5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「間違いだらけ自衛隊兵器」

1 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 17:52
本屋で立ち読みしただけで、また私自身もそれ程軍事に詳しく無いので、
なんか納得させられてしまう面もあるのですが、あの本の内容の信憑性は?

余りに自衛隊兵器の評価が低過ぎる様に思いますけど。
あの筆者は米国での90式戦車の高成績を知らなかったのだろうか。


2 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 17:58
あの本の内容自体が間違いだらけ
という噂を聞くが

3 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:18
武器兵器は全部アメリカから買えばいいじゃん。

4 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:22
これ以上変なスレ立てると厨房が来るのでsageますよ。

5 :名無し三等兵:2001/03/11(日) 18:40
なんかF4EJ改だけ評価してたね。

6 :名無し三等兵:2001/03/12(月) 00:21
改定版になったら「駄目兵器」の評になっていた・・・
ようするにあの本は、F-15は性能過剰でありF-16クラスで
十分と言ってるけ、もし航空自衛隊がF-16を採用していると
「F-16では性能が中途半端、F-15を導入すべきだ」とか書い
ているにちがいない。

7 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 00:08
著者は無駄に高い兵器を批判してんじゃないの?
例えばFー15はライセンス生産して高すぎるとか、90式は高い割には(今では安くなってきたが)M1A2に比べ弱いとか・・・でも全体的に評価が低いよね。


8 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 00:10
自衛隊のスクラップ&ビルド体質を批判したかったんじゃないの?
あとメリケンべったり体質?とか

9 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 00:10
↑しかもそれすらも嘘(特にライセンス生産云々)
どんな資料見て語ってるんだかマッタク

10 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 00:20
でも、使う身になってみないとわからないだろうな。
ジャムってばかりいるMG撃たされるんじゃたまらんだろう。
それと、ロジの問題だろう。
国産主義は、ロジの国内確保が大眼目だろうけど、コストパフォーマンス悪いのは一目瞭然。
うえあぽんは所詮消耗品だから、安いにこしたことはない。
小銃なんか、M16とかSIGで充分だろ。
MGは43だよ。
装甲車両も同様、ライセンスでジャパンアレンジすれば上々。

11 :ともかく:2001/03/13(火) 00:27
カネと人命を費やしてわざわざ日本のために実戦テストを
してくれてる他国製の兵器。
多少高くついても(完全国産と同じようになってしまっても)
ライセンス生産や輸入にメリット感じるなー。


12 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/03/13(火) 18:29
>11
そのぶん開発費が値段に上乗せになって、国産と価格が変わらないと・・・・
(外国の調達費が安いのは開発費を先渡ししているからで、日本が調達する事に
なると当然ながらロイヤリティの中に開発費が上乗せになる>本体価格+開発費)

13 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 18:41
やっぱり日本も武器輸出できるようにしたいよね。
景気回復に多少なりとも貢献できるかもしれないし。

…って、武器の輸出入が完全自由化されたら、
日本の防衛産業で食ってる会社、たくさんつぶれてしまって、
かえって景気悪化しちゃうかな?

14 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 18:45
>>13
購入者が限定される商品に、自由化はありえないのだ。

15 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 20:16
あの本は「自衛隊の兵器は高すぎる」という著者の脳内真実を証明するために、
あること無いこと書きまくっててダメダメです。
そもそも比較対照となっている他国の兵器の値段がその国内での値段の場合がほとんどです。
せっかく日本みたいな金持ちの国(少なくとも外国からはそう見られている)に売りつけることが出来るのだから
ふっかけるのが当然です。著者は性善説でも信じてるのか、その辺を全く気にしていません。

また、ライセンス生産を無駄扱いしていますが、F−4をRF−4やF−4EJ改に改造できたのは
ライセンス生産していたからこそ出来たのであって、これが完全な輸入であれば、アメリカの都合のいい
改造しかできませんでした。このあたりのメリットにもちゃんとふれて欲しいものです。

そういえば、自衛隊は兵器を廃棄する際の予算はどうしてるんでしょうか?
最近のは防秘の固まりだから普通にスクラップには出来ないはずだから、かなりのお金がかかっている
筈なんですけど、、、
どなたか、詳しい方、教えてくれませんか?

16 :防衛庁:2001/03/13(火) 20:34
これから90式戦車を廃棄して自衛隊の主力を日本刀にしようと
計画中ですが別に間違っちゃいませんよね?

17 :名無しさんの野望:2001/03/13(火) 21:41
(・∀・)イイ!

18 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 21:50
90式は日本に勿体無い。


19 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 22:02
90式を隣国の制式兵器に採用。国家財政の破綻を図る。

20 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 22:04
>90式を隣国の制式兵器に採用。国家財政の破綻を図る。

売却した後で、「これは賠償金代わり」と言われて踏み倒されるに1タラント

21 :19:2001/03/13(火) 22:22
いや、連中自身にライセンス生産させるんです・・・・金払わされそう・・・

22 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 22:33
>自衛隊の主力を日本刀にしようと
王蟲から切り出した刀か、セラミック刀きぼん


23 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 22:34
経済的な視点から見れば、どんなに高くとも国内調達のメリットが多いです。
(超簡単に言うと金が国内で回転するからです)
海外(アメリカ)からのライセンス&調達は、日本の国益に反します。
でも、たしかに無駄が多いし、実用的でない兵器(機関銃とかね)もあるので
そのへんは何とかしてほしいもんですが。

24 :名無し三等兵:2001/03/13(火) 23:36
>>23
ね、ネタだよね?

25 :11:2001/03/14(水) 01:40
>12
だから高くついても、と書いてるじゃないですか。
つまり同じ価格になってしまっても血の洗礼を浴びてる兵器にメリット
ありでないの?って事です。


26 :名無し三等兵:2001/03/14(水) 01:50
いざという時を考えて国産にあえてこだわるか、
中華な国の如く知らぬ存ぜぬを通して勝手に作るか・・・

27 :毒者:2001/03/14(水) 13:18
>23
一番の原因は政府にも自衛隊にも輸出できないからこそコストをさげる、
という努力をしてこなかったからです。あの本を読んでも国産が悪い
とはいっていなくて「効率の悪い国産が悪い」といっているのでは?

国産国産といいならが防衛需要におんぶにだっこで航空産業なんて3
流になってしまったし。零細企業ばかりで高いコスト体質。
せいぜいが8億円のAH−1Sを50億円もだして年に1機つくること
が国内防衛産業の整備とは思えない。
ヘリメーカーだけで3社もあるんですぜ。こんなん市場規模考えれば1社
で十分。要は3社分の天下り先を確保するために50億円もだして毎年1
機づつヘリを作らせるような体質に問題があるのでは。

つまり国産VS輸入という構図ではなく不合理な国産VS国産を含めた合
理的な調達ではないでしょうか?




