5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文章能力の向上にむけて

1 :三島:01/10/01 00:59
 文章能力の向上に向けてどのような訓練をするべきか
みなさんの知恵をお借りしたいと思います

2 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 00:59
わーい。今日の駄スレは三島か。

3 :名無しさん:01/10/01 01:12
模写模写

4 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:13
1よ、とりあえず2に反論してみろ

5 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:14
1よ、続いて3に反論してみろ

6 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:16
わーい、>1が不在だー。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:23
模写でしょ模写。

8 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:27
1よ、とりあえず6に反論してみろ

9 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:27
1よ、続いて7に反論してみろ

10 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:28
1よ、続いて15に反論してみろ

11 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:35
 何を書きたいかで変わると思う。

12 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:36
脊髄反射ではない面白いレスを書けるように訓練してくれ。
そして楽しませてくれ。

13 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:39
あ、なんか叩かれるネタ考えて、いちいちレスつけてみ。
凹むだろうけど、それがだいじ。

14 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:40

純文云々
コテハン云々
リアル厨房云々
学歴云々
ワナビー云々
過疎云々


これらのネタは禁じ手な。飽きたから。

15 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:42
1よ、とにかく上記のレスに反論してみろ

16 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:46
だれか1を騙れ。

17 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:48
>1です。創作板で一番の駄スレを目指してどのようなレスをするべきか
みなさんの知恵をお借りしたいと思います

18 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:52
純文なんてクソ!
コテハンウゼーヨ
リアル厨房イッテヨシ!
学歴ないやつは何やってもダメ!
ワナビーだろどうせ此処のやつは
過疎板だから統合しちゃえば?






なんて事を禁じ手にするそうな。がんばれ!

19 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 01:56

あ、ライト叩き、二次創作叩きも禁止です。

20 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:00
>1です。>2に反論します。

このスレは今日も明日も明後日も駄スレです。
永遠に駄スレです。

21 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:08
「コテハンうぜーよ」じゃなくって

「猫うぜーよ」「熊うぜーよ」とかでスレたてて。
で1には、「そう思いません?」とかだけで、
いきなり2から別人の振りして、
「猫くんはよー」とか「吼えクマがよー」とかやりはじめんの。

賛同者もいるだろーし、そーじゃない人もいるだろーし、
けっこう文章書く修行にはなんでねーの?

22 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:09
つまり文章修行は自作自演からはじめろということか。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:11
1よ、私がこれほど反論しろと口を酸っぱくしているのに
    これはいったい、なんてザマだ?!

24 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:12
>1です。至らなくて申し訳ございませんご主人様。

25 :23:01/10/01 02:13
>>24
騙るならもっと毒をもって反論して来い!
やり直しだ!

26 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:14
>1です。
>23さん、お口臭いです。
ポリデントしてください。

27 :23:01/10/01 02:17
>>26
ポリデントはしておるわ
それに私の口は臭くない
戯けめ!出直して来い!

28 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:19
>1です。ボケると嗅覚が鈍るようです。お気の毒です。

29 :23:01/10/01 02:21
>>28
私はボケてない
やり直しだ!

30 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:26
>1です。正直、疲れてます。
まだ何も面白い発言もできていないうちから疲れきっています。
25メートルプールを何往復もしたかのような疲れ方です。
>23さんには何度も夕飯を出したのに、まだ食べていないと言っています。
オムツもそろそろかえないと。
こんな生活、疲れます。

31 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:28
そこに秘訣があるのじゃ>>30

32 :23:01/10/01 02:29
>>30
ごちゃごちゃ言わんと私のメシ作れヴォケ!

33 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:32

>1です。>23さんは固いものが噛めないので、いつもうどんかお粥です。
僕もうどんかお粥ばかり食べています。
僕の分だけ別のメニューを作るのは手間がかかるからです。
いつも梅干しでお粥を食べてます。
梅干しを見ると、唾液が出ますよね?
その唾液の量がどんどん増えてるんです。気持ち悪いです。

>32
ごめんなさい。すぐ作ります。

34 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:33
唾液のぶん、おかゆにふる塩を減らすんじゃ。
これ創作文芸の基本。

35 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:36
>1です。
僕は>34さんのお世話もしないといけないんでしょうか?
>31=>34さんなんでしょうか。
それともここにはお年寄りしか来ないのでしょうか。
僕が全員分のうどんを茹でるのでしょうか。
具は葱しかないというのに。

スレを維持するのって、とても大変なのですね。

36 :23:01/10/01 02:37
>33 そうだ唾液だ、自分自身から涌き出るもの、そうだ唾液だ

>34 含蓄のある意見だ

37 :31=34:01/10/01 02:38
めしはまだかー

つってもう寝るし。

38 :23:01/10/01 02:39
>35
よしよし、その調子だ
今度は効率の良いうどんの作り方をでっち上げてみろ

39 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:41
>38
かなり熱くした油に
30秒くらい茹でたうどんを入れる

40 :某コテハン:01/10/01 02:42
ごめんなさい、ネタでした

41 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:42
どんなスレかと思ったら、老人ホームだったよ。ウツダ

42 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:42
>1です。
僕は>31=>34さんは、寝ていないのではなくて、
今起きたのだと思っていました。
夜更かしのお年寄り、カコイイです。

僕が思うに、大きな鍋でたくさんのうどんを茹でるのは難しい。
たくさんのうどんをたくさんの器に盛るのは面倒だから。
だからたくさんの小さな鍋で少しずつのうどんを時間差で茹でるのです。
「一人流れ作業」を行うのです。
葱だけは一度にたくさん刻んでおきます。

43 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:44
>42
冷凍の讃岐うどんなら、1人前1分だ!

