5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆     VIC−1001      ☆

1 :反68:01/12/19 03:33
ヒマだからコモドールユーザー(いるのか?(笑))の為にVICのスレ
を立ててやったぞ(笑)
国内では絶滅種に指定されているコモドールユーザー。頑張れ!!(笑)

201 :VIC−2002:02/04/22 05:12
>>12
>12 :敢えて・・・ :01/12/21 06:41
>>>6〜>>11
>貴方の熱き語りに・・・乾杯
>*自己中レスなのでsage

 で、下げるのは>>12の低能ぶりだよな(爆笑)


202 :VIC−2002:02/04/22 05:13
ヒマつぶしでも・・・するか(微笑)

VICだったな。キーボードの割り込みルーチンにフックをかけて腐っ
たオルガン(笑)の真似事をさせたり、タイマー割り込みルーチンにフッ
クをかけて画面を虹色にしたり・・・他の機種では「マイコン」雑誌上
でいくらでもプログラムの記事が出ている。VICはと言えば、ベーマ
ガで細々とあった程度だ(笑) 安くてそれなりの性能が出る反面、プロ
グラム製作は自力でやらなくてはならない。 何故なら、代わりにやっ
てくれる人間がいないからだ。 それが、VIC−1001だ。


203 :VIC−2002:02/04/22 05:14
一方、国産「マイコン」である、PC−8001、MZ−80K、それ
に続く機種は「ソフトハウス」との実にうまい連携で次々と自力でソフ
トを作らなくて良い土壌を生み出していく。当時のオレにはうらやまし
い反面、ソフトを買う資金が無かったので、余程面白そうなゲームは、
VIC上でパクればよかっただけだったのである(笑)

・・・VICの数少ないゲームカートリッジは国内メーカーによる「版
権侵害」を盾に消去された記憶も薄っすらと残っている・・・(微笑)

他機種ユーザーとの違いの1つに「気に入ったモノは自分で作る」と言
う考え方も、もしかすると、数少ないVICユーザーにはあったのかも
知れない(笑)


204 :VIC−2002:02/04/22 05:15
VIC上では、BASICで友人の悪口を画面に出す事からプログラミ
ングの第一歩を踏み始める。奇麗事は常に自身の興味を削ぐ。

・・・悪口を出すだけでは芸がない。どうせなら顔を出してぶっ壊すゲ
ームにした方が面白いし、日頃の恨み(微笑)も晴らせる。ユーザー定義
文字をDATA文上で表現しようにも、まずは2進数を10進に変換しなけれ
ばならない…当然、手計算でね(微笑)
・・・とりあえず、キーボードで照準が動かせる様になったぞ。あとは
顔を適当にスクロールさせればいいや(笑)…ハンドアセンブルで紙の上
になれない独自のニーモニックを並べる。次に、取扱説明書の後半数ペ
ージの6502インストラクションセットを見ながら機械コードに変換
していく。アドレス計算の誤りは勿論、変換のミスは暴走⇒電源リセッ
トとなるから事前のカセットセーブは欠かせない。


205 :VIC−2002:02/04/22 05:16
…そしてセーブが終わると早速、RUNさせて見る…案の上、ハングアップ
だ。機械コード部を見直して再度やり直す…しかし、6502は面倒だ。
256バイト以上のデータ転送はループを分割しなきゃならない。レジス
タ全てが8ビット長だからだ…と、思いつつも、次もハングアップしたが
画面には変化が出たぞ…リストをよく見直して…相対アドレス値がずれて
いたのか…よし、やった!(爆笑) これで、○×△の野郎を笑い者にして
やれるぜ!(笑)…しかし、友人はそれを見て、マイコンに興味を示す様
になった(実話)


206 :VIC−2002:02/04/22 05:17
友人曰く、「それはタダでゲームができるのか?」
オレ曰く、「そうだよ。それだけじゃねえよ。自分で好きなゲームも作
      れるよ。もっとも、おまえの頭じゃ無理だからやめとけ。」

・・・オレはその時、危機感を覚えた(笑) 「悪口の天才」と称された友人
にマイコンを覚えさせると大変な事になるぞ、と(笑) もしも、自在に
プログラムが作れる様になったら、国家的危機に陥る!(爆笑)とまで当
時は危機感に惑わされた。


207 :VIC−2002:02/04/22 05:18
VICユーザーであったオレと国産の、例えば、アニメオタク養成のハ
シリであったMZ−80Bを見比べてみる。

