5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「パンジシールの獅子」マスード5

1 :533:02/04/20 20:16
稀代の名将アハマド・シャー・マスード。
数々の大敵を、その智謀により撃退し「パンジシールの獅子」の異名をとる。

その軍事的才能だけでなく、人柄の良さからも彼は多くの人々に敬愛された。
アフガニスタン人による自由で平和な祖国の建設、それが彼の願いであった。

しかし、去る9月9日、ジャーナリストを装った自爆テロにより彼は倒れる。
アメリカ同時テロ事件の二日前のことであった。

だが、彼の志は彼の地の人々に受け継がれ、決して途絶えることはないだろう。
彼の死から2か月、アフガニスタンでは彼の志を継ぐ者たちが新政権を樹立した。
暫定政権発足式場に掲げられた巨大なマスードの肖像は、祖国を見守っている
かのようだった。
私たちもマスードを思い起こしつつ、今後の動きを見守っていきたい。

前スレッド
「パンジシールの獅子」マスード逝く
http://yasai.2ch.net/army/kako/1000/10006/1000610366.html
「パンジシールの獅子」マスード2
http://yasai.2ch.net/army/kako/1003/10035/1003532929.html
「パンジシールの獅子」マスード3
http://yasai.2ch.net/army/kako/1005/10059/1005998823.html
「パンジシールの獅子」マスード4
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1012600684/

2 :533:02/04/20 20:17
マスードの写真(ラファエレ・チリエロ氏撮影)
http://www.ciriello.com/site/pw/46massud.html
マスードの写真(アフガ・コム)
http://www.afgha.com/modules.php?op=modload&name=Gallery&file=index&do=showgall&gid=29
Shaheed Masood(マスード記念サイト)
http://www.baharazadi.com/shaheed_massoud/index.htm
アジアウェーブ・アフガン特集・マスードの戦い
http://www.asiawave.co.jp/NAGAKURA1.htm
長年マスードを追った長倉洋海氏のHP
http://www.h-nagakura.net/
パンジシールの獅子(マスードの生涯とリンク集)
http://www4.plala.or.jp/kaseiken/tearoom/massoud.html
パンジシールの獅子(マスード夫人インタビュー等)
http://cleofide.hoops.ne.jp/index.html

3 :533:02/04/20 20:18
アフガニスタンの地図
http://www.lib.utexas.edu/maps/afghanistan.html
アフガンについての簡単な解説
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh1818/edit/asia/afghan.htm

アフガニスタンが熱い!!
http://www4.justnet.ne.jp/~k-nsh/pa5.htm
ソ連介入後のアフガニスタン内戦
http://www.mine.ne.jp/a-rans/afghan/index.html
アフガン情報  アフガン関係の記事多数
http://village.infoweb.ne.jp/~fwkc3828/

アフガ・コム
http://www.afgha.com/
アフガニスタン オンライン
http://www.afghan-web.com/
アフガンネットワーク
http://www.afghan-network.net/
アフガナ・コム(アフガニスタン関係リンク集)
http://www.afghana.com/index.html
アフガンラジオHP
http://www.afghanradio.com/

4 :海の人:02/04/20 20:30
 スレ立ておつでした:-)

5 :情報操作には惑わされないぞ:02/04/20 21:01
阿修羅
http://www.asyura.com/
アフガン情報−−タリバン崩壊の闇(週刊ポスト)
http://www.asyura.com/sora/war4/msg/856.html
米軍のミサイルがカブールのアル・ジャズィーラ支局を破壊していた
http://asyura.com/sora/war4/msg/726.html
ペシャワール会
http://www1m.mesh.ne.jp/~peshawar/
アラブニュース
http://www.arabnews.com/

6 :533:02/04/21 06:52
ラバニがザヒル・シャーと会談(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1926000/1926936.stm
ラバニがザヒル・シャーの家を訪問して会見したそうですが、詳しいこと
は書いてありません。

#近所なんだから挨拶ぐらいはしないと(w

7 :533:02/04/21 06:53
アフガン元国王が日本の援助に感謝 松浪政務官と会談
http://www.asahi.com/international/update/0420/015.html
 アフガニスタン訪問中の松浪健四郎・外務政務官は20日、ザヒル・
シャー元国王と会談した。同政務官によると、元国王は、日本が教育関
連の援助を熱心に行っていることに感謝するとともに、「アジアの大国と
して日本を尊敬する」「日本は常にアフガンと友好関係にあった」などと
述べた。

 松浪政務官は次いでカルザイ暫定行政機構議長(暫定首相)とも会談。
同議長は、元国王の出迎えに日本政府が同政務官を派遣したことを高
く評価し、また日本の教育分野での援助に感謝した。
(01:16)


#松浪健四郎が若い頃(75年から3年間)カブール大学で教えていたの
は有名ですが、元国王の出迎えに行っていたのか。

8 :海の人:02/04/21 07:46
>7
 松浪くんも、海の人的には例の「国会水撒き事件」で評価低いので
こういう活動で評価を快復してほしいですね〜(おまえの評価なんぞ
知ったことかと言われそうですが(笑))
 外務省の手順的に政務次官を送るというのは、その上は大臣しか
ないわけだし、少なからず関心を持っていて、今後も手厚くやって
いきます、ということなんでしょか?
 あるいはつぶれるのは政務次官の顔だけだから、まぁ適当にお茶を
濁していけばいいや、ということなんでしょうか、う〜む役人の世界は
よくわからん。

>6
 なんか最近、どんどんラバニに対して疑惑のまなざしが(笑)
 それはともかく、こういう老獪な古狸が国王を「国の象徴」として
かついで、どうやっていくのかなぁ。


9 :名無し三等兵:02/04/21 07:57
だが松浪くんと言えばかつてヘクマティアル氏をめちゃくちゃ持ち上げた自著を発行したことでも有名……

10 :海の人:02/04/21 08:14
>9
 うわ、そうなんですか、再び海の人の松浪評価はマイナス30点(笑)


11 :533:02/04/21 08:54
>>9
そ、それは知りませんでした(^^;)。

朝7時のNHKニュースでも松浪政務官の元国王訪問が報道されて、邸
内のようすも映し出されていました。広間での会見のようでした。松浪政
務官いわく、元国王は2年前に会ったときに比べて表情が豊かになった。
やはり元国王自身が変化したのだろう云々。

12 :533:02/04/21 09:34
シベルガンのタリバン捕虜
http://www.afgha.com/article.php?sid=13958&mode=thread&order=0
北部シベルガン(ジョウズジャン州都)の刑務所には、本来の収容力800
人のところに2772人のタリバン捕虜が詰め込まれ、栄養状態が悪い捕
虜も多いと、赤十字国際委員会が調査して発表。
一つの理由は財政難から捕虜の処遇はあとまわしになっているという
面があるようです。
シベルガンはドスタムの故郷の近くですが、ドスタムは「最近、政府から
地方公務員の給与として4万ドルしかもらっていないと訴えた。にもかか
わらず、彼はなかなか捕虜を解放したり、他の場所へ移送しようとしない。
アフガン暫定政権の指導者ハミド・カルザイからそうするように言われて
いるのだが」云々。

ドスタムは捕虜を抱え込んで何かの取引材料にでも使うつもりなのか。
そういう変なことをする時期は過ぎたと思いますが(^^;)。

13 :533:02/04/21 09:35
ケシ撲滅(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1940000/1940916.stm
暫定政権は94トンのアヘン(ヘロインの末端価格で6億ドル相当)を破
壊したと発表。当初農民の抵抗がありましたが、平和的に進行中との
ことです。
ヨーロッパに対しては、今後クミンやサフランの輸出や、農村の金融を
整えるための援助などを交渉中。
これまで麻薬業者が農民に500%もの利子で金を貸していたのですが、
これは裁判所で「イスラムに反する」ということになったそうです。
撲滅作戦はケシの花が最初に咲く南部から始まり、今後東部、北部へ
移動する予定。

14 :           :02/04/21 10:37
ちょっと危ない判決だな。
銀行システムを麻薬業者が引き合いに出してきたら、
どうする気なんだ?

15 :名無し三等兵:02/04/21 14:55
533さん お疲れ様です

松浪政務次官は、矢張りこの様な時の為に任用されたのであろうか?
一応、アフガン対策シフトしていたんですね>小泉内閣

16 :533:02/04/21 17:12
>>15
今年1月の人事だからそうですね<アフガン対策シフト

松浪氏はカルザイ議長が日本に来たとき、ダリ語で「命は一つしかない」
と呼びかけ、議長は真顔でうなずいたという話を新聞で読みましたが、
現地語ができるのを生かして、出張中にいろいろ各層の声を聞いてきて
政策に生かしてほしいものです。

17 :名無し三等兵:02/04/21 21:03
>松浪氏
カブール大時代の教え子がヘクマのヒズビ・イスラミに入っていて、その繋がりで松浪氏自身
もヒズビのメンバーに登録していたとか著書に書いてあった様な。
まぁ国王とも面識があるし、アフガンをよく知る数少ない政治家である事に変わりないですけどね。
今回の国王との会談は、実に適材適所ですな。

18 :533:02/04/21 21:49
イスラム主義者の無視は危険と元大統領語る(ロイター)
http://www.afgha.com/article.php?sid=13970&mode=thread&order=0
ロイター
2002年4月20日(土)
サイモン・デナイアー

カブール――もしアフガニスタンを政治的に再建する過程でイスラム政
党がのけ者にされる状況が続けば、アフガニスタンは再び危機に陥るだ
ろうと元大統領ブルハヌディン・ラバニは述べた。

モハマド・ザヒル・シャー元国王が29年の亡命を終えて帰国してから1日
たった金曜遅くにラバニの警告はなされた。国王の帰国はアフガニスタ
ンのとらえがたい国民統合を求める上での大きな一歩となろうと予告す
る人々もいる。

しかしラバニは1992年から1996年にかけて統治し、惨憺たる結果になっ
た人物だが、木曜に元国王がカブール国際空港に帰還したのを迎えに
行かず、ザヒル・シャーは国のすべての政治勢力と協調して働く場合に
のみ重要な役割を果たせるだろうと述べていた。

「ムジャヒディンをのけ者にしようとする努力が行われている」と白ひげの
元神学教授はカブールの自宅でのインタビューでロイター通信に語った。

19 :533:02/04/21 21:50
「民衆は戦争を欲しないが、ムジャヒディンも戦争を欲しない。しかし人々
とムジャヒディンの政権内での協力関係がなければ、アフガン民衆の大
部分をムジャヒディンが占めているのだから、それは不信と新たな危機を
招くことになろう」

アフガン人でこれに同意しない人は数多いだろう。

ソ連のアフガニスタン占領軍にぶざまな撤退を強いてから3年後の1992
年にムジャヒディンつまり聖戦士が政権を取った当初、彼らは英雄だった。

この国の混沌とした歴史の中でもおそらく最もアナーキーな時代にラバ
ニは大統領を務めたが、その期間に競合する軍閥たちの戦闘でカブー
ルの大部分は瓦礫と化し、イスラム強硬派タリバンの出現に道を開いた。

しかしアフガニスタンは信心深いムスリムの国であり、去年アメリカに支
援された北部同盟によってタリバンが駆逐されて以来、振り子が反対に
振れ過ぎて宗教政党がアフガニスタンの再建から締め出されたり、不当
に低い代表権しか持てないことになるのをひそかに心配している人々も
いる。

20 :533:02/04/21 21:51
かげり

ラバニは名目的には北部同盟の政治代表だったし、タリバン時代を通じ
てアフガニスタンの国連議席も保持してきた。

しかし彼は自分の政治的将来が劇的に色あせるのを今年になって目の
当たりにすることになった。確固たる王党派のハミド・カルザイのような、
西側に支援された新指導者の勃興の陰になったのである。

ラバニは自分はアフガニスタン全体で人気があると主張するが、専門家
は彼には大きなトラブルを起こせるほどの政治的・軍事的腕力がないし、
大統領だったときも大ざっぱにいえば飾りだったと述べている。

しかし国の周辺地帯では、イスラム主義の軍事指導者たちが去年ドイツ
のボンで開かれた和平会議から締め出されたことにひそかに怒りをたぎ
らせているといわれる。彼らは新政権を選ぶために6月に開かれるロヤ・
ジルガつまり部族大会議からも締め出されるのを懸念している。

ある者は今月のカブールと南部カンダハルへのロケット攻撃の犯人では
ないかとささやかれている。いつものようにタリバンの残党が非難の対象
になったのだが。

21 :533:02/04/21 21:52
ラバニはロヤ・ジルガを組織するための委員会が国連から選出されたや
り方が透明性を欠くことや、以来それが彼のことに口を出すやり方を懸念
していると述べ、名指しはしないものの外国軍隊がこのプロセスを彼ら自
身の戦略的目的に合わせて操作しようとしていると非難した。

「これらの人々がアフガニスタンを理解していないか、または彼らはここが
平和になるのを望んでいないか、あるいはここで民主主義が行われるの
を好まないかだ」と彼は言った。

そして彼はザヒル・シャーをほとんど信頼していないようである。ザヒル・
シャーは普通の市民として帰国したが、ロヤ・ジルガの開会を宣言するこ
とになっているのが重要である。

「彼の役割は、他の者と協力する場合にのみ効果的なものとなろう」とラバ
ニは述べた。

「しかし共和制の問題に焦点をあてて考慮しなくてはならない。王政復古は
どのようなものであれ、たとえ儀礼的なものであっても、今までこれらすべて
の激動と変遷を経てきたアフガニスタンに新たな問題を加えることにしかな
らないだろう」

22 :533:02/04/21 22:08
#「イスラム政党がのけ者にされている」というのは、マスード系のタジク人
が主要ポストを押さえている現状から考えれば奇異な感じを受けるんですが、
ラバニ自身については、確かにのけ者になっていると言えるでしょう(^^;)。

23 :533:02/04/21 22:18
しかしまた考えてみると、ラバニ個人だけではなく、タジク人勢力は確かに
主要閣僚ポストを持っているので外から見ると有力に見えますが、実際には
アフガン社会全体のイデオロギー的潮流がもっと世俗的というか、国王やカ
ルザイに期待するような方向に行っているのかもしれません。つまり、政権
内でのポストの数にかかわらずイスラム協会系は次第に孤立感を持つよう
になってきているのかもしれないとも思います。かつての盟友ドスタムは(もと
もと彼はイスラム主義でも何でもないが)いまや国王派に乗り換えた感もあり
ますし(笑)。

24 :海の人:02/04/21 23:51
 う〜ん、このインタビューだけで判断するのは早計なのかもしれませんが
このスレの情報やら何やらを考え合わせると、やはりラバニという人については
なんつうか、こう器が小さいというか、言ってみれば「無能」という二文字がついて
まわりますなぁ。
 マスゥドが立ててた人ですから、そう悪く言うわけにはいかないんですが
それにしても、何を今さら・・・という気がしないでもないです。
 そんなにアフガン国内に人気があるんなら、積極的に身体が3つも4つも
ほしいカルザイの身代わりになって、国内隅々まで回って、単に握手して
回るだけでも、国民の大多数にとっては目を向けてもらっているという満足
感につながるでしょうし、ひいてはアフガン全体の安定に少しでも寄与できる
わけですからね〜。

 どうも、この人は「自分の理想として抱いた形」に物事が収まらないと
気が済まない、夢想家のタイプなんじゃないかなぁ、と思います。
 なんというか、それこそ大学の中で狭い範囲の総長の座争いがせいぜい
なんではないかと。

 ソヴェト軍撤退の後、内線になったのもむべなるかな、というかんじですね。


25 :名無し三等兵:02/04/22 03:03
>>14
貸金業じたいがイスラムに反すると聞いたことがある。
そのため、銀行も諸外国のそれとは違うようだ。
トルコでの話を、NHKが取り上げていたと思う。

うろ覚えですまん。誰か詳しい方、説明求む。
調べ方が悪かったのか、分からなかった…。

26 :533:02/04/22 18:56
ラバニがまた電波発言!?(AFP)
http://www.afgha.com/article.php?sid=13984&mode=thread&order=0
ラバニは6月のロヤ・ジルガは「インチキ」であり、ムジャヒディンが「ブラッ
クリスト」に入れられていて参加の権利を奪われていると聞いている、と
宗教指導者の会合で述べた由。

#誰からそんなことを聞いたのかは書いてありません。考えられることは、
誰かに吹き込まれたか、それともラバニのいうムジャヒディンの定義が普
通と違うかですが、ファヒムやカヌニやアブドゥラはじめ、マスード系の人
々はロヤ・ジルガに(閣僚であることから)参加しますし、現在の影響力か
らこの人たちの系列の人々も多く参加するはず。

27 :533:02/04/22 19:20
>>14 >>25
探してみたら、こんな論説がありました。

イスラム金融の現代的発展
http://www.netlaputa.ne.jp/~kagumi/0109-4.html
「イスラム教では、特に「リバー」が禁じられる。一般に「高利貸し」と訳さ
れるこの言葉は、もともと「増殖」を意味する。しかし、「リバー」とは何かと
いう解釈が一致をみたことはない。一部の学者にとっては、あらゆる形の
「確定利息」を指すものであり、別の見解によれば、過剰な利息に限定さ
れる。宗教的に権威ある学者(エジプトの現在のアル・アザール大学学長
など)のなかには、ある種の利息をイスラム法にかなうものとして認める
者もいるが、多くのイスラム法学者は、今でも限定的な解釈を採用してい
る」

とあります。アフガニスタンの裁判所は「過剰な利息」を問題にする、という
解釈なのかもしれません。
もっとも、確定利息一般を禁止する解釈で金融システムを動かそうとする
試みもイスラム圏ではされていて、その状況はこの記事に書かれています。

28 :海の人:02/04/22 19:21
>26
 海の人は、英語の読解力あんまりないんで、こっちの方がデムパかも
しれないんですが文面を読んでて思ったのは、彼が言ってる「mujahedin」
というのは、「people associated with his mujahedin government」のこと
であって、いわゆる「ムジャヒディン」とは、微妙に意味合いが違うんでは
ないかなぁ、と思いました。
 言ってみれば、「オレの支援者がいない」というとロコツなので、婉曲に
「かつて、私たちムジャヒディン政府を構成した人々」という言い方をして
いるのではないかと。

 >24でも書いたんですが、ラバニの政府が純粋なムジャヒディン政府
ではなかったゆえに勢力争いが激化して泥沼の内戦に陥ってしまった
わけですから、今さら何を言ってるんだろうというかんじではあります。
 また、そういうカタワな政府を作った感性だからこそ、現状の至極
公平かつ危ういバランスを何とか保っている政府が、彼の目には
「オレの勢力が少ない」と映ってしまうのでしょうね。

 なんつうか、ヘクマ云々というのも、実はラバニが黒幕だったりして。
 マスゥドも組む相手間違えましたなぁ。


29 :名無し三等兵:02/04/22 19:21
>ラバニのいうムジャヒディンの定義
自分に与しない輩は全て「ムジャヒディンではない紛い物」
どうもそういう考え方をするタイプでしょあの御仁は。

30 :海の人:02/04/22 19:22
>29
 それ一票。


31 :533:02/04/22 20:08
ヘクマ派摘発事件のその後
http://www.afgha.com/article.php?sid=13981&mode=thread&order=0
サバウンは依然として監視下におかれているが、内務省のジュラトらは、
サバウン本人の陰謀関与を示す証拠はいまのところないとしています。
本人は自分の家に出入りしていた人々は自分の党派に属する人間で、
ヘクマとは無関係と主張。しかし内務省は、逮捕者から押収した書類の
中に、カルザイやザヒル・シャーの暗殺も含め首都全体で騒擾を起こす
計画があったとしています。
サバウンも逮捕者の中になんらかの陰謀に関係した人がいたかもしれ
ないことは認め、その場合は彼らは裁判にかけるべきだと述べています。

この報道によれば、内務省の発表はサバウンの主張ともだいたい一致
するといえるでしょうが……。

32 :533:02/04/22 20:08
アフガン中央銀総裁 1年以内に新紙幣導入
インフレに歯止め/現行紙幣全面廃止/外銀へ門戸開放も
部分的ドル化は見送り決着
http://channel.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20020422/KOKU-0422-04-02-24.html
 【カブール21日=鈴木真】アフガニスタン再建の重要課題の一つである
通貨アフガニの信認回復策について中央銀行のアハディ総裁(五〇)は
産経新聞との会見で、一年以内に新紙幣を導入し、現在の紙幣を廃止す
ることを明らかにした。インフレ高進の原因となっている紙幣増刷を防ぐ
ため、政府会計に米ドルを使用するよう国際通貨基金(IMF)などが勧告し
ていた問題では、財政規律を守ることを条件に「部分的ドル化」を見送る
ことで決着した。

 アフガニは長い戦乱と経済困難、無統制な紙幣増刷などのために価値
が下がり続け、現在は一ドル=約三万七千アフガニまで下落している。紙
幣の種類も中央銀行発行のものと、北部の軍閥、ドスタム将軍派が独自
に発行した紙幣の少なくとも二つがあり、混乱に拍車を掛けている。

 このため中央銀行は現在の紙幣廃止とアフガニの新札導入を決めた。
時期は「早ければ五、六カ月後、遅くとも九−十二カ月後」(アハディ総裁)
としており、現紙幣はすべて新札と入れ替える。中央銀行札は現在、ロシ
アで印刷しているが、新札をどこで印刷するかは明らかにしなかった。

33 :533:02/04/22 20:09
 また、アフガニスタンでは財政赤字補填(ほてん)のための紙幣増刷が
続き、インフレの大きな原因となっている。「部分的ドル化」は、政府の歳
入と歳出に米ドルを使用し紙幣増刷を防ぐことを目的としたもので、IMF
や世界銀行、米国、欧州諸国などが一年間をめどに採用を勧告していた。

 しかし暫定行政機構はIMFなどに対し、歳出は歳入に見合った額にとど
めると約束し、二週間ほど前に出した予算に関する政令の中で明記した。
その結果、「部分的ドル化案は立ち消えになった」(アハディ総裁)。ドルを
部分的に使用しても、その分、通貨供給量が増え、やはりインフレを招くと
の主張も「部分的ドル化」の採用を見送った理由の一つという。