44 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:44
>1です。>41さん、ごめんなさい。
鬱なスレを上げつづけていた僕を許してください。
介護にお休みはありません。
僕は24時間鬱です。

45 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:48
>43さん、僕は生麺が好きなんです。ごめんなさい。
っていうか、そろそろ皆さん、飽きて寝る頃ですよね。
お休みなさいと言っておきます。

46 :23:01/10/01 02:53
>39 42

ダメだダメだ! そんな事じゃプロにはなれんぞ!

もっと、こう時空を超えたウドンって感じの
>43
ここでマジレス厳禁だ

>44
アリキタリ そんな事じゃ直木賞は100万年たったも無理だ

47 :23:01/10/01 02:55
諸君45が寝た たった今寝た

この間に文章能力を高めよう
人が寝てる間も修行しよう

45は、もはやライバルではない

48 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:56
>1です。あら。まだ寝ていないのですか。
仕方ないですね。昼間もずっと寝ているからね。
徘徊されると厄介なんですけどね。

ぶっちゃけ、>23さんは元プロです。
ボケてから書けなくなったのです。
完全にボケてはいないので、たまにいいこと言います。

49 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:56
そいじゃ
あんたの血と脳味噌をミキサーにかけて
その液体で煮たうどんってのはどうだ!

50 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 02:58
>1です。
僕が思うに、うどんは長い。
あなたがたが思っているよりも長い。
僕らの大腸よりも遥かに長い。
DNAよりはやや短い。

うどんの端が時空を超えたとしても、反対の側はまだ超えていない。
時空をまたいでしまうのです。
僕はうどんを茹でるときは、いつも宇宙服を着ています。

51 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:04
>50
切ってからゆでたら?

52 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:04
>1です。

>23さんにはヒミツの話をしたいと思います。
このまま>23さんのごはんを作ったり、オムツをかえたり、
話相手になったり、飼い猫のノミを取ったりしつづけていたら、
僕はいつまでたっても駄文しか書けないでしょう。
文章能力を上げる訓練をする時間がとれないのですから!

だから今度うどんを茹でたとき、
>23さんを時空の狭間につき落としてしまおうと思うのです。
完全犯罪です。
茹で終わったら食べてしまえばいいのですから。
>23さんのレスがつかなくなったら、成功したと思ってください。

例え>23さんがこのレスに気づいたとしても、
ボケているのですぐに忘れてくれるでしょう。

53 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:05
>51
完全犯罪のために、長いまま茹でるのです。

54 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:07
>46
この3次元空間の要素である第1軸、第2軸、第3軸の内
ブラックホールにより第1軸と第2軸の位相をずらし統合、
3つ目の軸に超重力場による第4軸を仮定して、茹でるうどんと言うのはどうだ?
現在の重力の存在を仮定する理論ならば、
通常空間にも体現されない第4軸があるはずなんだ!

55 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:07
だいたい、時空の狭間に落とせば完全犯罪っていう強引な理論はどこから涌いて出てくるのよ?
簡潔に説明しなちゃい。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:08
>55
誰へのレスだろ?

57 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:09
>56

>52だろ。

58 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:10
>1です。
>55さん、僕的には永遠にドラえもんのポケットに
閉じ込めるようなものだと思っています。

59 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:11
>57
本当だ
安い酒でやけ酒やってたから見落としてた

60 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:13
>58
ドラえもんのポケットに閉じ込めるようなものってのはどんな状態なのよ?
具体的に説明しなちゃい。

61 :23:01/10/01 03:15
>49
これは、厨房の典型的なものだな
>54
そうだ、良いぞ、今後のしつこいペダントリーを予感させてくれる
他の諸君も良いぞ 頑張ってくれ 健闘を祈る!

62 :23:01/10/01 03:17
55=60
君は野暮だな、ナンセンスというものが解からんのか?

63 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:18
>62
ナンセンスってのはいったいなによ?
わかりやすく説明しなちゃい。

64 :23:01/10/01 03:19
>63
うるせーバカ

65 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:22
ナンセンスっなんでんす?

