5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

WW2傑作戦闘機を論じる 6

1 :名無し三等兵:02/05/03 18:02
WW2傑作戦闘機を論じる 1〜5
http://yasai.2ch.net/army/kako/994/994847416.html
http://yasai.2ch.net/army/kako/1004/10041/1004199112.html
http://yasai.2ch.net/army/kako/1010/10101/1010141869.html
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1012727526/l50
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1015051923/l50

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1008635715/l50
やっぱり飛燕か疾風がカッコいい 参
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1018091095/l50
メッサーシュミットBF110
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1018421547/l50
金星発動機について語ってみようか
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1018921803/l50
陸軍二式単座戦闘機「鍾馗」について語ろう
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1010208700/l50
WWU爆撃・攻撃・雷撃機について論じる

2 :名無し三等兵:02/05/03 18:12
2式単座戦闘機ズサー

3 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/03 20:32
3式戦ズササーっと。
>>1ありがとさん&sageスマヌ

4 :打通馬鹿:02/05/03 21:19
四式戦疾風は比島での時間稼ぎも含めて、大陸打通作戦を支えた名機。

5 :名無し三等兵:02/05/03 21:27
世にも奇妙な「空軍であって地上戦闘軍」
<中略>
 ドイツ空軍地上軍の半分以上は、高射砲部隊に属していた。いちばん多いとき
(一九四四年末)は百万の兵士(数千人の女性兵士含む)が、二万基以上(陸海軍
所属の高射砲は別にある)の空軍の対空砲とサーチライト部隊に配属された。連合
軍の進撃にともない、これら後方基地の高射砲部隊が前線に位置する結果になった。
ドイツ軍は地上の敵と戦うことも予想して高射砲をデザインし、兵士をも訓練してあった。

第二次世界大戦 あんな話こんな話 / J・F・ダニガン/著 A・A・ノーフィ/著 大貫昇/訳

6 :名無し三等兵:02/05/03 21:29
モスキートFB6
Fw190Aを振り切る双発戦闘爆撃機

7 :名無し三等兵:02/05/03 21:47
Fw190Aってどの程度の性能なのか今一理解できない。
最大速度は四式戦には劣るらしい。
上昇力と旋回性能は荒蒔少佐がかなり高い評価付けてるのに、
欧州ではロールが抜群だけど旋回は平凡てな評価だし。
結局日本戦闘機のレベルが低かっただけの事?
三式戦や四式戦は欧州から見れば鈍重な機体だったのかも?
五式戦もスピット\やMe109Gから見れば大した事ないのかな?

8 :名無し三等兵:02/05/03 21:49
高速機動が可能な初の戦闘機・・・と言えるかも

9 :名無し三等兵:02/05/03 21:53
零戦と同時期の戦闘機としては、恐ろしく高性能(航続距離以外)

10 :名無し三等兵:02/05/03 22:59
戦後しばらくして朝鮮戦争が勃発したが、その末期に高性能機関砲を欲した米軍が、
日本特殊鋼大森工場にいた河村に三〇ミリ機関砲の製造を打診してきたことがあった。
 ソ連製「ミグ15」ジェット戦闘機の“三二ミリ機銃”に米軍機が苦戦しているので
三〇ミリ機銃を造ってくれないか、ということであったが、戦後すぐに進駐した米軍
によって破壊されており、造りたくとも不可能であった。図面を渡すからアメリカで
造れという河村の申し出に、「ここで頼めば造れると思ったのに」と悄然として立ち
去ったという。
 その一週間ほどあとに戦争は終了し、それ以上話は進展せずに終わったが、河村が
改めて調べて見ると、「ミグ」の機銃は口径二三ミリで、依頼のアメリカ人が数値を
逆に勘違いしていたのだった。

陸海軍試作戦闘機(学研)P138の国本康文氏のレポートより。

11 :名無し三等兵:02/05/03 23:40
自前の37mm砲使えばいいのに

12 :名無し三等兵:02/05/04 00:54
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

13 :名無し三等兵:02/05/04 01:18
漏れと夜を徹して空戦機動について語り合わないか(キラーん)。

14 :名無し三等兵:02/05/04 02:32
Fw190は各型によって旋回性能はかなり異なると思われます。
日本に輸入されたのは確かA3型ではないでしょうか?
Fw190としてはかなり軽量ですし、馬力加重も低く
日本でも好評価につながったのでしょう。
A8辺りなら駄目だったのでは?

15 :名無し三等兵:02/05/04 02:37
ただ、Fw190の速度が4式戦に負けていると言う件は
よく解りませんね。

日本の評価条件(武装の有無や、燃料の搭載量)では
実は疾風以下だったのかも。
逆に言うと疾風はドイツ式の評価だともっと高速なのかな?
だとすると、疾風って意外とすごいのかもしれません。


16 :名無し三等兵:02/05/04 02:44
Fw190は、航続距離は延伸の余裕が結構ありそうに見える。

Fw190は、一般的に
旋回性能は、イマイチ。
垂直面性能は強力だが、グリフォンスピットより劣る。
搭載量が小柄な割りに異常に多い。
といった雰囲気か。

四式等日本戦闘機を欧州に持ち込むと、旋回戦は強いが、垂直面で弱く、
高評価は得られない可能性が高い。

17 :名無し三等兵:02/05/04 02:46
きらーん

18 :名無し三等兵:02/05/04 04:06
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

19 :名無し三等兵:02/05/04 04:09


20 :名無し三等兵:02/05/04 04:44
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

21 :名無し三等兵:02/05/04 05:13
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

22 :名無し三等兵:02/05/04 05:30
>>16
航続距離はFW190Gをみると、そうでもない気もする。
旋回性能だけどはっきり言って双胴のP-38よりも劣ります。


23 :名無し三等兵:02/05/04 10:03
Aの話だろA

24 :名無し三等兵:02/05/04 10:21
日本に輸入したのはA-5でした。

25 :名無し三等兵:02/05/04 10:44
四式戦は、機首が重いので離陸上昇がもどかしく、
旋回性能、急降下からの引き起こしもF6Fに劣っていたそうです。
F6Fって意外とバランスの取れた優秀な機体かもしれません。

>22 四式戦のパイロットは「P-38は旋回性能がいいので侮れない」
  なんて事も言っています。

結局、四式戦は、三式戦二型ほど急降下、高々度性能には優れない。
旋回性能、上昇性能は今一つ。水平速度が速いだけが長所。
なんか中途半端、、、
三式戦二型もP-51Bを少しアンダーパワーにして空力特性を悪化+ペラ効率ダウン
させたような感じだし。悲しいぞ、日本戦闘機。

26 :名無し三等兵:02/05/04 10:53
>>25
戦争末期の状態なら47戦隊等の一部の部隊を除けばそんなもんでしょ。
ちゅーか水平速度も危ういでしょ。

27 :名無し三等兵:02/05/04 10:59
>26 うっ、確かに。

28 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 11:02
疾風より上かはともかくF6Fは傑作戦闘機だって。

29 :名無し三等兵:02/05/04 12:03
時期がいいねF6Fがなければコルセア最強と語り継がれた
だろうな、ヘルキャットより性能はいい、ただ着艦が滅茶苦茶
きついだけだからねえ。

30 :名無し三等兵:02/05/04 12:10
>>28
コルセアの離着艦は十分に訓練を積んだベテランにはきつくない
戦時急増パイロットには扱いきれなかっただけ

31 :名無し三等兵:02/05/04 12:12
>>30
ベテランパイロットが開発テスト飛行中に駄目だししているよ。

32 :名無し三等兵:02/05/04 12:15
>>30
ベテラン云々というのは戦後のマス自体が小さくなった米海軍航空力での話だよ。
大戦中は前線に出てきてからもベテランに事故者の不名誉な烙印を押しているんだ。
かなり改善されてと言う事になっているけど、コルセア単体の中での相対的評価の域
を出るものではなかったんだよ。

33 :名無し三等兵:02/05/04 12:31
>>30-31
コルセアの着艦がキツかったのは主脚オレオのダンピングが悪かったからで
英海軍から指摘されるまでそこんとこに気が付かなかった米海軍の
「ベテランパイロット」がアホ…

34 :名無し三等兵:02/05/04 12:51
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

35 :名無し三等兵:02/05/04 12:52
↑ほら、999も1000も取れない負け犬がピーピー騒いでる


36 :名無し三等兵:02/05/04 12:53
>>25
素人質問で申し訳無いが、
>四式戦は、機首が重いので離陸上昇がもどかしく
小型軽量が売りの誉を積んでたのに機首が重かった?
重心バランスが前後でずれていたなら水平飛行時は空力的な修正をしていたのか?
>旋回性能、上昇性能は今一つ。水平速度が速いだけが長所。
翼型をみると四式戦はかなり旋回性能重視に見えるのだが何故旋回性能が悪かったのか?

オシエテ。

37 :名無し三等兵:02/05/04 12:54
飛燕よりは機首上がっただろうに

38 :名無し三等兵:02/05/04 12:54
>>36
旋回性能と翼型にはほとんど相関関係はありません

39 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 12:55
ネガな点は隼と比較しての話ではないかと。

40 :名無し三等兵:02/05/04 12:56
>主脚オレオのダンピングが悪かったからで

違う。
コクピット前に燃料タンクを移設して、コクピット全体を後退させた結果
視界不良となったいう根本的な原因。

41 :名無し三等兵:02/05/04 12:57
>>40
おいおい。まだそんな古臭い話を…
「世傑」ぐらい読め


42 :名無し三等兵:02/05/04 12:59
>>41
あの暴論を信じているのか?
なあ、本当にしんじているのか!?

あ〜あ。笑

43 :名無し三等兵:02/05/04 13:01
>>42
反証があるならぜひ紹介を

44 :名無し三等兵:02/05/04 13:01
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

45 :名無し三等兵:02/05/04 13:02
♪あぼーん体操♪

志村けん「おはようございまーす!」

今日もコピペの>>44が来た コピペの常習>>44が来た
削除人さんそろったら あぼーん体操はじめよう!!
▼レスをあぼーん >>44をあぼーん
コピペをあぼーん 糞レスあぼーん
カキコをあぼーん
あぼーん あぼーん あぼーん あぼーん
楽しいなぁ あぼーん▲

瞬殺あぼーん コピペをあぼーん
過去逝きあぼーん 放置であぼーん
板じゅうあぼーん
あぼーん あぼーん あぼーん あぼーん
楽しいなぁ あぼーん

(▼から▲までを1回繰り返し)

46 :名無し三等兵:02/05/04 13:03
反証
「コクピット前に燃料タンクを移設して、コクピット全体を後退させた結果
視界不良となったいう根本的な原因。」

あれは、これでいいらしいですよ。
オレオのダンピングというのはないですよ。

47 :名無し三等兵:02/05/04 13:05
>>46
それはダンピング不良の反証にはならんだろう

48 :名無し三等兵:02/05/04 13:05
>>46
???????
反証になってない…

49 :名無し三等兵:02/05/04 13:06
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

50 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 13:07
古臭かろうが何だろうが、『じつはコルセアの着艦時の視界は良好だった』などという話はないだろ。
イスがちょっとぐらい持ちあがったって根本的な解決にはならん。パイロットが慣れただけだ。
視界不良を筆頭に、気流の剥離とか何とか癖の悪い話はいくらでもあったと思うなあ。


51 :名無し三等兵:02/05/04 13:09
イギリスの場合、供与を受けた機体が米国とちがって、
翼端カットによる沈降速度が大きくて不具合だったから
そのような報告が残っているだけですよ。
視界の問題についてもイギリス側の報告によれば、シーファイア
との比較でLSOの姿を見失うケースが多いとしていますから、
根本的な原因はコクピット位置にあると見て良いようです。

もし、コクピット位置は原因ではないと主張し続けるするならば、
何故コルセアの尾輪はあのようにむやみと高くしているのか、
説明がつかなくなりますよね?

52 :名無し三等兵:02/05/04 13:09
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん
あぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーんあぼーん

53 :名無し三等兵:02/05/04 13:09
>>46
アメリカやイギリスで空母運用されたタイプはすべて
その「コクピット前に燃料タンクを移設して、コクピット全体を
後退させた結果 視界不良となった」タイプなワケで、そこのところを
解明しないと反証にはならんぞ

54 :名無し三等兵:02/05/04 13:11
>>51
お、新説だ
「イギリスの場合、供与を受けた機体が米国とちがって、
 翼端カットによる沈降速度が大きくて不具合だったから」の
沈降速度の違い、分かってるなら教えて

55 :名無し三等兵:02/05/04 13:22
そうですね、気流剥離。
三点姿勢に入れた時にコルセアの場合対策無しであのまま降ろしてしまうと
着艦できなくなってしまうんですね。
前方視界を確保しながらとった三点姿勢では尾輪よりも大切な着艦フックが
ワイヤーを掴まないのでより顎を上げた三点姿勢をとると、今度はLSOの視認
不能となによりも失速という事態に陥ってしまうんですよね。
それも翼端失速よりもはるかに厄介なルート・ストールでしたか?
あれなんかは逆ガルにしたのが災いしたと言って良いでしょう。

56 :名無し三等兵:02/05/04 13:24
>>55
ダンピングは?

57 :名無し三等兵:02/05/04 13:24
>>51
ではダンパーの問題とするならば、
何故尾輪や操縦席の高さをあれほど高くしているのか、
あなたに解説して頂きましょうか?

58 :名無し三等兵:02/05/04 13:25
>>55
気流剥離問題はごく早い段階でスポイラを取り付けることで
解決している
これもイギリスの功績だ
それよりも沈下率のデータがあるんなら、ぜひ教えて

59 :名無し三等兵:02/05/04 13:25
>>56
根本的な問題は視界不良につきます。
ダンパーは枝葉。

60 :名無し三等兵:02/05/04 13:27
>>58
翼面積の少ない機体とそうでない機体、度面が沈降速度が高いでしょうね?
常識なのでデータの提示など必要有りません。

61 :名無し三等兵:02/05/04 13:27
どちてぼうや、みたいな奴だな。ワラ

62 :名無し三等兵:02/05/04 13:28
>>57
「世傑」を読めばいいんだが…
気流剥離、座席取り付け位置の変更、尾輪の延長、すべてを
やりつくしても「着艦不適」と判定されてしまったのだよ
その上で、オレオのダンピングを変更してやっと運用が認められた


63 :名無し三等兵:02/05/04 13:28
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%94n%8E%AD%82%AA%93%A5%82%DE%81i%CC%DF%CC%DF%CC%DF&lr=lang_ja
原因はこれらしいよ

64 :名無し三等兵:02/05/04 13:29
>>60
バカですか?

