5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヨゼフ・ボイス!!!!

1 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 17:21
ヨゼフボイスについて何でもいいから
知ってる人おせーて!

2 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 17:47
ドイツ人ではなかろうか。
だからといって、ドイツ人が皆、ビール好きであるとか、
ソーセージばっかり食べてるとか、ジャーマンポテトに目
がないと決めつけるのはいかがなものかと思われる。

3 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 17:54
ヨゼフなのか、ヨーゼフなのか?

4 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 17:56
ヤフーオークションでサイン入りの紙袋が数万円で出ていた。
買おうとしたら妻に怒られた。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 17:59
タタール人とのエピソードが有名だが、
なんかしっくりこないのは俺だけ?

質感に対する感性も、目が慣れてくると飽きてくるし。

ボイスよりキーファーのほうが好き。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 18:01
キーファーの主題は、賛否両論ですね?

7 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 18:04
タタール人って、どんな人種か知らんけど、名称から想像
すると・・・
@ちょこちょこ動く。
Aトーストにタタールを塗って食べる。
B冬はタタールネックのセーターを着る。
というイメージがしました。
間違ってますか?

8 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 19:46
>>7
タルタル・ステーキって知ってる?
半生のハンバーグみたいな奴。
タタール・ステーキとも言うけど、きちんとしたレストランで喰うと、
すげーっんまい。
あ、それはおいといて、
確かトルコとかそちらの地方のことを指すんじゃなかったっけ?

で、ボイスは世界大戦(?)の従軍で、乗っていた飛行機が撃墜されて、
死の境をさまよったらしい。
んで、たまたまその近所のタタール人の皆様が早くよくなるようにと、その土地の風習の
「動物の毛皮(わすれてしまったすまぬ)」でボイスをぐるぐる巻きしてあげたらしい。それに
キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
って感激したボイスが、例のフェルト(赤十字印)の作品を発表し始めたわけらしい。

これは自分の勝手な感想なんだけれど、ボイスをヨーロッパのポップアートとか
言う奴がいるみたいだけど、何か違うんじゃないかな?なんて思うのは勘違いかな?
勘違いだねきっと?
ま、あんまり好きじゃないからどうでもいいんだけどさ。

けどさ、何で独逸系の作家ってすぐ政治運動したがるんだろう?

緑の党とかあるけれど、なんでああなるのかなあ?

9 :わたしはダリ?名無しさん? :02/03/24 20:17
世界にボイスと同じようなことを考え、同じようなことをやっている
もしくはやろうとしている人は数百人いや数千人いただろうが、
ボイスが世に出たために他の人は消えるしかなくなってしまったという
ような人であり、そのようなタイプの作品を作る人。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 22:00
あまり、好きな人がいないようです。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 22:08
だってうさんくさいんだもん。

ボイスがじゃなくって

ボイスヲタのkitty guyさんたちが。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 22:09
ヲタがいるのか・・・。
いつでも来やがれ!
ヲタぶりを発揮してみろい!

13 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 22:13
ボイス作品って、マークやサインが入ってて、
何かのブランドのオブジェみたいだな。(w
でも欲すぃ〜!

14 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 23:05
横須賀かどこかに
個人美術館があった記憶があるよ。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 01:40
個人美術館いってみたい。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 15:15
ボイスってただのバカでしょ?
と思ってる私は逝ってよしでしょうか。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 21:14
どうでもよい
一般人のひとりと思うがどうよ?

18 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 22:27
>17
興味のない人にはね。
山師とか言う人もいるし、過大評価もされているような気もするけど
私にとってボイスという人間にはある種の魅力を感じる。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 22:31
>18
訂正
魅力を感じる。→魅力を感じる存在。


20 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/27 19:33
もっとわかりやすくゆってよ。こうー。
ちょっと雑誌で見ていいかなーって思っただけなんだけどさ
ぜんっぜん知らないから。
ヨゼフボイス好きな人って他にどんなの好きなの?

21 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/27 19:41
キーファーって??

22 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/27 19:54
アンゼルム・キーファー
ってのは、検索するのが一番手っ取り早いと思うが、
80年代以降独逸の新表現主義の騎手として注目された人(これじゃだめ?)。
ナチス独逸の負の遺産をテーマにしたインスタレーションが白眉かな?

で、そのころ、伊太利亜では3C(クッキ、キア、クレメンテ)という作家たちも表れていて、
比較すると面白いかもしれない。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 00:18
コヨーテ
毛布
タタール人

コヨーテが一番ヨイ

24 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 11:19
なーんだ。
誰もボイスがわからねえのか。
やっぱり2チャンだな。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/30 00:11
オマエモナリザ

26 :catt ◆X.ore.zA :02/03/31 15:44
ニューヨークに居たときに彼の訃報。そして遺作となった
「もっと酸素を」のインスタレーションを見ました。57丁目だったかな・・?
東京芸大に特別講義で招かれたときにはミーハーですがサイン貰いました。
人生でサイン欲しいほど憧れたのボイスだけだったなぁ・・
彼は、私の中で「巨星」です。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/01 14:46
コヨーテと1週間檻の中にいる

そんなものが芸術かよ! バーカボイス バカバカ

28 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/01 22:52
フェルマーの定理を解いたヒトで、叶姉妹のお姉さんの方の異母兄では?

29 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/01 23:25
うっそーん!?

