5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカ南北戦争:南軍いかにして勝つか?

1 :名無し三等兵:02/04/17 15:42
後知恵ですが、南軍は勝てたのではないかと思います。
南北戦争のPCシミュレーターで可能性を考察していこうと思います。
おつきあいいただければ幸いです。

南北戦争のPCシミュレーター(無料)はこちらです。
http://www.adanaccommandstudies.com/index.html

2 :1:02/04/17 15:44
PCシミュレーター本体
http://www.adanaccommandstudies.com/acw28.zip
マニュアル
http://www.adanaccommandstudies.com/Acw_man.pdf

3 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

4 :名無し三等兵:02/04/17 22:11
後知恵ですが思います思います

5 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

6 :名無し三等兵:02/04/17 23:13
>>1
戦闘結果は勝っているが…
合衆国政府が対戦国より人的損失が大きかった戦争なんだが…
戦力が同じだったら確実に北軍の負けだよ

7 :名無し三等兵:02/04/17 23:20
>7
ならば、奴隷州のいくつか(なんでしたかね?)を
引き止められた合衆国の政略段階での勝利って事?

8 :名無し三等兵:02/04/17 23:37
>>7
ケンタッキー・メリーランド・ミズーリ州の3州が留まった。
63年のCSA域内の奴隷解放宣言でウェストヴァージニアがヴァージニア
から分離して北部へ…
勇気ある前進が出来なかった事が敗因の一つかと思う。
アンティータム&ゲティスバーグはあと一歩で勝ちだったのに…
損害にビビッて後退しちゃうんだもの…

9 :フェチ:02/04/18 01:24
北は兵の訓練どころか士官・将官の質も悪かったらしいね。

10 :名無し三等兵:02/04/18 02:43
あと10年待って、西郷隆盛を味方につけていればよかったのに。

11 :名無し三等兵:02/04/18 10:23
>>9
軍の士気は低かったと言われてますねえ…
まあ、確かに黒人奴隷を助けるために『死んでくれ』と言われて『はい、そうですね』
と喜んで死ぬ方は少ないでしょうね…
南部は自分の財産と権利を守るために戦っているから士気が高いでしょうね。

12 :名無し三等兵:02/04/18 12:41
合衆国海軍の海上封鎖と、絶望的な工業力の差を何とかせんと、
どうにもならんと思うが?

13 :名無し三等兵:02/04/18 13:28
http://www.firaxis.com/downloads_detail.cfm?file_id=18

ここでシド・マイヤー(civilazetion?)いう人がこさえたAntitam(24MB)
Gettysburg(10MB)いうリアルタイム戦術級ゲームDLできるけど、これってどうなの?

DLしてみてみたら。すげえ面白そうなんだけど。
画面的にはコサックスみたいな感じで3Dの歩兵や砲兵がひょこひょこうごいて
戦争する


14 :名無し三等兵:02/04/18 13:32
南軍と北軍の経済格差、人口差を考えてなおかつ勝てたと思う?
南軍が戦車と急降下爆撃機を持ってて電撃戦ができたなら話が別かもしれないけど。

15 :慰安将校 森下くるみ:02/04/18 19:42
南軍に必要なのは装甲艦でブラウンNAVYの結成です。
北軍の水運を破壊する通商破壊戦を行うのです。

さらに、動く砲台となって陸上部隊の支援をするのです。

河川にあふれかえるモニター艦隊。ハァハァ

16 :慰安将校 森下くるみ:02/04/18 19:45
鉄が無くても木の装甲(めちゃくちゃ分厚いやつ)でいいのじゃ。

17 :名無し三等兵:02/04/18 19:48
南軍はミニエー銃を大量に装備させれば余裕に勝てる。

18 :慰安将校 森下くるみ:02/04/18 19:48
これから我が軍は↓を使って装甲艦を大量生産する。南軍の興廃この生産にあり!

1/250 HMVS Cerberus (19世紀の装甲艦 精密ウォーターラインモデル)
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/ps02.htm

実物写真
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/cerberus/photos.htm
完成写真
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/cerberus/pics.htm
DOWNLOAD(紙の規格サイズごとに3バージョン)
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/cerberus/download.htm
親ページ(装甲艦の有料モデル多数)
http://www.papershipwright.co.uk/

こちらは全部有料の装甲艦です。
http://members.aol.com/WFMarabknt/ironclads.html

19 :慰安将校 森下くるみ:02/04/18 19:52
CSS Virginia 
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/ps06.htm

Virginiaの艦旗:みんなでパソコンのモニターの上に飾ろう!!!
http://www.papershipwright.freeserve.co.uk/virginia/flags.pdf

20 :慰安将校 森下くるみ:02/04/18 20:04
ミニエー銃
http://www.interq.or.jp/tokyo/toshizo/gun/gun3.jpg

フランス製、各国にて普及
(口径14ミリ 全長1280ミリ)
フランスのミニエー歩兵大尉が考案した「椎の実」型の弾を使った前装施条式銃。

フランス海軍の支援があれば・・・・。そういえば、独立戦争もフランス海軍の
支援のおかげでイギリス軍を屈服できたのじゃ。



21 :17:02/04/18 20:22
>20
そう、ミニエー銃は幕末の内戦において諸藩の標準装備となった。
南軍もそうしてれば。

22 :名無し三等兵:02/04/18 20:33
米国南北戦争を語る
http://yasai.2ch.net/army/kako/1002/10025/1002583401.html

以前軍事板で立ったスレ

23 :ホッケウルフ〉〉〉 ◆Oc/p.Ymg :02/04/18 20:34
フォーミュラーバン

24 :名無し三等兵:02/04/18 23:29
>>14
南軍は騎兵部隊による奇襲攻撃とかしてました。
また大砲の数は開戦時、南軍の方が多く所持しており、砲兵将校は南軍の方が多かった
です。
ゲティスバーグでジャクソン将軍が生きていれば…若しくはユーエルが丘を攻撃してい
ればと悔やまれる事ばかりです。

25 :名無し三等兵:02/04/19 00:18
一般兵の質じゃ南軍も北軍もどっこいだと思う。
お互い良質な部隊もいれば、士気の低いのやらごちゃまぜでしょう。
それよか指揮官の差が大きいんじゃないでしょうか?
これも南軍の質が飛び抜けて良いわけではなく、北軍に政治的な理由で
(地方の名士だとか)無能な上級指揮官を使わざるをえなかったのが問題。

26 :ウラー!:02/04/19 01:01
南軍ワシントン占領!!!
http://www.ronmaxwell.com/gallery/PIC09.jpg

27 :名無し三等兵:02/04/19 01:24
>>26
偉大なリー将軍に敬礼(゚Д゚)ゝ

28 :名無し三等兵:02/04/19 02:46
あの当時でカラー写真を開発していた南軍の技術水準はすばらしい。

29 :名無し三等兵:02/04/19 03:34
>26
うははははは.
きょうやっと!
米国版DVD「ゲティスバーグ」とどいたぞ。

これほどジャーリスティックに、ある「史実の作戦」を描いた映画はちょっと希だぞ
ボンダルチュク「ワーテルロ−」にも劣らぬ

30 :厨房:02/04/19 11:23
しつも〜ん
装甲艦って商戦の護衛に使えなかったんですか?
海上護衛戦みたいな事例ってあったんですか?

31 :名無し三等兵:02/04/19 11:41
>>30
装甲艦はバーゲンセールの警備は出来ないが?

それはともかく、浅喫水の装甲艦は洋上航海は出来ないと思うが…

32 :名無し三等兵:02/04/19 17:46
>30 >31
浅喫水というか、低乾舷の装甲艦には、と言った方が正確?
当時の技術では装甲艦には航洋性を持たせられないし、
木造艦船では装甲艦に勝てない、
で、装甲艦vs航洋艦の戦闘が技術的に成立しない興味深い時代ではあった。

戦闘の複雑性と言う点では、装甲艦、砲台、水雷何でも有りの当時の河川作戦は
とても面白い・・・

33 :名無し三等兵:02/04/19 19:03
>当時の技術では装甲艦には航洋性を持たせられない
そこらへん「戦艦って何で浮くの?」スレにマジレスできるんですよね。
イギリス装甲艦キャプテンの沈没事件とか。
でも、なんか荒れそうなので自粛(w
それにしても>>30はこのネタをこのスレに持ってきたとは、
厨房と言いつつ実は確信犯?

34 :名無し三等兵:02/04/19 19:20
ミニエー銃は最強

35 :タリンバーン雅子:02/04/19 19:50
増加装甲とフロートを追加した改装フリゲートが1隻あれば
”北部同盟”どもの海上封鎖艦隊を殲滅できた?

36 :名無し三等兵:02/04/19 21:29
>>35
CSS『ストーンウォール』が配備されていれば、アボルダージを受けても
撃退できたでしょう…w

37 :名無し三等兵:02/04/19 21:34
おいおい、主戦場だから海でいくら強かっても意味ねえだろ。
よってミニエー銃を大量配備せよ。

38 :名無し三等兵:02/04/19 22:02
>>37
鉄砲欲しくても海上封鎖で英国から届かないのですが…ついでに兵隊の服も…

39 :名無し三等兵:02/04/19 22:05
>38
ミニエー銃くらいは米でも作れるだろ。
鉄や弾薬は自給自足できる筈だぞ。

40 :名無し三等兵:02/04/19 22:12
そうっすね。鉄砲あっても今度は弾が無くなるし。
負傷兵の治療や欠員の補充にも難があるし。
そこらへん、規模の違いは有れど西南戦争と似ている。
薩摩軍は士気も練度も高いが、次第に銃も弾も尽き、兵も減り、最後は抜刀突撃。
ちょうど近代的総力戦の開始期だね。

41 :名無し三等兵:02/04/19 22:14
銃や弾の量産、南部じゃちょっと?

42 :名無し三等兵:02/04/19 22:16
とりあえず速攻で北軍を追い詰めて、有利な条件で講和するしかなかったでしょう。
最初はグラントやシャーマンも階級低かったし。
後はイギリスその他ヨーロッパ勢を味方につけるか。

43 :名無し三等兵:02/04/19 22:29
>>39
南部には銃器製造工場が無くて、リッチモンドの職人さんがこつこつと
ハンドメイドで作っていたのですが…
あるのは綿火薬のみ!!
コルト・レミントン・S&Wは全部北部です。

44 :名無し三等兵:02/04/19 22:34
>43
>コルト・レミントン・S&Wは全部北部です。
いらん!そんなものをそろえるより、
やはりミニエー銃とその弾薬を大量をそろえる方がよい。
幕末の長岡藩の結末を見てみると良い。

45 :名無し三等兵:02/04/19 23:17
>>44
だから南部には生産能力が無かったと言うとろうに……
工業地域と農業地域の戦争なんだからよ。

46 :頭がシベリアだ!:02/04/19 23:41
野戦じゃ!野戦じゃ!抜刀突撃〜

47 :頭がシベリアだ!:02/04/19 23:42
太平洋側からのネズミ輸送による日本兵(失業武士:浪人)の輸入。

48 :名無し三等兵:02/04/20 12:41
>>44
おいおい、幕末の日本でもミニエー銃くらいつくって補給体制を整えるほどは
出来たぞ。あの南部が出来ないはずは無い。

49 :南軍オブザーバー:イワコフ大佐:02/04/20 14:10
黒人奴隷3人あたりい1丁の銃を持たせ突撃させる。交代するものはガトリングガンで
処分する。

50 :名無し三等兵:02/04/20 14:41
「南部」を見るとつい拳銃を連想してしまう
ニューナンブとか・・・

51 :名無し調査員 ◆h2HByRZM :02/04/20 16:28
リー将軍じゃなくて「思慮深い方の」ジョンストン将軍なら勝てたんじゃなかろうか
とか言ってみるテスト。

52 :南軍提督どのへ。:02/04/20 19:30
貴官がモニター艦で艦隊をせっせと作っても、我らが北部はその10倍の建艦
を行うので、抵抗は無意味だ。

53 :名無し三等兵:02/04/20 21:10
…って言うかそんだけ装甲艦作れる国力とリー将軍がいたら
独立簡単だったろ〜よ。

54 :名無し三等兵:02/04/20 22:06
てゆうか、マジで日本語化して!と言ってみるテスト

55 :名無し三等兵:02/04/20 22:40
昨年、海外出張したとき、何気なくTVつけたら、これをやってた。
http://alt.tnt.tv/movies/tntoriginals/hunley/fr_main.html
日本でもやんないかな。

56 :マクシムス:02/04/20 22:42
まじで、黒人って戦力化できなかったの? 古代ローマみたいに
軍役を終えると自由市民になるYO!とかいえばけっこうな数が用意
できたのでは?

