5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我こそは2ちゃんねらーの方

1 :ほんわか名無しさん:02/05/15 19:40
http://yy2.ziyu.net/yy/catseyes.html
ココの掲示板は最近2Chです(壷)
我こそはというかた、ぜひぜひカキコを

2 :ほんわか名無しさん:02/05/15 19:41
2げと

3 :ほんわか名無しさん:02/05/15 19:42
荒らし依頼です

4 :ほんわか名無しさん:02/05/15 19:44
>>1がスレッドを立てた。テーブルにこぼしたケチャップのような、
取り返しがつかない、なんの役にも立たない、悲惨なスレッドだった。
僕は女友達とそのスレッドを見ていた。僕らの間には宙ぶらりんな
沈黙が存在していた。部屋では、ビル・エヴァンスのブルー・イン・
グリーンがかかっていた。
彼女がためいき混じりに言った。
>>1は、どうしてこんなスレッドを立てたのかしら?」
僕は少し考えてから言った。
「わからない」
多分、>>1にもわからないのだろう。そういうことっていうのはあるものなのだ。
真実は、最悪の結果になってからわかるものなんだ。少なくとも僕は、何度と
なくそういうスレッドを見てきた。そして、>>1が立てたスレッドは、その中でも
特にひどいスレッドだった。真実は、最悪の結果になってから、わかる。
彼女は、テーブルの上にビールの空き缶を並べながら、>>1のことを考えて
いるようだった。
「この>>1、きっと友達がいないのよ」
僕は黙っていた。
「だから、>>1はこんな駄スレを立てたんだわ。そうじゃなきゃ、こんなスレッドを
立てられるはずがないもの……」
僕は返事をしなかった。
彼女は僕の隣に座って、肩に顔を埋めた。そして、静かに泣いた。雪原に降る
粉雪の音のような、本当に静かな泣き方だった。
>>1のために泣いているわけじゃないの」
「わかるよ。>>1のために泣けるヤツなんて、世界中探しても一人もいやしない」
「それが悲しいのよ」
そして僕らは、セックスをした。セックスが終わって、僕はぼんやりと>>1のことを
考えていた。彼女は>>1のことなんて、もうすっかり忘れているようだった。
おそらくは世界中の誰もが、>>1のことなんて忘れているだろう。僕は目を閉じて、
ほとんどレスが付かないまま、倉庫に沈んでいく>>1の哀れなスレッドのことを
思った。


5 :ハニータン祭り ◆IidAAeuI :02/05/15 19:45
 /  ̄ \パカ! 
 ∨∨∨∨
\(^▽^)/ <新スレおめでとうございまーす♪
∧∧∧∧∧
|  りか   |
\___ノ

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)