5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

医師の応召義務は妥当か不当か?

1 :悩める医師:02/05/05 06:16 ID:JaXbYM+h
医師法19条1項

「診療に従事する医師は,診察治療の求めがあった場合には,正当な事由がなければ,これを拒んではならない」

アメリカにはこのような応召義務は法的に定められておりません。
一方的に、医師から拒否権を取り上げるこの法律は不当ではないでしょうか?


2 :悩める医師:02/05/05 06:22 ID:JaXbYM+h
過酷な労働条件、医療の専門分化、患者の権利意識増加に伴う医療訴訟の増加など、
これからの時代、医師にとって応召義務は多大な重荷です。

患者の権利を守るのと同時に、医師の権利も守られなければならない。
一方的に医師を不利な立場に立たせる可能性のある応召義務の早期撤廃を望みます。


3 :悩める医師:02/05/05 06:25 ID:JaXbYM+h
病院・医者板関連リンク

「医師の応召義務って、どこまで守るべき?」
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1020014370/l50

4 :age:02/05/06 18:46 ID:YBEPN9U8
age

5 :無責任な名無しさん:02/05/06 19:01 ID:rX4arRNC
ところで医者のこと何にも知らないんだけど、
よく飛行機で急病人がでたっていうときに医者を呼ぶけども、
あれっていうのは、眼科医とか歯科医だった場合はどうするの?
一応医者という名前がついているから、蘇生術みたいのは
全員ができるようになっているものなの?

内科と外科ってまた随分と違うだろうしねぇ。どうなんだろ。

個人的には、応召義務というのは警察・消防にストライキが認められて
いないことと同じような気がする。

6 :無責任な名無しさん:02/05/06 19:16 ID:nozdpkT7
その医者の施術によって状態がおかしくなって、
診察を求める電話をしたが恫喝と共に拒否された。
入院は1日だったが(診療所だったので)、
退院の日に医者はバイトに出てて不在。
留守番の看護婦が1人居るだけだった。
何度か診察を求めたが拒否されたため、仕方なく他院を受診。
再手術せざるを得ない状態と診断され、そのまま治療を開始。
長期の休業と高い治療費を支払うはめになった。後遺障害も残った。
提訴したけど、その医者は診療拒否を否定。
原告が勝手に来なかっただけ、と主張。
争点が多い為(相手が事実を全く否定している為)、弁護士もこの部分を
特に追求していない。
診療拒否はたいした問題として見ないのが通常ですか?

7 : :02/05/06 23:06 ID:8d0n/7yb
>>6
バイト(ほかの医院への診療)が予定の行動なら
しょうがないんじゃない?
地方都市の診療所だと、もっと田舎の診療所へいったり
週1開設のところへの診療とかしてるところは多いよ。

8 :6(係争中):02/05/06 23:27 ID:nozdpkT7
>>7
バイトで不在は退院の日のみ。
訪院しても不在だと困るので、予め予約を取りたくて電話するも、
経過が思わしくないと告げると激怒して恫喝、診療拒否。
なのでバイト云々は関係ナシ。
大阪での話。

司法に携わる方に質問です。
診療拒否はたいした問題として見ないのが通常ですか?



9 :キャロルハウスメンバー:02/05/06 23:45 ID:oew/NnU0
なんで診療所に直接いかないの?
診察(治療中)に電話すると嫌がられて当たり前じゃないの?
弁護士にも自分の有利で都合のいい話で相談するタイプ?電話だと無料だと思ってる?
あとで
>バイト云々は関係ナシ。
で済ますつもり?信頼関係がもてないとは思わない?

10 : :02/05/06 23:50 ID:kWRQWzHA
☆ロリータ画像アップ掲示板

http://up.to/kodomo



11 :6(係争中):02/05/07 00:19 ID:MFMUnjA+
>>9
だから、診察の予約の電話をしたんだよ。
診療所だから医者は1人しか居ない。
ましてやバイトで不在がちなのは退院時に看護婦に確認して判ってる。
>訪院しても不在だと困るので、予め予約を取りたくて電話するも
って書いてるじゃん。
診察を希望する為には理由を告げる必要がある。
>経過が思わしくないと告げると激怒して恫喝、診療拒否。

