5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

まじめに死刑制度について

1 :執行人:01/12/03 17:59 ID:89osVFSj
世界における死刑制度廃止の流れについてどう感じます?
私は死刑にするより人権剥奪し拷問攻めで監禁したほうが重いと思うのですが。。。

みなさまの意見を厨房な私にくださいませ

2 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:20 ID:tkcrHFwb
>>1
概ね同意。
食事以外一切を与えずに終身禁固。
これ最強。

3 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:32 ID:rFosmqt4
まぁ終身刑ができればいいと思うけど、死刑はなくさない方がいいと思うな。
終身刑だけだとお金もかかるだろうし。
とにかく犯罪者の人権は剥奪すべきだと思う。

4 :無責任な名無しさん:01/12/03 18:39 ID:h9ssm45L
日本が頑なに死刑制度を維持しても、先進諸国から文句が
来ていづれ死刑廃止という流れになりそうだ。
そういう事態に備えて、終身刑、15年以上ぶちこめるように
したほうが良い

5 :無責任な名無しさん:01/12/03 19:16 ID:FjmsnRCn
死んじゃったら、元に戻せないもんね
冤罪とかもあるし、被害者感情からすれば許せないだろうけど
人間のやることに、間違いがおこる可能性がある以上
復元できない処罰はやめた方がいいと思う
冤罪で投獄された時間は取り戻せないけど、金銭などで償いはできる

6 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:31 ID:OhQOjQ0X
でも死刑確定衆の死刑は執行すべき

7 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:36 ID:h9ssm45L
死刑より終身刑のほうが極刑じゃないか?

8 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:46 ID:rKled96I
ワイセツ関係の犯罪者には付加系として去勢キボンヌ

9 :無責任な名無しさん:01/12/03 21:51 ID:rKled96I
 (没収)
第十九条 次に掲げる物は、没収することができる。
 一 犯罪行為を組成した物
 二 犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物

刑法19条の運用でできるぞ(ワラ

10 :犯罪防止への見せしめ:01/12/03 21:57 ID:P5b19OsY
死刑には一種の安楽死感がある。どうせなら一生を長生きさせて
生き地獄をうけさせるべきだ。で、どうせなら一回百円で殴っていいよ
とか画鋲さしていいよとか・・・・。とにかく一生反省しろ!!

11 :無責任な名無しさん:01/12/03 23:28 ID:VkMa0RpQ
死刑が確定していながら、執行せずに、じわじわ
執行日を待ち続けさせるのって、残虐な刑罰になると思う

12 :無責任な名無しさん:01/12/03 23:41 ID:UxuDnE/s
恩赦請求と再審請求を交互に繰り返し,
生き延びている死刑囚
諦めが悪いぞ!

13 :無責任な名無しさん:01/12/04 00:52 ID:w47ghZ0D
死刑より上の拷問死刑ってのをもし作れるなら、死刑ごときでガタガタ
議論する事もないのに・・恐らく犯罪者もびびって躊躇するのに・・・
キンタマを万力で挟んだり尿道に焼いた畳張り突き刺したり・・どうよ?

14 :無責任な名無しさん:01/12/04 01:17 ID:heXeEIoG
みの踊り復活希望

15 :犯罪者:01/12/04 02:44 ID:t4QedusO
どうせ死刑なら原発乗っ取って
みんな道ずれにしちゃおうっと

16 :無責任な名無しさん:01/12/04 19:27 ID:3xDDT2Pp
一生反省しる!!

17 :宮崎つとむ:01/12/04 19:54 ID:xziZJR+v
ロリータ美少女100人レイプ処女膜頂きで、懲役10年
死にかけの金持ち婆さん3人殺して、強盗殺人で死刑。
これって、国民の皆さんが納得のいく量刑ですか?

18 :無責任な名無しさん:01/12/04 21:48 ID:JQXwecMi
>>13
ワラタ

19 :無責任な名無しさん:01/12/05 13:54 ID:UPn4hkAO
警察官僚OB同士で比較すると、
後藤田はいい人ふうで、亀井のほうが権力志向でワルっぽい感じがするから、
イメージでいうと、亀井のほうが、死刑執行命令にバンバン判を押しそうな気がするけど、
実際は逆。亀井静香が死刑廃止運動をしているのは何でなんだろう。その辺の事情を御存知の方いらっしゃれば教えて下さい。

20 :無責任な名無しさん:01/12/05 13:56 ID:dE26y4bE
>>19
自分が汚れていていつ執行されてもおかしくないからさ(w

21 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:03 ID:UPn4hkAO
>>20意表を突いたレスに激しく腹筋が吊りました。
追伸
しずかちゃんの死刑廃止運動も意外だが、後藤田元ホーム大臣の執行命令スタンプマシーンぶりはもっと意外。
「死刑制度があって、裁判官が厳密な取り調べの上で(死刑判決を)下している。
法相が個人的な思想信条で(執行命令を)しないとなれば、初めから大臣就任が間違い。
就任時にそれが分からなければ、分かった時点で、やめるべきだ。
三権分立で裁判所に重い役割を担わせ、行政側の法相が執行しなくては法秩序、国家の根本が揺らぐ。
(起案書は)詳細に精査して私のところに上がってくる。
私も精査し、間違いないとなれば、裁決(署名)するのが職務だ。
納得しなければ取り下げてもらう」
正論ぽいことを言っているが、実際には殆ど「めくらばん」状態だったという。

22 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:07 ID:UPn4hkAO
追伸の追伸

>正論ぽいことを言っているが、実際には殆ど「めくらばん」状態だったという。

正論のようであり、正論でない。
しかし、このえせ正論でさえ口先だけということです。

23 :無責任な名無しさん:01/12/05 15:46 ID:2xCqpIaS
犯罪者に飯を食わすな。税金の無駄づかいだ。
全国の受刑者は自転車型の発電機を24時間365日必死でこげ。
公衆便所のすべての電気ぐらいつけれるだろう。

24 :無責任な名無しさん:01/12/05 17:30 ID:fT8EV9KM
>>21
学も教養もモラルもない自民党の無能大臣よりは、最高裁判事の方が
正しい判断をするだろうから、めくらばんOK

25 :無責任な名無しさん:01/12/05 17:49 ID:LwfwgsW0
正論じゃん。

26 :無責任な名無しさん:01/12/05 18:00 ID:UPn4hkAO
>>23
同意。しかし飯を食わせないと死んじゃうからな。
2回に1個は運子を食わせるというのはどうだ。文字通り臭い飯だ。
>>24
確かに言えている。
追伸の追伸の追伸だが、後藤田の発言は一方通行な物の見方で、中学受験の小6生レベル。
本当に法学部出て警察庁長官までつとめあげたのか疑ってしまう。
余計な能書きを垂れて恥を晒すよりは、ノーコメントで、執行命令書に署名押印すればよかったんだYO。

27 :無責任な名無しさん:01/12/05 19:02 ID:7V/pP8zg
━━━━━後藤田のスタンプマシーンは笑えた!
後藤田がサインするのをカウントしてたのオレだけ?
(よっしゃー5人突破!よーし次は10人突破しろーって)
でも結局は15人くらいしか死んでねえんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
後藤田のスタンプマシーンは笑えた。まじで
ニュースで知って、手を叩いてわらったなぁ。
馬鹿サヨが小菅の前で抗議してる間、家でみかん食ってた
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざ小菅まで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でも後藤田のサインのおかげで何かしらの利益を得た人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしかそれまでの法務大臣は執行要請を渋っていたけどさ、
あそこらへんって部落が多いからそのまま全滅させたかったんだよね。
今でも刑務所に住んでるやつがいるらしいけど、
せこいんだよ!俺らの税金なんだよね。むかつく。
ところで死刑執行直後はあいつらって肛門開くんだよな?
もしかして垂れ流し?汚ねぇなぁー。
どちらにしろ執行直後の死体映像はまさにグロ画像のようで壮観だった!
気持ちの良い夕刻でした

28 :無責任な名無しさん:01/12/05 19:18 ID:UPn4hkAO
>>27
懐かしいコピペ!
絞首刑の執行の際には、肛門が開くだけじゃなくて、男性だったら精液も出るらしいよ。
東条英機関係の本(『巣鴨ぷりずん』って本だったか)に書いてあったYO!

29 :age:01/12/05 19:56 ID:TLS9Bc/M
死刑大賛成。

30 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

31 :無責任な名無しさん:01/12/06 01:35 ID:dhCMRZSr
法律板とは思えないなぁ。

よく死刑廃止に冤罪だったらどうのというのがあるが
そもそも冤罪などは出てはならないことになってるので
有罪になる時点で有罪なのである。
そもそもどうしても疑う余地のない場合が有罪なのだから
冤罪だったら・・・なんていうのはそもそも議論としては違う。

また、罰金刑なら金を返せばすむが、投獄された時間は
金に換算したところで戻ってこないのは同じである。
よって「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは
理由にならない。

32 :無責任な名無しさん:01/12/06 07:39 ID:ElBQAvBQ
>>31
> よって「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは
> 理由にならない。

まさにその通りだが、それを理由に死刑に反対する者は
「人を裁く」責任を担う覚悟がないので反対するのです。
精神的に弱いので「逃げ道」を設けておきたいのです。

33 :19:01/12/06 12:27 ID:/ThdiQxy
>>31
5に対するレス?自分は5じゃないけど、
>そもそもどうしても疑う余地のない場合が有罪
の部分はどうかと思うぞ。
その辺は、戦後の処刑事例に関する文献やホームページが多数あるので見てみれば良い。
実際冤罪は生まれていると見ていいと思うよ。
裁判官は人間だから、犯罪容疑者というレッテルが貼られている時点で、
どうしても被告に不利な物の見方をするしね。
その辺は痴漢冤罪事件でもうかがえると思う。
それに最高裁では、通常、法の適用の検討だけで、事実審査はやらないし。

余談だけど、とある旧帝大の教授が講義で学生に向かって
「自分は、冤罪に巻き込まれ、死刑か無期懲役かの瀬戸際のときは、無実を主張するのは止める。
無実を主張したら裁判官の心証が悪くなり、死刑になるから。名誉よりも命のほうが大事だ。」
と語っていたYO。

>冤罪が死刑廃止の「冤罪の場合取り返しがつかないから」というのは理由にならない。

というのもどうかな。
死んだらそこで終わりだからね。死刑囚を殺したら事件の真相が永遠に分からなくなる。
過去にもそういうことがあった。
ある少年が強盗殺人で捕まった。少年は、自分は遺体を埋めただけで、殺人には関与していないと主張した。
しかし、少年は死刑判決を受け、処刑された。
ところが、処刑された後、
ある中年男性を別の強盗殺人犯容疑で取り調べたところ、
この事件についても殺したのは自分であり、処刑された少年は殺人には関与していないと自白した。
しかし、その時既に少年は処刑されてしまった後だったので、真相は分からないまま、この部分については、
遺体遺棄のみでの立件となった。
結局は別の強盗殺人を犯したことからこの男性も処刑されるのだが。

たしかに、冤罪の場合、死刑も懲役も取り返しのつかないのは同じ。
ただ、生きている限り、いつかは濡れ衣を晴らすチャンスは巡ってくるという希望は持てると思う。
無実で処刑されることほど、無念なものはないと思うよ。

では、現行犯逮捕のみ死刑適用って法規定にするのは可能か。
それは偶発的な事柄によって法の適用に不公平を生むだけだから憲法が許さないと思うよ。

でも凶悪犯には死刑を強く希望。絞首刑よりももっと残酷なやつを。
うーん、自己矛盾。

34 :ななし:01/12/06 12:43 ID:WwGdA1EH
>>31 自己矛盾のままで良いのでは。
 一方に偏らないで、この問題を考えると、19さんのような誠実な悩みに
いきつくと思う。なにしろ人間存在そのもののはなしだもの。
 刑事法の教科書を読んで決着がつくようなけちな問題ではない。

35 :無責任な名無しさん:01/12/06 12:54 ID:bWEzfcBT
>>34
19の悩みって誠実?(笑)

36 :ななし:01/12/06 12:59 ID:WwGdA1EH
 まあ人としての「情」も備え
(凶悪犯は許せない)
 かつ、死刑制度に内在する問題点を押さえているし

 誠実と言ってよいだろう

37 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:05 ID:bWEzfcBT
>>36
あ、ごめん。>>19の書きこみを読み返して変だなーとは思っていたんだけど、
>>33」も 19さんの書き込みだったのね。名前の欄見てなかった。すまそ。

38 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:06 ID:sef7TTAh
>>33
死体埋めて殺人に協力してるんだから、別に処刑されてくれても
構わないという市民感情もありますし、大きな事件でも無いですね。
強盗+殺人幇助(?)+死体遺棄なら、処刑賛成。
まあ罪刑で問題があるってのは法をわかってる者の理屈ですが。

39 :無責任な名無しさん:01/12/06 13:31 ID:aZc2AARe
陪審員制度で国民の代表で有罪かどうか決めるのならば
多数の幸福のためと言うことで死刑も許されるかな?

