5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ソードフイッシュ ―最後のジョンブル魂―

1 :紳士違うヨ:02/05/02 23:06
英国的紳士だったら語れ!!

2 :名無し三等兵:02/05/02 23:07
いいじゃん。
ひたすら、いいじゃん。

3 :名無し三等兵:02/05/02 23:09
以上

4 :名無し三等兵:02/05/02 23:11
英海軍はソードフィッシュにいれこんでいて、最後まで使いまわしたってよく聞くけど本当なの?現場はいやいやだったんじゃないの?

5 :名無し三等兵:02/05/02 23:13
後継機のアルバコアがクソ!だったからまだマシ!!と思ってただけ。
ドイツ海軍もヘタレだったし。

6 :名無し三等兵:02/05/02 23:19
なんか、いさく氏がつば飛ばしながら語るようなスレ…

7 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/02 23:26
後継機のアルバコアがゴミだった(クサした歌もあった筈)ので、アレよりマシだと言う事で
使い続けたんだったと。つかアルバコアの方が先に退役。

8 :名無し三等兵:02/05/02 23:26
後継機のアルバコアを複葉機にするイングランド人マンセー

9 :名無し三等兵:02/05/02 23:30
大英帝国最強の艦載機はマートレットです。

10 :名無し三等兵:02/05/02 23:35
ファイアフライかっこいい

11 :名無し三等兵:02/05/02 23:36
F6Fは供与されてないの?

12 :名無し三等兵:02/05/02 23:39
>4,5,7
大戦後期において、ソードフィッシュは正規空母では殆ど運用されていない。
改装空母という特殊な環境では、ソードフィッシュほど使い勝手のいい艦載機は
世界中見回しても他になかった(んだと思う)

13 :名無し三等兵:02/05/02 23:41
レーダー搭載の複葉機最高

14 :名無し三等兵:02/05/02 23:42
>>4
>最後まで使いまわした

もうとにかくこき使うだけこき使って、とにかく骨の髄までむさぼり尽くしてもまだたりなくて、骨がらからスープまで絞り取った揚句、骨まですりつぶしてふりかけにして食っただけでもまだ気が済まなくて、また新しいのを作って、それからもうこき使うだけこき使って・・・

15 :搭乗員愛唱歌:02/05/02 23:46
僕のストリング・バックを返してよ(中略)アルバコアはクソ!(中略)
僕のストリング・バックを返してよ(中略)アルバコアはクソ!(中略)(以下繰り返し)

16 :名無し三等兵:02/05/02 23:50
ソードフィッシュの生産機数は意外と少なくて2400機程度。
一部には大量生産して、こき使われて、あちこちで落とされまくって、
ごくたまに大戦果を挙げた航空機のように誤解している輩もいるが、
むしろ使用目的を絞って運用された機体と考えた方がよかろう。

17 :名無し三等兵:02/05/02 23:56
ロケット弾の使えるソードフィッシュと使えない97艦攻
大戦後半での実績はご存知の通りだ

18 :名無し因果応報:02/05/02 23:59
しかし、これに雷撃されて撃沈された艦の乗組員はさぞかし悲惨な心境だろうな……

練習機に特攻くらって沈むようなもんだ

19 :名無し三等兵:02/05/03 00:00
ビスマルク・・・。

20 :名無し三等兵:02/05/03 00:03
あるものはありがたく使え、嫌なら自力で飛べ

21 :名無し三等兵:02/05/03 00:04
これが空中戦でもわりと強かったりするから。
ドイツってFw190,Bf109以外の兵器はヘタレなのかも

22 :名無し三等兵:02/05/03 00:09
単に速度がムチャ遅かったから最新戦闘機や高射砲FCSとのズレが出ただけ。
大リーグボール3号みたいなもん。

23 :名無し三等兵:02/05/03 00:14
旋回性能もいいんだよん

24 :名無し三等兵:02/05/03 00:47
あんなんで海峡に出撃させて全滅させたのは犯罪行為だ
勝ったからジョンブル魂、負けてりゃただのいぬ死にだ

25 :名無し三等兵:02/05/03 13:07
そういやハーミスの攻撃隊全部ソードフィッシュだったんだよねえ
運悪く南雲機動部隊の攻撃隊に遭遇して30秒で全滅した機体だからな
(いくらなんでも早すぎ)

26 :名無し三等兵:02/05/03 13:13
しかも戦闘機はハリケーンだから航続距離不足で援護なし・・・。

27 :名無し三等兵:02/05/03 13:17
ハリケーン?フルマーでは?