57 :南軍提督:02/04/20 22:46
>>56
うぉおおおおおおお!

そうだ、北軍がモニター艦の量産を開始する前に、潜水艦で
通商破壊戦を行うのだ!!!

58 :名無し三等兵:02/04/20 23:07
>>56
戦場で北軍に投降すれば即自由民だしなぁ。

59 :名無し三等兵:02/04/20 23:10
>>55
>昨年、海外出張したとき・・・

貴方頭(・∀・)イイ!!のね!!
>>1を日本語化して下さい!!
おながいしますm(__)m

60 :名無し三等兵:02/04/20 23:17
南部連合の目的は「奴隷制の廃絶をかかげる連邦からの脱退」で
北部アメリカの目的は「南部の連邦への復帰」

だから南部にして見ればほっといてほしいだけだが、何分、北部は工業力軍事力が圧倒的。
というわけで海上封鎖でじわじわ衰弱するよりはと、
「敵国中枢への効果的な一撃によりあいての継戦意志をくじく」
ため、リー将軍は62年9月のメリーランド侵攻と、63年ペンシルヴァニア侵攻を
くわだてる・・・。

どちらもアンティータムとゲティスバーグで北軍に阻止されるけど、
リーはワシントン侵攻以外、国力で劣る南が北に勝つ方法はないと考えてたようだし、
僕もそう思う。

つまり南部連合が北部の干渉をはねのけ維持されるためには、リー将軍の62年〜63年の
北部侵攻戦を、どうすれば勝利に導けたかを考察すべきと愚考

61 :名無し三等兵:02/04/20 23:22
>>66
なんかそのまま分裂しといてくれれば
その後の世界史は随分平和な物になった気がする

62 :余談:02/04/20 23:28
>61
ウィリアム・ギブスン&スターリング「ディファレンス・エンジン」いう
SFだと分裂したままです。

NYは史実では徴兵反対の騒乱がおきたけど、小説のなかではマルクスがさらに
それを助長してニューヨーク人民共和国いうコミューンを組織してます。

63 :名無し三等兵:02/04/20 23:51
あの当時の潜水艦って、外洋に出れるような奴じゃないから、通商破壊は無理っぽいな。
港に夜間侵入して停泊中の軍艦を攻撃するのが関の山では。
船首に付けた爆薬で体当たり攻撃する人力推進艇があったはず。
ダビット艇だったかな。

64 :名無し三等兵:02/04/20 23:52
>>61
(´-`)。oO○(誰へのレスですか・・・)

65 :名無し三等兵:02/04/20 23:56
>おいおい、幕末の日本でもミニエー銃くらいつくって補給体制を整えるほどは
>出来たぞ。

 人口が日本の1/5で動員数が桁違い。靴も服も足りませんってな
感じ。

66 :66(未来の時間旅行者):02/04/21 00:17
>>61
だね。佐藤大輔のあれは知らぬけど、アメリカ合衆国が分裂したら、大英帝国の天下だよね

67 :名無し三等兵:02/04/21 13:57
>>48
事実は出来なかったんです。南軍の小銃、ズボン、靴の不足は深刻だったのです。
輸入が出来ないし…

>>49
君は自分の財産に銃を向けて破壊するのかね?
南部紳士は奴隷からも尊敬される人でなければいけないのですよ…
虜囚になったデーヴィス大統領の救出運動起こしたのは元黒人奴隷だったよ

68 :名無し三等兵:02/04/21 15:44
>>59
スマン。英語は自分一人が生きて帰ってくるだけで精一杯(w
それはおいといて、今検索してたら4/24にWOWWOWでThe Hunleyを放映する模様。
「進め!人力潜水艦ハンレー号」ってのはちょっと(w
でも、南北戦争モノで、更に南軍モノで、しかも海軍モノはかな〜り珍しいので、
興味のある方はどうぞ。うちはWOWWOW見れない(泣

69 :名無し三等兵:02/04/21 16:07
>>65
動員数が違うといっても人口も違うと言うことは、
補給体制につかう数も違うことだから南部で出来ないことはないよ。
ミニエー銃を作って補給体制を作るのはさほど難しいことはないぞ。

>>67
ってことは幕末の日本と比べて南部は屁たればかりということになりますが。
幕末の日本はあまり輸入に頼ってなかったと言うよ。
スペンサー銃以外は自給自足の補給体制が整っていたわけだし。

70 :名無し三等兵:02/04/22 00:08
>60
ワシントンを落としてもナア・・・それで北の連中があきらめるだろうか
後半では、東部戦線では膠着状態に持ちこんでいるので、
西部戦線での北軍の侵攻を阻止できれば、長期持久も可能だったのではないか、と愚考する

71 :名無し三等兵:02/04/22 00:59
イギリスの介入しかないだろうな。
映画「203高地」の冒頭で「アメリカは南北戦争の時、ロシアの世話になっているからな」というせりふがあったが、どういう意味かわからなかった。


72 :名無し三等兵:02/04/22 03:11
ttp://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e10541616

73 :名無し三等兵:02/04/22 09:46
短期決戦を強いられたWW2の日本と似てるね。

74 :名無し三等兵:02/04/22 10:19
>>69
南部は農業地域なんですよ…戦争する事を考えてもいないし、楽しく暮らして
いきたかっただけなんです。一部の黒人奴隷は不幸かもしれないが、大多数の
黒人奴隷は生活が保障され、衣類は主人のお下がりが貰えていました。彼らは
奴隷制度に賛成していた訳ではありません。いつかは制度を無くすべきとは思
ってました。ですが、綿の価格は安いのに労働コストがかかる農産物だったか
ら奴隷制度を維持する必要があったのです。

一方、日本の場合は元々鉄砲鍛冶も存在し、火縄銃は大量に存在してますので
銃を作るノウハウがあるのです。

75 :大渦よりの来訪者 ◆Bzr3neko :02/04/22 10:27
>69
つうか、当時既に『奇跡』と呼ばれてた場所と比べられても南部人も困ると思うぞ。
南部連合と当時の日本を比べたら規模辺りの国力は日本のほうがずっと大きいだろうし。
>71
ドイツ人傭兵の話なんか聞いた事があるから、其処らへんでは?

76 :名無し三等兵:02/04/22 10:58
幕末当時の日本人口が3000万人、南部連合は900万人の上に1/3は
奴隷です。南部の白人人口は550万人しかおりません。

南北戦争は埼玉県が600万位ですから…東京対埼玉で戦争したらどうなるのか?
が人口バランスイメージとして良いのではないでしょうか?

77 :名無し三等兵:02/04/22 12:54
うーん、南北ぐらいの国力差をひっくり返して勝利した例もあるわけだから、
戦争指導の問題も大きいと思う。

南で積極攻勢を主張したのはリーぐらい?リンカーンとデイビス比べても、弱い
方が消極的ではどうしようもない

78 :名無し三等兵:02/04/22 14:19
奴隷制があることはすなわち、南部は工業化してないんだな。
あと、奴隷はやっぱり扱いは良くないよ。ライトスキンと呼ばれる
黒人がなぜいるのか考えましょう。

79 :マッカーサー・スキピオ:02/04/22 15:12
決死隊を装甲船団に満載して、海岸ぞいに北上、首都に逆上陸。

80 :有働アナのスペルマ飲み動画見た?:02/04/22 15:15
当時はゲリラ戦の発想ってなかったの?
パトリオットという独立戦争の映画でメル・ギブソンが英軍にとって悪夢
のようなゲリラ戦を展開してたけど・・・。

81 :名無し三等兵:02/04/22 15:47
南部の指導者の考え方は「我々が戦う意志を捨てない限りは、戦争は
戦闘の勝ち負けにかかわらず勝っている」ということだった。
実際、北部は北軍有利の63年に厭戦気分が高まり、アトランタ陥落が
なければリンカーンの再選もおぼつかなかったのでは。

82 :名無し三等兵:02/04/22 16:13
>>74
日本も一応農業国だったがな。
農業を基本とする体制から暗黙に工業や商業を認める
大名や旗本連中は勝手に政策を出したが。
江戸期の「改革」というのはその逆でして......。
しかし、戦争がなく兵器製造、改良にインセンティブがなかった
一野蛮国に劣っていたとは言いがたいが。

>>75
どの辺が奇跡なのですか?

83 :名無し三等兵:02/04/22 18:57
>>81
統一していたら落選だった(泣き)…64年のリンカーン

84 :名無し三等兵:02/04/22 21:49
>82

 人口550万人の国が15万の戦死者を出すような戦争をしてた
んだよ。数十万規模の動員が行われたの。幕末の諸藩の動員兵力っ
て人口の1%に達してなかったんじゃないの?

85 :名無し三等兵:02/04/22 23:17
南部は自由貿易で、北部は保護貿易を掲げていて,北部は南部をつぶすための口実として奴隷制を持ち出したらしい。
準備を整えて待ちうければそう少し長期化させ、列強の介入により目的を達するという方法しかなかったんだろうな。


86 :名無し三等兵:02/04/23 09:19
>83
大統領選前に連邦復帰、リンカーンを落選させて分離が最高の策か

87 :名無し三等兵:02/04/23 10:05
>>86
どうやらそれが最善策みたいだね…

88 :名無し三等兵:02/04/23 10:17
>1
このゲーム、製品版持っているわ。
リーダーのレイティングが「史実通り」か「ちょっと変更」ならば、地道に指揮官を育てていけば南軍でも有利にゲームを進められる。
動員は目一杯する。
戦術的に必要なポイントに大兵力の旅団を集中する。マスケット銃で充分。

89 :名無し三等兵:02/04/23 11:42
>>86
そんな春秋戦国みたいにくっついたり離れたりが、ぽんぽん起こり得るのか?

90 :名無し三等兵:02/04/23 12:15
南北双方「州」の連合体だし、今よりも州の独立性も強いんじゃないかな。
うまく、北からいくつか離反(すくなくとも中立)させればうまくいくかも。

91 :名無し三等兵:02/04/23 12:19
>>88
俺も製品版持ってるんだけど、うまく動かないんだよね(w
>>1はうまく動作するのに・・・何故だろうか?(w
OSがWin2Kで日本語版なのがまずいのだろうか?
それともマシンが糞バイオのノートだからか?(w
パッチ(2.3)もあてたんだけど!