28 :名無し三等兵:2001/03/14(水) 23:36
特定産業のメーカーを1社に絞ったら、技術はもっと堕落するものと思われ
国産AHの射撃統制ソフト、M重とF重は開発蹴ったなんて話もある

航空に限らず先端技術なんて自力で開発しないと身につかない
そのための投資だと思えば、F2の主翼なんて良い経験じゃないのかな

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/15(木) 01:35
あげじゃ

30 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 01:47
日本において兵器の先端技術を開発する必要はあるんだろうか?

100歩譲っても「これを国産化するのは業界の悲願」つうのがやたら多いような?
限りある予算を有効に使うためにも何を国内開発をするのか判断し絞るべき。
でもこういった事が日本は一番苦手だからなあ。ばらまきになってしまいます。

とりあえずジェット対潜哨戒機の開発に反対。
あんな凡庸な機体ですむモノを大金かけて新規開発する必要なし!
P-3Cの改良を考えるべき。
そこに独自の技術を盛り込めば良い。


31 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 01:49
>>2

その通りデス。完全な嘘ではないが、どっちかって言うと自衛隊批判
が目的ともいえる本であると言える。

32 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 02:04
いいんじゃん国産でも。
その国の技術力が向上すると思うし

33 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 05:38
難しいね、国産問題は。
技術が無いと、輸入しても結局高く吹っかけられそうだし。

輸入しても国産でも価格は大して変わらんのと違うか?

34 :毒者:2001/03/15(木) 12:38
>27
無論それはそうです。ですが、輸出ができないという条件下においては如何でしょうか?
メリットとデメリットのトレードオフの関係だと思います。
防衛庁は事実上開発費ださないし、企業は官需に頼り切りになる。
YSー11を潰して、防衛庁に依存した航空産業界がよい例でしょう。
今や日本の航空産業は3流で、外国企業の下請け企業にすぎません。
それもこれも、官需に頼り切りの「零細企業」を温存した結果です。
零細農家を温存した結果米作農家が壊滅の危機に瀕している農業と
同じ構造です。このような状況が上記のぼくの意見のもととなっています。

>33
輸入が高いというのは防衛庁のマインドコントロールの結果です。
冷戦時代ならともかく、兵器市場が統合された現在高値をふっかけたり
モンキーモデルを売りつけたりすれば、市場から淘汰されます。
今や構造不況産業となった兵器産業界は生き残りが大変です。
ラインを維持するために赤字覚悟で受注する企業も少なくありません。

サウジなどルクレールをライセンス生産させろとGiatと交渉してい
ますが、その総費用の25パーセント相当の金額を自国に投資しろとか、
今間購入した仏製陸戦兵器を下取りしろとか言いたい放題です。無論費
用自体を値切っていることはいうまでもありません。

輸入兵器が高いといいますが、ほとんどの第3世界は兵器を輸入してい
ますが彼らが日本みたいにバカ高い値段で兵器を購入していると思いますか?
先進国にしてもオランダやスペインが輸入しているレオパルドが90式より
高いと思いますか?

基本的には私も兵器は国産したほうが良いと思っています。
ただ、問題はそのあり方です。国産VS輸入またはライセンス
という構図でとらえるのでなく、如何に国益に沿った兵器調達を
するかというところで論ずるべきだと思います。

よそで3万円以下でつくっているSMGを44万円もかけて調達
する必要はありません。それに輸入が高い=商社のマージンが高いいのは
情報収集やすべての手続きを商社にまかせているからです。それにコンペ
方式をとらないのでボラれるからです。特に戦闘機のようにはじめから米国
製と決めている場合ぼられます。

有り体にいうと「防衛庁と自衛隊がアホやから兵器が高いんや」というこ
とになります。


35 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 13:10
そろそろ「海燕」を開発する時かな〜。

74式が(公道で)走るとアスファルトがめくれるとか、90式は道路にめり込む、てのは本当?

36 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 13:15
>>34
未だにイスラエルとかサウジにおろしているF15はロースペックなのは淘汰された結果なんですか?

37 :タリフェロ兄弟:2001/03/15(木) 14:52
2000年式短機関銃について情報を義母!
マニア雑誌にちょとのった後、音信不通?もしかして国防機密で関係者全員謀殺か。

38 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 15:20
>>35
MODミサイルモナ〜(ワラ

39 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 15:36
限られた予算で防衛力を最大化しようという観点からすると
輸入の方がいいケースも多いとは思う。

でも、23さんも書いてる通り国民経済っていう観点から
すると違った見方もできる。
国内で金が動く限りいかに高額であっても有効需要創出とも
いえる。それに対して輸入してしまうことはその分有効需要が
減ってしまうことになる。

逆に国際経済という観点からすると比較優位論を用いれば兵器を輸入して
車やビデオを輸出すればいいことになる。

経済的側面だけを考えてもいろんな見方ができるからなかなか難しいね。

ただ、テクノロジーの進歩とその経済効果・高度技術を握ることによる
政治的効果を考えればやはり少々不効率でも国内開発を推進するのに
賛成したいな。

40 :28:2001/03/15(木) 23:19
>>34
いったん3流に堕ちた航空産業がまた復活しつつあるんだから、そこは温かく見守るべきかと
F2にしろOH−1にしろ、「作って初めて理解できた」事が山のようにあるわけだし
御指摘の通り、技術的な先進性が失われると、取り戻すのに非常に時間と金がかかる
ようやく米国の背中が見えてきたのに、ここでまた「外国の下請け」に戻してしまっては元の木阿弥では?

もっともSMGのようなローテク装備は、必ずしも国産に頼らずとも良いとは思うけど

41 :名無し三等兵:2001/03/15(木) 23:43
>34
 兵器市場は統合されたかもしれませんが、あちらこちらから
兵器を購入していると、整備補給が滅茶苦茶になります。

 ほとんどの第3世界諸国は兵器を輸入していますが、
それは自国で開発できないからであって、安いからではありません

 戦車などは、たとえばドイツから輸入した場合、将来自国で開発
できなくなる可能性が高いでしょう。

 自国で開発できる技術があるならば、少々割高でも国産の方が
安全保障上有利です


42 :>35:2001/03/16(金) 00:13
キャタピラにゴムパッドをはめ込むので大丈夫。

43 :御宅:2001/03/16(金) 00:39
海上自衛隊の空母はどうなったの?

