5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自費出版の印税から制作費を控除できるの?

1 :   :02/04/19 06:36
昨年、ある出版社から自費出版しました。
「印税」という名目で、売上高の何割かをいただく
契約なのですが、
確定申告のとき、印税は「雑所得」になると思いますが、
制作費を経費として控除できますか?
例えば
150万円の印税(実質的に売上)から制作費である100万円を引いて
50万円に対して所得税がかかるということになるのでしょうか?

2 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 09:45
大丈夫。印税は一円も貰えません。

3 :   1:02/04/19 09:59
>>2
ほんとに2ちゃんねるには
お前のようなクソしかいないようだ。
まともに質問しても、煽ることしかできないんだから。


4 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:04
領収書をちゃんと全部揃えて、確定申告すればね。
どこまで認められるかは、知りませんが。
それより自費出版ってことは、本はあなたの財産です。
つまり本という資産に対して税金がかかってきます。
つまり印税と、本すべてが定価で売れた場合の総額両方に対して税金
がかかります。
なんで! と思われるでしょうが、それ以前に自費出版に印税が発生
するってとこがおかしいんですよ。
個人が普通に印刷費払って本作ったんなら、印税も発生
しないけど税金も発生しないんですが。金のやりとりを
して無駄な税金払うだけですよ。

ここいらのいくつものスレ読んでたら、自費出版で印税収入とか、
100万円の出版費用って、おかしいと思わなかったんですか?


あ、それからそこの売れないヴォケ小説家! また知らぬ顔で自分のHPに
俺の文章コピるんじゃねーぞ!

5 ::02/04/19 10:09
>3
2は煽りじゃないでしょう。
自分も2の言う通りになりかねないと、実は思ってるし。
それとも印税付きの新手の詐欺ですかね? なんて。

それに煽りと思うんなら無視が基本です。

6 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:09
>>1
一般書籍板にいけばくわしくわかるかも
くれぐれも悪質な自費出版(専門)会社にだまされないように!

7 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:11
だいたい150万の印税支払うぐらいなら、支払いを50万にして、
出版費用は出版社持ちでしょう。
ちなみに印税って印刷した時点で発生します。
まさか相手の「売れたらその都度払う」なんて言葉を信じてるんじ
ゃないでしょうね? そんなの印税じゃありませんよ。 

8 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:12
売れっ子作家だって大作家だって印税は一割以下が普通。
熟れないとわかってて素人に経費を負担たせ、会社側は
手数料名目で稼いでいるんだよ。
気をつけな。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:13
印税150万て、素人には無理な世界だ(笑

10 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:19
いっとくけど、印税は後払いだからね
出版社は多めに作っていちおう書店においたふりをして
売れなくて回収しましたっていえばいいわけだ。
当然買うのは知り合いかなんかの義理購入だろ?
二千冊売れればいいとこ。
1500円x2000x数パーセントで計算やってみ。
自著を出したという満足感と引き換えに大枚はたくだけ。


11 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:20
あおってるんじゃありません。
あなたが騙されている可能性が大なんです。
無邪気に税金対策を考えている場合じゃありません。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:22
>>11
そういうこと
出版社って世間知らずを食い物にする株や並みの世界だYO

13 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:23
弁護士に相談しろ、といいたいが、この人の場合また悪徳弁護士に騙されそうな・・・。

14 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:24
取った金の一部を印税ですって渡して納得させる。
そういう手かもな。

15 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:26
>1
とにかくもう少し詳しく話して欲しい。
どこの出版社から、
どういうスタイルで、
何部出版し、
定価はいくらで、
印税はどれだけ貰えることになってるの。

16 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:31
>1
ていうか、もう出版してしまったのか・・・
契約書はあるんだろ?
契約内容によっては異議申し立てほ早めにしないと
丸損の可能性あるな  ご愁傷さま

17 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:34
金額がもっとまともだったら、他に考えようもあるんだけどなあ。

18 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:36
悲惨な1がいるスレはここか・・・

19 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 10:41
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/bun/1013198972/l50

書籍の製作原価を大公開!

1 :@ :02/02/09 05:09
自費出版系出版社の見積価格と比べてみよう!