65 :名無し三等兵:02/05/04 13:29
>>62
ほら、そうでしょ?
ダンパーの問題は最後に残った枝葉じゃないですか。

66 :名無し三等兵:02/05/04 13:30
>>62
「世界の傑作機」だけを鵜呑みにする所をみると黄金厨か・・・




やれやれ・・・

67 :名無し三等兵:02/05/04 13:31
>>64
レベル低いですね。

68 :名無し三等兵:02/05/04 13:32
>>65
どーいう頭の構造だッたら、そんな解釈ができるんだ?
>>66
悪かったね

69 :62:02/05/04 13:32
>>65-66
ジサクジエンデシタ(プ

70 :名無し三等兵:02/05/04 13:34
完璧、低レベルの黄金厨だな。>>68

71 :62:02/05/04 13:34
だめだな、もう相手してらんねぇな
お前ら、糞だよ糞
予告してやるよ、明日の夜に、大金を手に入れる
場合によっちゃ、人が傷つくかもしれない
捕まったら、ここのことは全部警察に言う
お前らにそそのかされて、やったってな。

俺はな、仲間内じゃ電脳派なんだよ
今度ウイルス送って、クラッシュするぞ、覚悟しとけや糞ヲタどもが

72 :名無し三等兵:02/05/04 13:35
>>67
ほんと、60のアホぶりには驚くね

73 :名無し三等兵:02/05/04 13:36
>>66
案外面白いかもしれないですよ、この人。
時系列的にこの後、「世傑」以前からのコクピットが主因だったとする
解説を読めば手のひらを簡単に翻しそうですよ。

74 :名無し三等兵:02/05/04 13:36
>>71
騙りだということが一片に分かるような
程度の低いアオリはやめろよ
自分が傷つくだけだぞ

75 :名無し三等兵:02/05/04 13:37
>>71
>今度ウイルス送って、クラッシュするぞ、覚悟しとけや糞ヲタどもが

お待ちしております。

76 :名無し三等兵:02/05/04 13:38
>>73
あー、十分に知ってるんだけど…




77 :名無し三等兵:02/05/04 13:39
自作自演中>76

78 :名無し三等兵:02/05/04 13:40
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

79 :名無し三等兵:02/05/04 13:42
>>73
その
>時系列的にこの後、「世傑」以前からのコクピットが主因だったとする解説

を紹介してくれ。オレ、ヒマだから…

80 :62:02/05/04 13:42
謝れとは言いませんがこちらもちょっと大人げないのですが ムカついたの
で友達のハッカーに頼んで あなたの個人情報を探ってもらうことにしまし
た。あ、もう遅いですよ。もうすでに友達解析始めちゃってますから(^^;
ちなみにこれは自慢じゃないんですがその友達は日本でも 5の指に入るく
らい凄腕のハッカーです 。この前彼の家に遊びに行ったらものの5分で他
人の個人情報を抜き取っていました。彼にとってそれくらお赤子の指をひね
るくらいの行いなんですよね(爆) これであなたもいっかんの終わりってや
つですね(^^;まあせいぜい後悔してくださいね。それからもう二度と荒らし
はしないこと(その友達は荒らしが大嫌いらしいです。荒らしを見つけたら
即解析に入るみたいです(^^;)それでは、う〜ん二日後くらいかな?また例
の所に来てくださいね。あなたの住所本名住所その他もろもろのせておきま
すんで(笑) あ、警察とかに言ったって無駄ですよ。あなたは荒らし(犯罪)
なんだから通報したところで捕まるのはアナタですし友達は掲示板のログを
自在に操ることができるんです。と、いうことでbye♪(^0^)/~~

81 :25:02/05/04 13:43
>36 ごめんなさい。なんか自分でも分かってないみたいです(宇津
ハ-45誉って結構重いです(830s) ハ-112Uが675s、ハ-140が750s。
でもエンジンが重い分は、取り付け位置や尾部の錘で補っているはずですし。
荒蒔少佐が「四式戦よりかなり軽快」と誉めたFw190A-5のBMW801は1300s
前後もあります。ここで疑問が、、、
Fw190A-5は最大出力1700馬力、自重が3100s、全備が3900sくらい。
四式戦はそれぞれ1600(実質) 2680 3890。五式戦は1500 2525 3495。
自重では疾風がずっと軽いのにフォッケよりも鈍重だと言われたのは、
プロペラ効率の差なのでしょうか?
また五式戦は馬力荷重がほとんど似通っているのに疾風よりずっと
軽快と言われたのはなぜ? 長文スマソ

82 :名無し三等兵:02/05/04 13:44
>>80
論破されてくやしいから62を騙っているのがバレバレ(藁

83 :名無し三等兵:02/05/04 13:45
>>79
充分知っているんだろ?

おれんとこにもウイルス送ってくれ。
確実にやってくれよ、待っててやるからな、厨房。ワラ

厨房、皮剥けたか?ワラワラワラ

84 :名無し三等兵:02/05/04 13:45
>>82
反論できない厨が釣れましたぁ(アヒャー!

85 :名無し三等兵:02/05/04 13:46
>ちなみにこれは自慢じゃないんですがその友達は日本でも 5の指に入るく
らい凄腕のハッカーです 。

それじゃ、すぐに捕まってしまいますね。

86 :名無し三等兵:02/05/04 13:47
>>81
最大の原因はプロペラ直径の差です

運動性が鈍重であるかどうかは、自重そのものや
機体の重量バランスだけで決まるものではありません
空力的設計の良否が大きく関係します


87 :62:02/05/04 13:47
煽りにもなってないな。
君達の稚拙なレスには根拠が欠いているからね。
お馬鹿厨房君。
あっレスはもうしなくていいよ。
放置ってこともおぼえてね。低能君。

88 :名無し三等兵:02/05/04 13:48
>>73
早く解説してくれ

89 :62:02/05/04 13:49
>>83
あッそうですか。
どうせ画面に向かってしか発言できない人間でしょ?
せいぜい、これ見て顔真っ赤にしてくれや。

90 :名無し三等兵:02/05/04 13:50
>>73
早く解説してくれ

91 ::02/05/04 13:50
このスレは荒らしの巣窟になってるし電波に何いっても無駄だから無視して
Me262最高ですな

92 :名無し三等兵:02/05/04 13:50
がんばってね。>88

93 :名無し三等兵:02/05/04 13:51
Me262太郎現る

94 :名無し三等兵:02/05/04 13:52
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

95 :62:02/05/04 13:54
これからハワイの真珠湾記念館見に行ってくるから。
お前らは一日中PCの前でカタカタやってな(ワラワラ

96 :名無し三等兵:02/05/04 13:54
お前らレベル低すぎ。どうせヤルなら下のスレの>>1ぐらいの事をヤレ(藁
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1019912940/l50

97 :名無し三等兵:02/05/04 13:54
荒れてますな(藁

98 :名無し三等兵:02/05/04 13:55
>>89
>せいぜい、これ見て顔真っ赤にしてくれや。

へぇっ、君、今そんな顔してるんだ。
ごめんね、悪かったよ、そこまで追いつめる積もりはなかったんだけどね。
そうか・・・
うんっ、コルセアの空簿記としての欠点はすべて脚のほうに原因が合ったんだねっ!
そうか、じゃあそれだけですべての問題はかいけつするのかぁっ、なーんだ、ボクしらなかったよっ!
おしえてくれてありがとーねっ!

99 :62:02/05/04 13:56
>>98
やっと分かったか(ワラワラ
まったく無知厨は困るねー(ゲラーリ

100 :名無し三等兵:02/05/04 13:56
>>98
どーいたしまして
詳しくは「世傑」を読んでね


101 :名無し三等兵:02/05/04 13:58
>>99-100
「空簿記」でなっとくしている厨房ハッケソ!

ひっかかった。ワラワラワラ

102 :62:02/05/04 13:58
おいっハワイのネーチャン買いてーんだよ
どこに行けばいいのか教えろ

103 :62:02/05/04 13:59

        │\
        │  \≡(`Д´;))≡=    オオッ!
        │   \≡// ))≡=
        │    ≡」」」≡=
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
        │
       >>101     

104 :名無し三等兵:02/05/04 14:00
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

105 :名無し三等兵:02/05/04 14:01
>>102
…ハワイに行けば?

106 :名無し三等兵:02/05/04 14:03
>>103
>>101への反撃にしちゃあ、程度低い。
もっと他の事考えろ。

107 :62:02/05/04 14:03
>>105
もう来てんのにどこに行けば買えるのかわかんねーんだよ
ところでこっちのコンドームはでけーな
サイズ合わねーよ

108 :名無し三等兵:02/05/04 14:03

 ┌─────────┐
 │               .|
 │  キチガイ警報!  │
 │               .|
 └―――──――――┘
      ヽ(´ー`)ノ
         (  へ)
          く

109 :名無し三等兵:02/05/04 14:04
>>98
「世傑」すら読まない厨房ばかりだから
その水準はムリだよ
せいぜい「イギリス海軍が使ったコルセアは沈下率が大きい」なんて
根拠のない妄想を語るぐらいかな

110 :名無し三等兵:02/05/04 14:06
ついでに翼端失速も激烈にくる。


>101はうまいこといった。藁

111 :名無し三等兵:02/05/04 14:06
>>107
ホントにハワイにいるのか?
表通りをゆっくりクルマで走れ
女が(男も)いっぱい声をかけてくるぞ

112 :名無し三等兵:02/05/04 14:07
>>110
ソースキボンヌ

113 :62:02/05/04 14:08
>>110>>101
ジサクジエンデシタ(プ

114 :名無し三等兵:02/05/04 14:08
一般論から言って、主翼面積が少なくなれば、
どうなると思う?>>112

115 :名無し三等兵:02/05/04 14:08
>>111
基地外に餌をやるな

116 :名無し三等兵:02/05/04 14:09
>>111>>115
ジサクジエンデシタ(プ



117 :名無し三等兵:02/05/04 14:10
>>114
ちゃんと回答が返ってくるまで
ネタバレする気ないんだけど…

主翼をどれだけ切ったか、知ってる?
これがヒント

118 :名無し三等兵:02/05/04 14:10
>>114
F-104になる

119 :名無し三等兵:02/05/04 14:11
>>109
浅見、必死だな。(笑)

120 :名無し三等兵:02/05/04 14:11
>>116>>62
ジサクジエンデシタ(プ

121 :名無し三等兵:02/05/04 14:12
>>119
おもしろいから、俺は結構好きだ

122 :名無し三等兵:02/05/04 14:12
>>117
ほうら、やっぱり答えられないんだ。プププ

どうせ片手に世界のなんちゃら握り締めてるんで書?
がんばんな。

123 :名無し三等兵:02/05/04 14:12
1+1=2
2=1+1

124 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 14:13
翼面積が減ってて他の要素が変更なけりゃ沈下率は大きくなるだろ。
なんで揉めてるの? まあいいや。
>>62
>気流剥離、座席取り付け位置の変更、尾輪の延長、すべてを
>やりつくしても「着艦不適」と判定されてしまったのだよ
>その上で、オレオのダンピングを変更してやっと運用が認められた
ようするに全部まとめてやっと有効な対策だったって事なんだろ? 
脚だけ改良してあとは元に戻した訳じゃないし。 
世傑にどんなヘンな事が書いてあるかと思ってびっくりしたよ。

125 :名無し三等兵:02/05/04 14:13
>>122
ほうら、やっぱりいくら切ったか知らないんだ(ブヒー
アホだねー

126 :名無し三等兵:02/05/04 14:14
「世傑」が聖書かぁ…

127 :名無し三等兵:02/05/04 14:14
>>122
引きこもってないで「世傑」を探して読め


128 :名無し三等兵:02/05/04 14:14
>>127
追求されて
顔、真っ赤っ赤です。

129 :名無し三等兵:02/05/04 14:15
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

130 :名無し三等兵:02/05/04 14:15
>>124
あなたまで妙なこと言わないでヨ
>翼面積が減ってて他の要素が変更なけりゃ

ないワケないじゃない…

131 :名無し三等兵:02/05/04 14:16
>>128
プププ
とうとう反論できなくなったようだね
まあ君の理論は最初から支離滅裂だからなー(ゲラ

132 :名無し三等兵:02/05/04 14:16
>>129
依然逃げております。
翼面積がみこたえられません!
絶対に回答しないでしょうっ!!!

133 :名無し三等兵:02/05/04 14:16
>>128はヒキコモリ

134 :名無し三等兵:02/05/04 14:17
>>128はヒキガエル

135 :名無し三等兵:02/05/04 14:17
>>131
キミの理論とやらは、どんなものなんだ?

136 :名無し三等兵:02/05/04 14:17
>>132
落ち着けよ。日本語は正確に使え

137 :名無し三等兵:02/05/04 14:17
>>131
懸命ですっ!
まだ、答えられませんっ!!

もう、これでなんのソースも持ってない事が明白になってしまいましたっ!!!

138 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 14:18
>>126
バラツキはあってもいい本だとは思うけどなあ。
聖書よりはおとぎばなしも少(削除)。

139 :名無し三等兵:02/05/04 14:18
>>134-136
自作自演でした。

140 :名無し三等兵:02/05/04 14:18
>>132
うーむ、130でうっかり答えちゃったのだが…
理解できないかな?

141 :名無し三等兵:02/05/04 14:18
ヒキガエルの油ってなんだろー

142 :名無し三等兵:02/05/04 14:19
現在まだ翼面積変化が回答できませんっ!

143 :名無し三等兵:02/05/04 14:20
>>138
読んでないし、読む気もない厨房に何いってもムダ

144 :名無し三等兵:02/05/04 14:20
>翼面積がみこたえられません!
翼面積神答えられません?

145 :名無し三等兵:02/05/04 14:21
>>140
>うーむ、130でうっかり答えちゃったのだが…
理解できないかな?

130 :名無し三等兵 :02/05/04 14:15
>>124
あなたまで妙なこと言わないでヨ
>翼面積が減ってて他の要素が変更なけりゃ

ないワケないじゃない…


132 :名無し三等兵 :02/05/04 14:16
>>129
依然逃げております。
翼面積がみこたえられません!
絶対に回答しないでしょうっ!!!

146 :名無し三等兵:02/05/04 14:21
>>142
お前のコテハン「翼面積がみ」ね

147 :名無し三等兵:02/05/04 14:21
>>142
おれの回答は130に書いてあるって

「沈下率が大きくなる」というキミの根拠を早く出してよ


148 :名無し三等兵:02/05/04 14:21
>>140

依然逃げております。
翼面積がみこたえられません!


149 :名無し三等兵:02/05/04 14:23
>>145
やはり理解できないのか…

150 :名無し三等兵:02/05/04 14:23
Q.「沈下率が大きくなる」というキミの根拠を早く出してよ

A.翼面積が減ったから


>>147はどうしても「翼面積が”み”こたえられません!」

151 :名無し三等兵:02/05/04 14:24
なんかすごいことになってるな・・・

152 :名無し三等兵:02/05/04 14:24
お前らみこたえてますか?

153 :名無し三等兵:02/05/04 14:25
>>147はどうしても「翼面積が”み”こたえられません!」



154 :名無し三等兵:02/05/04 14:25
>>150
だから、英海軍仕様のコルセアが
米海軍仕様よりも沈下率が大きく
なったという具体的な根拠を出しなさい
といっているのだ

文章理解力がないのか?

155 :名無し三等兵:02/05/04 14:26
や〜〜〜遊んだ遊んだ、
はぁ〜すっぽんすっぽん

156 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

157 :名無し三等兵:02/05/04 14:26
具体的な根拠を出しなさい

>>150はどうしても「翼面積が”み”こたえられません!」






158 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

159 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

160 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

161 :名無し三等兵:02/05/04 14:29
沈下率が大きくなったという根拠を出せない馬鹿が荒らしてるな

162 :名無し三等兵:02/05/04 14:29
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

163 :名無し三等兵:02/05/04 14:29
どっちが厨房か、これではっきりしたな

164 :名無し三等兵:02/05/04 14:30
>>162
沈下率は妄想でした、と。

165 :名無し三等兵:02/05/04 14:30
>>162
アホですか?

166 :名無し三等兵:02/05/04 14:31
なんじゃ、コルセアの話をしていたのかよ

167 :名無し三等兵:02/05/04 14:31
視界不足が最大の原因

168 :名無し三等兵:02/05/04 14:31
らしい

169 :名無し三等兵:02/05/04 14:31
荒れろや荒れろ

170 :名無し三等兵:02/05/04 14:31
168 to 166

171 :名無し三等兵:02/05/04 14:32
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

172 :名無し三等兵:02/05/04 14:32
軍事板はキティばっか

173 :名無し三等兵:02/05/04 14:32
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。



174 :名無し三等兵:02/05/04 14:33
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

175 :名無し三等兵:02/05/04 14:34
もう、うめうめかよっ!

176 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

177 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

178 :名無し三等兵:02/05/04 14:35
ひたすら荒れるばかりだ

179 :名無し三等兵:02/05/04 14:35
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。



180 :名無し三等兵:02/05/04 14:36
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

181 :名無し三等兵:02/05/04 14:36
失速挙動がやばかった事、前方視界が悪かった事が原因じゃなかったの?

182 :名無し三等兵:02/05/04 14:36
フライト・シムぼうやといい...荒れるネタにつきないな、空ものは。

183 :名無し三等兵:02/05/04 14:37
>>181
失速問題はスポイラで簡単に解決しちゃったって

184 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

185 :名無し三等兵:02/05/04 14:38
多分、議論している訪問者と揚げ足とっているだけの訪問者と二種類いるな。

186 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

187 :名無し三等兵:02/05/04 14:38
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。





188 :名無し三等兵:02/05/04 14:38
>>185
議論しているヤツはもういないと思うよ

189 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

190 :名無し三等兵:02/05/04 14:39
>>183
え!?
だってスポイラーって実質的に主翼の揚力を削るだけなんじゃなかった?

191 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

192 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

193 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

194 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

195 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

196 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

197 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

198 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

199 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

200 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

201 :名無し三等兵:02/05/04 14:43
流れていくな。

202 :名無し三等兵:02/05/04 14:43
CCVネタ以来、久々のハッスルだな豚&アンチ豚ども。

回線切って氏ねや。

203 :名無し三等兵:02/05/04 14:43
コピペ荒らしはアクセス規制の対象だ。
申請しておいてやるから楽しみにしていろ。

204 :名無し三等兵:02/05/04 14:43
>>190
荒れてる最中に書いてても虚しいだけだが…
スポイラは渦流を発生させて、気流をコントロールするための道具だ
コルセアは三角柱状スポイラは内翼(たしか左)前縁に取り付けて
失速を防止した
Me109にも同じようなエピソードがある


205 :名無し三等兵:02/05/04 14:45
>>202
なっちは悪くないべさ

206 :名無し三等兵:02/05/04 14:48
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

207 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 14:50
えーっと英海軍コルセアについては全然知らんから調べてみたが、空母の格納庫天井につかえるから
翼端を20センチずつ詰めてるんだな。この取っちゃった分の重量は当然軽くなってる。ただこの重量
減少より翼面積減少の方が着艦時の挙動への影響は大きい(沈下率は大きくなった)ような気がするが。
これ以外の重量、空力に関する変更はどうだったのかな?
これくらいの短縮なら沈下率に影響しなかったのかな?


