5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

多重人格について教えて

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 02:13
本を読んで興味が出てきました。
「二重人格」というのは存在しないのですね。
もっと色々知りたいので、教えて下さい

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 07:56
>1
どのような本をお読みになったのでしょうか?
そして何を知りたいのでしょうか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 19:45


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 13:23
\

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 14:35
http://messages1.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835546&tid=a4ia4a6a4ka4ga4ba47a4f&sid=1835546&mid=1&type=date&first=1
こんな感じです。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 01:05
>>5
おお現在進行中!

7 :2ch:2000/11/16(木) 02:09
「東京アクセス」社長ひろゆきのもと、順調な成長を続ける巨大掲示板2chだが
その裏に「プロ固定」なるものの存在が関与していることは意外と知られていない。

「プロ固定」とは・・・・・その名の通り、2chにおいて固定ハンドルで書き込むことに
よって給与を受け取っている者たちの総称である。
パチンコ屋でもサクラとしてパチプロを雇うことが有るそうだが、その関係と似ている。
彼ら「プロ固定」は2chに客を呼び込むためにありとあらゆる書き込みを行う。
時には煽り、罵倒し、また固定同士で「実名が公開された」などといった茶番を演
じ、ギャラリーの覗き見根性に訴えかけるような手段さえつかうこともある。
彼らがそこまで集客に腐心するのは理由がある。
給与の変動が激しいのだ。管理人のひろゆきが割り出した「集客貢献度」によって
「プロ固定」たちは細かくランク付けされ、月ごとの給与が算出される。査定には過
去の貢献などは一切考慮されず、純粋に現在の貢献度のみが評価される。
また、実力によっておそろしく給与の額が変わってくるのも特徴である。
三月期の最高給与取得者のDの場合は235万円だが、最低ランクになると月に5万
にも満たない。もっとも、前述のように変動も激しいのでこの格差も翌月にはあっさりと
逆転されることも十分にありうる。
この特徴有る給与制度のお陰で固定たちは集客には手段を選ばず、何がなんでも
人気を得ようとする。ネタがなくなれば前に言ったような「茶番」さえ演じる。(あの手の
茶番は古参固定に多いのはこのあたりに理由がある)  

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:36
↑コピペ荒らし

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 05:25
ttp://www.suk2.com/user/khaos/index.html
偶然見つけたんだけど、この人は多重?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/17(金) 05:49
>>5の引用の方はニセモノかと思いますが・・・

11 :別スレより:2000/11/17(金) 12:23
http://www.diary.ne.jp/user/26241/
これは?

12 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 13:21
>>11 のトップ
http://www.netkids.ne.jp/~twotmc/newpage1.htm


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/20(月) 00:57
>>11の引用は、どうだろう・・・
日記といってもいらない情報ばっかで判断つきかねる。
(診断には、という意味で。)
でもやっぱニセっぽいな。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/20(月) 08:55
お互いに会話し、その状況をこうやってホームページなんかに
アップ出来ると言う段階でもう嘘だろう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/20(月) 11:04
>>5
他トピ「魂で宇宙空間を旅してます」でお暴れのご様子。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 03:38
>14
人格どうしの会話は可能です
その状況をアップすることも可能です。
そういう部分に障害が出る疾患ではありませんから。

17 :名無しさん@おなかいっぱい:2000/11/22(水) 07:26
主人格以外の人格同士では中で喋ることは可能みたいですよ。
でもなんだろう病院の待合室みたいなもので、仲が良かったら喋る
だろうし、仲が悪かったり歳が離れすぎてたりしたらあんまり喋らない
みたいですよ。
そりゃ強い性格もいりゃ弱い性格もいるし怒ってるやつや悲しんでる
やつもいるから、なかなかコミニケーションとれませんよね。
私はそういう人格とか心の中で作られていく工程とかは他の人格の
方に聞いていろいろわかりました。
たぶんまだ解明されてないと思うのですが。私は医者でもないし
心理学者でもないので公表することは無いと思います。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 10:57
つい半年前までは、多重人格否定派がうんざりするほどいたが。
どこへいってしまったんだろうか。改宗したか。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 11:13
>5も>11も本当の所は解らないよな。

20 :名無しさん@おなかいっぱい:2000/11/22(水) 18:53
あ〜そうですね。否定派っているでしょうね、確かに。
本当の多重人格の症状が出てる人なんて、百万人に一人いるかいないかでしょ。
その人達に出会えるのはほとんど奇跡的な確率じゃないかな。
それに出会って自分の目の前でさまざまなことを見ないと信じられないと思う。
なりかけの人とそうな人では雲泥の差が有ると思う。
本人の意思とは別に(ちょっと微妙ですが)記憶なきときに、分離した人格が勝手に行動して独自の記憶
や経験を積み重ね。本人と記憶を統合しない。
まあ第三者を介したりメモとかで教えることは出来ますがね。
それと本人と他人格が頭の中で記憶を共有出来るようになるということは
その他人格は消えるか、もしくはもう出てこれません。
それ以外の人格には関係ないですけどね。
他人格同士の話合いは出来ますが、普通の人間同士と同じで心の中までは
見えないみたいです。



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 23:45
何故か本人っぽい(取り巻き?)人がRESしてるようだけど、11はやっぱりニセっぽいなあ。
名前といい、HPデザインといい、内容といい、少女漫画趣味全開で、葛藤があっても表層っぽい。
通常ならば当然持つような葛藤が全く感じられない。それこそ「僕の地球を守って」や「アイズ」を
読んでるような感じだ。いや、まだ漫画の方がうまく書けてる。
どうもなあ・・・・・・・・・。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 00:33
>つい半年前までは、多重人格否定派がうんざりするほどいたが。
わたしゃ、あの時、うんざりするほどレス書いたよ。おかげで随分勉強する事にもなった。
日本じゃほとんど見ないはずとあの時書いたが、あっちゃこっちゃ調べてると、珍しいわ
珍しいが、日本でも出会うらしい。実際あの論争のすぐ後くらいに、一人紹介があった。
とても手におえそうにない複雑な事例で、他所にまわしましたけど。

23 :名無しさん@おなかいっぱい:2000/11/23(木) 11:12
17=20です。
どうも11と5のことで審議してたんですね。私は多重人格者が
いるかいないか的論争には興味がなかったので、見てなかったです。すみません。
ただ1さんの質問にちょっとでも答えようと思ったのですが、
わかりにくいですよね。申し訳無いです。
私の今の立場は多重人格の人を直すために私生活をなげうってとりくんで
います。それは私の大事な人だからです。
医者にはまかせてないです。何故ならば今の医療水準または解明度から
では直すことは無理に近いと思います。
それと現実はそんな甘いものじゃないです。直そうとすればするほど
ホストとなる主人格の人の命の危険が起ります。何故なら他人格も一人
の人間だと思ってるわけで、直す=死んでくれ、っていうふに取られても
しょうがないわけで、一歩間違えれば激しい抵抗に合います。
当然一歩間違えれば治療に合ったってる人に対して命を奪おうとする
攻撃さえもかけてきます。第三者の人が命をかけてまで本気で直せるでしょうか。
当然ながら私個人、専門書も何冊も読みましたが、的外れなことが多く
数少なくわかってらっしゃる方もいましたが、その内容はすでに判ってる
レベルでしかありませんでした。
私は最初から他人格を差別することは無かったので、命を落すまでの
攻撃は受けてませんが、とてもデリケートなのでカウンセラーとかが
知らずに治療にあたったら、お互いがとても危険なことになると思います。
ちょっと話しがずれて長くなってきたのでやめときます。

>22さん
ぜひ、その他所を教えてください。お願いします。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 22:22
17さんの話って、リアルに感じてしまうの。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 22:23
17&20&23さんの話って、リアルに感じてしまう。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 23:07
>私の今の立場は多重人格の人を直すために私生活をなげうってとりくんでいます。それは私の大事な人だからです。
前に尊敬する覚醒剤中毒の人を助けたいという相談があったなぁ。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=970900230&ls=50
見当違いのレスだと不愉快になるかもしれんが、重要な共通点がある。読んどいてくれ。

他所というのは、紹介してきたところに他をあたってくれと突っ返しただけだ。
日本のおける多重人格の症例報告はいくつか読んだので、その治療機関を
(ほとんど東京だった)知らないでもないが、あなたの入れ込み具合が強すぎて、
それが紹介した治療先での負担や障害になるのではないかと危惧する。
当人の主人格か副人格かしらんが、それは本当に治療を望んでいるのかしらん?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 23:46
多重人格ではなくて、多重ハンドルではないの?
17・20・23・24・25=11

28 :18:2000/11/25(土) 01:41
>>27
つまらないやつだな。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/26(日) 19:24
激しく同意

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 23:14
今、10chで"多重人格の少女”日本人の姉妹二人を特集してる。
交代人格と基本人格とが頭の中で会話出来るといってるね。。。
6人の人格が存在する少女らしい。
うーん・・・リアル。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 23:43
>30
関西の方ですか?
東京では4chですよ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 23:51
>>30
私も観たけど、前に本で読んだ「ビリー・ミリガン」て人の方が凄いよ。
さっきのなんか比べ物にならないぐらい。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 01:28
>30
見たけど、あれは確実に演技だよ。
電話かかってくると素に戻るってなに?
アニメっぽい名前ばかりなのははなぜ?
なんで鏡の中の自分を認識できないの?
年長者的な人格が一人も登場しないのはどうして?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 07:49
本(ダニエル・キイス)やTVでしか、
多重人格を知らない人には解らないだろうね。

35 :17:2000/11/30(木) 19:43
あとレスは20と23です。
26さんいろいろと考慮ありがとうございます。
日本の病院や専門で研究してる人に関してはほとんど把握していますのでその件
に関しては大丈夫なのですが、DIDになってる本人事態が、何度か病院に行った
時にモルモット的な感覚にひどく懸念を抱いて、強く拒否反応を示していますので
病院に関しては本人が行くことは、ありえないです。
治療に関しては私個人のみに治してほしいらしく、病院とかに行くならなば
直らなくていいそうです。
結局そのために日本のDIDの医療に関しての本は数多く読みましたが、
欠点が多すぎて今は、アメリカのほうの医療の本を読んでますが、やはり解明的趣向
が若干強すぎて直すのには不向きな点が多すぎるようです。
今の状態は比較的安定期にはいっていますので、それを持続される方法を模索してる
とこです。ですから意外なとこから手がかりが無いかと期待したりもしています。
ですが本人が強く他の人に相談することを嫌がっているので、具体的内容が書けない
のもあり制限されてる状態です。
>30
そのTVは見てなかったので残念です。
ちょっと状況がよくわからないのですが、核となる基本人格と他人格が頭の中で
喋り合うことはありにくいと思います。
基本人格に他人格の人が一方的に語りかけることは出来ると思いますが、基本人格
のひとが他人格の人に語りかけるのは無理に近いと思います。
「核」となる基本人格が他人格と自由に話しが出来るというならば(お互いに)
それは「核」となる基本人格ではなくて、そのとき一番力をもった他人格だと思われます
俗にホストとよばれる人です。
その場合「核」は深く眠ってる可能性が高く、危険です。
すみません。急用が出来たので終わります。

36 :名無しさん@26:2000/11/30(木) 22:43
>治療に関しては私個人のみに治してほしいらしく、病院とかに行くならなば直らなくていいそうです。

うーん、そうか。実験心理学で全くの素人が何かやり始めて素晴らしい成果があがる可能性は万に一つも
なかろうが、臨床では熱意のバットを振った所に球が来たという事でヒットを飛ばす事はたまにはある。
新手の共依存ともおもえんでもないが、専門家だって当てにはならぬ世界ではあるからな、健闘を祈る。
よーく勉強しておられるようなので助言は不要なのかもしれんが、場数を踏んだセンスが必要という場合
もあるかもしれん。微力であるが力になろう。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/01(金) 00:58
>30
あれ、絶対やらせでしょ? 

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/01(金) 01:00
多重人格……!!
終わらない煽りの中で1が自ら作り上げた悲しい別人格さ
1の中には本人格の人格も含めて7人の別人格がすんでいる
さっきまで打ち込んでいたのは「ミノル」プライドが高くおしゃべりだ
名無し達に思わぬ煽りを受けたショックで「ネオ麦茶」と交代したらしいな
「ネオ麦茶」は7人の中でも叩き専門
人気コテハンさえ喜んで叩く煽り狂さ・・・

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/01(金) 01:39
1「ひろゆき(主)」
2「ひろゆ子」
3「ミノル」
4「茶羽」
5「ネオむぎ茶」
6「ヒロヒト」
7「トオル」

「ミノル」だけ異質だ。

40 :匿様:2000/12/01(金) 03:43
>>33
日本じゃこんなに多重人格の認知度が低いんだねぇ。
http://dir.yahoo.com/Health/Diseases_and_Conditions/Dissociative_Disorders/
こんなとこもあるんだよ。
ま、英語わかんない厨房には意味無いけどねん。


41 :cherry2:2000/12/01(金) 07:40
>40 ありがと。
興味深い見出しもあるね。
誰かの為にも、一通り読んでみます。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 18:16
基本的に、記憶障害の一種で、
主に感情の変化ごとに、それぞれの記憶が分断される。

そんな感じの解釈してるんですけど。
ちがいますか?

「人格」っていうとこが、変な誤解を世間に与えてると思うんだけど。

43 :SK:2000/12/03(日) 02:13
> 42

ちがうと思いますよ。
私の知っている限りでは、
人格は個々に形成されていて、
記憶の管理も感情の変化に関係無く個々の人格でされてますよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/03(日) 08:14
多重人格って、生涯死ぬまで治らない?