誰か教えてくれ!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン


92 :名無し三等兵:02/04/23 12:35
>>89
起こったのが南北戦争なんだな…
60年12月、サウスカロライナ・ミシシッピ・フロリダ・アラバマ・ジョージア・
ルイジアナ・テキサスが連邦脱退
61年2月、CSA結成・独立宣言
61年4月、ノースカロライナ・テネシー・アーカンサスが脱連邦退しCSAに合流
61年5月、ヴァージニアが連邦脱退しCSAに合流
61年6月、チェロキー・チョクトー・チチカウがCSAに合流
63年、ヴァージニア西部がCSAを脱退し連邦に合流

93 :名無し三等兵:02/04/23 13:50
合衆国憲法じたいが、盟約規約で、それから脱退しただけ。
北部(合衆国)から<叛乱>扱いされたのは不本意だろう

94 :名無し三等兵:02/04/23 14:12
"Confederate","rebel","Grey"とか、アメリカ人にとっては常識
だから、いきなり戦争とは関係ない普通の文脈で出てきて面食らう
ことがある。

95 :名無し三等兵:02/04/23 14:17
Union=Grey
Federal=Blueいうのがわからんで、よく混乱します。

世界史板の南北戦争スレはじめて読んだのですが、大昔、civilwarの起源について
揉めてますね。
結局<United States of America>という理念まで遡らんとわからんなあ・・・

96 :名無し三等兵:02/04/23 14:18
いや、ほら間違った。
UnionもBlueか・・・

97 :名無し三等兵:02/04/23 14:19
リー対グラントの戦場の写真みるとWWTの西部戦線かと思うような
塹壕戦なんだね。コールドハーバーでは8分間の突撃で8000人が死傷
したとか。この戦訓を学ばなかったヨーロッパの軍人は....

98 :名無し三等兵:02/04/23 14:34
203高地スレでも
「旅順に観戦武官を派遣した西欧はなぜWW1で濃密な小銃弾幕(機関銃ですな)に突撃を繰り返したか」
議論されているけど、うーん、経験から学ぶというのは難しいですねえ

99 :名無し三等兵:02/04/23 14:37
アメリカではあまりNorth vs Southっていいかたしないようだ。
本にあったが日本では南北朝があったので南北戦争の用語が定着した。
英語圏以外でどう呼ばれてるか知りたいな。

100 :88:02/04/23 16:19
>91
>>1はただの無料版じゃなくていろいろと改良されているようだ。
思考やバランスもいじってあるみたいだからやる価値はある。

101 :名無し三等兵:02/04/23 17:10
Civil Warって、ローマの市民戦役が語源じゃないの。

いや、まったく根拠なしで言ってるんだが。(w

102 :名無し三等兵:02/04/23 18:57
>80
映画「楽園をください」は一応ゲリラ戦と思われ・・・。
AH「モスピーズ零ダース」っていうボードSLGは南北戦争時の
ゲリラ戦のゲーム。

103 :名無し三等兵:02/04/23 19:01
>>92
いやほれ、州単位やバージニアみたいにせこせこした動きなら分かるが、
いきなり同盟の大半が連邦復帰(じゃないとリンカーン落選しないだろ)して、
しかるのち脱退なんて連邦が許すのか?
仮に復帰→再脱退なんてことをしたら、それこそ大統領が誰であれ連邦は容赦しないと思うのだが。

104 :名無し三等兵:02/04/24 01:16
1)早い段階での電撃的北部侵攻(おりこうジョンストンあたりが指揮官)で、ワシントン陥落をねらう
2)ミシシッピ川北軍南下を可能な限り阻止。リーは防御が上手いので、時期によってはこの方面に。北部の損害と戦果がなければ、選挙でリンカーンの
失脚が起きうる可能性あり
3)アトランタ要塞化(特に海に対して)
4)政府が北部と講和を結ぶ方向の戦争指導をする
…くらいしか思いつかん。どれも南部、していないぞ。負けだ…鬱だ

105 :名無し三等兵:02/04/24 10:29
>>103
64年のマクレラン元司令官対リンカーン大統領の選挙は、ギリギリでリンカーン
が勝ったはずです。もし、南部11州がマクレランに投票すればマクレランの勝ち
です。(少なくとも11州がリンカーンに投票するとは思えん)

尚…米国大統領選挙は得票数で勝ち負けが決まるのではなく、各州に票があり、
州内での得票数多かった方が全投票権を総取り出来るヘンテコなシステムです。

106 :名無し三等兵:02/04/24 10:36
>>105の詳細

リンカーン(共) 選挙人212 一般2218388(55.02%)
マクレラン(民) 選挙人21  一般1812807(44.96%)

107 :名無し三等兵:02/04/24 12:02
ルーズベルトが失脚すればアメリカは政変が起こり日独はWW2に勝利する!

108 :名無し三等兵:02/04/24 13:15
うわさの南北戦争アニメ「愛の若草物語」です
とくに
第4話 戦争がはじまる!
第5話 町が燃えてしまう!
第6話 さよなら ふるさと!
のゲティスバーグ戦は凄い。

http://www03.u-page.so-net.ne.jp/xa2/k-hirao/meisaku/wakaku/wakaku.html




109 :↑対応スレッド:02/04/24 13:28
「ある種名劇のシスプリ?〜愛の若草物語〜 」
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/anime/1003388121/

・・・無理からぬことだが、誰も南北戦争に言及してません。
内容の情けなさ、性欲の上位さに涙がこぼれます

110 :名無し三等兵:02/04/24 14:08
>>105
ありがとう。そうだ対立候補はマクレランだった。しかしそれでも疑問は残る。
そもそも同盟の11州が足並み揃えて連邦復帰(一時的にせよ北部に屈する)ことを首肯するのかどうか。
デービス自身が独立以外の一切の和平を拒否しているはず。
仮にマクレランが勝利したとして、あらためて南部の離脱を認めるかどうか。確かに民主党はシカゴの全国大会で
南部との停戦と交渉を綱領として採択したが、分離独立は認めていなかったような(あまり自信がないので知ってる人がいたらご教授を)。
強引に離脱したら、マクレランだって腹を立てるだろう。

そもそも、1864年の選挙はリンカーン勝利の大きな要素としてアトランタ陥落が上げられているんだから、
ジョンストンをそのまま使ってシャーマンを阻止した方が手っ取り早いのと違うか。

111 :キルヒアイス:02/04/24 17:05
兵力を集中して北軍のアホ指揮官が指揮する部隊を各個撃破すべし。

112 :名無し三等兵:02/04/24 17:20
南が勝ってたら、
いまだにアメリカに奴隷制が残ってて、ジャズなどの黒人文化が全く世界に広まらず、
第二次世界大戦で日独伊に負けてたよね?たぶん

113 :名無し三等兵:02/04/24 17:25
>>112
南部を勘違いしてます。南部は奴隷制度が正しいとは思ってませんよ…
現段階では出来ないと言ってるだけです。小規模農場にとって奴隷制度
に替わる労働者確保制度が出来れば(不法移民の利用という結論になる
と思うが…)奴隷制度は廃止ですし、現在の綿農家は不法移民の利用で
成り立っている。

114 :名無し三等兵:02/04/24 19:08
http://freepages.cultures.rootsweb.com/~xmas/world/republic.html
南北戦争時の北軍のテーマ、「リパブリック賛歌」。


115 :名無し三等兵:02/04/24 19:11
やはり何を言っても南部に求められたのは、
ミニエー銃大量配備だよ

116 :名無し三等兵:02/04/24 19:37
http://usuarios.lycos.es/asiandelight01/TINATOY_01.RAM

117 :名無し三等兵:02/04/24 23:24
Uskudar'a Gideriken


118 :名無し三等兵:02/04/24 23:38
この間の大統領選挙を見てリンカーンの当選も開票のいいかげんさのため、とかおもうこのごろだか。
この戦争でアメリカは戦略攻撃に目覚めたような所があるな。


119 :名無し三等兵:02/04/24 23:51
>>118
支持なき大統領は戦争を起こしてヒーローになりタイミングよく暗殺されて神様
になるのです…永久に批判されなくなる

二代目ギリチョン当選大統領・アブラハム=リンカーン
三代目ギリチョン当選大統領・ジョン=フィッツジェラルド=ケネディ

さて四代目ギリチョン当選大統領はこれに続くのか?
ジンクスは全てクリアした!!(0の年に行われた大統領選挙、ギリチョン、戦争を起こす)

120 :名無し三等兵:02/04/25 12:53
お袋が帰ってきた
スーパーの安売りだからって勝手にジーパンを買って来やがった
しかも1980円のメイドインチャイナだ
誰がそんなものを着ると思っているんだよ!
何度ケリを入れても懲りないクソババアだ
今日は胸にグーパンチを入れてやったらうつむいたまま止まってやんの
ざまあみろ

121 :名無し三等兵:02/04/25 17:08
 >>1のゲームってどうやって兵の数を増やすんですか?

122 :名無し三等兵:02/04/25 17:18
>いまだにアメリカに奴隷制が残ってて、

 実は南部は外交的に不利だという判断で、戦争末期に
奴隷制を廃止してる。デービス曰く「戦争に負けるより
良いだろ」。実際に南部の黒人解放は60年代の公民権運
動を待たなければならなかった訳だしね。

>第二次世界大戦で日独伊に負けてたよね?たぶん

 「南部諸州の独立戦争」ですから関係ないと思いま
す。北米大陸に国が一つ増えるだけです。

123 :名無し三等兵:02/04/25 18:09
>>122
もっと喜劇なのが、自由を求めて北や西に行った黒人…
未だスラム街状態から脱却出来ない…

124 :名無し三等兵:02/04/25 18:15
>121
補充(動員)は自動的に行われるみたいです。パラメーター設定で補充の量が
変えられるみたいです。

やはり人的資源か・・・(ヤン准将)。

125 :名無し三等兵:02/04/25 20:49
>>123
しかしリッチな黒人はそこから生まれたのだから…
南部からは生まれない

126 :名無し三等兵:02/04/25 22:56
>124
増えるどころかだんだん減っていくんですが・・・

127 :名無し三等兵:02/04/25 22:59
>>125
リッチな黒人は最初から奴隷に非ず…
奴隷出身じゃない黒人がいる事お忘れなく…

128 :名無し三等兵:02/04/25 23:04
朝鮮人傭兵を使えば北部は死屍累々たる光景で満ち溢れたであろう。ニダ。

129 :名無し三等兵:02/04/25 23:08
>>128
白人相手なら、強姦にも一層気合いが入っただろうなぁ。(w

130 :森下くるみ:02/04/25 23:29
檜山さんの仮想戦記「米本土決戦?」にあったみたいに、白人女が股をひろげた
ままで死んでいる光景があちこちで見られるのかな?

部下の言い訳→「わかるでしょう?大尉殿。みんなイライラしていたんですよ〜」

でも、傭兵の大量輸入はマジな話、検討されなかったの?

131 :名無し三等兵:02/04/25 23:55
南部での、敗戦直後の黒人の横暴はすごかったらしいよ。
KKKはおもったより支持されていたらしいね。
あと,南部では、北部の連中をやっつけたので零戦の人気があるらしい。

132 :森下くるみ:02/04/26 01:01
>敗戦直後の黒人の横暴
チョンと同じだな。傭兵よりも元奴隷の方がたちが悪い。

133 :名無し三等兵:02/04/26 01:15
マクレランをそのまま指揮官に据えときゃズルズルと後退してくれるんだろうが・・・・・

後はモズビー、クァントレル、モーガンのゲリラ軍団や略奪部隊に補給線を遮断して貰うとか。

134 :名無し三等兵:02/04/26 02:12
南部が勝利したら、北米南部の油田地帯が合衆国からなくなるわけだから
油を求めて積極的に海外にちょっかいを出して英国と関係が悪くなりそう。
第一次世界大戦で米は不参戦で、日本は陸軍を含めた史実より大規模な支援を欧州に
送ることになって、日本陸軍の近代化が早まる。
第二次世界大戦では独伊北部米と日英南部米・・・と妄想してみる。
火葬戦記で使い古されたネタならスマソ。読んでないもので。


135 :名無し三等兵:02/04/26 06:42
>>134
分裂していても、南部の石油の輸出先は北部でしょ。
100年もたてば、経済の依存関係はかなりものになっているはず。
現在の米加以上だと思うよ。

136 :森下くるみ:02/04/26 20:34
15年前からセクースに励んでいれば負けなかったのよ!
生めよ増やせよ地を満たせ!

