかりません。しゃあ、アナタタチが言っている「信念が現実を創造する」
     ってのはウソですか? 「信念」を変えれば、そんな裁判を起こすような現実を招くことに
     はならないのじゃないのですか?
     それとも、やっぱり、「現実創造」なんてウソッパチのデタラメなのですか?
     と突っ込みを入れたいくらいです。
→どこのグループでも同じですが、会社でも宗教でも、自分の趣味、価値観、
信念などに合わない者は排斥するのだな・・・・と、裁判沙汰のことを見て感じてしまいます。
上司のパラダイム、考え、趣味などに合わないと、排斥され、左遷されていき
ます。アバターも、もし、これを言い出すのなら、宗教とまるでかわるところは
ありません。
ところが、平然と、スターエッジ社は、自分たちの価値・信条に合わない者には、
裁判を起こして、「罪と罰」の創造をしてます。

293 :通りすがり(その19):2001/06/01(金) 22:51
→これは信念体系−1なのです。 感情(恐怖心)によって、人を操作しよう
とするのは、「信念体系−1」である、とアバターでは定義づけています。
多くの宗教でも、失敗した、内部規定を犯した、となれば
すぐ、 「破門」にします。気に食わないやつは、徹底して排他主義です。
よく考えればわかるのですが、これが宗教が広がらない理由です。
どの宗教も、キリスト教ですら、「おれのところの教義が正しい」として、
いますから。ある一定の数で、頭打ちになってしまうのは当たり前です。
これを持ち出して、ある者を排斥するというのなら、
ハリーの理想、目標 である「すべての人が高い境地の世界の実現」には
寄与しないことになるのです。矛盾しています。
アバターには、こういった矛盾も多々、内包しています。
多くのマスターは、この矛盾に気づいてるのかしらん?

→ 私が、スターエッジ社が「アバターの悪口をいった者」に対して裁判
を起こしている、ということについて疑問視するのも、この点なのです。
周りのハリー信奉マスターがいくら、美化した説明しようが、
一見、筋の通る説明をしようが、合理化以外の何ものでもありません。
「それは、あきらかに悪意を持って、アバターの業務を邪魔したから
です。会社でも業務に差し支えることをされたら告訴するのが
当たり前です。裁判は正当な手段です。」と言われたって、ピンときません。
何を持って、「悪意」というのでしょうか。何が善で何が悪なのですか?
なぜ、「当然のこと、当たり前のことだ」と言えるのですか?
   普通の民間企業ならわかります。しかし、本家本元のスターエッジ社がこういうザマ
   になっているのはなぜなのか、私達にとって「精神的」なかかわりだからしつこく
   聞いているのです。安易に「じゃ、アバーターでいってる現実創造はウソなのですね」
   と短絡的な判断したくないから、言ってるだけです。
   これに対して、まともな回答したマスターは、いまのところ一人もいません。

→ まあ、何が「善」で、何が「悪」だ、というのは観る者の「視点」による、
というアバターの基礎中の基礎、初級を勉強しなおしたほうがいい、と
私は思いますが・・・。

→ 身内のニュースレター(EPCニュースなるもの)では、
「訴訟における勝利: 2000年7月17日、地方裁判所のスリート判事は、
ジョン・スロータおよび彼にかかわっている人物に対し、アバターの著作権や商標など、
いかなる方法において侵害することを永久に禁止した。またジョン・スロータは与えた
損害への賠償などでさらに40,352.72ドルの支払いを命じた。」
などという記事を載せて、さも、正当性があるように喧伝しているのです。
へへん、ばかばかしい。

>268さん
>古今東西の広範囲の様々な情報や知恵・伝統・文化の恩恵を享受しながら
>自分勝手に囲い込みをしてネットワークビジネスにしてしまうのはアメリカ的発想の
>悪いところです。アメリカから入ってくるのは、この手の、自分はよそ様から無償で
>頂いたのに、人には何かと自分勝手な理由で拘束しいるものが多いです。

おっしゃる通り! その通り! 全く同感です!

294 :通りすがり(その20):2001/06/01(金) 22:51
→ 前回投稿したマスターへの批判で、そのマスターは、アバターを批判する者に対して
「反応」を起こしています。
ということは、自分の信じている信念、価値観を否定されたらどうしよう、という透明な
怖れによってつき動かされているだけのことです。
それを否定されることなど、ないというのに・・・。自らの「信念」によって創られた創
造を楽しんでいるかのようです。
自分の信じている「視点」から眺めて、他の「視点」を否定するから、自分もその「否定」
を怖れるのです。そして、世界の半分を否定します。
世界の半分を否定(私はこういう者で。私はああいう悪者ではない)したら、成長ゲームが
始まるのです。 一生懸命、その者にはなりたくないと「抵抗」して、「こうすべき」
「こうなるべき」という創造を重ねていくことになります。
人に「〜するな」、とか「こうだから、こうしなさい」などと言っているその人自身が、
その概念を怖れて、「抵抗」しているというのは、よくある話です。

→アバター理論によれば、その人は単に「抵抗」しているだけになります。スターエッジ社も。
何に「抵抗」しているというのでしょうか。
身内には、アバターを賞賛する情報を流して、外の世界の情報、他の都合の悪い情報を
流さないとしたら、それは宗教やカルトが、信者を洗脳する手法と本質的には一緒です。
信者に都合のいい情報しか流さず、他の本を読んではダメだとか、他の情報から隔離
するやり方は、宗教が信者を離れないように抱き込む初歩的な手段です。
もし、そういう意図がないとしても、すべてがアバターを賞賛する情報でつづられていたら、
同じ効果だ、という気がするのですがいかがでしょうか?

→「アバターってすばらしい」「アバターってすごい!」・・・・「リサーフェッシングって
本当にすごいんだよ」・・・いまでもアバターMLには、そいうった個人の「感情」「感覚」
を押し付けてくるバカマスターもいますが、
本当にそうなのでしょうか? 何が素晴らしい、というのでしょうか?
  人に勧められて「この本、すごくいいよ」と渡された本が、実は中身のない本だったりする
  ことはよくあることです。このように、誰が美化した「ラベル」を貼ったかです。
  自分が決めて、「素晴らしい」としたのなら別ですが、単にうのみにして、自分で決定できな
  いで人に依存している自立できてないマスターが多いのも事実です。


295 :通りすがり(その21):2001/06/01(金) 22:52
Gエンロール、その他コース運営
→ 「エンロールなど、アバターにはない」とアバターの宣伝マンこと某バカマスターは
いってますが。エンロールはあります。
→ どなたかも言ってましたが、マスター主催の「勉強会」では多くの受講生が不愉快な
気分をした、と。 私もまったく同感です。
→「マスターのためのリサーフェッシング勉強会」なるものにも、参加したのですが、
腹立たしさとバカバカしさで、2日間の日程の初日に参加しただけで、2日目には
いきませんでした。 なぜなら、内容があきらかに、
「アバターコースの上位セミナーにいかに受講生をシフトアップするか」という
意図を中心とした内容だったからです。純粋に自分自身を高めたいので、
理解を深めようという私の意図とは不整合を起しました。
シフトアップといえばかっこいいですが、受講生をどうやって、上位コースにコミット
させるか、そのテクニックやコツを話し合ったり、実際に二人一組になって
いかに強制感を伴わないでコミットさせるか、という練習もしました。
なんだ、コレワ・・・・。受講者を愚弄しているのかな? バカにしているな、ホントに。
マスターの勝手な都合のいいことばっかり言ってるな。
他者(それもアバターをまだ知らない素人)を、半強制的に価値観を押し付け、
受講生がそう思ってもいないのに、上位コースは素晴らしいんだ、と錯覚させられ、
他人によって操作されることが、他の宗教やカルト、自己啓発セミナーの本質と
どこが違うのだろう・・・・などなど、と真剣に考えました。
「なんだ、結局、他の自己啓発セミナーと一緒か」という感覚が強まったのもこの
勉強会に参加してからです。
なぜ、受講生を上位コースにシフトアップさせねばならないか? それはマスター
がそれをメシのタネにしているからです。受講生がこないと成り立たないからです。
はっきりいって、その勉強会に参加している他のマスターの態度にも立腹を
感じましたが、私はマスター業をやるための営業テクニックを学ぶつもりは
さらさらありませんし、まっぴらごめんです。 マスターは、 そういう目で受講生を
見てるのか、とこのときはっきりわかりました。

→ あるいはスターエッジ社のトレーナ、”リチャード”。
私が受講した、マスターコースでの出来事ですが、
最近(1999年9月当時)は、日本人の受講生が増えているということ
で、日本人のための”セッション”ということで、
日本人が集められました。アブラの特別講話ということで、他にスーザン、
リチャードなども同席していました。

296 :通りすがり(その22):2001/06/01(金) 22:53
→ 内容は、はっきり端的に言ってしまえば、上位コース「ウイザードコース」
の勧誘を意図としており、いかに「ウイザードコース」がすばらしいコース
であるか、を主に説明するものでした。

→ 私も最初は抵抗なく聞いておりましたが、次第に、非常に不愉快なイライラ
感を感じてきました。私以外にも同じように感じた人は他にもたくさん
いました。引き金は、(あくまでも私にとっての引き金は、ということです)
リチャードの

「あなたがたはセカンダリを持ったままで、人生をすごしたいのですか!?」

というものでした。(強い口調で)
あくまでも上位コースにコミットメントしないと、この場は終わらせないぞ! とい
う波動を感じました。繰り返し繰り返し、同じ事が続いていきます。
「あなたはどうする?」 「あなたはどんなセカンダリがあるのだ?」
「そのセカンダリはこうして、・・・こうすればいいではないか・・」
「では、あなたは・・・?」・・・・という
やりとりが続いていきます。
言いたくもないことをムリヤリ告白させられる心地悪さ。(黙秘権行使の侵害)
本当はそう感じていないのに「あら、ウイザードコースって、本当にステキね〜」
といわざるを得ない雰囲気。
(アイデンテテイを着させられるのを拒否する権限の侵害) ・・・・・など、など、
いいかげんして欲しい、という気分になってきました。

→ 私は、2時間も3時間も拘束されて、
「オイオイ、それを言い出したら、脅しではないか。 恐喝まがいのことをするな!」
「これではまるで、どっかの自己啓発セミナーと一緒ではないか。
上位コースのコミットメントを押し迫るなんて!」
と内心、深い憤りと、アバターに対する失望感を感じたものでした。

→ 結局、その場でコミットメントする人は少なかったようですが、
終わって、解散となったときは、内心、ホッとした人が多かったのは事実です。

→ リチャードもバリバリにアイデンテテイを持ってます。意図的にそうしているのかも
しれませんが・・。この事件の時は、アイデンテテイというよりも、
アバターのコースそのものの運営のやり方、そして、価値観を強制転写させられる
ことの憤り、怒り、・・屈辱、・・・怖さ、・・・失望感、落胆さ、・・・・・
などの「感情」のほうが、強く記憶に残っています。

→ 皮肉っぽく言えば、リチャードは
「なんだ、結局、アバターも自己啓発セミナーの類と一緒か・・・・」という失望感、
落胆を受講生に植え付けることには成功したと言えるでしょう。

以上、ふざけんな! へなちょこマスター! へんちょこトレーナ! へんちょこスターエッジ社! このドアホ!

●んじゃまあ、今日はこれぐらいにしときますか。もっと、たくさんあるけど・・。また、ということで・・。(^^)
●ども、失礼しやした〜。また、投稿しますね〜。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 23:03
私は、浪速の不満足アバターです。
貴方は、とても上手にアバターというものを説明されています。
私が受講したクオリティーマスターよりよっぽど品質が良いです。
あなたがマスターだったら私ももう少し満足しただろうなぁというのが正直な気持ちです。

298 :追加:2001/06/01(金) 23:38
297=これは通りすがりさんの投稿を読んだ感想です、

299 :215:2001/06/02(土) 00:32
再びレスの嵐。
通りすがりさんありがとう。
上級コースについては皆さん知りたい所だから、お疲れとは思いますが、がんばってレス続けてください。
通りすがりさんの感じ方や、同じく参加した人たちがどのようにやっていたかも、できればお願いします。

ここのスレッドに参加してくれる方が、同じような観点でいるように思うのは私だけでしょうか?

アバター・テクは自損感情、抵抗を処理するのは効果はあるけど、誇大広告すぎる。
勧誘に走るマスターには気をつけろ。上級コースも食わせ物。
こういうところでしょうか?。

スレッドの上とはいえ、同じ観点を共有できることに懐かしい気持ちが湧いてくる
のは、私の自我が安定してないのかもしれませんね。
なんか、皆さんでシェアしてるようで・・って、この私のスレはマズいかな。

4さん、神戸さん、私もまだまだテクについては「お疑問いっぱい。」です。
他のカウンセリング技法との異同など、またお願いします。

300 ::2001/06/02(土) 02:12
皆さんの書き込み読んで、やはり商業ベースで精神をいじくるのはヤバイなと思いました。
しょせん医者でもなければカウンセラーでもない。まして霊能者でさえない(爆)2chで語る時点で、批判が多いのは仕方がないにしても、これだけ被害者がいるとは・・・・・。
ずいぶんといい経験した人も多いですが、ここで愚痴る(失礼)人ほど、本当は効果があるようなものじゃなきゃ、あの広告はひどいな〜〜と思う。
マスターコースはすでに説明があったけどウィザードはいまだ未練残すコースなので、通りすがりさんにとおりすがらないで貰って色々教えてもらいたいな〜〜。

>269さん
さみしさ、孤独さ・・・・・
それは私も経験しました。それは長らく経験したことのない素裸の自分になっていくからなんでしょうね。
でも、その状態から世界(外部)を観てみてください。わたしはすごく心が透明になって、さみしささえ消えていきました。
時が止まったようでしたよ。

そして後日クリシュナムルティを読みました。「生の全体性」です。心が空っぽな状態を愛と呼ぶなら、そこには悲しみがあり、さらに先があるとかいてありました。
そう、愛って慈「悲」ともいいますもんね。

私の勝手ですが、いまあなたの感じているものを私も感じているようで、なんか涙が出てきました。
自然に・・・・。

ついでにアバターへの思いも消してみては?もうあそこになんらなの思いを持つ必要はないと思います。
「ありがとう。そしてさようなら」と。

>アウトサイドアバターさん
すみません。確かに2部を味わってからでも十分ですね。1ヶ月間返金希望できるんですもんね。
3部にいっては?とはいいすぎでした。失礼いたしました。

>通りすがりさん
私とあなたとではアバターへの受け留め方に温度差を感じますが、嘘偽りは一切感じません。
本当にいう通りだなと思います。
ただ、少し深く関わりすぎたのでは?というきもします。
アバターのスターズエッジ社があなたを救うわけではないです。わたしも自分と向き合うのが怖かったです。
マスターに追い詰められて初めて自分をみました。
ああ、自信がなかったんだな〜〜と気づき、そういう自分と向き合うことは怖いことじゃないと思えたわけです。
その時も涙が出ました・・・・

それまでにはすごくじかんが掛かりました。
アバターの矛盾はドンドン暴いてください。そしてアバターから受けた傷はアバターテクで解決するには抵抗があると思います。ここに起きたこと、あなたや多くの人を傷つけたアバターのいい加減さをここに書き捨てて、そして忘れて欲しいです。それでかなり被害者は減ります。そして冷静に自分に起きたことが見つめられると思います。
あんなくだらないマスターに注意を奪われないようにだけ、アドバイスさせてください。

301 :ヘレ夫:2001/06/02(土) 05:15
昨日初めて2chに来ました。アヴァターなんて単語をこんなところで見るとはっていうのが正直な感想です。

ていうかみんなウィザードのテキストくれちゃるよ!
だっておれもただでもらったんだもん。まわしちゃおーかここで。ほんで俺スターエッジから訴えられんの。
そーしたら元々ただのインスピレーションに登録商標つけて商品化することが起こしているこの混乱状態
を収束させるために俺は被告席にたってもかまわんよ!そんでゆっくり話ししよ。みんなで。

っていうかもう泣キテーヨ!
自分たちが見ているものが何かもわからない人間が簡単に教師になれるのはかまわないけれど、
アヴァター枠でくくったコミュニティだって結局のところ今の社会での支配的な序列的価値体系に裁きは収斂されている。
裁かず誤解せずなにか認識しているなどとRマーク(thought storm(R)とかね)のお墨付きを得て思いあがれる人はそれで構わんが、そういう人は今この瞬間の自分の認識能力に限界がある事を知れ。といいたい。
イエスが死に際して「父よおゆるし下さい。みな自分が何をしているのかわからないのです。」と言った事の意味をくだらない教会史、神学体系の変遷などのテーマでなく吟味する事に直面して欲しい。
(アヴァターを教えてる人でここ見てる人いんのかな?見ていて欲しいが。)

なにが言いたいかと言いますとですね。次の2点です。
1.インスピレーションに登録商標をつけるな。全ての存在において経験の基本的構造は同じである事を逆手に取るな。
  もしくはつけるのは構わないがつける事で起こしている、起こるであろうことについてテキストに意見を書け。
  「アヴァター創始者ハリー・パルマー」なんてエリート意識剥き出しの翻訳者がつくっている意図的な誤訳
  の弊害に付いて断りを入れよ。登録商標にした時点で起こりうる「セカンダリー(R)」について想像しうること
  を人として書け。無謬性を主張するな。契約書を取っている以上、近代所有権法に基づく契約の相方にすぎない。

2.アヴァター初期テキストについて云々しているこれらの問題はウィザードテキストを見てハラ抱えて笑い飛ばす事で全て 何処かへ行ってしまいます。逆にウィザードみて余計にハリーが偉く見えた人はよっく自分を見つめた方がよいでしょう。
 残るものはコースでの異様な人間関係の中で演じた自分の統合しにくい人格のみ。
 特にここで苦しみの書きこみをしてる人の多くは余計にそうではないでしょうか。
 ウィザードだろうがヒーラーだろうがおでこにスターエッジって書いてあったらそれはダサイだろう。
 マスターと称する人々は一体なにがやりたいのか、ホントニ自分ででわかってるのだろーか。
 癒しでも起こしているおつもりか。それとも受講生総ビル・ゲイツ化でも期待しているのか。イエス化でも構わんが。

 ハリー氏は自分がアバターをシステム化するに至る過程を「意図的にいきる」などで書いておられるが、ハリー氏の程度 にinteligent infinityのエネルギーを通す事は初歩の初歩である。ヘンリー・キッシンジャー著、であってもあの本はおか しくはない。その程度の物である。それより、それを商品化するに至る執念のほうがよく彼のしている事を物語っている。

荒っぽいけれども真意の伝わっている事を願う。 

302 ::2001/06/02(土) 10:24
うう、上の書き込みがうまく理解できない・・・・
受講生総ビル・ゲイツ化ってどういう意味??怒っているのはわかったけど・・・
ウィザード情報きぼん〜〜〜

303 :panel@24i.net:2001/06/02(土) 18:19
ヘレ夫 さん >ウィザードのテキスト情報ぜひお願いします。

みなさん>
アバターコース的効果が期待できるものなにがありますか?
どこかでやってませんか?
なかったら作りたいです。どうでしょう?

304 :中立者:2001/06/02(土) 22:19
 再び、中立者です。(2度目の登場)
 凄い数のレスですね。

 何からお話しすればいいのやら…。
 取り合えずは、現時点でのアバターに対する評価からいきましょうか。

 一言で言えば、「アバターは、インチキであり、また、インチキでない。」
 何か矛盾した言い方ですけど、分かり易く説明します。

305 :中立者:2001/06/02(土) 22:20
 まず、最初の「アバターは、インチキである」の説明。
 これを説明するために、受講動機からお話します。
 私がアバターを受講しようとした動機と言うのは、アバターの広告の謳い文句「意図する現実を創りだせる」というのに惹かれたからなんです。
 巷に出ている潜在意識論、成功哲学etc.(これらもアバターマスター同様、ピンキリ、玉石混交です)。
 私自身の体験上、あるいは他人の体験等を見聞きした上で吟味し、以前から、この潜在意識云々、成功哲学…に対して、否定できない何かがあると感じてました(まぁ、こんなことを言ったら、「それはオカルトだ!」「インチキだ!」なんて反発する人もいるでしょうね(笑)。でも、やはり、私は否定できないものと思ってます。この正否について、議論するつもりはないので念の為)
 そんな中、ある日、「アバター」なるものをネット上で知ってしまったんです(某掲示板にアバター受講生が「素晴らしい!!」と絶賛してまして…(;_;))。(名前だけは、VOICEの広告で聞いていましたが)
 その掲示板には、その受講生のアバター絶賛の感想と共に、ご丁寧にも、例のアバター宣伝マンの体験記のリンクが張ってありまして…。「んっ??、どれ見てみるか!」と見てしまい…。浅はかにも、「おおっ!、これは!!。ひょっとして、従来の潜在意識云々を遥かに超えるものなのかもしれない!!!」と思ってしまった訳なんです。(苦笑)
 早速、「意図的に生きる」を読み、ネットで検索した営業マスターのHPから、日程、家からの距離等々を考え、某悪徳ヘナチョコマスターのもとで受講することに決めた訳です。

 なので、私にとっては、「トラウマをとる」なんてのは、二の次、三の次。アバターテクニックにより、「意図する現実を創造」できるか否か?、これが重要だったのですが…。
 これに対する現時点での私の評価は、×。
 あくまで、アバターは、心理学的手法に過ぎない。アバターで謳っている、「意図する現実を創造する」というのは、心理学的手法により、気持ちが前向きになる → 前向きな行動が可能となる → 現実が好転する、といった極めて当たり前の話に過ぎない、と考えてます。
 そうするなら、あの広告は、超誇大広告。真っ赤な偽物といっても過言ではないでしょう。
 この意味で、「アバターは、インチキである」と思ってます。
 …なので、私が感じていたアバター最大の矛盾、例の「スターズエッジが裁判を起こしまくってる」件。これについては、「大風呂敷のヘナチョコスターズエッジは、意図する現実なんて起こせるはずもないのだから、自らとり得る自己防衛行動として最適な訴訟の道を選択してるんだな。全く、このうそっぱち野郎が!」というのが感想ですね(苦笑)。
 やはり、アバターのテクニックでは、「マスターのためのハンドブック」に載っていた様に、「自己の宇宙」にしか影響を及ぼせないのでしょう。

306 :中立者:2001/06/02(土) 22:21
 次に、「アバターは、インチキでない」の説明
 上述した様に、アバターは、あくまで、心理学的手法なんです。(この点は、既に多くの人が「アバターのテクニックは、他の心理学的手法の寄せ集めである」と投稿されてますね。)
 なので、各人に効果の差はあるとしても、「それなりの効果」は期待できると思ってます。
 この意味で、「アバターは、インチキでない」と思ってますが…。

 おまけ
 受講してみようかと考えている人へのアドバイス。
 「トラウマをとりたい」などの動機で受講しようとするのなら、満足する可能性があります。(へなちょこマスターの下で受講しないというのが、前提ですが)
 しかし、…
 単に、それだけなら…
 アバターでなくてもいいのでは??
 だって…、受講料がべラボ−に高いので。他の手法でも充分だと思うのですが…。
 個人的に値段をつけるなら、まぁ、3〜5万といったところでしょうか…。

 TFTの話が出てたので、次回は、TFTの情報をお伝えします。
 取り合えず、これで試してみてはどうでしょう??

307 :中立者:2001/06/02(土) 22:48
   ↑
 私の意見はNO.260の一応マスターさんと同じですね。

・269さん(及び、アバター受講を考えてる人)へ。
 TFTについて私の知る情報をお知らせします。
 http://www.iff.co.jp/froitline/ontv.html
 http://www.ryomonet.co.jp/2-ishiidental/ishii_shika.html
 http://www.ss.iij4u.or.jp/~nannnan/pd.top.html
 http://www.fili.co.jp/
 ↑ フィリのHPですけど、「FILI books」のバックナンバーをクリックして、55号を見てください。TFTの記事の一部が出てます
  http://www2.cnet.ne.jp/tuji/psy/psyetc.htm
 http://www.sohot.gr.jp/~ptsd/CARE/tft.htm
 http://www.joho-shimane.or.jp/chushou_comp/patanjal/2000.htm
 http://www2.ttcn.ne.jp/~marine/diary.htm
 http://www.shinkyu.com/hiki/tft.htm
 http://www.shinkyu.com/hiki/stft.htm
 http://homepage2.nifty.com/shim/

 TFTを改良したEFTについて
 http://homepage1.nifty.com/tips/eft/

・268さん
>みなさんが有り難がっているCHPも門外漢の私でも
>知っている心理学関係の技法にそっくりです。
>それはアバターより遙か以前から存在し知られています。

 それは、何と言う技法なんでしょうか?
 参考になる本などがあれば、教えて下さい。

308 :フーちゃん被害者:2001/06/03(日) 00:59
私もふうちゃんの感想を見てアバターを受講しました。
あの感想を鵜呑みにして受講したら本当にズッコケますね。
私は、満足する結果が得られないのでふうちゃんに何度も質問したのですが。
「それは貴方の体験であって体験する事は人それぞれだから別にかまわないよ」
って言われました。
その後も訳のわからない「まずその気持ちを感じて……」とか言われて・・・
いつになったらアバターの効果があるんだろう?????と暗中模索状態でした。
そんな時にこのBBSを知り「あ〜そういう事だったのか・・・」と思いました。
特に裁判の話は驚きです。
だって意図的に生きるでも裁判を否定していましたから。
もうタダのトラウマ解消法だったなんて…。
馬鹿みたいです。
でも、通りすがりさんや中立者さんの言う事は筋が通っている様に感じます。
ところで良いマスターっているんですか?
もしいるのなら誰ですか?

309 :ひま人:2001/06/03(日) 01:12
ヘレ夫さん
私は来年ウィザードへ行こうと思っていたものです。
そんな、笑ってしまうコースなのですか?マジ、テキスト見たい
です。
「残るものはコースでの異様な人間関係の中で演じた自分の
統合しにくい人格のみ」というのを詳しく教えてください。

310 :中立者:2001/06/03(日) 02:29
 現時点での私のアバターに対する評価、あれが受講後、紆余曲折して得た大ざっぱな結論なんですが…。
 最初の投稿で、「アバターはインチキだ!」の一言でバッサリ切り捨てるつもりはない、と言いました。これは、4さんの仰るように、
「アバターテクもそういう視点であれば、単に心理技法でしかありません。私はアバターを心理技法の寄せ集めだとこれまで書いてきました。それは事実です。 しかし、それをあるコンセプトで取り集め、そして使って向かう方向性に「ホーリスティック(全体論的)」なものを感じます。」
 と同様に感じているからです。
 単に色々な技法を適当に、あちこちからもってきて、くっつけただけのコースでない。なんらかのコンセプト(これが背後にあると思われるアバター理論)で、適切に取捨選択し、創ったコースと感じるからです。(好意的にとってるのかもしれませんが、今のような組織(スターズエッジや営業マスター網)ができる以前、ハリー1人でアバターを創った時点では、組織の論理が混在してないまともなアバター理論が彼の頭にあった…、そう考えてます)

 しかし、現在のアバターコースには、通りすがりさんが指摘されたような「明らかな」矛盾は、多々見受けられます(私も知る限りでは、ほぼ同意見です)。
 私は、コースを既に受講した以上、そこからより多くのものを得たいと思ってます(30数万分相当のものが得られるかは、さだかではありませんが(笑))ので…。
 だから、アバターに存在する矛盾を暴き、「心理技法」として整合性のあるアバター理論が浮かび上がってくれれば、と思いまして…。

 なので、矛盾に対する皆さんの意見、及び、どう解釈するのがよいのか等々、やりとりできれば良いな〜と思っております。
 取り敢えず、通りすがりさんの指摘された矛盾点を勝手にまとめさせてもらいました。

1へなちょこマスターが多数存在
2「すべての価値判断を手放す」練習をしたはずなのに「価値判断をしてしまう」マスター
3営業マスターは、アバターを批判するものに対して過剰に反応
4上納金システムの存在(マルチまがい?)
5アバターを宗教として祭り上げてる思考力の欠落したアバター信者
6コース代金が高額過ぎる。
7エンロール(勧誘)の存在、その他コース運営上の問題
8さりげなく威張ったマスター
9「EPCの実現」→「すべての人が高い境地の世界の実現」という発想
10「白虫・黒虫」 → マスターコーステキストに出てくるこの概念
11アバターコース運営上の問題があり、アバター理論の珍解釈、歪曲、情報の歪み、思い込み、早合点、間違いなんてのは起こるべくして起こってるね。
12日程的にスムーズ過ぎて、手を抜いているんじゃないか? と懸念されるマスター。
(誰が受講しても、ピタッ ピタッと9日間で完了してしまう)
13誇大広告
 ↑
この1〜13は、へなちょこマスターやアバター信者、コース運営上の問題など、無視すれば済むことだと思いますが…(むかつくことはむかつきますけどね(笑))


1「それはあなたの創造です」
2「生きた学びと言葉による学びがある。アバターは生きた学びです」
(だから、マスターは受講者には、教えてはいけないことになっている)
3スターエッジ社の裁判
4営利目的のための巧妙に組み込まれている制限信念(コース教材にあちこちに、 「タダほど、高いものはないのです」とか「スピチュアルな教義は、レベルの低い弟子によって、台無しにされる」とか、洗脳の教義がちりばめられていて…「CHP泥棒」の話 宗教の信者を囲む初歩的な手口の存在)
5「CHP処理」自体が、アバター理論と不整合を起こし、矛盾している
6そこらへんの心理学技法の寄せ集めじゃないのか?
7「他者の宇宙はコントロールできない」
8「他者や他者の宇宙とは合意しないといけない」
9「アイデンテテイは消滅させるべきもの。中立にならないといけないのよん」

 ↑
しかし、これらは、アバターの本質的問題のような気がします。
皆さんは、この矛盾をどう理解(それとも無視?)してますか?

311 :ヘレ夫:2001/06/03(日) 03:51
ちょこっと。
・各宗教・各人・ニューエイジ関連でメタフィジカルな領域の呼称がいろいろあるがそれについて話すに際しての問題に
「〜とりあえずこういう風に整理(名づけ)しましょう。物質界・アストラル界・精神世界・・と
(原文ママではない。)」
とか
マスターコースで扱われてるのか知らないが、エンティティ・パラダイムだったかな、そんなプログラムがあります。
低俗な言い方で嫌だが、しいて和風に言えば霊障の扱いについてのプログラムなど。

まあこのような内容があったりします。
(他の事はもう少し様子を見させてください。ほんとに告訴される可能性もありますから)
ここで色々な人が述べられていること、「そうだな」と思います。
その上で301を書いたつもりです。
やりたい人がコースを受けるのは関知の外にあります。
アバターコースに本質的なものが含まれていないなどと言う気もありません。
それなりには含まれています。人のやることですから。

ただ、ここの掲示板で書かれているような反応・思推の延長線上にある何かを
求めるにアヴァターコースに固執する必要性はマッタクないというのが僕の意見です。
どうしても・・・という気持ちがある時は「何故?」ってことを普通に考えてみるのがよいように思います。
人によっては予め原人から新人へ進化するように用意されているプログラムをわたって行く事で、あたかも
精神的な階梯を登っているような経験をするかたもいるかもしれません。
(アバターコースは一般人、マスターちょっと進んだ人、ウィザード精神的なことがわかる人、といった階梯的プログラムになっていると思います。)

ですがアヴァターはハリーの実験に過ぎないと思います。本人も書いていますが、
もっと文字通りの意味で実験だと思います。別にマスターが卒業者をマイ・プロダクツ
と呼ぶからではありません。

・・・・・・あまりに遅いのでまた書きます。
メルアドなどは今はまだ載せられません。すみません。

312 :AGE:2001/06/03(日) 14:07
AGE

313 ::2001/06/04(月) 16:25
>・各宗教・各人・ニューエイジ関連でメタフィジカルな領域の呼称がいろいろあるがそれについて話すに際しての問題に
>「〜とりあえずこういう風に整理(名づけ)しましょう。物質界・アストラル界・精神世界・・と
>(原文ママではない。)」
>とか
>マスターコースで扱われてるのか知らないが、エンティティ・パラダイムだったかな、そんなプログラムがあります。
>低俗な言い方で嫌だが、しいて和風に言えば霊障の扱いについてのプログラムなど。
>まあこのような内容があったりします。

これは「インサイドアバター」にも記載されているこう全情報につきご心配なく。

しかしながら内容の詳細はわかりません。ぜひおしえて!
>ただ、ここの掲示板で書かれているような反応・思推の延長線上にある何かを
>求めるにアヴァターコースに固執する必要性はマッタクないというのが僕の意見です。
>どうしても・・・という気持ちがある時は「何故?」ってことを普通に考えてみるのがよいように思います。
よくわかりませんが、最後の「普通に考えてみる」は少し楽観的過ぎかな?と思います。
もちろんアバターに固執する必要がないのは言わずもがな。
ただし、自分を自分で理解するのは通り抜けねばならない壁がありますよ。
考えたり調べたりするきっかけは確かに普通に考えるです。しかし、かならずといっていいほど壁にぶつかります。
心理技法はある意味思考パターンのモデルケースを踏まえたパターン突破スキルです。
操作するのはセルフヘルプなら自分、重度でカウンセリング治療要するものにはカウンセラー
が使います。そして最後に飛び越える納得するのは「自分自身」です。
ある程度まで補助輪つけて自転車乗ることも場合によっては必要ですよ。
ただ、あなたの自律したすがすがしさは理解できます。
ウィザードを経験してのことでしょうか?

314 :通りすがり(その23):2001/06/04(月) 18:47
え〜、「通りすがり」です。

>名無しさん@お腹いっぱい。
>貴方は、とても上手にアバターというものを説明されています。
→さんきゅーです。

>215さん
>上級コースについては皆さん知りたい所だから、お疲れとは思いますが、がんばってレス続けてください。
>通りすがりさんの感じ方や、同じく参加した人たちがどのようにやっていたかも、できればお願いします。
→ 了解しやした〜。あまり参考にならないかもしれませんが、少しづつ、ということで・・。

>4さん
>マスターコースはすでに説明があったけどウィザードはいまだ未練残すコースなので、通りすがりさんにとおりすがらないで貰って色々教えてもらいたいな〜〜。
→ 了解しやした〜。(今日はウイザードコースについていくつか書きます)

>私とあなたとではアバターへの受け留め方に温度差を感じますが、嘘偽りは一切感じません。
>本当にいう通りだなと思います。
→ ありがとうございます。

>ただ、少し深く関わりすぎたのでは?というきもします。
>(中略)
>アバターの矛盾はドンドン暴いてください。そしてアバターから受けた傷はアバターテクで解決するには抵抗があると思います。ここに起きたこと、あなたや多くの人を傷つけたアバターのいい加減さをここに書き捨てて、そして忘れて欲しいです。それでかなり被害者は減ります。そして冷静に自分に起きたことが見つめられると思います。
>あんなくだらないマスターに注意を奪われないようにだけ、アドバイスさせてください。

→ アドバイスありがとうございます。もう2年前になりますから、今では全然、大丈夫です。
ここで、チト、私の立場を明確に。
@私はアバターの被害者ではありません。アバターなるものを受講しましたが、
すべてをインチキだという結論に帰結させるつもりはありません。
(マスターもすべてがいいかげんとは思ってません。多いのは事実ですが)
→ ただ、アバターを受講して「どうも効果がなかった」という人の立場も
十分にわかりますので、その点は配慮すべきだ、との立場を持ってます。

→ 現在の私のアバターに対する評価も、他の皆さんとほぼ一緒だと思いますが、
・組織、コース運営 、一部マスター ×
・アバターテクニック・技術 △(効くものもあるだろし、そうでない、
信念体系化したものもある)
・コア・コンセプト ○ → この点は、4さんや中立者さんおっしゃやるところの、
「それをあるコンセプトで取り集め、そして使って向かう方向性に「ホーリスティ
ック(全体論的)」なものを感じます。」 とまったく同感です。

→ 本当に単に「心理学的技法」を寄せ集めたものであったとしても、
統一性、というか全体的なコンセプトに魅力を感じてしまいます。
(それが私の受講動機でした)

>ヘレ夫さん
>ただ、ここの掲示板で書かれているような反応・思推の延長線上にある何かを
>求めるにアヴァターコースに固執する必要性はマッタクないというのが僕の意見です。
という意見もありましょうが、ま、性分なのでしょう。「未知なるものは解明したい」
という好奇心の虫が走るのは私の性分のようです。(笑)
(ヘレ夫さん、すいません。ついでに、4さん同様、bR01が私も難解なのですが・・
(笑) おっしゃっていることは伝わってます)

315 :通りすがり(その243):2001/06/04(月) 18:50
A私の論点は、以下に集約されます。
(1)「精神的な知的財産」商業化の反対
「スピチュアルなことに取り組む人は、聖貧でいい」という考えには反対しますが、
(精神的なことに関わっている人は金もうけするべきではない、という考えには
反対しますが)
だからといって、高すぎる不当な料金をとってもいいとは思っていません。
正直に言えば、アバターコースの30万は、高いと思います。
(ただ、高い安いの価値判断は人によります。いずれにしても人の意見に
依存することなくその判断は自分で決められます)
まだまだ、社会一般的には、おいそれと、受講できない金額だと思います。
ところがこれらを正当化する記述がリサーフェッシングにも、
マスターコーステキストにも、いろいろなところにちりばめられているのです。
「タダほど高いものはない」とか、
「無償で提供されるものに、効果があったためしがないのです」とか、
自分たちの教義を正当化する合理化理論があちこち、書かれてます。
私はこれに対して異を唱えるものです。
経済的な問題が片付くのなら、私ははっきりいえば、無償で提供されるべきもの、
人類共通の資産として管理されるべきもの、と思っています。
一部の人たちの、営利目的に使用されるべきものではない、と思ってます。
(もちろん、これは私の単なる意見であり、これに反対する人もいると思います。
それはそれで構わないと思ってます)
従って、そういう意味では、
>ヘレ夫さん
>インスピレーションに登録商標をつけるな。
ヘレ夫さんと、とまったく同感・同意見です。ついでに、古今東西の文化・伝統・
技術などの恩恵を享受しておりながら、さも自分たちのテクニックが「オリジナル
で素晴らしい」のだ、というプロパガンダ(喧伝)をするな、と言いたいわけです。

(2)スターエッジ社の諸政策は不誠実である
(1)から当然のごとく派生するコース運営上の制限(スターエッジ社の
営業戦略・営業理論・営業方針・営業政策)は不誠実な手段・方法である。
前回書き込んだ、
・マスターは「教えない」という戒律(批判点は@これを品質管理議論に
するかえていること Aアバター理論の歪曲・混乱が生じていること
B教えないことをいいことにいいかげんなマスターの粗製濫造の温床に
なっていること)
・「非公開」の政策 → マスターはマスター、受講者は受講者と隔離する
結果となり、分離を助長(マスターは秘密、舞台裏が好き→スターエッジ
社の営業戦略と契約さられているため)
・ 「契約・合理」といいながら、最初のアバター受講時は、グリッドや、その
他アバターコース上の制限事項等について十分な説明がなされないこと。
等、それらの営業政策理論(制限信念)が当然の如く是とされていること。
これらは不誠実だ、と私は「ラベル」を貼ってます。

316 :通りすがり(その253):2001/06/04(月) 18:50
(3)受講者ニーズを真に満たすシステムではない。
(1)から、当然の如く「組織運営」が必要となり、
・「EPCの実現」(目標の提示)、「グリッドシステム」(上納金システム
によるアイデンティ奨励システム)、「エンロール」(営業活動)→
(商業ベースで組織を立ててやっているのだから、営業活動は発生する。
アバターに「エンロールがない」とうのは嘘だということが少し考えれば
すぐわかる。「エンロール」と名札を貼るからわかりにくいのであって
「営業活動」といえばすぐ理解できる)、
などの補完システムがかえって、受講者ニーズ「精神的な成長」「苦悩からの
脱却」「未知なるものの知りたい・解明したい」等の要求とは乖離が発生して
いること、結果、宗教団体と本質が似通った組織となって、新たな信念・信念
体系の再生産化団体と堕する結果となっていること。また、一部のアバター理論
に論理的不整合・矛盾を引き起こしている結果になっていること。
つまり、ニーズに対応できていない。

