5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  4月公開迫る!映画「スターリングラード」  

1 :名無しさん@戦車お腹いっぱい。:2001/02/28(水) 17:10
なんでも、「U・ボート」のスタッフらによって創られたとか。(以下紹介文)

●THE ENEMY AT GATES(邦題:スターリングラード)
 400人殺した。命を指先に感じながら―――。
第二次世界大戦で最も激烈な戦と言われたドイツとソ連のスターリングラード戦。 世界の行方を決めたのは、25歳のスナイパーだった。
実在した伝説的スナイパー “ヴァ シリ・ザイツェフ”の極限の愛と生を、ポスト・ブラピと呼ばれるジュード・ロウが 好演。名匠ジャン=ジャック・アノーが総制作費8500万ドルの巨費を投じて製作した
「プラ イベート・ライアン」をも越える衝撃のスペクタクル・ヒューマン巨編。
製作:パラマウント 監督:ジャン・ジャック・アノー
出演:エド・ハリス、ジョセフ・ファインズ、ジュード・ロウ
2001年4月日本公開予定
http://www.enemyatthegatesmovie.com/(英語)
http://www.herald.co.jp/(日本語)
http://www.warmovie.com/(戦争映画サイト「クロス オブ アイロン」

2 :名無し三等兵 :2001/02/28(水) 17:34
リメンバー・パールハーバー沖も忘れずに!

3 :名無し三等兵:2001/02/28(水) 18:15
プライベート・ライアンの制作費は、どれくらいだったっけ?

4 :名無し三等兵:2001/02/28(水) 19:03
日本語サイトではダウンドードがたるいんで、
米国サイトのアドレスを探してきました。

早くて快適です。

http://www.10000-starz.com/site_fr/cinema/bandes_annonces_videos-archives/0-9_A-Z/E/cinema_bandes_annonces_videos_Enemy_at_the_Gates_fr.html



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/01(木) 12:04
age

6 :名無し三等兵:2001/03/01(木) 13:04
既にスレある。
一通り見てから立てな。

7 :名無しさん@まだ選挙に行けない:2001/03/01(木) 20:56
 劇場は、何系なのですか?

8 :名無し三等兵:2001/03/08(木) 12:39
試写とかやってないの?

9 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 17:50
http://www.herald.co.jp/infomovie/index.html
スターリングラード ENEMY AT THE GATE 4月 東京[日比谷スカラ座1]大阪[梅田スカラ座]ほか、全国東宝洋画系にてロードショー
400人殺した。命を指先に感じながら---。
第二次世界大戦で最も激烈な戦いと言われたドイツとソ連のスターリングラード戦。 世界の行方を決めたのは、25歳のスナイパーだった。

10 :Mr.名無しさん:2001/03/11(日) 17:59
軍事板のみんなは大丈夫だろうけど
軍服きて観に行ったら大恥じかきますぞ。
ジュドローめあての女もけっこう来そうだからね。

11 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:01
>9
もっと件数たまってる同一スレあるのにageるとはね、、、、

1=九

12 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:01
通貨、普通の人間は
街を歩くのに軍服なんて着ないって

13 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:06
一般開放のとき軍服で来るキチガイはどうよ

14 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 19:01
誰も指摘してないが、一応指摘しとく。>>1
「CROSS OF IRON」はクロス オブ アイロンではなく
クロス オブ アイアンです。もう一回英語を勉強しましょう。

15 :名無し:2001/03/11(日) 20:24
スターリングラドと日本の関係など:
スターリングラドはボルガ川のふちに伸びる重工業都市だ。
1942年ナチスが30万の大軍で攻撃した。しかし補給線が延びすぎた。
そこをソ連が切断した。そしてロシアの冬がきた。
ドイツ軍は飢餓に襲われた。
戦闘は工場群の中で行われた。ソ連も大変な死傷者を出した。
そこに、アジアから新品のソ連軍100万人が戻ってきて勝利した。
これはゾルゲ情報で日本が南下すると知り、満州国境から引き抜いた
無傷のソ連軍であった。
降伏の際工場の地下病院にいたドイツ軍将兵は恐るべき運命を知り
何千人と自殺したという。ソ連は野戦病院にガソリンを流し込んで
火をつけた。事実捕虜10万人のうちドイツに生還したのはわずか9千人という。
雪中行軍による大量死者で、翌年のドン川の春は腐臭で覆われた。


16 :名無し三等兵:2001/03/23(金) 20:37
あげ

17 :少佐:2001/03/23(金) 20:41
15番。
もしそうだとすれば、日本がソ連に戦争を仕掛けた
ら、ドイツは勝ってたということですか?

18 :名無し三等兵:2001/03/23(金) 21:06
広告の写真を見るとドイツ戦車・・・
3号M型??
実写の様に見えたが・・・。
どうなんだろ。

19 :名無し三等兵:2001/03/23(金) 21:08
>>18
マニアが個人所有してるらしい(これは4号の話だっけ?

20 :>19:2001/03/23(金) 22:07
ドイツ人のオッサン(元戦車兵)が自走可能な2号、3号戦車をレストアしたっ
て記事が『戦車マガジン』にあった。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 09:06
age

22 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 10:17
見てきたよ。まあまあ面白かった。
ライアン同様最初のスケールでかい戦闘シーンがよかった。
ドイツ側陣地に突撃し、退却してきたやつは仲間の機関銃で
やられてました。
でも、ロシア人もドイツ人も英語使っちゃってるところが
萎えた。以上。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 21:53
戦車は? 戦車は? 戦車は?

24 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 22:22
>22
うえ〜・・英語萎え〜(;; それだけで反米すわ。

25 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 23:51
>>22
主人公のいるソ連側は便宜上仕方ないというコトで譲るとしても、
ドイツ側くらいはドイツ語使ってもらいたかったところですな。

26 :名無しさんの野望:2001/03/26(月) 23:57
ジェームス・コバーンは?

27 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 11:23
とりあえず、2chとかで、ブサヨク、チャンコロなどと、
恥ずかしげもなく書き込んでる輩に観てもらいたい作品ですな

28 :ナイツ:2001/03/27(火) 22:32
言っておくがこれは実話だぜ。
ザイツェフとコーニングス少佐は実際スターリングラードで対決したんだぞ。

29 :名無し三等兵:2001/03/28(水) 09:59
昔の「スターリングラード」を見たが「Uボード」より退屈じゃなかった

30 :22:2001/03/28(水) 10:56
>>23
戦車は3号?かな。出てきましたけど、やっぱり狙撃がテーマなんで
そんなに大々的には出てきませんでした。
>>24,25
たまにソ連側もドイツ側も母国語使うんです。だからちゃんぽんでした。
「ダワイダワイ!」とかね。でもドイツ軍がロシア陣地に向けて投稿勧告
するんだけど、それがドイツ訛りの英語で、めちゃ萎えた。
>>26
ジェームスコバーンなんてでてきた?知らなかった。

あと、ドイツ空軍の爆撃のCGがちょっとあれでしたね。
爆弾の落ち方が、、、でもホントにあんな風におちるのかなー?


31 :一等自営業:2001/03/28(水) 11:03
細かいトコは別にして、全体的な印象は非常に良かったです。
ヘラルドの宣伝担当は女性で、ナニ間違ったか戦場恋愛物で
売りたがってますが、完全な戦争映画です。

ハリウッドらしくない良質な映画です。
戦場の臭いが感じられる映画です。珍しいです。

それからジェームスコバーンなんて出ないぞ!
戦争のはらわたはよろしくない。

32 :25:2001/03/28(水) 13:08
>>30
ありゃりゃ。
ちゃんぽんなんてするくらいなら、
どっちかだけでも母国語で統一すればよかったのに。
まぁ、なんか事情は有るんでしょうが。

それにつけても早く観たいなぁ。
先に「鼠たちの戦争」読んだンで話の大筋はもう分かっちゃってるんだけど。
あ〜、そういえば、前にコレが原作だって書いたが、
帯をよくよく読んでみたら「原案」ですらなかったらしい。
鵜津田氏の鵜

33 :名無し三等兵 :2001/03/28(水) 13:57
プライベート・ライアンの時ほど、話題になってないのがつまらん。

作品の内容よりも、有名な監督や俳優のほうが優先される・・・・
哀しきかなニッポンジンのわるいところ。

34 :名無し三等兵:2001/03/28(水) 14:12
ハリウッドじゃないからね

35 :22:2001/03/28(水) 14:15
>32
そうだね、統一して欲しい。
あと、この映画は戦争を描いたというより、それを背景にした
狙撃兵同志の男と男の対決、みたいな感じだからね。
ちょっと途中でハリウッドお得意なカットとかでてきちゃうけど。



36 :名無し三等兵:2001/03/28(水) 16:42
>>33
その辺、一等自営業氏のいうところの
配給会社のトンチキな宣伝戦略にも通じる問題ですな。

監督や役者に分かりやすい「売り」が無いからって、
無理矢理「戦場恋愛物」として観客動員稼ごうなんて...

37 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 02:46
a

38 :おや?:2001/03/30(金) 02:55
一等自営業氏は戦争のはらわたはお嫌いで?

39 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 03:06
>>36
>配給会社のトンチキな宣伝戦略にも通じる問題ですな。

つか自分の思い通りの宣伝してくれないからってトンチキはないだろ。
イギリスでは恋愛のある“歴史”映画としてヒットしたんだから、それに習うのは仕方が無い。
マニア向けに宣伝して一部だけが喜ぶのと、勘違いさせて多少でも観客を動員するのとどっちが良い?

40 :>39:2001/03/30(金) 03:36
マニア向けの宣伝したらしたで「この程度の出来でマニアックな
リアル指向とは笑わせる、ゆるせん」とかわめくのがマニア(笑)

マニア相手に元手かけた商売するのはよほどの物好きだけなので
彼らも相手してくれる人少なくて寂しいのよ。
だから一般向け作品に「玄人的観点」から無理矢理ケチつけてマ
スタベーションするわけやね、そっとしといたろな。

41 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 05:27
ヤングサンデーでサイトウタカオ先生もリアルだって誉めてたよ。
ついでに、ゴルゴには勝てないつーてた。
射撃の天才の羊飼いと暗殺のプロとの戦いだからってさ。もっともだ。(w

42 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 10:07
どうせならプライベートライアンのキリシタンスナイパー(ジャクソン?)と
比べて欲しかったなぁ・・・

実際問題、難しいだろうけど。


43 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 10:09
ムスリムスナイパーも希望する

44 :名無し三等兵:2001/03/30(金) 21:24
はよ、観て−−−−−−よぅ

45 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 00:06
ネタバレになっちゃうかもしれませんが、
試写会で観た方に質問。
大元帥閣下や政治将校は、どういう描かれ方
でしたか?

46 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 04:43
>42
ジャクソンかっこいいね。「距離400m、左の風2目盛り調整」とか
「主よ手と指に力を与えたまえ」とか印象的。
                                                                   

47 :36:2001/03/31(土) 16:09
>>39>>40
あ〜、おっしゃる通り過ぎて、ぐうの音も出ません。


48 :アメリカ在住:2001/03/31(土) 18:58
>45
ちょうど今日見てきたところ。
スターリンは背景としての肖像画だけ。
モロトフやジューコフ、コーネフといった大物クラスは
全然登場しません。
他にも色々しゃべりたいことがあるけどネタばれになるのでやめとく。
日本での上映はいつなの?