 アハディ総裁は抜本的な金融改革の一環として外国銀行への門戸開放
を検討していることも明らかにした。すでにイランやパキスタン、アラブの
銀行から支店開設の申請が寄せられているとしており、ドイツの銀行も関
心を示しているという。


#このアハディ総裁は最近就任した人で、アフガニスタン出身ですがアメ
リカで銀行業もやっていた人らしいです。パシュトゥン人で、ほかに財務相
やカルザイの経済顧問の人とあわせて3人のパシュトゥン人が経済を動か
している、と何日か前の朝日の記事にありました。

34 :533:02/04/22 20:48
ラバニ発言についてですが、>>18-21ともあわせて考えてみると、どうも彼
はロヤ・ジルガ運営委員会がアメリカの傀儡になっていて「ムジャヒディン」
を排除して王党派に近い人物のみを代表に出そうとしている、という妄想
にとりつかれているのではないかと。

35 :海の人:02/04/22 20:59
>33
 部分的ドル化は、経済的な部分は正直よく判らないんですが、政治的に
アル・カイダの残党が「やっぱり新政権はアメリカの傀儡」と言うような
プロパガンダをする余地を無くしたという点で、大きく評価できますね。
 IMFとか世銀とか、弱い者にはめっぽう強い機構を相手に、よく頑張った
もんだと思います。

>34
 む〜、これがそこいらのくすぶってる元タリバン残党とか元ムジャヒディン
のおっちゃんとかが妄想にとりつかれてるくらいなら、まぁ大した問題では
ないんでしょうけど、少なくない影響力を行使できる立場にいるラバニが
こういう不規則発現を繰り返していれば、そのうち内憂になりかねないような
気もしますなぁ。


36 :25:02/04/22 21:14
533氏。どうもありがとう。

37 :名無し三等兵:02/04/23 00:01
>>25

私が聞いたところでは、イスラム社会では商品売買の形式でリバーの問題を
すり抜けているそうです。
借主が商品(実際には担保なわけですが)を金融業者に売り、後でそれを買
い戻すというやり方です。

38 :            :02/04/23 00:21
レスありがとな。

39 :名無し三等兵:02/04/23 17:52
[早口言葉 or タイプ練習文字列 or・・・呪詛?]
グルブディンヘクマティアルとブルハヌディンラバニがマザリシャリフでアッサラームアライクム

高い声ですごい早口で言ったらペルシャ語に聞こえるかも
(すんごい流れ無視スマソ (;^ ^

40 :533:02/04/23 18:59
人事:
アフガニスタン大使に駒野パキスタン大使館参事官
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/jinji/20020423k0000e060015000c.html

 政府は23日の閣議で、アフガニスタン大使に駒野欽一・パキスタン大
使館参事官を充てる人事を決めた。アフガニスタン大使を置くのは、78
〜80年に務めた前田利一氏以来、22年ぶり。発令は24日付。

 駒野氏はアフガニスタン大使館を再開設した今年2月、パキスタン大使
館との兼任で「大使」という肩書で赴任したが、正式の大使として相手国
の了解や閣議決定を経ていなかった。

[毎日新聞4月23日] ( 2002-04-23-10:08 )

41 :533:02/04/23 19:00
アフガン復興へ3億5千万円緊急支援…外相
http://www.yomiuri.co.jp/01/20020423ia01.htm

 川口外相は22日、アフガニスタンへの新たな復興支援策について、〈1〉
6月の緊急国民大会議(ロヤ・ジルガ)開催経費として270万ドル(3・5億
円)を緊急援助〈2〉ロヤ・ジルガの模様を衛星放送でアフガン国民に伝え
る技術支援〈3〉ロヤ・ジルガの選挙監視団に対する人材派遣――の3項
目を柱とする方針を固めた。
(4月23日03:23)

42 :533:02/04/23 19:00
アフガン女性相が5月来日
http://www.sankei.co.jp/news/020423/0423kei048.htm
 福田康夫官房長官は23日午前、首相官邸で開いた「アフガニスタンの
女性支援に関する懇談会」(会長・原ひろ子放送大教授)の会合に出席し、
アフガン暫定政権のシマ・サマル副議長兼女性問題相を5月に日本に招
待する考えを明らかにした。
 シマ・サマル氏は女性閣僚の1人で、タリバン政権下で社会活動を禁じ
られていた女性の権利拡大に取り組んでいる。


#以上、日本関係記事3つ。政府もようやく腰を上げつつあるようなのは
ひとまず喜ばしい(^^)。

43 :533:02/04/23 19:32
モハマディ氏死去(アフガンイスラム通信=AP)
http://www.afgha.com/article.php?sid=13994&mode=thread&order=0&thold=0
かつてのアフガンゲリラ7派の1つ「イスラム革命運動」の指導者マウル
ヴィ・モハマド・ナビ・モハマディ氏がパキスタンで死去、82歳。結核を患っ
ていたそうです。(※原文表記「モハメディ」)
遺体は火曜にアフガニスタンに埋葬されるとのこと。

BBCの記事では年齢を81歳とし、ラワルピンディの病院で死去と報じて
います。(こちらは「モハマディ」と表記)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1944000/1944244.stm


#ある意味では、ムジャヒディンの時代の終わりを象徴する出来事、とい
う感も。

44 :533:02/04/23 20:03
ラバニ発言の関連記事。(フィナンシャルタイムズ)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14001&mode=thread&order=0

>>26と同じ発言についての別報道ですが、これによるとラバニはウラマー
の集まりでのスピーチで、ロヤ・ジルガの選挙は外国政府の利益になるよ
うに「操作」され、イスラム協会のようなイスラム原理主義政党を締め出す
ように設定されているかもしれない、などと述べた。
ロヤ・ジルガの代表選出基準に「略奪、密輸、無実の人の殺害」などに関
与した者は代表になれない、というのがあり、これがアンフェアなやり方で
ムジャヒディンに適用されるのではないかという懸念をラバニは述べたと
のこと。
またロヤ・ジルガ招集委員会のカシミヤル委員長の「友人たち」がラバニ
に、ムジャヒディンはロヤ・ジルガには選ばれない、名前を名簿から抹消さ
れるだろう、と言ったというのですが、当然ながら委員会側はこれを否定。


#う〜む、何と言ったらいいか。少なくとも「ブラックリスト」が実際にあると
ラバニが思っていることは間違いないようです。またこれによれば、排除さ
れる「ムジャヒディン」にはイスラム協会の人間も含まれているとラバニは
思っています。
ひょっとするとラバニはアブドゥラやカヌニらイスラム協会若手からも相手に
されなくなっていて、正しい情報が入らないのではないかという気も。

45 :533:02/04/23 21:17
パキスタンがパイプライン問題でアフガニスタンと会議(AP)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14015&mode=thread&order=0&thold=0
2002年4月23日(火)
トルクメニスタン アシハバード:パキスタンのペルヴェズ・ムシャラフ大統
領は月曜、来月アフガニスタンおよびトルクメニスタンの指導者とともに、
ガスパイプラインの建設について討議する会議に出席することを確認した。

彼はサパルムラド・ニヤゾフ大統領との電話会談でそう確認したと国営テ
レビが報じた。会議はアシハバードで5月中旬に開かれるという。

提案されているパイプラインは約1500kmの延長で、1年に300億立方メー
トルの天然ガスを輸送する能力をもつ。

46 :初心者:02/04/24 19:22
マスードのTV番組が、6月17日 NHK教育 ETV2000で放送されることになったそうです。
まだ、予定なので、中止にならなければいいのですが。


47 :533:02/04/24 19:37
アフガンが新通貨発行の方針、デノミ実施も
http://www.yomiuri.co.jp/05/20020423id24.htm

 【カブール23日=新居益】アフガニスタン中央銀行のアハディ総裁は
このほど本紙と会見し、半年から9か月をめどに、現在流通している通
貨アフガニを廃止し、デザインを一新した新通貨を発行する方針を明ら
かにした。1万アフガニを10アフガニとするデノミネーションも実施する。
取りざたされていた米ドルを公式通貨として採用する可能性については
否定した。

 二十数年にわたり、政権がめまぐるしく交代し、地方軍閥が割拠した
アフガンでは、ラバニ元大統領派やドスタム将軍派らが中央銀行に登
録せず、ロシアなどで印刷した独自の紙幣を発行していた。

 総裁は「復興事業が本格化する前に、新通貨を発行し、通貨の信用を
高め、市場の混乱を解消することが必要」と判断したことを新通貨発行
の理由と説明した。

 新通貨は欧州で印刷される見通し。
(4月23日23:23)

#昨日の記事ですが、産経のと同様ながら、デノミをやるというのは新
情報。デノミは1対100でもよいと思いますが。

48 :533:02/04/24 19:59
ラバニ発言についての別の報道
http://www.afgha.com/article.php?sid=14037&mode=thread&order=0
これによると、ラバニはロヤ・ジルガ代表選出の第一段階(選挙人選び)
が民主的でなく、かつ反イスラム協会のバイアスがかかっていると批判
したとされています。
ブラックリスト云々もでてきて、記事の論調はそれを真面目に受け取って
いる風でもないんですが、以下のような点を指摘しています。
・選挙人選びのさいに真にアフガン人の意志が反映されるかどうか。
 ラバニの主張とは反対なんですが、北部の某所でパシュトゥン人がイ
 スラム協会の武装した男によってロヤ・ジルガ代表選出集会に行かな
 いよう脅された事例をヒューマン・ライト・ウオッチが指摘した由。
・最近のファヒム暗殺未遂などがロヤ・ジルガ代表選出の開始と時を同
 じくして起こったのはイスラム過激派の示威ではないか。
・ロヤ・ジルガ招集委員会の者と名乗る詐欺師が現れ、代表選びを左右
 しようとした事件が散発しているとのこと。

49 :533:02/04/24 20:12
ケシ撲滅は前途はるか?
http://www.afgha.com/article.php?sid=14010&mode=thread&order=0
前に>>13で、暫定政権がアヘン94トンを破棄したというのを紹介しました
が、この記事によると、今年2月の推計で、アフガニスタンで作付けされた
ケシ畑から取れるアヘンは推定2700トンであるとか。
そうだとすると、94トンというのは大海の一滴とまでは言わないにしても、
ごく一部ですね。ただ、アヘンを禁止するという政府の態度は明確だとも
書いています。
ちなみにこれまでのアヘン生産の最高は99年の4600トンだそうです。

この記事では農村の貧困問題も触れています。ワルダク州のある村では
平年なら水が豊富でリンゴ、小麦、ジャガイモなどが育つのですが、近年
干ばつのため水がなく、地下水をポンプでくみ上げると金がかかって、小
麦やジャガイモでは採算が取れない。
アヘンが宗教にも人間性にも反することは承知の上で作付けしたと。

50 :533:02/04/24 21:57
タリバーン再結集阻止、アフガン南部で現金を空中散布
http://www.asahi.com/international/update/0424/007.html

 アフガニスタン南部で先週末から今週にかけて、米軍が大量の現地通
貨アフガニを空中から散布し、話題になっている。最近、南部ではタリバ
ーンの再結集や米軍への自爆テロを呼びかけるチラシがまかれるなど
不穏な動きが目立っており、「現金」で抑え込もうという狙いだ。

 目撃者によると、カンダハルの周辺やパキスタンとの国境近くなどで米
軍の大型輸送機が連日、80万アフガニ(約3000円)とタリバーンやアル
カイダの残党に対する通報や非協力を呼びかけた文書が入った封筒を
投下しているという。

 物価の安い地方では80万アフガニは家族を1カ月以上は養える金額。
輸送機を見つけると必死に追いかける住民が相次いでいる模様だ。

 タリバーンの主要メンバーの大半は南部のパシュトゥン地区出身で、敗
走後に多くの者が故郷の南部に身を隠したとされる。米軍は以前から南
部への宣伝工作を重視し、2月には100米ドル札とブッシュ大統領の似
顔絵を散布。しかし、地方の村では米ドルが使えないとの意見があり、現
地通貨に変えた模様だ。(20:07)

#なんだか昔の光栄ゲームの「施し」を思い出す(w

51 :名無し三等兵:02/04/24 22:06
>>50
南部でそんなことしたら、そのままタリバンの資金になっちゃいそうな。。

52 :533:02/04/24 22:07
麻薬業者60人以上を逮捕 アフガニスタン
http://www.sankei.co.jp/news/020424/0424kok116.htm

 24日のアフガン・イスラム通信(AIP)によると、アフガニスタン東部ナン
ガルハル州当局は、22日からの麻薬密輸の摘発で60人以上の業者ら
を逮捕した。
 暫定政権の指示を受け、州当局は22日、アフガン最大級の麻薬市場
とされる同州シンワル地区のガニヘルを急襲し、4トン以上のアヘンを押
収。その後も周辺の村から数百キロのアヘンを差し押さえた。

 アフガン産のアヘンは、パキスタンや中央アジアを経由し、主に欧州方
面に密輸されている。(共同)


#ナンガルハル州は、この前ファヒムが殺されそうになったジャララバー
ドのある州。アフガニスタンでのケシ栽培の中心地の一つです。
>>49では前途はるかとか書きましたが、もし暫定政権がケシを撲滅できな
ければ、結局はアヘンが欧州に出回ることになり、援助の見直しという報
復措置もありうるわけですから、撲滅以外には政権としては選択の余地が
ないでしょう。業者の摘発は当然ですが、農民がケシなしでも暮らしていけ
るような方途が見つかればよいのですが。……

53 :533:02/04/24 22:12
>>51
作戦としては評価しがたいですが、経済援助のつもりとして見れば(w

54 :533:02/04/24 22:12
外相がアフガン包括支援策 復興へ政治プロセス重視
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SBS&PG=STORY&NGID=AMAN&NWID=A0152410

 川口順子外相が来月初めのアフガニスタン初訪問を前にまとめた日本
の対アフガン復興包括支援策の全容が24日、明らかになった。
 6月の緊急ロヤ・ジルガ(国民大会議)に対する270万ドル(約3億5000
万円)拠出のほか、政策顧問の派遣や日本への研修員受け入れなど、中
長期的な行政能力向上を目指した「政治プロセス支援」が柱。退役軍人と
難民の社会復帰を促す支援や復員と地雷除去を中心とした治安改善にも
力点を置いている。
 先のアフガン復興支援会議での非政府組織(NGO)参加拒否問題の教
訓を踏まえ、NGOとの連携を強化し「草の根無償」を活用して支援する。
                           (了)

55 :            :02/04/24 22:55
>>49
それにしたって94tは少な過ぎだぜ。
そんなんじゃタリバンを笑えねえぜ。
タリバンは少なくともケシ栽培禁止では成果を上げたんだからな。

アメリカは現金ばら撒くより援農基金作ったほうがいいんじゃねえのか?
生活が安定すりゃ、国民なんてものは、反米<反テロってことにならぁな。


56 :533:02/04/24 23:04
>>55
確かにそうなんですが、改めて考えてみると、94トンというのはアヘンに
なったものを破壊した数量と思われるので、その前にケシの花の段階で刈り
取ったものはこれに含まれないのではないか。

57 :名無し三等兵:02/04/24 23:57
>>55
そう、「少なくともケシ栽培禁止では」。
でもアヘンの生産と売買は禁止してなかった。
資金源となる貯蔵アヘンは大切に備蓄していた
(アメリカの空爆後は放出)タリバンに比べれば、
アヘンに関しては、暫定政権は頑張っていると思われ。


58 :            :02/04/25 01:07
タリバンの麻薬の話をこのスレでやってもいいんだったら、
遠慮なくやらせてもらうが、

>>57
その話は、
このスレじゃ評判の悪い某スレで前にも出たんだがな、
>生アヘンの価格は禁止令後、
>9月には(1キロ300ドル程度だったものが)1キロ700ドルに上昇した
って話を聞いたぜ。
禁止してないんだったら、
価格が上がったりするかい?

それから56のソース明らかにしてもらえると、
こっちも助かるんだがな。

>>55
麻薬取り締まりの成果を誇ろうってときに、
わざわざ数量が低くなるような発表の仕方をするとは思えねえがな。

59 :     :02/04/25 01:14
海外ニュース - 4月20日(土)20時50分


アフガンでタリバン再編と自爆テロを呼びかけるビラ出回る

 [チャマン(パキスタン) 20日 ロイター] アフガニスタンのパキスタン国境付近で、タリバンの再編
と、掃討作戦を行っている米軍主体の部隊を標的とした自爆テロとを呼びかけるビラが出回っている。
 目撃者が明らかにしたところによると、ビラは今までに知られていないイスラム武装グループの名を冠
し、手書きのパシュトゥー語で書かれている。
 その内容は新たな聖戦を呼びかけ、パレスチナによる自爆テロをたたえるものになっているという。
 ある目撃者は、国境地帯の広域にわたってビラがまかれていることから、大掛かりな組織による可能
性が高いと述べた。(ロイター)
[4月20日20時50分更新]



60 :初心者:02/04/25 08:51
昨夜のアルジャジーラ22:00-23:00放送 (日本語通訳のある時間帯)アブドゥラ・アブドゥラ外相のインタビューより
「ヘクマティアルはロヤ・ジルガに対してジハードを宣言しました。
我々は23年にも及ぶ内戦の結果、ロヤ・ジルガをもとうとしています。
それに対してジハードを宣言するのであれば、もう誰もかれを助けることは出来ないでしょう」

#これはアルジャジーラの通訳の言葉なので、その段階での誤訳や省略があるかもしれません。(アルシャジーラの通訳は不安を感じる要素が多々あります。)
ロヤ・ジルガに対するジハード?
なんだそりゃ、ヘクマティアル!  と、思いました。
ここの方々なら、この経緯をくわしくご存じかなと思ったので書かせていただきました。


61 :初心者:02/04/25 09:28
P.S
ラバニ氏に対する言及はありませんでした。

62 :名無し三等兵:02/04/25 16:50
ガイシュツですが、「軍人」マスードは、戦争が終われば
「生徒」マスードになりたいと言ってました。

「政治家」ラバニも大人しく「教授」ラバニに戻って欲しいものですが、
一度手にした権力と言うのは捨てがたいものなんでしょうねぇ。
大統領経験者なら、どこかから引き合いは来ると思うんですけど。
わが国でも、政治家という人種には
あきれるぐらいダーティーな方々が多くて困ります。

>60
多分、タリバンと共闘(しようと)したことと、
イスラム党の支持者が最近、逮捕された事件のことを
指してるのでは?(サバウン元国防相の事件です)

ヘクマはもうどうしようもないですな。
この人にも、大人しくしててもらいたいんですけどねぇ……。

63 :533:02/04/25 18:58
>>58
ケシ撲滅については、こちらの記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A26756-2002Apr22.html
に明確な数字が出ていました。それによると、暫定政権はヘルマンド州
で2,619エーカー、ナンガルハル州で2,471エーカーのケシ畑を潰し、推定
で103トンのアヘンを破壊した。
しかし暫定政権は、国全体では10万〜15万エーカーのケシ畑が作付けさ
れていると考えており、アヘン換算では国連推計によると2,094〜2,976 ト
ンになるとのこと。

ということは私の説が間違っていて、100トンとかいうのはケシ畑のことだ
ったようですね。
もっとも、全体で10万〜15万エーカーというのは暫定政権が自分で言って
いることなので、100トン破壊したといってそれを「誇っている」とも思えない
わけですが。

64 :533:02/04/25 20:59
ケシ撲滅の続報(フロンティアポスト)
http://www.frontierpost.com.pk/afghan.asp?id=5&date1=4/25/2002
カルザイの顧問アーメドザイが、12000ヘクタールのケシ畑が潰されたと
述べたとのこと。
1ヘクタールは約2.5エーカーなので、>>63の記事のようにエーカーに換
算すると約3万エーカーになります。
10万〜15万エーカーという推定総面積からすればまだ一部ですが、進み
つつあるようです。

65 :533:02/04/25 21:44
パシュトゥン人は元国王に望みをかける
http://www.afgha.com/article.php?sid=14056&mode=thread&order=0
ザ・シカゴ・トリビューン
ノリーン・S・アーメド・ウラー
2002年4月24日

アフガニスタン カブール―モハメド・ザヒル・シャー元国王はアフガニス
タンのすべての民族にとっての重要人物でありたいと思っているかもし
れないが、彼と同じパシュトゥン人にとっては他民族に倍して彼は自分
たちの重要人物である。

ザヒル・シャーに最も忠誠心をもつ人たちは87歳の元国王を賞賛してい
る。彼らは公けの場で、元国王はアフガニスタンすべてを統合する力が
あると語っている。

しかしパシュトゥン人はザヒル・シャーに対して、彼が29年の亡命生活か
ら帰ったいま、アフガニスタンのデリケートなパワーバランスが彼らに有
利なように傾くことを期待してもいるのである。

20年以上の内戦のあとで安定を得ようと苦闘している国に新たな民族
間の摩擦が生じるのではないかと警告するアフガン人もいる。

66 :533:02/04/25 21:45
喜び

しかしパシュトゥン人は彼らの王が帰ってきたのを喜んでいる。

最近ザヒル・シャーは南部カンダハル州からはるばるやってきた300人
のパシュトゥン人と会見した。

スーツにネクタイ姿の元国王は自邸の敷地に造られた大テントの日影
に座っていた。

訪問者はおもに部族長やタリバン以前の時代の元ムジャヒディンだが、
まぶしい陽光の中で座っていた。彼らは国王を人目みようと首をのばし
た。

一人ずつ彼らはテント―通り抜けできる玉座―の中に歩いていって、彼
らの「ババ」つまり「国の父」の手を取ってキスした。

一人の少年がザヒル・シャーが「彼の国に、彼の国民に、彼の家族に」
帰ってきたのを歓迎するパシュトゥンの詩を歌った。

そのあと彼らは輪になってパシュトゥンの踊りアタンを踊った。

67 :533:02/04/25 21:45
しかし元国王の帰還と、報道されている暗殺計画に伴い、すでにパシュ
トゥン人と2番目に大きな民族タジク人との緊張が高まっている。

「あなたはパシュトゥン人に、なぜアタンを踊っているのかと聞くべきだ」
と匿名のタジク人の暫定政権高官は述べた。「タリバンの大部分はパシ
ュトゥン人であり、彼らは国を外国人に売ったのだ。国を解放したのは北
部同盟だ。いまや国王が戻り、パシュトゥン人は今より多くの権力を望ん
で嬉しがっている」