→従って、宗教信者と体質を同じとする、よくわかってないマスターが253の
のような発言をすると「燃える正義の使者」というアイデンテティをかぶり、
烈火の如く、怒ったりもしますが・・・。(笑)普段は冷静です。
→ 「スピチュアルなもの」を広げるときに、従来の「宗教」組織とせず、
「宗教」が抱える布施(信者との依存システム→教義に経済的見返り(対価)
を払うのか払わないのかの是非論(仏教は昔、教えに対して「布施」は
とっていなかった)、集金するための教義・イニシエーションか、それともその
逆か・・などの金銭にまつわる諸問題)の問題を解決して、割り切って
受講料、グリッドというシステムとともに「商業」組織化した、
というハリーの最初の発想、努力は買うのですが・・。では、経済的な問題
の解決を含んだ、「組織運営」のあり方はどうあるべきか、などは私も結論が
ついておりません。
→ しかし、これら「組織運営」の補完システム(商標登録、著作権、など)を
めぐって実際に裁判を起こしているのは事実です。
(制度を創ったから防衛しているのか、最初から、その意図かは不明。やはり、
(1)の発想から、起こるべくして起こっている、という見方もできますが・・)
(→著作権法が悪い、裁判を起こしていることが悪い、とは言ってません。念のため。
むしろ、そもそもそういうふうにすぐ短絡的な「いい悪い」の価値判断するとき
に信念は透明化する、と言ってます)

→ そういう意味では、
>4さん
>そしてテクはならっても、組織としてのアバターとは距離をおきことを勧めます。
と同意見です。組織ではなく、純粋にテクニックについて探求・習得すればよいか
な、という立場です。

317 :通りすがり(その26):2001/06/04(月) 18:51
Bそういう意味で、いろいろ批判しておりますが、
アバターに限らず、価値判断・信念を転写して依存者を操作する、成長ゲーム
にいざなう仕組み、システムであればなんでもそうです。
私ははっきりと「自己決定能力」を低下させる仕組み、運営、意図、システム、
体制、手段、方法などに対しては、異を唱える者です。
(その点で、アバター理論の不整合・矛盾点などを提示してます。従って、これは私の
単なる主義主張ですから、信じる必要はありません。私の意見を参考に自分の動機・
目的・選択・意思決定する必要はサラサラありません。しかし、これまで言ってきた
ことは私にとっては真実です)

では、今日は、ウイザードコース内容に多少、触れてみます。
そのまえに、グリッドの話を簡単に。(知りたい人も居るでしょうから)
(1)コミッション・グリッド制度
・段階的ロイヤリテイ:
→マスターの種別:大きく大別して、(ロイヤリテイ上からの区分は)
@暫定マスター A認可マスター Bスター・マスター
に分類され、それぞれスターエッジ社に支払うロヤリテイが異なる。
(つまり、多くのアバターを誕生させたマスター(スター・マスター)ほど、
支払いは少なくなる。
それぞれ、@暫定マスター(10名以下の受講生を修了させた)→25%のロイヤリテイを支払う。
A認可マスター(11名以上20名以下の受講生を修了)→20%
Bスター・マスター (20名以上の受講生を修了) → 15%
数字は、受講料のパーセンテージ。つまり、新米マスターが初めて最初の受講者を
一人修了させると、受講料32万の25%=8万をスターエッジ社に支払う。
まだ、営業マスターとして商売を始めて10名以下の実績だと、受講者一人当たり
8万をスターエッジ社に上納する。
・暫定マスター
ロイヤリテイ上の区分より別に、暫定マスター(1年間の暫定認可:免許)は、
マスターコース上で、@アシスタント Aインターンマスター B認可マスター(暫定)
の大きく3つに分けられる。Aのインターンマスターは、まだ細かく段階があるようだが・・。
QM(クオリテイマスター)とは、単に長年、営業マスターをやっている人の称号。(ほぼ、
スターマスターと同義。制度上の呼称ではない)
→ マスターコースを受講して初めて、このマスターの種別、コミッション・グリッド制度の存在が
あきらかにされる。
→ そして、マスターコースの最終日は、上記@〜Bの認定を受ける。(別にマスターとなって
デリバリをしない人でも全員、あなたの実力は、アシスタントだよ、とか、まだまだ、
認可できないね〜とか、で判定される)→従って、最終日は、全然、コース
どころではなくなる、人数が多い場合、1日かけて、認定書と修了書および、
書面契約をするので、それだけで終わってしまう。もう、お祭り騒ぎで、
最後にダンス大会をして、明日の帰宅の航空便の時間を気にしながら、
ハメをはずして徹夜で飲み明かすために、コース最終日は皆、ウキウキして
いて、そして、夜の街に繰り出す。
(ま、長いコースが終了した最終日ですので・・)

318 :通りすがり(その27):2001/06/04(月) 18:52
→ 私の場合、まったく、上記を知らされてなかった(人によっては噂程度でも、
最終日の判定式の存在を知っていた人はいた)ので、
少しびっくりしたが、マスターコーステキストに、この制度のことは記載されていて読まさ
れるので、最終的には誰でもその存在を知ることになる。判定するために、
いいかえれば、コース中は、スターエッジ社のトレーナが常に目を光らせて監視している。
監視といえば大げさだが、エクササイズのやり方、休憩中の態度、コースの進み具合、
などを各受講者を何人かづつ、に分けてそれぞれ、スターエッジ社のトレーナが担当して
それとなく、出来具合、態度、表情、動作を探ってます。
(私もこれを知ったのは遅まきながら、マスターコース最終日の判定式で。もう、びっくり)
→私が受講したマスターコースでは、「なんで! 私がアシスタントなのよ!」とスターエッジ社
のトレーナに食ってかかった受講生がいたとか・・。
「こんな判定、誰が決めてんのよ!」という怒りにトレーナいわく、「それは私たち、
スターエッジ社のトレーナが決めます」と涼しい顔したとかしないとか。
→ 始めてのマスターコースで、一発でBの認定(暫定)マスターになる人は少ない。
(フルライセンスの取得=単独でアバターコースを開講できる)
100人いて、2〜3人くらい(フルライセンスの取得)
ほとんどが、Aのインターマスター(実習生)か、Bアシスタントと判定される。
デリバリしようとするマスターの中では、もう5回もマスターコースを受講しているのだけど、
まだ、フルライセンスがとれない、というような人も中にいる。
(注:1999年当時の状況。今は多少変わっているかもしれない)
→ 恐らく、へなちょこマスターのほとんどがインターン中(実習生)であると
推測される。中には、トップマスター、フルライセンスマスターでもおかしい人はいるが・・。
Aインターマスター以上が暫定マスターとなる(ただし、インターンマスターは単独ではコースを開講でき
ない。必ずフルライセンスマスターのコースに参加して修行しなくてはならない)
Aインターマスター以上と判定されると、非公開の「アバター教材第2部・第3部」の教材
が渡される。ただし、それと引き換えに契約をさせられる(例の著作権保護、
第3者に絶対開示しないという書面契約)
厳密に言えば、アバター第2部・第3部の教材をコース開催に限ってコピー(複写)する
権限が与えられる。
→アシスタントは教材が与えられない。必ず、フルライセンスマスターが参加している
コースに参加すること。何も権限はない。末端のアシスタント。受講者に
教えてはならない。インターマスターは、アバターコース第1部リサーフェッシング(2日間)
に限って単独でコースを開催できる。但しその受講生が、第2部第3部へ進む時は
フルライセンスマスターのコースに参加して、「ライセンス取得のためのインターン(実習)プログラム)」を
実施して実績を積まないといけない(認可マスター=フルライセンスマスター)
特に第3部の秘儀イニシエーションは、フルライセンスマスターでないとやってはいけないことに
なっている。インターンマスターはただ、フルライセンスマスターの支援、コース援助するのみ。
→ アバターコース(第1〜第3部)を受講した人ならわかると思うが、多くのマスターが参加
しているなかで、誰がインターンマスターで誰が、アシスタントで、誰がリーダー(フルライセンスマスター)なの
かは区別がつかなかったはず。
彼らマスターは、受講生が、アトーメントや、FIや形を数えるために外出している
間、裏舞台では、「あなた、シリアスドリルが十分できてないわよ!」とか、
あの受講生は、こうしよう、とか、そろそろ、第3部にあの受講生はいかせても
いいんだけど、あと少しね、とかいろんな協議したり、作戦立てたり、新米マスター
(インターマスター)に叱責したり、してる。 → んなことは、受講生は全然知らないはず。
→ もちろん、このマスターの種別も、グリッド制度も、マスターコーステキストに書かれていること
だから、受講生、その他一般の第三者には言ってはならない、とされている(非公開)

319 :通りすがり(その28):2001/06/04(月) 18:54
・グリッド:
「暫定マスターが支払う余分の10%はロヤリテイと認可マスターが支払う余分の5%のロイヤリテイは、
グリッド・コミッションとして、支払いしをしたマスターのスポンサー(すなわちマスターのマスター)、そして
支払いをしたマスターのスポンサーのマスター(すなわち、マスターのマスターのマスター)に、スターエッジ社によって
支払われます。このコミッション・グリッド制度により、アバター・ネットワークが拡大するごとに構成員
皆が利益を得ることになります」 (マスターコーステキスト: P116 原文のまま)
→ ここらへんが、マルチまがい、あるいは、ネットワークビジネス等と批判されるところ
であろうと推測される。
→ すなわち、ロイヤリテイ(25%、20%、15%)のうち、スターエッジ社はどのマスターからも
15%としか取らないよ、余分はスポンサーマスターに支払うよ、と言っている。
→ スターエッジ社が、暫定マスターから25%のロイヤリテイをもらったら、その内15%はスターエッジ社の
収入とし、5%は支払いをしたマスターのマスターへ、5%はそのマスターのマスターのマスターへ
支払われる。認可マスターから20%のロイヤリテイを受け取ったらそのうち15%をスターエッジ社の
収入とし、5%は支払いをしたマスターのマスターへ送られる。スターマスターからのロイヤリテイは
すべてスターエッジ社の収入となり、コミッションは支払われない。
→ 具体例:アバターコース受講料:30万と仮定する
あるスポンサーになったマスターがスターエッジ社に各自支払う最初の10名分のロイヤリテイから、
5%(15、000円)を受け取る。あなたがスポンサーになったマスターが支払う次の10名分
のロイヤリテイから5%(15、000円)をあなたが受け取る。あなたがスポンサーになった
マスターが別のマスターのスポンサーになるときは、あなたは彼らが支払う最初の10名分
のロイヤリテイにつき5%を受け取る。あなたがスポンサーとなった人がマスターコースを受ける
ことになればあなたはその人が支払うマスターコースの受講料の10%をコミッションとして
受け取る。

→ すなわち、アバターコースの受講料が高額なのは、このグリッド制度に依るところがある。
各構成員にコミッション料と称して、配賦するシステムができあがっている。
だから、マスターは上位コースの参加を勧める。
私の場合、マスターコースで、ヒロが、いちいち新米のマスターコース受講生一人ひとりに「あなたの
マスターは誰なのか?」と聞いていた。 ・・「なんだ、皆、オレの教えたマスターか!」
と言ってはニヤリ。今、思えば金勘定していたのかしらん?
→ 「例:あなたが3名のマスターのスポンサーとなり(これで900ドル)彼らがスターマスターとなり
(これで90万円)、さらに彼らの各々が3名づつのマスターのスポンサーになり、
そのマスターが認可マスターになった(これで135万円)と仮定します。この場合、あなた
が受け取るコミッションの総計は234万(900ドルを約9万円と概算して)となり、
それに加えて150名の新しいアバターが誕生します!」 (マスターコーステキスト:P117 原文のまま)

320 :通りすがり(その29):2001/06/04(月) 18:54
・この制度について、スターエッジ社は、

「1989年1月スターエッジ社は、段階的なロイヤリティの支払いおよびコミッション・グリッド制度を導入しま
した。これはスピリチュアルなものと物質的なものは、分離させねばならないという、昔から
人々が教え込まれてきた固定観念(しつこい塊)を浮上させる結果になりました。
しかし、立ったほこりが再びおさまったとき、この考えはまさに一つのコアセプトである
ことがはっきりしました。それは実に明白でした。私たちが危機に瀕している文明を変容
させることに着手しようとするなら、なぜ、利用可能な最も効果的な方法から顔を背ける
必要があるのでしょうか?」 (マスターコーステキスト:P115 この制度の説明の冒頭。原文のまま)

と言ってます。
→ 私が前回から指摘しているように、こんなスターエッジ社(スターエッジ社は哲学といっている)
は営業理論をまことしやかに、美化、正当化して自分たちの主義主張をあちこちに、
ちりばめています。この個所もそうです。このグリッド制度の説明の冒頭に、こんな
文句を書かれると、マルチまがいは合法なのか、という錯覚を起こされ、思考停止して
しまいます。
→ ここではっきりわかるとおり、スターエッジ社は、「営業(金もうけ)+スピチュアルなもの」
は正当化されるべきだという主張をしています。主張どころか、正面切って、
堂々と自説を主張しています。というか、確信犯的にプライマリーを唱えてます。
(最後の1文は、他に何かいい方法があるのか? ええ、君たち? と挑発しているよ
うな印象が残ってしまいます)
この論理でいえば、私など、スピチュアルなものと物質的なものは分離させるべきだ、
という固定観念(しつこい塊)を持っている昔からの信念体系保持者であり、
彼らがいうところのセカンダリとして浮上したたんなるゴミみたいなもの、という
扱いのような印象を強烈に焼き付けています。これが価値観の強制転写でなくて、
なんと言うのでしょう。
私は、冒頭通り、彼らが言うところの「スピリチャルなもの」と「物質的(この場合金)な
もの」を融合させるべきではない、という主張はしておりませんが、
彼らがいう、「スピリチャルなもの」+「物質的なもの」は正当化されるのだ=グリッド制度
の正当性があるのだ、という主張はまったく短絡的で、開いた口がふさがりません。
言い換えれば、錦の御旗として、「スピリチャルなもの」+「物質的なもの]が許されれば
何をしてもいいんだ、という理論には断固反対するものです。
彼らは単に、詭弁を弄して自らのグリッド制度を正当化・合理化しているに過ぎません。
→ そして、わかる人にはわかると思いますが、上記の文章には、「ECPの実現」という
目標が影響しているのは明白です。彼らはいい気になっているのです。まるで、文明
を変容させるのは我々だ、という傲慢さを持ってます。

以上、グリッド制度についてでした。

321 :通りすがり(その30):2001/06/04(月) 18:55
(2)ウイザードコースの概要
@アバターコース→ 目玉:FI、LI(ラベルイッツ)、SL、そして
第三部の導入セッション(イニシエーション)
→ エゴの肥大化(ハリーがそう言ってます)
Aマスターコース→ 今度は教える側の立場(アイデンテテイ)を通して、さまざまなケースに
対応できる能力を養う。
新しい概念: シリアスドリル(深刻ドリル)、落胆処理、
ソースリストの8番目(実はソースリストは7番目
「私は源だ」で終わりではなく、8番目「世界は私の反映だ」が
開示される)、しつこいアイデンテティ処理(これはマスター
のみの特権で、アバター受講生には教えてはならない、とされる)
コース内容: 「アバターの指導」練習、各種エクササイズ、
(もちろん、マスターとしてデリバリするしないに関わらず、アバター第3部
の導入セッションの練習もしますから、ある程度、導入セッションの仕組み、
からくりが(手順的に)明らかになる)を通して、マスターと
しての指導力と、一部アバターの再確認ができる。
「しつこいアイデンテテイは、アバターコースの「しつこい塊」の延長線上に
その理論がある」 → ななと、ウイアードコースでは、この「しつこい
アイデンテテイ処理がほとんど。
→ 「肥大化したエゴを「私たち」という「視点」に軌道修正する
役割。
Bウイザードコース:
○新しい概念:
・注意:リサーフェッシングであいあまいに書かれていた「注意」の正体について
→その定義づけ:「注意」とは創造のエネルギー(粒子)である。
→ プラスにチャージされた「注意」とマイナスにチャージされた「注意」
がある、とする。→ ウイザーコースは「中立」になることを目的とする。
→ テキスト上では「注意」だけで丸々、1章文のページがある。
「注意の管理
プライマリーを立てることはあなたが創り出したいと望む新しい状況や状態へ
と、注意を向けることです。セカンダリーとは、今でもあなたの注意が固定
されている昔からある状況っや状態です。セカンダリーからプライマリーへと注意を
以降させることが、創造の秘密です。プライマリーを創造できない受講生を見つけ
たなら、あなたが見ているのは注意を管理できない人なのです。こういう受講生
を散歩に行かせて、形を数えさせたり、物体を描写させたり、何か意図的な
活動を行わせる理由はここにあります。あなたは、彼らの注意の管理をする
訓練をしているのです。決断したり、注意を置いたり、シフトしたりそらせたり、
という練習になることは何でも、よい基本的治療法になります。
注意を一個所にとどめておける時間が短いことは抵抗されている過去の経験が
たくさんあることの指標です。狂気とは、現在への注意の欠如です」
(ウイザードコーステキスト:P83 原文のまま)
→ このように、アバターコース全体を端的に表現してます。Fiだ、SLだ、〜だ、
と言わないでも、ウイザードコースでは、結局、「注意の管理」だ、と言ってます。
(このウイザードテキストをよんで、改めてリサーフェッシングテキストを読むと、よく理解で
きます。ウイザードテキストより、私は「リサーフェッシング」のほうがシンプルで、
わかる人にはわかるように構成されているのに驚きます。かくして、
アバターコースで抱いた「現実創造」の仕組みとカラクリへの好奇心は、ウイザードコース
にきて、「注意」というものに収斂されていきます)

322 :通りすがり(その31):2001/06/04(月) 18:56
・スーパーフィール・イッツ(スーパーFi)→多観点化の概念:
源としてwide&backした「視点」の多「視点」 → 「2013:人類が神をみる日」
「シリウス革命」という本で登場する「意識の位置の転換」(対化の等化)と
似たようなもの。
練習:生物と無生物の両方の対象物を選び、まず、2つの視点から、それを感じて
みる。次に4つの視点から、8つの視点から・・と増やしていき、その
創造物を同時に全ての側面から感じられるようになるまで続ける。
・フロート:(浮上物)
定義: 「関連づけられることがないままになっているデータや現象や、既知の
どんなカテゴリーにも属さない現象は、注意を固定する」
これがフロートで、フロートは現実を統合しない結果起こる。
フロートは次のものから成り立つ:
・不完全なデータ、不正確なデータ、またはデータの完璧な欠如
・未完成のプロジェクトと不完全な情報
フロートは誤解によっても構成される。
・適切なコミュニケーションの手順に従わなかった結果
・抵抗されている経験
・誤解されている言葉
フロートは知られたくないとあなたが思っているものによっても構成される
・秘密、および、伝えそこなったメッセージ
・隠された意図
→ ミステリーや手品は、意図的にフロートを創り出すこと(たとえば、「いったいどう
やってあのウサギはあの帽子に入ったのだろう?」によって注意を引き付けます。
→ 秘密や隠された意図は、「これを他人に打ち明ける事は「できない」という整合
していない「信念」によってフロートになっているのです。
うっかり、ばれてしまうことのないように、絶えずそれらに注意を払っていなければ
なりません。秘密を持てば持つほど、その人の力は弱まってしまいます。このことか
ら、告白の持つ力についての洞察が得られますね。告白は注意を解放するのです。
(P13 原文のまま)

→ つまり、人に言えない秘密(例:ウイザードコースの内容を漏らした等)、隠された
意図(例:私はアバターテクニックを盗んで自分で商売するつもりでアバター
を受講した、など)を持っていると、自分のその「注意」のエネルギーで自分を
弱める結果になる、と言っている。そして、宗教(キリスト教等)の、懺悔、罪の
告白することの効用、カラクリ、はこういうものなのだ、というハリーの
洞察が提示されている。

323 :通りすがり(その32):2001/06/04(月) 18:57
(余談)ウイザードコーステキストP7より
「アバターコース
アバターは以上のことに対する良い解決法です。おそらく、これまでで最良のものと
言えるでしょう。アバターは、安全に、また、ほとんど人々の感情を害することもなく、
「自分たちに教え込まれた教化を認識し、経験し、消滅すること」を人々に教えます。
もしもあなたが、「アバターを個人的な価値あるいはサービスとして推進して、それに
受講料を課す」というやり方をせずにこのことを行おうとするなら、あなたはすぐに、
人々が大切にしている(深く教化されている、という意味に読んでください)信念と
衝突することになるでしょう。他人が自分の信念を変えようとすることを人々は
好みません。でもみんな好奇心は持っていて、もっといい気分になりたいとは確かに
思っているものです。」 (原文のまま)
「無料で得られたアドバイスというものは、たいがい、支払った金額だけの価値を
もたないものである 作者不祥」 (原文のまま)
→ ここでも、自分達の主義主張(受講料の正当性)をさりげなくちりばめて
います。自ら、「最良のもの」とラベルを貼っているところが狡猾です。
これらは単なる「信念」ではない、といいたいのでしょうか。不思議です。

→ ここで、フロート処理、フロートランダウンの練習をします。

・「創造処理手順」の詳解。セカンダリーの種類、創造ヅローチャート(うまくいかない
場合の手順、チャート等)

・意識の機能モード: 意識の構造とその機能モードについて
→どの段階から「セカンダリ」が出ているかによってその
対応は違う、と言っている。(各モードの練習もする)
無限定の気づき
霊的領域

@観察
A直感(源モード)
B創始 (プライマリー)
C想像
D思考 (C〜Gはセカンダリー)
E回想
F反応
Gエンテティ放射

暗黒の下界の領域(精神異常的幻視や悪夢)
物理的宇宙

→ ウイーザードコースに出てくる概念は、詳細に解説になっているが、分離を
助長する概念も多く、雑多な感じがする。
→ たとえば、神智学でいうところの意識の段階を彷彿させるような区分分け、
エンテイテイという概念(=EHP処理)

・EHP処理: → そのエンテテイを払う処理をするCHP処理ならぬ、EHP処理。
エンテテイと名札を貼っていますが、宗教でいうところの「悪霊」「不浄霊」「自縛霊」
などと概念が一緒です。

324 :通りすがり(その33):2001/06/04(月) 18:57
→ 極めつけは、ウイーザードコースに出てくるこの「エンテテイ処理−−EHP」という概念
です。CHP処理ならぬ、EHP処理です。
エンテテイとは、肉体をもたない感情体、意識体、・・・というか、
宗教でいうところの「浮遊霊」「自縛霊」みたいなものです。
私たちは、これがたくさん、ついているというのです。そして、EHP処理で、
お祓いというか、そのエンテテイに還っていただく、・・というか、
とにかく中立になるために、それを取り除く処理をするのです。
スターエッジ社のトレーナなど、300時間とか、何百時間も、このEHP処理で
繰り返し繰り返し処理しないと、すぐ取り付かれてしまう。ということらしい
です。
私は、これなど、全然、信じておりません。バカバカしいくらいです。
これでは本当に宗教と一緒です。「エンテテイ」と名札は変えていますが、
宗教のお祓いと本質は、同じです。
(信者固定化、依存化のために、「地獄」という概念を創り出し、〜に
違反したらあなたは地獄に堕ちる、と脅されて、(感情の操作)、
そのために悪霊・悪魔というスケープゴートが創り出されて、あなたは、
「それらに憑依されている」と罪悪感と恐怖でしばりつけ、
そのためにはお払いと教団グッズ、教団の教義、イニシエーションでで救われるよ、
などという信者固定化・依存化(より強固な洗脳)・集金(御布施)化の
一石三丁の作戦です。どこの宗教でもやっている手口です)
どこぞの宗教でも「悪霊撃退祈願祭」なるものがありますが、
これなど、分離の概念そのものです。 善悪を教化している宗教ですから、
それは当たり前なのでしょうが。 ヘビの霊とかキツネの霊とかうじゃうじゃ
いるそうです。
「あなたはキツネの悪霊にたくさん、憑依されているよ」と言われて、
何がおもしろいのでしょうか? 怒らないのが不思議です。 侮辱罪で
告訴しないのが不思議です。
そうやって、世界の半分を否定して、成長ゲームを促す「概念」、
単なる「信念体系」だ、と気づいて下さい。
これについてはバカバカしくてお話になりません。
自分を嫌う思想、相手を憎むことを助長する思想、「私は善人であの人は
キツネの霊がとりついている悪人だ」という分離を助長させる概念である
ことに気づいて下さい。

325 :通りすがり(その34):2001/06/04(月) 18:58
→ハリーは言っていることが矛盾しています。一方で、「中立」を説きながら、
他方で、「そのためにはエンテテイ処理しないと・・・・」と言っているのですから。
なにやら、「エンテテイ」とは、ありもしない「成長ゲーム」を構築するために
生み出された「信念体系」みたいなものです。
別に信じる人は私はそれで、構いませんけども・・。
この「概念」をまともに信じ込むと、
人間関係が悪くなっていきます。当然です。「自分の気に食わないやつ、嫌いな
やつ」には、「あの人はどうせ、戦国時代の武将の自縛霊がたくさん取り付いて
いるからあんなに攻撃するんだよ」とか、
「ギャンブルに熱中しているやつは、ヘビとかキツネの霊にうじゃうじゃ憑依され
ているのだ。くわばらくわばら。私はああはなりたくない」・・・などと、
どんどん、色眼鏡で人を見ることになりますから。(宗教の信者がそうです)
こういった「概念」がなぜ、ハリーが言う「EPCの実現」に必要なのでしょうか。
私にはよくわかりません。
(もちろん、これらは私の感想、意見ですから、信じる必要もなければ賛同する必要
もありません)

・「しつこいアイデンテテイ処理」
→ ウイーザーコースの何日間はこの処理で費やす。アバターコース、マスターコースに出てくる
「しつこい塊」のアイデンテテイ版。
→ 注:スターエッジ社は、この「エンテテイ」「アイデンテイテイ」という
用語、概念にも登録商標をつけているから、要注意。(あきれて口が・・)
→ たとえば、「装われているアイデンテテイ」:一対の対極的特徴の中で、人がそれとして
存在している方の部分。例:「私は善人で彼は悪人だ」という一対の中の「私は
善人だ」、「僕は頭が悪くて、彼女は頭がいい」という一対の中の「彼女は頭がいい」
→ 半分は自分ではない、としている。
「投影されているアイデンテテイ」:一対の対極的特徴の中で、人が他人に投影している
方の部分。例:「私は善人で彼は悪人だ」という一対の中の「彼は悪人だ」、
「僕は頭が悪くて彼女は頭がいい」という一対の中の「彼女は頭がいい」
→ 一方を自分ではないとしている。
→ たとえば、「自分は上司からすぐ怒られる」という判明している方の事象から、自分が
装っているほうのアイデンテテイ、「私はうまくしゃべれない」というものを見つけだして、
両方のアイデンテテイを「経験」して「統合」する、というようなエクササイズ(練習)を
します。

→ 私には、これらは心理学でいうところの「投影」「投射」の理論に理論追加したもの、
という印象しかありませんが、評価は、現時点、まだ結論として出してません。
すべてのアイデンテテイを「経験」して統合すれば「中立」になり、それがウイーザード
コースの目標でもあるのですが、私自身は、まだ、実験中といったところでしょうか。

以上、時間切れとなりました。今日はここまでにしときます。では、また。

326 :直ちゃん:2001/06/04(月) 19:51

某アバターマスターBBSより。
↓これどう思います。


(無題) 投稿者:元アバター  投稿日: 6月 4日(月)19時49分12秒

アバターは議論するでしょう。
なんせ裁判に長けてるって評判ですから。



--------------------------------------------------------------------------------
アバターが議論? 投稿者:管理人  投稿日: 6月 4日(月)09時22分00秒

議論というのは信念と信念のぶつかりあいだから。
アバターならそんな無意味なことはしないでしょうね。

観点の分かち合いならするけど。

議論は一般的に自分の考えを相手に押し付けて、勝利する
ことによって自分が強くなったと錯覚する行為です。
それはエゴとエゴの衝突であり、勝者と敗者,もしくは
意地の張り合いの場です。

重要なのは自分がなぜそれを信じているかであって,
自分の信念が正しいと相手に認めさせることではないと考えます。



--------------------------------------------------------------------------------
議論 投稿者:ナオちゃん。  投稿日: 6月 3日(日)21時37分25秒

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=987845275&ls=50

アバターについて熱い議論が交わされています。

327 :中立者:2001/06/04(月) 20:39
 ところで…
 No.253の「考えすぎ」さん、あなたは、
 アバター最大の矛盾、「裁判の件」に対してどうご理解されてるのでしょう?
 アバターを受講してしまった受講生として、あなたの仰るように「少しでも建設的な人生にしたい」と思ってますので、是非是非「親切なアドバイス」を頂きたいのですが…。

 仮にあなたが「通りすがり」さんの仰るように、営業マスターであるなら、あの誇大広告が「誇大でない」ことを示すチャンスになるかと思います。
 またそれは営業マスターとしての社会的責任かとも思うのですが…。
 どうか、ご説明願いたい。

328 ::2001/06/04(月) 22:33
>なおちゃん
マスターMLのアドレスきぼん〜〜

329 :中立者:2001/06/04(月) 23:24
 どうも、その質及び量の充実性から考えると、通りすがりさんの投稿をもとに意見交換するのが今のところ最善のような気がしました(各人ばらばらに投稿すると、流れが悪くなるので…)。
 なので、次回から、通りすがりさんの投稿に対してレスさせてもらいます。
(No.327の投稿は、接続と同時に投稿したもので、No.314からの通りすがりさんの投稿を読む前のものです。)

 でも、ちょっとその前に一言。

 No.253の「考えすぎ」さんへ。
 是非、営業マスターの意見を聞きたいので、レス下さいね。
 私に(及び、その他の大勢の人に)誤解があるのなら、その誤解をとく絶好の機会となるでしょうし、誤解をとくことは、営業マスター(あなたも?)の利益に繋がる訳ですから。

 私は、何も自分の意見に固執してる訳ではなく、そう考えるのが合理的だと思うからこそ、変だ!と言ってるだけで、裁判とアバター理論との関係が合理的に説明でき、それが充分納得のいくものであれば、当然考えを変更するだけの柔軟性はあると自負してます。どうか投稿をお待ちしてます。
 きちんとした説明ができないのであれば,それこそあなたは、「自らの思考を放棄し」スターズエッジの意図に沿って生きている、「意図的に生きてない」人ということになりますよ。
 以上、親切なアドバイス。

330 :ヘレ夫:2001/06/05(火) 01:16
>中立者さん
>通りすがりさんの投稿をもとに意見交換するのが今のところ最善・・
同感です。通りすがりさんよろしくお願いします(笑)。

>4さん
>最後の「普通に考えてみる」は少し楽観的過ぎかな・・
4さんのおっしゃるコンテクストではそうだと思います。
僕の書き方が稚拙なせいですが、何かを把握するのに先生(人)や知識、別の視座から
の概念が必要ないというのではなくて、通りすがりさんのおっしゃるようにその場では
先を求めざるを得なくなるようにできているプログラムの中にいるときに、単純に自
分の心の動きを(アバターの概念の中ではなく)見てみることは有益じゃないかな、
という馬鹿みたいなことをかいただけなのです。

>ウィザードを経験してのことでしょうか?
僕はウィザードコースに行ってません。だけどテキストは持っています。
さる人からコピーさせてもらいました。いうわけで通りすがりさんと同じように
書いてしまう資格は僕にはないでしょうし、コースの内容など正確に伝わると思います。
ただ昨日なんとかスターエッジに追っかけられないでコピーをまわせないかと考えていたのですが
、このことに関しては言いだしっぺの責任で我やるべし、と思います。
だがなかなかいい方法が思いつかない。臆病過ぎか?

>通りすがりさん
>bR01が私も難解なのですが・・
すみません。わけわかな文章で。
みなさんにそう言われてしまっているので、流れの邪魔にならないよう時々書きこみさせていただこうと思っています。
301書いた時は通りすがりさんの「その1〜22」までを読んでいなかったのですが昨日読ませていただきやした。
共感するところが多かったです。ああいう風にコースの中で感じた矛盾などを書くことは、あえて矛盾に自己洗脳
しているマスターよりもよほど人のためになることだと思いました。

331 :直ちゃん:2001/06/05(火) 06:38
327の掲示板http://www.bekkoame.ne.jp/ro/kuturogiya/

332 :ROM男:2001/06/05(火) 10:30
>某アバターマスターBBSより。
>これどう思います。

こいつ、P野郎は、へなちょこマスターの筆頭。借金だらけ。
借金してマスターコースいって、いまだ、返済できてない。
マスターとしても中途半端、インターンなので、
アバターコースを教えられない。(リサのみ)
自分が何、創造してるか、わかってない奴。
ヒーラーのつもりか? 一生懸命、「かわいそうな障害者」
を創造することで、自分がそれを助けるヒーラーの幻想に注意を
注いで自分を慰めてる、しつこい塊ヤロー。
「重要なのは自分がなぜそれを信じているかであって,
自分の信念が正しいと相手に認めさせることではないと考えます。」
ってのは、アバターでよく使われる決めセリフ。
こんな教化されたセリフしか言えない、このバカマスターは、
自立できない依存者。
ウラで、「仙人への道」なるHPを出してる。アバターの戒律、
「アバターコースと他の技法を混ぜてはならん!」と脅されてる
から、一緒にHPにだせない。その、ウラのHPで、さりげなく、
自分はアバター受ける前に、「仙道」の「統覚法」を知っていたのだ
ヨ〜、と威張ってるヤツ。アバターの「FI」より、「統覚法」の
ほうが、優れてるんだ、なんてさりげなく主張してる。だから、
一緒に出せないわな〜。馬鹿じゃん。コイツ。こんなヤツの教化された
セリフなんて黙殺、黙殺。逝ってよし!

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 10:47

こうした人々を見ていると,
アバターコースってのをやると,みんな性格悪くなり,
攻撃的になり,論理性が崩壊するようですな.
これは危険なので避けた方が良いと思われ.

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 13:19
私はアバター受講中のものですが、この掲示板を見つけて内容を確認したときは
ショックというか、なんか笑いにならない笑いというのを経験しました。
裏事情を聞けて本当によかったと思っています。アバターの真実を暴露してくださったみなさま、本当に
感謝します。しかし、この人たちは本当に正しい事を言っているのか?ただのうまく
いかない人たちの集まりではないのか?と思ったのも正直なところです?
というのはアバターがインチキでなく広告どうりのものであってほしい、
というものがあったのからだと思います。しかしみなさんのレスをみていくと、
アバター、スターエッジ社は明らかに問題があるということは未熟者ながらわから
させていただきました。

未練がましい質問ですが、アバター論で言う「望む現実を創り出す、意図的に生きる」
が出来ているマスター、アバターはいないのでしょうか?本当にただの心理療法を
集めただけのものなのでしょうか?そもそも、自分の信念が経験を創るなんてハリーは
どこから持ってきたのでしょうか?私のマスターはどんなこととを意図して、
デリバリーをしているのだろうか?本当は腹黒い人なのだろうか?
へなちょこマスターは自分が間違った事をやっているということを自覚しているの
だろうか?それとも本気で「望む現実を創り出す」を実行できていると思い込んでい
る人たちなのだろうか?みなさんどう思いますか?

