5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここがヘンだよ「司馬遼太郎」軍事編

1 :名無し三等兵 :02/05/17 18:57
アノネ。根本的な所からおかしいですヨ。
ベナンではネ、戦争が上手な人が英雄なんて考えラレナイヨ。
オカシイよ。司馬は。
テリーうるさい!!!だまれ!!!

2 :名無し三等兵:02/05/17 18:57
ロジェストキン召還スレ・・・

3 :名無し三等兵:02/05/17 18:58
2げっとずざー。

4 :名無し三等兵:02/05/17 18:59
[ベナン」て、何?

5 :名無し三等兵:02/05/17 19:01
越南がなまったのれす

6 :名無し三等兵:02/05/17 19:03
テリーのアフォが自衛隊に続いて警察をおちょくる本を出したらしいな。
北鮮や学会や共産党で止めときゃ良いのに。

7 :ラモス:02/05/17 19:04
正々堂々とぶつかっていこうよ。
こっちには攻城砲あるんよ。有利よ。
きっといい結果でるよ。


8 :名無し三等兵:02/05/17 19:06
あのケビンクローンとか言うアメリカ代表の日本人どうした?

9 :ケビン:02/05/17 19:14
司馬はね。思い上がってるんだよ!
あの戦争はぁ〜イギリスと、そしてアメリカが助けてやったから、
実質的な引き分けまで持っていけたんだよ!
それをぉ、児玉だの、東郷だの、秋山だの、そんなヤツラの功績を上げてどうすんの?
アメリカだよアメリカ!!!
アメリカが仲介しなかったら、今ごろ日本は社会党や共産党が支配している三流国になってんだよ!!
それに比べたら、上記の三人なんてクソみたいなもんだよ。
そこを司馬は分かってないの。
だから今の日本はダメなんだよ!!!!

ゾマホンはもっと勉強してから発言しろ!

10 :名無し三等兵:02/05/17 19:24
伊知地参謀長の子孫です。
司馬遼太郎を名誉毀損で訴えます。
損害賠償は司馬の子孫に請求します。

11 :名無し三等兵:02/05/17 19:26
このスレは「お笑い 日本の防衛戦略」をコキおろすスレになりますた。
まずは90式の方向指示器批判から。

12 :名無し三等兵:02/05/17 19:31
>>10
司馬はそんな故人の名誉なんてのは無視します。
道端のウンコのごとく。

13 :名無し三等兵:02/05/17 19:44
読んでてオカシイと思ったのは、確かに英雄を持ち上げすぎって所だな。
秋山の兄の方だったか、名前忘れたけど、戦場で酒のんでるエピソードが
あったけど、てっきり司馬は「とんでもない愚かな行動」とかいつもの調子で
批判するかと思ったら、特に何もなし。
おそらく伊知地とかが同じ行動をしたら、ムネオに対する世論のように攻撃する
だろうなぁと思った。
人物に対して平等に描かれていないのが残念だった。

14 :名無し三等兵:02/05/17 19:46
そりゃぁ自分の元上官を
物語のためにでっち上げで悪人にしたりする人だから

15 :名無し三等兵:02/05/17 19:50
ノンフィクションの体験談の様なフィクションを書いたんですね。

16 :名無し三等兵:02/05/17 20:03
>>15
うまい表現だね。
だから司馬の作品を小説とは受け取らない一般人が多い。
すべてマジ話だと思っている。

17 :名無し三等兵:02/05/17 20:06
あの一式中戦車の装甲板を削ったって話は?

わざと軟鉄使ってたのにって話。

18 :伊知地参謀長:02/05/17 20:06
>>7
>正々堂々とぶつかっていこうよ。

ぶつかっていきましたが、結果は散々でした。
おかげで司馬に無茶苦茶に言われています。

19 :名無し三等兵:02/05/17 20:07
太郎板に逝け

20 :名無し三等兵:02/05/17 20:16
ここがヘンだよ「司馬遼太郎」

・実際にあった戦争なのに、あたかも架空戦記の作者のようにやりたい放題である。

21 :名無し三等兵:02/05/17 21:30
>>17
それ司馬と関係あるのか?