66 :65:01/10/01 03:23
ああ、俺を馬鹿にした視線が見える

67 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:29
>1です。
>65さん、ごめんなさい。正直、バカにしてしまいました。

>55さん、僕は少し考えなおしました。
>23さんを時空の狭間に突き落とすのではなく、
僕自身が飛び込むことにします。

いつかドラえもんが、
「チャラララ 駄スレを立てたいち〜」とあのダミ声で言いながら、
僕を四次元ポケットの中からつかみ出すでしょう。
僕は三次元から四次元、四次元から二次元へと居場所を変えるのです。
そしてのび太からしずかちゃんを奪います。
ジャイアンのリサイタルを断固阻止します。
スネオとは仲良くします。

68 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:32
>67は>64の反応が怖かったのかな。
だから突き落とすのをやめたのかな。
どうなのかな。

69 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:34
>1=>67です。
>23さんは怖くありません。気のよい人です。
ちょっとボケてるだけです。

僕がイヤなのは、僕自身の日常なんです。
僕自身を変えるために、新天地を目指したいのです。

ドラえもんに伝言がある人は、いまのうちに言ってください。

70 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:35
>68
違います
四次元ポケットの中には地上では
再現不可能なほどすごい楽園がある事に気づいてしまったのです

71 :23:01/10/01 03:39
>67 がんばったな その調子で捏造してくれ

>68
諸君64のようなことは
私は厨房にしか言わんから思う存分に書いてくれ!

72 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:40
>1です。
僕が時空の向こう側に消えてしまう前に、
みなさんに伝えておかなければいけないことが一つあります。

それは>23さんがいかに偉大な文豪であったか、ということです。
彼は実践的な作家です。実体験のみを書くのです。
体験したことを書くのではなく、書くために体験するのです。
だからそのうち、ボケ老人が主人公の長編を書き上げると思います。

僕はもう読めないかもしれないけど。残念です。

73 :23:01/10/01 03:41
>70
楽園だと? 

74 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:44
>73
筆舌しがたい至福がある楽園ですよ
俺もたまにあそこに行きます
一度あそこにたどり着くと出入りは簡単なもので

75 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:46
>1です。
>74さん、師匠と呼ばせてください。
パシリになります。

76 :74:01/10/01 03:47
気ままにいきたいので嫌です

77 :23:01/10/01 03:52
>>72 そうだ!メタ方向にも逝ってみろ

>75 君は中々、噴飯モノの気質がある 中々な

諸君!時空を超えるのは良い、
いくら超えてもいっこうに差し支えない
私を時空の狭間に何回落っことしても構わない。

しかし、私のウドンは何時になったら出来るのだ!?
腹が減って死にそうだ

78 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 03:57
>77
うどんならおれのサナエちゃんを提供してやってもいいぞ。

79 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:01
>1です。
これからうどんを茹でます。最後のうどんになるでしょう。

老いた文豪>23さんと過ごした日々、苦労もあったけど楽しかった。
楽園トラベラーの>74さんとの出会いも深く心に残っています。

僕が時空を自在に越えられるようになったら、
またここにやってきて、みなさんとお話ししたいと思います。
多分、そう遠い日ではありません。そう、明日にでも!

正直、良スレになってしまったと思います。駄スレを目指していたのに。
このまま続いてくれることを祈りつつ、最後のうどんを茹でます。

さようなら。
そしてありがとう。

80 :23:01/10/01 04:02
>78 ん? よし!じゃ提供してみてくれ、すぐにだ!

81 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:09
>80
気持ちよくサナエちゃんが応じてくれるかわからないが、やってみるよ。
さっきから尻の穴が痒くてたまらなかった。これでようやくさっぱりできるよ。
パンツを脱いで、それ。にゅるにゅるにゅる。6メートルくらいあるから、
みんなで分けて召し上がれ。長いつきあいの娘だったから大事に食べてくれよ。

82 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:10
>20=>24=>26=>28=>30=>33=>35=
>42=>45=>48=>50=>52=>53=>58=>67=>69=>72=>75=>79

はい、同じ人でした。また遊んでくださいね。
夜更かししちゃったよ。
ありがとう>23さん!

83 :23:01/10/01 04:14
>>79
ウム。。 エンディングの定石フレーズが、もう出てしまったか・・

>僕が時空を自在に越えられるようになったら、
>またここにやってきて、みなさんとお話ししたいと思います。
>多分、そう遠い日ではありません。そう、明日にでも!

そうだな、未来に向かって邁進してくれ!!!
そして、ときどき皆と私の事のことを思い出しておくれ
また何時か会おうじゃないか! その時はウドン作っておくれな

達者でな ありがとう

84 :23:01/10/01 04:30
>81
食べる前に聞いておく サナエちゃんの苗字は真田でよろしいな?
>82
こちらこそ、是非お手合わせ願いたい
よい子だった (落涙

85 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:33
けっきょく今日もサナエちゃんの引き取り手はいなかったか。
仕方ない。もうしばらく一緒に暮らすとするか。よかったな、サナエ。
それではお戻り。
えっ、誰か呼んでるぞ。もしかしたら…。

86 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:42
気のせいだったか。さあ、お戻り。
明日は旅に出よう。
おまえにもすばらしい世界を見せてあげるよ。真田サナエ。
一緒に暮らそう。

87 :23:01/10/01 04:46
>86
早合点するな!
私は真田サナエを食わんとは一言も発していない!