アバターは心理療法としては使えるものもあると知ったので、金を払った以上
コースは最後までやるつもりです。

335 :元アバター中毒:2001/06/05(火) 14:04
これで私は ウィザードコースへは行かない決心がつきました。
アバターコースやマスターコースなどで得たものは大きかったけどでも望む現実は
果たして創造できたのか?それなら ほかの方法が有効だと思えなくもないですね。
アバターだけが 一番といった幻想から脱却できました。やはりこの掲示板も
為になりました。ショックでしたが。
ウィザードコースの内容もありがとう。でも もっと目新しいものはないのかな?
13日も日数があってしかも7500ドルと受講料が非常に高くて 常識で考えると
とてもではないけど参加は無理。でもね、意外と皆さん行くのですよ。
無理してお金を借りまくって 行ってる。ところが何ヶ月後に聞いた話では
その人 「フロートしてるとか???なんのこっちゃあ!?」それじゃあ 何の為に
ウィザードヘ参加したのか???この手の話は一人や二人ではなさそうです。
もっともすべてのウィザード参加者がコースが済んでから フロートするという
ことはありえませんが。ウィザードで凄く変わった!といった経験をお持ちの方
もおられますし。。

336 :4:2001/06/05(火) 14:33
>>334
>アバター論で言う「望む現実を創り出す、意図的に生きる」
>が出来ているマスター、アバターはいないのでしょうか?
誤解があります。アバター(卒業生)になる前からみんな望んだ現実を造っているわけですよ、アバターなど唯識論的なものに言わせれば。
では実際はどうか?が聞きたいんだよね。
その場合唯識論(仏教理論の一部)が正しいか否かになりますね。
それを決めるのはそれぞれ各自ですよ。世にはいろんな主義主張があるわけですから。
わたしは少なくともよりよい生き方を自分で選択できる「意志」が立ち上がってきたと思っています。自信って奴ですね。
他人から見たら「変わってないよ、キミ」かもしれませんけどね。その評価も自分で決められる。
もちろん他人の意見を無視するという意味ではないです。
他人との噛みあわなさにこそ、「あ、また統合できていない部分があるんだな」と知る訳です。
そして自己を統合します。統合するとこうなるというパターンはないです。他人の意見の方が注意を引けば(魅力的なら)それに近いものになったりしますが、全く第3のものになったりもしますね。
それがいやなら、また再統合するし、気に入ればオッケーです。

これだけアバターを評価しながらもわたしがここの場にいられるれることからも、おわかりいただけませんか?
アバター卒業時から「アバターからも中立さ」を抱いていると自己評価しています。
いま自分自身がとてもいい感じなんですよ。アバターコースでともに練習した同期=現マスターも見ているんだろうなと思うとなおさらね。
これが私の「望む現実を作り出す」です。
>本当にただの心理療法を集めただけのものなのでしょうか?そもそも、自分の信念が経験を創るなんてハリーは
>どこから持ってきたのでしょうか?
すでに回答済みですが、たぶん唯識論やクリシュナムルティ、ダイアネクスなどの技術、思想でしょうね。
ただし、これは思想史的な話ですが、根底にはヘーゲルの弁証法があります。
つまり、A→(否定)→A'→(否定)→Bというすでにあるものを批判的に継承し発展させる。これです。
唯識的ではない手法で、唯識を発展させる。
唯識は発展思想ではないので、水と油です。それをぶつけた(第3のものを造った)ところに私は評価したわけです。

でも、矛盾がのこっています。それは通りすがりさんが説明済み。
わたしはより唯識的につまり源へ注意がいき「世界が私で、私は世界だ」、スターズエッジ社&マスター諸氏は思想&テクの普及、拡大に注意がいったようです。
(ちょっと自己評価しすぎですが、わかりやすくしていると思ってね。)
私は個人ですから小乗仏教、スターズエッジ社&マスター諸氏は大乗の道を選んだとも例えられます。
どちらが正しいとはいえそうにないです。
でも、でもです!
もし普及という大乗を歩むのであれば、もう少し「自我」を捨てる勇気をもって受講生の苦情を受け止めて欲しいもんです。
受講生はまさにあなた(マスター)自身でもあるんだから。中立なポーズだけではマスター、あなた自身が苦しくなりますよ。
と、途中まで道を同じくした友にいいたいです。
もちろん、私は「本当に中立なんだろうな〜〜」と思うようなマスターも知っていますし、ねずみ講メールを送ってきた有名マスターも見ています。
それはただ、「事実」です。334さんわかりにくいレスですみませんm(__)m

>アバターは心理療法としては使えるものもあると知ったので、金を払った以上
>コースは最後までやるつもりです。
がんばれ!!!!そういう決意も注意をコントロールしていることなんですよ(^^)

337 :334:2001/06/05(火) 16:41
4>>さん

レスありがとうございます。
例えば、自分の努力じゃどうしようもないことをにはどう思われますか?
どこかのアバターHPの体験談にあったものですが、「大事な郵便物が今日届くという
現実を創った」みたいなのとか。

338 :岡山発:2001/06/05(火) 19:11
私もふうちゃんに騙された一人です。
あの体験談を読んで”これだ!”と思ったのです。。
せっかく32万円もお金を払ったのだから元を取りたいとは思うのですが
どうやらアバターで”望む現実”は造れそうも無いですね

私は、約30日かけてアバターを受講しましたが何の効果も得られませんでした。
得たものはマスターに対する憎悪の気持のみでした。
私は、岡山から新幹線で大阪の某所に通っていたのですが
ここはいつも混んでいて一人のマスターに6〜7人近く付いていておまけに再受講生や受講生を連れて来ている他のマスターも何人もいたので狭いセンターの中は足の踏み場も無い位満員でした。
あまりにもズサンなので一度だけ意見を言った事もあったのですがおまえなんかに構ってられる状態では無いという態度をされました(中元工事似の眼鏡をかけた鈍感親父のクオリティーマスター)
SLの時は場所が無かったり相手が居なかったりで結局FIだけでその日が終わりになった事も何回もあります。
導入セッションは丸一日待ち時間だけで無駄になりました。
新幹線代と宿泊代がかかってるのにマスターは受講生のそういう事情は全く無視という感じでした。
沢山の受講生を受けると確かにお金になるかもしれませんが私と一緒にコースを終了した人でまともに効果があった人など皆無でした。
本当に効果ってあるのでしょうか?
私はアバターがさっぱりわかりません。
ただの新興宗教のように思えます。

339 :4:2001/06/05(火) 20:54
>どこかのアバターHPの体験談にあったものですが、「大事な郵便物が今日届くという
>現実を創った」みたいなのとか。
はいはい(^^)
それは>>214>>233での私とバラシさんと神戸さんの会話を読んでいただければと思います。
あなたの例に出した「現実創造」は単なる偶然でしょうね。アバターでも(いまのところ)こういう物理的宇宙や他者という宇宙にまで思い通りに現実創造はできないといってますよ。マスターハンドブック参照。

あなたの目の前にあるPCは「電源なしで動く」と現実創造できないのと同じです。
他人も帰られません。ただ、相手の印象(怖い人)と自分自身の態度はかえられます。それによって「関係性が変わる(例:お互いに嫌いあっている→緊張なく付き合えるへの変更など)」ことは十分すぎるほど期待していいんじゃないですか(^^)

340 :中立者:2001/06/05(火) 21:54
 ROM男さんへ
 批判するにしても、もっと品位を持って、エレガントに対処しましょう。
 折角、2chに似つかわしくない(笑)、まともな意見交換がされつつあるのですから。
 無法地帯化は、避けましょうよ。

NO.334の名無しさん@お腹いっぱいさん。
>裏事情を聞けて本当によかったと思っています。
>アバターの真実を暴露してくださったみなさま、本当に感謝します。
>しかし、この人たちは本当に正しい事を言っているのか?ただのうまく
>いかない人たちの集まりではないのか?と思ったのも正直なところです?
>というのはアバターがインチキでなく広告どうりのものであってほしい、
>というものがあったのからだと思います。しかしみなさんのレスをみていくと、
>アバター、スターエッジ社は明らかに問題があるということは未熟者ながらわから
>させていただきました。

 基本的に、判断するのは、自分自身だと思います。
 自分の経験、自分が直接見聞きした情報、あるいは、他の人からの情報等を総合的に判断し、自分の頭で論理的に考えることが必要でしょう。
 ハリーが言ってたから、あるいは、○○に書いてあるから、…といって、自らの思考を放棄し、無批判に受け入れていると…、アバター教の信者となってしまいます。
 なので、アバター批判派の意見も無批判に受け入れず、じっくりと吟味すべきでしょう。(もちろん、私の意見も含めて)

>アバター論で言う「望む現実を創り出す、意図的に生きる」
>が出来ているマスター、アバターはいないのでしょうか?
>誤解があります。アバター(卒業生)になる前からみんな望んだ現実を造っているわけですよ、>アバターなど唯識論的なものに言わせれば。
>では実際はどうか?が聞きたいんだよね。
>その場合唯識論(仏教理論の一部)が正しいか否かになりますね。
>それを決めるのはそれぞれ各自ですよ。
 (以下略)

 NO.334の名無しさんは、「この世は心(意識)の現れである」ということを信じているのでしょう。よって、よく言われる、「思いは実現する」という法則は当然あるだろうけれど、じゃあ、実際に、現実の世界で、アバターテクニックを使うことで、意識的に望む現実(会社で昇進する、金持ちになる、高級車をゲットする、…)を創り出すことは可能でしょうか?ということを聞いているのだと思うのですが…。(アバター流に言わせれば、「自己の宇宙」「他者の宇宙」「物理宇宙」を意識的に変えることができるか、と言い換えられるます)
 4さんの意見を拝見すると、4さんは、「自己の宇宙」についてのみ、お話されているように聞えるのですが…。(どうなんでしょう?)

341 :中立者:2001/06/05(火) 21:55
 この点に関する私の意見は……

 何度もいってますが、キング・オブ・アバター、アバターの総本山であるスターズエッジ自身が、望む現実を創り出せてないのですから、仮にアバターテクで「他者の宇宙」「物理宇宙」の2つに対して影響を与えることができるとしても、それは、実用性に耐えるものではないと思います。
 訴訟を起こさざるを得ない状況が昨日、今日、発生し、それに対して、(信念を変え、現実を変えるのには時間がかかるからという理由で)即座に対応せざるを得ず、やむを得ずに訴訟に踏み切ったという訳ではないみたいですから。現実が雄弁に物語っているでしょう。

 私は、アバターテクニックを用いずとも、もともと、個人の意識は、「他者の宇宙」「物理宇宙」に影響を与えていると思ってます(自己の宇宙に比べると、その影響は、遥かに程度の低いものでしょうが)

 経験があると思いますが、誰かを嫌っていると、相手も自分のことを嫌っており、逆に、相手に対して好意を持っていると、相手も自分に対して好意を持つ、こんなことありませんか?
 また、ふと、電車内で、他の乗客を見ていると、相手もこちらを見返すとか。
 これなんかは、「他者の宇宙」に対して、影響を与えている根拠になりえるのでは?

 次に、物理宇宙に対して意識が影響を与えているか?
 物理の量子論では、それを認めてます。
 身近な例を挙げるなら…。超能力によるスプーン曲げ(尤も、賛否両論ありますが)。これが本当なら、これまた、その根拠になるでしょう。
 私の体験で言えば、気功をやってると、色々と信じられないことを体験します。


 以上のように、もともと、意識が上記2つの宇宙に対して影響を与えることができるのは、(少なくとも、私にとっては)事実と思ってますが、要は、アバターテクニックにより、これら2つの宇宙に対する影響度合いをぐーーんと高めることができるか?ということが、ポイントになると思いますが、…
 これについては、×です。
 他の手段と比較しても、×。全く、実用的ではない。というのが私の見解です。

 しかし、望む現実というのを、「自己の宇宙」に限定すれば、完璧とは言わずとも、ある程度ならば、できる人は大勢いるでしょう。

342 :中立者:2001/06/05(火) 21:57
4さん、
NO.339を見てませんでした。
結局、4さんもアバターにより何とかできるのは、
自己の宇宙に対してのみだ。という意見なのですね。

343 :268:2001/06/05(火) 22:50
アバターコースやスターズエッジの
指摘したいことは他の人が書き込んでいるので

ちょっと別のことで云いたい事があるんだけど
1.自分の望む現実を実現している人は世の中に五万といます。
その人たちは、きっとアバター?何それっていうでしょう。
2.望む現実が魔法を唱えるように簡単に現実化するなどと
思うとすれば、そちらの方に基本的な現実把握能力の欠如があります。
このように書いたのは個人的な批判をするためではありません。
誤解しないでください。
空き巣に入られている受講生が多そうなので念のためです。
マスターのためのハンドブックの物理的宇宙とか〜を読んで
そうなのかと初めて思うマスターやウイザードと呼ばれている
こちらの人も空き巣というか無智というか大勢いるようです。
なんていうか、
僭越ながら失礼は承知で
もう少しは自分の頭を有益に使ったらと云いたくなっちゃうんだよな。
人によっては、この手のセミナーの類には近づかない方がようかもしれません。
それと、少しでも物がハッキリみえている人も興味本位でアバターを受けない方が
いいと思います。
ハッキリしてるかどうかは、ハッキリしている人は自分でそれなりに
わかると思いますが、いままで普通にしゃべっていた事が
契約書に署名することで、しゃべりにくくなる縛りをで強制されかねないです。
本当に自由を求めてる人なら足枷を課せられるのが関の山です。
自分から京都の職人さんのようにならないでください。
老婆心ながら

344 :4:2001/06/06(水) 01:51
中立者さん

 気功をなさっているんですか?私はその手に疎いので、確かに自己の宇宙のみに言及していましたね。
ただ、私の興味(注意)は自己を空っぽにすることなんですよ。そしてありのままの現実(物理的宇宙や他者という宇宙)と一如になる方向に向いています。
そうした時「私が世界で、世界が私」ですからそういう宇宙に影響を起そうということ自体がなくなるんじゃないかな?仮に思っても即実現しちゃでしょうね。
そんなに簡単に実現することをあえて望むでしょうか?そういうことです(^^)

 この仮説が世間的にトンデモなのは当然です。でも「自分であるところのものになる」ことを目指すわけで、形は違えでいわゆる自己実現の道ともいえ、かつ他者への影響を求めていないわけで、仮説が誤っていても被害者はいません。
ただし、自己の宇宙が変わると否が応でも関係だけは変わりますから、仕事も何もとても楽させてもらっていますよ。
人生相談(カウンセリングというのはおこがましい^^;)も、とても楽チンです。
アバターを受けつつある人へのエールとして、自慢話じみたことをいうと元A教信者の脱洗脳=注意のコントロールの手伝いなどもうまくいきましたよ。
アバターテクで、ではないですが・・・(マスターじゃないんで)。ラポール(信頼関係)が形成しやすくなっていたためと思っています。
人生相談は共感が命ですから、ラポールが形成され、ピシッと共感できれば私が注意を移すところへリードできるというわけですね。
さらに転移の問題のおおくはシリドリでクリアーできると思います。

「現実創造」については自己をコントロールでき、他者との関係を調和させれば、あとは実がなるに必要な時間を待つだけなんでは?
自然な要求であれば、春に花咲くように自然に実現すると思いますよ。
わたしは「宝くじが当たるように」というような自己と他と環境との調和を揺るがすような要求は少しずつですが減ってきました。
でも、このような書き込みをしてしまうところに私の今の状態があるんでしょうね。書き終わったら、すこしフィリッツ(無反応を形成)してねよ(^^)
またアドバイスしてくださいね。

345 :4:2001/06/06(水) 02:14
追記:

脱洗脳=注意のコントロールのお手伝いが相手の注意のリードなら、他人に影響与えているんじゃないかとの誤解がありそうなんで付け加えさせて!
本人がA教団の気持(教義や教団内のほうが楽など)をなくしたいとの要望だったので、意識(注意)がそちら見向かなければよいことを伝え、本人の意志基づいて行っているわけです。私は「お手伝い」であり、注意のコントロールを行うのは本人ですから、私がアバターで得た何か(力)で影響を与えた訳ではないということです。

ちなみにウィザードが「注意の管理」に大半費やすということには興味を抱きます。
エンティティー(亡霊)処理は「他者からの視線」をニュージ風に亡霊と呼んだだけだと思います。どう呼ぶかはどうでもよいことで、他者の視線(すでにある数多の信念に基づく期待や侮蔑など)は確かに亡霊のように張り付いてきますからね(爆)
通りすがりさんは投影の追加理論との意見ですが、私も賛成します。
フロイトはオーストリア人でドイツ語圏の人です。投影は英語のプロダクションと呼ばれますがドイツ語では「憑依」「背後に張り付く」という意味の言葉ですね(原語忘れた^^;)
まさに投影・投射=エンティティーといってもよさそうなこぼれ話だと思いません?

346 :ひまんじひま人:2001/06/06(水) 02:14
334さんへ ド素人?の私は、アバターで「悪いことが起きても他人のせいには
しない」という現実に対する自分の責任感を得ました。つーか過去に対しても
「自己責任」と考えるほうが楽だなと思いました。あと、現実は自分が信じている
ことが起きるという考えは日々「怖い想像/被害妄想」が多い私にとっては有効
です。病的から一般的な精神状態まで復帰というというところでは役立ってます。
「望む現実」ってのがクセモノなのでは?どの程度の「望みか」とか、、、、
結構、自分ではこれが望みと思っていても実際は「不必要」と感じることを
望んでいたりしません?ド素人の発言でした〜m(_ _)m

347 :ヘレ夫:2001/06/06(水) 04:47
ちょっと流れから反れた書き込みです。すいません。
>岡山発さん
そこまで杜撰なコースもあるのね。
宿泊代や新幹線代で大変な事もアバターでは
「どうしてあなたはそういう創造をするんでしょうね?」
などとしたり顔されかねないところもあるのでアタマくるかもしれないですね。
>私はアバターがさっぱりわかりません。
>ただの新興宗教のように思えます。

ですね。信仰宗教というのもおもしろいですが、60年代のヒッピームーブメント
以降(ハリーの青春時代)、70年代(ハリーの大学院生・教職初期時代)にドラ
ッグ・マスター(LSDを使用する際にバッド・トリップしないように内外の環境
を整える役の人)をやるような教授にむらがる大学生や知識人がいたりしました。
構造主義なんかが流行った時代ですが、そういう教授や大学院生がグルのようにな
って擬似宗教がたくさん生まれました。そういう狂ったコミュニティの中でなんとか生き残ろうともがいた結果出てきたのが
スターエッジのシステムであり、アバターの教義体系(アバターはこう言う事を否定
しますが)であり、現在のハリー・パルマーなのかもしれません。
 そういう意味でアメリカの近現代思想史の流れで捉えれば単なるカウンター
カルチャーのひとつであると見るほうが適切かもしれないと思います。
 フィール・イット(Feel It)ってのも当時西洋の、というよりキリス
ト教の文言解釈カルト、に反発するために、当たり前のことを必要以上にクロ
ーズアップするようになってしまったのかも。
 その結果アバタってない人は感じてないんだとか、抵抗してるんだとか、まあ
アバターというシステムに依存してるマスターにはそれしか自らの思想の価値
の源を求めようがないのかもしれませんが、きちがい染みたことも多いにやっ
てるように思います。
 まあアバタって、びっくりしちゃったマスターたちの世間知らずといったら言い
過ぎか、人の思い知らず(変ないいかただ)が結構問題起こしてるんじゃないで
しょーか。 現実を創造しているのは自分だってのは、まあアバターでなくてもそうだし、ア
バタッてるからって自慢するようなことじゃない。
アバターでは現実を創造するってのはあるが、妥当な現実ってことについてはあ
まり述べられてないですね。創造するってのも、信じている事を経験するってのも結構だが、もっとシンプル
に心理的な自己認識や、人格によって内面的経験は変わるっていう風に言えば済
むことなのに。ツライと感じてる人を見下す事はないですね。
 

348 :ヘレ夫:2001/06/06(水) 04:49
刺さったとげを抜いてくれる人が一番ありがたいんであって、とげについて語る
人ではないですよね。こう言うと語弊があるでしょうが、アバターやってる人の一番嫌な面はこんなと
こにでてるんじゃないでせうか?
タシカニですね、存在が創造主であると言うのはいいでしょう。
イエスさんも仏陀さんも白隠禅師もいってるし。
でも、それをお題目にしてるからって、それが真理だからって、お題目で全部ぶったぎってしまったらキチガイ。ではないか。
 自分のことしか考えないポジティブな人間で世の中埋まるようになったらやっぱり息苦しいのだが・・・。
 それとですね、ハリーにとってもテキストに書いてある事は、仮説、ちょっとたててみた命題に過ぎないことも結構あるわ
けで、推論に過ぎなかったりすることも多い。ウィザードのテキストなんて見てるとほんとにそう思います。
ほんとはアバターのテキストはウィザードから逆順で構成したほうが良心的だと思うのですが・・・。
ハリーも自分でよくわからない世界をわかったような振りしてます。もともとよくわからないけど、こーんな感じ?ってなこ
とを無理にかき集めた言葉で表現しているので、かなりボロがでてます。
メタフィジカルだっていうだけで上級テキストにしたのでしょうが、初級レベルを想定するに当たって無理に下層の現実世界
を作りだして、な―んかわかんないけどすごいんじゃない?っていうウィザードのところまで順序だてているので却ってややこしい。
まあ人格統合的に無理のないペースで出来るようにって配慮だと、好意的に解釈出来ない事ではないのだが。
 エンティティ(存在)の扱いにしてもそうですね。よくわかってないんですよ。
(投影かどうか、その他の概念で表現すべきものか、はこの際暫定不可知として一時置く。)
ポップ系のミュージシャンなら自分の才能を表現するために、まーそんな事するのもアリかもしれないですが・・・。
これは僕の世界を表現する断片なんだ!ってさ。でも、アバターマスターってみんなオヤジだぜ。
デブだったりはげてたり。気味悪くないか?推論にすぎないことをシステム化して打ちたてているので
振りまわされる方は大変ですね。
大病して苦しんでる人に向かって、「汝その痛みを癒せ!」って馬鹿みたいですよね。
そのくせ、なんで痛いのかわかってなかったりする。
創造主である、源である、気づいてないってひとつ覚えのように信奉してる。
って言われても仕方がないくらいアバターは思わせぶり。でないともたないシステム。
カルトっちゃあ、カルト。こんなとこでしょーか。

349 :ヘレ夫:2001/06/06(水) 05:00
↑書いてて気付きました。
抽象的でわかりにくいです。
>ウィザードのテキストなんて見てると・・
なんてところも今後は直接引用して、根拠・出典を明示しようと思います。

350 :4:2001/06/06(水) 19:12
>へレ夫さん
>なんてところも今後は直接引用して、根拠・出典を明示しようと思います。
すごく期待しています。段々クリアーになってきました(^^)

351 :中立者:2001/06/06(水) 19:35
 通りすがりさんに対してレスする方がいい、とか言いましたけど、
 その前に…

268さんへ。
>ちょっと別のことで云いたい事があるんだけど
>1.自分の望む現実を実現している人は世の中に五万といます。
>その人たちは、きっとアバター?何それっていうでしょう。

 そうですね。仰る通りです。

>2.望む現実が魔法を唱えるように簡単に現実化するなどと
>思うとすれば、そちらの方に基本的な現実把握能力の欠如があります。
>このように書いたのは個人的な批判をするためではありません。
>誤解しないでください。

 仰りたいことは、よーく分かります(批判ではなく、アドバイスであることも分かります)。
 また、「思いは実現する」という話を聞いて、自分の能力、努力等を考えず、「じゃあ、なんでもかんでも可能なんだ!」なんて短絡的に考えてしまう人がいることも想像できます。
 さらに、268さんが「現実把握能力の欠如」しているのでは?と多くの人に対して忠告されてますが、その中の一人に、私も含まれているだろうと容易に想像できます。
 誤解なきよう、私の意見を明確にさせておきます。

352 :中立者:2001/06/06(水) 19:36
 よく言われる「思いは実現する」、これはある意味、真実だと思ってます。
 ただ、だからといって、何か特別な方法を用いることで魔法の様に(能力、努力等を省みず)望む現実を創造することができるようになるとは、思ってません。
(ごくごく簡単なケースでは、そのテクニックのみで可能なこともあるかと思いますが…)

 ちょっと、モデルを用いて説明します(稚拙なものですが。)

 仮にある目標を達成するために、必要な条件をf1、f2、…、fn、g1、g2、…、gmとします。
f;自分にとってコントロール可能な条件
g;自分にとってコントロール不可能な条件
その変数をx1、x2、…、xn、y1、…、ymとする。
(例えば、f1(x1)ということ)
 そして、このf1(x1)、f2(x2)、…、fn(xn)、g1(y1)、g2(y2)、…、gm(ym)の値すべてが、それぞれ、特定の値以上になった場合に、その目標が達成されるとします。

 分かり易い例、例えば、大学の入学試験(科目は1科目)で説明しましょう。

Aさん(実力高2レベル。合格可能性極めて低い)
 f1:数学の勉強時間x1に対する得点能力
 g1;倍率
 g2;当日の体調
 g3;精神状態
 g4;周りの席にできる人が来るか(カンニングの為(笑))
 g5;自分の競争相手の体調
 g6…g100;その他色々

一方、Bさんの場合(実力バツグン。全国トップ)
 F1;数学の勉強時間x1に対する得点能力
 gは、考慮する必要なし。いくら倍率が高くても、風邪をひいて体調を崩していても、そんな不確定要素は、無視できるほど小さい。

(F1>>f1)

353 :中立者:2001/06/06(水) 19:37
 極端ですが、こんなケースを考えると(笑)…
 いくら「思いは実現する」と言っても…、実力不足から、Aさんは、何がしかのテクニックを用いても、合格はほぼ、99.999%無理でしょう.(何がしかのテクニックを用いて、100のg全てをクリアーしなければなりませんし、テストのデキが相当よくなければ…)
 一方、Bさんは、何がしかのテクニックを知らずとも、当然、実力のみで楽々、合格。

 入学試験で考えましたが、こうしたことは、あらゆることに対して当てはまるでしょう。
 いくらアバターに類するものをいくら身に付けても、現実にやるべきことをやらないと(実力を身につける、人脈を広げる、金を貯める、よいアイデアを考える、得意先へ足繁く通う、等々いろいろ)、その人にとって、gの数が多いとか、fが低いとかした場合、×。実現可能性は極めて低くなるのでは?
 日頃から、現実的な意味で、自らを高め、それなりの努力をしてなければ(fを高める、gをコントロール可能なものとする、gの数を減少させる(実力(能力、権力、金、人脈等)があるほど、gを無視できる、あるいは、gがf化されるでしょう)、達成することは、不可能でしょう。

 私が、言っているのは、ある種のテクニックで、
(f1、f2、f3、f4、f5、…、f100、g1、g2)
 において、各fは、能力、努力によりクリアーする段階にあるけど…、という場面でg1、g2をクリアーすることができるのではないか?ということです。(そのテクニックで、fを多少上げることも可能でしょうが、現実的な能力、努力といったものは、必須です)

 こうした意味で、「思いを実現する」ということを否定していないということです。

 なので、gをクリアーするためのテクニックを探しまわってる人で、fが低い人は、まずその前に、やるべきことが沢山ある(fを高める努力が必要)かと…(先の例でいえば、数学の勉強をやるということ。これがなければ、絶対っ、無理)。

 さらに、もう一言。
 通常のまともな人が抱くような目標は、その人のたゆまぬ「努力」のみで、かなりのものは達成できるのでは?(だって、普通、人が目標(望み)を抱く際、全く叶いそうもない目標なんて立てないでしょう。その人の身の丈にあったものを抱くのが普通ですから。人間、死に物狂いで実行すれば、かなりのことができるのだろうと思います)
 この意味では、「アバター的」テクニックは、目標達成のために、必要不可欠なものではないのでしょうね。
 だから、「望む現実を創る」方法を研究するのは、それはそれで、よいと思いますが、その一方で、現実的努力はしなければなりません。(と思ってます)

 …とここまで説明しても、「思いは実現する?何をバカなことをいってるんだ?」と思われる人もいるでしょうけど…。(その人の考えも理解できますが…。ただ、意識が現実の世界に程度の差こそあれ、「多少なりとも」作用するということ、に対しては、本当だと思っています…)

…と昨日、ここまで書いたのですが…

 果たして、これで、私の真意が伝わるでしょうか???
 却って、分からなくさせてしまうかもしれませんが…

 まぁ、取り敢えず、これで投稿します。

354 :中立者:2001/06/06(水) 22:43
4さん。

>気功をなさっているんですか?

 へなちょこですが(笑)

>私はその手に疎いので、確かに自己の宇宙のみに言及していましたね。
>ただ、私の興味(注意)は自己を空っぽにすることなんですよ。
>そしてありのままの現実(物理的宇宙や他者という宇宙)と一如になる方向に向いています。
>そうした時「私が世界で、世界が私」ですからそういう
>宇宙に影響を起そうということ自体がなくなるんじゃないかな?
>仮に思っても即実現しちゃでしょうね。
>そんなに簡単に実現することをあえて望むでしょうか?そういうことです(^^)
>この仮説が世間的にトンデモなのは当然です。

 「瞑想」が求めるところの境地と似てますね。
 FIも瞑想の技法の一種であるし、「本来のアバター」も結局、この境地を求めているように思ってます。
 4さんの仰ることは分かります(…のつもりです)

>ただし、自己の宇宙が変わると否が応でも関係だけは変わりますから、仕事も何もとても楽させ>てもらっていますよ。
>人生相談(カウンセリングというのはおこがましい^^;)も、とても楽チンです。
 (略)
>わたしは「宝くじが当たるように」というような自己と他と環境との調和を揺るがすような要求>は少しずつですが減ってきました。

 アバターで学んだ、テクニックはテクニックとして、充分生かし、活用されてるんですね。
 私はまだまだ、へなちょこなので、生かせることもあれば、生かせないこともあります。(むしろ、生かせないことの方が、多いかな?)

>でも、このような書き込みをしてしまうところに私の今の状態があるんでしょうね。

 それは私も一緒です(笑)。
 まぁ、私の方が、「本来の意味での」アバター的ではないのでしょうけど(笑)

>またアドバイスしてくださいね。

 こちらこそ、宜しくお願い致します。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 22:57
このスレ長いっすね。熱い

356 :268:2001/06/06(水) 23:08
>中立者さんへ

一般論です。
自分のこととして受け取られた部分があるようですが
その事実は尊重いたします・・・が
中立者さんのことを対象として先のカキコをしたおぼえは
私の中では全然ありません。

357 :4:2001/06/06(水) 23:33
>268さん
>一般論です。
つまり一般論だから私や中立者さんも含まれるわけですよ。
そして、中立者さんはROMっている人も意識して解説しているわけです。
こういうことも身近な葛藤・対立・誤解の「統合」です。
あなたの書き込みがより詳しい内容、より整合の取れたものを生み出したりしているわけです。
そういう一般論や世間の常識は、とても強くのしかかる「信念体系」です。

それが意味のない信念体系か否か、それはまた別の話ですが・・・・。
疑う必要はありそうですよ。少なくとも私にとっては。

また突っ込み期待しています(^^)

358 :268:2001/06/07(木) 01:10
>4さんへ

一般論ではありません。
自分のこととして受け取られたようですが
その事実は尊重いたします・・・が
4さんのことを対象として先のカキコをしたおぼえは
私の中では全然ありません。

アバターから離れてしまいますが
せっかくレスを頂いたのでご返事いたしました。

4さんは大勢の人に丁寧なレスを付けていらっしゃるようですね。
私のあまり取らない処でありますが是非もありません。
ところで
より整合のとれたものとはいったいなんなんでしょうか
これに対して私へのレスは必要ないと思っております。
話は変わりますが
アバターコースには
プロコースというのがあるそうですが
何かを重点的にやるコースなのでしょうか?
行かれた人の感想はどんな感じですか。

359 :ヘレ夫(1):2001/06/07(木) 01:29
通りすがりさんの出現を期待して。
>268さん
>1.自分の望む現実を実現している人は世の中に五万といます。
>その人たちは、きっとアバター?何それっていうでしょう。

そうですね。それが実際のところ現代社会の多数派の感想でしょう。
事実としては(特に企業経営者系)結構みんな色々参照してるのでしょうが、
そういう事も踏まえての感想であると受けとめます。
(そいえば就活のときまだ悪事のばれてなかった商工ファンド(当時はみんな
大手金融機関などを回る前に内定おさえといたりしてた)は全社的に「思いは
実現する」って意気軒昂でした。キッシンジャーが黒魔術にはまってたりとか。
別に陰謀論ではなく。色々ですね。)
だいたい社会的に成功してる人は自分の直観にもとづく思想体系をもっていたり
かなり神秘家的なところもあるものですが、アバター→現実を創造する、と上段
に構えてしまうと「はなし方教室」に行くような寒い風景を連想しかねないですね。
ただ一般的にそういう感想を抱くのが、通常好まれる人格モデルであるにしても
>そういう一般論や世間の常識は、とても強くのしかかる「信念体系」です。(4さん)
である部分もあったり

>契約書に署名することで、しゃべりにくくなる縛りをで強制されかねないです。
>本当に自由を求めてる人なら足枷を課せられるのが関の山です。
まさしくその通りの事が起こっているので、ここでの対話は無駄ではない気がします。

>334さん
>アバター論で言う「望む現実を創り出す、意図的に生きる」
>が出来ているマスター、アバターはいないのでしょうか?
こう言ったら身も蓋もないのですが、それぞれ納得している程度に望む現実を創り出し、意図的に生きている、というのが現実的な妥
当な解答のように思います。これより上手にまとめてくれる人がいたらお願いします。

ただ現実の経験と呼ばれるものの多くは感情や多くの幻想の付随した内面的な経験であったりします。
ここで、では外部の物理的宇宙に影響を与える事は・・・
という事がよく言われますが、いろいろ混乱して話がわかりにくいところがあるように思います。

360 :ヘレ夫(2):2001/06/07(木) 01:30
EX1:ユリ・ゲラーなどのサイキックによる物理的現象。
これはユリ本人に聞けば同じ事を言うと思いますが、あまりアバターで扱っているトピック
と関係ありません。アバターはほぼ完全に心の動きのコントロールに焦点を当てているからです。
ユリ・ゲラーはダブル・ボディなんです。っていってもアヤシイ人だと思われるだけか。
例えると電磁波の周波数の中で可視光線によって発色し、顕現する地平とは異なるところにもうひとつ
身体を持ってるような、そんな感じです。それで電気的に物質に影響を与えられるわけです。
ですから普通の人がガンバッテも道を踏み外す可能性の方が高いのではないでしょうか。
無理かどうかはわかりません。ハリーさんがこれをわかってるかどうか知りません。
あの人は心理学の教授なので多分説明するバックボーンを持っていないでしょう。
その他雲消し、晴れさし、なんかも類題。

EX2:社会制度的な変革
法制度なら官僚か法学者になる。逆症療法的な問題なら医師になる。
モノの流通なら会計学や数学をやる。音楽なら歌う。
この世界に身を置いている以上体を使うのが唯一の方法。
ヨガに詳しい人なら人との支配競争に負けないよう第2、第3チャクラのエネルギー
を明るく輝かせるというとわかってもらえるか。他人はそのエネルギー放射を受けて
の印象を持つために弱い立場に立たされる事は少ない。社会制度の変革は心が扱える
領域のうち他者との優勝劣敗を競う部分。説得も必要、言い訳も必要、権謀術数も。
本来この領域での自由は精神的な世界と分けて考えられている。

EX3:自己責任その他日常生活的な事:最近流行っている「自己責任」はただ単に日本経済が崩壊したた
めに、あんたの年金ないのはあんたのせい、と言いたいがためのものなのであまり厳
しく考えない方がいいかも。ただアバターで言ってるのは少し視点を変えれば気楽になる、自分
の内面的な経験はその時の認識によって「変化する」と言う事を言っている&裏返して病気など
もその人の創造であるとする。根底にあって言いたいのは存在はエネルギーであるというヒッピ
ー教。別に間違ってはいないが。ただアバターをシステム化した本人さえわかっていることは少
ないのに宇宙の全てを教義の中に収めてしまっているのがアブナイ。もちろん他の学問体系で説
明する事もできるでせう。それが実験で確認されるテーマであるかは別として。
ゆえに病の原因がわからないのに「あの人はあーだからあーいう創造をしてる」ってみんなで眺
めているという息苦しいコミュニティを形成してるかも。今の日本も同じか。
EX4:いうわけで外部の世界に影響を与えるっていうのは微笑みは微笑みを呼ぶ
っていう程度に理解するのが妥当だということなんでしょう。
EX5:まあみんなわかってるようなこいうこと以上の非日常的世界もハリーは扱いたいのだろうが
本人がわからない世界だから、憑依だのなんだのと当てずっぽうしてるのでしょう。
そういうわけでアバターのロジックで扱えるのはEX3まで。

ウィザードのかなり細かいところまで通りすがりさんが一生懸命書いてくださってるのであまり
書く所はないのですが、ハリーがどこまで把握してアバターをつくっているかを知るために所々
残りを書いていきます。  
ところでイルカになって遊んだウィザードの話ってアバターコースのテキストに出てくる話でしたっけ?
今ともだちにウィザードのテキスト貸していて手元にないので確認出来ないです。

361 :4:2001/06/07(木) 12:47
>268さん
錯乱しているようですね。ご自身の書いたものをよく読んでください。

356 名前:268 投稿日:2001/06/06(水) 23:08
>中立者さんへ

一般論です
358 名前:268 投稿日:2001/06/07(木) 01:10
>4さんへ

一般論ではありません。

どうですか、頭がクリアーになりましたか?
あなたの書き込み>>343への私と中立者のレスに対し、あなたは正反対のことを書いていますよ?
そして
>>358
>ところで
>より整合のとれたものとはいったいなんなんでしょうか
>これに対して私へのレスは必要ないと思っております。

質問して、レス(ポンス(答え)は不要って・・・・いったいどっちなんですか?(苦笑)

こういう態度姿勢を「整合性がない」と世間常識でもアバターでもいいますよ。

>(略)基本的な現実把握能力の欠如(略)
と(「私に」ではなく)268さんは主張していますね?その内実は別にして

「問うものは問われる」
  ↓
「汝を知れ」
byソクラテス

もうすこし過去ログを読み、回答済みの質問じゃないか検討などして、ご自身の内部で整理してから書き込まれるてはいかが?

362 :4:2001/06/07(木) 12:48
>268さん
錯乱しているようですね。ご自身の書いたものをよく読んでください。

356 名前:268 投稿日:2001/06/06(水) 23:08
>中立者さんへ

一般論です
358 名前:268 投稿日:2001/06/07(木) 01:10
>4さんへ

一般論ではありません。

どうですか、頭がクリアーになりましたか?
あなたの書き込み>>343への私と中立者のレスに対し、あなたは正反対のことを書いていますよ?
そして
>>358
>ところで
>より整合のとれたものとはいったいなんなんでしょうか
>これに対して私へのレスは必要ないと思っております。

質問して、レス(ポンス(答え)は不要って・・・・いったいどっちなんですか?(苦笑)

こういう態度姿勢を「整合性がない」と世間常識でもアバターでもいいますよ。

>(略)基本的な現実把握能力の欠如(略)
と(「私に」ではなく)268さんは主張していますね?その内実は別にして

「問うものは問われる」
  ↓
「汝を知れ」
byソクラテス

もうすこし過去ログを読み、回答済みの質問じゃないか検討などした上で、ご自身の内部を整理してから書き込まれてはいかが?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 12:53
どうでもいいけど,この話題,心理学とも関係ないし,
内容も全く無意味なので,せめてsageてやってくれない?

364 :4:2001/06/07(木) 20:35
二重投稿になっているな・・・ごめん

365 :268:2001/06/07(木) 20:36
>363さんへ

ご迷惑をお掛けいたしました。
私としては不毛な議論は元より単なる議論もするつもりは
始めからありません・・・でした、さらに
4さんのわたくしへのレスを拝見して私のカキコが
結果として無意味で無駄なことであったと、
それは有益には機能しなかったと思っております。
先の文面はいささかも訂正するところはありませんが
アバターから外れていることは重々承知しておりました。
余計なお騒がせをすることになりました。
皆様、アバターについて、へお戻り下さい。
失礼いたしました。

366 :アウトサイド・アバター:2001/06/07(木) 22:09

再びの割り込み失礼いたします。

今までの皆様の書き込みを拝見していますと、アバターへの重大な
疑念の要因のひとつとして、アバターマスターのクオリティの低さ、
というものがあるように感じられるのですが、マスターに対する、
「格付け」評価のようなものがあったらどうかな、と思います。

具体的に名指しで、というのは、問題があるかもしれませんが、
それとなく、わかる人にはわかるようなかたちで、このマスター
はこうだった、とか、ここでこんな酷い仕打ちを受けたとか、
あるいは逆に、このマスターのこの部分は素晴らしい、
といったような情報に対する需要は大変高いのではないかと・・・。
勿論、人それぞれ、各人各様に人を評価するときというのは、
自分自身を必ず投影してしまうものですし、人によって馬が合う、
合わない、ということもあるのでしょうが、そういう情報こそ、
2chには似つかわしいというか・・・・。

私自身は、それほど多くのアバターマスターと交流を持ってきた
わけではありませんが、例えば、さいたま市に家がある、某幹部クラスの
クオリティ・マスターは、まるでアバター学校の校長先生のような雰囲気で、
普段は穏やかな“枯淡の境地”とでもいうべきアイデンティティを着用して
いますが、実はこの人、突然“切れます”。私も一度ものすごい形相で、
怒鳴られたことがあります。別の受講生に対して、叱責している様子を
偶然目撃したこともありますが、“枯淡の境地”は何処へやら、マフィア系
の人かと見紛うほどの迫力でした。

また、この掲示板では、すこぶる評判のよろしくない、某@LOVEさん
ですが、この人から直接指導を受けたことはありませんので、この方の
アバターコースがどんなものなのか、コメントはできませんが、ただ、
某所でのコースで、やたら、お菓子ばかり食べていた光景が印象的に記憶に
残っています。歯医者なのに。そりゃあ、あれだけ食ってりゃ太るわな。

・・・よかった例は・・・、どうも思い浮かばないのですが・・・。

皆さん、どこかでまだ、アバターに対する一縷の望みみたいなものを、
期待している部分があるのではないかと御察し致しております。
何かほっとするような情報ってないんでしょうか。

367 :軟派師:2001/06/07(木) 22:26
日本一のアバターマスターであり日本でただ一人のトレーナーであるY二氏。
受講生を軟派しまくって三角関係なんてザラ。
まともにセミナーなんてやる気あるんかいな?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 22:39
>>363
 同感ですね。

369 :ドンドンパンパン:2001/06/07(木) 22:48
>367
大阪ドーンセンターの祐二ね。それは有名だし事実。噂だけど、カップルで受講してきた女を軟派するため男を全然先のステップに進ませず、放置したままにしたと聞きます。
彼氏の「ダメさ」(実は陰謀だけど)にあきれた彼女はまんまと祐二に食べられたとさ。

370 :オーパー最悪:2001/06/07(木) 23:12
大阪ドーン?
オーパでしょう軟派師祐二は!
祐二は、軟派する為にマスターになったと言っても過言ではない。
祐二の周りには色恋のトラブルが常にある。
どうしょうもないやつ!
でも、あいつの太鼓持ちの中根もふざけた野郎だ!
とにかくセミナーの進め方を解かっていない。
受講生を集めたらオシマイって感じ。
無責任マスターの代表格。
逝って良し。

371 :中立者:2001/06/07(木) 23:21
268さん。

>>中立者さんへ
>一般論です。
>自分のこととして受け取られた部分があるようですが
>その事実は尊重いたします・・・が
>中立者さんのことを対象として先のカキコをしたおぼえは
>私の中では全然ありません。

 268さんの発言が、「一般論か?」あるいは、「一般論ではないか?」どちらか分かりませんが、私自身としては、私個人に発せられたメッセージとしてではなく、「一般論として」受け取りました。
 268さんの意見は、いわゆる「ニューエイジ」に傾倒する人にありがちな「脳天気な部分」(苦笑するような話を見聞きしますよね)に対する警告ととりました。
 この点については、私も共感する部分があり、私の考えを述べることで、多少なりとも「脳天気な人」に注意を喚起させようと(あと、私も「思いは実現する」ということを話したので、「脳天気な人」の信念を強化してしまったのかも?と思ったので(笑))、No.351−353の投稿をしました。
(という訳で,別に反発を感じている訳ではありませんので)

なので、4さんの言われた
>そして、中立者さんはROMっている人も意識して解説しているわけです。
 は、その通りです。

372 :中立者:2001/06/07(木) 23:21
 ところで、前回の続きとして、
「アバターのテクニックが何に対して有効なのか」に対する私の考え。

 前にも言いましたが、アバターのテクニックは、「自己の宇宙」に対して影響をあたえるもので、「他者の宇宙」「物理宇宙」に対しては、「有効性に乏しい」というより、むしろ限りなく無効に近い。というのが私の考えです。
 No.352−353のモデルに即して説明すると、アバターテクニックは、あくまでfを高めるためのもので、gを高めるのに有効じゃないということです。
 例えば、ある目標を達成するための1つとして、「○○する必要(あるfを高める)があるけれど、(気分的、感情的に)○○できない」という場合に、素直に「○○する必要がある。よし、○○しよう!」となる為のテクニック、すなわち、心理的手法であるということです。

 ただ、「信念が経験を創る」をはじめとした、アバター理論は、ひょっとして真実なのかもしれません。その可能性は可能性として否定できないでしょう。
 しかし、仮にそうだとしても、それは、少なくとも、あくまで「理論」であって、アバターコースで学ぶ技法は、それを現実に応用しそれを立証できるものではない。(アバターのテクニックにより、「他者の宇宙」「物理宇宙」に対して、影響を与えることが不可能ではないけど(微々たる影響はあるということ)、現実的には無視できるほどのものであり、不可能と言ってもよい)と思ってます。
 例えば、「鳥取砂丘の砂つぶが何個あるか数えることは可能か?」という命題があったとしましょう。理論的には「可能です」(1つぶ1つぶ数えていけば、何千年か後には数えられるかも(笑))。しかし、現実的に不可能と言ってもよいでしょう。
 「他者の宇宙」「物理宇宙」への影響させるためのテクニックとして、アバターのテクニックは、所詮その程度のものです。

 しかし、単に心理的手法であるとしても、完全に修得できれば、fを高めるための手法として、結構有益なものとなりえるのでは?と思ってます。
 とは言っても、唯一絶対のものではないので(各人にとってもその効果は、まちまち。しかも、代替手段は他にもあるでしょう)、30数万かけてまで、受講する必要は全くないと思ってます。例えば、CHPの代用として、TFTなんかも有効かも?と思ってます(← 未受講の人へ)
 既に受講してしまった人は、何とかして元をとりましょうね(笑)

 …という訳で、268さん、CHPに似ている心理学関係の技法って何なんですか?
 お手数ですけど、教えて下さい。m(__)m
(CHPが万能とは思えないので、代用できる手法があれば、試してみたいのです)

373 :中立者:2001/06/08(金) 00:04
 題して、マスターを分類する

 分類基準
・良心的か、あこぎか(悪徳か)
・教え方が上手いか下手か(へなちょこか否か)

 …ということで、4種類のマスターに分類できる(あくまで、1つの視点)
その1 良心的で上手いマスター
その2 良心的だけどへなちょこマスター
その3 上手いが悪徳マスター
その4 悪徳へなちょこマスター

 No.338の「岡山発」さんのマスターは、知る人が見たらすぐ分かります。
 大阪のパオパオ(仮名)の中曽根さん(仮名)です。
 彼は、悪徳へなちょこマスターでしょう。(異論はないはず)

 居眠りマスターで有名なマスター
 Y氏
 彼は、上手い(?)悪徳マスター と思いますよ。

 アバター宣伝マン
 良心的とは思えないので、その3かその4?

