5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★芥川賞を目指す人のためのスレ★

1 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:25
「俺の目指してるのは歴史時代小説でも
推理小説でもオタクな少女文庫でもない
大江健三郎に続く三人目のノーベル文学賞だって
ねらってる」という人、日本の純文学の明日を
担おうと思っている人はこのスレに文章を書き込んで
批評し合いましょう。文学論争もしましょう。


2 :春樹:02/05/09 19:26
候補で終わっちゃった〜♪

3 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:28
>>2
候補になったの?すごいじゃん。

4 :島田:02/05/09 19:30
すごい? ありがとう。じゃあぼくは6回すごいね。

5 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:32
>>4
マジレスしまくるけどプロですか?

6 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:33
>>5
文学界購入者と見た。

7 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:34
>>2
村上春樹
>>4
島田雅彦

8 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:35
>>7
ワロタ

9 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:35
>>6
文芸誌はあまり読まないです。これから読もうと思ってるけど。

10 :4:02/05/09 19:35
現在1行小説リレーをかけもちでござる。

11 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:36
>>7

12 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:36
1も7もマジレスではないかという恐ろしい予感がする……

13 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:38
>>11
スマソ。なるほどそういうことですかと書きたかったのです。

14 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:40
>>13
>>1はマジですよ。

15 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:41
訂正>>13>>12

16 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:44
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/bun/1011459026/l50

17 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:46
>>16
誘導ですか。でもこのスレは議論だけでなく文章も書き込んで
いいですよ。

18 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:47
>>7
ちなみに二人とも結局、受賞できてないよね。
何となくふざけてるスタンスが審査員に不評なんだろう。
うまいんだけど、真面目に書いてないというか。
高みの見物というか。

一方、受賞者はというと、村上龍にしろ田中康夫にしろ、
町田康にしろ、一見ふざけてるかのようにも見えるけど、
本人たちは至って本気以外の何者でもなかったりする。

つまりは、イタイってこと。
本当に痛々しいスタンスで創作している人じゃないと
芥川賞は受賞させてもらえないんだと思う。

日本全国のイタイ小説家志望者諸君、
君たちは芥川賞作家になる資質に満ち溢れている!

19 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:52
>>1
>>18はちょっとした文学論争の問題提起のつもりなんだけど。
ちなみに、川端康成も大江健三郎も紛れもなくイタイ部類の人だよね。

20 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:54
>>18
正直芥川賞作品はあまり読んだことないのでよく分からないです。
尊敬するのは安部公房と大江健三郎くらいですね。

21 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:55
>>19
どの辺が痛いですか?川端も好きですが。

22 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:55
安部公房が芥川賞作家で筒井康隆が芥川賞作家じゃないのって僕は納得いかないんだけど。

23 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:58
>>22
筒井康隆って芸術家なんですか?

24 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:00
>>21
イタイっていうのは、周りが見えてない羞恥心のなさということです。
謙遜が感じられないというか。ぎりぎりのところで真っ向勝負するしかない不器用さというか。
そういった部分が、いい意味で痛いわけです。
画家にたとえるならば、ピカソじゃなくてゴッホ的ということです。


25 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:02
>>23
全作品が文学的ではないと思うけれど、文学的志向に根差した作品はかなり素晴らしいと思う。
でもやはり、わざとやってる感じが審査員に不評なんだと思う。

26 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:03
>>24
そうですね。「不器用さ」はピュアということですからね。

27 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:04
>>25
なんという作品ですか?今度読んでみます。

28 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:10
>>26
だから単純に文章力があれば受賞できるって類のものではないんだと思う。
常人との感覚のズレや生活態度の差異といったものが作中に滲み出ていてこそ
芥川賞作家としての資質が見出されるのに違いない。

29 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:13
>>28
いってみれば「変人」みたいなものですよね。
常識人は書いても駄目ですね。

30 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:14
>>27
泉鏡花賞受賞作の「虚人たち」(中公文庫)とか詠んでみると、
筒井康隆=エンタテインメント作家という認識は崩れますよ。
他にも色々あるので探してみて下さい。

31 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:18
>>30
分かりました。スレ立てて良かったです。
自分の嗜好だけを追っても井の中の蛙になって
しまいますからね。

32 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:22
>>30
でもやっぱり筒井康隆は芸術家ではあっても社会性を持った常識人なんですよね。
ちなみに芥川賞の悪口を書いた作家がその後芥川賞を受賞したという話を聞いたことがないので、
あまり悪口は書かないでおこうと思います。でも、もう手遅れかな。
というよりもそれ以前に、悪口を言わなければ芥川賞を受賞できるかもしれない
なんて事を考えている時点でどうかしているよなどと、自分で自分を戒めてみたりする今日この頃。