航続距離だけならハリケーンも爆装時のソードフィッシュも大差ない
むしろ速度差が大きすぎて護衛は困難だったようだ


28 :男なら 紳士服:02/05/03 13:35
アルバコアに乗れ。

29 :名無し三等兵:02/05/03 13:55
WWUで最大の撃沈t数を誇ったのはこの子だったんでは?

30 :名無し三等兵:02/05/03 13:59
近くに競争相手がいないと、技術が発達しないね
日本はアメリカがいてくれて良かったよ

31 :オイゲン・マンドリル大尉 ◆dTg7Mmqk :02/05/03 14:01
正直、スレタイトルが
 ソードフイッシュ ―最後のブルジョワ魂―
に見えた。

32 :名無し三等兵:02/05/03 14:03
発展したって戦争に負けたら何ら継承さればいけどな

33 :名無し三等兵:02/05/03 14:06
そーどふぃっしゅはいい飛行機だった

大体が対潜哨戒の大西洋では逆にこの機体がベスト
整備性も良く、高角砲、機銃はあまりの低速に見越し射撃を誤り
中々当たらず、高角砲弾は命中しても突き抜けるだけというオマケ付

34 :名無し三等兵:02/05/03 14:09
まぁ南雲部隊のアレはしょうがないわな

魚雷抱えて離陸中に上から被さられたら手も足も出ません

35 :名無し三等兵:02/05/03 22:33
いくらなんでも「高角砲弾」が命中して突き抜けるだけってことはないべ。

36 :名無し三等兵:02/05/03 22:37
いやいや、命中しても爆発はしないかも?
ただし命中時のショックで分解しそう。

37 :イルボソ:02/05/03 23:00
今でも不思議に思うことがある。
なぜ、ソードフィッシュの後継機にバトル軽爆を雷撃機に改造して使わなかったのか?
それどころか戦闘機にするとは…。
少なくとも97艦攻にはかなわないかもしれないがデバステーターよりはましだったと思う。

ジョンブルの考えることはわからん。

38 :名無し三等兵:02/05/03 23:28
バラクーダとかも見ると、低翼単葉は雷撃に向かないという信念があったのかも。

39 :名無し三等兵:02/05/03 23:29
でもボーフォートみたいな機体もあるし、ほんとにわからん。

40 :名無し三等兵:02/05/03 23:33
English eccentricityも結構だけど、戦争中ぐらいは手堅くやれよ。。。

41 :名無し三等兵:02/05/03 23:36
結局はアベンジャーという手堅い選択に落ち着くわけですが

42 :名無し三等兵:02/05/03 23:38
>36
高射砲で直撃はまず無いだろ。
・・・とマジレスしてみるテスト

43 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/03 23:38
>>33
>大体が対潜哨戒の大西洋では逆にこの機体がベスト
搭乗員が寒いという欠点を除けば。
アルバコアがソードフィッシュより優れていた数少ない点として、暖房が効くというのが
あったそうな。

44 :名無し三等兵:02/05/03 23:39
基本的に大西洋においては、敵の戦闘機の足が短い上に陸上発進に限られるわけだから、ソードフィッシュで充分だったんだろうね。
離着艦速度の遅さも結構なポイントでは。
艦攻より重要な兵器の開発に資源をまわした英国の判断は合理的と思われ

45 :名無し三等兵:02/05/03 23:43
ロケット弾があればこその大活躍でもある

46 :名無し三等兵:02/05/03 23:44
>>43
アルバコアはソードフィッシュに比べて、操縦席がかなり前に
きてますが、エンジンの熱で暑すぎとはならなかったのだろうか。

47 :名無し三等兵:02/05/03 23:45
イギリスの艦上雷撃機と言えばブラックバーン・ファイアブランドに決まり
何しろ「艦上雷撃戦闘機」だもんな。

48 :名無し三等兵:02/05/03 23:45
そーいやエンジンが熱い間は再始動できないって欠点があったらしい。
空中で止まったらそのままあぼーんか?