 私が聞いたところでは、唯一、その1に該当するマスターがいます。
 それは、徳島の鎌田さん。
 異論があれば、誰かが異議を申したてるでしょう。

 もし、今までの投稿をじっくり読んで、それでも、「アバターを受講した〜い!!」という酔狂な人がいましたら(私は止めません。自分で判断してください)、鎌田さんがいいのでは?

 …そうそう、以前投稿した「考えすぎ」さん。
 マスターだとすれば、
 悪徳へなちょこマスターかな??
(弁明の機会を与えても、ぜーんぜん、音沙汰なし。これで決定?)

※注 私のスタンス
 悪徳マスターには、手厳しいです。
 その2の 良心的なへなちょこマスター…この人は、ある意味、スターズエッジに鴨ねぎにされている人なので、同情の余地は多少ありますから。

374 :4:2001/06/08(金) 02:06
>

375 :ヘレ夫:2001/06/08(金) 02:29
だんだん自分がうざい存在になりつつある事を自覚しつつ・・・

>中立者さん
やっぱし鎌田さんは「1」ですか。聞いた話にせよ。
ところでパオパオって?
津留こういち氏の出してたニューズレターに変なことかいてたアタマ変なひととは関係ないですよね?
津留氏とCSK(ソフト会社)の社長は本田宗一郎の霊を降ろしたり変なことしてますが
関係ないか、やっぱり。

それと今更な感じがして意味無いかもしれないですが、アバターが心理学のカテゴリの中で扱われてるのは
妙だと言えば妙だな。後半部分は火星文明とかムー大陸とか幽霊とか、イルカになって一緒に海を泳ぐとか
、サイキック能力とかニューエイジごった煮状態なのだが。
そういえばサイエントロジー(L・ロン・ハバード)も後半で何万年か前の宇宙大戦争のトラウマの話が出てくるって
修了者に暴露されて訴えたの訴えられたのありましたね。5〜6年前だったか。
個人的には別に何でもありなので、それ自体は構わないが。
ただアバターに行く人は、最後はそういうことまで共有するか否かの選択に迫られることは確か。
そこまで行くと両部神道的にエンコーディングというかデコーディングしたりというかはもはや
使えない。
逆にいえば、そのような壮大な?理解を収斂するようにつくられたアバターの色々な格言?というか
テキストに出てくる命題から演繹的に言わんとする事を推論していっても論理矛盾で混乱する事のが多いかも、です。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 13:52
このスレでマスターを評価するのはあまり良くない気がします。
(特にあのマスターは良心的だとかうまいとかだって)
マスターがROMしてないとは限らないし、ここで自分の受講者と偽って
宣伝しないとも限らない。そしたらここはマスターにとって良い宣伝場になって
しまうような気がします。悪徳マスター、スターズエッジ社の事実はどんどん
報告していいと思いますが。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 13:56
どうでもいいから心理学と関係ないアバターの話はやめてよ。
せめてsageてやってくれっていってるだろう。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 16:18
↑あんたに何の関係があるわけ?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 16:32
そいつはセカンダリー>>377
以前にも出てきたヴァカ男。
相手にせぬよろし。

380 :377:2001/06/08(金) 17:00
>>378

おれはアバターなんか何も関係がない
心理学で食ってる人間だよ.あなたたち(といっても
せいぜい3人)が邪魔だし,みんなの迷惑だから,
心理学とは関係ない話は他でやってくれるか,
せめて他のすれを邪魔しないようにsageてやってくれと
言っているだけ.

>>379
自分に同意しない人間は全部特定の敵とみなす,
そういう妄想が気持ち悪いんだよ.病院にいった方が
いいよ,ほんとに.

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 18:04
↑病院行きはテメェだろ? 心理学で食ってる?
 だったら、どんな職業か具体的に言ってみろ。
 まともな仕事に就いてるやつが、真昼間に2chにアクセスするか?
 ヴァカ男よ、入院しなきゃならんのは、オマエなんだよ!!
 

382 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/08(金) 18:44
ま、心理学で食っているなら管理人でもなんでもないから、ご意見拝聴で充分じゃない。
>377
>自分に同意しない人間は全部特定の敵とみなす,
>そういう妄想が気持ち悪いんだよ.病院にいった方が
>いいよ,ほんとに.
これってあなたにも当てはまると思うんですが?
医者の不養生、心理屋の妄想・・・・。自分を数に入れていない理論を振り回す人たち・・・。困ったもんです。

383 :中立者:2001/06/08(金) 21:11
ヘレ夫さん。

>だんだん自分がうざい存在になりつつある事を自覚しつつ・・・
 いえ、そんなことないです。ちゃんと見てます。
 ただ、ヘレ夫さんの投稿には、レスしずらい…

>ところでパオパオって?
 象は、「パオ〜、パオ〜」と鳴くそうですが…それはさておき、
 象の鳴き声を真似てください(連続して)「パオ〜、パオ〜…………」
 あら不思議!!どこからともなく「悪徳マスターの館」の名前が聞えてくる。
 どうです? 聞えてきました??
(あの館の裏には、受講生の屍がゴロゴロ転がってます(笑))

>津留こういち氏の出してたニューズレターに
>変なことかいてたアタマ変なひととは関係ないですよね?

 故都留氏のことは、アバター仲間から聞きました。
 以前、HPに都留氏の講演会の内容を文書にしたものがありまして…
 読んで見ると、正にアバターの真髄に近い手法(感情を感じきることで、感情が消滅するということ)が書かれてました。
(なので、アバターは唯一でないということです)

 話を戻します。
 ヘレ夫さんの考えてる「変なことかいてたアタマ変なひと」の話は全く知らないもので…
 その人なのかどうなのか判断しようがありません。

>それと今更な感じがして意味無いかもしれないですが、
>アバターが心理学のカテゴリの中で扱われてるのは妙だと言えば妙だな。
 (以下略)

 これについては、スターズエッジが公式に、「アバターは心理学のカテゴリーに属する」なんてことは言ってませんよね。
 ただ、よくよく考え、不整合を排除し、しかも、「アバターのテクニックを心理学のカテゴリーに属する手法」として捉えると、整合してくる。
 ということで、私は考えてますよ。(平たく言えば、誇大広告のオンパレードということ)

384 :中立者:2001/06/08(金) 21:16
NO.376さん。

>このスレでマスターを評価するのはあまり良くない気がします。
>(特にあのマスターは良心的だとかうまいとかだって)
>マスターがROMしてないとは限らないし、ここで自分の受講者と偽って
>宣伝しないとも限らない。そしたらここはマスターにとって良い宣伝場になって
>しまうような気がします。
 懸念する気持ちは、よく分かりますが、仮にどこかの悪徳マスターが受講生のふりをして、自分自ら宣伝しても、事実と異なっていたら、「それは違うぞ〜!」と異議を唱える人がすぐ現れるでしょう。そうなると、却って損をしますから。
 それに、公平性を保つ為にも、マスター(に限らず、アバターコース自体)を評価する意見を禁止すべきでないのでは?


ROMってる営業マスターへ

 マスターMLといった、内輪の狭〜〜い世界で、「やっぱり、アバターって凄い!」とか「EPC実現の実現。う〜ん、なんて素敵なところなの?スターズエッジって(はぁと)」なんてこと言ってるのもいいけど、外の世界で今、何が起こっているか見極められないと、先の自民党総裁選で、大敗した自民党保守主流派の連中と同じ運命が待ち受けているかも知れませんよ!
 受講生にケツを向け、私利私欲に走っていると、最後にツケが回ってきます。
 以上、親切なアドバイス。


No.253の「考えずぎ」さんへ

 「以上、親切なアドバイス。」の文言を使ったことで思い出したが…
 悪徳回船問屋備前屋主人、No.253の「考えずぎ」。
 日々、お主が「悪徳へなちょこマスター」ではないかとの疑念が益々強まる一方じゃ!
 違うのなら、違うと、お白州にきて、申し開きをしてみぃ!!(怒)
           南町奉行 大岡越前より

385 :神戸さん@お疑問いっぱい。:2001/06/08(金) 21:54
>>「通りすがり」さん
No253「考えすぎ」さん登場以後の莫大な数のカキコ、どうもありがとう。
その他のレスと併せて読ませてもらってます。
何せ、数が多すぎてスレッドの話の流れに追いついていくだけで大変でした。
上級コースの中身もかいま見れた感じで、とても参考になりましたよ。
私のアバター仲間もしっかりROMしてました。

それにしても、レスが付くのが早いですね。
こうして書いてる間にもどんどん増えていきます。
流れがどんどん変わっていくので、書き込んだときには的はずれなレスになってると思いますが、勘弁してください。

>>ヘレ夫さん
『だんだん自分がうざい存在になりつつある事を自覚しつつ・・』なんてこと言わないでください。いろんな人が「つっこみ」入れたり、「応え」たりしてるの読みながら、私達は、自分の考えを育てているのですよ。

>>上級コースについて。
8番目のソースリスト「世界は私の反映だ。」はじめ、上級コースのポイントとなるところに注目しながらROMしていました。それでも、まだまだ上級コースがイメージできないので、おりにふれ紹介していってください。
またその総括的なものも述べて欲しいです。これは私だけでなく、たくさんのアバターさんも希望していると思います。(知り合いのアバター達も切望してます。)

>>ついでに今回の疑問ですが
>>314(通りすがり23)より、
『アバターテクニックは、それをあるコンセプトで取り集め、そして使って向かう方向性にホーリスティック(全体論的)なものを感じます。 』私も同感です。
で、ですね、思うんですが、FIやCHP、そしてリサーフェッシングの中の練習等をこえる心理技法が他にあるのだろうか?という疑問です。
私も最近、TFT、フォーカシングの資料を読み始めたばかりで、いきなりアバターと比較するのは尚早とも思います。考え違いもしているかも。間違っていたら御指摘ください。
(もう少し、この疑問について書き加えますと)
既存の心理技法にはたくさんの臨床例、研究などはあります。
でも、なぜか私の心をくすぐらないんですよね。これに対し、哲学面ではアバターは実存、唯識といった所から演繹しています。こういった興味に向かってFIをやるのが人間として本来的な躍動を感じます。
こういうことを述べたのは、まだどこかにアバターを卒業し切ってないのでしょうね。
料金、マスター、裏の話を聞いてだいたい見えてきているのですが、以上の点に引っかかりがあるのです。

386 :215:2001/06/08(金) 22:48
同じ疑問。>>385
皆さんのおかげで、だいたい考えまとまり中です。
ちょうど私も神戸さんと同じようにこのごろ思ってます。
今生で運良く、私は私自身と向き合えけど、他の修養とか勉強で到達で
きただろうか?って。
この要領は、フィーリッツで感情を感じきるだけのシンプルな事に過ぎ
ないけれど、前にも述べたように、寂しがり屋の私には「闇夜の一人歩
き」的恐怖さえ感じました。
この孤独、寂寥感を越えていくのは感動モノでした。
それにはアバターだけでなく、ここの先輩方の方法を参考にさせていた
だいたのはもちろんですが。

もっとも私は、他の方は全然知らないのですけど。
家族とか友人とか教えてあげたいけど、アバターは高すぎるし、もっと
まともで、確実に源へ行ける所ってあるといいですね。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 22:51
なんで金もうけをするかなー

388 :デブマスター:2001/06/09(土) 09:48
デブマスターのF
2年前から自分のBBSに写真を載せて只今減量中だとよ。
2年以上経った今も相変わらずのデブ
マスターのくせにそんな簡単なプライマリーも達成できねえのかよ。
あのデブ写真アバターは効果なし!って宣伝してるようなものじゃねえか

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 10:38
分かったから糞スレあげんな。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 11:10
↑おまえの具体的な職業名を言ってみろ。糞ヴァカ男。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 13:45
分かったから糞スレあげんな。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 13:58
↑おまえの具体的な職業名を言ってみろ。糞ヴァカ男。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 14:10
↑「何かを存続させる最も確実な方法は、それに抵抗することです。」(藁

「この」ヴァカ男 と 「あの」ヴァカ男 ・・・・。

期待される結果:洞察、責任感の増進。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 14:59
分かったから糞レスつけんな。悔しかったら心理学と関係のある話してみろ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 15:00
↑分かったから糞レスつけんな。悔しかったら心理学と関係のある話してみろ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 15:05
心理学版にとって君らの言う「プライマリ」は心理学であって
アヴァターは「セカンダリ」なんだよ。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 15:53
↑はっはっはっはっ!! 2chの心理学版に「心理学」という呼称に
 耐え得るようなスレがいったいいくつあるとうんだね?
 えっ? 引きこもりのヴァカ男さんよ。
 能書きを垂れる前に、ちゃんとした仕事でも見つけてくるんだな。
 何? 恐くて世の中に出て行けない? おやおや、そりゃ困ったねぇ。
 何々? だけど、孤独だから、誰でもいいから構って貰いたいだって?
 だから、こうしてお相手をしてあげてるんじゃないか。せっかくの休日を
 潰してまで。
 だけど坊や、お兄さんは今から彼女と約束があってね。
 お出かけしなきゃならないんだよ。
 君も彼女ができるといいね。いや、一生無理かな?
 っつーか、いつまで今みたいな生活を送れるのかな?
 心配だねぇ、将来のことが。たまらなく心配だねぇ〜。
 まぁ、頑張ってくれよ、坊や。いざと言うときは「生活保護」があるからさ。
 じゃあね、バイバイ。

398 :元アバター中毒:2001/06/09(土) 16:29
とにかく 悪徳マスターをこの世から抹殺しよう!でないとまともにアバターを
教えている良心的で上手なマスターが大迷惑です。

399 :元アバター中毒:2001/06/09(土) 16:51
370さんの「オーパ最悪」と何番かは忘れましたが「岡山発」の投稿をされた方:

おっしゃる通りです。私もオーパの被害者の一人かもしれません。それで Y二へ
抗議したのですがまともに取り合ってくれず 「それはあなたの創造でしょう」てな
具合でもって逃げられました。どうも再受講に対しては非常に投げやりです。
いや、初めての受講生に対しても 注意が行き届いているとはお世辞にも言いがたい。
マスター同士で雑談したり お菓子を食べたりしてて 全く受講生を安全な状態で
アバターのテクニック取得へと向かわせていない!32万円という高額な受講料を
取ってるんだから きちんと教えてしかるべき!(これは一般社会の常識ですが
アバター内部ではたんなる制限信念としかみられませんね。)
1部の時と 2部以降の Y二らマスターの態度が180度違うというから 見方によっては
アバターは危険!アバターは詐欺だと思われかねません。
一般社会の常識に従えば このような誠意のない、いい加減な対応しかできないマスター
は そこの会社の上司へ当然のことながら訴えられますね?会社といえばスターズエッジ社
になりますがこれが Y二とぐるになって 「Yはそのような人ではない。あなたのように
そういったものの見方 考え方をすることが分離を招いているのだ!」とまるで受講生に非が
あるといわんばかりに逆に問いただされたそうです。もちろん そのクレームの嵐を
招いたYに対しては何一つおとがめなし!
このような人物が 日本のアバターのトップなんですよ!もういい加減にして欲しい!
今こそ真の意味で 覚醒された文明の創造とは!を考える時に差し掛かっています。
何がなんでもマスターコースに行って ウィザードへ行くことの意味が果たしてあるのか?
それこそYらアバター狂信者の思うつぼです!お止めなさいと言いたい!

400 :オーパー被害者:2001/06/09(土) 17:31
やっぱりオーパーは最悪だったんですね。
私は、YではなくMキーの方だったのですが本当に32万円ふんだくられて時間の無駄でした。
私は、Mキーに抗議をしたのですがやはり同じようにそれは貴方の想像でしょうとか
まずその気持ちを感じでなんて訳のわからない事を言われました。
私はSLの相手がいなくて忙しい時に行ってるのに何時間も待たされたりしました。
それで文句を言ったら貴方はすぐに先に進みたがるがアバターはそういうコースではないと偏屈を垂れる始末。
そうじゃなくて待ち時間の事を言ってるんです!と言い返したらもう逃げるだけで
無視。
ただの詐欺師集団にしか見えません。
あの頃は、まだ今ほどITも進んでなかったので大阪オーパーの方でも
このような情報は封印できたかもしれませんが
これからは難しくなるでしょう。
私も被害者としては機会があればバンバン”アバターはただの誇大広告!”
”殆どのマスターはいい加減””特にオーパーは最悪”と訴えて行くつもりです。
岡山発さん。元アバター中毒さん頑張りましょう。

しかし、スターズエッジ社にも頭に来る。
きちんと実情を調査しろ。
おまえらの信念が曲がってるぞ

401 :中立者:2001/06/09(土) 23:25
No.399さん。

>それで Y二へ 抗議したのですがまともに取り合ってくれず
>「それはあなたの創造でしょう」てな具合でもって逃げられました。

 全く、こいつらときたら、なんて奴らなんでしょうね!?
 最後は、お得意の決め台詞「それは、あなたの創造です」とはね(苦笑)

>「Yはそのような人ではない。あなたのように
>そういったものの見方 考え方をすることが分離を招いているのだ!」とまるで受講生に非が
>あるといわんばかりに逆に問いただされたそうです。もちろん そのクレームの嵐を
>招いたYに対しては何一つおとがめなし!

 このY二(=Y氏)がマスターを認可する日本唯一のトレーナーなんですから…
 悪徳マスターがはびこる理由も納得です。
 ご立腹するのは、もっともです。


悪徳営業マスター達へ
 そろそろ、あなた達の悪行がバレ始めてきたことに気付いてきたはず。
 「何とか対処しなければ、全て暴露される!!」と戦々恐々しているのでは?
 しかし…、これは「あなた達の創った創造」なんですよ(笑)

追伸
 何とか皆を黙らせる、いい方法がありますが、お教えしましょうか?
 聞きたい??
 では、特別に。

 アバターのテクニックを使って下さい。
 望む現実を創れますよ(爆笑)

402 :ヘレ夫(1):2001/06/10(日) 02:34
なるほどなるほど。
オーパのユージその他が、相当タチワルイと。そこまでエグイ奴もいるのだと驚いています。
それにしても、SLの相手なしを「あなたの創造です」とは、すさまじい。
邪推的推論(ていうか多分こんな感じでは?):
・受講生たりない→これはマスターの創造(かどうかはホントハどうでもいい事なのだが、そこにコダワルのがアバター流なはずだぞ)である。アバター的解釈としては。
・そのことについて→恐らくYジ氏は「アバターは今この瞬間を創造しています(もちトレーナーの俺は創造しまくり)。受講生が少ないのは『人類がそういう創造をして
 るから』であり、このSL相手なしの状況はあなたとワタシがともに創造している創造なのです。故にこの状況に対するあなたの不満はあなたのラベリングがもたらして
 いる反応としての感情なのです、抵抗しつつ望みつつ創っている経験なのです。さあ、それを味わい愛でてください。」てなことでも思ったんだろう。
・この邪推的ユージ像に対して当然予想される反応→マスターはセミナーの責任者である。ゆえに有機的組織としてのコースの運営上の不備について、受講生に定刻出席を通知
 した以上、その申し訳をするのが人格上(心理学用語としての人格。否定するならテレパシーで話しかけてみろ)の責任としてもとめられる。もしそれを否定するのならアバ
 ター受講契約の対価としての金銭を支払う必要はない(民1条信義則違反で無効)。
 という論理はなしにしてもこれくらいアタマくる。というかクル人がいても否定する事は出来ない。アバターだから(笑)。
(この時点で起こる反応を却下したいのならユ−ジは存在というものを限定承認してるのと同じ。予想される反応と書いたが
 邪推演繹法でなくても存在としてこういう反応はありだというのが、これこのように存在の存在たる所以であり、ユージもその
 宇宙から逃れられない。ユージなる奴だけアバターのご都合主義ロジックで構成されたヒューマノイドなら別だが。)
もしこれらを一切無視し(存在は存在を無視する自由あり。しかもアバターだし。ご自由に創造下さいなのだから。)受講生の
反応(創造)のうち気に入らない部分を「あなたの創造」として転嫁し(この時点で今ここにいないのだユージは)、都合の良
い部分だけを「うーん今僕達味わい愛でてるね!レット・ミー・ファック・ユー!」ならそれは何かに似てる。
そーオウム・シュープリーム・トウルースのヴァジラヤーナ、聖無頓着である。ポアされて良かったね、の世界である。
サイババに似てるというのもありだが。まあどっちゃでもよい。
8番目のプライマリはこんな風にも使えるということでは。こーいうのを普通は精神分裂病と言います。
存在が存在としての発言をしているのに、その原因であるマスターはそれに答えることから逃げる、という創造をしているのです。
そしてそれがアバターであるなら、誰が金を払うんだ。誰がそんなものに登録商標つけて平気でいられるんだ。思いあがって者のみである。 
スターエッジにとってもアバターの品質管理上問題ありなんじゃないのか?
それとももう一回このスレのアタマに戻ってフィール・イットでも受講生がしてくれればユージは満足か?

403 :ヘレ夫(2):2001/06/10(日) 02:34
といいたくなりますな。ROMしてても。「アバター教えてあげる」ってな態度にむかつきます。
そしてそれがユージの創造である事は確かである(ユージに対する感情はその人の創造である。但しぶん殴るというのがワタシの自然な反応である)。
それら一切合財含めて「どーしてあなたはそーいう創造をするんですかね?」ってのは2ch以下だろう。
何としてもウィザード・テキストのコピーをここで見ている人のうちそれを欲しいという人には送りたくなる(ROMしてるマスターにも送るぞ)。
既に第3部までの金払った人にそれを持ってユージのコースに平然と現れて欲しくなる。

ウィザードに全部注釈つけてマスターたちに送りつけるか。
「アヴァターの進化に貢献してくれてありがとう」とか最後っ屁かまされたりして。
いやはや登録商標、ひいては米国商法、ひいては近代所有権法、ひいては法の担保としての警察・軍事力の恐ろしきことよ。

それから心理学板だからアヴァターを書くな、という書き込みがありますがどういうことでしょうか。
一瞬ヴァカ男におもねったような事かいた自分をコーカイしてるぞ。新参だから和を乱さないよう気をつけていたがこれ以上ヴァカな突っ込み入れるとアバターが心理学の板で
扱える論拠を書きなぐるぞ。それはそれでイヤンなるほど書きなぐれる、ってくらいの人が多くROMしてることすら推測出来ないような正体さらしても意味無いぞ。
それにそんなツッコミが的外れもいいとこだって気付かないくらい日常感覚逸してるならアブナイ。
気付いていて日本における心理学の枠組を守る義務感でも感じてるなら死ぬまで東京大学で権威主義心理学の牙城を守っててくれ。
それなりに意味あるだろうから。

404 :4:2001/06/10(日) 03:18
 アバター卒業して数年になるが、そんなにアバターマスターの情況は悪化していたんですね。
一緒にならっていた友人達はどうしているのだろうか?
アムウェー状態なんだろうか?
それともエンパワメントコース(セミナー)などから距離を置いているのだろうか?

私は運がよかったんだろうな〜〜。信頼できるマスター(のちアバターマスターを止めて、個人で低額・少数制で潜在能力コースみたいなのをしている)
の下で学べ、ビッグコースを再受講して色んな人と友人になれたんだから。

あのころから祐二はウザイ奴でしたね。そこまで増長したか・・・・。鎌田さんはとても透明感のあるひとだったし、他にもいいマスターがパラパラだけどいたのにな〜〜。
もしウィザードコースの資料が手に入ったらいくの思いとどまろう。

ここまで批判されるとは、尋常じゃないことが起きているんだろうなー、内部で。

405 :アウトサイド・アバター:2001/06/10(日) 20:07

下記のHP(英語)の下のほう、“Other Programs”のところに
スターズ・エッジやハリー・パーマーに関する記事が出ています。
英語に堪能な方、優れた翻訳ソフトをお持ちの方、読んで見て下さい。
営業マスターの営業用HPには、決して出てこない、彼らの裏事情が
つまびらかに記述されているようです。

   http://perso.wanadoo.fr/eldon.braun/awareness/

406 :アウトサイド・アバター:2001/06/10(日) 20:19
追加;個人成長プログラムの選び方(クリス・マーサ著、小久保温・訳)

  http://www.dma.aoba.sendai.jp/~acchan/Seminar/choosing.ja.html

407 :215:2001/06/10(日) 21:08
すいません。
英語は解りません。
チトかいつまんで教えてください。
それとランドマークってあったけどこれってまともですか?。

408 :過去の掲示板:2001/06/10(日) 23:59
◇韋駄天迷宮--韋駄天掲示板過去ログ(2000年11月)にこんなん、ありました。
 http://kimura2000.hypermart.net/bbslog/b00087.html

[14246] アバターは、やっぱりサイエントロジーであった!
投稿日 11月14日(火)03時44分 投稿者 サイエントロジスト

以前、アバターと称する、サイエントロジーの亜流かもしれないカルトが、日本でも
活動していると投稿しましたが、アバターが、まさにサイエントロジーの亜流である
ことを裏付けるページを発見しました。(これも必見!)

一部を引用します、詳細は、リンクを参照してください。(残念ながら、第1ページ目は、
ありません。アバターからの抗議で消去するハメになったのだと思います。)

サイエントロジーは、MK-ULTRAのサブ・プロジェクト:プロジェクト・モナークと
関係する恐れのある極めて危険な活動ですので、ゆめゆめお近づきには、ならないよう
ご注意ください。アバターも同様です。(単なるマネなので、もっと危険かもしれません。)

Harry Palmer says the basic Avatar Course, "properly presented, is the most
powerful, purest self-development program available at any price.'' The
majority of people who have taken the course seem to agree, at least for some
time after they complete it. Like his acknowledged model L. Ron Hubbard,
Palmer has a good thing going financially. The Avatar Course is a brilliant
synthesis of information from channeled sources, Scientology, Vedic wisdom,
Buddhism and other teachings. It is presented in an experiential format that
allows it to be rapidly assimilated by most Western students. It is a
consciousness-raising technology people are willing to spend a pretty penny to
get. So why, other than giving the course a certain mystique, are the materials
jealously guarded as confidential?

4ページ目からは、上級のWIZARDコースに関して、記述されています。
内容的には、サイエントロジーのOT3からOT5に相当すると、記述されています。

http://www.scientology-kills.org/The_Bastard_Child/Page_2/page_2.htm
http://www.scientology-kills.org/The_Bastard_Child/Page_3/page_3.htm
http://www.scientology-kills.org/The_Bastard_Child/Page_4/page_4.htm
http://www.scientology-kills.org/The_Bastard_Child/Page_5/page_5.htm

アバター関連サイト
http://www.netlaputa.ne.jp/~nanau/avatarjp.html
http://www2.ocn.ne.jp/~avatar/h3.html
http://www.sakuranet.or.jp/~dream/wavatar.html
http://www.starsedge.com/jp/index.htm

(以上、転載)

409 :アウトサイド・アバター:2001/06/11(月) 00:30

>215さん

申し訳ありません、私も英語得意じゃないんですが・・・。

ざっと、見たところ、ウィザード・コースは、ほとんどハリー・パーマー
の「信念体系」の押し付けでしかなかった、とか、ハリー・パーマーが過去に
サイエントロジストとしていろいろな金銭的トラブルを起こしていた、だとか、
アバター教材の開発やスターズ・エッジの設立において、L.ロン・ハバード
及びチャーチ・オブ・サイエントロジーから、かなり色々な情報および技術を
換骨奪胎するようなかたちで“盗み”出してきた、とかそういう内容だったと
思います。

実際、あまり思い出したくないのですが、私も以前、サイエントロジー東京に
かかわっていた時期がありました。その頃、L.ロン・ハバードの『思考の原理』
という本を読んだことがあるのですが、ハリー・パーマーが『アバター・マスター
のためのハンドブック』の中で述べている、「自己の宇宙」、「他者の宇宙」、
「物理的宇宙」に関する記述は、そっくりそのまま、ハバードの『思考の原理』
の中に出てきます。『思考の原理』の初版本が出たのは。1965年ですから、
オリジナルがどちらなのかは言及するまでもないでしょう。

それと、蛇足ですが、マスター・コースのテキストの表紙って、確かトラの絵だか
写真でしたよね。ところが、サイエントロジーのオーディター(ダイアネティックス
を実施する人)のトレーニング・コースのテキストの表紙はライオンの絵なんです。
これって、何なんでしょうね? ハリー・パーマーのジョーク?
いずれにしても、ハリー・パーマー及びスターズ・エッジ社が、かなりサイエン
トロジーを意識していることは間違いなさそうです。あるいは、ひょっとすると、
今でも何らかのつながりがあるのかも知れません。

あと、ランドマークっていうのは私聞いたことありません。どなたかご存知の方
いらっしゃいましたら、情報提供お願いします。m(_ _)m

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 00:35
ここはサイコロジカルの板です。サイエントロジカルの板ではありません。
よって
ーーーーーーーー 終 了 ーーーーーーーーー
ほれ、怒れ怒れヴァカども。

411 :ヘレ夫(1):2001/06/11(月) 01:03
とりあえず・・・
>405 アウトサイド・アバターさん
よくぞ見つけてくれましたって感じです。感謝しますです。
みなさん即刻スターエッジから遠ざかりましょう!!!!本気でヤバイそこらのセミナー屋と同じ組織です。

一瞬2チャンネル的な悪口雑言サイトかと思い警戒しながら読んだのですが。かなりヤバイ内容みたいですね。
ここをROMしてるひとにとって非常に参考になるものだと思うので、出来る範囲でのっけていこうと思います。
オランダ語はわからないのでもしわかる方いらしたら要点など教えてください。

マリアン・×××(伏字)という幼少時から家族ぐるみでハリー・パルマー本人からの大被害を受けて
きた女性のレターを読みました(現在34、5歳のようです。同ページの母親の手紙による。)
ざっと読んだだけなので訳文を記載は出来ませんが取り急ぎ・・・。

以下手紙の要点
・ハリー・パルマーがサイエントロジーにものすごく深く関わっていた事。
・非常に深く関わっていた(アバターで言えば営業マスターやウィザードのような)にもかかわらず、サイエントロジー
 のメンバー(というか被害者)を引きずり込むように自分の作ったアバターに参加させた事。
(これだけでも十分素性の怪しい人物なのだが)
・サイエントロジーを多少知っている人ならわかると思うが、あれはものすごく金がかかる。
 最後のコースまで行くと累計2000万円くらいになる。そのためにローンを用意している。どうやらハリーは無理に借りさせるようなことも
 していたようだ。この女性の場合さらにアバターコースでもふんだくられている(後述)。
・この女性とハリーとの出会いは11歳(小学生!)のころに遡る。当時ハリーはサイエントロジーのスーパーバイザー(サイエントロジー用語
 でアバターで言えばマスター以上の役職にあたる。多分。俺は10代の頃ピュアリフィケーションていうのにオヤジに行かされただけなので)
 をやっていた。11歳の時オーディティング(ハリーにとってはアバターのソースリストに至る契機となったものだろう。カウンセリングのよ
 うなもの。ゆえに今ハリーはカウンセリング否定に突っ走っているのだ)を受ける費用が尽きた事をハリーに告げるとなんと、ハリーの上司に
 いいですか?みなさんよく読んでくださいよ::
「この子はオーディティングを受けることに抵抗している。抑圧的傾向をハンドルするトレーニングにいかせるべきだ」といっったそうです。
 この女性は手紙の中で、12歳の子供に抑圧的傾向?どういう風に考えればそうなるの?とこのオーディティング拒否に対するハリーの言動に嘆息している。
 ここでハリーの述べている「抵抗」「ハンドル」というアバターにそのまま流用されている言葉とその用法に注意してみてください。なにか見えてきませんか?
・13歳の時には誕生日に受け取ったお金をふんだくられている。サイエントロジーの本を買い取らせ、近隣の人に売りさばくようハリーに指示された。本が売れ
 ればそのお金はハリーが弁済するとの約束にもかかわらず、彼女は踏み倒されている。
・ハリーとサイエントロジー教会バッファロー支部は法廷で闘争している。これはハリーがサイエントロジーのテクニック、アイデアなどを盗んだことと関係しているようである。
 サイエントロジー上級コースの内容を盗むために彼女や母親を利用した。

412 :ヘレ夫(2):2001/06/11(月) 01:09
・ハリーは非常に熱心なサイエントロジー教会の信者だったようで、自分がデリバリーする上級テキストを彼女に買わせていた。
 しかもローンで。理由は「僕は金がない。いくらかの人は金持ちで、金を隠してるものだろ(だからお前が払え)」ってなものらしい。
・ハリーがフンダクッタ莫大な金に対してサイエントロジーに文句を言うと「ケーススーパーバイザー(ハリーのこと)は最早あなたの無駄ぐちに耳を貸す気はありません」
 と言われ、さらに「(それらはあなたの抑圧的傾向の生み出すネガティブなもので)クリーン・アップ(=掃除)すべき行動ですね」とも言われたそうです。

・ハリーはこれらのお金について「いい時がくれば富を分けてやるよ」てなもんなんだそうな。

これが意味するところは、つまりアバターで儲けたら少しくれてやるよってことか。

413 :ヘレ夫:2001/06/11(月) 01:17
↑急いで書いたので読み違えがあるかもしれません。
(しかも既に408、409でアウトサイド・アバターさんが書かれている内容と同じかも)
ただ大筋あっていると思います。

414 :ヘレ夫:2001/06/11(月) 01:26
あとこの女性とその兄弟はハリーのせいで酷い人間不信に陥ってしまった時期があった模様。
すいません、何度も。

415 :ヘレ夫:2001/06/11(月) 01:26
あとこの女性とその兄弟はハリーのせいで酷い人間不信に陥ってしまった時期があった模様。
すいません、何度も。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 02:05
どんどんアバターの化けの皮が剥がれていく。
このスレに出会えてよかった。。。

417 :ヘレ夫:2001/06/11(月) 02:29
>408
うむむ。転載に載ってたリンクは既にアクセスできないものだった。にしてもだ。
MKウルトラ、プロジェクト・モナークといった単語まで出てきてしまう世界だったのか。
いままでソースリストで受講生に行わせている作業について、サイキック・ドライビングって言葉を使いたいのを
押さえてきたが、これでやっとそういう言葉で説明する俎上にのせられたみたいです。

まあMK・・・とかの関わりが、ロン・ハバードが何かの機会を得て読んだ当時の資料に触発されて、という程度
のものであったにしろオウム事件後騒がれたCIAから予算を得てのユーイン・キャメロンの研究だからな。
どんなインスピを得たにしろヤバイ方向である事には違いない。
そいえばロン・ハバードって海軍出身でしたよね。NAVYかマリーンか知らないけど。マリーンだったら当時の研究について
知る機会があった可能性もありますね。NAVYで実験された方だったりして。どちらにしろ1950年代という年代もあっている。
アバターは洗脳実験の延長にあるものだったのか!?イヤーな感じになってきてしまいました。

ソースリストでやっていることはゲシュタルト性の回復に用いられる一般的なエクササイズとも方向性が違うし、
マスターが受講生の精神状態、身体の状態について全く把握する能力のない人間ばかりであったり、エリクソン
の一般向け本程度の理解もなかったりして、危うい認識能力の人ばかりだった。
要するに営業マスターどもは普通の人なら感じ取れる矛盾や直感的理解による齟齬にさえ気付かない愚か者の集まりと言う事か。
それじゃあホントにそこらの宇宙人がやってくるのよ!とか宣伝してる行き場のないラエリアンとかわらんな。

サイエン・・・(あえてフリーメーソンや現代のエリート主義とは言わない)と同じで何か奥の方にもったいぶって隠してることに
よって人の意識(あえて注意とは言わない)を束縛・管理・誘導して、ずくずくの身内になったらもう馬鹿になってて出るも出ない
もない、ただの悪人か廃人になってるシステムか。奥の神殿に隠されてるものが動物霊やトンデモ本だったらまだいいが、入口より
酷くなってる金、金、金の世界だったらたまらんな。

418 :トリニティ:2001/06/11(月) 11:56
過去ログ全て読みました。大変ためになっています。
4さん、神戸さん、通りすがりさんの見解が現在の私の見解に近く、
私のアバターに対する態度を決定する上ですごく参考になります。

中立者さん、ヘレ夫さん、どうもありがとう。
通りすがりさん、次の長文の連チャンはいつでしょう?
お待ち申し上げております。

ヘレ夫さん、アウトサイド・アバターさん、私、不勉強につき
以下の用語について簡単にでも説明していただけると嬉しいです。

@サイエントロジー
AMKウルトラ
Bプロジェクト・モナーク
Cサイキック・ドライビング

毎日このスレを見にくるのがとても楽しみです。
ちなみに、すでにほとんどの営業マスターはこのスレを見ています。
彼ら、彼女らにとってもアバターを考え直すいい機会になっているの
ではないでしょうか?