理解力が無いならレスしなくていいよ。




12 :キャロルハウスメンバー:02/05/07 00:28 ID:G80AzP3m
>馬鹿
診療受付曜日時間が書いてない診療所?
電話予約のみでも予約受付時間は決まってるぞ。
相手を怒らせるのはお前が馬鹿だから。

13 :6(係争中):02/05/07 00:40 ID:MFMUnjA+
>白痴
妄想でレスすんなよ。うっとーしいから。(嘲笑
既にそこで入院までしてるんだから、電話予約時間も全部把握してる。
その時間内に電話してこの対応だったから、応召義務違反として問題視してるんだよ。

まぁいいよ、どうせ医療関係者でも法曹界従事者でもないんだろ。
委任してる弁護士に直接聞くからいいよ。
白痴に絡まれただけで不毛だったな。



14 :キャロルハウスメンバー:02/05/07 00:48 ID:G80AzP3m
教えてクンを追っ払っただけでも貴重な成果。

15 :6(係争中):02/05/07 00:54 ID:MFMUnjA+
>>14
あ、悔しかった?
追っ払う目的でレスしてきた訳じゃないくせに(ワラ

16 :無責任な名無しさん:02/05/07 01:04 ID:YzRKsJc9
弁護士に委任してるにもかかわらず、こんなところでごちゃごちゃ言ってる
時点でちょっと関わりたくない人かなあと・・・

17 :無責任な名無しさん:02/05/07 01:08 ID:KBCwqf+T
どーでもいいけど、
ハクチとか使ってる時点で、そいつの浅はかさとか、
とても理解できるな。内容みていないけど、
そんなことやってるならセワねぇな。

18 :無責任な名無しさん:02/05/07 03:59 ID:hiDcBqK7
野球豚の巣窟(藁

http://ime.nu/www.baseball-lover.com

19 :無責任な名無しさん:02/05/07 07:27 ID:FcIxGZlD
>>6
具体的内容が全然ないから全く状況がわからないよ。

馬鹿なのは良くわかったけど。

20 :無責任な名無しさん:02/05/07 12:32 ID:/1U+GXkq
>6
>診療拒否はたいした問題として見ないのが通常ですか?


それによって症状が悪化した場合には当然問題と見なされる。当然中の当然。
争点が多い場合は特に取りたてずとも経緯を確実に主張しておく事が必要。
これによる病状悪化の因果関係の主張もね。(証明は意見書。不足があれば鑑定)
診療拒否の事実を認める医師は少ないけど、勝手に来なかったとの弁明は通用しない。
本当に勝手に来なかった場合でも医者の過失とされる場合もある。(過失相殺はされるけど)
だから医者は応召義務を憂慮する。これが現実。

その診療所が個人医院なら他の監視がないが故に、その医師の人格が出やすい。
実際に司法や医療の現場に属さない人に「通常」を尋ねるのは酷だったね。
休みも明けたし弁護士に確認した方がいい。
訴訟頑張って。お大事に。


21 :キャロルハウスメンバー:02/05/07 14:55 ID:G80AzP3m
勤務医が開業医の「通常」を知っている限り教えましたので終了です。

22 :無責任な名無しさん:02/05/08 15:59 ID:SkmqcZ5B
>>21
応召義務に関して、勤務医と開業医では何か差異はあるんでしょうか?

23 :キャロルハウスメンバー:02/05/08 23:06 ID:o1KjWl50
法的に考えれば一義的には同じでしょう。

24 :22:02/05/08 23:54 ID:SkmqcZ5B
>>1
おかしな厨が張り付きましたね
あちらで続けましょうか


25 :キャロルハウスメンバー:02/05/08 23:56 ID:o1KjWl50
臨床やめれ。

26 :無責任な名無しさん:02/05/09 00:10 ID:n5EZcCRz
24ガナニイッテルノカ
さっぱり分からん。

27 :1:02/05/09 03:50 ID:cRMG85vs
>>24

法律専門家の意見が聞きたかったのですが、方向が違ってしまってますね。

医師の応召義務は、日本国憲法第18条、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に 因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。 」
に抵触すると考えられますが、いかがでしょう?

