5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★浮世絵★★★

1 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/11 21:16
語ろう!!

2 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/11 21:33
んじゃ、まずは浮世絵最高傑作といわれる春画から語ってくれ>>1


3 :ゆん:02/02/11 21:47
国芳が好きです。「バカらしさを最高のスキルで」ってところが。

春画は、興奮せず。性器周辺のケまでかかれるとねー。。。ロマンなし

4 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/12 01:03
浮世絵師の肉筆が好きだな。

5 :mき:02/02/12 11:26
>>4

肉筆も良いけど真贋が

6 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/12 18:26
>>3
それがいいんじゃない。
まあ、男と女の感性の違いかもしれんけど。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 23:44
あの…

質問なんですが、昔の浮世絵を新しく版を起こし直して売ってるモノって
誰かお持ちですか?
芸術品としての価値はないでしょうが見た目はどうでしょうか?
またどこのモノがお勧めですか?


8 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 00:02
>>7
全く同じように復元されていれば芸術品としての価値は同じですよ。
違うのは、オリジナルは・・・古いという骨董的価値と、数が少ないという希少価値、
学術上の資料的価値、およびオリジナルを所有するという満足感があると言うことです。
そのあたりが、大きな値段の違い(資産的価値)になって現れます。
あくまでも、オリジナルと同じレベルの出来の場合という前提ですが、
その前提が、仮に守られていれば芸術的価値は変わりません。

9 ::02/02/20 00:26
>>8
レスありがとうございます。
ところでオリジナルと同じレベルの複製ってのは簡単に手に入るんでしょうか?
ただ飾って観たいと思っているだけですがあんまり杜撰なものは欲しくないんで。

以前見たミュシャのリ・クリエーションとやらの複製画のひどさが頭から離れない
んです(笑


10 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 00:37
>9
8さんの意見は全くその通りで俺もそう思うが、
オリジナルと同じレベルの複製があるかどうかが問題だ。
俺は探したことはないが、同レベルの物は無いと言っていいかも知れない。

11 ::02/02/20 00:44
>>10
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?

12 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 01:02
>>11
鑑賞用に割り切ってしまえば上等じゃないの?

江戸名所百景:江戸橋 安藤広重 オリジナル
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b20226417
浮世絵 歌麿 復刻版
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b20506466
浮世絵 版画 《役者絵》 豊國筆
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e7068768
浮世絵 版画 《初代 豊國画》
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c16295029

まだまだ沢山あります。
http://search.auctions.yahoo.co.jp/search/auc?p=%C9%E2%C0%A4%B3%A8&alocale=0jp&acc=jp

13 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 01:14
>12
安藤広重のオリジナルはいいな。何だか色が綺麗ですね。
でも相場がわからないけど、あんなものなの?

14 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 01:42
英泉が好き!!
色あいが綺麗だ。

春画に修正加えて載せてる本とかあるけど・・・あれってどうなの?
塗りつぶしてる方が卑猥に映る。

15 ::02/02/20 06:38
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 22:01
>>15
東京なら神田の原書房、山田書店あたり。値札が付いているので
一見の客でも買いやすい。


17 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 22:07
http://j-y.zone.ne.jp/g9F/hijiiF/hijii_tn.html
http://value.zero.ad.jp/niquet/shes/mika_hijii/index.html

18 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 22:27
>>7
複製浮世絵はアダチ木版画工房で売ってます。 

http://www.adachi-hanga.com/ukiyoe_new.htm

ここでも買えますけど楽天市場でも買えるらしいです。 
複製版画ですから当たり前ですけどシートで1万円台。 ちなみにビバンでもアダチの制作した
複製浮世絵を売ってますから安いほうを買えば良いでしょう。 
なんでもビバンでは50マンエン位すると聞きましたがナニカの間違い?