208 :名無し三等兵:02/05/04 14:50
>>206
安倍は負け犬じゃない!

209 :名無し三等兵:02/05/04 14:51
>>204
それは違うなあ。
翼上面最大弦の後方に植えている奴は渦流を発生させて境界層剥離を防いで失速を防ぐものだけど、
F4Uの右翼前縁、3丁ある機銃口のすぐ外舷についているスポイラーはプロペラ・トルクを打ち消す為に
主翼揚力を減らす目的でついているものだよ。

210 :名無し三等兵:02/05/04 14:53
>>209追加)
コルセアの失速特性は低速時のプロペラ・トルクによる左傾でパイロットが
直ちにコントロール不能になってしまう事から来る悪疾なもので、
その為にその左傾を抑える必要があったんだよ。

211 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

212 :名無し三等兵:02/05/04 14:54
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

213 :名無し三等兵:02/05/04 14:56
>>207
あとで調べてみるが、新旧世界の傑作機のどっちかか
丸メカには操縦性は悪化したが予想に反して沈下率に
変化はなかったと書いてあった

214 :名無し三等兵:02/05/04 14:56
悪質、が正。悪疾なんてどうして変換するんだろ。

215 :名無し三等兵:02/05/04 14:58
>>214
悪性の疾患だと解釈すれば問題ない

216 :名無し三等兵:02/05/04 14:59
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

217 :名無し三等兵:02/05/04 15:05
また1000をもらった

218 :名無し三等兵:02/05/04 15:14
>コルセアの失速特性は低速時のプロペラ・トルクによる左傾でパイロットが
>直ちにコントロール不能になってしまう事から来る悪疾なもので、
>その為にその左傾を抑える必要があったんだよ。

それでも完治したとは言えなかったらしいね。
着陸速度を速めてしまう対策なんだから、当然と言えば当然なんだけどね。
いずれにせよ、着艦時の悪い癖というのは根本的には直らなかったらしいが、
大戦中ヘルキャットで経験を積んだパイロット達が朝鮮戦争では、
より飛行性能の優れたコルセアを評価したというわけだ。

219 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/04 15:45
>>213
解説どうもありがとう。じゃあ予想の間違いで実際には大差なかったのか。
上のほうの、
『脚柱のオレオの不具合が判明したのは英軍仕様での沈下率の増大による』
という説は辻褄は合うと思ったんだが、沈下率云々と関係なくオレオの性能が
論外だったという事かな。
>>218
じゃあ結局踏み台扱いなのかF6F。WW2以降あっという間に退役してるしなあ。
数が取り柄の凡作呼ばわりまでされてF6Fは気の毒だな。

220 :名無し三等兵:02/05/04 18:35
オレオの問題は既に試作機時代からの問題で、XF4U−1、この段階で解決している。
それと、致命的だった視界問題はオレオ対策の後も尾を引いていて、
F4U-1Dに至ってもまだなお尾脚支柱を165mmも伸ばすなどの状態。
オレオが主要な原因ではないです、視界です。

221 :名無し三等兵:02/05/04 18:36
視界と低速での操縦性です。

222 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

223 :名無し三等兵:02/05/05 02:13
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

224 :名無し三等兵:02/05/05 02:25

荒らしてるんは前スレの「注意したのに」か?

225 :名無し三等兵:02/05/05 03:23
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

226 :名無し三等兵:02/05/05 04:06
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

227 :名無し三等兵:02/05/05 04:42
という風に自作自演もやり放題だしな!

228 :名無し三等兵:02/05/05 07:06
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

229 :名無し三等兵:02/05/05 09:05
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

230 :名無し三等兵:02/05/05 09:21
part7が立つのも時間の問題だね(w

part8が立つのも時間の問題だね(w

part9が立つのも時間の問題だね(w

231 :名無し三等兵:02/05/05 09:31
という風に自作自演もやり放題だしな!

232 :名無し三等兵:02/05/05 09:37


233 :名無し三等兵:02/05/05 10:50
という風に自作自演もやり放題だしな!

234 :名無し三等兵:02/05/05 11:38
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いで

235 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/05 12:01
つかコルセアの視界不良に納得行かなきゃ模型でも作りゃ判りやすいんだが。
タミヤの1/48で座席の低いのと高いのと両方あるぞ。
ついでにハセガワ1/48ヘルキャットも作ってその傑作振りも認識してほしいよ。

236 :名無し三等兵:02/05/05 12:41
>>235
事実誤認があったので訂正
英海軍仕様のコルセアは主翼切断により失速速度は1〜2Mile増加したが
予測に反して低高度での操縦性は良くなったそうだ
また沈下率はエンジンパワーと機体抵抗の関数なので英海軍仕様と米海軍仕様では
ほぼ変化なし
英海軍はコルセアのオレオ問題にすぐに気がつき、コルセアでオレオに調整機構を
追加して空母運用を開始した
このコルセアUはUはF4U-1のバードケージタイプに相応しており、尾輪の延長は
実施されていない
また、米海軍はVF-17が空母(あ、名前忘れた)で粘り強く試験を続け、このスレに
書かれたスポイラ追加、尾輪の延長、水平尾翼の面積増加、エルロン改修、半バブル
キャノピーの採用などを次々と提案。これがF4U-1Aとなったが、陸上運用に限定され
相変わらず母艦のみならず陸上基地でも着艦着陸事故を繰り返していたが、ようやく
英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され
これが1944年後半、F4U-1Dとして採用され、米海軍でも公式に空母運用が開始された


237 :名無し三等兵:02/05/05 12:45
また、英海軍はコルセアT(オレオ未改修)では「訓練が終わる前に
パイロットがいなくなる」と悲鳴を上げていたそうだが、オレオ改修後は
「ヘルキャットより50Mileも早い(オーバーだと思うが…)」とベテランには
大好評だったらしい
「新人殺し」のニックネームはそのままだったそうだけど

238 :名無し三等兵:02/05/05 13:01
あ、VF-17の母艦は空母バンカーヒルね


239 :名無し三等兵:02/05/05 14:38
>>236
後学の為に、どの本に載ってたかか教えてくれない?

240 :名無し三等兵:02/05/05 15:41
>>239
世傑をベースに丸メカ、航空ファン、航空情報の記事の寄せ集め


241 :名無し三等兵:02/05/05 16:59
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

242 :239:02/05/05 17:28
>>240
信頼性ゼロだな(プ

243 :名無し三等兵:02/05/05 17:43
「伝承零戦」(第3巻 / 秋本実/編 )で、内藤一郎って学者が零戦超マンセー
してるのを読んで閉口した。内藤一郎といえば戦記本の訳をよく出してる人だ。

244 :名無し三等兵:02/05/05 19:42
>243
氏の訳はいいじゃないですか。
嗜好の偏りくらい大目にみましょうよ。


245 :名無し三等兵:02/05/05 20:12
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

246 :名無し三等兵:02/05/05 20:19
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

247 :名無しの学徒動員:02/05/05 20:23
↑なんで二回もうつわけ・・・
傑作戦闘機となるといやがおうでもF6Fがはいるよな〜。スペックだけ見ると凡作だけど優秀な防弾性や安定した火力、操縦性能なんか考えると「最強」の座こそ遠けれど「傑作」のうちには入らないか?

248 :名無し三等兵:02/05/05 20:25
低速の日本機を相手にするのに、あれほど適した機体は他にあるまい
>ヘルキャット

249 :名無し三等兵:02/05/05 20:28
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

250 :名無し三等兵:02/05/05 20:29
あ−りま、また始めるの? 精神傷害?(ケラケラ

251 :名無し三等兵:02/05/05 20:31
>内藤一郎といえば戦記本の訳をよく出してる人だ。

航空機のエンジニアだよ。
F-1なんかの設計の時に防衛庁の嘱託として活躍している。
でも、ここじゃ嫌われている方だと思う。
何しろ「彗星」を生産した愛知航空をボロッボロにこき下ろしちゃって
ヒンシュクかってるんだよ。

252 :名無し三等兵:02/05/05 20:33
>>247
俺は零戦が好きだが、
兵器なんて物は必要な時に確実に役に立たないと存在理由を失う。
その意味ではヘルキャットほど完璧に役に立った飛行機はないだろうな。
まあ、悔しいがそれが現実だ。

253 :名無し三等兵:02/05/05 22:22
>251
内藤先生と言いますと、YF−22およびYF−23のイメージ図が
公表されたときに
「これは『直線翼』である!なんにせよ、ヨーロッパの連中が絶対視している
デルタ翼などには鼻も引っかけてない」と言い切り、「我が意を得たりと
膝を打った」と書かれたことが強く印象に残っていますね。

次点:「An−124は輸送機としては無能に決まっている」
3席:「Su−27、MiG−29はゴミ以下の価値しか無い」

いずれも『丸』紙上にて、80年代から90年代に掛けての発言。

少なくとも私の周りで、氏をエンジニアとして評価している人は見掛けた
ことが無いです。

254 :名無し三等兵:02/05/05 23:51
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

255 :名無しの学徒動員:02/05/06 00:05
↑・・・・お前も仲間が欲しいだけなんだな・・・・なんか悲しいぞ・・・

256 :名無し三等兵:02/05/06 00:14
ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

↑これコピペしてるのはコルセアの着艦事故多発はダンピングのせいだと認め
たくない奴だな。

257 :名無し三等兵:02/05/06 00:32
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
あ〜あ、やっちゃったね。
せっかく盛り上がってたスレッドなのに、あんたのレスで台無しだよ。
なんでここで、そんなレスしかできないわけ?
空気読めないの?
だから君は駄目な奴だって言われてるんだよ。
わかってるの?
それにしても、もったいないなあ、せっかくここまで育ったスレッドなのに。
ここまででおしまいかよ。
まあ、しかしやっちゃったものをしょがない。
これからはもうちょっとマシなレスするように心がけろよ

258 :名無し三等兵:02/05/06 00:42
んー
こんな書き込み発見しちゃってウレシイからコピペか。
まあその程度なんだろうね。能が。

259 :名無し三等兵:02/05/06 00:44
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

260 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/06 00:57
他の原因全部無視してダンピング不良『だけ』と言い張るのもダンピング不良問題を無視するのも
どっちもただの黄金厨だから明後日には絶滅だよ。
負け犬がどうのとコピペしてるのは単なる友達欲しがりが自己紹介の仕方を間違えてるだけだろ。

261 :名無し三等兵:02/05/06 00:57
おなかが痛いから寝よう・・・。

262 :名無し三等兵:02/05/06 01:13
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

263 :名無し三等兵:02/05/06 01:33
という風に自作自演もやり放題だしな!

264 :名無し三等兵:02/05/06 02:04
↑ほら、負け犬共がピーピー騒いでる

265 :名無し三等兵:02/05/06 02:23
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

266 :名無し三等兵:02/05/06 06:25
ダンパー。
全体の問題の中では一部だよ。これが最大の原因では決して無い。そんなのは認識異常。
基本的というのか、本質的に問題だったのはアプローチの際の引き起こし時に
着艦指導員の姿と飛行甲板が全く見えなくなってしまう斜め前下方の視界不足。
元々の設計では逆ガル翼でその辺の視界は最も有利だったはずなのが、主翼内部
に儲けるはずだった燃料タンクを機首に移してしまった為に操縦席が1m近く
後退してしまった為に見えづらいものになってしまった事。
オレオ・ストラット(ダンパー)が堅すぎる問題は基本的には調整(セッティング)レベル
の問題だったから深刻な問題だったわけではないし、イギリス空母での運用で発見され解決
たものとはか考えられない。
イギリスで評価されたのは飛んでしまってからの飛行性能のことで、これは着艦性能
とは関係ない。米国でも同様、ヘルキャットより速度が出た事が評価された。
結局斜め前下方の視界不良が最大の原因だったという事は間違いない。

その証拠にイギリスでも供与されたF4U−1は艦上機としては使ってない。
彼らが使用したのはF4U−1A。

F4U−1Aが−1と違うのはざっとみてもこれだけ有る。
視界関係
「キャノピーを枠の少ない水滴型へ」
「操縦席を178mm高」
「尾輪を165mm高」
「」
操縦性関係
「スポイラーで低速時の操縦性改善」
脚周り
「オレオ・ストラットの調整」

267 :名無し三等兵:02/05/06 06:32
>>253
航空評論家てのは内藤氏に限らずどうも個人の嗜好が強すぎるように思う
のは俺だけだろうか。戦後になってだれそれもこういってった、我が意を
得たりだなんて言い方がよくされるけれども、そういうのはかなり後智慧
も含まれている。それよりも歴史史料による裏付けが欲しい。

268 :名無し三等兵:02/05/06 11:13
★★★★ベルリンに翻った旗は栄光のソヴィエト国旗であり米英ではなかった★★★★
http://www.spiegel.de/sptv/special/0,1518,grossbild-92519-121770,00.html

それは、西側連合軍に対抗しうる唯一の大国が、ソ連邦ただ一国であったことを
示している。内藤のような身びいき零戦オタの妄想とはうらはらに、当時の日本人
もよくわかっており、だからこそ戦後はあんなに親ソ全面講和運動が盛んだった。

269 :名無し三等兵:02/05/06 12:00
>>266
ダンパー部分について、何を参考にしたのか教えて


270 :名無し三等兵:02/05/06 12:11
>>267
えー、このシリーズスレの何代か前に、内藤が航空評論家としての
信用を失ったきっかけを書いてあったのだが…
探して見つかるかな…

あれを書いた人、できたらもう一度紹介して

271 :名無し三等兵:02/05/06 12:13
>>266
すまん。誤爆だった
>>220
オレオが試作機段階で改修されたという事実がどの資料によるものなのか教えて


272 :名無し三等兵:02/05/06 12:16
>>267
マジメな話、あなたが航空評論家になるしかない。
同一の資料を読んだところで、ある程度のバイアスは誰しも免れないもの。


273 :名無し三等兵:02/05/06 12:19
>>242
お前は何を信頼するのだ?

274 :名無し三等兵:02/05/06 16:19
>>273
煽りあるいはキチガイと思われ
放置しる

275 :碇義郎ってどうよ?:02/05/06 16:27
 このとき、飛行第一、第十二、第二十二、第五十一、第五十二および第二百の
各疾風部隊は、攻撃隊の主力としてネグロス島のマナプラ、サラビアなどの各基地
から出撃して敵上陸地点を制圧、一時はレイテ上空の制空権はわが手に帰したかと
思われた。とくに二十六日夕方、第十六飛行団の第五十一両戦隊は、はやくも敵
上陸地点のタクロバン飛行場に進出していた百機以上の中小型機に対し、わずか
十数機でタ弾攻撃をかけ、大損害をあたえた。
 しかし、敵もさるもの、翌二十七日夕方にはすっかり立ちなおって飛行場が使えるよ
うになり、日本からは機動部隊艦載機にかわって陸上戦闘機ロッキードP38がモロタイ
島を発進したB24と戦爆連合で、ネグロス島のわが飛行場群に対する攻撃を開始した。
 十月三十一日現在、第二飛行師団の保有機数は三百二十四機で、このうち実働機数は
百四十機だった。戦闘機だけをみると保有機数百六十九機に対して実動機数は八十七機、
うち一式戦隼が二十機、三式戦飛燕が十七機、残り五十機が疾風で、悪い悪いといわれた
疾風の可動率は、むしろ隼や飛燕のそれを上まわっていた。

「決戦機 疾風 航空技術の戦い」(碇義郎 光人社NF文庫)231頁

276 :名無し三等兵:02/05/06 16:30
碇は海外物に弱い。

277 :275:02/05/06 16:40
いいかげんにしろよ!
これ以上碇義郎ををバカにするな!
童貞早漏インポのけんかげきよわの分際でなめやがって!
俺の飼い主の友達には、凄腕のハッカーでどんなサーバーにも侵入できる(完全に仕事(ワークス)の形跡を消し去っているので誰も存在を知りません)上、
元ボクシングヘビー級選手で、シルーズ(アメリカ海兵隊の特殊部隊です。無茶苦茶強くて、生き地獄の試練を耐えぬいた猛者ぞろいです)
隊員出身で、ヤクザの幹部であるヤツがいるんだぞ!
そいつは一声で、ヤンキー学生2000人、珍走団1000人、ヤクザ1000人、過激派核マル1000人、右翼団体1000人、洗脳カルト軍団500人をいっぺんに動かせる!
違反改造バイク6000台で黄様の家を取り囲んでブンブンしてやろうか!?そうなってからではあやまっても許さんぞ。全員バズーカーで武装しているから、黄様なんぞ家もろとも瞬殺だ!