40 :無責任な名無しさん:01/12/06 17:52 ID:wBfRYDZQ
>>32
うん、その通り。
そういう人に裁かれたくないもんですな。
最近では、死刑判決を書く人は、「死刑しかないんだよ、仕方ない
んだよ」って強調してる感じだよね。

>>33
ああ、別に5だけに向けたわけじゃないけどね。

それらは死刑制度そのものにあるのではなくて、司法システム
(裁判官やらなんやらすべてのこと)に問題があるのであって、
死刑があること自体が問題なのではない。

厳格に有罪を決定することさえ出来れば死刑はあってもいい。
もしそれがないとしても、それは死刑があることによる弊害や
死刑自体の欠陥ではない。

冤罪についても同様で、冤罪がおきることは死刑制度とは
かけ離れた問題。昔の司法制度がいいかげんだったのと
死刑の是非とは別の話。

冤罪だったときの被害の度合いは違うのは確かだけど
取り返しがつかないというのはどれも同じ。

ともかく、司法が未熟だから死刑をなくせ、という論点ならば
正すべきは死刑ではなくて司法の厳格な運用のほうである。

41 :無責任な名無しさん:01/12/06 18:00 ID:wBfRYDZQ
で、「いつかは濡れ衣を晴らせる」から死刑を廃止すると仮定すると、
無罪を主張するやつが多いから死刑はなし、となって、死刑制度自体
がなくならなくても、無罪を主張しつづければ、死刑にしづらくなるの
ではないか、ということにもなる。

死刑がなくなるとどうなるか。
死刑がないと予防効果が薄れるのではないか。
(無期を取るためにやってないことを認めるなんてのは本末転倒)
そもそも、刑を重くしても犯罪が特別に少なくなるわけではないのは
中国などを見ればわかることだが、少なくとも冷静な一般人に対する
威嚇効果はあるし、救いようのない凶悪犯を世に放つことも、税金を
もって養いつづけることもなくなるわけだ。このように死刑の利点は
なくすよりもある。
それには、厳格に運用しなければならないのは言うまでもない。

>>38
んなこたぁない。
その少年が強盗の共同正犯であるならともかく、事後に死体遺棄に
加わったのみであるなら、死刑が正当ではない。

42 :19:01/12/06 19:52 ID:/ThdiQxy
>>34>>36ありがとう&>>37紛らわしいHNでスマヌ。
>>38
なるほど。今思いましたが、凶悪犯罪に関与している以上、正犯かどうかを問わず、一味はことごとく処刑するという考えもありですね。
むしろ、単独犯よりも従犯や幇助のほうがけしからん度が強い場合もありそうですね。
しかも、今の制度では犯人グループの中で演技がうまいものが従犯となって死刑を免れるという展開も起こりそうですし。
>>40
たしかに死刑廃止論者が冤罪を頭に振りかざしているのは論点のすり替えのような感じがする。
免田事件などの場合も、死刑制度そのものが問題だったのではなく、
司法警察が、無罪の証拠を堙滅したり、有罪証拠を捏造したりしたことや、
節穴か身内可愛さか、それとも出世のためか、いい加減な調査と心証で死刑判決を下した判事たちが問題なんだと思う。
死刑判決を下す裁判官は、それが誤審だった場合は自分が殺人罪で処刑されるぐらいの覚悟で死刑判決を出してほしいな。
冤罪を根拠とした死刑廃止派は、死刑廃止運動よりも、冤罪疑惑に関与している司法当局を糾弾する活動を優先させたほうがいいんじゃないかな。
>>41
>「いつかは濡れ衣を晴らせる」から死刑を廃止すると仮定すると・・・
すみません。書き方が悪かったです。>>33の意味は冤罪者の内心について書いただけです。
深い意味はありません。
それから、最後の望みを託して死刑囚の多くは再審請求を出しています。
再審請求中も容赦なく処刑され、あまり意味はありませんが(藁?(涙?
>死刑がないと予防効果が薄れるのではないか。
現在の日本の死刑論議の多くがここでストップしているのは悲しいです。
死刑擁護派が犯罪抑止を依拠するのは、死刑廃止派が冤罪に依拠している以上に説得力がないと思います。
死刑を廃止した欧州各国で犯罪が増えたという話は聞きません。
また、某アイビーリーグの大学の研究グループの調査では、死刑制度が無い州のほうが凶悪犯罪発生率が低いという結果が出ています。
同グループ、死刑囚にアンケートも実施し、犯行直前は刑罰のことは全く意識せず、犯行後に刑罰のことを恐れる傾向が明らかになりました。
そして、死刑は犯罪抑止に結びつくのではなく、死刑への恐怖から完全犯罪にしようと、2次殺人、3次殺人に至るため、
このような結果が出ているのだと推論しています。

43 :19:01/12/06 20:02 ID:/ThdiQxy
読み返すと、誤字脱字は置いておいて、冤罪が死刑廃止の根拠になるのかということについて33と42で2枚舌になってしまいました。
いい加減な判事が多そうな現実&冤罪死刑囚の無念を思うと33のレスになってしまい、
理屈で考えようとすると42になってしまいました。
またまた自己矛盾。31さんごめんなさい。それでは逝ってきます。

44 :19:01/12/06 20:06 ID:/ThdiQxy
しつこくてごめんなさい。
亀井静香死刑廃止運動の謎について知っている人がいれば教えて下さい。
やっぱり外見はジャイアンでも、根はしずかちゃんだからかな。
今度こそこれで逝ってきます。では。

45 :無責任な名無しさん:01/12/06 21:29 ID:EssrSfFj
「刑罰」には「社会による犯罪者に対する(被害者に代わっての)復讐」という側面もあるからな。
死刑なんかはその典型だと思う。いわゆる「被害者の精神的苦痛云々」というやつね。
いわゆる世論調査を行うと死刑容認派が多くなるのはこのへんに拠るんじゃないか。
冤罪がどうとか、犯罪抑止がどうとかいう社会科学面だけでなくこのへんの部分も考慮に入れるべきでは。
もちろん、単なる感情論に走るのは慎むべきだと思うけど。

46 :無責任な名無しさん:01/12/06 21:49 ID:HB/0Encm
ちと疑問。「死刑廃止派」の人たちは麻原彰晃(本名松本智津夫)や地下鉄サリン
事件の被告人たちに対しても当然「死刑を適用すべきではない」という意見なんだよね、たぶん。
ふとした疑問なんだが。

47 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:00 ID:sef7TTAh
>>46
奴らは死刑にしちゃだめ。ゴーモン刑よろ(w

48 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:00 ID:bWEzfcBT
>>46
そりゃそーでしょ、多分。

49 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:03 ID:ZXHzEyMY
>>46
うん、おれは、終身刑でいいと思う
問題は社会から隔離することが必要なんで、
死に至らしめることではないと思う。
もっとも、家族が殺されたら、殺したいと思うだろうけど
死刑にならなくても、法治国家なら仕方のないこと

50 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:04 ID:bWEzfcBT
ナチスの幹部も、だれか延々終身刑として、
連合軍(笑)の監視の元で死を向えたよねぇ。

51 :ななし:01/12/06 22:09 ID:WwGdA1EH
>>46 死刑廃止派とまでは、私は言えないが

 麻原被告に対しては、死刑も仕方がない
 その他の被告に対しては、無期懲役以下の刑が妥当だと思う。

 なぜなら、その他の被告に関しては、
 戦時中に「度胸付けのため」上官にけしかけられ、虜囚を殺さ
ざるを得なかった一軍人・・
 といった遣り切れなさを感じるから。

52 :無責任な名無しさん:01/12/06 22:20 ID:gd12bB1c
死刑より終身刑を採用して、
そいつを一生ただ働きさせるのが
経済的に吉。

53 :無責任な名無しさん:01/12/06 23:11 ID:y9dlN6VW
>>51漏れもなんとなくそんな気がする。
ぐわ麻腹焼香は絞首刑だけではたりん!
中国で、昔、少しずつ刀で肉を削っていく刑があったらしいけど、それを10年がかりで行うのは。
もっと人道的にというやつは、劇毒物の後遺症の治療や解毒に関する実験台になって罪滅ぼしをしてもらうというのは。
毒物を注射し、うまく治ったら別の毒物を注射しを死ぬまで続けさせる。
体があいたら、休む間もなく昔のタコ部屋のような強制労働所にぶち込み、一日20時間労働&めしはお粥のみ。

54 :無責任な名無しさん:01/12/06 23:18 ID:e0wSC/Q9
>>40-41
嘘吐き山田君は、死刑。

55 :無責任な名無しさん:01/12/07 04:59 ID:88VA3+fd
>>42
>死刑判決を下す裁判官は、それが誤審だった場合は自分が殺人罪で処刑されるぐらいの覚悟で死刑判決を出してほしいな。

心情はわかるけど、そうすると死刑を書く奴がいなくなる。
証拠捏造や信頼性のない証拠をあえて提示した検察のほうに
刑事責任を負わせるのならわかる。
裁判官は、検察、弁護側が正直にやってると仮定して話を
きかないと第三者として裁けないからな。

>冤罪を根拠とした死刑廃止派は、死刑廃止運動よりも、冤罪疑惑に関与している司法当局を糾弾する活動を優先させたほうがいいんじゃないかな。

まったくそのとおり。

>>41
>死刑を廃止した欧州各国で犯罪が増えたという話は聞きません。

うん、それは確かにそうなんだけど、予防効果がないとは言えないでしょう。
あいつを殺してやると冷静に考え、それを実行するタイプの犯罪者には
死刑の存在はかなりの威嚇になるはずです。
大部分の犯罪者にはそれは通用しないわけですが。

では、死刑を廃止しても犯罪は減らないとして、本来死刑にされるべき
人間を死刑にしないことの利点はどこかにあるのだろうか?
有期刑にしてシャバに出す?それとも終身刑?

前者はまさしくナンセンス極まりないし、後者は余計に非人道的だという
批判がある。このへんはどうなんだろう。

56 :無責任な名無しさん:01/12/07 05:04 ID:88VA3+fd
応報刑論を展開している人は素人というのがよくわかるスレだね。
刑罰がすべて報復であるなら、殺したから死刑という簡単な理屈、
つまり目には目をで終わる話なのだけど、それから進歩した刑罰論
ではそう簡単な話じゃないんだよね。


刑罰の意味(予防効果、教育効果など)の観点から、死刑があると
犯罪者にどういう心理的影響を与えるか


人道的観点から死刑を行わないとして、なぜ人を殺しておいて
手厚く人権を保護されるのか

といった問題が出てくるわけね。
もし法律を学んだことがなくて感覚で「麻原は拷問!」なんて
言ってるとするなら、この二点についてちょっと自分なりに考えて
見たほうがいいと思う。

まぁ、死刑にしないならどうするのか?というのも考えるべきで、
俺には、すべての人権を剥奪した上で、(命の保証だけはある)
なんらかの作業に従事させ続ける(奴隷にする)というのが思いつく。

57 :無責任な名無しさん:01/12/07 07:01 ID:PQCdgv75
>>56
嘘吐き山田君。

58 :無責任な名無しさん:01/12/07 08:45 ID:Twu3PBDd
ここ、初めて見るんだけど、
おい、山田、お前どこにでも顔だすんだな(激w
で、山田、お前案外まともなこと「も」書けるんじゃないか(w
お前の意見に必ずしも賛成ではないが、
このスレのようなレスをつければ他のスレでも
蛇蠍のごとく嫌われることもねえんだよ(w
で、ここの山田に(他の板の山田じゃねえぞ)
ひとつ忠告。
生越云々のレスは一切やめたら?
あれ、関係ない人間には大迷惑。
そんくらいわかるだろうが(w

>まぁ、死刑にしないならどうするのか?というのも考えるべきで、
>俺には、すべての人権を剥奪した上で、(命の保証だけはある)
>なんらかの作業に従事させ続ける(奴隷にする)というのが思いつく。
ほんとにこれでいいのか?
それならあっさり殺したほうが、
本人の為にも、遺族の感情慰撫のためにもほうがいいと思うが。
じゃあどうするか?
それが誰にも提示できないからこそ、この件は難しいんじゃないか?

59 :yosinoya:01/12/07 10:21 ID:WY7VADbH
>>14
どうせならノコギリビキも。

60 :無責任な名無しさん:01/12/07 13:59 ID:/u7v499s
おりゃ、まともなことしか書かないが。

>あれ、関係ない人間には大迷惑。

まず自分からやめることだね。

さて
>それならあっさり殺したほうが、

いや、だから、殺すと取り返しがつかないから
殺さないという観点で考えたわけだが。
まぁ奴隷にしたらしたで人権がどうのと言い出すやつは
いるんだろうけど。

61 :無責任な名無しさん:01/12/07 14:02 ID:wcjUnZG2
>>60
嘘吐き、山田君。

62 :無責任な名無しさん:01/12/07 22:38 ID:IyVfrG41
>12/6 強盗殺人事件で無期懲役刑を受け、仮出所中だった1987年から88年にかけ、
>大阪市で若い女性3人を相次いで襲い、うち1人を殺害したなどとして、
>強盗殺人などの罪に問われた無職万谷義幸被告(61)の上告審で、
>最高裁第1小法廷は6日、死刑とした一、二審判決を支持、
>被告の上告を棄却する判決を言い渡した。これで死刑が確定する。

このおじさんの更生できる可能性はいかほどでしょうか?

63 :無責任な名無しさん:01/12/07 23:20 ID:4WsO4OQ1
死刑賛成派の中に、遺族の気持ちとか持ち出す人がいるけど法は復讐
のためにある物でもなく、刑は報復のために科すものじゃないよ?
自分の親族が殺された場合、犯人を死刑にしてほしいとは思うけど
そのために死刑は必要ってそれって、ものすごく野蛮な事じゃない?
タリバンや人食い族と変わらない原始的で野蛮な事だよね?
 それともう一つ、死刑は本当に犯罪者予備軍(我々すべての市民)
に対し抑止力となっているのかって考えた場合、疑問があるんだよ
なー。
たとえば、捕まったらどうしょうなんて考えてるやつは暴走族などは
やらないわけだし、一番やりにくい犯罪の殺人等をやる人が、結果を
いちいち考えながら行動を起こすとは考えられないんだよなー。
たとえば殺人なんて、バカでも想像はできるよっぽどの事をやるわけ
だし、その行為のあらゆる結果がその後自分に降りかかるって覚悟は
決めてるんじゃないのかなー。
抑止力ってそういう人に効いてるのかなっていつも疑問に思うんだよね。
タリバンのとこでは盗人の手首を切り落としたり公開でみんなの前でや
ってるわけでしょ?でも盗みをやる人はいるんだよねー。
それに死刑自体に何か釈然としない物を個人的に感じるのね。
死刑に変わる、死刑と同等程度の刑は、たとえば永久懲役とか、一生を
社会貢献(重労働とか)に費やすとかそういう刑はどうでしょう?
それか、もし抑止理論が正しいとしたら、テレビ公開でシノモミとかの
拷問を流すとかどうでしょう?首と鎖骨のクボミにじ筒を刺して、そこに
煮えたアブラを流し込むの。内臓は一気に燃え上がり、口から火を噴き、
沸騰した血液や内臓を腹から噴出すの。
多分毎週やっても犯罪率はさほど変わらないんじゃないかなぁー。

64 :愛の伝道師:01/12/08 02:22 ID:76ubHeYa
死刑にしろ、拷問したままの生き地獄にしろ、
罪の償いにはならん。

死ぬまで医療の人体実験に使用し、
死後その臓器を献体すべし。
なお、実験不可の体になった場合は強制的に死亡(絞首刑)とされる。


その稼ぎは被害者救済に当て、あまれば慈善団体に寄付。

これが一番いいんじゃないの?