ビバンの人見てたら本当の売値教えて下さい。
ビバンの真面目な社員の人。 お願いします。・・・・・・・・・・・・・・・・


19 ::02/02/20 23:42
皆さんどうもありがとうございます。
いずれ東京に行ったら寄ってみようと思います。

ところで皆さんは誰の絵が好きですか?
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。

蒲原・夜之雪
http://www.adachi-hanga.com/tokai/tokai16.html

20 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 23:58
>18
ビバンで50万なんて馬鹿なネタを言いふらすな。
その手のネタはもう飽きたよ。
吊るし上げて楽しむのもいいが、余りやり過ぎるとシラケル。
言っときますが、俺はビバンの関係者ではないですよ。念の為に。

21 :18:02/02/22 21:42
>>20
知らないから聞いたのよ。 幾らで売ってるの? 知ってるんでしょ? 教えて下さい。

22 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/23 15:29
age



23 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/23 20:10
>>19
広重の雪の絵はいいですよね。
これほど切ない絵はほかにないんじゃないかというくらい。

24 :18、21 お願いします。:02/02/23 21:43
>>7
複製浮世絵はアダチ木版画工房で売ってます。 

http://www.adachi-hanga.com/ukiyoe_new.htm

ここでも買えますけど楽天市場でも買えるらしいです。 
複製版画ですから当たり前ですけどシートで1万円台。 ちなみにビバンでもアダチの制作した
複製浮世絵を売ってますから安いほうを買えば良いでしょう。 
なんでもビバンでは50マンエン位すると聞きましたがナニカの間違い?

ビバンの人見てたら本当の売値教えて下さい。
ビバンの真面目な社員の人。 お願いします。・・・・・・・・・・・・・・・・


25 :わたしはダリ?名無しさん? :02/02/24 01:40
<<12-13
安藤広重と言う呼び名は、ちょっと古いかもよ。。。
今は歌川広重と言ったほうが、通じやすいと思われ。。。


26 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/24 01:45
広重と言えば、洗馬が一番好きです。
見ているとなぜか、切なくなってきます。

27 ::02/02/24 02:20
>>26
見てみました。これも素晴らしい浮世絵ですね。
自分が東海道に住んでるんでついつい五十三次の方に目が行ってしまい
ますが、木曾の方もチェックしてみないといけないかも…

洗馬
http://www.adachi-hanga.com/sensyu/adachi_hiroshige1/adachi_image_hiroshige_kiso69seba.htm

28 :23:02/02/24 04:30
>>26
そうですねー。
広重の絵ってなぜか切なくなっちゃいますよね。
ほかの浮世絵でそうなることはあまりない。
情緒的な感性では広重がぬきんでている気がします。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 11:11
昨日、鑑定団で芳年でてたね。


30 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 13:33
>>3
そんなあなたに、足フェチ春信はいかが?

31 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 14:28
>>28
南画とかの影響があるんですかね?
それになんとなく黄金期の日本映画にも通ずる情緒。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/02 09:03
春信が好きですなぁ。
「雨夜の宮詣で」が好きだ。

33 ::02/03/02 11:14
禿同

水茶屋お仙、ハアハア

34 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/15 11:05
age

35 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/16 19:56
浮世絵によって二次元は完成された

36 :日本画に関しては素人なもんで:02/03/16 20:18
>35
ぜひ、そのお話を詳しく聞かせていただきたいです。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/18 17:35
最近、酒屋にいったら、酒瓶(一升瓶系)に春画っぽいシール貼ってあるの
知らない?
かなりきもい。誰が買ってんだろ。おっちゃんしか買えねえって雰囲気。

38 :浮世絵初心者:02/03/19 00:02
先日「広重ベスト百景」って本を買って来ました。
著者は路上観察で有名な赤瀬川原平。
あの独特の視点で広重の浮世絵を解説している初心者向けの本でした。
ここの住人にはバカにされそうな本ですが、初心者にはありがたい本です。
図版によっては小さく載ってるけどフルカラーだし。
まったく浮世絵を知らない人にとってはいいイントロダクションになるのでは。


39 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/19 12:15
>>31
黄金期の時代劇映画の構図には浮世絵の影響が大きいらしい。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/23 08:47
京都の高島屋で「広重と歩く東海道五十三次展」やってるよ。

41 :藤原新太郎:02/03/23 08:48
春信の春画にはぁはぁ

42 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/23 11:07
愛知県の美和町で芳年展やってるよ
http://miwa.clovernet.ne.jp/miwatown/html/syakai/shiryo/index.html


43 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/23 17:01
私の家に無修正の春画の本たくさんあったんだけどグロすぎる。
おちんぽとおまんちょが。
昔の人ってあれで抜いてたわけ?
信じられない。

44 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 00:33
>>43
その辺は今のエロマンガあたりに通じるのかも。
文化的背景がないと欲情できないものなんでしょうね。


45 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 01:00
月岡芳年が好きだなあ。浮世絵が技術的に頂点に達した時期の画家だし、
はっとするほど現代的な感覚がある。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 23:00
月岡芳年の武者絵、初版ではないですが手に入れました
ウレシ…(涙
かれ、いやみなほど筆が立つ(笑

47 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/30 14:49
春画って何がいいの?