88 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:53
サナエどうする。おまえを望んでくれているお方がおられるぞ。
わしはおまえの気持ちに任せる。行くもよし、戻るもよし。
ちと恥ずかしいが、尻をあのお方に向けるぞよ。

89 :23:01/10/01 04:57
>88
それでは私はお前のアナルに口付けだ
ドッキングかましてよかですか?

90 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 04:58
よかよか。でも優しくしてね。

91 :23:01/10/01 05:04
ドッキング完了→吸引中→真田サナエにアクセス出来ました→
 ダウンロード開始

92 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 05:08
あん。ああん。あんあん。あん。いいー。いい、いい、いくー。いい。いい。
サナエ、サナエ、サナエー。幸せになれよお。おお、わしは逝くぞ〜。

93 :名無し物書き@推敲中?:01/10/01 15:12
ダウンロード終了

94 :23:01/10/02 00:28
お腹いっぱい

95 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 00:48
また今日もやるのかね?

96 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:10
とにかく書きまくるしかないのでは?
http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/1750/bekiko.html

97 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:11
>96
このスレでそんなこと言うか

98 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:11
>1からの手紙

(23さん、「文章能力の向上にむけてスレ」のみなさん、こんばんわ。
僕は今、コロスケと一緒にコロッケを食べています。
ドラえもんのポケットの中には入れませんでしたが、
近いところに出現することができました。
初めての飛行にしては上出来だと思います。

ところで、僕の前に23さんの書生をしていた人はどうしているのでしょう。
彼も確か、僕と同じ>1という名前の人でした。
そもそも彼がスレを立てたのですが、すぐに姿を見せなくなりました。
23さんのうどんを作るのが嫌だったのでしょうか。
少し気がかりです)

99 :.:01/10/02 01:13
すいません>>1さん。
私…いえ、このゴミ虫めの言葉使いが気に食わなかったのでございますね?
え、そうじゃない? はっ、とんだ失礼を!
日頃から世の不平に対し……はっ!
すいません>>1様を目の前にし、ついつい浸ってしまって…
でもね、でもホントに腹が立つんです
上司の婉曲的表現による中傷発言、もう嫌になります
実際、嫌になってるんですけどね…
あ、でも仕方ないですよね
所詮ゴミ虫なんですから、こんな私、生きてても意味がない
もう……>>1を殺す以外…ないんですね………

100 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:18
>>98
ああ・・・そうか・・・
>1は23の書生をした者の運命を知らなかったのか・・・
てっきり、知った上で出て行ったのかと思ったのだけど・・・
こんな事なら、足を折ってでも止めておくべきだったな・・・
そうすれば、これから>1があの運命を背負う事もとめられたのに・・・
>1・・・君の手紙もあと何枚かになってしまうのだろうね・・・
君からの手紙はちゃんと保管しておくよ・・・心の中に・・・・・・

101 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:26
>100さん、100ゲットおめでとうです。

僕は今、キテレツのパソコンからアクセスしています。
キテレツは小学生なので、もう寝ています。
考えてみれば、僕は23さんのことをよく知りません。
僕が知っているのは、彼が老いた文豪であることと、
ボケているということくらいです。

僕はどうなってしまうのでしょうか……

102 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:33
それを君に言うわけには行かない
それを知ってしまえば、君の存在は消え去ってしまう
それは、肉体的な消失にとどまらず
全ての人間から忘れられてしまうと言う事であり
過去、現在、未来、全ての事象から抹消されてしまうと言う事なんだ

103 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:35
>102
あぼーんされるってことですか!?

104 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 01:38
>103
そう
それも、>1を構成する全てに向けてのあぼーん
>1の行った事象さえも、あぼーんされるのだから
このスレはなかった事になる

105 :23:01/10/02 02:29
>>98
君の前任者は突如として、何故か量子力学的現実世界の奇妙さに腐心しだし
メゾスコピック系物理学をあの年齢で新規に学習し
その後、食うや食わずの十数年の月日を自ら信じる研究に消費し
そしてついに無限の軌道を超えて、「ある種のウドン」となったと
私は堕罪君から君に伝えておくよう、口を酸っぱくして言ったのだが、
まぁ、良い。
問題はそんな事ではない! 君にはあれほど口角泡を飛ばし
23さん、ではなく23先生、と特に人前では私のことを呼ぶように
注意したのにもう忘れたのか? それも手紙となればナオの事だ!
いつまでたっても、礼儀に欠けるやつだな!

しかし、最近の君の文章には「和み」がある「癒し」もあるかもしれん。
私は成果を感じるのだがどうだ?

それと、他の諸君は あぼーん を恐れるな!
あぼーん を恐れているうちは良いものは書けんぞ!
真にクリエイティブな者は 是即ち あぼーん を意識しないものだ!
あぼーん を意識して自らの想像力と創造力に規制を掛けてはイカンぞ!