法律専門家のみなさん、ご意見をお願いします。

28 :無責任が名無しさん ◆1trX7lk. :02/05/09 11:02 ID:OMbEb4dC
スマソ。そっちには答えられんが。医者などの医療業務従事者の責任が業務内容に対して重すぎはしまいか?
善管注意義務、契約履行責任、過失の程度…人間に求められる限界を超えてはいまいか?
個人責任ではなく病院全体の責任だけに的を絞れば体制の不備、予防責任は問えるだろうが個人のミスは避けようがないというのはすでに常識である。
彼らのもらっている給与は「仕事に対する報酬」であり「損害賠償に対する保険」ではない。
医療業務従事者の責任の軽減を考える必要があると思われる。
まさに>>2さんのとおりに思ふ

但し応召義務に関しては「医療の緊急性」及び「社会性」「必要性」に鑑み、また医療業務関連の資格のほぼ全ては国家資格であり憲法十八条に対しても準公務員なるものに対する法理をもって相当の妥当性を欠くと迄はいえないと思われる。

29 :キャロルハウスメンバー:02/05/09 11:15 ID:S1sFo3t2
今から葬式行く。故人の為にもお前ら相談厨房論破してやるからsageで待ってろ。
法律以前の問題だけど法的にも説教してやるよ。
本物のドクターの相談だとは思えんがね。
大方医局の忙しさにメゲた合格発表二週間のの小僧だろう。

30 :無責任な名無しさん:02/05/09 22:25 ID:+HHfQcNz
>>27
いくら強制されるからとはいえ診療行為が奴隷的拘束か苦役にあたるかだなんて・・・
世も末だ・・・
別に回避不能な義務じゃあるまいに。医者でいたいけど嫌なものは嫌だということか・・・
士業には高貴な義務(ノーブル・オブリゲーション)が伴うと思っていたけどこんな考えはも
う時代遅れなのか・・・
これからは気を付けて病気や怪我をしないようにせねば・・・
くわばらくわばら。

31 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:00 ID:iHwyH3+B
>これからは気を付けて病気や怪我をしないようにせねば・・・

医者がどうとかに関係なく気をつけるのは常識だと思う。

32 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:05 ID:4vW+4EF9
>>30
激しく読み間違えでしょう。
奴隷的拘束と言っているのは、診療行為ではなく、応召義務なんだから。

33 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:17 ID:ZF54icXU
「奴隷的拘束」=自由な人格者であることと両立しない程度の自由の拘束状態
「その意に反する苦役」=広く本人の意思に反して強制される労役
 で、後者の自由は一定の公共の福祉による制約がある。
 で、徴兵制はダメだが、緊急時の防災・水防への協力命令はOK。
18条の趣旨は、人間の尊厳を非人道的扱いから守ろう、という事。

よく知らんけど、ショウオウ義務も、上の基準に当てはまれば、違憲、と。

34 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:18 ID:qDzxHFFV
>32
激しく読解間違いでしょう。
30さんの文章は「応召義務=強制による診療行為」ってことですが?

35 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:23 ID:MdgX1+A0
応召義務って、患者にとっては大切な気がするんだけど。
あんたが医者なら、この義務が無くても患者は大丈夫だ
という事も是非証明、というか説明して欲しいな。
ただ、お前等の都合だけでものをいっているような感じがする。

弁護士だって…以下略。

36 :無責任な名無しさん:02/05/09 23:24 ID:4vW+4EF9
>>34
ああ、いくら意志に反する強制診療行為、であっても、医師が診療行為を
行う事を奴隷的拘束って思う事が云々、って事か。
スマソ(恥

37 :無責任な名無しさん:02/05/10 00:20 ID:tEMxzjgq
>>35
お互いに都合があるってことよ。
こっちもてめえら患者の奴隷じゃねえんだよ。

38 :無責任な名無しさん:02/05/10 00:24 ID:VyzchWTY


39 :無責任な名無しさん:02/05/10 02:30 ID:oC9xXBCh
>>37
奴隷って、ただ患者を診るだけだろヴォケ。
患者に縛められたりするんか?
医者になって王様気分になってるアフォを見ると虫唾が走る。

医者には世間をしらねーヴァカが結構いるけど、お前も間違いなくその一人だな。

40 :キャロルハウスメンバー:02/05/10 03:32 ID:GTtik5Dm
>1.22
お前らに対してやさしい気持ちにはなれないけど、社会人の使命として回答しておく。