45 :42>43:2000/12/03(日) 10:57
うーん、その人格がどこで形成されたものか、不思議なんだよね。
なんでウクライナの兵士だったり、アニメのキャラだったりするんだろ。

多重人格の発生メカニズムに関して詳しく書かれたモノってないかなぁ。

個人的には、
幼児期に虐待等で精神に大きな負荷がかかった際に、
それまでの人格を含む記憶とか自我とかを、
バーンとシャッター降ろすみたいにして、
脳の中の、今現在の現実を認識する部分から遮断してしまう。
で、そのままだと脳は外部からの情報を処理できないので、
あたらしい記憶領域の箱をこしらえて、その中に
既存の記憶の中から比較的浅い部分の情報を参考にして、
新しい人格をつくりだす。んじゃないかと思うんだけど。

で、以降は記憶(人格の情報含む)の遮断がくせになっちゃって、
精神にさまざまな負荷がかかるたびに、新しい記憶領域と
その新しい記憶領域を管理するための人格をつくりだしちゃうんだろう。と。

もしそうだとしたら、多重人格ってのは、極端な記憶障害だと考えた方が
妥当だと思うんですけど。
もちろん、年月と共にそれぞれの記憶領域をあずかる人格は、
それなりにいっぱしの人格に成長していくわけだけど。

まぁ、
「記憶」と「人格」に関する「にわとりと卵問題」なのですが。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/03(日) 11:19
でゅあるぶぅとでばんじおけぃ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/04(月) 23:44
age-e

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/06(水) 11:41
1が読んだのは多重人格探偵サイコでしょ?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/09(土) 07:01
omoidashite age


50 :17:2000/12/10(日) 11:28
ちょっと忙しいかったのでレスが出来ませんでした。
45さんの認識は概ね良いと思います。
(私の場合もすべてのレス個人的解釈です。複数の人格に聞いた話をまとめてます)
発生のメカニズムなんですが、最初から話すとながくなるので
多重人格の中のある「特殊な人格」が形成される過程を云いますと
精神的に耐えられないような暴力を日常的に受けたとしますね。
子供のときに人は、大人からは逃れられないのは判っているので心の中で
その事柄から逃げれるような事を強く心の中で強く空想しますよね。
いつ何時襲い掛かる恐怖に対抗するために、強い人物(たとえばアニメキャラ)
などを大人はしませんが子供は真剣にイメージします。
それが一つの小さな核となり、そういう虐待を受けるたびに、その苦しさからのがれる
ためにそのイメージしてるものに逃避します。
そうするたびに小さかった核が、日々成長していきます。
それがある一定の大きさになると、それに近い事柄がおきても自動的にリンクされる
ようになり日々成長していくことになり、いつしか自我に目覚めます。
そうすると、心がリンクされたときに突然その人格のその人格であるための記憶領域
を持って表に出てきてしまい。生まれたに近いですね。
実社会の経験や記憶を足していき、確固たる人格へと成長します。
ですから「特殊な人格」は出てくるまでにかなりの年月が必要になると思います。

虐待など解離するために、悲しみだけを受ける人格などは比較的容易に出来ると
思います。

でも私は多重人格者が異常だとはとても思えません、すべての人にその要素はあると
思うからです。
人それぞれ強烈に悲しい事が起きたとき、小さな核が出来、それより弱い悲しみなどは
その核が受けていき日々成長してると思われるからです。
映画などを観て、悲しいシーンになったとき、その人の作られてる悲しみの核にリンク
され、その核が本人を揺さぶったとき、心の中から悲しみがふつふつと込み上げてきて
涙が止まらないこともあるでしょう。
でも普通は自我に目覚めてるわけでもないので中から後押しするだけですが・・・
喜怒哀楽すべて個人個人の中で作られてるわけであって、個々によって感じ方は
違うし、一人の人でも歳月によって微妙に変わってくると思います。
その作られた核は、大きくなったり小さくなったり、しまいに新しいのにとって替わられて
消えてしまったり死ぬまで永遠に続くと思います。

多重人格者の個々の人格を追い求めても、長い年月でみたら日々消えていったり、新しく
出来ていったりと切りが無いと思います。
やはり、本人事態が感情をコントロール出来るように強くならなければ直りは無い
と思います。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/25(月) 08:48
定期age

多重人格肯定信者本の紹介
タイトル「多重人格」
著者 服部雄一
発行所 PHP研究所
フィクションとして読んでます。



52 :45:2000/12/27(水) 09:30
>でも私は多重人格者が異常だとはとても思えません、すべての人にその要素はあると
>思うからです。

あ、こういう言い方、しちゃぁダメです。
ホントの多重人格を患ってしまった人たちってのは、脳そのものに
かなり大きなダメージを負っていて、自己回復の望みってのは
かなり低いんじゃないかと思うんです。

ぼくだって、会う人によってまるで別人のような態度をとっちゃって。
いけないなぁと思いながらも、なかなか上手くコントロールできずに
悩んだ時期がありましたけど(いや、今でもひきずってるんですけど)
深刻な多重人格症を、その延長だと考えるのは、いろんな誤解を生む
原因になるのでやめた方がいいんじゃないですかね。

自閉症ってあるでしょ。
あれは、単に人とコミュニケートをとるのが苦手だとか、そういう精神的な
問題じゃないんですよね。
それが長年、一般の人々に理解されなくって、自閉症の人たちってのは
かなりしんどい思いをしてきたわけだし。
まぁ、自閉症は先天的な要因が大きいので、また特別なんですけど。

単なる打撲程度ならシップでも貼っとけば治るけど、骨にひびが入っちゃうと
そういうわけにはいかないでしょ?
それを、ただ程度の差があるだけで同じものだ、ってふうに言っちゃまずい
と思うんですよね。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 02:39
>52
固ハンの17さんは、充分解った上で、
そう解釈してるんじゃないのかな。。。


54 :17:2001/01/05(金) 18:26
しばらく訪れてなかったのですが、私の書きこみが判りづらくて違う解釈されやすかったみたいですね。
すみません。

一般の方やもしくはその気がある人でも、ある日突然多重人格者になったり、なんらかの
方法でそうなり得ることはありません。
なる可能性のある人は生まれながらの身体的ことや、感受性が異常に過敏など、(もちろん脳の事もあります)
その上で
まだ物事が判断出来ない幼少の頃に、PTSDになるくらいのトラウマを幾度も経験
した人であって
その上で不安定な精神状態なまま、もしくは不安定な性格のまま、不安定な環境の中で
成長していき、幾度と無くフラッシュバックを繰り返し現在に至る人はなりうるかも
しれません。
もちろん多重人格という乖離までして心を守る必要性も無く、それに近い人は
境界性同一性障害や鬱やアルコール依存、薬物依存など、いろいろな形で複数の
障害を抱えていると思います。

私が言いたかったことは、PTSDの方が過去のトラウマからフラッシュバックを
起こした時に激しく過剰な反応を示しますよね。
しかし普通の健常者でも、小さなトラウマを作っている可能性があって、そんなに
怒ることでもないのに、何故か腹がたって怒りがおさまらかったとか、そんなに
悲しくもないがこれを観るたび悲しくなってきて、涙が止まらないなど。
小さなフラッシュバックを起こしているのではないでしょうか・・っていいたかったの
ですが (こう書いたほうが私の思ってるニュアンスと違うのですが・・)

多重人格者の方はこのトラウマが個別に強く成長していき、本人がフラッシュバック
を起こした時、自己防衛的に脳の記憶が遮断され、変わりにリンクされたトラウマ
が意識をもって表に出てきて自己防衛する。
当然フラッシュバックを起こした場面は、出てきた他人格の人にとってみたら、
いつもそれに対抗してる人であって個人を守るために都合がいいわけです。
しかし、個人を守るとはいっても社会的価値観など無い人もいるわけで、そんな些細なことで
そんな過激なことをしなくてもってことも多いです。

脳の事なのですが、海馬の萎縮や前頭前野皮質の機能不全がいわれてるみたいですが
多重人格者の方は生まれながらにしてその傾向があるかもしれませんが
そのまま普通に暮らせば何も起こらなかったと思います。
それよりもそうなりやすい体質の上に、日々のトラウマ的刺激により悪化したと
思います。

私個人的考えでは、多重人格という症状を抑えることはそれほど難しいとは思いません
現にまだ数ヶ月間ですが、あんなに毎日頻繁に交代していたのに完全におさまって
います。
それよりも本人の境界例などが強く出てきてるのでそれを抑えないかぎり、かなり
強いフラッシュバックが起こったときは不安です。

ちょっと時間がなくなりましたので、時間が出来たら多重人格を封印したときの
ことでも簡単に書かせてもらいます。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 00:16
>17氏
わかり易くレスしようと苦慮してるみたいだが、というよりは
遠慮しながらレスしてるみたいだが
心配しなくても深く見てる奴もいる。
わかる奴にはわかるから気にするな。
17氏はもっと専門的に突っ込んだレスが欲しいのだろうが、俺には
そこまでの知識が無い。影ながら応援いたす。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/11(木) 07:46
agetoko.....

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 12:33
a

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/17(水) 06:48
ヒステリーの一種
人格の統合がトラウマによってできなくなること。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/17(水) 07:19
>人格の統合がトラウマによってできなくなること。

これは違うと思うよ…。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/18(木) 21:09
ジーキル博士とハイド氏、読んだら?

61 :爆弾発言:2001/01/19(金) 01:35
多スレ人格障害です。なんとかしてよー。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/19(金) 18:09
微感染性厨房型電脳人格破綻障害

63 :体温計こすり:2001/01/20(土) 23:47
多重人格の姉妹は何回かテレビで見た事があるけど、前に見た時には、姉だけで
なく、妹までが多重人格になってしまっていた。

結構前に見たのであまり覚えてないけど、彼女たちの人格って都合がいいですね。
赤ん坊なんて特にそう。まずくなったら「だーだーばぶー。」何を問いかけても
「うぎゃー」

多重人格についてよく知らないけど、多重人格というものは大体が仮病のようなもの
だと思う。都合が悪い状況から逃げるための仮病のようなものだと思う。

仮病が他人にバレるのはあまり心地が良いものであるのと同じように、うそ人格
が他人にバレるのはあまり心地が良いものではないと思う。

結構、一人旅をさせたら治ったりして。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/20(土) 23:50
人格ってそもそもなによ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/21(日) 04:30
>>64
多重人格の人格はいわゆるpersonalityではなくidentity.
血液型スレなどの「性格(personality)なんかない」というレスを見て,
ここで知ったかしたいのはわかるが,恥をかかないように.


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/21(日) 06:56
そういう意味では「人格」とは一人称的には
「記憶の連続性」のことです。多重人格では
一人の人が連続しない記憶をもつ,あるいは
複数の独立でそれぞれ連続した「記憶」を
持つこと、あるいは持つように見えることが
問題です。

自我一貫性は人格の一人称的側面の主要要素ですから、
必ずしも多重人格の人格がpersonalityではないとは
いえないと思います。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/21(日) 07:21
>>66
んじゃ質問。
友達同士で話し合い、お互いの記憶を一部共有した場合、
それぞれは一部人格を共有してしまうんですか?
それとも完全に一致するか一致しないかの二択なんですか?

そして、どんな答えにせよ、そう判断できるとした理由は?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/21(日) 08:46
心理学の勉強はされていないようですな。
あるいは実験系か。

記憶が人格だといってるのではなく,連続した(一貫した)記憶
が人格だといっている。記憶の連続とは,
「私は昨日あれをし,1年前にはあれをし,5年前には..」
という統合された連続性のこと。

では人格,あるいは自我同一性というものを記憶の連続性以外から
説明し,把握することができる? あるいは
記憶の連続性を除外して人格,あるいは自我同一性が成立するという
事例を想定できる?

69 :68:2001/01/21(日) 08:47
ごめんごめん,複数人での記憶の「共有」の場合,
「あのときあなたはこうした,わたしはこうした,ふたりでどうした」
という記憶共有はあっても,ふたりが共通の一人となる
記憶の共有というのがあったら異常だよね。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/22(月) 04:22
はじめまして
1年くらい前に自称多重人格者にあって話したり一緒に遊びに行ったりしたのですが
そいつは自分を大きく見せるために嘘をつくことが多かったです

自分は社長だとか子供っぽいものが多かったですが....
でも多重人格はほんとのようでした
精神科に治療に行ってましたし、睡眠薬と精神安定剤も大量に飲んでました
それで気付いた事があるので質問があるのですが、別(B)の人格が表に出ているときに
元(A)の人格はBの目で見たことを認識や記憶ができるのですか?
AとBが同時に出てお互いに話すことが出来るのですか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/25(木) 12:35
固ハンが消えた?

72 :17:2001/01/25(木) 19:13
あまりPCをさわる時間が無くレスが出来ないのが残念です。
>70さんの
 >元(A)の人格はBの目で見たことを認識や記憶ができるのですか?
AとBが同時に出てお互いに話すことが出来るのですか?

こういう話多いですね。私の判る範囲で簡単に説明しますと

主人格(本人)をAとします。あと仮に力の強い他人格B
力の弱い他人格Cがいるとします。

取り合えず基本的に各自がした経験に対しての
記憶(出来事に対しての視覚的な記憶)の共有はありません。

(当然まったく別の第三者を介したら出来事を伝えたり気持ちを伝えたり
はできますが、それは省いときます。)

本人Aから他人格BCに直接意思を伝えることは出来ませんが
力の強いBは本人Aが心の中で強く思ってることや、強く念じてる
ことを聞き取ることができます。意思の疎通は出来ない。

他人格BC同士では、比較的BからCという感じで、表に出てないとき
(心の中に居る状態)のときに会話が出来てるみたいです。

他人格BCから本人Aに意思を伝えることはできませんが
稀に耳鳴りとともにざわめきのごとく語りかけることが出来ます。
(解離性同一性障害の人は頻繁に耳鳴りがするみたいです)
又、力の強いBですが、これも稀に本人Aの意識が眠ってるとき
本人Aの意識に直接訴えることができます。形には本人側からみると
夢の中に入ってくる感じで、夢の記憶として残ります。
ですからこの場合、本人Aの記憶として残すには必要に強い意思を
もって繰り返しBが強い感情をぶつけることになります。



73 :17:2001/01/25(木) 19:42
72の書きこみですが
力が強いとか弱いと書いても判りにくいと思いますので
力の弱い他人格というのは、一般的に解り易いタイプだと思います
過去のトラウマからなどから作られていき、それに関連づいた事柄
が起こったとき、フラッシュバック的感じで出てきてしまう。
他人格の意思とは別にです。

力の強い他人格というのは、多重人格の中で非常に重要で解りづらく
させてるタイプだと思います。
ある他人格が出てきた場面で非常に順応性があった場合、もしくは
必要に誰か他人が存在を認めて話掛けて、現実社会に確固たる自我が
強まったとき、「自力」で表に出てこれるようになります。
「自力」で出てこれるということは本人と力関係が対等に近いという
ことにもなり
逆にいえば非常に危険であると思います。
何故ならば、ショックな出来事が起こってその影響で交代した場合
後から本人に起こった出来事を認知させることは容易なのですが
自力で出てこれる人格が居る場合、時と場所を選ばないわけであって
その前後の関連性がないわけであって、本人に出来事を認知させるの
が非常に困難になってきます。
この場合、実生活においても不具合が非常に出てくるので、速やかに
力の強い他人格を説得する必要があります。
説得出来た場合、実生活に対してはわりかし上手くこなせますが、解決には
なりません。

