5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無駄な軍事に金を使うな

1 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 01:34
世界の軍事費の僅か数%を削減するだけで、
地球上から餓死をなくすことができる



2 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 01:50
その通り、無駄使いはやめるべきです。
軍備削減、公共事業削減、ODA削減、地方交付金削減、人件費削減、
食料費削減、箱物撤去、等々日本はやることいっぱいありますねー。(藁


3 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 01:52
飢え死にしてる奴がいるような国でも、軍隊を廃止して軍事費を
食費にあてたりはしてないよな。
食う物に事欠く有様でも殺し合いしてるやん。
つーわけで考察が甘い。
>>1はレポート再提出、はしなくていいから逝ってよし。

4 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:24
このスレッドの排除を希望します。


5 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:24
>3
考察以前に常識がないな。
飢え死にしてる奴がいるような国でもある程度は必要だろ。

必要以上に持っている国が削減すれば良いんだよ。
周りに持っている国があれば、貧乏な国も必要になるだろ。
つーわけで考察が甘い。



6 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:29
>>5

つうか考察が甘い。
貧乏な国程、軍事費の比率は高いぞ。

金持ち喧嘩せずやね(本当か!?)


7 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:40
>>6
というか、喧嘩して勝ったやつが金持ちになってるんじゃないか?

8 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:45
あぁ、久しぶりな感じや。
以前は雨後のタケノコのように乱立してた時期もあったね。
でも、マトモなスレになりそうな予感(藁

9 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 02:55
>>7

勝ったけど、その後の軍拡でどうしようも無くなった国も
あるね(藁
ソ連とか。


10 :>9:2000/11/15(水) 03:11
つーかソ連の場合、もともと貧乏な国がWWUで
勝っちゃったんだよ。ナチ嫌いのアメリカの援助で。
で、貧乏な国のくせに戦後に「超大国幻想」に目覚めちゃって(笑)
軍拡なんかするからホントに国家破産しちゃったっつうオチ。

11 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 03:17
>>8
夏は凄かった・・・。

12 :1:2000/11/15(水) 03:31
>6
つうか考察が甘い。
貧乏な国程、軍事費の比率を高めていても日本のGNPの1%の半分
の半分にもならないのでは?
それに金持ちが大きな戦争をしている。
だから、軍事がある以上使えることには変わりないのだから、
削減して、食事を貧困な国にあげれ。

多くが削減すれば軍事なんか野心でもない限りほとんどいらなくなる。
皆それを恐れた配備している。おろかだ。
中には、本当に野心のある国もあるだろうが。

13 ::2000/11/15(水) 03:37
飢えで死んでいくなんて可哀想とは思わないか?
のんきにネットなんかやってられないんだぞ。
君たちアフリカの様子を見てみな。
軍事なんか大金掛けて作っては、時間が経てば処分している。
アホくさ

貧乏な国に兵器を売っているのも大国。
このスレは永久あげだな。

14 :>12:2000/11/15(水) 03:38
夢想家だねえ(笑)
「貧乏な国」があるから「金持ちの国」あるって
事に気付こうね♪もっと「資本主義」を勉強すれ。

15 :>14:2000/11/15(水) 03:46
資本主義以前に語学勉強しな。

16 :>13:2000/11/15(水) 03:50
アホ?いくら食料援助しても援助先に略奪を防ぐ軍事力を持った組織
が無けりゃブラックマーケットに流れるだけだよ。今まで欧米諸国が
アフリカの飢餓地帯にどれだけの量の食糧を援助して、その内、本当に
飢えてる人達にどれだけちゃんと行き渡ってるかキミ知ってる?
「アフリカの様子」ってキミはテレ朝とかが得意そうな「飢えで死んで
いく子供達」とかのセンチメンタリズムに訴える「映像」しか見てない
から、そういう安直な理屈が生まれるんだろうね。まあ黒柳徹子あたり
といっしょにがんばりなよ。

17 :>16:2000/11/15(水) 04:01
ばか?
輸送機で上からばんばん食料落とせばいい。
それだけでも随分違うだろう。

そんなこと真剣に取り組めば、へぼい略奪組織なんかどうにでもなる。

18 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 04:05
>17
お戯れを…

19 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 04:07
>18
sageで書くスレじゃないだろ

20 :>17:2000/11/15(水) 04:08
なーんだ、ホントの馬鹿だったんだ。

21 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 04:15
>1
そんなに危機感持ってるんだった、まず君が全財産で実行してくれ。
他人の財布当てにするなよ。

22 :>20:2000/11/15(水) 04:18
なーんだ、ホントの馬鹿だったんだ。

お前が貧乏人なら仕方ないけど、あるなら寄付でもしたらどうだ。


23 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 04:20
ひでえ話だ、非武装の国に他国の軍隊が入り込み、飢えた貧民どもを
あざ笑うかのように、高い位置から餌でもやるかのようにばらまく。

24 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 04:36
地球上の餓死者を全員助けたら、間違いなくあっと言う間に地球を食い尽くして人類は滅亡するよ。
日本のように自給自足率が低く、海外からの輸入に頼っている国は真っ先に悲惨な状況になるだろうね。
国内に餓死者は出るだろうし、追い詰められて自衛隊が他国へ進行することだってありそうだ。
これを本末転倒と言う。
それに貧しい国が軍備を整えているのは、その食(資源)を確保する為なのが殆どで、
それで餓死しているのだから誰にも助け様がない。

1が煽り目的でなく、真摯に不幸な人々に心痛めているのならそれは凄く立派だよ。
だけどね、人間が矛盾した存在である以上、この世の矛盾はなくならないんだよ。
それに飢饉1つとっても様々な要因が隠されていて、援助をしてもけっして無くならないと解ってしまったんだ。
だから欧米諸国では援助疲れという言葉まで生まれる始末。

図式としては
人が増える→食料を欲する→急速な耕地開墾を行う→土地が荒れ砂漠化が進む→気象条件が変わる
→飢饉が訪れる→食料医薬品を援助→不孝な人が助かる→最初に戻る
この繰り返しになる。
で、そのサイクルを絶ち切ろうと様々な試みが行われたが上手くいかない。
欧米式の大規模開発は自然を荒すし、旧来の農法も焼畑が主流の国が多いので温暖化を悪化させ今に続いている。
それに世界の大多数の民族や国家では、未だに煮炊きに薪を使用しているのも
砂漠化と温暖化現象に拍車をかける結果となる。
その深刻さは、日本人ボランティアが少ない薪で煮炊きできる日本式カマドの普及に努めている程。
でも遅々としてして進まないのが現状。

80年代には人口爆発の問題が心配されたが、最近では殆ど聞かれなくなった。
学者が黙り始めた理由として、食料飢饉を無理に解消するともっと不孝なると認識し始めた為。
今は医療による伝染病の根絶に力を入れているけど、食糧問題に関しては自然淘汰を待っているのが本音みたいだ。

1が本気で不孝な人を助けたいのなら、誰もが納得できる方法を、しかも地球を食い荒らさない方法を考えてみたらどうだ?
世界中の頭脳が考えて答えが出ないのだから難しいけどね、本気なら何もかも投げ出して頑張ってくれ。
そうしたら賛同する人もきっと増えるぞ。


25 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:10
皆学がない
砂漠に緑を取り戻させるんだよ。
あと、少子化政策を採るようには炊きかければいい。
どっちにしてもな、無駄な軍事に使うよりかいいだろ。

>23
まんべんなく、早く行き渡るように上からばらまくんだよ。
それを酷いと思う君の頭大丈夫?
>21
使い道の問題。わかる?


26 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:10
援助したいとは思うが、民族問題、宗教問題なぞでひたすら内戦を続け、
自力で生きる事を忘れてしまった(というか不可能)になった国々は滅ぶしかないだろ。
人道的観点から見れば飢えた婦女子を救う事は非常に良い事である。
しかし、彼らが自力で生活できるような環境が整う可能性は確実にない。

結局、不幸な子供をさらに増大することにしかならないんだよ。
悲しい事だけど、アフリカ諸国等が自立するためには過剰な援助を受けず、
人口を身分相応のものに減らし、農業を発展させるしか方法はない。

おいら達には黙って見守り、適切な援助をしていく事しか出来ません。


27 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:16
>>25
少子化政策なぞ実行できるわけない。
子供がきちんと成人出来る可能性が恐ろしく低いのだぞ。
子孫を残す=人生の目的を実行しようとすれば子供を沢山産むだろ。
砂漠の緑化というが世間で喧伝される程簡単じゃないぞ。
死屍累々たる有り様だよ。



28 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:17
>25
立派な事書いてくれてるが、煽りにしか見えん・・・


29 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:17
>>25
上空からばらまけば、まんべんなく、早く行き渡る。
それを信じてるキミの頭大丈夫?

30 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:22
空の上から一方的にばらまいて、みんなが平等に受け取ったって
どうやって確認するの?

援助の仕方でも無償でばらまくのではなく、政府と話し合って
物資をその国の市価より安い値段で売る。これのがいいと思うよ。
タダでばらまくと強い力を持つところに集まっちゃうから。

31 :マドモアゼルとき:2000/11/15(水) 05:24
マドです。落ちてきた物資に民衆が殺到し、奪い合いを起こし、老人や女子供が殴られ、蹴り出される姿が見えます>25

32 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:26
砂漠の緑地化と言うとエジプトのアスワンハイダムを思い出すな…
貴重な遺跡を沈めてまで作り上げた巨大なダムによって砂漠だったところにも
十分に水を行き渡らせる事ができるようになった。が、水の行き届いた土地からは
千年単位で地中に溜まった塩が吹き出し始め塩害に苦しむ事になる
何にしても厨房が考えているほど世の中簡単にはいかんよね…(;´Д`)

33 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:28
>1
日本の安全保障を考えた場合、勢力均衡によって日本国家の安定を
図っているのであり、勢力均衡を図るためには軍事費は欠かせない。
キッシンジャーは「平和的手段を講じるしか選択肢がない状態」を
作り出すのが情勢安定の戦略としてはベストであると言います。
その意味で外交と軍事力は表裏一体です。
1さんの意見はとても理想的ではあるとは思いますが、現実的な観点
からいうと楽観的過ぎると感じます。軍事を語るときは、やはり国家観
は絶対に欠落不可です。安直なヒューマニズムを叫んだところで、
賛同者は少数でしょう。多種多様な国家からなる人類が背負った宿命だ
と思います。

34 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:34
>33 おいおいいきなし日本かよ。腰女ヴォケ!

35 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 05:52
いやはや、もっと猛烈に説教してくれなきゃ軍事ヲタを黙らせません。
がんばれ〜>1

36 :野良:2000/11/15(水) 05:57
>1
自分はたらふく食いながらそんな事を言うかい(w
なんでたらふく食えているかも考えよう。
片やダイエットに励み、グルメの犬猫を飼う
片や餓死していく人間


37 :名無しさんの野望:2000/11/15(水) 05:58
トータルで弱い国は酷い事になるは当り前です。たとえ一時的に援助しても、援助物資
に頼り続けるようになり自活能力を放棄する食糧難民にとっての延命治療でしかありま
せん。
援助してみて自活に向かう様なら援助を続けるべきでしょう。向かわないなら諦める外
ありません。無力な婦女子が気の毒ですがどうにもできるものではありません。
無知と貧困はワンセットです。援助するなら教育も付加しなければ効果は無いと思います。
また、馬鹿な政府をつくった国民は酷い目に遭うのも当り前です。それすら出来ない国
があるのも理解していますが、そういった国の国民ははっきり言って血をながしてでも
得るしかないのです。現在の先進国のトータルでの強さは、過去の膨大な努力と苦労の
上にあると思うのですが。

38 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:12
>35
はぁ?このスレのどこに軍事ヲタ?
「軍事ヲタ」しか言えないのかお前?
そんな風に感覚で生きてるから、感覚でしか
言葉を綴れんのだ。
ガキ相手に平和についてでも説教してろ。感覚でな。(藁)


39 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:31
>>38
煽りとして落第。
キャラクターを作り上げる煽りは太郎クンや研究者として認定されますが、
罵倒のみでは単なる馬鹿だっつーの。

40 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:36
>35
応援有難う

>kimitati
後ろ向きの意見が多いな
後ろ向きに生きているんだろうな。君たちも可哀想に。
前向きに取り組もうとしなさい。冷たいことばかり言っていると、
同じ立場になったら誰からも助けられないぞ。
自分たちは、たまたま日本に生まれたことで裕福な生活ができている。
世の中、助け合いが大事。
昔は、月に行くこともばかげた話だった。

41 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:47
基本的に軍事力を持とうとする人間は臆病なんだろう。
何も自分は自衛隊の放棄をいっているわけではない。
軍縮は一斉にしていくべきである。
僅か世界の数%削減。これで多くの命が助かる。
それには先進国が見本を示さねばならない。
それ以外の国は先進国から兵器を買っている。売る量に規制を!


42 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:51
>36
言語の勉強をしなさい!
税金の使い道の問題。

43 :37:2000/11/15(水) 06:52
>40=1?
困っている人は助けたいし、困っている時には助けられたいです。
阪神地震や台湾地震の時は現地に直接いくのは出来ませんでした。でも、
義援金は僅かではありますが送る事が出来ました。
それぞれ出来る事と出来ない事があります。
>世界の軍事費の僅か数%を削減するだけで、
>地球上から餓死をなくすことができる
あくまで私見ですが、これは出来ない部類に入ると思うのです。
自分だけ良ければ良いという人達を全員では無いにせよ無くする事など
さらに不可能だからです。
もしも、あなたが可能だと思うのなら運動を続けてください。
私は私に出来る事をやりますので。

44 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 06:55
なんだ、やっぱ『寂しい構ってくん』だったか。
真面目に説明した方々ご苦労さまでした。
さらしageだアホ。

45 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 07:44
>>41
理想論はもう沢山。
現実見ようや。

46 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:13
このように、ニンゲンはあらそいをやめることがありません。
戦う力を持とうとするのはトウゼンです。

47 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:17
無駄じゃない軍事につぎ込めばいいのだ

48 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:40
おいおい、1はかなりイタイ電波君だな(藁
だれか現実を教育してやれよ

49 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:41
別に後進国の人間がいくら餓死しようが
知ったこっちゃないよ…。

50 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:47
この世から飢餓はなくならないよ。
カネ以前に食料自体が足りないんだから。

1はこの事実を知っているのかね?