106 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 16:14
>105
>君の前任者は突如として、何故か量子力学的現実世界の奇妙さに腐心しだし
>メゾスコピック系物理学をあの年齢で新規に学習し
>その後、食うや食わずの十数年の月日を自ら信じる研究に消費し
>そしてついに無限の軌道を超えて、「ある種のウドン」となったと
>私は堕罪君から君に伝えておくよう、口を酸っぱくして言ったのだが、

コレは偽られた記憶ですよ
あなたはあの時、前任者がどうなったか見てしまった・・・
その為に記憶が歪められてしまったのですよ
「ある種のウドン」・・・
ウドンに成れたなのなら彼も幸せになれたでしょうに・・・
まさか、あんな物になってしまうとは・・・・・・・・・悲惨な出来事です

107 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 22:54
>1からの手紙 その2

(僕は今、ベルリンにいます!
高橋尚子が走ったコースを走ってみようと思います。大丈夫。
監督が「30キロまでなら誰でも走れる」と言っていました。

今思えば僕は、23さんのガードランナーになりたかった。
あなたの創作のサポートをしたかったのです。
だけど僕には、筆力が足りなかった。うどんを作るくらいしかできなかった。
あなたは新作『老人ウドンの宇宙を泳ぐ』の執筆のために、
日々ボケ老人の演技を続けていました。
いつしか演技が本物になり、僕もあなたを先生とは呼ばなくなりました。
だけど僕の勘違いだったのですね。あなたはボケではいなかった!
また先生とお呼びしてもいいのですね)

108 :名無し物書き@推敲中?:01/10/02 23:01
>1からの手紙 その2の2

(僕が先生が本当にボケてしまったと思ったのは、
先生が新作のタイトルを「宇宙」と書いて「ソラ」と読ませようと言い出したときです。
正直、カコワルイと思いました。ごめんなさい。
こんなこと、手紙でないと書けません……

僕は先生の敵も味方も区別せずに切り裂いてしまうような、
鋭い文章にあこがれていました。
だけど今は、僕に書けるものを書こうと思っています。
その心境の変化が、「和み」や「癒し」となって表れているのでしょうか?
成果だと言ってもらえて嬉しいです!

だけど僕は、まだ「あぼーん」を恐れています。
僕が)執筆者として未熟だからでしょう。
遠くベルリンに来てまで、ウドンのことを考えてしまいます。
ウドンには殺気を感じます。
先生もうどんには気をつけて!お粥中心に切り替えてください。
ではでは、また)

109 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 00:36
>>107-108
気をつけろ!
あぼーんはお前のすぐうあぼーん

110 :23:01/10/03 01:43
>>106
君はいったい誰だ?
私の記憶が偽られただと・・・?
しかし、私は彼が「ある種のウドン」になったことを
確かにあの時、私は知覚した! そう!そして私は記憶したのだ!!
 ・・・・・・。
いったいぜんたい君は誰かね ・・
偽られた記憶だと? よくありがちな科白じゃねぇか フフッ
 ・・・・・・。
もしや誰かが
いつのまにか私の脳に不正アクセスしたのかね 君がか・・?
私がショックを受けたように書いているが具体的にはどういうことだ
私という自我は何だ?何者かによって私自身が
改竄されたとでも言うのかね!
私は少々のショックでは、、いや陳腐なことはもう言わん

       積分 ∫  待てよ

{ 彼が「ある種のウドン」に昇華した
(まぁ、これは君が言うには偽られた記憶なのだろうが)
前後から、評論家連中の私に対する賛辞の仕方が変わっていった
ようにも思えるな。 そして、序々に出版社からの
執筆の依頼は減っていった・・・
そして、アルツハイマーとなった私から弟子たちは去って行った。 }

111 :23:01/10/03 01:44
>>107
『老人ウドンの宇宙を泳ぐ』
そうだ!その作品から私はおかしくなってしまったのだ。
人生の歯車のどこかが欠損してしまった!
それまでの私は「文壇の寵児」と呼ばれ
向かう所敵無し!の
超売れっ子の作家であったな・・・・・・。

ところで君はスポーツもやるのか?
そのような風体はしていないが
監督とは小出監督のことか?
アイツからは愛犬家殺しのブリーダーの
ような胡散臭さが漂っているが、
まぁ良い
ベルリンにいるということは、
ムウッ 幼少から音大時代までやっていたという
ヴァイオリンでもまた始めたか

君と初めて会ったのは
「23さん、先生と呼ばせて下さい!!」
と、我が陋屋の門扉の傍らで捨てられた子犬のような
表情で私に纏わりついてきたのが
最初だったな? これは確かな記憶だな?

そのとき君は音楽家になるか作家になるかの
人生の岐路に立っていた・・
そして作家になる方に重心が傾いて
私の所へやって来た。

しかし当時、書生が掃いて捨てる程いた私は
新たに書生を採らなかった。 私は冷たく
その申し出を断った・・・

だが君は、引き下がらず極めてクドカッタ!
今でいうストーカーそのものであった!!

そこで私は「君がそんなに私の弟子になりたかったら
今までの君を殺す」と言ったなー。言ってしまった。
「君の命より大事なヴァイオリンを私の目の前で
叩き壊せ、そしてその残骸を燃やし私に焼き芋を
食わせろ」と・・・

そして、君は私の書生となった。 これは確かか?