419 :215:2001/06/11(月) 14:40
>アウトサイド・アバターさん、ありがとう。
ランドマークって言うのは、アバターやってる人が「なかなか、いい所もあるよ。」っていってたんですが、405をクリックしたら出てきたんで、聞いてみたんです。

>トリニティさん
私も同感です。いろんな人のレスにはほんとに助かります。
今ゼミで臨床心理(ほんの少し)をやっているのですが、いわゆるまともな学派の技法よりアバターテクニックの方が効果があるように思ってます。ところが、皆さんの告発によりますとアバターは危ないセミナーなんですね。
このことをどう折り合い付けて理解したものやら・・・。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 17:09
そうだ>>215
アバターの効果は3部までだったのか?
それ以上(上級コース)からは、ボッタクリか?

バカマスターに愛想が尽きて、上級コースに行きたく無くなった。
それで、よけいに金を無駄にしなくてよかった。
マスターがもっと賢ければ、危ない所だった。

421 :中立者:2001/06/11(月) 21:27
 「通りすがり」さんにレスするといいつつ、遅くなりました。
 ちょっと、タイムリーさに欠けましたが、レスさせてもらいます。通りすがりさんの主張には、ほぼ全面的に賛成しますが、若干異論がある部分があるので、それについて、ちょっと述べさせてもらいます。

>No.315の(1)「精神的な知的財産」商業化の反対
 について。

 私は商業化自体は、しょうがないというか、むしろ当然のことと思ってます。利益を上げようとするのも納得してます。
 良い悪いは別として、現在、私達は貨幣経済というシステムの中で生きています。
 企業は、よいものを提供することができれば、多くの消費者に受け入れられ、結果的に儲けることができるし、逆に、儲ける為に、よりよいものを提供すべく改善・改良しようと努力します。(これが、経済を発展させるための原動力となっている訳です)
 なので、たとえアバターのコース内容が、古今東西の文化・伝統・技術に基づくものであっても、それをある視点から取捨選択し、適切に組み立てているのであれば(そうであるかは異論があるかもしれませんが、そうであるとするなら、それは、一種のアイデアであり、企業努力と認められます)、そのアイデア及びアイデアにより付加された価値に対する対価は、当然認められるべきものと思います。
 それに、世の中に対して、大規模に広めようとした場合、それなりの組織が必要になるでしょうし、その組織維持の経費も当然掛かってきます。コースを教えるマスター達への対価の支払いも、必要になってくるでしょう。(霞を食って生きていけませんからね)
(以上が若干異論がある点です。一般論として)

 しかし…、です。
 それは、あくまで、まっとうに正々堂々と商売をやって、その上で利益を上げている場合です。
 しかし、現在のスターズエッジおよび営業マスターのやり方は、だまし討ちと言うか、あこぎな商売をやっているといっても過言ではないと私は思ってますが…。あこぎな商売をやって、不正に利益を上げているのであれば、私は断固それに異を唱えます。

 このことは、通りすがりさんの指摘された
>(2)スターエッジ社の諸政策は不誠実である
 にも関連しますが…。

 これについては、また今度。

422 :中立者:2001/06/11(月) 21:29
トリニティさん。
>ちなみに、すでにほとんどの営業マスターはこのスレを見ています。
>彼ら、彼女らにとってもアバターを考え直すいい機会になっているの
>ではないでしょうか?

 これは、確実な情報なんですか?

 ホントに、営業マスターの多数がこの掲示板を見ているのであれば…。
 営業マスターさん。是非、アバターの矛盾に対するあなたたちの考えを教えて下さい。
 前にも「考えすぎさん」にも申しましたが、誤解があるのなら、それを正す機会になるし、また、今まで述べられてきたアバターの矛盾に対して明確に回答するのが、広く社会一般に対して営業している営業マスターとしての義務でもあるでしょう。
 是非是非、お願い致します。

423 :4:2001/06/11(月) 22:16
>いわゆるまともな学派の技法よりアバターテクニックの方が効果があるように思ってます。ところが、皆さんの告発によりますとアバターは危ないセミナーなんですね。
>このことをどう折り合い付けて理解したものやら・・・。
簡単です。アバターテクにはまともな学派の技術の再編集だということ。
で、なぜアバターテクの方が効果的か・・・・賛否をおいてそれを前提にして言えば、それは受講生に金払わした上で、人体実験してきているからですよ。
商業ベースだからカウンセリング以上の大規模な数を・・・・
他方であほなマスター(ほとんどらしい・泣)の下でやると効果ありすぎで危険。

学術ベースは理論先行でテクは研究が遅々としているしね。NLPなどのM・エリクソン系を最近リスペクトしてます。
応用が利き易いんですよ、理論が「一応」あるから。

 私は鎌田敏子さん以外は危険すぎといっておきますね。今の彼女を知らないんで、これもいい加減情報ですね。

>自己の宇宙。他者の宇宙。物理的宇宙
これは大マジの社会学「関係機能主義」でも言ってますよ。「間主観」とか東大教授していた広松渉氏「物象主議論(マルクスの疎外論につながる思想)」からインスパイアーされた考えのようですね。

私はあまり、サイエントロジーとの係わりには興味ないですが、「やっぱり・・」という気がします。
ただ、すこし陰謀論がかった話にこのスレが移行している事に懸念しています。

できれば、アバターテクの応用とか、応用につながる学派などを話し合いたいです。
あと、もう少し詳細なウィザードテク情報を!

424 :アウトサイド・アバター(その1):2001/06/11(月) 22:51

>トリニティさん

@サイエントロジー
 これは、アメリカのSF作家、L.ロン・ハバードが創った宗教団体で、
 彼が1950年に出版した『ダイアネティックス』という心理療法の本が、
 爆発的なベストセラーになったことに端を発しています。当初、アバター
 と同様、口コミで全米、全世界に広まって行きましたが、その後、組織が
 高度に官僚化していくにつれて、やはりアバター同様に、訴訟合戦や金銭
 トラブル続きの「カルト団体」へと変貌をとげ、現在では、ヨーロッパ、
 特に、フランス、ドイツ、オーストリアでは、極めて警戒を要する危険団体
 として監視の対象になっています。

AMK−ULTRA
Bプロジェクト・モントーク
 これは、あまりよく知らないのですが、第二次世界大戦後、アメリカ海軍が
 極秘に進めていたと言われている洗脳、マインド・コントロール実験のための
 プロジェクトの名称だそうです。薬物・電子チップ・電気ショックを使って
 失神、暗示によるプログラミングを行なう実験だったのだそうです。ただ、
 私は、こういう実験が本当にあったのかどうか、懐疑的です。この手の話題は、
 例の「とんでも本」の世界の主要テーマであり、これを仮に認めるとなると、
 ロズウェル事件の宇宙人捕獲の一件や、戦艦を透明化するというモントーク・
 プロジェクト(フィラデルフィア・エクスペリメント)まで認めてしまうという
 なんでもありの“電波君”世界に突入してしまいそうです。詳しくは、後ほど、
 韋駄天掲示板の過去ログから、関連ありそうな書き込みをコピペしておきます。

Cサイキック・ドライビング
 精神操縦と称せられる思考・行動原理の埋め込み操作のことで、被験者は
 感覚遮断された状況で、テープ等に吹き込まれたメッセージを際限なく
 聞かされます。これによって、人間の思考・行動を思うがままに改変させられる
 という仮説です。

425 :アウトサイド・アバター(その2):2001/06/11(月) 23:03

訂正;上記、Bプロジェクト・モントーク⇒Bプロジェクト・モナーク
   でした。失礼。

では、韋駄天掲示板の過去ログから。

***********************

[14163] サイエントロジーと米国海軍のマインド・コントロール
投稿日 11月8日(水)21時48分 投稿者 サイエントロジスト


下記URLは、洗脳、陰謀など豊富なリンクを収集しています。
(ただ、切れているものもおおいけど、。。。)
マインド・コントロールに関する簡単な歴史的な紹介があり、
そのなかでの、米国海軍によるプロジェクトに、私は、注目しています。
(ほんの、数行の記述しかありませんが、。。。)
1947年 プロジェクトChapter
1951年から1953年 プロジェクトChatter
ロン・ハバードは、戦時中、海軍の中尉でした。入隊直後は、情報部門でも仕事をしています。
(ただ、ONIに属したという記録はない。)
この47年から、53年とは、ダイアネティクスの執筆、発表、チャーチ・オブ・サイエントロジー
の誕生に至る、サイエントロジーにとって、もっとも重要な時期でした。
また、46年夏から、49年にかけてのロン・ハバードの活動は、謎とされています。
ろくに小説も発表せず、よく食いつなぐことが出来たものだ、といった感じなのです。

ロン・ハバードは、上記海軍のマインド・コントロール・プロジェクトの一環として、
ダイアネティクスを(海軍と共同で)書き、民間人を実験台とするプログラムを
推進したのではないか、と推理しています。(つまり、資金や、ノウハウは、
海軍から出ていた、。。。)
http://www.greatdreams.com/consp.htm

426 :アウトサイド・アバター(その3):2001/06/11(月) 23:04

************************[14132] ロン・ハバード、スパイ説
投稿日 11月6日(月)12時50分 投稿者 サイエントロジスト 削除


これは、小生の妄想であると、あらかじめお断りしておく。

L. ロン・ハバードは、1940年代、海軍諜報機関のエージェントとして任務にあたり、退役
後も契約エージェントとして諜報活動に従事していたと考えるのが、最も自然な説明では
ないかと思う。(公開されている軍務の記録は、当然ながら改ざんされたものである。)

その主な任務は、テレパシー、オカルトといった、いわゆる超能力を効果的に活用する技
術および、大衆操作技術の調査研究であった。ロン・ハバードは、多少その才能もあり、
また、作家としてもかなり名を知られている点も評価されたのかもしれない。

海軍は、ダイアネティクスのネタになったメンゲレの研究成果の一部をロン・ハバードに
調査分析させることにした。(オカルト的な要素が多分に含まれていたのだろう。)その調
査の一環として、ロン・ハバードは、OTOの名士であるジャック・パーソンズに接近を試
みた。ロン・ハバードは、パーソンズには、口頭にてメンゲレの成果を断片的に伝えただ
けかもしれない。それでも、パーソンズは、大いに興味を持ち、有頂天になって、ムーン
チャイルドの儀式を始めた。パーソンズが、役に立たないと見るやロン・ハバードは、す
ぐに手を切っている。

それから、5年後にダイアネティクスが爆発的なブームとなる。これも、海軍や政府系機関
によるマインド・コントロール実験の一環であったと解釈できないだろうか?この間、ロ
ン・ハバードは、たびたび、傷痍軍人としての手当てを請求しているが、これは、工作費
を支給するための名目であった。ロン・ハバードは、終生「間抜けで嘘つきの二流作家あ
がりの教祖」を演じながら、チャーチ・オブ・サイエントロジーというマインド・コント
ロール実験室を拡張しつづけた。

427 :アウトサイド・アバター(その4):2001/06/11(月) 23:09

***********************

[14121] 爬虫類人とダイアネティクス
投稿日 11月5日(日)19時32分 投稿者 サイエントロジスト 削除


太田龍氏監訳の「大いなる秘密上、下」(例の爬虫類人の本)を読んだ。
これは、サイエントロジストを大いに喜ばせてくれた。内容が内容だけに、多くの人にと
っては、「にわかに信じがたい」のも、無理はないだろう。

MKULTRAの派生プログラムであるプロジェクト・モナークと関係する記述には、非常に
興味がある。「大いなる秘密下」の153ページの最後の段落に次のようにある。
「人の心には、防御機構があって、極端なトラウマは切り離して閉じ込めようとする。だ
から、ひどい交通事故のときなどに記憶が飛ぶのだ。心が忘却の防護壁を事件の周囲に張
り巡らせて、そういう恐ろしい記憶を追体験しなくてすむようにしているわけだ。ブラザ
ーフッドは、古代からこれを理解していた。
ナチスドイツの強制収容所では、マインド・コントロールのためにこの現象を利用する
方法がさらに研究され、完成された。メンゲレとナチスが、完成させたのは、。。。。」
正直、この部分を読んだときは、驚いた。この前半部とソックリな記述が、「ダイアネテ
ィクス-自分の能力を最大にする本」に含まれている。たとえば、
「分析心は、激しい痛みが起こっている間は活動を中断する。実際、分析心は衝撃が与え
られるたびに、あたかも活動源を止められてしまった器官のようにふるまうのである。」と
か、「そのメカニズムは、心を何かほかのものにたとえると、非常に単純である。肉体的な
苦痛による破壊的な波動が入ってきたり、あたりに充満するエーテルのような毒物が入っ
てくると、分析心のヒューズの一部あるいは、全部が飛んでしまう。ヒューズが飛ぶと、
標準記憶バンクも、機能を失ってしまう。」などである。これは、私、一人の感想でなく、
知り合いのサイエントロジストにも、トカゲ本の上記の段落を読んでもらい、「なにか思い
出しますか?」と聞いてみた。彼も、「Book One(ダイアネティクスの本)だ」と答えた。

私の、個人的な想像であるが、ダイアネティクスのルーツは、多くの人が、指摘するよう
なフロイド主義的精神分析学にあるのではなく、メンゲレらによって開発された、マイン
ド・コントロールの技術にあると見ている。この両者を結ぶキーワードが、ムーンチャイ
ルド(Moonchild)だ。プロジェクト・モナークとムーンチャイルドの関連は、
http://hermes.spaceports.com/~eddy4god/Monarch1.htm
にて明らかだ。
一方、ダイアネティクスの著者、L. ロン・ハバードは、1945年の暮れから、1946年の春
にかけて、米国OTO(Ordo Templi Orientis)の第一人者Jack Personsと非常に親しくな
り。ムーンチャイルドを作る儀式を行っている。このことは、パーソンズやアレイスター・
クロウリーの書簡、日記等でも裏付けることが出来る。
http://www.xmission.com/~mirele/bluesky/bs2-6.htm
メンゲレが、米国政府の手引きで、国外に逃亡したことは、よく知られている。これも、
私の想像ではあるが、そのとき、メンゲレらが残したマインド・コントロールの研究成果
が、何らかのルートを経て、ジャック・パーソンズの手に渡ったとしても、不思議ではな
い。なぜなら、ムーンチャイルドに関して、米国で知りうるものは、この人物を置いて他
にはいないためだ。1946年のムーンチャイルドの儀式は、この資料に関する、一種の実証
実験であったと、推理している。

***********************

念のため、再度お断りしておきますが、私は、これらの「とんでも仮説」
に対しては、極めて懐疑的です。これらは、本掲示板の趣旨とは、
関係のないものだと思います。あくまで、参考程度にということで。

428 :215:2001/06/11(月) 23:59
アウトサイド・アバターさん、4さん、ありがとう。
それにしても心の研究はすごいですねーー。

>まともな学派の技法よりアバターテクニックの方が効果があるように・・・
>ところが、皆さんの告発によりますとアバターは危ないセミナー・・・
>このことをどう折り合い付けて理解したものやら・・・。

>簡単です。アバターテクは、まともな学派の技術の再編集だということ。

つまり、まともなものを研究した、源体験に速やかに至れるプログラムっ
て理解していいんですね。

で、神戸さんと私が質問(>>385,>>386)した「アバターの効果を得ら
れる、まともなセミナーは?」ってのは、今の所、アバターしかないっ
て(一応)考えられる。
しかし、料金、指導者(マスター)がムチャクチャ。
こういう感じ?

429 ::2001/06/12(火) 00:13
おまえ読解力あるのか?
まともじゃないって言ってるだろ。

430 :中立者:2001/06/12(火) 01:02
 サイエントロジーとハリーとの関係については、本当の所は分かりませんが…
 ただ、ネットで「サイエントロジー」を検索し、調べると、問題の多い団体であることは間違いないようですね。

 あと、最近「トンデモ話」が語られてますが…
 ちょっとばかりというか、かなり、トンデモ過ぎて…
 この話題はやめておいた方がいいのでは?

 さて、前回の続きを。
 スターエッジ社の不誠実な諸政策の1つ非公開の政策(過度の「秘密主義」)について、この秘密主義と不当に高いコース受講料との関係について述べさせてもらいます。
(もちろん、値段が妥当か否かは、かなり主観的なものでありますが、常識的に大多数の人が高額であると認識してるはず)

非公開の政策がもたらす問題点。
・高額な受講料(他の問題点はすでに通りすがりさんにより指摘済み)

 経済理論に基づき、簡単に説明しましょう。
 皆さんも、中学(高校だったかな?)時代に、「物(サービス)の価格は、需給バランスにより決定する」と習ったことと思われます。
 この需給バランスにより価格が決定するメカニズムが機能する前提として、情報の完全化、すなわち、必要な情報が経済構成員に広く知られていなければなりません。

 皆さんも何かもの(例えば、パソコン)を購入しようとしたら、前もって、あちこちで値段のチェックをしませんか?。機能、値段等々を比較検討した上で、例えば、「あそこの店で、バイオを買おう!」なんて決めるはず。
 パソコンを作る企業も他社に負けずに、いいものをより安く製造しようとし、そのパソコンを販売する販売店も(他店より)より安く販売しようと努力するはずです。(でなければ、淘汰されてしまいますから)
 こうして、競争原理のもと適切な価格に落ちつくわけです(安すぎてはやっていけないし、高いと他社との関係で下げざるを得ない)。(この前提として、どこのパソコンがどういった機能をもっているか?とか、どこの販売店がより安く販売しているか?…といった情報を入手できなければなりません)

 さて、翻って、アバターについて考えてみましょう.
 アバターについて、事前に入手できる情報ってなんでしたか?、そして、それは、どこから入手できるものでしょう?
 そのほとんどが営業マスターの提供する情報であり、その範囲も極めて限られていたことでしょう。しかも、営業マスターの提供する情報は、意図的に取捨選択され(都合の悪い情報は出さない)、操作され、しかもかなり誇張されたものなのでは??
 (「非公開の政策」から、他の代替手法が存在するか、の確認はできない。確認できない以上、代替手段が存在したとしても、その比較は無理。その効果は広告主である営業マスターを信じるほかない。値段自体が妥当かいなかは、広告のうたい文句から判断するほかない。などなど。)
 このように、正しい情報が充分行き渡らない状況を意図的につくり(?)、それが原因で、あの不当に高額なコース料金を維持できている訳です(意図的でないとしても、結果的に、非公開の政策が、高額なコース料金を維持する機能を果たしているのは事実)。
(大多数は、よく知らない営業マスターを信じるほかない訳で、単純に信じた受講生がうかつだ!という意見もあることでしょう。しかし、いくらなんでも、あれだけ内容とかけ離れた広告を出していると、詐欺罪で訴えられても…と思いますが。真っ当に商売し続けている以上、大きな問題はないと考えるのも当然と思います。)
(尤も、訴えようにも、訴訟費用と損害賠償額とを考えると、やるだけ無駄なので訴える人は少ないでしょうね(笑))

 こうした場における、アバターに関する正しい情報がやりとりは、市場メカニズムを充分に機能させるという観点から、重要な意義を有すると考えてます。

431 :4:2001/06/12(火) 01:05
>>428
>つまり、まともなものを研究した、源体験に速やかに至れるプログラムっ
>て理解していいんですね。
コース運営者=マスターの悪行とそうなってしまうシステムがはっきりしてきた今、そうはっきりといいにくいです。

心理学では「源」のような概念はないです。
ユングが集合的無意識といいましたが、これもあくまでイメージ程度ですね。
そういうわけで恐怖症とか、トラウマ解除、行動修正(例:禁煙)などです。

アバターはそれに「源」という位置付けをしていますが、私はこういう「なにか」はあるんじゃないかと想定していますが、
価値判断がない状態は確かに「源」という気がします。自分の思いを簡単に整理できます(トラウマ解除、行動修正など)から。でも、これだけなら、ライトトランス状態程度の話。
そこから奥に行くとどうなるかというのは個人的興味です。

で、問題は内容・テクがよくとも運営者の影響はすごく受けるので、新たなトラウマと、こういうものでは解決しないという信念をもたれることが、怖いのです。
私はアバターに疑問を持ちつつも、「せっかくならったものだから、テクを生かせるようになって欲しい」と思い被害を受けたと思う方に
サジェッションしてきたつもりです。被害者のテクについた「効果ない」というラベルをとるために。
なぜ、テクは擁護するかといえば、原型はしっかりしたものだし、変形の方が応用が利いていることが多いからです。
以前私は簡易フォーカシングをこのスレに書きました。それを一度してみてください。
そして、ピーンとくるものがあれば、フォーカシングでもオッケーのような気がします。
もし、ホーリスティクなものがほしいのであれば、そういう視点でフォーカシングをすればよいと思います。
もちろんフォーカシング以外でもいいですけど・・・
フォーカシングでもトレーナーの質が求められますが、すばらしい人より、淡々と技術を教えてくれる人が安心と思います。
本読んで自分でやっても充分ですよ。

>この要領は、フィーリッツで感情を感じきるだけのシンプルな事に過ぎないけれど、前にも述べたように、寂しがり屋の私には「闇夜の一人歩
>き」的恐怖さえ感じました。
>この孤独、寂寥感を越えていくのは感動モノでした。
 そこまで経験しているのであれば、私が言うことはないように思います。
孤独感の向こうに「源」というか「自己受容」があると思うんです。
孤独、人はどうして孤独たりえるんでしょうか?
ありのままみる=フィリッツしている時、「思考」という自vs他、自vs自然という対立の「壁」はなくなるんですよ、少なくとも心理的には。
孤独さも味わいきれば、遠くへさっていきます。
そういう意味で、「感動的」を味わいきると孤独や感動ではなく、「淡々としたもの」になりますよ。
そこはともに自力で探しましょ?
テクはもう知っているんだから。

432 :(=_=):2001/06/12(火) 02:22
突然の質問ですが、ウィザードを受けるにはマスターコース終了後
1年以内なんですよね。何故なんでしょう。
期間がきめられている方が、焦って受けやすいからでしょうかね。
戦略?

433 :アウトサイド・アバター:2001/06/12(火) 05:53

申し訳ありません。昨日は、調子に乗って掲示板の流れを逸脱させて
しまうような書き込みになってしまいました。

以後、でしゃばらないように気をつけます。

@道具としてのアバター・テクの真髄を浮き彫りにし、スターズ・エッジや
 営業マスターの影響から、それらを切り離す。

A悪質なマスターを告発し、淘汰させる。

Bアバター、スターズ・エッジおよびハリー・パーマーに関しての知られざる、
 しかし、“消費者”として知っておかなければならない情報を開示する。

概ねこの3点に絞って展開していけばいいのかも知れません。

・・・・失礼いたしました。m(__)m

434 :名無し:2001/06/12(火) 06:16
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami1.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami2.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami3.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami4.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami100.cgi
http://namikarex.ug.to/cgi-bin/nami1919.cgi
http://iwa.server.ne.jp/up/image/anime3581.htm

435 :トリニティ:2001/06/12(火) 11:10
>アウトサイド・アバターさん
お手数をかけました。
@ハリー・パルマーはアバター以前にかなり問題のある団体・サイエントロジー
で指導者の立場にあった。
Aアバターの体系はハリー・パルマーのオリジナルではなく、かなりの部分をサイ
エントロジーから盗用した疑いがあり、裁判沙汰にもなっている。
Bサイエントロジー時代のハリー・パルマーは受講生に金銭的・その他の多大な被
害を与えた疑いがあり、被害者の手紙は現在もネット上で公開されている。

この3点は私にとって(そして多くのマスター、アバター、受講生予備軍にとって)
無視できない新事実でした。どうもありがとう。
トンデモ系の話題は忘れましょう。>433のご意見、了解しました。
枝葉の部分を質問してしまい、失礼しました。

 >中立者さん

>トリニティさん。
>ちなみに、すでにほとんどの営業マスターはこのスレを見ています。
>彼ら、彼女らにとってもアバターを考え直すいい機会になっているの
>ではないでしょうか?

> これは、確実な情報なんですか?

マスター間での話題のなりようから見て、ほぼ間違いありません。私はマスターでは
ないので断言はできませんが、マスターメーリングリストで触れられたのではないで
しょうか?マスターMLに加入されている方がいれば、お教えください。

436 :中立者:2001/06/12(火) 21:05
トリニティさん
>マスター間での話題のなりようから見て、ほぼ間違いありません。私はマスターでは
>ないので断言はできませんが、マスターメーリングリストで触れられたのではないで
>しょうか?マスターMLに加入されている方がいれば、お教えください。

 トリニティさん、レスありがとうございます。でも、「マスター間での話題のなりよう」とは、どういうことなんですか?

 本当に多くの営業マスターが見ているのであれば、矛盾点に関して、コメントが欲しいですね。
 コメントがないのは、理路整然と説明することが不可能だから?
(ならば、矛盾を認めていることになりますが…)

437 :通りすがり(35):2001/06/12(火) 23:33
通りすがりです。大変遅くなりました。m(__)m しばらく、日にちをあけたら、こんなことになってるとは・・。はは。
話の流れがとても早いですね・・。

さて、何からお話したら良いものやら、・・戸惑ってしまいます。

>>中立者さん
>>通りすがりさんの投稿をもとに意見交換するのが今のところ最善・・
>同感です。通りすがりさんよろしくお願いします(笑)。

中立者さん、ヘレ夫さん、4さん、その他の皆さん、こちらこそよろしくお願いします。

>4さん
>わたしはより唯識的につまり源へ注意がいき「世界が私で、私は世界だ」、スターズエッジ社&マスター諸氏は思想&テクの普及、拡大に注意がいったようです。
私もそうです。ハリーが教化と創造的探求は区別されるべきだ、とウイザードテキストで言ってる通り、
自称、自己探求の道を歩んでると思ってます。(笑)

>アバター卒業時から「アバターからも中立さ」を抱いていると自己評価しています。
そうなんですね。他の人もおっしゃってますが、私も「アバター」に対して固執していないです。
ただ、最近の皆さんの情報からは、ヘレ夫さん同様、「いやーな」感じがしておりますが・・。(笑)
(注:)「いやーな」感じ→「マジで、ヤバイかも・・」って感じ。ハイ、それを感じて「いやーな感じを経験している人」は
どんな感じがするか、それを感じて「これは私ではない。私が創り出したものだ」とラベルをつけて消す。(笑)

>ヘレ夫さん
>通りすがりさんの出現を期待して。
すいませ〜ん。m(__)m 遅くなりました。しばらく仕事が忙しかったもので。(^^)

さて、最初に

>326直ちゃんさん

掲示板見てきました。(先週)もう、消されているようですが・・。
ですから、営業マスター達でこのスレが話題になっているのは間違いないのでしょう。
繰り返しになりますが、このように回答になっていない回答、論点をはぐらかす回答に私は、批判しているのです。

→ この掲示板のマスターのように、自分のところの教化された発言しか言えないわけです。
まったく論点をはぐらかせているようにしか映りません。

・「私は、先週、昔にマスターをしていた人がウエブサイトに掲載した、ながーい記事を
偶然見つけました。「アバター −− サイエントロジーのにせもの」といったような
タイトルでした。その人の名前は忘れてしまいましたが。いずれにせよ、重要なことで
はありませんし。その掲載されたものは、私のコンピューター上で50ページ余りにも
およびました。読むと胸が痛むようなものでした。胸が痛んだのはアバターやハリーに
批判的であったからではなく、それがあまりにも否定的で長いものだったからです。この
人は本当に苦しんだに違いない−−これを書きながら。驚いたことに、私はアバターや
ハリーに対していかなる悪い感じもありませんでした。私がアバターで学んだ素晴らしい
ことは真実とは私が信じたことであって、誰かが私に信じてほしいと思っていることでは
ない、ということです。私はアバターを受講したことによって、自分自身に最高の贈り物
をしたと信じています。私はあらゆる状況において、自分自身を幸せにし、楽しませ続ける
ことができるテクニックを学んだのです (ドバイのマスターより)」
(「EPCニュース」より:原文のまま)

438 :通りすがり(36):2001/06/12(火) 23:35
このマスター(掲示板管理者)は、上記に書かれている論理構造(ドバイのマスター)とそっくりです。
誰も、あなたのハリーに対する感想など聞いてません、といいたいくらいです。
論点をすりかえて(繰り返しますが、論点は、アバター理論と訴訟を起こしていることの矛盾点)「私はハリーが悪い感じがしない」
 「私はハリーが好きだ」=「アバター理論には矛盾がないんだ」「スターエッジ社は当然のことをしているまでです」などと
いう回答が、回答になっていない、と指摘すると同時に、あなたは、アバター教に洗脳されてはいやしませんか? (洗脳という言葉
 がきつければ、何かの「信念体系」、「創造」に入り込んでいませんか? あるいはマインドコントロールされてませんか?)と言っているだ
 けです。
そのマスターに限らず、ハリーを好きになろうが、好意をもとうが、その人の勝手です。思う存分やればよろしい。しかし、あなたが、
 そういう発言をするに至ったのは、ハリーやスターエッジ社が提唱するところの「EPCの実現」や営業戦略・営業理論など
を盲目的に是としているからではないですか?
これでは、宗教信者の体質のように、教祖に依存している自立していない自己決定能力の低い、アバター的に言えば「意図的に生きて
 いない人」と言われても仕方ないのではないですか? と批判しているだけです。

中立者さん、327、329でおっしゃるところの 、
> 私は、何も自分の意見に固執してる訳ではなく、そう考えるのが合理的だと思うからこそ、変だ!と言ってるだけで、
>裁判とアバター理論との関係が合理的に説明でき、それが充分納得のいくものであれば、当然考えを変更するだけの柔軟
>性はあると自負してます。どうか投稿をお待ちしてます。
と私も、全く同感、同意見です。「意見」があるなら「投稿」すればよろしいでしょう。理論的整合性のある説明がつけば納得するわ
 けですから。(繰り返しになりますが、この点、いままで、誰一人(営業マスターの中で)、まともに回答した人はいません。ですから私は
 自ら「評価」「決定」しているわけで、人の「意見」やどこぞの「エライ教祖」の意見に依らず、自身で「価値判断」「評価」するこ
 とがどれだけ難しいか、あなたがた「営業マスター」にはわからないでしょう。
あなた方みたいに、単に「ハリー」のいうことを鵜呑みにしてついて行けばラクですから。)

  それに何が「アバターは議論などという無意味なことはしない」でしょう。(苦笑)
これなど、「議論=無意味なこと」とそのマスターがラベル貼っているにすぎません。そのマスターが勝手に、「議論」という言葉に
 ネガテイブな重要性を付けたにすぎません。アバターウイザード理論的に言えば、「マイナスのチャージで翻訳し、ネガテイヴ注意を創造
 した」に過ぎません。苦笑してしまいます。
それに、私は、「議論」などしてません。はっきりと「批判」しているのです。(苦笑)
なおかつ、「議論」もおおいにやっても構わないものと思ってます。「議論することが悪いことだ」などという価値判断を持ち合わせて
 おりません。このように、美化するか(プラスのチャージ)、否定的な重要性(マイナスのチャージ)を付けるか、のどちらかによって、受講者をケ
 ムにまく、このマスターの態度、発言自体をよくわかっていないマスターだ、すなわち、「無知マスター」「粗悪マスター」だ、と批判
 しております。
 それに私は、別に私の信じていることを相手に認めさせようとはしてません。むしろ、その行為自体を「信念体系の再生産」だ、として
 「批判」してます。
4さん、おっしゃるところの

439 :通りすがり(37):2001/06/12(火) 23:37
>それを決めるのはそれぞれ各自ですよ。世にはいろんな主義主張があるわけですから。
と同意見です。各自で決めればよろしい、でしょうと思ってます。誰にも、自己には「自分で決定できる」能力があるのですから。
このように、「重要なのは自分がなぜそれを信じているかであって,自分の信念が正しいと相手に認めさせることではないと考えます。」
 などと「ラベル」をはって、さもこのスレの発言者が、そういうことをしていると印象づける発言自体が、
「ナンセンス!詭弁だ!」「まったく持ってお話にならない」と言いたいわけです。
 我々のほうこそ、「観点の分かち合い」をしているのです! と、その掲示板マスターとやらに言いたいわけです。
それもあなた方MLで交わされている、前提・条件付きのコミュニケーションではなく、アバター営業理論という「制限信念」から離
 れてますから、あなたがたよりは、より率直で、より純粋な「観点の分かち合い」であろうと思ってます。
(この点、ホントにその掲示板のマスターとやらに直接、話してみたいものですね・・。
そもそも制限付き(ウイザードの内容を言ってはいけない、とか、これはマスターだけに与えられた特権だよ、・・・等々)で、受講
 者と営業マスター、ウイザードが話し合うことに、どれだけの率直なコミュニケーション、誠実なコミュニケーションが期待できる
のかは疑問ですが、自分たちが「非公開」という戒律で縛られ、「違反したら裁判されて賠償金を請求される」という恐怖・不安・罪
 悪感で「注意を固定」されている営業マスターにも「意見」を出してもらいたいものです。あなた方がその「幻想」から抜け出たときに、
 真に「中立」になれるでしょう、と言っておきましょうか。)
 
  あなた方、営業マスターが羊頭狗肉の多い、誇大広告的な喧伝をしておきながら、
我々の発言を封殺しようという「隠れた動機・意図」を、もし、お持ちでの発言なら、
それこそ「暴言」と片づけられて仕方のないことでしょう。まずは、ご自分のHPに
飾られている「誇大広告」的な表現を改めるが、よろしいかと思います。
若しくは、 ヘレ夫さんおっしゃるように、
・商標登録をつける事で起こしている、起こるであろうことについてテキストに意見を書け。
・「アヴァター創始者ハリー・パルマー」なんてエリート意識剥き出しの翻訳者がつくっている
意図的な誤訳の弊害に付いて断りを入れよ。
・登録商標にした時点で起こりうる「セカンダリー(R)」について想像しうること
   を人として書け。無謬性を主張するな。
(ヘレ夫さん、ここの部分、感動しました。拍手ものです)
ということを申し入れます。

>名無しさん@お腹いっぱいさん
>アバターの真実を暴露してくださったみなさま、本当に感謝します。しかし、この人たちは本当に正しい事を言って
>いるのか?ただのうまくいかない人たちの集まりではないのか?と思ったのも正直なところです?
名無しさんは、まだ、アバター受講中とかで、大変ショックを受けてしまったというのは申し分けないです。
あまり私の「意見」に捕らわれず、どうぞ受講を継続していって下さい。
他の方がおっしゃるように自分で最終的に決められる、ことだと私も思います。

440 :通りすがり(38):2001/06/12(火) 23:38
>4さん
>・・たぶん唯識論やクリシュナムルティ、ダイアネクスなどの技術、思想でしょうね。
いやあ、仏教がここで出てくるとは思いませんでした。私も仏教はかじったことありますが
唯識って、例のアリヤシキ、アラヤシキとかいってる奴ですよね?
それは気づきませんでした。私は、量子論(もちろん、ニューエイジャー達が歪曲して量子論を
都合のいいように解釈しているという物理学研究派の批判があるのは知っていますが)
の「観察者の影響」なしに「現実は測定しえない」というのが発端でして・・。
あるいは、バシャールや巷の成功哲学等の、メタ・フイジカル的な形而上学からの
アプローチでして・・、「唯識論」からのアプローチは全然思ってませんでしたので
よろしかったら、どうぞ、ご教授下さいませ。m(__)m

>エンティティー(亡霊)処理は「他者からの視線」をニュージ風に亡霊と呼んだだけだと思います。どう呼ぶかはどうでもよいことで、
>他者の視線(すでにある数多の信念に基づく期待や侮蔑など)は確かに亡霊のように張り付いてきますからね(爆)
   ええ、まったくその通りなんですよ。宗教的な例示を出して、前回は、長々書きましたが、それも「ラベル」ですので、
   ホントはどうでもいいのですが、エンテテイに関しては、ハリー自身、ウイザードテキストで、
「このエンテテイのパラダイムはどのスピチュアルな教義においても秘密とされている」なんて記述してますので、
「なんだ、また、例の重要づけラベルか」と判断しましたものですから・・。
視点を変えて、まだ、ハリーもわかってない研究段階、と捕らえればいいのかもしれません。

>フロイトはオーストリア人でドイツ語圏の人です。投影は英語のプロダクションと呼ばれますがドイツ語では「憑依」「背後に張り付く」
 >という意味の言葉ですね(原語忘れた^^;) まさに投影・投射=エンティティーといってもよさそうなこぼれ話だと思いません?
→ へえ、そうなんですか。「投影」とは、・・。な〜るほど。(^^)

>ちなみにウィザードが「注意の管理」に大半費やすということには興味を抱きます。
ええ。後半のエンテテイパラダイムによる「EHP処理」の練習は、ま、置いておくとして、この「しつこいアイデンテテイ処理」が
   また、見事に体系だってるんですよ・・。「第4部アイデンテティ」と、これだけで丸々1章分のボリュームがあります。
「私は意識ではない」ってプライマリーを立てるところから始まります。すぐに、「え、じゃ、私は何なのさ」というセカンダリがで
   てきます。「世界は意識である」という結論なんですが、そレが、アイデンテテイを創り出す衝動、動機だ、と言ってるわけです。
   つまり、「源」=「無限定の私」は、何もアイデンテテイがない状態なのですが、この「私は意識ではない」というPから、
  「では私は何者なのだろう」という質問に答えたいという宇宙的衝動が、限定とアイデンテテイの創造の背後にある動機だ、と言って
   ます。そこから、いろいろな意識の態度の段階が示され、それぞれのアイデンテテイを統合する練習が続きます。このへんはわかり
   やすくておもしろいところです。「私が意識ではなく、世界が意識だ」ってのは、他でも言ってますし・・、形而上的には当たり前
   の話なのかも知れませんけどね。

441 :通りすがり(39):2001/06/13(水) 00:08
要は、PI−CHP(しつこいアイデンテテイ処理)です。「欲求」と「抵抗」
を経験して、そのどちらも消す。アバター理論中核の「経験して、中立の
源になる」ってやつです。

>ヘレ夫さん
>そういう意味でアメリカの近現代思想史の流れで捉えれば単なるカウンター
>カルチャーのひとつであると見るほうが適切かもしれないと思います。
>フィール・イット(Feel It)ってのも当時西洋の、というよりキリス
>ト教の文言解釈カルト、に反発するために、当たり前のことを必要以上にクロ
>ーズアップするようになってしまったのかも。
  >その結果アバタってない人は感じてないんだとか、抵抗してるんだとか、まあ
>アバターというシステムに依存してるマスターにはそれしか自らの思想の価値
>の源を求めようがないのかもしれませんが、きちがい染みたことも多いにやっ
>てるように思います。
→ へ〜。そういう歴史的背景があったのですね。ナットク。「知性」「理性」
で理解しようとすることに「抵抗」する主義主張しているのは・・。
よっくわかりました、です。