51 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 09:59
煽りなんだかモノホンなんだか判断に苦しむけど…

「学がないな」なんて言うから、どんな御高説を
垂れてくれるかと思えば「少子化、砂漠緑化を説けばいい」だと。
笑わせるな。

森林伐採を少しでも減らすために、熱を得るのに効率が
いい日本の七輪をアフリカに伝道してる人たちがいるが、
「日々の燃料の節約になる」という節約の概念を現地人に
理解させるのに相当の苦労をしているという。

エイズが深刻な問題になってるアフリカの国の
政府高官が、公の場で堂々と「エイズはどこかの国の陰謀である」
と発言したりしている。

こんなところで能書きを垂れてる暇があったら、
青年海外協力隊にでも入って現実を見てこい。

52 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:00
>>この世から飢餓はなくならないよ。
>>カネ以前に食料自体が足りないんだから。

まず人口を減らそう(笑)

53 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:01
…ほっときゃ減るかな? 駄目か…

54 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:02
アフリカ猿とでも名付け
生体実験の材料にして役立てよう。

55 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:05
アフリカを完全に閉鎖地域にして、淘汰されるのを待つってのは?

56 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:07
人口が多いのはインドと中国だぞ。
アフリカは既に飢餓で淘汰されていると思うけど。

57 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:10
>>53
人口ならほっとくだけではなくて難民の流出を防がないと
餓死しないだろうな。難民自体は食糧をもとめてるだけなんだが、
その難民の流入先からするとその不幸を拡大再生産してるだけ
なのがなんとも。世界は矛盾に満ちている。

58 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:14
放っときゃ減るでしょ。HIVで、国民が消え去りそうな勢いの国があるし。
だからといって、放っておこうというわけにもいかず。

アフリカは、当分戦国時代ですな。

59 :>56:2000/11/15(水) 10:17
同意!

60 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:21
印パでドンパチやってくれれば
少しは間引きできるんじゃないか?

61 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 10:28
アフリカで人口が増えていく、といってるやつの根拠はなんだろう?
飯が無かったら増えようがないのに。インド、中国が最大の問題だろう。
最貧国に援助をやるのはいいが、金をやっても何の意味もないぞ。
やるなら食料だが大量の食料をどこから集める?
それよりなんであの広いアフリカ(砂漠を除いても)で食料の自給が
できないのかって問題を究明解決(出来るなら、だが)する方が大事。
軍事板に関係無いですね。スマソ

62 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 11:00
以前は援助により食糧事情が緩和された途端に
人口が増えるのは間違いなかったけどね。>アフリカ
現在は>>58のいうとおりHIVがすごいんで増えないかも。
20代後半まで生きてる人のほうが少ないって話。情報ソース失念。

地域差はあるけど。西とか中央アフリカはHIVひどいんだっけ。

63 :62:2000/11/15(水) 11:16
サハラ以南で特に東アフリカと中央アフリカ近辺だったよ。
ttp://www.hokenkai.or.jp/HIV/library/zituzou/aids_t_5.html

64 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 11:30
>1
そういうことは、もっと身近な北朝鮮に言ってくれ!!
軍事費を削減して自国民に食糧援助しないから
日本が1200億も出さなきゃならないじゃないか


65 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 11:46
まあ、軍事と食糧の関係がもっている複雑な現実の結び目を少しづづ解
きほぐしていくしかないわけだな、とここの一連のカキコを読んで思う。
理論型だけの思考(軍事費を割いて食糧へ)が、アジっぽい平和観と結
びつく危険性も感じるが・・・。

66 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 13:22
アフリカの飢餓については、結局、ヨーロッパの植民地支配が
悪いという話になりそうだけどねぇ。



67 :名無し三等兵:2000/11/15(水) 15:40
>>1
軍事費を食糧援助に充てる話をするなら簡単な需要と供給の
バランスによる市場価格決定について知っておこう。sageでいくぞ。
予算を組んで計画的に食糧援助した場合、以下のような影響も考えられる。

食糧援助用の穀物を市場で買う
 ↓
需要が増えたんで穀物の価格が上がる
 ↓
今まで買えてた国が必要量を買えなくなる
 ↓
必要量を買えなかった国で飢餓発生!

結果、飢餓発生地域が移動するだけに終わる。わかった?

68 :1:2000/11/17(金) 00:02
下らない・後ろ向きな話が多すぎる。
我が身でないのを良いことに、ふざけたことを言っているでない。
言い忘れたが自分は、少しだが身障者にも寄付をしている。

アンビリバボで、少年が児童労働の被害を訴えるために、その国の子供達の声を
生で聞くためにバイトして金を貯め外国へ行った…
この年頃では、その金でいろんなものを買いたいだろう。
立派である。
そう思っても自分は欲があるからそこまではできない。
防衛費も全部放棄はできない。
でもほんの少しなら構わない。それならできる。

特にアメリカは諸悪の根元。
あれだけの軍隊があれば、野心が無くても我が身かわいさに
軍備を欲しがる者がでてもおかしくはない。

大国に限らず人間にも言えることだが、強い者は1番優しくなくてはならない。
日本の1000円の凄さを知っているかな。
どの国だか忘れたが、この額が公務員10年以上の給料に相当する。
5円にも満たない給料で一家6人がかろうじて生活しているところもある。
そこは子供達にも笑いがない。
日本も含め大国が、先頭を切って国防費減らし(少子化政策を条件)に援助を打
ち出せば、賛同する国も増えてくるだろう。

ともかく金出せば、現状は良くなる。軍は悪用しない限り建設的ではない。くだらない


69 :Error Massage:2000/11/17(金) 00:06
>にアメリカは諸悪の根元。
>れだけの軍隊があれば、野心が無くても我が身かわいさに
>備を欲しがる者がでてもおかしくはない。
論理が飛躍しすぎています。自説を検証する作業が必要です。

70 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:08
で、今までのツッコミにはどういうご回答を?
(例:食料のパラシュート投下に対するツッコミ)
なんかさあ、理想論語ってウットリしてるようにしか見えないんだけど。
ベクトルが違う時世みたい。

71 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:15
戦争と征服は人間の本能だからな・・・残念だが。
アフリカに19世紀に軍隊があれば彼らはヨーロッパの植民地にならずに住んだだろうさ

まるでヨーロッパの人種主義者みたいなこと言う奴だな
自分の肌の色を見てみろ、白ではないぞ 気分は白だろうがな!

72 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:15
>>67
残念ながらちっと実状を無視してるな。
援助に回されるのは市場でさばききれない余剰農産物だから
直接的に穀物市場の価格変動には影響しない。
当然世界の穀物供給が逼迫すれば援助国は儲かる方に物資を流す。
わざわざ援助してやるお人よしはいないよ。
例えば日本が北にやってる米だって2年3年ものの古米、古古米ね。
そんなもん食いたい?(藁
俺は食いたくない。(藁

73 :>68=1:2000/11/17(金) 00:23
>日本も含め大国が、先頭を切って国防費減らし(少子化政策を条件)に援助を打
>ち出せば、賛同する国も増えてくるだろう。

あまいよ。現に日本は途上国支援では世界でも結構なレベルにあるが、
どこの誰が賛同した?いかなる国も一票を持てる国連を維持してるのは
どこの国だい?(これはすり替えか)
そういう自分の常識が世界の常識だと信じて疑わない姿勢は、大変危険だと思うな。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 00:23
アフリカでも飢えてるような国は、戦争してるところばっかりだよ

あと、民主主義の国に飢えはない

75 ::2000/11/17(金) 00:28
>69
君はいいたいことが分かっていません。深く解釈してください。
軍を持てばまた増強すれば、強い国があれば自分も必要になって
悪循環。だから、大国は減らせということ。

>70
それまでのツッコミはつっこみではない。
具体的な方法は、専門家が考えればよい。
パラシュートは広範囲に、高速にできる。

大事なのは国民意識。国防費・防衛費・援助に対する世論だ。
先進国には、優れた頭脳・技術・生産力がある。
それが援助に本格的に動き出せば何とかなる。
だがそれを動かすには、金・同意が必要。つまり最もそれが大事。
軍・兵器の好きな者の目を覚まさなくてはならない。




76 :>74:2000/11/17(金) 00:29
日本における、生活保護世帯数って知ってます?

77 :70:2000/11/17(金) 00:38
はあ・・・・・・やっぱり理想論だけか。まあいいや。でも、マジレスいっとくよ。
君がパラシュートをつかって食料を投下しろというのは、
「援助先の政府が信用できないから」だったよね?横長しかなんかでさ。
で、君はそういう政府など無視してパラシュートで食料をばら撒けという。
こういうのって、建前上は「主権侵害」に該当しそうな気がするな。
民主国家は、よほどのことがない限り(というか、何のメリットもないのに)
そんな阿呆はやらないよ?
あと、「どこにどれだけの食料を投下するか」とか「投下地点の気象情報」とか、
援助先の政府の協力なしには入手できない情報もあるよね?
そういうのは、どうやって入手するのさ?(無視するんだから、もちろん政府の協力は
ないだろうし)
NGOとか現地の国連スタッフなんていわないでね。
彼らは、航空オペレーションを実施する訓練なんか受けてないんだから。

78 :70:2000/11/17(金) 00:44
訂正。
>彼らは、航空オペレーションを実施する訓練なんか受けてないんだから。
「彼らは、航空オペレーションを支援する訓練なんか受けてないんだから。
(情報収集含む)」

これじゃ、NGOにハーキュリーズ動かせといってるみたいだし。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 00:46
>>76
日本で普通に働いて、普通に食っていけない人がいる?
障害者その他はしらんけど

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 00:47
アジアで飢えてるところはほとんどないけど、アフリカはいまだに食料問題があるよね
民族対立で自業自得

81 :70:2000/11/17(金) 00:48
>79
というか、普通に働くチャンスがないか、その気がない人はいるね。
基準額以下の収入で、条件にあてはまるんだったら、生活保護は受けられるのよ。

82 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:50
て裕香、資本主義のこのご時世、自国が経済上有利になるためには軍事力は必要
不可欠なんだよな。
そのことをかんがえると軍事っていうのは経済上の戦略の一つなんだよ。
そもそもこのスレでたびたび使われる「野心」ってなに?
他国を侵略して植民地政策を行おうという考え方?
「軍事力っていうのは戦うためにあるっていう」のみのことでしか軍事を考える
ことができないのですか?1さん
ほんの数パーセントの削減っていうけれど、それを行えば確実に職を失う人が出て
くるんだよ。その人達の生活を保証するために国は新たな出資をしなくちゃ
ならなくなるよ?
そのお金はどっからわいてくるの?


83 ::2000/11/17(金) 00:51
自分は専門家でもないから、正直しらないことは沢山ある。
それは認める。
だが、金を出せば良くなることは知っている。
金を出すというのは、その国に現金を渡すのではなく、
援助に金を使うのである。

それに食糧事情・海外のことだけを問題にしているわけではない。
20億以上で作った退役していく日本のF1が何の役にったった。
抑止効果くらいだろう。でもそれは何故必要だった?
周りの軍隊・対立関係である。
今後は100億のF15も退役になってくる。
また、さらに繰り返すのか?
愚かとしか言いようがない。

自分の話は理想過ぎるかも知れない。
でも、勇気を出して1歩踏みださなせければ前へは進まない。

自分が病気・怪我などで困った時のことをまじめに考えなさい。
少しくらいの防衛費良いじゃないか。


84 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:56
>79
いたよ。母子家庭で母親働いているけど給食費払えなかった同級生。
「払わなかった」では無くて「払えなかった」です。
その母親があなたにとっての「普通に働いている人」に該当しないなら
話は別ですが。
経済的に大変な人は結構いますよ。

85 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 00:57
私は、食糧援助と言う考え方自体が問題があると思います。

自然の制限を越えて人口が増えすぎてしまった場所では、
何らかの方法で自然のキャパシティーを広げる活動が必要となります。
例えば、某英国の首都ロンドンで黒死病が流行したとき(俗に言う大疫病)
その流行に歯止めをかけたのは………大火災でした。
高すぎる人口密集度が生物学的な汚染を持続的な物にしてしまったのです。
もしももう少し人口密集度が低ければ自然に流行は鎮火していたでしょう。

疫病によってもたらされる飢餓や、単純な不作による飢餓も、
実は同根なのでは無いかと私は常々考えております。仕組み的には、

医療水準の上昇による乳児死亡率の低下

インフラの整備などが無いままに人口が農地が養えるギリギリまで増加。
農地を休ませる暇など無いので土地はどんどん痩せる。

ちょっとした不作で僅かな蓄えも使いきってしまうのでカツカツの生活、
自然と人心もすさんで行きあちこちで戦乱の機運が………。

普通の土地であっても危機的なレベルの自然災害が発生、
どうしようもないレベルでの食糧不足に。本来なら復旧可能だが
無理をして耕作を続けていたので耕地は再起不能なダメージ。

行ったりゃ〜!!

………てな訳で戦乱と飢餓と(下手をすると)疫病が
仲良く手を繋いでやってくると言う悪夢のような構図が……。
申し訳ないですが、状況の改善法は「人減らし」以外には無いと思います。
下手な援助は逆に死者の総数と地獄の持続時間を延ばすばかりです。
我々が真に大規模に援助すべきは
:その場限りの化学肥料ではなく痩せてしまった耕地の回復手段
:高度な教育を受けた一握りの医学生ではなく人口増加率やその結果起きる事に気を回せる位の機転の利く村長
:今日の食料一食分より明日からの食料を手に入れるための教育
ではないでしょうか?

>68番氏の中学生の行為、言っては失礼に当たるかもしれませんが、
私にはエゴにしか思えません。彼は現地でたくさんのお金を使い、
他の人間の食い扶持に負担を掛けているわけですよね?

86 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 00:59
じゃあ取り敢えず1は自分のお小遣いを差し出せ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 00:59
>>83
飢餓は国際問題じゃなくて、国内問題だよ
その国が、農場を作って、輸送ルートを確立しさえすればいい
たいていは独裁者が飢えた国民を食い物にしてる

88 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 01:00
いささか不自然なので、
>何らかの方法で自然のキャパシティーを広げる活動が必要となります。
の後に、
「多すぎる人口その物が危険な物です。」の一文を付け加えます。
失礼………。じかに入力すると、文章が支離滅裂になって困る……。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 01:01
>>84
だから貧乏人はいても、餓死者はいないだろうが
たまにニュースになるのは珍しいから

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 01:03
1は70年代の人間だな
ノーベル経済学賞をとったアマティア・センの本をよんでみるといいよ

91 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:10
ただカネを出せばよくなるっていってよくなった試しはないよね。
開発経済や技術移転論の問題になるけど、要旨は>>85が大抵述べてる通り。
教育レベルの全体的な底上げと近視眼的対応の廃止が必要というのは
正にその通り。

まぁカネはいるか。何をするにしてもカネは必要だもんな。
問題はそのカネがどのように使われるかということだが。
だいたいODAが真の意味で役に立ったなんて話聞いたことないもんな。
例えば現地に進出する企業に便宜を図る形をとってることは珍しくない。
最近ハードの投資からソフト面の充実へと移行しつつあるようだけど。
でも、ただカネを出せといってるだけでは空理空論を振りまわしてるだけに過ぎないね。
軍事費削ろうが、赤字国債(藁で援助しようが、結果が出なけりゃ意味ないだろ。
かえってその国の状況を悪化させるだけになったら本末転倒もいいところ。

92 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:13
>>83
> だが、金を出せば良くなることは知っている。

この前提が間違いを含んでいると考えます。
あなたはその金をいくら出せば良いのか分かると考えていますか?
これ以上は支払わなくても良いという限度額が存在すると。
限界なんて無いよ。飢餓を根絶するという目的を果たすためにはね。
世界中の富を全部つぎ込んでも足らない。根絶できないと言いきっても良い。

ただ、今よりちょっと改善するという程度なら必要な額は算出できると思う。
その額は軍事費を削れば捻出できるだろうね。それは賛同する。
でも大幅な改善は無理だ。
既存の経済システムで無視できない規模の経済規模になるから。
本質的にコントロール不可能な「市場」ってやつが成立してしまう。

あなたが大多数の貧困層の存在には目を瞑り、手が届く範囲に対してのみ
援助を行う分にはうまく行くと思うよ。その手が届く範囲に対しては。
それでいいんじゃないの?嫌?全部助けたい? 絶対無理だよ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 01:16
アフリカ人は頭が悪いということでよろしいでしょうか?