112 :23:01/10/03 01:46
>>108

>(僕が先生が本当にボケてしまったと思ったのは、
>先生が新作のタイトルを
>「宇宙」と書いて「ソラ」と読ませようと言い出したときです。
>正直、カコワルイと思いました。ごめんなさい。
>こんなこと、手紙でないと書けません……

ヴァッッッッカモーーーーーーーーン!!!
それは、君は私の大親友であり今なお売れっ子作家の
Kに 「では、K先生、四露死苦お願いします。」
などと、下賎な文字を記した手紙を君は出してしまったからではないか!
私はその後Kと飲みに行った時、散々カラカワレタのだぞ!
 しかもキレイドコロのいる前で、、、、
せっかくキレイドコロからモテかけていたのに。。。。
お前のせいだぞ!  なんだ?なーーんだ{四露死苦}って?!
ヨロシクってことか? 宜しくと書き給え!

その後、「23先生、僕は修行を本気(マジ)でやってます」
てな置き書きを見たぞ
「本気」と書いて「マジ」か・・ フフッ

    〜〜「宇宙」を「ソラ」と読ませよう〜〜
君は私に口答えをするのか ヴァイオリンを燃やしたのを忘れたのか?



113 :何かよ〜わからん人:01/10/03 01:49
『老人ウドンの宇宙を泳ぐ』 ・・・
この作品を製作している時、あなたは旅立った
一瞬の眠りの中、元いた世界から・・・
そして君は、何も違わないこの世界にたどり着いた
失われたこの世界のあなたを補う為に

114 :23:01/10/03 02:00
>113
いいぞ もっと詳細部分をでっち上げろ!

115 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 23:36
1からの手紙 その3

先生、大変です!
実家の母が泣きながら電話してきました。
行方不明になっていた兄が、ニューハーフになってテレビに出ていたそうです。
週末には名古屋に帰ります。
ついでにストイコビッチの引退試合を観てきます。
彼の華麗なプレーも見納めだと思うと寂しいですね。
非凡な僕は、あらゆる分野の天才に憧れてしまうのです。

僕の父は指揮者です。父には天から与えられた絶対音感があった。
それは僕には受け継がれなかったのです。
僕は努力だけで音大を出ました。身についたのは技術だけです。
もちろんそれも容易なことではありませんでした。
しかし技術だけの、華がない演奏など、誰が耳を傾けるでしょうか?
僕は苦悩しましたが、その感情は演奏の糧にはなりませんでした。

そんなときです。先生の『鳴く鳥の調べの淡さよ』を読んだのは。
交通事故をきっかけに声が出なくなった歌手の物語でした。
主人公は歌を捨て、作家になり、自伝を書き上げて世を去ります。
自分には歌しかないと思いこんでいた彼女が、
他にも生きるすべがあると気づく瞬間には感動しました。
僕が作家になりたいと思ったのはこのときです。
それまで小説を書いたことは一度もありませんでした。

116 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 23:45
1からの手紙 その3の2

そんな嘘をついたのは、どうしても先生に近づきたかったからです。
僕は先生の全ての著作を読み、「天才だ!」と思いました。
どの作品を読んでも泣けました。
全ての登場人物に感情移入できました。
演奏に感情を込めることができなかった僕は、
自分が精神的に不感症なのだとまで思いつめていたのです。
僕がストーカーのように先生にまとわりついたのは、
先生のそばにいれば感情が豊かになり、
人の心を打つ演奏ができるようになるかもしれないという望みからでした。
作家になりたい、と思ったのも本当なんです。
僕はとにかく、人の心を揺さぶることのできる人間になりたかった。

だけど先生。
僕が焼いたのはヴァイオリンではありません。
父から譲りうけたたくさんの楽譜です。
先生は言いました。
「君を縛っているのはヴァイオリンではなく、君のお父さんの名声だ」と。
あのときの焼き芋、美味しかったですね。

僕はヴァイオリンを兄さんに預けておいたのですが、
兄さんはそれを売って女になる手術をしたそうです。

117 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 23:52
1からの手紙 その3の3

僕は「本気」の読みは「マジ」だと思っていました。
「よろしく」も漢字では「四露死苦」と書くのだと信じていました。
まさか当て字だったとは……恥ずかしい勘違いでした。

ところで、今度K先生にあったら、
「僕の太ももを触るのはやめてください」とお伝えください。
K先生と一緒にキレイドコロのいる店に行ってもお金の無駄遣いです。
女の人には興味がないそうです。宜しくです。

ではでは、また。
週末は家族会議です(w

118 :名無し物書き@推敲中?:01/10/04 00:17
1からの手紙 その3の補足

そういえばマラソンの話を書くのを忘れていましたね。
30キロ、走れました。
文系の僕でもやれば出来るのですね!
もちろん高橋選手のように、とはいきませんでしたが。
30キロ走ったところで、実家から電話があったのです。
今持っている僕の携帯電話やノートパソコン、
走るために買ったルコックのトレーニングウェアは、
先生の蔵書を売ったお金で買いました。
全て先生に「燃やしてしまえ!」といわれた本ですが、
勿体ないと思ったので神田で売ってきました。