65 :無責任な名無しさん:01/12/08 02:51 ID:0WitrWhr
>死ぬまで医療の人体実験に使用し、
>死後その臓器を献体すべし。

うんうん、こういうの。強制社会貢献っていうのかな?
とりあえずこういうの。

66 :無責任な名無しさん:01/12/08 04:45 ID:Mk1vO2Ho
>>63

>タリバンや人食い族と変わらない原始的で野蛮な事だよね?

確かに応報刑は原始的だけど、野蛮とはちょっと違うね。

あとはまあ、残虐な刑罰は憲法に反するので難しいだろうね。

>>64

>死後その臓器を献体すべし。

人体実験はどうにしろ、死刑の後はそれくらいしてもいいね。

67 :無責任な名無しさん:01/12/08 06:26 ID:ayqCYn16
>>66
嘘吐き山田君は、死刑。

68 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:02 ID:glM9mBCu
http://www.nurs.or.jp/~nspixp/eitaro/index.html

69 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:17 ID:0hm+hFB0
>>68
すごいねこのサイト。

>山田氏は、セガBBSその他close後は、主に2ちゃんねるにて匿名で活動している。
>そのためその活動頻度の割には知名度は0に等しい。しかし山田氏は、自作自演、
>煽り、荒らし、揚げ足取り、コピペ等、匿名板に於けるあらゆる負の要素を駆使して
>暴れるため、山田氏を研究することは、荒らし対策として非常に有用なのではと考える。

>現在はAGLAと名乗り、東京BBSで活動している。またしてもトラブルを起こしたようだ。何人かの人が脅迫されたり、自宅、仕事場、学校まで押し掛けられて、いやがらせされたりしている。

>えいたろ氏は、この一年間、ネ研管理者が荒木という人物だと勝手に勘違いし攻撃してきた

>2000/09/17 いたずらメールの主が、今度はnursにDoS攻撃してきてますね。ログを保全しておきます。

>というネタスレで遊んでいたのですが、これを真似したのがAGLA。

>発端となった、2ch@法律板のスレッド。論争相手のTAKI氏、揚げ足取り・煽りに終止するAGLA氏に嫌気がさし、議論から撤退。早い話がAGLA氏が放置プレーされる。そしてAGLA氏のお決まりの「勝利宣言」。しかしそれに飽きたらず・・・・。

>地上の楽園を追い出されそうになったえいたろ(AG)は、センターネットに場をかえ「p」等のハンドルで暴れまくった。

全部に根拠がない。
これ要約すると「俺がAGだと思った奴はみんなAG」ってことになるね。
まぁ、その人が何をやったのかって記述はじっくり読んでみないと真偽は
明らかにはならないけど、「誰も彼もAG」って論調で書いてておかしいと
思わないのだろうか?

70 :無責任な名無しさん:01/12/08 09:25 ID:0hm+hFB0
「センターネットで暴れていたのはえいたろ」
「えいたろはAG」
「2chで荒木を攻撃してるのはAG」
「ネ研にリロード攻撃をしたのはAG」
「2chで正しい法律を語るのもAG」
「トンデモ淫行条例反対サイトに反論したのもAG」
「理由はない」

はいはいそうですか。

「そのAGの暴挙をやめさせるために個人情報を公開した」

はいはいそうですか。

「暴挙と個人情報の公開を引き替えに和解を申し出たがAGは蹴った」

はいはいそうですか。
ていうかやってもいないことをやめろといわれても・・・。
ていうか本人に知らせないで勝手に和解を提案と言われても・・・。

71 :1:01/12/08 09:39 ID:Ttbfn9oA
とりあえず、裁判で無実を訴えるのを
反省の色がないとして
厳しい判決を出すのはやめてほしいなあ

72 :無責任な名無しさん:01/12/08 11:53 ID:KI9NN1Od
ああ、ごめんごめん。もし死刑が執行されて遺族の気持ちの高ぶりが
収まるんなら、実はそれって野蛮な事なんだよねっていいたかたの。

73 :無責任な名無しさん:01/12/08 12:03 ID:kLAd5jSb
>72
確かに。
でも生きていても犯罪を繰り返し、他の人にも迷惑をかけるなら
それも仕方ないかな、とも思うときがある。
そういう人になる前に、社会がなんとかするべきなのか・・・
知り合いのお父さんが仕事でやっていますが
死刑執行人も辛いと思います。
なんとかならないんでしょうかね・・・
以前は人間話せばわかる、と思っていましたが
最近、そうでもないかも、と思っています。

74 :無責任な名無しさん:01/12/09 05:05 ID:HRJr4Jy1
誰が足場が引っ込むボタンを押したのか分からないように
なってるって聞いたような記憶があります。

75 :無責任な名無しさん:01/12/09 06:28 ID:xX35unA/
>>69-70
嘘吐き山田君。

76 :無責任な名無しさん:01/12/09 06:34 ID:xX35unA/
>>74
嘘吐き、山田君。

77 :無責任な名無しさん:01/12/09 08:48 ID:GVq1UOo3
>>72
そうかもしれないけどな。
本当に大切な人が不条理に殺されたら、絶対に許せないけどね。
俺だったら絶対に復讐する。
その代わり、自分も死んでやるよ。

78 :無責任な名無しさん:01/12/10 19:22 ID:u0CedaPS
それをすると、犯罪者と同じ最低の人間になっちゃうよ?とか言われたりして(ワラ

79 :無責任な名無しさん:01/12/11 00:11 ID:W4XY99yz
秩序の維持のためには死刑は必要だろ
どんなにひどい犯罪犯してもそのうち世間に復帰できるとなったら
大多数の法律を守ってまじめに生きている人々から遵法精神が
なくなってどんどん世の中が荒れていくよ
まあ、人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって社会のクズを
救っているから手遅れかもしれないが

80 :無責任な名無しさん:01/12/11 00:14 ID:zzfo8M6a
分かってると思うけど、終身刑にすればいいという議論もあるよ。
シャバに出なきゃそれでいいなら、終身刑を認めればそれで
よいということかな?

当然、それには「それも人権侵害」なんていう反論もあるみたいだけど。

81 :無責任な名無しさん:01/12/12 13:58 ID:krF+11H6
>>79
だいぶ2チャンネルに毒されてるな。
死刑が抑止力とならない事はタリバンの公開処刑や盗人の公開手首切りでも
犯罪者は少なからずいたことで解りそうなもんなのに。
だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。特に死刑になる
ような事をする奴はすべてを捨てて覚悟を決めてるっちゅーの
>人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって
プッ マンネン2チャンネルって感じだなw

82 :政教分離名無しさん:01/12/12 14:12 ID:GW/c+cAM
>>81
強盗に入った二人組の片方が 家人を「殺っちおまおうか?」
といった時、相方が「殺したら死刑になるからやめとけ」と
たしなめた件がありますが、何か?

83 :無責任な名無しさん:01/12/12 18:32 ID:krF+11H6
>>82
どんなに厳しい法律がある国にも犯罪者はいますが、何か?
拷問刑や死刑への恐怖が秩序や遵法精神の源ではないですが。何か?
>人権屋の左翼弁護士が猛威を振るって
プッ

84 :1:01/12/12 18:58 ID:QwqwgIr1
最高刑が終身刑になったら
看守のなり手が少なくなるとみるが?

85 :無責任な名無しさん:01/12/12 19:10 ID:eLDiE4LO
ところで、終身刑があった場合、老衰で、ぴくぴくしてる時って
医療刑務所で、手厚く看護受けるんだろう?
癌なんかなったら、最新医療で、手術するだろうし
どうも納得いかないなぁ

86 :無責任な名無しさん:01/12/12 20:22 ID:teHE7gIQ
>>83
それが何か問題ですか??

87 :無責任な名無しさん:01/12/12 20:43 ID:mqYzhjxw
>>83
刑罰とは教育・改善のみが目的なのか?

88 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:01 ID:P6nKfNcd
>>87
つまり刑罰は更正のみが目的か?という事ですか?
刑罰とは読んで字のごとくですよ。ただ、罰則をどんなに厳しくしても
犯罪の減少や秩序の維持にはならないって事。日本や中国やアメリカで
死刑のおかげで犯罪が減ってるとは思えないでしょ?
それに死刑自体を取り上げても死刑にもいろいろ問題があるしね。
別に厳罰にしても意味はないとはいってないよ。抑止の理論がインチキ
だってこと。

89 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:12 ID:V3ePq/O5
>>88
抑止の理論がインチキだから死刑は廃止したほうがいいのか?

キミが>81で言ってる
だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。

間違いなく居ると思うよ。
だから、出たり入ったりする奴が絶えない。

90 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:40 ID:Skrj7Lxg
既に死刑廃止している国で、
廃止したからといって、有意に犯罪が増えたという話が無いのも事実ではある。

91 :無責任な名無しさん:01/12/12 22:46 ID:teHE7gIQ
>>90
それが何?

92 :無責任な名無しさん:01/12/12 23:26 ID:0M09Azdv
>>91
何って何?

93 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:25 ID:taTJ+uq3
何って、ナニだろう。

94 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:26 ID:85ERvI+K
>>90
死刑は威嚇の為だけに置いてるんじゃねえだろうがw

95 :無責任な名無しさん:01/12/13 01:59 ID:QTcvLLCr
最初の方読まずに書いてるのかな?ループしてるね。

96 :無責任な名無しさん:01/12/13 07:02 ID:eh5l+wGw
>>95
嘘吐き山田君。

97 :無責任な名無しさん:01/12/13 09:36 ID:0I55KRRK
>>90
確か北欧のある国では、死刑を廃止したら凶悪犯罪が増えたんじゃなかったっけ?

98 :無責任な名無しさん:01/12/13 11:11 ID:nSUziPze

統計って、いくらでもウソをつけるからキチンとしたソースが欲しいわな

99 :無責任な名無しさん:01/12/13 21:53 ID:Y8FX4W29
>>89
>抑止の理論がインチキだから死刑は廃止したほうがいいのか?
死刑=最も重い刑罰だとして、それの抑止の理論がイマイチ信用ならん物だとする。
現在の裁判制度上、というか人間のやる事だから冤罪は100%回避する事ができないわけ。
こういえば、刑罰の一つとして殺しちまうってことがどういう事になるかわかってこない?
誰かの死刑のあと、真犯人が出てくることも0%ではないわけだ。となると殺してしまう刑
罰の危険性がわかってこない?
まあ、この他にも死刑制度についてはいろいろ問題があるけどね。
>キミが>81で言ってる
>だいたい刑期や刑罰を計算しながら犯罪する馬鹿がいるか。
死刑になるようなとんでもない事をする奴が、刑期や刑罰を計算するかってことだったんけ
ど、いるわけだなるほどなー。 やったあとで無期狙いであがくことは知ってるけど。

100 :無責任な名無しさん:01/12/13 22:02 ID:SHF2XHyK
100!

101 :無責任な名無しさん:01/12/13 22:23 ID:h0Ck+kEb
>>99
ガイシュツです
それに死刑廃止の理由になってません

102 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:12 ID:Y8FX4W29
>>101
ああ、5で出てたみたいね。スマソ
ところで、冤罪がありえるからというのが廃止の理由の一つにもかすらないか?

103 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:49 ID:h0Ck+kEb
かする とは思いますが…

104 :無責任な名無しさん:01/12/13 23:51 ID:DEAE+oR+
>23や>52
に賛成だね。
罪は”償って”もらわないとね。
自給自足でただ働き。これが最良と思います。
経済的にも、治安の面からも最良。
通常は人件費がかかってできない肉体労働を優先的にやらせるべき。
もちろん月月火水木金金でね。
終身刑食らったら一生ただ働き。死刑のほうがまだましだと思うだろうね。

105 :無責任な存続派:01/12/14 00:19 ID:uJmF8YAd
まずは、以下の記事を読んでいただきましょう。

-----------------------------------------------------------
1997年10月に東京都小金井市で、山一証券からトラブル処理の依頼を
受けた弁護士の妻を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職の西田久被告(65)
に対し、東京地裁は6日、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。木村烈
裁判長は「山一証券が損失補てんに応じないことについて弁護士を逆恨み
した犯行で、身代わりに妻を殺害された遺族の悲しみは計り知れない。
しかし、被害者数などを考えると、究極の刑罰である死刑の選択が真に
やむをえないとは言い難い」と述べた。

検察側は「金銭的利欲のための犯行で強盗殺人にも匹敵し、周到かつ卑劣な
計画に基づいていた」などと主張して死刑を求めた。しかし、木村裁判長は

(1)主な動機は報復にあり、強盗殺人に匹敵するとまでは言えない
(2)被害者への殺意は弁護士殺害の目的が果たし得ないと考えた際と
    っさに生じたもので計画性までは認め難い――

と判断した。

法廷で傍聴した遺族の岡村勲弁護士(70)は、時折目にハンカチをあて、
量刑理由の言い渡しの際には鉛筆でメモを取った。判決後、岡村弁護士は
「軽すぎる。今日は家内の65回目の誕生日ですから……」と無念そうな
表情で話した。
[毎日新聞9月6日]

106 :無責任な存続派:01/12/14 00:19 ID:uJmF8YAd

なるほど、これは何とも卑劣かつ凶悪な犯罪です。被害者本人は勿論、
ご遺族の方々への同情の念を禁じ得ません。しかしながら、聞き捨てならない
のは岡村弁護士のコメントです。「(無期懲役が)軽すぎる」ということは
「死刑が妥当」という意味でしょう。被害者感情とすれば当然。

しかし岡村弁護士は弁護士会での要職を歴任してきたと聞いています。
弁護士会が「人権」を錦の御旗に会ぐるみで死刑廃止運動等を行ってきた
ことを考慮すれば、ちと都合がよすぎるのではありませんか?