94 ::2000/11/17(金) 01:17
>77
それは違う。
その国の政府・警察の治安維持能力である。
アメリカの偵察察衛星・機でわかる。
アメリカ空軍を使う。

>82
決まり事、sageで書いてはいけない。
それを言ったら永遠に軍縮はできないことになる。
新たに金を湧かせる必要はない。
そうでなくて、給料は出しても物質を買わなければよい。
兵器自体にはあとは何の生産性はない。
国が戦闘機を買うことで何の儲けがあるわけではない。
野心とは攻撃のための軍事力・脅し効果になる自国の立場を有利に
するための軍事力。
そんな細かいことは問題ではないので、口を慎んでくれ。

95 :>1=94:2000/11/17(金) 01:27
理想に燃えた中学生?
残念だけど世界は「助け合い」で成り立ってるんじゃない。
自分の国の生活レベルを下げてまで他国を助けたいと思ってる国
なんて存在しないんだよ。
それとキミ、自分に都合悪い質問には一切答えないんだね(笑)

96 :84:2000/11/17(金) 01:27
>89
>だから貧乏人はいても、餓死者はいないだろうが
貧乏人が結構いると言いいましたが、餓死者が多いなんて言っていないですよ。

>たまにニュースになるのは珍しいから
そうですね。生存中になんとかならないものでしょうか。

97 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:31
っていうか、軍事費用を数%削っただけで
飢餓がなくなるわきゃねぇと思うんだが。
なくなるのか?
なくなったらいいなぁ〜

98 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:33
>83
自衛隊の戦略上の目的は「抑止」つまり他国の戦闘をおこさないことだと
自分は考えています。
その意味ではF−1は十分役目をはたしたといえるのではないでしょうか?
それに周辺国の軍隊の対立関係は自国の利益を求めようとしたからでしょう。
このことがなにか悪いことなのでしょうか?
たしかに社会主義、資本主義の経済方法の違いはあったでしょうが自国が豊かに
なるために、その時最善と思われることを当時の各国のトップは行ってあのような
情勢になったわけです。
結果国を守るために軍事力が必要となった。
これはやむおえないのではないのでしょうか?
人間は欲をもっています、どこの国だって豊かになりたいと思ってるはずです。
そのために、他国と競争しなければならなし、そのためには軍事力も含めあらゆる
ものは駆使して国際競争を勝ち抜いていかなければならない。
しかし、どうやっても世界中すべての人が豊かになることはできないのです。

99 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:35
>>95
多分大学に入ってちょっと社会科学で世の中の矛盾を知って
それで全ての原因を軍事費に押し付けたへタレ学生とみた(藁

100 :うへほ:2000/11/17(金) 01:37
やはり世界征服が必要だな。
で、餓死者を出すような政府は御取り潰しにする。

 誰か、正義に萌えて世界征服を企む悪の秘密結社と
薄汚い体制側から資金と技術を提供された正義の味方が
戦う連続活劇でも作ってくれないかな。

101 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:38
>>94
あんたsageで書くなって……なんて自分勝手なんだ。

102 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 01:41
たかが軍事費程度の予算で、
しかも日本の防衛予算程度で何ができると思ってるんでしょうか?

本当に必要なのは、間違い無く「お金」ではなく「人間」。
「人間」さえいれば、お金などどうとでもなる筈です。
だって、「お金をかけない方法」を考える手だってあるのですから。
正しくつぎ込まれないお金は逆に害悪になるというのが私の考え。

103 ::2000/11/17(金) 01:42
金がともかく必要なんだ。それが基本だ。
金出せば良くなると言うのは、金が必要不可欠だからだ。
教育するにも。
後は専門家に任せればよい。

>86
文を良くよんでかけよ。

>92
それに間違いはありません。限界はある。
全部助けるのは無理でも、少しでも良い方向に近づけようではないか。
考え変えればともかく軍事に無駄が多い。

金額的には数%で足りる以上は、いろんな経費込みで全部は無理でも
大きな改善にはなる。教育をしなくても養うくらいのことはできる。
食料が足りないと言うなら、削減した金の中で、
先進国での農業を興せばいい。アメリカは日本に買ってくれと言って
いるくらいだからその必要もあまりないと思うが。
ともかく、少子化を条件にもっと援助すればいいじゃないか。
半分が助かるだけでも素晴らしいじゃないか。
数%を10パーセント代に乗せても良いじゃないか。

もっと前向きに考えてくれ。でなければできることもできなくなる。
だが、努力すればできないと思われたこともできるようになる。
                           以上

104 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:42
良心的国家が、軍事費を削減したのを良いことに、
北鮮みたいな軍事国家がさらにのさばって、好き放題暴れて、
結局、自国の飢餓をさらに世界中に広めてしまうだけ。
単純な正義感は、民度の高い国にしか通用しない。
一方的な軍備削減は、新たな軍事的混乱を誘発するだけ。



105 :2ch軍事板太郎認定委員会:2000/11/17(金) 01:45
そろそろ1を太郎と認定したいと思いますが。

106 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 01:48
>103
だから、何故お金を使う方向に行く?
「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」いささかヤバイ前科のある諺ですが、
お金を殆ど使わないでインドの貧しい農民の生活レベルを上げるのに成功した、
貧農出身の弁護士の先生の話が、ちょっと前のCatに載っていました。
あ、無論公共心溢れる貴方の事ですから、アルクの名前ぐらいはご存知ですな?

107 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 01:49
>106
アルクじゃねェCatだ、鬱だし脳…。

108 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:53
>>103
以上ってあるから書き逃げか!?

109 ::2000/11/17(金) 01:54
>97
それがなるんだよ。
少なくとも君より知識のある人の言葉だ。

>98
だから愚かだと言っているんだが。

>95
軍事費の削減が何故、生活レベルを下げることになる?
都合の悪い質問はない。

>99
原因ではない。解決策だ。

>101
決まり事をつっくていけないの?

挑戦してsageで書くのか?

もっと前向きに考えてくれ。でなければできることもできなくなる。
だが、努力すればできないと思われたこともできるようになる。
                           以上



110 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:56
>もっと前向きに考えてくれ。でなければできることもできなくなる。
>だが、努力すればできないと思われたこともできるようになる。
>                           以上

なぁ、これ繰り返してるのを見るとマントラを思い出さんか?(藁

111 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 01:58
>1さんへ
努力礼賛のようですが、
無能な働き者にならないことを切にお祈りいたします

112 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 01:59
なんか、Resする相手選んでません?
ずるいよ、一応本棚漁って少ない睡眠時間削って書き込んでるのに。

113 :旧軍参謀:2000/11/17(金) 02:02
そうだ!前向きな考えと努力と精神力さえあれば日本はかならずこの戦いに勝利することができるのだ!!


114 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 02:03
Mを思い出すな。
あいつも都合の悪い質問には答えなかったぞ。
論のすりかえも平気でやったし。

115 :>111:2000/11/17(金) 02:06
すでに典型的な「無能な働き者」っぷりを発揮。
まぁ若いんだろうからアフリカでもどこでも行って井戸でも掘ってきてちょ>1

116 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 02:07
1は50年頃に生まれていれば幸せだったのにね。
気の毒だが、この世に出る時期を違えている。

117 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 02:09
1の言う通りにして飢餓が根絶されても今度は地球環境がのっぴきならない状況になって
口減らし戦争勃発、てな事になんだろうなぁ。

118 :>1:2000/11/17(金) 02:10
世界の軍事費の僅か数%を削減するだけで、
地球上から(一時的に)餓死をなくすことができる!
……ような気がする。

とかだったら正しいこと言ってるような気がするんだけどね……

119 :116:2000/11/17(金) 02:11
そうだな、まだ海外青年協力隊という手はあるか。説明会聞きに言った
限りではJICAの穴埋めになるかならないか程度の扱いと実力みたい
ですが。

120 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 02:11
1よ。前向きと無思慮を混同するな。

私は確かに後ろ向きに考えているが、それは人間が欲望のままに
突っ走っても結果として上手くいっている状態に持ち込めないかを
考えているだけなんだ。自律した維持が出来るようにね。

世界の改変は一人じゃ無理だ。でも他人にどこまで干渉できる?
他人は他人でその欲望のまま、やりたいことをやるだろう。
その欲望を利用出来ないかを考えるわけだ。
欲望だけはいつでもあると仮定したって良いだろう?
こういうことを考えると後ろ向きになるんだ。

#ワレナガラ真性デムパトシカ思エナイ…

121 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 02:28
唐突にこのスレ終わったみたいだね。

122 :大渦よりの来訪者:2000/11/17(金) 02:30
ああもう、不愉快だ!!寝る!

123 :>1:2000/11/17(金) 02:32
多分、あなたに教えている先生は
日教組あたりに入っていると見た(笑)
もしくは朝日愛読者かな?
あなたの完璧な洗脳され方を見てると連中、
なかなか軍事アレルギーを植え付けるのが
上手いらしい(藁)

124 :>1:2000/11/17(金) 02:40
飛行機から食料をバラ撒く・・・ぷぷ。

それで「平等」に配分されればいいね♪

125 :つーか:2000/11/17(金) 02:42
ageを強要するあたりネタだよな?1?
無理すんな。

126 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 03:09
>決まり事をつっくていけないの?
>挑戦してsageで書くのか?
いろんな板を見てきてるけど、
1が勝手に「sageてはいけない」なんて
ルール決めてるスレは初めて見た。
ここの管理人は自分だとでも思ってるのか?
こいつは手のつけられない馬鹿か、よほどの初心者みたいだな。

127 :>1=68=94:2000/11/17(金) 03:46
>68
特にアメリカは諸悪の根元。>

>94
アメリカ空軍を使う。>

68では「アメリカは諸悪の根元」と言いきりながらも
94では「アメリカ空軍を使う」・・・ってお前、思いつきで
レスつけてるだろ?それかノイローゼか?

128 :1では無いが・・:2000/11/17(金) 03:59
軍事オタは納得しないだろうが、やはり過度な軍事費は
国家にとってマイナスだと思う。崩壊した旧ソ連を見ても。
今の日本はそんなお金があるなら福祉か景気対策に
使うべきじゃないのか?既にアジアでは実質的に最強の軍事力
を持っているというのにこれ以上、通常兵器にお金をつぎ込んで
何になるというのだろうか?

129 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 04:13
軍事費がゼロになっても問題は解決しないよ。
貧困は富の偏在の問題だからな。


130 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 07:44
それと軍事ってのは絶対数が問題ではありません。
いま現在アジア最強なら、少なくともその相対的順位を維持しつづけないと
軍事的な現状維持にはならんのです。

131 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 07:44
>1は、何を人生で残せるのだろうか?今の所、金みたいだけど。下策だな。

>>128
過度な軍事費は、確かにマイナス要因でしかないと思います。
「日本は、防衛費を削減し、福祉政策や景気対策に」とおっしゃいますが、日本においては防衛費削減の前に、「無駄な」公共投資、不明瞭な補助金など削減すべき支出は、いくらでもあります。
景気対策で、旧態依然の土木中心の投資を行っても、バブルの火傷の面倒を見ているに過ぎないと思います。

英国では、日の沈まぬ国が衰退した理由に人材育成の失敗をあげて、教育改革に力を入れている様です。また、米国もいわゆる偏差値を導入して、競争の強化を打ち出しつつあります。日本では、さらなる「教育の削減」を行い、ゆとりある教育を文部省が目指していますが・・・

#求めるべきは、なんでしょうか?残さなければならないのは、なんでしょうか?
#遊離していると感じる方もいらっしゃるでしょうが、御容赦ください。

132 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 07:53
>>128
兵器の世界も日進月歩 今日の最新兵器は明日の旧式兵器
余計な予算をかけずに事が済むなら楽なんだけどね〜

しかしこのスレッドは「悲惨な1がいるスレッド」にノミネートされるべきではないのか?(笑

133 :sageman:2000/11/17(金) 08:47
1のような事を言う奴にいつも聞いているのだが、
軍事費の次に何が無駄なの?

バカでも「軍事費云々」って言えば何とか格好はつくものな。




134 :sageman:2000/11/17(金) 08:52
>のんきにネットなんかやってられないんだぞ。

ネット環境の整備と維持が無駄やね、

>飢えで死んでいくなんて可哀想とは思わないか?

のんきにネットしている1は平気なのでしょう。

135 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 12:15
1の言う通りにして飢餓がなくなっても、
内包されてる問題や感情的しこりはそのまま残ってて、
おとぎ話のように「末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし。」と
なる可能性はほとんどないよ。

そういう場合、抑圧されてた被害者が転じて加害者になってしまう
事例を史実の中にいくつも見ることができます。
助けたつもりが、結果的に新たな加害者を生みだすことになるわけですが、
1さんは新たな被害者たちに対し、
どういう言葉をおかけになるつもりなのでしょうか?
またもや、その人たちにも無責任に食糧くばる、とかはいわないようにね。

まあ「どれほど悪い結果に終わったことでも、それがはじめられた
そもそもの動機は善意によるものであった」という言葉もありますが・・・


136 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 16:51
恒久平和を目指すとしたら,やっぱり「地球連邦軍」かなー。
でも,地球政府に統合される過程で、各地で紛争が山ほど起こりそうな気がする。

137 :名無し三等兵:2000/11/17(金) 16:54
日本が軍事費を費やすのは支那のせい。
日本のODAが無駄になるのも支那のせい。

138 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 00:45
軍オタ目を覚ませ

139 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 01:03
「無駄な」軍事費ってとこはポイントか。軍事費を無くせって
言っているのでは無く、「無駄な」軍事費を無くせってのなら
大賛成。特に自衛隊なんて者は中途半端な兵器が多すぎる。
もう少し有効活用すれば・・・。
軍事費そのものは無くならんよ。誰がなんと言おうと。

140 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 01:29
餓死者が出なくなれば、
また餓死者が出るまで人間が増えるだけ。
軍事費の次は何を差し出す?

