5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

厚生労働省の「医療心理士」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/13(日) 12:10
 「臨床心理学的行為は医療行為にあらず」と頑迷な主張を繰り返す臨床
心理士会に対して、ついにぶち切れた厚生労働省が、医師の指導下で臨床
心理学的行為を行う医療心理士資格を作りつつあるという(未確認情報)。
情報もとむ。ちなみに私はこの資格に大賛成。臨床心理士みたいな民間資
格が専門家面して跋扈すべきではない。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 12:26
「国民の臨床心理職...」スレと比べると随分な温度差が。
こっちの人たちはえらく醒めてるな。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 12:35
こっちは臨床屋さんじゃない人が多いみたいね。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 17:29
えっ、床屋さんか?


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 17:32
床屋じゃなくて輪唱屋。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 17:52
>>672
たしかに非臨床系の人が多いようだけど,
必ずしも臨床心理士資格を否定する人ばかりではないよ。
医療系国家資格の成立は避けられないという前提で
最善の策を練ってるんじゃないの。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 20:20
>675
最善じゃなくて次善の策だろ。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 09:29
こっちはどうなった?

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 12:17
臨床心理士会=認定協会=心理臨床学会は
「臨床心理士」のステイタスをあげるために必死だろうな。
ともかく仕事の有無は別にして、医療心理士よりグレードの高い
資格と言うことを演出し続けなくちゃいけない。
院卒は当然だし、力量を上げるためには、非主流派(認知行動療法系、
家族療法、短期療法系)も取り込んで行かなくちゃならない。
去年の日大での学会などでは、その雰囲気をひしひし感じたね。
まあ、オレも臨床心理士資格は持っているので、そうやって頂くと
悪くはないわなぁ。
長期的に見ると、医療心理士と臨床心理士は別の世界ということに
なるのかもねぇ...。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 13:14
医療心理士が資格化されれば、医療分野で働いている臨床心理士たちは、みんな
医療心理士資格を取り、役に立たず、お金ばかり喰う臨床心理士はやめてしまう
かもしれませんね。同僚のCPが、これを持っているからと言って、何の役にも立
たないといってました。将来、教職に就きたいと思っている人は違うでしょうが。


680 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 14:52
>679
メリットがどこまであるかで決まってくると思われ。
メリットがないなら、資格の更新は止める。
私は一昨年は更新したけど、次は分からないなぁ。

681 :679:02/04/14 16:51
そもそも、最初に臨床心理士資格が森林の学会認定資格として誕生したのは、
将来的には、精神保健福祉士と同じような医療で通用する国家資格に格上げする
ことを目指して、作られたように聞いています。そのことを期待して、当時、
医療分野ですでに働いていた人たちも臨床心理士になったんですよね。それが、
いまでは全然違う方向へ進んでしまったわけです。これに対する不満はけっこう
耳にしますね。これは、最初から臨床心理士資格取得が目標だった新しい世代の
人たちには理解できないかもしれませんが。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 17:38
>>681
精神保健福祉士が登場したのは最近です。
臨床心理士は、それより遙かに古い。
医療分野での心理士は、国家資格に格上げを期待したのではありません。
身分を保障する国家資格がなかったから、民間資格でも比較的公共性の
高い資格に期待したわけです。ないより少しはまし...、という意味で。

しかし、本当のところ当初から国家資格化は困難であると分かっていた
はずなのに、認定協会は格上げを臭わせ、会員に幻想を振りまきながら、
臨床心理士の実績を作り上げる作戦に出ました。
阪神大震災のPTSD対策とか被害者支援など、臨床心理士人気を煽りあるいは
演出しながら、資格の5年ごとの更新制度(研修の義務づけ)、指定大学院制度と
着々と利権の構造を作り上げてしまいました。

その反面、医療系の心理士は放置したのです。
厚生労働省、医師会とも、国家資格について、何の意見のすり
あわせもやっていません。
国家資格の審査部会が始まると、関係3団体の中でただ一人唯我独尊的な
自説に固執し、審査部会を振り回しました。
あきれた果てた厚生労働省が、日本心理士会などを関係団体に加え、
臨床心理士会の発言力を低下させる作戦に出たわけです。
あわてた臨床心理士会は、河合会長が直々に審査部会に出席し巻き返しを
計ろうとしましたが、時既に遅し、厚生労働省の意思は決定ずみで
何の影響力も行使できませんでした。

