5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

食欲をそそる文章を書きやがれください

1 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 14:49
人間の二大本能は性欲と食欲
しかし性欲は男女違うが食欲に性別は関係なし!

さあ、「食欲」をそそる文章を書き、俺を厨房に走らせやがれ!


2 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 14:53


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜終了〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 15:21
「書きやがれください」
わざとなの?

4 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 15:33
目に涙が滲んできた。ツライ。
吐き気を堪えながら、口に水をふくむ。 
駄目だ、もうリタイアしよう。何度もそう思った。だが、食べられなければ
7000円も払わねばならないのだ。諦めるわけにはいかない。
スプーンですくう。が、口に入れる気にならない。冷たい汗がこめかみを伝う。
思い切って口を開け――すぐに閉じた。口の中に苦味が広がる。突如、胃が痙攣したのだ。
もう一度、水で口を流す。それだけで、気分が悪くなる。
ちらりと時計を確認した。
マズイ後2分しかない。意を決して、スプーンを口に入れ、俺は――
この世の地獄を見たんだ。

5 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 19:12
>>4 フードファイトか。なかなかいいと思います。スレの趣旨とは違うけど。
続きは?

6 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 19:51
まあ>>1よ、お前みたいなB級グルメ原理主義者は
せいぜいサイゼリヤのミラノ風ドリアに舌鼓でも打ってなさいってこった

7 :名無し物書き@推敲中?:02/04/18 19:57
>>6 おいしそうじゃん

8 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 07:55
まったりとしてそれでいてコクがある、なんて書いてるようじゃ文章書きとしてハズかしいよな。


9 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 08:59
こういうのあるよ。
その板では板違い扱いされてるけど(w
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/food/1016700238/

10 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 09:42
しっとりとした一竿の羊かんを、竹の包みから取り出す。
黒といっても、人を威圧するような闇の黒ではない。
暖かみと透明感を備えた独特の黒である。
小さな竹のナイフに、抵抗することもなく切り分けられていく。
その断面は、あくまでも滑らかだ。
北海道の鞣小豆と沖縄の黒糖が神田明神で出会い、丁重に作り上げられた傑作。
このような羊かんには、上等の抹茶がよく似合う。

って、こんな感じか?

11 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 12:26
走って走って走って走って走って走って走って走って

いっぱいの水を飲む。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/04/21 03:56
泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで泳いで溺れて

もう水は飲みたくない

13 :名無し物書き@推敲中?:02/04/21 04:21
五臓六腑に染み渡る、とは少々使い古された言葉だが、これが一番しっくりくる。
なんだろう、一口目のビールってのは、なんでこんなに旨いんだ。
歯の裏についた枝豆を流し込むように、もう一口飲み込んだ。

14 :名無し物書き@推敲中?:02/04/21 04:38
「お父さん。お疲れ様。」
妻は玄関口で微笑みながら、泥と汗だらけになっている私を迎えてくれた。
「日曜日ぐらい休ませて欲しいよなぁ。しかもこんな暑い日に」
私は額をつたう汗を首に巻いたタオルでぬぐいながらぼやく。
「3ヶ月に一回ぐらい、いいじゃありませんか。普段身体動かしてないから
いい機会ですよ。地域の人たちと交流もできるし。」
妻は昼食を用意しながら、台所からそう言った。
今日も暑い日だ。蝉が隣の家の庭の木に留まって、むせび泣くような声を響かせている。
縁側の柱にかかった時計は1時半を指している。朝から地域の草むしりに従事していた
私は久々に空腹感というものが訪れていることに気付いた。そういえば、妻の
言うように最近運動を怠っており、疲労からくる湧き上がるような食欲を感じるのは
久しぶりだった。
「お腹がすいたよ。」
「はいはい、今持っていきますよ。」
妻はやんちゃな子供をなだめるかのように笑いながらそういって、縁側へ私の
昼食をのせたお盆を持ってきた。
「暑いし疲れたでしょうから、さっぱりしたものにしましたよ。」
お盆には、花柄のすりガラスのコップにキンと冷えた麦茶がなみなみと注がれ、
その横にはほかほかの粒がたった白ご飯。たくあんと梅干。わかめのお吸い物。
大きい皿には旬になり始めた秋刀魚の網焼きがのせられ、その横には自家栽培で
収穫したとれたての大根のおろしが添えられていた。

15 :14:02/04/21 07:20
Σ(゚Д゚)今思ったけど、こんなときは普通そうめんだよな。
夏の昼に秋刀魚は食わんよな。考えが足りんかった。逝ってきます。

16 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 16:08
いや、庭の七輪でジュウジュウいってるサンマと、冷えたビールだ!