まさか、一般人の殺害には死刑はダメだが、弁護士とその家族の殺害なら
死刑に処すべし!などとはお考えになっていませんよね?

好意的に考えれば、自分の家族が殺されて初めて被害者の気持ちが分かった
のでしょう。であれば、岡村先生!国民感情からあまりにも乖離している
弁護士会の正常化に、是非とも尽くして下さい。

亡くなられた奥様もうかばれるものと思います。お願いします。

107 :無責任な名無しさん:01/12/14 00:37 ID:NZ1guISn
刑罰は、犯罪者の更正や、道理的な裁きをおこなう為にあると思います。
本件において、裁判官は、極刑を決めなかった理由として、本件の犯人の動機は報復であることも上げています。
これは一考する価値がありますね。
人は近しい人を奪われると、どうしようもなく簒奪者をにくんでしまいます。
報復は恐ろしいシステムです。
高速増殖炉文殊より効率的で強力に、憎悪と報復のエネルギーを増殖します。
もちろん、死刑の乱発によってある程度は犯罪を抑制できるかもしれません。
でも、死刑を宣告された人にも近しい人はいるかもしれませんから。

108 :無責任な存続派:01/12/14 00:55 ID:uJmF8YAd
>>107
法治とは「報復を否定するコト」ではありません。
「法が報復を制御するコト」ですよ!

だいたい「報復が恐ろしいシステム」とは何ですか??
(広義の)報復は人間が生きていく上で必要不可欠なモノです。
盗みをしても咎められず、人を殺しても罰せられないような
環境で生きていくことはできません。

109 :無責任な名無しさん:01/12/14 01:42 ID:8RfeDv8i
>>99
冤罪の可能性がある裁判は死刑判決の出る裁判だけか?

人間のやる全ての裁判には間違いがありうるから、裁判なんて廃止すべきか?w
あほくさ

110 :無責任な名無しさん:01/12/14 01:54 ID:s4HNf3hP
>>108
極めて理性的な意見だと思います。
法が報復を制御するかぁ、かっこいい。

111 :無責任な名無しさん:01/12/14 05:32 ID:dmjKRN53
>>106
>まさか、一般人の殺害には死刑はダメだが、弁護士とその家族の殺害なら
>死刑に処すべし!などとはお考えになっていませんよね?

俺にはそうは読めないが・・・。
弁護士によって死刑賛成反対いろいろあるだろう。
その人が普段死刑反対と言ってるならその批判も成り立つが・・・。
弁護士会に所属しないと弁護士出来ないでしょ。

>>108
前半は理解できるが、後半は変。
日本の刑罰は報復を目的としているわけではないので、
報復を禁じても刑罰を科せなくなる事はない。
報復自体は社会的に一切許されないものだと言える。
違法行為への報復すら禁じられる。違法行為は法が裁く。
それは決して報復ではない。

>>109
それはもうずいぶん前に俺が言った。ループするな・・・。

112 :無責任な名無しさん:01/12/14 06:50 ID:O9SU/sNx
>>111
嘘吐き山田君。

嘘を吐き続けてループするな・・・

113 :無責任な名無しさん:01/12/14 12:22 ID:l4S0YvzS
>>111
> 日本の刑罰は報復を目的としているわけではないので、
> 報復を禁じても刑罰を科せなくなる事はない。

これは余りにも机上の空論ではありませんか?
「被害者の報復感情を満たすことを目的とする」と
いう文言がないから「刑罰の応報的側面は一切存在しない」
と言うのですか?

余りにも当たり前のことであり、かつ本能的な
感情の産物で うかつに認めると いくらでも拡大
解釈される危険なものだから、あえて書いてない
のだと思いますが。

死刑を宣告するのが冷酷であるというのなら、
犯罪者に対する応報感情を持つなというのも
それと同様に 犯罪被害者にとって冷酷なものです。

刑罰に人間の感情が介在する余地が全く無いなら、
何人死刑になろうと冤罪になろうと関係ない、という
ことに なりますよ。 「冤罪であることが明らかに
なった場合は補償が受けられるから、死後でも名誉が
回復されるから問題ない」という風にね。

114 :無責任な名無しさん:01/12/14 13:45 ID:nr/1UHaH
>>111
おまえエラソーに、何様?
法律板一のキラワレモノのくせに

115 :無責任な名無しさん:01/12/14 16:20 ID:wLwflMAu
>>109
万一のときに助け出せる余地が残る終身刑や懲役などと、
これを完全に無くしてしまうことになる死刑は性質が異なる。
終身刑・懲役でも年月をもどすことは出来ないが、
やっぱり命そのものを絶ってしまうこととは違う。

個人的には間違いがありうるからこそ、
万一のときに助け出せる余地を残せる制度のほうが望ましいと思う。

116 :無責任な名無しさん:01/12/14 16:50 ID:3Uo1irZt
>>115
冤罪についてはこの手の議論するときに必ず出てくることだね。
ただ、俺は死刑制度は反対していない。
死刑を存置したうえで、ほんのわずがでも疑義があれば裁判官は勇気を持って無罪判決を下すべきだと思うね。
無罪判決によって裁判官は世間から非難を受けるかもしれないけど、そのために裁判官の独立が認められているのだからね。

とはいえ、フランスが死刑を廃止した経緯を考えると、死刑廃止論者の言うことも十分に説得性を持つものだとは思う。

まあ、人が人を裁く以上避けては通れない問題だわな。

117 :無責任な名無しさん:01/12/14 17:42 ID:b6W3Jo+L
>>115
社会で生きていく以上、どのような制度にもなんらかの犠牲は付き物。
社会の機能を維持するために刑罰制度(死刑も含めて)必要不可欠な制度だ。

だいたい、冤罪で死刑執行される奴なんて、極々レアケース。
冤罪で死ぬより、交通事故で死ぬ奴の方が圧倒的に多い。
じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか?

社会が一方でその欠陥を認識しつつ、他方で得られる利益を優先させることを容認しているから。
死刑も一緒。
教育改善ばかり主張するアフォな奴らには、
刑罰が被害者に代わって、国が犯罪者に制裁を加えるという視点が決定的に欠けている。
被害者側への想像力の欠如

118 :無責任な名無しさん:01/12/14 17:59 ID:3Uo1irZt
>>117

言わんとすることはわかるが、
「社会が一方でその欠陥を認識しつつ、他方で得られる利益を優先させることを容認しているから。
死刑も一緒。」
これは理由にはならんだろ。
冤罪で死刑を執行されて、その反面で社会が得る利益は何なんだ?

119 :無責任な名無しさん:01/12/14 18:10 ID:b6W3Jo+L
>>118
冤罪で死刑を執行されて、得られる利益なんか無いだろう?

冤罪を覚悟しつつ、死刑制度を存続させる利益を考えるべきじゃないのか?

120 :無責任な名無しさん:01/12/14 18:15 ID:3Uo1irZt
そもそも、死刑については利益衡量論もちだしても仕方ないだろ。
それに
「じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか?」
これもめちゃくちゃな理論だよ。
だったら、毎年必ず医療過誤で死ぬ人いるから医療行為はすべて禁止にしろってなるか?

121 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:03 ID:s05TZ4Hg
素人ですいません。
最近は、性能の良いウソ発見器があるんだから、死刑事件には
ウソ発見器でテスト強制すれば、冤罪はなくなって裁判官も
悩むことなく死刑にできると思うんですけど、何か法律上の
問題でもあるんですかね?

122 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:25 ID:3Uo1irZt
>>121
ポリグラフ検査は、性能がよくても限界がある。
それに、強制となれば黙秘権侵害のおそれもある。
よって、法律上問題大有り

123 :無責任な名無しさん:01/12/14 19:37 ID:DcBOpWgP
>>120
読めてないな。
ちゃんと>>117読んでからレスしたほうが良いぞ。
117は>115に皮肉として
『じゃあ、年間1万人も死ぬのが予めわかっているのに、なぜ車の運転を禁止すべきという議論がでないのか? 』
言ってるんじゃないか?
クルマを禁止しろといってるんじゃないだろ。

全て、社会がある程度の危険の存在覚悟した上で有益だから認容し存続してるといってるんじゃないか

医療だって、自動車だって、刑罰だってみんなそうだろ。

124 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:12 ID:5JqhWi6B
皮肉になってるとも思えないけどな。どうでもいいが。

125 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:35 ID:c4ry2njQ
>>123
では死刑にあって終身刑その他の刑罰に無い有益さって具体的に何?
それは冤罪で無実の人を殺す危険の存在を覚悟してまでも
必要と言い切れるほどの利益なのか?

126 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:42 ID:o8XwNvIg
>>133
>「被害者の報復感情を満たすことを目的とする」と
>いう文言がないから「刑罰の応報的側面は一切存在しない」

違う違う。報復や応報刑というのは、ある意味古い、野蛮な
理屈だっていう考え方が日本の刑法学にあるの。
刑罰は、報いという一面もあるんだけど、一応名目としては
教育を目的にしているわけ。
だから、報復をしてはいけないという法律や憲法が出来たとしても
それは刑罰を科する事が出来なくなるわけではないってこと。

>犯罪者に対する応報感情を持つなというのも

恨みを持つのは勝手ですが、行動に出てはいけません。

>刑罰に人間の感情が介在する余地が全く無いなら、

気持ちは分かるが、社会的危険や人権侵害に対してどう
対処するかというのが刑罰であり、感情論で左右されては
正当な運用は出来ない。
情状酌量は感情論ではなくて、危険(違法)の度合いによる
ものだという解釈が可能である。
まぁ、お白砂ではないのだから、感情で裁かれてはたまらない
というのは少し考えれば分かると思うけど、どうかな。

127 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:48 ID:o8XwNvIg
>>115
そもそも、誤審があることを前提とした論は順番が違う。
取り返しがつかないから死刑をなくするのではなくて
取り返しがつかないことにならないように、慎重に裁くように
するというのが正しい論理である。

>>116
>死刑を存置したうえで、ほんのわずがでも疑義があれば裁判官は勇気を持って無罪判決を下すべきだと思うね。

はげどう。
冤罪の可能性が少しでもあれば無罪。これ最強。
10人の真犯人を見逃しても1人の冤罪を出してはならない。

>>119
だからぁ、冤罪でも死刑にするのが目的で、死刑があるんじゃないから。

>>120
なるほど、とっても説得力がある話だよ。
リスクの一部だと割り切るしかない、というのと
人の命がリスクか!と理想論を言うのと。

しかし、人の命がリスクのうちとして許容されているのは
死刑にかぎらず、自動車、原発、食品添加物、農薬、軍隊・・
これらをなくすることは、よっぽど人の命を脅かすことになる。

128 :無責任な名無しさん:01/12/14 20:51 ID:o8XwNvIg
>>121
122の言うとおり、嘘発見器というのは、うそをつくときに動揺するのを
関知するものだから、動揺=嘘とは言い切れないのでこれは
証拠としては一番信頼性の低い部類ものなのだ。

強制すれば人権侵害であるのは言うまでもない。

>>125
死刑の利点は、それを恐れる本能を持つ人間が、懲役などよりは
格段に多いからと、改善の余地のない悪人を排除できることにつきる。
あってもなくても大勢に変わりはない、とお互い言うが、そしたら
あったっていいじゃない。と俺は思うが。
これから大量殺人をしたいから死刑はなくなってほしいなら別だが。

129 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:09 ID:N1pTf0x5
うんうん、じゃあウソ発見器は使えんとしてもゲシュタポ
なんかが使った自白剤なら、修練積んだスパイでも白状
してしまうから、使えそうですね。無実の人は、白状しない
んだから問題ないでしょ?冤罪をさけるための非常措置と
してなら、黙秘権に優先するし、でしょ?

130 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:17 ID:TBXdO/Sh
>>129
自分がやったと思い込むまで尋問されたあとに
自白剤を使われたらどういう状態になるんだろ?

131 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:39 ID:wXqK4tkj
>>129
じゃあまず憲法改正から始めてください(w

132 :無責任な名無しさん:01/12/14 21:59 ID:iDNFUyrC
冤罪である可能性があるから、某教団の教祖に対する死刑判決回避は妥当か?

133 :無責任な名無しさん:01/12/14 22:29 ID:TtOY8678
>>132
制度として死刑が廃止されればね。

134 :無責任な名無しさん:01/12/14 23:01 ID:xKWkx86W
自白剤って強烈な副作用があるんじゃなかったっけ。
へたすると死んじゃうぐらいの。

135 :無責任な名無しさん:01/12/14 23:07 ID:I4UNj7GY
>>126-128
嘘吐き山田君。

136 :107:01/12/14 23:16 ID:NZ1guISn
死刑は不用ではないと思います。
しかし、死刑が極刑である以上、それまでの段階があっても良いと思いますし、実際そのように運用されているように思います。
死刑のボーダーラインを低くとると、死刑そのものの効果が薄れ、大罪が増加する可能性があります。
どうせ死ぬのならと。

社会に対して絶対悪でしかない存在は排除する必要があります。
しかし、人は多かれ少なかれ悪を持っていますし、憎しみやねたみもほとんどの人が持ってるでしょう。
だからこそ、刑の執行は、できうる限り客観的で公平でなければなりません。
そして、1人を残虐に殺した殺人犯と、100人を毒殺した殺人犯とは、罪に差があります。
だから刑にも差があってこそ犯罪抑制効果があるはずです。
現在の刑法の目的は、罪に対する報復ではなく、社会を健全な方向へ向けることだと思います。
その点でも、報復としての罰則運用は慎むべきだと思います。

137 :無責任な名無しさん:01/12/15 00:55 ID:3I42JYkK
頼むよ、デムパの相手は止めてくれ。
法律板が電子レンジになるぞ・・・。

138 :99:01/12/15 13:46 ID:93NJ1eD7
>>109
だれがそんなこといったよ、なんかこういう奴と話するの
ほんとにアホくさいわ。
>>99
>冤罪の可能性がある裁判は死刑判決の出る裁判だけか?