49 :一等自営業:2001/03/31(土) 19:55
>45
主人公を狙撃兵に引き立てるのは、政治将校で彼が急場を救った
からなのです。
あとで元パルチザン上がりのヒロインと恋のさやあてがあり、クラ
イマックス・シーンで、その政治将校が自分を犠牲にして、主人公
を助けます。

この映画の中では、政治将校はプロパガンダ新聞の製作者で、フルシ
チョフに英雄物語の提案をします。


50 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 23:16

http://www.stalingrad-movie.com/ ←日本語公式サイト タマラン!。

2001年4/14(土)〜
東京[日比谷スカラ座1] 大阪[梅田スカラ座]ほか、
全国東宝洋画系にてロードショー
http://www.herald.co.jp/infomovie/index.html


51 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 23:23
某研にオナニーを教えてはいけません。彼は猿と一緒ですから死ぬまでオナルことでしょう。



52 :名無し三等兵:2001/04/01(日) 02:11
映画版でもこの映画のスレ何個かたったけど
一つとして伸びたのないね。やっぱ軍オタにしか
注目されない映画なのかね〜

53 :名無し三等兵:2001/04/01(日) 02:37
>>49
一等自営業氏はオチを書いちゃうときには『ネタばれ注意』と入れて
たくさん改行しておく様に。

54 :名無し三等兵:2001/04/01(日) 03:48
ルドミラ・パブリチェンコの話を映画化してくれんかなぁ〜。
311人殺した伝説の女スナイパーなんて、映画のネタにいいと思うけどなぁ。
ところでパブリチェンコはスターリングラードの戦闘には参加していた?してなかった?

55 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 10:44
age

56 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 23:38
ティッシュと固執ビデオ室は完備されているのかな。

57 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 06:05
今日見てきた。
チョウザメで、なんでユダヤ人の話になるのでしょう?
原題の Enemy at the Gate ってどういう意味でしょうか?


58 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 06:06
自営業さんの「戦争のはらわた」レビューきぼーん

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/05(木) 07:04
ドキュソ戦のスターリングヤードを舞台にしたベンゼン中尉の映画なら観たい。

60 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 08:13
なーんかリアルじゃねーなと思っってたら、、、なんとなくわかった。
基本的にリアルじゃないんだ。
なんつーんだ、銃の反動、戦車砲のショボさ(なんで歩兵があんなに近づくことが可能?)
すべて軽いんだ。かなりがっくり。

61 :名無し三等兵:2001/04/06(金) 00:07
作ったことを素直に褒めたいよ。

62 :ベンゼン中尉:2001/04/06(金) 00:21
我がドイツ製の映画、スターリングラードは重かった。本当に重かった。

63 :cue:2001/04/06(金) 00:24
>62
んんんん---。。。。。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/06(金) 18:25
サバゲーマニアには、プライベートライアンよりもこっちでしょう!!

65 :一等自営業:2001/04/06(金) 18:34
狙撃の人数に関しては、プロパガンダです。
二百人以上は不可能な数字のようで、ソ連邦英雄の
勲章を授与した狙撃兵で最高は約130名です。

この映画はお勧めだって!
締め切りが一段落したら編集と見に行く予定です。
お金を払っても見たい映画です。
リアルかリアルじゃないかは、見てから決めましょう。

「戦争のはらわた」はアメリカ西部劇でパスです。
六年前のドイツ映画「スターリングラード」もチョットね〜〜
1950年代の「スターリングラード」はそれなりに
戦争をやってて、古い映画好きにはお勧めです。

66 :60:2001/04/06(金) 21:55
私ラッシュみたんですけど(笑)

67 :一等自営業:2001/04/07(土) 01:20
そうですか。
試写会を見た人では評価高いんですけど・・・

68 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 01:23
>>66-67
両者とも試写見てるわけですから、自分の目で決めるとします。
いつ逝こうかな。

69 :60:2001/04/07(土) 01:26
なんていうかね。凄惨さというか"痛さ"が見えなかった。
ストーリー重視しすぎやんって感じで。
あのシナリオだったら、別に戦争モノにしなくてもいいんでない?って感じの安易さね。
どうも商売柄ムゴ系の死体見慣れてるんで自分的に神経おかしくなってるのかもしれないけど。


70 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 01:30
>自営業さん

あっし、スタイナーがアメリカ人に見えてしまって,ハイ

71 :一等自営業:2001/04/07(土) 02:14
「戦争のはらわた」はパウル・カレルの写真集を意識して
ソックリな潰れた死体がありましたが、兵隊が個性的過ぎて
いました。ドイツ軍は軍規の厳しい組織で、軍服の乱れの
少ない組織です。西部劇風の復讐劇がチョットです。

>60
私もホラーやスプラッターが好きで、前はよく見ました。
「プライベート〜」はノルマンディーのシーンがチビリそうに
興奮しましたが、あとがコンバットなんで残念な映画でしたね。
面白い映画ではありました。

いつも考えるのは、どう紙面で表現しようか、どう描くか
考えてます。見えない恐怖をどう表現しようか、いまも考えて
まおり現在歴史群像の連載で、ソ連側から下書きを描いてますが
悩んでいます。組織がわからないと止まってしまいますので、なん
となく壁にぶつかってます。
恋愛以外は何でも見るつもりで、今月はハンニバルも見に行く予定
です。

72 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 03:51
60が医者だったらあのレスもあり、だな、

73 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 04:03
楽しみだなぁ。

74 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 05:49
あげとこ

75 :名無し三等兵:2001/04/07(土) 07:11
私も試写見ました。
宣伝されてるように、冒頭のいきなり戦場に送り込まれての戦闘シーンはすごいので
ここだけでも価値アリ。昨今のCG技術の進歩のおかげですね。
でも、その後はスナイパー対決になるので、スターリングラード戦の戦争映画を
期待してると、拍子抜けするでしょう。
まあ、途中でフルシチョフが出てきたり、勲章授与など、
ソビエトならではの楽しいシーンがあるので、退屈はしません。
戦車が置物程度の登場しかしないのが、ちょっとガッカリ。で、私も >>60
意見にうなずける部分あり。本当の戦争は知らないので、現実とは比較できませんが、
印象として、軽い感じを受けました。
これは、両軍、英語だからというのもあるかなあ。(商売ですから英語は仕方なしとしますが)
今週のTVブロス(P.48-)に、2人の映画ライターが
 「スターリングラード戦は重要な戦いなのに、あの描き方はないし、アクション映画としても退屈」
 「寒さや飢えが描かれてないのは、ちょっと違うと思った」
と評論してますが、それも同意できます。
メインはスナイパー対決に見せかけて、もっといろいろ入れられたような気もします。

76 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 10:02
映画の世界で終わってくれ。
これが、今、現実になるのだけはゴメンだ。

77 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 10:35
スターリングラードって、邦題だから、日本人が勝手につけたタイトルでしょ。
現代は、Enemy at the gates
 

78 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 12:12
「ゲイツの所にいる敵」

79 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 14:36
「スターリングラード」の監督のジャン・ジャック・アノーは、荒涼とした荒野や山岳を舞台に人間(個人)の生きざまを対比させる映画撮らせたら、間違いなく現在世界一だと思う。
限定された地域(アイマックスシアター)でしか見られないけど、3D映画の「愛と勇気の翼」も必見。
ドイツとフランスによる30年代の航空路開拓競争を背景に、アンデス山脈で遭難した郵便航空機のパイロットが徒歩で生還を果たす話。
これまた漢の映画。おまけに飛び出す3D映画だから迫力倍増。牛のウ●コも飛び出すぞ!
パンフも立体映像メガネ付きだ!


80 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 22:35
やっぱ、映画館で見たほうがいいっすかね?

81 :名無し三等兵:2001/04/09(月) 23:20
死体役でもよいからベンゼンに出て欲しかった。

82 :名無しくん、、、好きです。。。:2001/04/10(火) 00:00
テレビでこの映画紹介してたけど、紹介する馬鹿女には参った
最初ッから最後まで「主演の男がかっこええのよ〜」しか言わなかった・・・
まぁ土曜の春の番組だからしょうがないけど、あの紹介は参った

83 :名無し三等兵:2001/04/10(火) 12:05
全くもって、想像力の欠如としか言い様が無い!

ほんの約50年前、現実に起こっていたことなのに。 >馬鹿女

84 :名無し三等兵:2001/04/10(火) 12:30
>>82-83
「共産主義ってすさまじいですねえ」とか
「ソ連もひどい戦争やってたんですねえ」とかいう「普通の」感想を
封殺するためにわざと女に馬鹿なこと言わせたんだと思うよ。

サヨにおもねった事勿れ主義のテレビ局こそ逝ってよし。


85 :インターナショナル:2001/04/10(火) 22:53
俺も主人公の様にナチの犬どもの脳みそを400ばかり打ち抜いてみたい。


86 :名無し三等兵:2001/04/10(火) 22:59
でも主演のジュードロウが最近女の人に人気があるのは確か。

87 :名無し三等兵 :2001/04/10(火) 23:51
そのスナイパーが使う銃の詳細、きぼ〜〜〜〜〜〜〜ん。

88 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 00:12
まるで馬のように太く、標的にねらいを定めるとドピュッと白濁した液体状の弾が発射される。
狙われたものはその弾丸を美味しそうに飲み込む

89 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 00:28
さすが軍事板だな、でてくる役者がどうのこうのではなく

でてくる戦車・銃がどうのこうのだもんな・・・

くそっ、俺は、そんな2ch軍事板住人が大好きだぁぁぁぁあ。

90 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 00:43
役者など兵器や軍事描写の引き立て役に過ぎない

91 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 01:04
>>87
別に特製のライフルではなかったような。
独は98k、露はモシンナガント(だっけか?)にスコープ乗っけただけ。
でも、おいおい、ほんとに4倍か?32倍位に見えるぞ、
ってな位、スコープの性能が良いです。(爆)

92 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 01:07
>>91
しかも手ぶれしないんでしょ?(笑

93 :名無しくん、、、好きです。。。:2001/04/11(水) 01:27
でも、ザイツェフって実際はアジア系?

94 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 02:36
>>93
ザイツェフのサポート役で、アジア系スナイパーが一人出てるよ。
モンゴル系の顔してる。

95 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 07:09
今年は、パール・ハーバーもあるし、盛りだくさんだね。

96 :ウリナラマンセー:2001/04/11(水) 12:13
>>93
ザイツェフも在日です
>アジア系スナイパー
縮地法で現れた亡き首領様です。
マンセー!マンセー!

97 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 13:47
>>96
黙れ!

98 :名無しさん:2001/04/11(水) 22:28
2001年4/14(土)〜
東京[日比谷スカラ座1] 大阪[梅田スカラ座]ほか、
全国東宝洋画系にてロードショー
http://www.herald.co.jp/infomovie/index.html
http://www.stalingrad-movie.com/ ←日本語公式サイト


99 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 22:31
>>96
おいおい、ロシアにいるのに在日なのか?(w

100 :名無し三等兵:2001/04/11(水) 22:32
俺的にはトカレフ自動小銃を使ってほしかった。
英雄には最新の武器が支給されるでしょ

101 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/12(木) 01:47
エキストラのロシア兵はドイツ人が演じているんだね。
ロシア語をしゃべれんのは当然か。

102 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 01:50
>100
「この銃使えねー」、とか言って途中で捨ててくれるとなお良し。

103 :600:2001/04/12(木) 04:37
>>102
で、ナチから鹵獲したスコープ付き98K使うとかね!
…すまん。ドイツ信者で…カルカノ万歳

104 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 04:39
>103
消し忘れで鬱

105 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 10:30
泣けるなら見るがどうか、その辺は。

106 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 10:41
泣けはしないね。ひでぇ、と思うシーンは結構あるよ。
特に冒頭のシーンでは、「もうやめてあげて〜」とは思う。
うまく言えなくてスマソ。
詳しく書くとネタばれになっちゃうからね。

107 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 12:08
ドイツ人は、この映画に対してどう思ってるんだろう・・・

108 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 12:21
「愛するターニヤ・・・
 君のために今日も一人なっちを撃ちます・・・」

109 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 12:37
ソ連の雑兵が戦場で恋人とイチャイチャバコバコするという事自体
リアリティが薄い。アメリカンな感じ。
祖国防衛戦争は、もっとこう、なんというか
容赦のかけらもない最悪な戦場というか・・

110 :名無し三等兵:2001/04/12(木) 12:38
ロシアなのに主題化がアヴェマリアなのはなぜだ?