17 :名無し物書き@推敲中?:02/05/04 23:50
純白のテーブルクロスは眩しい太陽に晒された砂漠のように染み一つない。
そこへシェフは一枚の絵皿を誇らしげに、やや演出の効き過ぎた起き方をした。
バロック調の絵皿はまさにこの瞬間の為だけに創られたかのように
完璧なまでの色彩をテーブルに躍らせていた。
ほんのりと立ち上る湯気が運ぶ香りすら、まさに伝統工芸品だ。匠の技だ。
左手にフォーク、右手にナイフ。銀の冷たい感触が心地よい。
まぶたを閉じ、香りを存分に楽しむ。
ああ、心がさざなみを立てる。鼻の穴が七つくらい欲しい。
ちらりとシェフを見ると、彼は世界中のすべての殺人者ですら
涙を流して跪くような、深く、暖かい微笑みを浮かべている。
銀のフォークを、それにふと当てた。湯気でフォークがかすかに曇る。
ああ、傷つけてしまうのが惜しい!
永遠の処女のように、それは決して触れてはいけない完全美の領域。
しかし、私の欲望はフォークに力を込めさせた。
何の抵抗もなくフォークはそれにするすると沈んだ。
ナイフを添える。ナイフもまた、恥ずかしがる乙女のように曇る。
誘われるようにナイフは滑り、トロリと溶け出したかと錯覚するほどに
濃厚な甘さの蜜のような汁が溢れる。
さあ、口へ運ぼう。
いま、まさに至福が身体を支配する。
さあ、歯を突きたてよう。
もう神ですら私を止める事はできない。
さあ、舌を踊らせよう。
すべてが一体となるまでとろけよう。
さあ、食べよう!




















               ウンコ を。


18 :名無し物書き@推敲中?:02/05/05 00:55
最高級有機肥料……

19 :名無し物書き@推敲中?:02/05/05 08:31
筒井康隆ネタ、だれかやるとは思ったよ

20 :名無し物書き@推敲中?:02/05/10 17:43
>>10
逆にヨウカン如きで真剣になるなと言いたくなった。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/05/11 17:03
>>14
遅レスだけどなんかいいね、これ。
雰囲気とかもほのぼのしてて、ごはん食べたくなってきた。

22 :名無し物書き@推敲中?:02/05/11 18:02
茶碗には熱々の飯が盛られている。立ち上る湯気が辺りの空気をほの甘くする。
棘のように一粒一粒がそそり立ち、天をつかんばかりの勢いだ。小皿に載った薄赤色を帯びた小ぶりの玉子を
取ると軽く茶碗にぶつける。カシュという小さな音を立て、玉子が割れる。
すぐさまあらかじめ茶碗の真ん中に箸で作ってあったくぼみに玉子を流し込んだ。
卵の黄身は黄色と言うよりはむしろ橙に近い。すっぽりとくぼみに身を
納めた玉子の周辺、透明で薄く緑がかった白身が飯の熱に暖められ、もう
不透明な白色に変わり始めた。
卓上の醤油の小瓶を手に取り、注意深く飯の上の玉子に垂らす。
僅かな香りが鼻孔を刺激する。
箸を取り、つやつやと光を反射する黄身に差し込む。と、一呼吸置いて
黄身の中身がとろりを飯の上に流れ出した。
一気に飯を黄身、白身を攪拌し、真っ白な飯を黄色に染め上げていく。
醤油の香りがさらに強くなる。私は知らぬ間に自分が口中に唾液を
いっぱいに沸き上がらせているのに気がついた。

23 :名無し物書き@推敲中? :02/05/11 20:26


せいろのふたを取ると、プリプリのシュウマイからほわっと湯気が立って、それから急に視界がはっきりしてくる。
薄皮から透けて見えるエビのつやつやとしたことといったらもう…。
はあ…。
ほわんほわんほわんほわん…。




24 :名無し物書き@推敲中?:02/05/12 01:01
 まず運ばれてきたのは小さなすり鉢に入れられた胡麻だった。それを山椒の枝のすりこぎですりつぶす。
鼻をくすぐるのは胡麻の香り、少々油が浮いてきたところで私はその作業を打ち切った。
 