法律で客を断れない業種・業者は、電力会社(電気事業者法)から個人タクシー(旅客運送法)まで
大小いっぱいあるの。しかも、法律の規制がないのに律儀にやってる業種業界もある。
「牛丼屋の店員ですけど夜中に盛り付けするのは憲法違反?」「コンビニが毎日商品を出荷しろと言うのは
奴隷的拘束です」とかのスレにまともな法律家がレスすると思う?俺達は医者だから特別?
誰が読んでも、ただ単に社会人としての自覚がない人間の愚痴。

「判事だけど裁判中に水虫が痒いの何とかしろ」というスレを医者板で立てたら、お医者さんが
「クロタミトン配合薬よりジブカインを薦めます。」とか「ジフェンヒドラミンも入ってる方が
薬効あります。」あるいは「判事さん、硝酸エコナゾールで根本からやらないと駄目。」
みたいに喧々諤々の議論でレスつく?

>アメリカにはこのような応召義務は法的に定められておりません。
アメリカはコモンローだからね。「医師の質委員会」に触れてないのは知らないせい?

41 :1:02/05/10 23:26 ID:Lgglm48v
問題は、応召義務に関する法律が、一方的に医師を拘束する文になっているということです。
これにより、医師は「断ってもいい状態なのに」応召義務の足かせがあるために
無理して診療する場合が多くなるのではないでしょうか?

また、昨今は医療訴訟が増加する傾向にあり、患者の医療に対する目は厳しくなり、
医療に期待するレベルが高くなってきました。
これは診療を行うに当たって、寸分のミスや見落としもゆるされないことを意味します。

しかしここに大きなジレンマが生じます。
応召義務により仕事の量が増えれば増えるほど、ミスや見落としの確率は高くなります。

医師は応召義務によく応えようとすればするほどミスをする確率が増え訴訟のリスクが高くなり、
またミスをなくそうと仕事を制限すれば応召義務に違反しているのではないかとの疑念を抱きつつ仕事をすることになります。


42 :1:02/05/10 23:27 ID:Lgglm48v
逃げ場がないのです。
医師の応召義務は患者にとってはたしかに都合のいいことであるかもしれませんが、
それは一方的に患者の立場に立った視点であり、医師から見た視点が欠落しています。

電力会社やタクシーの運転手、緊急時の防災・水防への協力命令は義務が規定されているかもしれませんが、勤務時間内だけの話でしょう。
医師は勤務時間外であっても応召に応じるべきであるということを
厚生省から各都道府県知事に当てた文章の中に見つけることができます。

43 :1:02/05/10 23:27 ID:Lgglm48v
また、品行方正な患者ばかりではありません。
患者が品行方正であっても、ついてくる家族が品行方正であるとは限りません。
脅迫まがいの言葉を発する患者、聞くに耐えない侮辱行為をする患者などもたまにいます。
(たちの悪いのはたいていつきそってくる家族ですが。)
このような場合であっても、医師は「応召義務違反」という言葉に怯え、
脅迫されても、侮辱されても我慢して診療しているというのが実状です。

44 :1:02/05/10 23:30 ID:Lgglm48v
我々はマスコミで報道されているほど悪人でも守銭奴でもありません。
私の知る限りでは、日本の医師は世界で最も医師としての使命感に富み、世界で最も勤勉であり、欧米の医師に比べてはるかに自己犠牲的に患者のために尽くしています。
医師となったからにはもちろん出来る限り患者のために働きたいと考えています。
ちょっと疲れた程度で急を要する患者の診療を拒もうなどと考える医者は皆無に近いでしょう。
応召義務というものをなくしてもよっぽどでなければ応召に応じるでしょう。

法的成文化を廃止して、医師の自由意志にまかせるべきです。

45 :1:02/05/10 23:38 ID:Lgglm48v
>>28

>>善管注意義務、契約履行責任、過失の程度…人間に求められる限界を超えてはいまいか?
>>個人責任ではなく病院全体の責任だけに的を絞れば体制の不備、予防責任は問えるだろうが個人のミスは避けようがないというのはすでに常識である。

まったくその通りであると思います。
判例を見てみると、たまに目を疑うような実状を無視した判決にお目にかかります。

応召義務があるなら、ある程度の責任免除が必要であると思われます。

46 :1:02/05/10 23:42 ID:Lgglm48v
例えば警察官は間違えて罪のない一般市民を撃ち殺してしまえば罪を問われるのでしょうか?免責事項はないのですか?
裁判官は無罪の人を有罪にしてしまえば、裁判官個人を訴えることはできるのでしょうか?免責はされていませんか?
緊急災害時に協力要請された人が業務中に器物損害を与えた場合、訴訟を起こすことはできるのでしょうか?