繊細なドットグラフィック、高速版のZ80。VICユーザーのオレか
らすると「高いな(笑)」。この機種が広島の月収30万の中学生と騒が
れた、後の「コンパイル」のPAC藤島氏を創出する。

一方、巷のマイコンショップでは、ゲーセン上がりのマイコン少年とは
全く異なる、別の種族が醸成されていた。PC−8801や、MZ−8
0Bのブラウン管上でアニメのキャラクタが緻密に描かれている。そう、
これが、アニメオタクの始まりなのだ。日常の生活観の延長上にある娯
楽と考えられていたTVゲームやマイコンに新たな要素が加わったので
ある。


208 :VIC−2002:02/04/22 05:18
VICユーザーであったオレはすっかり6502の構造が頭に入り、数
少ないVICユーザーの会報誌のVICシステム解析記事と投稿プログ
ラムを打ち込んで楽しむ毎日を過ごしていた。

一方、アニメオタクの侵攻力はすさまじく、次々の国内のマイコン雑誌
を一色に塗り替えて行く。商業上の利害関係を知らなかったオレには脅
威以外の何者でもない・・・「これは、何なんだ?」
マイコンは自分でプログラムを作って遊んだりゲームをする物だと思っ
ていたオレには不可思議であった。「画面に絵を出すよりキャンパスに
書いた方がやりがいがあるだろうに・・・」
・・・一体、何がしたいのか?アニメオタクに対する不可思議な疑念がこの
時から既にオレの中にはあった。後に、中途半端な思想をバラまく存在
でしかない事は周知されたワケであるが(微笑)


209 :VIC−2002:02/04/22 05:19
オレはVICユーザーであったワケであるが、それは後に次々とラッシュ
の様に出てくるマイコンの購買基準の羅針盤となる。ラッシュが始まると
「マイコン」と言う呼称は野暮ったいとの批評を業界は気に病み、呼称を
「パソコン」と変える。それまでは売り手一色のマーケットが、参入業者
の圧倒的な増加により、そうもいかなくなったのも事実だった様だ。

MZ、PC、FM、BM、FP・・・際限のないパソコンラッシュ。
通信の自由化以前のマーケットは玉虫色だ。売れている物がいいのか、
人気がある物がいいのか、実際のところがわからない。メーカーサイド
の情報が都合のいいように醸成されていたのでユーザーは右往左往だ。


210 :VIC−2002:02/04/22 05:20
オレのVICもホコリを被る様になってきた。パソコンにさわる時間が
減っていく。そのかわりに外へ出る。後で思うところの、短い青春時代
だ(笑) 何故なら、MSXが発表される事で、またパソコンに戻ってし
まったからだ(笑)

・・・街頭で気ままな仲間と歩いていると目を疑う光景に出くわす。カバ
ンをさげた男性がいたのだったが、問題はその「紐」だ。その紐には、
なんと、カセットインターフェイスのケーブルがっ!(爆笑) おいおい
ここは仮にも横浜だぞ(笑) しかもそのカバンにはアニメのキャラクタ
がプリントされている・・・これは、不吉な事が起きる前兆なのか?(笑)
と思いつつも、不可思議だとの疑念が断ち切れない・・・自宅でTVをつけ
ると○塚○ッ○ス○ー○の報道が連日の様に賑わっている。


211 :VIC−2002:02/04/22 05:21
オレのVICはもう手元を離れたが、自身に備わった経験は今でも生きている。

アニメオタクとの、内なる闘いは現役VICユーザーであった頃から既に行わ
れていたが、常にマーケットの意向により揉み消されていた様である。そんな
ものは利益に反するものだ…と、言うのである。それはそれで良いのかも知れ
ないが、荒削りなオレにそんな考えが通用する筈が無い。例え一人だけであっ
ても内なる闘いを続けなければ消費者はマーケットの言いなりになりかねない。
メーカーは都合の良い情報を流し、「買わせるだけ」の文明を築きたいのだ。
アニメオタクを野放しにしておいても一般市民には何の恩恵も無いばかりか、
モラルの低下を招くだけだ、と、オレは何度となくその危険性に対する声明を
出してきた。今となっては現実となってしまい、手遅れの感も否めない。