だからその前に謝れ。チャンスを与えてやっているんだ。

278 :名無し三等兵:02/05/06 16:42
俺はマーチン・ケイディンの著作が一番客観性があって信頼できると思ってる。

「零式艦上戦闘機 日本海軍の栄光」
「メッサーシュミットBf109 ドイツ空軍のエース」

279 :名無し三等兵:02/05/06 16:59
碇氏のちょっと首を傾げたくなるような発言

「ドイツの零戦とも言えるほど操縦性や航続距離などの点で
 Me109にないものを持っていたFw190は・・・」

「スピットファイアも7.7mm×8のA翼、7.7mm×4と20mm×2のB翼、
 20mm×4のC翼の三種類のうちからいずれかを選べる・・・」

280 :名無し三等兵:02/05/06 17:00
http://www.bi.wakwak.com/~yps/book/
戦闘機 英独航空決戦 著者:レン・デイトン  訳:内藤一郎

  内容が充実しているだけでなく、訳も非常に素晴らしくとても読みやすい。
同じレン・デイトン氏が書いた『電撃戦』という本があるが、それと比べると
訳者の力量の差で読みやすさが全然違ってくることが分かる。

281 :名無し三等兵:02/05/06 18:26
俺、内藤一郎嫌い。

282 :名無し三等兵:02/05/06 18:29
そうか?
『電撃戦』も読みやすいと思うが。
『爆撃機』の訳は誰だったかな。


283 :名無し三等兵:02/05/06 23:32
桂林、柳州攻略の航空支援
・・・・前略・・・・
 第五航空軍は十月末前後、自隊の後方補給のための船舶輸送掩護に戦闘隊の
主力を使用した。
 第十一軍の桂林攻撃は十一月九、十日に成功した。第二十三軍の柳州攻撃も十日
に成功した。この地上戦闘間、下山第五航空軍司令官は衡陽に進出して指揮した。
すなわち、戦闘隊による戦場制空、襲撃、軍偵部隊による偵察攻撃を反復した。
そして双軽には依然、敵の前進基地と判断される柳州、安康、シ江、雲南、老河口
の飛行場攻撃を継続し、相当の戦果を報じた。
 以上の桂柳攻略作戦は、国軍の近代的最高潮作戦であったレイテ決戦作戦と全く
同一時期に、約二、〇〇〇粁の距離を置き、支作戦の前者が一〇コ師団、飛行約
二〇コ中隊(約一五〇機)で成功し、主作戦の後者が約三個師団、飛行六〇コ中隊
(約二〇〇機)で失敗する奇妙な対照結果となった。

戦史叢書 陸軍航空の運用<3>―大東亞戦争終結まで―(朝雲出版社)より

284 :絵の人:02/05/07 04:31
私の場合、何冊かの本を見比べて、その内容を「なぜそうなったのか」と
検討して、再評価する方法で自分の意見を決めています。

285 :名無し三等兵:02/05/07 04:48
>レン・デイトン小説「爆撃機」

訳者は後藤安彦ですな。この人たしか、「SS-GB」やロバート・ハリス
「ファーザーランド」も訳している。ドイツの複雑な官僚組織や党・SSの
官位はこの人の訳なら安心

286 :名無し三等兵:02/05/07 09:19
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。 

287 :名無し三等兵:02/05/07 12:17
>>286
論証は?
できないのか?

288 :名無し三等兵:02/05/07 15:39
>>287
すでに論述済み。過去レス、良く読むように。

289 :名無し三等兵:02/05/07 15:40
>>288
全然論証になってないじゃん

290 :名無し三等兵:02/05/07 15:48
>>289字、読める?


・・・そうですね、気流剥離。
三点姿勢に入れた時にコルセアの場合対策無しであのまま降ろしてしまうと
着艦できなくなってしまうんですね。
前方視界を確保しながらとった三点姿勢では尾輪よりも大切な着艦フックが
ワイヤーを掴まないのでより顎を上げた三点姿勢をとると、今度はLSOの視認
不能となによりも失速という事態に陥ってしまうんですよね。
それも翼端失速よりもはるかに厄介なルート・ストールでしたか?
あれなんかは逆ガルにしたのが災いしたと言って良いでしょう。

>>51
ではダンパーの問題とするならば、
何故尾輪や操縦席の高さをあれほど高くしているのか、
あなたに解説して頂きましょうか?

>>55
気流剥離問題はごく早い段階でスポイラを取り付けることで
解決している
これもイギリスの功績だ
それよりも沈下率のデータがあるんなら、ぜひ教えて

根本的な問題は視界不良につきます。
ダンパーは枝葉。

291 :名無し三等兵:02/05/07 15:48
翼上面最大弦の後方に植えている奴は渦流を発生させて境界層剥離を防いで失速を防ぐものだけど、
F4Uの右翼前縁、3丁ある機銃口のすぐ外舷についているスポイラーはプロペラ・トルクを打ち消す為に
主翼揚力を減らす目的でついているものだよ。
コルセアの失速特性は低速時のプロペラ・トルクによる左傾でパイロットが
直ちにコントロール不能になってしまう事から来る悪疾なもので、
その為にその左傾を抑える必要があったんだよ。

>コルセアの失速特性は低速時のプロペラ・トルクによる左傾でパイロットが
>直ちにコントロール不能になってしまう事から来る悪疾なもので、
>その為にその左傾を抑える必要があったんだよ。

それでも完治したとは言えなかったらしいね。
着陸速度を速めてしまう対策なんだから、当然と言えば当然なんだけどね。
いずれにせよ、着艦時の悪い癖というのは根本的には直らなかったらしいが、
大戦中ヘルキャットで経験を積んだパイロット達が朝鮮戦争では、
より飛行性能の優れたコルセアを評価したというわけだ。

292 :名無し三等兵:02/05/07 15:49
つまりF4U-1Aは空母機として失格だったのにF4U-1Dが運用可能だったのはなぜか
という問題に、「世傑」その他は「オレオのダンピング問題を解決したから」という
回答を示しているのに、「視界不足が最大の原因」クンは答えていない
これをきちんと説明しない限り、論証が行われたとはいえないぞ

293 :名無し三等兵:02/05/07 15:49
オレオの問題は既に試作機時代からの問題で、XF4U−1、この段階で解決している。
それと、致命的だった視界問題はオレオ対策の後も尾を引いていて、
F4U-1Dに至ってもまだなお尾脚支柱を165mmも伸ばすなどの状態。
オレオが主要な原因ではないです、視界です。


英海軍仕様のコルセアは主翼切断により失速速度は1〜2Mile増加したが
予測に反して低高度での操縦性は良くなったそうだ
また沈下率はエンジンパワーと機体抵抗の関数なので英海軍仕様と米海軍仕様では
ほぼ変化なし
英海軍はコルセアのオレオ問題にすぐに気がつき、コルセアでオレオに調整機構を
追加して空母運用を開始した
このコルセアUはUはF4U-1のバードケージタイプに相応しており、尾輪の延長は
実施されていない
また、米海軍はVF-17が空母(あ、名前忘れた)で粘り強く試験を続け、このスレに
書かれたスポイラ追加、尾輪の延長、水平尾翼の面積増加、エルロン改修、半バブル
キャノピーの採用などを次々と提案。これがF4U-1Aとなったが、陸上運用に限定され
相変わらず母艦のみならず陸上基地でも着艦着陸事故を繰り返していたが、ようやく
英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され
これが1944年後半、F4U-1Dとして採用され、米海軍でも公式に空母運用が開始された

294 :名無し三等兵:02/05/07 15:50
ダンパー。
全体の問題の中では一部だよ。これが最大の原因では決して無い。そんなのは認識異常。
基本的というのか、本質的に問題だったのはアプローチの際の引き起こし時に
着艦指導員の姿と飛行甲板が全く見えなくなってしまう斜め前下方の視界不足。
元々の設計では逆ガル翼でその辺の視界は最も有利だったはずなのが、主翼内部
に儲けるはずだった燃料タンクを機首に移してしまった為に操縦席が1m近く
後退してしまった為に見えづらいものになってしまった事。
オレオ・ストラット(ダンパー)が堅すぎる問題は基本的には調整(セッティング)レベル
の問題だったから深刻な問題だったわけではないし、イギリス空母での運用で発見され解決
たものとはか考えられない。
イギリスで評価されたのは飛んでしまってからの飛行性能のことで、これは着艦性能
とは関係ない。米国でも同様、ヘルキャットより速度が出た事が評価された。
結局斜め前下方の視界不良が最大の原因だったという事は間違いない。

その証拠にイギリスでも供与されたF4U−1は艦上機としては使ってない。
彼らが使用したのはF4U−1A。

F4U−1Aが−1と違うのはざっとみてもこれだけ有る。
視界関係
「キャノピーを枠の少ない水滴型へ」
「操縦席を178mm高」
「尾輪を165mm高」
「」
操縦性関係
「スポイラーで低速時の操縦性改善」
脚周り
「オレオ・ストラットの調整」

295 :名無し三等兵:02/05/07 15:50
>>290-291
問題点が理解できた?
291について回答を、ぜひ

296 :名無し三等兵:02/05/07 15:51
>>292
そんな物だけを「聖典」にしているから「無能」と呼ばれるわけだ。はははっ!

297 :名無し三等兵:02/05/07 15:51
>>293
以前も書いたが
>オレオの問題は既に試作機時代からの問題で、XF4U−1、この段階で解決している

この情報のソース希望


298 :名無し三等兵:02/05/07 15:52
>>295
恥の上塗りの好きなぼうやだな。プププ

299 :名無し三等兵:02/05/07 15:53
>>296
何が聖典でもかまわんが、きちんと疑問には回答してくれ

300 :名無し三等兵:02/05/07 15:55
>>298
何も答えられないお前の方がボウヤだと思うよ
次の手はしつこいコピペ攻撃しかないんだろ?

301 :名無し三等兵:02/05/07 15:56
「Combat Report/F4UCorsea」
「丸メカF4U-1〜1D」

302 :名無し三等兵:02/05/07 15:58
>>299
間違いを認めるのが筋。
回答は既に上記の通り。
全てに回答されているのでこれ以上の必要は無し。

馬鹿に何を言っても始まらんだろうが。藁

303 :名無し三等兵:02/05/07 15:59
×「Combat Report/F4UCorsea」
○「Combat Report/F4UCorsair」



304 :名無し三等兵:02/05/07 16:02
>>302
あぶり出しで書いたのかい?
AとDの運用の違いについての文言はどこにも見えないけど?


305 :名無し三等兵:02/05/07 16:03
>>301
なにがいいたいの?

306 :名無し三等兵:02/05/07 16:05
プツ!
>>302、パソでどうやってあぶり出しするのか教えれ

307 :名無し三等兵:02/05/07 16:05
>>304
本物の馬鹿か・・・。

やれやれ

308 :名無し三等兵:02/05/07 16:07
>>307
キミには>>291について回答する能力がない、という認識でいい?

309 :名無し三等兵:02/05/07 16:17
>>308
論点のすり替えは不様。

310 :名無し三等兵:02/05/07 16:19
>>309
一貫してAとDの運用の違いについて
説明を求めているワケだが…
どこに論点のすり替えがある?

311 :名無し三等兵:02/05/07 16:21
>>309
302と同一人物かな?
説明してやれよ
そしたら納得するだろうが…
オレには理由がわかんないけど

312 :名無し三等兵:02/05/07 16:24
>>310
>一貫してAとDの運用の違いについて

一貫してない。
いつ誰がそんなもの議論した?

まあ、病人相手には疲れるな。藁

313 :308:02/05/07 16:26
あ、いかん
>>291>>292に訂正
自爆しとるな、オレ

314 :308:02/05/07 16:27
>>312
あのー、>>292に書いてあるんですけど

315 :名無し三等兵:02/05/07 16:29
なんの主張もしようとしない相手に、議論は無駄。
どうせ、俺様の持っているソースにはこんな風に書いてある、と知識のひけらかしに終わると思われ。>312

316 :名無し三等兵:02/05/07 16:29
312は過去ログを読まないことが判明

317 :名無し三等兵:02/05/07 16:29
>>286は、「視界不足が最大の原因だった」とした結論に対し、
>>287は、「論証は?」と、既に回答済みの話を蒸し返す。
>>288、「すでに論述済み。過去レス、良く読むように。」と忠告されたものに
>>289は、逆切れ、しかも得意のループ戦術「全然論証になってないじゃん」
>>290,>>291は、ここで回答部分の過去レスをこぴぺで引用。ところが不利をさとったか、
>>292は、ここで突如として、

「F4U-1Aは空母機として失格だったのにF4U-1Dが運用可能だったのはなぜか」

などと、訳の分からない論点のすり替えで必死に応戦。
しかもその内容はたった一冊の資料でしか記載が無いにも関わらず、
無理矢理ひとりよがりな「他の資料でもそういう説明になっている」などの意味の書き込み。
>>293,>>294は、依然として回答部分をコピペ。
>>296で、「無能」呼ばわりされ、
>>297で、訳も分からずにソース提示を求めた。
>>301は、大胆にもソース提示。
>>302は、改めて、回答済みとした。が、しかし、
>>304は、それでも必死になってなんとか誤魔化そうと
A,Dタイプの運用の違いの論点のすり替えに懸命になる。
いままでに誰一人として両タイプの運用などについては論じていないにもかかわらず、である。

318 :名無し三等兵:02/05/07 16:32
>>317
幸いにも丸メカはオレも所持していて、内容は点検したが
「オレオの問題はXF4U−1、この段階で解決している」と解釈できる文章は
一箇所も存在しない

319 :名無し三等兵:02/05/07 16:32
>>317で経緯をまとめてみましたーっ、あははははっー!
なんか、突然A,Dの運用の違いなんて出てきちゃいましたねーっ!
そいでもって、この>>308氏は自分でどう回答するんでしょーかーっ!!
多分、他人が名任発言してくれない限り、
自分からは何も言い出せないぶら下がり寄生虫クンなんでしょーねーっ!!!あははははーっ!

320 :名無し三等兵:02/05/07 16:33
>>317
お前さん、よくそんなものまとめたな。驚

321 :名無し三等兵:02/05/07 16:34
>>317
また、>>236中の

これがF4U-1Aとなったが、陸上運用に限定され
相変わらず母艦のみならず陸上基地でも着艦着陸事故を繰り返していたが、ようやく
英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され
これが1944年後半、F4U-1Dとして採用され、米海軍でも公式に空母運用が開始された

この文章を意図的に無視するのはなぜだ?

322 :名無し三等兵:02/05/07 16:35
>>319
で、318と320で答えてやったぞ

323 :322:02/05/07 16:36
また間違えた
318と321に訂正

324 :名無し三等兵:02/05/07 16:38
つーか、よく考えると319はコルセアのこと
何も知らないのではないか?
このスレに書かれた事実の一部しか取り上げてないな

325 :名無し三等兵:02/05/07 16:39
ダベンポートはオレオの問題については試作段階から問題ありと認識している。丸メカ57P
Combat Reportでも試作段階で見過ごされたものが量産初期の実用段階で露見し、
試作機に対するテストの結果-1Aで対策されたが、視界の問題はまだ残っていたとしている。

326 :名無し三等兵:02/05/07 16:42
>英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され
>これが1944年後半、F4U-1Dとして採用され、米海軍でも公式に空母運用が開始された
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この部分が間違っているので無視して差し支えない。
既に一年前から艦上戦闘機として運用が始まっている。

327 :名無し三等兵:02/05/07 16:42
>>325
生産何号機から対策されたか書いてある?

328 :名無し三等兵:02/05/07 16:44
>>326
ん?F4U-1Dの生産開始は1944年前半だが?
空母からの運用開始時期は知らないけど

329 :名無し三等兵:02/05/07 16:46
厨房同士でお互い、資料をめくっている音が聞こえるな

330 :名無し三等兵:02/05/07 16:46
さらに、米国では艦上機として既に実戦配備している頃、
英国では問題有りとしながらも艦上戦闘機としてはこの機体以外に選択肢の無い環境。
これは性能云々とは別次元の問題。
それに、米国での運用は既にGOがかかった状態だから、比較する必要無し。

このへんは丸メカにもあるだろうから、とくとご覧あれ。

331 :名無し三等兵:02/05/07 16:49
>>330
その部分に異論を唱えた覚えはないぞ


332 :名無し三等兵:02/05/07 16:50
>>327
既往に溯る。
オレオ云々は生産後の調整段階でも対処可能。
極端に言えば、生産一号機ですら対策可能。
もっと極端に言えば試作機ですら、対策可能。
あんなダンパーのプレッシャーの逃げ道くらい、どうってことない。

なんではじめに見過ごしたのかの方が疑問。よっぽどテストパイロットの腕が良かったのか?