44 :匿名希望:2001/03/16(金) 00:56
>40@`41
暖かく見守っているウチに無くなってしまったら・・・
官需に頼る企業は弱るっからねえ。だいたい複数メーカーあっても棲み分け
しているから競争もほとんどないし。結果が日産や三菱自工みたいに外資系。
次の陸自のトラック商戦は見物。日産=ルノーVS三菱=クライスラーの代
理戦争が起こるんじゃない。いすゞやトヨタはショバ奪われるぞ。

輸出できなず基本的に高いコスト体質になるのだから、他国より
コスト削減とより実戦を想定した試験をしなければならないのに
実体は逆。兵器なんて田舎の公共事業とおなじ、絵のない美術館
、テニスコートに使われている農業用空港と同じ。国内で金が動
いているといって喜べない。10憶で済むのに100憶使うやつ
は馬鹿。

行政の過保護が業界をダメにしてる。その現状が問題。安全保障
という観点から兵器産業を育成しようという気が更々ない。

誤解のないようにいっておくけど、ぼくは国産開発は賛成派。ただ
しきちんとコストや性能の管理をやることが前提。

複数企業があった方が競争云々という話があるが、それは十分な市場があっての
話。欧州ではアグスタとウエストランドが合併したし、ユーロコプターは独仏の
ジョイント。彼らは外国に民間市場があるが、川崎や富士は無いに等しい。つま
安定した官需の上にあぐらをかいてきたわけで、ゼネコン、銀行と同じ。外国の
民間市場で弱いうのも高コスト体質の一部。
兵器産業を再編成すべき。すでに護衛艦で遅蒔きながらははじまっている。



45 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 09:57
結論!
兵器メーカーを競争させて選択できるようにすればいい。
戦車も三菱だけじゃダメよん

46 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 10:17
>42
アスファルト路面はそれでもきついかと
おもわれ

47 :妄想三等兵:2001/03/16(金) 10:45
>46
つーか、実際に走ってるってツッコミは無し?


48 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 12:54
>>41
> 自国で開発できる技術があるならば、少々割高でも国産の方が
>全保障上有利です

ここのところは政治の話になるんだけど、初めに国産ありきでそれ以外の選択肢は
脇に追いやられていると感じている。

本当に兵器の国産化は安全保障上有利なのか?
大国どうしが正面から長期にわたってぶつかり会う第一、ニ次大戦型の戦争が
考えにくい現在では補給面からの国産の意味はほとんどないと思う。

現代の先端技術を入れた兵器の開発費は莫大なモノになり、一国ではまかない切れない
モノになりつつある。

主力戦闘機を自国だけで開発できるのは数国ぐらいだし、中立政策をとるスウェーデンでも
グリペンの次は負担が大きすぎて開発出来ないだろう。
グリペンも予定より膨らんだ開発費を回収すべくBAeに売り込みを依頼している状態。
アメリカもその例外ではなりつつある。

そういった中で日本だけが純国産化にこだわっている。
そんなカネがどこにあるの?

例の新型対潜哨戒機、新型輸送機の新開発の話もそれらを肥やしに
民間型の開発、輸出、世界に対抗できる航空機産業の育成といった
明確なビジョンがあるなら賛成しなくも無いが、現在では自慰行為
としか見えない。


49 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:03
ワタシの知り合いの某関係者が、お役所の縦割り組織と仕事の進め方が鬱陶し
く効率が悪がいと、こぼしておりました。それと、数年前に生産コストの削減
はメーカーの独断では出来ないという話も聞きました。


50 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:04
ところで海外製品は常に競争にさらされるのでモンキーモデルのような
粗悪品をつかまされることは無いと根拠ない断言していた人って結局根
拠出したの?それとも「思いつき」?

51 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:19
>48
補給・整備について
外交状況が急変して、消耗が激しい部品の輸入がストップしたら
無形の戦闘力があっという間に低下します。
長期的には常に最悪の状況を考えておく必要があります

>現代の先端技術を入れた兵器の開発費は莫大なモノになり、一国ではまかない切れない モノになりつつある。

最先端技術を取り入れた兵器ですが、莫大な開発費を必要とする
兵器と言えば、戦闘機・イージス艦などであり
日本はこれらの兵器を純国産化できていません。

それほど開発費が必要でない、比較的開発の楽な戦車・対空ミサイル
小型艦艇などを開発している国は結構あります。

はじめに国産ありきとの考えは正しいです、ただ、価格決定の過程が
不明瞭なのは業界にとって長期的に不利になるでしょうね(すでになっている?)



52 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:20
>50
最近の例では無いけど、イラクの戦車は粗悪品だったよな
・・・あれ。

53 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:22
イラクの戦車はまともな弾がなかったから
ボコスカやられたはず



54 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 13:32
>>52
イイでも湾岸でも稼働率激悪。(あ〜数字忘れた。最悪で3割台だっけ?
原因はグリスアップを定期的に行わなかった。

55 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 15:07
江畑センセの本でも読めばいいんじゃん?

56 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 15:24
敵以外の国と外交関係を悪化させるようでは、兵器が自給自足できようと
(戦闘で勝とうと)戦争の勝利はおぼつかない。


57 :元車両整備小隊長:2001/03/16(金) 16:01
の親父が言ってました。
メートル法以外の国から武器を輸入するとボルト一本締めるにも工具が別に必要で困るってさ。

58 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 16:07
>57
深夜の通販でやってる、面で捉えるやつ買えばよいのでは。

59 :大渦よりの来訪者:2001/03/16(金) 16:40
>58
兄貴に自動車整備工を持つ友人に聞いた話では、
整備の仕事を早く終わらせるには、それなりに高価な
専用工具に投資しておかないと埒があかないのだそうな。
無論整備会社からも工具はもらえるが、
自分専用に百万近く投資しているのだそうだ。
まして、無理がかかりやすい軍用品ならその傾向はもっと強くなり、
専用工具なしで整備できなくなるのではないかと思う。

60 :58:2001/03/16(金) 17:14
>59
すいません、ネタのつもりだったんです。(^^;
といっても専用工具に対する理解が有ったわけでも有りませんが。(^^;
ご教授感謝です。

61 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 17:24
>50
モンキーではありませんが、タイが安いので中国製の兵器を
買いましたが、トラブル続出でその後オーダーしていません。
安かろう悪かろうでは売れません。

62 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 17:29
>>57
ハァ?
米軍規格って全部インチじゃん?