>人間のやる全ての裁判には間違いがありうるから、裁判なんて廃止すべきか?w
>あほくさ

アホ丸出し。

139 :無責任な名無しさん:01/12/15 14:24 ID:zj1uSqfR
アホはおまえだよ(ぷ

140 :無責任な名無しさん:01/12/15 14:55 ID:93NJ1eD7
>>139
>(ぷ

   プッ

141 :無責任な名無しさん:01/12/15 17:50 ID:F/gRXATt

程度の低い煽りはよそうぜ。 あくまでも理詰めで、な。

142 :無責任な名無しさん:01/12/15 18:22 ID:B0kuknLp
はいそうですね。
文章をまともに読めない馬鹿は放っておいたほうがいいですね。

143 :無責任な名無しさん :01/12/17 17:31 ID:NADiFUEu
死刑制度の是非については「犯罪抑制効果の有無」
「応報感情、被害者感情」「冤罪の可能性」
「終身刑による代替」の4つの点が重要な争点になっています。
「犯罪抑制効果」(=一般予防)は、両派から主張されていますが、
その効果は明らかになっていません。
効果は存在するのでしょうけども、どの程度か判らないのです。
また、威嚇効果のためだけに、刑罰を科すことは、罪を犯した者の
責任以上の責任を負わせることになってしまいます。
この問題を論じるのは妥当ではありません。
世論調査の結果から判るように、死刑制度存置の理由として
応報感情や被害者感情を挙げる人が多いですが、
やはり現在の我々の考え方において、死刑による「犯罪抑制効果」
は信じられていますし、「被害者感情」の癒し、という意味では
「応報」という考え方が根ざしているからでしょう。
確かに、被害者感情も無視することはできませんが、
わが国では、原則的には、刑罰が復讐の
(被害者感情、応報感情を満足させる)方法であってはならないのです。
ですから、被害者感情、応報感情のみの理由をもって、
死刑存置を主張することは妥当ではありません。
死刑廃止派の中で、「冤罪の可能性」を多くの人が挙げています。
死刑が執行されてしまった場合、永久に権利の回復が
出来なくなってしまうことは大きな問題です。
しかし、死刑執行までの期間が10〜20年であることを考えると、
その後冤罪であると認められる可能性は、皆無ではないかと言う反論もあります。
しかし、免田事件と言う冤罪の事件があり、
三十年以上死刑囚として牢獄につながれた後、
無罪と言う再審判決が出たこともあるので、
冤罪であると言うことが判明する可能性はゼロではありません。
「終身刑による代替」は、被害者感情が満たされないことを死刑存置派側からは、
主張されています。一方、死刑廃止派からは、冤罪によって権利の回復が
不可能になることが避けられる、と主張しています。
死刑制度に限らず全ての刑事事件は、真実を推測するに過ぎず、
その認定を人間が行っている以上、冤罪の可能性は絶対に排除できません。
また、被害者感情、応報感情は無視できない問題ですが、
死刑制度存置を主張する根拠にならないと思います。
これらから終身刑による代替が相当であるとの結論が導かれるのでしょうか。
確かに、死刑は冤罪の可能性があることは否めません。
死刑の存廃についても世界的に、「非人道的で残虐な刑罰」であるとの理由で
廃止の方向に進んでいると言えますが、しかし、終身刑は考え様によっては、
誰にとっても無意味な制度であるとも考えられないでしょうか。
冤罪であることが判明した場合に権利の回復ができるようになるとしても、
死ぬまで出ることのできない監獄に囚人は死への恐怖とは違った、
絶望感を抱くのではないでしょうか。死ぬことを許されず、
自由を奪われたまま、なお生きなければならないと言うことは、
むしろ、死刑よりも囚人にとっては酷な刑罰であるとも考えられます。
また、無視できない問題である、被害者感情、応報感情も死刑に比べ
満足させられなくなります。つまり、どちらからも意味のない制度
になることも考えられます。この点は十分に議論しなければなりません。
また、死刑と無期懲役の量刑の差が余りにも大きい
(無期懲役の仮出所は大体10〜20年)ことから、
死刑を科刑する判断基準が明確でないのではないかというように、
様々な視点に立って、存廃や改善策を考えることもできるのではないかと思います。

144 ::01/12/17 23:26 ID:6HV+lOM8
死刑囚はニトログリセリンを一気にゴックン

145 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/17 23:30 ID:c5ZWeYwN
死刑囚の臓器は有効利用されないのですか?

146 ::01/12/17 23:36 ID:k9G/elFa
>>145
死刑囚の臓器なんぞ誰も欲しがらない。

147 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/17 23:40 ID:c5ZWeYwN
死ぬよりはマシだと思うけどなあ。

148 :依頼人:01/12/17 23:56 ID:p/XZZnNX
>>1殺人が可能な人類に死刑は有って当然だ。しかし更正の余地有る者には慈悲も必要。

>>145
売らせてくれるなら俺が売るんだがな・・・囚人臓器

149 :無責任な名無しさん:01/12/18 01:41 ID:w8DibmtQ
>>146
一応ドナーの情報は非公開なので大丈夫だろう(わら

150 :無責任な名無しさん:01/12/18 05:46 ID:C1fJgpRu
刑の重さについてだが、死刑は本当に罰にあたるのかと最近思う。
世の中には自分で自分を死刑にしちゃってる人が大勢いるわけで、
特に破滅型の人間が大罪犯した場合、
殺してやるのは罰よりも慈悲に近いんじゃないか。
世の中からいなくなっただけで、全然罪を償ってないし。

151 :依頼人:01/12/18 15:32 ID:8qulFO4v
同感、ではどう更正すれば僅かにでも償いとなり得るのでしょうか?

152 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:05 ID:GKRiR00w
応報を持ち出す馬鹿は相手にしないように。
せめて、三流大法学部志望程度の知識をつけてからくるように(藁

153 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:33 ID:e8EUQOVC
死刑廃止しろって言ってる奴が馬鹿。

世の中にはどうしようもない人間もいるんだからそういう奴は処刑してやった方が、
社会のため。

154 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:37 ID:e8EUQOVC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011207-00002043-mai-soci
<死刑確定>仮出所中に強盗殺人の男性に 最高裁上告棄却

 強盗殺人罪で無期懲役となり、仮出所中に大阪市内で短大生を刺殺するなど
4件の強盗殺人罪などに問われた無職、萬谷義幸被告(61)に対し、
最高裁第1小法廷は6日、死刑とした1、2審を支持し、被告の上告を棄却した。
判決は「罪責は誠に重い」と述べた。被告の死刑が確定する。(毎日新聞)
---------------------------------------------------------
世の中には同じことを何度も繰り返すどうしようもない奴もいるの。
廃止論者もいい加減認めろよなw

155 :141:01/12/18 20:55 ID:16zHXXQA

 そうやって対立する意見を持つ人を貶める事でしか
自己の意見を主張することしか できない >>152 の方が
この議論に参加して欲しくないのですが・・・

156 :無責任な名無しさん:01/12/18 20:57 ID:GaQMsbyb
>>150
犯人にとって、ではなくて社会にとって刑罰を与えるので
死にたい人は殺してあげてもかまわない。
それは単なる感情論である。

157 :無責任な名無しさん:01/12/18 22:21 ID:1grkprRZ
死刑判決:妻ら2人殺害の人材派遣業者に 宇都宮地裁
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20011219k0000m040115001c.html

なんとも微妙。

158 :無責任な名無しさん:01/12/18 22:34 ID:a0GXRuJd
>156
安楽死制度化推進派か?
俺は安楽死は好まんが、延命拒否はしたい。
ガンで延命されたらいたくてたまらん。

あらしたかな?

159 :無責任な名無しさん:01/12/18 23:11 ID:WxVz2QqN
真面目にって書いてあんだろ?感情論・応報を言う奴はレベルが低いよ。
そんなんだったら、めんどくさい手続きを経ずとも直接やればいいって
なるだろ?
遺族に足場を落とすスイッチを押させればいいってなるだろ?
真面目に死刑制度を論じるつもりなら、最低限の知識は必要だよ?ハムラ
ビ法典の時代にもどることもなかろうに。改めて一通り読んでみたけど、
ダメ。ここで存続を主張してる人は話にならない。
>世の中にはどうしようもない人間もいるんだからそういう奴は処刑してやった方が、
>社会のため。

なんなのこれ?チンパン?
>>155
死刑存続を言うのはぜんぜんOKだよ。でもね、復讐まがいを持ち出す馬鹿は、
まともに話をできるレベルにないの。貶めるんじゃないよ。相手にならないだけ。
話にならないだけ。君がもし司法を齧った事があるなら俺の言ってる事わかるよ
ね?

ちょっとがっくりきたけど、もうここにはこないよ。

160 :無責任な名無しさん:01/12/18 23:15 ID:awgag91P
生物学の観点から生態系の維持のため
人口の過多を抑制するために死刑も必要悪であると考える

161 :141:01/12/18 23:26 ID:ZutmscLM
>>159
> まともに話をできるレベルにないの。貶めるんじゃないよ。相手にならないだけ。
> 話にならないだけ。君がもし司法を齧った事があるなら俺の言ってる事わかるよ
> ね?

法云々よりも、159氏は コミュニケーション・スキルが足りません。
「知識」を、相手より優位に立つためのツールとしてのみ使用し、
知識の共有によるコミュニケーションだとか、知識を自分なりに
噛み砕いて表現して他人に伝える、なんてことには全く興味の無い
人なのでしょう。


> ちょっとがっくりきたけど、もうここにはこないよ。

そのようにして下さい。

162 :依頼人:01/12/19 00:06 ID:aIB0/BEZ
なあ? >>1
法云々よりも、遺族が報復に執着するのはどう思うよ?
憎しみの地獄は死刑執行の後どう昇華するのだろう・・・

何を以って殺人者の呪いから逃れられるのだろう。

163 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:12 ID:H+oiDsrd
>>156
嘘吐き&荒らし山田君。

164 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:55 ID:Hl4G4eQa
>>162
お前は報復に執着するほど苦しい眼にあったことがないんだろう
俺もないがな(w
だが想像力の欠如も問題だろ

165 :無責任な名無しさん:01/12/19 00:58 ID:Mj31nMF1
>>159
人の感情を無視して理屈だけをいじくりたいってことなのかな?
多面的な話が出るのはいいことだろ。
机上の空論好きそうだね。

166 :依頼人:01/12/19 01:16 ID:s0xdn6sJ
>>164
だな〜、どうやって想像力を鍛えるかな?
http://chatdrive.com/diary/seiji/

167 :無責任な名無しさん:01/12/19 02:38 ID:2/ZXeZBZ
>164
報復は自分の手でやればよろしい
応報感情を持ち出して、死刑を訴えるべきではないでしょう。

168 :無責任な名無しさん:01/12/19 02:57 ID:qnqnAGg5
>>167
自力救済を禁止してるからこそ国家が刑罰権を独占してるんじゃないのか?

169 :168:01/12/19 03:17 ID:2/ZXeZBZ
実際、自力救済を全く無くすことは無理だと思う
人間て感情の生き物だし。
しかし、報復を行った人は罪に問われるべきだし
また、国家が運用する法には感情なるものは極力排するべき。

170 :無責任な名無しさん:01/12/19 03:19 ID:2/ZXeZBZ
わり、167

171 :無責任な名無しさん:01/12/19 06:55 ID:K47dxhre
日本の刑罰は報復を目的にしていない。以上。

172 :無責任な名無しさん:01/12/19 07:06 ID:/8j4n0Jj
>>171
嘘吐き&荒らしの山田君。

173 :無責任な名無しさん:01/12/19 12:11 ID:P6NAW1dD
  ∧_∧

( ´∀`) 何で応報論がアフォなのか説明してよモナー。
(    )
 | | |
(__)___)

174 :依頼人:01/12/19 12:28 ID:aIB0/BEZ
応報で完結ってハリウッド映画のテーマだな。
人にはそれしか選択肢無いのかね?

175 :無責任な名無しさん:01/12/19 16:25 ID:6KY0d2qJ
死刑が有る場合
「もうどうせ死刑だ。盛大に楽しんでやろうぜ」
死刑が無い場合
「もうどうせ一生労の中だ、盛大に楽しんでやろうぜ」

抑止力無〜しっ!

よって・・・殺しとけ(w

176 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/19 16:32 ID:AO+gQSGI
実際そう言う自暴自棄になった犯行って多いの?

177 :依頼人:01/12/19 19:35 ID:kIZb+8/b
自暴自棄にならずに犯行に及ぶ奴も不気味。

178 :無責任な名無しさん:01/12/19 20:56 ID:nbYDX6P+
>>165>>168-169
完全に同意
>>159
>真面目にって書いてあんだろ?感情論・応報を言う奴はレベルが低いよ。
と思う理由を説明すべき
自己の価値観と異なる価値観を排斥する人間が法を論じること自体が誤り
そもそも世の中論理だけで動いているわけではない
人間とは理性と感性の両方を兼ね備えた生き物なのである
感情で人間は動くし論理でも人間は動く
法律がそもそも論理によって構成されているという表層の下に極めて倫理的な
人間の情緒が隠れているということがおそらく159のような人間はまだ理解できていないのだろう

179 :無責任な名無しさん:01/12/19 21:18 ID:rUWUzBIY
>178
その論理の必要性を否定してるのかい?
借りは倍にして返す。
という台詞から解るように、人の感とは増徴しやすいものと言うことは肯定できるかな。
あなたは、片目には、両目を、歯1本には総入れ歯を望む応報の現実を、論理的判断なしにどう処理するのか?