111 :>110:2001/04/13(金) 01:45
あの曲は、映画では流れないよ。CM用に勝手にもってきたんじゃないの。

112 :名無し三等兵:2001/04/13(金) 04:56
バトルロワイヤルばりに、逝ってしまうのか。
それならそれで興味アリ。


113 :名無し三等兵:2001/04/13(金) 09:41
ツーか、明日、公開あげ

114 :名無し三等兵:2001/04/13(金) 10:54
新宿東亜興行チェーンで先行上映してるね。
(4/13(金)前夜祭オールナイト)
21:20/23:50/2:20

ちなみに地図。
ttp://www.walkerplus.com/tokyo/4MACK001_map.html

115 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 01:35
>>108
ずっと読み過ごしていたけど、ちゃんと読んだら、笑ってしまった

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/14(土) 07:18
さて公開あげ

117 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 08:21
冒頭の、ボルガ河の対岸からスターリングラードを一望するシーンは
萌えるんだがなあ。
あのまま、戦争映画として撮るわけにはいかなかったのかなあ。

118 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 10:16
パール・ハーバーの方が、売れるんだろうな。

119 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 11:01
スターリングラード攻防戦だけで無く、クルスク会戦やベルリン攻防戦に至るまで、
独ソ戦についてもっと多く語られるべきだと思う。ロシアの資料公開も進んでるし。

120 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 14:27
相手のドイツ軍将校も実在の人なのでしょうか?

121 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 14:52
>120
実在です。

122 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 14:54
この映画のエピソードが昔松本零士の戦場漫画シリーズで引用されてたな。
「スターリングラードの戦いでは狙撃兵同士の撃ち合いがあっ
て・・・伝々・・・」

123 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 14:56
小林源文先生による 漫画化希望。

政治将校「この機関銃はお前達が心置きなく前進できるように、お前達の最後尾に照準した。少しでも立ち止まるようならドイツ軍より先に殺してやる。」


124 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 15:20
見てきたよー。期待したほどでもなかったけど、まあまあだね。
迫力は確かにあったけど。

125 :It's 名無しさん:2001/04/14(土) 16:15
>>109 あんな所であんなコトしたら…3〜6Pくらいになりそう。 (^_^;)
本当にCGよく出来ているね、この作品は映画館で見るのが正解だと思う。
冒頭の急降下爆撃機のシーン辺りは手間掛かっているね。
>>122 覚えてますよ! 1,000mで独ソ狙撃兵が撃ち合ったってアレですよね。
趣味の問題だけど、少佐が渋くてカッコよかった。
他の人同様、もっと色々書きたいけどネタバレ避けたいのでこれでおしまい。
僕的にはお勧めです。

126 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 17:11
天才的狙撃兵ヴァシリ・ザイツェフ(ロウ)は「この戦いについては詳しく知らないし、ヴァシリという人物も聞いたことがなかった。でも、この男の飾り気のないヒーローの部分にひかれた。まっすぐで実直。今まで演じたことがないシンプルな役柄に興味を持った」と語る。
 後半は、ドイツ軍が誇る狙撃兵ケーニッヒ(エド・ハリス)との一対一の対決に焦点が当てられる。「ガタカ」「真夜中のサバナ」で頭角を現したロウが、この初の本格的主演作で新たな魅力を見せている。
 「狙撃兵の、何事にも動じない強靱(きょうじん)な精神にとても刺激された・・・
http://www.yomiuri.co.jp/life/cinema/articles/1022306.htm


127 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 17:19
エド・ハリス渋いな。
この人はライトスタッフでもそうだったけど、脇で美味しい所も
っていくな。
俺的にはかなり面白かった。
娯楽性とテーマ性も程良くブレンドされてた感じ。

128 :名無し三等兵 :2001/04/14(土) 17:22
オイ、あそこに渇を入れてやれの名台詞はほしいね(w

129 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 17:34
ベテラン狙撃兵がタバコ捨てるなよ・・・

130 :スクワッド隊員:2001/04/14(土) 17:36
渇いてどうする(爆)。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/14(土) 20:05
>129同感。
今見てきました、感想・・・軍オタの人は見ない方がいいでしょう。
スターリングラードの悲惨さが全然伝わってこない、兵隊なんてノミとシラミだらけ
だっつーの、そんな中でセックスして毛じらみうつし合ってどうする。
あんなにいい女いたらそれこそ毎日レイプされ放題だっつーの。
あげくに西部劇じゃあるまいし1対1の荒野の決闘なんかするか〜アホ。

132 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 20:14
最初の方で爆撃にビビッテ殺されちゃう女性スナイパー「ルドミラ」ってよもや
ルドミラ・パブリチェンコのことじゃねぇだろうな、おじサンおこるよ。

133 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 20:19
長砲身の三号戦車の砲撃のシーンなんであんなに軽いんだ、無反動砲か?

134 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 20:24
スターリンの肖像画は明らかに悪意に満ちた書き方になっていたな
あれじゃスーパーマリオだ、おもわず笑いそうになった。

135 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:02
naze oreno kakikomiga kierunnda

136 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:05
政治将校の描き方はよかった。無意味に拳銃ぶっ放してるのは
ちょっとやりすぎかなって思ったけど。軍事に詳しくない人は
どっちが味方かわからなくなったみたいよ。

137 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:06
みどころを総括すると。

ソ連督戦隊による果敢なる射撃
オールヌードのハゲデブドイツ将校への果敢なる狙撃
ベテランドイツ狙撃手の果敢なるタバコのポイ捨て
女に飢えた戦友たちの中での果敢なるファック
その他盛り沢山

ということで宜しいか。

138 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:11
>>131
ドイツ映画「スターリングラード」と一緒に見ればバランスとれるかも。

139 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:13
>>137
そりゃ萌えますな(w

140 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:16
となりでセークスなんてしてたら俺なら手りゅう弾のピン抜いちゃうね。

141 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:17
軍人の鑑と思っていた少佐が子供を吊るしたのはショックだった。

142 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:18
軍人の鑑と思っていた少佐が駄スレを立てたのはショックだった。

143 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:23
ケーニッヒ少佐が息子の戦功騎士十字章してたけど
なんで普通の騎士十字章じゃないんだろ。事故で死んだのかな。

144 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:23
双発の爆撃機が爆弾投下しているシーンなんだけど、本当にあんな低空で飛んできたのか
あれじゃ撃墜されちまうぞ。

145 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:52
>143
劇中で戦死したって台詞が合ったよ。

そいえば最後のほうの展開は俺的に・・・だったな。

146 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 21:53
>143
ああ、調べたんだけど画像の載っているところがないので分らんかった


147 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 22:06
「戦功十字章」
この勲章は基本的に民間人の鉄十字章に相当するものだが
直接戦闘に関係のない軍務で功績のあった軍人にも授与されている。
この勲章は1939年10月18日に制定され、@2級、A1級、
B戦功騎士十字章、C黄金戦功騎士十字章の4ランクに分類され
B〜Cには「剣付き」と「剣なし」の2種類が存在していた。

148 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 22:17
司令部の周りってあんなに戦車並べておくものなの?

149 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 22:24
>148
本宮漫画の大企業とは高層ビルであると同じのりだろ。

150 :ジャクソン@キリシタン:2001/04/14(土) 22:56

俺の方が、腕は上だ!!

151 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 22:57
>>149

ワラタ

152 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:02
>100

狙撃兵にはボルトアクションの銃じゃないの?
なんかの本でよんだけど。

153 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:04
 ☆☆スターリングラード☆☆(映画板)
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=movie&key=985531235&ls=50

154 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:17
映画見てないけど、
多分モイシン・ナガン銃の1891/30型
でしょ。

1950年まで、制式だったとか。
ソ連時代、狙撃性能がオーバーに宣伝されたので、この銃は
狙撃銃としてよく知られている、らしい。

155 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:24
やっぱりヒロインは生きていたよ、しかも5体満足美人のままで、
5体不満足で顔も崩れてたらどういう再開だったんだろうな。
宇宙戦艦ヤマトと同じレベルまで下げてしまった、クソ映画でした
こういう映画が真の戦争を歪曲してやれロマンだ愛だ正義だのプロパガンダで
第1次の教訓を忘れて第2次世界大戦に突入したんだろが。




156 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:26
>>155
そうなのか?
知らんかった・・・(w

157 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:28
メモ取っとかなきゃ。
「宇宙戦艦ヤマトは平和の敵」っと。

158 :この映画と:2001/04/14(土) 23:42
「山猫は眠らない」と、どっちが
面白い?予算は雲泥の差だが(笑)

159 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:45
>157
確かに味方か敵かで言えば敵だな。

160 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:46
装甲列車の砲塔ぐらいT34/76にしてくれ。

161 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:48
しかしセクースシーンを最初から最後まで映す必要あったのか?

162 :名無し三等兵:2001/04/14(土) 23:50
ヒロインがあそこで死亡して、主人公も飢えと寒さで野垂れ死にの末に
中央部のプロパガンダで永遠のヒーローに祭り上げられ、
とどめはソビエト崩壊に実写フィルムを流して欲しかったな
さて彼の行動と死はなんだったのでしょう?てな具合。

163 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:09
モンゴル系のソ連兵が出てくるのは,史実の通りなので感心しました。
III号も本物のようでしたね。出番が少ないのは残念でしたが。
しかし,ソ連軍の描かれ方が,小林源文氏の劇画の通りで愉快でした。

164 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:11
ベルリン陥落でもロシア語のわからぬモンゴル人兵士はけっこういたそうで。

165 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:12
銃は二人に一丁ってところが燃えた。
実際あんな感じだったんだろうねぇ。

166 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:26
そいえば、各坐していた戦車のなかにT34@85いませんでした?


167 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:35
T34/85は確かに出てましたね。
でも,T34/85は見飽きてますからねえ。
確か,この間のボスニア内戦でも現役でしたよね。
T34/76とかだったら良かったのにな。

168 :166:2001/04/15(日) 00:45
>>167
あの当時は@76だけではなかったのかなーとかと思いまして
もうあったのかな?85は



169 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:46
>>152
自動小銃も支給されてたよ。ボルトアクションと違って
照準を外す事無く2発、3発と撃てるけど
よほど銃の構造を理解してる熟練兵でないと
銃の手入れや、銃の性能を引き出すのは
難しかったみたい。


170 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:50
>167

しかも、チェリヤビンスク砲塔ならなお良し。

171 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:53
85は、43年以降だよね〜

172 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:56
44でなかった?

173 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 00:59
>168
T−34/85はクルスク戦後のデビューのはずです。

174 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 01:03
敵と戦う部隊には、銃も弾丸もなく、
味方を撃つ部隊には、銃も弾丸も豊富...

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 01:17
史実ではほんとに二人は対決して決着がついたの?

176 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 01:52
たしかソ連にやっかいなスナイパーが居て、状況打開のため、
ドイツ本国からスナイパーの教官を呼び寄せて戦わせたが、
結局その教官も撃たれて死んじゃったって話聞いたが、関連あるかな?

177 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 04:03
見て来たよ。今。
ありゃ、2000万人死ぬわな。ツー感じでした。
が、戦争映画のスピリッツが薄い感じは否めないな〜。
なんのせいかな〜?
やっぱ、3号戦車の砲撃シーンが西部警察と同レベルなせいかな?


178 :スクワッド隊員:2001/04/15(日) 05:53
 深夜の最終上映だったから、観客が10人しか居ませんでした。
 自営業氏の言うとおり、確かに戦争映画ですな。
 ただ、恋愛映画として売り込むんじゃなくて、ヒューマンドラマとして売り込んだほうが、動員を稼げるんじゃないでしょうか。
 3号戦車なんか、戦闘処女みたいな戦車でした(笑)。
 しかも異様に砲身が細く感じられる。
 戦闘シーンの多さはあれでバランスが取れていていいと思う。
 もう少しどろどろとした感じ、極限状態を作り出したほうが雰囲気が出たと思う。
 兵士が発狂するシーンを入れるとか。

 それよりさぁ、映画始まる前に宣伝していた「ムルデカ」と言う映画のほうが気になって仕方が無い(汗)。
 何でも、インドネシア独立戦争に身を投じた元日本兵たちの姿を描くヒューマンドラマらしい。
 5月12日からだって。
 久○宏にでも見せてやりたいような映画かも(笑)。

179 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 06:27
見てきたけど。
なんか雪と泥とか、飢えとかの悲惨な描写が少ないね。
家と家、部屋と部屋を白兵戦で奪い合う、みたいな映画じゃなかった。
自営業先生の劇画で目が肥えていたせいだろうか…ちょっと、ね。

178さんも書いてるけど「ムルデカ」が期待大になったよ。
そう言えばムルデカのスレあったね。上げておこうか?