そのあたりが今回の経過でしょう。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 19:17
>>682
細かいことですが,
第3パラグラフ6行目の「日本心理士会」は
「日本心理学会」のまちがいですね。

684 :679:02/04/14 21:01
>682
なるほど。そういう事情もあったのですね。

精神保健福祉士が資格化されたのは最近かもしれませんが、資格化を要望していた
のは、それよりかなり以前からのことですね。本来、精神保健福祉士と仮称医療心
理士は、本来抱き合わせで医療分野で国家資格化されるはずだったのではなかった
のでしょうか。精神保健福祉士は、分野を限ることでうまく成立したのかなと思い
ます。それとは対照的に、臨床心理士は、横断的資格を主張することで、国家資格
化から遠のいてしまいましたね。このへんの事情は正反対で、ある意味、皮肉なも
のがありますね。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 21:04
>>683
すまん、仰せの通り。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 21:31
>>684

そうです。
厚生労働省としては、精神保健福祉士と医療心理士を同時に国家資格化
するつもりだったんです。
しかしそれに強硬に反対したのが、臨床心理士会です。
厚生労働省サイドで国家資格化されてしまいますと、認定協会が持っている
利権(資格更新研修制度、指定大学院制度)が失われてしまいます。
で、国家資格化を出来るだけ遅らせる作戦に出ているのが
現在だと思います。

そのため振りかざした大義名分は、欧米並みの水準、横断的資格という
ものですが、現在の国の資格制度の原則、そして厚生労働省と文部科学省の
力関係から言うと、横断的資格などというものは幻想でしかありません。
これは事情が分かるものには当初からはっきりしていた話です。
そして臨床心理の資格の水準を欧米並みに、というのも、同じ状態で
そうなっていない他の資格(理学療法士、作業療法士など)も多数あるので、
臨床心理だけが例外になり得ないのも分かっていたことです。

すべて予定の行動だと思われます。
で、認定協会にしてみれば、国家資格化が遠のけばそれでOKなのです。

今回は医療心理士資格は成立するでしょうが、臨床心理士資格認定協会
としては、今、手にある利権を維持し強化するため、医療心理士より
臨床心理士の方がより高度な専門家で価値が高いと宣伝を始めることでしょう。
文部科学省も手を貸し、スクールカウンセラーを増員ぐらいはするかも知れません。
そして臨床心理士の試験がさらに難易度を増し、指定大学院も逆に
厳しくされるような予感がします。

これは皮肉なものと言うより、予定通りといった方がいいと
思っています。

687 :どーでもいいことだが:02/04/14 21:58
こっち来てやるな。あっちでやれ。
もしくは板全体をROMし直せ。過去ログもちゃんと漁れ。
そして不明を恥じたら二度と来るな。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 22:03
>>678
何を言ってるんだか...。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 22:07
医療心理士として国家資格化した暁には、民間資格でかつ有効性に裏づけの乏しい
臨床心理士は急激に化けの皮が剥がれることは、想像に難くない。


690 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 22:45
>>687
過去にもおいらも相当書き込んで貢献しているのに、
改めて書き込んだからといってその言いぐさはないだろう。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 23:41
>>690
ごくろうさま。
同じ書き込みを幾度しても、過去ログを読んでいない人が出てきて、同じことを
繰り返し語るのは2chの宿命です。気持ちはわかるけれど、まあ、根気よく
楽しみましょう。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/15 00:16
一連の流れだけど、
民間団体が反対した所で、国家資格がお流れになるか???
理由はそんな事じゃないでしょ。

693 :mM ◆C3pxeyv2 :02/04/17 14:08
資格認定協会からきたお知らせに
関連のことがちょっとのってたよ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/26 23:45
>>693
おしえてキボンヌ。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/27 00:05
単に、座長がまとめを出すので、
臨床心理士会として署名と要望を出しておいた、
ということと思われ。
座長がどういうまとめを出してくるかが問題。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/27 00:32
そろそろ国会提出という話も聞くが,詳細事情だれか知らない?