47 :無責任な名無しさん:02/05/11 00:06 ID:Q0m+Yg2j
>>39
ただ患者を診るだけだと?ふざけんじゃねーぞこのバカが。
てめえはそんな感覚で医者に診られてもいいってのか?

俺はな、互いの都合を尊重しろって言ってんだよ。
夜中に風邪ひいたとか言って突然駆け込んでくるバカとかよ、人の
都合も考えやがれっての。こんな野郎に応召義務とか言われても
ふざけんなクソってわけだ。こういう非常識極まりねえ野郎まで
診なきゃならねえってのは奴隷も同様だ。

自分らの都合ばっかで人が動くと思うんじゃねえぞボケ。


48 :無責任な名無しさん:02/05/11 00:13 ID:20VtliRr
電力会社って金払わない奴は電気止めるよな。
医者は医療費払わない奴も断れないんだよ。

49 :無責任な名無しさん:02/05/11 01:24 ID:Ru0KJub1
>>28
まぁ、責任が重いといえば重いんだが、そういう職業だという割り切り方
もできないではない(専門教育を受けた専門職なりの注意義務というか)。
それでも体制的な問題から個々のミスがどうしても避けられなかったなら、
その時は過失行為がなかったとか許された危険だったとかで対処するより
ほかないだろう。少なくとも現状の制度を前提にする限りは。

責任の軽減にしても、それではどの程度のミスなら許されてどの程度なら
許されないのか、結局のところ不明確にならざるを得ないし、他の過失と
の比較(たとえば交通事故で、明らかに避けられなかったのに前方不注意
といわれて過失割合が付くなど)との均衡も考えると難しいなぁという気
がする。

>>48
それは継続的な役務提供か否かというところから出てくる差ではないかと。

50 : :02/05/11 02:21 ID:NL8lyguG
>1
応召義務が医師にとって大きな負担になるのは理解できるけど、医師の
自由意思に任せてしまうというのは難しいと思う。
例えば、放っておけば死に至る場合や回復不可能になってしまうような場合、
あるいは、患者が苦しんでいるような場合、その患者が気に入らないからと
いって放置されてよいのかと。
こういう場合、応召義務があれば、当該医師を不作為の殺人罪、傷害罪
に問うことができるけど、医師の自由意思に任せてるち、そういった強制力を
伴うことによって人命や病人を救わせることが難しくなる。
これは政策的にも非常に怖いこと。
また、自由意思に任せるのを諦めて、応召義務を軽減させたいと考えるので
あっても、上の問題はクリアしなければならないから、義務が課せられる場合と
課せられない場合の線引きをしなければならない。
これは非常に難しいだろうし。

ちなみに、
>例えば警察官は間違えて罪のない一般市民を撃ち殺してしまえば
>罪を問われるのでしょうか?免責事項はないのですか?
特別な免責事項などはない。殺人罪あるいは業務上過失致死罪に問われる。
例外的に、緊急避難として無罪になることはありうるが、
一般人とそう違いはない。むしろ、警官のミスは厳しく判断される。

>裁判官は無罪の人を有罪にしてしまえば、裁判官個人を訴える
>ことはできるのでしょうか?免責はされていませんか?
裁判官個人を訴えることはできない。これは説明が難しいけど、
こういうことができてしまうと、当事者らが裁判官個人に圧力をかけることが
できるようになり、裁判を中立・公正に行うことができなくなるおそれがあるから。
でも、あまりに酷い判決をだしたりすれば、弾劾、懲戒、罷免などの処分が下る。

>緊急災害時に協力要請された人が業務中に器物損害を与えた場合、
>訴訟を起こすことはできるのでしょうか?
できる。ただ、緊急災害等の緊急時であれば、その点は考慮される。
やむを得ない場合は違法性が無くなるから、損害賠償を請求されない。
刑事でも、違法性阻却されるだろう。

なんだかんだ言っても、法的な責任については、普通の専門家と大差ない。
ただ、医療という行為自体が高度に技術的だから、現実問題として、
責任を負わされることになる場合が多いだけ。