137 :森下くるみ:02/04/26 20:38
姉妹スレで「カスター将軍いかにして勝つか?」もほしいわね。

138 :名無し三等兵:02/04/26 21:37
>>137
今月の歴群を読んだな。(w

139 :森下くるみ:02/04/26 23:33
>>138
あは(はあと。
http://www.isigames.com/images/clc2_1.jpg

140 :名無し三等兵:02/04/26 23:37
>>131
風と共に去りぬ、なんかそんな感じで書いてあったね。

141 :森下くるみ:02/04/26 23:37
>>ALL
うふふっ(すぺしゃるはあと
http://www.civilwar.com/

142 :名無し三等兵:02/04/27 13:15
♪グロ〜リィグロ〜リィ〜ハレルヤ〜♪
http://home.att.net/~Poofy/battlehymn.html

143 :名無し三等兵:02/04/27 13:48
もし南軍が勝っていたら、しばらくは黒人奴隷制度が続いたんでしょうか。

144 :名無し三等兵:02/04/27 14:00
>>143
それが開戦の理由の一つだからね。

145 :名無し三等兵:02/04/27 15:13
南北戦争の原因って何?

なんか上のほうで
北部の自国工業製品主体の保護貿易主義と
南部の奴隷による綿花プランテーション栽培の自由貿易主義の
対立とは誰かいってるけど・・・?

結局、貿易における関税問題かなにかで、議会で北部ロビー議員と南部ロビー議員の
対立があって、
「自由貿易アカンなら、南部は連邦を脱退する」
みたいな感じ?

議論の表面はたぶん、(南部における労働力としての)奴隷の人道的問題
だと思うけど・・・?

146 :名無し三等兵:02/04/27 15:30
ちなみに森下くるみはジョーカーだろ?(w

147 :名無し三等兵:02/04/27 15:48
奴隷問題は要因の一つであることは確か。
しかし根本原因は、南部の自由貿易と北部の保護貿易の対立であり、
奴隷問題は実際は二次的要因であった。
綿花で欧州に市場を持つ南部は、自由貿易で外貨を稼げるが、
工業中心の北部は、逆に圧倒的な欧州製品に食われてしまうため、保護貿易を主張。
さらに欧州には売れない自国工業製品は国内で消費しなければならず、
その為には経済力の無い奴隷より、購買力のある自由民のほうが必要であった。

148 :名無し三等兵:02/04/27 15:53
なんかさ、調べてたら1854年にもカンザス・ネブラスカ両州で、南北過激派の
武力衝突とかあったらしいんだわ。

「ウォーカー」いう映画でも、1853年ぐらいの言説で「内戦を避けるためには南部諸州は、ニカラグア、メキシコはじめ中南米に
侵攻すべきだ」いう意見表明してたし、憲法における議員選出に奴隷を入れるかとか、関税とか、
逃亡奴隷の自由州から奴隷州への送還問題とか、奴隷廃止綱領を全面に掲げる共和党の創設とか
無数の因子がよりあわさって、ついサムスター要塞の砲声へといたったらしいね


149 :名無し三等兵:02/04/27 15:58
>147
なるほどねえ。19世紀の歴史の中の必然だったんですネエ。南北戦争は。

150 :ななななんあなななし:02/04/27 16:15
南部が勝てば良かったのに。

151 :南北戦争の呼称:02/04/27 17:30
「内乱(市民の戦争)」civilwarから転じて、定冠詞+大文字で
The Civilwarいいますね

北部における呼称
「叛乱の戦争」The war of the Rebellion
「連邦維持のための戦争」War to save the Union
「奴隷解放のための戦争」War for Emancipation, War to free the Slave, War to end Slavery

南部における呼称
「南部独立戦争」War of Southern Independence
「第2の独立戦争」The second war of Independence
「南部連合のための戦争」Confederate War
「(連邦)脱退のための戦争」War of Secession
「第2のアメリカ革命」The second American Revolution
「北部による侵略戦争」War of Northern Aggression
「憲法維持のための戦争」War to Preserve the Consititution

中立州における呼称
「諸州間の戦争」War between the States

南部連合においては、このうち憲法維持Preserve the Consititutionのための戦争という
意識が面白いですね

1781年の13の州のルーズな「連合規約」(アメリカ最初の憲法)から
1788年の合衆国憲法において、州が連邦に加入するにあたり
「下院議員選出条項」で「下院議員は・・・各州の人口に比例して選出される」
その数は「課税されないインディアンを除く自由人以外のすべての人数(=奴隷人口)の5分の3とす」
と、奴隷制度の存在自体を憲法にくみこんでいる。

これにプラスして「州権」というのも「連邦国家」のなかで憲法で保障されているから
「脱退も憲法のうち」いう論議がまかりとおり、南部連合における護憲闘争としての
南北戦争という、廃藩置県をして150年たったわたしども日本人には一見不可解な呼称もあるのでしょう


152 :名無し三等兵:02/04/27 23:17
奴隷問題は19世紀中庸では世界中の問題…
欧米各国の奴隷解放は1860年代に行われている。
かの狂王として知られるバイエルンのルートヴィヒ2世最大の成果は奴隷解放

153 :名無し三等兵:02/04/27 23:21
ロシアの皇帝(名前忘れた)が農奴を解放したのもこの頃ですよね。

154 :名無し三等兵:02/04/27 23:44
やっぱイギリスかフランスの介入かなぁ。
南部の綿花って主にイギリスへ輸出されてたんだろ?インドの綿花が
なんかの理由でイギリスへ入らないと言う状況があれば、イギリスが
介入する動機が出てくるかも。


155 :名無し三等兵:02/04/27 23:50
セポイの叛乱をどうにかして成功させて・・・いうパターン?
もう全世界的に歴史を改変しなければ

156 :名無し三等兵:02/04/28 00:00
もし、第2次世界大戦で枢軸軍が勝ったら
もし、南北戦争で南軍が勝ったら
もし、関が原の合戦で西軍が勝ったら
もし、ベトナム戦争でアメリカが勝ったら
もし、第一次世界大戦で枢軸軍が勝ったら
もし、日露戦争でロシアが勝ったら
もし、ワーテルローの戦いでナポレオン軍が勝ったら
もし、アメリカ独立戦争でイギリスが勝ったら
もし、湾岸戦争でイラクが勝ったら
もし、フォークランド紛争でアルゼンチンが勝ったら
もし、普仏戦争でフランスが勝ったら
もし、伊土戦争でトルコが勝ったら
もし、スペイン内乱でスペイン政府軍が勝ったら

157 :名無し三等兵:02/04/28 00:43
連休中にアニメだけど若草物語みるか・・・。

ニューコードだかゲティスバーグに隣接する架空の街をだしたのは、
街の炎上描きたかったからだな

158 :名無し三等兵:02/04/28 00:44
勝てない。
歴史が証明済み

159 :名無し三等兵:02/04/28 00:47
でも、それいったら、アメリカの歴史ゲーム業界が全滅だしね。
おれ、さっきシド・マイヤーのCivilwar コレクション発注しちゃった
ゲティスバーグとアンティータムのセット

160 :名無し三等兵:02/04/28 01:01
映画「Gettysburg」のLittle Round Topの戦闘今見てる。

うーん。20th Maineが懸命に戦線維持している姿は凄い・・・


161 :名無し三等兵:02/04/29 04:45
>>159
WinMX

162 :名無し三等兵:02/04/29 04:52
いや、サントラだけで十分だ>161
ゲームは金だして買うよ。10ドルかそこらだしね

163 :名無し三等兵:02/04/29 17:29
学研M文庫の南北戦争買った?

164 :名無し三等兵:02/04/29 19:08
>163
学校の教材だけに極めて客観的、淡々とこの戦争を記述。
地図が主役なのでわかりやすい。


165 :名無し三等兵:02/04/30 20:34
>>163
つい最近買いました。
サムエル・モリソンの「アメリカの歴史3」と一緒に・・・。

作戦図があって非常に分かりやすい書籍です>学研M文庫
これほど丁寧な作戦図が記載されてる南北戦争の書籍って
他にないんじゃないの?

他にあるなら誰か教えて下さいヽ(´ー`)ノ

166 :学研M文庫の南北戦争:02/04/30 21:23
太平洋を1隻のみで通商破壊戦しようとする北軍って馬鹿?

それを1隻で追跡する南軍はもっと馬鹿?

167 :名無し三等兵:02/04/30 21:30
>>166
それが無いと、下関砲台の戦いが起こらん…
ついでに新政府所有軍艦の1隻は南軍所属の軍艦CSS『ストンウォール』

168 :名無し三等兵:02/04/30 22:01
>>166
M文庫だと、装甲艦で追跡とありますね。当時の装甲艦って渡洋できるんかな?

169 :名無し三等兵:02/05/01 18:43
戦術級「Gettysburg」
ftp://209.240.137.95/GettysburgTrialV3_1.exe

170 :名無し三等兵:02/05/01 18:47
MACの人に朗報
http://www.macwargames.com/ACWS.htm

171 :名無し三等兵:02/05/02 01:23
装甲艦「モニター」
http://members.tripod.com/~LCoat/monitor.gif

172 :名無し三等兵:02/05/02 03:50
ゆずってください!
http://www.gamejournal.net/bknmbr/59/gj59.html

173 :名無し三等兵:02/05/02 03:59
南北戦争4大戦略級ゲーム比較論考
http://www.civil-war.nu/others/game.html

174 :名無し三等兵:02/05/02 04:07
夜中に好きな人がいるものだなあ。
やっぱ南北戦争ファンは多いな

175 :名無し三等兵:02/05/02 13:42
>173
>英の軍事史家J・F・C・フラー退役少将(WW1戦車戦術の権威でプラン1919の立案者
>)の著作にある、主力がテネシー州で機動防御的攻勢を実施する一方、牽制部隊が
>ヴァージニア州で作戦を行ない、これによってミシシッピィ・アラバマ・ジョージ
>ア州などの大補給州を保護し(具体的にはポトマック河からアパラチア山脈沿いに
>チャタヌーガ、メンフィス、リトルロックに至るラインを絶対国防圏とする)、ミ
>シシッピイ西岸のアーカンサス州やルイジアナ州への致命的諸渡河点を保持し続け
>、うまくゆけばケンタッキー州にも手を伸ばし得るという案を、最良策としたい。

ああ。このスレで西部持久戦唱えている人は、このあたりの話してるんだな



176 :名無し三等兵:02/05/02 17:50
河川に河川用砲艦?を大量に並べて防御ラインは構築できんものか?