33 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:27
受験と同じように考えてみるのも一つの手かなとは思います。
芥川賞受賞への近道として、とりあえず芥川賞受賞作の完全読破計画というのはどうでしょう。
傾向を把握した上で対策を練るのも有効な方策だと思うのです。
ちなみに僕はまだ20作品くらいしか読んでいませんけど。

34 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:30
>>1
つうか、まじで獲りましょうよ、芥川賞。
「ガチンコ芥川賞クラブ」みたいなものを作って、やっていきませんか?

35 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:33
>>32
スレタイは芥川賞マンセーみたいになってるけど
自分を貫いて賞を逃すのなら、後代が認めて
くれるでしょう。このスレの主旨は如何にして
賞を取るかではなく、文学芸術の実践です。
やはり芥川賞を取ってなくても後世に名を残す人は
いるだろうし、その逆もあるでしょう。
純文学を志向する人が住人になってくれれば嬉しいです。

36 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:37
>>33
面白そうですね。やはり実戦的に目指していくというのは
それ自体ピュアでいいですね(w

37 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:38
>>34
「ガチンコ」って何ですか?無知でスマソ。




38 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 20:43
丁度、芥川賞全集が配本されてるよ。

39 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:46
>>38
>>1は貧乏だから文庫本で読もう(w

40 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 21:26
>>39
図書館で借りて読めばいいのでは?
ただし人口に対する日本の図書館数の割合は先進国の中でもかなり低いらしいから、
借りられなくて困る可能性が高いですけどね。

ちなみに「ガチンコ」はテレビ番組のタイトルで、
「ガチンコファイトクラブ」というコーナーでは企画参加者の中から
実際にプロボクサーを産み出してしまおうというものです。
すでにプロデビューした人も何人かいたはずです。
でも文学を志す上ではむしろテレビなんか見ないほうがいいかもしれませんね。
本当はインターネットも悪影響かもしれないですけどね。
過去ログで何度か書いた「痛々しいスタンスでの創作」を実践するには、
できるだけ文学以外の知識を得るべきではない様にも思えます。
それが夜叉丸さんがおっしゃっているような、ピュアな文芸創作者の生き方なのかもしれませんね。
マスコミ情報から得られる時事問題や流行文化に関する幅広い分野の知識を蓄えている時点で既に、
世渡りの術を心得た常識人になってしまうわけですからね。

41 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 22:27
>>40
そういえばあまり図書館を利用しないですね。
安価に手に入る文庫本文化が日本の図書館の衰退の遠因かもしれない
と思いましたが、でも市販で手に入らない本などはやはり図書館が頼り
ですね。
「ガチンコ」の意味を教えて頂いて有り難うございました。
>>1はTVを処分して三年経ちました。それまではすごいテレビっ子だった
のですが、やはり本を読む時間を奪うので処分しました。でもPCは時代に
逆らえず買ってしまったのでこうして2chネラーしているわけです(w
(ちなみに携帯電話は去年初めて買いましたw)
ネットも文学にとって脅威ですね。飲まれてはいけないですね。良さもある
わけですから建設的に利用しようと心がけてはいますが。
重要なのはよく読み、考えて、書くことですね。想像力は非常に大事ですね。
メディアは想像力を奪いますね。


42 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 22:28
>>1はもう落ちます。工藤伸一さん、マジレスしてくれて
有り難うございました。

43 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 23:00
>>41
僕も夜叉丸さんの考え方には同意します。
作者は忘れてしまいましたが、「新聞病」についての文章を思い出しました。

登場人物を紹介するときに、「名前、年齢、職業」の順で箇条書きする作品をよく見かけるけれど、
それは多分、学校で文章の勉強のために新聞を読めと言われ続けたために身に付いた悪影響だろう。
新聞の文章は事実をわかりやすく伝える上では優れているが、決して文学的に優れたものではない。

というような文章です。近頃はこれに加えて「テレビ病」と「インターネット病」が
文壇に蔓延しているのでしょう。気をつけなくてはなりませんね。

44 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/10 08:07
>>43
確かに新聞記事は文学の勉強にはならないですね。新聞報道に主観を交えるのは
タブーとされていますから(社説やコラムなどは別)。でも主観に走りやすい人は
新聞の客観的な記述を学び取るところがあります。>>1もその口ですね。私小説より
古典的な客観小説を目指しています。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)