180 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 08:29
>176
あるだろ。そのままじゃん。
ネタか?

181 :名無しさんの野望:2001/04/15(日) 09:11
ムルデカ面白そうだね。ついでにハムナプトラ2も。

182 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 11:11
スターリングラードという題名のせいで
なんか「違う」と思っちゃうではないでしょか。
それから私などは恋愛映画として宣伝して女子供を騙すやりかたの方が
動員を稼げるような気がします。
世間の「一般的」野郎はあまり映画を見に行きませんから。


183 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 12:13
期待しまくって見たせいか今ひとつだったな。
東部戦線の悲惨さ、みたいなもんが全然ない。
やっぱ、英語ってのが一番嫌だったな。
少佐はかっこよかったけど、あれだけ盛り上げといて
最後のマヌケさは、なんともかんとも。
3号は「あれは火炎放射戦車だ」と自分に言い聞かせよう。

冒頭の、燃え上がる対岸を見て列車から降りるのをためらう描写なんか最高だったのになー。
ドイツの軍服のかっこよさを再認識した。
セクース場面はいらん。いやあってもいいけど、あれじゃしつこすぎ


184 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 12:34
広く、あさ〜〜〜くって感じでしょうか、この映画は。
まぁ、戦争を題材にした映画には、つき物の問題ですな。

戦争ものとして期待していく人・・、恋愛ものとして期待していく人・・
両者の、希望を同時にかなえるのは、かなり難しいですからな。

185 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 12:36
ムルデカどーぞ

ttp://kawara-ban.plaza.gaiax.com/01/01031603.html

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 12:52
背景はなんでもよかったんですよ、ただナチとスターリンだったら
大多数の人がヒドイと共感できるからだけの話でしょう、実在の人物
だったが映画の内容と合致していたとはとても思えないし。


187 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 12:59
背景はベトナム戦争の方がしっくりきたかな。
ソ連兵が英雄の新聞記事読んで、士気が盛り上がる、ってのが
いまいちなぁ。
盛り上げてるのは、マスコミと政治家だけで、前線の兵士は
関心無し。とかだったらまだ良かったかも

188 :オデッサ市民:2001/04/15(日) 13:30
ちと質問〜。

ロシアに行ってた人、又は戦争記念ミュージアムに行った事ある方
いらしゃいますか? (自分はペテのしか行った事ないので)
その感想を強くきぼ〜ん。

189 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 13:35
恋愛ものとしてみたら、できは良いの?

非軍事オタの彼女を騙して(?)連れて行きたいんだけど、
恋愛ものとしてできが悪かったら、彼女に悪いかな、と。


190 :>189:2001/04/15(日) 13:51
あれは恋愛モノではないと思う。暗い映画だ。(俺はもう一回見に行こうと思ってるけど)
でもジュード・ロウファンには垂涎の映画だったらしい。
彼女に誘われて初日に観に行ったのだが、観賞後、ジュードロウがいかに
カッコイイかを延々力説されてかなり閉口した。 

191 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 14:21
たったいま見てきたよ。
まぁまぁですな。

白いケツは印象的だったけど
セクースシーンが無駄に長いような気がしました。

192 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 15:04
いま気付いたけど公式サイトに柘植大先生のコメントが!(ワラ

193 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 15:11
パンフにも載ってるぞ<柘植
(まあ同じ文章だと思うが)

194 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 15:28
ユンカースの襲撃シーンはカコヨカッタね。

195 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 15:35
ジュード・ロウは確かに格好いいね。
でもエド・ハリスの方が渋い、若いねえちゃんにはわからんだろうが。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 15:58
セクースシーンは浮浪者カップルの夜公園みたいな雰囲気でしたね
こんなところでセクースしてんじゃねぇよキタネェな、お前ら犬かよ
彼女連れて行ったら批判しないようでしたら帰りはアオカン決定。

197 :181:2001/04/15(日) 16:12
>>185
おお!
遅レスでゴメンなさい。でもありがとう〜

198 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 16:56
>>4
>日本語サイトではダウンドードがたるいんで、
>米国サイトのアドレスを探してきました。
>早くて快適です。
>http://www.10000-starz.com/site_fr/cinema/bandes_annonces_videos-archives/0-9_A-Z/E/cinema_bandes_annonces_videos_Enemy_at_the_Gates_fr.html

重いよ? アナログ回線だからかな〜

199 :大人の名無しさん:2001/04/15(日) 22:00
見てきたよ〜ホントだったら彼女と行くはずだったんだけど、彼女には「完全な
戦争映画」と写ったらしく、遠慮されちまった。でも俺から言わせたら「恋愛映
画」だよ…でも宣伝のしかたが下手だよ、もっと「恋愛映画です!」って言って
くれてたら彼女もついてきてくれて、帰りにアオカン一発!できたかもしれなか
ったのに…でも本当に物足りなかった。ドイツ軍はあんなに強くなかったはずだ
ぞ!夏服で戦ってた奴もいたらしいぞ!(物資の供給が間に合わず…)あれじゃ
まるでソ連だけがかわいそうみたいだ…暴言かもしれないけど、「プライベート
…」あたりからハリウッドは米政府に寄付してもらって「反ナチ映画」を作るよ
う指導されてるんじゃねえか?(ネオナチの若者がライフル乱射した事件が、あ
ったよな…)確かにナチも悪いけど、ホントに悪いのは戦争そのもんだよ…

200 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 22:18
さっき見てきました。

いや、とってもいい映画ですよ。
「攻防900日」(ソ連映画)を見て涙流した私には
つくづくロシア人にとってつらい戦争だったんだなあと、
同情を禁じ得ません。

この映画の最大の欠点は、
これがロシア映画ではないというところでしょうか。
フランス人の監督じゃ、意味不明ですね。

あと原題の「Enemy at the Gate」も意味不明です。
門なんて出てきませんし。
邦題の「スターリングラード」の方がいいでしょう。

201 :200:2001/04/15(日) 22:28
書いてから思ったんですが、
Gatesってひょっとして照門ですか?。

202 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 22:37
>>194
激しく同意。
あそこは音響の良い映画館で観ると最高ですな。

203 :大人の名無しさん:2001/04/15(日) 22:58
>>194
>>202
「ジェリコのラッパ」…


204 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:16
>201
気になってでかい辞書を引いた。

at the gate(gates) of〜 で、「〜のすぐ近くに」
これかなあ?
すぐ近くの敵? 

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 23:19
>201
ビルのことじゃない?

206 :>100:2001/04/15(日) 23:20
WWUのスナイパーが精度のわるいオートを使うわけ無い。
最近はやっとオートのスナイパーモデルがあるけどね。昔はバレルを
フリーフローティングなんて出来なかったから。
彼らが使う銃は量産品の中から出来の良い物を選び出してスコープを
取りつけたものとされているよ。

207 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:32
>206
ジミヘンもストックのストラトの中から
良いモノを選んで使っていたそうだ。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 23:41
コーニックのマウザー98には凄いスコープがついてたね。

209 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:43
>207
自分もストックのエロビデの中から
良いモノを選んで使っている。


210 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:54
『Enemy at the Gates』というゲームもあります。
http://www.sunsetgames.co.jp/the_gamers/ocs/eatg.htm

211 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:58
狙撃学校校長ハインツ・トールヴァルトss大佐(ケーニヒ少佐のモデル)
は写真無いのかな?


212 :名無し三等兵:2001/04/15(日) 23:59
>141
あの餓鬼は、スパイなので本来は銃殺。
弾丸がもったいないので、吊るしただけ...

213 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:14
おびき出すことが目的だから、人形とか他の死体の可能性もあり。
最後に、ザイツェフが死体を降ろすかと思ったら、そんなシーンもないし

214 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:20
いっそ銃殺にしてほしかった<子供
ナチだから残虐にしてみたわけ?
それに最後のこのこ出てきて撃たれていて
かっこわるすぎる<ケーニッヒ

215 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:27
ナチを残虐にしてみるってのも
いい加減ウンザリダヨ。

216 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:40
メガネの政治将校が死んだふりして難を逃れるシーンで
出てきたドイツ兵が全員MP40持ってたような気がしたんだけど
みんな下士官だったのかな。

217 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:40
ナチよりも、味方に対して平然と発砲するロスケのほうが、
よっぽど残虐にみえた。

218 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:46
ロスケはやっぱり馬鹿
スツーカにppsh−41を撃っても、
効かない、効かないって...

219 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:46
>>216
そのあとのドイツ軍将校がザイツェフに狙い撃ちされる場面で
一人狙撃に気付いたクリミアシールドつけたベテラン曹長(?)が
よかったな。でも手榴弾投げるのにてこずって戦死・・・

220 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:50
>219
一番最初に狙撃された「禿げデブ」も
クリミヤシールドをつけてませんでしたか?

221 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:52
>>218
ドイツ兵も戦争後半はシュトルモビクに向かってMP44撃ってた
っぽいけどな(笑)

222 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 00:56
>>220
確かに。つーか、あの禿げの将校の軍服はいかにも衣装っぽかったね。
サイズがあってなかった。
しかし、あんないつ狙撃されるかもしれない場所で堂々のシャワー浴びてて
いいの?

223 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 01:17
ケーニッヒ少佐の柏葉騎士十字章はやっぱ西方戦役あたりで100人
くらいぶち殺した功績により与えられたのだろうか。

224 :ナイツ:2001/04/16(月) 01:26
ケーニッヒ少佐。
パンフレットではコーニングとなっていたが・・。
たしか史実でもザイツェフの相手はコーニングのはず。
日本用のアレンジかな?

225 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 01:30
映画の中ではケーニッヒとは言ってませんね。

226 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 01:47
まあ戸田奈津子だから、何か意味があって変えたんだろう<名前

嫌みだよ

227 :ロンメル太郎:2001/04/16(月) 01:52
たぶんケーニヒはKönig
それを英語読みしただけかも…<コーニング

228 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 02:09
はげしくガイシュツなんだが、独ソとも英語で話してるってのが痛すぎるよなぁ。
商業映画である以上、軍ヲタにしかわからない細かいデティールに
こだわりすぎてはダメだってのは理解できるけど、
使ってる言葉があれじゃリアリティもクソもない。

あ。商業映画だから英語で話さなきゃいけないのか(ワラ

229 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 02:35
ドイツ語で話している所もあるよ、アクトーンとかね。

230 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 06:13
で、史実では結局あの二人の決着はどうついたの?
やっぱ打ち合ってコーニングが負けたの?

231 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 10:26
「ウラーアァァァーーー!!」はなかなか迫力があってよかった。
ドイツ兵の恐怖がしのばれます

232 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 12:21
「同志」って単語までを英語で発音するのだけは激ヤメテ欲しかった。


233 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 13:37
>>204
その通り。「身近の敵」とか「直近の敵」ってこと。
よく接近戦で乱戦状態を表現する時に使用される表現。
でも、あの映画のタイトルはダブルミーニングだと思われる。
ヴァシリの敵に回った奴はケーニッヒ少佐だけじゃなかったでしょ?
ごく身近に感じてた奴に敵がいたじゃない。恋愛関係での「身近の敵」ダニロフが。


234 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 13:40
230
CM今月号によるとコーニングは架空の人物だって

何の訓練もない兵士に突撃のみ指示して止まったり逃げると督戦隊に撃たれ
てたけど、学校にもろくに行ってなくて読み書きもままならないドキュンに
作戦を理解して遂行する能力はないから、それしかなかったのではなかろうか

235 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 13:49
なんとか手紙を書けただけでも、かなりマシなほうだったんだろうね。

http://www.stalingrad-movie.com/media/staringrad_jp.mov
日本版

http://www.stalingrad-movie.com/media/enemyatthegates_320.mov
米帝版

公式サイトにある予告編(要QuickTime ・ 映画板からの転載)。
BGMが違うだけで印象ががらりと変わりますな。

236 :海の人:2001/04/16(月) 15:02
>>235
 雰囲気の違いもさることながら、サイズの違いが(^_^;
 3Meg強と12Megと4倍の差はなに?という感じですね。

 そういえば、てっぽに布まいてるとこがあるんですが、これって反射防止
なんでしょか?それとも温度変化による歪みどめ?
 あ、そうそう。「ヴァシリ」ってなに?(笑)>字幕作った人

237 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 15:28
>>233
あと「スコープを見て敵が誰よりも近くに見える
その敵を殺している」みたいなセリフがあったから
その辺も入っているのでは

238 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 15:42
>230
結局、二人とも死んだんじゃなかったけ?