時間が無いため慌てて書いたので判りづらいと思います。失礼。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/27(土) 17:57
わたしは
「多重人格者の真実」 講談社 服部雄一
「オシリス・コンプレックス」 出版社は忘れた コリン・A・ロス
を読みました。
わたしは大学で服部雄一氏の授業を実際に受けましたが。
あたりまえだけど、授業を受けると多重人格は本当の事だと思います。
かなり面白い授業なので、興味があったらもぐってみてはいかがでしょう?
受講者は多いし出席も採りませんし。
2部の授業もやってるので年配の方でも平気ですよ。

75 :17:2001/01/28(日) 00:00
服部雄一氏 は私もだいぶ前になりますが2冊ほど読まさせてもらいました。
知らない人にも結構わかりやすく書いてあるので良いと思います。
しかし内容は知らない人に多重人格を認めてもらおうとするような
内容に終始徹しているような感がします。
私個人的な考えで悪いのですが、服部雄一氏の治療方針は非常に危険
な感じがします。
治療を進めてるてるというよりは、悪化させてる感じがしますし
氏のやり方からの人格統合は非常に困難な作業になると思われ
やたらと時間が経過した挙句、失敗するような気がします。

氏の方針や考え方で多くの疑問点があるのですが、書き出すと切りが
ないので割合させていただきたいのですが、たとえば
複数の人格を呼び出して、なおかつ自力で出てこれるまで力をつけさせて
個別に過去にあった出来事聞いて、虐待などを調べていくなどはちょっと
疑問です。
何故ならばフラッシュバック的に自然に交代した場合の弱いレベルの
人格ならば過去に起こった出来事だけを伝えてくれますが
それか、必ず一人いる客観的にしか物事を考えない人格などは信用に価しますが
自力で出てこれるようになるほど、個人としての自我が強まった人格
などは、自分の力を持続させるために自分としての存在を確定しようと
努力します。
そのために自分の力が弱まるような、自分にとって都合の悪いことは認めよう
としません。
ですから過去のことも交代する前後などは記憶になく部分てきな場面
ことしか知らないことのほうが多いにも拘らず、自分の存在を強める
ため、平気で前後の話を推測などして「うそ」をつきます。
又自分の存在が消えるような不安に襲われたときや、自己顕示欲が強まり
すぎて体を完全に独占しようと考えてるときなど、回りの人格や本人とって
都合の悪いうそを巧妙につき、とくに本人の力を弱める努力をします。
ですから話を100%信じるのは危険だと思うし、虚言癖がある人の相手
をしてるような感じもします。

ちょっと用事が出来たので失礼します。


76 :sage:2001/01/29(月) 10:17
多重人格者の法律上の扱いはどうなるのでしょうか?

たとえば、人格Aが何か悪いことをして処罰され刑務所に入ったとします。そうすると、人格Bや人格Cは何も悪いことをしてないにもかかわらずやはり刑務所に入れられてしまいます。まさか人格Aが出てる間だけ刑務所に入れるなんてことは無理でしょうし…。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/29(月) 10:26
刑務所ではなく精神病院では?
もっとも、裁判で多重人格が認められた場合だけだろうけど。

78 :>17:2001/01/29(月) 18:16
質問です。
人格が表にでてないとき(裏にいるとき)は、
その意識は活動をしているんでしょうか。
それとも寝ているような状態なんでしょうか。
72のレスをみると、どうも、活動をしているように見受けられるんですが。
そうすると、まったく五感のない純粋意識?のようなものが
あることになってしまう気がするのですが・・・。
心理学崩壊の危機!??

79 :17:2001/01/29(月) 21:34
>78
多重人格の症状が賢著に出てる時期は内にいる人格は内で頻繁に活動
しています。
特に本人事態の力が弱い時(本人の実社会に立ち向かおうとする強い意識)
が弱いときなどは他人格の力が強まり本人が寝てるときや起きてる時
でさえも意識をたもってたりしていて、常に本人事態が僅かにでも不安定
になった瞬間を見計らって飛び出てきます。
でもずる賢い人も多く、というよりはある意味凄く人間らしいのですけど
場面が出たくないときは出なかったりもするわけでありますが、これは力の強い
人格の話なのですけど。
力の弱い人格は意思と関係無く出てしまいますが。
活動してるかどうかといえば、多重人格の本人以外の他人格は活動してます
でもこれはちょっと微妙であって、本人事態は普通寝るか起きてるかに
なりますよね。
他人格も同じようなものであって、起きたときが内であったり表であったり
するわけで、だから意識の活動する場所が内と外二通りあるような感じですよね。
でも、意識が寝てるときはその期間が2ヶ月間だったりもするわけですが
意識があっても内でばっかり目覚めて表に出たときには
5年たっていたってこともあるわけです。
私の場合もある人格が5年ぶりに表に出てきたこともあるのですが
これがまたいっこうにその空白の時間を認めないわけです、しびれきらして
今のカレンダーを突き付けても、「カレンダー作ってる仕事してるのか
ーそんな物自慢したいわけ?」とかいう始末。
だから表にでてないときは何年たとうがその期間は関係なく表にでた
場面と繋がって意識がもどるみたいです。(人格によってわざとしてる部分もあるから
ややこしい)
{ちょっとここまで読み直して非常に文がおかしいので説明しますと他人格が
表に出てるときはちゃんと時間を刻んでますが、その他人格が内にいて意識
があるときは時間の流れがつかめにくいみたいです}
ですが、自我が強まって現実社会を認識した人格などは、その空白の時間
までも認識したいわけであって、一人の人間として確立するためには
その空白の時間を作るわけにはいけないので、常に意識を保とうと
努力します(その方法として本人の生きる情熱とかを断とうとすることも
多々あります。そうすることによって本人が弱まれば他人格の力が
安定します)
話がややこしくなってしまいましたが、意識の中で同じようなフィールドにいる
人格が5人いれば5人と雑談することが出来ます。
例えその中に意識の弱い子がいても意識の強い子から話かけて話す
ことができます。
本人事態は寝ていても場所が全く違う場所にいるから話あうことは
ありえません。
この場所については人格の形態(脳の中の分類によると思うのだが)
によって複雑に絡みあってるので、服部氏の本にわかり易く書いて
あるのでみてみるとよろしいかと思います。




80 :17:2001/01/29(月) 22:34
今日はちょっとお酒を飲んでいるので乱文過ぎて
非常に意味不明な文になってるようなきがして申しわけないです。

ついでで申し訳ないのですが、多重人格の症状事態をおさめる方法
なのですが、本人事態に(本人だけに)実生活の中で常に保てるような強い情熱
と希望をもたせたら(もたせられたならば)治まります。
精神論みたいで変なのですが、以外とあっさり収まります。
変に他人格と交流をもって協力しあったりして治療にあたると
例えば過去の他人格が受けた実質的な被害を本人に伝えへ認識してもらうことで
他人格に納得してもらう程度ならいいのですが
(他人格の意識レベルを下げる方向性に治療を進めるのが正しいと思います)
実生活もしくは治療に他人格に協力してもらい続けると
直りは遅くなり、その上結局最終的には辛い(悲しい)思いをすることになると
思います。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 23:52
age

82 :MM:2001/02/02(金) 22:18
ホントに知りたいなら、ちゃんとした学術書読んだら?

フランク・W・パトナム「多重人格性障害」岩崎学術出版社

83 :唯伝仔:2001/02/06(火) 10:55
>78

>72のレスをみると、どうも、活動をしているように見受けられるんですが。
>そうすると、まったく五感のない純粋意識?のようなものが
>あることになってしまう気がするのですが・・・。
>心理学崩壊の危機!??

「五感のない純粋意識」ということについて考えていたので、びっくり。なんで、72のレスから「五感のない純粋意識?のようなものがある」ということになるのか、その発想を教えてください。

ちなみに、元良勇次郎は多重人格の研究の意義として、「自我は1つ」のような考えかたに対してのアンチテーゼになる、ということで評価してました。

84 :78:2001/02/06(火) 11:57
>>83
自分の考え(想像)では、多重人格において、
五感を把握し利用できるのは、表にいる人格と思っていたからです。
ということは、裏にいる人格が活動しているとすると、
何の外部入力もなしに独自に反応している事に
なってしまうのかも知れないということです。
でも、実際に五感を感じてないにしても、
他の人格と脳内ネットワークが完全に遮断されているわけではないと思うので、
他の人格から情報を得て、反応しているのかも知れないなあ。
と思っております。


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/06(火) 19:10
>82
ほんとに知りたい人間が2ちゃんねるで質問するわけないだろゴルア

86 :MM:2001/02/06(火) 21:25
>>85
そだね。アホばかりだもんね(笑)

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:06
お母さん大変だねこれ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:08
さっぶー。。。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:10
今度は妹まで多重人格に・・
かなりワラタ
おいおい・・

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:11
お母さんがかわいそうだよ


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:11
これやらせだろ?
そうだといってくれ。
ウソに見えてしまう俺は薄情者か?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:15
>>91 こういう現実を直視したくないのは、心やさしい証拠だよ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:16
多重人格の心理はわからんが
自分はまともだと思ってる人が多重人格者を見て
「俺だってつらいことがあっても頑張ってるのに
多重人格とかいって逃げてるのは卑怯だ、ウザイ」
と思ってしまう心理はよくわかる。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:17

今、番組をを観てますけど、凄まじいですな

あ、終わってしもた(1:17)



95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:18
う、自傷行為だ。
これマジモンだ。
ヤラセだと信じたかった。
打つ出汁膿。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:19
今日は厨ばっかやね。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:21
最後のほうしか観てないんだが、なんで多重人格になったんだ?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:23
自傷行為だったらマジモンなのか?
>96
おまえウザイ
納得いく解説してみろ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:26
>97
幼児虐待

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:29
妄想型分裂病ってやつとどこがちがうんだろう?
解離性なんたらなんてロマンチックな名前をつけたら
どんどん患者ふえるよ!それがねらい?

101 :96:2001/02/12(月) 01:33
>98
去年の夏ごろ、既に説明した。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:38
彼らはトラウマも捏造出来るんだろうね

103 :疑問符:2001/02/12(月) 01:40
多重人格じゃないぞ あれは
精神的に問題があるのはそうだが自傷行為にしろ多重人格のフリにしろ
自分に構って欲しいからだろ
自分で作った世界に周囲(大人や世間)を巻き込んで楽しんでる
なんだあの名前と人格数40以上つーのは?
名前はいかにもありがちな漫画等の影響だし各人格の喋り方も
あの位の子供が想像できる範囲だ(テレビの中だけでしか分からんが)
あと別人格が起こした行動についての基本人格のコメントは限りなくぁゃιぃ
最初から答えが用意されている感じが匂う

妹もああなったのはは自分も相手して欲しいから無意識に真似してるんじゃないのか

あと裁判中ってのが気になるね
子供は敏感だからな、ましてあれだけ鋭そうな子供だ…

ちょい言い過ぎかもしれんが自分にはリストカットマニアのネエチャンと
同じにしか見えない…専門の人教えてくれ ああいうもんなのか 二重人格は?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:43
む、ひらめいた。

人格形成に失敗すると多重人格になる。
多重人格は発狂をふせぐ癒し行為だ。

幼児期から成長するにしたがい環境が変る。それに対応するために、あ
たらしい人格を形成する。通常は旧人格を新人格が説得し取り込む。

言い方をかえれば幼児期の人格に様々なデコレーションを付与してい
くことで人格形成がなされていく。また、旧人格は基本構造を残しながら、
表現形式としての独立した人格ではなくなる。

ところが、幼児期に虐待をうけると、旧人格が表現形式としての人格の
地位を新人格に譲らない。ゆえに、新人格は旧人格をうまく融合するこ
とができないまま形成されてしまう。
そうして人格の核が何個もできることになる。


やっぱダメだ。無理があるな。
寝よ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:48
>>104
> そうして人格の核が何個もできることになる。

始めから一つもないよ。
人格概念のいい加減さに関しては、既に板全体で同意が取れてたと思うが。
…新人なら分からんか。

早く寝ろ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:50
>103
「あれは演技」とか月並みで適当な憶測かくなよ…
エセ懐疑的なことを平気で書けるのはいつも、
中途半端に知る者と、なにも知らない者。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 01:52
幼児期に親から虐待をうけた場合
「この人たちは本当の親じゃない!」
→「ワタシは捨てられっ子だ」
→「有名女優の私生児だ」
みたいな妄想を持つっていう可能性もあるよね
そこで多重人格を選ぶ決め手ってなんなんだろ?



108 :疑問符:2001/02/12(月) 02:01
>106
書き方が悪かったのは謝る
でも知らないから教えて欲しいんだよ
医学的にアレは「多重人格」ってコトになるのか?

付き合ってた女が子供の頃虐待されててリストカッターで
時々異常に幼くなって…ってソックリだったわけ
でも本人の記憶はちゃんとあったし自覚もある
けれどもどうしてもそれが来ると止められないって
だから付き合って甘えさせたし病院にも連れて行った

確かにいい加減な憶測なのは認めるが
じゃあアレは106の判断では何になるのか?
多重人格なのか?
そしてその根拠は?
無学な俺に教えて欲しい、頼む

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 02:01
>107
そのテレビの多重人格、ちゃんとみて言ってる?

110 :名無し:2001/02/12(月) 02:10
「あっあの番組についてかな?」と思ってココ覗いたんだけど(で、そう
だったワケだけど)、専門板とは思えないアレさにでガックリきて、
テレビ板に行ってみたら向こうは畜生道だった。「これぞ2ch!!(ゲッソリ)」
つーか。

かんそーぶんを書くとすれば「観なけりゃよかったなぁ(ガックリ)」
ってカンジか。
オレみたいなシロトにゃなんにもわからん。「その父親コロセ!!」
って思うくらいだ(最後は2ch的になってしまったスマソ)。

111 :名無し:2001/02/12(月) 02:14
夜も更けて(もともと更けてるが)だんだん「アレ」じゃなくなってきた
ようです。
パッと見でツマランこと言って重ね重ねスマソ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 02:18
>105
どうでもいいけど 板全体の同意 ってなんだ?
勝手に代表すんな ヴォケ

113 :5番目の名無し:2001/02/12(月) 02:22
>110「 観なけりゃよかったなぁ(ガックリ)」
 激しく同意。何の希望もなく唐突に番組はエンドマークの
 彼方に消えていく。
 これからどうなるんだよー。この娘と家族はよー。
 いっそヤラセであってほしいわい。

114 :ド素人:2001/02/12(月) 02:33
オレも多重人格の他人格への名前の付け方にはかねがね納得出来ないもの
があったのだが、要するに本人の持っているリファランス(教養≠ニ
言ってもいいのかも)の問題と考えればいいのでなないか?