小出監督は先生とチョト似てると思います。

119 :名無し物書き@推敲中?:01/10/08 11:00
オモロイヨ age

120 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:18
創作文芸板のみなさん、「文章能力の向上にむけて」スレのみなさん、
そして敬愛する23先生、お久しぶりです。書生の1です。東京に戻ってきました。
ご挨拶が遅れて申し訳ございません。いろいろひどい目に遭い、鬱になってました。

まず10/6の豊田スタジアム。ベオグラード対名古屋グランパス。
ストイコビッチ選手の引退試合であります。
ストイコビッチ選手は前半はベオグラード、
後半はグランパスエイトの選手としてプレーしました。
しかしスタジアムを埋め尽くしているのはグランパスサポーター。
前半、誰もベオグラードの応援をしないのです……
誰一人、オレオレ言っていないのです!!!
想像できますか? 静かなサッカー観戦。
スタジアムの張りつめた空気といったら。そしてベオグラードの弱さといったら。
一軍の選手ではないというのもあるでしょう。長旅の疲れもあるでしょう。
でも六点も取られなくても……

ユーゴ、ワールドカップ、ダメでしたね。しょぼん。

121 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:27
あの日、観客席には三種類の人間がいたと思うのです(大きく分けて)。

1 サッカーファン(サッカー>>>ピクシー>グランパス)
2 ピクシーファン(ピクシー>>>サッカー>グランパス)
3 グランパスサポーター(グランパス=ピクシー>サッカー)

僕は2です。試合開始前にピクシーのメモリアルブックと写真集も買いました。
売店でもみくちゃにされました。
っていうか、きちんと一列に並ばせろよと思いました。
前の方は満員電車状態で、
スタッフの気をひいた者から順に買えるという秩序のなさでした。

マラソンの疲れもあり、売店での疲れもあり、ベオグラードの弱さもあり。
僕は試合中、寝てしまいました……
談志の独演会だったら怒られているところでしたね。

122 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:37
23先生、9月に一緒に行った池袋芸術劇場の寄席、覚えてますか?
円歌と談志の二人会でした。
本当は談志ではなく、志ん朝が出る予定だったのです。
体調不良で談志と交代したのでしたね。まさかこんなに早く亡くなってしまうなんて。
切ないです。住吉踊り、見ておけばよかった。

話が飛んでしまいましたね。
サッカーを見たあと、僕は実家に戻りました。
実家といっても、両親は仕事でほとんど家を空けているし、僕は東京で書生暮らし。
兄が一人で住んでいたようなものです。
兄の本名は武雄といいます。男らしいです。でも今は、茜と名乗っています。
胸にはシリコン入ってるし、下ももうないのです……

123 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:44
どこまでがオカマで、どこまでがニューハーフなのか、よく分かりません。
確かなのは、武雄兄さんはもうどこにもいないってことです。
僕が家を出たときは、まだ茜さんは武雄兄さんでした。
5LDkの一軒家で一人で暮らしている間、兄さんは寂しかったのだと言います。
定職についていなかった兄さんは、バイトを転々としていました。
そのいくつもの職場で、いろいろな人と出会ったと言います。
今、茜さんと付き合っているマヨ坊はその中の一人です。

124 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:56
でもマヨ坊は女の人です。男の格好はしているけど。
正直、「ゴルアアアアア!!!」と叫びそうになりました。父さんは叫んでました。
母さんは、兄さんがテレビに出たときに和田アキ子のサインを貰ってこなかったことを怒っていました。
兄さんがゲットしてきたのは、
一緒に出演していたその世界では有名な人々のサインだけでした。

僕はずっと東京にいたので、兄さんがいつ行方不明になったのか、
いつマヨ坊と出会ったのか、いつ手術に踏み切ったのか、時間の流れがよく分からないのです。
僕が23先生の書生になったとき、一度だけ兄さんと会いましたよね。
その頃にはもう、兄さんの心は女だったらしいのです。僕は何も気付きませんでした。

兄の秘密を、母さんだけは知っていました。
父さんにはどうしても言えなかったそうです。父さんは頑固者だから。
僕は口が軽いから、父さんへの密告を恐れて僕にも内緒にしていたそうです。
確かに、もし聞いていたら喋らずにはいられなかったでしょう。

125 :時空を飛んだ1:01/10/11 16:59

ところで23先生は、あぼーんされてしまったのでしょうか?
それともご健在で、執筆に専念されているのでしょうか?

テレホタイムになったら「23先生探しage」をしたいと思います!
夜露史駆です。

126 :名無し物書き@推敲中?:01/10/11 23:15
23さん探しage。

127 :23:01/10/12 11:48
まず言っておきたい>>126 23さんではなく23先生だ 余魯脂垢

いよいよもって私のアルツハイマーも猛々しくなってきおったわい!
諸君、修行のほうはどうだ? んん?>>115>>120は「ある種、別の1」か?