まあ、脅迫とかされたら脅迫罪とかで告訴することもできるし、
民事で慰謝料を請求することもできるから、我慢できないのであれば
そういう手段を考えればいい。

1が現状に不満を持つのは応召義務の問題だけじゃなくて、
労働条件とか医療界の内の問題もあるんだろうね。

>>47
せいぜい2CHで吠えてなさい。

>>48
電気と医療は同レベルのものなのかと。

51 :無責任な名無しさん:02/05/11 02:54 ID:6tHBJ4W+
つまり、医師は兵隊と同じく国の備品だから自由はないのです。
でも、何故か将官としての責任を問われたりします。

52 :キャロルハウスメンバー:02/05/11 05:17 ID:jOMW9nsH
>1
警官は拳銃で人を撃ち殺しても無罪だけど、医者は過失で患者を殺したら損害賠償。
(刑事と民事を一緒にしてるけど)
電力会社は勤務時間外の停電の復旧はしないけど、医者は急患を診ないといけない。
タクシー運転手は客の所持金調べて足りない客は断れるけど、医者は駄目。

まず、個別の相談スレであること。法律相談ではないこと。事実ではないこと。
2ちゃんでまともなレスが付く方がおかしいでしょう?

53 :無責任な名無しさん:02/05/11 12:00 ID:iKRXDdBg
「已むことを得ざる事由」でなく「正当事由」で責任の免除を認めているから医師側の利益
も一応配慮されていると思う。
なくても条理上同様の責任を負わされるだろうしその場合解釈で免責の範囲が「已むこと
を得ざる事由」に限定されるおそれがある。それゆえこの規定を存続させることが医師側
の利益を一方的に害することになるとは考えられない。
判例でも正当事由を理由に医師の責任を免除したものがあり実務上有名無実なものに
なっている訳でもない。
個々の判例に不適切な事実認定があるからと言ってこの規定の妥当性が失われる訳で
はない。
憲法18条の奴隷的拘束や意に反する苦役といのは個人の尊厳に反しその人格を否定
するような拘束や労務を意味する。医師に応召義務を課すことがその程度に至る場合に
は当然正当事由が認められ責任が免除されると考えられるので違憲無効にはならない
(合憲限定解釈)。
医師が診療契約上負っている善管注意義務が時として無過失責任と化しているのは確
かだと思う。これについては判例上医師に免責を認める準則を確立するか立法的な手当
をすることが必要だろう。そして応召義務によって医師がこのような責任を負うことが強制
されるのは不当であると言う主張にも一理ある。しかしそれは医師の診療上の注意義務
を限定する方向で解決すべき問題であるしまた正当事由の解釈にあたり当然斟酌すべき
事由でもあると考えられるからそれゆえ当然に規定の妥当性が失われるとは言えないだ
ろう。

54 :コピベ失礼:02/05/11 12:16 ID:P8xLyZ7L
>>『逮捕状請求20時間寝かす』(2001年8月3日朝日)
参議院栃木選挙区の選挙違反事件で、栃木県警から夜間に逮捕状を請求
された宇都宮地裁の裁判官が「こんな遅い時間では令状は出せない」
などとして令状審査を翌日に持ち越し、発布が約20時間後になった
ことがわかった。同県警は任意で事情聴取中の容疑者を自宅に帰し、
逮捕令状が出た翌日午後6時すぎに逮捕した。捜査陣は「証拠隠滅や
自殺の恐れもあるのに常識を外れている」と批判している。
  (中略)
同地裁は、令状審査が大幅に遅れて詰めの作業に入ったのが翌日
夕方だったと認める。そのうえで「令状請求には一部不備な点があり
裁判官は審査に慎重を期したかったようだ。翌日は午前10時から
午後4時半まで裁判を抱えていたため、徹夜で令状を審査するわけにも
いかなかった」と説明する。

→判事には、翌日重要な業務があり且つ深夜であれば応召を拒否できる
わけですね。ところが医師には、翌日手術があろうが、外来があろうが
深夜の応召を拒否できません。その応召というのが、命にかかわるもの
でなく、ただ我侭な母親が子供の風邪程度で救急車呼んだという場合
でもです。
少なくとも、私には社会的に重要な仕事という点では判事<医師とは
思えません。判事にそのようなexcuseがある以上、医師にも認めるべき
と思いますが。