まぁもちろん人間の記憶のメカニズムなんかについてはメチャクチャ
むつかしい問題が山ほどあるんだろーからオレの言ってることは間違い
かもしれんが。




115 :疑問符:2001/02/12(月) 02:43
>要するに本人の持っているリファランス(教養≠ニ
言ってもいいのかも)の問題と考えればいいのでなないか?

それは見ながら確かにそう思いました
けど余りにも意図が充満している気がしたので

つーか憶測でしか言えないよ俺は

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 03:04
>>112
> どうでもいいけど 板全体の同意 ってなんだ?
十分に議論しきった結果、反論が出ないで一つの意見で止まること。
ごめん、馬鹿の相手はしきれない。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 03:14
殿! いい塩梅に荒れてきましたぞ

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 03:28
義母は多重人格で入院中ですが、全然あのことは違う。
あんな都合のいいように入れ替わらないけど…。人によって違うのかなあ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 03:32
反証がでるまで真理にしましょ、って、科哲のK・ポパーみたいでいいね。
多重人格は過去の虐待が要因であるとの見解は聞きますが、そういう事実とは
無関係に多重人格が発生する例もあるのでしょうか。

120 :ド素人:2001/02/12(月) 03:35
>けど余りにも意図が充満している気がしたので

いや、オレもまったく同感なんだけど、これから言うことは天声人語
とか書いてる説教・教養クソオヤジみたいで自分でもヤだし、心理≠ニ
いうより社会≠フ方の問題に属することで、スレッドの趣旨とも話の流れ
からも外れてしまうんだが、その<意図充満のヤなカンジ>(<ヤなカンジ>
を受けたと前提してしまうが)そのものが、それをなんの衒いも狙いも
なく表出させてしまったであろう今回のような場合には、彼女等の置かれて
いるある種の文化状況をストレートに反映したものではないのか? それ
ほど現代の文化状況(特に若年層を取り巻くそれ)は、はっきり言って
しまえば荒廃しているのではないか? その荒廃状況と今回のような現代的
(と言っていいと思われる)ココロ問題と、浅からぬ関係があるのでは
ないか?(ここらへんについて大変な注意が必要なことは百も承知だが)、
などと思ったりするわけです。
(ここで言う荒廃≠ェどういったものかを知りたければ、テレビ番組板
のこの番組についてのスレッドを見ていただきたい)

もちろんオレだって15くらいの時にストレートに自分のリファランス
を表出してたらそりゃさぞやおぞましい代物だったろうけどね。

長文多謝。


121 :名無しさん:2001/02/12(月) 03:42
>112、116
だからバカとか言うのはヤメなさいって!!

122 :疑問符:2001/02/12(月) 03:53
>120
ご丁寧にありがとうございます。

確かに「社会」の範疇ではありますが…。
で、自分の感じた不快や違和感は多分に120さんのおっしゃる事に根があると思いました。
うーん「心理」ではないのでこれ以上は自粛します。

で、結局アレは専門家や玄人の方はどう見るんですか?

123 :112:2001/02/12(月) 03:59
>>121
ごめんなさい 反省してます

124 :名無しさん:2001/02/12(月) 04:14
どうやら玄人は一人として見てないみたいだな。
それともそんなにレヴェルが低いのかっ?!
でもしょーがねーじゃねーかよーココロ方面に関心があるだけのホントの
シロートなんだからよー。
意地悪しないで出てきてくれよー、頼むよ−。
(つーか単純にみんな寝てるだけだったりして)


125 :squarem:2001/02/12(月) 04:20
東京理科大講師はアメリカのテキスト通りって言ってましたよね。
テキスト通りなのに、治せないのですか?

126 :名無し連:2001/02/12(月) 04:48
>125
「コレコレという特徴がある場合はこういう病気です。でも治し方まで
は個々別々だから知らん」つーマニュアルなのでは? そ−ゆーのって
ありそーじゃないスか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 07:52
このスレを最初から、読んで見なされ>AII

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 13:31
ここを見てる方で、専門知識がある人にぜひお聞きしたいのですが。
昨日のテレビを見て、どうしても疑問に思う所がありました。
筆跡や、好みが変わるのはまだ理解できますが、体の体質まで変わるのは
本当でしょうか?
昨日のテレビでは、本来体が堅いのが、柔らかくなったり・・・。
内面的な変化は解るのですが、どうして体まで影響が出てしまうのですか?
心と体は別なのではないんですか。
もしあれが本当なら、人間は本来心の持ちようで何でも出来る、という事ですか?
どうしても解らないんです。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 15:11
>>128
俺もあの番組見たけど
あれ 屈伸するの反動つけてた様に見えたからから
ちょっと違うんじゃない?
泳げなかったのが 泳げる様になるとかだったら
わかるんだけど。どうなのかねぇ。


130 :匿名:2001/02/12(月) 15:28
>128
僕もその番組を見て、ここの皆さんに意見を聞こうと思っていました。
実はこの質問は>>30でも取り上げられていて、皆さんの意見は
「演技」という結論で幕でした。(今回も然り)
しかし、昨日の番組では実際の医者が「紛れも無く多重人格です」と
言って治療にあたっているのです。

まさか、医者までも仕込まれたものなのでしょうか?
または彼女の演技を見抜いた上での発言なのでしょうか?
あるいは・・・。

返答、宜しくお願いします。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 17:18
結局何でも「嘘だ」「やらせだ」と言う人は
「良くわからない」っていうのが本音。
専門家は見てないのか、このスレは。
・・・あ、専門家も分らないんですね(笑)

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 17:25
>129
>あれ 屈伸するの反動つけてた様に見えたからから
ちょっと違うんじゃない?

私も体めちゃくちゃ堅いんですが、反動つけようがどうしようが
出来ないものは出来ませんよ〜(笑)
手のひらまで、ピッタリ付いてましたもん。なんで??

133 :名無し  :2001/02/12(月) 17:43
>>130
医者よりもここのスレのレベルが低いから「演技」になるんでしょ。
医者だってあてにならないし、嘘もつくけど、このスレよりは信頼できると思う。
しろうとが何言ってもだめ。

134 :似非医者ジャック:2001/02/12(月) 17:54
私が、彼女を見る限りでは彼女は妄想により
自分が多重人格だと信じてるように見受けられます。
一見、演じてる様に見えるのは単に多重人格では無いからです。
しかしながら、治療及びカウンセリングが必要な状態であるでしょう。
自分の中で作り出した多重人格というストーリーに自らが振り回される、
彼女は、妄想型の精神分裂症である可能性が高いと思われます。


135 :名無し  :2001/02/12(月) 17:59
>>134
あなた、直接ヒロを診療したの?
まさか、テレビで見てそう思った、じゃないでしょうね。(あの位の情報量で決め付けるということ自体、私には何も根拠がないと言ってるに等しい)
これまでに何人位診療した経験からそう言ってるんですか?
テレビに出た医者よりも自分の見方の方が正しいと本気で思ってるんですか?

136 :ははは  :2001/02/12(月) 18:10
>>135

まあまあ、ムキにならない。こういう人よくいるじゃん。俺が見れば間違いないっていうしろうと。
本人がそう思いこんでるのにケチつけることないんじゃないの。
大丈夫、世の中の人は誰も相手にしないから。

137 :似非医者ジャック :2001/02/12(月) 18:16
えー、もちろん実質的な根拠は一切無く独断と偏見による私見ですよ(笑)

妄想が体系化していてストーリー性がある、これは妄想型の大きな特徴で
彼女のストーリーの核になっているものは多重人格と虐待であり
これらに関連する外部情報から自分なりに多重人格像を作りだし
実際にあった事実(虐待)を元にストーリーを展開させています。
この為、多重人格であるのか精神分裂症なのかという判定も困難に
なっているのでしょうね、恐らく彼女の治療にあたっている医師ならびに
カウンセラーも妄想型の精神分裂症である可能性も視野に入れて
治療にあたっているかと思います。

138 :名無し:2001/02/12(月) 18:27
精神分裂症か多重かを判定するのは困難だと思いますが、そのような困難な問題をあなたは分裂症と判断しているわけで、その根拠が知りたい。
(でも実質的な根拠は一切ないと、ただし書きしてますね)

139 :医者より:2001/02/12(月) 18:42
>>137,138
専門は全く違いますが、私は医者です。私見を述べます。
こういう微妙な判断は、患者に会わないと判断できませんよ。
責任ある医者なら患者に会うまでは判断しません。
テレビ見ただけでいろいろな意見が出るのは、いかにも素人っぽくて、楽しいですね。1億総医者化ですね。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 18:44
なんか荒れてきてますね(ワラ

141 :似非医者ジャック :2001/02/12(月) 18:46
これは、不確かな情報源なのですが彼女のサイト?を見て
総合的に判断すると非常に妄想型の特徴を持つ人間であると感じました。
あのサイトを見る限りかなり明確なストーリー性と多重人格への憧れ
自己顕示欲の貪欲さ等を強く感じました。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/uindex.html

あのサイトを作ったのがヒロ(本人の言う他の人格含む)であるならば
私は、彼女は多重人格では無いと判断します...単なる私見だけどね(笑)

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 18:51
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは、やっぱり不細工アニヲタの猿芝居に決定だ!
http://www.ne.jp/asahi/felnarde/site/sora/u-junin.htm

143 :142:2001/02/12(月) 18:59
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

144 : :2001/02/12(月) 19:04
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは多重人格に決定だ!
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

145 :  :2001/02/12(月) 19:05
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは実は宇宙人が作ったサイボーグに決定だ!
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

146 :   :2001/02/12(月) 19:09
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは実は警察権力と政治の結託による陰謀に決定だ!
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 19:10
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは鰻重失格に決定だ!
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 19:11
俺は医者じゃないけど断言してやる!
あれは部長昇格に決定だ!
どうだっ!反論出来る奴は居るか?

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 19:12
.....アレを見てみんな呆れたみたいだね┐('〜`;)┌

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 19:17
つーか、あのガキは同人板の住人である事が発覚♪
間違いなく自作自演の猿芝居だった事だね!
http://www.ziyu.net/~rent/bbs/yybbs.cgi?room=sora

151 :   :2001/02/12(月) 19:56
>>141
人間はそんなにデジタルじゃないから、多重人格にならざるを得ない人なら、その人が基本人格で妄想を持つことだってあるのでは。
妄想を持ってるから多重ではない、というのは論理的ではない。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 20:03
事実だけを冷静に考えてみれば答えは出るのでは?

アニオタの2ちゃんねらーが「自分は多重人格である」と主張してる
これを信じる信じないは個人の自由だけどね。

153 :     :2001/02/12(月) 20:13
>>152
本人が言ってるだけじゃなくて、医者が言ってるんですけど。
どうしてこの事実を冷静に考えないの?

154 :医者:2001/02/12(月) 20:46
>>153
ありゃ演技だよ

155 :名無し:2001/02/12(月) 20:47
ニュース速報スレにも書いてあったけど、@直接本人を診た医者2人が同意しているA「ヤラセ批判」を当然予想するテレビ局が複数回放送しているという事実に比べ、本人を直接診てない素人評論家(2ちゃんねらー)による「オタクだから多重ではない」「私の目にくるいはない」という指摘は弱い気がする。
「根拠はない」と認めつつ、直接診た医者の見解を否定してまで言い切る思考と自信が理解できない。

156 :同人板からきました:2001/02/12(月) 20:50
すいませんが、>>141-142,>>150のサイトのオタ管理人と、
テレビのヒロは別人のようです。
テレビのヒロって16才位でしたよね。
オタ管理人は20才だそうです。
↑はヘソが茶ァ沸かすような、なんちゃって多重人格ですが、
テレビのヒロちゃんは、まだ見込みがある…かも?

157 :名無し:2001/02/12(月) 20:53
どしろうとが「演技かな」と思うような初歩的なことは、担当した医者だって当然疑いを持って診療したはず。それで飯を食ってるんだから。
「医者の目はごまかせても、俺の目はごまかせない」ってか。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:02
>>157
本人か?ヽ(゚∀゚)ノ

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:09
>>158
ヒロ信者でしょ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:36
精神科医を盲信してる奴がいるな。
他科の医者と一緒にするなよ(藁

161 :名無し連:2001/02/12(月) 21:38
ここも荒れてしまった。
こうなることが解かっていたからプロは出てこなかったのだな。

162 :名無し:2001/02/12(月) 21:39
結局、2ちゃんねらーって、「日航機は自衛隊に撃ち落された」とか聞くと、「そうだ、政府・マスコミもグルだ、これは陰謀だ」って単純な思考に走りたがるでしょ。
しまいには「じゃあ、事故だっていうことを証明してみろ」って言って、「誰も事故だとは証明できなかった」って本気で陰謀説を信じるんだよね。
ここまで露骨じゃないけど、ヒロの件もそういう人が多い。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:41
>>162
総体的述べるなよ。


164 :      :2001/02/12(月) 21:42
>>160
精神科医なんてあてにならないってことには同意。
でも2ちゃんねらーの素人評論家よりは信頼度は高い。


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:44
>>164
それを盲信と云うのだよ。

166 :マジレス:2001/02/12(月) 21:44
海外でもあったけど、
本人も知らない外国語を他の人格が話した!なんてのも結局は嘘でさ、本人が隠れて勉強してたんだよね。
こんなのばっかり

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:45
一番信頼度が低いのは、2ちゃんねるの「自称医者」だけどね。

168 :名無しさん:2001/02/12(月) 21:47
番組をちらっと見て、2ちゃんねるでもこの話題あるんだろうな
と見に来ました。
ここと、TV板見に行って110さんみたいにゲッソリしていますが、
せっかく来たんだから少しは書いていこうかと。

#ゆっくり書いて戻ってきたら、ここさらに荒れている....。

自分自身は74さんと同じく服部氏の講義を受けた者です。

ノートとテキストひっくり返して、わかっている部分だけレスかきます。
レスがついていない部分、分からないので放ってあります。
あらかじめ謝っておきます。

>>100
幻聴について書いてある項しか見当たらなかったのですが、
DID(Dissociative Identity Disorder:解離性同一性障害)の場合
・内部から聞こえる
・内容が生活に近い
・会話調(交代人格の会話)

分裂症の場合
・外部から聞こえる
・突拍子のない内容(「火星からメッセージが送られている」と
いったもの)

という特徴があるそうです。
DIDの場合、社会に適応している事が多いけれど、
分裂症の場合、社会に全く適応できず悪化するだけらしいです。
*この辺どうでした?>詳しく見ていた方

多重人格とは、二つ以上の人格状態が存在すると診断上は定義
されている。しかし、多重人格者は複数の人格を持つわけではない。
別の人格達は実際は一つの人格の断片である。
「人格」という言葉から生じる誤解を正すためにDSM−IVからDIDに
改められた。(DSMとは米国精神医学会の精神障害診断マニュアルの
こと)

(続く)



169 :168:2001/02/12(月) 21:48
(つづき)

>>103
臨床家にかかるようなケースでは二桁の断片をもつ患者が多い
そうです。
優に100を超える断片をもつケースの報告もあるとか。

>>104
発狂を防ぐ癒し行為というよりは、虐待の打撃を回避するためのもの。
心全体が打撃を受けるのを防ぐために、心の一部がこれを受け止める。
この断片が苦痛をすべて受け入れる(押しつける)ようになり、この断片
が他の断片を憎み、傷つけようとする事もある。
*もう一方として、自己嫌悪人格(断片)が「生きていても仕方ない」と
自殺しようとすることもある。

>>105
(主観)複数人格ってのは自分もいい加減だと思っていますが、
心の断片化ってのもやっぱりいい加減なんでしょうか?