暫定政権の3つの最も権力のある閣僚の地位は主としてタジク人からな
る北部同盟が持っている。

国連はタリバンを駆逐しようとする米軍中心の努力を北部同盟が助けた
ことから、恩賞として彼らにこれらの地位を与えた。

パシュトゥン人のハミド・カルザイは暫定政権の首長に指名されたが、こ
こアフガニスタンの多くの人はこの指名はだいたいのところ象徴的なもの
であり、40パーセントをしめる多数派パシュトゥン人を喜ばせるためにし
たものだと見ている。

多くのパシュトゥン人は彼らもタリバンと戦ってきたと言っているが、政治
的プロセスから置き去りにされたと感じている。9月11日よりずっと前から、
彼らはタリバンの除去と、新政権を決めるロヤ・ジルガつまり部族評議会
の開催、それに王の帰還を要求してきた。

68 :533:02/04/25 21:46
タジク人は北部アフガニスタン出身で人口の25パーセントを占めるが、お
おむね国王の帰還には反対してきており、彼の人気に脅威を感じている。

首都カブールほどこの2民族の対決が歴然としているところはほかにない。

先週元国王がカブールに到着したとき、パシュトゥン人は国中から集まっ
て彼を出迎えた。少数のタジク人もカブール国際空港に行ったが、大多数
は家でぶつぶつ言っていた。

45歳のハジ・アクバルはパシュトゥン人だが、東南部の都市ホストからこ
の日の祭典を見に上京した。しかし彼が歩道に立って元国王時代の改革
と穏健な政治姿勢をほめたたえていると、国軍のタジク人兵士が割って入
り、パシュトゥン語で行われていたインタビューを中断させた。

「彼はわれわれに何もしなかった」とこのタジク人の兵士アダム・カーンは
インタビューを遮って述べた。「彼はアフガン国民に尽くさなかった」

ザヒル・シャーは1933年から1973年までアフガニスタンを統治したが、73
年国外に滞在中、従兄弟によって権力の座を追われた。またザヒル・シャ
ーはパシュトゥン人であるにもかかわらずパシュトゥン語をほとんど話さず、
ペルシャ語の一種であるダリ語を好む。

69 :533:02/04/25 21:47
しかし彼の帰国に伴いパシュトゥン人は彼らの問題が解決されることに期
待をかけ、嫌がらせを少なくするような能力に望みをかけている。

「われわれはパシュトゥン人がアフガニスタン人口の多数派であることを
忘れてはならない」とムジャヒディン時代の政治団体の指導者で東部ジャ
ララバード出身のパシュトゥン人であるピア・サイド・アーマド・ガイラニは
述べた。

ガイラニもそうだが、多くのパシュトゥン人は大っぴらに彼らの民族の夢に
ついて語ろうとしないが、それはそうすることが国にいっそう争いの種をま
くことを認識しているからである。彼らは王の帰国がすべての民族に福利
をもたらすと注意深く発言する。

しかしときどき、彼らの秘められた望みが水面に現れることもある。

新たなスポークスマン

たとえば多くのパシュトゥン人の人口をもつカンダハル州の知事グルアガ・
シルザイを例にとってみよう。彼は国中で一種のパシュトゥン人のスポー
クスマン役になり、タジク人に支配されているパンジシール渓谷から最近
タリバン戦士が解放されるのを助け、ウズベク人に支配されているマザリ
シャリフや、イランの影響下にある西部の都市ヘラートのパシュトゥン人の
ために尽力している。

70 :533:02/04/25 21:47
彼はパシュトゥン人がザヒル・シャーの帰国によって、彼の属する民族が
政権内でより力のある地位を占めるようになることを望んでいることを認め
ている。

「ロヤ・ジルガはアフガニスタンの大統領と首相を選ぶだろう。彼らが次に
内閣の閣僚を選ぶ」と彼は述べた。

パシュトゥン人は彼らの民族がその2つのポスト―国王が大統領、そして
カルザイが首相―を勝ち取り、仲間のパシュトゥン人を閣僚に選ぶことを
期待するかどうかと聞かれて、シルザイはうなずいた。

「もちろんだ」


#この記事で面白いのはやはり末尾にあるグルアガ知事の活躍ぶりです
ね。最近あまり情報を聞かないと思っていましたが、こんなことで東奔西走
していたのか。
それにしても、パシュトゥン人が9月11日よりずっと前からタリバンの除去な
どを求めてきたというのは、あまり聞かない話です。もしかすると国外在住
のパシュトゥン人のことを言っているのでしょうか。

71 :533:02/04/25 21:54
>>66
訂正。
×人目みようと  ○一目みようと

72 :533:02/04/25 22:18
航空相殺しの真相?(ワシントンポスト)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A44681-2002Apr24.html

殺害事件の調査委員会が出した結論は、復讐とか陰謀などではなく、
メッカ巡礼の飛行機が出ないのを怒った群衆に殺されたというものだっ
たとのこと。正式にはあと1、2週間で発表になるそうです。
当初、タジク人の政府高官が容疑をかけられ、彼らはまだ拘留されて
いますが、これはむしろ政府内の対立によって彼らが陥れられたのだ
としています。
カルザイは陰謀があったと思っていたのは事実ですが、調査委員会の
報告は直接受けているそうです。


#これで解決なのでしょうか。謎めいてはいますが、ただカルザイが言
っていたようにこの事件の背後に陰謀的な要素があったにしては、現
在まで政権内部に目立った波風が見られないので、やはりあれは偶発
的事件だったのかな、とも思います。

73 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/04/25 22:56
そう言えば、元タリバンの将軍が暗殺されたそうですが…。
先ほど、何処かの新聞サイトで見たのですが、何処だったか思い出せ
ません。

74 :533:02/04/26 06:14
>>73
これですね。(記事の見出しの「アフガン西部」は「パキスタン西部」の誤
りらしい)

タリバーンの元将軍、銃で殺害 アフガン西部
http://www.asahi.com/international/update/0425/004.html

 現地からの報道によると、アフガニスタン国境に近いパキスタン西部で
24日、タリバーンのアブドゥル・マジド元将軍がマスク姿の2人組の男に
銃で殺害された。元将軍はタリバーンの有力指揮官の1人で、昨年末の
クンドゥズでの敗北で北部同盟の捕虜となった。先月、暫定行政機構の
恩赦で釈放されていたが、元将軍がタリバーン勢力の再結集にかかわっ
ていたとの情報もある。
(10:57)

75 :533:02/04/26 18:58
アフガン政府が捕虜釈放(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1951000/1951042.stm
数百人のパキスタン人捕虜を釈放し、まず30人がパキスタン軍用機で
ペシャワルに運ばれたとのこと。
この多くは年取った人たちで、アルカイダとは何の関係もない、ただタリ
バンといっしょに戦っていただけだ、と部族問題相顧問のシャザラ・マス
ード(※マスードと関係があるかは不明)は述べた。
他のパキスタン人捕虜は段階的に釈放するが、もしアルカイダと関係が
あることがわかれば裁判にかけると。


#釈放されてまた敵になるのもいるようなのが厄介ですが……。

76 :533:02/04/26 18:58
アメリカがイスマイル・カーンに圧力?(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A51991-2002Apr26.html
中央アジア歴訪中のラムズフェルド国防長官が土曜に短時間ヘラートを
訪問する予定だそうです。このときイスマイル・カーンがイランの影響下に
あるとされる点について圧力をかけるだろうという観測。

77 :533:02/04/26 19:28
謎のアフガニ札
http://www.afgha.com/article.php?sid=14079&mode=thread&order=0
元国王が帰国したので通貨アフガニが上昇すると思われていましたが、
帰国と時を同じくして1万アフガニの新札(200億アフガニ分)がマーケット
に出回ったため、逆に下落したとのこと。
中央銀行も財務省も新札を発行した事実はないと否定。アルサラ財務相
は、これらはおそらくタリバン時代またはもっと前に発行されたが(アフガ
ニの価値が低かったので)退蔵されていたもので、それがどっと出回った
のだろうと推定。アフガニスタンの通貨市場は小さいので、すぐ影響が及
ぶとしています。
しかし、ロシアやパキスタンの商人の陰謀だとか、パキスタン政府が裏に
いるとか、いろいろ噂は絶えないようです。

78 :533:02/04/26 21:03
別の?元タリバン殺害
http://www.afgha.com/article.php?sid=14081&mode=thread&order=0
>>73
パキスタン当局者が25日に明らかにしたところによると、23日にアフガン
国境の町チャマンに向かっていた元タリバンのハフィズ・モハメド・ディンが
強盗とみられる2人組の武器を持った男に殺され、バイクを奪われたとの
こと。

>>74の記事とは名前も日付も違いますので、別件かと思いますが、似た
ことが続けてあるものです。>>74のマジド元将軍というのも、案外強盗に
殺されたのかも。

79 :名無し三等兵:02/04/26 22:00
こっそり暗殺するのはSISの専売特許。

80 :533:02/04/27 18:42
ドスタム将軍インタビュー(ユーラシアネット)。なんとドスタムは、はるか
以前から国王とコンタクトを取っていたことを明らかにしてます。
http://www.eurasianet.org/departments/qanda/articles/eav042402a.shtml

「政府内の地位より大事なのは平和を守ることだ」
Eurasianet.org
4/24/02
カメリア・エンテハビ=ファルド

アフガンのアブドゥル・ラシッド・ドスタム国防次官との一問一答

亡命していたザヒル・シャー元国王が4月18日に帰国した時、ウズベク人
軍閥でアフガンの国防次官アブドゥル・ラシッド・ドスタム将軍は大いに注
目を集めた。多くの人々が空港での元国王歓迎式典において、人気のあ
るパシュトゥン人(国王)のすぐ脇に熱意ある様子でドスタムが立っている
のに目をとめた。式典のあとで、ドスタムは―おなじみの作業服ではなく
文官の服装をしていた―カンダハル州知事のグルアガ・シルザイや、暫
定政権のハミド・カルザイ議長、それに米国のザルマイ・ハリザド特使らと
会談した。これらの会談はきたるべきロヤ・ジルガつまり立法大会議に関
してのことだったとドスタムはほのめかした。ロヤ・ジルガはアフガニスタ
ンの政府を形づくり、指名することになっている。このウズベク人は、これ
らの会談は再建プロセスにおける北部の中心的役割についても十分議論
するためのものだったと述べた。2日後、彼はユーラシアネットと会見した。

81 :533:02/04/27 18:43
インタビューの日、私がテープレコーダーのスイッチも入れないうちから、
ドスタム将軍は私の方を見て、耳ざわりな声で「あんたがたジャーナリスト
がいつもわしのことを軍閥とか何とか言っているのは何だ?」と言った。
私がその場に合った答を考えているうちに、彼の秘書でドスタムととても
よく似た感じに見えるザキ氏が時計に目をやって「20分だ。インタビュー
はきっちり20分だ」と言った。すぐさまドスタムは北部および本拠マザリシ
ャリフがアフガニスタンの未来にとっていかに死活的な重要性をおびてい
るかについての考えをとうとうと語り始めた。彼がしゃべり終えた時、私は
ザキ氏の方を向いて言った。「じゃあ今度は私の番ね。これから20分です
よ」

ユーラシアネット:あなたはロヤ・ジルガに何を望んでいるか。

ドスタム:われわれはテロリズムとの戦いで軍事的闘争の方向を取ってき
た。軍隊は軍隊であり、彼らは自分の仕事をした。今ではもう誰も間違え
ない。ロヤ・ジルガはそれを組織するための特別委員会の手で運営され
ている。彼らは文民であり、われわれは軍人だ。その仕事に口を出すこと
は認められていない。われわれにできるのは彼らの仕事が混乱なくスム
ーズに進むように保証することだけだ。

82 :533:02/04/27 18:43
ユーラシアネット:その仕事がスムーズに進むように何か具体的な対策を
講じているか。

ドスタム:23年におよぶ戦争と破壊の末、われわれはついに選挙によっ
て代表をロヤ・ジルガに送る機会を持つことができた。私はラフダル・ブラ
ヒミやロヤ・ジルガ選挙委員会と話したし、協力して仕事してきた。北部の
市民はロヤ・ジルガと中央政府を支持している。彼らは二度と分裂や戦争
があることを望まない。われわれはロヤ・ジルガ委員会の仕事が円滑に
進むようにできることは何でもしている。

ユーラシアネット:ここ2日間にあなたは何回か会談を持ったが、誰と会っ
てどんなことを議論したのか。

ドスタム:カブールのイスラム統一党の事務所で、国王がアフガニスタン
に帰国したのを歓迎しに上京した大部分の州知事やすべての民族の長
老たちと会談した。われわれはよりいっそうの統一が必要だ、もし基盤の
狭い政府になったら協力して働くことができるだろうかと話した。われわ
れが議論したことの一つは捕虜の運命だ。マザリシャリフでは2900人以
上のタリバン捕虜をかかえている。最近の2、3か月間で800人の捕虜を
解放したが、他の州にいる兄弟たちはわれわれに、偶然か強制かでタリ
バンに加わっていた捕虜がこれ以上いないかと聞いていた。捕虜の中に
はアフガン人、パキスタン人、それ以外の国民がいる。国連のために仕
事をしている団体がマザルに来て捕虜に会い、どの捕虜は釈放すべきか
ということをわれわれに告げるという計画がある。もちろんカルザイの同
意も得なければならない。

83 :533:02/04/27 18:44
ユーラシアネット:空港であなたが国王の歓迎式典に姿をみせ、国王の
すぐ近くに立っていたことに多くの人が注目している。

ドスタム:ドスタムはいつも同じ人間だ。私は抗争の年月の間、立場を変
えたことはない。過去、私は【1986年から1992年までソ連の支援でアフガ
ニスタンの元首だったモハメド】ナジブラを支持した。それは彼がわれわ
れの民衆を支持していた時のことだ。われわれの立場は民衆の立場だ。
過去9年間、殉教した【北部同盟の司令官アーメド・シャー・】マスードや
【シーア派指導者のアブドゥル・アリ・】マザリの時代を通して、私は国王と
接触してきた。9年前われわれは会談し合意に達した。ローマ会談合意
と呼ばれている。そこでわれわれはアフガニスタンの平和維持における
国王の役割について合意した。その日以来、われわれと国王との間には
往来があり、コンタクトを保ってきた。私は良い日々にも悪い日々にも国
王と電話で話をしてきた。彼はアフガニスタンの年取った父であり、ロヤ・
ジルガから部族長老にいたるまで皆が彼を尊敬している。

ユーラシアネット:あなたのボスである【国防相の】ファヒム将軍が空港に
姿を見せなかったことに注目した人もいる。これには何か特別な理由が
あったのか。

ドスタム:ファヒムは空港に来なかった。私は彼が来られたらよかったの
にと思う。人々はこれについて独自の説明をしている。しかし彼はパリに
行かなければならなかったのだ。フランスの国防相がずっと前から招待し
ていて、彼にはスケジュールを変えられなかった。私が空港に行ったが、
私は国防次官で大臣の代理だ。また私は北部の代理でもある。

84 :533:02/04/27 18:44
ユーラシアネット:あなたはボン会議【2001年12月に開かれ、暫定政権を
樹立した】で国防相への指名に非常に近いところにいたと言われている。
将来この仕事をする候補になりたいか。

ドスタム:まず最初に、地位は私にとって重要でないと言わなくてはならな
い。われわれの学生(ママ)の何人かが暫定政権で前から地位を得てい
る。ファヒムは大臣で、私は次官だ。私はすべてのムジャヒディンを統合
するためにこの仕事を引き受けることに同意した。私は将来あやまちが
起きるのを防ぐためにこれを引き受けた。次官であろうとなかろうと、人々
はわれわれを支持し尊敬している。ドスタムがタリバンとアルカイダと戦い
これを制圧した役割を誰も忘れることはできない。私は平和プロセスがう
まくいくことを望む。私は世界中の支持をわれわれがひきつづき得られる
ことを望む。23年の後にわれわれはまたとない機会を手にした。ナジブラ
が権力を失う前にも機会はあった。もし再び機会を逸するようなことがあ
れば、また戦争になり、世界は今度はもうわれわれに興味を持ってくれる
ことはないだろう。だから今の平和が死活的に重要なのだ。政府の地位
より大事なのは平和を守ることだ。

ユーラシアネット:あなたはまだ米軍とコンタクトを持っているか。

ドスタム:最初に米軍の一団がわれわれのところに来た。今では北部に
米軍はいないが、彼らとのコンタクトは維持している。われわれは非常に
多くを彼らに負っている。彼らの空軍力がなかったら、われわれはテロリ
ズムの打倒を実際にやったのと同じようにやることはできなかったろう。
私はハリザドや他のアメリカ人と電話でのコンタクトを持っている。

85 :533:02/04/27 18:45
編集部注:カメリア・エンテハビ=ファルドはアフガンおよびイラン問題を
専門とするジャーナリストである。彼女は現在アフガニスタンでユーラシア
ネットのために記事を書いている。

86 :533:02/04/27 18:46
#ドスタムが9年前に国王派と合意していた、ということは1993年ですね。
マスードと組んでヘクマティアルと戦いながら元国王とも気脈を通じてい
たとは。
「良い日々にも悪い日々にも」電話したということは、トルコ亡命中のドス
タムをザヒル・シャーが電話で慰めるような場面もあったんでしょうか。

ボン会議の時にドスタムがもう少しで国防相に指名されるところだったと
いうのも初めて聞きましたが、記者がそう言ったのをドスタムは否定して
いないので、事実だと思います。もしかすると元国王派からのプッシュが
あったのかも。そういえば、はじめ暫定政権を支持しないといってドスタム
がごねた理由は国防相になれなかったからなのか、などとつい思ってしま
う(w

ナジブラが権力を失う前にも機会はあった、というドスタムの述懐は本音
でしょう。このあたりのことはいずれもっと詳しい回想を聞きたいところです。
あと、
「もし再び機会を逸するようなことがあれば、また戦争になり、世界は今度
はもうわれわれに興味を持ってくれることはないだろう。だから今の平和が
死活的に重要なのだ」というあたり、肝心なところは心得ています。

87 :名無し三等兵:02/04/27 18:59
翻訳いつもご苦労様です。

>>83の「立場を変えたことはない」あたり、ツッコミどころがありそうな気が。

88 :海の人:02/04/27 19:02
 判っていたとはいえ、ドスタムは食えないオヤジ(失礼)ですねぇ、やっぱり(笑)

 まぁ、あるいはドスタム自身の計画として、マスゥドのカリスマと元国王に代表
されるパシュトゥン人勢力を糾合して・・・などというデザインがあり、そういう意味
合いからもヘクマを滅ぼして・・・という動きだったのかもしれないですね。
 見たところ、どう見ても「オレがリーダーになれる」とは思ってもないみたい
ですし(笑)


89 :533:02/04/27 19:40
ドスタムはイデオロギー的には原理主義から一番遠く、北部の利益代表
に徹しているようなところがありますから、元国王派とも親和性があるとは
思っていたんですが、こんな昔からよしみを通じていたとはさすがに思わ
なかった(笑)。

そういえば、ボン会議のとき、はじめローマ・グループが首相に推した人は
ウズベク人だったんですが、これが通っていて、かつドスタムが国防相にな
っていたら、凄いウズベク中心内閣だったところ(w。

考えてみると、カブールを押さえたマスード派、カルザイをはじめとする元
国王派、米軍という「勝ち組三大勢力」のどれともドスタムは良好な関係を
維持していますね。上手に動いて、各勢力の対立を未然に防ぐ役割を果た
してくれればいいんですが。

90 :名無し三等兵:02/04/27 23:24
ロヤ・ジルカや平和構築についての発言は、
ファヒム国防相でも似たような主旨になりそうですが。
ドスタム次官の発言と思うと妙に味がありますね。

91 :533:02/04/28 08:58
ファヒム将軍が「次期首相もカルザイで」と発言(フロンティアポスト)
http://www.frontierpost.com.pk/afghan.asp?id=2&date1=4/27/2002
ハミド
2002年4月27日 10:11:37AM更新

ペシャワル:ザヒル・シャーに最もふさわしい役割は、6月に開催されるロ
ヤ・ジルガで発足することになっている18か月任期の暫定政権で統合の
シンボルになることであり、国を運営できる唯一の人物はカルザイ氏であ
る、とアフガンの国防相は述べた。

「元国王の身体的状況と彼に寄せられている希望とを考えれば、彼にで
きる役割は日常の国務からは離れて、党派主義や政治的分裂を超越した
精神的指導者になることです」とムハマド・カシム・ファヒム将軍は自由ア
フガニスタンラジオとのインタビューで見解を語った。「私たちは彼の敵で
はありません」と彼は元国王について述べた。「むしろ、彼のためを思うと
自称するこれらの人々に比べれば、私たちのほうがずっと彼を尊重してい
ます。それは彼の身体的状況は自分で日常の国務に携わることを許さな
いということはよく知られた事実であるからです」。ファヒムはアフガニスタ
ン国内に元国王が活動的に公的役割を果たすことを主張する議論がある
ことを認めたが、「彼らは2つのグループに分けられます。1つは安全と福
利を熱望する一般民衆で、もう1つは元国王を踏み石にしようとする政治
的分子です」と主張した。「彼らは元国王の健康状態をよく知っています」
とファヒムは親ザヒル・シャー陣営について言った。「そこで、いったん国王
にこうした役割を認めれば、彼らは自動的にこの国の権力の梯子を登る
ことになります。彼らはもう30年も国を遠く離れていたり、アフガニスタン
で生まれてさえいないのにです」。

92 :533:02/04/28 08:59
暫定政権の国防相はザヒル・シャー陣営の政治的人物は国王のために
良いことはせず、逆に現在合意のある彼のイメージを傷つけ、ライバル関
係で分断されたり既得権益の代表にされたりする論争的な人物に彼を変
えるだろうと主張した。

「彼が安らぎを必要とし、国が統一されて、自分が尊敬される精神的指導
者とみなされることを望んでいる時に頭痛の種をまくようなことはせず」と
ファヒムは元国王についてさらに述べた。「私たちは英雄ミルワイス・ニカ
が3世紀前に演じたのと同じ模範的な役割を演じてほしいと思います」。
1704年、当時アフガンの首都だったカンダハルはペルシャ占領軍の総司
令官グルギン・ハーンに統治されていた。そこへミルワイス・ハーンと名乗
るアフガン人指導者が侵入者に対する反乱の指導者たちを糾合してアフ
ガニスタンを解放したが、最高の精神的指導者の役割に満足し、ニカつま
り祖父と呼ばれた。