180 :依頼人:01/12/19 21:42 ID:xOLy2V+H
だから、、応報に関しては俺も理解できる。

俺が聞きたいのは応報しか無いのかって事?人として。
必ずあるはずだろ?人として。

逆に死刑囚の償いの生とは何?
法的定義とかじゃなくて人として。

司法を語る方々に真面目にお聞きしたい。
法的定義とかじゃなくて人として。

181 :無責任な名無しさん:01/12/19 21:52 ID:e3RByuIX
刑罰は行政に入るだろう

182 :無責任な名無しさん:01/12/19 22:45 ID:C0E1BY0k
>>178
頭が固いな
論理の必要性は十分に肯定した上で言っている
君は議論に感情を入れることを否定しているようだがそれでは何ら意味がないということを言おうとしているのだ
君の言っていることは極めて当たり前のことであって「感情」というものから逃げているに過ぎないということだ
なぜならば解決できるのは論理だけではないからだ

183 :無責任な名無しさん:01/12/19 23:00 ID:UI4YWApt
>182
言っている事が178の云わんとしている事と
全く同じだと思うけど・・・

184 :無責任な名無しさん:01/12/19 23:48 ID:7gY0rLN8
>>183
極めて単純な話を179が理解できていないだけのように思われ

>>180
死刑だろうが生き殺しだろうが被害者の遺族の恨みを消すことに役に立つまい
いや、もう少し正確に言えば法的制裁を加えたところで死人が生き返るわけではない
したがって被害者の遺族の気持ちを斟酌したところで死刑制度存続廃止の2元論は
無差別であるとしかいいようがない
即ち、そのような観点から「制度」を論ずるに足る意義に乏しい

185 :無責任な名無しさん:01/12/20 00:38 ID:A0J2Ie8x
>>143がある程度論理的なレスをしているので簡単に

>死刑制度の是非については「犯罪抑制効果の有無」
>「応報感情、被害者感情」「冤罪の可能性」
>「終身刑による代替」の4つの点が重要な争点になっています。

よくまとまっているな。納得。結論から言うと犯罪抑制効果はあるだろう。
むしろないというほうが難しい。
ただし、それも個人によって生に対する考え方が違うだろうから、生に対する
執着を持っている人を仮定した場合と限定をつけておくことにする。

被害者感情から死刑制度の是非を論ずる意義に乏しいと思うということは既に述べた。

冤罪の可能性については実務(理論からではない)から見た場合仕方がないであろう。
どうしても論理付けるならば我々がこの世界で人間が存在するあり方そのものに目を転ずる他ない。
人間がもし他者としての私にすぎないならば要するに単純明快である。
「自然主義」とはそういう認識に他ならない。

しばしば自己責任という言葉が使われるがこれは情報公開を前提にした概念であるといわれる。
であるならば裁判で全ての情報に基づいて裁判長は結論を下すであろうか。
否。裁判とは完全なものではない。
与えられた証拠に対して正確な法的技法を適用すべきは法律家の使命ではあるが、
その限界と同時に、情報の偏在についても議論すべきである。

186 :無責任な名無しさん:01/12/20 00:39 ID:A0J2Ie8x
>「犯罪抑制効果」(=一般予防)は、両派から主張されていますが、
>その効果は明らかになっていません。
>効果は存在するのでしょうけども、どの程度か判らないのです。
>また、威嚇効果のためだけに、刑罰を科すことは、罪を犯した者の
>責任以上の責任を負わせることになってしまいます。
>この問題を論じるのは妥当ではありません。

そんなことはない。
むしろどの程度効果があるか分かればどの程度の責任を負わせるのが妥当なのか分かるはずである。

>確かに、被害者感情も無視することはできませんが、
>わが国では、原則的には、刑罰が復讐の
>(被害者感情、応報感情を満足させる)方法であってはならないのです。
>ですから、被害者感情、応報感情のみの理由をもって、
>死刑存置を主張することは妥当ではありません。

同意。

>また、被害者感情、応報感情は無視できない問題ですが、
>死刑制度存置を主張する根拠にならないと思います。
>死刑の存廃についても世界的に、「非人道的で残虐な刑罰」であるとの理由で
>廃止の方向に進んでいると言えますが、しかし、終身刑は考え様によっては、
>誰にとっても無意味な制度であるとも考えられないでしょうか。

要するに君はどういう立場なんだ(w

>冤罪であることが判明した場合に権利の回復ができるようになるとしても、
>死ぬまで出ることのできない監獄に囚人は死への恐怖とは違った、
>絶望感を抱くのではないでしょうか。死ぬことを許されず、
>自由を奪われたまま、なお生きなければならないと言うことは、
>むしろ、死刑よりも囚人にとっては酷な刑罰であるとも考えられます。

だからこそ個人の選好を考慮に入れなければならない難しい問題なのだと思う。

>また、無視できない問題である、被害者感情、応報感情も死刑に比べ
>満足させられなくなります。つまり、どちらからも意味のない制度
>になることも考えられます。この点は十分に議論しなければなりません。

基本線はそう思うね。ただ前に述べたように感情を制度で解決することは出来ない。
感情はあくまで被害者遺族が自ら乗り越えるべき問題であって法は感情を救う道具ではないと思う。
私は聞きたいが、1さんは一体この2元論から何らかの結論が出たとしてどのような効用があると考えているのだろうか。
問題はおそらく法律上の問題ではなかろう。
制度の生理面病理面を洗い出した挙句、結果最良の制度など見つからなかったという
現実に直面することをおそらくは直感しているのではなかろうか。
そのような悩みに答えられた時一体何が見つかるのかを聞かせてほしい

187 :依頼人:01/12/20 01:17 ID:WVnwbQNR
>>184
だから・・・制度じゃなく人として・・・
極めて単純な話を184が理解できていないだけのように思われ

君らは理屈は言うが人の道は語らないな?
俺は怨讐を越え得るレベルの選択肢は無いか?
と、、聞いてる。

188 :無責任な名無しさん:01/12/20 01:52 ID:ua+dhfwi
>>187
誰に、何を訊いているのですか??

> 俺は怨讐を越え得るレベルの選択肢は無いか?
> と、、聞いてる。

意味不明です。

189 :無責任な名無しさん:01/12/20 02:12 ID:zC9Nxapb
私怨でも刑法でも神でもない、現在のロジックを超越した、誰もが納得する原則に基づく裁きを模索しているの?
俺はそこまで考えると頭が知恵熱出してしまいそうだ。おやすみ。

190 :無責任な名無しさん:01/12/20 10:34 ID:9G+SmaHI
>>187
アフォな奴だ
そんなに知りたくば実際に家族を殺された遺族の前にしゃしゃり出て解決策を自分の足で探して来い
あそうそう、この前金スマで死者の怨念を御明師とかいう職業の奴がお払いしてたな(藁

191 :依頼人:01/12/20 12:10 ID:hrz8cE7i
>>190

アフォだがもう遺族の前にしゃしゃり出てるんだよ。
俺は遺族が憎しみに縛り付けられてるのを現実に見て哀れに思う。
応報で救われるともとても思えない。
応報以外に人には何かしら救済の道は無いのだろうか?
誰もが納得する裁きなど難しいと思うが、どうか暗中模索の俺に教えていただきたい。

192 :無責任な名無しさん:01/12/20 16:50 ID:gpW853rp
自分で考えろヴォゲ

193 :無責任な名無しさん:01/12/20 18:22 ID:5fYXua9d
おお真面目に議論してるよ。
死刑はあってもいいけど。どうせなら、殺人したら死刑で良いじゃん。
そうすりゃ人殺そうとは思わないでしょ。
死刑の範囲を狭めるんじゃなくて、広げないと効果は無いでしょ。
業務上過失致死でも死刑。みんな安全運転だよ。
医療ミスでも死刑。医者も厳しいよ。こうなるのが一番だよ。

194 :無責任な名無しさん:01/12/20 18:41 ID:jXLBX128
>>193
ついでに屁理屈並べる山田君も死刑にしとくべ(w

195 :無責任な名無しさん:01/12/20 19:06 ID:z1s73a9y
>>191
> 俺は遺族が憎しみに縛り付けられてるのを現実に見て哀れに思う。

憎しみに縛り付けられるから悲惨なのではない。
何の落ち度も無い人間が、いきなり生地獄におとされるのが不幸なのだ。

だいたい「哀れ」という言いぐさはないんじゃないか?
まるで「不幸なのは被害者の心の持ち方に原因がある」
みたいではないか。オマエみたいな被害者の心情を無視
した言いぐさをする奴が「死刑廃止」を唱えるから

 死刑廃止 = 犯罪者擁護

という構図が生まれるのだ。


> 応報以外に人には何かしら救済の道は無いのだろうか?

その前に救済の手段として「応酬」を初めから排除する
理由を ちゃんと説明してもらいたいものだ。

 応酬 = 悪いこと

という正しいかどうかも分からない前提に縛られて
思考を重ねても、時間のムダであろう。

196 :依頼人:01/12/20 19:09 ID:PjXniJMB
わかった、わかった、お前らに聞くだけ無駄。

197 :依頼人:01/12/20 19:12 ID:VH6gkCYe
応報 = 正しい事

という正しいかどうかも分からない前提に縛られて
思考を重ねて、糞の役にも立たない議論してろ。

198 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:35 ID:rzp3RQzX
中国人はみな死刑は当たり前だというYO
っていうか依頼人さんは来なくていいからねバイバイ

199 :凶悪犯当然死刑:01/12/20 20:40 ID:oqTn9Gh/
応報=報復
依頼人クンはアメリカのアフガンへの報復も悪いことだと
思うんだね。NYいって堂々と報復は悪です、アメリカは悪です
って言ってこいよ。
その度胸もないんだったら、しのこの抜かすな、クソヴォケが!!

200 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/20 20:43 ID:yGiw+yUo
死刑以外に、残酷じゃなくて、遺族も納得できて社会的に償えて
本人が確実に更正出来るような刑罰があれば良いのにね。

201 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/20 20:43 ID:yGiw+yUo
あ、さらに抑止力も無くちゃなのか( ● ´ ー ` ● ;)

202 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:51 ID:rl5WgEIv
依頼人=電波&山田君と認定

203 :無責任な名無しさん:01/12/20 20:57 ID:ksCPt2d0
依頼人 氏の

>>191
> アフォだがもう遺族の前にしゃしゃり出てるんだよ。

という発言から、私は「依頼人 氏の身近に犯罪被害者がいて、
それに深い衝撃を受けている」というようなコトを想像して
いたのですが、違うのでしょうか? → 依頼人 氏

もし上の通りなら、このスレでちょっと叩かれたくらいの
ことは、犯罪被害者の傷と比べたら とるに足らない些細な
コトだとだと思うのですが。

>>196
> わかった、わかった、お前らに聞くだけ無駄。

この程度で逆ギレしていて良いのでしょうか?

204 :無責任な名無しさん:01/12/20 21:41 ID:qKnKWyz7
正しいかどうかはともかく、応報=必ずしも悪ではない という観念に
普遍性があることは人類の歴史をみれば明らかだろう。

205 :依頼人:01/12/20 21:44 ID:VH6gkCYe
>>203
あなたの言う通りです、ありがとう。

 http://chatdrive.com/diary/seiji/

先の報復に正義など無い、ラムズフェルドとチェイニーとブッシュ親子が悪い。

206 :無責任な名無しさん:01/12/20 22:10 ID:2+yO7VHp
ってゆうかみんなわかってる?
日本の刑法は報復を目的に作られたものじゃないよ?
何のための法律だ?応報が人として正当な感情として在るということ
は否定しないが、そんなもので死刑制度の是非を論じるなら、何も小難
しくめんどくさい裁判手続きを通さなくてもいい方法があるんじゃな
いか?
こういうことだから、制度存続派の一部の感情論派が否定されるんだよ。
ルールや規範や刑罰はいかなる場合も復讐心を代換する物ではないよ。

おれも死刑は究極的最高刑として存続すべきだとは思うけど、復讐心と
かを持ち出す奴は軽蔑してるね。立場こそ違えど159の言うように法を
論じるにあたいしないとおもう。根本的そして基本的に法治の考え方が
ちがうんだもん。
死刑は執行するしないは別としても、ある種、人が執行する刑罰の究極的
形態の一つとして、象徴的な意味も含めおいておくべきだと思う。
外交手段の最後の一つとしての武力行使の権利みたいなもんかな。
社会が、ルールを侵す犯罪者に対してとる最後の手段か権利かな。やるやらんは別にしてね。

207 :無責任な名無しさん:01/12/20 22:48 ID:CDGWqUWy
>>206
> おれも死刑は究極的最高刑として存続すべきだとは思うけど、復讐心と
> かを持ち出す奴は軽蔑してるね。立場こそ違えど159の言うように法を
> 論じるにあたいしないとおもう。根本的そして基本的に法治の考え方が
> ちがうんだもん。

「 159の言うように」じゃなくて、アンタが 159 なんだろ。

208 :無責任な名無しさん:01/12/20 23:50 ID:JQIbUWoO
はっきりいって206の言っていることは何が言いたいのか全然理解できない
救いがたい
しかしこれでも当人は素晴らしいことを言ったと勘違いしているんだろうな

209 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:21 ID:os7zNdnj
俺も>207>208の言う通りだと思う。

206は何様のつもりなんだろ

210 :依頼人:01/12/21 00:28 ID:NM7t/eBT
>>207
お前みたいな奴が判事になるんだよ、きっと。
>>208
お前も理解できないなら黙ってろ

アメリカが悪いっ!!上げ

211 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:32 ID:SCeLdBbm

依頼人さんが 206 だったのですか。

分かりやすい人ですね。

212 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:51 ID:Rl51LLiV
もっといえば>>159も依頼人であり山田君
最近山田が荒らしまくってるなこの板を
各スレごとに山田対策を立てたほうが良いかも

213 :無責任な名無しさん:01/12/21 00:58 ID:cgCd6z0P
たとえば、死刑があると…

人を数人殺した犯人は
「もういくら殺しても死刑だから殺しまくるべ〜」
となるが、殺していない人は
「死刑があるから殺すのやめよう」
となる。

もし死刑がないと?