239 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 15:45
>>238
なんか主人公のほうは念願の工場長になれて
90年ぐらいまで生きてた、ってどこかに書いてあったような…

240 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 17:29
>>236
銃に布巻いてるのは反射防止も含む偽装の為と思われ。
それにしても、狙撃手の行動ががなんか不用心過ぎたような気が。


241 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 17:35
いくらなんでも”居眠り”はあんまりだと思いました。

242 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 17:48
>>240-241
そう! 俺もそう思った。狙撃兵という、歩兵の中でも頭良さそうな奴の決闘っ
てのを期待してたんだけど、居眠りはするわ、捕まるわ、見張りしないでタバ
コ吸ってて撃ち殺されるわで、嫌になりました。プロとプロの対決って感じで
作れなかったのか。ドイツに留学していた狙撃兵のおっさんって何の役にたっ
たかもさっぱりわからん。

243 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 17:53
>ドイツに留学していた狙撃兵のおっさんって何の役にたっ
>たかもさっぱりわからん。

「歯を全部折られた!共産主義はヒドい!」
という意見を述べるだけの役だと思われ。
猿みたいなツラだし。

244 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 18:17
雪を食って息まで消してるのに煙草吸ってはこっちの位置がわかるぞ
ドイツのスナイパーもタバコの痕跡を残して行ってくれるし

245 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 19:07
さっき見てき、ソ連督戦隊による果敢なる射撃シーンまではスターリングラード戦の雰囲気満点だけど
後はここに書かれているように戦闘シーンは何かへぼい感じがするし、愛するターニャは最後の最後で
生きてるはで萎えるね。
しっかし、あんな状況で発情するなんてかわいい顔して侮れませんな、愛しのターニャ嬢は。

246 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 19:10
何日も風呂入ってないような男の股間に
手ェ突っ込んでたもんな(ワラ

247 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 21:37
>>239
>なんか主人公のほうは念願の工場長になれて
>90年ぐらいまで生きてた、ってどこかに書いてあったような…

そうなんだ、それは良かった・・・・・
メガネのにーちゃんに反体制的な手紙を書かれてたしさ、ソルジェニーツィンの
小説の主人公達の様になったのでは、と心配になる終り方だったからねぇ。
ちと、安心。 でもそれはどこの情報? 思い出せー!

248 :バブリー:2001/04/16(月) 21:50
今日、仕事明けに見てきましたが、皆が言うとうりで
冒頭の戦闘シーンだけが、見どころという感じでしたね。

恋愛映画というには中途半端だし、
アクションでもない。

予告だけ見るとメチャ萌なのに・・・

とにかく、全部が中途半端な映画だった。
もう、がっかり。

249 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 22:00
>>247
思い出したよ、公式サイトだった(ワラ
ProductionNoteってところ。

>レーニン栄誉勲章を受け、後にモスクワへ出て工場長となり、
>1990年初頭に死亡したと伝えられる。

だそうだ。

250 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 22:06
つーか至近距離で榴散弾喰らったら
助かってもダルマだろ(ワラ

戦争が終わり病院に駆けつけたヴァシリ。
愛するユダヤのメス豚は芋虫になっていた…。

251 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 22:21
そうか?ドイツのスナイパーには萌え萌えだったぞ<用法が違う(藁

252 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 22:24
え?主人公はエド・ハリスでしょ?

253 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 22:45
>>251
でも、その気持ちは分る。(大笑

にしても・・・米国の公式HPのリンク集から先に行って見た?
日本国の公式HPとはまるで違うね〜 結構、本気で活用したよ。

254 :名無し七年兵:2001/04/16(月) 23:03
今日見てきましたよ。。。。しょっぱなの「アイアムアストーン」で萎え萎え。
1800円返せっての。恋愛絡めるんじゃねーよ。

エド・ハリスはかっこよかったけど。。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/16(月) 23:12
>250
そうだろ、それでヴァシリのこう言った、「やっぱりここに彼女はここには
いないようだ」(藁

256 :名無し三等兵:2001/04/16(月) 23:19
もし俺があの政治将校の立場だったら、
子供に爆弾を仕掛けて、靴磨きしてるところで
子供もろとも少佐を爆殺するが…。

257 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 00:40
スツーカの出てくるシーンで、
「ロスケを殺せ、もっと殺せ、ヴォルガ川の魚の餌にしてやれ!」
と、思ったのは、私だけではないはずだ...

258 :大人の名無しさん:2001/04/17(火) 01:07
The enemy at the gateで目前の敵・目前の脅威って言う意味なんだね。
勉強になった
でも、SLAVAが流れないのかー。
あれで見に行きたい気持ちがむんむんになったのにな

259 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 01:16
>>256
同意。
それやったら被害が少なかった。

260 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 01:24
>>257
隣りに座っていた老人があのシーンのとき
すげぇうれしそうだったのが印象的でした。

261 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 01:32
そのじじい、関東軍関係者か?

262 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 02:27
満鉄関係、という手もあるな

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/17(火) 04:00
やっぱりジイサン多かった、大別するとジイサン、ミリヲタ、カップルが程よく
ブレンドされていた客層でした。

264 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 12:25
>>257
俺もそう思ったよ。赤どもをミンチにしてやれ。あっ、こら何やってるんだ
爆弾ちゃんと当てろよ。貴様それでもスツーカ乗りか。って。

265 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 12:43
上映終了後、映画館を出ながら
連れのおばあさんに嬉しそうに解説してた
おじいちゃん。

なんだかほほえましい光景だった。

266 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 13:40
以前、平日の昼にプライベートライアン観に逝ったら
客は親父とヤンキーばっかしでした。

267 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 13:54
どうでもいいけど、こないだの朝日と赤旗日曜版で「お勧め映画」になってた。

268 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 14:13
267
そのわりには讀賣新聞協賛

269 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 15:51
つまりウヨにもサヨにもお勧めって事か

270 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:31
ただ今観てきました。
イデオロギー臭くはないと思います。
観客はわりと年寄りが多かったね。平日の昼間だからか?
切符を求めていた客のほとんどが「ハンニバル」組でした。

271 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:31
こんな映画滅多に無いぞ。週末は家族連れで見に行かねば。

272 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:39
>>271
セクースシーンが無駄に長いので
気まずくなると思われ

273 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:40
性教育もこなせるのだ!

274 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:46
>>272
あれでもセクースシーンと言うのでしょうか。

275 :経験者は語る:2001/04/17(火) 16:53
ああいうところでやられると
周囲の人間としてはいい迷惑だよ。
便所にも行けやしない。
気付かれてない、と思ってるのは当人たちだけ。

276 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 16:57
軍事板と違ってせくーすしーんばかりやけに気になる
映画板住人に乾杯

277 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 17:16
パンフ買ったら柘植先生の解説が載ってたよ。
鎌とハンマーのピンバッチが500円のほうが気になるけど

278 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 19:59
まあ、史実は総勢30万のドイツ軍、戦死20万、捕虜10万、
生還5千ってことでいいのかな?

ソ連の損害はそれ以上なのかな?

279 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 21:41
タイトルバックがもろにソ連のポスターを意識していて格好良かったよ。
お子様にあの雰囲気は新鮮なんじゃないかな、映画の内容も含めて。

冷戦時代の緊張感が懐かしい、、、。

280 :大宮一等兵:2001/04/17(火) 22:06
 仕事が休みだったので、昼間に見に行きました。270の方と同じように年寄りの客が多かったです。十代、二十代は皆無。養老院に来たのかと思うほどでした。
 感想は、狙撃兵同士の張り詰めた対決を期待したのですが、思ったほど緊張感が無かった。「プライベートライアン」と比べると、戦場のぴりぴりした緊張感が無かった。家庭料理をご馳走してもらったり、新聞を発行する、挙句の果ては女兵士とSEXまでしてしまうのだから、緊張感が無いのを通り越して生活臭がぷんぷん感じられた。まあソ連側にしてみれば、自分たちが生活している場所を戦場としているから、日常生活の延長の部分があるのも当然だろうか。自国内で他国との地上戦をした経験の無い日本人や米国人には良く解らない感覚ではなかろうか。
 まあ映画的にはいまいち主題が絞り込まれていないと思った

281 :名無し三等兵:2001/04/17(火) 22:51
1の映画サイトの掲示板も、盛り上がってるね
→ http://www.warmovie.com/bbs/index.html

282 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 00:51
>278さま
ドイツ軍の損害については、いろいろ諸説はありますが、
1943年1月24日までに、負傷兵や専門家など、約4万2千人が、
「空路」によってスターリングラードを後にしています。
(決してドイツ空軍が救出作戦を行ったわけではありません)

283 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:30
ケーニヒスを応援してしまうのは俺だけでは無い筈だ!
赤の手先をを撃ち殺せ!!

284 :本題からはずれますが...:2001/04/18(水) 01:35
エド ハリスって、ヴィルヘルム ビットリヒに似てると思いません?


285 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:37
>>279
ちょっと構成主義入ってましたね。
そこそこオシャレかと。

286 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:39
ケーニヒ少佐の出演するシーンと、
オープニングのロスケどもが、
虫けらのように薙ぎ倒されるシーンだけが、
「良い」と思える映画だった...

287 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:39
あのフォントもイカすな

288 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:42
タバコのポイ捨て厳禁!

289 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 01:45
そりゃ女とやってりゃ居眠りもするわな

290 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 02:03
タバコは灰皿へ

291 :大宮一等兵:2001/04/18(水) 02:05
戦争映画史上、最も濃厚なラブシーンではないか。あれは…。
でも本当にありそうな話し。ソ連軍には女兵士が多かったからな。それに、人間は死に直面すると、逆に「生」の証たるSEXへの欲求が高まるという話しを聞いたことがある。

292 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 02:08
劇中でも言ってたけど、明日どうなるかもわからない
命なのだから、そりゃあもうやりまくりでしょう。

293 :ザイツェフくんに贈る言葉:2001/04/18(水) 02:09
@居眠り厳禁
A性病予防のためコンドームを使用しましょう

294 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 02:13
確かに今までの戦争映画に
こういう生々しいセクースシーンはなかったな。

295 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 02:14
あれは中出しだったな。


296 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 02:38
敵前逃亡で銃殺された榴弾兵中尉の息子の汚名挽回のため、ケーニッヒフォンベンゼン
少佐は前線に出てきたのであった。

297 :名無し:2001/04/18(水) 03:45
タバコのぽい捨ては、わざとだよ。
自分がやってきたぞと相手に知らせる象徴的シーン

298 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 08:46
捨てたタバコに青酸カリを混入しておけばザイツェフを倒せたのになあ。

299 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 10:30
☆☆スターリングラード☆☆(映画板)
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=movie&key=985531235&ls=50
「スターリングラードってどうよ?」(世界史板)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=whis&key=986721403&ls=50


300 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 10:46
あのタバコの銘柄は何ですか?

301 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 13:49
基本的に戦争映画に恋愛や女が絡むと萎えるし、
作品的に?の物が多い。
過去の秀作と言われる戦争映画は恋愛や女はあまり
絡まない。
「男」・「血」・「汗」・「硝煙」位のシンプルな
要素で創った方が絶対に良い。
これ以外で付け足すとすればどんな要素?