49 :名無し三等兵:02/05/03 23:46
>艦攻より重要な兵器の開発に資源をまわした英国の判断は合理的と思われ

パンジャンドラムはネタで作ったの?

50 :名無し三等兵:02/05/03 23:48
当時は空中で再始動できるエンジンの方が珍しいのでは

51 :名無し三等兵:02/05/03 23:51
ブラックバーン・ファイアブランドって1946年生産開始で最高速度560Km。。。

52 :名無し三等兵:02/05/03 23:54
雷撃戦闘機って本当にあるの?

53 :名無し三等兵:02/05/03 23:55
>33
 ウェリントンも大圏構造に羽布でできていて同様の話が伝わっていますね。
 突き抜けてくれるので、構造材にダメージがなく、かえって頑丈だったという
 書き方をしていたと思います。

54 :名無し三等兵:02/05/03 23:56
だが、魚雷装備時の最大速度が517km/hとか、
爆弾900kg搭載での急降下爆撃が可能だったりと
それなりの性能は持ってる。

あと生産開始は戦争中ね

55 :名無し三等兵:02/05/04 00:04
>49
マジに「ネタ説」無かったっけ?

56 :名無し三等兵:02/05/04 08:47
ソードフィッシュ確かドイツ海軍の脱出作戦の時、日中に攻撃かけてるんだよな
当然全滅したけど、もし彼らがデバステーターに乗っていれば何人かは生き残れた
ろうに、こんな戦闘機に遭遇すれば必ず死ぬ機体でよく戦争したもんだ
部隊の指揮官辛そうだな部下が撃墜されても仕方ないではなく、必然みたいなもん
だし、イギリスが日本の代わりにアメリカと戦争したら2年で無条件降伏してるな。

57 :名無し三等兵:02/05/04 08:53
>56
艦攻だけで戦争の帰趨が変わるものだろうか?

58 :名無し三等兵:02/05/04 08:56
艦戦もクソですが。。。

59 :56:02/05/04 08:58
いんや総合的な面でだって航空機の性能が劣りすぎてて勝てる余地がない
スピットファイアーは航続距離ないしハリケーンはすぐに陳腐化するだろうし
モスキート位しか当てにならないのはちょっと

60 :名無し三等兵:02/05/04 09:31
フルマー複座艦戦の航法士って、空中戦の間辛かっただろうな…。
そんな機会が何回あったか知らないけど。

61 :名無し三等兵:02/05/04 10:02
必要無いんだよそんな性能

艦隊決戦なんかしないし
本当に大変なら米機導入すればいいだけだしな

がいしゅつだがいい飛行機なんだよ、コレ。

62 :名無し三等兵:02/05/04 10:06
フルマーVSCR42はフルマーの勝利

63 :名無し三等兵:02/05/04 10:11
航続距離が云々言われるスピットファイアだが、Mk.8なら増槽なしで1000km飛べる。
あとボーファイターもあるし、沿岸に誘い込めば楽勝♪

64 :名無し三等兵:02/05/04 10:32
お互い、自分の得意なフィールドに持ち込もうとして
膠着状態になるであろう>>日本VSイギリス

長い目で見れば技術進歩の望めるイギリスの方が有利か?

65 :名無し三等兵:02/05/04 10:41
でも震電対ミーティアだとどちらが有利だろう
計画通り750キロ出せてれば震電の方が有利だけど

66 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 10:51
>>63
ボーファイターって下駄履きの零式水観からも『容易に撃墜できる』とか言われて
いたらしいぞ。しかも実績あり。ボーの方が優速なのにも関わらず。
勝ち組にいたから助かっただけの、マトモな戦闘機が相手なら棺桶にしかならん駄作
戦闘機じゃなかろうか。
艦爆として使うにも、護衛戦闘機のいる所に殴りこみはつらそうだ。