何人か殺した人は
「いくら殺しても死刑にならないから殺すべ〜」
殺してない人も
「殺しても死刑ないし、殺しとくか」

となる可能性があるよ。

214 :無責任な名無しさん:01/12/21 01:03 ID:97wj5YyH
↑うむうむ、見事な抑止効果論からの論証です

215 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:03 ID:C1DbuuSJ
死刑囚がその様に考えるかといえばそうは考えないんだな
実行行為に及んでいるときに、例えば2〜3人を殺しても、
自分は死刑にならないと考えるかもしくは、そんな事考えていないらしい。
つまり、外部的要因で行為を思いとどまらせるのは
死刑による抑止効果じゃないということ。
個人的には、行為を思いとどまらせるのは
個人の内面的な道徳観念や倫理観だと思う。

216 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:08 ID:p0DUaEJA
夕刊に(殺人時効で不起訴遺族に苦痛)と載つとつたが。
非常に怒きどうりを感ずる.裁判所か法務大臣が仇打ち免許だして
遺族に仇打ちさしてあげたい.強い人を助だちにつけて。
死刑制度わ絶対廃止してわいけない。

217 :無責任な名無しさん:01/12/21 03:29 ID:C1DbuuSJ
だってさ、殺人の公訴時効は15年だよ?
15年って云ったら生まれたばかりの赤ん坊が
俺の恋愛対象になるかもしれない年にまで成長
するような時間でしょう。
それだけ長い時間を経過した後に、審理をした場合
証人や証拠も証明力が薄れると思うんだけど。
もし、審理をしたら、それこそ誤審の可能性が
高まるんじゃないの?
だから、それだけ長い間逃げた犯人は罪に問わない
というのは理にかなっていると思うんだけど。

218 :186:01/12/21 19:49 ID:37zmb2nz
1さんはもうここを見ていないのか
死刑制度の是非を論ずる実益がどこにあるのかぜひ聞いてみたいのだが・・・

219 :無責任な名無しさん:01/12/22 01:35 ID:aCouAJj8
死刑制度に何の疑問も意見も持っていないほうが怖い。

220 :無責任な名無しさん:01/12/22 02:39 ID:rRc7gQs9
>>217
そういうときは無罪になります

221 :無責任な名無しさん:01/12/22 03:15 ID:8U3Bv614
>>220
(゚Д゚)ハァ?

無罪判決じゃなくて、免訴判決が言い渡されますが何か?

222 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:18 ID:QZZlvodA
>>221は知的障害者ですね。

免訴にしろ刑罰は受けないので、事実上220の言う無罪が正解。

223 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:28 ID:/L90+54Y
>>220>>222だな(ワラ

だいたい、無罪と免訴って別もんだよな?

無罪は潔白と認定することだ。
免訴は手続の打ち切り。
決して無罪とイコールではない。

>>217を受けての>>220を読んだら、オカシイと思わないのか?

224 :222:01/12/22 04:34 ID:QZZlvodA
俺は220じゃないけどね。
220の言う「無罪」は「無罪判決」という意味ではなく
「罪に問われない」ということを示唆するもの。
ということは容易に想像つくだろ。

そういう意味で221は揚げ足撮り的だ。

225 :無責任な名無しさん:01/12/22 04:49 ID:/L90+54Y
>>224
全く想像しなかったよ(w

認定山田君

226 :名無し:01/12/22 04:54 ID:h0BmkWgd
死刑制度の廃止なんてとんでもない!
このまま行くと刑務所が囚人であふれかえっちゃうよ。
日本でも死刑制度の廃止に流れていっている訳?
だとしたら断固として反対。
ただ楽に殺すのはよくない。自分が殺した被害者の気持ちを分からせるために拷問しまくって死刑にしたほうがいい。
クズはクズのままでしかいられない。削除するべし!

227 :無責任な名無しさん:01/12/22 06:56 ID:2rvgwx/k
>>220
嘘吐き山田君。

228 :218:01/12/22 23:02 ID:bAyBHRF9
>>219
そんな程度の低いレスを求めているわけではありませんが

229 :無責任な名無しさん:01/12/22 23:06 ID:Q4fxyZw3
>>227

>嘘吐き山田君

自己紹介希望

230 :政教分離名無しさん:01/12/22 23:39 ID:THL4ByEc

>>219 はタダの感情論ですね。

231 :219:01/12/23 09:48 ID:rgNmKQlR
>230
確かに、指摘の通り感情論です。
刑法は詳しくないので、私の意見に法的な正統性はありません。
しかし、死刑制度を論じる実益がないということを言い放つだけでは、なにも解りません。
例えば
現在の死刑制度に満足しているのか、死刑事体不要といっているのか、
そう言うことを素人が論じても「馬鹿の考え休むに似たり」で法曹界にまかせておけば良いのか、
それがなければ、納得できませんね。

232 :218:01/12/23 22:19 ID:2ON7dxG+
>>231
君は>>184-186で私が述べたことを読んだ上で言っているのかな?
だとしたら全く私の言っていることの趣旨をはきちがえているので
法律以前に日本語のお勉強をなさってください。
もし読んでいないのなら読んだ上でレスつけてくれ。
別に1さん以外の方がレスつけるのは構わんが勝手な解釈をしてレスをするのはやめてくれ。
私は死刑制度を全体的な視点から見た場合「実益がない」などと一言も言っていない。
もし言っているなら指摘してほしいし言っていなければ>>219は訂正せよ。
私の言っていることに反論があるならきちんと論証せよ。
死刑制度について論じることが無意味だなどと言っているわけではなし
勝手に解釈され批判されても仕方がない。
そういう程度の低い議論をするつもりはないという意味で>>218を書いた。

233 :無責任な名無しさん:01/12/24 00:56 ID:iWFpFgwW
>>232
お前もいいたいことを簡潔に書けよ。
駄文をだらだら書きたいんならyahooかfj逝ったほうがいい。
それから匿名掲示板で「私」を主張したいんならコテハン使え。

234 :無責任な名無しさん:01/12/24 01:35 ID:o2P1V254
自分の読解力のなさを人に短い文章を書かせることで解決しようとするな
だから言ってるだろ
お前みたいな程度の低い人間と議論をするつもりはないと

235 :無責任な名無しさん:01/12/24 01:37 ID:o2P1V254
>私は死刑制度を全体的な視点から見た場合「実益がない」などと一言も言っていない。
>もし言っているなら指摘してほしいし言っていなければ>>219は訂正せよ。

それとこれに対して返答せよ。訂正しないなら今後レスしなくともよい

236 :無責任な名無しさん:01/12/24 02:05 ID:x0kIgDlQ
>>234
誰がお前と議論をしているんだ?

>>235
お前は今後レスしなくともよい。

237 :無責任な名無しさん:01/12/24 02:46 ID:4xi1Clsj
>>234
要領を得ない文章を書く奴はたいてい234みたいなこというね。
笑わせてもらったのでsage

238 :ななっし:01/12/24 09:39 ID:6zoFSvGB
第三者的に見ると経済的、治安的に安定している時代は死刑なしで
安定してない時は死刑アリって風潮があるように思うのだが・・・
まあその時代によって変わるって事だろうな・・・と思うのだが

免罪についてだけどそれはあると思う
裁判官も人間だし
そこでふと思ったんだけど
政治屋などの犯罪に関与して犯罪犯したとして死刑判決受けたとする
(この場合、政治屋が警察でもOKとして
そこでばれないように政治屋が裏で手を回して
死刑を早めたりもできると思うんだけど
そういうのは考慮されないの?と思ったりするのだが・・・・
激しく既出スマソ(・・;

239 :( ● ´ ー ` ● ) はスバラシイ:01/12/27 13:29 ID:KU/PcnrS
12月27日死刑執行・現政権初
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1009421863/
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20011227k0000e040029002c.html

240 :無責任な名無しさん:01/12/27 19:32 ID:q1i/2+rz
>>239
やっぱり,って感じだね。
皇太子の嫁さんが孕んでる間はできないだろうと思っていた。
奉祝ムードが一段落ついて,年末押し詰まったドサクサ紛れということと,
宅間の初公判に合わせた面もあるのだろう。
いずれにしても法務省のセコイ態度は変わらんね。

241 :無責任な名無しさん:01/12/29 12:12 ID:I9R9jpqH
死刑存置派のみなさんへ

確定判決の取り消しを求める機会(再審請求期間)が、
宣告刑の種類によって差があってもよいといえる合理的理由を教えてください。

242 :無責任な名無しさん:01/12/29 12:15 ID:iIW7VlRi
>>241
意味不明。死刑に限らずどんな刑でも、執行の前後を問わず再審申立可能。

243 :241◇死刑大好き:01/12/29 13:06 ID:I9R9jpqH
>>242
>死刑に限らずどんな刑でも、執行の前後を問わず再審申立可能。

たしかに厳密にはそうですが、ここで問題なのは当然、本人についての場合。
あと、刑事補償についても同様ことを問いたいです。つまり、
誤判の場合に本人が刑事補償を受けることのできる機会(死刑の場合、当然ない)が、
確定した刑の種類によって差があってもよいといえる合理的理由を教えてください。

244 :241 ◆Fl6bOMM. :01/12/29 13:12 ID:I9R9jpqH
キャップ書き間違えた。はずかしー

245 :241 ◆WJazErZs :01/12/30 23:37 ID:slE5IiyD
なるほど

246 :無責任な名無しさん:01/12/30 23:43 ID:/K9KjObC
>>243
死刑に問われるような輩は、クロに決まってるからだよ。

247 :\:02/01/01 07:56 ID:ikVuLFKS
永山則夫は天国に行ったか?地獄に落ちたか?
それは、×一で子供までいる再婚の女がバージンロード歩いていいのか?悪いか?
ってのと同じぐらい難しい質問だ!

248 :\:02/01/01 07:58 ID:ikVuLFKS
NYテロの犠牲者が全員天国へ行くのか?
多分、贔屓目に見ても半分以上は地獄だろう・・・・

249 :\:02/01/01 08:04 ID:ac3OYJ2S
でも、僕としては永山が天国にいて欲しい!
何故ならこんな馬鹿なカキコついしてしまった僕でも天国へ行けるから。
だけどさー・・・・・・連続射殺犯のいる天国って地獄だよねー?
やっぱり、俺は極楽がいい!!!

250 :241 ◆.6N2hyeU :02/01/02 19:33 ID:DYoTheCI
>>246
>死刑に問われるような輩は、クロに決まってるからだよ。

その根拠は?

251 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:53 ID:AKeLShfc
死刑廃止派の意見

イ、国家が人の命を奪う権利は認められるものではない。

ロ、死刑には一般予防の効果は認められない

ハ、死刑制度は残虐な刑罰である。

二、誤審の場合には、救済が不可能になる

252 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:53 ID:AKeLShfc
死刑存置派の意見

イ、死刑の存置は国民感情に合致する

ロ、死刑には強力な威嚇力があり、犯罪防止に役立っている

ハ、犯罪者を完全に隔離し排除することができる。

二、死刑制度は憲法上、その科刑が認められている。

253 :無責任な名無しさん :02/01/06 16:54 ID:AKeLShfc
死刑に対する世論調査
「死刑もやむを得ない」  79.3%

「死刑は廃止すべきである」 8.8%

254 :241 ◆.6N2hyeU :02/01/07 00:51 ID:wGc6tdb3
>>252のニは、>>251のニに対する反論になっていないです。
なぜなら、死刑廃止論と死刑の合憲性−違憲性の当否は独立の問題だから。

255 :無責任な名無しさん:02/01/07 09:14 ID:DOAKzNOP
そりゃそうだろう。
>>252のニは>>251のハに対応しているっぽい。

256 :グローバリー:02/01/07 20:16 ID:a9xBMA1q
巨額詐欺の疑いのある、グローバリーについて

掲示板を拝見されてるの皆様、新年あけましておめでとうございます。
掲示板の趣旨とは直接関係ない話で申し訳ないのですが、この世の中では許せない事があります。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/sakimono/index.htm

この会社はありもしない儲け話をでっち上げ、巧みに客の財産を聞き出し、全財産を巻き上げます。

2002年になりましたが、一向に改善する気配すらなく、悪質化は進む一方です。
この会社の営業は世間の皆様の迷惑になっています。

それだけではなく、殺人事件なども実際に発生し、新聞ザタになっています。

みなさんもこちらの掲示板に投稿し、悪徳会社に騙される不幸な人が増えないようご協力お願いしま
す。


http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=q&board=8745

また、この書き込みを見て賛同頂ける方はこの内容をコピーしていろんな掲示板に書き込みをお願いします。

257 :名無しさん:02/01/08 01:59 ID:q1u9O+yH
人権屋の家族が、未成年や精神異常者に殺されたとしても、それでも犯罪者の人権
を守るのかね?

258 :無責任な名無しさん:02/01/08 18:24 ID:P6UMoKSh
実際には未成年や精神異常者だからこそ許されているのだろうけど、
納得いかないのも確か。人権の扱われ方には疑問が残るね。

犯罪者への刑罰が見せしめに使われないのも、また人権が絡んでくるからなの
だろう。しかし公開すれば犯罪の発生率は減ると思うのだが・・・

259 :無責任な名無しさん:02/01/08 23:25 ID:K/nRIArp
>>257
実際、死刑廃止運動をしている人たちが
最もたくさん浴びている問いかけじゃないですか?