63 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 17:34
>>62

ばかもの良く読め。
>メートル法以外の国から武器を輸入すると


64 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 17:38
>61
マニュアルも全部中国語だったからね。
抗議したら契約に無いとか言われて突っぱねられたとか。

65 :杉浦日向子:2001/03/16(金) 18:38
 昔から、海自の護衛艦だって米英からノックス級とアダムス級とリアンダー級なんぞ購入で、国産のくももつきもあまつかぜもちくごも
製作する必要なかったと思うね。箱だけつくって、武器買うなんてね。ゆきだって、ノックス級で対応できたね。
まぁ、「しらね」級のようなのははないから、国産でしたかね。

66 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 18:57
それなら、アメリカやイギリスが「ゆき」型を使えばよかろう(藁


67 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 19:10
あの本は自衛隊に対する作者の歪んだ愛だろ。愛 藁

68 :杉浦日向子:2001/03/16(金) 19:43
 ノックス級なら、ヘリコは、シープラだったろうが、対潜能力なら、ゆきより上だろう。
地方隊落ちしたアルミ合金性のゆきより役立つだろうね。
 なお、あまつかぜ、たちかぜは、ほんと無駄でしたね。

69 :元車両整備小隊長:2001/03/16(金) 23:13
の親父がこうも言ってました。
電装品も計器類、油脂類のパイプ類も規格が違うやつがあって困ったてさ。
今はそうでもないけど、Jeepには米軍ママのヤツ。米軍ママの規格で国内仕様に直したヤ
ツ。ミツビシのライセンスのヤツがあって、それぞれが微妙に互換性が無かったそうだ。

最近の例ではMLRSが完成輸入車両。ノックダウン生産で陸自規格に準じた車両。日産のライ
センス車両の3種類がある。

70 :おいおい:2001/03/16(金) 23:20
まじかよ>69
まだそんな事やってるのか日本の軍隊(汗


71 :名無し三等兵:2001/03/16(金) 23:27
お隣の国は
国産+アメリカ製+ロシア製
でやってますです
こちらは、さらに酷そう

72 :ZU:2001/03/16(金) 23:29
>69
 異機種ならまだしも、同機種で、そんな状態ならば、お話にならん(怒

73 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 08:31
>>69
その程度はライセンス生産では当たり前の話ですよ。
昔の非互換とは程度が全然違うますし、完全互換なんて夢想の部類と思います。
電子機器でもその国のパーツ事情に合わせて一部回路を再設計するのは当然ですので、
近代工業力を持つ国が自国の実状に合わせてローカライズするのは当然とも言えます。
要は同じマニュアルでコンディションを維持できるかが問題なのだと思います。


74 :海の人:2001/03/17(土) 09:05
>>69
 艦艇なんか特にそうなんですが、おなじ「何とかクラス」でも各艦ごとに
ほとんど「一品もの」に等しいです。
 搭載されている機器にしても、乗組員による改良、納入業者による改善
などが繰り返されているので、ほとんど別物と考えた方がよいかも。


75 :杉浦日向子:2001/03/17(土) 09:10
 わが国の場合は、乗員、現場造船所の創意工夫で小改造だらけですが、大きな改装は大蔵省が、ウンといってくれません。

76 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 12:01
大蔵省と会計検査院。
軍事知識が無いのに口だけはだす。
思いつきでくだらない節約を強要し、兵器の使用目的まで縛るので柔軟な運用が
できない。1両惜しみの百両損を地でいっている。

77 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 12:21
調達本部がアホなことしてたのがバレたからね。
言い値で買うなんてのも民間じゃ考えられないことだし。


78 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 14:21
>>77
違うよ。伝統の省庁苛めだよ。
お山の大将を気取る大蔵がねちねちと期日一杯まで突つき回すのさ。

79 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 17:45
旧大蔵の主計は軍事音痴ばかり。
自走砲と戦車の区別もつかない阿呆が査定している(藁
そのくせ俺はエリートだーーーっ、防衛庁ごときに舐められて
たまるかーーーっという自負があるから始末悪いわな。
専門知識もなくプライドだけ高い阿呆方ばかり。


80 :名無し三等兵:2001/03/17(土) 17:57
ところで、日本の自衛隊の正式拳銃はSIGじゃ無かったっけ?
これは輸入品?それとも国産品?


81 :>80:2001/03/17(土) 17:59
ミネベアでライセンス生産


82 :hatake:2001/03/17(土) 19:22
むう、競合ということになれば、
トヨタ:見た目
日産:乗り味
スバル:水平対向
日野:ディーゼル
本田:Vテック
光岡:箱詰めされて送られますので自衛官の皆様で組みたて下さい。

というところか?

83 :奥さん、名無しです:2001/03/18(日) 01:45
>>80
http://www.sigarms.com/sigarmsweb/classic_main.htm
http://www.sigarms.com/sigarmsweb/prod01.htm


84 :名無し三等兵:2001/03/23(金) 17:52
あげ

85 :陸自のトラック:2001/03/23(金) 19:00
陸自の次期トラック商戦がいまから楽しみ。
何せ日産=ルノーと三菱=クライスラー・ダイムラー・ベンツの「外資系」が
参入するだろう。その先には装甲車商戦が・・・・

兵器の国産生産維持の錦の御旗の元の当局の過保護が防衛産業をどんどん
「外資系」にしている。自衛隊で食ってた東邦、共栄生命も外資系だしな。

もしかして防衛庁は米国の手先では、と思ってしまうのは気のせいか?

86 :名無し三等兵:2001/03/23(金) 19:28
ピラタスのおかげでT-7安くなったじゃん。

87 :名無し三等兵:2001/03/24(土) 12:17
でもあの件で世界中に「調本のスキャンダルのせいで競争入札を採用するフリをすることに
なりましたが、実質指名入札は変わりません」と競争入札は八百長と世界に公言したのも同然。
日本政府は嘘つきという大宣伝をしてしまった。

88 :名無し三等兵:2001/03/24(土) 13:06
>>86
最初からピラタスなんて買う気はなかったんだよね。
結論は決まっているデキレース。
あれじゃ海外メーカーは馬鹿馬鹿しくて売り込みには
こないな。性能が良くても安くても意味ないんだから。

89 :名無し三等兵:2001/03/24(土) 14:19
↑海外メーカーは売り込みに来まず「商社」が売り込む。だから余計に高い。

90 :非愛国三等兵:2001/03/24(土) 15:01
>>87
>日本政府は嘘つきという大宣伝をしてしまった。
 だって事実じゃん(藁


91 :陸奥五郎:2001/03/24(土) 15:23
防衛装備品は判らないが、海外メーカーは保証の範囲内でも
おいそれとは修理に来ないよ。

国産品なら電話一本でまず誰かが現地にと言うか、トラブル発生現場に
駆け付けて現状把握してから技術の人間なり営業なりが来て有償無償に関らず
応急処置を取ってから後清算と言うやり方で装備そ維持できる。

これはどう言う事かと言うと、2〜3年毎に転勤になってその都度新しい
機器のマニュアルを読んで自分で修理しなくても専門家に任せて判らないところを
聞いて、経験浅くても修理代の見積や修理期間中の代替手段確保ができる
と言う事だ。

これが輸入品なら最初から裁判やるような姿勢で落ち度が証明されるまでは絶対に
修理に来ない!って方針だから、その間その施設、装備、機械を使う予定が全て
キャンセルされ代わりの手段を確保するのに予定が立たず上層部からは「向こうに
やらせろ!」のフォロー無し一点張りで担当は苦労するよ。だから輸入品は嫌だ。

92 :酔剣:2001/03/24(土) 16:09
>91
たしかに納得できる!希少で貴重な意見だと思う。

93 :杉浦日向子:2001/03/24(土) 16:55
マニュアルいらないとか、その備品を国内メーカーにするとかいって結局は置物買い込んだ国立大學はじめ国立機関の膨大な数。
全部むこうにまかせろよ。用度のばーか!