48 :藤原新太郎:02/03/31 14:38
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!

49 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/01 08:49
版画技術が良かろうがあんなのただのエロ本じゃん。
現代の写真技術を集大成したエロ本があれば芸術的価値が高いのか?

50 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/04 12:00
>>49
つーか、物によるんだよ。いいものはやっぱいいんだよん。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/11 23:33
京都に住んでいるんですが、浮世絵がたくさんおいてある美術館、近郊にありませんか?

52 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/12 21:40
>>51



53 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 09:40
48の親爺は、女の裸=芸術だと思いこんでいる馬鹿
春画だろうが何であろうが、良い物も悪いものもある。
これが常識。偏愛してはいけません。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 10:06
>>51
京都には無い。
浮世絵が見たければ、東京か長野へ行くしかない。

55 : :02/04/15 17:42
浮世絵は江戸の庶民のものだからね。
京都にはあまりないよ。
東京の国立博物館のHPの検索から浮世絵を選ぶと、
代表的なものが鑑賞できる。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 18:24
>>53
ああ、君こそ『馬鹿』だ。
俺は>>48ではないが、錦絵は寛政・天保の改革による統制を結構厳しく受けたのだよ。
錦絵を注意してみると、端のほうに【極】の印が刻印してあるだろ?
これは名主の検閲を受けたと云う事なのだよ。
つまり、通常の美人絵や役者絵、風景画は一般用『並製』なわけね。
それに引き換えいわゆる秘画や艶本は完全な地下出版。
当時の絵双紙屋(ものの本屋ではない)が小金をもってそうな旦那をみかけると、
「旦那様、じつはこんなものもありますが・・・」
てな感じで勧めたもので、通常の錦絵に比べ相当に高価で、
入手できる層も限られていたと思われてる。
そのかわり「彫り」「摺り」「素材(奉書という上等の紙を使う)」も一般の錦絵とは違い、
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
その傾向は俺も良くないとは思ってるよ。


57 ::02/04/15 18:43
ばかだね〜
入門書の解説そのままジャン
売り方が値を上げるために流してること本当に信じてるんだね
春画が優れているなんて、それこそ情報の刷込みだよ
ガハハハハ
自分の目がないんだろうな
可哀想に

58 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 19:11
>>57
はぁ〜 アホはほっとくに限るな。

先日京都の博物館でほんの短期間だけど、歌麿の秘画を一般公開したよね。
秘画もこれを機会に、制限はあっても公開されていく可能性が高い。
できたら現物を見てください。
先般栃木県で栄之と春章の秘画を収集家から見せていただきましたが、
その摺りと彫りの巧に思わずため息がでた。

あ、ちなみに57が
>売り方が値を上げるために流してること本当に信じてるんだね
といってるけど、同じ歌麿でも、同じ程度に状態が良い
秘画の一枚分と認知されている初摺の一枚絵を比べたら、
今の美術市場では、はるかに初摺の一枚絵の方が高いですよん。
ダマサレないように。





59 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 19:26
高い物が良い物じゃないですよ。
内容的に春画を必要以上に評価する必要はないでしょう。

60 :58:02/04/15 19:52
むかしから日本で浮世絵を研究している人たちは大きく2派に分かれてて、
主に学会系(秘画等を必要以上に無視する)と
好事家系(どっちかというとそればっかり)。
極端な人たちが多いのね。
(高橋克彦の「写楽殺人事件」にちょこっとそのへんの事情がかいてあります)
R・RaneやT・Screechの研究で最近こそ溝は浅くなってきてるけど・・・・

最近本屋では秘画関係の本ばかり並んでるけど、
これはヘアヌード等で規制が緩和された事に便乗した悪しき傾向だと
俺自身は思ってるよん。
必要以上に評価しているつもりはぜんぜんありまっしぇん。