>ヘレ夫さん
>こう言ったら身も蓋もないのですが、それぞれ納得している程度に望む現実を創り出し、意図的に生きている、
>というのが現実的な妥当な解答のように思います。これより上手にまとめてくれる人がいたらお願いします。
(上手にはまとめられませんが・・)
おっしゃる通りと思います。その中には、物理現象まで創造できるレベルの人もいるってことでしょう。
「アバターなんてインチキさ」と思う人はその通りになっていると思います。
(別にアバターをインチキだ、といっていることが悪いわけではありません。念のため)
アインシュタインが「皆が見ていないと月は存在しないのだ」(つまり、意識が物理的な「月」をも創造している)
と最後まで量子論のボーアと論戦していたというのは有名な話ですし、
実は自分の後ろには、漆喰の闇で、自分の後ろの風景は、自分の目の前にいる人が創造しているのだ、な〜て
話もありますしね。
いえ、ハリーがウイザードコースの講義でこう言っているんです。キリスト教の神秘的な教義に対して、
「やはりラベルにすぎないのです。大勢の人がそれは効かない、としたら、
本当に効かなくなってきました。」・・・
つまり、「集合意識」のことを語っている部分なのですが、この論理によれば、
アバターも、「信念体系」に過ぎないのです。(教義、論理=ラベルの集合)
私も、「アバターは信念体系」に過ぎないと思ってます。ハリーは、どうも、この最上位コースの段階で、
多少、秘密を語っているのですが、ウイザードテキストにも書かれている通り、「信念体系」についての説明は、
神経質と言っていいほど、注意深く慎重に扱っているのです。
(ま、自分の論理体系も、「信念体系」だ、ということになりますから、そういった意味もあるでしょう。
ここで、ハリーが神経質に取り扱っている態度とは、

442 :通りすがり(40):2001/06/13(水) 00:09
「意図的に生きる」の本の中にある、「〜医師団体」から訴えられるのはイヤだ、というような意味合い。)
ただ、「信念体系」で誤解しやすのは、「では、それは真理ではないのか」という議論、つまり、「唯一、
正しい真理がある」という前提(フィルター)をもってると、二元性(善悪・優劣・正誤・正邪・・)の罠に陥って
しまうってことでしょう。唯一のものがあるわけではなく、アバターでも言っている通り、私たちの創造した
ものが「真理」なわけです。つまり、「真理はいくらでも創造できる」というのが「真理」。
「信念体系とは信じている人たちの間では本当に現実に存在する」のであって、そこらへんの、強固に固まった
「信念」(たとえば、時間、空間、物理的現象・・等など)をどう解除していくのか、という方法論を
ある程度、ハリーは知っているのではないかと推測されるのです。
ですから、何がいいたいかと言いますと、
アバターのいろんな制限信念ってのは、ハリーの方便みたいなもので、アバターを信奉してウイザードコース
まで付いて来た自らの信奉者に対しては、「実はね・・」と語っているフシがある、ってことです。
そういう意味では、ヘレ夫さんの「メタフィジカルだっていうだけで上級テキストにしたのでしょうが・・」と
      いう単純な理由では、どうもなくて、どうやらハリーは意図的にやってるようなのです。
なぜなら、講義でこんなこと言ってますから・・。
・スピリチュアルなものは効力をけがすことも可能。全て信念体系だから。
・人々に、きかないという信念を創らせることによって、実際に効力がなくなることも可。
けがす 批判やプロパガンダによって効力を失わせる。
・教材とか それをきちんと守らない人にわたって効果をなくす。
・敬う気持ち、尊敬する気持ちがないと効力を失わせる。
・イニシエーションがけがされると、空虚な儀式になる。
・準備のできていない弟子に高度な教えをさずけると、エゴを満たすだけ。知識を悪用する。
などなど・・。(マスターハンドブックの「CHP泥棒」の話もハリーは確信で書いているのですね)
つまり、よくわかってない門外漢は、上級コースにこなくていいよ、という作戦なわけです。
「現実創造」のホントの本当の、「教義」の部分は、「秘密」にされたままで、このウイザードコースの
上の「トレーナー養成」コース以上にいかないとわからないようです。
もちろん、私は、上記のハリーが述べている論点は、「そりゃ、アンタの営業戦略じゃないの?」
って批判しているわけですが、・・・全部を否定できない部分もあるんですな。これが。はは。
・・とすると、私が言い続けている「批判」はかえってスターエッジ社のお役にたっているわけ
でして、・・まだまだレベルの低い(失礼)スピチャルに目覚めてない受講者を一掃する役割を
果たしているようなものでして、・・・・実際、「密教」の部分を知りたかったら、
「アバター信者」になって内部に潜入するしか手がないのかな・・という感じがします。
ですから、興味持った方は「マスターコース」「ウイザードコース」を受講されてみてはいかが?・・・と、まあ、
これは半分、冗談です。(^^)

443 :通りすがり(41):2001/06/13(水) 00:10
>ヘレ夫さん
>ウィザードのかなり細かいところまで通りすがりさんが一生懸命書いてくださってるのであまり
>書く所はないのですが、ハリーがどこまで把握してアバターをつくっているかを知るために所々
>残りを書いていきます。
あまりうまく書けてないのですが・・。はは、ありがとうございます。
 ヘレ夫さんからの記述も期待してます。(^^)

>ところでイルカになって遊んだウィザードの話ってアバターコースのテキストに出てくる話でしたっけ?
>今ともだちにウィザードのテキスト貸していて手元にないので確認出来ないです。
あれは確か、ウイザードテキストではなく、アバター第2部の教材だったと、記憶してます。
(イルカの救助ゲームは確か第2部教材と思います。)


>中立者さん
>※注 私のスタンス  悪徳マスターには、手厳しいです。
私もそうですね。だけど、彼らをより現実化させないためにも彼らに「注意」を注ぐのは
ほどほどに・・・、とも思ってます。(^^)(「注意」を与えれば与えるほど「より現実化」される。
それも、マイナスのチャージを帯びたラベルをつけて創造し続けると・・・
かえってこのスレ自体に影響力を持つ強固な存在と化す可能性もあるわけですから。はは。→もちろん、これ
       はアバター理論での話ですよん)

>ヘレ夫さん
>ただアバターに行く人は、最後はそういうことまで共有するか否かの選択に迫られることは確か。
おっしゃる通りですね。あまり脅すわけではありませんが、今から受講する人は、しっかり自分の
意図を決めて受講したほうがいいですね。私のように「未知なるものへの好奇心」や「創造の原理」
を知りたい、という「意図」でしたら不整合を起こすかもしれませんが・・。
「トラウマの解消」とか「スピチュアルな成長」などを意図としているのなら、ある程度、効果は
あるように思います。ま、繰り返しになりますがあくまでも「自分で決定」できます。

>テキストに出てくる命題から演繹的に言わんとする事を推論していっても論理矛盾で混乱する事のが多いかも、です。
そうですよね。矛盾しているようですが、「理論」「知性」「知識」によらない「何か」を感じることを目的に
      するのなら、アバターコースを受講してみるのも酔狂ではないでしょう。
      (ただし、この意見も最近の情報によっては、安易にいえませんね。)

444 :通りすがり(42):2001/06/13(水) 00:11
>中立者さん
>>No.315の(1)「精神的な知的財産」商業化の反対について。
>私は商業化自体は、しょうがないというか、むしろ当然のことと思ってます。利益を上げようとするのも納得してます。
>・・(中略)

ええ、そうですね。おっしゃる通りです。ただ、中立者さんも、おっしゃる通り、

>あこぎな商売をやって、不正に利益を上げているのであれば、私は断固それに異を唱えます。

  の部分に重点がある、とご理解いただければと思います。(^^)
もちろん、中立者さんのご意見も至極当然なことだと思ってます。我々はその世界に生きているわけですから。
どちらかというと、「商売するな」というより、「商売の対象を間違えるな」っていうほうが近いでしょう。その点、
ヘレ夫さんと同感、同意見です。その「あこぎ」の部分を私は「精神的な奴隷システム」の部分だ、と指摘したわけです。
というのは、前回の指摘でアバターの組織、その中のマスター諸氏を含めてその本質的構造を「カルト」と名札づけしたわ
けですが、(もちろん、根拠があるのですが・・)
「精神的奴隷」に現在の営業マスター諸氏が陥っているように見えたからです。
(ま、それはアナタの見方でしょ、って言われればそれまでなのですけどね。はは。)
端を発しているのは、どうも、三つめに挙げた「EPCの実現」(目標の提示)にまつわることが多いように感じるからなのです。
カルトに特徴的なのは、そのエリート的思考です。自分たちは他人が知らない真理を知っている、現実が
 見えている、解決法を知っているという思想です。つまり、優劣の幻想に浸った「選民思想」です。
アバター的に言えば「私は魔法使いだ」ということでしょう。現にそういってはばからない営業マスターもいますから。それは
知的エリートは他人が知らないことを知っているということに喜びを感じるところに特徴があり、
世間一般で知られていることに満足できず、新たな知識を求めるから、というのは短絡的思考であって、
心理学的に言えば、「抑圧」「合理化」「 反動形式 」的なコンプレックス昇華行為であることが多いのかもしれません。
(その点、多くの方がマスター村の住人は自立していない、との評価に落ち着いていることでもわかります)
アバターがカルトでないというお寒い頭の諸氏の認識は、中国でイデオロギー的全体主義がマインドコントロール的環境をもって思想改造が
行われた事実や、「カルト」とは、現在では特定のカルト宗教だけでなく、過激的政治的カルト、セミナーなどの教育カルト、
ねずみ講式の商業カルトなどで行われている事実に目を背けようとする試みでしょう。
またこうしたカルトは、実際に政治的社会的に影響力を行使するほどの実績を持ち、平和問題、環境問題、貧困問題、教育問題の解決
に意外な評価を受けているようにみえることがあるわけです。従って、カルトを非常識でいかがわしい団体だろうという先入観をもっ
てはいけないのでしょう。その先入観があるがゆえに、その実態の一面を見ただけで、このカルトは世間が思っているほど悪質ではな
いのではないかと錯覚を起こしてしまう。その前に、いかがわしく見えない、その理想は正しいようにみえるというだけで、これはカ
ルトではないという誤った判断をしてしまう恐れがあります。  

445 :通りすがり(43):2001/06/13(水) 00:13
カルト的マインドコントロールの特徴: (ある分類より)
@環境コントロール:この点、アバターはまったく無頓着といっていいほどない。隔離してエクササイズをするわけでもなく、
遮断して受講者を催眠にかけるどころかマスターも受講者をほっとき放し。この点、で営業マスター諸氏は、アバターがマ
インドコントロールはしていない、カルトではないとの意見でしょう。しかし、上級コース(ウイザードコースより上のコース)
もそうであるかは不明。そこまであなた達は確かめたのかしらん? と疑念がわきます。スターエッジ社内部でのトレーナコース
まで確認できていない以上、灰色の世界。

A密かな操作または仕組まれた自発性:
実際には上部からの指令に従って動いているのに、自発的な行動にみえる。そのイデオロギー集団に誘い込む時には、
そのイデオロギーが正しいのだから、だましてもかまわない。
もちろん、営業マスター諸氏は、我々は「上部の指令」で動いてないし、我々は受講者を「だまして」はいない、と言うだろう。
その点は前回、「EPCの実現」、「非公開」の戒律の存在で指摘済み。
(「非公開」だよという制限信念を押し付けてくるあなた達のその行動行為が「上部の指示」によって動かされているのと、
同じ行為ではないか、ということ。そして、営業マスターさん、あなた達は平気で、
勉強会と称して上位コースへ受講者をシフトアップしてるんでしょ。それは我々から見れば「だまして」いることと同義
なんですよ。なぜ、平気でそんなことができるかというと、「EPCの実現」という思想を無条件に正しいと信じてるからです)

その思想は世間一般の基準から見れると馬鹿げた荒唐無稽な話しにみえる場合がありますし、このように一見、その理論が正しい
場合もあります。したがって、その特定のイデオロギーが理論的に正しいと思えるようならば、疑ってみる必要がある、というのは蛇足。

「EPCの実現」(これがエリート意識、選民思想と酷似しているのは指摘済)に無条件で信奉していることが、
「仕組まれた自発性」ではないのん? マスターさん? ということです。
(もちろん、「EPCの実現」を素晴らしい、とするのは個人の自由だが、それを商業化ベースで、ねずみ講的に拡散させることで発生する
弊害に批判してるわけです)再三指摘した教材のあちこちに自分たちの営業戦略がちりばめられているという事実を見ても、
洗脳(厳密に言えばマインドコントロール)を強化することはあれど、解除させる働きになっていないことはいわずもながでしょう。
もう一度、営業マスターをしている諸氏に、このスレの上部で出て来た、

「自分の組織の現実が無条件ですばらしいと確信したとき、
あなたはマインドコントロールされている。(by ステョーブン・ハッサン) 」
ということを考えてみて欲しい。(あなたがたが完全にマインドコントロールされている、と断言はしないが・・) 


資金集めには、自分たちの所属をあきらかにしなくてもよい。意図的に隠している場合もあるが、末端では本当に知らないということもある
だろう。社会的批判を受けている集団が、一見して特定のイデオロギー集団との関係がわかりにくい○○の会という団体を仮装して活動するのが
これである。
この点、アバターには「スピチュアルなもの+金もうけ」を合理化した錦の御旗があり、堂々と受講料を徴収している。
だから所属をあきらかにしているが、そのうち「明らかにしていることが恥ずかしい」ことにならないことを祈るばかりである。
   

446 :通りすがり(44):2001/06/13(水) 00:14
B純粋性の要求:
純粋と不純、善と悪、正と邪というような二元的価値観をもとめる。多元的な価値観、つまり、いい面も悪い面もあるというようなものは認めない。
悪は徹底的に悪なのであり、善は徹底的に善であることを強調する。もちろん、言うまでもなく善とは自分たちが主張するイデオロギーであり、悪とは
それ以外のことである。そのイデオロギーを理解できる人はレベルが高く、理解できない人はレベルが低いのである。そして、彼らはこう叫ぶだろう。
 我々は、本当に正しいのだと。
ここらへんはアバター組織に全部適合しているでしょう。まさに「EPCの実現」というイデオロギーで分離の世界観を構築してます。これが二元性
の価値観でなくしてなんでしょう。営業マスターは言うでしょう。「2部以降は非公開だから、一般には見せないでね」 スターエッジ社トレーナは言う
でしょう。「あなたはそのセカンダリーを克服して上位コースにコミットすべきだ。」・・とね。
「非公開」という戒律は、純粋で、上位コースに行けないという「セカンダリー」は邪なわけです。

C告白の儀式:
   小グループによる他人からの批判と、自己批判が行われる。告白させ、自己の変革をうながす。
フリーメイスンが33階級の上位職につくまでもなく、入会するに当たってこの手法を使っているのは、自分達の組織、教義に忠誠を誓わせるため。
アバターでは、トレーナー以上の組織の要職に就くときに行われているかもしれない。(ここは推測。よって根拠なし)
フリーメイスン下部組織がボーイスカウト等の慈善活動団体を標榜しているのは「疑」の視点をかわすため。あながち、アバターコース、マスターコース、ウイザードコースも、
「ボーイスカウト」という効果をねらった標榜をしているだけなのかもしれませんね。

D聖なる科学:
   イデオロギーが科学的であることを強調する。研究者の研究成果によって権威づける。
やたら、「聖なる〜」、「聖なる手法」、「聖なる・・・」というラベリングが登場する。
自分以外のものは「邪」だといいたいのでしょうか。(もちろん、片方の主張することで逆の面は否定するのと同等の効果はある)
ううむ。アバターでは、ハリーがよくいってますね。

E特殊用語の詰め込み:
決まり文句とスローガン。先生の言葉をコピーすることにより、自分も先生になる。その言葉は単純化され、連呼される。そのスローガンは正しいと確
信をもっているのは当然である。また、その特殊用語の活用による連体感や、その他人が使用しない用語を使う優越感に浸っている。
どんな複雑な現象でも、単純化された用語によって説明しようとする。
「それはあなたの創造です」「はい、それを味わい愛でて・・」・・・
まさに、
>ヘレ夫さん
>そーオウム・シュープリーム・トウルースのヴァジラヤーナ、聖無頓着である。ポアされて良かったね、の世界である。
おっしゃる通り。
専門用語ではなはだ、不愉快なのは「あの人、虫(tics)がついてるよ」でしょう。
罪を隠そうとする人たち(tics)はすべてこれで片づけられます。なぜ、こういう自分達の都合のいい(この場合、裁判に対抗する理論)専門概念、
専門用語が多いのか。不思議である。(かつ、それを身内だけの特権(非公開)としていること→こうなるとカルトです。ただ単に「専門用語」を使って
いるだけならカルトとは言えないでしょう→要は身内だけで「あうん」の呼吸で伝わる用語を保持しているということ)

447 :通りすがり(45):2001/06/13(水) 00:15
F教義の優先:
まず、教義から判断しようとする。教義から逸脱することは認められない。あらゆるデータを集めてから判断するのではなく、教義に合致するデータのみ
を収集する。教義に合致するデータこそが正しいからである。
教義と反するデータは認めない、無視するか、あるいは重要でないと思い込むようになる。そのような情報はそもそも聞こえてこないのである。
この点、アバターには宗教みたいに脱退しようとすると、「地獄に堕るぞ」という引き止め策はない。しかし、上部組織(スターエッジ社奥の院)までそう
なのかを見極めてから判断すべきなのであろう。
ただ、営業マスター、ハリー信奉マスターには、この「オレのところが正しい」という傾向を持っているのは明白である。その言動からも伺える。可哀相な
のかどうなのかという価値判断はおいておくとして、「文句があるならマスターに言いなさいよ」と以前、反応してきたマスター。さて、自らがマインドコ
ントロールされていない、と判断するにはどうしたらいいのか。
う〜ん、「必要性の幻想を幻想として見破ることか」な。→「私たちに必要なものはない」(アバターも必要ないし、勧誘する必要ないし、批判されたから
って反応する必要性もない)とでもプライマリ立てるか。

G存在権の配分:
これが一番重要なことだが、そのイデオロギーが正しいがゆえに、そのイデオロギーに反するものは存在を許されないという論理的帰結である。
したがって、反対者を徹底的に滅ぼそうとするのである。異なる価値観や歴史観を認めようとしないのがこれである。そして、これがいきつくところは大量虐
殺であることはいうまでもない。
実際に「訴訟」を起こして裁判しているスターエッジ社。その奥の院には、何があるのやら。その行動背景にはどんな「哲学」が隠されているのか?

>ヘレ夫さん
>ウィザードに全部注釈つけてマスターたちに送りつけるか。「アヴァターの進化に貢献してくれてありがとう」とか最後っ屁かまされたりして。
>いやはや登録商標、ひいては米国商法、ひいては近代所有権法、ひいては法の担保としての警察・軍事力の恐ろしきことよ。
いやあ、おっしゃるとおり。その通り。

>サイエン・・・(あえてフリーメーソンや現代のエリート主義とは言わない)と同じで何か奥の方にもったいぶって隠してることによって人の意識(あえて注意
>とは言わない)を束縛・管理・誘導して、ずくずくの身内になったらもう馬鹿になってて出るも出ないもない、ただの悪人か廃人になってるシステムか。
>奥の神殿に隠されてるものが動物霊やトンデモ本だったらまだいいが、入口より酷くなってる金、金、金の世界だったらたまらんな。
あははは。まさにその通り。動物霊とか、なら一笑に付せられるが、「金、金、金・・」はもうカンベンですね〜。

8つのうち、ABDEFが適合。あとは灰色。よって、私は「カルト」というラベルを貼るのにセカンダリはない、わけです。
補足:「マインドコントロール」と「洗脳」とは厳密に言えば違うということであり、マインドコントロールを受けた本人が気付かないくらい巧妙だということで
  ある。だから、自分は洗脳されてないのだから、マインドコントロールを受けていないのだと確信を持てる人が実は危ないのであり、営業マスター諸氏はよく脚下
  照顧すべきであろう。また、マインドコントロールはそれ自体ある程度の教育プログラムを保有している団体では、程度の差こそあれ実施しているのだということ
  である。その団体が実施しているマインドコントロールがどの程度有害なものかを客観的に観察できる能力が必要なのでしょう。

448 :通りすがり(46):2001/06/13(水) 00:16
ある主催者が、「バナナ」を売っている。
@小さくて形が悪く、値段も高い。
A大きくて形が良く、値段も安い。
実は、その主催者が売り込みたいのは@のバナナなのだが、誰でも欲しがるのはAのバナナなのである。当たり前のことだが、@がほしい人という場面で手を上げる
  人はいなくて、Aがほしい人はいますか、という問いかけに手をあげる人がほとんどである。
  つまり、いったんここで観衆に主催者の売り込みたい方の商品を拒否させているのである。あくまで観衆が自主的に選択させて強制はないという雰囲気を作り上げ
  たいからである。消費者というものは何かを売りつけられようとすると自然に拒否反応がでるものである。 最初にAのバナナを選ばせた段階で観衆はすでに主催
  者にコントロールされているのである。ここで主催者の仕事は半分終わったも同然である。
@のバナナについての解説がはじまる。このバナナはある発展途上国の農民が無農薬・有機農法で一生懸命作ったもので、環境にやさしく、このバナナを買うことに
 よって農民の生活が潤うということを強調する。ここで生産コストの高いことも説明するのである。
 もったいぶって、「こちらが皆さんが選んだほうですが。」という前置きでAのバナナを解説する。Aの方は確かに安くてみてくれもよいが、これは大企業が農薬を
 使って大量生産したもので、環境に悪影響を与え、雇われた労働者は低賃金にあえいでいる、ということを強調するのである。
  ここで、最初の選択の場面に戻るのだが、観衆がどちらを選ぶかは、言うまでもない。これはマインドコントロールの代表的なパターンなのである。物品販売をと
 もなうカルトは、だいたいこのパターンだといっていい。
 
  
ここで、@バナナをアバター、Aバナナを「アバター」以外の宗教や自己開発セミナー、@バナナの解説「農民が無農薬で製法」を

「アバターコースの最大の特徴は、 「何かを信じねばならない」ということが無いことです。自己啓発セミナーや、宗教のように「強制的に何かを信じさせ
   られる」ということがありません。何故なら、アバターコースは、あなた自身についてのコースだからです。そこには、押し付けがましいトレーナーもい
   なければ「〜せねばならない!」と言う教祖もいません。アバターマスターは、あなたに、「安全な空間」を提供します。あなたはそこで、「告白」する
   必要もないし、「懺悔」する必要もありません。それを強要されることもありません。あなたが、よりあなたらしくあって欲しい。それが私達マスターの
   想いです。」 という解説にして、(注:)

Aバナナの「解説」を、他の宗教や自己開発セミナーの悪口にすると、あら、不思議、ほとんどの人がアバターに対する好意的なものを感じるわけである。
この場合、宗教や他の「自己啓発セミナー」の「洗脳手法」を否定し、スケープゴートに仕立てているわけであり、仕組まれた自発性、純粋性の要求という要素が
 組み込まれている。
消費者が選んでいるようで、実は主催者が選ばせているのである。二元性の世界では「悪」は忌み嫌うべきものとされているから、自ら「選択」したのだと錯覚する。
この時点で、「そりゃアバターコースのほうがいいよな」・・・と、経済的、内容的には2の次、3の次となってしまう。
 選択させるのは、まさに告白の儀式といっていい。つまりここでは、労働者を苦しめ、環境を破壊する行為に荷担したことを自白させられているのであり、いままで
 に「自己変革」をさせるいいセミナーに出会ったことがなくひどい目にあった経験ばかりだ、と自ら無言のうちに告白させられているのである。
純粋性の要求、聖なる科学、特殊用語の詰め込みという要素もある。参加者は、単なるバナナの即売会だと思っていたのが、いつのまにか南北問題、大企業による
 労働者の搾取という特定のイデオロギー教育を受けていたことになる。また、単なる「自己の成長、改革」への関心だったものが、いつのまにか「世界を救う」有能
 な革命戦士、光の戦士に仕立て上げら れたかもしれない。「すべての人が高い境地である世界」の構築へ奉仕するのだ、と。

449 :通りすがり(47):2001/06/13(水) 00:17
(注)某営業マスターのHPの宣伝文句を流用(失礼)
:「「何かを信じねばならない」ということが無いこと」→う〜ん、そうなのかな・・。はははは。
「押し付けがましいトレーナーもいなければ」→はは・・。「上位コースにコミットせよ」と半ば強制的に迫るトレーナが確かいたような気が・・。はは。
                            気のせいかしらん。
「安全な空間」→ う〜ん。せせこましくて、待ち時間が多くて、マスターが昼寝してて、「それはアンタの創造だっ!」と言われてしまう空間が、安全な
               空間か、・・ナルホド。
「〜せねばならない!」と言う教祖もいません→う〜ん、「何言ってんだ馬鹿野郎!」とすぐキレる人は居るみたいだが・・。「非公開だから言ってはなら
                            ない」「だから、教えてはならない!」てのは誰が言ってんでしたっけね。

>中立者さん
>悪徳回船問屋備前屋主人、No.253の「考えずぎ」。
 >日々、お主が「悪徳へなちょこマスター」ではないかとの疑念が益々強まる一方じゃ!
 >違うのなら、違うと、お白州にきて、申し開きをしてみぃ!!(怒)
 >          南町奉行 大岡越前より
ははは。そうですね。だけど彼らは言わないと思います。
カルトのメンバーとどんなに議論しても得ることは少ないと思います。(上記の掲示板マスターが好例)どんなに嘘をあばいても、矛盾を指摘しても無駄なような
  気がします。矛盾をつかれたなどとは思わず、単なるたわ言を聞いたくらいにしか彼ら(営業マスター)は感じないでしょう。
 なぜなら、カルトのメンバーにとって、「基本的にそのような問題は重要ではない。対等な人格ではないからであり、とるにたらないもの」とみなしているから
  です。つまり、「幼稚園児に対する教師としての態度で十分である。」と思っているわけです。う〜ん、ムカつきますね〜。
「カルトの教義には絶対的に矛盾など存在しないのであり、それに同意できないものは、愚か者であり、教化されていない者だからである。」という思考形態の彼
  らにとって、ここのスレ自身にそれほど「注意」を向けていないものと思われます。
(邪推:彼らの胸のうち)
「だいたい、カルトのメンバーでない人間の発言など重要ではなく、無視してしまってかまわないのである。実は最初から聞いていないのだ。だいたい、どうしよ
   うもなく救いようのない人間の話しなどまともに聞いていられないのである。そんな下らない人間の相手をするよりは、カルトの仕事をしたり、学習したほうが
   いいではないか。」
(失礼、もう少しわかりやすく)
「だいたい、ここのスレに集まっている人たちは無責任の勇気のないカスどもだわ。
マスターじゃない人や、ウイザードコースにいったことのない人になにがわかるのよ。ふふん。ハリーは悪い感じはしないわ。
だって、私はムツかしいことよくわかんなーい、ケド、なんとなくいい感じなのは感じるもの。議論ってエレガントじゃないわよネー。
こんなたわけた人たちの言うことなんか無視しちゃおう。ふーんだ。こんな下らないことしてるより、ソートストーム大会や、マスター主催の勉強会に参加した
   ほうがとてもおもしろいもの。今日はあの子を誘うんだ、っと。今年こそ、マスターコースにつれていかせるわ。」

450 :通りすがり(48):2001/06/13(水) 00:18
ま、
>268さん おっしゃるところの、
>契約書に署名することで、しゃべりにくくなる縛りをで強制されかねないです。
>本当に自由を求めてる人なら足枷を課せられるのが関の山です。
縛りを強制されている(自分達はそう思ってない)ので、言おうとしても言えないのかもしれませんが・・・。

言いたいことは、前回も指摘しましたが、バナナの購入が実際は、「市場に出回っている農産物は農薬が大量に使用されているのだから危険だと思い込ませ」られて
 いる、ということなのです。オウムの信者は、サリン攻撃を受けているので、オウムの施設から出ては危ない、と思い込まされていました。それと同じように、市場
 に出回っている農産物は農薬が大量に使用されているのだから危険だと思い込ませる。サリンと農薬という違いはあるにせよ、その基本的構造は酷似しています。
何をおおげさな、と思われるかもしれませんが、本質的な問題は「感情」で人を操作しようとすることについての批判要素があるわけです。
マインドコントロールと恐怖とで人を支配しようとする、これほど卑劣極まるやり方があるだろうか、ってことです。
通常の販売ルートでは、手に入らないものだから、定期的にそこから購入しなければならない。健康という精神的鉄鎖でがんじがらめに縛りつけてしまうやり口がカ
 ルトだ、と言ってるわけです。カルトがなぜ犯罪的なのかといえば、不当に恐怖を煽りたてて、人を精神的な奴隷にしてしまうところ(まさに営業マスター諸氏はこ
 の状態)に怒りを覚えるわけです。それこそ、「信念体系−1」です。そういう意味で、「ああ、アバターも信念体系−1化しつつあるな」っていうのが私の正直な
 感想なのです。
誰でも、(心理学でいうところの)「自己実現したい」、「望む経験をしたい」というニーズや欲求はあります。それをエサに、内部に入ると、「これは非公開だか
 ら他言無用」といって情報封鎖し、「それはあなたの特権だよ」と優越感をあおり、「EPCの実現」という教化の道を歩ませ、いつのまにかハリー信奉者に仕立て
 あげられていく営業マスターの姿に疑問を呈しているわけです。
そういった意味で、ハナからマインドコントロールされた「宗教信者」と同質である、とラベリング(酷評)して批判してきました。だからこそ、「インスピレーション」に
 商標登録をつけて商業化することに反対しているわけです。弊害のほうが多いですから。

その点、私も「いやあ、アウトサイドアバターさん、ありがとう」ですね。
407、424〜427の情報は、確かに、トンデモ的な要素はあるものの、ハリーやサイエントロジーの実態を伺える貴重な情報でした。
これについては、ヘレ夫さんが解説されてますから多くは触れませんが、(私も英語はよくわからなかったもので、単純翻訳だけでも助かります)

>ヘレ夫さん
>みなさん即刻スターエッジから遠ざかりましょう!!!!本気でヤバイそこらのセミナー屋と同じ組織です。
ってのはあながち、おおげさではないかもしれません。私自身は、アバターを積極的に「カルト」と断定したいわけではないのですが(してるか。はは。)まあ、
  「カルト」的要素が多分にある、程度なんですけどね。ヘレ夫さんの解説で、「これマジ!?」ってな「寒気」を感じてしまいました。(汗)
「この子はオーディティングを受けることに抵抗している。抑圧的傾向をハンドルするトレーニングにいかせるべきだ」とは・・。ちょっと、開いた口の種類が
   違いました。(笑)
何か見てはならないものを見た、知ってはいけない秘密を知ってしまった、・・てな感じの口でしょうか・・。(笑)

>・・「抵抗」「ハンドル」というアバターにそのまま流用されている言葉とその用法に注意してみてください。なにか見えてきませんか?
いやあ、ヘレ夫さん。私、想像するのが恐いです。はは。(^^)
アバター用語忌避症に陥ってしまいそう・・。ははは。特に「ハンドリング」って言葉。

451 :通りすがり(49):2001/06/13(水) 00:19
>アバターは洗脳実験の延長にあるものだったのか!?イヤーな感じになってきてしまいました。
>ソースリストでやっていることはゲシュタルト性の回復に用いられる一般的なエクササイズとも方向性が違うし、
>マスターが受講生の精神状態、身体の状態について全く把握する能力のない人間ばかりであったり、エリクソン
>の一般向け本程度の理解もなかったりして、危うい認識能力の人ばかりだった。
>要するに営業マスターどもは普通の人なら感じ取れる矛盾や直感的理解による齟齬にさえ気付かない愚か者の集まりと言う事か。
う〜。私もウスウス少なからずとも、そう感じていたのですが・・。ヘレ夫さんのこのズバリの指摘が営業マスター諸氏には
わかってないのでしょうね。(いや、わかろうともしないかもしれません。自分の否定につながる怖れがありますからね)
はっきりしたのは、他の人の情報でもありましたが、アバターはサイエントロジーの影響が少なからずある、ってことですね。
   (前から噂は知ってましたが・・) 総括的に言えば、4さんのおっしゃる通り、

>簡単です。アバターテクにはまともな学派の技術の再編集だということ。
>で、なぜアバターテクの方が効果的か・・・・賛否をおいてそれを前提にして言えば、それは受講生に金払わした上で、人体実験してきているからですよ。
>商業ベースだからカウンセリング以上の大規模な数を・・・・
>他方であほなマスター(ほとんどらしい・泣)の下でやると効果ありすぎで危険。
ということなのでしょう。(4さんの意見そのまま借りてます。すみません。m(__)m)
う〜ん、マスターがわかっていないから効果があるとは、・・・。まさに、アバターを受講することは、「虎穴にいらずんば虎児を得れない」というこ
となのでしょうね。

まあ、この話題はここまでとして、・・・
>アウトサイド・アバターさん
>@道具としてのアバター・テクの真髄を浮き彫りにし、スターズ・エッジや営業マスターの影響から、それらを切り離す。
>A悪質なマスターを告発し、淘汰させる。
>Bアバター、スターズ・エッジおよびハリー・パーマーに関しての知られざる、
 >しかし、“消費者”として知っておかなければならない情報を開示する。
>概ねこの3点に絞って展開していけばいいのかも知れません。
ということで私も同意です。付け加えるなら、4さんのようなテクニックについての整合性情報も加えていってもいいのでは、と思います。(まだ、知りたい
方は多いのでしょうから)

>トリニティさん
>過去ログ全て読みました。大変ためになっています。4さん、神戸さん、通りすがりさんの見解が現在の私の見解に近く、 私のアバターに対する態度を決定する上で
>すごく参考になります。中立者さん、ヘレ夫さん、どうもありがとう。
いえ、こちらこそありがとうございます。マスターMLが営業マスター用なら、こちら2チャンネルは、「裏マスターML」てなところでしょうか。気楽に参加
されてもらえば・・って私自身はそう思ってます、です。ま、裏番組ですね。(笑)

>通りすがりさん、次の長文の連チャンはいつでしょう?
>お待ち申し上げております。
ありがとうございます。すいませ〜ん。m(__)m 遅くなりまして。しばらく見てないと、アッと言う間に、100番くらい増えてます。すごいですね〜。このスレ。
皆さんの情熱を感じてしまいます。

452 :通りすがり(50):2001/06/13(水) 00:20
>中立者さん
>この需給バランスにより価格が決定するメカニズムが機能する前提として、情報の完全化、すなわち、必要な情報が経済構成員に広く知られていなければなりま
 >せん。
おっしゃる通りです。最初の投稿でも、「お前ら営業マスターが決めることではない。そんな営業マスターやスターエッジ社の勝手な価格決定理論は、市場原理
  によって淘汰されるのがオチだ」(怒)と言いたかったわけです。情報の完全化、情報の開示については、
「JAROにいいつけるぞ!」(怒)と一喝したわけでして・・・。はは。
ですから、このスレの存在意義もあるわけでして・・。公平な情報交換の場としたいわけです。

>(「非公開の政策」から、他の代替手法が存在するか、の確認はできない。確認できない以上、代替手段が存在したとしても、その比較は無理。その効果は広告
 >主である営業マスターを信じるほかない。値段自体が妥当かいなかは、広告のうたい文句から判断するほかない。などなど。)
  同意です。情報はそれこそ意図的に都合のいい情報だけ流されているというような偏りがある、と言って良いでしょう。だからこそ、というか、当然というか、
  自然的というか、アバター理論の歪曲、思い込み、勘違い等は起こるべくして起こってるんですね。ですから、追加で言いますと、実際のところはハリーに聞いて
  みないと、わからない(ま、それをいっちゃあオシマイヨ、ってな感じがしないでもないですが)のですから、注意すべきは、今度は我々が「中立性」を保てなく
  なることには警戒が必要なのでしょう。

>ヘレ夫さん
>そのような壮大な?理解を収斂するようにつくられたアバターの色々な格言?というか
>テキストに出てくる命題から演繹的に言わんとする事を推論していっても論理矛盾で混乱する事のが多いかも、です。
のおっしゃる指摘もすごく、よくわかります。よけい混乱するだけ、・・というので私はなるべく「テクニック」については言及を避け、矛盾点の指摘に的を
   絞ったのですけどね。
ただ、

>4さん
>>つまり、まともなものを研究した、源体験に速やかに至れるプログラムっ
>>て理解していいんですね。
>コース運営者=マスターの悪行とそうなってしまうシステムがはっきりしてきた今、そうはっきりといいにくいです。
おっしゃる通り、多少の「落胆」を経験しても、営業マスターの謳い文句だけでなく、客観的な事実情報も踏まえて、総合的な判断せざるを得んでしょう、
  というのが私の実感です。私も、
>被害者のテクについた「効果ない」というラベルをとるために。
というスタンス(最初は)ではいたのですけどね。こうまで新事実が出てくると、・・・まあ、なんと言ってよいのやら・・。
テクニック自体は、アバターと切り離して論じるのがよろしいかと思います。さらにテクについても、・・・というところでしょうか。

453 :通りすがり(51):2001/06/13(水) 00:20
 >神戸さん
 >>>「通りすがり」さん
 >No253「考えすぎ」さん登場以後の莫大な数のカキコ、どうもありがとう。
 >その他のレスと併せて読ませてもらってます。
 >何せ、数が多すぎてスレッドの話の流れに追いついていくだけで大変でした。
 >上級コースの中身もかいま見れた感じで、とても参考になりましたよ。
 >私のアバター仲間もしっかりROMしてました。
   いえ、ありがとうございます。テクの部分については、4さんが、このスレでずっと解説されてましたので、私はあまり言及してません。
   (ま、なにせ、いろんな解釈が多いものですから・・)ただ、私も4さんの解説に近いです。

 >『アバターテクニックは、それをあるコンセプトで取り集め、そして使って向かう方向性にホーリスティック(全体論的)なものを感じます。 』私も同感です。
 >で、ですね、思うんですが、FIやCHP、そしてリサーフェッシングの中の練習等をこえる心理技法が他にあるのだろうか?という疑問です。
 >私も最近、TFT、フォーカシングの資料を読み始めたばかりで、いきなりアバターと比較するのは尚早とも思います。考え違いもしているかも。間違っていたら御指 >摘ください。
    いえ、間違ってないのではないでしょうか。皆さん、やはりだいたい同じなのですね。アバターではテクの「論理」部分が欠如されてますから、どうしても、
    他の技法を探して比べてみる。私も、フォーカッシングやブリージング、その他心理的手法を勉強してみました。それぞれの技法はそれで閉じているわけ
    ですが、アバターの場合、それらを包含し、全体的な統一性をかもしだしているわけです。だからこそ、魅力を感じたわけですが・・。
    比較しても、それぞれの「心理技法にはその世界で閉じている」というのが私の見解です。別に言い悪い、優劣ではないのですが、その点ではアバターのテク
    は統一性では比較できないのでは、と思ってます。というか、比較してもあまり意味はない、という結論に私の場合なりつつあります。

 >(もう少し、この疑問について書き加えますと)
 >既存の心理技法にはたくさんの臨床例、研究などはあります。
 >でも、なぜか私の心をくすぐらないんですよね。これに対し、哲学面ではアバターは実存、唯識といった所から演繹しています。こういった興味に向かってFIをやる
 >のが人間として本来的な躍動を感じます。こういうことを述べたのは、まだどこかにアバターを卒業し切ってないのでしょうね。
 >料金、マスター、裏の話を聞いてだいたい見えてきているのですが、以上の点に引っかかりがあるのです。
   同感です。FIを「幽体離脱」の技法だ、と言い切る営業マスターもいるくらいですから、(真偽はともかく)そういった「未知なる部分」が躍動感を感じさせ
   てくれるのでしょうね。ただ、最近のこのスレの情報から、サイエントロジーの思想的影響を受けて、アバター教材が創られたのは事実のようですし、
   あまり踏み込みすぎると、少々危ないのかな、という感じもしますね。

