5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★小説でマンガよりも素晴らしい点を挙げよう★★

1 :黄色い名無し:01/10/12 01:33
マンガの方が表現が豊富だったり
色々有利な点が多い気がしますが
「そんなことないぞ!小説のが、ここがマンガよりも素晴らしい!」
って部分があったらどんどん挙げて下さい。

2 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:37
アゲてやるから
1は持論をまずかましてみ?
やりとりのなかで、輝くお題だ。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:38

創作文芸板の奴らは怠け者だい
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=bun&key=1001318097

怠け者でも書ける点が素晴らしいと思うのだ。

4 : :01/10/12 01:40
>>3
マンガは怠け者ではかけないけど
小説はかけると
そういうことですか?

5 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:44
>4
怠け者スレ読めって。

6 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:46
スレ立てるほどの話題かよ。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:46
確かに怠け者では漫画は描けん。
絵描くのってメンドイよなあ。描いてたけどもうヤメタよ。

8 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:56
ビジュアル・イメージとして
絵は直接的だけど
字は曖昧。

曖昧のほうが、心に残る場合もある。
直接であるほうが、余韻がでる場合もある。

漫画で優れているのは、表情だろう。
しかし
漫画よりも、BGMがのる映像作品のほうが
小説にとっては脅威であろう。

9 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:05
怠け者はまず創作をしようとしない
ちなみに漫画かいてる友人に言わせて見れば
字の方が面倒くさいらしい

10 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:11
何かを卑下し続けなければ
気がすまないって人、たまにいるよね
そんな人に踊らされてて楽しい?

11 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:12
書き手より、読み手に聞いた方がいいんでないか?

12 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:12
>10
とりあえず躍る。躍らないと損したような気がしないか?

13 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:15
ネタなんだから踊ろうよ。ダンス・ダンス・ダンス♪

14 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:19
風の歌でも聴きながらね。

15 :名無し:01/10/12 02:26
 

16 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:43
良スレage

17 :(゚∀゚):01/10/12 02:53
違う表現方法から学んだり感じたりすることはあるよな。オレは優劣はどうでもいい。(゚∀゚)(゚∀゚)

18 :(゚∀゚):01/10/12 02:55
刺激という点で映画と音楽は外せないな。
つーかマンコ(゚∀゚)y−〜〜

19 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 07:37
.

20 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 09:45
小説とマンガ共通の問題。それは、2chがそれらよりも面白いということ。
2ch、脅威だ・・・

21 : :01/10/12 22:17


22 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 23:23
小説は小説であり、マンガはマンガであるにしても、
小説とマンガはマンコではあるにしてもない。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 23:25
小説も漫画もちんこだな。
俺の子宮にそそぎこんできて
作品という子供を生ませる。
難産のこともあり、双子のこともあり、未熟児のこともある。

24 : :01/10/13 02:27
 

25 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:28
つーかだれも小説がマンガより優れてる点を書けないなんて
小説ってやっぱダメだな、、魅力ねえんや。

26 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:32
まあな。

27 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:48
書くほうも怠け者だが、読む方も怠け者。
文字をじっくり読む奴なんて2chの私怨君が揚げ足とる時くらいだろ。

28 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:57
煽られてもこのマターリ度合い・・・・・・・・・・・・名スレ・・・?

29 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:58
その手の本を読んでもいいし、ネット上で検索したっていろいろ出てくるだろう。
子供の煽りに付き合う暇なんてないよ。

30 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:03
エロ漫画よりエロ小説のほうが興奮します

31 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:02
煽りがつまらんからな。

32 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:07
>30
確かに妄想力が養われるな(w

33 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:15
やっぱ小説あかんわ

34 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:20
結論が出て良かったな(w

35 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:32
小説の方が優れているポイント。

・雑誌連載をしなくてもいい。
・終わりを自分で決められるので、カチッとした物語が書きやすい。
・低コスト。
・絵に出来ない物も書ける。

……っていうか、優劣なんてつけられない。
少なくとも、とっつきやすさはマンガの方が圧倒的に優れている。
結局、マンガではなく小説を選ぶ理由は「小説というメディアに対する個人的な信頼感」、
その一点に尽きると思う。

36 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 04:05
漫画は無駄なコマ増やして、一つの話をいくらでも引き伸ばせるな。
絵だってコピーして拡縮反転なんでもありだな。
原稿用紙に穴あけるのもアリだよな。
かなわないよな。

37 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 04:49
自意識を描くのは小説の方が得意なんじゃないですか。
たとえば町田康のどうしようもない短編(卵の配置を1日中悩む、とか)のおもしろさは小説でこそという気がします。
あとシュリンク『朗読者』で、ナチスの収容所跡にて主人公が「どうしても僕には当時のことを想像できなかった、何も浮かばなかった」みたいなことを考えるくだりがありましたが、
あれなんかも小説ならではって感じがします。
庄野潤三「プールサイド小景」のように断片的なイメージがたくさん出てくる作品もそうじゃないですかね。

そんなに小説にくわしくないんでパッと思い浮かぶのはこのくらいですが、まだまだありそうですよ。

38 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 07:57
>>35
「終わりを自分で決められる」ってどういうこと?
あと4番目はよく言う事だけど、具体的にどういうものがある?
(竜宮城ですら結局は絵に描けちゃってるじゃん)

39 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 08:27
通勤電車に乗っているときの暇つぶしとしては、
小説の方が好き。
漫画はすぐ読み終わるから、朝だけで終わってしまう。
小説なら帰りも読める。

40 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 12:51
>38
「終わりを自分で決められる」
は漫画の方が編集部とかに口出しされやすい
って事かな?
>あと4番目はよく言う事だけど、具体的にどういうものがある?
絵に描くとグロ過ぎて、何らかの規制にかかっちゃうもの
でいかがざんしょ

41 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:34
想像力ね〜やっぱ。
漫画だと限定されるからね〜。

42 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:40
漫画は第一次想像を作者に任せてしまっている。
つまり、可愛い女という登場人物がいた場合、
漫画だと、どうしても作者好みの絵にならざる
をえず、読者はそれを受け入れるしかない。
しかし、小説なら、それぞれの頭の中で、理想
の女性像を結ぶことができる。
正直、夢中になったら、漫画は小説にはかなわ
ないよ。でも、そんな小説めったにお目にかか
れないけどね。楽しむなら基本的に漫画だね。

43 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:42
>>34
両津ですか?

44 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:52
媒体面から言うと、同サイズ同ページの単行本を比較した場合、
一般的には小説の方が内容密度の点で有利。
>>39の言う利点は此処にある。

45 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:54
小説がなければ漫画はここまで発展しなかっただろう。
人気のある漫画家は少なからず小説を読んでいる。
問題なのは小説が漫画に追従しはじめたことだと思う。
エンターテイメント性を求め、文学的価値を下げたことが現代の小説の敗北だ。

46 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 14:06
小説の、エンターテイメント性への追求を攻撃するのは如何なものか。
「エンターテイメント」を通俗的・世俗的なものと捉えるなら、
むしろ小説が生き残る指向性としての、純文学とは一線を画した独自の発展を促すべき。

とは言え、最近のメディアミックス嗜好には俺もウンザリ

47 :山崎:01/10/13 14:19
小説のよさは細かな心理状態を明確にひょうげんできることじゃないかな?
マンガはせりふと表情だけだもん。
ま、どっちもいいとかわるいかではなくて、どっちもおもしろいよね。
例えばここの小説とか、おもしろいよ。http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sky-hi/

48 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 15:02
>43
パタリロ。

>47
サイト見てきたが、小説は標準から無評価ってところ。

心理描写はウイングマン描いてた奴(桂なんとか)の
恋愛物なんか感心したな。

49 : :01/10/13 17:21
 

50 ::01/10/13 18:58
    

51 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 19:43
お勉強が好きな読者っているんだよね。
例えば歴史ファンの歴史小説、時代小説読者。
軍事ファンの戦記、架空戦記読者。
小説は文中で薀蓄を語れる。
知られていなかった事実を解説したり、そこから新たな物語を解釈したり。
あるいは作者が間違ってたり知識が貧困だったらこき下ろしたり。
漫画でやれば・・・・・成功すればカムイ伝かな。
普通はネームのやたら多い漫画になる。

52 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 22:56
 

53 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:29
マンガと比べて低コストってのは、意外に重要なポイントだと思う。
喩えは悪いが、グインサーガをマンガでやったら何冊になると思う?

54 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:42
個人的には
漫画より小説の方が楽しめますが何か?

55 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:49
小説の醍醐味は、なめつくすように読むことで味わえるもの。
(佐藤亜紀も立花隆はそれを理解できていない、と批判していた。)
楽しみ方の違いを前提としないで漠然と論じてもしかたないでしょ。

たとえば小島信夫「抱擁家族」みたいな小説を読んでみれば、
何も言わなくたって小説の役割が明確に理解できるんじゃないか。
1が想定しているのがどんな小説なのかわからないけど。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:20
漫画「シャーマンキング」の描きこみの密度に、
頭が痛くなった。
昨日と今日で一巻から十六巻まで読んだんだ。
ジャンプノベルって売れてんのかな?
ジャンプ的なストーリーは漫画の方が楽しめると思うんだよね。

57 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:33
>56
この漫画ってオカルトに関する知識で
間違ってるとこが多いらしいけど、どーなの?

58 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:42
>56
面白くするための演出かなー、と思う。
自分、あんまり詳しくないから気にならないし。
あれから得た知識を真実だと思って暮していても、
たいして困らん。

学術論文以外のものに知識の正しさは求めてないけどな。
みんなはどうなの?

59 :56:01/10/14 00:43
>58のレスは>57やみんなにあてて>56が書いたものです。
スマソ。

60 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:48
>58
いやいや
単純な知識も間違ってるとこがあるらしいんで
それは、創作の態度として、どーよって事です

61 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:55
>>40
でも言葉でも規制がかかってるものはいっぱいあるよ?
絵に描くとグロイものだったら言葉でもストレートには表現できないんじゃない?
ストレートに表現しなくていいのであれば、絵でも十分表現できちゃうだろうし

62 :56:01/10/14 00:56
>60
>創作の態度として
単純な間違いをそのまま放っておくのは誠実ではないと思うよ。
作者が気づいているなら、単行本のあとがきにでも正しい知識を
書いておけばいいんじゃないかなぁ。

63 : :01/10/14 09:32
>>62

もっと具体的に頼むよ
曖昧すぎる

64 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 11:03
>63
やだ。
スレ違い。

65 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 12:19
つか、男塾やキン肉マンに「正確な論述」をもとめる人はいない
訳で……漫画や小説に書かれた知識を全面的に信じる方がアホだと
思う今日この頃です。

66 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 12:23
良スレage

67 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 13:10
教科書だって信じられないもんね。

68 :111:01/10/14 14:56
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

69 :卵編集者:01/10/14 19:10
ある大小説家曰く
「もし、僕が漫画かけたら小説家なんて滋味な商売やってないよ」

70 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 19:58
>69
誰よ?

71 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 10:13
良スレage

72 :名がないぬいぐるみ:01/10/17 17:45
えっと、『思いっきり目茶苦茶にできる点』ですね。
銀行強盗しても、犯人爆破しても、狂言誘拐しても、本当になんでもありですからね。
あと、『台詞が限られない』点ですかね?

73 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 18:00
マンガもやってるよ。
キミは4歳から約30年マンガを読んでる僕にナニカ?
(要するに字も読まないようなアホなんだな。まあ最近はマンガすら
難しくて読めないって人も出てきたらしいから…)
ぷく子ちゃん今日は出番早いねえ。

74 :名がないぬいぐるみ:01/10/17 20:25
>73
四歳からマンガ読めたんですか?
ってことは、天才児だったんでしょうねぇ。相当な。
早いというか、今日は塾がなかっただけなんです。試験五日前ですけど。
というか、ぷく子ちゃんはやめて下さい。
急性胃潰瘍なんて病気やる年頃なんですから。

75 :猫くん:01/10/17 20:39
ありゃ、ぬいぐるみちゃん今晩はー。
マンガは覚えてないけど、あの頃は私絵本は大好きだったな。
一人でたくさん読んでいましたよ。
でももちろん足し算とかは出来なかったけどね。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 15:18
あげ

77 :名がないぬいぐるみ:01/10/18 15:24
>75
こんばんわー。
私は小学1年生くらいから絵本よく読んでました。
というか、この頃200ページ以上の厚さの本が読めるようになりました。
だって、分厚くて、それまでは読む気しませんでしたもの。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 15:56
小説の問題はマンガと違い、大抵の場合一冊で完結させなけりゃならんってことだ。
大ボスを前にして「つづく!」って訳にはいかん。よほどの大家なら別だけど。
その点マンガは人気さえあればいつまでも大風呂敷を広げられる。
例えどんなハデなシーンも、ページがなければ書けない。
ページ!
それこそ小説を書く上で最大の敵だ。その点マンガは羨ましいと思う。
あ、これはあくまでも個人的意見。

79 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 20:59
>名がないぬいぐるみ略してぷく子ちゃん
ダ〜メ♪質問スレに書かないでスレ立てるから当分ぷく子ちゃんよ♪

80 :猫くん:01/10/18 21:53
>79
意地悪言うなよ(w

81 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 21:57
♪教えてあげよか キミぷくちゃん
 ぷく
 ぷく
 ぷく
 ぷく ぷ・く・ちゃ・ん だ〜い!

