5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】フルメタルジャケットについて語れ【限定】

1 :名無し三等兵:02/04/30 23:48
名作中の名作、映画にもなったグスタフハスフォード著、
小説フルメタルジャケットについて語れ。

2 :名無し三等兵:02/04/30 23:49
2なんていらん

3 :名無し三等兵:02/04/30 23:59
【限定】ってなに?

4 :名無し三等兵:02/05/01 00:15
小説版フルメタルジャケット限定ってことだ。
映画の話は禁止ってこと

5 :名無し三等兵:02/05/01 00:28
映画しか見たことないが
小説は買って読む価値あるか?

6 :名無し四等陸士:02/05/01 00:32
>>5
映画では感傷的な終わり方をしていましたが、小説の(第2部の)最後
はとんでもない事になってます(汗

7 ::02/05/01 00:37
>>5
映画は小説の半分くらいまでの内容だ。
映画では半分が訓練で半分が市街戦だっが、小説ではその後
ジャングル戦がある。

文章の書き方に現在形が多いからどんどんページをめくって
読み進みたくなってしまう本だ。
兵士の心情とかは映画よりも小説のほうが強く出ている気がする。
戦争小説好きならこれはかなりお勧め。

ちなみに教官の名前はガーハイム軍曹になっている。

8 ::02/05/01 00:41
>>6
えっ!第二部って日本語訳で出版されてたの?
第一部のあとがきで予告みたいなことは書いてあったけど
出版されたのは知らなかった。

糞ッ、読みてぇ・・・。
ちなみに第二部のタイトルは何?



9 :名無し三等兵:02/05/01 00:43
>1
「キャッチ22」と比べてどうですか?
コミカルに兵士の心情が描かれていて面白かったんですが。

10 :名無し三等兵:02/05/01 01:03
終了

11 ::02/05/01 01:11
>>9
>「キャッチ22」と比べてどうですか

ゴメソ。それ、読んだことない。
でもあとがきにはこんなことが書いてあった。

あとがきから抜粋
>登場人物たちを、実名ではなしに一貫してニックネーム
で呼んでいるのも目立つ特色である。(中略)
死が絶対的な主役である戦争という舞台にあって、
人間は所詮,一介のコメディアンにすぎないという醒めた認識の
表白でもあるのではなかろうか。作者のその姿勢には、
あの『キャッチ22』の遠いこだまのようなものが感じられる気がするのだが
―。

12 :名無し三等兵:02/05/01 02:30
どの出版社からいくらくらいで、版型は?おしえてくれい!!!読みたひ!!!

13 :ねえ、名乗って:02/05/01 03:51
>>9
いかにも実験小説然とした「キャッチ22」とは別種の小説だ。
ただ俺は両方好きだ。
通底するものは、シニシズムから来る乾いたユーモアだろうな。
フルメタルジャケット作中で主人公たちが慰問映画の「グリン・ベレー」を
観ての感想がふるっている。


14 :名無し三等兵:02/05/01 04:04
>>13
モーヲタのくせに。

15 :名無し三等兵:02/05/01 04:27
>>13
うん、モーオタはつんくの「LOVE論」か「5+3-1」でも読んでいなさい。

16 :名無し三等兵:02/05/01 04:30
>>8
2部ってのは、後半のベトナムシークエンスの事でしょ。

17 :名無し三等兵:02/05/01 04:46
グスタフ・ハスフォードだかハートフォードね。原作。

映画は脚本に、マイケル・ハー(ヴェトナム戦ルポ『ディスパッチズ(急電)』で有名。地獄の黙示録のNaもかいた)
が参加したけど。



18 :名無し三等兵:02/05/01 04:49
>12
グスタフ・ハスフォード?『フルメタルジャケット』(角川文庫1984)
表紙 髑髏にAR15だかM16ライフルの絵

ジョゼフ・ヘラー『キャッチ22』(早川文庫NV)
表紙は星新一とかの表紙てがけた真鍋なんとかいう可もなく不可もない
抽象画

19 :名無し三等兵:02/05/01 04:49
グスタフ・ハスフォードだよ。
原題は「THE SHORT-TIMERS」

20 :名無し三等兵:02/05/01 04:51
やっぱ原作どおりジョーカーがカウボーイを殺してナンボだよねー。

21 :一等自営業 ◆O8gZHKO. :02/05/01 04:59
『キャッチ22』は皮肉の効いた反戦小説でベト戦のころに出版された。
イタリー戦線の米軍飛行基地が舞台だった。『キャッチ22』とは戦争の
不条理を示すコードと説明がなされていた。映画化されてる。
同時期発売され映画化にもなった小説で、朝鮮戦争の米軍野戦病院物が
あったがタイトルは失念した。

22 :名無し三等兵:02/05/01 05:02
「M・A・S・H」でしょ。

23 :名無し三等兵:02/05/01 05:18
あんま関係ないが、キュブリックの映画って、ほとんどが原作付きだよね。
何で?話作るのメンドイから?