将来の政府の構造と次期国家指導者については、ファヒムは遠慮なく、
王制の復活に賛成することは決してないだろうと述べ「わがムジャヒディン
の国民は時代をもとに戻すためにこれほど多くの犠牲を払うことはなかっ
たでしょうし、むしろ彼らは進歩を、前に進むことを望んでいます」「近年の
世界史に例のない犠牲を払った末に、国民に指導者や自分好みの政府
を押しつける権利や機会を他の者に与えるような屈辱をわがムジャヒディ
ンが許すことはありません」と彼は述べた。「誰もムジャヒディンが好まない
政府を押しつけることはできません」

93 :533:02/04/28 08:59
アフガニスタンを18か月間統治する暫定政権の首長に関する質問に答え
て、ファヒムは「すべてのムジャヒディンの意見を聞いた結果、私たちは暫
定政権の議長カルザイ氏をムジャヒディンの総意としてこのポストの候補
とする、という結論に達しました」と宣言した。


#ファヒムのまとまった発言も今まであまり目にしません。公共の電波での
発言ですが、かなり理路整然かつ大胆に発言しています。ラバニとも立場
はそう違わないと思いますが、国王自身よりも取り巻きの王党派が落下傘
的に進出してくることを警戒しているような印象です。
にもかかわらず、次期首相候補もカルザイというのが「ムジャヒディンの総
意」だというのはやや意外にも思いますが、現状でふさわしい人はそれしか
ないでしょうし、現時点で放送でこう言っておいてロヤ・ジルガの場では違う
人を出してくる可能性は小さいでしょう。
イスラム協会がカルザイ支持ならドスタムも異存ないと思いますので、この
ぶんならロヤ・ジルガでも揉めずにすんなり決まりそうか。

94 :名無し三等兵:02/04/28 15:18
産経新聞の一面に、あのマリクへのインタビューが・・・。
特集記事を組んでるようで、今回はその五回目。
内容は、彼の北部での大虐殺の詳細と、内戦の経緯でした。

カブールの破壊の大部分はヘクマティアル派によるもの。
また、後の内戦でもかなり破壊され、米軍によるものはわずか。
なぜなら、タリバンは戦闘前に逃走したから。
そのため、内戦の方がアフガニスタンには大きな打撃を与えたんだ、
と言うもの。あらためてこのスレで語ることではなさそうですが(w

ただ、ちょっと気になったのは北部でのマリクの裏切り部分で、
記事ではタリバンがハザラ人を武装解除しようとしたため、ハザラ人勢力が
市民と一緒に抵抗し、マリクもそれに加わった、という風になってました。
どうも今まで、タリバンがマリクを武装解除しようとし、
それにハザラ人が加わったと思ってたのですが・・・。
また、最後の方で少しまともなこともしゃべってて、ちょっと意外でした。

この特集、産経とってる友人に頼んで過去のも読ませてもらおう(w

95 :533:02/04/28 18:07
ファヒムが元国王を訪問(フロンティアポスト)
http://www.frontierpost.com.pk/afghan.asp?id=8&date1=4/28/2002

カブールテレビによると、ザヒル・シャーはファヒムがタリバン・アルカイダ
打倒に果たした役割を賞賛し、またその打倒はマスードのプログラムに
よって可能になった、ファヒムもマスードの路線を引き継いでほしいと述べ
たそうです。


#上のファヒムの発言と呼応するような感じで、元国王が如才なくマスード
も持ち上げた模様ですが、ロヤ・ジルガでの政府再編成をめぐって、どうも
ファヒムなどイスラム協会系と元国王派との間でいろいろ話がついてきて
いるのではないかと思わせるものがあります。

96 :眠い人 ◆ikaJHtf2 :02/04/28 20:36
今日はカブールで軍事パレードだったようです。
Mi-24がちゃんと空を飛んでいたのは驚きでした。
ロシアの支援でしょうか。

カルザイ議長の乗った閲兵用の車のフロントガラスに遺影が貼られていたのは兎も角、
マスード将軍の巨大な遺影を乗せた花バスが出たのはちょっとやりすぎのような…。
さぞかし、本人は苦虫を噛みつぶしているでしょうな。

話は変わりますが、洋海氏の本が出たようです。

97 :名無し三等兵:02/04/28 22:00
>巨大な遺影
ま、これがちっとでもアフガンの統一と平和に役立てば
故人もせいぜい苦笑いくらいで許してくれるんではないか、と。

それよりも「民族間の勢力争い」の象徴として扱うNHKナレーションの態度は、どうなのだろう。
どっちの意味にも解釈できるところがいろいろと悩ましい。

98 :533:02/04/28 22:42
軍事パレード
APの記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A61990-2002Apr28.html
によると、パレードはカブールだけではなく、マザリシャリフやカンダハル
でも行われたそうです。マザリシャリフではパレード開始の空砲を聞いて、
民族衣装を着て並んでいた女の子が戦争かと思って泣き出し、お母さん
に「もう戦争は終わったのよ」と慰められる場面があったとか。
カンダハルでは制服の兵士のほか、ターバンを巻いた兵士もたくさん参
加したとのこと。

NHKでは10年前に共産政権を倒した日、といった説明をしてましたが、
「アフガン情報」で調べてみると、92年の4月28日に、カブール入りしたム
ジャディディ暫定評議会議長がカブール政権から全権の移譲を受けたそ
うです。
マスード本人がカブールに入ったのは29日となっていますが、そういう記
念日でマスードの写真が出ること自体は一向おかしくない、とは思います
が……。

99 :名無し三等兵:02/04/28 22:57
軍事パレードでのマスードの“giant portrait ”
AP Photo
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/020428/168/1gqyw.html
Reuters Photo
http://search.news.yahoo.com/search/news?p=Masood&c=news_photos

あまり派手に、仰々しく祭り上げると、非タジク人に反感買うかもとちょい心配。




100 :名無し三等兵:02/04/28 23:06
アフガン:政権初の軍事パレード 暗殺の将軍に「英雄」の称号
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20020429k0000m030074000c.html

式典では、故マスード将軍に「国家的英雄」の称号を与えると宣言されたそうです。


101 :海の人:02/04/29 00:21
>マザリシャリフではパレード開始の空砲を聞いて、
>民族衣装を着て並んでいた女の子が戦争かと思って泣き出し、お母さん
>に「もう戦争は終わったのよ」と慰められる場面があったとか。

 これは泣けますなぁ。
 確か、先の大戦の時も戦争が終わって何がうれしかったって、灯火管制
がなくなって、電灯をつけても良くなったことだという話がありましたなぁ。

>ま、これがちっとでもアフガンの統一と平和に役立てば
>故人もせいぜい苦笑いくらいで許してくれるんではないか、と。
>それよりも「民族間の勢力争い」の象徴として扱うNHKナレーションの態度は、
>どうなのだろう。

 同感です、前回の無惨な仲間割れを二度と繰り返さないように、イワシの頭でも
拝みたいところでしょうから「特定民族のための政府ではない」というデモンスト
レーションと「ムジャヒディンには感謝しています」という暗黙のメッセージとしても
マスゥドを持ち出すのは政治的には利にかなってると思います。
 まぁ、どうせ2年もすれば過去の人になって、本人の望み通り静かに寝かせて
もらえますよ、というか、そうならないといけないということは重々判ってるの
ではないかと。
 そういう意味で、今日のNHK特派員のナレーションは、デスクが作ったのか
あるいは本人が作ったのか、日本国内向けの脚色がひどかったですね。


102 :名無し三等兵:02/04/29 04:53
軍事パレードを妨害したとして、ヘクマティアル派の数名が逮捕された模様。

103 :名無し三等兵:02/04/29 17:49
4/25発売の長倉氏の新刊、
「アフガニスタン 敗れざる魂 ―マスードが命を賭けた国―」(新潮社)

お読みになった方感想きぼんぬです




104 :533:02/04/29 18:07
派閥・民族対立が影 アフガン大会議の議員選出
http://www.asahi.com/international/update/0429/010.html

 アフガニスタンで6月に始まる緊急ロヤ・ジルガ(国民大会議)に向け、
代議員選出が全土で本格化している。人々は初体験の民主選挙に手
探りで取り組む一方で、地方の町にも「北部同盟対元国王派」や「パシュ
トゥン人対タジク人」といった派閥対立や民族不和が影を落としている。

 「ロヤ・ジルガでは南の連中から我々を守る人物を選ぼう」。北東部カ
ピサ州の高原地帯で放牧と農業を営むタジク人の町グルバハル。先週
あった代議員選出の住民会議で、軍のジャケットを着た中年の男が叫ん
だ。

 「南の連中」とは元国王派のパシュトゥン人のことだ。男は北部同盟の
元戦士で、タジキスタン大使館勤務から先月故郷に戻ったばかりだった。

 選挙は各区ごと数十人の選挙人を決め、選挙人が選挙人の中から投
票で1〜3人の代議員を選ぶ仕組み。同町で27日に決まった選挙人の
半数は元戦士で、あとは長老だった。

105 :533:02/04/29 18:08
 概して元戦士は反元国王派で、長老らは元国王への親しみが強い。
世論が二分されるケースもあり、カピサ州の別の区で選挙人に選ばれた
元判事のサブールさん(52)は「元国王を支持したいが元戦士や若者は
絶対認めない」と嘆いた。

 元国王への高齢層の親近感や国際社会の支持が頼みの元国王派に
対し、北部同盟は地方の元戦士の人脈から代議員を送り込む戦略だと
言われる。

 一方、民主選挙の仕組みを正確に国民に伝えるため、緊急ロヤ・ジル
ガ招集委の委員らは全国を飛び回る。ボン合意通りに6月中に移行政権
をロヤ・ジルガで決めるには5月中の代議員選出が必要。だが住民は議
論に時間をかけたがり、電話や交通の不便さで選出が始まったのはカピ
サやジョージャンなどまだ5州だけだ。

 サブガドゥラ招集委員は「アフガン人は上からの任命や軍人の権力者し
か知らず、合議制が伝統なので多数決も嫌う。説明には時間がかかり、
政治勢力の介入は注意したいが手が回らないのが現状だ」と話している。
(15:36)

106 :533:02/04/29 18:12
#タジク人地域でも年配の人には元国王派がいるようですね。しかし元国
王を支持するしないというのは、結局何について対立しているのでしょうか。
王制が復活すると今まで外国でぬくぬく暮らしていた取り巻きが政権に進
出することなどへの反発なのか、あるいは元国王も「南の連中」の一人だと
いう考えなのか、それとも国家の性格をめぐる思想的対立と考えなくてはな
らないものか。多分このどれもが存在するのでしょうが……。

それから、選挙人が選挙人の中から投票で代議員を選ぶ、と書いてありま
すが、選挙人がみな自分の名を書いたら代議員選出にならないわけですか
ら、何か代議員と選挙人とは別の資格があるということか。

107 :533:02/04/29 19:09
ドスタムが「過去と訣別」!?(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A62941-2002Apr28.html
アフガニスタンの軍閥は役割を交換
バート・ハーマン AP通信ライター 2002年4月28日(日)1:56 PM

アフガニスタン シベルガン―日曜、アフガニスタンの独立記念日を祝う
ために戦車、大砲、兵士がたくさん集まっていた。しかしアブドゥル・ラシッ
ド・ドスタム将軍の気配はこれらの戦争玩具の近くにはどこにもなかった。
彼はもうこれらに用はないと言う。

東部アフガニスタンでは依然として軍閥抗争が蔓延しているが、北部は
おおむね異論のないドスタムの縄張りである。

ドスタム―その名前はかつては「無慈悲な」「獣のような」「残忍な」など
の形容詞と結びついていたものだ―は戦闘服にかえてビジネススーツを
まとった。今では軍事戦略よりも予算とか建設計画について多くを語る。

「私はもう将軍として見られることは望まない」ドスタムはマザリシャリフか
ら約75マイル西のシベルガンにある自宅で金曜に行われたAP通信との
インタビューで述べた。「戦車や大砲のパレードはわがことにあらず。

私は本当に過去と訣別しようとしている」。

108 :533:02/04/29 19:10
新政権を作ったプロセスについては、それが十分包括的でないといって
ひとたびは批判的だったものの、ドスタムは自分をタリバン後のアフガニ
スタンにとって重要なプレイヤーの1人として位置づけた。

権威を確立するチャンスを増すにはドスタムが必要だと悟った暫定政権
の指導者ハミド・カルザイはドスタムを国防次官に指名し、先月には彼を
北部におけるカルザイの特別代表であると宣言した。

賢いオポチュニストだという評判に合わせるかのように、ドスタムはモハ
マド・ザヒル・シャー元国王が30年の亡命生活を終えて先週カブールに
帰ったとき、彼を迎えた最初のアフガン指導者の1人になり、檜舞台を分
け合ったのはただ1人カルザイとだけだった。

ドスタムは今まで、おじぎして引き下がるような様子を見せたことはない。
1989年に終わったソ連占領時代でも鍵となる人物だったこのウズベク人
は抜け目なく立ち回り、同盟を作っては破りながら地歩を固め、ついには
この国をタリバン支配から解放するのに大きな役割を果たした。

元国王がロヤ・ジルガつまり国民大会議を6月に開いて国政選挙までの
間統治する指導者を選んだあとも、彼は北部アフガニスタンで何らかの
指導的な役割にとどまりたいと述べている。

「もし将来の政府がなんらかの地域的構造を決めるのなら、私は北部の
民衆に奉仕する役として残ることができれば嬉しい」彼は戦争ではなく、
平和で国家的な役割を果たそうと決めた人物にふさわしい言葉で語った。

109 :533:02/04/29 19:11
それはイメージチェンジをしようとするドスタムの努力の一環である。彼は
国際人権団体などからの戦時虐殺に関する非難をどこかへ置き去りにす
る方策を探している。このような非難は彼の軍歴―米軍の助力で11月に
マザリシャリフをタリバンの支配から奪回したが、これはアフガニスタンで
最初の主要都市の解放だった―を傷つけている。

ドスタムはPRに関しては天性の資質をそなえており、ペンよりも銃のほ
うが雄弁な地域で、実際最も洗練された政治家のように振る舞っている。

木曜シベルガンで行われた電力中継所の開設式で、ドスタムはリボンを
カットし、パワースイッチを入れたが、その様子はあたかも赤ん坊にキス
をする政治家を絵に描いたようだった。

先月カルザイも参加してマザリシャリフで開かれたペルシャの新年祭で演
説したとき、ドスタムだけはその内容を英語に翻訳して外国メディアに配っ
た。彼はまた英語を話す顧問を持っており、それがプレスとの関係を円滑
にするのに役立っている。

市の中央にあるブルーモスクで行われたこの祝典では、ドスタムは肩に4
つの金星をつけた正式の軍服を着ていた。しかしカルザイの特別代表と
いう肩書きになって以来、文官の服装のほうがドスタムの頑丈な体を包む
にはよりふさわしい。

110 :533:02/04/29 19:12
金曜のインタビューの時は、彼はグレーのビジネススーツにダークグリー
ンのセーターのベストを着、黄と青のネクタイをしめていた。このインタビュ
ーの間に、側近の一人がガラスで覆われたモダンなオフィスビルとショッピ
ングセンターの絵を彼に見せた。ドスタムが構想するマザリシャリフの現代
的再開発である。北部がかつてそれで知られた家畜の繁殖や石油・ガス
産業を再活性化する投資として3億ドルの計画が交渉中だと彼は言った。

再構築を妨げている問題の一つは暴力事件が絶えないといってもいいこ
とである。ドスタムは「マザリシャリフの治安状況には満足していない」こと
を認め、「不安定さの原因になっている兵士や司令官たちと真面目な議論
をする」計画をもっていると述べた。

ピックアップトラックがカラシニコフとロケット推進のグレネードランチャーを
かついだ男たちを乗せて疾走するのはマザリシャリフでは壮麗なブルーモ
スクと同じぐらい馴染みの光景である。

ドスタムは治安が悪い理由の一つは彼が長いことマザリシャリフを留守に
していた―最近のカブール、トルコ、インド、そしてウズベキスタンへの旅
行―ことによると述べた。彼は現在ではもっと多くの時間を北部アフガニス
タンで過ごすつもりだという。

「きっと秩序をもたらすことができるだろう」と彼は述べた。

日曜のパレードには彼の姿はなかったが、そこには彼の写真がたくさん
あり、兵士がそれを運んだり、大砲や戦車を飾ったりしていた。大きな彼
の似顔絵の一つは戦車司令官のヘルメットをかぶっていた。

111 :533:02/04/29 19:12
#ドスタムは「軍閥」がイヤだというだけでなく「将軍」と言われるのも望ま
ないとか言っています。せっかく金星4つの陸軍大将にしてもらったという
のに、乱心したのかとさえ思われるほどですが(笑)。

しかしパレードではドスタムの写真がたくさん行進したらしいのはマザリシ
ャリフならではですね。ナジブラ政権の消滅の日を記念日にしておけば、
ドスタムもその功労者であるわけですから、写真を飾ってもおかしくないと
はいえますが、他の町では絶対見られないでしょうね(笑)。

「何らかの地域的構造」とかいうのは、北部、中部、西部といった広域行
政圏を作る連邦制のことを言っているのでしょう。

後半に書かれている治安の話は、アタとドスタムの兵士がまだ睨み合っ
ているからで、両者とも戦争する気はないものの、面子があって譲歩でき
ないということのようです。そのへんは↓の記事に詳細あり。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A57211-2002Apr26.html

それにしても、ドスタムはカブールに「旅行」するとか言っていますが、この
国防次官は普段はどこにいるのが適切だと思っているのかしらん。

112 :名無し三等兵:02/04/29 19:15
>103

全体に抑制された筆致ですが、名指しこそしないもののマスード批判やタリバン擁護の論説に対する反論が見られます。
従来の著書や講演では出ていなかった情報なども見られますね。

ラバニとの関係は、やはり指導力に疑念を持ち距離を置いていたそうです。
後期にはファイザバードに引っ込んで表に出てもらわないよう取り計らっていたそうで(笑)
カルザイを担ぐパンジシール三人衆の現在のスタンスは、やはりマスードの生前の路線を継承したもののようです。

またマスード将軍は自らの死が迫っていることを予感していたそうです。
暗殺の五日前には庭を歩き「これが最後の散歩になるだろう」と呟き、また爆発で死ぬ夢を見て遺書を用意しようとしたとか。
もっともテロとは思わず、ヘリの墜落を予想していたようですが。

113 :名無し三等兵:02/04/29 20:49
式典の画像
http://us.news1.yimg.com/us.yimg.com/p/rids/20020428/i/1019998923.3154198555.jpg
http://us.news1.yimg.com/us.yimg.com/p/rids/20020428/i/1019998678.3489669205.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1019999746.afghanistan_xms108.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020030167.afghanistan_her106.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020026579.afghanistan_her101.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020025576.afghanistan_her105.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020012638.afghanistan_kvc103.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020008922.afghanistan_xms111.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020007571.afghanistan_xaz106.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020007665.afghanistan_xms105.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1020007048.afghanistan_xms110.jpg
http://us.news1.yimg.com/us.yimg.com/p/rids/20020428/i/1019998829.3221250131.jpg
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020428/capt.1019992876.afghanistan_independence_day_xaz102.jpg
http://us.news1.yimg.com/us.yimg.com/p/rids/20020428/i/1019998761.3422593111.jpg

114 :103:02/04/30 11:03
>>112
ありがとうございます。これも買わねば。
ラバニとの関係、興味深いです。
爆死を予感していたとは。。。

115 :112:02/04/30 15:01
そもそもマスード氏がイスラム協会に加入したのは、
他にめぼしい反政府組織が無かったためのようであり、
特にラバニから薫陶を受けたということでもないようで。
1997年の危機的状況でラバニが国外に亡命したことが失望を決定づけたようで、
ラバニが自分の損z内観を示すため、司令官たちに金を配れと命じても無視したそうです。

ドクター・アブドラも登場しますが、やはりマスード氏が才幹を見抜いて
英国に留学させたそうです。
昨年の訪欧の際には、最後までしぶるマスードを、アブドラが手を引っ張
るように連れ出したんだとか(笑)

116 :533:02/04/30 19:30
トルコがISAF指揮引き継ぎに同意
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1958000/1958621.stm

引き継ぎがいつになるかは今後の交渉によって決まりますが、英国から
引き継いだのち6か月は続けるとのこと。当初財政難から渋っていました
が、これはアメリカの支援で解決したようです。

117 :533:02/04/30 19:31
ヘクマティアルの噂
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1956000/1956830.stm
軍事パレードについての記事ですが、最後の方に、ヘクマティアルが元の
地盤であるカブール東方のサロビに帰ってきているという噂が流れている
とあります。

サロビというのは、↓の地図のまん中へんにSorubiとあるものでしょう。
カブールとジャララバードの中間あたり。
http://www.multimap.com/wi/161527.htm

118 :533:02/04/30 22:15
カルザイ大いに語る
http://www.afgha.com/article.php?sid=14172&mode=thread&order=0
BBCの聴取者参加番組でカルザイがリスナーの質問に答えていろいろ
語ったもので、テープ起こししたものがアフガ・コムに投稿されていました。
印刷すると20頁にもなるので全部紹介できませんが、面白い質問だと思
ったものをいくつか。

ライズ・ドセット(インタビュアー):
アブドゥル(質問者、カブール市民)の別の質問ですが、彼はカブール周
辺に、パンジシール出身の名高いムジャヒディン司令官でありタジク人で
あるアーメド・シャー・マスードの写真がどれほど多いかと指摘しています。
当地の多くの人々はどうして今でもこのようなタジク人とパシュトゥン人と
の間の溝があるのだろう、どうしてアーメド・シャー・マスードのこれらの写
真を使ってタジク人が力を誇示するのだろうと疑問に思っています。アブ
ドゥルはいつになったらこれらの写真が取り払われるのか知りたがってい
ます。

