5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆ザッツ空挺!!☆★

1 :北海道フリーメーソン協会:02/05/18 16:35
地上戦の花形空挺部隊・作戦について語ってくれ。
スコルツェニーからパレンバン、最近はアフガン戦闘、そして
空挺部隊はどこにいくのか!

ところでトロイの木馬(ギリシャ神話のほうね)って、
用途的に空挺作戦?ラペリングして敵地に潜入、支援してるし。

2 :海の人●海の砒素:02/05/18 16:37
 直接空挺じゃないような気もするんだけど、どうしてマーケットガーデンの
ガーデンの方をモントゴメリーにやらせたんだろう。
 米英軍のメンツの問題というのは判るんだけど、モントゴメリーにやらせると
決した時点で、すでにマーケットガーデンの惨敗は決まったようなもんだった
と思うのだが・・・。


3 :北海道フリーメーソン協会:02/05/19 14:09
>>2
いや、充分範疇だとおもうよ。
てか空挺みたいなのに皆憧れるのかねぇ、
アントノフみたいな大型輸送機に小型戦車のせて”空挺戦車”だもん。
曖昧というか、じゃヘリボーンも空挺なのか?みたいなさ。
そういえば幼少のころ図書館でパレンバン降下作戦を描いた、なんかこう、
はれやかな晴天さなか、草原に拳銃を構えた降下したばかりの日本兵、背景には
空一面にタンポポの綿毛みたいに一杯広がるパラシュート、な絵をみたのが
軍事に興味しめしたきっかけだった気がする。
そのくらい判り易くてかこよかったんだろうね、空挺って。


4 :海の人●海の砒素:02/05/19 14:36
>3
 その絵って、確か江田島の参考館にオリジナルがありまっせ。

 やっぱ「空の神兵」ちゅうくらいで、飛行機より一躍、躍進して敵中に
飛び込むというコンセプトにしびれるのでは(笑)
 物語方面で(想像の)特殊部隊が大活躍するのと一緒で。

 軍事的に見れば単なる軽歩兵で火力不足なんで、コンセプトは
空中機動歩兵に移り変わってくんでしょね〜
 これなら、乗ってきたヘリをそのまま火力支援に使えば一石二鳥
ですし:-p


5 :名無し三等兵:02/05/19 14:53
何とかの神兵って絵を描いたのは あなたですか?

初期の落下傘部隊より、四式担いでいた時のほうが好き

6 :名無し三等兵:02/05/19 20:55
空挺というと、まず落下傘部隊が思いつくが、
確かPANZERだったかの空挺特集の記事では、
空から前線に兵員を投入する戦術の総称となっていた。
で、一度に大量の兵員物資を投入するには、通常の歩兵や車両を輸送機で送るのが最適なのだが、
その為には目的地に飛行場があるのが大前提となり、また飛行場は大概堅固に武装されているので、
場合により、グライダーの使用、更には落下傘降下といった方法を選択することとなる。
落下傘降下は、他に選択肢がない場合の最終手段みたいな感じか。

7 :SL:02/05/19 21:11
>>2
モンティーが元帥だったからアイクも折れざるを得なかったのでは?
ps リアリティーを追求しすぎて兵隊に・・・のくだりにはうけました(笑)

8 :海の人●海の砒素:02/05/19 21:15
>7
 あう、そもそも、そういう成り行きでしたね、失念してましたです。
 HJのアルンヘム強襲を掘り出してこよう_(__;)_ばったり

>6
 それにしても「Airborne」を「空挺」と翻訳したセンスは素晴らしいですよね。


9 :海の人●海の砒素:02/05/19 21:18
>5
 わしちゃいますがな(笑)
 江田島の参考館は、是非一度行ってみてくらさい、印象深いですよ:-)

10 :北海道フリーメーソン協会:02/05/20 13:14
ベトナムとかで活躍した空中機動部隊なんかで空挺とかとの
境界線があいまいになったというか・・・
白昼堂々とやるよか夜間などの特殊任務がメインになってきて、
特殊部隊への人材派遣(少なくとも自衛隊とかはそうなのではないだろうか?)
専門の・・・
対テロ・ゲリラ戦みたいなのが主要任務になってるという印象を持ちます

11 :名無し三等兵:02/05/20 22:55
義烈空挺隊。
敵飛行場へ重爆で強行着陸、戦闘ってすごい。

12 :名無し三等兵:02/05/20 22:58
クレタ島降下作戦が印象に残ります。

13 :ちゃぎ:02/05/20 23:08
ノルマンディーのアレを語るのは、ありきたりですかね?
空挺作戦というと、パレンバンの次に思い出してしまいます。

>>11
そういえば、零戦11型も中国(大平寺飛行場?)へ強行着陸して戦闘
した、という話もありましたね。
#このときは「地上戦闘」における戦果は、それほどなかったようですが。

14 :名無し三等兵:02/05/20 23:18
泣く子も黙る習志野空挺団
男の中の男
現役よ、誰かカキコしてくれ
もう就寝中か

15 :名無し三等兵:02/05/20 23:19
国防挺身隊ですが
何か質問は?