61 : :02/04/15 20:32
はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>58
はバカと言うより人間以下だね
脳みそ猿なみ
猿が可哀想か
>>59
が正しい。
儂が言いたいのは春画だからといって高く売られ過ぎていることだ
58みたいな猿が多いってことで需給のバランスが崩れている
まともな人は春画の値にだまされんようにね

62 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/16 08:04
荒れてきたね

63 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/16 10:56
春画だからすばらしいっていうのはないけど、
春画にもすばらしいものはあるということで。


64 : :02/04/20 00:50
 

65 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 07:58
あきらかに56がキチガイだろ。放置しとけ。
いるんだ、こういうのが。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 13:07
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | < 氏ねよおめーら
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/


67 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 15:16
>>56のいってることはそれほどは間違っていないよ。
まあ、どっちかっていうと>>57のほうが間違ってるね。

>売り方が値を上げるために流してること本当に信じてるんだね
こんなことはまずないし。
っていうか、まだ売るには難しい面があるからね。
逆に>>58のいってることは良く分からんのだけど、
>>59がいってるように春画が普通の錦絵より高いものっていうことだったら
それは違うだろとしかいえないね。

>春画が優れているなんて、それこそ情報の刷込みだよ

春画の彫りや摺りが優れてるのが比較的多いのは事実。
だから単純に情報の刷り込みって言うわけではない。
けど、彫りや摺りが優れているから、そのジャンルが
全て良いものっていう訳でももちろんない。
それだったら、江戸の錦絵より上方絵の方が上位になるはず。

けど結論は当然といえば当然だけど
>>63っていう結論しかでない。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 17:03
やっぱり56と57はキチガイだろ。放置しとけ。
いるんだ、こういうのが。

69 :58:02/04/20 18:03
無責任に発言できる掲示板だけど、
↑のようにXXXXなんて言葉は使わないほうがいいね。

>>67が言うように、あるジャンルがすべていいなんてことは絶対無いよね。
というより、気持悪くなるようなものも多いよ。
ただ錦絵は各々の工程が分業で、絵師の『仕事』を語るだけでは片手落ち。
いまの版画を批評するのとはちょっと事情が違う。
でも摺りや彫りの技術を見るのは、どうしても現物をみなきゃならん。
秘画や艶本も、なんとか自由に見られるようなシステムがほしいねえ・・・

昔林美一が無修正の枕絵を自著を購買した人に配布して
裁判にかけられたことがあったけど、
つい最近まで、秘画を売ったりなんかしたら後ろに手が回ったといわれている。
最近は、ホントにたま〜に古書店が目録に載せたりしてるけど。
(サザビーズには堂々と出品されてる)
だから秘画の場合、例え出てきたとしても好事家にたいして密かに
(といっても噂は広まるらしいけど)売られるだけで、
他の絵画の様に投機的な目的で収集してもあんまり意味がない。
美術館も引き取ってくれるかどうか・・・・・・・判らない。
結局>>57の入ってる事は、?????????と云う事になる。




70 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 18:08
や っ ぱ り 5 6 と 5 7 は キ チ ガ イ だ ろ


71 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 18:15
上方の役者絵は色使いが綺麗だし、デザインもいいねぇ。
デッサンの狂いは江戸の錦絵以上で、殆どキュビズム。
そこがまたいいんだ。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 20:45
俺は春画気持ち悪いから嫌い。
それより広重とかの方がいい。
こういうと「春画は集大生云々」とかほざく奴がいるが、糞食らえ。
人の好みに識者ぶってケチつけんじゃねえよ

73 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 21:11
>>72
このひと何言ってるんだろう?
このスレにカキコしてる人のどの発言読んでも
<ケチ>なんてつけてる人いないのに。

あ、ごめん。こういう人は無視するにかぎるね。
まったりいきましょう。

74 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 21:34
や っ ぱ り 5 6 と 5 7 と 7 2 は キ チ ガ イ だ ろ

75 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 23:50
機知外だな

76 : :02/04/20 23:59
ここは基地害の集団だYO!

77 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 14:45
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!

常識だろボケが!
春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!


78 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 14:46
! 春画=浮世絵の版画技術の集大成春画=浮世絵の版画技術の集大成 常識だろボケが! 春画=浮世絵の版画技術の集大成春画=浮世絵の版画技術の集大成 常識だろボケが! 春画=浮世絵の版画技術の集大成
常識だろボケが!