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/01 21:58
tomupo age

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 21:45
☆ドクター桜井の日本診療☆ 〜205号〜  02.05.02
◇医療心理士制度の早期制定に向けて
 私は心療内科の患者さんの治療も行ってきたが、その中でカウンセリングの
重要性を痛感させられた。私が赴任した病院の医師の中には、カウンセリング
で良くなるの?と疑問視される方もいたが、申し訳ないがこのような医師がい
る限り日本の心身医学の発展はない。
 現在、病院でカウンセリングを行っている心理士の方はいらっしゃるのだが、
カウンセリングの保険点数がわずかであるため、主に事務職員として雇われて
いる。
 現在自殺者が3万人を超え精神科の受診者数は300万人を超えたと言われ
ている。リストラや将来へ向けての不安、いじめ等様々な問題をかかえ、心身
医学的治療の必要な患者さんが増えている。にもかかわらず治療体制が整備
されていないため、患者さんは苦労している。
 今政策としてやらなければならないのは、医療心理士の地位の確立とカウン
セリングに対して適切な保険点数をつけることだと考えている。このためには
国家資格が必要なのだが、2つの問題を抱えている。
 一つは行政改革のために新しい資格を設けにくくなっていることだ。このた
め政府では医療心理士の必要性を認識しており制度化に向けて努力していたが、
小泉改革のつまらない壁が邪魔している。
 そしてもう一つは日本臨床心理士会の存在だ。彼らは医師の「指示」の下に
おかれる資格法には賛成できないとしており、そのため医療の分野に特定した
資格制度に反対しているからである。しかしここで一番重要な点は、医師との
関係というより、どのようにしたら患者さんの救えるのかであると私は考えて
いる。そのためには医療保険でカウンセリング治療を認めてもらわなければな
らない。そしてそのためにはカウンセリングを行う人の国家資格が必要である。
 私の大学時代の友人の診療内科医に相談したところ、私の考えに賛成してく
れた。医師との関係でこれまでいろいろあったかもしれないが、患者さんの事
を第一に考えてほしいものである。
                参議院議員・医師 桜井充


699 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 22:30
>>698
患者さんのためを思うなら、
「指導」で国家資格化できるように日本医師会を説得するという動きも、
考えられるはず。
臨床心理士会は、以前のように「対等」を要求するのではなく、
「指導」は受ける、という方向に軟化してきている。
なぜに、2ちゃんねるでは、臨床心理士会への批判は出るが、
医師会への批判は、あまり出ないのか不思議。


700 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 22:37
それは臨床心理士会ががあまりに横暴で人の信を得られていないから
じゃないか?

701 :心理職(臨床心理士は取ってません):02/05/02 22:44
それに、現場では、
心理療法やカウンセリングについて予備知識をほとんど持たないのに
(それでも医師免許は取れるので)
ヒエラルキーでは自分が上だからといって、
自分の言うことが正しいと思っている医師というのも、
けっこういることはいる。
他職種の専門性に対しての敬意が欠けている人は、医者にもいる。
(むしろ多いかも。)
そういった現状の中で、「指示」でもいいから、と国家資格化を急ぐことが、
はたして長い目で見て、患者さんのためになるのかは、まったく疑問。
優位を保ちたいなら、医師(の卵)への教育もしっかりして欲しいものだ。
(ちゃんと他職種に、内容的にも的確な「指示」を出せるように。)

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 23:09
>>701
だからさあ、優位を保つも何も、医者にとって心理など視野にないんだよ。


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 23:18
しかしPSWと同じスタートから出発したはずなのに
資格化が遅れたうえに、指示下に置かれる可能性が高くなった原因は
医師の風下に立つことを嫌い、延々と理想論だけを述べ立てて現実的な
議論をしようとしなかった臨床心理士会にあるとしか思えないが。
相手にされなくなってから「軟化」しても意味がないでしょうが。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 23:34
確かに、対等ではなく指導してくれと言っている団体はちょっと情けない。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 23:50
>>703
軟化なんかしてないって。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/02 23:57
>702
 確かに、いないからと言って、別に困らない職種になってしまいましたね。
>701
 精神科で言えば、PSWに対しては、若い医師で一緒に仕事のできる人が増えてきて
いますね。OTに対しても、PSWほどではないが、よくなってきていると思います。
しかし、臨床心理に関しては、孤立して、お高くとまっている人も多いのでは。
心理テストを依頼しても、所見が帰ってくるだけです。ケースについて意見を
聞いても他人事のようなコメントをするだけでは、チームの一員になるつもりが
ないと判断されても仕方がないのでは。
 701さんはそういう人たちの一人ではなさそうだけど。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/03 00:10
精神障害に対してはどうしても投薬や入院治療が必要になってくる
そうしたクライエントに対して臨床心理士単独では無力に近い
どうしても医師の指導が必要になるわけで、そこを上下関係と勘違い
してはいけないよ
所詮、医学と心理学では科学的なレベルが違うんだから