 歳バレるな、オイ…。

82 :名無し物書き@推敲中?:01/10/19 00:16
>81
それがなんなのか全然わからないから、
>81が何歳くらいなのか見当もつきません……

わたくしはニ十代後半であります!

83 :他スレより引用:01/10/19 04:08
30 名前:名無しさんの主張 投稿日:01/10/05 00:46
僕の知り合いで言えば、漫画読んでいる方が頭もやわらかい。
小難しい本しか読まないような人は頑固で屁理屈が多い。
発想の転換とか出来なさそう。そんな気がします。
ちなみにこのスレでいう大人とは老人のことですか?

31 名前:名無しさんの主張 投稿日:01/10/05 00:55
小説が好きって人は大抵同じジャンルのものを
好む傾向が強く、漫画が好きって人は割りと
色んなジャンルを読んでいたりします。
まぁ小説も漫画もどっちも読めばいいんですがね。

【漫画は有害か無害か?】
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1002032083/

84 :名無し物書き@推敲中?:01/10/20 22:14
どっちも読むのが普通だと思ってましたけど、ナニカ?

85 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 13:52
あげ

86 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 22:48
>84
いや、両方読んでないと比べられないだろ。
普通。

87 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:25
漫画作品を書くと言う事は、大変なエネルギーを要するのである。
例えば文章ならば「雨が降ってきた」と、たった7文字を置けば雨が降ってくれる。
しかし漫画はそうはいかない。その雨がどんな場面で降っているのか。蓮池に無数の輪ができる状態もあるだろうし、ガラス窓を叩く場面も想定できるし、車のワイパーが激しく左右に揺れる場面もあろう。
いずれの場合にせよ、その状況を文章で表現するには、稚拙さはあってもさほどの苦労は必要としないと僕は思う。
漫画の場合はそうはいかない。絵として形として形に具現しなければならないという、大変なエネルギーを要するジャンルであり、時間のかかる作業なのである。
by 矢口高雄

漫画>小説って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」って言いたいだけちゃうんかと。
擬似スレに書いてあったけどハゲドーだね。

88 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:30
漫画にしろ小説にしろ、良質な作品でないと、「すごい」とは言えないよね。

89 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:48
単語のイミにはもちろん一般的な規定はあるけど
その規定には、実は曖昧で明確な境界線がない。
そんな部分が、よかったりする。
単語にイメージがわけない人間には、本を読んでも奥行きがないんじゃないか。
けれど実際そんな人間、見たことないけど。

90 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 03:43
むしろ漫画の方が高い水準を要求されるのではないか。

91 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 11:23
原作者がノベライズとコミカライズ両方やっている作品はないのか?
比較対象としては使えると思うが。
勿論、得手不得手も考慮しなければならんがね。

92 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 11:39
こんなのあったよ。http://merumo.ne.jp/i/00040521.html

93 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 12:20
     

94 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 13:53
 

95 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 16:19
>漫画>小説って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」って言いたいだけちゃうんかと。
>擬似スレに書いてあったけどハゲドーだね。

漫画>小説 じゃなくて 小説>漫画 じゃないのか
あと
漫画>小説って言う奴は「だから漫画を書いている俺はすごい」、にせよ
小説>漫画って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」、にせよ
存在してるだろ
そこら辺を考えず、物を言うのはよさないか?

96 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 16:29
小説を書くにも、漫画を書くにもエネルギーを使う
このとき使われるエネルギーは向き不向きによって、どちらが多く使われるかは違うだろうし
余った分のエネルギーがあるなら、それを作品の向上に使うべきでしょ
そんなことも考えず、どっちが楽だの苦労するだの言うのって
結局、自分は本気で創作つもりなんて、さらさらありませんと言ってるようなもんだ

97 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:01
つーかだれも小説がマンガより優れてる点を書けないなんて
小説ってやっぱダメだな、、魅力ねえんや。

98 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:33
そうだ!魅力ないのだ!
これでいいのだ!

99 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:49
まったく

100 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:53
だからもういいのだ!

101 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:01
真に優れた作品ならば大義、理念、生きるつてになりうる点

102 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:03
ちなみに漫画だとやはり世間から白い目で見られてしまう

103 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:41
この娘の名前を教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg

104 :名無し物書き@推敲中?:01/10/23 16:28
       

105 :名無し物書き@推敲中?:01/10/23 23:19
            

106 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 01:44
実際自分で小説書いてても、いいマンガには勝てないなぁと思うよ。
何年も一緒に過したキャラへの愛着、限られた文字の中での心理描写
読み返したくなる度合い。ストーリーのオモシロさ。
一流のマンガ家の才能には到底及ばないのが多い。
小説って読むのめんどいもんね。

107 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 02:29
俺にとっての漫画は挿絵のいっぱい入った簡易小説か絵本っていう印象だな。
好き嫌いを絵に左右されるし、読むのも疲れるし、白黒だし、
コストパフォーマンスにも優れていないので、漫画は読まない。
でも手塚治虫の絵は疲れないな。あれだけは好きだ。

108 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 16:48
>>106
で、自分の無能さ加減を嘆きたいだけか?

109 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 22:44
小説も確かに面白いのだが、
マンガのほうがもっと面白いし楽だということだ。
どうでもいいが松本なんとかのせいでこの板くるのが
なんか不快になった。

110 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 22:58
http://210.236.188.140:8080/

111 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 02:01
読んでいるときの脳が違うよ。
小説は夢を見ている時と同じトコ使ってると思う。マンガは視覚だけ。
印象に残る景色の描写は、小説での方が遥かに勝っている。<経験上
小説は主観的経験として心に残っていく感じじゃん?

ちなみに、私はマンガの方が読むの面倒。
あちこち飛んで目の動きがせわしいし、文字と絵を見るのが大変だから。

112 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 13:44
ちょっとお得感がある。<小説
読むのに時間かかるからナー。

113 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 15:24
ノンフィクションを漫画やると説得力がない

114 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 00:59
age
age
age

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/01 01:35
映画・ドラマ・マンガ
 受け手に阿って表現が制限されてしまう。

特に小説を映像化するとき原作の雰囲気と
あまりにも違いすぎることがある。

116 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 02:28
小説書いてて漫画に対していちばん嫉妬するのは
漫画の扉や表紙、見開きの1枚絵のイラスト。
これの有無を言わせぬ説得力。

117 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 08:08
この娘の名前教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg
    

118 :名無し物書き@推敲中?:01/11/02 15:34
   

119 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 17:01
この娘の名前教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg   

120 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 03:02
  

121 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 19:40
     

122 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 20:11
   .__
  J_†_|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚) <  >>1
  ハ ̄ ̄`つ | 視覚に直感的に訴えるわけではないだけに、難しい。
  し ╋|   | それ、すなわちすばらしさでもあると思う。
   |___|   \____________
   ∪ ∪

123 :名がないぬいぐるみ:01/11/07 00:23
でもやっぱりマンガの良い点というのは、
「リアル」ですかね。どうしても小説だとキャラの表情とか、動作とか。
完全な形で伝えられないですからね。

124 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 06:26
>123
そう言う安易な事言うと、じゃあアニメ、映画のが上じゃん
て事にならざるえんな・・・

125 :名無し物書き@推敲中? :01/11/07 21:45
漫画を書いてると、小説よりむしろ映画を意識するけど。
どちらが上かという事ではなく。

例えばカメラの動きを漫画で表現する事は出来ないし
あるシーンで音楽を鳴らしたいと思ってもそれは無理だし。

126 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 07:56
最近漫画と小説をくらべれば比べるほど、漫画がよくみえてくる・・
小説ってルールが厳しいっていうか、自由度がないっていうか。
「?!」や「〜」を使うだけで駄目とか、横書きは駄目とか

127 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 12:35
>>123
活字から呼び起こされる読者の想像力次第。

128 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 22:57
>>126
たったそれだけ・・・

129 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 00:08
ほら、128みたいなのが出てくるでしょ?
漫画は比較的こういう嫌なやつは少ない

130 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 01:44
この後の128の逆上が恐いね

131 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 02:44
>>127に剥堂
漫画は、100描かれたものは100±αでしかない
小説は、作者の腕と読者の想像力次第で
100のものが50にもなれば200にもなる

132 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 03:20
漫画=感覚的、小説=論理的、かな。

133 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 03:22
お前ら、こんなくだらねぇレスしてないで
小説なり漫画なり書くなりしろよ、暇人がぁ!

134 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 04:44
おまえもにゃあ

135 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 04:50
小説は読みおえた時の達成感がいいな。
あと、なんか頭が良くなった感じが。
そのへんのくそマンガと比べると面白いの多いよ。
何十、百万部売れてるマンガと比べると、オモシロさとか
何年も一緒に過した親密度とかではさすがに
勝てないけど、そう捨てたもんじゃない。
これからの時代あえて小説で勝負する価値は十分ある。

136 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 05:12
そのへんのクソ漫画と普通の良い小説をくらべても仕方ないのでは。
その辺のクソ漫画と比べるなら、小説もその辺のクソ小説で比べなくては。
普通の良い小説とくらべるのなら、漫画も普通の良い漫画とくらべるべきでは

137 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 05:50
その通り              

138 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 11:32
クソ小説とクソ漫画、どちらが楽しめるかといえば
断然、クソ小説だろう。
小説は如何に駄作でも行間を自分で埋めることができるが、
漫画でコマ間を読む、ということは難しい。

まあ文体がむかつく、絵がむかつくの段階で生理的に受け付けないと思うが。

139 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 12:37
じゃあ一流の漫画家と比べてみよう。
同年代以降の人間で、
手塚の壮大なテーマと、細かな人間描写の共存が出来た者がいるか。
横山のサービス精神とエンターテイメント性を越える者が居たか。
藤子Aの、ドロリと粘りつくようなホラーの空気を漂わせた者が居るか。

140 :139:01/11/09 12:39
書いといてなんだが、なんぼでも居そうだな。
じゃあそれを誰にでも分かるものに昇華出来た小説家はあるか。

141 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 17:34
日本の漫画は海外でもどんどん認められているけど小説は漫画ほどは・・

142 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 18:01
台詞は翻訳してもさほど変わりないだろう。
だが文学の妙味はそうはいかない。
それはどの国の言語だろうが同じこと。
海外での評価を持ち出すのは間違いだ。

143 :松本祥宏:01/11/09 18:03
間違いではないが、十分ではない。ってとこだね。
142のように全否定するのも間違いだ!

144 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:28
>>142
でも海外の良い小説はどんどん翻訳されて日本で出版されているよね。。

145 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:30
漫画全否定で小説オンリーだと
142のように海外に目をやれない人間になってしまうのもちょっとね

146 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:35
>文学の妙味はそうはいかない。

「妙味」って言葉が入ってるからうまく誤魔化せているけど
結局は「文学の場合はそうはいかない」って言ってるのと同じだよね。
つまり、
「漫画は万国で受け入れられやすくて
小説はそうはいかない(受け入れられにくい)」
ってことだよね。
やっぱり漫画ってすごいね

147 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:13
ここは創作文芸板、小説寄りの意見を述べるものが圧倒的に多い中で
これだけ小説派が攻めきれない現状をみると
漫画の圧勝?

148 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:21
頑張れ小説派!

149 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:21
>漫画は万国で受け入れられやすくて
>小説はそうはいかない(受け入れられにくい)
その点は事実。絵という確たる共通言語が存在する漫画に比べ、
翻訳という作業を介することにより、リズムやニュアンスに
齟齬を生じる小説は、どうしても通用しにくい。
だがその点のみをもって評するのはいかがなものか。
なぜならそれは、裏返せば、「小説の方がよりその国の言語文化を
体現している」ということでもあるのだから。
もっとも、あなたの言う「すごい」がどういうニュアンスなのかは不明ですが。

150 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:22
すまん、どっちも好き。

151 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:39
>150
俺もだ。

しかし、仮に小説家が「俺は作家としては、トルストイ以上だと思う」
と言っても「奢るなよ」と言われるだけだが、漫画家が同じことを
言えば、漫画ヲタからすらも完璧にドキュソ扱いされてしまう。

やっぱ、メインカルチャーの信仰は強いね。

152 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:01
>>149みたいなグチグチ君にはなりたくないけど
小説ばっかり読んでいたらこうなっちゃうのかな・・

153 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:19
そうだね。漫画もたまには読もうっと♪

154 :149:01/11/09 23:31
>152
いや、俺は読んでる数は圧倒的に漫画の方が多い。
ということは、俺みたいなグチグチ君になりたくなければ
漫画はあまり読んじゃあいけないみたいだね(w

155 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:34
売れるものがすべて良しとするなら
音楽で言えば浜崎あゆみとかモームスが素晴らしいとか
いわにゃならなくなるなぁ
結局くらべるもんじゃないっしょ。
とかく世界には物語と名のつくものが多すぎる。

156 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:40
>>154
苦しい言い訳をする149

157 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:44
あれだけ粘着だった小説派最後の砦である149でさえも
>>154でとうとうプライドを捨て漫画派に寝返ってしまった。
小説派ますますピンチ!!