16 :名無し三等兵:02/05/21 13:51
沖縄の読谷ではたびたび訓練が行われているけど、そこって海の間近なんだよね。
吹き流されて海に落ちた場合、間髪入れずに救助できるようになっているのかな?

17 :名無し三等兵:02/05/22 23:08
>>2
モンティーにやらせたんじゃ無くて、モンティーの発案でしょ。
アイクは反対だったが、モンティーがあまりにもしつこいので、しぶしぶ
了承したんじゃなかったけ?
だから、ガーデン作戦にはアメリカ軍を参加させなかった。


18 :北海道フリーメーソン協会:02/05/23 12:06
地中海で確かギリシャとトルコがどっかの島を巡って攻防してたとき(ロードス島ではないです)
パラシュート部隊がでてきていたな。
あとフォークランド紛争!

19 :名無し三等兵:02/05/23 12:16
ドイツのヴィーゼルって海外輸出とかされてないんですか?
そしてそれが空挺実戦経験した記録とかはあるんでしょうか?


20 :フロスト:02/05/23 12:33
>17
単に管轄の問題じゃなかったんですかね。

21 :名無し三等兵:02/05/23 16:44
空挺部隊について詳しいページ↓
http://web.archive.org/web/19981203035946/ac3.aimcom.co.jp/~mascomix/special/ranger-us.html

22 :名無し三等兵:02/05/23 16:52
ザッツ空挺ってなんか楽しそうなスレタイですね
ザッツエンターテインメントみたい

23 :フロスト:02/05/23 17:14
>>17
それにしても、ボルトアクションのエンフィールドで
よくまあドイツ軍の自動火器に対抗できたな、と思いますね。
ブレンだって分隊で1丁程度…。
せめて空挺部隊用にでも自動火器を開発できなかったんですかね。

24 :名無し三等兵:02/05/23 21:30
>>20
モンティーはアイクの部下なので管轄ではないでしょう。
ハヤカワ文庫から出版されている、コーネリアス・ライアン著の
「遥かなる橋」に作戦を実施した経緯が書かれています。
>>23
英第一空挺師団が担当したアルンヘム戦区は、独SS第2装甲軍団や
ケーニヒスティーガーを装備したクナウストカンプグルッペがいたから
自動火器より対戦車火器の方が必要だったでしょう。

25 :フロスト:02/05/24 09:24
>>24
もちろんおっしゃる通りです。PIATなんてね…。(『遠すぎた橋』で
PIAT発射シーンがあったけど、あれってリアル? まじで曲射して
手前に落っこちてましたね)
それはそうと、MP44やMG42にEnfieldやBrenで対抗できたのかってことです。
それに、対戦車砲としても6ポンド砲くらいでは…。
精鋭精強の空挺部隊に、時代遅れの火器類。三八式と同じ。
どうもギャップが…。

26 :つげ義春:02/05/24 13:41
PIATってねじ式・・・・いやバネ式(スプリング)発射いう噂は本当ですか

27 :名無し三等兵:02/05/24 13:45
>26
私はゴムパチンコ式と記憶していますが?
初めて書籍で読んだ時(タクティクスだったっけか)笑いました。

28 :名無し三等兵:02/05/24 13:50
あの弾道を映画で見たとき、わたしも愕然としました。
いや、おそらくゴムパチンコ方式では弓を引く労力を考えると
どうなんでしょうね?

空挺用にネジ式でスプリングにおしつけ一挙に抗力を解放し、
弾頭をとばすと妄想してます

29 :名無し三等兵:02/05/24 13:56
http://www02.so-net.ne.jp/~muraji/gunji/grand98-3.htm
↑ここを見ると、スプリング方式のようですね。

30 :名無し三等兵:02/05/24 14:01
高千穂空挺隊に志願したい

31 :Mk-46:02/05/24 14:20
>>24
でもまあ、作戦開始当初の第U装甲軍団の装甲戦力もかなり矮小だったなあ。
もちろん時間の経過と共に戦力を回復してくるわけだが。

休養・補充の最中にあの作戦は起きてしまったのだが、
ーこれはU装甲軍団に限らず、西部戦線全般でドイツ軍は
ノルマンディー以来の傷をなめて、戦力回復をはかっていたわけだけれどー
随分と急速に戦力を回復できたものだなあ。
このあたりは独軍の底力といったところかな。

むろんドイツ本国に近かったことが、良かったのだろうが、
もう少し回復・増援が遅れていたら、独軍の勝利もかなり怪しかったのかもしれないなあ。
(チト空挺贔屓で申し訳ない)
もし史上最大の空挺作戦が勝利に終わっていたら、
第二次世界大戦の結末も、戦後空挺の展開も、
若干変わっていただろうか?
ナイフのような突進がルールをへてベルリンへ・・・・。
(いやいや『補給戦』でも読んでアタマを冷やさなければ)

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)