>>107(ではないが一応)
だいたい虐待が行われるときに、目的のために手段を正当化する
というのがある。「おまえのためにやっている」というのがそれ。

>>113
(ここも主観)物語でないから八方塞がりの状態で終わってしまう
ことも多いと。やらせだったら...と思わずにいられないのは
普通だと。自分もそう思いました。

>>119
テキスト(このスレッドの上の方にでてきてます)のDIDの例(ただし
文中では「多重人格」と書いてある)をまとめると、ほとんど虐待
の事実(性的なものも含む)が出てきてました。

(さらに続く)


170 :169=168:2001/02/12(月) 21:49
(これで最後)

#うう、ばててきた。ここからは主観メインになってしまいます。
ごめんなさい。

>>120,122
やはり「社会」の範疇ですねぇ。
講義で出てきたのは「絶対悪をみとめない社会」でしたが....。
これはここで扱うものではないのでパス。

>>125(ちょっと違う?)
あるセラピストが万人にとってベストなものではない、というのも
あるようです。コリン・ロス氏の患者でも服部氏の患者でも、今回の
ように離れていってしまう例が書かれています。でもこの場合無理に
来いということはしないようです。
「人間は言葉にする事により事実を認識する」っていうのが講義で
繰り返されていました。これを基本とした治療をしているようです。

>>128
体の堅さについては自分も不明。ただ、ある断片がある能力に秀でて
いる事は結構あるようです。ただ、人格統合によってその能力が
失われてしまう事もあるとのこと。

長文のうえ常体敬体混合で読みづらいけど勘弁。
2年ぶりにこのノート開いたんでまだ頭錆びつき状態。
というかさびたまま元にもどらないな、こりゃ。

では、これにて失礼。ここ読んでくれた方に感謝。


171 :       :2001/02/12(月) 21:53
>>165
あなたが盲信と思っても、そんなことどうでもいいけど、問題は世の中の常識人が、どう思うかってこと。

172 : :2001/02/12(月) 21:57
このスレ読んで、「否定派苦しいな」と脊髄反射できるべきだと思うのだが、常識人ならね。




173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 21:57
ここで
コテハン(とキャラ)を複数使い分けてる
やつもある意味ヒロと同じだと思うが。

174 : :2001/02/12(月) 22:01
人格はあくまで一つ。
このことがなぜ理解できないのかねぇ。



175 :          :2001/02/12(月) 22:11
>>173
だいぶ、追い詰められた感をかもし出す発言になってきましたね。
がんばってね。

176 :名無し:2001/02/12(月) 22:19
>>165
やっぱり、2チャンネルの人よりは精神科医の方があてになると思うなあ。
「私、2チャンネルで何百人ものオタクを論破してきました。2ちゃんでは鋭いってことで通ってます。」って言ったって、世間じゃ「ただのオタクね」と思うだけ。


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 23:29
>>176
この心理学板にも常連の精神科医はいるよ。
だけど声高に語ったりせず,息を潜めて素人談義の行く末を眺めてるの。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 23:35
順番に説明するにゃ。

まず大前提としなければならないのは、霊魂や魂、あるいは
それに相当するものの存在を無邪気に仮定してはいけないということ。
ここが噛み合わないと以後の話がおかしくなるので、そこんとこ夜露死苦。

さてと、あなたは手を広げて空を自由に飛べるだろうか?
我々は望むと望まざるとにかかわらず、物理的な制約を受けている。
心理学板でもよく問題になることではあるが、人間の心的装置、つまり
脳を含めた神経のネットワーク、及びそれを取り巻く環境も
残念ながら物理的な拘束を免れることは出来ない。
これは霊魂の存在を無邪気に信じない上での当然の帰結。

さて、以上の上で、「人格」とはいったい何であろうか。
ここで一番やってはいけない間違いは、人格を所与のものとして扱うこと。
これは最初に否定したはずの「霊魂」が名前を変えて帰ってきただけだからだ。
「無邪気に存在を仮定しない」。この態度は大前提。
いまここに我々が確かに存在すること、そして物理的なものがその基盤にあり、
物理的なものが基盤にあれば、有機体の活動には必要十分であること。
そう考えれば「人格」という概念そのものの実在が疑わしいということになる。

では「人格」概念はどこから生まれてきたのか?
「心はどこにあるのか」スレでも触れられていることだが、どうやら我々には
「自分自身を統一性のある実体として認識したがる」傾向があるらしい。
「人格」概念は、自分自身を認識する際に犯しがちな誤りの一つだと言える。
「人格」とは、今まで「自分」(と認識している境界の内部)がたどってきた歴史を元に、
「自分」という言葉の中に、何か統一された存在であると信じさせてくれる言葉でしかない。
(続く)

179 :178:2001/02/12(月) 23:35
そのことをしっかり把握した上で、「多重人格」(あるいは「人格の分裂」)を
肯定する考え方をもう一度最初からたどりなおしてみるといい。
「人格が分裂し…」「人格のかけらが…」という表現そのものが、
「人格」を素朴な実在とする比喩の中に囚われた誤謬に過ぎないと分かるだろう。

法律を見れば分かるように、現代は「個人の独立性」が無邪気に信じられている。
つまり、環境から切り離して動作する、一つのモジュールであるというわけだ。
そのような考え方が自明であるかのように疑われることもなく通用しているということが、
「人格が分裂する」という奇妙な表現を可能にし、多重人格や乖離性同一性障害なる
「病気」をまるで存在するかのように扱う風潮を生み出している。
そしてそのような「病気」が存在しているように思いこむことによって
再び人格による「個人の独立性」を信じることを支えている。

ギブソンのアフォーダンス概念を始めとする、個々の人間のモジュール化に
抵抗する言説は、すべてこのような無邪気な「個人の独立性」への信仰に対する
アンチテーゼであると言えるだろう。

「人格の分裂」など迷妄にすぎない。

180 :名無し:2001/02/12(月) 23:37
>>177
そうでしょ。あなたがおっしゃる通り、ほとんどが素人談義だと思います。
中には精神科医がいるのかいないのかわからないけど、表面に出てくる素人2ちゃんねらーは、精神科医(2チャンネルに出ようが出まいが)よりは、あてにならないと思います。
(なお、>>176で書いた『2チャンネルの人』とは精神科医以外の、ということです)

181 :名無し:2001/02/12(月) 23:46
>166 本人も知らない外国語を他の人格が話した!なんてのも結局は嘘でさ、
本人が隠れて勉強してたんだよね。

そりゃそうでしょ。
多重人格って本来ひとつであるべきものが2つ以上に分裂するってことでしょ。
本質的に本人の知らない知識なんて披露できるわけないじゃんか。
イタコじゃないんだからさ。

182 :名無し:2001/02/12(月) 23:47
>>178,179
よくわかんないんだけどさ。要は「人格という存在が疑わしいので、多重人格などどいう概念はない」ってこと?
簡潔に説明していただけませんか。

183 :名無し:2001/02/12(月) 23:55
>>181
同感。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 23:56
>>182
「人格」という概念そのものが、人間の活動に対して「後付け」で成立する。
従って、「人格が分裂」するというのもまた、現象を観察した結果、
後付けで成立したもの。つまり社会的に誕生した迷信。

自分自身を観察する際には透明でいられるという幻想があるために
把握しにくいと思うが。

これでいいかい?

185 : :2001/02/12(月) 23:57
>>178
>>179
ロジックフローがよく見えない。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/12(月) 23:57
>>183
これこれ、181も君じゃないのか(笑)。

187 :名無し:2001/02/13(火) 00:03
>>186
はずれですよ。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:07
>>178
182の言うとおり。
ただ人格の存在を否定する論理の断片を披露しただけ。
確実なのは多重人格が存在するなら、
178氏の言う、『無邪気な「個人の独立性」への信仰』
が崩れるだけ。

189 :名無し:2001/02/13(火) 00:07
>>184
「人格が活動の後付け」という仮説は、臨床心理学において一般的なんですか?
仮にそうだとしても、活動の後付けとしての人格(と呼ぶもの)を仮定するのは、全然おかしくないと思うけどな。
あと、脳の構造的な観点からの説明があれば、それも教えて下さい。
よろしくお願いします。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:08
>>185
    178の論旨
1段落目、学問として、「霊魂の無邪気な実在への信仰」を否定する。(1)
2段落目、人格を持ち出すのは(1)に抵触する。(2)
3段落目、「人格」概念は人間の心的活動に対して「後付け」で成立する。(3)

    179の論旨
1段落目、しかるに、多重人格を肯定すると(3)に抵触する。(4)
2段落目、現代社会は「個人の独立性」を前提とした上に成り立っている。(5)
3段落目、(4)の原因は(5)であり、また(4)が(5)を補完する関係にある。

 結論: 「人格の分裂」など迷妄にすぎない。

付け加えると、「乖離性同一性障害」は本当に「同一性障害」でしかないってこと。
自分自身が同一の、そして単独の個体であるという、人間としては普通とみなされる
幻想を共有していないというだけで、大して論じる価値は無い。

以上だが何か質問は?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:14
>>189
> 「人格が活動の後付け」という仮説は、臨床心理学において一般的なんですか?

臨床心理では知りませんが、精神分析では一般的でしょう。

> 仮にそうだとしても、活動の後付けとしての人格(と呼ぶもの)を
> 仮定するのは、全然おかしくないと思うけどな。

もちろん、自分の中に統一性のある実体を想像して名づけるのは自由ですが、
所詮は幻想の中で成立するものであることを忘れてはいけません。
分裂したと思いこむことはできても、分裂することはありません。
存在していないんですから。

> あと、脳の構造的な観点からの説明があれば、それも教えて下さい。

これを説明すると本当に長くなるし、精神分析の立場を剥き出しにしてしまうので、
他の皆様の批判が怖すぎます(笑)。
問題を簡潔にまとめて、別スレにしてもらえると嬉しいです。

192 :  :2001/02/13(火) 00:20
(2)と(3)の関係が見えない。
(1)→(2)→(4)ならわかる。(霊魂の否定→人格の否定→多重人格の否定)
このロジックのポイントは、「霊魂を否定すれば、人格の存在はありえない」ということ。
「霊魂はないけど、人格は存在する」はあり得ないのか?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:27
>>192
「霊魂」であろうと「人格」であろうと、「あると感じるもの」を
無邪気にあると信じる姿勢を退けなければならない。

「霊魂」とは何か?
  我々が生きているという絶対的な現実に対して、
  中世の人たち描き出してきた「見えない原因」だ。
「人格」とは何か?
  我々が何らかの心的活動が在る、という絶対的な現実に対して、
  現代人が描き出してきた「見えない原因」だ。

「人格」の実在を信じることは、「霊魂」の実在を信じることと
同じであるという意味が分かってもらえただろうか?

次の質問は?

194 :188:2001/02/13(火) 00:35
>>193
人格の存在を否定するのは別にかまわないんだけど、
多重人格の解説には、全然なってないんですけど・・・。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:37
申し訳ありませんが「人格」の定義を判りやすく説明していただけると
嬉しいのですが宜しいでしょうか?