79 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 14:47
>>65161619665463463546346826463424681465165461+6146449759726759955644162172517591247671291429614149795175175675641296421492757495478974897462145614591645961726179519547561459149517621741491591

80 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 14:48
ケチつけてんじゃねーかレス見ろキチガイ

81 : :02/04/21 21:53
結論

浮世絵好きはキチガイだった

82 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/22 05:28
なんでこんなに荒れるんだろう?

83 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 04:08
>>82
ほのぼのとした一言だね

84 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 06:35
いや〜笑わせてもらいましたよ
でも浮世絵っていいね(ハート)

85 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 13:03
ワラタ
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから,
逆切れして起こっているとおもわれ。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 15:59
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから

87 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:00
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから


88 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:00
いや〜笑わせてもらいましたよ
でも浮世絵っていいね(ハート

89 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:00
なんでこんなに荒れるんだろう?

90 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:01
>>82
ほのぼのとした一言だね

91 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:01
>>7
全く同じように復元されていれば芸術品としての価値は同じですよ。
違うのは、オリジナルは・・・古いという骨董的価値と、数が少ないという希少価値、
学術上の資料的価値、およびオリジナルを所有するという満足感があると言うことです。
そのあたりが、大きな値段の違い(資産的価値)になって現れます。
あくまでも、オリジナルと同じレベルの出来の場合という前提ですが、
その前提が、仮に守られていれば芸術的価値は変わりません。


92 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:01
先日「広重ベスト百景」って本を買って来ました。
著者は路上観察で有名な赤瀬川原平。
あの独特の視点で広重の浮世絵を解説している初心者向けの本でした。
ここの住人にはバカにされそうな本ですが、初心者にはありがたい本です。
図版によっては小さく載ってるけどフルカラーだし。
まったく浮世絵を知らない人にとってはいいイントロダクションになるのでは。


93 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:03
>>53
ああ、君こそ『馬鹿』だ。
俺は>>48ではないが、錦絵は寛政・天保の改革による統制を結構厳しく受けたのだよ。
錦絵を注意してみると、端のほうに【極】の印が刻印してあるだろ?
これは名主の検閲を受けたと云う事なのだよ。




つまり、通常の美人絵や役者絵、風景画は一般用『並製』なわけね。
それに引き換えいわゆる秘画や艶本は完全な地下出版。
当時の絵双紙屋(ものの本屋ではない)が小金をもってそうな旦那をみかけると、
「旦那様、じつはこんなものもありますが・・・」
てな感じで勧めたもので、通常の錦絵に比べ相当に高価で、
入手できる層も限られていたと思われてる。
そのかわり「彫り」「摺り」「素材(奉書という上等の紙を使う)」も一般の錦絵とは違い、
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
その傾向は俺も良くないとは思ってるよ。


94 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:09
学術上の資料的価値、およびオリジナルを所有するという満足感があると言うことです。
そのあたりが、大きな値段の違い(資産的価値)になって現れます。
あくまでも、オリジナルと同じレベルの出来の場合という前提ですが、
その前提が、仮に守られていれば芸術的価値は変わりません。
全く同じように復元されていれば芸術品としての価値は同じですよ。
違うのは、オリジナルは・・・古いという骨董的価値と、数が少ないという希少価値、



95 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:09
ここの住人にはバカにされそうな本ですが、初心者にはありがたい本です。
図版によっては小さく載ってるけどフルカラーだし。
まったく浮世絵を知らない人にとってはいいイントロダクションになるのでは
「旦那様、じつはこんなものもありますが・・・」
てな感じで勧めたもので、通常の錦絵に比べ相当に高価で、
入手できる層も限られていたと思われてる。
そのかわり「彫り」「摺り」「素材(奉書という上等の紙を使う)」も一般の錦絵とは違い、
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
その傾向は俺も良くないとは思ってるよ。


96 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:10
入手できる層も限られていたと思われてる。
そのかわり「彫り」「摺り」「素材(奉書という上等の紙を使う)」も一般の錦絵とは違い、
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
その傾向は俺も良くないとは思ってるよ。
先日「広重ベスト百景」って本を買って来ました。
著者は路上観察で有名な赤瀬川原平。


97 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:10
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
その傾向は俺も良くないとは思ってるよ。
先日「広重ベスト百景」って本を買って来ました。
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。



