5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

心理学に役立つ外国語って

1 ::2001/03/06(火) 17:40
心理学を学びたいのですが、第2外国語の選択に悩んでいます。英語以外に役に立つ外国語ってありますか?ドイツ語が心理学に役立つって本当ですか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 17:46
すくなくとも研究には第二外国語はほとんど役立たない。
ドイツでも伝統ある雑誌がドイツ語をやめて英語にしちゃったり
している。俺もフランス語だけど、大学院修了後に読む必要の
あったフランス語の論文は1本だけ。

でも、大学院入試に2カ国語必要な大学がまだいくつかあるし、
あとドイツ語フランス語をやっておくと英語の読解能力に
プラスになるから、やらないよりはやった方がいい。
フランス語、ドイツ語以外は心理学にはまず役立たないから
特別な理由がなければ避けた方が良い。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 17:59
>2
心理学の知識に時間さくよりはフランス語読める方が将来的には役に立つしね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 18:31
学者を自称するなら3カ国語は最低でも辞書あればなんとか読める
必要がある、って昔は言われたもんだけどな。
心理学の知識を暗記的に身につけるよりは語学をやった方が
有益、ってのは確か。心理学の勉強はいつでもできるが、
語学は若いうちの方が明らかに有利だしね。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/06(火) 21:21
個人的にはロシア語のできる心理学者が
もっといてもいいと思うのですが...。
大学院受験のことだけを考えるならフランス語をお勧めします。
英語の抽象名詞はほとんどがフランス語からの借用なので,
学術的な文章ほど英語学習の成果が転移します。

6 :ero:2001/03/07(水) 02:14
http://cgi1.freecom.ne.jp/~t4983/

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/08(木) 07:55
スペイン語はどうですか?
ラテン・アメリカ諸国では今でも精神分析が大きな勢力となっていますが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/15(木) 20:16
そういえばスペイン語圏の雑誌に論文載せて数を稼いでるユング派の人がいたな。

9 :73:2001/03/19(月) 18:32
 学習心理学の分野では、ヴィゴツキーまで手を出すつもり有ればロシア語
  発達心理学の分野では,ピアジェ・ワロンを本格的にやる気有ればフランス語
 臨床心理学の分野では,フロイト等を原文で読む気有ればドイツ語
ってとこでいかがだろう。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 14:16
新入生歓迎あげ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)