67 :名無し三等兵:02/05/04 11:03
まぐれ当りか見間違えだろうよ

いくらなんでも欧州戦線の活躍考えりゃありえん話だわさ


68 :名無し三等兵:02/05/04 11:41
P-38とハドソンの区別がつかない海軍パイロットの証言じゃあねえ・・・

ボーファイターじゃなくてボーフォートではないのかな?
ボーファイターって1945年まで太平洋には登場しなかったらしいし、
実際交戦したパイロットは極希でしょう。


69 :RAF:02/05/04 11:44
ボ−ファイタ−は、夜戦もしくは戦爆だね。

第27中隊ボーファイターVIF装備
’43/1〜9、ビルマ及びタイの交通線攻撃
機関車66両、鉄道車両409両、自動車96両破壊
船舶123隻、舟艇1368艘を損傷

損害8機

個人的には、零式水観の方がボーファイターより強いとは思わないが
仮にそうだったとしても、戦爆として実績をあげてたら文句いえん
わな。


70 :名無し三等兵:02/05/04 11:54
震電の相手ならシーフュリーで十分

71 :名無し三等兵:02/05/04 11:58
>>70おいおいそんなに震電弱くないでしょ。

72 :名無し三等兵:02/05/04 12:00
シーフュリー740km/h、20mm×4(実測)
震電     750km/h、30×mm4(画餅)

けっこういい勝負だと思わんか?


73 :いやん間違えた:02/05/04 12:01
震電     750km/h、30mm×4

74 :名無し三等兵:02/05/04 12:04
震電は一応対爆撃機用だからな・・・

だから開発短縮狙って空戦フラップも部隊の要望蹴って付けて無い品
いい勝負鴨よ。

75 :名無し三等兵:02/05/04 12:08
空戦フラップねえのかそれじゃあきつい物があるなあ

76 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 12:24
>>67-69
昭和18年ごろから豪州空軍のボーファイターと934空の水戦、零観部隊とで交戦してる。
不時着に追いこんだ機体もあるから見間違いでもない。
連中の侵入路がいつも同じという舐めっぷり、行動限界ぎりぎりという余裕のなさ、
来襲機数の少なさもあって実の所はだいたい互角っぽい。
簡単に落とせると言った人も一度撃墜されてたりする。
#以上渡辺洋二氏『異端の空』から受け売り。

Bf110と丙丁つけがたい性能のボーファイターが欧州で活躍できた事の方が俺にはわからん。
ドイツ側に適当な迎撃機がなかっただけじゃないか、どっちかと言えば駄作じゃないかと。
コイツと言いホワールウィンドと言い、エンジンは申し分ないのに何でこんな性能(以下略)。

77 :名無し三等兵:02/05/04 15:34
技量と戦術の不味さだろ

どんな傑作機だって用兵が下手なら活きんよ

78 :上げ足取り:02/05/04 15:47
ワールウィンドのエンジンが申し分ない?

79 :名無し三等兵:02/05/04 15:54
二式水戦とならいい勝負かも


80 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 16:21
>>77
>どんな傑作機だって用兵が下手なら活きんよ
そりゃ全くの真理だがボーファイターが傑作とはどうも思えなくて。
つんのめったようなデザインは好きだけどなあ。

>>78
済まん間違えた。ホワールウィンドのエンジンは何と言ったかゴミだったな。
マーリンエンジン積んだ駄作デファイアントと取り違えた。


81 :RAF:02/05/04 16:40
>>76
ボーファイターがヨーロッパで活躍したといっても、夜戦もしくは戦爆と
してでしょ。
本来の任務以外の昼間の戦闘に投入したケースのこといってもねえ・・・

Bf110も、夜戦としてなら「夜の守り神」と呼ばれてもいる。

夜戦として評価するとすれば、対応する日本機は、月光や屠竜、キ102丙
ってことになるんじゃないの?

