5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

連載小説「いのしし」

1 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 17:27
いのししをおいかけるのは、とってもあぶないことなんだ。

2 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 17:30
 なにしろ、いのししのちからはものすごい。じょうぶなやつでも、
いっぱつのずつきであのよいきさ。いのししをかるには、たいへんな
どりょくがいるのだ。そういえば、むかしすばらしいかりうどがいた。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 17:38
私も参加していいですか?

4 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 17:39
そいつのことを、このやまのものでしらないやつはいない。
かりのうでは、それはそれはすごかった。
     ・・・
そいつは、ミラボーというおとこだった。

5 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 17:41
このスレッドは、わたしが小説を発表する場です。
きまり
1名前を騙らない
2余計なレスをつけない
3感想はなるべく「感想スレッド」をたてて書くこと
4じっくり読む事

6 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 17:43
 第一章
 
 いのししをおいかけるのは、とってもあぶないことなんだ。
なにしろ、いのししのちからはものすごい。じょうぶなやつでも、
いっぱつのずつきであのよいきさ。いのししをかるには、たいへんな
どりょくがいるのだ。そういえば、むかしすばらしいかりうどがいた。
そいつのことを、このやまのものでしらないやつはいない。
かりのうでは、それはそれはすごかった。
     ・・・
そいつは、ミラボーというおとこだった。


7 :感想すれっど:02/04/23 17:47
じっくり読ませていただきました。
はっきりいって感動した!!

8 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 17:56
読みにくいから親切な俺が漢字に直してやる。

 猪を追いかけるのは、とっても危ない事なんだ。なにしろ、猪の力は物凄い。丈夫な奴でも、一発の頭突きであの世往きさ。猪を狩るには、大変な努力が要るのだ。
 そういえば、昔素晴らしい狩人がいた。そいつの事を、この山で知らない奴はいない。狩りの腕は、それはそれは凄かった。
   ・・・
 そいつは、ミラボーという男だった。



9 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 18:01
 犯人を追いかけるのは、とっても危ない事なんだ。なにしろ、犯人の異常性は物凄い。丈夫な奴でも、鉄パイプ一発であの世往きさ。犯人を捕えるには、大変な努力が要るのだ。
 そういえば、昔素晴らしい刑事がいた。そいつの事を、この署内で知らない奴はいない。捜査の腕は、それはそれは凄かった。
   ・・・
 そいつは、ミラボーという男だった。

10 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 18:06
犯人を追いかけるのはとっても危ないことなんだ。なにしろ
犯人の凶暴性はもの凄い。丈夫なトラックでもひと蹴りで
ぺちゃんこさ。こんなやつと戦うにはクレーンがいるだろ。

そういえば、昔素晴らしいクレーン操者がいた。そいつのことを
この街で知らないやつはいない。ミラボー・クレーンという
腕長の刑事だったんだ。

11 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 18:13
犯人を追いかけるのはとっても危ないことなんだ。なにしろ
犯人のバックについている組織はもの凄い。ひとつの国を
潰す事ができるさ。こんなやつと戦うには英雄がいるだろう。

そういえば、昔素晴らしいFBI捜査官がいた。そいつのことを
裏の世界で知らないやつはいない。ミラボー・クレーンという
腕長の刑事だったんだ。




12 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 18:21
美女を追いかけるのはとっても楽しいことなんだ。なにしろ
奴のTバックからはみ出た尻はもの凄い。インポ男でも
立っちまう。こんなやつをモノにするには魅力がいるだろう。

そういえば、昔素晴らしいイケメンがいた。そいつのことを
歌舞伎町で知らないやつはいない。ミラボー・クレーンという
包茎の童貞だったんだ。

13 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 18:25
なんだこのスレ.

14 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 19:26
あのぉ・・・この続きはどうなるんでしょうか
早くみたいです!

15 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 19:40
もう1回欠きなおします。ひらがなを改めます。
ちなみにネタではないのでこのスレは捨てて、新しく欠きます。
フォークナーを意識した作品を作ります。
あなたがたのような人をからかう態度には反吐が出ます。

16 :ぴゃぴゃあそfじょqjrjふぉ:02/04/23 20:37
続きは俺が書く。


17 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 21:08
>>15
ここが2ちゃんである以上、予想できる展開だろ?

18 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 21:30
つーか、そういう反応してしまったら次のスレも確実に遊ばれるな。
だいたい発表スレッド自体マナー違反だっつー事をわきまえろや。

19 :ぴゃぴゃあそfじょqjrjふぉ:02/04/23 21:38
 野鳥の囀りと、青葉の香り。
閉じた瞼の裏で木漏れ日が泳いでいる。
遠くには水の流れも聴こえる。
頬を撫でるやさしい風に、森林の息吹が感ぜられた。
 眼を開けると、そこは樹木の底だった。

 ―転寝をしたのか。

 覚醒したミラボーは状況を飲み込むまで、少しの時間を要した。
 枝葉の隙間に拡散した陽の光が、
一枚一枚から溢れ出すように降り注いでいて、
おぼろげながら遠い遠い昔に見た、
揺りかごに垂れ下がった幾本の帯のように思えた。
 その帯を彼はぼんやりと辿った。
一本、二本…、と何度も何度も。上から下へ。
 そして漸く、ある一本の帯の末端に照らされている、
自分という物体がなにやら奇妙な物である事に気付いた。
 それはいのししであった。



…知らん。
 ここまで書いたけど面倒臭いから寝る。
誰か書くなり終了なりシカトなり煽るなり死ぬなりご自由に



20 :ぴゃぴゃあそfじょqjrjふぉ:02/04/23 21:43
↑何か「変身」ぽいけどいい。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 22:22
 野鳥の囀りと、青葉の香り。
閉じた瞼の裏で木漏れ日が泳いでいる。
遠くには水の流れも聴こえる。
頬を撫でるやさしい風に、森林の息吹が感ぜられた。
 眼を開けると、そこは樹木の底だった。

 ―転寝をしたのか。

 覚醒したミラボーは状況を飲み込むまで、少しの時間を要した。
 枝葉の隙間に拡散した陽の光が、
一枚一枚から溢れ出すように降り注いでいて、
おぼろげながら遠い遠い昔に見た、
揺りかごに垂れ下がった幾本の帯のように思えた。
 その帯を彼はぼんやりと辿った。
一本、二本…、と何度も何度も。上から下へ。 右から左へ。
 そして漸く、ある一本の帯の末端に照らされている、
自分という物体がなにやら奇妙な物である事に気付いた。
 それはクレーンであった。



22 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 22:23
クレーンとなったミラボーは遠い昔の記憶を遡る。

23 :がぼ ◆46xcYpg. :02/04/23 23:07
しばらく汚いレスが流れたら、また執筆します。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 23:30
そういうのは適当にあしらって平然と続けるのが連載のこつだぞ。
変にこだわるな。Neoタンを見てみろよ。
初めの方はここと全く同じ展開だから。

25 :名無し物書き@推敲中?:02/04/23 23:31
うんこぶりぶり

26 :名無し物書き@推敲中?:02/04/24 04:53
しかし状況読めない>>1も阿呆ですが、
それ以上に面白くもないのに深追いする>>21-22の同一人物は
かなり痴呆ですな。
私的には>>1よりも>>19の人に書いてもらいたいね。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/04/24 05:02
わっしょい♪
http://freehost.kakiko.com/freen/wasyoi.html

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)