212 :VIC−2002:02/04/22 05:23
オレは色々なパソコンを見てきた。VICは原始的ではあるが、基本的でもあった。

VIC−1001は6502を搭載したパソコンだ。6502は1MHzで動作す
る。搭載メモリは5KB。CBM−BASICでのプログラム可能領域は約3KB。
当時もそれでは「少ない」との苦言を多かった様であるが、オレにはちょうど良い
程度であった。簡単なゲームの場合はそれでも十分だったのだ。もし、どうしても
領域が足りないと思えば、プログラムを分割してその都度ロードし直せば良いので
ある。当時、ベーマガ等では、分割ロードを前提としてユーザー定義文字作成用プ
ログラムと、ゲームソフト本体と、分割記述されたプログラム形態が多かったのは
容量不足を補う手段であったと言える。


213 :VIC−2002:02/04/22 05:23
ユーザー間の交流が殆ど無かったVICであるが、どこかにその人がいるかも知れない。

VIC−1001の画面構成は22桁×23行である。縦と横の数値が逆になっている
かの様な印象を受け、逆さでは無いか?、と思われる読者もいるが、それが正解なので
ある。VICの画面構成が何故これほどまでに横長なのか不可思議に思われる読者もい
るので説明しておくと、当時の設計者は家庭用TVで使う事を前提としていて、1ドッ
ト単位で表示物が見える様に配慮したものであると、言える。家庭用TVでは縦方向は
ともかく、横方向はドットクロックのエッジのキレが悪く、色相だけでなく、ドットも
鮮明に表示できない。当時のユーザーの求めるところと、設計者の求めるところが一致
した結果だと言える。2001年の現在では、家庭用TVに表示する条件は昔ほど厳し
くは無く、より物質的となった現在では専用モニタを購入する方向となるだけだろう。


214 :VIC−2002:02/04/22 05:24
VICのゲームカートリッジソフトは遊べるレベルだったのか?答えは当然"YES"である。

「ポストMSX」の座を巡る過当競争はVICの頃が勃発期であったかも知れない。標準小
売価格が10万以下、家庭用TV接続可能なビデオチップ・ゲーム用のサウンドチップを搭
載、適度な拡張性…これらが期待された。この他にも現在のパソコンの概念には無い、標準
的なBASICを搭載させることも選択条件とされた。この頃はJR−100やシンクレア
ZX−81も低価格を武器に攻勢をかけてくるが、国内ではPC−6001が圧倒的に勝利
した。しかし、PC−6001も後のMSXが出る前に、敢え無く消極路線に切り替えを迫
られた事は周知である。ではVICはどうだったのか?オレには予想しかできないが、あま
り売れていなかったと思える。\69,800から\49,800に値下げした事も覚えているが、それが
シェア拡大だったのか、在庫処分だったのか…それはオレの知りたい情報では無い。言える
のはその後のパソコン観の基礎になった、それだけである。


215 :VIC−2002:02/04/22 05:26
VICとは何の略なのか?それはVideo Interface Chip(画像チップの名称)の略である。
画像チップの名前がそのまま本体の名前となったのである。

VICのゲームソフトには当時としては非常に緻密な作りを施した製品も多くある。ドッ
ト単位の動きを平気で行っているソフトさえある。これらはどの様にして行われていたの
か? 今回はその不可思議を説明しよう。X1の職業プログラマだった人は直感的に連想
していただけると思うが、PCGを直に書き換えていたのである。放物線ライクな動きは
縦横様々な方向に動くのでPCGを書き換える必要があるが、インベーダー(アベンジャ
ー)の場合ではその必要は無かった。横方向に1ドットずつずらしたPCGを用意して再
配置するだけで滑らかな動きが表現できるのである。TI−99/4で既に実現されたス
プライト機能を有する画像チップを使ったパソコンは、m5・MSXが発表されるまで待
たなければならなかったのである。


216 :VIC−2002:02/04/22 05:26
VICを基準にプログラマとなったユーザーがいるかどうか、オレにはわからない。オレに
わかるのは作った物が実際的なのか、それとも表面的に過ぎないのか…それくらいである。

2001年現在のパソコンの主な使用用途は通信、DVD鑑賞である。もはや自前でプログ
ラムを作成すると言う風潮は、タブー視こそされてはいないが、その存在すら知らないユー
ザーが数多い。現在では知る必要が無いのだ…しかし、当時は違った。現在で言うネットサ
ーフィンのスキルは、当時でいうところのプログラミング能力の差であったのである。プロ
グラミング能力の差がユーザーレベルと同価値であり、プログラム能力の無いユーザーは現
在で言うところのロースペックのパソコンしか所有していないのと同価であったのである。
そう、当時は物質的な風潮がタブー視され、精神的な風潮が重視された…現在と逆さまであ
る。
・・・しかし、オレは現在の価値観を受け入れる気持ちは無いし、必要性も感じない。VICで
の素朴な価値観…自己開拓、を重視するからだ。