もちろん、夜戦の主敵は相手の爆撃機だけどね。



82 :名無し三等兵:02/05/04 17:07
キャパが広くて大きなレーダーを積めたのと強力な武装が成功の理由。
昼間戦闘機としてはクズでも、使用目的に合わせて特化することで活躍できるわけです。

ただし、これも英国の高性能レーダーとロケット弾のおかげで、
同じことを日本やドイツがやろうとしてもダメなんですな。



83 :名無し三等兵:02/05/04 17:29
しでん 【紫電】


(1)紫色の電光。
(2)鋭い光。鋭い眼光や、とぎすました刀剣の光などにいう。
(3)旧日本海軍の局地戦闘機。のちに中翼配置が低翼に改められ紫電改となり、
  本土防空戦に活躍。

てんらい 【天雷】

かみなり

はやて 【〈疾風〉・早手】

〔「て」は風の意〕
(1)急に激しく吹き起こって数分ないし一時間ぐらいでやんでしまう風。多く、
  寒冷前線の通過時に起こり、しばしば強い雨や雹(ひよう)
  を伴う。疾風。陣風。はやち。
(2)〔かかると、すぐに死ぬということから〕江戸時代、疫痢(えきり)の異名。
(3)旧日本陸軍の四式戦闘機。速度・上昇性能にすぐれ、防空戦に活躍。

陣風と疾風ってかぶってたんだな・・。

ひえん 【飛燕】


(1)飛んでいるつばめ。
(2)旧日本陸軍の三式単座戦闘機。液冷エンジンを搭載して高速化を図った。戦争末期には空冷エンジンを積んだ機(五式戦闘機)もつくられた。

しょうき 【鍾馗】


(1)中国の疫病をふせぐ鬼神。唐の玄宗皇帝の病床の夢に鍾馗と名乗って現れ、
   病魔を祓(はら)ったので、画工の呉道士にその像を描かせたことに始まるという。
   濃いひげをはやし、黒衣、巨眼の姿で剣を帯びる。
   日本では五月人形に作ったり、朱刷りにして疱瘡(ほうそう)よけの護符などとした。鍾馗大臣。
(2)旧日本陸軍の二式単座戦闘機。速度と上昇力を重視して大馬力エンジンを搭載。

しゅうすい しう― 【秋水】


(1)秋の頃の澄みきった水。秋の水。[季]秋。《―に林の如き藻草かな/富安風生》
(2)研(と)ぎすました刀。「腰間(ようかん)―、鉄を断(きる)べしい/安愚楽鍋(魯文)」

あきくさ 【秋草】

秋に花の咲く草の総称。[季]秋。






84 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 17:32
夜戦としてはいいとして、昼間飛んでたらやっぱりきつかったのか<-ボー。
アレで昼間も活躍してたらドイツ空軍は何を怠けてたんだろうかと思ったよ。
>>81-82解説ありがとう。


85 :九七式戰車:02/05/04 17:46
てすと

86 :名無し三等兵:02/05/05 20:57
時速100km/hでの上昇旋回!

87 :名無し三等兵:02/05/05 21:04
サンダーランドも語れ

88 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/05 22:22
語り始めるやいなや二式大艇太郎が来襲するような気がする。GW末期だし。

89 :名無し三等兵:02/05/06 11:35
二式にしろ源流はショートの設計なのだから、
サンダーランドの優秀性を再認識させるだけのこと。

90 :アホ:02/05/06 12:22
ソードフィッシュって現在も制式なのですか?
だって英国人って古いものを大事に使うんでしょ?

91 :名無し三等兵:02/05/06 13:00
そーいや大英帝国で引込み式スキッド装備の飛行艇試作されてなかったっけ?

92 :名無し三等兵:02/05/06 13:05
ブラックバーンB20とかぬかす奴か?

93 :名無し三等兵:02/05/06 13:25
>92
そうそう。
スキュアといいボータといいロックといいブラックバーンって味のあるヒコーキ製作するなあ・・・。

94 :名無し三等兵:02/05/06 16:29
バッカニアはカークイイ!

95 :名無し三等兵:02/05/06 16:37
金属部分が少なくて、VT信管が反応しなかったりして・・・。

96 :名無し三等兵:02/05/06 19:50
>95
でも英国機にVT信管つかうやつがいない‥
ちなみに英国じゃ、まねされたら困るってVT信管使用しなかったとか。

97 :名無し三等兵:02/05/06 23:51
ブラックバーンといえば地上観測機のOpticaもあそこが開発しましたね。
バブルの時には日本にも輸入の話があったとか。
その後製造権がシンガポールの会社に移ったがその後はどうしている
のか?

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)