22 :名無し三等兵:02/05/17 21:41
たぶん97式中戦車と3式中戦車のヤスリの話だと思います

23 :名無し三等兵:02/05/17 21:42
>>21
チハは削れなかったのに一式は削れたって話だろ

24 :名無し三等兵:02/05/17 21:43
雑想ノートによれば、さらにどんでん返しがあるそうだが。

25 :名無し三等兵:02/05/19 20:00
>>24
どんなんだっけ??
雑想ノート自体、作者が「実話っぽいホラ話である。」て書いてる分、
いかにもしたり顔で、ホラ話を書いた司馬遼太郎より漢気あるよね!


26 :名無し三等兵:02/05/20 18:23
>>25
司馬遼太郎が
「日本にはもう装甲板も作れない、単なる鉄で造った戦車で云々」
って言ったら装甲板の研究してた人が
「3式戦車の様に装甲の厚い戦車は
   焼きを入れずに柔らかい状態の方が耐弾性能は良いんだ」
って反論したのよ
そしたら3式戦車造ってた工場の人が
「装甲板は無くて鉄しか回ってきませんでした…」

27 :24:02/05/20 19:01
>>26
有難う!!


28 :名無し三等兵:02/05/21 22:30
雑草ノートの詳細キボンヌ 司馬が書いたの?
検索しても見つからず

29 :名無し三等兵:02/05/21 22:54
>・実際にあった戦争なのに、あたかも架空戦記の作者
>のようにやりたい放題である。

 太平記の昔からそういうもんである。

>司馬はそんな故人の名誉なんてのは無視します。
>道端のウンコのごとく。

 小説の登場人物ってのは歴史上の人物と同じ名前であっても
、作者の創作で現実には存在しない人。

 小説で「歴史を勉強」なんて奴は馬鹿。仮想戦記でも歴史小
説でもソレは一緒。

30 :名無し三等兵:02/05/21 23:07
>26

 そんなもん、焼きの入りやすい炭素鋼を溶接したら
、溶接部に焼きが回っちまうじゃないか。

31 :名無し三等兵:02/05/22 15:57
>>26
確かそんなオチだよな。
そんな馬鹿な事はない!って言い張る奴も絶えないが。
意地張るなよ。当時の戦争産業は末期的だったんだから。

32 :名無し三等兵:02/05/22 16:04
あえて弁護すれば
初期の3式戦車にはちゃんと装甲板が使用されていたけど
生産ラインに乗る頃には普通の鉄だった
って事だろうな

33 :名無し三等兵:02/05/22 16:07
>>26
!!
雑草ノート初版には最後のオチは載って無かったよ…

34 :名無し三等兵:02/05/22 16:16
けど、まぁ、あのヒトが戦車兵だったのは事実だからね。
兵隊だったときから日本の戦車に対しての疑問を実感してたんだろね。

35 :名無し三等兵:02/05/22 16:19
雑草ノートと飛行艇時代を一緒にした奴
富岡吉勝との対談で載ってる

36 :名無し三等兵:02/05/22 18:50
>>29
>小説の登場人物ってのは歴史上の人物と同じ名前であっても
>、作者の創作で現実には存在しない人。
そりゃちょっと大分無理があるんでないかい?
普通の歴史小説家の書き方ならまだしも、あの人の書き方はドキュメンタリー風の味付けだから。

> 小説で「歴史を勉強」なんて奴は馬鹿。仮想戦記でも歴史小
>説でもソレは一緒。
それを司馬小説の巻頭にでも記してもらいたいよね。
「この内容はあくまでもフィクションである。全て真実ではない。」と。
まぁ、馬鹿とは言わないが、歴史に興味を持つきっかけとなれば良し。

37 :名無し三等兵:02/05/22 22:55
彼のエッセイを読むとノモンハンではクルスク並の大戦車戦が繰り広げられ
日本軍船車、特にチハ車、が一方的に虐殺された印象を持ってしまう。

38 :名無し三等兵:02/05/23 18:43
>>37
それは真実ではないのか?

39 :名無し三等兵:02/05/23 18:52
>38
チハ車投入は4両だが何か?

40 :名無し三等兵:02/05/23 19:08
なぜこう、同じたたきを繰り返すのか?

41 :ネタスレはsage進行で:02/05/23 19:18
小林よしのりが司馬批判をしたから

42 :名無し三等兵:02/05/23 19:23
所詮ウソっぱちの小説なんだから、
よしのりもウソに対して批判しなくてもいいのにね。
プロレスがヤラセだ!と批判してるようなもんよ。

43 :名無し三等兵:02/05/23 23:00
問題は彼の場合後期になればなるほど小説とエッセイの区別があいまい
になり、そのぶん誤断を引き起こしかねないこと。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)