5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前らのデートを面白おかしく小説風に書け!

1 :1:01/12/06 22:51
俺はそれ見て嫉妬するから。

2 :恋人は名無しさん:01/12/06 22:52
2

3 :たんぽ子(,,゚∇゚) ◆bKog5d7w :01/12/06 22:53
このスレは絵日記風に、AAを貼って書くに変更しました。

4 :恋人は名無しさん:01/12/06 22:54
4

5 :恋人は名無しさん:01/12/06 22:55
5

6 :恋人は名無しさん:01/12/06 22:55
たんぽ子が起きてる時間だったようだ。
あきらめよう>1

7 :遠距離恋愛の彼氏に宛てた100通の手紙:01/12/06 22:56
全略

かしこ

8 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:01
たんぽ子がマムコに挟まれて血まみれになって、激臭に襲われて死んだ(藁

9 :性戦士:01/12/06 23:03
オレは戦士〜

10 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:04
いつも思うのだが、たんぽ子は自分の発言が自ら面白いと思ってるのだろうか?
まいど、まいどセンスと間が悪過ぎとしか思えないのだが‥

11 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:05
たんぽ子って口臭便所のこと?

12 :名無し小説家:01/12/06 23:08
今日は智子との週に一回にデートの日だ。
ボクははやる気持ちを押さえながら待ち合わせの場所に向かった。
待ち合わせの場所につくと、いつものように智子はコマネチを
してボクを迎えてくれた。ぼくもすかさずコマネチをして返し
二人はしばらく見つめあっていた。

13 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:10
見つめあった僕と智子の仕草に周りの人達は奇異の目をしながら
通り過ぎていく。

14 :1:01/12/06 23:11
>>12
おっ、始まったな。
いいぞ、いいぞ。
期待してるぜ!

15 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:12
ツマラン

16 :名無し小説家:01/12/06 23:14
僕ら二人の手のつなぎかたはまわりのカップルとは少し違う、
それは人と同じことをするのが嫌いな智子の提案だった。
その手のつなぎ方とは…。

17 :13:01/12/06 23:16
>>16
俺にも続き書かせてくれよ〜・・・
嫌なら良いけど。。

18 :1:01/12/06 23:16
>>15
冷めた事言うな!
どうみてもおもしろいじゃねーか!

19 :1:01/12/06 23:18
>>17

12=13=16=17じゃないの?

20 :13:01/12/06 23:19
>>19
違うよ。

21 :1:01/12/06 23:22
>>20

よし、流れが止まったみたいだから君の話で逝こう!

22 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:23
>>16
つなぎ方は二人の秘密だ。それより今日は智子の弟の命日だ。
急いで智子の家に帰らなきゃ。俺が焦って早歩きしていると
智子は急にしゃがみこんで・・・

23 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:25
お腹を抑えて、下着を公衆の面前で脱ぎ捨ててそのまま野グソを舌した。
<完>

24 :名無し小説家:01/12/06 23:27
>>22
「E〜T〜」といいながら意味不明の挨拶をしてくる。

25 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:29
>>24
僕は例の手のつなぎ方をしようと思い、ETの真似をしたその指を
思い切り握りへし折った。
すると智子は嬉しそうに微笑みながら・・・

26 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:31
ホイミを唱えた。智子の指は治った。

27 :名無し小説家:01/12/06 23:33
>>26
どこに行くとボクは智子にたずねると
智子の口から意外な答えが返ってきた・・・

28 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:33
しかし、パーティは全滅した。


29 :名無し小説家:01/12/06 23:37
>>27
「ディズニーランド!!」
人と同じことを嫌がる智子にしては普通すぎる…。
そんな不安を抱きながらボクは智子に今度は
すばやくコマネチした。

30 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:39
>>29
普通すぎると思っていると「んな訳ね-だろ」と智子が一声。
智子が急に震えだし割れた。中からはタナカが!

31 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:41
と思ったら、僕の白昼夢だった。
普通にディズニーランドに行くとするか。

32 :恋人は名無しさん:01/12/06 23:43
どこからか、弟の命日はどうなったんだと言う声が聞こえてくるが、
もちろん僕はそんな事は気にしない。
智子はその時、狂気とも思える恐ろしい計画を立てているとも
知らずに・・・

33 :名無し小説家:01/12/06 23:45
>>30
ボクは激しく動揺した。いままで少し不自然とは感じていたものの
智子はタナカであったのだ。ボクと智子は小1時間話し合い
ボクは智子と仲直りした。

34 :1:01/12/06 23:53
ちゃんと見守ってるから安心してね。

35 :1:01/12/06 23:58
恐るべきことに智子は僕の玄孫だったのだ。
「さあ、秘宝館に行ってみよう!!」

36 :恋人は名無しさん:01/12/07 00:01
秘宝館の前には案の定、カップルが列をなしていた。
僕らは順番を割り込むべく、変態のふりをすることに決めた。

37 :名無し小説家:01/12/07 00:01
>>34
(少し心配になったよ)

38 :恋人は名無しさん:01/12/07 00:03
そう僕は変態のふりをしながら1の事・弟の命日の事・ディズニーランドの
事が心配だったのだ。

39 :恋人は名無しさん:01/12/07 00:49
aage

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)