94 :異邦人さん:2001/03/25(日) 00:06
問題なのは輸入に関しては自衛隊が情報収集からなに商談の通訳からすべて商社
まかせで当事者意識がないこと。無論>91氏の指摘は事実だろうし、同様な問題はおおいだろう。
日本企業のようには逝かないからね。特にイタリアなんて納期もまもらんし。
でもそれで世界は動いているのよ。要はリスクマネジメントをどうするかということ。
それをだから(本当は天下り先の確保を優先していのだが)輸入品はダメなんだ、
で終わらせて、思考停止しているのが自衛隊の実状。

テメエはいすに座っていて商社呼びつけてパシリにつかっている奴に輸入品批判の資格なし!

95 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 01:56
>>75
FRAMは?

96 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 02:04
>>94
アメリカも納期を守りませんね。以前、FMSの調査でひどいことになっている
のが公開されていました。続報をあまり聞かないのですが、どっかにあります
かね?

97 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 08:51
>94
実際リスクマネジメントすれば「日本に生産・補給・修理拠点を設ける」必要性が
あり値段が上がるのは必死。結局輸入=安いというバカなイメージが定着しすぎて
運用するコストまで全く考えが及ばない良い例

98 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 09:51
日本も早く兵器輸出を解禁しろ。左翼が何だ!!

99 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 10:03
一ヶ月位前一時間弱でどっかのテレビ局が
自衛隊の軍備は過剰ではないのか?
てな主旨の番組を放送した。
それによると、
「兵器の数は北朝鮮や極東ロシアのほうが多いが、近代戦に耐え得る数でいうと自衛隊が3軍とも圧倒的」だそうだ。

ロシア(ウラル以西)、北朝鮮、韓国、中国、台湾と日本のそれぞれ3軍を順に戦力比較した。
だが兵員の数や国防費・軍事費については一切比較していなかった。
「冷戦が終わった今これだけの軍備(ハッキリそういった)が日本に必要なのでしょうかねえ?」
と締めくくっていたんだな。

100 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 10:16
>>94
武官は法律上何もできんよ。情報収集なんかした日には…。これが武器でも同じ。

101 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 10:35
>>94
すまんがイメージだけで書いているね。
制服が自分で情報を集めたら拙いってことに気が付かない?
以前国会で問題になったんだよ。

102 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 10:51
>99
ザ・スクープ見たけど、
極東では3軍とも自衛隊が圧倒的に強力という方向でまとめようとするあまり、
陸上の戦力比較は省略されていたね。
海上、航空は極東最強で間違いないと思うけど、
陸上はやはり最強とは言いにくかったのだろう。
兵員数を比較しなかったのも、
自衛隊は極東最強で軍備過剰という方向でまとめるのに都合が悪かっただけかな。
軍事費については国ごとの比較は無かったけど
日本は世界第二位というふうに言ってたと記憶してる。


103 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 10:58
最強じゃなかったら怖いじゃない。
近隣に領土的野心を剥き出しにしてる国家がうようよなんだから。

104 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 12:45
大体この本(もう本の話じゃなくなってるが)他国の兵器には全部ニッコリ笑ったマークがついてて、
自衛隊の兵器だと全部プンプン怒った顔になってるんだもん。露骨すぎ。

105 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 15:09
>104
T-72までニコニコマークだったもんなー

106 :94:2001/03/25(日) 20:00
このあたりの話を総合すると、日本以外の国の軍隊は兵器の調達整備がほとんど
不可能にならないかい?ぼくの主張は外国からの調達がバラ色とは書いてないと
思うが。制服が情報を集められない?だったら外国の見本市にいっている連中は
物見遊山かね。確かに組織的に情報収集がしにくいとは思う体質になってはいる
だからといって居直られてもね。それにボクのしっている制服はよく外交郵袋
にオモチャをいれて海外に出張しているよ。あれも遊びにっているかね?
国産ならすべてに問題なし、ととれる主張が多いがボクは同意できないがね。
そもそも兵器調達にたいする哲学がないし、場当たり的に開発しすぎ。

輸入にすべきものはすべきだし、国産するなら調達&メンテのコスト管理をするべき
だと主張していだけなんだけど。

あと、イメージだけで書いてはいないよ。少なくともボクの知っている
佐官クラスや商社の人間もいっているよ。実際接触したなかでも不勉強だし、
情報なら商社まかせでいいといっている人も多かった。




107 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 20:52
>>106
僕の会った人だけで全体を語るのはどうもな。
>制服が情報を集められない?
個人的にはね。
これを機に国会の記録でも調べると宜しいかも。
それで引責辞任した人も居るんだから。
それに海外で武官がレセプション等で呼ばれてもそれは顔繋ぎだから、
必ずしも視察だけで無いことくらいは察しが付くだろ。
もちろんどんな組織にも馬鹿は居るのは承知。
技官あたりから馬鹿な将官の無茶な要求を聞かされれば幾等かは納得もするが、
一部の佐官を見て全体を述べられてもそれには無茶だ。

つまりこんなアホが居ましただけなら如何にも如何にもと頷けるが、
それで体勢批判しても何も納得できんのよ。
貴方の組織にアホの一派が居るからといって、それで全体がアホではなかろう。
さらに何もかも国産にすべしという極端な人はここには少ないと思うが。

108 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 22:13
>さらに何もかも国産にすべしという極端な人はここには少ないと思うが。

愛国心の固まりの国産厨房は結構見かけるような?
#声が大きいだけかも。
そうそう自衛隊(防衛庁含む産業界)自体がそうじゃない?