333 :名無し三等兵:02/05/07 16:52
>>331
だったら、英国海軍のおかげでオレオ問題が発見されて、
それが米国にフィードバックされて急転直下解決を見て空母搭載が可能になった、
とする妄想を否定するんだな?

334 :名無し三等兵:02/05/07 16:53
>>332
「世傑」では「調整可能に改造した」説と「ストラットを再設計した」説を
紹介している
英海軍は入手後に調整可能なオレオに交換したそうだ

335 :名無し三等兵:02/05/07 16:55
>>333
どーいう頭の構造してたら、そんな論理ジャンプができるんだ?
どこにそんなことが書いてある?

336 :名無し三等兵:02/05/07 16:57
>>332
いかん、書き落とした
視界対策に追われてオレオには頭が回らなかったそうだし
配備後の事故はすべて「パイロットの腕が未熟」とされたそうだ>この項は航空ファン


337 :名無し三等兵:02/05/07 16:58
>>335
過去レスを良く読むんだな。
明確にそういう主張を繰り返しているじゃないか。藁

338 :名無し三等兵:02/05/07 16:59
>>335

「また、米海軍はVF-17が空母(あ、名前忘れた)で粘り強く試験を続け、このスレに
書かれたスポイラ追加、尾輪の延長、水平尾翼の面積増加、エルロン改修、半バブル
キャノピーの採用などを次々と提案。これがF4U-1Aとなったが、陸上運用に限定され
相変わらず母艦のみならず陸上基地でも着艦着陸事故を繰り返していたが、ようやく
英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され
これが1944年後半、F4U-1Dとして採用され、米海軍でも公式に空母運用が開始された」

339 :名無し三等兵:02/05/07 17:00
>>336
飛行機の開発プロセスは必ず離着陸がつきもののテスト飛行を実施する。
忘れてたなんてこと、あるわけないじゃないか。


340 :名無し三等兵:02/05/07 17:01
>337,338
うむ。おいも沿う読んだんだけど。

341 :名無し三等兵:02/05/07 17:01
>>337
また意図的な誤解かよ
「英海軍のフィードバックを否定するのか」という問いに
「違う」と答えているのだ
読解力に問題があるんではないか?


342 :名無し三等兵:02/05/07 17:06
>>341
「英海軍からの情報を得てオレオのストラットを延長した結果、問題がほぼ解決され 」

しかし、既にその頃米国海軍では空母での運用を始めていた。
だから、英国からのフィードバックではない。
そして、>>331は異論を唱えていない。


どこに読解力の問題があるか?


343 :名無し三等兵:02/05/07 17:08
>>342
その期間、米海軍で空母運用していたのは
限定試験運用中のVF-17だけだ

344 :名無し三等兵:02/05/07 17:09
>341、別に意図的な誤解はないとしか読めないと思う。>337には。
ここまでの流れを見た上でそう思うよ。

345 :名無し三等兵:02/05/07 17:10
>>344
オレの表現力に問題があるわけか
それならスマソ

346 :名無し三等兵:02/05/07 17:10
>>343
ようやくそこまでトーンダウンしてきたか。笑い

347 :名無し三等兵:02/05/07 17:11
>>343あんた、今更それはないだろう、ここまで来て。ぉぃぉぃ

348 :名無し三等兵:02/05/07 17:11
>>347
ん?これも一貫して言っていることだが?

349 :名無し三等兵:02/05/07 17:13
>>343
そのVF-17は「限定的」といっても、
実戦部隊として日本の「ろ」号作戦に対抗したとかいてあるだろ?
充分だと思うがね。

350 :名無し三等兵:02/05/07 17:14
>>346
だからさ、米空母で正式運用が開始されたのは
Dからだと既に書いてあるじゃないか
ここじゃ、書き込みするたびに一から説明し直す義務があるのかい?

351 :名無し三等兵:02/05/07 17:15
別にもう良いや、オレオ最大原因説が時系列的にも間違っている事さえ分かりゃそれでいいんだ。

352 :名無し三等兵:02/05/07 17:16
>>349
350を参照


353 :名無し三等兵:02/05/07 17:19
>>351
オレは納得してないけど、まぁいいや
時間切れだ

だが、機体構造に大きな変更がない以上、視界問題の程度は
-1Aと-1Dに差はない
それなのになぜ-1Dは正式に空母運用が許可されたか、合理的な
説明があるなら教えてくれ

354 :名無し三等兵:02/05/07 17:24
>>350まだ言うかなー。w

355 :名無し三等兵:02/05/07 17:24
これも丸メカね。
F4U-1D−1944.4から生産開始。
夜間戦闘機としてエンタープライズにVF(N)-101が1944.1-1944.7実戦。
76Pの左側も良く読もうな、そんなこといっていると、零戦の正式採用「日」と
実戦配備「日」の時間があべこべになっている事も理解できなくなった来るぞ。

356 :名無し三等兵:02/05/07 17:28
VF(N)-101の器材は-1A。

帳簿上の正式艦上機運用は1944.11.14

その辺の後れも得意の「丸メカ」に書いてあるだろ、黒い政治の影がどーたらこーたら。
技術的にはもっと前から対策すんでる。

357 :名無し三等兵:02/05/07 17:43
やっと済んだよーですねーっ!
んでもって、馬鹿厨コピペが出てきても双方無視するんですよー?!
なんか、負け犬コピペとか…ということでコピペとかは、放置ーーーっ!

358 :名無し三等兵:02/05/07 18:47
「伝承零戦」(第3巻 / 秋本実/編 )115頁の内藤一郎氏の文面より
 このすばらしい飛行機については、いまさらこと詳しく言及するのもはば
かれるほど、すでに多くのことが語りつくされている。文句なし、文字通り
今次大戦のわが戦闘機のチャンピオン、とうじの世界の戦闘機の代表であり、
世界の戦闘機の歴史を通じても、その出来ばえにおいて、そのうちたてた
偉業において、これに比肩するものは見出しえないほどの神品である。

359 :名無し三等兵:02/05/07 20:46
△△においては○○より□□は劣っている、もしくは勝っているだとか、
○○は世界一だった、というのはそう言ってる評論家個人の主観に過ぎ
ない場合が少なくないと思う。上の内藤氏の零戦評も個人的な思い入れ
で語ってるだけで、「歴史史料による裏づけ」を欠いている。

360 :名無し三等兵:02/05/07 21:01
工学的裏付けってのはどうなの?

361 :名無し三等兵:02/05/07 21:11
工作精度がどうのこうのってのも感心しないな。電化製品の価値だって工作
精度で決まるわけじゃない。要はどれだけ耐久消費財として実用に耐えるかだ。

362 :名無し三等兵:02/05/07 21:14
工作精度というより元の設計の差の方が適当かも。

363 :名無し三等兵:02/05/07 21:17
設計試作はできても、量産となるとそれを為しうるだけの工作機械を
そろえるのは大変なんだけどね。工作機械は非常に多種多様だから。

364 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/07 21:38
>>361-362
いや、そりゃ最低限必要な工作精度が確保されてりゃそうだけど。当時の日本の機械工業
全体にそこまでの実力はなかったそうだから。
必要なところの精度がちゃんとしてない機械は壊れるの早いよ。
日本機の場合だと、何だか油が漏れてしょうがない->エンジン焼付きとか。


365 :名無し三等兵:02/05/07 22:03
「バグラチオン作戦」は、クリモフの工作精度の確かさを示していると思う。

366 :名無し三等兵:02/05/08 00:20
工作精度だけでなく、国ごとの整備兵の練度の差てあったんだろうか。

367 :名無し三等兵:02/05/08 00:21
クルマもバイクも知らなくていきなり飛行機の発動機の整備をするってどうなんだろうか。

368 :名無し三等兵:02/05/08 03:52
>>367
良い質問!

369 :打通馬鹿のたわごと:02/05/08 08:14
大陸打通3000キロにもわたって日本戦車を整備しえた皇軍戦車整備兵
たちに関しては全くあてはまらないことだ。

370 :名無し三等兵:02/05/08 11:49
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

371 :名無し三等兵:02/05/08 11:52
>>370
ふふふ、根拠も無しにコピペかい

372 :名無し三等兵:02/05/08 11:54
>>370-371

ああ、そうかい、
はいはい・・・

373 :名無し三等兵:02/05/08 12:04
>>355-356
おれが持っている丸メカには記載されている内容が一行も載っていないのだが…
いつ出版されたやつ?

374 :名無し三等兵:02/05/08 12:27
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
その視界不足が最大の原因だった、ということでした。

以上。

375 :名無し三等兵:02/05/08 13:16
>>373-374
はい、どうどう。


無視無視。ワラ

376 :名無し三等兵:02/05/08 13:19
>>375=これがホントの負け犬

377 :名無し三等兵:02/05/08 13:20
>>376
お前、昨日さんざん論破されてボロボロにされたくせに。


プププッ

378 :名無し三等兵:02/05/08 13:26
>>377
論破された本人降臨!
いやーあんなに完全に理論負けしてるのにまだノコノコ来るとは。
上のようなことにきづいていないなら、本気であなたが死んだほうがいい。
自分の言動に責任は持て。
まぁ、良識人なら俺にこれを指摘された時点で首吊ってるはずだがな。

379 :名無し三等兵:02/05/08 13:28
論破された本人降臨! =オレオ最大原因論者

プププ

380 :名無し三等兵:02/05/08 13:28
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
そのダンピングが最大の原因だった、ということでした。

以上。

381 :名無し三等兵:02/05/08 13:29
>>357

382 :名無し三等兵:02/05/08 13:31
いやー、未だにコルセアの着艦事故多発は視界不足が原因とか思ってる
化石がいるんですねー(ウププ

383 :名無し三等兵:02/05/08 13:31
>>357



384 :名無し三等兵:02/05/08 13:55
>382
昨日、決着済みなのに、往生際悪いねー。こいつ。

385 :名無し三等兵:02/05/08 14:09
はっはー、視界不足最大原因論者が悔しがってるな

386 :真のオレオ論者:02/05/08 14:11
おめーら、レベル低いぞ

387 :名無し三等兵:02/05/08 15:26
クリモフを量産できるだけの航空技術があれば日本敗戦はなかったと断言できる。
ソ連の東欧支配はアメリカでさえも承認せざるをえなかった、これは米ソ戦に
なってもアメリカは航空優勢を確保できる自身がなかったことの証明だ。

388 :名無し三等兵:02/05/08 17:07
負け犬の
遠吠え虚しき
オレオ厨

389 :名無し三等兵:02/05/08 18:45
Me262が戦闘機としては適さないとのヒトラーの判断は、妥当だったと思う。
迎撃航空戦においては低空上昇力が命で、離陸が遅いと爆撃機を補足できない。
あと、加速や旋回が効かないと単発機に出会った時に応戦できないし、航続性能
がないと滞空索敵も追撃も出来ない。最高速度を生かすには戦闘爆撃機に限る。

390 :名無し募集中。。。:02/05/08 19:23
>>389
総合的にみてBf109やFw190よりは、
戦闘機としてマシだったっていえたんじゃない。

391 :戦艦乞食:02/05/08 19:29
普通双発機って片発やられても平気って利点があるけど。
Me262の場合、エンジン不調で片発状態になる事が多くて
その場合の性能低下は目も当てられない。
100%とは言わなくてもそれに近い能力を発揮する可能性
がレシプロ機より確実に低い初期のジェット機はそれだけ
で評価に値しないと思うのですが、これって妄想?

392 :名無し三等兵:02/05/08 20:02
日本軍もジェット戦闘機実用化して実戦投入したのだから、
糞糞に叩かれる筋合いは無い。
零戦は一応ジェット推進の戦闘機だろ。

393 :オレオ太郎:02/05/08 20:49
コルセアの艦載機としての問題点は主脚オレオのダンピングにあった。
視界の悪さなどそれに比べればヘでもない。

394 :名無し三等兵:02/05/08 21:10
>>392
電波か?
ゼロはプロペラ付いてるぞ、どこがジェットだ?

395 :名無し三等兵:02/05/08 21:13
排気管のジェット効果すね



396 :名無し三等兵:02/05/08 21:17
>395
それでもジェット戦闘機と言えるか?

397 :名無し募集中。。。:02/05/08 21:34
ハリケーンもジェット戦闘機だな(w

398 :名無し三等兵:02/05/08 21:44
>396
純ジェットというには少し無理があるすね


399 :名無し三等兵:02/05/08 21:46
>>398
>少し無理がある

少し...、その感覚に大笑い!

400 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/08 22:36
んで結局コルセアはちゃんと着陸するだけでも一苦労の出来損ないだったのが、視界の改善や空力的改善で
何とか使えるようになって、改善の締めくくりが主脚のオレオ改修だったってだけの話なんだな?

・・・で何であんなに揉めてたんだろうか。


401 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/08 22:38
おっと400げっと。

402 :名無し三等兵:02/05/08 22:43
着陸(着艦)時が大事なのは分かるけど、飛んでいる間はコルセア強いよねぇ…速いし。

403 :名無し三等兵:02/05/08 22:49
蒸し返すな、ヴぉけ

404 :名無し三等兵:02/05/08 23:22
最初にオレオを改修するってのは思いつかないだろうね。

405 :名無し三等兵:02/05/08 23:24
ジェットとロケットの違いは?

406 :名無し三等兵:02/05/08 23:26
>>404 File not found

407 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/08 23:29
>>403
コルセアの話が終わらないと誰も傑作機ヘルキャットの話が出来ないからな。
一応の締めくくりをやっとかんと。
あと何でもいいがヴォケは半角で頼む。

408 :名無し三等兵:02/05/08 23:31
昨日の夕方にとっくに決着ついてるYO>>407

409 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/09 00:23
>昨日の夕方
ありゃまだ罵り合いだろ。今日(つか8日)の昼過ぎまでくすぶってたし。
まあ終わったならいいか。




410 :名無し三等兵:02/05/09 11:31
>409
罵り合いははじめだけで、後半はあれで良くわかったのだが。
オレオを原因の最大とみなすには実際の戦場での運用から考えても
時間的におかしいということ、イギリス海軍のおかげでアメリカは
解決が出来たのではないという事。
失礼なようだが、同じ資料を持っていながら読み取る人によってかなり
理解力に差があるようだということ。
この辺が良く分かったが、何か?

411 :名無し三等兵:02/05/09 12:12
>>410
何度もくりかえさせるつもりか?
俺が所持している丸メカには、ここに
書かれていたような内容は一行もないぞ
再販時点で削除されたものと推定している

412 :名無し三等兵:02/05/09 12:23
丸メカニックって再版してるんですか?
いつでしょうか?
私の持っている(初版???)のでは記載、しっかりありますが?

413 :名無し三等兵:02/05/09 12:25
>>412
ハンディ版を含めて、少なくとも3回は出てるよ

414 :名無し三等兵:02/05/09 12:27
小さいやつ?

415 :名無し三等兵:02/05/09 12:36
>>414
大きいの(再販の1冊はハードカバーの豪華版)2冊と
小さいのが1冊
中身は3冊とも、ちょこちょこ違っている


416 :名無し三等兵:02/05/09 12:50
変わっている所はないと思うが?
具体的にはどこが変わっていました?
私が見る限り、すべて初版のままで
ここで説明されていた内容はすべて
網羅されています。

417 :名無し三等兵:02/05/09 12:59
>>416
再発版は写真製版で作っているから、内容に手を加える事は出来ないよ。
だからあんたが疑問にしているようにどこも変わっちゃいない。
ま、ページが一枚、まるまるすっ飛んでいる事は有ったけどね。(w)

418 :名無し三等兵:02/05/09 13:02
結局、何回出ているの?
コンプリートしてるヒト、いる?

419 :名無し三等兵:02/05/09 13:04
>>416-417
ハンディ版は?
これは大幅に書き換えられている

420 :名無し三等兵:02/05/09 13:05
コンパクトサイズ版が一回。
サイズはオリジナル版の合冊タイプが一回。(だったかな、何とペアになっていたんだったカナ)

421 :名無し三等兵:02/05/09 13:06
>>419
どこが?