24 :名無し三等兵:02/05/01 05:31
>>23
以前、映画雑誌のインタビューで、本人がそういう意味の事を言ってたよ>話作るのメンドイから

25 :海の人:02/05/01 13:09

       〃/,i'i'||‖||‖ |‖||||||||‖||||||||‖||'i'i,ヾ
        i'|i'i'||||‖川|  | ‖|||||川|||||||‖||||||'i'i,|'i
       ||i'i'|川||‖|| ‖‖川||‖|||||‖||川||||'i'i|
       |川川‖川,,__|| 川||川‖|||‖||川|‖川|
       |川|":.´ _,,.....,_~"''.:.  .:''"~_,....,,_ `: ゙|‖|||
      ‖|||  `ゝ,_●.'ヽ :   . γ'●.,ノ ´ ||||||‖
      |‖||.    ゙゙""~` :. : ´~""~    ‖;;||||
      ||||'i,|:          ;  ;       .!|,:'/川
        ||‖|||:.         ,;'  ';,        i'-'||||||
      ||||||||'i,::     . :'(.,,  ,,..)': .     ,!||||‖||
      |||‖|||'!,::.      `"´       ./|||‖川
        ||‖川|||\::..   ,:=二'二=:,  .:/|川||‖||  <ねえ藁って!
      川|‖||||||| \::: ~"''"''"~ .:/ ||||‖||川‖
       川||||‖||||  `ー-.............-‐´   ||||川‖‖|

26 :名無し四等陸士:02/05/01 13:19
>>16
その通りです。
女狙撃兵がSKSカービンで狙撃してくる(映画ではチェコ製VZ-58)くだり
です。
そこでの「とんでもない事」と言えば……お分かりですか?

27 :海の人:02/05/01 13:22


みんなで輪姦した








28 :名無し三等兵:02/05/01 19:28
>>6
>>7
レス読んでたら欲しくなったので
今から買ってくる。
サンクスコ

29 :名無し三等兵:02/05/01 20:05
しっぺ返しは悪運のもと(Payback is a motherfucker)

30 :名無し三等兵:02/05/01 20:27
小説のあとがき(1986年2月)では続編”PHANTOM BLOOPER ”
を執筆中と訳者への手紙に書いていたそうだ。完成したのか、そして日本で出版
されたのかは不明。

31 :名無し三等兵:02/05/02 03:01
>>30
“PHANTOM BLOOPER”で検索するといっぱい出てくるんで、本自体は出てるみたい。
翻訳版は知らんけど。

32 ::02/05/02 06:35
>>16,26
ああ、なんだ、その部分ね。
PHANTOM BLOOPER のことかとオモタヨ。

33 :名無し三等兵:02/05/02 22:53
戦争が醜悪なのは、真実が醜悪だからで、戦争そのものは実に真摯だ
(War is ugly because the truth can be ugly and war is very sincere.)

34 :名無し三等兵:02/05/02 23:14
>>33

弾丸は「こいつは冗談さ」とは決して言わない。

だっけ?

35 :名無し三等兵:02/05/02 23:35
>>34
弾丸×
銃 ○

36 :名無し三等兵:02/05/02 23:53
さあみなさん、寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、東南アジアの宝石、
エキゾティックなベトナムにいらっしゃい、古い文化を守っている興味
深い刺激的な人々に会いなさい.....そして、連中を皆殺しにしては
いかが。確認殺害戦果をあげた、ご近所で最初の若者になりなさい。

(Come one, come all to exotic Viet Nam, the jewel of Southeast
Asia, meet interesting, stimulating people of an ancient cul-
ture.....and kill them. Be the first kid on your block to get
a confirmed kill.)

37 :名無し三等兵:02/05/03 23:52
小説のP195で、どうしてラフターマンは戦車にひかれたんだ?

見えない戦車って何?茂みの中から急に戦車が飛び出してきたってことか?

38 :名無し三等兵:02/05/04 00:02
あれは彼等に気付かなかった友軍のM60かなんかに轢かれたのでは。

39 :名無し三等兵:02/05/04 00:16
>>37
その戦車って金髪の戦車長が乗ってるけどP119でベトナム人を
轢き殺したやつと同じ戦車ってことなのかね
何日か前は便乗させてくれた戦車に、今度は轢き殺されちまったって
事で...
(ちなみにP119のやつはM−48パットンでした)

40 :38:02/05/04 00:19
言われたページを読んでみるとそうみたいね。

41 :37:02/05/04 00:33
うん。友軍の戦車にひき殺されたってことはわかるんだけど、
どうしてラフターマンだけがひかれたのかなぁと思って。

ジョーカーはその場所に止まっていたから、戦車兵が気づいて轢かれなかった
が、ラフターマンは動いてしまったから戦車兵に気づかれず轢かれてしまったって
ことなの?


42 :名無し三等兵:02/05/04 01:07
>>41
「戦車はわずかに向きを変えて私をかわし・・・」となってるので
操縦手はジョーカーには気づいていたと思われ
んで、向きを変えた先に運悪くラフターマンがいたのではないかと

43 :名無し三等兵:02/05/04 01:14
操縦手は気付かず、車長も遠方を見てて気付かなかったって訳だな。
戦車の作動音で気配も解らんだろうし。

44 :37:02/05/04 01:32
>>42,43
ああそうか、そういうことだったのね。


45 :名無し三等兵:02/05/04 11:19
「コークを飲むとなにもかもうまくいく」てな迷信はホントにあったのかな?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)