109 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 23:43
>107
技本や幕の人間も含めた制服組が見本市など視察して、メーカーから説明
を受けりしているけど、あれも単なるレセプション?顔つなぎ?
情報収集のまねごとにみえるけどねえ。
「おいこら商人、情報もってこい」でまともな調達活動は出来ないと思うが。

それでジョリュジュ・サンクとかグロブナーとか5星ホテルに泊まっているわけ?
少なくとも他国の現状を全く調査せずに兵器の調達を行っているなら国民をバカにした
話だと思うが。例えば大根と蕪の区別も付かないやつがふろふき大根つくるようなもん
それにぼくの知っている限り、阿呆があまり一部のような気はしない。古いメーカーの
人がまだ昔の佐官クラスの方がしっかりしていたという声も多くきく。

あと、各自がいくらよかれとおもって与えられた職務に一生懸命励んでも、
その根幹に大きな欠陥があれば、国防上害になることもあるでしょう。
もっともそれをただすのが政治の仕事なんだが・・・・


少なくともボクが志ないしプロ意識をもっていると思う制服組の人た
ちは情報に力をいれたいといっているけど、現状には無力感を感じる
といっていた。だから海外留学とかして視野が広がると自衛隊に見切
りをつけて民間に転職する話もよく聞く。


自民もそうだけど、野党やマスコミが自民につっこめるだけの軍事的な知識をもっていないし、
そういう現状も問題だけどね。サンケイなんて取材力ないのに威勢だけはいい与太が多いし。
毎日(決して新聞としてはスキではないが)の「防衛腐敗」のようなシリーズや書籍がもっと
あってもいいと思う。

現在の国内兵器メーカーは再編成すべき時期に来ていると思う。また、効率よく開発するには
海外からの技術導入やコンサルティングも進めるべきだとおもう(法的には難しいが)。
しかし、輸入品が絶対有利と書いているならいざ知らず、
現在の国産兵器の調達体制を非難されると感情的になって

110 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 23:48
>>109
判った。
単に嫌いだから荒だけが目に付くのね。
ただそれだけか。

111 :名無し三等兵:2001/03/25(日) 23:55
>107
>必ずしも視察だけで無いことくらいは察しが付くだろ。

>109には
>情報収集のまねごとにみえるけどねえ。
と曲解して受け取る訳だ。
所詮この程度の理解力しかない人間の組織評価。

112 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 00:16
在日米軍も日本のメーカーに修理依頼したりしてるのだよ。

113 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 01:13
>111
そうだよね見本市の初日にきて後観光だもんね。現場の人間こないもんね。
ボクの知る限り自衛隊の情報収集能力は他の先進国と比べて低いし、
高めようとする努力が見えない。がんばって身びいきしてください。
あなたの言っていることは(自衛官とするなら)単なる組織防衛に
しか思えない。どんな田舎にも空港と、新幹線と高速道路が必要な
んですと言っている役人と同じに思えますが。
批判するのは結構ですが、じゃあどれだけ自衛隊が国産兵器の調達
でどりょくしているか若輩のこの身にご教授ください。防衛産業の
育成や生産効率化の努力をしているというならその実例を挙げてく
ださい。どれだけ自衛隊が立派な組織か説明してください。

旧式のAH−1Sに毎年一機づつ生産して50億円も払うことを正
常と思ううなら処置なし。我々民間人には理解できません。




114 :だろ?:2001/03/26(月) 02:01
 まあまあK谷君、そうヒートアップしないで。

115 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 02:02
>>114
アッソーカと思ったりして。

116 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 17:12
>>108
所がね、士官幹部含めてそんなことは無いんですよ。
「んなの要らねえ」なんてのはちゃんと有る。
日米合同演習や東富士の海兵の装備と運用、さらに海外の資料見て
「こっちが良いなあ」なんて言い合っているよ。

だからと言って技官に食って掛かる奴は居ない。
(稀においなんだこりゃあ言いたくなるような試作品はあるが)
彼等は本当に色々と知っているからね、その知識は凄いよ。
ただフィールドでの実証が弱い(組織構造的に仕方が無い)ので、
現場と話し合って解決する訳だけど、有能な技官はちゃんと聞く耳を持っている。
害は他にある訳だ。

上で自衛隊の調達に一家言ある人。
たぶん批判は自衛隊佐官なら誰だって受け入れると思うよ(本当の馬鹿を抜いて)。
誰だって現状に満足していないし、一番文句あるのは使って壊して整備している人間だからね。

良く批判等で、兵器を玩具と混同していると言われるけど、そんな事は決して無く、
高いってことはそれだけ訓練に支障がでてくる訳で、高額兵器を神棚に飾って満足している奴は皆無だ。
兵器は隊員達のパートナーだから、うんと訓練して身体に馴染むまで使込まなければならないのに、
それがままならない現状には苦い物を感じている。
色々と言いたいことはあるけど、ここではやっぱり躊躇するね。
言葉を選んでいるから文章まで変だ(笑

上で反論している人は組織防衛ではなくバイアスのかかっている物の見方に批判している気がするよ。

117 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 19:53
特に陸自はバランスが悪いと思う。
OH-1を威張って入れる前に、半世紀前の自走無反動砲とか
米軍のお古の兵器を何とかすべきでは?パーツの調達もたいへん
(いつまでも部品を作り続けねばならないし、そのコストは高い)
現代戦に耐えられない兵器の操作を教える教官やそれを担当する
将兵のことを考えて欲しい。



118 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 20:19
>>117
それはむしろ、財務省に文句を言うべき。

旧装備の更新(例えば、74式戦車>90式戦車)は比較的予算が付きやすいが、
それまでの装備体系には存在しない兵器を導入するのが一苦労。

そのため、例えば60式自走RRを退役させてしまうと、後々同様な自走対戦車火器を
導入しようとしてもなかなか予算が降りなくなってしまう。

119 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 21:34
>118
言いたいことは分かるが、それを言っているといつまで経っても
現状はかわらない、仕方がないよで、終り、となってしまう。確
かに旧大蔵の主計はインテリ馬鹿で専門知識もないしね。縦割り
行政の弊害。財務省と人事交流をすべきですね。副大臣に少しは
その辺りの改善を期待したいものです。あとどの省庁でもそうだ
けど幹部官僚の移動が多すぎて専門知識を持った人間が育たない。
この体質も変えるべき(民間の大企業も同じだけどね)。

あと在る程度自衛隊で隊員の言論活動を認めるべき。いまのままでは
旧軍より言論統制がヒドイ。これでは国民に真実が伝わらない。


120 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 21:39
>>119
しかし、これらは本来軍政に属する事案であり、必要な装備品そのものについて
制服組が口を出すのはいいが、お役所としての構造そのものに口出しするのは
まずいだろ。

121 :名無し三等兵:2001/03/26(月) 23:05
役人を動かすのは政治家だから、防衛問題(軍事技術含む)に明るいと言うか
見識を持った政治家がいないとダメと言うことでしょうか?