422 :名無し三等兵:02/05/09 13:10
>>419
>これは大幅に書き換えられている

論破されて「嘘」までつきはじめたか、オレオ太郎。ワラワラワラ
ほんとに往生際の悪い奴だな。

423 :名無し三等兵:02/05/09 13:13
>>412
いちいち上げるのが面倒なくらい
持ってないなら本屋で確認して

424 :名無し三等兵:02/05/09 13:14
>>422
ハンディ版を持ってないんだな

425 :424:02/05/09 13:15
>>422
オレは「オレオ太郎」とは別人だから
そこんとこはよろしく

426 :名無し三等兵:02/05/09 13:15
>>423
それが「嘘」。
写真製版で手を加える事は出来ない、という意味がわからん厨房だな。

わかるな?「写真製版」だぞ「写真製版」。


427 :名無し三等兵:02/05/09 13:21
>>426
とにかく現物を確認してから書き込んだら?
良質の印刷物を作りたい、良心的な出版社なら再販するときに
既に出したものを「写真製版」でコピーしたりしないよ
そんなことしたら、写真ページがモアレでめちゃくちゃになっちゃう

428 :名無し三等兵:02/05/09 13:21
潮書房が旧シリーズの内容に手を加えたりする事はないですな。
昔の過ちを何度でも繰り返して再発商売で利益上げていますからな。
「零戦」の堀越氏は生前いくどとなく手を加えておりますな、
丸りシリーズではかつてただの一度もそのような改訂版を作った事はありませんな。

429 :名無し三等兵:02/05/09 13:22
>>427
最近の技術をしらんのか?
あほなやつだ。

430 :名無し三等兵:02/05/09 13:24
>>428
うむ、確かにそんなに手間暇かけたりはしないな。
極端な場合、図面を省略するていどだな。
ありゃ、ページ割や製本の段階の手間をさけているんだろうな。

431 :名無し三等兵:02/05/09 13:26
>>429
うーむ、印刷現場は長いけど、そんな「最近の技術」は知らんぞ


432 :名無し三等兵:02/05/09 13:30
>>430
えっと、「写真製版」さんとは違う方ですよね?
図面を省略すると、ハンコ全部作り直しになるし
当然台割も変わるんですけど

433 :名無し三等兵:02/05/09 13:32
F6Fと抱き合わせの奴なら持ってるけど、
一昨日の話のことなら全部載ってる。
これ一冊だけで、オレオ主因説はおかしいとしか
思えないですね。

434 :名無し三等兵:02/05/09 13:38
あれ、印刷用のネガ・フィルムで作っているようですね。
うちのハンディバンのは昔はわら半紙みたいな紙質の記事の部分が
もちっと上等な上になっていて、活字の印刷からみて、初版のまま
なにも手を加えてない事がわかります。
写真は記事ページの部分に関しては、ハンディバンのほうがきれいに
映っていると思いますよ。

435 :名無し三等兵:02/05/09 13:39
>>433
Combat Reportもある?
オレが持ってるヤツでは省略されているけど

436 :名無し三等兵:02/05/09 13:41
>>435
>Combat Reportもある?

それって多分、米海軍のオリジナル書類だと思いますよ。
洋書として発行されている中のコルセヤの部分でしょう。
丸メカにはないです。

437 :名無し三等兵:02/05/09 13:42
>>434
うーん、一回、うちの会社来るかい?
製版、印刷、製本まで一貫工場でやってるから
じっくり解説して上げる

438 :名無し三等兵:02/05/09 13:42
コルセア、ですね。

なんでこんな変換受け付けるんだ?ATOK?

439 :名無し三等兵:02/05/09 13:43
>>437
ポジとかネガ・フィルムって、テキストの部分いじれるんですか?


440 :名無し三等兵:02/05/09 13:44
>>436
>>325は丸メカのCombat Reportを根拠にして
オレオ主犯説を否定しておるのだが…


441 :名無し三等兵:02/05/09 13:50
>>440
それはただ単純に>325の部分だけを取り上げているからでしょう。
前後を良く読めば、そうではなく丸メカニックからの引用がかなり
の部分を占めているのが分かるはずです。
同じ丸メカほ持っているので、ほとんどの部分が同意できます。
洋書を根拠にする必要もないくらいですよ。

442 :名無し三等兵:02/05/09 13:51
フォトエッチングに応用している技術だろ?>439
だったら、記事はさわれないぞ。

443 :名無し三等兵:02/05/09 13:52
>>439
フィルムはいじれないよ
追加印刷である「増刷」の場合はミスがあろうがなかろうがそのまま印刷する

紙形を変えるような「再販」の場合は文字を拾い直すし、この時に前回見逃したミスの
訂正とか、あるいは文章全体の差し替えをする

これは画像データと文字データを別々に記録しているから可能になる
鉛活字しかなかった時代でも、文章のみの「棒組み」をそのまま
何年間か保存していた

また、いったん印刷物になった写真は網がかかっているので
コピーするとモアレ(光の干渉縞)が出て品度が落ちるから
よほどのことでないと使わない
もう一回製版し直すのでサイズも変えられるし、場所移動も
自由自在だ

444 :名無し三等兵:02/05/09 13:55
444

445 :名無し三等兵:02/05/09 13:58
>>443
確かに、ハンディバンは記事の写真がざらざらで、
映りは良くないですが紙がつやつやなので見やすくはなっていますね。
記事のほうの誤字・脱字はそのままになっています。
金かけてないのは間違いないです、記事内容はまったくそのままとしか
思えない状態です。

446 :名無し三等兵:02/05/09 14:08
>>325>>301からの流れでまともな読解力を持っていれば別に違和感は無いですな。
他にコンバットレポからの引用も無いようですが。しかし、丸メカを持っていながら、
双方でこうも理解力に差がある事を見せ付けられると、レス相手は選びたいもんですな。
いささか情けない風が強すぎるようで食傷気味なのですが。>440

447 :名無し三等兵:02/05/09 14:10
>>446
今は亡き牧先生は嫌いだったの?

448 :名無し三等兵:02/05/09 14:11
あーんあーんあ、やんなっちゃったー、あーんああーんあ、おどろいた♪

449 :名無し三等兵:02/05/09 14:35
>>448
そっちは死んでねーよ

450 :名無し三等兵:02/05/09 15:43
結局、本ができる工程も知らない厨房の
自作自演だったわけかい?>オレオ論争

資料までデッチ上げて、ご苦労さん


451 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/09 22:21
どの欠陥が最悪だと決めないと気がすまんのかね。実験できないんだからそんな事わからんよ。
だいいち世傑の記述でも引用された部分だけでは最大の原因とは言ってなさそうだが。
>>410
なにか?と言われてもなあ。理屈で言えば決着はもっと前についてて、そのあとのはオレオ厨と
オレオ無視厨の罵りあいだよ。
同意できる点はあるが。豚に真珠、文盲に**とかね。


452 :名無し三等兵:02/05/09 22:53
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
そのオレオが最大の原因だった、ということでした。

以上。

453 :名無し三等兵:02/05/09 23:35
視界の問題は着艦アプローチの可否に直結する。
オレオ・ストラットの問題は飛行甲板タッチの際の問題。
艦上機たる資格としてどちらがより重要かは自明。


454 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/09 23:44
バウンドしてひっくり返っちゃうんじゃ着艦アプローチが上々でも結局無意味だから
主脚も改修したんだろうに。
ようするにこの順番で全部治さなきゃならなかったんだよ。

455 :名無し三等兵:02/05/09 23:44
>>447-448
ウケタ
だが、
あーんがんが  やぁんなっちゃった  あーんがんが  おどろいた  
ではなかろうか

456 :名無し三等兵:02/05/10 00:09
>>454
よーく思い出せよな。
いいか、タッチしてバウンドするのは飛行機の扱いの中ではセッティングの問題。
視界の問題というのは、肝心の操縦するパイロットの負担に関わる問題。
しかも、着艦アプローチというのは空母機特有の飛行機としてはかなり特殊な部類で
さらに重要なのは米国・英国何れもLSOによることを思い出せよな。


ったく・・・。

457 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/10 00:13
>いいか、タッチしてバウンドするのは飛行機の扱いの中ではセッティングの問題。
それでもコルセアの場合は軽視できる問題じゃなかったから改修に至ったんだろ?
もしかして『無駄で不必要な改修だった』という主張なのか? 

458 :名無し三等兵:02/05/10 00:26
>>457
あのな、視界が悪すぎたら飛行甲板へのアプローチすらできんだろ?
おまけに失速ぎりぎりの速度で機体がいきなり傾いて失速したらタッチすらできねーだろ?
空母搭載をやるんだったら、まず飛行甲板へアプローチしてタッチまでできるようにする所から始まるわけだ。
ここまでいいな。
そしてようやくアプローチできてタッチまでもって行けるようになってみたら、
おいおい、こいつ跳ねるじゃねーか、と。
なんだぁ、ギアにも問題あったのかよ?かんべんせーよな、と。
だからオレオが最後の方まで残っちまっていたっつーわけだ。
わかるか?ああ?

459 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/10 00:32
>>458
何を噛みついてきてるのかさっぱりだよ。
ひょっとして人のことをオレオ厨と勘違いしてるのか? とりあえず俺が書いた>>400
読んでみてくれ。それを踏まえて>>454の最後の一行をもう一度読んでくれ。
あなたの>>458と同じ事を書いてるつもりなんだが。


460 :名無し三等兵:02/05/10 00:35
>>459の400。
わあってるじゃねーか。

461 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/10 00:36
(゚Д゚)ナンジャソラー

462 :名無し三等兵:02/05/10 00:46
誰?その人?
なんか条約巡洋艦のスレにもいるみたいよ?

463 :名無し三等兵:02/05/10 00:51
>>462
うるせーっ

464 :名無し三等兵:02/05/10 00:53
「般若無人」の世界へようこそ

465 :名無し三等兵:02/05/10 02:43
米国は着艦誘導のグライド・パス指示、傾斜指示を母艦側の人力(LSO)にのみ頼っていたが、
視界が不足していた為、パイロット側も視認できず着艦時のアプローチがとれない。
これがまずそもそものトラブルの始まり。
→最大の原因として対策は多岐に渡った。(シート高、尾輪、カウルフラップ、キャノピー他)

着艦アプローチ終末の低速時、飛行甲板へのタッチの直前の段階で操縦不能。
プロペラトルクによる機体の左傾斜と失速速度が高かった。
機体の動きは不安定になりLSO側も指示が出来ない。パイロット側も操縦困難。
→スポイラーで傾斜の癖には対応。
(これでパイロットの負担と危険、母艦側の着艦誘導員の負担も減ったはず。)

ここまでの対策に長時日を要している間に主力艦上戦闘機の座をヘルキャットに奪われる。

此所でようやく飛行甲板に辿り着く所までこぎつけた。
が、飛行甲板タッチの時に機体がバウンドし易い事が判明
→オレオ・ストラットの改善で対応。

左傾斜については、航空機は全てその失速限界を特性として把握するものだから、
陸上用としてはそんなに問題にならなかったかもしれない。
が、空母への着艦には重要な問題で、
それが空母機として容認できるものではなかった事は間違いない。

こう見てくると「コルセア」の艦上機としての問題点はその視界不足と操縦性が最大の原因だった、
という結論で疑問の余地は無いんだけどね。

これ・・・もしオレオが最大の問題だったから空母機として失格だったとすると、
オレオ対策だけで他は目をつぶっても空母機として使えたという事になってしまう。
でも、そんなことは絶対に無いのはここの誰でも納得できる事。
それと、事は降着装置の問題なのだから、空母であろうと陸上であろうと問題になるわけで、
それはそのまま飛行機として失格だった、と主張しているのと同じことになってしまう。

問題のあるオレオが機体にどんな風に影響を及ぼすか考えてみても、
これが艦上機として失格となった最大の原因であるというイメージは湧かない。
何か枝葉末節をことさらに書き立てたに過ぎないとしか、考えられない。

466 :名無し三等兵:02/05/10 05:44
なるほど日本海軍が烈風でも投入しない限りコルセアの艦上運用はされないって
事か。

467 :名無し三等兵:02/05/10 05:56
>>466
そりゃ、飛躍が過ぎるというもの。
烈風が出てこなくてもコルセアは特攻機対策で重宝がられたはずだしね。

468 :名無し三等兵:02/05/10 07:05
>466-467
1943年から既に航空母艦での運用は始まっています。

469 :シーウルフにてこずるボート社:02/05/10 07:09
コルセアの急降下制限速度があまり早くないのは
主翼折たたみが原因か?

470 :名無し三等兵:02/05/10 07:17
ヘルキャットやベアキャットと比べても低い?

471 :名無し三等兵:02/05/10 07:57
・・・と、いうことで「コルセア」の艦上機としての問題点は
そのオレオが最大の原因だった、ということでした。

以上。

472 :名無し三等兵:02/05/10 08:01
>>471
滑稽。
無視されるだけ。

使い古した手口だし。(プ

473 :名無し三等兵:02/05/10 08:23
ドキュソ女の制限速度は知らないが(誰か教えて)
コルセアは780kmです
ちなみにヘルキャットなんて動物はいません
2ちゃん用語に訳するとこうなります

474 :名無し三等兵:02/05/10 08:33
デザイナーの理想が或程度優先されたのがコルセア
対するヘルキャットは用兵者側の希望が優先されてるような気がする

475 :名無し三等兵:02/05/10 09:41
ダンピングだけ改善すれば用兵者側の要望にも応えられた

476 :オレオ太郎:02/05/10 13:45
コルセアの最大の問題点は主脚オレオだった。
ダンピングが悪かったのが全ての要因だったのだ。

477 :名無し三等兵:02/05/10 13:47
>>476
同感

478 :sage:02/05/10 14:30
sage

479 :名無し三等兵:02/05/10 14:33
>>475
その意見はまったく正しい

過去ログで厨房が変なことを言ってるけど
英海軍が空母運用を始めたコルセアUはF4U-1(鳥篭)から-1Dまで
混ざっている
で、視界対策ゼロの鳥篭(オレオ改修済み)も当然空母運用していて
その証拠写真も存在する


480 :名無し三等兵:02/05/10 14:34
もう飽きたな

481 :名無し三等兵:02/05/10 14:55
オレオ太郎・・・反論ができなくなったらしいな。

当然といえば当然だが。わら

482 :名無し三等兵:02/05/10 15:04
>>481
オレオ太郎も視界不良野郎も同一人物なんだから
いくら何でもネタが無くなったんだろうよ

483 :名無し三等兵:02/05/10 15:04
そりゃ精神分裂病やん。わ

484 :名無し三等兵:02/05/10 15:12
印刷会社員が出てきたおかげで自作自演がバレた

485 :オレオ太郎:02/05/10 15:14
コルセアの視界は悪くなかった。
悪かったのはオレオだった。

486 :名無し三等兵:02/05/10 15:26
オレオ太郎、ここでさんざん論破されてほとんどすべて反論出来てないから悔しいんだろうな。
ねちねちとしつこいのも悔しくて堪らなくて夜も眠れないからなんだろうな。

487 :名無し三等兵:02/05/10 21:23
一般にいくら他の要素で優れても航続性能が無いと戦闘機としては使いにくい。
迎撃戦にしてもある程度の航続性能が無いと滞空索敵や追撃がきかず、離着陸を
繰り返すことになり隙が多くなる。

488 :名無し三等兵:02/05/10 22:19
ってことで

   糸冬

489 :名無し三等兵:02/05/11 06:16
「陸軍戦闘機は水冷に限る」との従来の欧州戦での通説を破ったP−47こそ最強。

490 :名無し三等兵:02/05/11 08:58
結局コルセアの問題点はオレオでした

491 :名無し三等兵:02/05/11 10:33
 だれか、誉の設計思想と失敗の研究とか紫電改はそれほど優秀じゃ無い
ってのを検証してたHPって憶えてないですか?

492 :名無し三等兵:02/05/11 12:44
ヒューレットパッカードは日本軍機の検証などやってないです

493 :名無し三等兵:02/05/11 16:58
>>489

FW190じゃなかったっけ?
と逝ってみるテスト


494 :名無し三等兵:02/05/11 17:16
こう見てくると「コルセア」の艦上機としての問題点はその視界不足と操縦性が最大の原因だった、
という結論で疑問の余地は無い

495 :名無し三等兵:02/05/11 18:30
操縦性?