454 :通りすがり(52):2001/06/13(水) 00:22
さて、本日のウイザード情報:ウイザードコースでのハリーの講演禄(箇条書き・抜粋)です。
題して、「ハリーはウイザードコースで何と言っているのか?」
(注:記憶違いのところもあるやもしれません。その場合、ご容赦を・・。m(__)m)
今回は、私の意見は記述しません。皆さんでご判断を・・。

・WIZARD=賢者のことです。中立になるところにWIZARDの門があります。
・気づきはみなさんです。
・意識=自我を創り出しているのはみなさんです。

・意識には8つのモードがあります。
・エゴは意識的な創造物です。
・アルコールやドラッグがいけないのは、それらが自分を定義:限定するからです。
・意識=考える心=自我と自分を一つにすると、感情の嵐の影響下に入る。反応する。
・意識は感覚を考えに翻訳して、それを観察しながらさらに考えていってしまう。
・意識は認識して、ラベルを貼り、感覚を考えに変える。

・気づきは純粋に観察している。じっと見つめている。
・気づきを自分だとみなすと、思慮深くなり、定義の無い状況になる。時空の限界がない。
  時間は永遠になり、空間は無限になります。
・心地よく、何もしていない状況。努力無しに自己のない状態。
・悟り、覚醒は自分が創造しない時に起こる状況。

・気づきはあなたを創造する。意識は気づきのまねをします。意識は心(mind)を創造する。
・肉体、意識=考える心と自分を一体化すると苦しみが生まれる。
・一体化すると何かになっている状態になる。そうなっているふりをしているだけだということを忘れないこと。

・心を意図的にコントロールすると、自己の宇宙が秩序的、論理的になる。
・観点とは経験へのインデックス(名札付け)である。

・心の平静はニュートラルポイントにあります。
・自分をよく知る。自分はどこに行きたいか?→EPC。
・自分自身に正直になればなるほど、他人も許せるようになる。責任を取る。信頼関係を取り戻す。
・大きな怖れ、脅威は注意を引き付ける磁石のようなもの。
・小さな怖れ、不安は恥の気持ちから隠れる…。

・人間は不調和な行動をして、罪を犯して、学んでいく。誰でも間違う。その後の決心が大事。
・認めるか?隠すか?
EJP
1.心から悔い改める。二度とそれをしません。決意。
2.告白。誰でもいい。やると責任が取れる。認められる。直面する恥を耐え忍ぶ。
3.償い。和解する。罪を正す行動を取る。相手と和解。全ての生命は繋がっている。
4.自分の直観と再整合する。良い意図しか持たないようにする。

・罪を正す。この手順は罰を必要としない。覚醒した正義の手法(EJP)により自分の源を取り戻す。

・罪を隠そうとする人たち(tics)は、学びは遅いが、感情の反応は早い。
  (非難、批判、分離、裏切られた等)
・最終的に、精神的なもの全てを非難するようになる。
・そうでない人たちは、学びは早いが、感情の反応はゆっくりである。
・失敗を隠そうとする。批判することからスタートして、言い訳を信じこみ、相手に悪意を持ち、行動に移す。
・その行動により自分の不正直さが見つけられることを怖れる。なぜそんなことをしたの?と聞かれるのを怖れる。
・相手を非難すると自分の注意が固定されて自分の自由になる注意が枯渇していく。(この惑星上で起こっていること)
・恥も罰も隠すことによって起こっていく出来事に比べたら取るに足らない。
・他者に対して悪い意図を持ち続ける。注意を取られる。エゴレベルのまま。今生で正さないと転生して持ち続ける

455 :通りすがり(53):2001/06/13(水) 00:23
・全ては、自分のものの見方による。
・心(mind)=自我が注意を分類してきた。
・心=自我の気づきが意識。
・そこには、意識のみで気づきは無い。意識のコントロールはできない。注意があちこちに向いている。
・自分の基準値を管理していく。
・基準地点がないと、フロートが生まれてくる。浮遊物。
・基準値をたくさん変えると、フロートがたくさん生じて、混沌になる。
・意識=肉体、心とみなすと、あそこであの時 言葉になる。
・意識→気づきとみなすと、今ここ 体験になる。

・教化とは、ある信念をその人の考え方の基準値となるまでつめこむこと。
・自分の注意を色付けして教義:価値判断付きで放送すると、最初に色付けされたものを受け取る。
・見るもの全てが証拠になる。

・教義:価値判断から自由になる。意図的に生きる。
・人生の放送を受け取るラジオ。気がつくと解き放てる。
・HSから出てくるものは教義を含まない。

・フロートに直面したら処理していく。教義に直面すると楽しくなる。
・生活にハイヤーセルフ(源)の視点を持ち込む。
・”これは奇妙だ。”を楽しむことができないと、不寛容な生活になる。
・例:”かなりいい感じで奇妙な感じだ。”

1.動物的意識(食うか、食われるか、交尾できるか?)(マリファナ、アルコールと取ると近くなる)
  ・支配するか服従するかのコントロールの関係。
2.知的支配とは、信念でコントロールすること。
  ・信念のコミュニケーションが教義の教え込み、支配。

・自分で教義を発見させるようにさせる。微妙な技術が必要。
・目覚めさせる意図を持って話すこと。

意識のモードについて
・縁と縁の距離、一番小さいところでは原子がある。
・スペース(空間)は間だけでなく、全てのものの中にも存在している。

456 :通りすがり(54):2001/06/13(水) 00:24
・無限定の気づき=スピリット(魂)
・限定された意識=マインド(心、自我) → 8つのモードがある。(気づきをまねする状態から物理的創造まで)
・創造物=ボディ(肉体)

1.創始、直観、観察モードが気づきに近い。
・意識的創造は最小限しかない。
・正しい動き(良い意図)が関わっていく。共感、親切心、エゴの無い状態。
・気づきは影響せず通過する。

2.回想、思考、想像モードはメンタルなもの。
・注意が利己的な動機に色づけされている。
・回想モードの時、話がゆっくり。過去に生きている人。習慣、中毒な人。
・思考モードの時、心配性、内向性、うつな人。
・想像モードの時、話が早い。イメージ、空想の世界に生きている人。
・気づきが反射して曲げられる。

3.エンティティ放射モード、反応モードは気づきをブロックしてしまう。
・反応モードの時、教義によってマインドを固めてしまう。
・意識が固定した注意に反応する。

・直観、直観的秩序には問題が無い。
・観察してよく聞き、考慮すること。
・言葉はシンボルである。
・直観は全てを越えて、直接その内容を知っている。
・直観的行動は他者への奉仕につながっている。
・物理的宇宙にきた目的。他の人とのやりとり、つながり。他者への奉仕。
・自我の目的=人生の目的と不整合。
例:キャンディバーを食べたいと欲望を持つ。
・自分の欲望への注意が欲望をますます強めてしまう。そしていつか満足を感じられなくなる。
・他者への奉仕は満足度は高まる。
・キャンディバーをみんなでシェアしたら、食べ物のシェアに注意がいっている。満足する。
そして、自分の存在の本質的な目的に合致したことで満足感が感じられる。

457 :通りすがり(55):2001/06/13(水) 00:25
・どうしたら他者への奉仕できるか。直観が導く。奉仕が自分を満足させることに気がつく。

・法律の必要もなく調和が訪れる。
・自分の他者に対する良き意図に従いなさい。
・直観モードは思考モードに取って代わられた。
・直観につながる→法律とつながるようになった。
・自分の直観を判断の根拠にしなくなった。道徳とか。
・3000年前から他者への奉仕がまやかしになってきた。

・想像モードで多くの人はプライマリーを創る。悪い意図に基づく。人とぶつかる。
心:アイデンティティ:限定された自己:自我から他の人に認められたいため行動する。
・ハイアーセルフがセカンダリーを出してくる。意図が異なるため。
・創始モードから創ること。
思考モードは記憶との橋渡し。回想モードは同窓会や親戚と会った時など。

・知的意識は答えによって動機づけられている。
・動物的意識は反応によって突き動かされている。過去と同じ反応をする。反応は愛を求めた行動。
・アルコールは反応のみなもと。映画、TV、ビデオ、ゲーム。ダイエットは不健康の出発。

・”I”アイ 私というアイデンティティ。私という名札を越えて奥にあるもの。創始する人の名札。
・限定されていない自己が言葉を越えたところにある。ハイアーセルフ。ウィザードの自己。
・全ての名札が現われてくるところの自己。アイデンティティの領域に参加するためアイを創り出した。
・マインドの中で何かを知覚したりするもの。マインドの主人。
・アイが注意を外に向けて使う機能を持っている。
・ウィザードの自己は、自分の自己をそこにとらわれないで機能する能力を身に付けている。

・自分自身が創り出したアイを、意図的に創り出したなら、意志の力で自由にできる。
・精神的なアイとは自己が他の人の中にも存在していることを理解している。

・コックさんを体験することを望む。私はコックです。
1.人々から賞賛される。誘惑。→コックさんが大好き。一つは強調される。
・エゴが他の承認により満たされる。
2.料理捨てられる。批判される。→コックは大嫌い。一つは抵抗される。→私はコックじゃないんだと主張。

・両極に分かれる。引きつけつつ、押し返す。→緊張が生まれる。→料理の話題になると注意が固定する。
  →柔軟性失う。
・料理を認めてくれないに注意が向く。→人に話すと注意が解放。

・しつこいアイデンティティの中には価値判断がある。
・あるがままに両方を経験することが必要。
・処理すると自由にアイデンティティに出入りできる。
・自分の創造の半分は、世界に投影してしまう。
・装われたアイデンティティ 私はこういう感じです。
・投影されたアイデンティティ 私はそんなもんじゃない。そういう性質じゃない。
  →なぜそんなに知っているのか?それも私だから。
・そして自分がやったことを逆に自分がやられてしまう。
・いやな相手に注意が固定。
・きらいなアイデンティティをマスターに投影してしまう。
 よくアブラと、そっちが消せよ。そっちこそ消しなさいよ。と言い合った。
・自己を限定するさいに自分自身を自分がなっていないもので定義している人が多い。
 自分は〜では無い。否定でやっている。→定義のわな
・共感を持って許しの気持ちを持って、正誤についても責任を持って、処理する。
・ウィザードの限定のない視点を取り戻すことができる。敵が減っていく。
・アイデンティティを意図的に着る。全ての自己の限定はうそ。
・アイデンティティを反応で創る。→装いと投影のアイデンティティ。自分はあれではない。限定している。

458 :通りすがり(56):2001/06/13(水) 00:25
・力とはセカンダリーを管理する能力。
・プライマリーとは創造のための行動。願いでは無い。願い、お祈りは行動に責任を取らない意図。
・創造には創造者がいる。力と努力を使ってコミットメントする人がいる。

・ソースリストは自分が現われる。世界の90%の人が誰かリストをやっている。
・セックス、お金、名誉のレクチャーではない。
・”失敗の可能性はない”−内的な決意によって決める。
・あなたの力というのは、あなたの内なる決意によって左右される。自分がどれだけそれを望んでいるか。
・正しい目的に向かって注ぐ。直観で自分の中で正しいと思うことに基づいて行動する。
・あなたの敵の源も私の味方である。
・源は何億もの生命をくぐり抜けて生きている。源(ハイヤーセルフ)の直観的な目的と整合する。
・利己的な行動、不調和な行動がカルマを生み出す。

・マインドが凍り付いて敵対する視点に固定される。
・忍耐、相手を信頼する。
・変化に身をまかせる。敵対の代わりに、サイクルを見始める。
・世の中と一緒に自己なしに流れていきます。
・アイデンティティから外に出る。
・流れに身をまかせる。人生は完璧です。やらなければならないこともなく、ただ人生は流れて行く。
  空 オームシャンティー
・利己的→全ての人の覚醒のために使おう。(ECPの実現)

・3 物理的宇宙
・4 アストラル平原 エンティティが存在している。EHPはここの存在と接触している。夢。思考、感情。
・5 メンタル平原  知的な意識、言葉。視覚的イメージ。
・6 ブッディ平原  ハイアーセルフの領域(自己のない、共感のある所)。

EHP(高次なスピリチュアルなプロセス)
4次元 エンティティ  感覚として存在しているのが知覚される。
5次元 コーチ     思考モード。
6次元 ホスト     観察モード。

・コーチがあなたの処理を助ける。
・自分でやろうとすると引きこまれる可能性がある。
・自分は観察だけする。

感情的な夢
・回想、反応、エンティティーモード
・思考モード−疲れる。
・想像モード−ビビッド、性的
・創始モード−早朝、意図的な夢
・直観モード−これから起きるできごと
・観察モード−身体処理を完璧にやった感じ
         きちんと目覚めて、知っている感じ、アストラル平原を探求する

どの意識のモードから出てきている夢か分析する。
観察モードを創って寝ると良いかも。

459 :通りすがり(57):2001/06/13(水) 00:26
・私の意識を私が創っている。
=私はこの全てを創り出す。
・高次の聖なる存在にまかせる。
・物理的平原、アストラル平原をHSの視点から眺め回すだけでいい。限定、エゴから自由になっている。

・アストラルの居住者
・夢の中で登場するエンティティが兄、母等のコスチュームを着て登場してくる。
・エンティティはあなたの台本に登場する役者。
・弱っているときはエンティティに台本を提供できず、影響を受ける。
・ウィザードで自分でこれを処理する。
・自分の人生でのエンティティの悪影響を消し去る。
・シャーマンについて
狩猟の情報に使った。
病気を治す。
部族のスピリチュアルなコンサルタント。
明晰夢。
人間の死後の霊、自然の聖霊(木立、動物など)−アストラル界を利用。

・いろんな信念体系において
エンティティは秘密にされている教義
仏教その他では
エンティティ
飢えたゴースト
欲望と抵抗によって存在
エクソズム、祈り、儀式
ギリシャの神秘主義
・悪意はエンティティ放射を引き付ける。波動が合う。
・欲求、抵抗 殺したいというときエンティティを引き付ける。

・私達が台本を提供する。
・彼らは自分を欲望−感覚だと思っている。
・彼らは思考に引きつけられてくる。
・エンティティは意志の力は強くない。
・思考、記憶、イメージから注意をもらおうとする。
・エンティティに注意のエネルギーを供給すると力を与える。
・同じ欲求、抵抗があると寄ってくる。
・アルコール、ドラッグ、病気はエンティティにエネルギーを与えている。
・願望する態度、無責任な行動
・中毒とかくせにはダンゴ状に100くらいのエンティティの塊があることもある。
・自己の感覚、ニーズで認識?(望む抵抗で認識?)=エンティティ
・処理するか加わるか。
・EHPでは、感覚にひたる(内)のではなく、観察する(外)のが大事。

・スピリチュアルな道についての3つの段階
1.目覚め−2.実践−3.人類に対しての奉仕
・10万人に一人?

・スピリチュアルなものは効力をけがすことも可能。全て信念体系だから。
・人々に、きかないという信念を創らせることによって、実際に効力がなくなることも可。
 けがす 批判やプロパガンダによって効力を失わせる。
・教材とか それをきちんと守らない人にわたって効果をなくす。
・敬う気持ち、尊敬する気持ちがないと効力を失わせる。
・イニシエーションがけがされると、空虚な儀式になる。
・準備のできていない弟子に高度な教えをさずけると、エゴを満たすだけ。知識を悪用する。
 けがす←→何かを聖なるものとする

460 :通りすがり(58):2001/06/13(水) 00:28
目覚め・聖なるもの→尊敬と慈しみが生まれ、それを保護する。
精神的な実践のカギ・真実を実践する内なる決意が必要。
実践・完璧ではなく失敗する可能性あり。責任を認め繰り返さないようにすることも含む。
人生を生きることが実践。

・源からおちこぼれないようにするには
 自分の直観の良い意図に従い、常につながること。
・美徳を実践するのは直接的に自分の満足につながることを知っている。
・自分には行動を制御できるように。他には、意図的に悪い行動をとらない。
・自分の心をコントロールする。意図的に悪い考えを持たないようにする。

1.2.3.は自然な進化。
3.人類に対しての奉仕 に犠牲感があったら、自己の目覚めのワークがまだ必要。
・自己確立ができたら自然にやってくる→人類に対しての奉仕。
1.2.をきちんとできないと3.は理解できない。
・偉大なる目覚めとは自分自身の偉大な愛を理解すること。愛−ただ気づいていること。
・不寛容、無知、残忍を乗り越えて、EPCが訪れる。高みから自分の宇宙を見ることができる。

以上です。では。また。

461 :4:2001/06/13(水) 19:11
↑すごいや!!情報サンキュー。ひきつづきよろしく

462 :神戸:2001/06/13(水) 20:18
通りすがりさん。ありがとう。

463 :神戸:2001/06/13(水) 20:18
通りすがりさん。ありがとう。

464 :中立者:2001/06/13(水) 21:04
アウトサイド・アバターさん。

>@道具としてのアバター・テクの真髄を浮き彫りにし、スターズ・エッジや
> 営業マスターの影響から、それらを切り離す。
>A悪質なマスターを告発し、淘汰させる。
>Bアバター、スターズ・エッジおよびハリー・パーマーに関しての知られざる、
> しかし、“消費者”として知っておかなければならない情報を開示する。

>概ねこの3点に絞って展開していけばいいのかも知れません。

 同感です。

 では、今日は、ABに関することで投稿します。
 先日、No.366 のアウトサイド・アバターさんが、

>今までの皆様の書き込みを拝見していますと、アバターへの重大な
>疑念の要因のひとつとして、アバターマスターのクオリティの低さ、
>というものがあるように感じられるのですが、マスターに対する、
>「格付け」評価のようなものがあったらどうかな、と思います。

 と仰ってました。
 アウトサイド・アバターさんは、気を遣われたのか、

>具体的に名指しで、というのは、問題があるかもしれませんが、
>それとなく、わかる人にはわかるようなかたちで、…以下略

 と仰ってましたが…

 私も、名指しで、営業マスターの評価をするのは、どうかな?
 と当初思ってはおりましたが…。
 しかし、よくよく考えてみると、
 営業マスターは、広く不特定多数の人に対して、営業しております。その点を鑑みると、一般消費者の厳しい評価にさらされるのは、むしろ当然であり(これがいわゆる、市場の評価というやつです)、実名で評価してもいい(といいますか、そうすべきである)と考えるに至りました。
 このことは、消費者の利益にかなうし(現状では、営業マスターの一方的な情報提供のみ。しかも、いい加減な情報が多く、どのマスターがまともか?の判断は不可能)、また、悪徳マスターがはびこっている現状では、良心的で上手いマスターにとっても(どの程度そのようなマスターがいるのか不明ですが…)メリット大です。
(一般に、どこそこの店のラーメンがおいしい・まずいとか、これこれの商品は、○○店が安い・高いとか、サービスが良い・悪いとか…。こうしたことは、プライバシーの侵害・名誉毀損に該当しないと考えられます。)
 と言う訳で、実名による評価をすることにします。
 皆さんからの意見も是非お聞きしたいです。

465 :中立者:2001/06/13(水) 21:05
 個人的には、良心的で上手なマスターがどれだけいるか、興味を持ってます。また、ふざけたマスターがどれだけいるかが明確になれば、アバターに内在する問題の深刻さも、より明確になるはず。
 さらに、今までの投稿を読まれても、なお、「それでも、アバターを受講したい!!」と考えてる人。あるいは、「既にアバターを受講してしまった以上、何とかしてものにしたい!。自分のマスターは、へなちょこマスターだったけど、良心的で上手なマスターのもとでなら、たとえ再受講料を取られても(※)、受講したい!」と考えている人、そうした人達もいらっしゃることでしょう(個人的には、再受講はともかく初受講については、かなり疑問ですが…)。口コミ情報として参考にして下さい。

(※)再受講費が無料と言うのは、同じマスターのもとで受講する場合。
 しかし、別のマスターのもとで受講する場合には、1日5〜7千円とられます。よって、再受講にかかる金は10日間として、5〜7万円(マスターによっては、3部のみの再受講というように、途中参加が可能としているマスターがいるかもしれませんが、最初から全て受講しなければならないとしているマスターもいます)。
(これまたムカツク点です。へなちょこマスターのもとで受講した人は、再受講する際、当然、別のマスターを選ぼうとするはず。しかし、マスターが別なので、またまた金をとられる。再受講でまたへなちょこマスターを選んだ日には…(苦笑))

(先日、「こうした場における、アバターに関する正しい情報がやりとりされることは、市場メカニズムを充分に機能させるという観点から、重要な意義を有すると考えてます。」と申しましたが、営業マスターを評価する情報も「市場メカニズムを機能」させる情報と思います。)

 何か付け足すこと、あるいは、間違い・不適切な点があれば、正して下さい。

※注意
 あくまで、マスターとしての評価(上手い・へなちょこといった力量、悪徳か良心的かなど)、あるいは、アバターに関する情報(マスターの種類QMとか…)のみ書くことにしましょう!
 「マスターとしての顔」とは関係のない部分、例えば、その人の風貌・容姿、経歴、資産状況、…などには、触れないようにしましょうね。(プライバシーの侵害、名誉毀損に該当しかねません)

466 :中立者:2001/06/13(水) 21:07
 以下、営業マスターの一覧を載せます。
 便宜上、数字を付しました。
 まずは、一覧のみを載せます。


 営業マスター一覧
(以下、営業マスターであるKenjiさん、こと野本 賢二さんのHPhttp://breathavatar.com/
のリンクを参照しました。HPを有する営業マスター全てを網羅しているはず)

ブレス・アバターセンター
(1)野本 賢二
(2)知念ひろ子

シンクロニシティ・ジャパン(Voice)
(3)小松 ヒロ
(4)鎌田 敏子

アバターコース・アースチャイルド
(5)伊倉 充

TERA Avatar Center
(6)松上 敦子

ヒーリング・ルーム・アレックス
(7)石月 郁哉

アバター・ハレ・ネットワーク
(8)仲塚 豊子

アバター天神センター
(9)おくだひとし

オフィスるん/ヒューマンセラピー研究所
(10)古川 貴子

467 :中立者:2001/06/13(水) 21:08
アウェアネス
(11)多賀 友厚

アバターコース 自己実現への心の冒険旅行
(12)此紗春 七重

アバターコース:@LOVE
(13)児玉 浩

『Heart&Wing on the EARTH』
(14)上村 英男

くつろぎ屋出張サービス
(15)ウエノ ナオシ

Avatar-K
(16)平野 恵子

アバターコース
(17)宝田 美紀

アバターコース
(18)佐藤 まゆ子

「ようこのホームページ」
(19)鎌田 陽子


★Avatar Place★Third Planet★
(20)斉藤 哲子
(21) 阿川 尚司

アバターハウス静岡
(22)岡田康宏
(23)松永朋子

ワンネスネットワーク
(24)荒田 結美子

unfolding stars
(25)勅使河原 由美子

468 :中立者:2001/06/13(水) 21:09
オーパ! インターナショナル
(26)尭祐二
(27)中根巳貴男

オーパ・インターナショナル2
(28)大久保優子
(29)新田佳代
(30)安田光江

千年の夢アバターコース
(31)西川 猛史

アバタースポット琵琶
(32)木村 祐子

アバターコース
(33)山田 裕樹

グレイス・アバターセンター
(34)ウェブ康子

ANEC京都
(35)新田 佳代

アンジュ・リューシュアバターセ ンター
(36)成友 香織

ドーン・アバターセンター
(4)鎌田 敏子

エナジースパイラル
(37)浜野 和恵

かじりんといっしょ!!
(38)浅岡 潤子

ホロネット・アバターセンター
(39)野口嘉則
(40)野口綾

Avatar Do
(41)岩本孝子
(42)井上美恵子

アバターランド九州
(43)大堀健治

469 :中立者:2001/06/13(水) 21:10
 営業マスターを評価する

 注)営業マスターは、アバターに関する矛盾の数々は当然知っているはず。これら矛盾点をどう整合性させて理解しているのか…。
 たとえ良心的なマスターと評価されても、営業マスターをやっている段階で、(続々でてくる新事実を前にすると)すでに「良心的な」マスターとは言えないのかもしれない…。どうなんだろう??


ブレス・アバターセンター
(1)野本 賢二
 現在休止しているアバターMLの管理者。概ね評判はいいが、「黒い虫」云々と言っているので、「良心的な」マスターでない可能性あり。

シンクロニシティ・ジャパン(Voice)
(3)小松 ヒロ
 腕がいいと評価する人がいるが…。でも、突然豹変する?。SDはできてるのだろうか?
(4)鎌田 敏子
 良心的で、上手いマスター。悪い噂は聞かない。今の所、一押しのマスターといえるのでは?
 近い将来、日本で2番目のトレーナーになる予定?

ヒーリング・ルーム・アレックス
(7)石月 郁哉
 よいとの噂を聞いたことはある。

アウェアネス
(11)多賀 友厚
 とかく問題の多いマスター。元QM。宣伝が派手なことで有名。

アバターコース:@LOVE
(13)児玉 浩
 言わずと知れた、アバター宣伝マン、ふうちゃん。あの体験談は有名。私も、あの体験談がキッカケで受講を決めた(;_;)。あの体験談の真偽は…???

オーパ! インターナショナル
(26)尭祐二
 Y氏あるいは、Y二、Y、として既に取り上げられている、日本唯一のトレーナー。トレーナーであるから、それなりの技量を有すると思われるが、コース運営はいい加減。今までの投稿を読めば分かるはず。
(27)中根巳貴男
 これまた、問題の多いマスター。QM。
 いい加減なコース運営。しかも、へなちょこ。説明が的を射ず、何を言っているのか分かりにくいと不評。

ドーン・アバターセンター
(4)鎌田 敏子
 上記、「シンクロニシティ・ジャパン(Voice)」の鎌田さんと同一人物。

かじりんといっしょ!!
(38)浅岡 潤子
 あの「考えすぎ」さんではないかと思われる。違うのであれば、ご一報を!!

470 :中立者:2001/06/13(水) 21:13
 昨日、書いたものをちょいと訂正し、今、投稿したのですが…
 通りすがりさんからの新たな情報が、またまた大量入荷してますね〜。
 よく読んで、また後日、触れたいと思います。
 通りすがりさん、いつも有難うございます。

471 :コリゴリアバター:2001/06/13(水) 22:29
多賀の名前を出すな!ムカツクおっさん!

472 :GUIDE:2001/06/13(水) 22:51
全ては、注意(気)の質と方向で説明が付く。
質 :チャージ(欲求or抵抗)されているか、中立か。
方向:内とか外とか、何に向けるかコントロールする。

キーワードは、名札(言葉)・注意・源(自分の認識しか存在しないこと)

人生で抱く一つ一つの想い:アイデンティティ
それ以外で抱いた一つ一つの想い:エンティティ(ID=肉体が無い)

そして全ての感情体験は魂(ハイアーセルフ)に記録され、
各人の個性となっている。そして、まだ体験していない
アイデンティティにひかれていく・・・

私はそれら、潜在意識に潜む想念エネルギー群でなく、それらを
創り出したものである。
アストラル界に浮かんでいるこれらを、中立の注意で感じ尽くして
解除していくのが、アバターテクニックである。

と自分では思う。

どちらにしろ、自分の視点で体験してみて
初めて納得がいく。
苦労したが、その価値はあったと自分では
思っている。今では、マスターの技術も上がり
より楽に身に付くと聞いているが・・・

473 :中立者:2001/06/14(木) 00:02
GUIDEさんの仰る、
>私はそれら、潜在意識に潜む想念エネルギー群でなく、それらを
>創り出したものである。
>アストラル界に浮かんでいるこれらを、中立の注意で感じ尽くして
>解除していくのが、アバターテクニックである。

 ↑これが、アバターテクを端的に表現したものなのでしょうね。
(「アストラル界に浮かんでいる」というのは、なんとも言えませんが…)


 以前、都留氏の話に触れましたが、ちょっと長いですが、以前、創生会HP(既に閉鎖)に掲載されていた都留氏の講演内容をご紹介します。(GUIDEさんの投稿と合わせて読めば、アバターとかなり一致する点があると思います)
 皆さんの感想をお聞きかせ下さい。

474 :中立者:2001/06/14(木) 00:03
   津留晃一 講演会 「空間認識」

          平成11年5月15日 大阪・吹田市民会館
 こんにちは。
 お暑いところお集まり下さり、ありがとうございます。

 久しぶりの(大阪での)講演会です。話したいことはいっぱいあるんですけども・・・、先ほど来たときに、主催者のSさんから、「2000年問題、津留さんどう考えてますか?」って聞かれて、(そのとき)Sさんの表情を見てたんです。
 結構真剣なんですね。で、見てたら、本人が言ったんですが、「ヤバイなあ・・・。」って。「準備しようかなって思うと、どんどん、どんどん、その世界が広がっていった」って話をしたんですけども。
 その仕組みについて、ちょっと話しをしたいんです。
 私たちは普段空間というものを認識してますね。認識してるでしょ。「空間が有る」と思ってる訳です。
 で、ちょっとだけ意識を向けて欲しいんです。「有る」と思ってますよね。実はその想念を体験してる訳なんです。この話をずっと最後までしても分かるかどうかってことがありますが・・・。「有る」と思ってますね。その「思い」を私たちは体験してるんです。
 ところが、自我の頭はそれを逆にとる訳ですね。「『空間が有る』から『有る』と思ってるんだ」って。そうでしよ?
 全部そうなんです。「有る」から「有る」と思ってるんだって。じゃあ、「有る」という証拠はどこにあるんだ。空間が有るという証拠、どなたかあります? 証拠お持ちの方?
 ひとつには触れるということを空間があるという証拠になさる方がいると思います。
 物理学をちょっと知ってる人、原子のことを知ってる人は、簡単に分かると思うんですけども。原子核の周りを電子が回っています。この原子核と電子の間は、太陽と地球くらい離れてる。もしくは、地球と月くらい離れてる。ほとんど物と呼ばれている空間には物質がないわけですね。
 私たちはこういう原子で肉体が構成されてるわけです。肉体は細胞で構成され、細胞は原子で構成され、原子はこうやって隙間だらけ。ということは、私たちの肉体は隙間だらけ、ってことですね。
 で、物と物が隙間と隙間だったら、通り抜けてしまう筈ですね。でも、通り抜けませんね。通り抜けないから、「物が有る」と実感してるんですけども、「物が有る」としても、ほんとは隙間だらけ。
 で、通り過ぎない仕組みは物理的にどうなっているか。これ、簡単な物理なんで・・・。
 別の原子核があったら、原子核の周りを回る電子、一番近い軌道には電子は2つまでしか存在できないという物理法則、これどういうことかというと、この電子が自分のテリトリーを主張するわけです。このエリアには、これ以外入らせんぞと、電子が力を発揮するんですね。ちょうど、磁石を2つ、N極とN極、S極とS極、どちらでもいいんですが、並べて近づけると反発してきますよね。この作用なんです。これは、素粒子の中のフェルミオン効果なんですけども。
 反発力を持ってるわけです。電子と電子が。その力で押し返すわけですね。だから、こう机の中に手が入っていかないわけですね。

475 :中立者:2001/06/14(木) 00:04
 いま、空間の話からちょっとずれてるようなので、じゃあ、どうして空間があると思っているか、という構造についてお話しますけども・・・。
 これも簡単な物理学で皆さん知ってると思うので、確認の意味でお話ししますが・・・。 物を見るとき、目の網膜で見てますね。ここに網膜があると、ここに眼球というレンズがある。光が入ってきて、物を見たときに、ここにその像を結ぶ。こういうことは習ったことがあると思います。
 ところが、これは説明なんですね。
 この構造をよく見て欲しいんですが、網膜でどうやって物を認識するか。この網膜をこの壁面に展開して見ますと、視神経細胞ってのがあります。視神経細胞っていうのが網膜にびっしり並んでるわけです。この視神経細胞は、3つの細かな細胞でそれぞれ構成されてて、ある周波数、赤なら赤の周波数のエネルギーがこの点を刺激したとき、ここから一つの線がやってきて、エネルギーが当たったときに、赤なら赤の神経細胞が興奮するわけです。「ON」の状態になるわけです。で、このONになった状態が、神経繊維でつながっていて、私たちの大脳の中で刺激が起こるわけですね。
 で、緑の細胞を刺激したとき、ONになったときに、緑と認識して、赤と緑が1/2ずつ興奮したら、その中間色、黄色として認識するわけですね。
 これだけ考えても、いいですか?
 脳の中には黄色(そのものを)を感知する回路はない訳ですね。赤の細胞と緑の細胞があって、それらが1/2ずつ興奮したときに、「黄色だ」と認識しているわけです。実際に黄色の光が飛んできて、ここを刺激するわけじゃないわけです。架空のものを頭ででっち上げてるわけです。
 これだけでも分かるでしょ。
 テレビもそうなってます。ブラウン管って3つの点があるだけです。それで全部の色が表せるわけですね。

 要は脳の中で錯覚が起きてるんですね。その物があるわけじゃないんです。ある振動数、エネルギーが目に入って来てることは確かなんです。目に入って刺激してることは確かなんです。そして、大切なことは・・・これが脳の中で映像を結んでます。これも本当です。事実です。じゃあ、脳の中の映像、その通りの物が目の前に有るかというと、有るという保証は人間である限り取れないわけです。
 皆さん見てるものは、自分の脳の中、脳の中身ですよ。よく考えて下さいね。この網膜の刺激を脳の中で映像化してるんですね。見えてるものは自分の頭の中にあるわけですよ。外にあるんじゃないんです。頭の中にあるんです。見えてる映像は自分の内部なんです。内部にあるものを認識してる訳なんですよ。
 だから、「人の数だけ現実がある」っていう話をするわけです。それより、大切なことは、じゃあ外に何があるのか。これは、人間である以上「分からない」というよりほか、答えがないんです。分からないのに「有る」と思ってる。
 ところが、物理学っていうのは最近発達してるからですね、例えば、犬が見た世界はこうじゃないということは物理の世界で分かってるんです。イルカの見る世界もこうじゃないってこと、分かっててるんです。
 イルカ、トンボ、魚・・・それぞれ人間と違う世界を見てることが分かってるんです。それぞれ自分が認識してるものを自分の世界だと思うわけです。

476 :中立者:2001/06/14(木) 00:05
 いま、空間の話からちょっとずれてるようなので、じゃあ、どうして空間があると思っているか、という構造についてお話しますけども・・・。
 これも簡単な物理学で皆さん知ってると思うので、確認の意味でお話ししますが・・・。 物を見るとき、目の網膜で見てますね。ここに網膜があると、ここに眼球というレンズがある。光が入ってきて、物を見たときに、ここにその像を結ぶ。こういうことは習ったことがあると思います。
 ところが、これは説明なんですね。
 この構造をよく見て欲しいんですが、網膜でどうやって物を認識するか。この網膜をこの壁面に展開して見ますと、視神経細胞ってのがあります。視神経細胞っていうのが網膜にびっしり並んでるわけです。この視神経細胞は、3つの細かな細胞でそれぞれ構成されてて、ある周波数、赤なら赤の周波数のエネルギーがこの点を刺激したとき、ここから一つの線がやってきて、エネルギーが当たったときに、赤なら赤の神経細胞が興奮するわけです。「ON」の状態になるわけです。で、このONになった状態が、神経繊維でつながっていて、私たちの大脳の中で刺激が起こるわけですね。
 で、緑の細胞を刺激したとき、ONになったときに、緑と認識して、赤と緑が1/2ずつ興奮したら、その中間色、黄色として認識するわけですね。
 これだけ考えても、いいですか?
 脳の中には黄色(そのものを)を感知する回路はない訳ですね。赤の細胞と緑の細胞があって、それらが1/2ずつ興奮したときに、「黄色だ」と認識しているわけです。実際に黄色の光が飛んできて、ここを刺激するわけじゃないわけです。架空のものを頭ででっち上げてるわけです。
 これだけでも分かるでしょ。
 テレビもそうなってます。ブラウン管って3つの点があるだけです。それで全部の色が表せるわけですね。

 要は脳の中で錯覚が起きてるんですね。その物があるわけじゃないんです。ある振動数、エネルギーが目に入って来てることは確かなんです。目に入って刺激してることは確かなんです。そして、大切なことは・・・これが脳の中で映像を結んでます。これも本当です。事実です。じゃあ、脳の中の映像、その通りの物が目の前に有るかというと、有るという保証は人間である限り取れないわけです。
 皆さん見てるものは、自分の脳の中、脳の中身ですよ。よく考えて下さいね。この網膜の刺激を脳の中で映像化してるんですね。見えてるものは自分の頭の中にあるわけですよ。外にあるんじゃないんです。頭の中にあるんです。見えてる映像は自分の内部なんです。内部にあるものを認識してる訳なんですよ。
 だから、「人の数だけ現実がある」っていう話をするわけです。それより、大切なことは、じゃあ外に何があるのか。これは、人間である以上「分からない」というよりほか、答えがないんです。分からないのに「有る」と思ってる。
 ところが、物理学っていうのは最近発達してるからですね、例えば、犬が見た世界はこうじゃないということは物理の世界で分かってるんです。イルカの見る世界もこうじゃないってこと、分かっててるんです。
 イルカ、トンボ、魚・・・それぞれ人間と違う世界を見てることが分かってるんです。それぞれ自分が認識してるものを自分の世界だと思うわけです。

477 :中立者:2001/06/14(木) 00:06
 例えば、皆さんお馴染みのレントゲン。
 ある星にレントゲン星人というのが居て・・・レントゲンというのは、放射線なんですけども・・・その放射線で認識してる物理媒体を持ってる、レントゲンの目を持ってる人が居たらですよ、我々と同じような存在物を見たときに、骨しか見えないこと分かりますね。骨、スケルトンに見えるわけです。
 で、その星に尋ねていったら、その星の画家たちは、人間だと言ってみんな骨を描いてるわけですね。きっとそうですよね。そう見えるんだから。
 私たちがこの肉体をもって行ったら、私たちには肉体が見えるでしょう。でも、レントゲン星人は骨しか見えてないわけですね。
 私たちがこの絵を見たら、「こいつら変な奴らだな」と思う筈です。我々から見ると、こいつら芸術感覚おかしいんじゃないかって思うんですね。自分が肉体が見えてるから、相手も見えてるだろうと思ってる。
 そして、絵画館に行くと、みんな人間が骨、スケルトンで描かれてる・・・。

 レントゲンだけじゃなくて、赤外線写真なんかもそうですよね。見えないものが、真っ暗闇でも見えますよね。
 ですから、ひとつハッキリしてることは、我々の肉眼で見てる通りの世界がここに有るわけではない、ということは科学でもう証明されてるんですよ。これは、ちょっと本読めば分かります。
 でも相変わらず私たちは見た通りのものが有ると、誤解してるんです。

 ありがたいことに、最近シミュレーションゲームというのが発達してきてます。こう、ゴーグルかけて・・・かけたことある人分かると思うんです。かけると、映像はここ目の前に映ってるのに、あたかも無限の空間が広がってるように見えます。必ず。とても広い空間が広がってるように見えます。
 いわゆる見えているだけなんです。見えてるもの、それがここにあるわけじゃないんです。
 宇宙人の人とかに聞くと、大体何見ても、光に見える、って言いますね。
 そういうように、我々が見てるようには見えないわけです。

 で、覚醒した人も、物がみんな光輝いて見える。エーテル体が見えたり・・・感情体が見えたり・・・別のものが見えてくるわけですね。
 これで、私たちが見てる世界が(見てる通りに)外にあるわけじゃない、ということが分かったと思うんですね。
 じゃ、外にあるものは何か。はっきりしているのは、エネルギーがあることですね。これだけは分かりますね。網膜を刺激してるわけですから。変化が起きているわけですから。エネルギー作用としてエネルギーがあることだけは分かってる。
 そうなら、エネルギーはどこにあるのか。
 エネルギーというのは、私たち言葉で言えば、遍満してるんです。素粒子・・・光というのは、宇宙の端から端まで、遍満しているんです。どこにでもあるわけです。場所がないんです。だから、空間、奥行きなんかないんです。エネルギーはある。エネルギーが入って来てるんだから。
 私たちは、この肉体を物質と考え、物と考えてる。だから、相手も物として認識するんですけども、この肉体も見えてるだけなんです。エネルギーがあるだけなんです。だから、この物を物として感じる力がある。

478 :壊れているよ:2001/06/14(木) 00:07
かじりんは・・・・

電波系というべきか???
あの人の前でアバターの疑問をいうとまじ怖い。

マスターやる以前に人格陶冶ぐらいはしておいて欲しいっす。
頭が悪いことは罪ではないが、罪を覆い隠そうとすることは大罪だと思うな。

この子見た目ちょっと可愛いがスゲー気が強くテンパッているんで、絶対近づかない方がいいですよ。

479 :中立者:2001/06/14(木) 00:08
 じゃあ、そのエネルギーって何なのか。
 エネルギーは、「波である」ていうのをよく聞きますね。物理的にもそれは分かってます。波、振動数(をもったもの)ですね。
 で、「神は全てである」なんて表現します。神は全てである。
 そうなんですね。元々この世界に実在してるのは、あらゆるレベルの周波数なんです。で、この物理世界には、あらゆる波が均一に満たされてる。均一に、全ての波が。どこも欠けてなくて均一に波が存在してます。
 そこで、私たちが想念を出します。想念も一つの波なんですね。で、その波というスクリーンに私たちの想念が入り込むから干渉を起こすわけです。波と波がぶつかって干渉を起こすんです。すると、そこの均一性が壊れるでしょ? 均一じゃなくなるわけです。その歪みがエネルギーとして目に入ってくるわけです。
 私たちの心は、ここ(胸)にあるわけじゃないんですよね。
 心、どこにあります?