708 :701:02/05/03 01:57
>>707
投薬や入院なしで、単独でやれるということが言いたいわけではありません。
無論、心理職の側にも、医師や他職種への理解や配慮が必要であることは、
言うまでもありません。
ただ、医師の側にも、ある程度我々の専門性に対する理解と配慮が欲しい、
それは患者さんのためでもある、ということが言いたいだけです。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/03 09:18
医者と心理では、心理がいくら頑張っても、現時点で社会的なステイタスが違う。
経済的(保険)な背景、病院のシステムからして医者中心。
医療は医者中心なのは揺るぎないところです。
理解も配慮も何も関係なし。


710 :701:02/05/03 13:00
>>709
それはそうですが、それでいいのか、ということがいいたいわけです。
そうした現状を、「それが現実だから仕方がない」とだけ思って、
疑問に思わないことが、患者さん・クライエントさんのためになるのかどうか。
また、能力・素質のある人が心理臨床の仕事を選んでくれるような
職種にできるのかどうか。
その意味では、臨床心理士会のここ10数年の動きも、
まったく悪いことばかりではないとは、思います。
臨床心理士資格を特に取得していない私のような立場の者でも、
理解が得られやすくなり、働きやすくなったように思います。


711 :701:02/05/03 13:10
また最近、この板で、力のない心理職のことが問題になっていますが、
1.専門性は低くてもいいから、医師や教師の言うことに
  疑問をもたず、調子を合わせてくれればいい。
2.仮に自分ひとりくらいなら何とか食べていくことはできるという
  程度の給料しかもらえなくても(あるいはそれ以下)、
  仕事に意味を感じてバリバリ働いてくれればいい。
3.あとは、名の通った大学や大学院を出ていれば、
  採用の際に組織内の合意が得られるのでよい。
というような暗黙の条件で採用していれば、
いい人が来ないのは当たり前です。


712 :701:02/05/03 13:25
ただ、精神科医でも、若い人たちの中には、
比較的われわれの職種のことを理解してくる人も増えていて、
(少なくとも理解しようとしている)
一昔前とは違ってきた、ということは、よく言われます。
心理職の間では、K合先生の存命中に国家資格化を、
という焦りもあるようですが、
もしそうならなくとも、より長いスパンでみれば、
現在のような混乱も、徐々に減じていくものと思います。


713 :一消費者に懸念:02/05/03 16:53
心理士の人間は、独自性とか主体性を主張するのはよいが、
本当に責任をもって患者と向き合う覚悟はあるのかな。
最後まで逃げないで自らの専門性(?)で患者に対応できるのかな。
訴訟になっても当事者としてやる覚悟があるのかな。
安全地帯にいて、権限は欲しいが、責任は取りたくないだけではないかな。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/03 23:26
今年から、日本臨床心理士会では、患者さんから訴訟されたときの
対策のために団体で保険に入りました。
所属さえしていれば、100万までは費用がでるみたいですよ(w

715 :医師薬看護板より:02/05/06 01:45
医師の専門性により特に救急時などその対応能力に極端な偏りがあるため問題になっている点について、
この度厚生労働省は、精神保健衛生法に基づく指定医に、精神科医師免許を交付する方針である
ことが今日までに明らかになった。これまですでに医師免許を交付されている精神保健衛生法指
定医は精神科医との二重免許を有することになる一方、今後は医学部卒業および見込みの者について
医師国家試験のほかに精神科医国家試験を行う。精神科医師免許は、抗精神病薬など一部の薬剤の
内服投与を許される一方、穿刺処置を含む一切の救急処置を制限される。また、精神科医国家試験は
医学のほか、心理学など指定教科を履修した大学卒業のものに対して受験を許される。現在の
精神科医に対する二重免許交付などの配慮により、日本医師会などの関連団体の譲歩を得られる見通し
である。次期国会に精神科医師法として法案は提出され、施行は平成16年度に行われる予定。
医業が分割されるのは1906(明治39)年に医師法と同時に歯科医師法が交付されて以来約100年ぶりの
こととなる。(時事連信)         [5月5日20時11分更新]

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/06 02:15
>>715
ハァ?

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/06 02:33
時事連信→時事通信

ネタ決定。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/06 11:35
そろそろ、国会上程決定かな?

719 :名無しさん@お腹いっぱい:02/05/06 23:28
>>715 精神保健衛生法→精神保健福祉法。
   それにしても唐突だな。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/07 15:51
>714

100万までじゃあ余り意味ないんじゃあ・・・

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)