マジに考えるなら、
餓死者を出している構造を何とかしないとね。
統治能力のない途上国が
独立主権国家になっているのがいかんと思うのだが・・・
再植民地化しても統治コストに合わないから放置プレイしかないな。


141 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:00
>103
>後は専門家に任せればよい。

大爆笑。
専門家になる努力もしないで何を偉そうに。傲慢極まりないよ。

142 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:08
要するに1の言いたいことはODA増やせってことだろ。
日本は莫大な金額を投下してるぞ。文句あるか?
不満だったら青年海外協力隊でも行って来い。
それか大学で本格的に経済を学んで貧困の根絶に貢献しろ。
もしくはチツ族とフツ族の対立を軍事力を用いずに止めてみせろ。

143 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:09
ツチ族と間違えた・・・鬱だ氏のう・・・

144 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:12
1っていろいろ理屈こねてるけど、
軍事費を減って援助が増えるような方向に持っていく活動を実際になんかしてるの?

2ちゃんに書き込み
とかだったら笑うぞ

145 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:13
政府軍と反政府軍が泥沼の戦闘、国土は疲弊。
諸悪の根源は力の無い事、そのくせ引き下がる事はしない。
どっちでもいいから相手を叩き潰せばそれで
地獄は終わるのに。


146 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:30
まず、今の地球では食料フル生産をして、一人一人が最低限度の食事しかしないと仮定すれば
90億人はかつかつだけど、まぁ食料不足も味合わずに生きていけるだろうと言われてます。

それは肉食全廃、穀物等だけで食って行くという、本当にぎりぎりの線での食生活ですが。
これは軍事費を0にしようがどうしようが現状の技術での地球の食料生産力の限界という事です。
日本みたいな食生活やましてやアメリカ等の食生活では今の半分の人口も養えません。
1さんはどのような食生活をなされているのでしょうか?

ちなみに、90億人分の食料というのは、土地が痩せたり、地域によっての不作は考慮に入れて無いです。

また、1さんは軍事費の数%とおっしゃってますが、世界の総軍自費はいくらくらいになるかご存じなのでしょうか?
これを示せないと数%という論拠がむなしいだけなのですが。

仮に数%支出したとしても現状の食料供給力から言って先進国の食生活を維持したまま他国にもちゃんと食わすと
いうのは不可能です。金で食料を買おうと思ってもその食料が無いです。また、不足してきたら当然値上がるでしょう。
軍事費の削減が直結的に生活レベルを下げるのでは(一部を除いて)無くて、その使いみちによって食料が値上がり、
国民の生活を圧迫するということがあり得るわけです。

今の世の中食糧援助というのは(これも前に言ってた方がいましたが)基本的に余剰食糧をあてているのですが、
これも結局食料輸出国の食糧市況維持という側面が大きいです。

147 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:44
非常に素晴らしいスレだ……
1は、相当貴重なレスがいくつもあるのにまともに読まないなんて、損してるよ!

148 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 02:45
ああ皆、あんまり1をいぢめちゃダメだよ。
こう云う事を言いたい年頃なんだ、彼は。
ネオ麦茶だって、「従軍慰安婦問題で日本政府は謝罪せよ」と言ってたんだ。


149 :>148:2000/11/18(土) 02:50
それは知らなかった。
そう言えば、彼が熱烈に少年法擁護をしていたのも、あながち自分が
少年というだけではなかったのかも。

150 :149:2000/11/18(土) 02:51
んん…?文章が意味不明だ。
正しくは

少年というだけ「だから」ではなかったのかも。




151 :魔火露煮砲連装:2000/11/18(土) 02:51
>従軍慰安婦問題で日本政府は謝罪せよ

バスジャックの時には要求していませんでしたね。

152 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 03:08
軍事費を減らすと大企業が困ります。
貧乏人が餓死しても大企業は困りません。
よって軍事費は減らせません。

153 :sageman:2000/11/18(土) 03:16
>68の1

>言い忘れたが自分は、少しだが身障者にも寄付をしている。

だから?「下らない・後ろ向きな話」だね。

>そう思っても自分は欲があるからそこまではできない

自分にできない事があると同様に他人にも同じ事がある。
それは組織・国家にもある。自分はささやかに寄付、他人には大金を出せ。
アンタ馬鹿かいな?

>日本の1000円の凄さを知っているかな。
>どの国だか忘れたが、この額が公務員10年以上の給料に相当する。

お前もあまり良く知らないみたいだな。
アンタ馬鹿かいな?

>ともかく金出せば、現状は良くなる。軍は悪用しない限り建設的ではない。くだらない

「ともかく」なら軍事費だけに的を絞る必要無し。
建設的目的に軍隊を悪用するのは賛成なんだな。
アンタくだらない人間だな

日本は今までODA他に大金を出しているがね、これ以上出して状況が格段に良くなると
いう論拠を示してくれよ。

94の1

>アメリカ空軍を使う。

諸悪の根源なんだろ?都合の良いときだけ使うのか?じゃあ維持費が必要だな。

オマエさんも立場が違う人間から見れば力の均衡を否定して無秩序を生み出すことを
狙う野心家であることを知っておけ。


154 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 03:18
少なくても、こんな2CHごときで解決策なんて出るわけ無い。
世界中の最高峰の、1、あなたよりもはるかに知識、経験、
読書量だって桁違いな人々が解決できない問題だよ?
あなたはその人々よりも自分が偉大だとでも?
「簡単な事」、そう思っているから解決なんて出来ない。
独善的、非現実的、理想的すぎる。
・・・と、阿呆な私は思うワケ。

155 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 03:27
日本のODAはその国のためではなく、現地の日本企業のためにやってる
のでは?そしてその企業を通して政治家に金が戻ってくる。

156 :みなさん・・:2000/11/18(土) 03:39
あまり隙の無いツッコミを入れまくると
1が鬱になって出て来れなくなっちゃいます♪

157 :146:2000/11/18(土) 03:45
公務員のお給料が10年間で千円という書込みを読んで少し驚いた。
いや、感心したのではなく・・・

世界の最貧国の一人あたりGNPが300$代です。まぁ低く見積もって約三万円だとしましょうか。
富の収奪がすさまじく一人あたり1/10が手取り(かなり低い見積もりです)だとして年間三千円。
10年で三万円ですね。

仮に10年以上で千円としたら、まぁ一年で100円。一ヶ月で8円。
給与生活者が一ヶ月八円で何をどのくらい買えるでしょうか?
とうもろこし1ブッシェルが約2.5$だとして計算しやすいように240円とします。
その1/30ですから1/30ブッシェル。1ブッシェル約27kgで、約900g。
成人一人一ヶ月900gしか買えない?

ちなみにとうもろこしを出したのは基本的な穀物で、地域による価格差も少ないからです。

貧しい国というのはそのほとんどが第一次産業従事者であり、とどのつまり自給自足の生活が基本
の人たちが多いです。こういう生産はGNPに現れないので(仮に推計で計算することはできます)、
給与所得者一人あたりのGNPというのはもっとあがりますし、手取りももっと増えるでしょう。

それを踏まえた上で、10年間公務員を務めた上で千円に満たない所得しか得られない国と言うのは
どこらへんなのでしょうか?

158 :146:2000/11/18(土) 04:06
うーん、すまん
世界の最貧国の一つであるバングラディッシュの一人あたりGDPを調べても千ドルいじょうだ。
最貧国の300jってけっこう古い記憶かも。


159 :もーもー:2000/11/18(土) 05:02
1人当りGNP米ドル
300 トーゴ共和国
300 ウガンダ共和国
300 カンボジア王国
290 ベトナム社会主義共和国
270 アンゴラ共和国
260 バングラデシュ人民共和国
250 ギニアビサウ共和国
250 マダガスカル共和国
240 マリ共和国
240 ナイジェリア連邦共和国
230 ブルキナファソ
210 ネパール王国
200 シエラレオネ共和国
200 ニジェール共和国
190 ルワンダ共和国
180 マラウイ共和国
170 ブルンジ共和国
170 タンザニア連合共和国
160 チャド共和国
130 コンゴ民主共和国
100 エチオピア連邦民主共和国
80 モザンビーク共和国

160 :U-名無しさん:2000/11/18(土) 05:09
働かざるモノ食うべからず

161 :判決:2000/11/18(土) 06:57
1を「24時間テレビ愛は地球を救う」フル録画(標準)&全財産チャリティ寄付
の刑に処す。


162 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 07:02
>159
GNP低い国って共和国がほとんどなんですね。
もしかして共和制ってダメなんですか?
厨房な質問でスマソ。

163 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 08:20
共和国<ただの看板だから・・・・

164 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 10:03
>155
>日本のODAはその国のためではなく、現地の日本企業のためにやってる
>のでは?そしてその企業を通して政治家に金が戻ってくる。

一部はな。
しかしODAによる相手国への貢献全体に比べれば無視できる大きさだ。
それともODAやめるかい?
自国の政治家に清潔さを求めるために貧困国の人たちを見殺しにするのかい?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/18(土) 10:17
点数稼ぎのキリスト教徒どもがワクチンや食料を援助して
餓死を減らして人口増やしといて、
かといって移民は制限して、痩せた土地に閉じ込めて、
退屈しのぎのおもちゃとして鉄砲売りつけて、殺し合いをさせてる。

餓死や疫病があって、平均寿命が低くて当然、
というか、その程度の数の人間しか生きれない土地というのがあるの。

で、飢餓と疫病から子供を救って、とりあえず長生きさせて。
で、どーするのだろうね。トットちゃんとかは。
日本に連れてきて養子にでもしますか。


166 :異邦人さん:2000/11/18(土) 10:51
また幼稚なアカいスレッドができた。

167 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 10:55
1は狂賛党の宣伝文句そのまんまだな。
不勉強なのはしょうがないが、皮膚感覚で違和感を感じないのかね?


168 :異邦人さん:2000/11/18(土) 10:59
>1
お前算数できる?


169 :異邦人さん:2000/11/18(土) 11:05
黒柳徹子みたいな偽善丸出しでヘドがでる。うええええ

170 :3:2000/11/18(土) 11:24
では偽悪で行こう。
『世界中の軍事費のわずか数%を活用するだけで、貧困国の国民を絶滅させ、
餓死者をなくす事が出来る。』
これだって解決策の一つではあるぞ。

つか、食糧援助までで考えの止まってる幼稚者はこの中では>>1ぐらいじゃないか?

貧困国援助に金を出すなら、第一次産業の確立や社会基盤の整備、教育の充実に注力
すべきだ(そうしないと永久に食糧援助しつづけなければならない)という常識も
知らずに居丈高な馬鹿者だこと。


171 :貧困国:2000/11/18(土) 11:28
>日本人

好きで貧乏やってんだ、黙ってろ。
餓死者ではない、餓死志願者だ。

172 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 11:29
>>72
>>例えば日本が北にやってる米だって2年3年ものの古米、古古米ね。
>>そんなもん食いたい?(藁
>>俺は食いたくない。(藁
飢餓状態の人間に正味期限などという先進国の贅沢などどうでもいい事です。
食えりゃ何でもOk。しかし現実には食料は無い。

173 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 11:42
>172
あれって、日本から来た米を北朝鮮がさらに外国に売り払って外貨に換えてるんでしょ?
その外貨で、飼料用のトウモロコシを買って国民に配ってるという話を聞いたことがある。

174 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 11:44
支那って日本から来たお金を、さらに支那以外の国に恩着せがましく貸し出してるって話だけど真偽は?

175 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 11:50
ODAを受けてる国が、他国にODAを行ってるってのは、なんだかな。。

176 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 12:01
>>175
恩を売ってるつもりでょ。
もらう方もこれは外国のカネだろ等というヤボは言いっこ無し。

177 :貧困国:2000/11/18(土) 12:13
わが国は搾取と環境破壊から生み出された帝国主義者の余剰生産物を受け取る位ならば
国是に従い国家的殉教行為を選んだのだ。これはかつての経験からによるものである。

何者の干渉も受けない、外国軍の軍靴が祖国に踏み入れられるのを許さない、婦女子の純潔を守る、
我々の古来からの文化を死守する、その為ならば死も恐れぬ。
かつて帝国主義者共が我が国にて行ってきた偽善行為の結果は急速な砂漠化への加速だけであった。

死ぬのが遅いか早いか、ただそれだけだ。
物資文明という人類全体に関わる自殺行為に荷担することなど決してせぬ。

178 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 17:28
結論:軍事費はムダ

以上

−−− 終了 −−−

179 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 17:38
全然ムダじゃねぇ。
軍事関係がゴッソリなくなったら
世界恐慌だ。

180 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 18:09
ちなみに地球の砂漠化は太古から進行してるよハゲ>177

181 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 18:47
なけりゃ、ない方がいいんだがな。
無くせってのは、呼吸するなっていってるようなもんだし。

182 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 19:50
>>170
でもさ、最貧国はそれを無理に行って自滅して行った例も。
本当はもっと時間かけなきゃ行けなかったんだけど、政治家やエリートは在命中に実現したがるからね。
もう懲りちゃったみたいだよ。

これはある説なんだけど、冬に何もしないと凍死するような所じゃないと文明は発達しないんだそうだ。

183 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 20:03
>>181
無くせるならとっくに無くしてるよ。
必要悪って事だね。

184 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 20:48
軍事費はムダじゃないけど、軍備と軍事は無駄なほうが平和でいい。

富士山にバンバン大砲打ち込む自衛隊はとってもナイス。


185 :名無し三等兵:2000/11/18(土) 21:40
軍事費は無駄なものだが、だからといってやめる国はない。
ロシア軍のように給料の遅配が日常茶飯事という所もあるけどね。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 02:48
隣が中国だもん仕方ない

187 :貧困国:2000/11/19(日) 04:31
「加速」と書いてあるだろう?
砂漠化が始まったとは書いていない。

頭丸めて脳外科に行きなさい >180

それと太古とはいつからだ?

188 :異邦人さん:2000/11/19(日) 05:45
俺も思い出すよ。先生に教わった日本軍侵略、南京大虐殺、
米軍基地問題、自衛隊違憲、すばらしい日本国憲法、
アジアの皆さんにやった仕打ち。改善策は「軍事費削減、
大企業に対する規制強化」で、福祉、ODAにマワセと。
都合の悪いことは「これからみんなで考えていかなきゃいけないんだ」

大学行ってから偶然あって疑問をぶつけたら、
テレ笑いしてまともに話できなかったなあ。奴は。
就職してからぜんぜん勉強してないんだろうね。


189 :異邦人さん:2000/11/19(日) 06:02
結局「どう」取り組むか具体的にいわなきゃ意味ないわけです。
普通の人は理想を頭で抱えながら、現実と向き合っているの。
君のお父さんも働きながら税金払って、専門家に任せて(笑
そのなかからきちんと国際貢献はしてる。

君が今まで考えていなくて、教えられてびっくりしてるのか、
あるいは他人の頭の中を想像する力が弱いのか、
正義感に酔いたいのか知らんけど、

軍事費や環境保護をうんぬんして他人のせいにする前に、
自分がどれだけ世の中の資源を浪費しているかを自覚し、
そして魑魅魍魎の渦巻く世界の複雑さを知ったほうがいいな。
単純にあっちからこっちに金を移せばオッケイなはずがないことがわかるまで。
何が起こるか、どう調整するかをシミュレーションして教えてみてよ。
院生オタが答えてくれるよ。

それ以前に皆の質問にはちゃんと答えなさい。
「わからない」場合は素直にそう書いていいんだから。


190 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 06:46
日本経済の衰退にあわせて軍事費も減らそう。
生活が出来なくなるよ。

191 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 07:19
>190
防衛費は比率で決まるからちゃんと減ります。
ちゅーか、他に減らすべき物はいくらでも有るよ・・・

192 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 07:23
>190
あのぉ、日本の軍事費はGNP比率で決まってるんですけど・・・
生活が出来なくなるって・・そんな事は中共や北鮮に言ったら?