30 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/04 18:21
画集とか探したけどうりきれで見つかんないのさ
検索とかしてみたけど作品あんま出てこないし。
今更ってかんじだけど画集探して見るのが一番はやい?ね。
でもボイスの画集って高いのばっかね。数も少ないし。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/06 21:42
ポンピドゥーで、フェルトで包んだピアノの作品と、
フェルトぐるぐるまきを壁じゅうに張り巡らして
ピアノだけが置かれてある部屋とを見たけど
すごくいいと思った。
よく知らない変なドイツ人という印象が強いですが
それらの作品は好きだと思いました。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 01:03
>>31
いいなぁ・・ポンピドーには常設なの?

33 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 05:19

飛行機事故にあって、タタール人に助けられた

って、絶対ウソだよね。自分で伝説作って
言いふらしてるところがイタイ。



34 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/21 10:11
でも、確かに左右にハゲがあったよ。
あんたそれ見たの?

35 :31:02/04/24 23:07
>32
常設展示室にあったから大抵は見られると思います。
ピアノがあった部屋は村上三郎とか白髪一雄とかもありました。

僕は、あの人の背景について、なんだか何を信じていいのやら
わからないので敬遠していたのですが、実際に作品見ると、
ちょっとイメージ変わりましたです。

以前国立国際美術館に来てたフルクサス展のセコい作品とは
随分イメージが違いましたし。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/30 13:34
8>
>んで、たまたまその近所のタタール人の皆様が早くよくなるようにと、その土地の風習の
>「動物の毛皮(わすれてしまったすまぬ)」でボイスをぐるぐる巻きしてあげたらしい。

動物の毛皮では無くてボイスの体にラードをあつく塗りフェルトの毛布で
くるみ看護したため、ボイスにとってラードとフェルトが特別な
神秘的なマテリアルになったんです。

http://www.ddart.co.jp/JosephBEUYS.html

37 :デビッド・クレメント:02/04/30 13:42
33 >
>飛行機事故にあって、タタール人に助けられた
>って、絶対ウソだよね。自分で伝説作って
>言いふらしてるところがイタイ。

その嘘が、(例え嘘だとしても)数十年経った今でも、
こんな離れた場所で話題にされているのが
すごいんだと思うのですが。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/07 18:45
すっぱにラードぬられて毛布でぐるぐるまきにされて
シャーマンに助けられたんでしたっけ?
そっから彼の思想が変わって、ああいう社会に向けてのメッセージがこめられている
作品になっていったんだそうです。

コヨーテについてですが、”私はアメリカが好き、アメリカも私が好き”
というコンセプトで、ネイティブアメリカンが神としているコヨーテと
心を通わせる試みをしてアメリカの魂の根本を理解しようというものだったはず。
たぶんそのまま作品のタイトルになってると思います。
”コヨーテ”は、そのドキュメント写真集(?)のタイトルです。
私ももっています。
あと、参考までにわたしの持っているボイス関連の本をあげると
(実家に置きっぱなしなので出版社名なんかは今わかりません。
興味のある方はご自分で調べてみてください。)

・水彩作品集(洋書,かなり大判。10年くらい前高校生のとき初めて見て
私は衝撃を受けました。)
・ヨーゼフ・ボイス ヨーロッパからユーラシアへ
(カテゴリ別の作品紹介と、その解説。ページの下にボイスの発言の抜粋が
載っていて、泣けます。”everyone an artist.")
・タイトルは忘れたのですが、縦長の本で
ヨーゼフ・ボイスが芸大で講義をしたときの全発言が載っている本もあります。
このときの学生からの質問が全部DQNで頭にくる!!
しかし講義の内容自体はとても面白く、ボイスの考える政治論、経済論なんかが
語られていて、作品をよりよく理解するためのガイドになると思います。

あと私は持っていませんが、ミヒャエル・エンデとの対談本もあったはず。
ビデオもまだどのくらい発売されているかわかりませんが、
”ケルティック”というのがあって、これは面白いです。
高校生の時に観て、そのときはなんの解説もなかったんですが衝撃でした。
4、5年たってから、友人の大学で行われたシンポジウムを聞きに紛れ込んだ時
この作品(パフォーマンス)の話題が出て、解説を聞いてまたびっくりでした。
解説ついてるビデオがあればいいんですけど。

アンゼルム・キーファーはボイスとひとくくりにされることが多いんですが
残念ながらボイスに認めてはもらえなかったんだそうです。
(10年くらい前、今は無き池袋セゾン美術館と佐賀町エギビジット・スペースで
行われた展覧会、たしか”メランコリア・知の翼”のパンフにそう書いてあった。
このパンフはキーファーに興味のある方にはオススメです。
古本屋に網をはれば必ずかかると思います。)

アンゼルム・キーファー以外では、ナム・ジュン・パイクはボイスと
マブダチだったそうで、ボイスについての作品も作っています。
韓国の現代美術館に行った時、タブローがありました。
何年か前、私は見に行ってないんですが草月ホールで
ボイス降霊会みたいな趣旨のパフォーマンスをやっていました。

フルクサスという芸術運動が行われていた時があり、その展覧会が
やっぱり何年か前ワタリウム美術館で行われていたと思うので
ボイスを含めてそのへんの芸術家については、ワタリウムに聞くのが良いと思います。



39 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/07 20:01
イタタタ

40 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/09 01:41
降霊会。アートにおけるユーモアの限界を見た。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/09 09:39
>40

君は人の発言の言葉尻しか捉えられないのか。
それから、ユーモアってどういう意味だか分かってンの?

42 :catt ◆X.ore.zA :02/05/09 23:03
ボイスがコヨーテとかけあい漫才やったのは良いユーモアだと思う。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)