あと憲法の問題はおいとくとして、事実上の軍隊である自衛隊がどういった
形で有るべきかと言う指針があやふやな所が今の自衛隊をゆがめているのだと
思います。
#なにせ論議と言うモノがほとんど無い。

装備調達の問題にしても、小さな利権(土木公共事業に比べてですが)を
分けあっている様な感じがします。

122 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 03:06
>>121
橋本そ〜りが、自衛隊幹部に質問した所、そ〜りの方が良く知ってたので、
「ダメじゃないか」と怒ったそうです。

123 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 03:16
>>122
火葬戦記並の妄想だったので、適当にお茶を濁したのが真相らしい。

124 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 06:07
>>122
あの人(橋本元総理)はめちゃくちゃ軍オタだもん。
自宅訪問インタビューで、あまり聞かれてないのに模型や写真で解説していた。
そして好きな飛行機は三式戦飛燕だそうだ。
でも忙しくてプラモデルが作れないと哀しがっていたぞ。

125 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 08:06
間違いだらけの間違いだらけ自衛隊兵器

126 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 08:11
>>124
兄は軍オタ、弟はゲーオタときたか。

127 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 09:16
小泉君がなるくらいならもう一度総理になってほすいわ
そして1万5千d級護衛艦とかヘリ空母ヲツクッテクレ!!

128 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 11:37
>>123
 それは、虚偽の可能性が高い。本当にそんな質問をされたら、実現可能性を理詰め
で説明してするのが仕事なのだから、業務遂行能力のない人間が幹部になっていると
言うことになる。

129 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 14:00
>>127
知識があっても妙に偏ってる首相だとそれはそれで怖いかも。

総理「なに、次世代戦車?馬鹿者!日本に戦車など無用だ!
   戦車の調達など中止して対戦者ヘリを増勢するのだ。」
  「対空ミサイルの開発?ミサイルなど所詮過去の兵器だ。
   21世紀の主力兵器はレーザーとレールガン!
   開発予算は全部これにつっこめ!」

日本の防衛体制大打撃

130 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 14:05
制服のトップすら総理と直接口をきけないという異常な状態を
シビリアンコントロールと思っているマスメディアの体質にも
問題ある。それにまじめに軍事問題とりあげても票にならなし。
野党の議員と話しても、軍事の問題になるとあんたらそれで代
議士かいな、といいたくなるのばかり。そんな体質をどうにか
したいもんです。

131 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 14:08
結局、軍事のことを語るのを忌避してきた「戦後民主主義」の当然の帰結ですな。
2ちゃんチックにいうなら、「戦後日本人はみな逝ってよし」なわけか。
右も左も、老いも若きも、そして大人も子供も男も女も。


132 :納税者:2001/03/27(火) 17:24
国民の血税の使われ方をちゃんと確認したいのですが、
富士演習場総合火力演習のチケットも観艦式のチケットも
入手できません。

もっと自衛隊の装備や訓練をPRしてください。
それとも国民の目から遠ざけておきたいヤバイものがあるんですか?

133 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 17:44
子供に悪影響な物は見せるな!!
日本軍国主義、断固反対!!
みたいな感じワケワカメ

134 :名無し三等兵:2001/03/27(火) 18:02
だろうね。地下鉄サリンの資料映像流すときでも
絶対自衛隊の映像使わない民放が2つ程ある。

135 :卓龍:2001/03/27(火) 20:39
通りがかりに読ましてもらいました。
とても勉強になりました。

まあ、現状に満足していないという事は、皆さんの総意として確かなようですね。
僕も、今の国防体制で本当に大丈夫なのか?と心配になるときがあります。

しかし、最後に、軍事素人の意見を言わせて貰うと、やはり
外部から見ていて、国内で兵器の自給体勢が出来ている国と、
そうでない国なら、前者の方がより怖い存在であると思います。
と言うのも、兵器を輸入に頼っている国では、その輸出している国を
切り崩す事で、戦争には勝利できるからです。

アメリカが、中国と近づきすぎる事は無いと思いますが、
アメリカが日本を売る可能性と言うは、結構高いのではと私は思っています。
そこは、経済的な綱引きがあったりして、混乱は最小限に留めておけるでしょうが

今の国際的な国家間の国としての実力と言うのは、やはり今でも軍事力に裏打ちされている物で
ある事は、自明な事だと思います。

中国が、もし戦略核兵器を多数装備し、アメリカ近海に原子力潜水艦を
拝眉できるような実力があるなら、とっくの昔に台湾に攻め込んでいると思うのですが、
それは、私の妄想でしょうか?

話は、随分それてしまいましたが、私も、国防に関してはもう一度考え直して頂きたいですね。



136 :卓龍:2001/03/27(火) 20:54
 23日付の米ワシントン・ポスト紙は、ラムズフェルド米国防長官が、
中国の台頭に伴って、今後は米国の軍事作戦の主要舞台が欧州から
太平洋に移るとの見方に基づき、国防戦略全体を大幅に見直す方針を固めたと報じた。
冷戦後ほぼ一貫して維持してきた、中東と朝鮮半島で同時に紛争が起きた場合に備える「二正面作戦」を、
事実上放棄することになる可能性もあるという。
http://www.asahi.com/0324/past/pinternational24003.html

=============
だそうです。
やはり、アメリカさんも中国にはかなり気を使ってるみたいですね。
その場合の日本政府のこれからの対応が楽しみだ。!!


137 :某研究者:2001/03/27(火) 21:18
故に二箇所で同時に戦争が起きた場合中東の石油輸送維持を取るのか
朝鮮や台湾を取るのかと言う問題も有り
矢張り米国が中東の石油に依存している以上
朝鮮や台湾は相当程度日本が担当せねば成らなく成ると言う事か
或いは中東も欧州軍に一部任せれば米も双方に関与可能なのか


138 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 01:15
>134
以外とテレビAはよく使うんですね。
絶対使わないのがT・・・

139 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 01:40
自衛隊の愛称のやる気の無さには脱力。

140 :おやじ:2001/03/31(土) 10:10
ご参考まで。

http://www.defenselink.mil/news/Mar2001/n03292001_200103291.html

141 :大人の名無しさん:2001/03/31(土) 17:22
日本の兵器は値段が高いです。
一丁何十万する銃作るんだったら、ロシアから安いの買えばいいと思います。
納税者より。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 17:41
>>141
前スレ見とき

143 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 18:47
間違いだらけの間違いだらけ自衛隊兵器

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 18:56
自衛隊とゆう組織自体、間違ってる

145 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 20:24
日本は山多いから狙撃が大事
1KM以上の精工な射程を持った小銃を持つべきです。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 20:32
射手は全員ゴルゴ13です

147 :名無し三等兵:2001/03/31(土) 21:34
フォークランドの戦訓にならい
対戦車ミサイルで狙撃すればおっけー
これならゴルゴ並の腕前も必要無し!