177 :名無し三等兵:02/05/03 13:49
風と共に去りぬ

178 :名無し三等兵:02/05/03 13:55
70隻くらいからはじまった南部の港湾封鎖。戦争末期には600隻。

南部が河川と海上に於ける打撃力をもってれば、そりゃ勝てる(あるいは防衛できる)だろうけど
それって「開戦時、大和が6隻あれば」の世界だからなあ

179 :名無し三等兵:02/05/03 13:59
ガトリング砲って、いつごろ発明されたの?教えて下され。

180 :南軍速射砲の系譜:02/05/03 15:29
>179
マール社の「武器」いう事典見ると1862年だね。

pre-machine-gun(英語わからん。機関銃に先行する代物ね)いうのが南北戦争で
もちこまれて、最初は1862年5月 ヴァージニアのセブンパインズで南軍ウィリアム大尉が
指揮した口径1.75インチ(44mm)の1ポンド砲。
砲の右側にあるクランクで遊底を前後させて毎分65発の連続発射が可能。

ほかに南軍リボルバー式2インチ5連発砲とかシリンダー型弾装をもつ18連発1.25インチ砲とか
わりと南軍の方が、連続発射方式に興味が高い


181 :かたや北軍は:02/05/03 15:36
「エイガーのコーヒー牽き」いう口径.58(14.73mm)の手動機関銃を発明。
金属薬莢が発明される直前だから、あらかじめ弾薬、火薬、雷管をちいさな鉄筒につめて
装填しなければならない煩雑が残るけど、機能的にはりっぱなマシンガン。
リンカーン大統領も感心。連邦軍の正式兵器として買い上げを支持しています

182 :名無し三等兵:02/05/03 15:40
>180
>181

ありがとう。
機関銃って以外と古い時代から使われていたんだね。

183 :でもってガトリング砲:02/05/03 15:44
上記の先行機関銃は、銃というより砲で、重量の面から陸上での運用が困難で
わりと海軍の艦載兵器として注目を集めたようです。
当時の海戦様式がいぜん、艦同士の接舷、肉薄攻撃が最終局面でもちいられる
最後の時代だったので、この種の対人兵器は有効とみなされました。

でもってリチャード・ジョーダン・ガトリングの発明した6本の銃身をたばねた
毎分200発の発射速度を持つ銃、実用的な最初の手動機関銃ですが戦時中は
北部の陸軍軍人に、「きわもの」として冷たくあしらわれたようです。
「兵器買い上げ」どころか「公式テスト」もおこなわれませんでした。
(ある将校の独断で、10-20丁買いつけられたようですが・・・)

もっとも海軍は前述の理由で、1863年にトライアルをおこない、艦載兵器としての
有効性を認め少数の買い上げをおこなったようです

184 :名無し三等兵:02/05/03 15:47
>182
どもども。連休なので暇なんで(w
いま好きな本よみながら、ジョン・フォード「騎兵隊」ながめて
暇つぶししてます

185 :時代のアダ花か?:02/05/03 16:01
ガトリング砲はこうして南北戦争であまり活躍しなかったが、
戦後1867年パリ万博出品。
口径.50と1インチのガトリングガンはすでに金属薬莢使用に改良され
実用品として完成していた。

これに注目したのがナポレオン3世でフランス陸軍に類似品の開発を指示。
もっともフランス陸軍はいわれるまでもなく、
(1851年ベルギーのモンテグニーがこさえた連発砲をベースにした)
レフィー・ミトライユーズ砲(銃身数25本シャスポー銃用ライフル弾使用)
を開発してました。

ご存知の通り、その重量から、フランス陸軍は普仏戦争で同砲を歩兵ではなく
砲兵に配備し、プロシア軍の遠距離砲撃で制圧させられる愚をおかしてしまうのですが、
結局、ガトリングのたぐいの手動機関銃が活躍したのは、
長岡藩の河合継之介レベルの、世界史的にみれば、小規模な作戦だけなんれしょうねえ。

ボーア戦争あたりで活躍したいう噂はききますが、それは識者の教えを請います



186 :名無し三等兵:02/05/03 16:02
そういやぁ、ちょっと前に「奇跡体験アンビリーバボー」って番組でスペンサー銃に
まつわる怖い話をやってたな。かなり不気味だった。

スタジオのゲストが「銃に詳しくない人でも、スペンサー銃の名前は誰でも知ってい
る」と言ってたけど、俺はこの番組を見て初めて知ったよ。>スペンサー銃

187 :名無し三等兵:02/05/03 16:08
リンカーン大統領が買い上げを指示したいうライフルですねえ。

へえ、怖い話って何?
そっちが知りたい>奇跡体験アンビリーバボー

188 :名無し三等兵:02/05/03 16:21
>187
話のあらすじは・・・

スペンサー銃を開発し、それを世界中で売りさばいて大儲けした社長がいたんだけど
その社長が突然病死。
その息子が会社を引き継いだが、その息子の子供(赤ちゃん)も死亡。
さらに、会社を引き継いだ息子も死んでしまった。

会社を引き継いだ息子の妻だけが取り残されてしまった。
夫がスペンサー銃を売さばいて大儲けしていたので、妻には多額の遺産が残された。

妻は精神的に追い詰められ降霊術にのめりこみ、霊と交信するようになる。
そしてある日、霊のお告げで家を作るように言われる。
その後、霊に言われるままに家を増築していく。

実は、これはスペンサー銃によって死んだ人達の呪いだった、という話。

現在でもカリフォルニアにその家が残っているのだが、家の内部が異常な構造に
なっている。


189 :名無し三等兵:02/05/03 16:47
>>188
その話、自分は「ウィンチェスターハウス」と言う名で聞いていました。
もう20年くらい前、消防の頃に聞いた話だが、
いまだに思い出すと、ちょっと薄気味悪い。

190 :名無し三等兵:02/05/03 17:25
>188
そういえば、その家の写真、開高健の「オーパ」かなにかでみたことあるけど
もしかして、それかなあ・・・
無意味な行き止りの階段とか、あるんだよね。


191 :>ダックス・ピコ殿:02/05/03 17:29
いま南北戦争研究室
http://www.civil-war.nu/
の将帥列伝よんできたよ。面白かったので、宣伝しときます

192 :量産できなかったの?:02/05/03 17:45
CSSバージニア
http://www.picturetrail.com/gallery/view?p=999&gid=703715&username=eatcrow2

193 :名無し三等兵:02/05/03 18:00
南部連合は海軍を1隻も持たず、サムスター要塞砲撃でなしくずしに開戦しました。
ありものの河川用汽船に鉄甲をかぶせ、いわゆるアナコンダ封鎖線(北軍の海上封鎖線)
を突破しようという発想が、装甲艦のはじまりのようだけど・・・。

CSSヴァージニア(メリマック号ね)も元は北軍メリマックの残骸をひきあげて
鉄道レールをうちのばして装甲にしてはりつけたものだから・・・・。

南軍支配下のゴスポート海軍工廠にしても、エンジン自体はつくれなかったし、
マジレスすれば南部の資材・工作機械・技術不足はいかんともしがたかったですね

194 :名無し三等兵:02/05/03 18:07
ググルでCSS -NAVYで検索かけると
そこそこ出てくるね
CSS Alabama
CSS Hunley Submarine(←うえのレスででている、TV映画化された潜水艦ね)
CSS Sage
CSS Virginia(例のUSS Monitorと一騎打ちしたこれ)
CSS Governor Moore
CSS Patrick Henry
C.S.S. Manassas(←これなんか、知らんかったなあ)
http://www.civilwarhistory.com/navy/CSSNavy.htm

195 :名無し三等兵:02/05/03 18:13
ここに南軍装甲艦の一覧あるね
62年にノーフォーク軍港陥落にともない自沈した初代のあとをついで
ヴァージニア2世いうのもある。

基本的に南部海軍の目的は、北部海軍封鎖線を突破し通商保護するのが
目的だけど。きついなあ・・・
http://www.magweb.com/sample/scamp/ca90csn2.htm

196 :名無し三等兵:02/05/03 18:24
あんま直リンするとうざがられるからやめるけど、
そのヴァージニアに短期間のりこみ(警備)した、南部連合海兵隊Confederate States Marine Corps
の頁
ttp://members.aol.com/rebmarine/csmcbn.htm

最近、南部連合の制服の美しさにめざめて、そればかり見てます。
勃っちゃうよ

197 :名無し三等兵:02/05/03 19:32
すまん。これ最後。潜水艦CSSハンレー号の映画「The Hunley」の話題ぽつぽつでてるけど、
ハンプトン・ローズ海戦(メリマックVSモニター号)のビデオIronclads「装甲艦」もでてるね。
これ、もしかしたら余り知られてないので、あげとく

http://www.instantweb.com/p/pmoade/movie/movie.htm#iron

198 :91:02/05/03 19:42
>>100
今更だけど、ありがdヽ(´ー`)ノ

日本語化する方法はわかったが・・・
http://www68.dns.ne.jp/~bbs2/upload3/helen/OB0003328.jpg

俺には忍耐力がたりねーよ!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン

199 :名無し三等兵:02/05/03 19:52
The CSS Virginia (former Merrimac) vs. the USS Monitor
http://www.magweb.com/sample/scamp/ca90cs1b.jpg
「艦長!主砲が効きません!!!」
「この艦では勝てん・・・。」

200 :名無し三等兵:02/05/03 19:59
                       ☆
      ☆       @ノノハ@                  ☆
―☆――――――― //( ´_ゝ`)月に代わって200ゲットよっ!
         ☆   // ,<\__/>、
―――☆―――― // / 、(\/) y ヽ⌒ヽ、     ☆
``)          ノノ/ /\_ ,<\ノ人, へ、             ☆
 `)⌒`) ――☆― (/ ノ ノ ノ(_ノ ⌒─―i―,--―っ
   ;;;⌒`)     へ / <_ノー――ー---'-┴ー⌒
    ;;⌒`)⌒`)  し^         キラキラキラキラ〜〜〜〜ッ

201 :名無し三等兵:02/05/03 20:55
>199
ハンプトン・ローズ錨地は、ニューポートの北軍砲兵陣地よりが水深が3尋(5.5m)
こえて水路になってるんだよね。

セント・ローレンス座礁
ロアノーク座礁
ミネソタ座礁
コングレス爆沈
カンバーランド沈没

・・・すごい。メリマック=ニュータイプのガンダム説

202 :名無し三等兵:02/05/03 22:46
>>91
日本語化できるのですね!!!下のリンク先で翻訳してくれる人を
探してみたらどうでしょうか?私は無学なのでお手伝いできないの
が残念です。
http://www2.odn.ne.jp/midashinami/
http://game.2ch.net/test/read.cgi/cgame/1008782229/l30
http://game.2ch.net/test/read.cgi/game/1011643212/l50

203 :名無し三等兵:02/05/04 03:56
The CSS Virginia (former Merrimac) vs. the USS Monitor
むかし、模型雑誌(Model Graphic?)でナウシカの宮崎氏がカラーで漫画を書いていた。
捨てなきゃ良かった・・・。

204 :名無し三等兵:02/05/04 04:11
単行本化されていませんか?

宮崎駿の雑想ノート 大日本絵画 

スレチガイですが、泥まみれの虎もでるとかでないとかの噂がありますね。

205 :名無し三等兵:02/05/04 14:16
学研M文庫でさ。ゲティスバーグでピケット師団の攻撃のとき、北軍が策略を用いて
一時的に砲撃を中止し、それが前進のきっかけとなったと書いてあるけどどうなんだろ?

弾薬の補給と砲身の冷却じゃないの?

206 :名無し三等兵:02/05/04 15:33
http://www.thecomputershow.com/computershow/reviews/americancivilwar.htm

207 :名無し三等兵:02/05/04 18:39
>>206
1の無料バージョンは音楽が無いのですな。残念。

>>205
しびれをきらせて、塹壕ラインにむけて正面攻撃した方が負けというパターンが
多いですね。この戦争は・・・。

208 :乃木:02/05/05 16:11
>>207
マンパワーの少ない南軍は塹壕に突撃してはいかん!

209 :名無し三等兵:02/05/05 23:52
>205
これだけ重要な会戦、伝説はいくらでも作られるよね。

どの戦線も会敵するまでは実に面白いのに、いざ合戦となると
正面攻撃は必ず失敗、迂回も阻止される。テクノロジーが防御優位に
傾いていたということかな?