ハミド・カルザイ:
これらの写真はタジク人とパシュトゥン人との間の問題ではありません。
アーメド・シャー・マスードは傑出した司令官であり、タリバンに敢然と立ち
向かった人物です。彼は外国の自爆犯、または彼らをどう表現してもいい
のですが、その手にかかって殉教しました。9月11日のすぐ前のことです。
彼に従っていた人々は彼を愛していますし、彼とともに戦ったムジャヒディ
ンたちも彼を愛しているから写真を飾っているのです。これらの写真はとて
も多くの人たちに好まれています。好きでない人もいますが、それはそれ
ぞれの選択です。

119 :533:02/04/30 22:16
ライズ・ドセット:
ではあなたは議長として、それはあなたの権威を傷つけるとはお考えに
なりませんか。

ハミド・カルザイ:
全然。どうしてそうなるのでしょう? むしろ好ましいことです。私はこの人
が好きです。私たちはアフガニスタン中の英雄を顕彰しなくてはなりませ
ん。私がバーミヤンに行ったとき、イスラム統一党の指導者ハリリ氏はア
フガニスタンの殉教者のために塔を建てていました。塔のある面にはアー
メド・シャー・マスードの肖像が飾られ、別の面にはアブドゥル・ハク司令官
の写真があり、もう一つの側にはムサヴィ(※不明。マザリのこと?)の写
真を飾っていました。それはすべての人々の模範になる国民統合の展示
でした。写真はある人たちの愛情という以上のものは意味しません。もし
アブドゥルさんが誰かの写真を展示したいと思うのなら、自由にそうするこ
とができます。

ライズ・ドセット:
(中略)もちろん平和と安全を確保するのは部分的には現在アフガニスタン
にいる国際部隊の仕事ですが、この点について電話での質問を頂戴してい
ます。まずアメリカから、テキサス州オースティンのジャクソン・ドッドさんが
電話に出ています。ジャクソンさん、ハミド・カルザイ議長に何を質問したい
ですか。

120 :533:02/04/30 22:16
ジャクソン・ドッド:
アメリカの軍事行動によってアフガン市民が家を失ったという申し立てがさ
れていることについて、アメリカ政府は関心がないように思われるのですが、
この点をいらだたしく思っておられますか。またこれがあなたの政府と米国
との間に緊張を生むとお考えでしょうか。

ハミド・カルザイ:
いいえ、そのような種類の緊張はまったくありません。これらのアフガン人
は誤爆に遭いました。ご質問はアメリカの慈善というか、そういったものに
ついてですね。この人たちは何度かここカブールに戻ってきました。そして
アメリカ大使館でそこの人が何人かのアフガン人と会いました。これは問
題ではありません。もしこれらのアフガン人家族がアメリカ政府や何らかの
アメリカの私的な団体から援助を受けているならそれは大変結構なことだ
と思います。

ジャクソン・ドッド:
私がここで受けている印象は、アメリカは良いことをしようとしているのかも
しれないが、アメリカ大使館に行った人たちは門前払いされた、つまりアメ
リカ政府から基本的に相手にされなかったというものです。

ハミド・カルザイ:
それは事実ではありません。彼らの間で相互にやりとりがありました。ちょ
うど数日前、私はこの件でアメリカから来られた数人の婦人と面会しました
が、この人たちは自分がしていることを私たちに知らせ、またアメリカ大使
館とも結果的に家を失ったこれらのアフガン人とも連絡を取っていると言っ
ていました。この婦人たちはアメリカ人です。

121 :533:02/04/30 22:17
(中略)
ハミド・カルザイ議長、国際部隊が今もかかわっている戦争は、単に治安を
維持するためのものではなく、今もタリバンやアルカイダ・ネットワークの残
存兵力を掃討しています。ノルウェーのオスロから電話をいただいています。
アナイスデーム・ラウフデーンさんが電話に出ています。トーキング・ポイン
ト(※番組名)にようこそ。ハミド・カルザイ議長へのご質問をどうぞ。

アナイスデーム・ラウフデーン:
カルザイさんこんにちは。タリバンが90年代初めに権力を握ったとき、あな
たはタリバンを支持しておられたようですが、その後何があなたの政治的な
態度を変えるきっかけになったのか、また現在誰がタリバンをコントロール
しているのか、それと彼らの将来の役割は何か。

ハミド・カルザイ:
タリバンが力を持つようになった1994年―そうです、私は彼らを支持しまし
た。むしろ私は一番最初から彼らを支持していました。私は旧ソ連に対する
聖戦の日々から彼らを知っていましたし、彼らは良い人たちでした。しかし
彼らがアフガニスタンの舞台に現れてから5か月か6か月たったとき、私た
ちは彼らがどんどんアフガニスタンの価値感や現実に対して異物と化して
きたことを悟りました。彼らがアフガニスタンのためにするだろうと私たちが
期待していたこと、つまり国の統一、進歩、平和と尊厳をアフガニスタンに
もたらしてくれるという期待に反して異物と化していったのです。

122 :533:02/04/30 22:18
私たちの期待や思いに反して、彼らは国の統一、独立、経済的側面などに
ついての期待とまったく反対の仕事を始め、アフガニスタンの殺人機械にな
っていきました。彼らはすべてのアフガン人に対する戦争を始め、アフガニ
スタンに外部からの巨大な影響をもちこむようになり、アフガニスタン内でテ
ロリズムと密接なつながりをもつようになりました。そして彼らはアフガニス
タンの惨めさと災厄の原因になったのです。そこで私は彼らと対立するよう
になり、闘争を始めました。

アナイスデーム・ラウフデーン:
いま誰が彼らをコントロールしており、また彼らの将来の役割は何でしょうか。

ハミド・カルザイ:
そうですね、現在誰が彼らをコントロールしているのかは知りません。タリバ
ンはすでに政権として、また軍事的機械として、運動としては存在していま
せん。アフガン人の個人としては、彼らはアフガン社会の一部ですし、私たち
はなんら彼らと対立していません。問題は、つまり追跡すべきなのは、明らか
に犯罪やテロリズムと関係しているタリバンだけです。一般のタリバンは一
般のアフガン人であり、彼らは自分の社会で尊重されて生きることができ、こ
れにはなんら問題ありません。
(後略)

123 :533:02/04/30 22:19
#こういう場所なので模範解答的になるのはやむをえないですが、きちんと
答えようとしているとは思います。最後の質問の答で、オマルについて何ら
ふれていないのはちょっと不思議ですが、質問者もそれ以上追及しませんで
した。

124 :名無し三等兵:02/05/01 13:51
グル・アガ指名に関する質問はありませんでしたか?

125 :533:02/05/01 19:38
>>124
個人名をあげて、これがトラブルを起こしているがどうよ、といった質問は
なかったですね。
ドスタムについてどう思うか、なんていうのがあれば既に訳しています(w

きのうはわからなかったんですが、原文がBBCサイトに出ていました。
http://newsvote.bbc.co.uk/hi/english/talking_point/newsid_1940000/1940038.stm
映像もあります(テレビ番組らしい)。もっとも、カルザイがただ座って話し
ているだけです。全部で1時間ほど。
マスードの写真の話は探してみると開始から28分ちょっとの所にあります
が、ハリリが建てた塔に飾られた「ムサヴィ」の写真というのは、聴いてみ
るとマザリでいいように思いました(マサリと聞こえる)。もっとも、ヒアリン
グは苦手ですが(w

126 :533:02/05/01 19:40
川口外相のカブール訪問、NHKの7時のニュースで出ました。空港で
アブドゥラ外相の迎えをうけ、女学校を訪問していました。
カルザイ議長との会談はこれからとのこと。

127 :名無し三等兵:02/05/01 20:18
復興支援に協力約束 川口・カルザイ会談

 【カブール1日共同】川口順子外相は1日午前(日本時間同日午後)
アフガニスタン入りした。アフガン暫定政権のカルザイ議長(首相)、
アルサラ財務相らと会談した。日本の閣僚のアフガン入りは、昨年の米英軍の
アフガン空爆以降初めて。
 外相はカルザイ氏との会談で、アフガン復興に向け(1)政治プロセス
(2)治安改善(3)人づくりなどの人道・復興−−の3分野で重点的に協力する
考えを強調。現在の暫定政権から正式政権発足(2004年6月)までの間の
政権メンバーを選出する今年6月の緊急ロヤ・ジルガ(国民大会議)成功に向け
270万ドルの財政支援を正式に表明。アフガン警察への車両提供や地雷除去、
テレビ局や学校施設の修復などを盛り込んだ「川口プラン」を伝える。 (了)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KHP&PG=STORY&NGID=AITN&NWID=A3510110


128 :名無し三等兵:02/05/01 20:26
関連記事です。

川口外相がアフガンで女学校視察、文具などプレゼント
http://www.yomiuri.co.jp/01/20020501ia22.htm
就任3カ月:川口順子外相 カルザイ議長らと会談
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20020502k0000m030017001c.html

129 :533:02/05/01 20:35
アフガン暫定行政機構を脅す国内勢力は標的に=米軍司令官
http://news.msn.co.jp/articles/snews.asp?w=142211
2002 年 5月 1日
 [バグラム空軍基地(アフガニスタン) 30日 ロイター] アフガニスタン
での地上作戦を指揮する米軍のハーゲンベック司令官は、タリバン政権
崩壊に役割を果たした同国各地の武装勢力に対し、暫定行政機構を脅
かせば攻撃の標的になる可能性がある、と警告を発した。

 週末にかけて東部ガルデスでは、敵対する勢力間で攻撃をしかけ、民
間人30人の死者を出した。

 ハーゲンベック司令官は、永続する同盟関係は存在しないとして、同国
に割拠する各地の武装勢力に警告を発した。この警告は、同国のカルザ
イ議長(首相に相当)の権力に挑戦する勢力に向けられたもの。


#「永続する同盟関係は存在しない」というのは、パクティアやホストで暴
れているザドラン(首になった知事)はもう米軍にとっては用済み、という
意味に受け取れます(笑)。

130 :533:02/05/01 20:35
一方このパクティア州の騒動では、元国王が調停したとも言われています。
アフガン東部の衝突、元国王が調停
http://www.yomiuri.co.jp/05/20020430id24.htm
 【カブール30日=新居益】アフガニスタンのザヒル・シャー元国王は30
日、AFP通信と会見し、戦闘が続くアフガン東部パクティア州の情勢につ
いて、「(同地域の)部族指導者と接触し、関係者の間で合意が生まれた」
と語り、自らの調停が成果を収めたとの認識を示した。4月18日に帰国し
た元国王が、和平における具体的な役割を果たしたものとして注目される。

 元国王は連日、政界関係者や全国の部族指導者らと精力的に会見して
いる。
(4月30日22:24)

131 :533:02/05/01 20:51
ドスタムとアタの部隊がまた衝突(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A12468-2002May1.html
マザリシャリフ南のシュルガラと南西のサレポルで両者の部隊が衝突し
たとのこと。シュルガラの方は現在おさまっているようです。

この2人は対ソ戦争時代に遡る確執があるんですが(ドスタムは政府側、
アタはムジャヒディンでマザリシャリフをめぐり争った)、2人+ハザラ人の
モハキクの3人組で去年11月にマザリシャリフを落としたという経緯があ
ります。落とす前からライバル意識むきだしで、スレ2あたりでもそのへん
の話が出てきていました。

132 :名無し三等兵:02/05/01 22:44
今、NHKに川口外相が生で出てるぞ。

正面から見ると、妙に笑える顔だな。

133 :533:02/05/02 06:04
川口外相、アフガンで「復員庁」設立を提案
http://www.yomiuri.co.jp/01/20020501i213.htm

 【カブール1日=相原清】日本の閣僚として内戦終結後初めてアフガニス
タンを訪れた川口外相は1日午後(日本時間同日夜)、アフガン暫定行政
機構のカルザイ議長とカブール市内の議長府で会談し、除隊兵士の社会
復帰事業を支援するため、日本の戦後の復員省をモデルとした「復員庁」
を設立するよう提案し、近く担当者をアフガンに派遣する考えを伝えた。
カルザイ議長も賛同した。

 外相はまた、次期暫定政府の体制を決める6月の緊急国民大会議(ロヤ・
ジルガ)の開催経費として270万ドル(3億5千万円)を緊急援助することを
表明した。このほか、新支援策として<1>警察への資機材の供与や地雷
除去支援など治安確保面での協力<2>外交官5人の研修の受け入れ―
―などを行うことを伝えた。
(5月2日00:53)

134 :533:02/05/02 06:23
マスードにノーベル平和賞を、という運動(AFP)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14202&mode=thread&order=0

フランスの団体がマスードに2002年のノーベル平和賞を、という運動をし
ているとのこと。賛同者の中にはカルザイやファヒムの名もあるそうです
が、問題は生存者にしか授与しないという規定があることです。

#まあ本人は要らないと言いそうな気がしますが……。

135 :ドスタム:02/05/02 06:35
要らないなら俺がもらってやるよ!

136 :533:02/05/02 19:22
戦車にドスタムの似顔絵
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1962000/1962372.stm

きのうも書いた北部でのドスタムとアタの部隊の衝突を伝えるBBCの記
事ですが、この衝突はこのあいだの軍事パレードがきっかけで起こった
らしい(APの記事では、ドスタム派がパレードの後で町から動かなかった
ので争いになったとか)ので、パレードの写真が出ています。
写真は2枚あり、1つは戦車に大きなマスードの似顔絵が飾られて行進し
ているもの、もう1枚は同じようにしてドスタムの似顔絵を飾っているもの
です。
ドスタムのは……(w
http://news.bbc.co.uk/olmedia/1960000/images/_1962372_dostum150ap.jpg
マスードを飾っている戦車も、背景にマザリシャリフのブルーモスクと思わ
れるものが写っているので、両者ともマザリシャリフでのパレードでしょう。
マスード戦車はアタの部隊のものか。
衝突については、これも昨日の記事なのであまり詳しくないんですが、政
府が調停者を派遣したと書かれています。

137 :533:02/05/02 19:47
某所で拾ったドスタムの写真。
http://us.news2.yimg.com/us.yimg.com/p/ap/20020426/capt.1019837492.afghanistan_prisoners_xaz101.jpg

138 :533:02/05/02 21:15
多忙な空軍基地 アフガン空軍(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A12862-2002May1.html
トッド・ピットマン AP通信ライター
2002年5月1日(水) 4:42AM
アフガニスタン バグラム―2階建てのオフィスの窓ガラスはひび割れし
ていたが、アフガン空軍のシャー・アラム将軍にはよく見えた。ヘリと輸
送機の群れが轟音をあげながら山々を越え、威圧的な白い牙を描いた
戦闘機が空を突き抜けて飛んでいた。

アラムは現在最も忙しく活動しているアフガニスタンの空軍基地の司令
官である―問題は、ここを飛んでいる航空機のどれも彼のものではない
ことだ。

「われわれには何も飛行機がない」とアラムは言った。彼の貫くような青
い目はしばしの間、バグラムの滑走路でホバリングしているアメリカの
チヌーク・ヘリコプターを見ていた。バグラムは首都カブールのすぐ北に
ある。「しかしわれわれはいつでも戦う用意がある」

23年にわたる戦いはアフガン空軍に大きな損失を与えた。1990年代の
アフガン内戦でも手ひどくやられ、近くは去年の米軍によるタリバン攻撃
で最後の一撃をくらった。Jane's Information Groupによると、1993年には
空軍は230機の航空機を誇っていた。しかし2001年央にはそれが数十機
になっていた。ロシア製のMiG-21とSu-22戦闘機18機、アントノフ輸送機
15機まで、それにMi-8とMi-17ヘリ数機などだ。

139 :533:02/05/02 21:16
10月と11月の米軍の空爆を生き延びたのがどれだけあったかは誰も知
らない。カブールの当局は、いくつかは去年、近隣諸国に隠されたりした
ので、残っている航空機の正確な数字を出すにはあまりに分散している
と述べた。土曜日にこの国に最後に残った2機のMiG-21のうち1機が
カブール南東で明らかに事故のため墜落し、パイロットが死亡した。

1980年代にはバグラムの1万フィート滑走路は旧ソ連が10年を費やした
イスラム反乱軍との戦争で主要な作戦基地をつとめた。

いまこの基地は24時間を通じてアルカイダとタリバンの残存兵力を捜索
する数千のアメリカとイギリスの兵士に占領されている。

アフガン空軍でバグラムに勤務するのは臨時を含めて約2500名である。
これには治安要員を含まないが、それは一時に6人程度である。

「ほとんどの軍人とパイロットはカブールにいる」基地にある小さくて荒れ
た様子の床屋の前で2人の仲間と喋りながら、空軍のマジ・ハリル・ラーマ
ンは言った。「彼らは毎週来るが、何もすることがない。だから点呼をうけ、
ボスの顔を見たら帰るんだ」

先週彼らはここ9か月で最初の給料をもらいに集まった―暫定政権がトラ
ックにアフガンの金を満載して運び込み、給料袋を配り始めたのだ。

140 :533:02/05/02 21:17
「昔はここには何でもあった」ラーマンは言った。「いい建物に熱いシャワ
ー、いい家具、映画、大きなカフェテリア」

しかしアフガニスタンではたいていのものがそうだが、それらはみな破壊
されてしまった。アラムの2階建ての司令部の色あせた黄色い壁はロケッ
ト弾で壊されていた。窓の大部分にはガラスがなく、代わりにプラスチック
のシートをはめていた。近くの建物はほとんどが屋根のない廃墟で、その
まわりは地雷原だ。

この広い場所を歩き回っていると、臨時でも何でもアフガン空軍があると
いうことが信じがたく思える。

数千の米兵がバグラムの大部分を占拠して、海のように緑色のテントを
張り、主要格納庫の中に木造の事務所を建てている。数百人の英海兵
隊員も到着した。攻撃ヘリや多数の頑丈なダブルローターのチヌークを
含めた連合軍の航空機がいつも空を舞っている。

1980年代にソ連人がバグラムを支配していた時にも、同じようにアフガン
人は影が薄かった。彼らが去るとアフガン人は銃を互いに向けて、1992
年から1996年まで内戦をやり、ライバルの各党派が飛行機を自分のもの
として確保した。

141 :533:02/05/02 21:17
1996年タリバンが勝者として現れたが、北部同盟との小競り合いは続い
た。北部同盟は国の小部分を支配し続けていた。バグラムはその前線に
あったが、今でもそのように見える。

ヘリの骨格がいまでも滑走路近くに横たわっている。巨大な輸送機がロ
ケット弾で破壊されている。錆びついたジェット戦闘機―あるものは破壊
され、あるものは放棄された―は基地のそこら中にある。そのほかといえ
ば、壊れたエンジンと航空機の部品が散らばるがらくた捨て場だ。

バグラムにいる大部分のアフガン人パイロット―アラムを含め―は1996
年以来空を飛べなくなった。タリバンの部隊が空港から数百ヤード向こう
に陣地を構え、つねにここを大砲と迫撃砲で攻撃していたからだ。

この基地は何度か持ち主を変えた。アラムが北部同盟の部隊とともに山
の中に逃れなければならないときもあった。しかし時は移った。

アラムの机の上のガラスの下に、彼が1981年以来バグラムから飛ばして
いたのと同種の2機のSu-22戦闘機の写真がある。米軍人が書いたメモ
が2機の間に書かれていて、彼の協力に感謝していた。

「アメリカはここに来てわれわれといっしょにタリバンと戦ってくれた。たぶ
んわれわれの新しい友人は、新しい飛行機をくれるだろう」アラムは言った。

142 :533:02/05/02 21:25
#飛行機はたぶんロシアからだろうと思いますが、虎の子の2機のうち1機が
パレード前に墜落したらしいし、早くもらわないと(^^)。

143 :533:02/05/02 21:42
北部で停戦(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A20180-2002May2.html
マザリシャリフ近郊でのドスタムとアタの部隊の衝突は、国連の調停で
おさまったそうです。また両者ともマザリシャリフには600名の警察以外、
武装兵力を置かないことで合意したとのこと。しかし、2月にも似たような
合意があったが守られなかったとか。カルザイは怒っていたが、彼の力
は限られているとも論評しています。


#この2人の争いは前から何度もありますが、最近ではどちらも内々に
ISAFの展開を望んでいるとも言われていました(>>111で引いた記事)。
そうでもしないと面子を保ったまま撤兵できないと思っているものらしい。
ドスタムも3億ドルとかの北部への投資計画があるようですが、これも
治安が確保できないと難しいとは自分で認めているところ(>>110)。
最近は背広を着て、すっかり北部の開発に夢中になっているようだし、
いい加減にしてほしいですな。
それにしても、ワルダク州で争っていたザファルディンとナンギャライの
2人の話はその後さっぱり聞きませんが、どうなったんでしょうね。

144 :533:02/05/02 21:57
アフガン:
川口外相がシャー元国王表敬訪問 帰国を歓迎
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20020503k0000m030039000c.html

 【カブール尾中香尚里】川口順子外相は2日、亡命先のイタリアから
帰国したアフガニスタンのザヒル・シャー元国王を表敬訪問し、「元国王
の帰国が(アフガン)国民に大きな激励となることを期待したい」と帰国
を歓迎した。6月の緊急ロヤ・ジルガ(国民大会議)の開会を宣言する
元国王が「ロヤ・ジルガの結果が国民の意思を代表することになること
を期待している」と述べたのに対し、外相は「成功を見守っている」と述
べ、開催経費を支援することなどを伝えた。

[毎日新聞5月2日] ( 2002-05-02-19:36 )

145 :名無し三等兵:02/05/03 11:45
英軍が対アル・カーイダの新たな掃討作戦
http://go.jp.msn.com/news.asp?g=30308610&t=news.msn.co.jp/articles/snews.asp%3Fw=142999



146 :名無し三等兵:02/05/03 11:50
>145
リンク切れかな……?
数日前からパキスタン国境で云々という話はありましたが、
その続報でしょうか?

ところで、東部ではバチャ・カーン討伐(?)のために政府軍を出すとか
言う話がありましたね。

147 :名無し三等兵:02/05/03 12:53
ドスタムとアタの戦闘は依然続いているとの記事が朝日朝刊にあったが、
朝日サイトのほうにはなし。
なんでやねん?

>146
正常に見れるけど?