193 :元自A漢:2000/11/19(日) 07:49
>191さん
>防衛費は比率で決まるから
>192さん
>日本の軍事費はGNP比率で決まってる

いつのまにかそのような事が明文化されていたのですか!?
確か中曽根元総理時代辺りに適当なGNP1%論が出現してそのまま誤解が
定着してはいたのですが…

元総理がTV演説か何かで「たった1%である」と言われたのが定着したとか何とか…


194 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 07:58
>193
TV演説?国会で散々やったじゃないの。

195 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 08:03
>>193
>元総理がTV演説か何かで「たった1%である」と言われたのが定着したとか何とか…

三木首相ですね。
ただ、11年度予算と12年度予算を比べると、増加はたった17億円なので、
実態としては景気通りの横ばいなので、明文化されていなくとも現象としては同じと言っても良いのでは。
とは言え、確かに明文化されていないのに、言質のように扱われるのは困ったもんだと思います。

196 :元自A漢:2000/11/19(日) 08:37
>194さん

その「散々」の元だと思います。
防衛費の推移に関して首相が直接TV出演して単独にて国民に説明されたのは
中曽根元総理以外に資料がありません。

その後、バブル期に伴うGNPの増加と共に増加していった防衛費は「1%」という
国防議員と革新政党両方の決まり文句となり、錯覚を生じさせていたのではないでしょうか?

他国ならやれ5%だ8%だ、でも日本は「たった1%」。大本営発表並みの国民を謀った
発想ですね。1%を越えれば「1.05%で1%を越えた、いや四捨五入で1%だ」
「昨年の物価上昇率に合わせてのもの、実質増加ではない」等など。

防衛予算請求額に意義を唱える者もそれを擁護する者もロクに研究学習していないから
言葉遊びで体裁を整えているだけ。もっとも本庁連中が大蔵省に出向いても予算請求内容が
理解されない場合「米軍と同じ」で済ませる場合がありますから、簡潔な言葉で相手を錯覚
させることは一つの技術ではあります。

高価な国産兵器の中には海外製に外見を似せてまともに動くような錯覚を起させる努力も
されていますからね…騙せればこっちのものということでしょうか。

ところで本当に現在防衛費はGNPの何%という決まりがあるのでしょうか?


197 :元自A漢:2000/11/19(日) 08:42
>195さん

三木首相からでしたか、中曽根首相からだと勘違いしておりました。
中曽根首相のグラフや表を使用した半分子供だましながらも努力されている
姿から勘違いしておりました。感謝!

198 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 09:28
>1
 日本の景気対策費100兆円を削減するだけで、
地球上から餓死を”かなり”なくすことができる。(藁


199 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 09:29
ついでに、
日本の景気対策費100兆円を自衛隊に使っていれば、
空母も原潜も持つことができた。(藁


200 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 13:17
>199
そーだよな、そうしたら鉄鋼造船業界はチットは潤ったし、
原子力関連だってちゃんとした予算組んで、技術者育てりゃ、
バケツリレーなんてなかったろうしな。


201 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 13:36
>200
逆にバケツリレー頻発したかもね。
生産が間に合わないよー(TT)てね。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 18:35
害出かもしれないけど1=3って事に誰もつっこまないの?

203 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 19:13
もう1だろうが3だろうがどうでもいいんだよ。
このスレッドは2ちゃんねる軍事板住人が日本の国防費について
討論するスレとして再活用中。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/19(日) 22:42
食料支援は麻薬だ

205 :名無し三等兵:2000/11/19(日) 23:10
某北の国は、食料支援をしてもらった恩返しに
麻薬を輸出しています。

206 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 04:44
自衛隊に100兆円きたら、
まず、隊員の人件費アップ、福利厚生の充実化だな。
それで使い切り。

207 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 04:58
 >>1
 どこのご本を写したのかなぁ〜。それとも日教組の先生が教えてくれたのかなぁ〜。
 現実を見ていない他人のきれい事を、自分の言葉のフリしてしゃべったら、成長しないよ。

 語るべき言葉は、自分の言葉で。


208 :名無しさん@うんうん、:2000/11/20(月) 05:23
100兆円もあったら、
空母機動部隊を10個ぐらい編成してるに決まってるじゃん(笑

危険手当を目一杯支給すれば、いまどき、兵隊確保も目じゃない(藁

ついでに、空自の規模も倍ぐらいに拡張して、もう無敵状態(藁2

209 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 05:48
>>208
無理だよ。
機動部隊の1つも買えやしないよ。


210 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 05:54
空母と搭載機の導入コストは、6000〜9000億ぐらいと
見込まれますが?

211 :>100兆円もあったら:2000/11/20(月) 05:56
とりあえず俺に貸せ。
次のG1までには倍にしてやるぜ(大嘘)。

212 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 06:08
1の使ってるネット接続費で、300人の飢えてる人達に
暖かい食事と毛布を配ることが出来ます。

213 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 07:31
「無駄な食料支援に金を使うな」
ということでいいですか?

214 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 08:30
1兆円あればニミッツ級の母艦と搭載機は十分確保できるな。
維持費の問題があるから無尽蔵に増やす訳にもいかんだろうが妄想。

215 :名無し三等兵:2000/11/20(月) 08:39
>ALL

全てを解決するために外人部隊編成して、貧しい国の方々に来て頂くと。
で、クーデターや犯罪防止のために離島や北方にいて頂くというのはどうです?


216 :215:2000/11/20(月) 08:58
ローマの轍

217 :216:2000/11/20(月) 08:59
ああ、ゴメン。
名前のところに >215 って書き込もうと思ったんだけど間違えた。

218 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 06:26
でも、軍隊にカネをかけるのはもったいないですよね。
もっと減らしても、文句も出ず、ガマンしてもらえるように思えるね。

219 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 08:39
そう思えるなら一人で思っててください


220 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 09:08
無駄な軍事に金をかける事はイヤだが、有効な軍事に金をかける事は厭わん。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 12:50
1はもう出て来ないの?
あまり責めないでやって欲しいな。正義感に目覚める年頃なんですよ中学生あたりは
身近に発表できる場があったから書いたのでしょう。
責めるべきは彼の正義感を利用し、歪んだイデオロギーを植え付けてしまった人物で
す。
学校の先生に聴かされたか、読んだ本に書いてあったからか分かりませんが、現実を
見据えた確固たる自分自身の考えをもたないのをいい事に、芽生え始めた正義感を歪
んだ方向へ捻じ曲げようとする行為は許されるものではありません。

このスレがネタでないとしたら、1が自分の考えていることは誰かに吹き込まれたもの
でないと確信しているのなら、自分と違う意見にこそ耳を傾けることが肝要ですです。
自分の身の回りの生活レベルでの正義や援助と、国家レベルでのそれとではまつたくの
別の次元です。日常レベルでの暴力と軍隊(自衛隊)を同じ土俵で考えてはいけません。

“かわいそう”では国は動きません。いや、動かしてはいけません。
国家の進路を決めるものさしは“自国の国益”のみです。世界中そうです。

まだまだ学ぶことがたくさんありますね。期待しています。
同じ意見の人間(=味方)で固まらず、“違う意見”にも耳を傾けてください。
目の前の世界は大きく広がります。

老婆心ながらひとつだけご忠告
障害者(だけではないが)への寄付は立派なことですが他人にひけらかすのはど
うでしょう。
寄付行為そのものが目的化しないようにご注意を。




222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 16:40
age

223 :異邦人さん:2000/11/21(火) 18:57
349は、後進国の産業構造や政治形態、就学率
周辺情勢などの要素を一切考慮せずに
「軍事費を食糧援助にまわせ!」なんて
ドキュンな事ばかりいっているから
ますます相手にされなくなる。

224 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 19:11
>>223
なぁ349って誰だよ

225 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 19:46
日本の政策の根本を考えましょう!
無駄な軍事費を削減する。
その結果
無駄な公共事業が増加する。
建設省はノーパンしゃぶしゃぶでハーレム
建設業者は談合やってハレルヤ
貧乏人はカアちゃんの目から隠れて赤提灯
公共工事に対してグリンピースは今日も環境保護!
我々は今日もテレビで一家団欒。


226 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 20:08
今日の中日新聞の投稿欄に「1」とほぼ同じ内容の投稿内容の中学生が
いたんですけど.....。

227 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 20:10
>>224
そのまま音読みしてみるとわかると思いますが…
スレッドの番号じゃないよ(笑

228 :>220:2000/11/21(火) 20:17
有効な軍事ってなんだろ?
軍備なんて無駄なほうが平和で良いと思うのだけどな。


229 :異邦人さん:2000/11/21(火) 21:05
アメリカは、軍事技術の蓄積を民生用に転化したことが
今の好景気の一因ともなっている。

230 :名無し三等兵:2000/11/21(火) 22:25
有効な軍事とは、平和で軍備が無駄と言われるような状態をつくりだすことだろ。

231 :名無し三等兵:2000/11/22(水) 06:09
>そう思えるなら一人で思っててください
がまんするのが自衛隊の良いところでは?
日陰に咲く花のように。

232 :名無し三等兵:2000/11/22(水) 06:10
いつまで無駄金を使ってる余裕があるかな。


233 :名無し三等兵:2000/11/23(木) 00:53
上げるまでもないからsageるが
>>228
>軍備なんて無駄なほうが平和で良いと
理想を言えばもちろんそうだが、実は警察もそうだ。
仮に警察の金の使い方に不満はあっても、警察が無駄とは言わんだろ?
何故警察が無くならないかというのは、軍隊が無くならない理由とはちょっと違うと
思うが、世の中ままならんという点では似たようなもんだ。

234 :名無し三等兵:2000/11/23(木) 05:37
でも、日本からは戦争がなくなったな。

235 :名無し三等兵:2000/11/23(木) 06:11
そう、プライドもね。

236 :>>231:2000/11/23(木) 07:42
未来永劫実戦に使われないという
保証があるなら、たしかにその通り。

設立以来40年少々、
これだけ世間的に理解されない公共機関が
よく暴走もせず士気もさがらずやってこれたと思うよ。
そんな幸運をこれ以上期待するのは愚かでは?

237 :名無し三等兵:2000/11/23(木) 07:44
>235
面子で腹がくちれば苦労はない



238 :名無し三等兵:2000/11/23(木) 09:08
>235
前回は面子で失敗したしな。

239 :1:2000/11/25(土) 00:36
見ていない間に随分レスが増えたものだ。

だが、それまでのものを読まないで書き込んでいる馬鹿がいるので話がおかしくなっているのがある。>85.102.104.120.144.146.165.170.179.185@`大渦よりの来訪者
文句を言いたいだけの君らを相手にしたいわけではない。

sageで書くなと言ったのに、敢えてそれでも書いているものもいる。
自分に相手にされたいのかどうかは知らないが、それは無視する。
(青地は読んでいない馬鹿の中にも含まれていない)
>91・92・102大渦よりの来訪者=106=112
あなたを無視したことはない。たまたま新たに書き込んだらそれまで無かったあなたのレスがあった。
金が掛かるのは間違いない。お金を掛けないその方法は長期計画として平行してやればいいでしょう。良い人材を集めるにも金が掛かる。皆さん生活があるわけだから。今を救うには、食料を買う金。それを運ぶ金。まじめに考えて欲しい。
>128
どうも。ここではそれが分からない人が多い。
>148
ここで自分をいじめられるほどの知能あるものはいない。
>157
諦めていたら何も始まらないだろ。徐々に大きくなるものだ。
>3=170
文を読まずに書いているお前が幼稚。
>167
そんな高度な勉強は必要ない。無駄な軍事費を回せといっているだけ。
>202
幼稚な3と一緒にするな。
>207
何が自分の振り?妄想は止めるべき。文句言う前に前向きに考えろ。

240 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 00:42
おまえ、読んで欲しくないだろ。掲示板の機能くらいつかえよ。

241 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 00:47
>1
先ずお前が私財を抛って、飢えた人々に食糧を与えよ。
偉そうなことを言うのはそれからにせよ。

242 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 00:51
軍事オタは自衛官になる能力も勇気もない者がいる。
だが、司令官のように、この戦闘機・艦船、戦車が欲しい、
これだけ欲しいと妄想をする。それが楽しい。
そしてこれをここで話し合う。

この板はその妄想を壊している。

243 :1:2000/11/25(土) 00:53
話を飛躍させている者が多いので何度も言うが、 何も軍事費全額をなくせといっているわけではない。
日本の防衛費は、国民総生産の1%。
その中の数%を減らせばいいと言っているだけ。
円グラフにしたら、ほとんど見えないだろう。
そのくらい良いじゃないか。

それを、世界各国でやれば、全員でなくても大勢を救える。
医療・教育にも回す・ダムの建設も良い。
自分たちは日本に生まれたから、良い生活ができるに過ぎない。
自分の能力を発揮できるのも飯の食える恵まれた環境だからである。

他国より強い国・または並であるには、先進国からの兵器輸入は欠かせない。
だから、援助を受けていながら軍事費の延びのある国には、兵器を売らない。
理想だが意識を持つことから始めないと始まらない。


244 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:03
板やスレを私物化するな馬鹿者。
ここはオマエのような馬鹿者を突ついて遊ぶ所だ。

245 :大渦よりの来訪者:2000/11/25(土) 01:13
>日本の防衛費の数%(文意を汲む為一部添削)
日本のODA全体から見て、一体如何なる金額になるのです?
他国でも実行?アメリカでは、どんな好景気でもごく普通に失業者は増えて行きます。
そんな国で、軍事予算を削って援助に回し更に国民に貧しくなれと?

>大勢を救える。
救ってそれから?社会基盤の熟成は一朝一夕で行える物ではないし、
多産多死の社会構造も一朝一夕で無くせる物ではありません。
ここら辺は、「産めば産むほど働き手が増える」という、
今の日本では成り立たない経験則に根ざした一種の生活の知恵であり、
現実に即した物であるから変えて行く為には大変な努力が必要。

>医療・教育にも回す
成る程。では、これが効果を表すまでいったい何に彼らは頼るのか?
教育や医療機関への投資が即座に効果を表すのと勘違いしてやしませんか?