多くの人は「はい、守ります」と答えています。

260 :無責任な名無しさん:02/01/08 23:33 ID:ymtR2EXP
>>259

言うは易し、行うは難し。

261 :260:02/01/08 23:34 ID:ymtR2EXP
個人的には仮釈放一切なしの無期懲役でいいと思う。

262 :ころちゃん:02/01/09 01:10 ID:Ex+cie/r
>257 例えば、「税金は納めるべきでしょうか?」と聞かれたなら、
 まともな社会人なら「納めるべきでしょう」と言下に答えるだろう。
  しかしそうは言っていても、自己申告には無関係な領収書を集め
 たりする人も多い。

  制度と個人の感情はイコールではないと思うが?

263 :ころちゃん:02/01/12 00:42 ID:0Bu62ING
 あげ

264 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:12 ID:A1e5MZ4J
>>261
俺も同意だが、国民のほとんどが死刑存続に賛成しているのは
別の理由があるのだと思う。つまり「アムネスティだの人権派
だのの いう通りにしていたら『仮釈放一切なしの無期懲役』の
方は そのうちないがしろにされ、ただでさえ犯罪者に甘い状況
が ますますひどくなるだけ」と見切っているから。

つまり国民は司法を信頼していないのです。

そして彼らも、国民を納得させたり、支持を得る ことには
全く関心が無いらしい。このスレの死刑廃止論者もそのようですが。

265 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:23 ID:jDgk15JB
そんなこと言い合ったってどうせ結論なんか出ないのは分かってんだろ?
家族を殺された悲しみ?
んなもん人間が虚構の世界で作り上げる勝手な感情だろ。
アフリカの動物たちを見てみろよ。
自分の子だからといって危険にさらされてる時まで子供を助けるか?
それを守ることができるのは人間だけだなんて根拠のない理屈言うなよな。
勝手に決めつけるな。
俺らの常識で考えるな。
死ぬ。
これきわめて自然の道理。
死んだら死んだでスパッとあきらめろ。
お前ら何ウジウジしてるんだよ。

266 :無責任な名無しさん:02/01/12 01:40 ID:A1e5MZ4J
>>265
ツマラン煽りですね…

267 :無責任な名無しさん:02/01/16 02:47 ID:JgBfSm0O
ICC批准のこととか考えると、いつまでも死刑を存続させておくのは国際的な利益に
そぐわないと思う。
現在の憲法解釈では、刑法で終身刑を規定すれば自動的に死刑が適用できなくなるんだから
さっさと改訂するべきだ。

268 :無責任な名無しさん :02/01/16 07:35 ID:YDYr7W3g
死刑の1つ下が無期懲役って言うのは問題あるな。
個人的には、無期懲役の上に恩赦のありうる終身刑と
恩赦の無い絶対的終身刑を作ればいいと思うのだが。

269 :無責任な名無しさん:02/01/16 13:18 ID:Ra0eCl92
シロウトの漠然とした印象なんだが。
死刑制度廃止しているヨーロッパの国って、けっこうみんな小さいんだよね。
大国フランスだって、6000万人弱。他の国は人口ははるかに少なくて面積も凄く小さい。
そこいくと日本は1億2万強がいる。しかも、人口100万人以上の都市があちこちにある。
100万人の都市なんてヨーロッパの感覚では、不気味なくらいに凄い。

人口が少なく、面積が小さな共同体では、凶悪犯罪といってもしれてるし、把握するのも
簡単だし、秩序を維持するのも簡単だけど、これが日本くらい密集していると大変。

死刑制度を残しているのは、アメリカ・日本・ロシア・中国・中東諸国・などなど。
「先進国」・「途上国」と分けて、「死刑制度は多くの先進国では廃止の方向にある」
というのは、事実関係では間違ってはいないが、むしろ、「国家の規模」によって、
統治の原理は違うと考えたほうがいいのではないかな。

死刑制度の存続を望む日本人が多いので、日本人は野蛮で、廃止しているヨーロッパ
の先進国は文明的だというとなんか違う。

270 :訂正:02/01/16 13:19 ID:Ra0eCl92
「1億2千万強」ね。

271 :おやじ:02/01/16 17:56 ID:2UCrO8Wl
死刑廃止派のみなさん
宅間を死刑にしなくて良い理由をご説明ください。
そしたら納得する

272 :無責任な名無しさん :02/01/17 02:00 ID:sYRVoeWv
>271
その言い方だと宅間が死刑にならないと気が済まないらしい。
死刑廃止派の視点から言わせて貰うけど
「じゃあ、何で宅間が死刑になるんだ?人殺しなんて他にもいるだろう?
何人殺したら死刑なんじゃい?子供殺したら死刑なんかい?
そもそも、そんな法律あるんかい?」
こんな感じかな。

273 :愛の伝道師:02/01/17 02:07 ID:SAc+xkPz
>271
宅間を死ぬまで医学の人体実験に利用する。
そして、臓器の数を生きられる最小限に減らす。
取り出した臓器はドナー登録する。

そんな感じかな。

274 :無責任な名無しさん:02/01/17 09:43 ID:wFePB0d1

> その言い方だと宅間が死刑にならないと気が済まないらしい。

当たり前じゃないすか。何言ってんだか。


> 何人殺したら死刑なんじゃい?子供殺したら死刑なんかい?

大勢、それも弱者を殺すのは、そうでない人間を殺すより
当然罪が重いでしょうね。当たり前のことでは??


> そもそも、そんな法律あるんかい?

バカっぽいですね…
現在日本で執行されている死刑は法律に基づいていない、
とでも >>272 は考えているのでしょうか??


275 :重箱君:02/01/17 10:19 ID:fuZd5aqE
>>271
あのね,逃げだと思われるならそれはそれでけっこうだが,一見記録も見ず,
本人と会ったこともない人間には断定的なことはいえないの。
それがすこしでも司法や法律を学んだものの良識。
あなたが宅間被告人のことをよく知っていて,証拠関係をみているというなら
あえて反論しないが,新聞ならまだ上出来,うっかりするとワイドショーから
情報仕入れてるでしょ?
オウム真理教の井上嘉浩被告人(1審無期懲役)の弁護人が,被害者(遺族)
が証人にきたときにどんな反対尋問したか知ってる?
たった3問だよ。
弁「あなたは事件で井上くんがどういう役割を果たしたか知っていますか」
証「現場指揮者です」
弁「それはどこで知りましたか」
証「新聞やテレビです」
弁「法廷を傍聴されたことはありますか」
証「ありません」
それが決定打になったかは分からないけど,井上被告人の判決は上記のとおり。
井上被告人の役割は「後方の連絡調整役」だったと「証拠から認定」した。
被害感情というのは,当の被害者でもバイアスがかかる。まして事件と関係ない
人間が軽々にいうことではないと思うよ。
その前に,あなたが宅間被告人に関して
・犯罪行為そのもの
・責任能力
・情状関係
の何を問題にしているかも問題だけど,いずれも記録を見なくては分からないこと。
説明を求めるなら判決が出た(証拠関係が出尽くした)あとに弁護人に聞くこと。
判決が死刑でなければ裁判官にもね。


276 :無責任な名無しさん:02/01/17 12:29 ID:4fdgIUYU

 まあ、オウム裁判は弁護団がなりふり構わぬ引き延ばし策を弄していますから
ね。 オウム裁判 一度だけ裁判を傍聴しに行ったけど、検察は若手ばかりで、
見るからに老獪な弁護団に弄ばれている感じ。裁判官は、カルトに対する知識は
余り無さそう、と言う印象・・・

 薄ら笑いで、裁判官の「早くして下さい」を無視して、自分達が呼んだ証人に
同じ質問を3度も4度も繰り替えしている姿に「裁判に協力しよう」なんて姿勢は、
「弁護団からは全く感じなかった」ですね。

弁護士の山口宏さんと評論家の副島隆彦さんは「裁判のカラクリ」という著書で

 「いまのままの麻原裁判では最高裁までには20年はかかることだろう。
  なぜならば、それは滝本太郎弁護士が強調するように、麻原弁護団は
  『刑事訴訟法を弁護している』からだ。しかもその根底には死刑廃止論
  への戦術的対応が隠されている。」

と ありますが、これが傍聴した人間の代表的な印象じゃ無いでしょうか。


277 :無責任な名無しさん:02/01/17 14:46 ID:8/h6n9i/
ちょっと話がそれちゃうけど、オウムの弁護団は国選だよね。
なのに何で一生懸命引き伸ばしなんかするの?
たとえば俺が裁判にかけられた場合でも引き伸ばししてくれんのかな?


278 :重箱君:02/01/17 16:19 ID:YNxg+P4O
>>276-277
井上被告人の弁護団は3人。中堅どころ以下だけだが,
主任弁護人は刑事弁護を専門にするエキスパート。
引き伸ばし云々は麻原さんの問題でしょ。
井上さんの弁護団にはそういう意見はない。
>>275のとおり3問しか反対尋問しないくらいだから。
麻原さん(の弁護団)のことは司法試験板の某スレで話が出てたけど,
実務家,修習生,受験生,一般人入り乱れての議論の結果,
「弁護団(弁護士)にとっては引き伸ばしてもいいところない」と
いうことに話が収束した。
専従者のいる裁判所・検察庁と違って,弁護士は他の仕事を抱えながら
やっているので,その負担はものすごいものらしい。国選ならなおさら。
国選は長くなればなるほど費用対効果が悪くなる。
雑誌に麻原さんの弁護団にものすごい金が払われたと出ているけど,
その大部分は記録のコピー代。いまどき1枚40円(だったかな?)する。

279 :おやじ:02/01/17 17:07 ID:eCoaz4/r
271です。納得できません。
>>272
「8人」「子供」を殺せば十分では。
法律は幾ら以上強盗すればとか、何人以上傷害すればとかいう
構成ではないでしょうが、それを補うのが市民感情ではありませんか?
>>273
本人、被害者全員の同意があれば大いに結構だと思います。
国民にデメリットはありませんし、犯人に残された最後のお詫びです。
補償財源にもなりますしね。
>>275
もちろん新聞・テレビの情報ですよ。
でも、先生・児童が幻を見ていたわけではありませんよね。
今回問題の責任はもちろん十分検討すべきでしょう。
刑罰として死刑が無ければ宅間は死刑にできない。
それでも廃止賛成ですか、といいたかったのですが説明不足でした。
麻原については他の方に譲ります。



280 :無責任な名無しさん:02/01/17 19:34 ID:VH0lJJhj
>>279
(私自身は廃止派でも存置派でもありません)

廃止派の主張の根本は
「生命の自由は何にも増して尊重されるべきもの。
 それは他人の生命の自由を奪った人だからといって
 奪われてはならない」
という論理。
(最近は憲法36条より、13条に論拠を求める説が有力じゃないかな)

要するに「児童8人を殺した人といえど、人である以上
最も基本的な人権である生きる権利は保障されるべし」ね。

で、存置派の立場に立つと
「個人の尊重は自他同時でなければならない。
 他人の生命を尊重できない者に対しては、自己の生命をもって責任を負うべき」
って主張。

これは平行線でしょうから、もし後者の考えであれば
前者の考えが納得できないのは無理ないんじゃないかな。

ちなみにちゃんと人権を理解している人は、死刑存置派といえど
「重大な犯罪を犯したんだから、人権を奪っていい」なんて言い方は絶対にしない。
あくまで「公共の福祉を鑑みるに、制限もやむを得ない」としているだけ
=だから死刑を是としても、他に守られるべき人権については別途考慮する。

281 :おやじ:02/01/17 19:47 ID:eCoaz4/r
>>280
レス有り難うございます。
一読しました、またじっくり読みます。

人権を自ら放棄でした場合はどうでしょうか?
(同意殺人から発展して、死刑確定者が自ら人体実験を願い出た場合)

282 :無責任な名無しさん:02/01/17 20:02 ID:x1jhQlpm
>>281
無理でしょう。
憲法18条で、奴隷的拘束の禁止、というのがありますが、
これは一般的に本人の同意があっても禁止される、といわれています。
この趣旨から考えると、奴隷的拘束と同程度あるいはそれ以上に非人道的な
人体実験も禁止されることになるのではないでしょうか。

283 :無責任な名無しさん:02/01/17 20:03 ID:x1jhQlpm
人体実験も禁止

人体実験も同意があったとしても禁止

284 :無責任な名無しさん:02/01/23 21:59 ID:qW3bgbCX

 法相から法務省、死刑廃止派にいたるまでことある毎に「教育刑」と口にするが、果たし
てそれは真実か? ならなぜ法廷で「量刑」するのであろうか。真に教育刑であれば不定
期収監として、更正経過を見て判断する事が妥当だろう。

 だが現実には、あらゆる司法行為の課程で、弁護側、検察側、裁判官から当の被告や一般
社会まで「この犯罪にはこの程度の量刑がふさわしい」と考えを巡らすのである。

 そもそも受刑者の「更正の度合い」を推し量る事の困難性に思いいたすべきである。人
間の内面の事であるからだ。従って、法廷で確認された犯罪事実に応じた量刑というの
は「客観的で平等な法の執行」という意味では優れていると言えるだろう。

 因みに近代刑のスタートラインは「犯した犯罪の『社会的価値』に応じた量刑」である。
「パン一個の窃盗で重労働10年」「両手切断」なんてのを無くすのがその目指す所なのだ。


285 :無責任な名無しさん:02/02/03 21:00 ID:voPWQgT/
あんまり関係ないけど、
ちなみにこの前処刑された朝倉幸治郎(練馬一家5人殺し)だけど、
コネ入学とはいえ日大法学部を出てるんだってね。
で、入学早々カンニングやらかして停学処分を食らってるけど、
そのカンニングの方法が、なんと
教室に持ち込んだカンニング・ペーパーを弁当のごはん粒で答案用紙に
そのまま貼り付けて提出だってさ(藁)。
日大の事務局では、「カンペーを貼って出したのは前代未聞だ。これは、よほどの豪傑かもしれないぞ!」と逆に感心され、
日大の先生に「お前の学力では、授業に出ても仕方がない。下宿で一人で勉強してろ」と言われた。

286 :無責任な名無しさん:02/04/10 05:26 ID:0PbKA2rK




107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)