496 :名無し三等兵:02/05/11 21:20
結局オレオのせいだったんだな

497 :名無し三等兵:02/05/11 21:24
時速650Km/hの戦闘機が艦上機として運用されるなんて
世界で初めてのことでしたから、いろいろ問題が出るのも
致し方ないでしょう。

498 :名無し三等兵:02/05/11 21:25
>>497
そんなに遅くないだろ

499 :名無し三等兵:02/05/11 21:30
そんなにスピードがでたのは試作機。

500 :名無し三等兵:02/05/11 21:32
a

501 :名無し三等兵:02/05/11 21:34
最初のF4U1だと630Km/hくらい。
F4U1Aで670、F4U1Dで680Km/hと記憶しとります。

502 :名無し三等兵:02/05/11 21:35
F4U-4は700km以上出たはず

503 :名無し三等兵:02/05/11 21:37
米軍機の場合計測条件が自重に近い所でやっているだろうから。
丸メカでは620km台だったよ。

(いつも米軍機って飛行重量不明なんだよな)

504 :名無し三等兵:02/05/11 21:41
620だろうが630だろうが零戦や紫電改では歯が立たないのは事実

505 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/11 21:44
F4U-4は水噴射時で714km/hという数字もあったような。

506 :名無し三等兵:02/05/11 21:44
艦上機だからねえ・・・。
艦隊航空戦でレーダーを避けて低空域での戦闘が中心になると、
F4Uでもなんでも零戦で充分優位に立てるだろうねえ。

507 :名無し三等兵:02/05/11 21:45
↑それはひょっとしてギャグで言ってるのか

508 :名無し三等兵:02/05/11 21:48
少なくとも1対1ならという注を付けないとな

509 :名無し三等兵:02/05/11 21:50
まあ、ダイブが使えず降下加速性の優位が出せず、
上昇力と水平面内での旋回戦になるでしょうからね。

その場合に限ってはゼロ戦他日本機は自分のテリトリーという事になるでしょうな。

510 :名無し三等兵:02/05/11 21:50
いや1対1でも厳しいな。振り切って逃げられるからな

・・・だめぽ

511 :名無し三等兵:02/05/11 21:51
旋回戦にならんだろ

512 :510:02/05/11 21:52
>>511

ならんね。正直。

513 :名無し三等兵:02/05/11 21:55
しかし509のような発言は史実を知らんとしか言えんな。

零ってまさか21型じゃないよなとか言いたくなる(w

514 :名無し三等兵:02/05/11 22:03
海面高度付近で戦闘重量のコルセアでは速度の優位はほとんどないよ。
上昇性でもかなり劣る事は実際米軍でも実機を使って確認済み。
結局最高速度を維持し続けるにはただひたすら真っ直ぐ直線飛行するしかないものの、
それではただの標的になってしまう。
結果的に避弾機動として旋回を取らざるを得ない、若しくは攻撃照準でも機体の姿勢を
直線飛行のまま維持できない。エンジンの性能からいえば元々得意ではない高度での
戦闘を余儀なくされているわけだから最終的には速度の低下量が大きくなって、
また旋回での機動が中心になり、より速度が低下する。
上昇では6000m付近までは太刀打ちできないわけだから、当然海面高度付近で上に向ける事は
自殺行為。

515 :名無し三等兵:02/05/11 22:05
じゃ本土防空戦で21型で単機低高度進入して飛行場攻撃中の
コルセア攻撃すると逃げられたって話は嘘かよ

妄想で話すんなよ。

516 :名無し三等兵:02/05/11 22:07
つーか普通に編隊攻撃だろ>米

514みたいな思想で日本は負けましたとさ、ちゃんちゃん。

517 :名無し三等兵:02/05/11 22:09
>海面高度付近で戦闘重量のコルセアでは速度の優位はほとんどないよ。

ギャグ決定

518 :名無し三等兵:02/05/11 22:16
>>514
書き込みはすべて同意なんですが、
まともに相手するようなレベルじゃないみたいですよ、この子ら。

519 :名無し三等兵:02/05/11 22:17
数少ないレアケースだけを取り上げて極端に過大に評価するのは個人の勝手。
本質的にはそんなものどうであろうと関係ない。
まして21型の追撃を受けて逃げるだけに専念するならば逃げられるだろうが。
艦隊航空戦ではどちらが攻防に立つかは知らないが、艦隊防空でも
侵攻防空でも逃げる一手でのみの戦術が使えないのだから低空域での空中戦になる。
侵攻時に逃げの一手でのみ持ち場を離れれば、爆撃機・攻撃機が食われる。
防空時に逃げの一手でのみ持ち場を離れれば、艦隊そのものへの攻撃を許すだけのこと。




520 :名無し三等兵:02/05/11 22:17
>>514>>518

521 :名無し三等兵:02/05/11 22:18
らしいね、週末だからかな。ありがとう。>518

522 :名無し三等兵:02/05/11 22:19
すげぇな

何時の間にか艦隊航空戦ですかほぇー。

妥当に評価出来る事例出してやったのにねぇ。高度差もあり楽勝の条件
でも逃げられるんだよ。

523 :名無し三等兵:02/05/11 22:21
つうか戦史読んだら?

>>514>>518

フライトシムばっかやってないでさ(w


524 :名無し三等兵:02/05/11 22:23
日本軍ヲタが妄想ブチまけたところでコルセアに圧倒されたのは事実

525 :名無し三等兵:02/05/11 22:25
>>522
どこが妥当なんだか。w

526 :名無し三等兵:02/05/11 22:26
>>525
向こうは飛行場銃撃に熱中

こっちは優位

って状況ですが何か?

527 :名無し三等兵:02/05/11 22:29
>>526
主観と客観を取り違えないようにしようね。

正直、子供相手には疲れるな。w
おしめはとれたのかい?

528 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/11 22:29
零戦52型ならともかく21型とコルセアなら水平全速でぶっちぎられたんだろ。

529 :名無し三等兵:02/05/11 22:29
>主観と客観を取り違えないようにしようね

お前に言いたい

530 :名無し三等兵:02/05/11 22:32
F-2にしろ90式にしろ、なんで日本の兵器の話になると躍起になって感情的に
マンセーする人が出てくるんだろうね

531 :名無し三等兵:02/05/11 22:34


盲信してる奴がもうウザいウザい。戦史ぐらい読めっての

532 :名無し三等兵:02/05/11 22:34
>>528
そうですね、零戦側の技量というものもありますしね。


533 :名無し三等兵:02/05/11 22:36
あー出ました太郎

現役に対してこの冒涜

21型と52型の区別すら無く「日本機」で何もかも括ってしまう
厨房性。

流石ですね。

534 :名無し三等兵:02/05/11 22:38
>>533
日本語までおかしいよー
現役ってなにがー

535 :このせりふ:02/05/11 22:39
506 :名無し三等兵 :02/05/11 21:44
艦上機だからねえ・・・。
艦隊航空戦でレーダーを避けて低空域での戦闘が中心になると、
F4Uでもなんでも零戦で充分優位に立てるだろうねえ。


忘れたとは言わせない

ついでに「当時現役」これなら了解したか?チョソ。

536 :名無し三等兵:02/05/11 22:39
ここにはコルセアをけなすと、顔真っ赤っ赤にするボウヤが住んでるみたいだね。藁

537 :名無し三等兵:02/05/11 22:40
ここには零戦をけなすと、顔真っ赤っ赤にするボウヤが住んでるみたいだね。藁

538 :このせりふ:02/05/11 22:41
506 :名無し三等兵 :02/05/11 21:44
艦上機だからねえ・・・。
艦隊航空戦でレーダーを避けて低空域での戦闘が中心になると、
F4Uでもなんでも零戦で充分優位に立てるだろうねえ。


514 :名無し三等兵 :02/05/11 22:03
海面高度付近で戦闘重量のコルセアでは速度の優位はほとんどないよ。
上昇性でもかなり劣る事は実際米軍でも実機を使って確認済み。
結局最高速度を維持し続けるにはただひたすら真っ直ぐ直線飛行するしかないものの、
それではただの標的になってしまう。
結果的に避弾機動として旋回を取らざるを得ない、若しくは攻撃照準でも機体の姿勢を
直線飛行のまま維持できない。エンジンの性能からいえば元々得意ではない高度での
戦闘を余儀なくされているわけだから最終的には速度の低下量が大きくなって、
また旋回での機動が中心になり、より速度が低下する。
上昇では6000m付近までは太刀打ちできないわけだから、当然海面高度付近で上に向ける事は
自殺行為。





539 :名無し三等兵:02/05/11 22:41
>>532>>535

煽り方が、ホント子供だわ。プププ

540 :名無し三等兵:02/05/11 22:42
うぜーなー
何をそんなにネチネチやってんだよ
A6M5だろうがA6M6だろうが低空でも高空でもF4UやF6Fの速度にはかなわんだろうが
歴史もスペックもそれを証明している

541 :名無し三等兵:02/05/11 22:43
歴史を納得出来ない零ヲタが約一名

542 :名無し三等兵:02/05/11 22:44
>>538
満足な反論もできないくせに、不様きわまりないこと。プ
それとも、数少ない実例をこれでもかっていうほど、大きく大きくあげつらって騙る?プ

543 :名無し三等兵:02/05/11 22:45
技術を知らない戦史厨房、一匹。プププ

544 :名無し三等兵:02/05/11 22:45
プ厨うざい

545 :名無し三等兵:02/05/11 22:46
ププププププププププププププププププププププププププププププ
ププププププププププププププププププププププププププププププ
ププププププププププププププププププププププププププププププ
ププププププププププププププププププププププププププププププ
ププププププププププププププププププププププププププププププ

546 :名無し三等兵:02/05/11 22:46
>歴史もスペックもそれを証明している

スペック?
アップ希望。特に低空域での。

547 :名無し三等兵:02/05/11 22:46
艦隊航空戦で零戦が低高度でコルセアと当たって大戦果上げた例があるなら

提示して証明してくれや。

548 :名無し三等兵:02/05/11 22:47
艦隊航空戦でコルセアが低高度で零戦と当たって大戦果上げた例があるなら

提示して証明してくれや。





549 :名無し三等兵:02/05/11 22:51
何言ってんだ

506 :名無し三等兵 :02/05/11 21:44
艦上機だからねえ・・・。
艦隊航空戦でレーダーを避けて低空域での戦闘が中心になると、
F4Uでもなんでも零戦で充分優位に立てるだろうねえ。

お前がこう言ったから聞いてるんだろ

艦隊航空戦で零戦が低高度でコルセアと当たって大戦果上げた例があるなら

提示して証明してくれや。




550 :名無し三等兵:02/05/11 22:52
506期待上げ

551 :名無し三等兵:02/05/11 22:53

          ∧_∧____   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ___  (´∀` ,) //| < [問題] 零戦太郎の正体は?
    <──<\⊂ へ ∩)//|||   \__________________
    \.  \,>'(_)i'''i~~,,,,/
──┐  ̄|| ̄(_) ̄~||~ ̄
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< 問題:   零戦太郎の正体は?                                   >━━
    \___________________________________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< A:誇大妄想狂                  X    B:ラジコンオヤジ             >━━
     \________________/  \________________/
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
━━< C:フライトシム厨                 X   D:国粋主義者               >━━
    \________________/  \________________/

552 :名無し三等兵:02/05/11 22:54
>艦上機だからねえ・・・。
>艦隊航空戦でレーダーを避けて低空域での戦闘が中心になると、
>F4Uでもなんでも零戦で充分優位に立てるだろうねえ。

今来たんですが、これって何かおかしいんでしょうか?

553 :名無し三等兵:02/05/11 22:54
で飛行場銃撃は信用出来ない
ほかにも振り切った例は多々あるのに認めない。

なら何を基準にこんな妄言を506は吐いたのか?
謝罪もせず粘着するのか?

それが問題だ

554 :名無し三等兵:02/05/11 22:58


555 :マレーのトラトラ:02/05/11 22:58
 ゼロ戦は大戦前期までの兵器(日中戦争が
デビューだもの)だからねえ。
 

556 :名無し三等兵:02/05/11 22:59
ごごごげっとずさ

557 :名無し三等兵:02/05/11 22:59
てめえころす>ごごご

558 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/11 23:03
>飛行場の銃撃
だから零戦のほうが優位だったから性能に勝るはずのコルセアが逃走したんだろ?
低空での零戦は舐められた敵じゃない、注意せよと言うのは米軍側でも十分認識されてた
はずだよ。
>>515がコルセア好きなんなら贔屓の引き倒しにならんようにしといたほうがいいよ。

559 :名無し三等兵:02/05/11 23:04
ラバウルではコルセアは特に問題にしてなかったみたいですね。
防弾の優れている点が評価されていて、これからは日本側戦闘機にも
防弾を要求する、といったことがGFでの研究会でも報告されていましたが。

560 :名無し三等兵:02/05/11 23:05
防弾はコルセアに限らず米軍機全般ということです。

561 :名無し三等兵:02/05/11 23:12
>>558
同意。あと、戦闘時の速度も零戦の操縦性が急激に落ちる速度以上を保て、と。


>>515がコルセア好きなんなら贔屓の引き倒しにならんようにしといたほうがいいよ。
戦術とか運用が理解できてないんだね、きっと。

562 :名無し三等兵:02/05/12 00:03
凝る背、

亜太郎の反論期待age。プププ

563 :名無し三等兵:02/05/12 01:26
>>507>>508>>510>>511>>512>>513>>515>>516>>517>>522>>523>>524>>526>>529>>530
>>531>>533>>535>>537>>538>>540>>541>>544>>545>>547>>549>>550>>551>>553

こいつ、コルセア太郎の行動限界、

午後22:54分

つーことだな。ゲラゲラゲラ

564 :名無し三等兵:02/05/12 02:08
まあ、実際どうしようもない飛行機をなんとか誉める為には数少ない嘘に近い
時日のような(笑)御伽噺で宣伝するしか生きるすべの無い飛行機には、
国家の存亡を賭けて戦った機体には未来永劫勝てるわけはないってこった。

ヘルキャットは実に見事に好敵手として戦ったなあ。

565 :名無し三等兵:02/05/12 02:12
元日本軍パイロットのインタビューを見ると「コルセアは比較的楽な相手だった」
って言ってる人が多いですね。
米側資料の数字をみるとコルセアは圧倒的に強いけど。

566 :名無し三等兵:02/05/12 02:30
機体だけで盛り上がっているのはいいけど・・・・
パイロットの技量はドウダロウと思う今日この頃。


567 :名無し三等兵:02/05/12 03:58
>>565
コルセアには、致命的な位性能が低めとなるレンジがあったのかも。

といっても、馬力が違いすぎて低いところでも相当な高さだったろうけど

568 :名無し三等兵:02/05/12 04:54
>>513
>零ってまさか21型じゃないよなとか言いたくなる(w

二一型の上昇力でも当時においては驚異ですが。

569 :名無し三等兵:02/05/12 06:57
高空での優位>>>>>>>>>>>>>低空での優位

570 :名無し三等兵:02/05/12 07:44
F6Fの急降下制限速度教えてください。
丸メカでも書いてない。
よく三式戦などを降下で取り逃がしている戦記を見かけるので


571 :名無し三等兵:02/05/12 09:08
たしかP38とF4Uで850位だったと思うけど、P38の方はいまいち
あてにならんソースが火葬戦記だからねえ。超弩級空母とっと以下自粛

572 :名無し三等兵:02/05/12 09:11
F4Uで740km/hくらいだったかと

573 :名無し三等兵:02/05/12 11:44
コルセアはメーカーの安全基準で780kmだったのを読んだ事ありだが、
ヘルキャットは分からない。

574 :名無し三等兵:02/05/12 12:18
制限速度850を超える機は世界的にもそんなに多くないよ

575 :名無し三等兵:02/05/12 13:33
おめーら、制限速度はマッハで語れよ…
情けない…

576 :名無し三等兵:02/05/12 13:42
>>574
レシプロではただ1機しか存在しないぞ

577 :名無し三等兵:02/05/12 14:21
↑それ公式記録じゃないし一機種じゃないよ
カタログ的にはFW190かP47あたりが最速だろう

578 :名無し三等兵:02/05/12 14:26
>>577
公認世界記録だぜ?


579 :名無し三等兵:02/05/12 14:28
つーか、577は何と勘違いしたんだろう?

580 :名無し三等兵:02/05/12 14:45
>>570
多分、制限速度の高い方が速いから取り逃がしたのだろう、という事だと思いますが、
制限速度が相対的に低くても、急降下開始直後の速度増加率が高ければ充分脱出する事が
できます。
加速力という表現が使われる事が多いのですが、当時の方々が「突っ込み加速」という
表現が最も正しいです。

581 :名無し三等兵:02/05/12 14:52
ありがと↑
ちなみにマッハがあーだこーだとかのレスで勘違いしました

582 :名無し三等兵:02/05/12 15:00
折れも知りたいF6Fの制限速度
取り逃がしとかには興味薄だが

583 :零戦太郎:02/05/12 17:21
打通馬鹿がスレを荒らしまわったところで零戦の優位性は変わりない。
零戦は低空でマスタング コルセア ヘルキャットなどより速かった。

584 :427:02/05/12 17:24
速いかどうかは怪しいと思うが、少なくとも操縦は困難になると思う。

585 :427:02/05/12 17:25
上のレス。
あ、零戦の方がね。
だからそうなる前に仕留める必要はあるな。

586 :名無し三等兵:02/05/12 17:47
>零戦太郎
零戦はロケット弾装備出来るから、最強だよ。

587 :名無し三等兵:02/05/13 05:16
然費は悪いがロケット弾二種装備のサンダーボルト最強とアオってみる

588 :名無し三等兵:02/05/13 05:18
然費

589 :名無し三等兵:02/05/13 06:52
漠然と計算すると零戦の三倍の燃料消費量のサンダーボルト

590 :名無し三等兵:02/05/13 07:20
F6Fは駄作ではないと信じるが、凡作と言われて反論する気はない。

591 :名無し三等兵:02/05/13 07:42
実用品として確信犯であんな設計になったヘルキャット
中継としては最高の活躍をした。
搭乗員からの苦情も少ない

592 :名無し三等兵:02/05/13 07:58
誰も知らんのか!
ヘルキャットの制限速度

593 :名無し三等兵:02/05/13 10:13
>>592
おれはM0.73(P‐47とほぼ同じ)と記憶しているんだが
本棚を探したけどソースが発見できなかった
P-51、P-47、F6F、紫電改、疾風の比較の資料を持っているはずなんだが

594 :名無し三等兵:02/05/13 19:36
↑お願い!
徹底的に屋探しして見つけて!!