158 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:46
プロレスと総合格闘技みたいなもんで、似ている部分や通じる部分も
多いが根本的に別物。
よってどちらが優れているということはない。
強いて小説の勝る点をあげるとすれば、自分の場合、
「間」(ま)の感覚を養うのにいいかな、という印象がある。

159 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:47
>>158
出た。立場が悪くなると「くらべようがないからやめよう」
猿の常套手段(藁

160 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:47
頑張れ小説派!!

161 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:48
>>155
モー娘。をバカにしないでくれ

162 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:49
>>159
だってそうなんだからしょうがないじゃない。
あんたはどうなの?

163 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:51
>>162
私の意見とあなたの意見なんて
くらべようがないからもうやめようよ

164 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:05
>>163
ワラタ

165 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:07
読む奴しだいじゃないのか?
つーか、煽りが増えたね
前は煽り無しでやれたのに・・・

166 :149:01/11/10 00:16
>>157
ええっ!? 俺、たった2レスで最後の砦っスか!?(w
ならもうちょっと、小説擁護派としてがんばらなきゃあな。
……ええっと……ええっと……漫画に比べて……
……書くのが楽!
ああっ! こんなんじゃあ駄目だっ! 畜生おぼえてろ!
よく考えて出直してくるからな!

167 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:22
こんなところでどうこうしても小説は残る。

168 :Tia ◆kuFyqAZY :01/11/10 00:57
始めまして。
2ch上で、ノリと勢いで小説を始めて書いてしまったのですが
叱咤、激励、等のご感想を頂けると幸いです。
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1005219329/

169 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 01:17
うむ、読む奴次第という意見に同意
>131も言ってるが
活字からの刺激は読者のスキルや経験に大きく左右される。
イラストは絵を書けない奴が見てもそれなりにインパクトを与えられるが
文章は語彙力が備わっている、ということが先ず前提条件。
+感性が必要だからこれはどうしても敷居が高くなる。
……んな高尚なもんでも無いが。

しかし、マンガのワンシーンはあまり覚えていないが
小説の一場面は鮮明に覚えている、事が多い。俺の場合。

170 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 02:07
良スレあげ

171 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 03:48
マンガは読んだあとキャラのマネをしたくなることがなるが、
小説はそういうふうにはなりづらい気がする。
かなり無理していいふうに言いかえると、小説のほうがクールに萌えられる。

172 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 05:35


173 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 14:45
活字のインパクトってどうなんだろうか?
たとえば「鏖殺」と一言で書くのと
漫画でそのシーンを描写するのとでは・・・

174 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 14:51
鏖殺の一言だけで済む場合と済ませられない場合とがあるでしょ。
インパクトを与えるのなら一言では済まさず、
様々な描写で肉付けして読み手が話の中に引き込まれていくよう
に工夫するのが小説かと思うのだが。

175 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 16:45
漫画は血の色を伝えてはくれない。それはインクを混ぜて作られたしょせんはまがいものの色。
赫と玄との溶け合う中にわずかに混じる汚れた紫。浮いた脂が照り返す、蛍光灯の無機質な光。
漫画は血のにおいを伝えてはくれない。生命の残滓を含んだ吐き気を催す恍惚たる香り。
半ばかたまりかけた血の、どぶどろにも似たぬかるみに踏み入り、糸引く黒血を蹴散らす時の
あの足の裏がひそかに蠕動するかのような感覚を伝えてはくれない。
漫画は死のにおいを伝えてはくれない。
自分の鼻孔から肺まで細い触手を伸ばしたそれが、抗う術すらない吐き気を
はらわたの奥から引きずり出すことを教えてはくれない。

176 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 16:48
>>175
小説の読みすぎです。

177 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 17:03
>>175
漫画を読んでませんね。そのいずれを伝えることも漫画は可能とします。
文芸を趣味とする人が、他方を知ることなく決め付けて卑下する思考停止は
恥ずかしいのではないでしょうか?

178 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 17:14
>>177
175は漫画を読んでも想像力を刺激されない性質なんだよ。
ビジュアルを見せられると、それがすべてだと思ってしまうような純真な人間なのだよ。
小説を読む人間は、えてして繊細で傷つきやすいものであるから、
あまり断定的な口調で語りかけてはいけない。
生温かく見守ってやるのが最良の手段だ。

179 :175:01/11/10 18:00
スマンが俺、149=154(w
うん。たしかに決めつけは恥ずかしいな。
他人がやってくれるとよくわかる〜

180 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 18:07
>>179
>>177を書いた時点で、どんな言い訳もむなしいと思うが?
つまるところ漫画からそれだけのものしか受け取っていないということだ。

181 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 18:07
>>179
そんなことばかりやっているとどんどん卑屈になってしまうよ。
つーか、ここは技を競い合うスレでしたか。

182 :180:01/11/10 18:08
>>175だ。すまん。

183 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 19:31
漫画のほうがわかりやすいし読みやすい。
優れた小説家と優れた漫画家で比べれば、優れた漫画家のほうが人気があるだろう。
けれど、小説と漫画でどちらが優れているかと問われても、それはどちらとも言えないものだと思う。
小説の方が優れていると考えている人は間違い無くそう思っているのだろうし、
漫画の方が優れていると考えている人も間違い無くそう思っているのだろうから、結果として水掛け論になってしまう。
ただ、相手の揚げ足ばかり取るのはどうかと思う。

と、ここまでは前置きで、ここからが本題の小説の方が優れている点。
漫画よりも……
・一冊が長く読める
・想像力が育つ
・心象表現が多い

今思いついたのはこれくらい。

184 :179:01/11/10 19:47
>つまるところ漫画からそれだけのものしか受け取っていないということだ。
たぶんその通りなのだろう。
俺は多くの漫画を漫然と読んでいるが、においや触覚やあるいは味覚を
自分が体験しているかのように感じたことは、ない。
対して、文章を読んでそういったものを感じたことは、ある。
たぶんそのあたりが、小説が漫画より素晴らしい点 だと思う。

185 :名無し:01/11/10 20:24
やっぱり東大とか京大じゃないと相手にされないんですか?

186 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 21:41
>185
なんでしょうか?

187 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 23:00
あげ

188 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 23:10
小説だけ読んでて漫画を読まないと179のような嫌われものになってしまうということだけ分かったね。

189 :180:01/11/10 23:50
>>184
「小説が漫画より素晴らしい点だと思う」に「自分に取って」という語句を加えてくれ。
ただその場合、このスレに書き込む必要はなくなるのだが。

190 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:32
俺小説ばっかり読んでて漫画嫌いなんだけっど
179を見てたら漫画も読んだ方が良いかもって思えて来た。
ああはなりたくないっつーかさぁ(;-_-)
でも既に俺も他人からはこいつみたいな印象与えているのかな(鬱

191 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:42
マンガは友達。
小説は恋人。

192 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:58
漫画は作者が表現したいものを読者にストレートに表現できる。
小説は言葉でそれを読者に伝えなければいけない。
だから小説は逆に読者の想像力を必要とするし、読者は知らず想像力が豊かになる。
優劣はつけがたい。
漫画も小説も良質な作品もあれば駄作もある。
俺は漫画も読むし、小説も読む。191は良い表現をしてくれてる。
でも一番好きな作品は漫画にあるんだよね。

193 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 18:14
良スレあげ      

194 :名がないぬいぐるみ:01/11/11 20:58
でも、私が今一番好きな本はコバルトのS黄尾ですね。
小説だけど、漫画に劣らない破壊的なのがいいです。

195 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 07:14
>194
メール欄にどうして「あきらめろ」って書いてあるの?

196 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 19:06
  

197 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 19:24
きみがアホだから。

198 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 21:49
漫画読みやすいね。
三国志読むなら横山光輝。
日本の歴史読むなら石ノ森章太郎。

こういう事言っちゃうと
「難しい本を読めない奴」と小説派には皮肉られるかもしれないけどさ、
向こうは「難しい字を読める奴」に過ぎないと思うんだけど。

>>175
>>87の発言を読んでみようね。

199 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 22:13
   

200 :瑤香:01/11/12 23:58
あんま区別つかない

201 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 03:42
    

202 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 07:36
小説を読んでもらって女を口説くことができる。
マンガだとなかなか・・・。
ちなみにエキサイトあたりで人の作品を読みたがってる女に送って
面白ければ仲良くなれるぞ。中高生なんか落ちやすいぞ。

203 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 12:52
マンガよりデジタルコピーされにくい
WinMXで結構マンガのスキャンは出回ってるけど、
小説のはまだ見たことがない(w

っていうか、まじこれからの”クリエイター”はヤバイと思う
金を稼げるというメリットが無くなったらマンガ家なんか糞だし
・・・著作権は死ぬのか?

204 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 13:12
日本生命無限地獄へ突入
http://news.2ch.net/test/read.cgi?bbs=newsplus&key=1004597354

ひろゆきさんはやっぱり頭がいい

205 :名がないぬいぐるみ:01/11/13 17:09
>195
私に嫌がらせをしようとした人を、ガッカリさせる為です(キッパリ)

206 :名無し物書き@推敲中?:01/11/17 08:43
>>205
意味がわからんのでもう少し詳しく

207 :名無し物書き@推敲中?:01/11/17 22:09
   

208 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 06:48


209 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 20:26
>>1
楽にかけること。

210 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 02:02
わお

211 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 23:06
>>205
教えろー。気になって生姜ない。

212 :名無しさん@ピンキー:01/12/02 19:18
>>211
マンガでは2chは成立しないだろ。
だから、書く立場としてえは小説(文字)のほうが好き。

213 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 17:15
絵文字と文で成り立ってるとこを見ると、漫画に近い気がするが……。
(゚ε゚)キニシナイ!!


214 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 22:24
漫画と小説を比べるのは愚行也。
「話」以外の共通点が無いし。

215 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 15:09
音楽と美術
田中とハンバーガーを比べるくらい意味不明だぞ

216 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 13:37
ぶりりん ぶりりりりん びり ばり  ぼりぼりぼりぼりぃいい
あたし・・うんち・・うんちが もっもうだめだ!!!!離れて離れて!!
出ちゃう出ちゃう ぶひゃあ うっひょーーー ああアアアアaaaaaギズモa ageageageaaaaaえおあだオヒャクショウ.comボサノバ ブルリラ ブルリラ ウヒョホイ 0だべさアアア
ライブライブライブジュバンジュバンボボンボンボンbン
ジュダンヅジュダらるくあんしぇるンハアアはあbがあああああああ
おさえられない!!! はっはっは・・・ はhさん発射してしまうおぐあgyばっかさんはっははっははは じゅぱあ うっしゃあぁぁぁああ
お願い あっちいってて!!!!!!もう ぶひょしゃっは熱っ!!熱っ!!熱っ!!
デミぐらスソースばっはぁぁ−ウだあああ sfdsage kaaaぼっひゃん sひ ジュンバラボヘミアンbさdkブヒブヒjばあッひゃひゃひゃララボン!!bakaかジュビロ
ブリブリ!!! ハhジメマシテ!!!ブリブリ!!デューダデューダンサバデン ベンツbイチバンボシsひゃはははは
まじ!まじうんち・・うん子迫ってくる!!! ジャノメミシンふ(笑)うはああああ
わああアアア ヒコーキグモがばっはやああああ
すげええええええ すげえええええええええええ
肛門が…ボッカン ボッカン!!! イイワアアア おkおk!!ひょしゃっ じょ ミウだああ
だっふぁコイケええああっはははひゃひゃhyたs
こーモン…ブルブルしてるわ… おまえあっちいけ!! うぎきゃあチュッパッチャップス ああげうげkj ブリブリブリィィィ ムニャムニャモニョモニョバリバリ・・・本当にもうだmてえ。。
げぎゃああぎゅりわーーあお oh osだfだh だfだoh yeah・だふぁシャランQがjかjがはっはぶりぶりぶらいああらタイソンsがっはがっふぁん
ブリバリボリボリボリあああ かぐyあひめぁぁだっはあ ナマチャ!! ナマチャ!!!!ガッシャアアン
ブロンボン ぼばん ぼばんnだが そgんごはんブアバhシャアア ガダルカナルタカあおgjどあえああ
じょぼじょぼじょぼハシモトじゅばじゅばモグ゙モグモグ16+ ジュシャアアアア
ヤベエエエエエーー出まくってるぅぅ ミルミルミル!!! ムリムリムリィ・・・・・・・!!!!!!!!!
うぎゃああああああああ いてえええ バレるぅゥウウウウ
ksdじゃんあケツ見んなーアァッッァア  あっちぃぃぃぃぃ
あぼん ぶぼん ぶばんあブババババアバ ユワアッシャアアアアァァァァ
モリモリモリ・・・・!!!!!! くせえええエェェェェ くせえぞこりゃあぁぁぁ
ばおぶあじょjだシャバダハディバ゙ジゅ  おぱ゚アアアアアアアアあああああ
 

217 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 00:07
>>216
↑なんか言えよ
 

218 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 01:59
小説は想像力を喚起します。
絵が用意されないので、自分の記憶を用いて、イメージを作り上げます。
まさに自分と向かいあうって感じです。
それと、言葉っていうのは、意味が直接語りかけてきますね。

219 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 01:12
unko

220 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 04:36
言葉やセリフを基調とした漫画は意味ないのかな?