 なんと言っても、やはりトンカツは専門店で食すべきなのだ。

 皿の上狭しと乗せられたロースカツは優に3cmの厚さがあり、その切り口からはクリーム
色の〜しかも半分とけかけプリプリの〜脂身が見える。先ほどのすり鉢にブラウンのソースを
注ぎいれ、カツの一切れに添えられていたからしを少々つける。炊き立てのどんぶり飯を左手に
カツをソースに少しだけ。そしてそれを口中に運ぶ。ソースと胡麻の香り、そしてさっくりと
した衣の歯ごたえ、やがて来るやわらかい豚ロースの感触。口いっぱいに肉汁が広がる。黒コショウの
香りも心地よい。二口目に取り掛かる前、今度はたっぷりとソースをつけ一旦それを飯の上に。
そしてそれを飯ごと口中に掻き込む。上手い。別皿に盛られたキャベツは青くみずみずしい。
なにもつけずにそれを一つまみ。さわやかな食感が口中の油を流し去る。糠漬けのナス。キュウリ。
どれもメシにあう。後はもう、自動機械のごとくメシ、カツ、キャベツ、メシ、ナス、メシ。
忘れてならないシジミ汁。濃厚な赤だしが心地よい。メシ、カツ、メシ、キュウリ、メシ。キャベツ
味噌汁メシもお代わり。
 
 そして一気に掻き込んだ後、香ばしいほうじ茶を戴く。至福。  

25 :age:02/05/12 01:22
>>24
(・∀・)ウマイ!

26 :名無し物書き@推敲中?:02/05/12 02:02
>>24
ウマイ!腹減ったよ!

27 :名無し物書き@推敲中?:02/05/12 02:04
http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/ftp/0/237241/pack/win95/amuse/gamble/pachinko/yumemonoR.lzh

28 :名無し物書き@推敲中? :02/05/12 02:32
>>24
上手い=X
旨い =O



29 :名無し物書き@推敲中? :02/05/17 23:40
 学生であるという事は金がないという事の同意語のようなものであるが、それでも
たまに金があると私はすき焼きを作ったものである。すき焼きといっても、厳密にいう
それはすき焼き風煮というものであってさほど金がかかるものではなかった。肉は一応
牛肉、但し細切れが特売のときに300g程を買い込み、長ネギ、エノキ茸、白菜、そ
して豆腐としらたきをサービスでおいてある牛脂で炒め、それを醤油、砂糖、みりんで
味をつけただけだ。予算は1000円もあれば充分だったと思う。問題はここからだ。

 まず、一食目。はじめは普通に溶き卵につけて食べる。
 二食目、これはどんぶり飯に暖めなおしたすき焼きをかけて食べる。
 三食目、うどんを買ってきて追加。溶き卵で食べる。
 四食目、味のしみたうどん共々再びどんぶり飯の上にぶっかける。
 ここまで来ると残りはもう肉野菜破片と汁のみである。で、あるから、
 五食目、なべの中にご飯を投入し汁を吸わせすき焼き飯として食べる。

 こうすると、都合1000円で3日を食いつなぐことが出来る訳である。 

30 :名無し物書き@推敲中?:02/05/21 07:45
 引き上げ船の中で、ゴハンの夢を見た。

 大ぶりの茶わんの中に炊きたてのゴハン、いや麦メシが、これでもか
というぐらい山盛りされ、甘い香りが熱い蒸気と共に鼻をくすぐる。
 しかし、箸がない。
 夢を見ている私は、箸などいいから手掴みで喰えと思うのだが、夢の
中の私は食べようと焦って箸ばかり探している。
 唐突に、さっきまでなかった場所に、箸を見つける。
 それは山盛りの麦飯のまん中に、線香のように突きたてられていた。
 私は死を連想して、目を覚まし、そして麦飯を食べられなかったこと
を心底残念に思った。輸送船の中では、すでに何人もが死んでいた。

 だから遺言しておく。もし私が死んだら、仏壇には線香ではなく、箸
を立てたメシを供えてほしい。
 


31 :名無し物書き@推敲中?:02/05/21 12:19
今、君の目の前に檸檬があるとする。
その檸檬をナイフで二つに切り裂いてごらん、そう。
そして君の舌を檸檬の割れ目に押し込むんだ。強く、強く。
そのまま舌を上下するように押し付ける。
どうだい、どんな感じかい?

32 :名無し物書き@推敲中?:02/05/21 13:06
久しぶりに草野球に加わった
夏の日差しによってひきたてられた草の匂いが膨れ上がるように僕の体を包む
自然と中学生の頃の思い出が僕の頭の中を占めるようになる
ガミガミ言う先生は、僕達が暑い中で練習しているにもかかわらず、
涼しい陰のベンチに座ってレモン味のスポーツドリンクを飲んでいた
レモンの砂糖漬けが学校指定のナップザックに入っている事を思い出した僕は、
ネバネバに渇いた口の中に泉が湧き上がるのを感じた
練習が終わった時、みんなはまっすぐ水道に走っていったが、
僕はまずレモンの砂糖漬けを口に含んだ
それはイメージ通りの味で、頭の中が痺れながら喜んでいるような気がした
レモンの輪切りをフィルターのようにして、僕は蛇口からあふれ出る水を喉に入れた
僕は、こんな味のスポーツドリンクがあったら必ず買うだろう、と思った

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)