98 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:11
つまり技術的な面からも、内容的な面からも秘画が>>48の言うように
>春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
めたもので、通常の錦絵に比べ相当に高価で、
入手できる層も限られていたと思われてる。
そのかわり「彫り」「摺り」「素材(奉書という上等の紙を使う)」も一般の錦絵とは違い、
はるかに金をかけられるわけだよ。



99 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 16:36
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね。
めたもので、通常の錦絵に比べ相当に高価で、
春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね
はるかに金をかけられるわけだよ。
当然、彫師など職人のランクも上の人が手がけるし、
絵師の力の入れ方も違う。


100 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 17:20

この粘着・・・・・
背中がゾォ〜と寒くなってきた。


101 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:18
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか?
ところで皆さんは誰の絵が好きですか?
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
ここでも買えますけど楽天市場でも買えるらしいです。 
複製版画ですから当たり前ですけどシートで1万円台。 ちなみにビバンでもアダチの制作した
複製浮世絵を売ってますから安いほうを買えば良いでしょう。 
なんでもビバンでは50マンエン位すると聞きましたがナニカの間違い?


102 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:19
、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか?
ところで皆さんは誰の絵が好きですか?
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
えますけど楽天市場でも買えるらしいです。 
複製版画ですから当たり前ですけどシートで1万円台。 ちなみにビバンでもアダチの制

103 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:19
春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。
ただ、今書店に並んでる浮世絵関係の書籍ってのは「そっち」方面ばかりだよね
はるかに金をかけられるわけだよ。
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか買えますけど楽天市場でも買えるらしいです。 
複製版画ですから当たり前ですけどシートで1万円台。 ちなみにビバンでもアダチの制作した
複製浮世絵を売ってますから

104 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:20
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。



105 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:20
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。


春画=浮世絵の版画技術の集大成
というのは決して間違いじゃないんだよ。



106 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:21
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
この粘着・・・・・
背中がゾォ〜と寒くなってきた。
複製浮世絵を売ってますから安いほうを買えば良いでしょう。 
なんでもビバンでは50マンエン位すると聞きましたがナニカの間違い?


107 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 20:23
人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

108 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 21:29
コピペの切り貼りコラージュ・・・・・どうなっちゃてるの?
これじゃ笑えんぞ。馬鹿でも魂の叫びがあるから可笑しいのに・・・ネ....


109 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 06:57
>人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

バカ?

110 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 16:42
武者絵とか戦争画って未だに評価低めなんで買いやすくっていいと思う。
幕末頃の作品でも大判三枚続きで3万円代は有難い限り。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:10
>人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

バカ?


112 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:10
>人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

バカ?
>人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

バカ?


113 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:11
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。




114 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:11
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。


115 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:11
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
ネット通販であるような1〜2万程度のモノってのは鑑賞に耐えるモノ
なんでしょうか?
オリジナルでもそんなにしないんですね。
ただ、いくらきれいでも経年変化はあるでしょうしねえ。
私は広重の風景画が好きです。独特の構成美は世界でも屈指じゃないか
と勝手に思ってるんですが。
「東海道五拾三次 蒲原・夜之雪」なんて雪の降らない地方に雪を降らせて
しまう力技。他にも構図からは見えない場所も入れてしまうとか独自の
解釈で風景を描き出すのはすごいですね。
やっぱり質のいい復刻を探そうかな。
この画廊がいいとかお勧めはありますか
ぶっちゃけた話、オリジナルと同じレベルなんてモノは求めないです。
4色印刷じゃ味気ないと思ってる程度の人間なんで。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


116 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:11
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


117 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 18:12
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)



118 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 22:42
人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!

119 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/24 22:43
何階も言わせんじゃねえーぞ

120 : :02/04/25 01:30
畢竟 

春画コレクターが居たら、一見その人がどんなに真面目そうな人でも私は付合いません。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 07:28

粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。


122 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:38
粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。








123 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:39
粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。 粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。



124 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:39
粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。 粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


125 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:39
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




126 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:39
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


127 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:40
省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




118 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/24 22:42
人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!


119 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/24 22:43
何階も言わせんじゃねえーぞ


120 名前: :02/04/25 01:30
畢竟 

春画コレクターが居たら、一見その人がどんなに真面目そうな人でも私は付合いません。


121 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/25 07:28

粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・
合掌・・・・・・・・・。



122 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/25 15:38
粘着君に好かれて歌川広重(色重という別名有り)も
草葉の陰でさぞ悲しんでいる事であろう・・・・・


128 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:40

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


127 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/25 15:40
省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)




118 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/24 22:42
人の趣味にケチつけるんじゃねーぞ。わかったな!