221 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 04:40
ちなみに漫画を小説にした奴って大抵イタいね。
なんか。

222 : :01/12/25 16:33
>221
「俺だって、その気になれば小説ぐらい書けるんだぜ」と勘違いした若いアニメ脚本家が
作者である場合が多いからでは?
藤川圭介も言ってたが、最近のアニメ脚本家は原作の能力が無に等しい。
だから、ノベライゼーションとなると、元の漫画の設定だけに頼りきってしまう。
独自性の欠片も無い作品がつまらないのは当然。

223 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 17:08
それは別に漫画に限ったことではない。

224 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 05:51
主人公が延々と小説を朗読するマンガをかけば、小説⊂マンガにはなる。
マンガの方が偉い?

225 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 15:18
そんな漫画つまらんわ。
小説>>>>>>>>>漫画

っつーか「⊂」この記号なにさ?タンポン?

226 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 12:54
……何でこんなに小説が劣勢に立ってるんだろう。
なんか小説が可愛そうになってきたので、擁護派に回ってみます。
小説が漫画に対し優れている点、ざっと列挙してみますね。

まず、人物、物体、その他オブジェクトの意味内容の認識を、名詞レベルで行える。
小説では、ある意味内容と、その固有名詞を対応させるだけで済むが、
漫画では、その二者に加え、意味内容を示す「絵」を読者が対応させなければならない。
まさかキャラクターが名札をつけているわけにはいかないだろう。
そのため、たとえば数十人の登場人物が錯綜する推理漫画などを読むときには、
誰が誰だか分からなくなりがちである。

また、入り組んだステートメントを叙述するときにも、小説は優れた効力を発揮する。
漫画には確かに図解という強力な文法があるが、すべての叙述が図解でカバーできるわけではない。
たとえばゴーマニズム宣言を見れば、漫画というメディアの不得手が明らかになるだろう。
複雑な論理はその説明に多くの文章を費やすが、長い文章のかたまりは、漫画では嫌われる。
よって、そのような内容は、小説で表現した方がスマートといえる。

他にも、非視覚的な表現の容易さとか、代名詞による情報の整理とか、
いろいろありそうだけどうまく文章にできないので、今回はここまで。

227 :あのね:02/01/01 13:06
違ったジャンルを比べて討論することが無理。
小説でしか表現できないこと、マンガでしか表現出来ないこと、それぞれある。
★★小説でマンガよりも素晴らしい点を挙げよう★★
↑なんて言っている1は小説のこともマンガのことも馬鹿にしている。

228 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 13:42
>>227
いや、確かにどっちも得手不得手あるよ。
でも、だからって比較ができないわけじゃないでしょ。
「それぞれいいところはあります」で終わってたら、発展性がない。
漫画も小説も、物語を表現するメディアっていう点では共通している。
だったら、共通点と相違点を抽出することは可能じゃないか?

229 :名無し物書き@推敲中?:02/01/02 23:14
小説は読者の想像力を使用するため、多用な表現方法が可能になる。
が、見た目で内容がわかりにくい=ユーザーインターフェイスが悪い。
宣伝や批評文などを参考にして買うなど、手に取られにくい。

漫画は見た目がすでに、相手を引き込むインターフェイスになっているため、
手に取られやすい。
が、それが欠点でもあり、作者の画力、作風に、表現力が制限される。

230 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 07:56
>>229
想像力に委ねるのが、多様な表現を可能にするのか?
そこらの因果関係を、もっと明確にしてくれないか?
それに小説の文体は、ぱっと見では分からないのか?
宣伝や批評によって漫画に手を出すことはないのか?
作風に表現を制限されるのは小説も同じではないか?

231 :くろとしろ:02/01/03 09:35
要するに漫画は絵なんです。活字と比べちゃいけません。漫画で
活字なのは大抵セリフと擬態音だけでしょ。つまりどうしても
必要な音だけは仕方が無いから書くんですよ。それ以外はいらない。

232 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 12:17
小説は一人で良い物が書ける。連載も可能である。
マンガは一人だと大変。連載なんてもっての外

233 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 19:02
漫画描きのストーリー構成でも、小説好きから入った奴とアニメから入った奴の差はかなりある。
ストーリ構成とか、微妙な心理描写の表現が上手い奴は大体が小説から。さらに設定マニア。

234 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 14:51
純粋培養の、漫画から入って漫画、ってパターンはないの?
あと、月刊誌とかだとひとりでやってる作家さんもけっこういるよー。

235 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 15:05
小説なら、週刊誌の連載が複数でも一人で書く
マンガは一人ではビックに育てない

236 :コピペ:02/01/04 16:53
お金の話はちといやらしいが、
税務署レベルの話で言えば、
申告職業の単純頭割りの平均年収だと、
漫画家>>脚本家>エッセイスト>小説家>ルポライターらしい・・・
まあ、職業としての『漫画家』『脚本家』は、
大まかな文筆業(エッセイスト、小説家、コラムニストなど)に比べ、
絶対数が少ないから割と有利ではあるが。
勿論、売れる売れないのレベルの圧倒的年収格差はどの分野でも自明。

237 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 00:02
おれは年収100万でもいいから小説家になりたい。

238 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 01:11
なんかの統計で読んだが、
商品として流通している印刷物の発行総数のうち、
30〜33%→漫画関係
6〜8%→小説関係
だったような気がする。
んでもって、職業としてのプロ志望者数(賞数×応募者数)
は小説家>>漫画家・・・
圧倒的に需要が少ない方が圧倒的に供給(プロ志望者)が
多いという滑稽かつ矛盾した現実を見れば、
ある意味「小説」と比べた場合の「漫画」の強さは神懸かってる・・・

239 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:02
そりゃあ小説は、文字さえ書ければ一応はできるものだから、敷居は低くなり、人口も多くなる。
だけど、ある程度以上の(「見れる」)レベルに達した人数を見れば、小説も漫画も似たようなものだと思う。
全体数だけを見て判断するのは、愚行だと思うな。

たとえば、他ジャンルを見れば分かる。エンターブレイン主催の、創作ゲームコンテスト。
ttp://www.enterbrain.co.jp/gamecon/
このコンテストでは、応募作品のプログラム言語は不問で、
なおかつスクリプトのみでまったくの初心者にも扱えるツクールシリーズによる作品も受け付けているのだが、
応募作品(つまり玉石混淆でのオリジナルプログラム作品・ツクール作品の応募数)は
ゲームコンストラクション作品部門(ツクール) 791
オリジナルプログラム作品部門(プログラム)  37
となるが、第一次審査通過作品(つまりある程度以上のレベルを保った作品群)となると、
ゲームコンストラクション作品部門   59作品
オリジナルプログラム作品部門  13作品
このようになる。
コンテストの性質でオリジナルプログラム作品は集まりにくいというのもあるが、
これだけ応募作品がツクール作品に偏っている事実に反し、
一般に、ツクールに関する書籍よりは、他のプログラム言語に関する書籍のほうが出回っている。

以上のデータを、ツクール→小説、プログラム→漫画、に置き換えて考えてみるといい。

240 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:14
冬厨はゲーム作家志望が多いな

241 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:14
というか、現実には「小説」の商業的パイ&社会的必要性及び影響力が
年々神懸かって弱くなっているんだけどね(苦笑

242 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:40
ヒット作を出せる人間が減ってるってことね。

243 :くろとしろ:02/01/05 15:11
小説は年寄りになっても書けるけど、漫画は書けない。

244 :宮城県:02/01/05 17:26
そうかなあ。

245 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 21:19
239は痛いね

246 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 23:14
出版社勤務の友人の話では、
「一部の堅実なエンターテインメント作家を除いては、
 週刊誌や単行本で優秀な漫画家さんが沢山稼いでくれてるから、
 その他大勢の糞みたいな小説家が本出せるんだぞ!」
とのこと・・・。

247 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 23:19
小説本の編集が漫画の編集より素晴らしいと熱く語って
K川書店の面接で落ちた。
電子書籍を重視して海外まで市場を広げようなど提案するも、
「小説はコミックスと違って売れねんだよ!」で却下。
さすがメディアミクスの帝王。

248 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 02:25
いや小説も面白い長編を最後まで書ける奴の絶対数なんかはかなり低いよ。
同人誌サークルが何十万もあるように、ある程度の絵なら誰でも描ける。
千の言葉を込めた努力と運が重要だね。

249 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 11:32
いわゆる巷のアンケートなどで、
若い世代(十代後半から二十代後半まで)の社会認識の中で、
職業的尊敬度&憧れ度が漫画家>>小説家になったのはもう数年前・・・

250 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 15:22
246が正しいんだろう。売れてる人間がいるからこそ、社会が回っていく。
248も当たり前のことを言ってる。同人誌サークルが何十万とあるかは疑問だが。
当たり前の努力で成功を掴もうとするのは難しいのかな。

251 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 18:35
だから、デジタルコピー技術の隆盛で漫画だろうが小説だろうが
作品の印税で食っていける”プロ”の表現者は将来的に存在できなくなります。
(もちろんアマチュア=同人市場も法の庇護が手薄であるぶん、
 より一層早い段階で崩壊するでしょう)
つまり、全ての表現活動は無償で行う趣味的なものとなり、
漫画も小説も他の仕事を持っている人間が余暇で創作するものになります。
そうなった場合、創作により多くのコスト(手間)のかかる漫画の方が、
文化的に衰退していくであろうことは想像に難くありません。
(小説をアプしているサイトはたくさんあるのに、漫画を無償でアプしているサイト
 は見たことがありません)

故に、遅くとも10年以内には小説>>>漫画が動かしがたい現実になると思われます。

252 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 18:38
>>251
漫画を無償でアプしてるサイトいっぱいあるじょ
http://www.otchy.com/wcrank/

253 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:02
所謂、書籍(小説、雑誌、コミックなど)の購入者の
八割が四十代以下・・・
しかも世代が下に行くほど、書籍購入の内訳は
漫画>>小説になっていく現実・・・
その若い世代が将来的には、文化風評を作り、
一般世論をリードする主要な社会構成員となる。
将来的な話をすれば、今後益々「漫画」と「小説」の
商業的パイ&社会的地位は広がっていく可能性大・・・

↑ てなこと、こないだ新聞で読んだ気がする。

254 :251:02/01/06 19:02
>>252
なるほど、これは不勉強でした。
しかし、漫画=ヒットすれば一般人より稼げるという通念がなくなることが、
多くの志望者たちから創作のモチベーションを奪うであろうという私の意見の
趣旨は理解いただけると思います。

しかし、専業の表現者を目指している人々は、ご自身の人生設計をどう考えているのでしょうか…
これからただでさえ貧富の差が増大する弱者淘汰の時代に、
収入につながらないスキルに精進すると言うのは無謀だとは思わないのでしょうか。
まあ、漫画家ならここ数年以内に億単位のヒットを飛ばして
生涯年収を稼ぎ、逃げ切るという手もあるかもしれませんが…あまり可能性は高くないでしょう。

255 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:10
>>254
赤川次郎を目指せ!
書いて書いて書きまくれ!