210 :名無し三等兵:02/05/06 13:37
>205
そうそう。あまりに劇的な会戦(本当は南軍の<目>となるスチュアート騎兵団と連絡がとれず、不期遭遇戦だけど)
で、神話が多すぎるんだよね。

リーがピケット師団に中央突破を命じたとき、ロングストリートは反対したんだけど、
その意志決定にハリソンいう南軍の有名なスパイ情報がかかわっていたらしい。
らしいが、よくわからない。

南北戦争研究室のぞいても、ハリソンは6/30にロングストリートに
「北軍司令官がミード将軍にかわった。ポトマック流域軍が北上中」
知らせた以上のことは書いてないんだよね・・・

211 :名無し三等兵:02/05/07 02:15
探偵を偵察に雇う所が時代を感じさせますね。

212 :名無し三等兵:02/05/07 08:01
M文庫によると、有名なピンカートン探偵社が北軍に情報提供していたが
南軍の戦力見積もりが常に過大で、北軍の行動を制約したとあるね。

213 :名無し三等兵:02/05/07 09:05
>>212
敵将のスキャンダルを探させたほうが政治的効果があってよかったね。
「衝撃! リー将軍は飲尿プレイがお好き」などの見出しで敵将を屠る
ことができたのだ。

214 :名無し三等兵:02/05/07 11:10
>>213
ばーか。

215 :名無し三等兵:02/05/07 11:11
敵兵力推定の基本は野営地で野糞用の穴を数えること。

216 :実話:02/05/07 15:47
敵国首都に潜入して新聞を読むのも吉よ

217 :フェザーン:02/05/07 16:53
南軍支配下の港に密輸していた輸送船についての資料はないでしょうか?


218 :それはレッド・バトラー:02/05/08 05:00
http://www.magweb.com/sample/scamp/ca90csn2.htm

Blockade Running(封鎖破り)いうこれですね。
北部でトン辺り6$50セントの塩がリッチモンドで1700$となれば、ベッド・ミドラー
ならずともぼろい商売ですね

219 :名無し三等兵:02/05/09 23:18
>>172
持ってますが・・・(・∀・)ニヤニヤ

220 :名無し三等兵:02/05/10 10:13
学研M文庫を読んで、コマンド・マガジン日本語版の
「ゲティスバーグ会戦」を読むと分かりやすくて、(・∀・)イイ!!

221 :名無し三等兵:02/05/10 11:29
南軍は戦線広げすぎ。全軍でワシントンを攻略すればよかったんだ!
作戦名:スキピオ


222 :名無し三等兵:02/05/10 13:53
手頃な資料が学研M文庫しかないのって寂しいよねぇ。
おれ、これとアトランタ五輪記念の歴史群像(南北戦争特集)くらいだけど
みなさん、どんな資料持ってるの?

223 :名無し三等兵:02/05/11 00:23
>>222
南北戦争(学研M文庫)
アメリカの歴史3(集英社文庫)サミエル・モリソン

最近買いました。

世界の戦争8 アメリカの戦争(講談社) 絶版

 アメリカ独立戦争から、近世の戦争までを網羅

戦場の歴史(河出書房新社)ジョン・マクドナルド

 ゲティスバーグの戦いの戦場解説あり

タクテクス13 特別企画 大戦略:南北戦争
タクテクス53 特集 アメリカの時代

タクテククスは、ヤフオクで落札(^_^;)

コマンド・マガジン日本語版29 特集 リー将軍最大の賭け ゲティスバーグ会戦
ゲームジャーナル59 特集 南北戦争


この位かなと逝ってみるテスト(^_^;)

224 :223:02/05/11 00:26
歴史群像は、最近は毎回買いますが、南北戦争が表紙の奴と、
石田光成が表紙の奴は買ってなかったな・・・。
今後悔してます(^_^;)

225 :名無し三等兵:02/05/11 04:03
ううむ。電撃ピカロだか読書戦サイトで推薦されてる奴、ほとんど網羅してますねえ
>223
羨ましい・・・。

「タクテクス」誌、ぼくもヤフーで集めて見るかな。
一冊200円くらいで、2昔前は古本屋で山のように売ってたのに買っとけば良かった・・・

226 :名無し三等兵:02/05/11 18:00
外出?
http://www.ameritech.net/users/maxdemon/ironclad.htm

227 :名無し三等兵:02/05/11 23:52
>226
うーん。まるでジュール・ベルヌの未来戦記ですね。
ヴィクスバーグ攻囲戦では、河にこの亀の怪物がところせましと並んでいたんだな・・・

228 :通りすがり:02/05/12 01:44
当時の歩兵の本音
「おいおい。早く撃たせろよ。あいつら(敵)もう弾ごめ終わってるよ」
「マジ!俺の真っ正面のヤツ、もう銃、構えてるジャン!ヤヴァイって」
「これじゃあ、同時に撃って相打ちジャン」
「小隊長のアフォのせいで・・・」
「あらっ!敵が突撃してきたぞ。おっ、射撃命令!撃っちゃえ!」(ズドン)
「おいおい。あいつら逃げねぇよ。マジで弾ごめ間に合わないって」
「くっそー!白兵戦だ!銃剣つけて突撃かよ!最悪!」
(あぼーん)


229 :名無し三等兵:02/05/12 01:53
怖いよな。会敵距離10mかそこらの林とかで、戦列こさえて込め矢(なんとか杖いうの)
で装薬と弾丸こめるの

230 :通りすがり:02/05/12 02:28
>>229
絶対怖いと思う。
「グローリー」とかで出てくる、1列横隊の銃撃戦。
普通は伏せるって。
ワーテルローかなんかでもあったね。
歩兵の密集陣が敵陣に肉薄して敵の大砲になぎ倒される場面
あれ絶対パニックになるよ
「おい!押すなって。大砲が目の前にあるんだよ!いてっ!誰だ!尻に銃剣刺したの」
「道あけろ!敵が弾込め終わったよ!発射されるぞおい!どけ!どけ!」
「だあぁぁ!火がついてる!もうだめだぁぁ!」
(あぼーん)

231 :名無し三等兵:02/05/12 02:42
>あれ絶対パニックになるよ

以外に持ちこたえた。
訓練の賜物なのか、昔の人が我慢強いのか・・・・

232 :通りすがり:02/05/12 02:55
>>231さん
詳細希望!って言い方も無茶だな。
南北戦争でそーいう事例の逸話希望です
昔の話になればなるほどその辺の話が薄くなる気がして

233 :231:02/05/12 03:02
>>232
第一次ブルランのジャクソン(ストンウォール)
の指揮した戦闘なんかどうでしょうか。
期待に添える思いますが?

234 :223:02/05/12 03:04
>>225
>電撃ピカロ

ん?「電撃ピカロ」って何ですか?
もしかして「電脳ピカロ」の事ですか?(ワラ

>一冊200円くらいで、2昔前は古本屋で山のように売ってたのに買っとけば良かった・・・

うらやましいです(^_^;)
私は田舎者なので、県内の古本屋を探しても見つかる事は無いと思います(^_^;)
実はヤフオクで、タクテクスの創刊号から最終号までが出品されてたのを運良くゲトしました。
めちゃくちゃ高かったです(^_^;)

235 :名無し三等兵:02/05/12 03:26
>電脳ピカロ
(笑)ううむ電撃ネットワークと一緒になってたようですね。
しかし、よく揃えましたねえ。モリソンのアメリカの歴史なんて
第1巻だけ偶然入手しましたが、第3巻が手に入らない(泣)
しかたなく「風と共に去りぬ」写真集入手して、我慢してます

>231
フリドリヒ大王以来の、「分列行進に従えない奴は殺すぞ。ゴラア」で
鉄の規律を保ったのでしょうね。
もっとも共和制アメリカの市民の軍隊が、やはり戦列を保ったのは驚異です。
いわゆる小隊付き軍曹の権威と、訓練の賜物なんでしょうね

236 :名無し三等兵:02/05/12 03:31
「ゲティスバーグ」いう映画で、ヨシュア・チェンバレン大佐(でしたっけ?)が
「何のために普段、兵隊に分列行進訓練をさせるか判るか?
戦闘のとき戦列を保ち逃げないためだ」
とか発言しますね。

「西部戦線異常なし」とかで主人公が”分列行進なんて無意味だ”と罵倒しまくり
兵営生活の愚の骨頂みたいに批難してましたが、チェンバレン大佐の台詞にも
一理在りますね

237 :231:02/05/12 03:38
>>235
>フリドリヒ大王以来の、「分列行進に従えない奴は殺すぞ。ゴラア」で
>鉄の規律を保ったのでしょうね。

まったくですね。

>もっとも共和制アメリカの市民の軍隊が、やはり戦列を保ったのは驚異です。
>いわゆる小隊付き軍曹の権威と、訓練の賜物なんでしょうね

ほんとに訓練とは恐ろしい(笑)
因みに独立戦争の時のアメリカ民兵は訓練がなされてなかったので、
英軍の突撃であっさり壊走していますね。


238 :231:02/05/12 03:45
>>236

じつはナポレオン戦争までが分列行進の限界でして、
南北戦争ではその意義は失われていたのでした。


第一次大戦ではむしろ被害を大きくするだけで効果がなく、
ドイツ軍は少人数による浸透戦術に、
連合軍は戦車による強行突破に、
戦術を変更したのでした。

239 :223:02/05/12 03:52
>>235
http://www.honya-town.co.jp/satellite/index.html

ここで、「アメリカの歴史」で検索して下さい。
サミュエルで見つかると思います。

電脳ピカロはどうすれば入手可能ですか?
某有名サークルにメールすればいいのでしょうか?

240 :名無し三等兵:02/05/12 03:53
ううむ。スコードリーダーのデザイナーズ・ノートを夢中で貪り読んだ
過去を思い出します。
アメリカ独立民兵〜南北戦争の散兵戦術〜WW1リガの浸透戦術が
あのマニュアルでは語られてましたが、仰る通りの趣旨でしたね。

チェンバレン大佐の台詞は3July1863のリトルラウンドトップにおける
北軍戦線の崩壊を防ぐときの絶叫ですが、
密集陣形の崩壊は、翌日の有名なピケット・チャージで研著ですね



241 :231:02/05/12 03:58
>>240
ををを!
実は俺も読んでました(笑)
みんな勉強しているんだなぁ・・・

242 :名無し三等兵:02/05/12 03:59
>239
サム・モリソン情報感謝です。さっそく、発注かけてみましょう

じつはシム・ゲームいうのは素人でして、例のシュミレーションゲーム共用掲示板を
おそるおそる覗いているものです
このあたりのページを上にのぼると、件のサイト関連情報、入手できるかもしれません。

http://www5.airnet.ne.jp/always/ysga/blitz/cvl-b&m_rv.htm

243 :名無し三等兵:02/05/12 04:04
いやいや>241
わたしも手元に唯一残った「タクテクス7号」スコードリーダーヒストリカルコメント
いう論文が大好きで大好きで(笑)
トイレにおいては長考時、よく眺めてます。

ゲームはもってません。
PCゲームのClose Combatに時代は推移してしまいました(涙)

おぺれーしょん・ふらっしゅ・ぽいんとぉ?
れいんぼう・しっくすう?
知らん知らん(笑)

244 :223:02/05/12 04:09
>>242
キタ━━━━━━(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚ )━━━━━━!!!

ここにありましたか(^_^;)
Y○G○非公認ページの公式和訳ホームページにあったとは・・・
これはまんまと騙されたな(^_^;)

有難うございましたm(__)m

245 :231:02/05/12 04:17
>>243
昔はよかった(涙)


246 :名無し三等兵:02/05/12 04:21
>244
いやいや(汗)
わたしもゲームはほとんどやらないのでY○G○いうのがどういう組織か知らぬのです。
しかしこのページにあるビデオや書籍はもう憧れの的で・・・

>245
まったくです。ある程度自由にお金がつかえる歳になると、欲しいものが消えてしまう。
人生ってなんでしょうか?
どうでもいいですか(笑)

247 :231:02/05/12 04:25
>>246
ですね・・
しかし、厨房や太郎、ドキュソがはびこるこの板で、
ボードSG出身者がいるとホッとしますね。
暴論が多いので(笑)


248 :名無し三等兵:02/05/12 04:27
>>223
くぉら、タクテクス13号があって12号が抜けとるとはなにごと!後編だけかい!
罰として一人でピケットチャージ。

漏れとしては邦語資料として同人誌「南北戦争の本」「南北戦争西部戦線」の両シリーズを付け加えて欲しいかと。
後者は西部戦線ばかり8冊も出てますが、アホみたいに細かいです。


249 :246:02/05/12 04:33
>247
時々、盛りあがるんですよね。ボードSGスレ関連(笑)
バナナ共和国とかSPIとかで。年代的にわたしも、あのあたりのスレにいると
ほっとします

>248
例の南北戦争研究室の方のお絵かき友人がからんだ同人誌でしょうかね?
ミズーリ河以西の誰も知らないようなマイナーな戦闘を網羅。
おおダンス・ウィズ・ウルブズのOP15分!!
欲しいなあ・・・

250 :223:02/05/12 04:35
>>246
>Y○G○

ボードゲーム界では知らぬ者のいない超有名サークルです。
ここの会長である山○氏は、この世界では超有名人です。
人柄も(・∀・)イイ!!そうです。あった事は無いですが・・・(^_^;)

>>248
>くぉら、タクテクス13号があって12号が抜けとるとはなにごと!