>ダムの建設
ダムの維持にどれだけの人的・資源的リソースが食われるかご存知ですか?
だからと言って全て原発にしろとは言いませんが、水力発電とて有害ですし、
ダムを用いて灌漑を行う事にも、実は大きな無理があると言うのが私の考え。

>世界各国でやれば
自国の国民もろくに養えていないと公言して憚らない、
某北の将軍様にぜひとも実践していただきたい物ですね。
そんな国がある限り、貴方の言う平和的人道活動は、
只の「地に足のつかない世迷い事」に過ぎません。

別に専門に勉強している訳ではない私でも、この程度の穴は見つけられます。
詰めが非常に甘いと言うよりも、これでは只の貴方の希望です。
どのようなプロセスを踏んで、どのように貴方の言う理想を現実とするのか。
その課程も次回はつけてください。
はっきり言って、全人生をなげうって自国民ですら無い人の為に尽くしている人達の
活動に対する質の悪いパロディー、それとしか思えない故読んでいて非常に不愉快です。

246 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:17
さすがに、パラシュート食糧援助は無理だとわかったか。
でも、現実論っぽい理想論は相変わらず。

みなさん、ここの1氏を「軍事費削減太郎」に推薦したいと思いますが。

247 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:19
>245さん
その熱意には敬服しますが、そろそろマジレスを打ち切られて、いぢりモードに入られたほうがよろしいかと。
たぶん、あなたが何を言っても1氏の耳には届きませんよ。

248 :大渦よりの来訪者:2000/11/25(土) 01:22
>247殿
どう考えても理解できていない人間に、無理やり正論を押し付ける。
私の価値観では、これに勝る嫌がらせは無いと言う事になっております。

まあ、多分にはるか昔のイイコチャンだった自分を見ているようで、
気になって気になってしょうがないって言うのもありますが。

249 :大渦よりの来訪者:2000/11/25(土) 01:29
>248
いや、少し傲慢が過ぎました。
正論だと思っていた事が「自分が最も正論に近いと信じる事」
である可能性も有るわけだし。
ところで、ここらへんの一つづつ潰された提案、
一つづつしっかりと反論していただけますか?1殿。

250 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:31
とりあえず、1の言う「無駄な軍事費」について、金額と内訳だけ教えてくれれば
耳を傾けよう。


251 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:33
>自分たちは日本に生まれたから、良い生活ができるに過ぎない。
>自分の能力を発揮できるのも飯の食える恵まれた環境だからである。
その通り、だから俺はこの幸せを見ず知らずの貧民に分け与えてやることなんて考えを抱けません
それどころか後進国の不幸な人々が更に不幸になり死んでいく事を望みます。

252 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 01:36
>250
とりあえず、核兵器関連の費用を持ち出してくるに300ぺリカ。
あと、自衛隊の装備と外国製兵器の値段を比較して、「これだけ無駄にかねを使ってる!」といきまくに400ぺリカ。

253 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/25(土) 01:47
いやあ、単純に兵士数削減でくるね。400モナー賭けるよ。

254 :RF−4E:2000/11/25(土) 01:47
今までこのスレは無視していましたが・・・
>1
あなたはアフリカの人たちが皆、飢えに苦しんでいると思っているのでしょうか?
アフリカ人はかわいそうだから裕福な人は彼らに恵んでやれと?
大きな間違いを犯していますね。アフリカの支配階級の人は日本で同等な地位にあ
る人よりもずっと裕福な暮らしをしています。もちろん飢えている人もいますが、
それはその国の中で解決すべき問題であって、もし問題解決に協力できる事がある
ならば是非そうすべきですが、あくまでその国の国民が主体的に行動しなければな
りません。お金(食料)を援助するという行為は短期的なものであれば人道的にも
素晴らしい事ですが、惰性で行った場合、国民自身の主体性を損なう事になります。
JAICAの援助で現地に行っても、支配層(JAICAの専門家よりいい暮らししてる。ま
じ!)と一般市民の生活のギャップ、またその事に対する支配層の意識(貧富の差
をなんとも思っていないんだな、彼らは)にぶちあたって「バーンアウト」してし
まう人もたくさんいます。
しかし、これらの矛盾すべてが彼らの文化であり、否定する事はできません。否定
する事はイスラム圏で男女平等を説こうとするぐらい無意味であって相手国をバカ
にしている事にさえなるかも知れません。
私は軍国主義者でもウヨでもないつもりですが、少なくとも日本の軍事費に限って
言えば、「決して多すぎはしない、むしろ足りないくらい。」と思っています。
日本の国力、地勢からすると、装備をもっと充実させるべきだと思います。もちろ
ん防衛目的に限ってですが。
今年は災害が特に多いですしね。自衛隊の方々が大変頑張っておられますが、彼ら
の給料が彼らの仕事内容に見合っていると思いますか?また、彼らが普段生活して
いる官舎の現状をご存知ですか?
これらをすべて理解してなお無駄と言えますか?
私から見れば、日本の対外援助の方が無駄だと思います。自分が借金抱えているの
に他人を援助するなんてお人よし!

255 :RF−4E:2000/11/25(土) 02:10
うっわぁ〜!恥〜!
綴り間違えてた。JAICA→JICAです。
JAICA=日本老化制御研究所・・・これじゃ意味不明(爆)

256 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 02:28
>253
モナーって、ここの通貨単位なの?

257 :2ch軍事板太郎認定委員会:2000/11/25(土) 02:59
>>246
当委員会はこのスレの1を削減太郎と認定します。
軍事費削減だと長いんで。

258 :名無し三等兵:2000/11/25(土) 03:06
びんぼー人がいるからぜーたくできるんだよ
(がいしゅつかなあ?)

259 :名無しドキュン:2000/11/26(日) 01:17
モナーは2chの通貨です。

260 :中尉:2000/11/26(日) 01:32
今ごろAAでモナー紙幣なんて作っている馬鹿がいるんだろうな。
銃殺!

261 :石井軍医中将:2000/11/26(日) 01:52
軍事費を少し増やして 満州に研究所を作ります
貧乏人を募集して 研究作業に従事して頂きます。
折角協力して頂いたのですから その成果を
アフリカの皆さんで使いましょう (^^)



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/27(月) 20:18
1は途方もなく幼稚だけど、たまにあるド親切なアドバイスは
わかりやすくていいこといってるなあと
思うよ。254なんて援助の現場を踏まえた意見だしね。
これを引き出すためにわざとアホな振りをしてるのなら
まあいいかと思うのだけれど。

これどう?
日本で安くて品質のよろしい武器をさっさと開発、
アジア・アフリカの交戦国を中心に売りさばく(生物兵器・
核兵器・対人地雷等は売らない。良心的なんね)販売は国が管理し、
儲けから国際援助に廻す(国際貢献目的税なんつって)。
援助の条件は戦争をしない、日本人のヘタレ若者が
のこのこお手伝いに行ってもオッケイなところ。

似たようなことは諸外国がやってる気もするが。

263 :名無し三等兵:2000/11/28(火) 02:59
悲惨な1のいるスレから来ました
青臭い1に大笑いです。
しかしパラシュートって・・なかなかいいギャグですね
>>254 さんのまっとうな意見をよーく考えて出直してきて下さい

1も超国家組織を作るんだ!みたいな意見を出してくれればよかったのに(w

264 :1>大渦よりの来訪者投:2000/12/07(木) 06:02
同じ事を2度言わせないでくれ。書き込むなら文をきちんと読んでからにして。
もう少し、社会勉強してから書き込んでください。

>軍事予算を削って援助に回し更に国民に貧しくなれと
そんなこと言ったら援助そのものを否定することになる。
ものを買わなければ材料費分は浮く。給料分位の金は与えればいい。

>社会基盤の熟成は一朝一夕で行える物ではないし
そんなことは常識の範囲。NGOなどがやっている。その手助けになればよい。
大変な努力が必要だからこそ、金がいる。

>教育や医療機関への投資が即座に効果を表すのと勘違いしてやしませんか?
全くしていません。始めていくことで効果が出てくる。効果がないよりか良い。

>ダムの維持にどれだけの人的・資源的リソースが食われるかご存知ですか?
特に知る必要はありません。やるべき人が知ればよい。
その国での雇用も生み出すことになって良いでしょう。

>「地に足のつかない世迷い事」に過ぎません
そんなことはありません。食料が届けば少なくともその人は飢えがしのげるし、
病院ができれば今までより、治療も受けられる。
ダムができれば、それによる恩恵を受けられる人が当然でてくる。
北のような国に対しては、国連が直接配る。

>故読んでいて非常に不愉快です。
それはあなたの心が狭いからに過ぎない。



265 ::2000/12/07(木) 06:09
>246
無理だと解っていない。人が集まっている近くに落とせばよい。
そんなことは、軍隊でもやっている。全部取られるわけでもない。

>247
それは説得力がまるでない。つまり間違っているからである。

>250
無駄な軍事費の具体的な額は、あるだけ。
そんなのは、政府・国民の気持ちの問題。
防衛庁が「必要だ」と言う額を鵜呑みにする必要はない。
今も全額受け入れているわけではない。
「いらない」この方針でやるのなら、いらないだろう。
F2が予定通り配備されていなくても、日本は侵攻されていない。
配備された状態よりも戦力は低いのに。
つまり、そんな面が無駄。

>251
それはあなたの心が狭いからに過ぎない。あくまで税金の使い道。

自分は軍ヲタの妄想を壊したくてこのスレを立てたわけではない。
■世界には、1日に4万人、1年間に1500万人が飢えで死んでい
ます飢餓と栄養不良に直面している人々が、今なお約8億人。

問題を克服するために、NGO、FAO連携して農業開発プロジェクトを実施。
インドでは1500円で1年間初等教育を受けられる。
寄付金が1万円をこえる場合、超過分がその年の所得から控除。

軍隊というのは、生産性があるわけではないし、快適にするわけでも
ないのでなくす方向で国勢を動かした方がいい。日本が勇気を出し世界をリードして。

266 :>1:2000/12/07(木) 06:14
つーか、お前がそうやって煽れば煽るほど
ここのミリオタ達は結束するんだって(笑)
人間って共通の敵がいる時が、一番結束力強くなるからな。

267 :>1:2000/12/07(木) 06:50
>軍隊というのは、生産性があるわけではないし、快適にするわけでも

君、保険って嫌いだろ?もしかして健康保険料も払ってないんじゃ(笑)

268 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 06:53
>266
sageていない君はまだまだだな!!
根性直しの腕立て40回!

269 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:05
1はヒュ−マニズムのバ−ゲンセ−ルか?
さあ1君!海外に飛び立とうではないか!
世界には君の助けを待っている貧民が大勢いるぞ!
君のもつ「¥」をむさぼり尽くすまで
十分貢献できるよ。
まずタイあたりからいってみようか。

270 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:14
>1
馬鹿野郎!削った分は景気対策に回せ!
日本の不況のほうがよほど後進国にとってもダメ−ジだ!
ふざけんな!

271 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:21
>1
その溢れんばかりの愛で俺を養ってくれ。マジで頼む。

272 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:24
>>1の言ってる金額で飢餓が救えるなら、
とっくに解消されてると思うのだが。

273 :癒し屋イチ:2000/12/07(木) 07:42
先進国の社会保障費用の僅か数%を削減するだけで、
地球上から餓死をなくすことができる


274 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:47
1が私財を擲てばいいじゃん。

275 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 07:55
>>1

んじゃ選挙に立候補して自分の主張を訴えればいいよ。
こんな場違いなところで喚くよりよっぽど建設的だよ。

276 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 08:13
>1

この糞が!
食うためにはまず「働く」
そして「稼ぐ」んだよ。
それが世界の原則だろうが!
ざけんなこの社会主義者!

277 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 08:16
1がむかついて胸クソ悪い。
しばきage!

278 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 12:23
>>1晒す

279 :名無しさんの野望:2000/12/07(木) 14:19
ぱらしゅーとage

ひさしぶりに職場でわらかしてもらたよ(w


280 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 15:28
日本が金持ちな国だと私は信じていない(ワラエナイ…

281 :大渦よりの来訪者@目茶苦茶長文ゴメソ。:2000/12/07(木) 16:43
>>軍事予算を削って援助に回し更に国民に貧しくなれと
>そんなこと言ったら援助そのものを否定することになる。
>ものを買わなければ材料費分は浮く。給料分位の金は与えればいい。
じゃあ、買わなかった物を作っている人たちへの給料は?物の材料を作っている人たちは?
ものの流れっていう物は、実際の金額なんかよりずっと多くの人を養っているんだよ。

>そんなことは常識の範囲。NGOなどがやっている。その手助けになればよい。
>大変な努力が必要だからこそ、金がいる。
実の所、お金は必要はない。というよりもお金が無ければ出来ないような援助は、
どうやっても甘えの構造を生んでしまう。お金を出してた国が不景気になって、
(もしくは某ソ連の用に崩壊して)援助を止めてしまう事は良くある話。
でも、そこで援助を止めた時でも効果が持続するものでないと意味が無い。
物を提供するのではなく、そこにある何かでどうにかする方法を教えなければいけない。
道路を作ってあげるより、道路を作る方法。井戸を掘ってあげるより、井戸を掘る方法。
お金をつぎ込んだ援助と同等の効果をもたらす余りお金を使わない援助の方法があるのに、
何故無理矢理お金を使う必要があるんだね?
1995年の日本のODA実績は約1兆3854億円。
むしろ、この金額からはっきり言って援助する必要はない某C国向けなどを削り取り、
より貧しい国に向けるべきだ、くらいの主張はして欲しい。
知っている?我々は自力で宇宙ロケットを打ち上げられる国に援助しているんだよ。
これを無駄といわずして・・・・・・。

>>ダムの維持にどれだけの人的・資源的リソースが食われるかご存知ですか?
>特に知る必要はありません。やるべき人が知ればよい。
>その国での雇用も生み出すことになって良いでしょう。
・・・・・・馬鹿かね、君は?自分でか語らんとする事について知識を持たずして、
いったい何が語れると言うのだね?
例えば、ダムを建てれば確かに水量の安定確保や電力の供給は出来るように成る。
しかし、綿密に計画を立てて作られた筈のナイルのアスワンハイダム周辺では、
現在、地下水位の上昇による塩害(詳しい仕組みは自分で勉強したまへ)
に付近も住民が苦しむように成っている。
また、毎年春の増水が運んできていた養分が無くなり、土地が痩せてしまって、
化学肥料無しでは土地が耕せなくなってしまっている。

さらに、人的リソースの浪費について言わせてもらえば、
発展途上国では少ない高度な教育を受けた人間がダムを運営しなければ、
ダムはやがて無用の長物に成ってしまうであろう。
他の事、例えば痩せてしまった耕地の復活や教育に携わっていたかもしれない人間が。

>そんなことはありません。食料が届けば少なくともその人は飢えがしのげるし、
>病院ができれば今までより、治療も受けられる。
君は、最も根本的な部分を理解していない。食糧援助を受けて当座の飢えを凌いだ人間の、
それから食べていく食料はいったい誰が作るのだね?誰がずっと援助しつづける?
当然の事、そんな飢餓状態が発生する時点で耕地はまともな状態では無くなっている。
無理して作物を作ろうとするから、地力がどん底まで落ち込んでしまう訳だ。
土地のキャパシティにたいして人口が増えすぎた時、古来よりとりうる手段は数少ない。
対外侵略か口減らしくらい。
自然の摂理に反して人口が増えたり死亡率が低下したりした所で、
結局、その無茶を支えるだけのある程度の大きさの経済力が無ければ人口が増えても、
それを支える事が出来ないじゃないか。自分の飯すら自分で用意できない人間を、
全員が全員、先進国の人間が面道を見るべき?