196 :  :2001/02/13(火) 00:37
>>193
霊魂の有無と人格の有無は別の命題であり、「霊魂がないから人格もない」とは言えない。
193を見ると、霊魂との関連とは別に最初からあなたは人格を否定している。
(霊魂の否定と人格の否定に同種のロジックを使っていることは認めるが、だからといって、2つの命題の因果関係は、全くない)
すなわち、あなたの主張は単に「人格は存在しない→多重人格は存在しない」とということか?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:43
>>194
「多重人格」は存在しない。
「乖離性同一性障害」については>>190を参照。

>>195
下で196に同趣旨の問題を出したので保留。

>>196
議論が逆。
「人格」の存在を認めることこそが、「霊魂」の存在を認めるのと
同じロジックを使っている。

共通しているのは、今ある絶対的な現実に対して出された
幻想的な解決である、という点。
従って人格とは名前を変えただけの「霊魂」と同じ。
例えば、まず人格とは何か、簡単に自分なりでいいから定義してもらいたい。
それをもとにどうして「霊魂」と「人格」を同一視できると主張するのか
説明してあげる。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:50
「霊魂」と「人格」を同一視出来る理由は僕も知りたいです。
僕の中の「人格」の定義は以下の通りです。

普段使う性格と同じような意味です。
人格には「気質」と「性格」が含まれるています。
「気質」は遺伝的な要素が強く、「性格」は周りの環境や、
社会、文化などに強い影響を受けるものです。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 00:51
>1段落目、学問として、「霊魂の無邪気な実在への信仰」を否定する。(1)

「無邪気な信仰」というバイアスのかかった表現は気になる。
少数ながらも霊魂の実在について慎重に研究する立場もある。
いずれにせよ、この件については、
「ここで議論しても決着はつかない」という意見はもっとも。

200 : :2001/02/13(火) 00:55
>>197
「その個人の脳の作用、意識構造に基づく外的刺激に対する認知パターン行動パターンの独特性」が人格だと思います。
(あげあし取りみたいなことしないでね。必要があれば、補足説明します)
だから、霊魂とどうして同一視できるのか、よくわからない。

201 :168-170:2001/02/13(火) 01:00
錆びついた頭ちょっと使っただけでばてていました。
で、しばらく傍観していました。
まとめてあげた文つつかれていないのは、安心していいんだが
悲しむべきか。

取り敢えず落ち着いているようなのでホッ。

178さんからの文、ゆっくり読んで消化していくつもり。
自分の考えている「人格」ですか....。
ゆっくり考えさせてください。

#マイペースで行くから2歩も3歩も遅れた状態に
#なるかもしれないな...。申し訳ない。


202 :飛び入り:2001/02/13(火) 01:15
どうして、霊魂とかイタコとかの議論になっちゃうのかな。
多重人格(正式名称は知らないが)は、実際に臨床医師が使っている症状であり、そういう症状は私の周囲でも確実に存在するのだけどな。
(知り合いの彼女がそういう症状があり、そう診断された。)
こう言うと「いや、それは○○という症状に違いない」って言う人がいるかもしれないけど、そんなの風邪とインフルエンザの違いじゃないの?


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:20
>>198
「人格」=「性格」+「気質」
  「性格」は環境依存
  「気質」は遺伝的

あなたが言ったのは、ここまで。
「それは何か」という質問の答えになっていません。
国語辞書を作るならどう書くべきなのか、それを考えて
もうちょっと言葉を足すべきだったと思います。

>>199
いやそれは「オッカムの剃刀」で却下。

>>200
ちょっと待って。今書いてる。

>>202
症状はあるが、その病気の実体は存在しない。
症状そのものが社会的な中で生まれた幻想の産物。

昔書いた気がするが、ヒステリー的なメカニズムによって現れる症状なので、
「観察者が力動に巻き込まれて信じこむ」ことまでふくめて症状。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:34
>>200
「行動パターンの独自(持?)性」というのは、機械的に決まるものなのか?
答えはNO。
何故なら、人間は社会の中で自分自身を規定し、その役割を演じるからです。
私の思う「私」なら、ここはどう行動するべきか…、というわけです。

ここで問題になるのは、「役割」は入力と出力とで1対1で対応する
マニュアルではないということです。
常に予期しない出来事に遭遇する可能性があり、新しい可能性に開かれている。
初めて体験するものにどう対応すればいいのか、私たちはそれを知らない。
だから物語の中で見た俳優の姿に自分自身を重ね合わせたりする。

言い換えればパターンが成立するのは蓋然性のレベルでしかないといえる。
今までの行動には一貫性があっても、次の行動の後にもその一貫性が成り立つという
保証は無い。
しかし、あなたは、あなた自身が陥ったように、自分には統一された
反応パターンがあるという幻想の中で自分自身で行動を決定し、幻想を強固なものにしていく。

このようにして将来的には未知であり、偶然性にさらされている自分自身に
「人格」という統一された核を見出し、あなたは満足します。
多くの人がありもしない「心」という存在を信じて満足しているように。
  →「心はどこにあるのか」スレを参照してね。

「人格」「心」「霊魂」、これらは全て、自己の偶然性から目をそらし、
「統一的に扱える自己」という幻想を支える構築物に過ぎないというわけです。

205 :  :2001/02/13(火) 01:34
>>203
症状はあるのであれば、その症状を多重人格と呼べばいいんじゃないの?
実体が存在しなくても、幻想だろうが、症状は症状であり、これを多重人格と呼ぶことがなぜ問題か?
心の病気における実体と幻想の違いは?心の病気の多くは社会的な中での(ある意味での)幻想の産物だと思うけど。
心の病気の多くが、観察者を含めた周囲の環境との関連で発生するなんて、あたりまえじゃないの?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:38
>>205
ああ、それ疾病分類学上の問題。
君は白いゴキブリを見たら新種の白ゴキブリとみなすかい?
ゴキブリの白色個体とみなす方が自然。

君は新種の白ゴキブリを今、生み出そうとしている。

207 :    :2001/02/13(火) 01:40
>>204
いや、脳に確実に刻みこまれるものだと思う。だからパターンができる。だから、脳の構造との関連で行われるべき議論。
ところで、あなたは心の存在を否定してるのに、幻想の存在は肯定してるのですね。
幻想って何ですか。あなた自身はその幻想の存在を信じて満足してるのでは。
それと、霊魂と同一視できる理由は?


208 :     :2001/02/13(火) 01:45
>>205
いや、そうじゃなくて、生物学上で、白ゴキブリとみなすことは多いにあると思うよ。
白いゴキブリは「白ゴキブリでなく、ゴキブリの白色固体」って生物学会が言ってる?
新種であれば、新種だし、新種でなければ新種でない。それだけ。
(だから君の言うゴキブリを見てみないと新種かどうかはわからない)

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:48
ゴキブリは脱皮した直後は真っ白です。
関係ないのでサゲ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:49
>>207
いや、パターンは完全には確立できない。
新しい事態に対する対応は、情報不足で機械的には決めようがない。
迷って、決定不能に陥って、その場面からの脱出は常に
再現不能な一回性、偶然性に支えられている。

鎖を考えてみて。
一本の鎖を両側から強く引っ張る。
そのうち一番弱い鎖が切れるが、どの鎖の輪が切れるかは人間では分からない。

幻想とは、人間の脳が動作する副産物として生み出されテクストのうち、
社会的な要因や内的筆意善性に基づいて自分自身を補強して信じさせるもの。

霊魂と同一視できる理由は上で書いた。二度聞くのはやめて。
> 「人格」「心」「霊魂」、これらは全て、自己の偶然性から目をそらし、
> 「統一的に扱える自己」という幻想を支える構築物に過ぎないというわけです。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 01:52
>>208
「白色個体」、説明不足か。アルビノのこと。
染色体以上によって生まれる色素が欠乏した生物個体。

ゴキブリとほぼ共通の遺伝子を持ち、ゴキブリと同じように反応し、
ゴキブリと同じように生殖するものを新種にはしない。

多重人格も同じ。
症状ではなく、病因で分けるべき。
特にヒステリーの症状は、原理上あらゆるものが発現し得るので
症状で分けていたら、はっきりいって病名の大バーゲンセールになる。

212 :     :2001/02/13(火) 02:00
>>210
パターンが完全に確立できるわけないだろう。当たり前。問題はその個人の独特性が認められるレベルまでパターンがあるかどうか。
君の書いた>>200の、3〜7行目の、思う・演じる・重ね合わせる、そしてその下の幻想、これらがいわゆる心の機能だと思うのだけれど。
(これらは脳の活動に関連するから)こう言った機能の存在を君は認めるのであれば、それは世間的には心を認めているということなのですよ。
あと、霊魂って脳の活動と関連あるの?(脳の幻想が生み出したものなんていうバカな答えはしないでね)
最初の「霊魂が存在しないので、人格が存在しない」の命題の説明はどうなったの?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 02:04
>>212
現象に対する後付けって言ってるでしょ?
もう全部説明しているでしょうが、ちゃんと読めっての。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 02:06
>>212
読み返して確認した。
212の疑問には今までのレスで全部答えています。

あとは脳を使ってください。

215 :     :2001/02/13(火) 02:36
>>214
うまい逃げ方だね。
答えたと思ってるの?
あなたはどれくらい知識があるのか、結局わからなかったけど、ロジカルな思考力はなさそうだということはよくわかった。
>>213もわかってないね。


216 :7人の名無し:2001/02/13(火) 02:53
‥結局どういうことなんでしょう?

 「人格の分裂」が迷妄だとすると、疾病分類学上、「多重人格」と
 診断されてる人はみんな妄想だってゆうこと?

 個人的には205の人の意見に賛成なんだけど‥。
 あたま悪いレスなのでさげ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 02:57
>>216
それ >>211 で回答済み。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 02:58
>>215
答えたか、あるいは問題そのものを無効にしています。

あと批評をありがとう。
私はあなたには歴史の知識が足りないと感じましたよ。

219 :7人の名無し:2001/02/13(火) 03:36
>217
 いや、オレのまぬけな質問にちゃんとレスくれてありがとうです。
 ただ、まぬけついでに言っちゃいますけど、オレ実はこの
 「白ゴキブリ」の例え話、よくわかんないんですわ。
 いや、話そのものがわからないんじゃなくて、なぜ議論の途中に
 この例え話が出てくるのか、その必然性と関連性がよくわからない。

 「多重人格」とは疾病の症状であり、本来は病因で分けるべき。

 というのが論旨でいいのかしら?
 つまり217さんは「多重人格」の病因は何とお考えなのでしょうか?
 ついでに聞くと「ゴキブリの白色個体とみなす方」てのは何の
 メタファーなんでしょ?

220 :名無し:2001/02/13(火) 03:58
誰か専門家の人出てこないかな。
しろうと連中がやりあってもラチがあかない。

221 :ド素人:2001/02/13(火) 04:06
スレを全部は読んでないのですが、ここでは「ヒロ本物説」の方が優勢みたいなので
テレビ板から出張してきました。
まずわたしは心理学・医学に関してはまったくのド素人です。
そして多重人格自体を否定はしていません。あの番組に出てた子が多重人格ではない
と疑っている(というか演技してるようにしか見えない)だけです。
あの番組では医学的・科学的な検査をまったくしていませんでしたね。
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=tv&key=981907728&st=862&to=862&nofirst=true
↑ここにあるような実験または検査をしていないのです。
もちろんド素人なので該当レスに書いてあることが本当に有効なのかはわかりません。
でも少なくともなんらかの物的証拠がないのでは、はやり疑わずにはいられません。
現場のことはまったく知らないのですが、患者の言うことをなんの根拠もなく信じて
治療をするものなのでしょうか?カウンセリングなどをする前に脳波を調べるとか
投薬したりなど、なんらかの科学的・医学的治療はしないのでしょうか?
人の目はごまかせても機械はごまかせませんからね。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 04:07
専門家は出て来てるだろ。
どれとは言わないが。

223 :名無し:2001/02/13(火) 04:19
>>221
「番組で検査について出なかったから、ヒロは多重ではない」という論理はなりたたない。
2ちゃんねらーの書く程度のことを2人の医者が考えていなかったというのは不自然。



224 :名無し:2001/02/13(火) 04:22
>>222
どれと言ってよ。
専門家が出てるとしたら、普通の2ちゃんねらーって専門家と同レベルなんだなと、2ちゃんねらーを見直してしまう。

225 :ド素人:2001/02/13(火) 04:32
>>223
だけどちゃんと検査を受けていたならそのシーンや診断結果などを放送しないほうが「不自然」。
そのほうが番組的にも説得力がでる。
中学1年のとき父親から受けたというケガの診断書はちゃんと出てきてるのに。


226 :ド素人:2001/02/13(火) 04:36
医者は人の腹の中に30センチ以上もする金属製の医療道具を置き忘れたりするから
あまり信用できない。
このスレとは関係ないのでsage

227 :名無し:2001/02/13(火) 04:52
あのテレビだけで、絶対にそうだ、とか嘘だ、とかは決められるはずがなく、そういう意味ではいくらここで議論しても無意味。
ただし、現段階の情報を判断することはできる。
私は肯定的な判断をしている。もちろん、ヤラセや演技・医者の誤診の可能性は当然ある。例えば10%くらいはあると見ている。
ただし、逆に、90%以上の確率で嘘だと言えるような論拠は私の見た範囲ではスレにはなかった。
あるのは、信頼性のない医者よりもさらに信頼性がないと思われる2ちゃんねらーの言う「私には演技に見えた」という証言程度だから。
2ちゃんねらーを馬鹿にしてるわけではなく、直接接触した医者の情報量がテレビの情報量の何倍もあり、そういう人が判断してことだから2ちゃんの人の判断よりは確からしいと見る。
「多重と思い込みやすい医者もいる」という議論もわかるが、2ちゃんねらーよりは信頼性があると思う。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 04:59
>>227
コピペやんけ。

229 :221=225=226:2001/02/13(火) 05:15
あわわわ・・・
レス全部読んでたら上のほうにすでにド素人というHNがあるではないか!
まったくの別人です。スイマセン。

230 :名無しさん:2001/02/13(火) 05:46
ここにいる本物の多重人格者と接したことのある人に質問です。
自殺願望もしくは自傷行為をする人格がいるのにハサミや
カッターなどの刃物を手の届くところに置いていますか?
ヒロは4歳児の人格が無造作に置いてあるカッターで自分を
切ろうとしてましたが。
(4歳児がカッターで自分を傷付けようと考えるのも”?”ですが)

231 :役者です(ある意味専門家?):2001/02/13(火) 05:47
彼女のは間違いなく演技です。ちょっとしか観てないのですが。
実際に人間観察をすれば解るのですが、人間と言うのは対して違いはないのです。
あの子の幼女の人格は舌足らずさが強調されすぎています。
これは素人の方が陥りやすい事で、ある人格になろうとする時に(演技・もの
まね)一般的にそうであると思われている型どおりの事を演じてしまうのです。
それは実際には素人の思い込みであることが多いです。
少女は舌足らずであるとか、男が女を演じる時などは異常に艶っぽく演じるとか。
あと、性格の良い人物を爽やか声にしたり、悪い人物は低い声にしたりとか。
あなたの周りにも昔は性格が良かったのに、急に性格が悪くなったという人が
いるかもしれませんが、声質は変わりませんでしょ?
人格によって声質が変わるっていうのは素人の演技なんです。
それに、声というのは口・ノド・声帯のコンビネーションで出るもので、誰も
それらを意識せずに使っている訳です。子供は子供で声帯の長さが短いため意
識せずに必然的に高い声になるのです。彼女は現在16歳?なりの口・ノド・声
帯をもっている筈ですから、彼女がたとえ幼児になったとしても16歳なりの声
にならないと不自然です。
幼児の人格が発した言葉がたまたま16歳の口・ノド・声帯を通して発せられる
訳ですから。声というのは何歳になっても無意識に発せられるものです。
幼児の人格を持った16歳は幼児の時のように無意識に喋れば、どうしても16歳
の声質にならなければなりません。
となると、彼女は意識的にノドを締めたり、舌をもたれさせたりしているので
すからこれは演技としか言えないのではないでしょうか?
実際、ボケ老人は自分を幼児と思い込んでも、老人の声で喋ります。
つまり、彼女はどんな人格になっても彼女自身の主体が消えていない。現在の
彼女から特定の人格へ口・ノド・声帯を意識的に変化させ声質を調整している。