148 :名無し三等兵:2001/04/01(日) 01:06
「間違いだらけの「間違いだらけの自衛隊兵器」は買ってはいけない」は買ってはいけない。」

149 :大人の名無しさん:2001/04/01(日) 22:04
弾丸の値段が高い。
米軍と弾の交換もできない。


150 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 00:42
>>149
高いのはそうだが、交換できないってどの弾?
5.56mmNATO弾使える銃もあるし、
M1A1の120mm砲弾を共用できる戦車もあるし、
サイドワインダー撃てる戦闘機もあるけど。
海自に関してはほとんど同じ弾薬使ってるよ。

151 :きーさん:2001/04/02(月) 10:05
ん〜…確かに命中制度はトップクラスに高いのだが…
パトリオット一つ取っても、日本のってどうしてもパワーに欠けてないか?(汗
まぁ、戦術で勝負するなら、それもOKだが。
馬鹿と鋏は使いよう、っていうではないか〜(笑)

152 :>151:2001/04/02(月) 10:47
?パトリオットはアメリカ製(のライセンス生産)だぎゃ?

153 :禁断の名無しさん:2001/04/02(月) 11:09
F2はどうなったんだあゴルァ!!

154 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 11:25
いびつな自衛隊を作った政治家と彼らを選んだ国民が間違ってるんだよ。



155 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 11:40
>>154
投票逝かないお前が一番間違ってるんだよ。

156 :ポール・ヘスター中将:2001/04/02(月) 11:47
>馬鹿と鋏は使いよう、っていうではないか〜(笑)

海自の掃海部隊に対潜能力、それにパトリオットは大いに結構。
われわれにとって有用なのは、「露払い」だ。

157 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 13:46
やはり共産党に投票しよう。共産党が与党になるとサスガに怖いが、野党第一党に
なればサスガにかわるんじゃないの?

158 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 13:48
前の小銃が減装薬弾つかってたことか?

159 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 14:45
>>155
ふざけるな馬鹿厨房!、俺はこの10年間必ず言ってるよ(不在投票2回あるけど)
貴様こそ成人したらちゃんと投票に行きやがれ、馬鹿野郎!!!

160 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 16:09
しかし、ここもだれかさんたちが個人攻撃のためにつくったスレなのにまったく
別の方に話がいってしまいましたね(藁

161 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 17:11
個人攻撃って・・・1の書き込みは至極真っ当な疑問だと思うが。

162 :名無し三等兵:2001/04/02(月) 22:52
別な思惑があったんよー(藁

163 :きーさん:2001/04/03(火) 20:29
 というか、イスラエルでさえTHEL機動レーザー砲の開発に着手しているのに、
日本、なんでレーザー兵器作らないんだろう(−−;
 島国で、世界的に見れば小規模・高密度な先進国である日本が、大陸間弾道
ミサイルなどの迎撃・破壊などに当たって、必要なもので、日本の技術力なら
難なく作れそうなものだと思うが…。
 だって、日本が今所有してるSCMとかじゃ、到底無理でしょ?(^^;
 それに、アメリカは、いざとなれば日本を捨てるぞ…きっと。(−−;
 だって、仮にノドソとかテポドソが、日本に向けて発射したとして、10分で
米軍の大陸間弾道ミサイルが太平洋渡って来れるわけ無いし(笑)
口では撃つ撃つって言ってるけど(爆)
 …まぁ、ただ、アメリカはその後、必ず報復をするから結局は戻ってくる
のだらうが、日本の閣僚は、将来、もしかしたら自らの土地が放射能に汚染
される危険性をはらんでいる現在の世界情勢を見ずに、なんで軍縮の方向に
頭が行くかねぇ…と思う今日この頃ですたい。橋本さん、もう一回首相を。

※THEL機動レーザー砲
(THEL:Tactical High Energy Laser【戦術高エネルギーレーザー】)

 イスラエル国防軍が開発している、巡航ミサイルなどの破壊を目的に作ら
れた機動レーザー砲。
 照準さえ合っていれば、どんな超音速ミサイルでも逃げられない、また、
仮に外れても、何度でもすぐに撃ち直しが出来、同時に発射された多数のミ
サイルも次々狙い撃ちが可能である。
 このTHELの課題は、高エネルギー・レーザー光線を安定して発生するコン
パクトなメカニズムんの完成にあり、現在研究中のものは重水素・弗素化学
レーザー、あるいは酸素・ヨウ素化学レーザーを使ったものである。
 開発に成功すれば、1台のFMTV中型六輪駆動トラックに全システムが搭載
でき、出力は200kW、直径50cmのビーム照射装置を組み込んだ兵器になり、
最大射程は10km以上、100回以上のレーザー砲撃が可能になり、レーザー光
線の照射時間は1回につき1秒以下でミサイルを破壊可能、とされている。
 また、エネルギー兵器であるから、対地・対空両用の兵器として使用可能。

164 :名無し三等兵:2001/04/03(火) 21:05
レーザーなんて無駄。常に使えると思うな。

165 :レーザーといえば:2001/04/03(火) 23:41
来る・・・奴が来る!(笑)

166 :@ヒント君:2001/04/04(水) 17:53
奴って?

167 :名無し三等兵:2001/04/04(水) 17:55
自衛隊板に来たぞ(和等

168 :> 163:2001/04/04(水) 18:04
そのために大枚はたいで米軍を飼っているのです。

連中も「日本を再軍備させないため」とかいってますが、
こっちも「人間の盾」と思えばいいのです。

169 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 03:45
>>168
でも注意してないと、逆に日本が盾にされてしまう。

170 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 04:22
むずかしーこといってるじゃないの。

171 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 05:38
レーザー、レールガントウハモウソウヘイキ
ヒダルマニナッテイッテヨシ。

172 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 05:45
雨の日に攻められたら、レーザーは使えません
それより波動砲を開発して下さい

173 :名無し三等兵:2001/04/05(木) 07:13
上只レーザー兵器の場合ミサイルが装甲化された場合
余り意味を持たない場合も有るだろうが
ミサイルの場合は装甲が有ろうと運動エネルギーで破壊可能であるから
確実であると言う事だろうか
(矢張りミサイルよりレーザーに使用する電源の方が威力辺りでは巨大である訳だろうか
 只電源は民間の物も利用可能である場合も有る訳か)
まあレーザーも射程を延ばし照射時間を長くして一点集中を行えば
ミサイルに装甲が有ろうと限度は有る訳だろうか

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)