148 :146:02/05/03 13:15
>147
今見ると見れました(^^;
さっきは404でてたんですが・・・俺だけ?(鬱

新聞に出てる記事全部はサイトに乗らないわけで、
その辺を考えれば、アフガン問題はかなり優先度の低い事案に
なってるんでしょう。
こんな形で注目されることはあの国にとっては不幸なことですし、
こういう流れでいいと思いますよ。
何となく寂しい気もしますが、「忘れ去られた国」と言う形にさえならなければ
いいのではないでしょうか。

149 :533:02/05/03 14:08
>>146
クリスチャン・サイエンス・モニターの記事
http://www.afgha.com/article.php?sid=14231&mode=thread&order=0
これによると、カルザイが1日の放送演説で、バチャ・カーン(ザドラン)
を「人殺し」と呼び、可能な限り早く攻撃を行う、と示唆したとのこと。
ザドランの兄弟は閣僚だったはずですが、これもとばっちりで首になる
のでしょうか。

この関連で、ハーゲンベック司令官の「永続的な同盟関係は存在しない
という昔の格言は、たぶんこの例においては本当だろう」という談話が
引かれています。(>>129

150 :名無し三等兵:02/05/03 15:12
>その辺を考えれば、アフガン問題はかなり優先度の低い事案に
>なってるんでしょう。

でもって、ジハード・ニュースのようなところからの情報ばかりになって、
またデムパを増やすわけだ。(鬱

151 :533:02/05/03 16:42
ドスタム領で集団墓地発見(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1965000/1965525.stm

アメリカの団体「人権のための医師団」が何回か調査に入って発見した
とのこと。2か所あり、1か所はマザリシャリフ近郊の、数年前にタリバン
に殺されたハザラ人の集団墓地がある付近。これと別に新しいものがあ
った。もう1か所はクンドゥズで降伏したタリバン捕虜が収容されたシベ
ルガン刑務所近くだそうです。いずれも死体にはいったん野外に放置さ
れて犬や鳥に食われた形跡があった。
もっと検査しないと葬られた人間がどういうものかはわからないが、死体
を積んだトラックが発見地へ入るのを見た地元民の証言があり、タリバン
捕虜の可能性があるとしています。

152 :533:02/05/03 16:43
#死体がみつかったのは事実でしょうが、マザリシャリフ近くのは性格不
明ですが、シベルガンについては、ここの捕虜は最近も数百人が釈放さ
れているので、もし暴動―集団処刑のようなことがあったとすれば捕虜
の口から出てきていそうなものですが、そのような報道は見ません。
クンドゥズでは降伏前から捕虜は殺すなと国連なども釘を刺していました
し、カライジャンギでは暴動の末とはいえ殺したことでずいぶん批判も浴
びており、また国内のパシュトゥン人も捕虜については心配していること、
米軍もいたはずであることなどを思うと腑に落ちないところがあります。
今後の確認報道を待ちたいですが、いずれにしてもドスタム親父もイメー
ジチェンジをはかろうとしているのに、いろいろ出てきますな。少なくとも、
ノーベル平和賞の候補にならないことだけは間違いないようで(^^;。

153 :533:02/05/03 18:51
集団墓地の関連記事(フロンティアポスト)
http://www.frontierpost.com.pk/afghan.asp?id=4&date1=5/3/2002
これによると、「11月以来シベルガン刑務所にいるタリバン捕虜たちは先
月のインタビューで、クンドゥズからシベルガンへ運ばれる途中で仲間の
捕虜の多くが死んだ、ほとんどは輸送に使われたコンテナの中での窒息
死だと語った」とあります。

#この可能性はあると思います。

154 :533:02/05/04 06:07
ハジ・ザマンの免職(フライデータイムズ)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14257&mode=thread&order=0

4月8日にジャララバードでファヒム暗殺未遂事件があり、そのあとナンガ
ルハル州の治安局長ザマンは「VIPの安全確保が不十分」だとしてクビに
なった(ファヒムの強い要請だという)。
しかしザマンは王党派でライバルのハズラット・アリは北部同盟なので、
ザマン本人はこれは王党派を抑えようとするパンジシール閥の陰謀だと
主張。しかし流血を避けるためと称してアフガニスタンを離れ、パキスタン
に移ったそうです。

155 :533:02/05/04 06:31
カブールの新聞(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A28810-2002May3.html

雨後のタケノコのごとく新聞が現れ、カブールだけで100紙以上あるとか。
小さい週刊紙が多く、大部分は3か月もすれば淘汰されると見られていま
す。
情報省は新聞の統制などはしていないと主張していますが、面白いのは
最大紙「カブール・ウィークリー」がドスタムについての記事を出し、その中
でドスタムが「地域により多くの自立性を」と主張したところ、「国家の統一
を脅かす」というので新聞が譴責されたとか(^^;)。
また、カルザイとムシャラフとの共同記者会見の席上、カブールテレビの
記者が国境問題について質問したところ、カルザイは質問を遮り、あとで
その記者は取材ができなくなったとのことで、記者はアフガニスタンに言論
の自由はないと主張。

#この種の言論統制は褒めるわけではありませんが、政権にとってセンシ
ティブな問題が何かということが察せられます。

156 :533:02/05/04 07:20
アフガン「公務員は午後も働け」 薄給の職員が反発
http://www.asahi.com/international/update/0503/016.html

 アフガニスタンの官公庁の勤務時間は午前8時から午後1時までだった
が、暫定政権のカルザイ議長は国営ラジオで1日夜、来週から3時間延
長し、午後4時までとすると発表した。

 暫定政権発足後、利用者や国際機関から「午後に窓口を閉められたら
仕事にならない」との苦情が相次ぎ、官公庁の業務も増えて午前だけでは
処理し切れなくなった。実施に伴って各人に2万アフガニ(約70円)の昼食
代が支給される。

 一夜明けた2日、各官庁は大騒ぎで、教育省の大臣室では大勢の女性
職員が「子供の世話はどうするの」と抗議に押し掛けた。安い給料を補う
ため、半数以上の公務員が午後にアルバイトをしていると言われ、「生活
できなくなる」との苦情も相次いでいる。

 午前だけの勤務は90年代初頭に始まった。戦乱で予算が足りない当時
の政府が給与削減と同時に勤務も短縮。タリバーンも引き継いでいた。
(22:35)


#勤務延長するなら給料も上げないと、汚職が増えそうですが。……

157 :533:02/05/04 08:32
>>155のカブールテレビ記者の件ですが、これについては「国境なき記者団」
という団体が懸念を表明し、処分の再考を要求したとのことです。
http://www.afgha.com/article.php?sid=14256&mode=thread&order=0
これによると、記者は公式行事の取材ができなくなっているとされています。

ただ、記者の処分を報じたのが地元紙「カブール・ウィークリー」だそうです
ので、その点では比較的統制は少ないようにも思われます。

158 :533:02/05/04 20:01
再建への道、険し アフガンの航空会社
http://www.cnn.co.jp/top/K2002050400129.html
2002.05.04
Web posted at: 10:20 JST

- AP
カブール(AP) 残った飛行機は1機だけ、滑走路のわきには不発弾。
かつてはロンドンやパリまで国際線を飛ばしていたアフガニスタンのアリ
アン・アフガン航空が、壊滅的な状況の中で再建への道を模索している。
2年以上にわたったタリバーンへの国連制裁と、同時多発テロ事件後の
米英軍による空爆は、ここにも深いつめ跡を残した。

先ごろアリアン・アフガン航空の新社長に就任したジャへド・アジミ氏は
「残されたのは1機の旅客機と1600人の従業員」と肩をすくめる。予定
では週2回、カブールから西部ヘラート、ドバイ(アラブ首長国連邦)、ニュ
ーデリー(インド)への便が飛び、十数人の乗組員が順に搭乗することに
なっている。だが欠航は茶飯事。たった1機のボーイング727が派遣団な
どの公用に急きょ使われてしまったら、乗客は空港で待ちぼうけとなる。
カブール空港では今年2月、2日間待たされた乗客らが航空・観光相を襲
い、殺害する事件も起きた。

159 :533:02/05/04 20:02
アリアナ・アフガン航空は99年11月から今年1月まで、国連制裁で外国
への乗り入れを禁止されていた。保有していた航空機のほとんどは昨年、
米軍のカブール空港爆撃で破壊された。この時、同空港は内戦による被
害の修復が始まったばかり。同時多発テロの1カ月前に設置された新しい
レーダーシステムも、爆撃でがれきと化した。今も滑走路の両側には地雷
が点在し、航空機の残がいの間に不発弾が横たわる。

だがアジミ氏は、立ち直りへの希望を捨てていない。すでに米アメリカン
航空から中古のボーイング機を買い取る契約を済ませ、大手航空会社と
の合弁なども考えているという。アフガンの国家と同様、時間をかければ
再建への道が開け、「すべてがうまくいくはず」と、アジミ氏は力強く語って
いる。


#航空相が殺されたのはこの記事でも乗客による事件となっていますね。
>>72
それで決着したのでしょうか。

160 :名無し三等兵:02/05/06 14:16
400 Pakistanis to be freed: Dostum

KABUL, May 5: Top Afghan warlord General Abdul Rashid Dostum on Sunday
announced plans to free 400 more Pakistani prisoners suspected of
involvement with the Taliban from the notorious Shiberghan jail in
northern Afghanistan.

http://www.dawn.com/2002/05/06/top7.htm

#もしかしてノーベル平和賞受賞への布石か?(嘘

161 :533:02/05/06 18:55
ファヒムがインド訪問
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1970000/1970310.stm
国軍の訓練などについてインドの支援を要請するとのこと。
小さいニュースですが、ベレー帽と迷彩服という姿のアフガン新国軍兵
士の姿が見られます。

162 :533:02/05/06 19:51
同じ英語でも… 作戦名で英米にギャップ
http://www.cnn.co.jp/fringe/K2002050500785.html
2002.05.05
Web posted at: 17:40 JST

- CNN/AP
アフガニスタン・カブール――アフガニスタン南東部で4月末から英海兵
隊を中心に始まった、イスラム原理主義勢力タリバンとテロ組織アルカイ
ダの掃討作戦「狙撃作戦」が、協力する米軍の失笑を買っている――理
由はその名前。「狙撃作戦(Snipe Operation)」が、米国では全く別の、か
なり皮肉な意味になってしまうからだという。

英語の「Snipe」は鳥のシギだが、米国の俗語では「存在しない動物」とい
う意味があり、「Snipe Hunt」は「存在しない動物を狩る」ということになる。
また「シギ猟に誘って寂しい場所に出向かわせ、待ちぼうけを食わせるイ
タズラ」の意味もあり、この作戦に協力する米軍にとっては、苦笑するしか
ない作戦名だ。

英国では言葉どおり「シギ狩り」という意味しかないのだが、米軍のビル・
ピープルズ大尉はこの作戦名を聞いて「冗談に違いない」と叫んで記者を
基地から追い出す始末。しかし、後で落ち着いてから「英海兵隊は我々の
パートナーだ。英海兵隊が付ける作戦名をもの笑いの種にするわけには
いかない」としている。

163 :533:02/05/06 19:51
1000人体制の「狙撃作戦」の結果は、作戦名を英国風に解釈した「組織
立ってシギを追い詰め、討ち取る」ものになるのか、米国風に解釈した「アフ
ガニスタンにはもういない容疑者らを追いかける、大山鳴動ねずみ一匹作
戦」となるのかは、今後の展開次第だ。


#現在までのところはどうも……(w

164 :名無し三等兵:02/05/06 21:43
#さすがイギリス人。よく分かってるね。(苦笑)

165 :大渦よりの来訪者 ◆Bzr3neko :02/05/06 21:48
>162
トミーは性格が悪いから、狙って付けたに決まっている!!(笑)

166 :533:02/05/07 19:00
7州でロヤ・ジルガ延期運動(クリスチャン・サイエンス・モニター)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14298&mode=thread&order=0

南部と東部の7州の有力者が、ロヤ・ジルガは「伝統に従っていない」
「虐殺を犯した者が排除されていない」などとして、6月のロヤ・ジルガを
ボイコットすると言い、またロヤ・ジルガの18か月延期を国連とロヤ・ジ
ルガ委員会に請願したとのこと。
申請では選挙で選ばれない500人がどういう根拠で出てくるのか、につ
いても疑問を提起しているようです。
もっとも、伝統うんぬんについては、昔と今は時勢が違うと一笑に付す
意見も紹介されています。

ガルデス発なのでパクティア州にこの運動の中心があるようで、またパ
シュトゥン人の運動となっていますが、7州とはどこか、それぞれの州で
どれぐらい有力な運動になっているのかなどは記述がありません。

167 :533:02/05/07 19:01
#請願書が出されたというだけなので、あまり気にしないでいいことかも
しれませんが、ただ今回のロヤ・ジルガは(やむをえないこととはいえ)
選出方法が本当の意味の選挙ではないところが多々あるため、不満を
もつ各勢力から文句をつけられる余地を残してしまったわけで、今回の
ようなパシュトゥン人側の文句だけでなく、前にはラバニがロヤ・ジルガを
インチキ呼ばわりするなど、現政権に反対する勢力につけいる隙を与え
ているのは事実でしょう。

とか言っているうちに、6月10日のロヤ・ジルガ開催日まであと1か月と
少し。全国での準備はどんな具合でしょうか。東部では「存在しない動物
を狩る作戦」とかで、それどころでない地域もあるんでしょうが(苦笑)。

168 :名無し三等兵:02/05/08 00:49
西欧的な完全多数決方式による選出にしたら、それはそれで反暫定政権側はブーたれるだろうに。

私が不思議に思うのは、かねてから「アフガンにはアフガンの伝統がある。
欧米の価値観でものを見るな!」と叫んできた連中が、このロヤ・ジルガの、
アフガンの伝統に妥協した選出方法に、少しも評価を与えるようなコメントを
しないという点だな。

マジで傀儡政権だと思ってるわけなのか?(傀儡政権作るんなら、ローマ会議なんか
やんないで有無を言わさず国王を復位させるだろ)



ケチばかりつけて自分では何もしない連中に、ちょっとカチンときてみました。

169 :533:02/05/08 20:05
アブドゥラ外相の不透明な政治的将来(ユーラシアネット)
http://www.eurasianet.org/departments/insight/articles/eav050702.shtml

タイトルはどきっとさせますが、内容は大したことがなく、いまアブドゥラ
はカブールでは人気があるが(カルザイが別格で、その次がパンジシー
ル3人組だとか)、ドスタムなんか元国王にすり寄っているし、パシュトゥ
ン人のタジク人への反発もあるし、将来はどうかな、ぐらいの記事です。

アブドゥラは元国王を迎えに飛行機で行ったわけですが、戻ってから記
者団に冗談で、帰りの畿内でははじめ黒いジャケットを着ていたが、国
王の帰還を「悼んで」黒い服を着ていると思われるのもアレだから着替え
たと言ったとか(笑)。

この記事の最後の部分。
彼は私がマスードの写真を見ているのに気がついて言った。「私は彼を
失って以来別人になった」「私たちは互いにそれほど近しい関係だった」
と彼は言った。私は彼が(マスードを失って)そんなに悩んでいるのなら、
もう長いこと仕事を続けることはできないのではないかと聞いてみた。彼
は机の上のマスードの写真を見て言った。「私の人生で最後に悩んだの
はあのときだということになるだろう」

170 :533:02/05/08 20:05
トラボラで集団墓地(AP)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A49034-2002May7.html
カナダ軍がトラボラで23名を葬った墓地を発見、去年12月の米軍による
攻撃で死んだタリバンやアルカイダを葬ったものと思われますが、ビンラ
ディンなどはこの死体の中にはいなさそうだと。

171 :533:02/05/08 20:15
>>169
訂正。
×帰りの畿内  ○帰りの機内

172 :533:02/05/08 20:18
朝日新聞(大阪版)朝刊より。

■米のアフガン空爆 民間人30人が負傷
 アフガン・イスラム通信(AIP)が7日報じたところでは、アフガニスタン
東部クナール州ダベレー村で米軍機が6日空爆し、少なくとも村人30人
が負傷した。(カブール)

■アフガン国連調査団 埋葬地を3カ所発見
 戦闘などで殺されたアフガニスタンの兵士や住民らがひそかに埋めら
れた各地の集団埋葬地を調べている国連調査団は7日までに、北部マ
ザリシャリフ、同シバルガン、中部バーミヤンで三つの埋葬地を発見した。
国連報道官によれば、シバルガンでは昨年11月に北部クンドゥズでドス
タム派に集団投降したタリバーン兵士の遺体の一部とみられる15遺体を
確認、バーミヤンの村では地元のハザラ人の18遺体を確認した。
(カブール)

173 :533:02/05/08 20:18
同じく朝日朝刊より。

■アフガン2派 兵力引き離しに合意
 アフガニスタン・カブールの国連当局が7日発表したところによると、ア
フガン北部マザリシャリフ近郊で主導権争いをめぐって戦闘を続けていた
ウズベク民族系のドスタム派と、タジク民族系で旧ラバニ派の2派は、国
連のブラヒミ特使の調停を受け入れ、双方は戦車、装甲車、重火器類と
兵員を紛争地から引き離すことで合意した。(カブール)

■アフガン国防相訪印 国軍育成に支援要請
 アフガニスタン暫定政権のファヒーム国防相がインドを訪問し、6日、バ
ジパイ首相やフェルナンデス国防相、陸空軍の首脳らと相次ぎ会談した。
ファヒーム国防相は、アフガン国軍の育成訓練にインド軍の支援を得たい
考えを示し、協力を要請した。インドは、パキスタンに対する競争意識もあ
り、アフガン支援に積極姿勢を示した模様だ。(ニューデリー)


#珍しく4つもアフガン関連記事が出ていました。
>>172の集団墓地のうちバーミヤンのはタリバンに殺されたのでしょうが、
他の2か所は>>151-153の集団墓地を国連が確認した、ということか。
もっとも、シベルガンのは当初報道では(数は書いてなかったのですが)
もっと多いような印象を受けていました。

174 :533:02/05/08 22:02
アブドゥラ外相が「次の内閣は少人数で」と発言(クリスチャン・サイエンス・
モニター)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14305&mode=thread&order=0
同紙とのインタビューで、ロヤ・ジルガではカルザイが指導者になることを
期待すると述べ「私も(閣僚として)入るだろう。ただ私としてはもっと少人
数の内閣がいい。30人も閣僚がいたら担当が重なりあい、同じ事をやろう
としている。そんなにいらない」と言ったとか。

まあ真意はともかく、「自分も入る」と言いながらこういうことを言ったら、
パシュトゥン人などにはカチンとくるでしょう(^^;)。

この記事ではほかに、ドスタムは国防次官になったものの「ほとんどカブ
ールにいたためしがない」とも書かれています。やっぱりそうだったんだな。

175 :533:02/05/09 18:52
朝日新聞(大阪版)夕刊より。

廃車のはずが…異国で人気
(日本の中古車がアフガンでたくさん走っているという記事ですが、前半
省略)
 慣れ親しんだ車の転生を嫌う人もいる。外務省前で見かけたワゴン車
に社名があった紙工会社の女性社員は「あんなに激しく人殺しをしてきた
国で、うちの車が走っていると想像するだけで嫌な気分。どうして社名を
消してくれないの」。
 「消すわけがない」と貿易商アビド・ナワズさん(36)。「日本語が無傷で
残っているのは事故がなかった証拠。たくさん書かれている車ほど高値
で売れる」。日本車熱は高く、欧米の車を寄せ付けないそうだ。
 老いも若きも大の親日派。わけを尋ねると同じ答えが返ってくる。「アフ
ガニスタンと同じ1919年に独立した国だから」
 ん? 1919年は大正8年。明らかな誤解だが、「学校で習った」と彼らは
譲らない。
 学校制度の再建に忙しいアフガンで、大正8年日本独立説の出どころを
たどる試みは、あまり建設的ではない。
(カブール=山中季広 撮影・松沢竜一)

176 :533:02/05/09 18:52
#建設的でないかもしれないが(笑)、大正8年日本独立説、ちょっと気に
なりますね。日露戦争よりも後だし、どこで間違ったものか。何にしても、
親日的なのは結構なことですが。

177 :533:02/05/09 18:55
アフガン難民の帰還50万人超す UNHCR発表
http://www.asahi.com/international/update/0509/007.html

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がカブールで8日発表したとこ
ろによると、アフガニスタン難民の帰還が同日50万人を突破した。国連
の予測を超えるものだという。

 UNHCRは帰還難民1家族当たり100ドルの輸送費、世界食糧計画
(WFP)は150キログラムの小麦粉を配布しており、必要とされる資金総
額は2億7100万ドル。だが、援助国からは現在、約63%の1億7000万
ドルしか寄せられておらず、このままでは、難民の食糧不足などの問題が
起きると懸念している。(15:59)

178 :533:02/05/09 19:04
#この難民の数は3月初めからの帰還者数だと思いますが、当初国連で
は1年間に80万人と予測していたのを、わずか2か月余でその半分を超
える難民がおもにパキスタンから帰還しました。
もっとも、アフガン難民は世界中では500万人とも600万人とも言われてい
ますから、それを思えばまだ前途遼遠ともいえますが、1か月20万人の
ペースなら2年で480万人が帰還する計算になります。
そういうペースが続くかどうかは今後を見守らないといけませんが、現在
の帰還ラッシュをみると、難民の間に今度は平和になりそうだという感覚
があるのではないかという気がします。

179 :533:02/05/09 19:24
シュレーダーがカブール訪問(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1976000/1976512.stm
ドイツのシュレーダー首相がきょう1日の日程でカブールを訪問し、カル
ザイ及びザヒル・シャーと会談し、治安状況や6月のロヤ・ジルガでの民
主的政府の樹立などを協議するとのこと。

180 :533:02/05/09 19:55
>>172の集団墓地発見記事の詳報
http://www.afgha.com/article.php?sid=14322&mode=thread&order=0
シベルガンのタリバン捕虜収容所近くで発見された集団墓地には、国連
スポークスマンのマヌエル・デアルメイダ・エシルバによると、まだ生きて
いるうちに埋められた形跡のある死体があったとのこと。
(#前に引いた「人権のための医師団」が暴いた集団墓地の死体は、野
外で鳥などに食われた形跡があったとされていました。この記事でも、同
団体が発見した墓地を国連が追跡調査したと述べていますが、墓地は
3か所あるそうなので、いろいろなケースがあるのかもしれません)
国連は15遺体が掘り出されたとしているだけですが、西側ジャーナリスト
でここを訪れた者は、全体では数百体にのぼるのではないかと言った。