本の製作コストはどこも似たり寄ったりです。
共同(協力)出版の検討をされてる方、
是非、下記テーブルをご覧いただき、
値引きなり「出版」そのものの見直しなりに
ご活用くださいませ〜


尚、デーブル内金額は

 ・完成原稿をいただき本が納品されるまでの原価のおおよその目安を表します。
 ・「ハード」は上製本、「ソフト」は並製本の価格です。
 ・フルカラー(特色のぞく)のカバーデザイン費含みます。
 ・サイズはB6、用紙はコート紙、製本部数は1,000部です。
 ・価格の単位は万円です。


 ページ数   ハード     ソフト
────────────────
  112      37      33
  144      40      36
  160      43      37
  176      46      42
  192      48      44
  208      50      46
  224      52      48
  240      54      50
  256      56      52
  272      57      53
  288      58      54
  304      59      55
  320      60      56


*これ以外に発生する費用として宣伝広告費がありますが、
 全国紙へ新刊案内出す場合は数十人一緒に出稿する場合がほとんどで
 1人あたり負担額は2万円程度です。
*文芸四誌への広告も、四誌あわせて1万円程度です。
*ダ・ヴィンチへの書評広告も、5万円程度です。
*販促プロモーション費用はどの業者も別途有料でしか対応しません。


20 :   1:02/04/19 11:07
>>4
>それより自費出版ってことは、本はあなたの財産です。
つまり本という資産に対して税金がかかってきます。
つまり印税と、本すべてが定価で売れた場合の総額両方に対して税金
がかかります。



ちょっとまって4さん。
「自費出版で作った本に税金がかかる」ということは、
いわゆる「普通の自費出版」であっても、本を作れば
税金がかかるということなんですか?

21 ::02/04/19 11:20
>20 ご心配なく 普通の自費出版には税金はかかりません。

出版社が制作費を出したなら、本は確実に出版社の資産です。
資産には税金がかかります。
この本に対する税金については知的文化資産の保護の観点か
ら問題になっているほどです。(出版社が税金対策のために
売れ残りの本を裁断してしまうため、ちょっと前の本がもう
手に入らなくなるからです。)

しかし1さんは自費出版といっています。
制作費はどうみても全額1さんが出しているようです。
なら本という資産は出版社のものとは言えません。
1さんのものです。
1さんは本という商品の所有者です。
よって税金を支払うのは1さんということになります。

しかし普通の自費出版は、販売を目的とはしない、自分の記念品作りです。
個人が商売とは関係なく、親類や知人にタダで配るためのものです。
タダで配るためのものに、税金はかかりません。
ご安心ください。

ですがねえ、正直いってその点を1さんが出版社につっこんでも、曖昧にさ
れるだけだと思うんですよ。たぶん1さんに言ったほど、刷ってはいないは
ずですからねぇ。


22 :   1:02/04/19 11:22
>>21
形式上、本の所有権は
出版社にあるのかもしれません。

23 ::02/04/19 11:28
>22
あなたが制作費を全額払ったというのに、
なぜ「かもしれません」なのですか?
契約書を確かめた方がいいですよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 11:37
だみだこりゃ
形式もなにも、いつもの出版社に金くれてやっただけじゃないか。


25 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 11:44
えーい、イライラするなぁ!
だいたい1! 騙す出版社も悪いがオマエも悪い!
まず第一に事実確認をしろ!
第二に常識で考えろ!
どこに自費出版の本の税金を払ってくれる出版社がある!

26 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 12:22
1は騙された。もう別に言うこともないだろうし、終了終了。
早期解決でよかったね。
みんなは騙されないようにしようね。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 12:27
とりあえず1は、なんというタイトルの本を出したのだ?

28 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 12:47
ネタかもしれん >1

29 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 13:56
現物納してやるヨロシ

30 :1です:02/04/19 18:39
「実売部数」に応じた「印税」なんてものあるの?

1 :ななしちゃん :02/04/19 18:37
昨年、ある出版社で「共同出版」しました。
書店で販売する契約なのですが、
「実売部数に応じて」印税を払ってくれるそうです。
いったいぜんたい、「実売部数に応じて」払う「印税」なるものが
存在するのでしょうか?
「印税」とは本来、印刷部数が確定した時点で総額が確定しているはずです。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 18:57
>30
ないない
手元にある販売用の本は、売れてない段階で資産になり、税金も取られる。
同じタイミングで、著者への印税も発生する


32 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 19:33
まあどうせ自作自演のネタスレだと思うが、一応マジレス。

>「印税」とは本来、印刷部数が確定した時点で総額が確定しているはずです。
それって一昔前の話じゃないか?
実売部数に応じて印税を派生させるパターンも多いと思うが。
雑誌スレできいてみれば?