―・・・・。

 ここ(胸)だと思う人、居ると思うんです。だったら、ここのどこ? 教えてください。
 想念エネルギーはやっぱり、ここ(宇宙)に充満してるんです。想念エネルギーというのは、この場、私たちが覗き込んでるこの場に、私たちの心もあるんです。エネルギーですから。エネルギーは場所がない。これ、ちょっと調べれば分かります。遍満しているわけです。
 だから、元々のあるがまま、人間が作られる以前の無の世界の波に対して・・・無の世界っていうと・・・ちょっと話それるようですが、ここ話とかなくちゃいけないので・・・これが分かると、「なんだ(そうか)」ってことになるんです。

 「全て」っていうのは、「無」である。これは、どういうことなのか。
 みなさんいつも体験してるので、簡単に説明できます。
 カーラジオをかけて車を運転してる。ご機嫌よく音楽聴きながら、どんどん山の中(あるいは、長いトンネル)に入ってく。どんどん、どんどん山の中に入っていく。
 どうなります?
 「ガ、ガ、ガ、ガ」。知ってるでしょ? で、そのまま進んでいったら、「ザー」って言い始めますね。
 「ザー」。これを物理学では、ホワイトノイズっていいます。これが「神」なんです。「ザー」っていう(状態)。
 ホワイトノイズを本で調べてみてください。「あらゆる周波数が均一に含まれている音」と書いてあります。ホワイトノイズのこと。
 「すべての周波数が均一に含まれている音」なんです。そして、体験していることは、いいですか。音楽を聴いてて、トンネルに入った瞬間、電波が届かなくなりますね。すると、ただ「ザー」っと言い始めるわけです。
 元々すべての波がここにあるんです。電波が来たら、その電波・・・電波は偏りのある波ですね、(1つの放送局の発信電波)71.8MHzって均一じゃないですね。全部の周波数のうちの一部分、71.8MHという偏った波です。
 そうすると、71.8MHzの波の上に乗っかている音楽や言葉、その世界だけになってしまうでしょ。ノイズがピタッて、止まりますよね。
 これが「無」から「有」が生まれる状態なんです。トンネルを出た瞬間、どうですか。ホワイトノイズがパッと消えて、パッと音楽に変わるでしょ。
 だから、ホワイトノイズが神のすべての周波数なんです。すべてが含まれている状態を「無」というんです。

480 :中立者:2001/06/14(木) 00:09
 これをもうちょっと分かりやすく言うと、プリズムがあって、光・・・どうなります? 7色に分かれますね。光っていうのは、無色透明ですね。それがプリズムを通すと、赤の波、橙の波、黄色の波、緑の波・・・色として表れますね。
 これ、逆もできるんですよ。レーザ光線で。赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、レーザ光線で7色を一箇所に集めたら、光どうなります? 消えます。7つの色を全部足す、「足す」っていうのは、波を重ね合わせることなんです。7つの波が全て存在した瞬間に、有ったものが無くなるわけです。これが「無」なんですよ。
 そして、「有」たらしめているものは、我々の想念。神がホワイトノイズで、我々の想念が71.8MHzの音声(電波)なんです。
 テレビでも、そうでしょ。最近は、テレビ(局)、朝から晩まで流してるから若い人あまり知らないかも知れませんが、昔は、NHKなんていうのは、(夜)12時になると、「これで放送を終わります」って放送を打ち切る。放送を打ち切ると、どうなるかっていうと、「ザー」って真っ白になるんです。画面が。
 これもそうですね。光は全部集めると透明になります。ところが色はですね。全部集めると、何になります? 白です。色は。白になるんです。光と絵の具はちょっと違うんで、ここでは、(光の例として)白の方にしておいてください。
 だからテレビ見てて映像が映ってる。電波がなくなると画面がサーッと白くなるんです。ここ(空間)も白ですよね。これ全部の色が入ってます。それで全部の色が白だから、ホワイトノイズって言うんです。

 そこで、「神がすべてである」というのは、すべてのエネルギー周波数を均一にもっている状態。でも、私たちの想念は均一ではない。ある思い、「これがほしいなあ」っていう思い。「2000年問題来たらヤバイなあ」っていう思い。思いが神の光に照らされると、そのエネルギーが目に入ってくるんです。
 すなわち、自分が出した心配事を自分が見るわけです。ですから、Sさんが言ったように、どんどん不安が広がっていくんです。不安でその思いを出すと、その思いが返ってくるから、また不安になってまた不安を出す。
 で、また不安な現象を引き寄せて、また返ってくる。この繰り返しでどんどん、どんどん広がっていくんです。
 これは私がいつも言っていた「意識を向けたものが現象化する」ということです。
 これを別の説明ですると、意識を向けているとその空間を作り出していくようなもんなんです。押し広げていくんです。何も無かった空間に意識を向けると、そこの空間が広がっていくんです。で、その広げた空間、私が広げた空間には、私が思った、私が意識を向けたものしか入れないわけですね。

481 :中立者:2001/06/14(木) 00:10
 もう一度、さっきの絵ですね。
 ものを見るメカニズムですけども、科学の時間で、物に反射された光がここ(網膜)に入ってる、っていうのは、物が外にあると思い込んでた先生がそうやって説明しただけなんです。
 これは一つの現象、自分の頭脳に映像化されている現象を説明しただけなんです。で、実際には、こんな物があるわけではない。
 ここ(空間)にはホワイトノイズ、想念の光ですから透明ですよね。ここ、これが神様だ、というのはそういうことなんです。
 ここにすべての周波数があるわけです。だから、これをちょうど想念スクリーンに例えるわけです。
 神の体を「立体スクリーン」って表現するわけです。そこに自分の思いが出ると、波と波が干渉を起こすんです。干渉したものが跳ね返って来て、目に入るわけです。それが「有」なんです。
 だから、私たちは自分が出した想念以外見ることができないんです。
 ただ、自分と言っても集合意識、みんなが思った想念も見てるんです。だから、確かに自分が意識を向けてなくても見えるものがあるのは、そういうことです。集合意識、みんなの想念がここで光ってるわけです。その皆んの想念がここで見えてるわけです。

 ですから、2000年問題どうしよう、頭で考えて対応したらどうなるか。
 2000年問題に意識が向いてますね。2000年問題、広がるわけです。だから今広がってるでしょ? どんどん、どんどん・・・。
 Sさんは、「日本にはまだこの情報は入って来てない」っていうんですけど。
 アメリカの方が先に心配が広がって、その空間を広げているだけですね。
 で、私たちは一人ひとりが、この今話したメカニズムをみんな頭の中で納得できるようになります。「ここに物なんかないんだ」ってことを。
 2000年問題があると思ったら、それが顕在化してくるわけです。
 「有る」と思って信じ込んでるからその対策を練るわけです。
 我々のすることは、2000年問題起こった方が心地よければ、それに意識を向ければいい。自分の世界には起こる必要がないんだったら、放っておけばいいわけです。放っておくと、その開いた空間が閉じていくわけです。

 この実感が分かると・・・・今、パソコンでウィンドウズ、OSのウィンドウズってのがありますね。あの仕組みが、ピッタリなんですね。クリックすると、パッと空間が開くでしょ? で要らなくなったら、ピュッと閉じますね。
 私たちはいつもこの空間にそれをやってるんです。ところが、それは窓枠が見えなくて、自分が広げて埋め込んだ映像と、集合意識が埋め込んだ映像とがうまく重なってるから、あたかもそうあるように見えるんです。
 あくまでも別次元から見ると、私が意識を向けてると、その窓がパーンと開いてくるんです。見れば見るほど開いてくるんです。こっち(別のもの)見てると、サッと閉じます。

482 :中立者:2001/06/14(木) 00:11
 だから何に関心を持つのか。これだけが本当は重大事なんですね。
 で、アネモネ(誌上)で浄化のテクニックについてお話したんですけども、アネモネで最初に書いたことが、「どこに意識が向いているか、自分が何に意識を向けているか、これに気づいてください」と。
 気づけば分かります。「自分が意識を向けてるものを見てる」ってことがよく分かります。

 取り敢えずですね。疑ってみてください。本当にここに空間があるのか、ないのか。
 ちょっと考えてみてください。目の網膜に到着する光が、目の直前からやってきたのか、
10メートル先から来たものか、100メートル先から来たものか。
 これをうまく利用したのが、3次元シュミレータで、ゴーグルの中に映像を作ってるわけです。目の前に映像を見せても、広く広がった空間に見えてしまうわけですね。

 で、いま皆さんこの話を頭で聞いてるから、知識で終わっちゃうんですよね。
 できたら、この話をですね。じっくり心の中で、牛のように反芻して欲しいんです。ほんとに空間は有るのか」。
 有ると思い込んでる。そのエネルギーをぶち壊す必要があるわけです。「有る」と思い込んでる固定観念をぶち壊す必要があるわけです。
 それには、自分の内面に向かって、問い掛ける・・・考えるんじゃないですよ・・・「有るのか」って問いかけを発することによって、自分の中の固定観念が壊れていくんです。
 それでいつも、「内側に意識を向けてください」って(私が)話すわけです。
 幸いなことに、今フォトンエネルギーが、どんどん、どんどん、強くなってます。
 ほんとに科学者の間では、このエネルギーについての議論が起きてるんですね。地球観測至上・・・(過去に)超新星爆発とかあったわけですけども・・・今まで地球で観測されてた宇宙線の一番強いエネルギーに比べて、一億倍の強さのエネルギーが地球に届き始めてる。「一体これはなんなのだ、これは一体人類にどんな影響を及ぼすのだろうか」。科学者はさっぱり分からないから発表もできないわけですね。
 もう、このエネルギーがここに充満してるんですよ。一億倍ですからね。
 これが、我々の強力な固定観念をぶち壊す強力なバズーカ砲になるわけです。でも、それを使わないと壊れていかないんです。「空間がある」「物がある」という固定観念、みんなの共同幻想です。
 催眠・・・集団催眠っていうのがありますね。私たち地球人は、全員「物がある」という集団催眠にかかってるだけなんですね。

483 :中立者:2001/06/14(木) 00:12
 催眠といえば、アメリカのテレビでこういう催眠術の公開実験したらしいんです。
 例えばこうです。ここ(ホワイトボード)に字書いてありますね。「無」って書いてありますね。
 で、私(術師だとすると)、この前に立ちます。
 ここで、前の女性に催眠術かけるんです。
 「津留さん(術師)は外に出て行きました」って催眠術をかけるんです。みんなが見てる前でですよ。「津留さん(術師)は居なくなりました」って。
 で、催眠術かけた後、目を覚まさせる。
 そして、「津留さんはどこに行きました?」と術師が問い掛けると、(その女性は)「出ていった」って答えるんですね。
 次に、「ここになんて書いてあります?」って聞くと、(その女性は、前の術師の背後の見えない筈の)文字読んじゃうんですよ。
 分かります? 彼女は私(術師)が居ないと思ってる。すると、私は消えてしまうわけです。そうすると、私の肉体を透過して、この字が読めるんです。
 (我々は)「物がある」「物質がある」「肉体がある」という、いわゆる共同催眠にかかってるだけなんですね。
 この催眠が解けて、「あっ、無いんだ!」って実感してしまったら、どうでしよう・・・発想がまるで変わるんです。まるで変わってしまうんです。発想が。
 で、これから、それを「あっ、分かった。ないんだ!」って実感する人が一人ずつ増えてきます。一人、また一人・・・また一人。そうすると、どんどんそのスピードが速くなってくるんですね。単なる固定観念があるだけですから。浄化で壊すことができます。
 で、これは両方(実感と浄化)が一緒なんです。
 浄化されれば実感が分かるようになる。実感が深まれば深まるほど、浄化も進んでくるんてず。この相乗効果です。
 ぜひ、浄化をしながら、今日言ったことを何度も反芻してみてください。

 幸いなことに、私たちは物を見なくても、信じる力があります。
 例えば、ここにいるみんながそうだと思うんですけども、「地球は太陽の周りを回っている」、これ「ウソだ」っていう人、いますかね?
 みんな信じてますね。「地球は太陽の周りを回ってる」って信じてます。
 でも、みんなで「初日の出、見に行こうか」って、見に行きますね。で、どうですか。必ず太陽の方が上がってきますよね。そうですよね。地球が上がっていかないでしょ。太陽が上がってくるわけです。誰が見てもそう見える筈ですよね。
 そう見えてるけども、頭の中で「地球の方が動いているんだ」ということを納得することはできるわけですね。納得したら何の抵抗も無くなるわけです。

484 :中立者:2001/06/14(木) 00:13
 いま、科学の世界で、「光には粒子の側面と波の側面がある」「電磁波は波である」って言うんですよ。知ってますよね、みなさんも。
 じゃあ、見たことあるんですか?
 見たことないでしょう。科学者もだれも肉眼で見たことないんです。その波を見た訳ではない。
 実験したら、海辺に寄せる波と同じ性質を現しただけなんです。で、光や電磁波が波であるというのは、実験して実験結果を見て、そう思ってるわけです。
 ここ大切なことですね。
 私たちは、電磁波の波、そのものを見てるわけじゃなくて、実験すると、光の解析効果・・・小さな電子エネルギーをポン、ポンと出して、いくつか積み重ねて写真に感光させると、波がぶつかったときの変化と同じ残像、跡が残るんです。実験結果の跡が。結果という跡を見て、類推してるんです。
 分かりますか?誰一人見たわけでもないのに信じているんです。

 これ、こんな感覚なんです。
 猪狩りに行く人はですね。必ず道を見つけるんです。猪の通る道を。猪の通った跡でしょ。道はね。
 それからその道を辿っていくと、糞を見つけるんですね。糞を見つけたら、糞を触るんです。すると温度が分かります。いつ頃通ったのか。一時間前なのか・・・。暖かいと分かるわけです。痕跡でしょ。これ。猪が通った痕跡を見て、「猪がいるんだろう」って、類推してるんです。
 科学の世界の実験というのは、このような痕跡なんです。だれも、電磁波見たことないし、光が波であるという証拠はどこにもないんです。(でも)痕跡がそうなんですね。
 そして、私たちが見てる世界、この映像世界は、網膜に結んだ像という結果ですね。そうでしょ? 物を見てるんじゃないんです。見てると思ってるだけです。網膜に光が入った結果として映像がここに残るんです。見てるのは痕跡なんですよ。
 これをよーく考えてください。私たちが見てるのは、神が創った世界の中で残った痕跡、その痕跡を見てるんだ、ということ。
 で、誰もこれ(実体)は見たことないんです。科学者は「電磁波は波である」と公言して、はばからないんだけど、科学者は誰一人として波を見たことがないんです。実験結果という痕跡・・・台風が来たら痕跡が残りますよね、痕跡を見て台風が来たと分かるように、私たちの見ている世界が、そもそも痕跡なんです。
 神を見ることはできないんです。全部の結果は痕跡なんです。痕跡を見てるにも拘わらず、それそのものを見てると錯覚してるんです。いま、その錯覚に気付いてください。
 これが目覚めです。

 とにかく今日の話を吟味してください。いま分からなくても。
 今、頭混乱してます? 大丈夫ですか?
 混乱してる人は、混乱を感じてください。いいですか。それが今起きてることなんです。今、混乱してる事実、実感が自分の中にあるでしょ。これは痕跡じゃないんですよ。
 今、感じてみてください。今の自分を。「分かった」と思ってる人もいるかもしれない。「よく分からんなあ」と思ってる人もいるかもしれない。
 今ここにある感覚、これは事実なんです。それ、誰が感じてるんでしょうか?
 あなたの本質なんです。見ることもできない、触ることもできない、本質が今そこで感じているんです。
 混乱してる自分をジーッと見つめます。

485 :中立者:2001/06/14(木) 00:15
 Sさん、2000年問題、意識が行ったら、「今、2000年問題に意識が向かってるなあ」って、ただジーッと感じてください。
 感じていると、ここ( 胸)感じようとすると、自分の内側に光が入っていくんです。そうすると、「2000年問題起きたら大変だ」ということを知っている自我が、解けて消えて無くなります。
 それが無くなった人には、2000年問題起きないんです。私が保証します。
 でも、心配してる人は、必ずその通りになるんです。これも保証できます。どうしてか分かりますか?
 私も皆さんも神様なんだから。皆さんが思ってる通りになるんです。今までそれが外れたことなんて、一度もないんです。いつも思ってる通りを体験してるんです。

 (休憩)

 少し吟味できたでしょうか?
 「分からない」という結論を出す前に、「ただただ、感じる」という習慣をつけてみようと思ってください。

486 :中立者:2001/06/14(木) 00:17
 まだ、半分にもみたない。
 応答が悪くて、書き込みに時間がかかり過ぎます。
 また明日にでも続きを書きこみます。
 今日は、これにて。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 03:59
この世に、アバターは存在しても、アバターコースと云うものは存在しません。

488 :名無し:2001/06/14(木) 09:47
>多賀の名前を出すな!ムカツクおっさん!

同感! このおっさん、受講者の受講料使い込んで、スターエッジ社に
支払わなかったため、受講者に「修了証」を発行できなかったという問題起こしてるぞ!!
コース中に酒飲んで、いいかげんだ、という噂もあるぞ! ムカムカムカツクー!

489 :調査隊:2001/06/14(木) 10:26
隊長! マスターML情報を入手しましたっ!

>2001年5月30日 午後 07:58
>あさおかじゅんこ@2通め、です。
>ある巨大匿名掲示板サイトで、5月初旬から、
>アバターの話が出てたみたいです。
>
>「受けたけど効果がなかった」という書き込みに、
>共通の「感じ」を見つけました。
>前にあったアバターのMLでもうすうす感じてたことが、
>なんだかハッキリして、私にとって大発見でした。
>
>「アレで32万は高かった」って言うんだけど、
>マスターに金返せとも言わず、2部でも終わらず、
>かといって32万分取り返そうともしないとか。
>
>「最後に「最高でした!」とか言わされたー」って、
>人のせいにしたりとか。
>
>「マスターが昼寝してて最低。」とか言うくせに、
>その場で全然指摘してないじゃんあんた。とか。
>
>なんかこう、行動が伴ってない感じが、
>非常に目に付いてアイタタタタと思いました。
>#目に付くのは己の反映〜
>
>アバターって、最近じわーっと実感してるのは、
>自分で決める態度の回復だよねえ、ということです。
>責任を自分で取るってことは、まあ、大変かもだけど、
>人になすりつけるよりは100万倍も楽。
>私、32万は高いと思うけど、安いと思います。
>「お金払った以上のものを持ってかえれ」
>「お金を貰ったら貰った以上の働きをしろ」
>と教育されてきたからかもしれないけど。
>あのときお金がたくさんあった私が、
>今の自分のために投資したっていうの絶対よかった。
>
>頃合いをみて、某巨大匿名掲示板サイトに、
>そんなに嫌ならやめりゃいいじゃん!
>それが嫌ならやりなおせばいいじゃん!、
>ってあたりまえのこと書いて来ようと思います。
>
>…そう、アバターって当たり前なんだよねえ…

隊長、犯人は、このあと5/31に253投稿の犯行に及んだものと
思われます!
よって、(38)浅岡 潤子 はへなちょこ悪徳回船問屋備前屋主人と思われます!


>かじりんは・・・・
>この子見た目ちょっと可愛いがスゲー気が強くテンパッているんで、絶対近づかない方がいいですよ。

隊長! 「可愛い」→「そりゃ好みの問題だろ!」
「あのタカビー女が可愛い!? (プッ 悪趣味〜」
という未確認情報もありましたっ!
以上、報告終わり! (−−)ゝ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 13:31
ここにも中立者をよそおった基地がいがきている。(藁

混乱しているのは貴様だ。いつもそうやって相手の理性
を狂わせ、洗脳しているのだろう。自分が真理を知っている
とでも思っている。世の中の科学者全部が間違って
いるなどとは、教祖に狂わされているだけだ。
かわいそうに。

491 :壊れているよ:2001/06/14(木) 19:29
ヤッパカジリンはダメダメだね。アムウェーだったかな?忘れたけど以前ネットワークビジネスもやっていたそうで、スゲー評判悪い。
たぶんそれで友人などの信用を失い、ミニカルト・アバターで生きるしかなかったんだろうな〜〜。
もう死んで欲しいです。ただし、フェラチオは上手だったとカジリンの元彼が言ってました。
そういう特殊技能を生かす生き方だってあるだろうに、何でアバターなんだ?もうSEやめたんだろうか?

492 :カジリンのBBS:2001/06/14(木) 21:05
今BBS見てきたんだけど
かじりん全然可愛くないよ
普通のおばさんに見えるんだけど

493 :中立者:2001/06/14(木) 21:07
No.491の「壊れているよ」さん。

NO.464、465で営業マスターの実名での評価を是とする旨の投稿をしましたが、その際、
>※注意
> あくまで、マスターとしての評価(上手い・へなちょこといった力量、悪徳か良心的かなど)、>あるいは、アバターに関する情報(マスターの種類QMとか…)のみ書くことにしましょう!
> 「マスターとしての顔」とは関係のない部分、例えば、その人の風貌・容姿、経歴、資産状況、>…などには、触れないようにしましょうね。(プライバシーの侵害、名誉毀損に該当しかねませ>ん)

 と申しました。
 しかし、
>ヤッパカジリンはダメダメだね。アムウェーだったかな?忘れたけど以前ネットワークビジネス>もやっていたそうで、スゲー評判悪い。
>たぶんそれで友人などの信用を失い、ミニカルト・アバターで生きるしかなかったんだろうな〜〜

 ↑ これは、この場で言ってもいいのでしょうけど、

>もう死んで欲しいです。ただし、フェラチオは上手だったとカジリンの元彼が言ってました。
>そういう特殊技能を生かす生き方だってあるだろうに、何でアバターなんだ?もうSEやめたん>だろうか?

 ↑ これは、言い過ぎ。営業マスターとしてのあり方を非難するのは、いくらやってもかまわないでしょうが(個人的には、私も多くの営業マスターに疑問を感じてますし)、これじゃ、単なる誹謗中傷でしょう。

 No.489の「調査隊」さんからの貴重な情報をもとに、色々述べたかったのですが…。
 やはり、2chという場では、まともなやりとりは、不可能なのだろうか??

------------------------------------------------------------------------
因みに、No.490の名無しさん@お腹いっぱい

>ここにも中立者をよそおった基地がいがきている。(藁

>混乱しているのは貴様だ。いつもそうやって相手の理性
>を狂わせ、洗脳しているのだろう。自分が真理を知っている
>とでも思っている。世の中の科学者全部が間違って
>いるなどとは、教祖に狂わされているだけだ。
>かわいそうに。

 この発言は、私(中立者)のNo.473−486の投稿に対するものなのでしょうか?
 そうだとするなら、随分誤解してるみたいですね。どっかのならず者にからまれたみたいで、ほっとこうかとも思いましたが…、
 「考えすぎ」さんこと、かじりんに「誤解があるなら説明して欲しい!」と要求していて、今回に限り、私が誤解を解かないのはフェアーじゃないと思ったので、ちょっとばかり説明します。

 以前、必要な情報が広く行き渡ってない状況が、アバターの不当とも言える高額な料金を維持していると申しました。
 昨日投稿した故都留氏の講演会の内容は、アバター受講後にアバター仲間から聞き、見てみた物です。あそこで言ってる、感情が消えるメカニズム、その他もろもろは、いわゆる「とんでも話」で、そのまま受けいれ難いものですが、そのテクニックは、正にアバターのFIであり、あの通りやってみると、それなりに効果があると認められるはず(テクニック以外の話は、横においといて)。
 私が言いたかったのは、このような情報が事前に手に入っていれば(このようなFIと似たテクニックが存在し、同様の効果があるということ。HPにアクセスするだけで手に入る)、わざわざ30万も出してまで、受講する気にはならなかった。→ だから、ある程度の情報の開示があれば、あのバカ高い値段設定を維持できない。
 ということだったのですが…。

>混乱しているのは貴様だ。いつもそうやって相手の理性
>を狂わせ、洗脳しているのだろう。
 という意図は全然ないし、ましてや、

>自分が真理を知っている
>とでも思っている。世の中の科学者全部が間違って
>いるなどとは、教祖に狂わされているだけだ。
 なんてことは、全くなし。
 むしろ、アバター教の信者となってる営業マスターを批判してる立場。

----------------------------------------------------------------------
 かじりんのマスターMLの投稿をネタに、いろいろツッコミを入れようとしてましたが、一定のルールを守れない人が、出てくるようなので、実名による営業マスターの評価は、控えた方がいいみたい。
(どの程度の割合で、悪徳マスターがいるのか、知りたかったが…)

494 :壊れているよ:2001/06/14(木) 22:26
ごめん、ごめん

495 :中立者:2001/06/14(木) 23:34
 南町奉行 兼 アバター問題調査隊隊長 大岡越前じゃ。
 隊員ナンバーNo.489の敏腕隊員、見事じゃ、でかした、あっぱれじゃ!!
 せっしゃも、優秀な部下をもち、鼻が高いわい。
 まるで、えげれすの「ぜろぜろせぶん」顔負けじゃな。

 さて、入手した情報をよ〜く、見ると、
 なんと、備前屋が、
>非常に目に付いてアイタタタタと思いました。
 と言ってるではないか!!??

 拙者の方こそ、
「あいたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた〜〜〜」
 と思ったのじゃがのぅ。

 吟味のすえ、このおなごの申すところを、1つ1つ、ビシバシと矛盾を指摘し、全てを白日のもとにさらしたかったのじゃが、いかんせん、ルールを逸脱する投稿があったので…
 やはり、実名による評価には、無理があるのぉ。

 拙者も残念じゃわい。先の投稿を消してあげたいのじゃが、どうしたものか。敵といえども情けをかけるのが、武士の定め。追求の手を緩めざるをえないわぃ。
 拙者からも改めて、皆の集に忠告いたすが、あくまで、営業マスターのマスターとしてのあり方のみを報告いたせ!
(個人の誹謗中傷は、まかりならんっ!!)

・追伸
 営業マスターの野本殿のHPを先ほど見に行くと、
 リンクがなくなっておった。やはり、営業マスター諸氏は、ここを非常に気にしているとみえる。

 なになに?
 「名前」が「中立者」殿なのに、何ゆえ、拙者、大岡が話ているかとな?
 それは、「ちゃねりんぐ」というやつじゃよ。

496 :GUIDE:2001/06/15(金) 02:40
中立者さん、続きをぜひお願いします。
外に向けている注意が、実は中だったとは
納得しました。
反転しているのでしょう。

497 :ヤマシサン:2001/06/15(金) 21:54
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=occult&key=981766017&ls=50
ここでもアバターの暴露話が出ている。
アバターはただの精神世界を装ったカルトだったって訳だ。
よかった。まだ2部受講中で・・・。
金返してもらってサラバしようっと!!!

498 :アウトサイド・アバター:2001/06/15(金) 23:01

しばらく自粛するつもりでしたが・・・。

これをROMってる営業マスターの方々、以前、『神との友情』が出版された時、
“ハリーのことが出てる!!”って大騒ぎでしたよね。皆さん、小躍りして
喜んでました。ほら、みたことか、これでアバターの正当性が認められたんだ、
とでも言わんばかりに。私も、てっきり、「神」が、著者のニール・ドナルド・
ウォルシュ氏に対して、「アバター・コースは私がハリー・パーマーを通じて
創らせたのだよ。」とでも語っているのかと期待していたものですが、
日本語版が出たとき、張り切って2冊買い込んできて、拍子抜けでした。
だって、
 「ハリー・パーマーは、気持ちを変えるのに必要なのは決断だけだ、
                        と言っているね。」
の一言だけなんだもん。こんなもの、何十年も前から言われ続けてること
であって、別にハリー・パーマーの専売特許じゃない。そんなに大騒ぎする
ほどのことなのか。絶好の広告塔でも見つけたと思ったのかもしれないが。
少なくとも、『アバターは、「神との対話」の実践版と言われています。』
なんていう、コピーを広告で使うべきではない。ハリー・パーマー氏は何と
言ってるのか知らないが、ウォルシュ氏が、アバター・コースを推奨した、
なんていう話は唯の一度も聞いたことはない。というよりも、ウォルシュ氏は
「意図的に」、アバターやハリー・パーマー氏と距離を置いている気配さえ、
「感じられる」のです、私には。アメリカでは、やはり一足早く、スターズ・
エッジ社のカルト性が認識されつつある、ということなのかも知れない。
まあ、あくまで推測の域を出ないわけではありますが。
とにかく、行き過ぎた誇大広告だけは厳に自粛してもらいたい。
特に、最近まで恵比寿ガーデンプレイス横にアジトを構えていた、
「受講料使い込みスターマスターさん」、あなたは、ありとあらゆる雑誌
−学研の「ムー」にまで(笑)−グロテスクな広告出しまくりですが、
私は、あなたの過去をよく知ってますよ、何しろ一緒にアバターコースを
受講した仲じゃないですか。あなたが、リサーフェシングの段階で、既に、
先輩マスターに対して、“マスターコースに行って、ライセンスを貰えれば
職業としてやってけるんですか?”なんて尋ねていたのを、私は今でも
はっきりと覚えてる。はじめから、営業目的だったんでしょ?
アバターマスター以前にも、ナポレオン・ヒル・プログラムだとか、速聴
プログラムを法外な価格で販売している悪名高いSSIで、セールスを担当
していたんですよね。そこで、アクドイ騙しの販売ノウハウを勉強できた
わけですね。随分、お稼ぎになられたんでしょうけど、受講生からは、
いつ頃告訴されるとお思いですか? あっ、そうか、アバター・テクがあれば
大丈夫なんですよね、自分の望む現実だけを経験できるんだから。「ソース」
のプログラムも実践してることだし。よかったですね。

・・・さて、疲れてきたんで今回はここまでにします。
うんざりするようなカキコ失礼致しました。忘れてください。

499 :多賀被害者:2001/06/15(金) 23:14
>うんざりするようなカキコ失礼致しました。忘れてください。
多賀の名前は出すなムカツクおっさん!
あいつは金の亡者

500 :500ゲッター:2001/06/15(金) 23:40
日本ではアバターはマスターが最悪なので評価不可という状態に陥ってますが
アメリカでの評価ってどんなものなのでしょうか?
やはりアメリカでも誇大広告や極悪マスター問題で賑わっているのでしょうか?

501 ::2001/06/16(土) 00:28
多賀さんはアバターマスター内でも「マスターと観点がない!」といわれてましたね。1マスターからの伝聞ですが。
彼のところは被害者多いのかも・・・

ところで今日サイエントロジーの「思考の原理」読んだ。コンセプトはアバターとそっくりだね。3つの宇宙も出ていたよ、既出通り。
それもアバターよりわかりやすい。ハリーの「意図的に生きる」に出てきた同心円の話もきちんとでている
まず、サイエントロジーという組織はカルト指定されているとしても、あの本は秀逸。テクは「プロセス」なる「透明な信念」練習みたいのしか紹介されていないが、
他にもテクあんのかね。サイエントロジーなんかには関わる気ないが、あの辺をチェックしたり、津留氏(もう亡くなったんだってね)あたりの話を研究してみるか。
中立者さんの書いてくれた津留晃一講演会録は最近の最高のスマッシュヒット。でもこのひとチャネラーで、ヘンテコなこともたくさん言っているそうね。
「精神」「心」「からだ」「人生」について学ぶって色々なまがい物に混じった純金を探すようなもんだな〜〜と思いました。

今日はご機嫌です(^^)

502 :中立者:2001/06/16(土) 00:33
 また再び南町奉行 大岡越前じゃ!

 アウトサイド・アバター殿。
>しばらく自粛するつもりでしたが・・・。
 と仰っておいでだが…、ひょっとして、それは、先の「トンデモ話」の一件で、拙者が「トンデモ話は、やめといた方がいいのでは」などと申した事が原因かの?
 拙者がああ申したのは、トンデモ話に同調するものが出てきて、真実のアバター暴露話と「トンデモ話」が混同し、結果的に「真実の暴露話」の信憑性が損なわれる万が一の危険を感じたからじゃ!
 アウトサイド・アバター殿ご自身も、「トンデモ話」には、かなり懐疑的と仰っておいでのようじゃでの。なので、個人的には、アウトサイド・アバター殿と拙者とは、ほぼ同じ立場にいるものと思っておったのだが…。
 もっとアウトサイド・アバター殿の話は聞いてみたいと思っておるので、また投稿して下され。待ってますぞ!

 さて、例の営業マスターの評価を実名で行う件じゃが…
 実名で営業マスター評価するのは、過度の誹謗中傷に発展するおそれがあるとみたが、その一方で、アウトサイド・アバター殿の貴重な営業マスターの暴露話のようなものも、もっと聞いてみたいと思っておるのだが…。皆の集もそうであろう!
 どうじゃろう、営業マスターとしてのあり方のみを投稿するとして、それ以外の過度の誹謗中傷を避けるという原則のもと、実名による評価を継続するというのでどうじゃろか?

 もっとも、いくら過度の誹謗中傷に発展したとしてもじゃ、営業マスターの論理で言えば、
「それは、お主の創った現実じゃ!」
 の一言でバッサリ切り捨てることも可能なのじゃが、これを言っては、拙者たちも悪徳マスターと同レベルということになるからのぅ(笑)。なので、厳に、このルールを守るということで、継続するということでどうじゃろかのぉ。
 最終的には、各人の判断に委ねる事になるが…。
 拙者としては、どの程度、良心的な上手なマスターがいて、どの程度、悪徳マスターがいるのか、心底知りたいと熱望しているのじゃよ。
 No.489の敏腕隊員よ! さらなる活躍を期待しておるぞ!!

 そうそう、アバターの問題に関しては、北町奉行の「遠山の金さん」こと、遠山殿も非常に関心を示しているようじゃ。
 ちょっと遠山殿に替わろうかの。

503 :中立者:2001/06/16(土) 00:34
 よっ! みんな元気かい!
 おいらかい? おいらの本名は遠山左右衛門之丞っていうんだけど、まぁ、みんなは、おいらのことを「金さん」って呼んでるよっ! 「金の字」って呼ぶ十手持ちの親分もいるけどね(おいらが北町奉行だって知らないんだ)。
 ところで、最近、アバターっていうアメちゃんからやって来たセミナーが問題になってるんだってなっ! おいらも関心をもって今、調べてるとこだよ。調べれば調べるほど、納得のいかねぇ事実がボロボロと出てくるんだよなっ、これが。
 でも、安心してくれよな!
 背中に背負った「桜吹雪」が、悪党どもの悪事を見逃ちゃぁ、おかねぇからよっ!
 みんなも知ってる事実を洗いざらいぶちまけてくれよ! 待ってるよっ!!
 おっそうそう、アウトサイド・アバターさん、よー!
>うんざりするようなカキコ失礼致しました。忘れてください。
 こんなこたぁ、いわねえで、もっと、もっと、暴露しちまってくんねぇかい?
 待ってるよっ!!

 じゃ、みんなも元気でな!! あばよっ!!

504 :中立者:2001/06/16(土) 00:36
GUIDEさんへ。
 先日投稿した後、よくみると、あそこまでの投稿で、取り敢えず区切りがよい、と判断してました(FIと同様の手法がそこまでで紹介されていたので)。
 ニーズがないのに、その後の大量の投稿をするのもどうかな?と思い、あれでやめようかと思ってましたが、「是非」ということなので、続きを投稿することにします。
 アバターテクとの異同などの感想を頂ければ幸いです。

4さん。
>中立者さんの書いてくれた津留晃一講演会録は最近の最高のスマッシュヒット。
 おっ!4さんにも読んでもらえましたか?
 アバターと類似してませんか??

>でもこのひとチャネラーで、ヘンテコなこともたくさん言っているそうね。
 そうなんです。
 なので、いいものを抽出する必要があります。

505 :中立者:2001/06/16(土) 00:37
 取り敢えず、先に進みますけども、今、私が一生懸命話してることが浄化についてなんですね。どうして浄化の話をするかというと、今のこの私たちのシナリオ、集合意識が書いてあるシナリオが2012年まで・・・そういう話すると、「その先どうなるんですか?」って質問なさる方が多いんですが・・・2012年までの集合意識にあるものは、「2012年までに、私たちが不必要な考えを捨てて、『これは有ってもいいな』という想念だけ残す」というものです。そうするとその世界が起きてくるわけですね。
 「どうなりますか?」っていうのは、私たち一人ひとりによって決まるんですね。
 で、その新しい世界に入っていく人、行かない人。一応、ドアがあるものと思ってください。エネルギーのドアがある。それを通り抜けるがどうか。そのフィルターに引っかかるかどうか。
 私たちは、空気吸うと、鼻毛がゴミ引っ掛けてくれるでしょ。こんな感覚で、私たちの魂が、梯階の・・・よく次元という言葉使いますね・・・何らかの意識的な境があるわけです。そこを通過するとき、フィルターがあるわけです。
 そのフィルターを通過するかどうか。これは、たった一つの要件で決まるんです。たった一つの要件です。
 それが、「ストレスがあるかないか」なんです。心の中に、葛藤があるかないか、矛盾があるかないか、それだけなんです。
 例えば、一つの宗教を矛盾なく信じている人は、ちゃんと通過していくんですね。だから、基本的に宗教信じても問題ないんです。

 魂には年齢ってものがありますから、幼児期の魂にとっては、人に言われた通り「はい、はい」と動くことに何の葛藤もないんです。
 幼稚園の園児が、先生に「はーい」って付いて行くことに何の葛藤もないように。ですから、葛藤さえなければいいんです。
 それで、(私は)ストレスの話をします。
 私、グループセッションとかを全国でやってます。いつも「じゃあ、この一ヶ月のストレスの話をしてください」ってやるもんですから、「津留さん、どうしてストレスの話ばかりで、もっと楽しい話しないんですか?」って仰る方いるんですけども・・・楽しい話は他でいくらでも聞けるから・・・ストレスに意識を向けてあげること、そうするとストレスは消えていくんです。これ、とっても簡単な原理です。
 ところが、(ストレス無くならない人は)ストレスを見ないだけなんですね。
 そして、ストレスに意識を向けさえしたら、このフォトンエネルギーがそのストレス自身にキューと入っていくんです。

506 :ガキ:2001/06/17(日) 01:47
ウィザードコースのテキストコピー購入希望です。
みなさんはいくらくらい出せますか?
10,000円なら出せるかな。

514 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)