またこの記事では、2月に釈放されたタリバン捕虜サルダル・モハメドの
証言を引いていますが、それによるとクンドゥズで捕らえられたタリバン捕
虜はコンテナの中で水も食糧もなく数日間放置され、コンテナが開けられ
るまでに多くの捕虜が窒息死した。また彼は、負傷したタリバンがまだ生
きているのに埋められるのを見たとも語った。
ドスタムの部下の中にも、昨年遅くに150名のタリバン捕虜が入っている
3つのコンテナにむけて発砲したと言っている者がいるが、マザリシャリフ
のドスタムの代表はこれを否定したとのこと。

181 :533:02/05/09 20:29
ドスタムとアタがマザリシャリフから撤兵(NNI)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14308&mode=thread&order=0
北部アフガニスタンの軍閥が新治安協定に調印

NNI 2002年5月8日(水)

カブール:北部アフガニスタンの軍閥であるアブドゥル・ラシッド・ドスタム
将軍とモハマド・アタの2人はマザリシャリフから軍備を撤去する新しい
治安協定に調印したと、国連のマヌエル・デアルメイダ・エシルバ報道官
は火曜に述べた。

日曜に調印されたこの協定によれば、両者はすべての戦車、装甲兵員
輸送車、大砲をマザリシャリフから24時間以内に撤去することで合意した。

火曜の朝の情報では、実際に多数の武器が市内から撤去されたと同報
道官は述べ、国連はひきつづき確認作業を行うと語った。

この合意によってマザリシャリフの600名の警察力が再確認された。彼ら
は警察力が再組織され、11の下位行政区画に適切に配置されることで
合意した。警察の再組織はこの2人の間で以前結ばれた合意でも謳わ
れていた。

182 :533:02/05/09 20:29
「警察の再組織に伴い、非公式の兵士の屯所や基地はマザル市内から
撤去され、本来の駐屯地に戻されなければならない」国連のアフガニス
タン・ミッションが発表した合意文書にはそう書かれている。

マザリシャリフ郊外のショルガラと、隣接するサレポル州で両者の間に行
われていた戦闘についても、国連の後援する委員会によって公平な調査
が行われるべきだとしている。

「両者は委員会の設立で合意した」と合意文書は述べている。

この委員会はショルガラから両者の兵力を撤退させ、またサレポル州を
非武装化する権限を与えられている。

ショルガラとサレポルでの戦闘は先週火曜に勃発したが、去年暮にタリ
バン体制が崩壊して以来、ドスタムとアタの間で行われた3度目の戦闘
である。

マザリシャリフは北部アフガニスタンの中心都市とされている。この街は
タジク人のイスラム協会、ウズベク人のイスラム国民運動、それにハザ
ラ人のイスラム統一党によって争われてきた。ドスタムはウズベク人で
アタはタジク人である。

183 :533:02/05/09 20:30
#マザリシャリフには100か所もの兵士の詰め所があって、各派の兵士
が縄張りを守っているという状況だったため、正規の警察は怖くて業務
もままならないぐらいだと以前報道されていました。
国連が武器の撤退を確認しているので、今度は少しは平穏になるでしょ
うか。

184 :いつもご苦労様です 五参参さん:02/05/10 02:39
>175
>「あんなに激しく人殺しをしてきた国で、うちの車が走っていると
>想像するだけで嫌な気分。どうして社名を消してくれないの」。

こんな発言、平気でかます精神の方が不快なんですが……(w
この人の中では、アフガンニスタンは 禁忌の対象ナンでしょうねぇ
自分(の関連)に少しだけ関わっただけで、こうも悪し様に…
これが、アフガンへの平均的日本人の認識だとしたら悲しいっす

185 :533:02/05/10 06:18
>>184
省略した部分には「うちの車が使われていて、遠い国が急に身近になった」
と喜ぶ社長さんの話もあったんですが、会社の所在地と実名が出てくるの
で引用はやめときました(w
その部分があればまた印象が違ったかも。

186 :533:02/05/10 06:33
朝日新聞(大阪版)朝刊より。

ミサイル発射し元首相暗殺図る アフガンでCIA
 【ワシントン8日=ニューヨーク・タイムズ特約】米中央情報局(CIA)が
6日、無人偵察機からのミサイル攻撃でアフガニスタンのヘクマチアル元
首相の暗殺を図っていたことがわかった。国防総省の当局者が8日、明
らかにした。元首相は暗殺を逃れたが、負傷したかどうかは不明。
 当局者は暗殺計画について、元首相が米軍や国際部隊、アフガン暫定
政権のカルザイ議長に対する攻撃を計画している証拠が得られたため、
だとしている。
 作戦はカブール近郊で決行され、無人偵察機から対戦車ミサイルを元
首相に発射。当時、元首相は車列で移動中だったとの情報と、屋外で立
っていたとの情報があるが、詳細は明らかではない。


#アメリカがヘクマを殺そうとするとは。……そう聞いても全然抵抗があり
ませんが(w
記事が事実だとすると、ヘクマはカブール近郊にいるらしいこと、また騒擾
事件やその陰謀にヘクマが関与しているというのは、カヌニが言っている
というだけでなく、アメリカも証拠を掴んでいるらしいこと、がわかって面白
い。
なお、NYTの元記事はこちら。↓
http://www.afgha.com/article.php?sid=14334&mode=thread&order=0
これによるとヘクマはアメリカ人を殺そうとしていた、ともされています。

187 :名無し三等兵:02/05/10 17:11
ヘクマ暗殺失敗か
個人的には暗殺成功した方が良かったかなと思うけど
アメリカのやり方が気に入らない
アフガン国軍、アフガン駐留の国際部隊の
役目だと思うんですが、どうなんですかね?



188 :533:02/05/10 18:55
暗殺というのは威張って発表するようなやり方ではないのは間違いない
ですね。(NYTがすっぱ抜いたので当局も認めたようですが)
ただアフガン国軍や国際部隊だったら、見つけ次第殺すというわけには
やはりいかないから、CIAが汚れ仕事を引き受けたという感もあります。
しかしアメリカにとってはヘクマはアルカイダなどと違って本来の敵では
ないことも確かで、そのへんの大義名分は問題になるところでしょうが、
米兵を殺した者には賞金を出すというビラをヘクマが作ったなどという情
報を外電は伝えています。

189 :533:02/05/10 18:58
このヘクマ暗殺未遂についてはあまり追加情報もないんですが、
APの記事
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A63904-2002May10.html
これによると、木曜の段階で、ペシャワルにいるイスラム党の幹部クトゥブ
ディン・ヒラルは、ヘクマティアルはアフガニスタンにいるが、どこにいるの
かは自分は知らないと述べたとのこと。(この人物はヘクマがアフガンに戻
ったとされる時以来そう言っています。)
また数週間前、ヘクマの息子がヘクマは選挙を望んでいるとある通信社に
語ったとか、3月はじめにイスラム党がカルザイと討論するためカブールに
代表団を派遣したと発表した、などの断片的な情報が出ています。

またBBCの記事
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1978000/1978619.stm
これによると、プレデターがヘクマにミサイルを発射したのはコナル州の
シェガル峡谷だったとのこと。

190 :533:02/05/10 20:04
ヘクマティアルといえば、少し前(4月終わり)に出たワシントンポストの
記事で、それに関したのがありました。「復讐よりも和解を」というタイト
ルで、ウルズガン州の豪族オバイドゥラという人の半生の物語なんです
が、その中にヘクマと邂逅した場面があります。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A64328-2002Apr28.html
(前略)
1993年の終わり近くに、最も急進的なムジャヒディンのグループである
ヒズビ・イスラミつまりイスラム党の党首であるグルブディン・ヘクマティ
アルは71人の司令官をカブールに集め、戦略を討議する集会を開いた。
オバイドゥラは参加した。

当時首都はつねに変化する同盟関係と前線がもつれあったパッチワー
クの状態だった。ヘクマティアルはちょうど、ウズベク人で元共産軍の将
軍であるアブドゥルラシッド・ドスタム、およびイランが組織し支援してい
るシーア派ムスリムの党ヒズビ・ワーダト(イスラム統一党)と協定を結
んだところだった。彼らの主敵は1992年から1996年までアフガニスタン
の大統領だったブルハヌディン・ラバニとアーマド・シャー・マスードの党
であるスンニ派ムスリムのジャミアティ・イスラミ(イスラム協会)であった。
この党はのちに北部同盟のバックボーンになる。

191 :533:02/05/10 20:05
ヘクマティアルは簡単な説明を終えて質問を求めた。憤激したオバイドゥ
ラは立ち上がって彼に歩み寄った。

「私は彼に言った。「おまえは【スンニ派の】ムスリムだ。なのにおまえは
シーア派や共産主義者と協定を結んだ! なぜおまえは彼らと和平を結
ぶのか?」私は彼の首根っこをつかんで言った。「おまえは最後の審判
の日にはその責任を負うだろう。おまえはわが国やわが国民に何もよい
ことをしなかった!」

次の日の早朝はイスラムの祝日エイドの最初の日だったが、オバイドゥ
ラがいうにはヘクマティアルは戦車でカブールの彼の家を囲んだ。「彼は
私がトラブルを起こそうとしていると思った。しかし彼が私を殺そうとして
いることを聞いていたので、私は前夜のうちに逃げていた」
(後略)

192 :533:02/05/10 20:06
#前にも、なぜドスタムがヘクマと組んだのか、という議論をしましたが、
93年の終わり近くの時に、ヘクマはドスタムだけではなくハザラ人のイス
ラム統一党とも同盟していたんですね。このことは一応知ってはいたんで
すが、この記事を読んでみると、ヘクマはカブールを押さえているマスード
/ラバニ派の政権にうまく食い込めずに不満をもつ諸派の連合を作ろう
としていて、ヘクマ主導で3派の同盟を組んだように思えます。

そうすると、ドスタムはヘクマに誘われたという風に考えたほうがいいの
か。……93年にドスタムはザヒル・シャーと協定を結んだことが最近ドスタ
ムのインタビューで明らかになったわけですが(>>80-84)、ドスタムがヘク
マと組んだ背景にこのことがあるかどうかは、今のところはっきりしません。

なおイスラム統一党は、党首のハリリがこのときヘクマと組んだのに反発
したアクバリが離反し、以後ハリリ派とアクバリ派に分かれます。アクバリ
はその後タリバンに投降したということですが、現在の動向はわかりませ
ん(この分裂については、アフガ・コムのWho's Whoによる)

193 :533:02/05/10 20:09
>>192
訂正。「党首のハリリ」じゃなくて「党首のマザリ」「マザリ派」でした。
m(_ _)m

194 :諜ヲタ:02/05/11 00:02
まあ、長い間CIAは暗殺を禁止されてたので、
ノウハウはとっくに失われているんですがね。

誘導弾による暗殺が上手くいかないことは、
「モニカ・ミサイル」でアメリカは思い知ったと思ってたんですが、
ヤレヤレですな。

195 :533:02/05/11 06:55
ADB総裁、アフガンへの本格資金援助を表明 年次総会
http://www.cnn.co.jp/business/K2002051002194.html
2002.05.10
Web posted at: 18:34 JST

- CNN/REUTERS/AP
上海――アジア開発銀行(ADB)の年次総会は10日、上海で開幕、
千野忠雄・総裁が演説し、今年1月に東京で開かれたアフガニスタン復
興支援会議で決まった資金支援、2年半で5億ドル(約640億円)の供
与を近く本格開始することを明らかにした。今月中にも約1500万ドルを
拠出、年内には数億ドルまで増やす方針。アフガン向けの資金援助は
これまで数百万ドル台と低調で、ADBが本格支援に踏み切れば、他の
外国の供与の呼び水にもなりそうだ。

千野総裁は今年4月、同国を訪問、アフガン暫定政権側と協議し、資金
援助の優先分野などを話し合っていた。

ADB年次総会は3日間の予定。

196 :533:02/05/11 07:02
ロヤ・ジルガ代表選びの進捗状況
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1979000/1979406.stm
北部ジョウズジャン州ではすでに代議員を選ぶ投票まで終わり、ドスタム
は「北部では順調」と発表したとか。

197 :533:02/05/11 07:14
>>195の関連記事で、農業などについて触れています。

アジア開銀、2002年にアフガン支援へ2億ドル拠出
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20020511CF1I052010.html
 【上海=村松雅章】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ、千野忠男総裁)
は10日に上海で開幕した年次総会で、アフガニスタンの復興支援に2002
年は2億ドル(約260億円)を拠出し、農業、交通、教育の3分野に重点投
入する方針を決める。

 1月東京で開催したアフガン復興支援国際会議でADBは2年半に5億ド
ルの支援を表明。千野総裁が現地視察するなど、支援の具体策を詰めて
いた。初年度は農業の育成をめざして、かんがい設備の再建や農地の地
雷除去に注力。学校建設や道路整備にも配分する。

 ADBによるとアフガンの産業は生産額ベースで農業が53%と最大の比
率を占める(麻薬の違法栽培を除く)。タリバン時代にインフラが荒廃した
ため「中期的にも回復は難しい」とみているが、「農業はアフガンの基幹産
業」と位置づけ再建を支援する方針だ。


#農業が「中期的にも回復は難しい」というのは厳しいですが、援助側も
腰を据えて取り組む必要があり、またその価値があることでしょう。

198 :533:02/05/11 18:48
ドスタムらが国連から人権問題でお灸
(クリスチャン・サイエンス・モニター)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14331&mode=thread&order=0
軍閥は礼節を模索
2002年5月9日 イレーン・R・プラッシャー

厳しい人権報告書が出たので、アフガンの軍閥たちは市民への虐待を
止める合意に駆り立てられた。

アフガニスタン マザリシャリフ―アブドゥル・ラシッド・ドスタム将軍は北
部で最も重要なパワーブローカーであるが、昨日3人のライバルの軍閥
との間で和平と協力の合意書にサインした。この前例のない会合の席
上、彼は90名を越える司令官たちを、その兵士がタリバン崩壊後に残虐
行為を働いたとして訓戒した。

ドスタム将軍は最大のライバルであるウスタド・アタ・モハメド将軍および
他の2人の軍閥と並んで座り、ドスタムが支配する5つの州から来た司
令官たちに、週末に国連からドスタムに渡された52ページに及ぶ人権報
告書に書かれている聞くのが苦痛なすべての細部に耳を傾けるよう命じ
た。報告書は大部分ウズベク人からなるドスタム自身の兵士や、ハザラ
人およびタジク人が犯したとされる残虐行為について述べている。

199 :533:02/05/11 18:48
残虐行為を働いたとして非難されていないようなアフガニスタンの勢力は
事実上存在しないのは確かである。しかし誰か特定の軍閥が自分やその
部下が犯したことの詳細な説明を公の場で求めるのはおそらくこれが初
めてである。―たとえ許して忘れてもらいたいという気持ちからであっても。

観察者は長い間、敵が捕虜になったり武装解除された後でも、これを殺そ
うとする傾向がドスタムにはあると認識してきた。そして国連と、米国に本
拠をもつ「人権のための医師団」の調査チームが当地で今週はじめから、
ドスタムの部隊がタリバン兵士を去年11月に降伏したのちに虐殺または
窒息させたという証拠を調査してきた。

強姦、殺人、強奪などについての恐ろしい話の詳細が事実かどうかは知
らないとドスタムは述べたが、司令官たちに向かってともかく耳を傾け、ま
た支配下の一般人を虐待してはならないと言った。

「今日以後、誰であろうと私の名や【他の軍閥の】名によって問題を起こす
ものがあれば、この州に置いておくわけにはいかない。われわれは結束し
て彼らに対抗し、その者をアルカイダやタリバンの友と呼ぶ」頑丈で口ひ
げを生やしたドスタムはこう述べた。

「国際社会から「マザルでは大量殺人があったが何が起こっているのか?」
とか「あんたはどうしてそう残虐なのだ?」とか責められてほとほと参って
いる」とドスタムは自分が浴びせられている質問の口まねをしてこぼした。
「もし私の部下の司令官がこの種の行為を犯したら、私は明日にでもそい
つを殺す」

200 :533:02/05/11 18:49
この言葉は親切で優しい軍閥のようにはあまり聞こえないが、新たなペー
ジを繰ろうとする気持ちは本物のようにみえる。ちょうど1日前に、ドスタ
ムはモハメド(アタ)将軍―ドスタムの部下が彼とちょうど1週間前に戦闘
していた―との間で合意文書に署名し、すべての重火器、機関銃、弾薬を
マザリシャリフから撤去し、それらを軍駐屯地に移送すること、統一された
多民族構成の600人の警察部隊を創設し、少数派の虐待を防止すること
を決めた。

ドスタムは以前より反タリバン・レジスタンスの中心人物だったので、暫定
政権のハミド・カルザイ議長は去年12月に彼を国防次官に指名し、またつ
い最近にはドスタムを北部における彼の特別代表とした。

いま非難から逃げ隠れするのではなく―法律家の調査団が当地では今
週はじめから、タリバンの退却以後のものとされる集団墓地の調査を行っ
ている―ドスタムは近所の軍閥たちに対しても、世界が彼らのことをじっと
見ていることを認識させようとしている。「今後はもっと注意深くなければな
らない。この連中は大いに危険だ」彼は報告書を書いた調査団について
そう言った。「彼らは諸君の行為が証明できれば、諸君を国際法廷に引き
出すこともできるのだ」

ヒューマン・ライト・ウォッチがまとめて「タリバンの犯罪への返礼」と題さ
れたこの報告書には、ぞっとするような強姦と殺人の記述が満載されてい
る。犯罪の大きな部分を占めるのはパシュトゥン人に対するものだが、そ
れはおそらくタリバンがパシュトゥン人だったからである。

201 :533:02/05/11 18:50
マザリシャリフの解放に続いて、長い間抗争してきた軍閥同士が市の支配
をめぐって争うようになった。ドスタムの部隊は地域を支配しているが、治
安担当モハメドは市自体の大部分を支配下に置いている。

しかし、おそらくはタリバンの退却以後でこの街が目にした最大の吉兆とし
て、昨日、意見の違いは流血ではなく交渉によって解決し、また市民への
虐待を止めるという合意文書に90名以上の司令官たちが1人ずつ署名し
たのち、この2人のストロングマンは抱擁を交わした。

「われわれが何千人もの敵を葬ってきたように、敵意は墓に埋めてしまお
う」昨日ドスタムはそう言った。

国連は当地での両者の部隊の間の緊張を和らげるような処方をみつけよ
うと交渉を続けてきた。ある国連当局者は、報告書という形でドスタムとム
ハメドの2人に「インセンティヴ」を与えたと述べた。

ドスタムのスポークスマンであるサイド・ヌルラーは、バルフ、サマンガン、
ジョウズジャン、サリポル、ファリャブの5州から集まった司令官たちの前
で、打ちのめされるような報告書を読み上げた。報告書には兵士たちが
家を1軒ずつまわって財産や武器を盗み、抵抗したものは誰でも殺したと
いう事件が多く書かれていた。

Qという名前の頭文字だけで表されているある女性は、1月に20名のハザ
ラ人兵士が家にやってきたと語った。彼らは彼女の夫のジャラウッディン
を縛り上げ、それから彼女と14歳の娘を強姦した。娘は今も入院している。

202 :533:02/05/11 18:50
マザリシャリフの西にあるパシュトゥン人の村チャムタルでは、ドスタムの
部下の15名の兵士が武器を集めるとのふれこみで現れたが、村人が持っ
ている金目の物はなんでも取り上げた。「5人の若者が彼らに持ち物をや
るのを拒んで殺された。1人の若者の母親が息子を殺した男から銃を奪お
うとして飛びかかったが、彼らは発砲して彼女も殺した」。ヌルラーは報告
書から読み上げたが、犯罪が起きたとされる日付には報告書は言及して
いなかった。

一方モハメドの部下は、報告書では2台のトラックに武器を積んで村々に
現れ、村人たちに銃を取ってドスタムに立ち向かえ、さもなくば殺すと命じ
たとされている。脅かされて村人は命令に従った。

モハメドはアフガン軍当局はこの報告書に困惑するだろうと述べた。「国
連がわれわれにこっちに来て座れと命じ、人権侵害についてお説教をし
なくてはならないのは非常に良くないことだ」と彼は述べた。

ハザラ人の軍閥アフガイ・サイディーは、より重要なハザラ人軍閥ハリリ
の代理として和平合意に調印したが、報告書については疑いを持ってい
ると述べた。「報告書の内容の50パーセントには根拠がないと思うし、いく
つかの名前は間違っている。たぶんこれはわれわれに反対するプロパガ
ンダだ」と彼は述べた。

彼は司令官たちに言った。「国連はわが国の平和と安定を望んでいる。そ
して彼らはここで起きていることをよく知っている。諸君は行いに気をつけ、
市民の扱いに気をつけなければならない。―特にパシュトゥン人には」

203 :533:02/05/11 18:51
#最後にあったハザラ人の批判は、逆に言えばこの報告書の半分は事実
だと認めていることにもなります。
今後は迫害をやめるという条件で今までのことは問わないということにしな
いと、これまでの23年間の際限ない責任追及になると思いますが、国連も
そこまで(裁判まで)追及する気はないように見受けられます。

204 :533:02/05/12 18:55
イスラム党がヘクマ暗殺未遂事件を否定
http://www.afgha.com/article.php?sid=14366&mode=thread&order=0
イスラム党のスポークスマン、ガイラト・バヒールがイラン国営通信に、
そんな事件は起きていないと語った由。
しかしこのスポークスマンもヘクマの実際の居場所は知らないというこ
とで、ただもしそういう事件があれば耳に入っているはずだというのが
否定の理由のようです。

この件については、パキスタン紙「ザ・ニューズ」も別の理由から否定的。
http://www.afgha.com/article.php?sid=14362&mode=thread&order=0
これによると、ヘクマを狙ったとされるミサイルは実際には3部屋のマド
ラサに当たり、子供1人が軽傷を負っただけで死者はいないとか。
またこの記事によると、CIAはヘクマがクナル州のシガル峡谷で、かつ
ての部下の司令官カシミル・カーンの庇護の元にあると思ったのでこの
攻撃を行ったが、カシミルはすでにカルザイ政権支持を表明しており、
また現在もヘクマがここにいたことは否定しているので、この情報は疑
わしい云々。