302 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 23:05
レディースデイなので千円で見てきました。
ロシアの女兵士って、戦場で他の人の足ひっぱってるような気がしたけど…。
もっと狙撃シーンが見たかった。
戦場に恋愛なんて邪道でしょ。どうも「タイタニック」っぽいなぁと思ったら
そうか、音楽がジェームズホーナーなのか。
この映画見て、日本軍よりソ連軍の方がドキュソかもと思った。
ああ、シェイクスピアが新聞作ってるぅ〜〜。

303 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 23:06
>この映画見て、日本軍よりソ連軍の方がドキュソかもと思った。

叩かれたいのかよ…

304 :ベンゼン中尉:2001/04/18(水) 23:07
はいはい、あの主人公は実は女性です。最後は盲目になり、我が、ドイツ兵に捕らえられ死んだと言われている。

305 :名無し三等兵:2001/04/18(水) 23:18
ドイツ兵に捕らえられたのち、ベンゼン中尉に犯されまくったのであった。

306 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 00:15
>>303
露探発見!!

307 :大宮一等兵:2001/04/19(木) 00:53
>301 賛成!プライベートライアンはシンプルな要素でまとめていたから良かった。
まあ戦争の中で翻弄される男女の愛と言うのも悪くは無いけど、「スターリング…」はスナイパーの「戦い」の要素も前面に出しているので、どっちつかずになった感が否めない。
>305 私はこの路線を想像したのだが…。恋人の女兵士をナチが捕らえ、暴行、惨殺。復讐に燃えたソ連軍狙撃兵がナチを殺しまくる…。こうなると思ったのだがな。


308 :>>307:2001/04/19(木) 01:03
それじゃあ「鬼狙撃兵ザイツェフ」だ(笑)

309 :名無し三等兵@映画板:2001/04/19(木) 01:31
詳細は当然として、映画単体の話も
こちらの方が的確に語られてますな。
少しスッとした。


310 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 03:23
age

311 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 10:11
ホンモノのヴァシリ↓
http://users.pandora.be/stalingrad/snipers.html

312 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 10:59
>>311
ヴォージェモイ!
これが露帝のヒーローっすか?! 映画って・・・・映画って・・・・・

313 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 11:31
>>311
ジャン・ジャック・アノーがインタビューで、
「ヴァシリは、狙撃の実力だけでなく、
見た目も良かったので、プロパガンダに利用された」って
言ってたけどさぁ。
ダマサレタ。


314 :cue:2001/04/19(木) 12:08
今から、見に行きます。
ふ--。。やっと、休みだ。

315 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 14:01
冒頭のシーンでは「おおぉ」と思い期待したが・・
話が進むにつれてだんだん萎えてきたぞ・・

戦友が戦い疲れて寝てる隣でハメるなぁ!!赤軍女!
本官がヴァシリに代わりその白いケツに天誅をくわえる!!
尻出せ、次、前屈みはじめ!!
記念に日章旗をアナールに差し込んでやる!!



316 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 14:24
狭い広場での戦争ゴッコに見えた。
意外と死に方がどれも上品だ、弾が頭ばかり綺麗にあたるとはかぎらんと思うが
極限状態での恋愛映画ですよね。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/19(木) 14:28
>>311
柳沢信吾?

318 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 14:47
ザイツェフと闘ったハインツ大佐って実在する人物じゃないのか・・・・・・
ドイツ狙撃学校の校長とか聞いた事があったけど・・・・・・

319 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 17:14
>>318
狙撃学校の校長がスターリングラードに差し向けられたのは確からしいが、
その人物の具体的なことがイマイチはっきりせん。
本によって名前が違うとかなんとか。

320 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 17:20
>>313
戦時中だから、ハンサムシティボーイよりもタフなマッチョの方が
より好まれたのではなかろうか。

321 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 19:45
しかし、「タフなマッチョ」って感じでもないと思うが、どうか。


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/19(木) 19:50
いや男は顔じゃない、それよりヒロインがとんでもない不細工だったら
大笑いだ。

323 :名無し三等兵:2001/04/19(木) 22:24
エド・ハリスたん…ハァハァ

324 :快刀乱麻:2001/04/19(木) 23:35
>318
一等自営業先生も執筆しておられる『コンバット・マガジン』5月号を読め
ていうか、これ前レスのコピペだろ

325 :町の名前:2001/04/20(金) 06:53
ボルゴグラード(ボルガ河の街/大昔〜1930年代?)
スターリングラード(1930年代?〜スタリン批判54年?)
ボルゴグラード(1954〜現代)

・・・で、いいんだよね。
最近、なんかまた変わったような気が・・・?

326 :名無し三等兵:2001/04/20(金) 13:56
ロシアの英雄についてのHPを見つけたんだけど、
http://warheroes.enjoy.ru/
全然読めない〜。


327 :名無し三等兵:2001/04/20(金) 14:17
>>325
スターリングラードと名づけられる前はたしかツァリツィン(皇女)と
いう名前だった。ボルゴグラードと改名後は変わっていないと思うが。

328 :サーシャ:2001/04/20(金) 21:02
  ||
 Λ||Λ 
( / ⌒ヽ
 | |   |
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪


329 :名無し三等兵:2001/04/20(金) 21:33
こんなのも、あります。
ttp://www.dragonmodelsltd.com/html/70074-1.html

330 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 00:43
ケーニッヒ少佐って山岳猟兵なの?
それともあの時期の狙撃兵は山岳猟兵じゃなくても山岳帽被るのが
流行りだったのかな。

331 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 01:03
グラウニッツに補給品送るだけの兵站係りが、
「おれはアフリカ時代、ロンメルの下で戦った」
とかね

332 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 01:06
>330
帽子についている帽章や、制服の右袖についているイェーガー章からして、
軽装備の歩兵という意味の「猟兵」のようです。

333 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 01:36
戸田の奈っちゃんの訳、どっかヘンなとこありませんでした?
あのオバさんの訳は「ライアン二等兵を救え!」で痛い目にあってるので
ヘッポコな訳だったらDVDを待とうかと思ってます。
見に行った方の情報を求む!

334 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 01:51
頭上の空間を確保しろ〜!

335 :>333:2001/04/21(土) 05:18
チョウザメとユダヤ人のくだりが意味わからん

336 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 07:30
対戦車ライフルを使っていればザイツェフを倒せたのに。

337 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 12:15
>>335
ユダヤ教の戒律で、チョウザメは食べてはいけない動物と
されている事を踏まえての会話だったのであろうか。


338 :エイブラムス:2001/04/21(土) 13:47
>>296
汚名は返上しませう
挽回するのは名誉では?


339 :ZU:2001/04/21(土) 13:51
>>338
 不本意にも被った汚名は返上。
 失われた名誉は挽回。
 です。
 

340 :cue:2001/04/21(土) 14:12
ソビエト映画のパロディかと思った。
CMのせいか、一人でみにきていている女の子
が多くて、ちょっと、びっくりした、軍ヲタかと、
おもい話してみると、普通の学生だった。
「つまらない」といっていた。

341 :名無しくん、、、好きです。。。:2001/04/21(土) 14:29
この映画は軍服や兵器の考証だけが見所。
それをわからない一般人には3割も楽しめない。

342 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 15:40
世間一般の映画評論家的には主演のジュード・ロウだけが見どころらしいぞ。

343 :>335:2001/04/21(土) 15:43
階級闘争の暗示だろ。

344 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 18:57
今見てきた帰りです。エド・ハリス以外記憶に残ってません。

345 :名無し:2001/04/21(土) 20:41
何故戦争映画における恋愛要素が観客になぜ邪魔に感じるのか、の考察:

1.原則:戦闘は生死をあらそうので,生殖のレベルよりも深く,
戦闘するものはセックスは感じない。生きること自体がエクスタシである。
熱心な視聴者は画面に入れこんでいるので,違和感が出てしまう。
2つのエクスタシの混同による混乱。

2.立場によるもの:ポーランド映画「地下水道」ではワルシャワの瓦礫の中に
レジスタンス美女がでていました。とうことから、どうも敗北する側には
女性関係が許されるような感じがします。
スタリングラドもドイツ側の軍人と看護婦の破滅を前にした壮絶なセックスなら
諸兄も許すのではないでしょうか。死とセックス自体は相性が悪くない感じがします。
この場合は,悲しいセックスとなります。

こんな感想を持ちました。

346 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 20:47
>>345
戦時下の日本でも、東京だったかな防空壕の中のあちこちで人目を
憚らず、というわけでもないがセクースしてたみたいですね。

347 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 21:25
大陸からの引き上げ船の中でも
人目を憚らずやりまくりだったそうで。

348 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 21:32
>>345
この映画においては中途半端な位置付けで
後味が悪かったけど、戦争映画自体に
全く恋愛の要素が必要ないとは思わないよ。

349 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 21:32
やはり,生命の危機を感じると、子孫を残したくなるのが,本能でしょう。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 22:22
>>349
そうらしいね、戦地にいると物凄く性欲が沸いてくるって言うのは
共通のコメントだものね種の存続の為に危険になると、そうなるよう
に出来てるんだろうね。

351 :名無し三等兵:2001/04/21(土) 22:24
但し、食欲の方が性欲に優先するので、
南方の日本陸軍並に悲惨になってくると
性欲は引っ込んでくる。

352 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 00:25
>333
戦功十字章を「鉄十字章」と訳していた...
「WAR MERIT CROSS」と、ちゃんと発音しているのに...

353 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 00:31
>>352 訳者が「戦功十字章」なる語の存在を知らなかったものと思われ。

354 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 00:48
昨日、2回目を見てきた。
最初は、「オープニング15分のために」って思って行ったが、
よくよく見なおすと、印象に残る絵も多いね。

まあ、傑作とまでは行かないが、僕的には佳作。

355 :200点満点で...:2001/04/22(日) 01:00
100点をあげたい映画だ

356 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 01:41
俺は発情シーンは自然で感情移入できたけどな〜
明日死ぬかもと思ったらやっぱやるでしょ

357 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 16:42
なんか想像してた市街戦じゃなかったなあ。どの描写も中途半端な感じがした。周りのお客さんけっこう寝てるし。

358 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 16:48
「ハロー」と言うロシア英雄に萎えた。

359 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 22:59
どうせなら
「同志」と英語で言うロシア英雄に萎えたと言って欲しい。

360 :そりゃそうなんだけど。。:2001/04/22(日) 23:10
昨日テレビの映画評で筒井とか言う映画監督が言ってたけど、
出演者が皆、英語でしゃべるつーのは本当なんですか。。。。萎えるなぁ

361 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 23:27
愛する君の為にまた一人ナチを撃つ.....