217 :VIC−2002:02/04/22 05:27
6502を使ったパソコンはAppleUが有名であるが、VICも捨てたもんじゃない。
海外産で、日本語化されていて割安感のあるパソコンはVIC−1001だけであった。

「通信の自由化」が実施される以前はパソコン用途の方向性については手詰まり感があっ
た事は周知である。大容量・高解像度・多色・多重サウンド…これらを個人で使いこなす
のはもはや不可能だと囁き始められたのはX68000発表以降である。スペックが上が
る事が全て良いとは言えないのである。多色になるとそれだけデータ作成に時間がかかり、
全体の進捗がモロに影響されるのである。そう、単なるスケールアップに過ぎないのであ
る。これらはPentium4・PlayStation2が台頭しても未だに解決の様相を見せない。
…これらの抜本的解決策として後に浮上するのが「通信の自由化」である。オレはこの時
点で現在の腐ったパソコン業界のアウトラインが見えていたので即座に警鐘を大にして鳴
らしたが、そんなものは通じなかった様である。アニメオタクが業界の構成要素になる事
に危機感を持っていたが、実現してしまったのでオレは外野へ移る事となる・・・。


218 :VIC−2002:02/04/22 05:28
 クリスマスソングが街頭で流れる。オレは折角の休日に仕事をしなければならない。不況の中では
クリスマスもクソも無いとでも言いたいのか。折角の受注を断るわけにはいかない。今日中に発送の
準備をしておかなければオレの首も皮一枚だ(笑) オフィスから見える、街頭を楽しげに歩いている
人々…。幸い、イヴを共に過ごすあの娘には、前日にそれなりの贈り物を用意しているのであとは仕
事を終わらせるだけだ。今日は特別な日だ…携帯の電源を切る事さえも許されない(笑) やはり、オ
レを妬いているのか?…オレは裏切ったりなんかはしないぞ…しかし、仕方が無い。あの娘の言う事
だ。 昼になり、同僚と共にオフィスを出る。どこかで腹ごしらえをしなければ仕事が捗らない。オ
レはいつになく街頭を歩く娘達からの視線を妙に感じた…やはり、オレは注目されているのか…でも
諦めてくれ、オレには先約が既にあるのだ…娘達の視線を受けかわす微妙なオレ(笑)…そう考えつつ
も、同僚とクリスマスに仕事をしなければならないわびしさをぶつけ合っていたのだ(笑)
 …幸い、夕方過ぎには仕事が終わり、オフィスから脱出できた。電車の中はいつになくそれらしい
雰囲気が漂っていた。それと同時に、「予約の無い人達」の後ろめたそうな挙動が伝わってくる…ん、
何だか、視線を感じるぞ…どうやらイヴを逃したと思える娘達の視線だ。オレも楽しそうにしている
と何だかいけない様な感じだ…周囲の挙動に合わせるしかない…しかし、その時、不運にも着メロが
嬉しそうに鳴り響く…オレは弱った。取れば周囲の更なる視線の釘付けは必至だし、取らなければ、
後が怖い(笑)…ほんの少し考えて、仕方が無くその場で取る事にした…「ははは、オレ、電車の中だ
から後でかけ直すよ」…「わかったよっ」…疑念が少し含まれていた。何だか怖いので(笑)、なるべ
く早く帰って来たフリをして信じてもらうしかない。駅から家まで少し走ってみようかと思ったが、
別に悪い事をしたワケじゃない。気持ちを普段のままにして帰った方がいいに決まってる。そうこう
している間に家に着いた…「おかえり〜♪」…あの娘がいつもの様に出迎えてくれる。そうだ、贈り
物をあげよう…「ほら、おまえに…」…「ありがとう♪♪♪」…「給料減ったからな…」…「いいの
いいのっ♪」…
------------------------------------------------------------------------------------------
…今年も幸せなクリスマスイヴを過ごしたよ(笑) みんなはどうだった?(爆笑)


219 :VIC−2002:02/04/22 05:32
さて、復旧作業も終わった。VICスレは他にもあるからして、バカ厨房はそっちに
逝ってくれ。それとも、懇願してでもここに来たいのだったらオレに頭を下げてから
にしろ。バカは去れ(嘲笑)


220 :ナイコンさん:02/04/22 08:35
>>219
つくづく痛い奴だな。
芯でくれ。


106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)