205 :533:02/05/12 18:55
#「ザ・ニューズ」の記事でマドラサに当たったとかいうのは、何のソー
スによるのか不明ですが、こちらは攻撃は実際に行われたものの、ヘ
クマはそこにいなかったという説。
思うに、プレデターのカメラだけで地上の人物の顔まで見えるものかど
うか。もし地上にいるCIAの工作員の指示でプレデターがミサイルを撃
ったとすれば、少なくともその工作員はヘクマらしき人物を見たと思った
のではなかろうかと思いますが。

206 :533:02/05/13 19:23
カルザイ首相続投を支持
http://www.sankei.co.jp/news/020513/0513kok035.htm
 【カブール12日=共同】アフガニスタン暫定政権のカヌニ内相は十二日、
共同通信と会見し、暫定政権後の次の政権(移行政権)でもカルザイ議
長(首相)の続投が望ましいとの考えを明らかにした。
 同内相は暫定政権の主要閣僚の一人で最大勢力「北部同盟」の代表
的存在。

 内相は「(暫定政権の)五カ月で、カルザイ首相が国民を統一する能力、
内閣をまとめる指導力を持ち合わせていることがはっきりした」と述べた。

 また、内相がかつて属し、タリバン政権崩壊に功績のあった「北部同盟」
について「反タリバンの戦闘が終了した現在、もはや存在しない」と言明、
その役割を終えたとの認識を示した。

 しかし、内相はじめファヒム国防相やアブドラ外相ら暫定政権で主要閣
僚を独占した「北部同盟」出身者について「われわれは一つのチームだ」
と述べ、同盟の故マスード司令官の弟アハマド・ワリ氏が近く設立を予定
している民族と政党の枠を超えた新政党に参画する意向を示した。

 一方、亡命先のイランを追放され、支持者ら多数が暫定政権要人らの
暗殺を企てたなどとして逮捕されたヘクマティアル元首相について「最新
情報ではアフガン東部コナル州に潜伏しているはずだ」と断言。ウサマ・ビ
ンラーディン氏やオマル師については「既にアフガン国内にはいない」とし、
パキスタンなどに逃げ込んだ可能性を示唆した。

207 :533:02/05/13 19:24
#これでファヒム、アブドゥラ、カヌニの3人ともカルザイ続投を支持すると
いう報道を目にしました(ファヒムは>>91、アブドゥラは>>174)。

北部同盟がもうないというのは現状の追認という感じですね。解散が発表
されたとは聞いていませんが。それぞれが個別の道を歩んでも内戦に陥
らなければそれでよいでしょう。
それにしても、北部同盟がカブールを制圧したのは11月13日でしたから、
きょうで半年。また感慨を抱かせるものがあります。

ワリ・マスードの新党の話は前にもちょっと報道されていましたが(ここに
は引かなかったのですが)、つまりこれはラバニ外しということでしょう(w

ヘクマはコナル(クナル)州にいると言っていますね。ということはCIAので
正しかったとカヌニも考えているようです。

208 :533:02/05/14 19:13
マザリシャリフから各派勢力が撤退(NNI)
http://www.afgha.com/article.php?sid=14390&mode=thread&order=0
前に結ばれた合意に基づき、ドスタムやアタの部隊をマザル市内から撤
退させ、600名の警察に置き換える過程が進みつつあるとのこと。
先週金葉(10日)にマザリシャリフで大規模な会議があり、ドスタム、ブラヒ
ミの代理、北部の数百名の司令官が出席し、各自がそれぞれの党(イス
ラム国民運動、イスラム協会、イスラム統一党)の名のもとで緊張を引き
起こすことはしないとの誓約書に署名したとドスタムは述べた由。

209 :533:02/05/14 19:14
>>208
訂正。
×金葉  ○金曜

210 :533:02/05/14 19:14
カブールに難民が集まる(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1986000/1986155.stm
パキスタンなどから帰還した難民のうち約20万人が首都カブールに集ま
り、内戦で破壊されたインフラに負担を与えているという記事。
これらの難民の多くは農村出身なのですが、難民生活はパキスタンの都市
で送っていた人が多く、カブールで働けないかと思って集まってきたとのこ
と。

211 :533:02/05/14 19:24
英海兵隊が作戦の「成功」を宣言(BBC)
http://news.bbc.co.uk/hi/english/world/south_asia/newsid_1985000/1985433.stm
例の狙撃作戦ですが、1発も撃つことはなかったものの、成功裏に終了
したと主張したとのこと。
武器庫を見つけるなど、アルカイダの活動に打撃を与えたとしているよ
うですが、やはり「存在しない敵」だったのか(笑)。もっとも、BBCはもち
ろん、言葉の解釈については遠慮して?ふれていません。

212 :名無し三等兵:02/05/14 21:47
「ブルカ沈黙の叫び」(集英社)読了。

スペインのライター、アナ・トルタハーダという女性が、約3週間、難民キャンプや
カブールなどを回ってアフガンの女性達を取材したものなんですが、タリバンの恐
怖政治を口々に訴える他に、マスードやドスタム、ヘクマティアルなどに対する恐
怖心も訴えています。やはり、カブールを巡る一連の戦闘は、市民に相当な恐怖を
与えたようです。

ただ、筆者は取材中、RAWAに何度もお世話になっており、見方がRAWA寄りになって
いる印象は否めません。マスード将軍らは、共産主義者にとっては敵でしたから。

長倉氏の本はまだ届かず。

213 :名無し三等兵:02/05/15 23:48
http://www.afgha.com/article.php?sid=14410&mode=thread&order=0

Possible Clue in Massood Death
Massoodの死に可能な手掛かり


#possible Clueの適訳不明

214 :名無し三等兵:02/05/16 19:50
直訳すれば、
 マスードの死亡への手がかりかもしれないもの
となりますが、新聞的には、
 マスード暗殺解明への糸口か
てな感じでしょうね。

本日、付き合いでスーパー歌舞伎に行ってきました。
主人公は諸葛孔明で、五丈原で命が尽きるところが
最後のシーンでした。
孔明は、乱世の世に平和をもたらすために戦をし、
敵を捕らえても殺さずに幾度も放ち、やがて味方に
させて行く軍師として、また、高邁な理想を失わず、
やがて平和が必ず来ることを信じて人々を育て、
率いるリーダーとして描かれていました。
マスードに重なりました。


215 :弐壱参:02/05/16 22:24
適訳どうもありがとうございます。

>敵を捕らえても殺さずに幾度も放ち、

それに比べてタリバンは、マスードは殺すわ、ハクは殺すわ、カルザイが裏切ったと言って、その父親まで殺すわ。。。
暫定政権発足の頃、カルザイのリーダーシップに疑問を呈する輩がいたけど、リーダーシップを発揮できそうな人は、どんどん殺されてたんだからなあ。
「マスード大統領」、見たかったなぁ。

216 :名無し三等兵:02/05/16 22:41
>「マスード大統領」、見たかったなぁ。
政治家は本人が望まないことだと思います。
マスードの希望は、カブール大学での学生だそうですので。

また、大統領になった姿を見たいという気持ちには同意ですが、
実現すれば微妙なバランスの上に立つ暫定政権の
舵取りは厳しかったのではないでしょうか。

しかし、有力な人ってかなり死んでるんだよなぁ。
特にハク氏は痛い。リーダーとしてやっていけそうだったのに。
一応、ラバニ氏は残ったんだけど(涙

217 :216:02/05/16 23:00
>216補足
舵取りが難しいというのは、能力のことじゃないです。
マスードがパシュトゥンではなくタジク人だからです。


218 :名無し三等兵:02/05/16 23:54
>敵を捕らえても殺さずに幾度も放ち、

以前のスレッドに
>八二年、ソ連軍のロシア人捕虜四人の銃を自らに向けさせ、「私を
>殺せ。私はアフガンの領土を守るために戦っているが、戦争は嫌い
>だ」と語りかけた。
>捕虜達は引き金を引けずマスード氏に仕えると約束したのだという。
というエピソードがありましたが。

まあ幾度許してもヘクマはヘクマ、というのもまた現実ですが。


219 :名無し三等兵:02/05/17 00:18
そう言えば、ハク氏殺害についてなんですが、あれは国際法上どうなんでしょうね?
スパイとしての処刑だから妥当?
でも、裁判抜きですよね?

220 :533:02/05/17 12:12
現在、2ちゃんに書き込みできない状態です。どうやら、荒らし規制の
巻き添えくって、京都のBIGLOBEユーザーは全滅の模様。
現在、洞窟退避中……。
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1021124352/l50

221 :合掌:02/05/17 23:27
諸君!我々は533の屍を越えて、なお前進しよう!

222 :名無し三等兵:02/05/18 01:12
>221
こらこら・・・・。

最近533氏が来られないと思ったら、そういういきさつがあったわけですね。
荒らし対策なんて本来は必要ないことなんですけどねぇ。

6月のロヤジルガまで後少し。
それまでの帰還を心待ちにいたします。(゜゜ゝゝ敬礼


223 :合掌:02/05/18 01:24
533氏が難民板かどこかに書き込みして、それを有志がここに貼り直すというのはどう?

または、いっそ掲示板をどこかに借りるとか?

224 :222:02/05/18 01:28
アフガンで多国籍軍が新掃討作戦「コンドル」開始
ttp://www.asahi.com/international/update/0517/010.html

毎度ながら仰々しい作戦名です。
この作戦上の行動かは不明ですが、米軍のヘリが
結婚式場を誤爆したとのニュースも(こちらは時事通信がソース
なので、上記のURLに誤爆の記事は無いです)。
いつになったら目に見える成果は上がるのやら。

しかし、国内のニュースサイトはほとんどがトップは中国の事件ですね。
英語読む時間があったら、海外サイト巡るのになぁ(遠い目


225 :海の人●海の砒素:02/05/18 08:33
>220
 上のメアドに送ってもらえれば、かわりにあげまっせ〜:-)


226 :名無し三等兵:02/05/18 15:46
>219
タリバンが国際法もまっとうなイスラム法も眼中に無かったですからね。
自分やビンラディンが追求される側になってから、そういうのを主張しだしたわけです。

227 :合掌:02/05/19 01:19
>タリバンが国際法もまっとうなイスラム法も眼中に無かったですからね。

そのくせオマルがアミール・アル・ムウミニーンを名乗っていて、しかもそれに
公然と疑問を表明するウラマー達がアフガンにいなかったことが
不思議でならないのだが。
確かにタリバンが恐怖政治を強いていたことはよく理解できる。
しかし、彼らウラマーの殉教精神はどこへいったんだ?
イスラームを騙る邪教と対決することこそジハードではないのか?

228 :222:02/05/19 02:02
>227
イスラム教徒同士の戦闘で死ねば
殉教者にはなれないそうです。
(だから、イスラム協会の兵士は
ヘクマのイスラム党との戦闘をいやがっていたそうです)

また、タリバンのイスラム法の解釈は独特ではありますが、
それを邪教と決めつけるのは乱暴すぎますよ。
解釈が極端なだけで、イスラム教には違いないんですから。

229 :219:02/05/19 21:12
「まっとう」と言ったのはアズハル大学あたりの主流的見解を念頭に置いたものですが。
確かにイスラム法の解釈というのは、学派によってかなり多様な解釈があるようです。
最高学府とされるアズハル大学の見解も、最高裁判所判決とは意味が違いますし。
やりかたによっては、どんな極端な主張も成立しうるのですね。
タリバンやラディンの主張が真に問題なのは、それが完全な背教とは言い切れない、
そういう解釈も成り立ちうるからでしょう。

だからといって、イスラムが本質的に過激だと決めつけるべきでないことは、
言うまでもありません。



230 :はじめてくん:02/05/19 21:44
マスード1から5いっき読み(藁
最近アメリカの動きがニュースにならなくてイラついてます!
ビン、オマル捕まえれなっかたら小ブッシュどうするんでしょうかね?

青の顔料はアフガン原産のラピスラズリ マスードの好きないろですね。

231 :合掌:02/05/20 00:33
まあ、邪教は言い過ぎかもしれませんが、
しかし、あーた、アミール・アル・ムウミニーンといったら実質正統カリフのことじゃあーりませんか。
例えばですよ、どこぞの馬の骨とも知れない一介の神父が、「俺、今日から法王やるから、みんなヨロシク」と言ったら、
認めてもらえますか?
ラシッドの「タリバン」でも確か、この宣言は内外の反発を招いたとありますが、俺的考えで言ったら、
一般のアフガン人ウラマーでこんなのを認める人が何人もいたことのほうが不思議不思議。

>230

http://www.afgha.com/
を見よう!アメリカのことも現地のことも関連事項は何でもありまっせ。

232 :名無し三等兵:02/05/20 11:51
>231
あの宣言をした頃は、まだタリバンに絶大な支持がありました。
そのため、表だって反対するような人が居なかったんではないでしょうか。
少なくとも、タリバンの支配地域内ではね。

あと、>>224で引っ張った新作戦についてですが、
米側に戦死者が一人出た模様です。
しかし、一人死んだだけでニュースになるんですから
アメリカの優位さなんてのは全く揺らぎませんが。

>>230
>最近アメリカの動きがニュースにならなくてイラついてます!
イラクを攻撃するとかしないとか言ってますね。
アルカイダやタリバンの残党がまだ居るのですから、
介入した以上は手抜きはして欲しくないですね。

233 :名無し三等兵:02/05/20 14:57
プチ情報(がいしゅつ?
池袋LIBROで、長倉氏のサイン入り「獅子の大地」発見。
これから買う人、どうせならサイン本をゲットだズザーーッ

234 :230:02/05/20 17:53
各各皆様ありがとうございます。イラク攻めてもねえ・・・しかし
フセインとドスタムちょっと似たようなにほいがします(藁
>233
札幌旭屋で新作長倉本げっとしましたがサイン本でもなし、たった1冊しかなっかた!
一応地元北海道なのに。

235 :>232:02/05/20 21:16
人気があることと、全イスラームを代表する統治者を名乗ることとは、また別問題と思われ。

236 :232:02/05/20 23:15
>>235
>>232で人気があると書いたのは、アフガン国内の聖職者が
オマルのカリフ宣言に表だって反対しなかった理由のことです。
名乗ることの正当性の理由として挙げた訳じゃありません。

237 :232:02/05/20 23:46
ちょっとややこしい書き方をしてたのかな?

人気があるから聖職者がオマルのカリフ宣言の正当性を認めたのではなく、
人気があるから聖職者がオマルのカリフ宣言に表だって反対しなかった
(あるいはできなかった)のではないかと思ったんです。
それに反対するには、ナチス全盛期のドイツで、ヒトラーの批判するぐらいの
勇気が必要ではないでしょうか。

ちなみに、理由なんて偉そうなこと書いておりますが、
あくまでも推測ですよ(^^;
当時のアフガン国内の聖職者のインタビューとがあれば
はっきりするんですけどね。

#そう言えば、3月に撮影されたビン・ラディンの映像が
あるらしいですね。
あの空爆を生き抜くとは、かなりしぶといですね。

238 :合掌:02/05/21 00:00
ダウド・ハーン独裁下ではウラマー達は女性の自由化問題にあれほど抵抗してたのになあ……。

239 :232:02/05/21 00:12
>>238
ダウドの頃のことはよく分からないのですが、
この政権って市民にそんなに支持されてました?

タリバンの行っていた「世直し運動」とやらは熱病のようなモノで、
皆は進んで支持し、兵としても参加したと聞きます。
そしてこの事件は首都陥落直前で、その運動が
まだ盛り上がる傾向にあった頃でしょう?
もし、周りが熱狂的にこの宣言を支持していたなら、
冷静に反対を表明できる聖職者が居るかというと、
かなり疑問に思います。

また、仮に反対する意見を出したところで、
黙殺されるんではないでしょうか。
結局、オマルはこの後もタリバンのトップとして
居続けるわけですし。

240 :232:02/05/21 00:52
カブールの支配者を知りたい時は、頭を見てください。
5年間 タリバンは政権を握っており、職員は黒いターバンを身につけていました。
今では、力のシンボルはpakul(1980年代にソビエトと戦った
ムジャヒディンによって有名になった、低いスフレに似ている、
円形で平面頂部を覆われた帽子)です。

http://www.afgha.com/article.php?sid=14521&mode=thread&order=0
最初だけ訳してみました。
申し訳ありません。533氏のようにうまく訳せません(;´Д`)

もちろん、このムジャヒディンとはマスードのことです。
チェ・ゲバラのベレー帽のようなトレードマークだそうです。
タリバン(黒いターバン)に政府の要職をしめるマスード派(つまり、pakulを
被る人達)が取って代わったということですね。
帽子屋ではカルザイよりもマスードの方が肖像画が多いとか、
pakulを被った数千人のサッカーファンが、「マスードカップ」を行ったとか
(ちょっと訳に自信なし)書いてありますので、おもしろい記事だと思います。

241 :合掌:02/05/21 01:51
いや、締め付けならダウドの頃も強かろうと……。
誰か「アフガンの聖職者100人に聞きました」やってくんないかなー?

242 :230:02/05/21 23:58
>232あの帽子はパコール、ターバンはルンギです。
パコールはパキスタンのパンジャブ辺りの人もかぶってるそうです。
そしてあの中村医師もかぶってますね。
自分的にはパンケーキ二段重ね帽とよんでます。

>242アフガンの聖職者といってもあそこは兼業聖職者というか、お隣イランのように
巨大な組織的、政治的力は実際のところあまりないとおもわれ・・・。
地域、地方で結構バラバラらしい。ラバニ氏だって言うなれば神学者であって
所謂「お坊様」ではなさそうですね。
それをいいことに新興世直し宗教タリバンにあれよあれよと・・・。


243 :232:02/05/22 00:32
ロヤ・ジルガ候補者暗殺

> アフガニスタン西部のゴール州チャクチャラン地区で19日夜、
> 6月のロヤジルガ(国民大会議)に参加する代表候補に選ばれた
>モハマド・ファヒーム氏が殺された。AFP通信によると、
>同氏はロヤ・ジルガに参加する代表を選ぶ1回目の投票で同日、
>地区の候補に選ばれたばかり。帰宅したところを、
>待ちかまえていた数人が発砲したという。
>同氏が選ばれたことに不満を抱いた者による暗殺との見方が強い。

> カブールの国連報道官も「ロヤ・ジルガへの影響を懸念している」と述べた。
> 4月からのロヤ・ジルガの代表選定で、死者が出たのは初めて。
ttp://www.asahi.com/international/update/0520/017.html

少しきな臭い、そして残念なニュースです。
ただ、暗殺した方もロヤジルガそのものを妨害しようと
してるのではなさそうなのが救いと言えば救いですが……。
武器回収の早期実行が望まれますね。

>>242
私の名前ではなく、発言した番号にレスはお願いします。
自己レスも少し注意をされた方がよろしいかと。

244 :232:02/05/22 00:47
>>242
そう言えば、イランは憲法で国教をシーア派に
決めてたはずですよね。
一方、アフガンはいろいろな解釈が入り交じってました。
そのため、タリバンという特異なイスラムを受け入れる
土壌はあったわけですよね。
パシュトゥン人の風習も多分に取り込んでいたそうですし。

もっとも、そういう価値観を全員に強要したのが敬遠された
大きな原因なのですが。(特に北部で)

245 :名無し三等兵:02/05/22 15:53
しがない学生です
なんだかマスード将軍の
弟のワリ君がロヤ・ジルガ前に
新党結成するみたいですね
それにはファヒムやカヌニも参加するとか
これにはラバニは入ってないのでしょうか?
だとすると、本格的にラバニ離れってヤツなのかな?
これで、ラバニも敵に認定!・・・かな

246 :242:02/05/22 19:30
>243
すみませんでした。実はパソコンはじめてまだ2週間目なのです。
勉強させていただきました。
ありがとうございます。


247 :232:02/05/22 21:18
>>245
>>206-207にその記事と533氏のコメントがありますね。
でも、ラバニを敵対視しても、あんまり良いことは無いと思いますよ。
我々は新政党を作りますので、勝手にやって、という程度の
ノリではないでしょうか。
多分、敵とは言っても政敵ということになるでしょう。
こちらの方が平和的で良いですね。

>>246
パソコン初めて2週間で2ちゃんねるというのは
むしろすごいような……それも軍板(笑

248 :246:02/05/22 22:20
>>247
周りからも大笑いされてますがマスードが大好きなのでつい・・・。

素人ですみません・・・これからも楽しく勉強させてください。
たぶん皆さんほとんど男性ですよね・・・私には手も足も出ないと思いますので
覗くだけにしましょうか(笑
でもほんとのところみなさん迷惑だったでしょうが楽しかったのですよ!
いつかまた出直します(笑




249 :232:02/05/22 23:55
陸軍志願兵のための法令

カブール-暫定アフガニスタンの政府は、国際的な平和維持軍が
去った後の国の安全を保証する全国陸軍志願制を確立して、
月曜日(5/20)に法令を出しました。
http://www.afgha.com/article.php?sid=14576&mode=thread&order=0

#22〜30歳の男性に、訓練期間は30ドル、
正規で50ドル、という給料だそうです。
計画では6万人だそうです。
空軍も8000人の計画があり、別に警官なども8万人(?)ほど
採用するそうです。
一方ヘラートでは、イスマイル・ハーンが採用した兵士に
カラシニコフと弾倉*4を渡しているとか。
独自でやってそうなのですが、この記事中に載ってるのですから、
暫定政権の動きと連携してるのでしょうか。

250 :232:02/05/23 00:11
アフガニスタン中部で異常洪水
http://www.afgha.com/article.php?sid=14581&mode=thread&order=0

現場はバーミヤン州のようです。
先週降った雨のせいでの洪水だそうです。
犠牲者は今のところ1人だそうですが、
家畜と灌漑用水路、それに耕地の被害が深刻とのこと。
また、一部の道路が不通で、人道援助が届かないなど、
結構深刻な事態になってるようです。

干ばつで大変だったというのに、今度は雨。
バーミヤンというとハザラの人たちですし、
不幸が続いて気の毒です。

>>248
いえいえ。迷惑なんてとんでもない。
最近ニュースで取り上げれなくなって、カキコも少し
減り気味です。カキコは歓迎ですよ(笑

163 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)