256 :251:02/01/06 19:13
>>253
ですから、デジタルコピー&頒布技術によって
あらゆる著作物の商業的パイ自体がすべて消えてしまうだろうというのが私の主張です。
個人的意見ですがWINMXをはじめとするP2P技術は、
活版印刷以来の技術革新であると考えています。
どれだけ法で縛ろうとも、著作物は無料で手に入れるという概念が
最終的には大衆に浸透してしまうでしょう。
表現者の懐には一銭もお金が入ってこなくなるわけです。

ただ、そうですね。社会的地位が充分に高くなれば、
漫画が文化財として国の保護の対象になることも考えられますね。
優秀な漫画家は税収から割り当てられた基金で生活し、
創作活動を行うことになるわけですね。
それが一筋の希望的観測でしょう。

257 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 12:11
十年後、「小説」は今の十分の一程度しか
出版されなくなる・・・
という某大手代理店の予測。。

258 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 10:59
内在的に漫画には絶対勝てない・・・っていったの吉本○○だっけ?

259 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 11:29
漫画

絵かけないと
アイディアがあっても没

260 :名無し物書き@推敲中? :02/01/10 11:55
WINMXってこの板では使ってる奴いるの?

261 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:07
ねーねー、なんでお金の話になってるの?
みんながプロになるわけじゃないんだし、いいじゃん別に。
ここで語るべきことは、メディアとしてどっちの方がどういう利点があるかって問題じゃないの?

262 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:32
なんで「いいじゃん」なんだ? いっちょ具体的にたのみたい

263 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:53
商業的観点からの話は、正直不毛だと思う。
みんながみんな、「金になる」って観点で小説/漫画を書いてるわけないじゃん。
それでも書いてる人は、書くのが好きだから書いてるだけ。
同人やってる人がこれだけ世の中に多いのがその証拠。
もし、物を書いて稼ごうなんて考えてる人がいたとしたら、
そんな非現実的で甘い考えの人間の書いた作品の程度なんて、たかが知れてるね。

それに、そんな不毛な議論を続けてて、「出版業界は絶望的です」なんて結論を明らかにしたところで、
このスレッドで得るものなんて、何がある?
それぞれのメディアの得手不得手を明らかにして、物語表現に適切な表現手法だの何だのを模索する。
純粋に技術論としてそういう方向性に持ってく方が、よほどこのスレを有効利用できるんじゃないかい?

とまあ、そんなことを云いたかったのです。

264 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 00:55
>259
小説

文章力ないと
ネタが良くても糞

265 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:00
漫画家で、尊敬できる人は萩尾望都だけ
小説家には、尊敬してる人がたくさんいる
特に、志賀直哉らh

266 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:00
漫画家志望だけどさ、週刊漫画家は辛いと思うよ。
アシスタントに頼る分が大きいから相当売れないと生活できないかも。
あと、絵は描けるけど話がかけないってヤツが多いらしく、専門学校関係者とか彼の休載漫画家も嘆いていたな。
漫画描こうと思ったら基礎の起承転結はもとより、小説書けるぐらいの構成力が要ると思われ。
冨樫曰く絵描いている暇ないそうだ(w

267 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:12
漫画にしろ小説にしろ
いい物語を作るには、構成力は当然!!!!!必要だと思う。
そのあたりをおろそかに考える漫画家志望が多いから
いい漫画家が育たないのかも。
昔は、純文学崩れが漫画家になった。
今は漫画家崩れが(流行)小説家になってたりする。
今後の展開はどうなるのだらう

ちなみに私は、娯楽としては漫画は大好きだ

268 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 12:21
>>265
以前ア○ヒ新聞の読者アンケートでは、
若者(10代後半〜30代前半)の尊敬できる職業は
漫画家>>>小説家らしい・・・

269 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 18:29
小説家の復権は、読者を感動させる大作家が登場しないと無理かもな。

270 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 18:48
>>265は間違い

271 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 19:16
★★漫画で小説より素晴らしい点を挙げよう★★
っていうスレを漫画板に立てたらどれだけ恐ろしい事になるだろう

272 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 19:40
>>269
いくら感動の作が出ようとも、敷居を低くしなきゃ無理だ。
名作と売れる作品は違うよ。そこ混同しちゃ困る。

273 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 20:12
小説に関しては単独での復権は難しいかもね・・・
ただ、質の良いエンターテインメントの提供者という点では、
漫画も映画もドラマも演劇も小説も音楽もというように、
優れた才能の持ち主が複数の分野で活躍するようになるかも。
結局、漫画家も脚本家も戯曲作家も小説家も、
ある意味「使う筋肉」の七〜八割がたは一緒なんだから、
本人がその才能をどこに落とすか、どこに集中させるか、だと思う。

274 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 20:41
>>273に同意。
んで、それぞれのメディアでは、
たとえば漫画なら図解が使えるとか、たとえば小説なら論理的な文章が展開できるとか、
文法の違いから来る、表現の得手不得手があるわけだから、
そういったメディアの利点を照らし合わせて、自分のお話に相応しいメディアを選択する。
それが、そのお話を効果的に見せる方法だと思う。

275 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 21:12
小説にせよ、漫画にせよ、既存のお約束ネタに頼っている限りは衰退しか
道はない、という点では共通していると思う。
もう男女の不倫の話やケンカの強い不良少年の話などではウケんだろう。
これからは、現実をノンフィクションでなく完全な娯楽フィクションにする
ようなテクニックを見せんかぎり、作家は生き残れないと思う。
例えば、朝鮮総連をモデルにした組織の裏金作りの物語とか、菅直人を
モデルにしたキャラクターがチベット人虐殺を応援する物語とか。
もちろん、必ず誰かから恨みを買い、時には命すら狙われるようになるかも
しれないが、ここまでやりでもしなければ今後は読者を得ることなんてでき
ないような時代がくるかもしれないぞ。
「作家とはテロに狙われる覚悟を持った人でなければなってはいけない職業である」
という時代がね。
最大の問題は、そういう物語を理解できる編集者がいるかどうかなんだけど。

276 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 21:23
あげ

277 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 22:02
小説は右肩下がりだが、漫画はまだ増大の余地ありというのが、
出版社の見方らしい・・・

278 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 23:19
物語に関しては「間」が重要かな。
間は小説にも重要だけど、漫画の方が扱いやすいと思う。

ただ、いちいち描写に手間がかかるのは漫画。

279 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 10:13
>277
それって、玩具メーカーや食品会社とのタイアップ漫画の需要が見込めるから、という
文化性ゼロの理由からかな?
力のある漫画家の多くは「漫画は伝統工芸のようになってしまうだろう」と見ているんだけど。

280 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 12:01
飽和市場と呼ばれる小説も質の良い作品は不足しているようで。
今氾濫しているのは駄作だろうが。

281 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 13:29
>>271
確かに恐ろしい結果になったみたいだよ。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1010831714/

282 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 01:03
抽象的な表現だが、
小説は読みたがる人より、書きたがる(批評したがる?)人が
増えたことも大きな衰退の原因だと思ふ・・・。

283 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:39
某出版社の編集長曰く、ネットでの大量のオナニー小説の垂れ流しが、
「小説」=面白くないもの という一般人への先入観を作っているというが・・・

284 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:58
それだけじゃないと思うけどな
だってネットで人気がある小説って、ハッキリ言ってシナリオみたいなの多いもん
読むほうの意識が変わったんだろ

285 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:59
そーかねえ。ずいぶんと妙な考えをする編集長だね。
ネットに溢れるオナニー小説など誰も見んよ、もとから。
小説を大衆から乖離させる一番の原因は、無意味に小説を芸術たらしめようとする世の風潮なんじゃないのかね。
読書が趣味だっていうと高尚だと思われちゃうあたり、そういうのを如実に感じる。
文化は、生活の場を離れたとき、その生命力を失うんだよ。

286 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:00
そうだな

287 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:12
小説=芸術と思わせたい&思われたいのは
一部の勘違い作家&団塊世代の生き残り編集者だけであって、
世論はとっくに見放してる&社会的影響力を感じていないと思ふ。

288 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:13
>>283-286
すげぇ(笑)。時間帯が込み入りすぎて、誰がどれに賛同/反対してるのかさっぱりだ。
ちなみに私は286に禿同。

289 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:53
そういえば、ギャグ漫画はあるのにギャグ小説ってないよな。
“芸術”ゆえにお高くとまっているためかな?

290 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:57
ユーモア小説家を殺せるセリフ……
つか、>289、本屋へ行け

291 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:13
>>285に同意。
>ネットでの大量のオナニー小説の垂れ流しが、
>「小説」=面白くないもの という一般人への先入観を作っている
なんて言っちゃう編集長が存在するってのも、
文芸衰頽の理由の一つなのかもな。

292 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:21
要するに、なんか流行っぽい他のメディアのせいにしとけば、
自メディア自体が衰退してるわけではないという面目が
保たれるからじゃない?

293 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:23
>>289
中島らもは?

294 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:28
「ユーモア小説」「コメディ小説」はあっても、
「ギャグ小説」ってほとんどない気がする。

295 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:35
結局、衰頽して行くメディアってのは、
大衆から「選ばれていない」それだけなんだよな。
色々原因はあるんだろうけれど。
ゲームやアニメや、マルチメディアがもてはやされる昨今、
小説がその中で、より伝わりにくい媒体になって来ている事は確かなんだろう。
手近な娯楽が「小説本」しか無かった時代から、漫画が出来て映画が生まれて、
ビデオが普及して、アニメやゲームが出来て、
お部屋サイズの娯楽の対象がこれだけ分散してるんだもん。
ウン十年前に比べて小説が読まれなくなって来てるのはしごく当然でもあるんだろう。

296 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:44
>>289
『直感的に笑わせる小説が無い』ってだけだろ。
たしかに絵見ただけで笑える漫画は多いけどな、
文章で笑わせる小説だって有る。
もっとネギ食えネギ。

297 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 09:37
     

298 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 14:23
小説の方がマンガよりも密度が濃い。

299 :名無しさん@お腹減った:02/01/20 15:31
どちらも、人の心を打つことに変わりはない。

300 :妄想100%バカ:02/01/20 16:25
小説でも、やりようによってはギャグできるんじゃないのかな?
今回変わったの書いてみて思ったよ。

301 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:31
視覚的なオチを
読者の想像に頼らざるおえない点がマイナスでは。

302 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:39
ギャグってのは、提示されるふたつの情報の落差が基本だから、
文字だけの小説が、文字と絵の両方を使える漫画に劣るのは、仕方ないんじゃないかね。

303 :一読者:02/01/20 16:40
視覚的なオチを、
読者の想像のままに膨らませる事が出来るのが
小説の大好きな点ですが。

304 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:46
漫画も小説も随分読んで来ましたが、
漫画では泣いたり笑ったりした事はあるけれど、
心の底から衝撃を受けたり感動した事は今までない。
小説では、そんな経験が何度もある。
そんな単純な理由で漫画より小説が自分にとっては素晴らしい。
今後読むものによって変わって来るのかもしれないけれど。

305 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 20:05
漫画「魔人-DEVIL-」(全二巻)読んで感動したよ。
まぁ、小説の方が深く突き刺さるだろうけど、ね。

306 :名無し物書き@推敲中?:02/01/21 11:27
おいおい、そんな主観的なこと云われても、優劣の証拠にゃならんよ。
どっちのが感動するかって全国アンケートでも取って、統計学的に決めてみるかい? ナンセンス!
もうちょい客観的論理的に話を進められんかね。仮にも物書きだろ。
せめて「何故小説の方が感動するか」の分析くらいはしてもらいたい。

307 :.:02/01/22 00:29
私が感動するのは、自分で及びもつかないことを気づかされるときやな。主観。

308 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 05:15
何故、感動するのかがわかってりゃ、
もう本がミリオンヒットしてるっつーの。

309 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 00:31
分かってても、書けるかどうかはまた別だ。
たとえば親しい人が死んで喪失感に苛まれる話は感動するぞ。白い犬となんとやらとかな。ほら書いてみろ。

310 :名無し物書き@推敲中? :02/01/23 00:42
>>305
大暮の漫画なんざで感動すんなよ、ボウヤが。

奴の売りはアクションとエロだよ。
それ以外求めたらダメ、ダメよ。

311 :.:02/01/23 11:32
>310
いや、「宇宙の全ては死に集束していくように作られている」と、「知恵で敵を倒す」、「知性の高い人間が最強の生物」という三点に感心した、ってだけかなあ。

別に、ボウヤでもいいよ。
ニルスで感動できるんだから。

312 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 11:15
>>309
だから、何でそれに感動するのさ。人間は。

313 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:09
>>312
要するに感動は緊張と緩和であり、不安と充足だよ。人間の感情ってのは突き詰めりゃ快と不快の二極なんだから。
……とかなんとか自説を披露するのはできなくはないが、めんどいからやんない。
そもそもここは物語構造の観点から感動を語る場じゃないしな。
テレビの仕組みが分からなくてもテレビが見れるのと同じく、感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。それとも本当に、それも分かってないのか?