ぬけてました(^_^;)

>同人誌「南北戦争の本」「南北戦争西部戦線」の両シリーズを付け加えて欲しいかと。

それって、入手可能なんですか?

251 :231:02/05/12 04:37
>>249
お付き合いどうもです。
そろそろ寝ますm(_ _)m

252 :223:02/05/12 04:39
入手可能のようですね<同人誌「南北戦争の本」「南北戦争西部戦線」

253 :246:02/05/12 04:45
>251
おやすみなさいませ(^^)

どれ私もそろそろ寝ますか。

>252
南北戦争研究室の同人誌コーナーにありましたね。
魅惑のタイトルと内容っぽいですねえ




254 :223:02/05/12 04:46
>>251
>>253
おやすみなさい( ゚Д゚)ノ~~

255 :248:02/05/12 05:01
>>249-250
仰るとおり、「南北戦争の本」は南北戦争研究室の方が作っている同人誌です。在庫があれば通販してたかと。
「南北戦争西部戦線」は電脳ピカロでもちらっと書かれていましたが、関西の方が発行されています。
手元には八冊ありますけど、もしかしたらもっと出てるかもしれないです。一応、タイトル書きます。

「南北戦争西部戦線 ミズーリ州内戦Vol.1 カルタゴの戦い」「ミズーリ州内戦Vol.2 ウィルソンズ・クリークの戦い、ピアリッジの戦い」
「テネシー州の戦いVol.1 ヘンリー/ドネルソン要塞攻防戦」「テネシー州の戦いVol.2 シャイローの戦い前編」
「テネシー州の戦いVol.3 シャイローの戦い後編」
「ミシシッピ州の戦いVol.1 メンフィス海戦、バトン・ルージュの戦い」「ミシシッピ州の戦いVol.2 コリンスの戦い、デービス橋の戦い」
「ケンタッキー州の戦いVol.1」

漏れ、ここの発行者とは全然関係ないですけど、これ買うためにコミケ行ってます。
めんどくさいんですけど、同人誌は一期一会なんで買い逃すわけにはいきません(涙
VG「大戦略:南北戦争」でライアンという指揮官が「史実では戦死したが昇進したらどうなっていたか」
の架空ユニットで入っています。どんな人だったのかサパーリだったのですが、
上記の同人誌で初めて活躍が分かりました。それだけでも買った価値あった……


256 :248:02/05/12 05:10
なんかみんな寝ちまいやんの(泣
英語文献で漏れは「THE CIVIL WAR SOURCE BOOK」と「THE CIVIL WAR DICTIONARY」
を重宝してます。辞書形式なので拾い読みができ、英語力の低い漏れにはぴったりです。つーかこの二冊しか持ってません。


257 :223:02/05/12 05:31
実はまだ、|∀・) コソーリ起きてたりする( ̄ー ̄)

>>255
情報、ありがdヽ(´ー`)ノ

コミケか・・・
田舎者なんで逝った事無いな(^_^;)

実は私もVGの「大戦略:南北戦争」持ってたりする。
しかも3個も・・・(^_^;)

でもプレイした事が無い。
不精者なんで・・・(^_^;)

今度頑張ってソロプレイしてみるかな。

258 :名無し三等兵:02/05/12 13:49
前スレ「米国南北戦争を語る」

参加者のメンツがいい。いや、もう何も申されるな何も申されるな
http://yasai.2ch.net/army/kako/1002/10025/1002583401.html

259 :248:02/05/12 15:06
>>258
はっはっはー。当然漏れも書き込んでましたとも。ええ。

260 :名無し三等兵:02/05/13 13:01
>>258
確かスレを作った人が出張で一週間ほど家を空けていてカキコ出来なかった間に
夏房のクソスレラッシュを受けて沈んだんだそうだ…
作った人は友人で、本人曰く『夏房許すまじ』だそうだ…
このスレは何とか継続したいとたまに書き込んでるよ…その本人

261 :名無し三等兵:02/05/13 13:42
うむ。前スレ管理人復活のために、みんなで伝説の「ひとりピケット・チャージ」をやろう。

【ひとりピケットチャージ】
(1)歩き出すとき必ず「Varginian! Varginian!」と周囲に語りかけ
「for sweetheart,for your children for your land,forward・・・march!
(恋人のタメに、子供のタメに、前へ・・・進め!)」
と常に悲壮な覚悟で行進する。
(2)上野駅広小路口あたりの横断歩道をわたるとき、土浦辺りから買い物にきた
お婆さんがでかい荷物を抱えて座り込んでいると思います。
そのときお婆さんの肩に手をかけ、
「come on boy,will you think about yourself tomorrow(うえおぼえ)
(さあ来るんだ、倅よ。お前自身の明日を考えるんだ) 」
「Varginian! Who will come with me?
(誰か俺と一緒に来る奴はいないのか?)」
と傘の先に帽子をさして、声たからかに駆け出す。

なおその際にセミナリーリッジの石壁にみたててガードレールを乗り越えてください


262 :名無し三等兵:02/05/13 13:47
(3)なお同行の友人にPickett将軍になってもらって、その際、
「That's Lo style! That's style!!
(あれがLo Armistead准将スタイルって奴だ。あれが奴って男のやり方だ!)」

と、周囲の人が
(・・・この人なにか悪い薬でもやってるんじゃないだろうか?)
と思うくらい興奮の極みで帽子を振りまわし歓喜してください

263 :駄レス失礼:02/05/13 13:57
いや、まあ冗談はともかく、来られているなら結構(そんな気がしていたのです(^^))
チカモーガとか気になるシム・ゲームのタイトルも仄聞するし、南北戦争もの
盛りあがるといいですね・・・。

仕事中なので失礼


264 :名無し三等兵:02/05/13 14:16
>>261
それで、上野動物園ゲート前まで辿り着き…
入場しようと思ったら左側から突如グラントの攻勢を受けて…
グラント将軍記念碑の前で力尽きるのかな?

265 :名無し三等兵:02/05/14 02:19
屋外露出よりヤバイね。

266 :どうやったら南軍は勝てるかじゃなく・・・:02/05/14 06:39
誰か実際に、シミュレーション・ゲームやって南軍勝利に至った人いる?

そのタイトルと過程を知りたいぞ・・・

267 :オイゲン:02/05/14 09:52
マジノ線(みたいなやつ)の構築&北部より先に奴隷解放宣言

268 :オイゲン:02/05/14 09:54
このソフトを日本語化して欲しい!!
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/software/981471235/l50

269 :名無し三等兵:02/05/14 10:38
>>267
実は南部の方が奴隷解放先にやってます…
南部連合は1864年12月
合衆国政府は1865年1月


270 :名無し三等兵:02/05/14 11:04
本当ですが?南はてっきり奴隷制度維持派だと思っていました。
風と共に去りぬのように豪邸のお嬢様が、黒人奴隷を従えてダンスパーティで
遊び狂う、まあ革命前のフランスのような国を想像してましたよ。

271 :名無し三等兵:02/05/14 11:22
>>268
オイゲンは黙っていろ!

272 :名無し三等兵:02/05/14 11:23
>>270
奴隷制度に関して、連邦政府から命令される筋合いはないというのが南部諸州
の言い分です。また、貿易は自由であるべきとも主張。
北部の事情、南部の事情を考えれば争点が見えます。
北部の事情…工業化を進めたいが安い労働力がなく、品質も悪い
南部の事情…小規模農場は奴隷制度に代わる労働力を確保しないと立ち行かない
また、綿はどの国にでも輸出せねばならない

北部の狙い…黒人を工業労働者として使いたい。また、ヨーロッパの工業製品流入を
防がねばならない
南部の狙い…綿の輸出でヨーロッパとの関係を強化したい。

ヨーロッパ事情…
英国…綿はインドから安く買えるからいらない
フランス…メキシコ問題で手一杯
イタリア…内戦中
オーストリア・プロイセン・バイエルン…ドイツ統一問題で揺れてます
ロシア…国内の農奴問題で手一杯

273 :名無し三等兵:02/05/14 11:49
初見参で口出しして悪いけど、集約すれば連邦政府の課税に尽きるんではないか?
南北対立の原因というのは? 黒人奴隷問題が、ただの選挙スローガンだったことは、アメリカ人でも気が付いている。


274 :名無し三等兵:02/05/14 13:13
誰かオスプレイのキャンペーンシリーズって買った人いる?
amazon.comで中古が9$くらいからあるから、発注しちゃったけど・・・
「ゲティスバーグ」「チカモーガ」「シャイロー」・・・

何故か一番欲しい「アンティータム」がない(泣)

275 :名無し三等兵:02/05/14 14:03
>>274
ゲティスバーグとアンティータム持ってるYO
当時の部隊編成と指揮官が全部載ってるからGOOD
映画だとパットン大佐はアーミステッドの配下に見えるのだが、実際は
ケンパー旅団第7ヴァージニア連隊所属

276 :角川春樹が戦国自衛隊に・・・:02/05/14 14:07
なんと!当たり前だがアンティータム、やはりあるのですね。
西山書店とかやはりあのあたりでしょうか?

パットン大佐いうと、詳しくないのですがCAST表みると
Colonel Patton /Ted Turner
となってます。

これはもしかして映画の出資者本人・・・!?