55 :無責任な名無しさん:02/05/11 13:07 ID:iKRXDdBg
>>54
>ところが医師には、翌日手術があろうが、外来があろうが
>深夜の応召を拒否できません。その応召というのが、命にかかわるもの
>でなく、ただ我侭な母親が子供の風邪程度で救急車呼んだという場合
>でもです。
医師法19条の解釈上そのような場合拒否する正当事由があると思いますが、後学のた
めこのような場合に医師に賠償責任を認めた判例・実例があるなら教えて下さい。検討
してみます。

56 :無責任な名無しさん:02/05/11 16:17 ID:F1hGk3+z
>ムネヲハウスメンバー

頼むから他スレまで出張して荒らさないでくれ。


57 :キャロルハウスメンバー:02/05/12 00:22 ID:VbwV+7MT
>56
荒らしてるのはどっちだよ。
こんどこのスレあげたらリンク貼るよ。

58 :1:02/05/12 02:09 ID:o9CF2NAF
age

59 :無責任な名無しさん:02/05/12 05:10 ID:fKhRTfwI
あげ

60 :無責任な名無しさん:02/05/12 21:00 ID:amT02atX
あげてみるテスト

61 :無責任な名無しさん:02/05/12 23:21 ID:T++fc/d1
あげても何もおこらない

62 :無責任な名無しさん:02/05/13 00:06 ID:j6rPSZxY
エホバの証人輸血拒否事件判決が何か言ってたようなきがする。

63 : :02/05/13 00:20 ID:+0dhwqlS
おれも、そんな感じがする。
確か、医者側が抗弁として応召義務を主張したような。


64 :無責任な名無しさん:02/05/13 02:02 ID:2jyAYczC
このスレ読んで、なーんだ病院に行く事ないや。
医者に来てもらえばいいんだって思った。


うそ。ちゃんと出向くね。


65 :無責任な名無しさん:02/05/13 13:49 ID:lDN1COcU
医者は大変だね。

66 :無責任な名無しさん:02/05/14 23:41 ID:AJZF0bBx
>>62
輸血拒否を明示していた患者に対して手術中已むを得ず輸血してしまったというインフォ
ームド・コンセント違反事件です。第一審が命にかかわっても輸血しないと言う特約は公
序良俗に反し無効だとして原告の慰謝料請求を棄却したのに対し、控訴審・上告審は患
者の自己決定権を重視して原告の請求を認めました(最判平12・2・29)。

第一審の良識が事実審から法律審へ移るに従って観念的な人権思想に道を譲ってしまっ
たような事件ですね。病院側が患者の容態を気遣って秘密にしていたのをマスコミが嗅
ぎ付けて患者を焚き付けたようです。

インフォームド・コンセントというのは危険の引き受けのためになされるものです。それゆ
え原則として医師は危険性の面から治療法について制約を受けますが、特別の理由が
ない限り現場の判断でより安全性の高い治療法を選択することまで禁じられている訳で
はないと思います。なぜなら医師は善管注意義務を負っている以上合意の有無に関わら
ずより安全性の高い治療法を選択すべき義務も負っていると考えられるからです。

ただこの事件場合例外的に医師がより安全な治療法を選択することを禁じる特別の理由
があったのだと思います。というのもにエホバの証人の信者は聖書の教えを守っていれ
ば死後復活し永遠に生きられると信じているのです。それゆえ聖書で他の動物の血を食
べてはいけないといっていることから勝手に輸血されることで死後の復活が否定され永遠
の生命が失われると死ぬに等しい精神的苦痛を味わうことが予想されるからです。またそ
れゆえ輸血なしの手術で死ぬことに関して真摯な同意があることも推測されるからです。

ですからこの判決はかなり特殊な事情を考慮してなされた救済判決と見るべきで、インフ
ォームド・コンセント上の合意に医師が無条件に拘束されることを判示している訳ではな
いと思います。

この事件の場合病院側の正しい対応は患者の絶対的な輸血拒否の意思を確認した時点
で診療の継続を拒否することだったと思います。患者の望む治療ができないのですから
拒否することに当然正当事由があります。とはいえそれができないところに日本の医師の
良心と苦悩があるのでしょうね。


67 :無責任な名無しさん:02/05/15 11:44 ID:AVL8zwKn
あげ

68 :無責任が名無しさん ◆RXcNtpf. :02/05/15 13:21 ID:yh7A1Flz
>>66
いい見識だね。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)