撃たれる方は堪りませんなあ。

362 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 23:42
別に「恋人の為に」撃っている訳でもないのにのう。
婚約者が思想犯の容疑でシベリアの強制収容所に入れられて、それを
救うためにあえて意に染まぬ殺しを・・・とかいうストーリーかと思ってたよ、
実際観るまでは。

363 :名無し三等兵:2001/04/22(日) 23:57
チョウザメの下り、わかりました。
ユダヤ教徒って当時は教義で「鱗の無い魚」を食うのは禁じられてたんですね。
(今は「サメはものすごく小さい鱗があるから食べていい」って考え方らしい)

で。ノヴェライズ読んだんですけど、「戦闘意欲云々」の上申書は結局フルシチョフが
忙しすぎて受理されなかった、ってことになってた。
拒絶されてはじめて、ダニロフは自分のしようとしたことに気づき、ザイツェフとケーニッヒの
対峙する駅に向った。って描写だった。

364 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 00:15
>>360
このスレでも何度か言われてるが、その通り。
主要登場人物の会話は基本的に英語。
それ以外は大体それぞれの言葉だった。

365 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 01:01
>>363
なるほど、あの手紙はどうなったのかと思ってたらそうだったんだ。
それにしてもドイツ軍の考証はかなり正確だったのに、ソ連軍は・・・。ちょっと軍事を囓ったことがある奴ならT34/85は43年の秋以降に登場したのは誰でも知ってるんだから76造って欲しかったよ。sdkfz251もどきはちゃんとC型らしく造ってるじゃないか

366 :おっぺんあるつはいまー:2001/04/23(月) 01:15
>>363
チョウザメにはでっかい鱗があるます。
チョウザメは硬骨魚類でサメの仲間(軟骨魚類)ではないのーで。
とはいえ私は映画をみていなーいのでどんな事を指してるのかわかりませんが(w
キャビアなら魚の腹子ってことで食べないかもしんませんが。
(胎児食っちゃ逝けないっつー教義が会ったよーな気が)

367 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 09:15
なんかドイツ側もソ連側も、食料豊富じゃん。
みんな結構リッチな生活してる。。。

あと雪はなかったな。やはり雪が見たかった。

368 :>365:2001/04/23(月) 09:23
つまりキミはあの映画の市場ではないということだ。


369 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 09:27
チョウザメ 硬骨魚類の軟質類

370 :一等自営業:2001/04/23(月) 11:39
深夜番組で日本の映画監督が、ドイツ側とソビエト側の戦線を
行ったり来たりしてる少年はドイツ語もロシア語も堪能なのか
と言ってたけど、当たってるな。
あの部分がアラだったな。

371 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 12:35
>>367
WW2の時の日本だって別に不自由してない人は沢山いたそうだ。
軍に頼んで代々木で乗馬教室開催したり、余裕の生活で(空襲時は除く/w)
うちも別に食料は余裕で手に入ったそうな。

372 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 12:46
たらふく食って飲んで女と寝て
おまけに射的ゲームも出来る!
当時のロシア兵最高にイイ生活してるなあ!

373 :大渦よりの来訪者:2001/04/23(月) 13:44
>372
ついでに、間の悪い一言で漏れなくシベリア旅行つき。辞退出来ないし。

374 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 15:43
>373
片道の?

375 :海の人:2001/04/23(月) 15:47
>>374
 帰りは黒海経由でアメリカへ・・・では別な映画か(^_^;


376 :大渦よりの来訪者:2001/04/23(月) 15:50
>374
稀にだけど帰ってきてる人も居るし、片道ではない。
限りなく片道に近いけど、片道ではないと思います。

377 :374:2001/04/23(月) 15:59
>376
帰ってこれる人いたんですね。例外なくシベリアを
肥沃な大地にすべく、その身をささげるものとばかり
思ってました。

378 :大渦よりの来訪者:2001/04/23(月) 16:04
>377
この前NHKでやってた「肋骨レコード」の話の人は
(レントゲンの使用済みフィルムを用いたレコード、禁止された音楽入り)
三年送られてちゃんと生還していました。
他にも帰ってきた人の話は聞いたことが在ります。
あ、でも大祖国戦争中の人は無理かもしれないな………。

379 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 18:29
女の子のオトサン、オカサンは、
独露の協定でドイツ側に引き渡されたのでしょうか?
(鉄橋で殺されたユダヤな方たち)

380 :名無し三等兵:2001/04/23(月) 23:39
>>370
 好意的に解釈すれば、ターニャに教わっていたとか?


381 :>380:2001/04/24(火) 01:33
ちゃんと、映画の中で、ターニャにドイツ語を教わってると言ってるよ。
(確か母親のセリフ)
ターニャがドイツ語を知ってるのは、後でスパイ容疑にでもかけられる伏線かと
思ってたけど、結局、子供がドイツ語しゃべる理由のためだけだったようだ。


382 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 01:38
観てきたドス!
感想。
おじさんちょっとだけ怒ってるんだ〜……
悪い子は吊しちゃおーね!

383 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 08:57
私は予言する。

夏のコミケには「狙撃手×政治将校」ネタのヤオイを出す
女軍ヲタが居るであろうと。

……え、そんなん誰でも予想できますかそうですかそうですね。

384 :Cipher:2001/04/25(水) 10:45
>380
少佐があの子供を使ってたのはドイツ語ができるから。
確か少佐がわからないロシア語の新聞を子供に読ませてドイツ語に
翻訳させるシーンがあったと思う。


385 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 11:02
奈津古見で、政治将校の軍装するやつが10人はでるでしょう

386 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 11:16
「少年とエド・ハリス顔の狙撃兵」もありそう

387 :ぱうるす:2001/04/25(水) 13:24
・・・

388 :ウィリアム・ウォーカー:2001/04/25(水) 14:25
・・・落涙。萌えの気持ちは嬉しいが、絶対、解釈に無理があるよ。
最近の女性エドハリスふぁん

389 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 14:36
>>370
武器や兵器のディティールばっかり追っていて、ちゃんとストーリーを追ってない奴ほど、サーシャ(子供)がドイツ語にも通じているという説明のセリフを見落としているという好例。


390 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 18:07
とってつけたような説明ではあるが。

391 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 18:17
ヤオイ本では、「狙撃」とは、別の意味になるだろうな…



392 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 20:52
あの映画で印象に残ったシーン
1、兵員輸送貨車のドア−が開きレニングラードの戦場が眼下に入った所。
2、舟艇がスツーカの機銃掃射を受けて寿司詰めのソ連兵の背中に機銃弾
  がプスプスと入って行く所。
3、銃の数が兵隊数よりも少ない為手ぶらでドイツ軍陣地に突撃する所。
4、退却したら味方の機関銃で撃たれるところ。
5、ソ連軍の死体の山に向けドイツ兵が駄目押しの機銃弾を浴びせる所。
6、砲撃の爆音に同期させてドイツ軍を狙撃する所。

393 :レッドキラー:2001/04/25(水) 20:56
ロスケをアングロが演じるのは不自然。

394 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 21:03
>>392
それは、前半のシーンしか印象に残らなかったということですね…

395 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 21:29
ロシア女に髭が生えていないのは不自然。

396 :スツーカ萌え:2001/04/25(水) 22:14
カッコイイ!

397 :名無し三等兵:2001/04/25(水) 22:29
>>393
中国系が日本兵を演じる映画も山ほどあるな。

398 :名無し三等兵:2001/04/26(木) 00:26
Title: Enemy at the gates
Genre: Militaric AV


399 :n :2001/04/26(木) 00:37
昔スピルバーグの映画で「太陽の帝国」ってのがあったが、そこに出てくる
日本兵は中国人が皆演じていたな。
日本人はイブマサトウぐらいしかいなかったな。

400 :「太陽の帝国」:2001/04/26(木) 00:48
「おう美味いなこれ」「万歳ー」とか上海ロケでは、棒読み日本人エキストラも
何人かでてましたけど、収容所方面は全滅ですな、日本人。

なんだ。あの軍医は。
「ハイ。あなた、立つ」

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/26(木) 02:40
笑店の山田くんも出てただろ、忘れたか?

402 :名無し三等兵:2001/04/26(木) 15:23
ガッツ石松も出てたぞ! 山田くんとコンビで。>太陽の帝国

403 :名無し三等兵:2001/04/26(木) 23:53
結局なにを主張したい映画か、ぜんぜん判らなかった。。。。。

404 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 01:53
「エネミー・アット・ザ・ゲート」というタイトルを
聞いて、敵にケツ穴を犯される兵士を想像したのだが…

(参考・アラビアのロレンス)

405 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 01:56
>401
当時の笑点で「すぴるばーぐに選ばれた」って自慢しまくってたな。

406 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 02:44
そいいえば、ガッツさんはクリスチャン・ベールとかいう小生意気な少年に、
上海抑留所から、収容所にむかうとき、
「てめ、英語わかるのかよ。アホ。おれのいうこと聞けよ」
とほっぺた張られてましたね。

わが国が誇る大型国際俳優への侮蔑に、おなじ国民として耐えられぬものを
感じます

407 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 11:18
観たけど金の無駄だった。
大道具と小道具のガラクタの作り方がもっともらしく見えるだけ。
かっんぜんなB級ハリウッド映画。最低。

408 :太陽の帝国と言えば:2001/04/27(金) 11:22
主人公の少年がおばはんの寝姿に欲情して性に目覚めるシーンが秀逸。
(あんな経験誰でもあるよね)

409 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 12:17
>>408
残念ながらないですなあ(笑)

個人的には「長崎の原爆が見えた」とか「空のキャでラック」の直後の
「ママの顔が思い出せない///」ってとこに、ユダヤ人(というか父親喪失者の)
スピルバーグらしさがでていて、傑作だと思います。


410 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 19:29
4月27日の読売新聞に映画評論が載っていた。
映画「スターリングラード」を見て という題名で、
富○武 成蹊大学教授(ソ連政治史)がお書きになって
いる。
映画の評論のはずが、独ソ戦の解説がメイン。期待して
読んでみると、ぜんぜんダメダメの解説。時系列がおか
しいし(好意的に言って大まかに言い過ぎ)、数字もめ
ちゃくちゃ。事実を知らないで書いているとしか思えな
い。
それよりなにより、文章構成がなっていない。
教授ー!ほんとにPhDもった教授なんですかー?

「先生、○○字分原稿書いてくれませんか」といわれて、
作った、原稿落とすよりはとりあえず埋めてみました
文章の見本。軍事マニアは優越感に浸れるので一読して
みたらいかがでしょうか。

411 :名無し三等兵:2001/04/27(金) 21:02
本日観てきました。

ガイシュツでスマンが最初のシーン、
スツーカの急降下爆撃&機銃掃射から2人に1丁の銃を渡されて突撃し、ドイツ軍の射撃で次々とソ連兵が倒れるシーンを観て・・・
「赤を殺せ!露助を殺せ!!共産主義者共に死の制裁を!!!」と心で叫びながら握りこぶしを握ってました(藁

412 ::2001/04/28(土) 18:43
何故ゆえ共産主義者が嫌いなのか?
理論付けされたカキコきぼ〜ん。

413 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 21:45
今日見てきたよー。見てきた後にこのスレ読んでみたが、
いやまったくみなさんおっしゃるとおり。前半(というか
冒頭?)が最高だったね。最初の「ウラー!」とお約束の
督戦射撃には萌えた。

ところで、工場でケーニッヒ少佐がカマん中にこもって
たときにさー、銃を取り落としたヴァシリーがナイフに
縄結んで投げてひっかけようとする場面あったやん。
あれで少佐は縄を狙撃して阻止していたが、よく考えると
銃そのものをばしばし撃って破壊した方が数段マシでは
なかったのか。最低でもスコープ壊すとか・・・


414 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 21:59
GUNフェチのケーニヒ少佐は銃を壊す事ができないのであった。
そのかわりヤサイをこわしまくってたが。

415 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 23:05
ガイシュツでなくてスマンが最初のシーン、
ヴァシリーの独将校狙撃シーンを見て
「独兵を殺せ!!ファシスト共に死の制裁を!!!」と心で叫びながら握りこぶしを握ってました(藁

416 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 23:10
スラブの豚共に死の制裁を!!

417 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 23:15
コミーのゴミどもに死の制裁を!!


418 :冒頭15分間:2001/04/28(土) 23:21
露助を応援してた人 … アカ、一般人
独逸を応援してた人 … 軍オタ、年寄り

419 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 23:29
>>411
源文先生スキ?

420 :名無し三等兵:2001/04/28(土) 23:32
どうでいいけど、ニキータがザイツェフをパーティーに招待
するシーンで流れるソ連国歌は、スターリン批判後のバージ
ョンでは?