さて。白い犬となんとやらは、感動の物語によってミリオンセラーとなった。
君が同じ感動の物語を描こうとも、たぶんそれほどは売れない。
なぜなら白い犬は、優れた演出によって、そのストーリーを味付けしているからだ。
あ、出版の戦略やら宣伝やらの話は、まためんどくさくなるから云うな。

とにかく、だ。
感動は純粋に物語構造によってのみ呼び起こすものじゃない。
演出とか文法とか云われるものに、その存在は大きく依拠している。
>>309では、そういうことを指摘したかったんだわ。

それでだよ。こっからが本題だ。私が>>306で云いたかったことはつまり、
小説と漫画、どっちの「文法」が、どういう点で感動を演出しやすいか、それをきちんと考えろ、ってことだ。
同じ物語があったとする。小説と漫画(もしくは映画、演劇、なんでもいい)それぞれで表現した場合、どっちにどういう利点があるのか。
そして結局、どういう物語が、どういう点でどういうメディアでの表現に適していて、どういう表現を使ったときその物語がもっとも効果的に演出できるか。
ここはそういうことを語るスレだと思っていたんだが、如何か。

ってことを云いたかったんだが。ちょっと言葉が乱暴すぎたな、ごめん。

314 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:38
>>313って典型的なバカタイプだね
>>309に禿同意

315 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:41
>>281
おまえが立てたの?
確かに恐ろしい結果になってるけど。
小説の立場的に恐ろしい結果じゃなくて、スレの立場そのものが恐ろしい結果になってるじゃん。
ちゃんと責任もって育てろや。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1010831714/


このスレだって最初は糞スレだったけどここまで名スレに育ったじゃねえか

316 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:43
>>313>>309って同一人物なんじゃ?

317 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:44
>>314の訂正

>>313って典型的なバカタイプだね
>>305に禿同意


318 :312:02/01/26 07:02
根本的に、313と俺の意見が噛みあってない……。

319 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 07:25
313は文読んでの通りバカそのものだろ・・

320 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 10:27
才能は目に見えないから素晴らしいんだ。

321 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 19:20
>>317、319
どこらへんが? バカだから分からんので、教えてくれると嬉しい。

>>312
噛み合ってないも何も、意見らしい意見述べてないだろ。
いつ君が、小説と漫画を比較した?

322 :312:02/01/26 22:25
だから噛み合ってないっつーのに……。

だいたい俺だけじゃなく、お前だって比較の意見述べてねーだろ。
分析しろとかいう前に、自分で分析してくれよ。
それとさ、「白い犬となんとやら」って何?
例を上げたいなら、ちゃんと調べてからにしてくれ。
そこらへんで煽ってる奴の相手なんてしてねーでさ。




323 :312:02/01/26 22:27
>感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
>とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。

死ねば感動する?随分安っぽい価値観だな。
少なくとも俺は、そんな押し付けがましい感動作品は読みたくないね。
物語の構造より、演出や文法で感動するってのには俺も同意するけどさ。
お前のこの論理には、物語の構造より演出や文法が(・∀・)イイ!!と感動するって根拠がないじゃねーか?
こんなこと書いて矛盾を感じないの?

お前の例えを持ち出せば、
「テレビの仕組みがわからなくとも、テレビは見れる。
だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない」けど何か?


324 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 22:40
>>323
おそらく自分の主観でしかものが見えていない阿呆だと思うから意見が噛み合わなくて当然でしょう

325 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 23:55
いや、論点がずれていることを指摘するためにレスを費やしちゃならんのか?
そもそも噛み合う意見もないってのに、何のどこが噛み合ってないと君は云うんだ。
ちなみに別に、私は君に意見を強要してなどいないぞ。ただ「噛み合ってない」発言に反論しただけで。

私は、とんでもない方向に向かって戻ってこない話の流れを戻すために発言した。それだけだ。
新スレで話題を振るわけでもなし、話の流れを整える役割だけこなしても構わんだろ。
もしそれでも私の意見が聞きたいってのなら、とりあえず既に、>>226とか>>274で述べてある。
これで文句ないな。

「白い犬とワルツを」、つい最近ベストセラーになった、割と有名な小説だが?
簡単にストーリー説明すれば、妻を亡くした男が心の隙間を埋める話だ。
知らんかったなら、既知のものとして話を進めた私が悪かった。ごめん。

>死ねば感動する?随分安っぽい価値観だな。
……いや、普通に、一般論を述べたんだが。
そこいらに溢れてる安っぽいドラマや三流小説見れば、一目瞭然だろ。
小林秀雄も云ってるが、人間の不安の源泉ってのは、突き詰めれば他者と死だけだ。
その源泉のひとつをモロに表現してるんだ。モチーフとしてはこの上なく有効だぞ。
ま、安易にそういうの使った作品読みたくないってのは同意だ。

>お前のこの論理には、物語の構造より演出や文法が(・∀・)イイ!!と感動するって根拠がないじゃねーか?
読み違えてくれるな。誰も物語の構造を軽視してるなどとは云ってない。
だがここは、漫画と小説を比較するスレだろ? なら物語の構造については語るな。
このスレでも、三百を超えるレスのうち、どれだけトピックから脱線してきたよ?
ちゃんとした話がしたいなら、論点をきちんと把握して、余計なことは黙ってろ。ってーことだ。

>だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない
じゃ、ちょっと言葉を変える。「テレビを作るときに、ダイオードやプロジェクターの細かい部品を理解する必要はない」ってことで宜しいか。


>>324
「思うから」か。わはは。確かに自分の主観でしかものが見えていない阿呆だ。
とりあえず君とは意見が噛み合いそうにないのは分かった。

326 :312:02/01/27 01:59
あのさ、長文レス返してもらって悪いんだけど。
だったら俺のレスなんて、最初から無視すればよかったんじゃねーのか?

長文のわりに中身が無いし。
脱線から修正するカキコのわりには、俺の問いに対する答えも無いし。

やっぱ噛み合ってないよ。


327 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 03:28
小説→漫画→アニメ、もしくは小説(脚本)→映画
が本来の流れなんだよ!日本でハリポタ並の小説が出れば間違いなく漫画
とか映画も出る。バトロワとかがイイ例。
つまり、世界観が完璧に出来あがっていればアニメみたいに全部視覚で
表現できる。感動する小説が書けない奴には感動する漫画も描けない。

328 :309:02/01/27 15:13
いや……長文レスでなくていいなら、私が云いたいことは>>306>>309でおしまい。
そこいらに君がレスしたから、補足説明した。それだけだが。

無視すればいいって……それじゃ話が発展せんだろ。
レスされて、その意見に思うところがあればレスする。当然のことじゃないか。

で、問いってのはどれのことだ? 「何でそれに感動するのさ」のことか?
だったら、「どうでもいい。ここはそれを語る場ではない」。そう繰り返し云っている。
つーか、そもそも君、私の発言読み違えてないか? >>306で私が云ったのは、
「何故感動するか」ではなく「何故『小説の方が』感動するか」を分析しろ、ってことだぞ。

もし私の長文が嫌なら、もうちょい君が詳しく書き込んでくれ。
君の意図がよく分からなくて、推測で書くからこれだけ長くなってるんだが。
根本的になんか私が勘違いしてるならすまないが、ならどこが噛み合ってないのか、具体的に教えてくれ。

329 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:09
こいつ必死だな(w

>>326
無視できなかったのはプライドだけは高い馬鹿だからだろうな
こんだけ長文書いてるのに、みんなからどんどんアホ扱いされはじめていく馬鹿で
それに対してブチキレまくりの高いプライドw



330 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:16
↓結論

331 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:50
どっちもどっち

332 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 01:19
電波1人で必死になって自分の偏った主観押しつけようとしてるだけ

333 :312:02/01/28 05:41
だから、答える気がないならレスるなっつーの。
大した意見を言ってない俺に、何でそんなつっかかるのかがわからん。

あと、わかってないと思うので一応言っとく。
俺は305のレスした奴じゃない。

334 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 10:03
>何でそんなつっかかるのかがわからん。

単細胞だからでしょ


335 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 01:12
漫画は芸術ではない。絵を見せるものではないからだ。
漫画は文学ではない。小説よりも説得力に欠けるからだ。

漫画はこれ以上のない最高の「娯楽」であり「風刺」である。

336 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 02:24
>>335
小説だって大半が娯楽だよ。

337 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 03:04
えーと、個々のメディアの表現の可能性が、含む含まれるの関係にあるかどうかってことでしょ。
重複しない部分があるのならそれで意義はあるわけだし。私の疑問はワーグナーは映画監督を目指すのかってことなんだけど。

338 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 03:15
309か
久々に電波のつよい厨房を見たなぁw


339 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 09:29
あれだけ粘着してた309が大人しくなったな。
結局>>333のレスで自分の愚かさを自覚したのかな


340 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 09:36
まあ、そんなとこです。

341 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 13:46
漫画があれば、小説はいらないってのはちと納得いかない。
漫画と映画とゲームと・・・等すべての娯楽メディアがたばになれば
小説はいらない、と言い切れるかもしれない。
小説ってのは、心情、社会風刺、悲哀、歓喜そういう、人類普遍の
テーマを扱うのに、もっとも適した方法だと思うから、捨てがたい。
では漫画はそういうものをかけないのかっていうと、絵が前面にでてる
だけあって、抽象的なものを描くのは、キャパシティー的に大変だ。
もちろん、小説並にかきこんである漫画もあるが、そういうものは
真っ向からテーマにいどんでいても、どうしてもうまく匂わすことで
読者の本能的な直感に訴える結果になってると思われ。
そのかわり、視覚的な効果とか、分かりやすさといったものは、はるかに
漫画の方がすぐれている。
ただ小説をまったく読まないという穴は、かなり埋めがたいとは思う。
小説を読むことはストーリーの構築を学ぶことだから。小説を漫画に
直すのはけっこうたやすいが、漫画を小説に直すのが難しい、(っていうか
できあがったら別物になってるだろう)というのを考えると、小説は
その本のひとつの世界を作り上げるのがたやすいことが分かるだろう。




342 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 14:13
良いものはジャンルに関わらず良い。
それが漫画だろうと小説だろうとね。
漫画とか小説とかにこだわらないようにしています。

343 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 23:21
どっかの雑誌に書いてあった各ジャンルのプロ志望者の総人口
小説家>>漫画家>脚本家>映画監督

んでもって、各ジャンルのプロ志望者の平均ポテンシャル(プロとの平均能力差)では、
映画監督>脚本家>漫画家>>小説家だった・・・

独り善がりの志望者が一番多いのが小説ってこと・・・?

344 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 23:53
そりゃ、小学生でも文章らしきものなら書けることは書けるからね。
敷居が低くなればなるほど、裾野が広がるのは当たり前。
でも、脚本家と漫画家の位置が解せないなあ……そこは単に、人気の差?

345 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 00:39
小説にしか出来ない構成があると思う。
映画と漫画では理解不能となるところが、小説ではいくらでも説明できる。
作者だけがみている物語全体のビジョンが伝わりやすい、と思う。

良い面しかみてない意見ですが。

346 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 02:10
309出てきて反論しろよ逃げるなヴォケ

347 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 07:19
http://www.ff.iij4u.or.jp/~fjk/
小説更新してくれよ〜たのむから!

348 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 10:45
 

349 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 21:57
>>327
ハリーポッターで満足出来るなんて羨ましいよ。

350 :327:02/01/31 00:02
>>349
ハリポタで満足できん・・・
読みにくいし世界観も好きになれない。

351 ::02/01/31 00:44
具体的に。
叙述ミステリーというジャンルは、小説では表現できるが、漫画では
表現できない(と思う)。

352 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 01:14
309は逃げたか

353 :309:02/01/31 12:25
私が今更出てもウザいだけだと思うんで、もしそうだったら無視しといてくれ。
>>333 すべては私の勘違いだったわけか。すまんね。
あとついでに>>346,352、私を煽って荒そうってなら無駄だよ。
私は少なくとも自分の考えを一貫させてるつもりではあるんで、マトモになんか問い詰めたいことあるならいつでもどうぞ。

354 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:03
>私を煽って荒そうってなら無駄だよ。


誰もおまえの考えに共感を示さなくてお前が叩かれてるだけだろ。


355 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:12
>>354
>>誰もおまえの考えに共感を示さなくてお前が叩かれてるだけだろ。

>>312あたりで
>>346 >>352はただの煽りだと思うが?
>>309>>309で煽りに反応して出てこなけりゃいいのに・・・。
所で最近、他人の主観を否定して
自分の主観や思考を押し付けたがる奴が要るけど同一人物?