277 :名無し三等兵:02/05/14 19:00
>>276
>Ted Turner
出資者本人だよ…登場はわずか2カット
>アンティータム
購入場所ですが渋谷の旧アルバンでした。西山洋書逝けばあるんじゃないかなあ…

278 :名無し三等兵:02/05/16 17:18
そうか真の対立原因は、課税問題で奴隷ではなかったんだね。
日本人でも誰か奴隷に売り飛ばされた奴いたよね。後の有名な外交官で。
オチビで天才の陸奥宗光だっけ。
背の高い金髪熟女ご主人様におしおきでお尻ペンペンされたとか・・・

279 :名無し三等兵:02/05/16 17:20
高橋是清だよほ

280 :三インチ野砲:02/05/17 01:57
>>71
 映画「203高地」の冒頭で「アメリカは南北戦争の時、ロシアの世話になっているからな」というせりふがあったが、どういう意味かわからなかった。

 超亀スレだが、ロシアはクリミア戦争の恨みで、親南部的な英仏に対抗して、艦隊を派遣したという話をきいたことがある。
 ま、まだアラスカが露領だからそこを静かにして貰えるだけありがたかったのでしょう。

281 :名無し三等兵:02/05/17 02:39
とはいえ、南部では奴隷から解放されても、
新しい「自由労働者」になるための職なんかないわけで
そのまま、従来の大農場での下働きを続けないといかんわけでしょう>黒人

南部の経済を、中南米型の大農場中心から、工業中心に進化させるには
北部の工業社会が起爆剤として必要なわけで
ほっとけば南部はメキシコみたいな状態のまま、後進国として20世紀を迎えたおそれも
解放された黒人も、中南米のぺオン並みの地位に甘んじなきゃいかんことになったんじゃないかな

282 :名無し三等兵:02/05/17 15:14
>>278
「我は我なり!」と言って国際連盟から退場した松岡洋介も
若い頃裸一貫で渡米して最初奴隷のような扱い受けてたらしいよ。


283 :名無し三等兵:02/05/17 18:22
>>281
戦争せずに南部が自主的に奴隷解放していれば、農場で働く事が出来ました。
なまじ戦争によって北部の命令で強制的に解放したために、元黒人奴隷はほと
んどの仕事を無くし、南部を去った者はニューヨーク、ボストン、ロサンゼル
スでスラムを形成し、残った者はジャズに耳を傾けながらKKKの恐怖に慄き、
差別を受けながらその日暮らししなければならなかったのです。これが解消さ
れ始めたのが何とクリントン政権に入ってからという有様です。

284 :名無し三等兵:02/05/18 05:21
たいへんだね。アメリカも

285 :名無し三等兵:02/05/19 07:41
黒人、朝鮮人は日本から去れ

286 :名無し三等兵:02/05/19 07:46
かなり不正確な部分もあるかもしれないけどひとつ。奴隷を使ってる立場で、なおかつ「奴隷」と認識しているケースは少ないよ。
アメリカ南部農場主の場合も、ある種の労働契約と認識していた。拘束期限は無期限じゃないし、無給だとも思ってはいない。
ハワイに出かけた日本人、沖縄人、中国人、これを奴隷と言い張る人はいないでしょう。
その意味で、リンカーンによる感情に訴える圧力がなければ、アメリカのアフロ市民が今のような待遇を手に入れるのが遅れていたのは明白でしょう。

287 :名無し三等兵:02/05/19 11:57
>>286
日本人が渡米したのは1870年以降なのだが…憲法13条修正以降です。
黒人に現在の権利や生活保障を与えたのはHCフーバー、Rニクソン、Bク
リントンの3人です。

288 :名無し三等兵:02/05/19 13:13
奴隷の立場が思ったほど悪くなかったのはわかったけど、それなのに穏健的に
段階的な奴隷解放を取れなかったのは何故?

289 :名無し三等兵:02/05/19 13:49
南北戦争の北軍の軍装で、赤いピエロみたいな格好をした兵隊について教えてください。
たしかズッカバルだかズーカーだかいったと思う

290 :名無し三等兵:02/05/19 16:55
>>288
リンカーンが選挙と戦争を勝利するてめに黒人をダシにしたからです。
本来の争点は自由貿易か管理貿易かだったのですが…

>>289
ズアーヴです。クリミア戦争でフランスのズアーヴ人部隊が大活躍しまして
それにあやかって北アフリカ式戦闘服が流行ったのです。かの名画『ベン・
ハー』の原作者もインディアナのズアーヴ部隊を編成してます。

291 :名無し三等兵:02/05/19 17:11
>>290
南側も妥協点を探れなかったの?学研のを読むとデービスが脳天気だった
せいみたいだけど。

292 :名無し三等兵:02/05/19 17:58
>>291
公約を全面撤回すれば妥協点が見出せます。国民の50%以上はリンカーンの政策
には反対だったんですから…得票数ではリンカーンは負けです。米国の悪名高き間
接投票制度の結果でリンカーンが大統領。

奴隷解放はどちらかと言うと外交上有利に進めるため戦時中に発表したものなので
妥協云々の話しはしようがないのですが…最大の焦点である管理貿易の問題は、南
部はジリ貧になる政策です。一方北部としては産まれたばかりの重工業産業を維持
するためには高品質&低価格の欧州生産品を輸入させない事です。自由貿易になっ
たら重工業は壊滅する宿命です。共和党のパトロンは彼らですから(現代でもね…)
出資者に逆らえる大統領はいないです。

考えて見れば、米国の鉄鋼産業は現在でも時代遅れの粗鋼を未だ作っていて、日本
や欧州の高級鉄鋼(自国では作れない…)が多数輸入されると『ダンピングだー』
と喚いたり挙句の果てに『セーフガード発動』です。悪く言ったら南北戦争の時、
世界経済に揉まれていればあんな腐った重工業にならなかったのでは?と思います。
何せ戦争でしか使ってもらえない重工業ですからねえ…w

293 :166:02/05/20 00:40
ましかし、アメリカの重工業にも、生産量のフレキシビリティという凄い取り柄があるではないか。
ちびちび玉鋼こしらえている道の世界も良いのだが、工業は量だよ。

294 :名無し三等兵:02/05/20 01:04
イギリスに国として認められたら南軍は独立を達成できたと言うのは
ホント?
もう少しでそうなる所だったらしいけど。
ちなみに北部が奴隷の開放を主張したのは、工場の労働力として黒人が
欲しかったからだとか何とか。

295 :名無し三等兵:02/05/20 01:05
南北戦争の時の フェデラル・アーミーは南であってるかな?
フェデラル側に英国の軍事顧問は入ってるんだが。
北はユニオン?

296 :名無し三等兵:02/05/20 01:18
>>295
フェデラルは北です。南はコンフェデレート…
英国の観戦武官フリーマントル近衛大佐がリーに同行してます。


297 :名無し三等兵:02/05/20 12:59
南北戦争時の太平洋て何の戦略的価値も無かったん?

298 :名無し三等兵:02/05/20 13:49
289>290
なるほど〜。ズアーブいうんですね。オスプレイなど眺めると、
制服不足でフランスから制服を緊急輸入したみたいなニュアンスでしたが、
もとはフランスの外国人部隊なんですね。

そういえば南軍でもズアーブ風制服見かけたな・・・
ドイツ統一以前のドイツ諸邦の傭兵とかもいたんだろな

299 :名無し三等兵:02/05/20 13:55
>296
フリーマントルはピケット・チャージに参加したって本当ですかね?

300 :名無し三等兵:02/05/20 14:04
>297
カリフォルニアはじめ沿岸都市はまだ寒村でしたし、パナマ運河もなかったから
南部の対欧貿易にはとくに関係ありませんでしたね。

ヴァンダービルトが鉄道網をこさえていたけど・・・。
あとは対中南米貿易の海運網ぐらいだけど、戦争の趨勢に関係あるかどうか?

301 :名無し三等兵:02/05/20 16:04
>>299
見てました…その結果、南部は負けると思われるから支援の価値なしと判断した。

302 :297:02/05/20 18:07
ということは南部が独立できていたらアメリカのアジア進出はもっと遅れた?

303 :名無し三等兵:02/05/20 19:39
南部が独立していたら、いま北米大陸にはカナダとメキシコと、あと2個ブラジル程度の国があって、アラスカはロシア領だろう。

304 :名無し三等兵:02/05/20 20:13
>>298
ちゃうちゃう…
傭兵じゃなくてファッションが流行っただけ…
南北戦争は民兵が組織化されて州兵になり、正規軍に同行して戦った戦争なのです。
よって南部は全般を通して、北部は61年12月迄部隊によって服装がマチマチだった
のです。その中にズアーヴスタイルを採用した連中がいたのです。ズアーヴはファッシ
ョンの変更がなかったため終戦までヘンテコファッションでした。通常部隊は青い作業
着に水色のパンツが義務付けられました。(マナサスの戦いで、北軍は敵を味方と誤認
したため惨敗した。これの教訓として敵が持ち合わせていない新型トラウザウスを採用)
南軍はズアーヴが少数編成されましたが、それ以上に正規部隊の服装が整わない(末期
はバターナッツの上着に北軍の鹵獲パンツ、裸足だからなあ…銃はアンティークだし)
状態でした。

305 :名無し三等兵:02/05/21 00:20
なんか、貿易関係の経済問題もあくまで一要素で、北部の中央集権派と
南部の分権派の争いに見えるんだが。で、北部は奴隷問題を巧みに利用したと。

306 :名無し三等兵:02/05/21 00:23
>>305
北部のユダヤ資本主義VS南部のアイルランド能天気主義
の対立じゃないか?
アイルランド系の英雄ディズニーもユダヤ系に乗っ取られた…

307 :名無し三等兵:02/05/21 02:35
リンカーンって黒人の血が入っていたらしいね。
だから、完全な白人優越の南部に憎悪を燃やしていたらしい。


308 :名無し三等兵:02/05/21 05:20
>304氏
なるほど〜。詳細な情報感謝です

いや、わたしは復古王政期のアルジェ派遣(1830?)あたりでフランス軍にくっついた
ズアーブいう部族の服かと思ったもので。
いずれにせよ、間違いですが(w

それと10000着緊急輸入したのはシャスール服でしたね。これまた訂正しときます

309 :名無し三等兵:02/05/21 10:14
>>307
お〜い、リンカーンは奴隷制度維持派だぞ…
選挙公約としては奴隷制度廃止を主張したけど…

310 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

311 :名無し三等兵:02/05/21 10:46
>>308
フランス軍のはズアーヴ人部隊です。南北戦争のは違います。

312 :名無し三等兵:02/05/21 19:39
奴隷の総動員

313 :名無し三等兵:02/05/21 19:46
sid meierのCivilwar Collection(Gettysburg&Antietam)
廉価版明日発売だ。

古いゲームだけど、いい

314 :名無し三等兵:02/05/21 20:50
結論は、
矢張り南部に求められるのは何と言ってもミニエー銃の大量配備だろ。

315 :名無し三等兵:02/05/21 23:40
>313
Talonsoftのみたいにマニアックでないがその分だれでも楽しめるね

316 :名無し三等兵:02/05/22 02:41
Talonsoftのbattlegroundシリーズどうですかね?

ナポレオン関係は持ってるのですが、なかなかいい(waterloo,Napoleon in Russia,
Prelude to Waterlooの抱き合わせセット)

戦略級ゲームて興味もてなくて、どうしても作戦級(会戦級)、戦術級ばかり
買ってしまうが、PCものだと南北戦争、かぎられてくるなあ・・・

317 :名無し三等兵:02/05/22 05:06
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b23323998

南北戦争での仮想戦ピッツバーグ攻防戦を扱う"Hoorah"のセットです。 

318 :名無し三等兵:02/05/22 06:17
ttp://forums.talonsoft.com/WebX?14@4.4xGMaI2Ld33^6@.ee70bdc/0

久しぶりにタロンソフトのぞいて南北戦争モノのフォーラムみたけど、
なんかいいなあ。
「ACW(アドバンスド・シヴィル・ウォーシリーズの略)の散兵展開するときの
長所と短所教えてたもれ」
いう質問にthe benefits of Napoleonic skirmish companiesの散兵と
ACWの散兵はシステムが違う!
とか言っている(らしい。英語よくわからん)

な〜んかいいんだわ

319 :名無し三等兵:02/05/23 20:49
南部は北部の要人暗殺という手段をとればよかったんだYo!

320 :ブース:02/05/23 20:54
>>319
降伏後にならやりました…w

321 :名無し三等兵:02/05/24 04:52
南軍がマジノ戦つくるって発想はわかるけど、北部の無限の人的資源工業力を
考えると、早期の決戦(アンティータム、ゲティスバーグ)に勝利して
相手の継戦意志をくじく。(世論でリンカーン辞職あるいは選挙で負ける)

・・・しかないかなと妄想するテスト。

きっと戦時中の日本と同じで「なに?ルーズベルトが死んだ? やった!停戦だ!」
と同じ虚しい夢なんだろな

322 :321:02/05/24 05:02
すまん。おれは決戦太郎だな(w
毎度代わり映えのしない発想じゃ困る

323 :名無し三等兵:02/05/24 10:57
女スナイパーの大量養成じゃ〜

324 :名無し三等兵:02/05/24 13:08
マイラ・ベル・シャーリー萌え。
カントレル(南軍ゲリラ)で山岳地帯にたてこもり長征じゃ

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)