アメリカの多重人格も声質を異常にかえる人が多いですが、意識的に口・ノド
声帯をかえる以上、つまり主体が残っている以上、演技ではないかと私は思い
ます。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 06:10
ビデオに録画した人は見てほしいんだけど
4才の人格と10才の人格のしゃべり方がほどんど同じです。
自分が小学4年生だった時を思い出してみて。
あんな赤ちゃん言葉しゃべる奴いた?
それにあんなに急にコロコロ人格が変わるんだったらいつもオムツしてなきゃ。
いつ0才になってお漏らしするかわかんないもんね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 06:45
演技にみえるからといって「演技にすぎない」わけではない。
多重人格のようで多重人格でない人が多いからといって、
「すべての多重人格の人がそうである」わけではない。

234 :名無し:2001/02/13(火) 07:16
>>232
「意識的に声質を変える人は多重でない」という仮説は一般的ですか?
(もし、一般的であるとしたら、2人の専門医が知らなかったというのは不自然ではないですか?)
(「意識的に声質を変える=演技である」と呼ぶこと自体は何ら問題ないと思いますが、論点はこの場合に多重でないと言えるかどうかです)

235 :名無し:2001/02/13(火) 07:25
>>230
私の知り合いの彼女の場合は、普通の生活をしており、刃物も普通に置いてあった(少なくとも職場では)と思います。
従って、私の知り合いは、はっきり言って、いつ殺されるかわからない(例えば、外で食事中、フォークで刺されるとか)と言ってました。
普段、普通の生活を営む以上、完全に刃物を遮断するのは難しいと思います。
ただ、当然、家庭で無造作に刃物を置くのは危険だと思います。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 07:45
>>235
そんな人が普通に社会生活をしてるのですか?
すぐに隔離してください。
街を歩いてていきなり刺されては困ります。

237 :名無し:2001/02/13(火) 07:54
>>236
今は仕事をやめ、カウンセリングを受けています。(と思います。5年くらい前のことなので、今どうなっているかは知らないので)
念のため付け加えると、彼女の場合は「愛する人を殺したくなる人格がいるため、その人格が出るとあなたを殺すかもしれない」と彼に語ったそうです。
従って、この発言が事実とすると、一般の他人を殺すことはないと思います。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 07:56
擁護派へ

723 名前:回転早いなあ投稿日:2001/02/12(月) 02:27「ハムタス」あれがまさに、基本の人格が別人格の演技をしている証拠。
実際の子供は言い間違いをする場合、母音が同じものを入れ替えてしまう。
じゃがいも jagaimo /がじゃいも gajaimo がとじゃの母音が「a」
とうもろこし toumorokosi /とうもころし toumokorosi も、こ、ろの母音が「o」
ハムスターはせいぜい子供なら「はむしゅたー」あたり。

上記について解説求む

239 :名無し:2001/02/13(火) 08:08
>>238
言い間違えたのじゃなくて、聞き間違えた可能性はありませんか?
あなたは、「子供はハムスターをハムタスと聞き間違えるようなことは絶対にありえない」と考えますか?

240 :名無し17:2001/02/13(火) 08:08
久しぶりに覗いたら凄いことになってますね・・
ちょっと読みきれなかったのでまたレスしようと思いますが
ヒロさんの特集のTVは私も見ることが出来ましたので
多々思うことがあるので時間があれば書いていこうと思います。
が、しかし、一つだけいえるのは、あれだけ低いレベルの人格を
あそこまで複数作ってしまったのは、本人と今の生活環境によるところが
多いと思います。
逆にいうと自己防衛も出来ない幼児の人格が複数できるということは
幼児の人格がでても安全な環境に居る事が多い。。過保護です。
あれでは本人の意思の力は強くなりません。
しかし不必要にだらだら出来た人格が多そうなので(そうじゃ無いのも当然あるのだが)
直すのは楽だと思います。


241 :名無しさん:2001/02/13(火) 09:16
ここには多重人格者を知ってる人がけっこういるみたいだけど
その人達を多重人格と認めたのは誰なの?
そんなにたくさんの多重人格者が日本にいるの?
世界的にも稀な多重人格という症例が日本の姉妹に同時に
あらわれる可能性はほとんどゼロに近いのでは?
「ほとんどゼロに近い偶然がおこったとき、それは必然である」
という言葉がある。(なんに書いてあったか覚えてない)
姉妹2人とも多重人格なんてたぶん世界的にも初めてのことだと
思うけど、世界の学会や研究者が調査しに来ないのはなぜ?
(日本でも日テレ以外でこの子のことを扱ってるのを見たことない)
番組でヒロを多重人格と診断したのは医者ではなく大学講師。
なぜ”医者”に診てもらわないの?
あとこの講師の言うことにはどれほどの信頼性があるの?
この分野において実績や権威のある人?
それぞれの人格についてる名前がビジュアルオタクや同人オタクが
好んで使う漢字であるということをこの講師は知ってる?
(その系統ことを少しでも知ってればすぐにわかること)
もしこれが本物だったら世界中の学者や医者がほっとかないと思うけど。

242 :>241:2001/02/13(火) 09:47
多重人格(解離性同一人格障害)は
比較的メジャーな病気だと思うよ
1000人に4・5人は出る
姉妹とも多重人格は騒ぐほど稀な症例じゃないし
難しい名前を好んで使うのも普通だ
つまり、あんたの言う事は「無知から出る疑問」だ

ヒロは研究に値するほど価値ある患者じゃないから
どこにでも居る患者だ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 09:54
>241さん 確率の話をすれば、君の書いてる通り
姉妹に多重人格が発生したのは、そういう事もありうる、って事でしょ。
大学講師だって、患者と接している人もいるよ。
世界にはもっと症状の重い多重人格の人はいるでしょ。
多重人格ではないとしたら、演技ってことになるのかな?
もし多重人格とされる人が演技してるとしたら、僕は役者の人達の
演技が陳腐なものに見えるよ。だってあんなにドラスティックに話し方
や表情を変えることのできる役者は見たことないよ。
あの番組ではモザイクかかってたから見えないけどね。


244 :名無しさん:2001/02/13(火) 10:11
>>242
てことはそこそこ大きな学校には4〜5人の多重人格がいるってことだ。
おそろしい世の中だ。
よく殺人事件がおきないな。

>>243
わたしにはヒロの演技がかなり陳腐なものに見える。
4才児が鏡の裏見るか?サルじゃないんだから・・・・

245 :名無しさん:2001/02/13(火) 10:59
演技と疑う根拠のひとつとして、どこかのスレで空手をやってる人が
気絶した人はあんなにゆっくり倒れないと書いていたことを挙げる。
本当はあやつり人形の糸が切れたみたいに急に倒れるとのことだ。
また、わたしの実体験としては学生の時クラスメイトのおでこに傷が
あったので「どうしたの?」と聞いたら「昨日の夜、家で貧血で倒れて
おでこを打った」と言われたことがある。
本当の気絶はあんなふうに自分の身体をかばうように倒れないのでは?
それに医者が多重人格と診断してるのになぜ入院させないのですか?
自傷行為もあるし攻撃的な人格もあるのに。
他人を傷付ける可能性がある人をあんなふうに野放しにしておいていいの?

246 :名無し:2001/02/13(火) 12:08
精神病者=すぐ事件を起こす
と思い込んでるみたいだが、それこそ偏見だ
精神病者はたいがい「やる気なし」人間だから事件は起こさない
もちろん例外もいるし、事件もおきる
が、率で言えば健常者の方が事件率は高い
だから「精神病者は隔離せよ」はユダヤ人排斥ぐらい横暴だ

人格交替の時の気絶は245の言うとおり急に倒れる
多重人格ってのは「完全な人格が複数存在」するんじゃなくて
「一つの人格が解離しあたかも一つの人格の如く振舞う」
というのが正しいんじゃないか?俺の経験上だがな



247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 13:01
友人が精神科医の治療を必要としていたので、何箇所か通い、分かったことがある。
「改善の道を示してくれるのも精神科医だが、最悪の方向に悪化させるのも精神科医」だ。
一人はすごく自信満万で、過去を根掘り葉掘り聞き出し、論文でも書くのか?と思った(
治療の同席を許されく、あとで本人に聞かされた)。
一人はとにかく理屈を述べ、自分の論がどれほど正しいかを力説され「こういう治療が
必要です」と断言された(ちなみにトラウマと自閉症の話をされ、時間をかけて各人格と
向き合うことだと言われた)。
一人は「同一性人格障害ではなく、強度の分裂症だろう」と診断、薬を出された。
最終的には私の大学の恩師を頼って、心理学の教授を紹介してもらい、家族や私を
含む友人の協力で、本人の自覚と自信をつけさせる方向で改善した。

深く踏み込むために必要以上に悪化させる可能性があるのが精神科医。
他科のように疾病の原因と治療法が確立していれば別だが、精神科にはまだそこまで
蓄積された情報や分析が無いのであろうか、危険でもあると思った。
精神科医の特徴か、持論を曲げない人が多いような気がする。
積み重ねが浅く複雑なだけに、柔軟で慎重な対応が必要だと思うのだが。



248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 13:53
多重人格と、名俳優がなりきって演技をしている状態と、職場や家庭など
場に応じて意図せずペルソナが切り替わってしまう状態(役割期待に応える
習慣が身についている状態)とで、本人の主観や周囲の状況からくる常識
的判断 - 例えば、俳優は演技をしているに決まっている、等 - に拠らずに
分類する基準を精神科医は持っていますか?
持っているのであれば、それはどんな基準?

249 :名無しさん:2001/02/13(火) 14:05
>精神病者=すぐ事件を起こす
とは思っていませんよ。
でもこの子の場合は明らかに攻撃的な人格があるでしょ。
実際番組の中で「お母さんをホームから突き落とせと声がした」と
言っている。こんな危険人物がが普通に街を歩いているのは怖い。
それにこの前の新大久保の事故みたいに急に気を失ってホームに
落ちたり、道路に倒れたりしたらどうするの?
人に危害は与えないけど加害者にしてしまう可能性は十分ある。
隔離してほしいのは精神病者全員ではなく、ヒロ個人と他人に危害を
加える、もしくは被害に巻き込む可能性のある人だけです。
そこのところ誤解なきようお願いします。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 15:06
>>141のサイトはテレビに出てたヒロのサイトだと思おう。
www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/
ここが表サイトだけど日記にテレビが勝手に…って書いてあった。

251 :名無しさん:2001/02/13(火) 15:20
ヒロの日記をちょっと読んだ限りでは、テレビのことについて
なんか被害妄想と自意識過剰が混合されたような印象を受けた。
日記をHPに載せている時点で、自意識過剰な気がしなくも
ないが、なんかウザイ。
 電波とは違うと思うが、アブナイ人には見える。

252 :名無しさん:2001/02/13(火) 15:24
251の続き。
 大体、なんでいちいち、各人格について説明するのかね〜。
普通、日常生活において、人に会うときに「自分はこういう
人間です」って説明する?自己紹介とは違うよ、断って
おくけど。
 ヒロの各人格の名前にはワラえた。同人系というか
漫画とかにありそうな名前ですな。年齢とか性格とか
事細かに説明しても、だから何?という印象を受けました。
まあ、ネタとして面白いかどうかは皆さんのご賢察に
お任せしますが。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 15:37
これですな。

ttp://www.ne.jp/asahi/felnarde/site/sora/u-junin.htm

ネタとしてなら最高なんですが。
いかんせん本気なんだな〜

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 17:49
つーか思いきり他人に注目されたくて手段は問わないって感じ

255 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/13(火) 18:07
>253
 わざわざ絵を描くところが凝ってる。でも、ネタの
 モティーフとしては、陳腐化してる。
 こういうのを世間知らずと言うのでしょうか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 18:08
>>254
無知、故に悲劇のヒロインを演じたいって気持ちが哀れに思えた。
彼女にとって多重人格を演じる事は自分を悲劇のヒロインに変身させる
かっこうの題材だったみたいだね。

257 :名無し:2001/02/13(火) 18:47
被害妄想、自意識過剰は多重人格の典型的なパターンですな
これに自己愛が加われば完成

>249
 その論理からいけば、暴走族も暴力団も
スピード違反常習者なんかも隔離せなあかんな
ハッカーももしかしたら大事件起こす可能性あるから隔離だ
こいつらの方がよっぽど危険だ
なんで精神病者だけターゲットにするかが疑問だな
ただ恐れがあるというだけで

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 19:13
精神病者は責任取れないんじゃない?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 20:03
責任を逃れる為に精神病を装う者も多いしね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/13(火) 20:10
251-252を書いた時点で、ヒロの裏のページに書き込みをしたのですが、
先ほど、行ったら消されてました。内容は、自称多重人格者は
往往にして、各人格について語りたがる傾向があるとかそんなことです。
でも、荒らし・誹謗中傷として削除されました。やっぱり自称多重人格者は
自分を讃美しない人間を全て、荒らしと断定してしまうものなのでしょう
か?