356 :309:02/01/31 13:52
>>355
別に押しつけてるつもりはないんだけどな……
ちゃんと、私の意見の「どこが」変かを指摘されたら、意見変えるよ。
ただ、みんな「噛み合ってない」「電波だ」としか云わなかったっしょ。
それじゃ、何がどう違うのか分からないじゃん。
私はそれが嫌なんよ。だから、何か云われたら必ず、長文を費やしても、
「何が」「どうなのか」自分の意見を述べるってスタンスを取った。
ま、それがウザかったみたいだけどね。
とりあえず私が書いたのは、>>263 >>285 >>302。以上。

あーあ。また粘着だとか云われるんだろうなー。粘着でも、言い捨てよりはよっぽど生産的だと思うんだけどな。
もし私に「もう出てくんな」とか云いたかったら、言い捨ての方が生産的だって私に納得させてね。はぁと。

357 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 14:30
>>356
>>お前の例えを持ち出せば、
>>「テレビの仕組みがわからなくとも、テレビは見れる。
>>だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない」けど何か?

ざっと読んだだけだから違うかもしれないけど↑の辺りかな?

>>テレビの仕組みが分からなくてもテレビが見れるのと同じく、感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
>>とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。それとも本当に、それも分かってないのか?

主観を押し付けるってのはここら辺では?

358 :309:02/01/31 22:41
あー、なるほど。ようやくすっきりしたよ。
確かに押しつける口調になってるな、謝罪する。

で、気付いた。よーやく気付いたわ。
要するに私が徹底的に意見交換しようとしてたら、話題が脱線してったんだね。
余計な話やめとこうぜ、と云いながら、私が余計な話ばっかしてたわけだ。こりゃ確かに電波だな。
すまんね、312、みんな。逝ってきます。

359 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 22:44
モンスターはそこらへんの小説より奥が深いぞ!

360 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 03:27
うわあまた309が暴れ出したのかよ。
良スレだったのに嫌なやつがすみついちまったなあ

361 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 12:26
>>360
嬉しそうだな?
ホントにイヤなら放置すりゃいーのに。


362 :312:02/02/01 15:56
まったくだ。

363 : :02/02/02 01:07
旦那のオパーイを舐めるのが大好きなエロエロ主婦が立てたスレだ。
なんでもこのスレが900までいけば旦那が好きなだけオパーイを舐めさせてくれると約束したそうだ。
だからなんとしてもこのスレを900まで行かせたいらしい。
というわけだからおまえらも協力してやってくれ。
連続コピペ、大型AA、トリップテスト、なんでもありだ!
900まで行ったらお礼として、後日、旦那オパーイなめなめパラダイスの感想レポートを報告してくれるそうだ。


旦那のオパーイをなめたい
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/ms/1012564574/

364 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 09:16
あーあ、とんだ駄スレになっちまった

365 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 13:01
ちょいとごめんよ。

>>309の粘着スタンスはこのスレのドライな雰囲気には、
確かに合わないかもしれない。いや、合わない。合うわけがない。
立ち位置も語り位置もずれっぱなしだ。

ただ、>>309の意見に対し、>>312以外、誰一人として
四つに組んだレスを返さなかったのはスレ住人としては不味かったのではないか?
それは>>309は指摘したと思うが。
>>312も、自分の意見というより、気分を述べただけに留まったようだけどな。
プロポジションとしては失敗だよ。

俺も久しぶりに、一人の長レス議論厨と数多の叩きとの図式を見た。
>>309はもう現れないと思うが(多分ね…)、
今度来たら、議論には議論で応戦するくらいの気構えはあったほうがいい。
多分、心ならずも>>309は、ここで彼に噛み付いたあんたがたの「議論ベタ」を
白日の下に曝け出す役目を担ってしまった。

あ、俺?
傍観者としてこういうふうに見てる奴だっているってことさ。
面倒だから、>>309がいた時には声かけなかったけどね(藁

366 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 17:25
>>355

>所で最近、他人の主観を否定して
>自分の主観や思考を押し付けたがる奴が要るけど同一人物?

イコール厨問題は穴本家スレでも見たけど、
繋げて考えないほうがいいんじゃないの?
あと、こっちもどっかのスレでこの309と
同じようなレス調子のレスを読んだけど、
コテでもないんだからほっといたほうがヨカとオモタけど。

でもこんな感じのスレ、とうに絶滅してたとオモタけど、まだあったんやね…

367 :312:02/02/02 21:19

(´-`).。oO(なんでこんな事になったんだろう?)

368 : :02/02/03 04:38
365=309だね

369 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 04:42
しー

370 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 06:56
309と312、先に噛みついたのはどっち?

371 :365:02/02/04 00:47
>>368
妄想ご苦労さん。違うよ(藁
しっかし、本当にここのスレは厨房が多いな。

372 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 02:56
371のレスを見て365=309だったと信じる気になった。

373 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 04:54
漫画の絵が嫌いだったらどうしょうもないだろ?

374 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 05:38
>>372
レスありがとうよ、イコール厨(藁
では>>309に再登場願おう。

375 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 12:28
粘着なところが309にクリソツ

376 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 12:31
漫画は既存の家に似ている。
小説は注文建築に似ている。

377 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 22:41
309は365に似ている。
365は309に似ている。

378 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 20:31
>>309はもう現れないと思うが」とか書きながら
「では>>309に再登場願おう。」っていうのが、あからさまに矛盾してるな。

379 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 21:08
その辺は是非本人(374=365=309)に説明してもらいたいね

380 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 08:19
そうだねw

381 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 22:01
365は「では>>309に再登場願おう。」と書きつつ309が現れないことで、
読みが外れてる=別人、という式を成り立たせようとしてると妄想してみるテスト。

382 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 00:39
まあ>>365を読めば、>>309なのバレバレだけどね。


383 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 07:25
代表的な小説雑誌の部数 10万冊
代表的なマンガ雑誌の部数 100万冊
小説って売れない

384 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 09:21
Dragonballの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっちが強い?

魔人ブウは

・最初のデブブウ
・デブブウを吸収した戦闘型体型の戦闘ブウ
・デブブウを引き剥がされて本来の状態に戻ったチビブウ

大きく分けて、この三段階に分かれるが
DBの議論になるとすぐ、戦闘ブウとチビブウで
どっちが強いか?の解釈がまっぷたつに分かれる。
ある人は「戦闘ブウのが強い」といい、ある人は「チビブウのが強い」という。
完全に真逆で対立しているのだが。
あなたはどっち??


さあ!!議論はこちらで!!↓

DBの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっち強い?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1013014577/


385 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 19:06
  しらねーよ

386 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 19:12
>383
ジャンプは600万部だろ?


387 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 23:04
>386
それは漫画バブルの頃の話。
今は300万部だよ。

388 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 22:10
  

389 :暇な男:02/02/18 00:26
漫画は絵で表現しているから人物がハッキリしているが

小説はある程度自分の理想の人物(顔等)
だと思える

390 :これだす:02/02/18 06:05
小説のほうがいい点その1
389と同様。マンガでもアニメ化されると声がちがう!と思うことがあるように、、、
その2 時間あたりの単価がやすい(笑)

391 :名無し物書き@推敲中?:02/02/18 12:32
なんか話がループしてるな……
誰か過去ログまとめないか?

392 :名無し物書き@推敲中?:02/02/21 17:33
表紙に主人公の顔のイラストが載ってたりすることがあるのは
なぜ?
出版社にとっては、ライトノベルなんてのはマンガの代用品という認識しか
持ってないということ?

393 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 06:29
>>391


(´-`).。oO(任せた)

394 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 06:32
>>392
それは
表紙イラスト・挿絵の人は、表現者ではないという発言かな?

395 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 14:02
>>394
違う違う。
このスレの流れでは、小説のメリットは、読者の想像力にゆだねられている部分が大きい、ということでしょ。
だけど、ライトノベルでは、「このキャラはこういう顔ですよ、この街はこんなたたずまいですよ」と
前もって示して、読者の想像力をしばっちゃってるの。
小説のメリットをわざわざ殺しているわけ。
なんでそんなことするのか、というと、想像力なんか使うのメンドくさい、という読者に
ラクチンをさせてあげよう、という出版社の配慮としか考えられん。
だけど、そんな配慮してくれるんなら、最初からマンガ読むわい!とオレは思う。
実際、ああいうことされると(絵柄が自分の好みにピッタリの場合を除き)
うるさくてうるさくてしょうがない。

396 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:08
ライトノベルを小説的観点から見るから、そういうことになってしまうんだと思われ。
漫画家と、その原作者の関係に近いんじゃないか?ライトノベルの場合。

397 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:36
とり・みき『マンガ家のひみつ』に収録されている、とり・みき×ゆうきまさみの対談で、
ライトノベルにおける表紙・挿絵の存在は、
単にかわいいキャラの絵が載ってりゃ読者はくらいつく、売れる、という程度の認識しか
出版する側は持っていない、だそうだ。
絵と小説とが一体となって作品を構成している、という認識はない。
(じっさいに読んでもそういう姿勢は感じられる。)

ティーンズに対して、本格的な小説を読ませるための経過的な措置として
そういうことやってるのなら、まだ分かるが、「呼び水」になっているのかも疑問だし、
だいたい最近は成人向けの小説にまで、その手の表紙が現れたりしている。

つまり、だ。
このスレで、小説の素晴らしいところは想像力をはばたかせられる余地が大きいところだ、
という話をしている一方で、
そういうメリットを出版社のほうでは全然メリットと思っていないとするなら、
小説の未来ってどうなるんだろう……ということを考えてしまいます。

398 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 00:02
 

399 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 02:30
ライトノベルと一般の小説を同列で論議しちゃあマズイと思う。
ライトノベルってマンガから派生してきたジャンルなワケで、容姿なんかが縛られるのは必然。
アニメとかマンガとかメディアミックスと切っても切れない関係だし、絵がなかったら同人とかどうしようもない。

ただ、出版する側の人間が表紙のアニメ絵を単純に呼び水として考えてるような。
いいかげんどうにかしろ、って感じのルーチンワーク。吐き気がする。

まあ文芸誌にアニメ絵が載るようになったら、小説の未来でも考えるべきかと。

400 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 00:28
「わさび抜きの寿司」って感じかねえ? ライトノベルってのは。
お子様の口にあうように合わせた、という。

401 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 00:38
でも「わさび抜きの寿司」がないとダメだろ?
誰も普通の寿司食わなくなったら意味ねえだろうし
俺はライトノベル読むことはないけど、その重要さは認めているぞ

402 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 04:49
>>401
おおむね同意。
このジャンルが売れてるってことが、必要とされてる証。


(´-`).。oO(作者側の都合なんて、読者はかんがえちゃくれねーよ。)

403 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 14:30
ただ、ライトノベル板に行くと、
わさび抜きの寿司にすっかり満足してしまい、
「わさびの入った寿司にもいずれ挑戦しよう」という気など毛頭ない人が
けっこういるみたいで……。
だったら意味ないじゃん、と。

気になって本屋に行って、大人向け小説の表紙だけ眺めてたら、
表紙にキャラの顔を描くにしても、抽象度を上げたり下げたりして、
読者の想像力をできるだけしばらないようにしているのは、
さすがプロのイラストレーターは違うな、と感心した。

404 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:54
ライトノベルなんて議論の対象になるか!
バカ向けのバカが書いてるもんだろーが!
このスレではマンガ擁護派の方が優勢みたいだが、
本当に大人が読めるマンガってあるのか?
あるなら具体例をあげてくれ。

405 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 01:49
ラブひな!!!
ラブひな!!!!!
ラブひな!!!!!!!!!!
ラブひなは、大人の鑑賞に耐えられるんだぞ!!!

406 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:10
作品の良し悪しなんて
個人の感性の問題だろーが。
だいたい、ここに大人の鑑賞に堪えられる漫画っての上げて、
お前にソレがホントに堪えられるのか判断できるのか?
>>404



407 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:32
小説を書ける漫画家がいたら、最強の表現力だと思うんだが・・・


408 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:43


(´-`).。oO(折原みと……。)

409 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 06:15
>406
できないよ。
でも、あると思うなら上げてみてよ。
できれば読むから。

410 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 14:44
>>409
スラムダンク、攻殻機動隊、ピンポン、ゴールデンラッキー、寄生獣、パトレイバー、
さくらの唄、トーマの心臓、無能の人、グラップラー刃牙、あずみ、日出処の天子、
羊の唄、ぷりぷり県、無面目、二千一夜物語、綿の国星、デビルマン、
とりあえずこれ全部読めば、一冊くらいは波長の合う漫画はあるのではないでしょうか?
でも、もしも生まれてこのかたほとんど漫画を読んだことがないのであれば、漫画の善し
悪しを判断する以前の問題ですので、少年ジャンプ等を数週分通読して、漫画の読解力を
つけるところからはじめるといいと思います。

411 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 20:23
少年誌は駄目だ……
漫画を馬鹿にする人って、少年誌だけ見て判断してるんでないかと思うが。

412 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 00:04
最近は大人向けの小説にも、分かりやすさ・読みやすさ重視路線が出てきてるぞ。
時代小説なのに、登場人物の思考様式がまるで現代日本と同じ、とか。
読者に想像力を使わせまいとしてるとしか思えん。
それが売れたり、評論で高く評価されたりしているのを見ると、なんとかしてくれ!と思う。
ライトノベルを笑っている場合じゃない。

413 :妄想百%:02/03/01 00:18
コマや吹きだしを気にせず、長い台詞がいえる。

414 :406:02/03/01 05:52
>>409
最近の漫画で言えば、
週刊モーニングの「ブラックジャックによろしく」
有名どころでいけば、「バガボンド」かな。
「バガボンド」は、吉川英治の「宮本武蔵」を原作にしてるけど、漫画ならではの切り口で楽しめると思うよ。

あとは週刊ビックコミックスピリッツの「昴」とか。
「昴」なんて、絶対漫画でしか描けない表現だと思うよ。

まぁ、どれも内容は曖昧にさせておくから、気が向いたら見て。
いい漫画なんて、自分で探す気になれば、いくらでも見つかるよ。


>>413
制限の中で生きてこそ、
「表現」だとも言えるのでは?