119 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/24 22:43
何階も言わせんじゃねえーぞ


120 名前: :02/04/25 01:30
畢竟 

春画コレクターが居たら、一見その人がどんなに真面目そうな人でも私は付合いません。




129 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 15:41
何階いわれてもわかんねーのかよ
ひとの趣味にケチつけんなって言ってんだろ

130 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/25 21:51
渓斎英泉ってどうでしょう?
木曽街道六十九次なんて見ると風景版画でも広重に劣らない実力持ってる気がする。
作品の中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 02:33
浮世絵や文人画は再評価すべき画家がまだまだ沢山いそうですね。

132 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 02:38
喜多川歌麿とかのそれですか?(違ったらスマソ)
あんまり見た事はないですけど淡い色使いが
日本文化の醍醐味を程よく醸し出していると思います


133 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 02:57
歌麿いいですねえ。
清長の美人画も着物の繊細な線や色使いがこれぞ錦絵って感じで好きです。
確か以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね?

134 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 03:01
でも彼等は既に有名すぎて再評価の必要もなさそう。
私もあまり詳しくないけど百花繚乱の幕末時代なんてどうなんでしょう?
国芳や芳年のような再発見される画家がまだまだいそうな気がします。

135 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 11:36
芳年は再発見っていうか、違ったところから発見されたよね。
画集とかも圧倒的に少ないし、逆にプレミアがついてるぐらいだし
多分、上(学会)のほうでは、芳年なんてっていう
頭の古いのがまだいるからだろうね。
こういったのがいるから浮世絵の固定観念が固まっちゃてるし、
逆にこういったのが一掃されたら、芳年はまっとうな評価される。
浮世絵が新たに見直されるでしょう。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:45
頭の古いのがまだいるからだろうね。
こういったのがいるから浮世絵の固定観念が固まっちゃてるし
歌麿いいですねえ。
清長の美人画も着物の繊細な線や色使いがこれぞ錦絵って感じで好きです。
確か以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね?


137 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:45
以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね
木曽街道六十九次なんて見ると風景版画でも広重に劣らない実力持ってる気がする。
作品の中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?
逆にこういったのが一掃されたら、芳年はまっとうな評価される。
浮世絵が新たに見直されるでしょう。


138 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:46
あんまり見た事はないですけど淡い色使いが
日本文化の醍醐味を程よく醸し出していると思います
浮世絵や文人画は再評価すべき画家がまだまだ沢山いそうですね。
こういったのがいるから浮世絵の固定観念が固まっちゃてるし、
逆にこういったのが一掃されたら、芳年はまっとうな評価される。
浮世絵が新たに見直されるでしょう。 中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?
逆にこういったのが一掃されたら、芳年はまっとうな評価される。



139 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:46
渓斎英泉ってどうでしょう?
木曽街道六十九次なんて見ると風景版画でも広重に劣らない実力持ってる気がする。
作品の中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?


131 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:33
浮世絵や文人画は再評価すべき画家がまだまだ沢山いそうですね。


132 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:38
喜多川歌麿とかのそれですか?(違ったらスマソ)
あんまり見た事はないですけど淡い色使いが
日本文化の醍醐味を程よく醸し出していると思います



133 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:57
歌麿いいですねえ。
清長の美人画も着物の繊細な線や色使いがこれぞ錦絵って感じで好きです。
確か以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね?


134 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 03:01
でも彼等は既に有名すぎて再評価の必要もなさそう。
私もあまり詳しくないけど百花繚乱の幕末時代なんてどうなんでしょう?
国芳や芳年のような再発見される画家がまだまだいそうな気がします。


135 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 11:36
芳年は再発見っていうか、違ったところから発見されたよね。
画集とかも圧倒的に少ないし、逆にプレミアがついてるぐらいだし
多分、上(学会)のほうでは、芳年なんてっていう
頭の古いのがまだいるからだろうね。
こういったのがいるから浮世絵の固定観念が固まっちゃてるし、
逆にこういったのが一掃されたら、芳年はまっとうな評価される。
浮世絵が新たに見直されるでしょう。


140 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:47
渓斎英泉ってどうでしょう?
木曽街道六十九次なんて見ると風景版画でも広重に劣らない実力持ってる気がする。
作品の中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?