595 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/13 20:51
哀願だか恫喝だかわからん尋ね方だな。

596 :零戦太郎:02/05/13 22:12
ヘルキャットがいくら頑張ったところで零戦には勝てなかった。低空での零戦の急降
下制限速度はヘルキャットを超越している。

597 :名無し三等兵:02/05/13 22:14
>>596
超越して低いんですね

598 :名無し三等兵:02/05/13 22:15
>>596
低空で急降下する馬鹿はいない

599 :零戦太郎:02/05/13 22:16
零戦の瞬発急上昇はヘルキャットより優れていたことは有名だが、長時間の
上昇でもヘルキャットよりも優れていた。雷電よりも上昇力が高かったので
ある。

600 :零戦太郎:02/05/13 22:20
紫電改は日本海軍最強扱いだが零戦に比べれば糞だった。低空では零戦の
方が速度でも優位で航続距離も零戦の方が長かったのである。

601 :零戦太郎:02/05/13 22:22
零戦の後継として開発された烈風は結局大量生産されなかった。これは烈風
より零戦のほうが優れていたことの証拠である。
零戦はP-51をしりぞけてWW2最優秀戦闘機だった。

602 :零戦太郎:02/05/13 22:25
ロケット弾装備の零戦はIL2よりも優れた地上攻撃機だった。零戦の装甲は
貧弱であったようにいわれることが多いが、それは間違いである。

603 :名無し三等兵:02/05/13 22:26
零戦は実測で本当はマッハ3で飛べる。
これは国家機密として未だに秘密にされているほど優秀だった証拠だ。

604 :零戦太郎:02/05/13 22:27
零戦は高高度性能が低いように思われているが、実際はそうではなかった。
広い翼幅によりTA152Hと同等の高高度性能を発揮したと考えられる。

605 :名無し三等兵:02/05/13 22:28
>>603
この調子だと本当にそんなことを言い出しそうだな(藁

606 :名無し三等兵:02/05/13 22:28
電波ゆんゆん

607 :名無し三等兵:02/05/13 22:29
零戦は急降下性能が悪いといわれているが間違いである。
実際にはすべての戦闘機が追随できないが為に隠された性能だったのである。

608 :零戦太郎:02/05/13 22:30
無敵の爆撃機であるかのようにいわれるB-29だが、零戦にはかなわなかった。
零戦一機でB-29五機は迎撃できたと考えるのが自然である。
零戦は離陸後すぐに高度一万メートルまで高度をあげることができる。そして
B-29を急降下で攻撃するのだ。

609 :名無し三等兵:02/05/13 22:30
掃除機、二番煎じではつまらん。もっとひねれ>零戦

610 :名無し三等兵:02/05/13 22:33
零戦には実は光線銃が装備されていたが、戦後米国ですら模倣はかなわなかった
高性能のもので、びいぃっと発射するとばあああぁんって当たってつおいんだぞぅ!

611 :零戦太郎:02/05/13 22:34
零戦は素晴らしい武装を持っていた。両翼の20ミリはマスタングを粉砕しヘル
キャットを叩き落した。零戦の武装に比べれば米機の武装など糞同然であった。

612 :零戦太郎:02/05/13 22:37
疾風は日本最優秀機だなどといわれているが、本来は零戦のほうが高性能だっ
た。アメリカがそのような発言をしたのは日本陸軍から賄賂を貰っていたから
に違いない。

613 :名無し三等兵:02/05/13 22:40
腹イタイ…「賄賂」ときたかーっ

614 :名無し三等兵:02/05/14 00:30
まぁ どっちにせよ20対1(F6F)のスコアを見せつけられたら、グウの音もでません、、
つーか、あまりに非道いスコアだな。 航空隊の上層部は戦術の研究してたのかよ、、


615 :名無し三等兵:02/05/14 00:33
鵜呑みにするな>614

616 :名無し三等兵:02/05/14 06:15
>>615
1:1まで持ってこない限りグウの音もでないぞ。

617 :名無し三等兵:02/05/14 07:25
10:7位でもグウの音はでる。

618 :.:02/05/14 07:28
雷電とヘルキャットの戦闘記録ってないのかねえ


619 :名無し三等兵:02/05/14 07:35
↑日本お得意の格闘戦に巻き込まれてかなりやられた雷電

620 :名無し三等兵:02/05/14 07:37
巻き込まれる方が悪い、と素直に思ってしまう雷電のドッグファイト。

621 :名無し三等兵:02/05/14 11:30
>>618
渡辺の本に詳しく載ってるけど…

622 :名無し三等兵:02/05/14 11:32
>>618
赤松中尉に関する資料見れば必ず出てくるよ。

623 :名無し三等兵:02/05/14 12:10
>>614
20:1は零戦以外も含めたスコアじゃなかったか?

624 :打通さん:02/05/14 19:52
ろくな高射火力もあったとは思えない支那派遣軍が、在支+比島米空軍の
激しい妨害工作にも関わらず大陸打通作戦を遂行できたのは、比島も含む
陸軍航空隊の粘り強い敢闘のため。おれさまの信念は全く動じない。

625 :打通さん:02/05/14 19:57
そしてまた、中国大陸という航空基地運営が困難な場所においては、
「地上軍主体の航空基地覆滅」という支那派遣軍の戦略が本質的に
正しいものであった、岡村大将の知略を証明したということだ。

626 :名無し三等兵:02/05/14 20:01
投稿規制逃れでコテ変えたのか?

627 :名無し三等兵:02/05/15 00:11
そういえば防弾対策と無線電話改善は陸軍が先行していたな
隼二型から防弾甲板装着してたし

628 :名無し三等兵:02/05/15 00:13
ノモンハンの教訓が多少はあったからだろ

629 :脳スロップ:02/05/15 01:34
漏れP61が好き〜

630 :名無し三等兵:02/05/15 09:15
↑まだ生きている機体あるのか?

631 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/16 01:22
>>629-630
ttp://www.warbirdsalive.com/top/planelist.htm
ここによれば一応存在するみたいだよ<-飛行可能機体。

632 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/16 01:48
>>629-630
訂正。
ttp://www.maam.org/index.html
ここでいまレストア中なんだと。他に飛行可能機体があるかどうか確認できず。

633 :名無し三等兵:02/05/16 12:23
1944年以降、ソ連邦の優れた航空技術に裏打ちされた「バグラチオン作戦」
の前にルフトバッフェは手も足も出ず、間もなく東欧枢軸圏は一斉に離脱。
ドイツはこの年だけで4万機もの航空機を製造したのだから量的な問題じゃない。

そしてクリモフ導入を拒否した日本は新世代航空機量産ができず、あわれ特攻。

634 :名無し三等兵:02/05/18 01:16
アメリカ軍機の中では、
P51の次に操縦性がいいのがP61だったそうだ。
何故?

操舵レスポンスがよかった?

635 :名無し三等兵:02/05/18 01:28
そーいえばいわゆる桿の切れがよいっていうのは
操舵レスポンスがいいって意味なの?

636 :名無し三等兵:02/05/18 01:40
誰か、フライトシムプレイヤーじゃなしにリアルの飛行機操縦できる人いあにかな?


637 :名無し三等兵:02/05/18 13:02
>>634
P-61はスポイラだからだよ、たぶん
>>635
「桿の切れがよい」っていうのは初めて聞いたよ
どこで、どんあ風に使ってたの?

638 :ごっぐ ◆Cs6PCFec :02/05/18 18:22
>>636
これの旧スレか他スレだかには来てたよ。
大戦中の機体みたいな尾輪式の機体の離着陸は、機首に車輪のある今時の小型機の
離着陸など比べ物にならんほど難しいものだとか言ってたような。


639 :名無し三等兵:02/05/20 23:52
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=19650038 P295
 太平洋戦争の特徴の一つは、非戦闘要因で破壊された航空機が多いことだ。
戦争全体を通して見ると、敵側の行動で失われた航空機は、たったの二五%
にすぎない。残りの原因は天候不順、空母からの発着艦ミス、急造滑空路に
よる事故と、熱帯性気候による航空機の損傷だった。こうした太平洋独自の
状況のため、航空機のロスは欧州戦線などよりはるかに高かった。アリュー
シャン作戦では、なんと八七%が非戦闘要因による損害だった。たしかに
アラスカには熱帯性の気候はなかったが、北極の悪天候が航空機の寿命を
大幅に短縮したのである。

640 :15万トン千ヵん:02/05/22 18:14
零戦がヘルキャットに圧倒されたというのは、気体の性能よりも
1、数の優越(米側)
2、搭乗員の技量(後半の日本の搭乗員は補充が追いつかず、空母を発艦するのもやっとな者も多い)
3、レーダー・無線による連携のとれた迎撃。

などによるところが大きいと思われ。

641 :名無し三等兵:02/05/22 18:26
>>640
対零戦戦法の確立という要素もあるのでは?

642 :名無し三等兵:02/05/22 19:43
どんな兵器がどれだけの戦果をあげたかの分析は困難。マリアナ海戦
を決めた最大の要因はVT信管だったなんて本は、眉唾ものだと思うが。

643 :大陸打通太郎:02/05/22 20:19
兵器評論は個人の嗜好に偏りがちだから異論があればどんどん反論してもらっ
ても構わないが、おれさまとしては零戦・隼・疾風の3つは最後の最後まで
強かったと確信している。前二者は弱馬力とはいえ航続性と稼動性は確かで、
航空戦でこそ劣れ、体当たり特攻機として大活躍で間違いなし。文句なら、
特攻志願者が少なすぎたことに対して言うべきだ。また疾風は稼動の悪さ
がよく言われるけれども、打通作戦でも比島戦でも粘り強く抗戦して、
敵空軍の反攻を遅らせた。大陸打通作戦の3000キロ行軍は在支米空軍
の存在意義を疑わしめたが、この作戦で空の屋根を支えたのも疾風だ。

以上、「おれさま航空評論」。

644 :名無し三等兵:02/05/22 20:44
零戦がヘルキャットに圧倒されたのは
機体性能と数だと思うが?

645 :名無し三等兵:02/05/22 22:39
>>644
加えて搭乗員の質もあると思うです

646 :名無し三等兵:02/05/22 22:42
マリアナのころまでだったらそんなに差はないと思うよ。

647 :名無し三等兵:02/05/22 22:43
DE HAVILLAND DH98 MOSQUITO FB Mk Y HX922
マンセー

648 :名無し三等兵:02/05/22 22:49
マリアナ以前にラバウルなどで熟練搭乗員は消耗させられてたろう。

649 :名無し三等兵:02/05/22 22:52
>>648
あの辺りの消耗戦は日本にとってかなりの深手を負わせてるよね

650 :某助手:02/05/22 22:56
>>643
あんたが書くのはこっちでしょ。

最高に頭悪そうな発言をして下さい【軍事板2


651 :大陸打通太郎:02/05/22 23:23
さらにぜいたくを言えば、四式戦疾風もタ弾や三号爆弾よりは、フトン爆弾
ぶちかまし肉弾焦熱近接自爆突撃隊を装備して、空で陸で海でばらまけばよかった。

652 :大陸打通太郎:02/05/23 21:19
零戦や隼は改良の余地無く時代遅れになっただとか、疾風は不良品だっただ
なんてのは、神風特攻隊と大陸打通作戦を無視した、あまりに一面的な評価だ。
大陸打通作戦のおかげで中国の強欲で動物的な要求が打ち砕かれたのだし、
神風特攻隊のおかげでポツダム宣言を引き出すことができたのだ。

653 :大陸打通太郎:02/05/23 21:30
爆装零戦52型は神風特攻で米海軍主力を沖縄に釘づけにしたし、大陸打通
作戦は比島を含む陸軍航空隊が敵空軍の来週を食い止めてくれたおかげだ。

654 :名無し三等兵:02/05/23 23:18
DE HAVILLAND DH98 MOSQUITO FB Mk Y HX922
マンセー

655 :名無し三等兵:02/05/23 23:43
マリアナ沖海戦で「七面鳥狩り」と揶揄されてしまった6月19日の戦闘の
内訳は米軍発表によるとF6Fの戦果は、「パイロット14名損失」に対し
「日本機371機撃墜」だそうです。(キルレシオは26.5対1)

しかし、この日の日本側の未帰還機は実際は176機です。
(全ての飛行機がF6Fによる撃墜だとしても、12.6対1)

さらにその中で対戦闘機戦が任務だった零戦の未帰還機は52機です。
(これで、対戦闘機戦は3.7対1)

ここまではそこら辺の本から拾える数字で、零戦対F6Fのキルレシオは
どんなに悪くても4対1程度ですね。
(つづく)


656 :名無し三等兵:02/05/23 23:43
もっと突っ込んで考えて見ましょう。
ここで出てきた損失零戦はあくまでも「未帰還」です。

未帰還の中には対空砲火による損失や途中の事故による損失も当然含まれ
ています。
そこで10機程度がF6Fとは無関係な損失と仮定すると40機で2.6対1です。

また、米軍側被害は「戦死したパイロット」の数であり撃墜されたF6Fの数
ではありません。F6Fにとっては自らの艦隊上空での戦闘ですから脱出や不
時着後救出されたパイロットも少なくないでしょう。
例えばF6Fの20機程度が撃墜されたとして、救助されたパイロットが6名で、
戦死したパイロットが14名だとすると、被撃墜比率は2対1です。

実際はF6Fの強力な防弾や、近くに見方の艦隊がいたことを考えるともっと
多くのF6Fパイロットが撃墜され救助されたと見るのが妥当ではないでしょ
うか?
「逆に被撃墜F6Fの全てが零戦に落とされたわけではない」との突っ込みも
ありそうですが、F6Fは故障も少なそうですし、零戦以外でF6Fを撃墜できた
モノって6月19日の戦闘ではそんなになさそうですよね。
(つづく)

657 :名無し三等兵:02/05/23 23:44
まぁ多少F6F有利に考察したとはいえ、対戦闘機戦に限っても約2対1のキル
レシオですから「零戦ボロ負け」といわれてもしょうがないですね。

しかし、F6F側は練度の高い搭乗員が強靭な防弾装備に守られて数を頼みに
レーダ管制に導かれて有利な体制で編隊空戦を挑んできた事を考えると・・・・
そして、零戦側は練度が低く防御が弱く被弾して帰還不能と思うと自爆の道
を選ぶ搭乗員であった事も考慮すると、2対1はきわめて妥当な比率ではない
でしょうか?(というか、零戦かなり善戦?)

シロートの浅はかな考察ですから、突込みどころはいくらでもあるでしょう
が、少なくとも米軍発表の圧倒的な比率は「マリアナの七面鳥」ですら考え
にくいと言う事で。


658 :名無し三等兵:02/05/23 23:56
DE HAVILLAND DH98 MOSQUITO FB Mk Y HX922
マンセー

659 :名無し三等兵:02/05/24 00:19
DE HAVILLAND DH98 MOSQUITO FB Mk Y HX922
マンセー

660 :名無し三等兵:02/05/24 03:32
モスキートの中でもその型に限定するのは何故?

661 :名無し三等兵:02/05/24 10:15
>>655-666
戦果については万国共通で重複を生じやすく特に航空戦では対空砲火も
含めた共同撃墜で3倍以上の水増しは珍しくない。また損害についても
>>639のように自然損耗も多いから戦闘損失だけでは何ともいえない。

航空戦力の価値は、撃墜被撃墜のキルレシオよりも、出撃状況(ソーティ数)
が重要だと思う。航空機は前線に出撃して飛び回っているだけで敵の脅威となる。
一式陸攻のような撃たれ弱いものは前線に数回出撃したらすぐに枯渇してしまう。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)