T34といい、国歌といい考証に細かいミスがあるね。
まあ、結構良い線行ってるけど。

421 :名無し三等兵:2001/04/29(日) 12:30
>>413
銃というエサをあえて壊さず、ヴァシリを釣りだそうとする辺りが少佐の
狡猾なところであろう。
壊してヴァシリに銃を諦めさせたら、次の行動が読めなくなるからね

422 :名無し三等兵:2001/04/29(日) 12:34
>>418

ソノトーリ

423 :>418:2001/04/30(月) 02:22
赤軍オタの存在も認知してね・・・(ハート)

424 :名無し三等兵:2001/04/30(月) 02:47
>>412
411ではないが私のおじいちゃんは満州で露助に殺されかけました。

そんな私は冒頭15分をうすら笑みを浮かべながら見ていました。

425 :護身術:2001/04/30(月) 02:51
プライベート・ライアンをこえるかな?
この映画

426 :( ^o^)ノ◇ ザブトン1マイ:2001/04/30(月) 18:16
>>418
すんげー大笑い。 でもその通りかもね。



427 :乙V:2001/04/30(月) 18:18
この板で赤軍オタなんているんか?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/30(月) 18:31
厨房はあの面白いスレを知らないのか・・・(藁

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/30(月) 22:20
レイチェル・ワイズのお尻、ハァハァ

430 :名無し三等兵:2001/04/30(月) 23:46
フルシチョフが狙撃兵のことばかり気にしている変な役。

431 :名無し三等兵:2001/04/30(月) 23:49
日本の映画だったらクライマックスは
サーシャ(ダブルスパイのクソガキ)
をオトリ餌にして一騎打ち、という展開を想像してしまったが、
問答無用に吊るしたので良し。

432 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 00:26
>>392
>兵員輸送貨車のドア−が開きレニングラードの戦場が眼下に入った所。

遅い指摘でスマンが場所がすり変わっているぞ(笑)
もっとも俺的にはスターリングラードの話よりレニングラードで起きたことの
方が興味深い。いや、同じことはスターリングラードでもキエフでもあったん
だろうけどさ。もちろん皇軍でも。
そんなわけで「レニングラード」って映画はあるの?

433 :名無シネマさん:2001/05/01(火) 02:27
映画ようやく見てきました。エド・ハリス萌え。

で。ドイツはスターリングラードを落とせなかったんだけど、
なんとかして陥落させるか、ここを迂回して他の地域の占領を優先していたら
第二次大戦の帰趨は違ったものになっていたんですか?

434 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 02:35
>>424
「スターリングラード」を意識して、203高地をリメイクしてほしい。
トーチカの銃眼からチラリとみえる露助を「豆腐屋」がクールに射殺。
なんて感じがいいな。
世界で大ヒット間違いなし。

435 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 02:37
>>433
変わりません m(__)m ペコリ

もし興味がお有りでしたら、この板の、他のドイツ関連のスレなど
ご覧になってみてくださいませ。

436 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 11:38
>>434
で、日本兵と露西亜兵がみんな英語でしゃべるのか?


437 :cue:2001/05/01(火) 12:09
で、「とつげき-!」「ばんざい-!」だけ、日本語なのね。

438 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 15:22
>>428
「赤い嵐」スレを見たときは「おまえらどこに隠れてた」って思ったよ。
おれは赤軍には詳しくないので参加できないのが残念なくらいだった。

439 :乙V:2001/05/01(火) 15:23
ビデオはいつでるんだ?

440 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 15:27
映画館で見とけ

441 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 17:28
>ALL
昔読んだ本でヴァシリは大戦末期に地雷で目をやられたと読んだ記憶が
あるのですが?
パンフなど読むと1990年ごろまで生存してたらしいですが本当?
あの映画、どこまで創作でどこまで史実に基づいているのでしょう?

442 :名無し三等兵:2001/05/01(火) 18:00
目の前に味方の歩兵がいるのに大砲ぶっ放す独軍戦車。

443 :名無しぷらいべーと:2001/05/02(水) 00:33
>>440
その意見に大きく賛成。
サラウンドな映画館(ってゆーのか?)に逝く事を強く勧める。

>>442
それでこそ独軍。

444 :名無し三等兵:2001/05/02(水) 13:51
>>441
パンフには、モスクワで工場長になれたって書いてあったけど、
盲目で工場長は務まるのでしょうかね?
あと、ヴァシリは結局 ターニャとは結婚しないで、
別の人と結婚したらしいね。

445 :名無し三等兵:2001/05/02(水) 14:02
>>444 盲目で工場長は務まるのでしょうかね?

元事実については知らないけれど、社会主義圏の工場長は「村長」的
な存在なので、本人が先頭に立って実務をきりまわすか、部下にゆだ
ねるかはスタイルの問題です。

446 :Cipher:2001/05/02(水) 17:23
パンフに書いてあったけど、スタッフが直接、ロシアにいって
いろいろ調べたけど事実と伝説が混じり過ぎていて
結局、どこまでホントか わかんなかったそうだよ〜。
戦後、工場長になったてえ話も確認できなかったそうだ。

447 :名無し三等兵:2001/05/02(水) 21:34
>>446
ロシアらしい話しだね
パンフはやっぱ買っとくべきだったなー。

448 :名無し三等兵:2001/05/04(金) 17:43
age

449 :名無し三等兵:2001/05/04(金) 21:50
CGと思われる爆撃機はJu-88でよろしいのでしょうか?
よくわかんなかったです。

450 :名無し三等兵:2001/05/05(土) 05:16
He111じゃないの?
知らんけど

451 :名無し三等兵:2001/05/05(土) 16:06
age

452 :名無し三等兵:2001/05/08(火) 00:16
age

453 :名無し三等兵:2001/05/08(火) 03:20
http://members.tripod.co.jp/dokument1/

454 :名無し三等兵:2001/05/09(水) 15:47
>>446
ってことは、上のほうにあった
実在のヴァシリの写真も、実は別人かもしれないってこと?
…だったらいいな。

455 :名無し三等兵:2001/05/09(水) 18:02
スターリングラード物なら、1960年代の西ドイツの「最後の戦線」と、
少し前のドイツ制作の「スターリングラード」の方が良い。
戦争映画は、やはりドイツ制作の方が迫力がある。

456 :名無し三等兵:2001/05/13(日) 22:58
>>455
それってDVD出てる?

457 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 05:16
<<455
「最後の戦線」は、ドイツ版のビデオなら出ているけれど、日本向けは無いです。
「スターリングラード」は、字幕入りのビデオは出てますが、いずれもDVDは無いでしょう。
日本の洋画関係は、アメリカ追随だから、こういうドイツ物はなかなか出ない気がします。

458 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 09:20
露帝のDVDは結構出てるのにね

459 :世界史板から:2001/05/14(月) 20:42
177 名前:ゆかこ 投稿日:2001/05/14(月) 00:06
彼氏と一緒に見に行きました。
江戸の最後のところが、野グソを見つかって固まってしまった
子供みたいでかわゆかったれす

460 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 21:48
>>459
ドイツ軍人をバカにするやつは逝ってよし。

461 :名無し三等兵:2001/05/14(月) 22:01
ドイツ軍人に小便をかけると、ちんちんが腫れ上がるのです。

462 :世界史板スタスレ:2001/05/14(月) 22:09
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=whis&key=986721403&ls=100

463 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 00:33
ソビエト軍人に小便をかけると「ビールを無駄にするな」って怒鳴られるそうです。

464 :赤軍の強さの秘密は・・・:2001/05/15(火) 00:39
・・・飲尿療法にあり。

そう解釈してよろしいでしょうか?

465 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 00:47
日本兵に小便かけると、あそこが腐ります。

466 :名無し三等兵:2001/05/15(火) 03:10
>>446
どうせ英雄を造るためにでっち上げたんでしょ
なんてったてソ連だし

467 :ナナシ元帥☆☆☆☆星よっつ:2001/05/19(土) 13:08
先日・ムルデカ (皇紀2605年8月17日)といっしょに見てきました。

戦争映画としては スターリングラードの方が上出来(予算が違うから比べるのは酷か!)
個人的に、いままで紹介されてないシーンで一押しは、ケーニッヒ少佐の登場シーン
食堂車で本読みながら、くつろいでいるところを、対抗列車の傷病兵の目を気にしてカーテンを閉めるシーン。
知的でクールだと思ったのに、最後はあっけなく、それも操車場みたいなとこで、至近距離で撃たれるなんて…

ムルデカは脚本的にも、映像的にもいまいちだが、政治的には良い映画だ!
ムルデカをオランダで上映して、日本に対して捕虜虐待など、
たわけたことかまして・賠償金せしめようとする、オランダ軍人や
従軍慰安婦にかねばら撒く・河野・元・害務大臣を死刑にしよう!

「サンパイマティ」

468 :>457:2001/05/19(土) 17:37
>「スターリングラード」は、字幕入りのビデオは出てますが、いずれもDVDは無いでしょう。

アメリカではDVD版を売っているよ。というか自分がそのDVD版を持っている。


469 :名無し三等兵:2001/05/19(土) 17:43
おれは戦争映画なら「ベルリン陥落」をつくってほしかった。
ソ連兵がベルリンでドイツ娘を片っ端から強姦、ハアハアハア・・・

470 :名無し三等兵:2001/05/19(土) 17:50
昔の女は臭いぞ

471 :名無し三等兵:2001/05/19(土) 17:57
>昔の女は臭いぞ

何がどう「臭い」んだ?

472 :名無し三等兵:2001/05/19(土) 18:28
女に限らん、
なんせ風呂に入る習慣ないんだからな
におい消しのために香水の大量消費やってたし

473 :名無し三等兵:2001/05/19(土) 21:29
ばかだな〜。臭いがいいんじゃん。
よってsage。

474 :☆山口 陸自☆:2001/05/20(日) 07:52
映画のハンプに『ロケは東ドイツで行われた』って書いてあったけど、
セットはどうなるのだろうか、ウニバーサルスタジオ・ゲルマンとして恒久テーマパークにして欲しい。

「君もヴァシリになれる。」って射的ゲームや戦場ナンパが横行し、大入り満員!

475 :☆ナナシ三等兵:2001/05/22(火) 07:12
>466
でっち上げたのは、中国戦線の日本将校の百人切りでは…

476 :名無し三等兵 :2001/05/22(火) 08:52
百人切りは事実じゃねえか・・・。

477 :☆ナナシ三等兵:2001/05/22(火) 23:46
もうすぐ、上映がおわる。
次回作品は「JSA」
見てない奴は、早く見に行け。最初の15分だけでも見る価値はある。

478 :☆ナナシ三等兵:2001/05/23(水) 21:57
「JSA」って「シュリ」を超えるかって云われたが、
「STG」って「ライアン」は軽く超えてると思う。

479 :名無し三等兵:2001/05/24(木) 01:04
>>478
STGと略すのはイカニモだなあ :-) 、
StGよりはいいか。

480 :一等自営業:2001/05/24(木) 01:28
>476
それは間違いです。二人の将校が競い合ったという、当時の新聞
報道が始まりですが、実際は戦闘中にそんなには切ってません。
新聞が戦意高揚を煽ったのが始まりで、ほとんどヤラセでした。

北京の軍事博物館に、ワンフロア全部日本の戦争犯罪を扱い、その
一つとしてその将校の写真と使用した日本刀がトーベイクイズ
(東の鬼の意味だったかな?)なる言葉で、パネルと共に展示
してあります。戦意高揚報道が逆宣伝の見本のようなもんです。
私の親父はB級戦犯でしたが、それは親父の世代の罪であって
戦後の日本人は関係ありません。同じ事を北京で中国人に
伝えました。

>476
試写会に逝ったけどレンタルビデオで充分でしょう。
ドラマ(軍事ミステリー)としては、面白いですが
ストーリーが進むうちにネタバレしてきます。

481 :名無し三等兵:2001/05/31(木) 23:48
>>480
やっぱり映画館の方が団地で迫力ある。

482 :名無し三等兵:2001/06/05(火) 16:03
親父とスターリングラードを観に行った帰り道での親父のセリフ。
「ライアン二等兵を観てしまった後ではこれもなんかハリウッド娯楽映画としか思えないな」
ちなみに彼はプライベートライアンに涙をした人。

483 :名無し三等兵:2001/06/07(木) 04:26
あのセックスは中出しだったの?

484 :名無し三等兵:2001/06/07(木) 12:09
「沈黙の鉄橋」(傑作!?)とか「南京1937」をみれば向こうの
人間の偏見ぶりがわかる

485 :名無し三等兵:2001/06/07(木) 12:10
終わったスレをアゲんな

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)