131 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:33
浮世絵や文人画は再評価すべき画家がまだまだ沢山いそうですね。


132 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:38
喜多川歌麿とかのそれですか?(違ったらスマソ)
あんまり見た事はないですけど淡い色使いが
日本文化の醍醐味を程よく醸し出していると思います



133 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:57
歌麿いいですねえ。
清長の美人画も着物の繊細な線や色使いがこれぞ錦絵って感じで好きです。
確か以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね?


134 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 03:01
でも彼等は既に有名すぎて再評価の必要もなさそう。
私もあまり詳しくないけど百花繚乱の幕末時代なんてどうなんでしょう?
国芳や芳年のような再発見される画家がまだまだいそうな気がします。




141 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:47
渓斎英泉ってどうでしょう?
木曽街道六十九次なんて見ると風景版画でも広重に劣らない実力持ってる気がする。
作品の中心が美人画だったから国芳なんかに比べると人気が出にくいのかな?


134 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 03:01
でも彼等は既に有名すぎて再評価の必要もなさそう。
私もあまり詳しくないけど百花繚乱の幕末時代なんてどうなんでしょう?
国芳や芳年のような再発見される
131 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:33
浮世絵や文人画は再評価すべき画家がまだまだ沢山いそうですね。


132 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:38
喜多川歌麿とかのそれですか?(違ったらスマソ)
あんまり見た事はないですけど淡い色使いが
日本文化の醍醐味を程よく醸し出していると思います



133 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 02:57
歌麿いいですねえ。
清長の美人画も着物の繊細な線や色使いがこれぞ錦絵って感じで好きです。
確か以前は歌磨、清長の時代が浮世絵の黄金時代って言われてたんですよね?


134 名前:わたしはダリ?名無しさん? :02/04/26 03:01
でも彼等は既に有名すぎて再評価の必要もなさそう。
私もあまり詳しくないけど百花繚乱の幕末時代なんてどうなんでしょう?
国芳や芳年のような再発見される画家がまだまだいそうな気がします。




142 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 15:48
>こういったのがいるから浮世絵の固定観念が固まっちゃてるし、
人の趣味にケチつけないで下さい
傷つく人もいるんですから

143 : :02/04/26 18:04
あらしとして連絡するわ

144 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/26 21:05
何で荒らされてるんだ?

145 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/27 08:20
議論も出来ない粘着君=低脳がひとりいるんだよ。

146 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/27 12:08
論議は不必要とみた

147 : :02/04/27 16:10
このスレでは春画の批評は御法度だね

148 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/27 16:49
北斎の肉筆画発見。

【社会】葛飾北斎の肉筆画見つかる

 「富嶽(ふがく)三十六景」などで知られる江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760−1849)が別の絵師と共同で、二羽の鶴を描いた肉筆画がこのほど、新たに見つかった。
 葛飾北斎美術館(島根県津和野町)の永田生慈館長が、所蔵していた個人宅で発見。署名や、羽を描いた墨の部分にあい色を重ね塗りする技法などから、北斎の筆と断定した。
 「双鶴図」と題され縦約88センチ、横約42センチ。右側のオスの鶴は、北斎晩年の画号「画狂老人卍」と、「八十七歳」の年齢を記しており、北斎が1846年に手掛けた作品とみられる。左のメス鶴は「八十二翁」とあり、
同時代の絵師大岡雲峰の作という。



149 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/12 15:35
「風流艶色真似ゑもん」
が大好きだ

150 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/23 09:26
最近、浮世絵に興味出て来た。
昔は何がいいのかさっぱりわからなかったけどとりあえず面白いね。
歌磨の美人画は今だによくわからんが。

151 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/23 12:21
>歌磨の美人画は今だによくわからんが

きら摺りの大首はすごいと思う。
けど、歌麿のボロより、芳年とか国芳の美人画のほうが良いね

152 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/23 15:15
同意。芳年の描く女は最高。
美人画というより幽霊とか芝居の場面の女がカッコ良くてイイ。

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから
結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから結局この荒れは>>57の奴が反論できなかったから a href="../test/read.cgi/cdr/1004279542/453" target="_blank">>>453>>
62/1" target="_blank">>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)