5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女性のための官能小説

1 :名無し物書き@推敲中?:02/05/22 23:35
書ける?

2 :名無し物書き@推敲中?:02/05/22 23:36
激しいホモ小説書きゃあいいんだろ?


3 :名無し物書き@推敲中?:02/05/22 23:37
耽美小説の書き方 丸茂ジュン

4 ::02/05/23 00:27
ちちち。
801ぢゃないよ。
そういうのはここにスレ立てる必要も無い。
あくまで読み手である女性が官能を感じ取れるようなヤシ。
男が抜くためのモノならいくらでもあるんだけどねー。

5 :名無し物書き@推敲中?:02/05/23 00:39
おとなぺえじにいってくらはい

6 ::02/05/23 01:32
この手のスレはあんまり受けないんでよねーPINKちゃんねるじゃ。
読むやつばっかで書く奴いないし。文章ならここが一番ふさわしいだしょ。
別に成人指定ほどエロくなくてもいいんだけどねえ。男性用じゃないんだから。


7 :名無し物書き@推敲中?:02/05/23 01:34
最低限、sage進行でね。軌道に乗ってからでよいから。

8 :名無し物書き@推敲中?:02/05/23 02:43
レックはその日、二人分の箸と茶碗を小さな机に並べた。「ヨウヘイ」から連絡があったのは
昨日の夜だった。ヨウヘイは今日、「帰って」来る。
タイ・バンコクの裏通りでは、いつものように各家庭の夕餉の支度をする音と匂いに満ちていた。
レックはタイ米に、もち米を混ぜて炊いた。ヨウヘイはタイ米だけの白飯が苦手なのだ。
米が炊き上がり、ケーン(おかず)を作り終えてもヨウヘイはなかなか帰っては来なかった。しかしそれも
今は慣れた。「仲間との付き合い」というものがあるので、すぐには来れないのだという。
レックはヨウヘイがどんな仕事をしているのか知らない。ただ、船乗りであると聞かされただけだ。多分、
あまりいい仕事じゃない。
レックがヨウヘイと出会ったとき、レックは立ちんぼをしていた。親には大昔に捨てられ、もはや顔も覚えてはいない。
ヨウヘイはレックの客になった。
最初は金で繋がった、客と娼婦の間柄でしかなかったが、いつしかヨウヘイはレックの部屋に泊まるようになった。
レックに仕送りをし、時に「オミヤゲ」を持って「帰る」こともあった。いわゆる「現地妻」と言う言葉をレックは知らなかった。
その頃になると、ヨウヘイはレックの顔を見て、遠い目をすることに気が付いた。
ヨウヘイは、レックの倍以上を生きていた。
レックは、今年で16になった。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/05/23 12:44
>>6
あなたは女性?
pinkちゃんねる、エロパロ板にそのものずばりのスレタイ
「おんなのこでも感じるえっちな小説」というものがありますよん。
探してみて。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)