>ダムができれば、それによる恩恵を受けられる人が当然でてくる。
問題は、それが真に助けを必要としている人間ではない事が余りにも多すぎる事だね。
本当に貧しい人たちは、その日の生活に汲々としていて先を考える余裕など無い。
結局、上手い話に乗り遅れてしまう訳だ。
歴史上の事実に例えば、貧民救助を目的とした「墾田永年私財法」は、どんな結果に終った?

>北のような国に対しては、国連が直接配る。
それを実行するためには、はっきり言って相当大規模な武力による内政干渉が必要だ。
どう考えたってそんな行動に正義はないし、そうでなければそのプランは実行不能。
良く、人の話をちゃんと聞いていないっていわれない?

282 :>281さん:2000/12/07(木) 17:12
長文、まことにお疲れ様です。
あなたの書き込みに対する1氏の反論を予測します。
「そういうことは、専門家が考えればいい。今はまず
行動すべきだということがあなたにはわかっていない」
こんなとこじゃないかと思うんですけど、どうですか?

>1氏
君の「細かいところは他の人間が考えればいい」という態度が、
ここの(私も含めた)軍オタから馬鹿にされている原因だと、
いいかげん気づいたらどうだね?

283 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 17:36
>1
おまえ数学苦手だろ。
答えは知ってるし、その解き方も何となく参考書で読んだことがあるけど忘れた、もしくは全然知らない。
世界から飢餓が無くなって食べ物にしっかりありつけることが良いことかはみんな知ってるんだよ。
だけど、おまえの言っていることは全く論理的ではないよ。
答えだけ知ってるから自分はその答えを導き出せるだけの知恵と能力があると信じ込んじゃっているんだね。
そんなことだと大学受からないぞ(藁
「そんなことは知る必要はない、専門家がやればいい。」なんて平気で言うけど、
少なくとも自分の主張を裏付けるための知識ぐらいは披露してくれ。
此処の人間はおまえみたいな理念バカは煽られてぽいと捨てられるだけだぞ。
2CHに限らず現実社会でもそうだけどね。

284 :ロンメル太郎:2000/12/07(木) 19:21
>>1

コーエーのゲームじゃないんだから、
徴兵に使うコメとカネを民に施したって
民忠アップぅ〜ちゃりらり〜ん
なんてことにはなりませんよ。

285 :低級な煽り:2000/12/07(木) 19:40
1の生存に必要な資源を削減するだけで、
地球上から餓死を減らすことができる


286 :低級な煽り:2000/12/07(木) 19:40
しまった、sage忘れた。

287 :晒し連射:2000/12/07(木) 20:10
>>1 >>1 >>1

>>1 >>1 >>1

288 :名無し三等兵:2000/12/07(木) 21:29
どうせ餓死する人間を本気で心配してないだろうけど。
でも一言、安易な援助は反対です。
安易で身勝手な自然保護活動の結果、より理不尽で凄惨な
結末に至る事はよくある事です。
安易な援助の結果、人口が増えたら間引きしますか?
事情により援助を打ち切らねばならなくなった時
犬や猫と同じ様に捨てますか?
援助にどれだけの責任を持てますか?
中途半端な援助はより悲惨な目にあわせるだけです。
彼等も人間、貴方の愛玩動物じゃない。
かわいそうだから、そんなエゴを満足させる為に
彼等を玩ぶような非人道的行為は許せない。


289 :読まずに書き込め厨房スレ:2000/12/08(金) 01:04
軍事費をたくさんにして、おろかな下等民族を、皆殺しにして、
死体をつっついてあそんだらたのしいと思います

290 :>1:2000/12/08(金) 02:02
地球上にはすでに許容量を超える人口があふれかえっている。
だから貧乏な国から大量の飢餓死亡者がでるのは、いわば
「資本主義による国単位での自然淘汰」なのです。そしてどこの国も
「貧乏な国」というババを引いて「自然淘汰」されないために軍事力、
経済力を行使して「国益」をまもっているのです。
「貧乏な国」が存在するから「裕福な国」も存在するって事に1はお気付き
ですか?この世から「貧乏な国」が無くなったらそれは同時に「裕福な国」も
無くなる事を意味するんですよ。そして人間という生き物は本質的に、そのような
「平等」を望んでいません。人間ほど欲深な生物は他にいないですから。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 02:06
>地球上にはすでに許容量を超える人口があふれかえっている。

牛肉食わずに豆食えばまだまだイケルぞ。

292 :名無し三等兵:2000/12/08(金) 02:20
>>291
みんなでクロレラを食うのもイイ!

293 :名無し三等兵:2000/12/08(金) 03:18
>>290

お前もきっと「自然淘汰」されるんだろうな。

294 :>293:2000/12/08(金) 03:30
お前もナー

あースっきりした。

295 :>1:2000/12/11(月) 17:34
彼女もいないのに
コンド−ム持ち歩く君と一緒だよ

いざ、必要となってから、
買いに行くというのではバツが悪いだろ?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 17:51
>295
よくわかるたとえだ! いいねぇ。

297 :晒し3連射:2000/12/11(月) 23:06
>>1 >>1 >>1

298 :>295:2000/12/11(月) 23:47
私はやる寸前になってゴムきらしてるの気付いて
急いで近くの薬局に買いに行ったっつうダセー思いで
がありまする。

299 :名無し三等兵:2000/12/12(火) 00:45
高度な科学技術の結晶である軍事力を失う事は国家の滅亡を意味しますが
アフリカや盗難アジアの猿人が暇つぶしに量産したガキが飢え死にしたところで何の不利益もありません。

300 :名無し三等兵:2000/12/12(火) 00:54
ちなみに、軍事技術の発達が世の中に役立つ発明が生む、というのはウソだよ

301 :名無し三等兵:2000/12/12(火) 01:16
>>300
なんと言いたいのだ?
「軍事技術の発達が世の中に役立つ発明を生むわけでは無い」か?

「発明には世の中の役に立つものが含まれていたりする」
「発明には世の中の役に立たないものもある」
「軍事技術の発達は軍事の役に立つ」
「軍事の役に立つことが軍事以外の役に立つとは限らない」
以上は独立した事象を並列に並べただけ。
当たり前のことなんで、意味なんて無い。
で、>>300は何を言いたかったんだ?なんか意味があるのか?

302 :名無し三等兵:2000/12/12(火) 01:29
>>299
そういうシッタカは手前ぇの目の前で死んでいくわが子を
どうする事もできないってぇ、体験してから言いな。

肛門からはみ出た蟯虫野郎が。

303 :名無し三等兵:2000/12/12(火) 03:25
>302

まま、気持ちは解らんでもないが、「体験してから言えや」は
この板ではちょっとした禁句だよ?
ここはサラっと流しておかないとキミもベンゼンになるよ。

304 :名無し三等兵:2000/12/13(水) 19:24
>303
まったくの同意じゃ。


305 :名無し三等兵:2000/12/14(木) 00:15
>>302
おまえもないだろ。
そんなにアフリカの子供救いたいのならここに書き込むのに
使ってるパソコンなりドリキャスなり売り払ってユニセフあたりに送金しな。

あと、紛争地域に武器を売ることで生計が立ってる奴もいるんし、
圧制に対しての戦争してる奴もいるんだから戦争批判なんかするな。
かなしいけど戦争は人間の本能なんだよ、人間は他人を陵辱しないと生きていけないのさ

306 :これこれ:2000/12/14(木) 00:20
インターネットも、元は軍事技術のひとつじゃ!

307 :名無し三等兵:2000/12/14(木) 00:36
土人は逝ってよし

308 :名無し三等兵:2000/12/14(木) 00:42
隣の芝は青い...

309 :名無し三等兵:2000/12/14(木) 01:17
世の中きれい事だけじゃどうにもならないことが多いけど
きれい事もいいもんだね、、、、 なんちって

310 :名無し三等兵:2000/12/24(日) 22:22
あげちゃう・・・

311 :名無し三等兵:2000/12/24(日) 22:26
寝た子を起こすな。

312 :名無し三等兵:2000/12/25(月) 11:01
>ドリキャスなり売り払ってユニセフあたりに送金しな。

ユニセフの会長やってる澄田さんって 敗戦時 国民党軍閥に部下を売って自分は
さっさと日本にとんずらした元第一軍司令官澄田中将の息子ですね。
皮肉な話。



313 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 00:14
サヨ偽善あげ

314 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 00:25
偽善で集まった金でも物は買えるさ。何もせんよりはいい。

(音符)バビル二世の歌のサビで
難民キャンプのー救済もー
天然痘のー撲滅もー
もとはー博打のー上前ーだー

ただ軍事板の話題でも、このスレの話題でもないな。

315 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 00:28
この世の中で無駄に見える事で、
本当に無駄な事など無いのですよ。


316 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 00:35
日本の左派の平和論って
低脳で傾聴に値するものなどひとつもない。
三才児以下の御伽噺ばかり。

317 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 00:43
 国民皆兵。 武装して、志願義勇軍で、日本軍を創設。
 武器を吾が手に、きっと国を守りますぞ。


318 :名無し三等兵:2000/12/26(火) 07:39
>317
そうなれば、安心して遊んでいられる。
靖国神社にはお詣りするよ。

319 :名無し三等兵:2000/12/27(水) 06:35
軍事政権だった国は、国民が悲惨な目に遭うんですけどね〜


320 :名無し三等兵:2000/12/27(水) 06:43
国民皆兵=軍事政権かい。 ぷ

321 :名無し三等兵:2000/12/27(水) 08:36
ブサヨクもいやらしいが
ゴウヨクはなお悲惨。

ゴウヨクに憧れは哀れ極まり。


322 :名無し三等兵:2000/12/28(木) 14:59
どれが無駄か。

え、一切ムダ?

正気かや。

323 :名無し三等兵:2000/12/28(木) 23:01
ところで、1はどこ逝ったんだろう

324 :名無し三等兵:2000/12/30(土) 16:56
それを中国や北朝にも言ってこい

325 :名無し:2000/12/31(日) 05:43
自衛隊に、北朝鮮軍の道を歩ませたくないのです。

326 :名無し:2000/12/31(日) 07:02
日本の自衛隊は全て放棄し、朝鮮人民軍に全権を委譲するべきなのです。
チョソンインミングンマンセー

327 :名無し三等兵:2000/12/31(日) 07:36
国民皆兵?日本は人口が多すぎて無理でしょう。
ただ、職業軍人とその他、しか存在しないと戦争になった時困るね。
おまえら仕事だろ、ちゃんと戦争しろよ、なんて言われる。
おまえの国が危機に瀕しているだぜ、なんて通用しないね、きっと。


328 :名無し三等兵:2000/12/31(日) 07:57
>1
確かに無駄な軍事に金を使うべきではない。有効なな軍事に金を使うべきだ。

329 :名無し三等兵:2001/01/01(月) 04:58
>>1
新年早々笑わせてもらったよ、ありがとう。
でもなぜ軍事力が世界から無くならないかを考えたほうが
いいかもね。
ちなみに憲法レヴェルで軍事力の保持を否定している国家は
いくつあるか、国名も含めて言ってごらん?
もちろん軍事力に金をかけることが無駄であると言い切る君の
ことだから、そんなことは言えて当然だと思うけど、いや、
気分を悪くしたら悪かった。

ところで1に根本的な質問なんだけど、君をそのような人類愛に
駆り立てた書物、人物ってのは何なんだい?
いや、正直驚いてるからさ。

330 :名無し:2001/01/02(火) 07:36
俺、1に賛成だな。


331 :名無し三等兵:2001/01/02(火) 12:11
暴力反対!ガンジーを見習おう。

332 :>331:2001/01/02(火) 13:26
オイオイ。別にガンジーは自衛のための軍備は否定してないぞ。
「非暴力不服従主義」はあくまでも「独立運動の手段」でしかない。

333 :飛燕:2001/01/02(火) 13:58
分かっちゃいるけどやめられない



334 :ハントシャール:2001/01/02(火) 14:00
日本軍と武装親衛隊(ドイツ軍)に志願したインド兵もいるんですね(=インド国民軍)。
あ、これはチャンドラ ボースさんだったかな?