それに、小説の長ゼリフも見た目いいもんじゃないと思うが。

415 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 01:33
おっぱいシャブりたい

416 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 01:35
つい最近隣の家が夜逃げしちゃったんです。どうしたらいいんでしょうか??こんなとこできいてもしょうがないんですが・・・

417 :406:02/03/13 04:20
>>416
案外近くにいるもんだよ……。

418 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 09:13







?!

419 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 09:37
ミ,,゚Д゚ノ,っ━~  < オナニーの邪魔をしないでくれたまえ

420 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 16:32
              ▓▓
              ▓▓
              ▓▓
              ▓▓
            ▓▓▓▓▓▓
          ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
      ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
    ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
  ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓██▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓██▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓██████████████▓▓▓▓▓▓
      ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓

421 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 18:22
人の痛みのわからない人間になりたくないな

422 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 19:29
変態家族は中国行け

423 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:35
またキリ番取っちゃった 

テヘ★

424 :名無し物書き@推敲中?:02/03/16 23:45
社会に対して大した影響力もなくて、こうやって匿名で無責任に発言し、
何か失敗してもやり直しがきくような毎日を過ごしている人間と、顔と名前を晒し、常に一挙一動慎重にしなくてはならん立場の人間とでは、明らかに物事に対するスタンスがちゃうやろ。

425 : :02/03/17 09:08
筒井康隆の作品はどうやっても漫画化出来ない様な物があるぞ。
パブリング創世記とか。

426 :「重複」「挫折」「植木鉢」:02/03/17 15:30
>>425
ロートレック荘事件もね

427 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 15:33
>>426
名前が・・・まあいいか。

小説のいいところは、読むのにある程度の時間を要するところだと思う。
漫画だと一冊読むのに30分もかからんからな。
楽しみは、長いほうが良し。

428 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 23:35
別にイイよそんな気にすんなよウゼぇから

429 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 23:44
>427
つまらなさも倍になります・・・
んで、多くの人が小説から離れていった。。

430 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 01:43
此処での経験は社会ではまったく役にたちません。

431 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 07:05
ようはアレだ。
「両方読めや、貧乏人」ってこった。

432 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 10:37
ここのコテハンの人は、マジレスさんで雑談もしていたのが、判別しにくいのでとりあえず、名前を付けているうちにそのまま定着した例も多いと思います。

433 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 10:47
夏のソニンのウンコはスイカのタネが混ざってたなぁ・・・

434 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:24
マンガ家はデビュー年齢が厳しすぎ

20歳普通
22歳遅過ぎ
25歳〜完全無理

社会経験なんか積むヒマありゃしない。
中途半端にデビューして売れなかったら一生フリータでもやるしかない。

435 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:56
オレが生き方に関して影響を受けたのは
漫画でも映画でもなくて、小説だった

436 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:04
同じ値段でも時間が持つ。友達の持論。

437 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:11
漫画はエンターテイメントでなきゃいけないという呪縛が鬱陶しい
良くも悪くも笑いに毒されている
職業としてはしかし、申し分ないんだろう
4次元空間を描ける漫画家がいたら素直に白旗を揚げてやるよ

438 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 13:52
確かに、数年前からの若い人向け雑誌の職業別イメージでは、
収入、人気、ステータス、軒並み漫画家>>>小説家だ・・・。

439 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 14:14
包茎チンポの奴らが他人の批評なんかするなって(笑

440 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 23:24
>>434
それあるよね。
小説家の紹介欄ってよく元○○って書いてある。
やはり絵って年を取ってから上達するのが難しいのかな。

441 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:37
すげえなこのスレ。厨房どもの馴れ合いばっかりでロクなレスついてない

442 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:39
( ゚д゚)カポーン

443 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:41
車板からやって来ました。ココなんのスレッドですか?

444 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 08:48
ガ━━━(゚Д゚;)━━ン!

445 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 12:57
>>402 

それは違うよ。

446 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:16
自殺って犯罪なの?
人間好きで生まれたわけじゃないから、自分の人生くらい自分で終わらせる選択肢があったって良いんじゃない!

447 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:28
今のアイデアはパクリじゃね〜か? どっかで聞いたことあるぞ

448 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:30
          /~ヽ              /:ヽ
          {:::::::::\        /.:::::::::}
          ヽ、::::::::\,.....-.―-/.:::::::::::ノ
           ゝ,.-‐-、,.‐‐-、::::::::::::::::~く
          /    /⌒丶 ヽ._::::::::::::::ヽ
         /   ,ィ〃//゙ヽ. ヾ ヽ::::::::::::}
         /  ∠_     `'、   ゝ:::::::::j
        {  /,.=、`   ,.ニ ̄`メ ヾ }:::::::メ
        ノ)イ1仆..}    ri⌒ヾ ソりト、::::/
          リソ,,`ー' .   、、::;ナ 仆⌒!ソ      厨房は寝なさい
     (\_/八    、_   ̄ '' ,.!|f_ノリ (\_/)
     ( ´∀`)リヽ.         ィルリ从メ   (´∀` ∩
     (.つ  つ   ` ー┬   トx     (つ   丿
      ) ,) ) '^~  ̄く(__ ___/ ,ゝ 、   (  ヽ,,ノ
      (,,_,,_,,)    /ソc< r一'~´  ヽ、 (,,゙__,,)
      /   レヘ、___//.:::::.ヽ\      入/   |


449 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:31
   , --――――-、
  /          ヽ
  l            ヽ
 l   i~´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V
  |3|      |     .|
  ヽl   /( 、, )\  )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ ヽ二フ ) /  <   おまえらオナニーと2chばっかりやん
   丶        .ノ     \______
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ

450 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 01:59
       ___
     /      \
    /        ヽ        _____
    ( ((((   ))) ))     /
    ( ((  □━□  )     <  蘭ねーちゃーん
     (6   ム   |)       \______
      ヽ  ― ノ
        -
    〜 ┘∞└ 〜   +
   /   \\ / |   │
   /  ノ   ‖ │  ‖


451 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 02:30

>>445
短文じゃなく、ちゃんとした理由で否定してくれ。
それとも誤爆か?

452 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 01:19
 

453 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 04:27
あっそ(・_・ )

454 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:19
                 ,,,,...--――- 、
              ,, - ''''   ,,,     ヽ
           ,, - ''     -'''''   ,,  ''~⌒ヾ~` ヽ
          /                 ヾ´   ヽ
         /               ,, ''⌒ヾ´  ヽ
         |     /           ,,-、ヾヾ´`  ヽ
        |    /     /     /ヾヽヽヾ},-、  ヽ
          |        /    /ヽヽ.,l.,|.,|.,|.//ミヽ ヽ
       |            /         |ミ|  |
       |   |       /              |ミ|  |
       |   |      /             |ミ|  |
       | |  |     |   |ー- 、        __,, |ミ;|/
       | |  | | | | | | _  ヽ、    /__  }シ
       | |  | | | | | |ゝ、`fメ、'    ,,''ソ/' /| |
       | |  | | | | | |  `ー--'    'ー'' /| | |
       | | | | | | | | | | | |       __ゝ  /| | | |  / ヽ / ヽ / /
       | | | | | | | | | | | |       /____,ノ   /)| | | |  \  ノ   ノ  ト、ノ
       | | | | | | | | | | | |ヽ、     ''''   /'i | | | | |      _  _  y' ┼┐ヽ     〔〕 〔〕
       |_|_| | | | | | | | | |   ` - 、,, __/ | | | | | | | |     (ノ ) _ (___ | |  ー―  o o
        └|_|_|_|_|_|_|_|_|        |_l_|_|_|_|_|_|_|_|_|
           __   _|   ヽ    |  ____
       ,,..、--=''ヾ´´     ヽ    ```'ヾ`ヽ、
    〃´  ヽ;::::::::::::ヽ、ー――--- 、,  , ---|::::::::}ヽ、
   /      ヽ;::::::::::::::``' - 、 _       /::::::::: } ヽ
   |        i:::::::::::::::::::::::::::::::::`' ー - '':::::::::::::::::ヽ,   }

455 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:31
>このスレ、次スレはもう要らないよな?


了解了解

456 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:58
昔はこのぐらいのぺースは普通だったけどな。
最近はすぐ「荒れてる」とか騒ぐ厨房が増えてきた。
コピペ一つでもいちいち削除依頼に出しに行く奴とかいるもんな。いつからこうなったのか?

逆にこういう奴らが2chをつまんなくしてる事に気付いてほしい。

457 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 20:18
>>456
お前のような仕切り厨が1番ウザイって。
自分のことを棚にあげて他人を非難するその姿は見苦しいよ。

458 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:20
>このスレ、次スレはもう要らないよな?


了解了解

459 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:21
国会議員ですがなにか?

460 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:25
「本音ってどういうこと?」
「あんたブザイクなんだよ!!!!」

461 :名無し物書き@推敲中?:02/04/14 21:59
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /          ヽ
                 /           ヽ
                 | 人_____________     |
                 |●  ●  |     | 紳士的に
                 /       /   / |
                /|▼     ./  /  |
     ____________     |___|┴―   /__/ |  丿
     \〜〜 /       |  ̄        |__/ )
      \ /___       (\___    /  )―――
      ( つ(__/ \      (  |   /   )
      (__フ|    \  / (  |  /    )
      ⊂―||―、   | /

462 :名無し物書き@推敲中?:02/04/14 22:01
      _____
    /       ヽ
   / :::--:__::::  \
   | :::: 「     丶-:::: |    
  .| ::::::| ___  __〆 |  
  人::::ノ -=・= =・=- | ノ 
  | ∨    ノヽ.   | |   
   ヾ |    (_ _)   ソ
    ミ    ∈∋  /
     ヽ______/
連続コピペ嵐です。
透明あぼーんお願いします

463 :名無し物書き@推敲中?:02/04/25 09:54
アゲ

464 :名無し物書き@推敲中?:02/04/25 10:38
絵がDQNでも書ける。素晴らしい。

465 :名無し物書き@推敲中?:02/04/29 18:24
ネットで漫画か小説か・・・。
でも、結局漫画を画面で読もうとすると、A5(文庫見開き)位の大きさが必要だよなぁ。
それこそ小説だったら文字が出ればどんなハードでも対応可能なんだろうけど。
情報量も違うよなぁ。
漫画ってデジタル配信するにはもうちょっと時間が必要だよなぁ。
いずれにしろPCのディスプレイで長編読む気にはなれない。
漫画は読みやすいけど今は「何処かで見た・聞いた・読んだ話」ばっかだしなぁ。
小説は目で追うだけで頭に内容入らなかったりするしなぁ。
早い話、萌え所をつかれたらそれまでって事。
読んだ数が違いすぎるから比較にはならないけど、
漫画で感動したこともあるけど、小説で目から鱗が落ちたこともある。
ただ、小説にしろ漫画にしろ、作者が主人公をすごく可愛がってるような作品って、
サブキャラが立ちやすい分漫画の方が許せる。
地の文で説明できるから、小説の方が作者の意見が入りやすいのかなぁ。
最近はどっちも(ついでに映画も)説明過多だと感じるね。
で、どっちのブウが強いの?

466 :名無し物書き@推敲中?:02/05/13 03:36
猫虐待事件のネタ元らしいけど、これマジ?

>460 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:02/05/07 13:08 ID:atN26NMt
>私は敗北主義者です って言葉がヘルシングって言う漫画の中で使われてた気がする。
>関係ないのかも知れんがあれも虐殺シーンの時にこの文句が首に掛けられてたし。

>239 名前:  投稿日:02/05/12 15:31 ID:JZ2yfeP3
>>237 ヘルシング4巻参照
>該当ページうpしてあげたいけど兄貴が寝てて貸してくれない

問題とされてる漫画のスレ。
ここで波紋が広がってる。    
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1019919627/

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)