今は我が陋屋を離れ−−静養−−という名目である温泉地に来ている。
しばし応答できなかった事をお詫びしたい スマソ

今の私は思考力が著しく低下しているようだ・・
感受性のほうも もう何も感じることなど出来なくなってしまったようだ
しかし、これだけは確かだ! 「諸君の文章は生き生きしている」

諸君はこれからも話を華麗に飛躍させ、昇華させ、また狂気の奈落に突き落とし
諸君同士そして、このスレを読む者たちのインスピレーションを刺激してくれ給え

それからな、私は決して「あぼーん」はされない!!
なぜなら!、私は「あぼーん」を多次元的に克服したからだ!!!
いやまぁ、なに、とにかく諸君は「あぼーん」の事など意識せず修行に励んでくれ

また来週あたりここで会おう
その時には細かく応答しよう今の私はとにかく、駄目だ アディオス!

128 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 18:29


129 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 01:18


130 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 23:03
球根

131 :名無し物書き@推敲中?:01/10/19 03:16
128←129←130←モザイク

132 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 20:02
>>127よ、
いいこと教えてやるから少し大人しくしてくれ。
旨いゆで卵の作り方だ。

まず、生卵を用意する。
普通は鮮度が良い程良いのだが、この調理法では古い卵でも
旨くなるのであまり気にしなくて良い。
次に電子レンジに生卵を入れる。この時注意して欲しいのは
●皿を使わず、直にターンテーブルの上に置く。
●ラップ等で包まず裸のまま入れる。
●卵は1個より3〜4個置いたほうが旨くなる。

あとは、電子レンジを回して3分程チンするだけだ。(500W時)
実際に茹でてないので厳密には茹で卵とは言えないが、そこはご愛嬌。
今までの卵料理とは段違いの旨さ、ふわふわ感なので是非試してくれ。
因みに食すときは酢醤油をお勧めする。

133 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 20:35
>132 よ、
そのコピペ、ヲタどもの間で流行ってるらしいな。
自分が電子レンジの中でも閉じこもってろよ。

134 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 01:17
つうか本当に、皆どんなことしてる?
自分はまず、基本的なところで語彙がものすごく足りないから
本をたくさん読むことにしてるんだけど。
他にこれだってものはあるかなぁ。

135 :名無しさん:01/11/21 01:57
単語帳で英単語を覚えるように、
日本語でちょっと厄介そうな単語や故事成語とか四字熟語は
チマチマ覚えた方が早そうだよな。
まぁ覚えた言葉が文章中にスラスラ出てくるとは限らないだろうし、
文体の工夫も大事だから、それで良い文章が書けるとは言い切れないけどね。
結局、人間観察力じゃぁないんでしょうかねえ。切り口とかテーマとか
そういうものの方が大事な気がします。

136 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 22:19
>>133
たしかによく見かける。(w

137 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 23:55
電子レンジで猫虐待のは読むだけで鬱なり

138 :名無しさん:01/11/22 00:29
あーそうそう
小説書くなら語彙は1万語くらい欲しいとか
言ってたような。1万5千だっけ?
日常語は2千くらいだから
かなり覚えこまないと駄目だねえ。
簡単に覚えられる人が羨ましいね。
と思いながら本屋さんでちょこっとLOVEじゃなくて
ちょこっと内田康夫を初めて手にとって見たら、
なんじゃこりゃーって感じの簡易な文章で、
あー、やっぱり語彙数なんて関係ねえなぁと思ったり。

139 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 00:35
いままで度胸がなくってできなかったんだけど遂に!遂にやりました!
想像以上の効きめです!
失禁脱糞対策にあらかじめ中のみえるビニール袋に閉じこめて500Wでまずは30秒にTRY!
仔猫とはいえコンビニ弁当より重いんだし余裕かなと思ったんだけど・・・
たった12秒で袋を蹴破りでてきました。目が逝っちゃってたのでとりあえず出してあげました。
犬みたいにハアハア出し入れしている舌は真っ赤です。顔を近づけてみたら吐く息が
すっごく熱くてビックリ!耳もすっごく熱くなってて真っ赤でした。やっぱ肉の薄い部分だからかな。
案の定、中で失禁しちゃってました。失禁は日課なのですっかり慣れて手袋もせず処理しました。
いつもなら罰として更に厳しい愛の鞭を与えるんだけど、今日は頑張ったのでご褒美に
乾燥エサを10粒もあげました。3日間なにも与えてなかったので腹が減っていたのか
ガツガツ喰ってました。まだ手や足の末端の肉の薄い部分は熱くなってます。
だいぶ回復してきたので手足耳をカーテンに糸で縫いつけて大の字型に宙づりにしてます。
また失禁しやがりました。むかついたのでエアガンを乱射してます。 ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

140 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 10:30
>>137
それ、ほんとはウソの話なんだけどな。

141 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 23:28
( ´_ゝ`)そうなの。

142 :名無し物書き@推敲中?:02/01/18 21:50


143 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 17:48
げろ。

144 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 17:02


145 :名無し物書き@推敲中?:02/04/16 22:48
age

146 :名無し物書き@推敲中?:02/05/15 03:45
生きてる。

147 :名無し物書き@推敲中?:02/05/20 20:59
辛うじてだがね……

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)