5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

はいはい、プロレスラー劇場が始まるよ〜

1 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 06:42
タイトル 『桃太郎』 第一幕

監督 マサ斉藤
小道具 山本小鉄
キャスト
おじいさん 越中詩郎
おじいさんの弟 ケンドー・カシン
おばあさん 下田美馬
木1CIMA 木2 ザ・グレート・サスケ 
木3 KONISIKI(友情出演)       
川 大仁田厚
桃太郎 ケンドー・カシン(二役)
鬼 天山広吉
鬼の弟 獣神サンダーライガー
最強の鬼 全身、鬼のかぶりもんで登場するが、正体、今のところ不明
最最強の鬼 X
鬼が島 安田忠夫 キラー・カーン イーグル沢井
キジ チャパリータASARI
サル 大谷晋二郎
もう一匹のおとも(忘れた) ウルトラマン○○……何でもよし
助っ人 Y(総合系の大物に交渉中)
キビダンゴ 小川直也

むか〜しむか〜し、あるところに
おじいさんと、おばあさんがなかよくくらしていたとさ
おじいさんは弟と、山へしばかりに
といいながら、木におしりをぶつけて、維新軍再興を願っていたとさ
何回も、何回も  
(監督)おい、お前ら、木なんだから、キれちゃだめだよ
(木1)あんなきかないヒップアタック、何回もくらってだまって 
 れるかよ
(木2)あほらしいとチャブ台を出し、酒を飲んでる
(木3)ウゴカナクテ、ギャラ、モラエルカラ、ラクネ
(おじいさんの弟)やってられねーよ、みた通りだよ。あーケツが  
 いてえ、大体、何でオレが維新軍なんだよ。帰ろ、帰ろ
山にはだれもいなくなっても、おじいさんは、ひとりヒップアタックをやっていたとさ

第1幕終了
フ〜疲れた

2 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 06:57
   彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン
  ‖|‖ ◎---◎|〜        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  川川‖    3  ヽ〜      < >>1逝ってよし
  川川   ∴)д(∴)〜       \________
  川川      〜 /〜 カタカタカタ
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       |

3 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 08:58
↑どうでもいいけど、おまえ、消えろよ。
けっこう、苦しんでしぼりだしたって感じで、俺は、好きだぜ

4 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 08:59
>>3
でも、めちゃめちゃつまらんぞ

5 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 09:01
>>4
同意。
頑張りは認めるけどね。

6 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 09:06
長くて鬱陶しいからsageね

7 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 10:35
可哀相だがつまらない。

8 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 18:25
        ボツボツボツボツボツボツ
      ボツボツボツボツボツボツボツボツ
    ボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツ
   ボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツ
  ボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツ
 ボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツボツ
 ボツボツボツボツボツボ ボツボツボツボツボツボツボツ
 ボツボツボツボツ    ツ ツ  ボツ ボツボツボツ
  ボツボツボツ ツ ‥.    .‥ ツボツボツボツ 
   ボツボツボ ____ヾ||/____ ツボボツボツ
   ボツボツツ    ・  |   ・   ツボツボツ
    ボツ| |       |       | |ボツ
      ボツ|     ( U )       |ボツ   / ̄ ̄ ̄\
       ツ|. | _______ | .|ツ   <   ボツ  |
        | 丶         丿 |      \___/
         \ \     / /
           \      /
             \  /
               ̄

9 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 21:55
第2幕が楽しみだなー

10 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 21:56
可哀相だから上げてやるなよ・・・

11 :お前名無しだろ:2001/06/11(月) 21:56
寒いよ〜

12 :お前名無しだろ:2001/06/12(火) 12:02
こんだけ、たたかれれば、第2幕なんて、書く気もおこらんわい!
>9ありがとう

13 :お前名無しだろ:2001/06/12(火) 12:08
イーグルは洞窟役?

14 :お前名無しだろ:2001/06/12(火) 20:55
        ___
      / ̄   /\
    /     - /,- ⇔|
   |( (■) ll (◎ )
   (6 、_,/  , ヽ  |
   | /ヽ(__(_ノ)、ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |,  ( 'ー─一ノ|< このスレは化けるで!
     \λ_ ⌒ ,ノ   \________

15 :お前名無しだろ:2001/06/12(火) 20:57
朝の7時前にこんなスレたてたってのが、サイキョ〜〜〜★

16 :お前名無しだろ:2001/06/13(水) 03:37
age

17 :お前名無しだろ:2001/06/13(水) 03:39
あるところに妖精たちが住んでいる小さな国がありました。そしてそこにパッピという
とっても元気な子供の妖精がいました。そしてパッピといちばん仲良しのグーグー。
二人はいつも一緒に遊んでいました。でもある日パッピとグーグーは遊びに夢中になる余り
いつもお父さんから絶対に入るなといわれているバンボーロの森に入ってしまいました。
「そろそろ帰ろうかパッピ」グーグーはそうパッピに尋ねました。
「そうだね。早く帰らないとお母さんにしかられちゃうもんね。」パッピは答えました。
ふたりは帰るために来た道を戻り始めました。けれども、行けども行けども森を出られません。
そうです、このバンボーロの森は一度入ると二度と出られない恐ろしい魔女の森なんです。
「パッピ、なんだかおかしいよ。」グーグーはもう泣きそうです。
「大丈夫だよ。もうすこしで出られるよ。」パッピはもうこの森がバンビーロの森だということに
気付いていました。けれどもパッピはグーグーよりもひとつ上のお兄さんなんです。
絶対に泣くもんか。パッピは唇をしっかりとかみしめました。

18 :お前名無しだろ:2001/06/13(水) 03:52
このスレ最高!! イイ!! ageage!!

読んでないけど。

19 :お前名無しだろ:2001/06/13(水) 17:04
ブックマークしました

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)