335 :名無し三等兵:2001/01/02(火) 17:41
http://topia.yam.com/home/aoiryuyu/pages/index.html

336 :名無し:2001/01/03(水) 04:34
おれも1に賛成

337 :アスリート名無しさん:2001/01/03(水) 05:19
賛成者、大いに語ってくれ。バランス悪すぎる。

338 :名無し~3.EXE:2001/01/03(水) 05:36
飢餓は金では解決しない。
以上
■■■■■■■■■■■■■■■ 終了 ■■■■■■■■■■■■■■■

339 :名無し:2001/01/03(水) 06:41
戦争で難民・飢餓を発生させてるものな。
血色がいいのは双方の軍人達のみ。
だから、ご飯が食えると言う理由で軍人になるヤツが増える。

340 :名無し三等兵:2001/01/03(水) 17:36
>>330 >>331 >>336 >>337 >>339

まず、このスレッドを最初から読んでみてくれ。話はそれからだ

341 :1明けましておめでとう:2001/01/13(土) 03:53
久しぶりに戻ってきてもう無いのではないかと心配したが、スレが無くなってい
なくて良かった。(以前を読まずにレスを付けている者が多い)
少数でも理解者がいてくれてこれも良かった。
このような人達が世界を明るくし、逆に文句を言っている下向きな類の者がこの
問題を解決さえない原因の一つ。問題を生む根元か。

煽っていない。よく読め。>266 以前のレスを読んで>290@`315@`332@`338
全額と言った訳ではないだろ?しっかり読んでからレス付けて。>267@`299@`322
俺がいっているのは税金の使い道。それも1%の中の数%>269@`271@`274@`280@`305
日本の景気の問題は、政治家連中の私欲の問題>270
その額は使われていない>272
私財を提供してもいる>274
既に書いてあるようにsageで書くものは相手にしない。>275@`282氏など
こんなことでイライラするな。その心の狭さに問題がある>276、277

>276
品のない言葉を使うな。世界には働きたくても働けないものが大勢いる。
自分らは先祖のおかげ、この日本に生まれてきたことで自分の実力に関係なくそ
の意味では徳をしている。 ともかく主張をよく読んで答えろ?
自分は社会主義ではない。

笑えるのは体にいいこと。文句言っている連中よりいいだろ?>279@`329
それ、君だろ?>295 左派でもない>316

>283
お前、無知で馬鹿だろ。
そんな細かい理論的裏付けを国民にいちいち説明しなくても予算案は沢山国会で
通っている。お前、何か細かいその金額になる説明聞いたことあるか?
意志の問題つまり、心の問題で人は動き細かい有効な裏付けを探す。その知恵を出す。


342 ::2001/01/13(土) 04:13
そう、有効な部分だけでいい>328
賛同ありがとう>330@`336  その通り>331
>339
なるほど。それも問題。武器を提供している連中のあり方に問題がある。

>329
>軍事力が世界から無くならないかを考えたほうが
それは既に述べている。

>ところで1に根本的な質問なんだけど、君をそのような人類愛に駆り立てた書
>物、人物ってのは何なんだい?いや、正直驚いてるからさ。
驚かれるほど立派なことはやっていない。
去年は4万超くらいの寄付はしたけど、人から比べたらそれも大したことはない
だろうし、又自慢する気も人に押しつける気もない。
寄付を呼びかけるHPで押しつけがましいのもあったけど、それはおかしいとさ
え思っている。
反論でよく読まずに飛躍しているモノが多いけど何も自分は、自衛隊を無駄だな
んて全く思っていない。また、全て放棄だなんていう勇気もないし、現状を考え
ればそれは少し無責任だろう。

書物でも人物でもなく、ただテレビで貧困な国の様子が写され子供にも笑いがない
のは可哀相と思った。
異常な貧困も徴兵もない日本に生まれて、とてもよかったと思った。
何も自分は、貧困な国を日本並みの国にすべきだなんて言っていない。正直それで
は日本人も困るだろう。
ただ、「食べられるようにはしてあげよう」と言っているだけ。その手助けとして、
特に日本に限らず軍事費に無駄があるからそれを使おうと言っているだけ。
直ぐに全体が良くなるとも思っていない。「ローマは一日にして成らず」積み重ね
で改善されるはず


343 :1>大渦よりの来訪者 324:2001/01/13(土) 04:30
>じゃあ、買わなかった物を作っている人たちへの給料は?周辺国を考えてくれ。
言葉の意味分からない?
それに、それを言っていたら貧困な国への救済は別にしても軍備縮小は永遠に有
り得ないことになる。

>というよりもお金が無ければ出来ないような援助は、甘えの構造を生む
甘える、甘えないは関係ないのが分からない?

>援助する必要はない某C国向けなどを削り取り、
例えば、北朝鮮。周辺国を考えてみな。
日本も含め圧倒的に北朝鮮より強い国ばかり。しかも、軍事同盟も結んでお
り、日本にも米軍がいる。
これでは(権力の座にいるものは欲はあるだろうが)北が援助を受けていて
も、野心が無くても軍事を欲しがるのは致し方ない面がある。
だから、軍事を勇気を出して減らそうといっている。特にアメリカは我が儘だ。

>自分でか語らんとする事について知識を持たずして、いったい何が語れると
そんなことはない。むしろ今までの主張を考えると君の方が馬鹿に思えるが。
そんな細かい理論的裏付けを国民にいちいち説明しなくても予算案は沢山国会で
通っている。何か細かいその金額になる説明聞いたことあるか?
意志の問題つまり、「助けようとする」心を持つことで人は動き細かい有効な裏
付けを探しもする。

>しかし、綿密に計画を立てて
支援に限らず、計画通り全てが上手くいかないのは特別なことではない。

>北のような国に対しては、国連が直接配る。 それを実行するためには、はっ
>きり言って相当大規模な武力による内政干渉が必要だ
そんなことはない。配れる体制が確立するまで交渉していればいい。


344 :藤原緒嗣:2001/01/13(土) 04:42
軍事と造作は民を苦しめます。

345 ::2001/01/13(土) 05:04
>288
(sageは相手にしないと既に書いてしばらく読んでもいなかったがこれは言っておく)
>彼等も人間、貴方の愛玩動物じゃない。 かわいそうだから、そんなエゴを満
>足させる為に彼等を玩ぶような非人道的行為は許せない。
このスレ見て分かるように、貧困な国の人をあざ笑うようなレスがあるけどそれ
には何も言わないのか?それ見てどう思うのだ?
自分が弄んでいるとすれば貧困な国の人ではなく、君ら。

>大渦よりの来訪者
>誰がずっと援助しつづける? などほぼ全部。
米が余って売りたい国もあれば、開発で作れるようになるところもある。
先進国の技術があれば、効率も良くなる。昔は、月に行くのは夢物語だったな。
ダムを運営する程度の人数の教育もできないか?その技術も身に付かないか?一生。
>「墾田永年私財法」は、どんな結果に終った?
それが何の関係がある。失敗したら諦めるのか?

君はともかく以前の文章を読んでから書いてくれ。
自分の手間を増やさないようにしてくれ。
それとも嫌がらせで丁寧な言葉でこんなレスを付けているのかい?

>337
確かにバランス悪いけど誰かがいっていたように軍ヲタの集まりでは仕方ない。
一部を除きここには自衛官になれない、その勇気も能力もない者がいてでも司令
官気分で本などを見ながら戦闘機、戦車、艦船などの部隊配備、数、能力などを
空想、妄想に浸ってしているものがいるのだろう。
そして自分のスレは、1%の中の数%の話なのにその軍ヲタとやらの心のよりど
ころである軍事妄想だからこそ耐え難く傷つけてしまっているのだろう。
だが、前に言ったようにそれが目的ではない。
煽りだったら、1%の中の数%なんてせこい言い方はしない。
            以上

346 :>1:2001/01/13(土) 05:35
おれもキミの意見に賛成だよ。
日本は通常兵器のムダ使いはもういいから
とっとと核を持ってそれでもし金が余ったら
北朝鮮でもどこでも食料援助でもすればいい。
まあ今後、共和党政権下の米国から誇張された
北朝鮮、中国の軍事情報がなだれ込むんだろうなー・・


347 :まだこのスレあったんだな:2001/01/13(土) 07:33
>>1
軍事が100%無駄だと言ってるワケじゃなさそうなので、
軍事目的に使われてる中で無駄な金を何らかの援助に回すの
なら賛成。
ただし、いい加減な食料援助には反対。
一時的に飢餓を無くすことができても、それが将来に
繋がらなければやらない方がマシ。
今飢餓で苦しむ子供達が、10年後、20年後に
自らが育てた農作物の前で笑うためにはどうしたらいいか、
他人任せにせずに考えてみるのも良いと思う。

>そして自分のスレは、1%の中の数%の話なのにその軍ヲタとやらの心のよりど
>ころである軍事妄想だからこそ耐え難く傷つけてしまっているのだろう。
>だが、前に言ったようにそれが目的ではない。
あなたの言い分は軍事行為=100%無駄だと言ってるように
解釈できるのだよ。スレのタイトルからしてね。
で、わざわざ喧嘩売ることもないんじゃない?
賛成意見が欲しいならさぁ。

>>346
核ってのは持っててもまず使えないから、
結局通常兵器は無くならないよ。

348 :>1:2001/01/13(土) 09:52
では、まずは削減するべき軍事費の判断基準を定義する必要がありますね。

1氏は、軍事費に無駄があると、お考えになられたので、こうした
スレッドを建てられたと思うのですが、どの部分について無駄を
感じられたのか、よろしければ、お聞かせ願えませんでしょうか。

349 :ドクターいりこ:2001/01/13(土) 10:25
・軍事費の中には高級官僚や将軍クラスの連中がポケットマネーに
しているカネがある。(とくに途上国!)
・経済援助を私物化する権力者がいる(スハルトやマルコスなど)
・経済支援を軍事費に転用する(大体はソ連製の武器に変わる。
その中間でピンハネをするアルファイドのようなヤツもいる)
・経済支援自体で稼ぐ連中もいる(日本の総合商社!)
う〜〜んムダばっかりだ(-_-)

350 :346>347:2001/01/13(土) 17:12
核ってのは持っててもまず使えないから、>
結局通常兵器は無くならないよ。>

別に核持ったからといって通常兵器が不要だとは
言わない。でも今の日本をとりまく軍事情勢をみてもこれ以上、通常兵器に
お金かけるのはムダではないのか?少なくともアジアでは
圧倒的でしょう。中共も北朝鮮も相手にならないくらい貧弱だ。
同じ金をかけるなら日本に本当に必要なのは空母なんかじゃなくて
法整備と核兵器。


351 :>1:2001/01/14(日) 00:53
ある程度の食料援助ならあなたに言われるまでもなく
日本政府が既にやってるでしょうな。
ただ、これからは日本も高みから援助できるような裕福な
立場じゃなくなってくるかもしれんって事も勉強しような。

352 :名無し三等兵:2001/01/14(日) 00:57
まだやってたんだ……。

353 :347じゃないが:2001/01/14(日) 01:03
>>350
核兵器が使えないなら結局のところ通常兵器は減らせない。
現状に加えて核兵器の開発、製造、保管、運用コストが増え、
しかも日本企業が海外相手に商売しにくくなるだけ。
引きあわなすぎ。

354 :花と名無しさん:2001/01/14(日) 01:06
               ♪いらないモノが多過ぎるゥ〜
       Λ_Λ ♪いらないモノが多過ぎるゥ〜
      ( ´∀`) ♪いらないモノが多過ぎるゥ〜
      ( つΘ∩  ♪いらないモノが多過ぎるゥ〜
       〉 〉|\ \
      (__)| (__)
         ┴

|オマエがいらない
 ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧           .Λ_Λ ♪いらな・・
 ( ´∀`)          ( ´∀`)‥∵
 (つ===つ==∽∽∽∽⊂( つΘ|二二二二
 | | |            .〉 〉|\ \"∵‥
 (__)_)           (__)| (__) ビシュ
                   ┴




355 :名無しさん:2001/01/14(日) 01:12
まず、無駄な生活保護制度を廃止すれば(やくざ、浮浪者向け共産党のばらまき)
世界の経済を数パーセント向上させることが出来る

356 :名無し:2001/01/14(日) 20:30
軍事費をなくすと,民族紛争の死者が出る.
「平和が欲しければ,戦争の準備をせよ」はローマ時代の箴言だ。
20世紀の左翼の宣伝文句はもう古い。
21世紀は自国安全第一主義だ.国防に必要な金はバンバンつかう。
他国のことは他国の政府の責任だ.余計なお節介は止めよう.


357 :名無し三等兵:2001/01/14(日) 20:33
援助援助とと偉そうに銭をばらまいたところで、貰った国はセコセコ
軍を増強してるからとっとと止めればいいのに…

358 :ドクターいりこ:2001/01/14(日) 23:14
軍の増強よりも私腹の増強に使うことの方が多いよン!

359 :伊-400:2001/01/14(日) 23:41
人間性善説は根強い。この日本国はおかしいと疑うほうが、鋭く批判されるんだから

360 :名無し三等兵:2001/01/14(日) 23:53
人間性悪説の方が俺は好き。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 00:17
>>1
まったくです。軍事費なんで全て無くしてしまえば良いのです。
そして皆で平和を享受しましょう。
スポーツや音楽、映像、フラワー、セックス…、倦むほどに
満たされるのです。

362 :名無し:2001/01/15(月) 06:17
戦争はゲームだけで十分。


363 :名無し三等兵:2001/01/15(月) 09:32
>>360
はげしく同意。
性悪説は誤解されていることが多く
あまり指示されない傾向があります。

364 :名無し三等兵:2001/01/15(月) 09:56
>363
マルチ商法に引っかかってる馬鹿が山ほどいる現状を考えると、
もっと普及してくれた方が良いね。

365 :名無し三等兵:2001/01/16(火) 13:59
1を見習え!これからは軍縮妄想をしろ!

366 :名無し三等兵:2001/01/16(火) 17:15
浮浪者ややくざを養う生活保護制度よりも
軍人を育て鍛える、軍事のほうが遥かに国家にとってまともじゃ

367 :名無し:2001/01/16(火) 21:23
国家がまともより人間がまともな国がいいな。

368 :名無し三等兵:2001/01/16(火) 21:27
よくこんなスレが続くなぁ・・・。

369 :名無し三等兵:2001/01/16(火) 23:01
でも、1も勉強していると思うよ。
だって、食料の空中投下という寝言は言わなくなったし。
まあ、理想を追いかけるのはいいことじゃないかな。
それに賛成する人間はここにほとんどいないけど。

370 :名無し:2001/01/17(水) 05:27
1に賛成するよ。

371 :名無し三等兵:2001/01/17(水) 05:44
餓死をなくす事ができるといいきる表現がまずいな。
せめて若干一時的に減少させる事ができるのほうが正しいかも。

372 :名無し三等兵:2001/01/17(水) 18:23
援助交際あげ

373 :名無し三等兵:2001/01/17(水) 19:11
このあいだ正月
横浜でドキュソバイク轢き殺しそうになった。
あいつら氏にたいのかな?そんな?

374 :名無し三等兵:2001/01/19(金) 05:24
sarashiage

375 : :2001/01/19(金) 20:50


376 :名無し三等兵:2001/01/20(土) 16:41
1はとりあえずカーの危機の20年を読みなさい。

377 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 00:29
アフリカではダイヤモンドやレアメタルなど金になる資源が無くならない限り紛争続きそう

378 :名無し:2001/01/22(月) 05:26
日本にはダイヤもレアメタルもないから、紛争に巻き込まれることはないな。

379 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 08:52
もう日本領海から未確認の資源が永久に発見されない限り、ね。

380 :糞レス返すよ:2001/01/22(月) 08:57
餓死はなくなるかも知れないけど
宇宙人が責めてきたとき困るでしょ?
石斧じゃ勝てそうにないね…

381 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:24
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

382 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:25
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

383 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:25
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

384 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:25
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

385 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:26
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

386 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:26
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

387 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:26
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

388 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:26
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

389 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:26
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

390 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:27
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

391 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:27
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

392 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:27
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

393 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 10:27
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう
時の他国のロケット弾と比較してどうだったのでしょう

394 :↑のような人間が:2001/01/22(月) 21:36
地球上に存在する限り軍事力はなくならないでしょう。

395 :名無し三等兵:2001/01/22(月) 22:48
これも一種の多連装ロケット攻撃と考えて良いのかな? (σ‐ ̄)ホジホジ

396 :名無し三等兵:2001/01/24(水) 09:51
>>394 激しく同意(w。つーかこのよーなヤツは軍事力のほかに、
医療技術とか警察力も必要になりそうだけど。

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>872>>880>>888>>914>>938>>958>>984
***************************************************************************************@顏/test/read.cgi/army/974219695/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)