33 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 19:35
>>32
それはもう「印税」ではないんでは……

34 :1です:02/04/19 20:12
>>32
それじゃあ、印税というよりも「売上」じゃん。。。。
なんで「印税」というかというと、
昔は「何冊印刷したかどうか?」を、
一冊一冊「印鑑」を押して確認したことから来るんだろ。
だから「印税」なわけだ。

35 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 20:23
実際に売れたあとじゃないと印税収入は発生しないよ。
それから著者用にサービス本もくれただろ? 100冊くらいは。
ある部数を超えたらコストはほとんど紙代だけ。
無名作家の売れない本をずっと置いておく奇特な本屋もなし。
いずれ返本の山。せいぜいタダくばりで捌くだけだろ。

ネタじゃないというなら、もっと具体的な数字書いてみるべし。

36 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 20:25
マルチスレハケーン

37 :名無し物書き@推敲中?:02/04/19 21:55
あっちのスレは0レスage

38 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 05:51
>35
騙されてるよそれ。
いったいどこで聞いたの?
印税が発生するのは出版された時点だよ。
出版されたら著者は印税貰えるんだよ。
売れなかったので印税払えませんってのは自費出版で販売代行した場合だろ?
しかもそれ印税じゃなくて売り上げだよ。
だいたい著者用100冊っておかしいよ。普通著者用は10冊がせいぜいだよ。
刷り部数の少ないハードカバーだと3冊ぐらいだよ。
100冊なんて著者が引きとってどうするわけ? 知人や親類に配るわけ?
企画出版社に騙されてるんじゃないの?

プロ作家のサイトから引用だが、参考になると思う。
印税を貰えるかどうかじゃなく、税金を払う話だがな。
あ、もともとこのスレそういう話だったよな。
ちなみに一行めの一割は、というのは印税の話な。

> 書籍の場合は、おおむね本の定価の1割です。
> 1割なら、外税で500円の本で、1冊50円です。
> 売れるごとにではなく、刷った時点でその冊数分の印税が、入ります。
> 印税は、増刷のたびに収入になります。
> 
> こうした収入からは、問答無用でお国が1割持っていきます。
> いわゆる源泉徴収税というやつです。
> 確定申告をすれば、多少戻ってくることもあります。
> そのためには仕事に使った支出の、領収書をとっておいたりしなければ、なりませんし、確定申告をしなければなりません。
> モノ書き業にとって、収支計算や確定申告も仕事のうちです。

一応原文ここね。 
ttp://www2.ocn.ne.jp/~yamakita/index-mono.html

39 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 05:53
>35
わかった。それインターネットの有料ノベルだろう。
一回ダウンロードされるたびに印税が発生するっつーやつ。
それ、出版っていわないよ。

40 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 05:56
出版社が印税を払わない分が100冊ぐらいになることはあるけどね。
著者用10冊に、企業向け宣伝配布用が90冊。


41 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 07:39
その90冊だって著者が配布するわけじゃないよ。


42 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 09:01
>35
どうして騙されるかね。
本が売れたら印税発生って、どうやって本が売れたこと確認すんのよ。
そんなことが可能だったら新古書店問題は一気に解決だよ。


43 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 09:05
>34
印紙を張るから印税だった
よく張ってあるやつや「印紙は省略」というのが、奥付にあるだろ?

44 :1です:02/04/20 10:14
質問ですが、
私は文筆業を生業として生きていこうと考えていますので、
「雑所得」ではなく「事業所得」で申告すれば
制作費を全額控除できるのではないでしょうか?

45 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 12:34
>44
そのへんは、税務署に相談してみそ
領収書があり、そしてあとは税務署員を納得させられるかどうか

46 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 14:28
今時印税を一割貰ってる作家がいるのか!?

47 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 16:28
>46
キミの標準はいったいどこの出版社の話かね?
アマチュア作家を使っているところの話ではないかい?
出版社は刷り部数を減らせばいいのだから、印税の割合はあまり関係ないのだよ。


48 :1です:02/04/20 23:05
age

49 :名無し物書き@推敲中?:02/04/20 23:22
あっちのスレはageないのですか?

50 :名無し物書き@推敲中?:02/04/21 03:47
法律板に「自費出版企画出版で騙されたら」スレでも作って相談したら?

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)