261 :別板の住人ですが:2001/02/13(火) 21:00
>>260
私も書き込みを削除されました。
「心の病を盾に人生ナメてませんか?」みたいな内容です。
彼等は自分の世界観を受け入れてくれて常に頭ナデナデしてあげるような人間で無いと
敵(笑)と見なされてしまうようですね。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 21:02
>>260
同人板からやってきました。
件の掲示板のあなたの書き込み、読みました。
内容は激しく同意しました。溜飲がさがりました。
でも、あの掲示板の傷のなめあいでいやされている人もいるのだから、
まあいいじゃありませんか。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 21:11
あの掲示板って自称多重人格者がやたらと居て不思議ですよね。
やっぱ、居るとこには沢山居るもんなんですかね?
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/uindex.html

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:05
>一応どの人格にも最低限の喜怒哀楽くらいはあるから、
>ある一つの感情が突出してるだけの、普通の人間の集まりなのに…。
>その時に必要な感情によって、出てくる人格が違うだけなのに…。

ホントに疑問なので質問させてください。
「必要な感情によって」他人格が出現する、なんて事本当にあるんですか?
どうもこの人の書く文章読んでると全ての人格と記憶のほぼ完全共有をしているようにも見えてしまって
なんとも理解しがたいんですが。
やっぱりただのなんちゃって→演技性人格障害になってるだけなんでしょうか?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:37
>>264
「あなたは健常な精神の持ち主」だと掲示板で指摘されてたね♪
http://www.ziyu.net/~rent/bbs/yybbs.cgi?room=sora

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:39
ところで、さっきからあがってるURLって全く他人のヒロだって
みんな知ってるよね?野暮でスマソ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:39
>>265
No.1521には管理者のレスつかないだろうね。
削除するかどうかが見ものだな。

268 :畑中:2001/02/13(火) 22:43
出過ぎたことをしてしまったようで申し訳ありません。
TVのヒロさんとは別人ということを承知の上、書き込ませて
いただきました。>>266

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:50
>>268さん
あ、いえいえ、こちらこそ。勘違いさんにはドンドン書くべきかと(w

偽のほうからひどいメール来て腹が立ってるところなんで(^^;
やっぱあの人、多重じゃないわ。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 22:58
なんか精神科医を「医者」ということで盲目的に信じているひとが多いが、こと
心理学において、素人との差は「思考停止しているか否か」ぐらいの差しか無い(やや強引だが)。
精神科医の論を信じることは思考停止と言ってよい(精神科医が正しいか否かは別)。
大学教授は「探求の徒」的な部分が強い。
臨床心理士に頼るのが一番適当だと思う。

「ヒロの多重人格は演技だ」という論をよく見かける。
乖離性同一性障害は、一人の人間にもう一人の人格が発生するといったものでは無く、
基本人格のライブラリの中から組み立てられる。
「一般的」という観念から生まれるのでは無く、あくまで個人の持つ印象や知識・概念から生み出される。
だから子供の乖離性同一性障害者の別人格が非常に幼稚でも、でちゅまちゅ言葉でもおかしな
ことでは無い(基本人格が幼児を「そのようなしゃべり方をするものだ」とおもっていれば
そういう人格も生まれる)。
「あれは演技だ」と言っている人、何か勘違いをしてはいないか?
ちなみに私は「ヒロ」彼女に会ったことも無いので、彼女については分からないとしか言えない。



271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/13(火) 23:22
>>268
貴方は普通に意見を述べただけですから問題無いと思いますよ
あの掲示板も彼女が多重人格である事を肯定してる人間だけでは
不健全だと思いますし、気になる事があれば指摘するのも大事な事だと思います。

272 :お〜い!:2001/02/13(火) 23:43
肯定派の諸君
>>248の質問に答えてくれぃ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 00:00
>>268
別に気にしないで良いのでは?
書き捨てじゃなく、今後もコミュニケーションを取ってみては如何ですか?
意見は一方通行になると相手も後味悪くなったりしますし
良い機会だと思いますよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 00:12
>>273
コミュニケーションをはかるのは不可能だと思いますよ。
図星突かれてカチンときてるだろうから。

275 :260:2001/02/14(水) 01:29
265の掲示板で、さとぴってのが日記を元にして「許せない」なんて
書いてるけど、日記って本人の主観がモロに出てるってのわかって
ないんだろうか。さとぴの書き方、日記に書いてある内容を鵜呑みにした
カキコじゃん。やっぱり、このヒロ信奉者の頭は、思考停止しているような
気がします。

>261
>彼等は自分の世界観を受け入れてくれて常に
>頭ナデナデしてあげるような人間で無いと
>敵(笑)と見なされてしまうようですね。
 批判も認めないのかもしれませんね。畑中さんに対して何も
 書いていませんが、やっぱり削除でしょうか。自分を肯定して
 くれない人間を敵とみなすというのは、オウムの信者と大差ない
 ですね。サリンばら撒かないだけマシですが。

>262
>件の掲示板のあなたの書き込み、読みました。
>内容は激しく同意しました。溜飲がさがりました。
 読んでくれて、また同意してくれてありがとうございます。

>でも、あの掲示板の傷のなめあいでいやされている人もいるのだから、
>まあいいじゃありませんか。
 実害がないこととウザくなければいいですけどね、私は。まだ、
 唐辛子を傷になすりつけてないので、一発やってみては面白いかなと
 思っています。どこか他の精神病などにかかっている人達に対して、
 失礼な態度を、あそこの掲示板の住人は取っているように見えて、
 腹立たしいのです。まあ、NTVで放映されたことも原因の
 一端ではありますが。

276 :名無し:2001/02/14(水) 02:12
>>270
精神科医と大学教授と臨床心理士の境界はあいまいだと思う。問題は、その患者にとって、どのような活動・アプローチを取ったかということ。
精神科医だって、臨床心理士のような診療・治療をするときだってある。そのとき、その人は臨床心理士(の活動をしている人)と読んでいいと思う。(免許が、肩書きが、ということではなく、実質的に)
経営学部教授が企業経営をアドバイスすれば、その活動の瞬間は経営コンサルタントと呼ぶのと同じ。
私は以前、このスレで医者という単語を使ったが、それは「ヒロに対して診療活動を行った人」という意味で使ったに過ぎない。(2文字で済むから医者が一番楽だったから。本当にあの人達が肩書き上の医者かどうかは知らないが、ちょっとズルをさせてもらった)
私の趣旨は、このような心の病のような微妙な判断を要する問題は、「その分野の知見を持って、その患者の診療を行った者」が「ほとんど知見を持たず、直接会ったことも無い人」よりは一般的に信頼度が高い、ということ。
この認識よりも確度の低い情報に対しては、思考を働かせてしまうことの方が、判断を誤らせる。(もちろん、確度が低そうかどうかの判断には頭を使うが)

あなたの後半の議論には私は100%同意。全く同じことを書こうと思っていた。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 03:09
>>276
>私の趣旨は、このような心の病のような微妙な判断を要する問題は、
>「その分野の知見を持って、その患者の診療を行った者」が
>「ほとんど知見を持たず、直接会ったことも無い人」よりは一般的に
>信頼度が高い、ということ。

この部分についてはまったく同意。
しかし同時に「専門的知識に精通した人はその他の分野の知識に
得てして疎い」ということもまた言えるのでは?
ボキャブラリーが貧困なのであまりうまく説明できないが、大学教授や
医者などよりもここにいる一般人のほうが普通の16歳の少女の
趣味趣向などは把握してると思うし、ましてや2ちゃんねらーならヒロの
ネーミングセンス・服装・しゃべり方などがある閉鎖された世界観を持つ
人達(語弊を恐れずにいうといわゆるビジュアルオタクやアニメオタク)が
好んで使うものだと一目でわかる。
そういう文化(?)に接したことがないと思われる大学教授や医者が
このようなことを考慮して診察しているか疑問に思う。

278 :名無し:2001/02/14(水) 03:16
ケーススタディ。
A子は日頃からちょっと病気をすると「ガンにちがいない」と周囲に漏らしていたが、ある日胃痛で医者に行き、診断を受けたら「胃ガン」と判定された。A子の周囲はいろいろ言った。「医者もA子にだまされたんだろ」「A子の症状は俺のオヤジの胃潰瘍と似ている。胃潰瘍に違いない」「親戚が胃ガンのときはもっと苦しんでいた。だからA子は胃ガンではない」「医者は信じられないから胃ガンではない」「ガンの定義はあいまいだから胃ガンとは決め付けられない」。。。

これだけの情報だけで自分なりに判断するとしたら、私は「A子はガンである」と判断するのが妥当だと思う。理由はこの中の情報のうち、「医者がそう判断した」が最も確度が高いと私は考えるから。もちろん、誤診の可能性もあるし、何らかの理由で医者がA子のためにわざと嘘の診断をしたとか、いろいろな可能性は当然存在する。が、一番単純だが確からしいのはこの中では医者の判断だと思うから、他の情報に目を奪われてはいけない。

もし、これらに加え、「A子が100万円を渡し、医者にガンの診断書を書くよう頼むところを目撃した」という情報が加われば、私は自分の判断を変える。


2チャンネルにおけるヒロの議論もこれに似ていると思う。最後の情報のような医者の見方を否定するに足る情報は私はまだ見つけられていない。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 03:21
>244 演技であるかどうかは顔の表情を見ればよく分ると思う。
行動ではなく表情だ。ここに来ている人達は多重人格の人の話す表情くらいは
なんらかの形で見たことのある人だと思うが。
最近、思うのは、なぜ自我はそもそも1つに統覚されるのか?
ってことです。それが不思議だったりするなー。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 03:22
>>278
言いたいことはわかるし、僕もあれが詐称であると思ってるわけではないんだけど、
癌と精神的な疾病とは同一線上で話せないんだよなあ・・・。

281 :名無しさん@どうしたものか:2001/02/14(水) 03:25
TVの女性が本物であるかどうかはわかりませんが、
私的にこれは演技性、妄想性のものだと判断する条件があります。

・交代人格の名前が非凡、漫画的である。「翠」「聖」「夜」など、
 神秘的なイメージを持たせる漢字の組み合わせや単語であることが多い。
・超能力や多重人格を取り扱った漫画、小説等を読んだことがある。
・自分が解離性同一性障害であることに異常なまでに固執する。
・多くの精神病患者とは違い積極的。
・多重人格であることは両親等家族は知らない。ごく親しい友人や、
 口が堅い人、自分の家族と接触する可能性が低い人などの前でしか
 交代人格が出現しない。
・別人格との交代時には気絶して見せる。
・幼児や異性の人格と入れ替わっているときには、
 いかにも「それっぽい」口調になっている。
 (でも、どなたかが仰ってましたけど、
 あくまでも個人が持つ知識や概念から生まれる人格であれば
 そういうこともあるらしいですね。)

上記の判断基準はあくまでも私見です。
私は医者でもなければ専門家でもありませんし。

ところで私は心の病の方々をひきつけ易い体質のようで、
どういうわけかこういった人たちと接する機会が妙に多いです。
話を聞いてあげて、肯定するわけではないが否定はしないので、
向こうとしては接しやすいからかも知れません。

最近知人に自分は多重人格だと打ち明けられましたが、
どうにも信用できないので、適当に相槌打って逃げました。
それから2〜3ヶ月位の間は頻繁に接触してきましたが、
相手にしないでいたら離れていきました。
それこそ専門家ではないし、彼女自身が多重人格を打ち明けて
最終的には何をしたかったのかよくわからないので、今後下手に付き合っても
自分が壊れるだけなので、そのとき取れる最善の策だったと思っています。
私が実際に体験したり、知り合いから聞いた例では、
解離性同一性障害の場合と違い、演技性人格障害の場合は
打ち明けられた友人が悩んでしまうことが多いようです。
精神病とくればおいそれと他人に相談できることではないですし、
本人のご家族も知らない場合が多いので、
下手にご家族に相談しても解決するどころか、かえって話が面倒になったりします。
私の場合も思い余ってその知人のご両親に相談したのですが、
「いわれのない中傷だ」と怒られてしまいました。

最近は解離性同一性障害を取り上げる番組が多くなってきましたが、
これをテーマにするときは、演技性人格障害や妄想性の分裂病についての
詳しいドキュメントも欲しいなぁと思いますね。
本当に対処に困る……

282 :281:2001/02/14(水) 03:27
長すぎて省略されてしまった……
面目ないです(汗)

283 :名無しさん:2001/02/14(水) 03:36
>281
 妄想に本気で付き合うと疲れますから、あなたの対処は正しかったと
 思います。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 03:48
>>278
ガンやその他の病気の場合、レントゲンなどの物的証拠がありますよね。
いくら周りの人が疑いをもってもレントゲンに写っているものは否定できない。
でもこの番組ではそういった物的証拠がいっさい出てこない。
患者本人の”証言”とカウンセリングをした人の”証言”だけ。
例えばガン患者のドキュメンタリーで検査のシーンもなくレントゲン写真も出てこなくて
だた患者が「ガンなんです」と言っていて医者も「この人はガンです」と言っているだけの
番組があったとしたら、あなたは「医者が言っているのだから間違いない」とを信用しますか?
先日の番組では脳波を検査したとかなにかの投薬をしたとかいろんな種類の
心理検査を受けたとか、”証言”以外のデータがいっさいありませんでした。
そういったものがないのが信用できないひとつの要因であります。
もちろん検査はしたけど放送してないだけだとも考えられますが、
普通”ドキュメンタリー番組”を作ろうとしたら絶対に必要だと思うのですが。
(この点についてはあの番組中では判断できないのであくまで一般論です)

285 :284:2001/02/14(水) 03:51
訂正
誤:「医者が言っているのだから間違いない」とを信用しますか?
正:「医者が言っているのだから間違いない」と信用しますか?


286 :名無し:2001/02/14(水) 04:20
>>280
ガンと精神的な疾病は同一線上で話せないこともよくわかりますが、あれは比喩なので。。。
精神的な疾病の場合、どう違うかを自分なりにはこう考えています。
@精神的な疾病は、治療者と患者のコミュニケーションを通して、病状が診断される(という性格が強い)
すなわち、直接コミュニケーションを取った人の臨床上の意見が、他の疾病に比べて重要度(妥当性ではない)が高い。
従って、ヒロの場合は、他の疾病以上に臨床治療者の判断が重要だと思います。

A従って、治療者がどういう人かでその診断の確からしさが大きく左右される
精神・心理療法の関連でのいわゆる医者には、相当あやしい、アブナイ人が沢山いますよね。宗教がかっていたり、超能力とか言ってたり。
今回の2人の医者、町田・服部は、それなりの経験・実績はあり、ある程度の一般性を持つ知見を持っている人、と見ています。どの程度優秀か、ヒロとのマッチングはいいかどうかは知りませんが、少なくとも最低レベル(上記のアブナイ人)ではないと思います。
(ただし、服部氏・町田氏について情報(信頼度はあるかどうか)を持っている方は是非教えて欲しい。私は直接会ったことはないので。ただし、1度こういうミスをした、とかいうことではないもの。臨床の分野で何がよかったか、悪かったかは単純ではないと思うから)



287 :名無し:2001/02/14(水) 04:27
>>284
すいません、後で私の考えを書きます。外出しなければいけないので。
他の人の意見も聞きたいので、お願いします。

288 :名無し:2001/02/14(水) 04:36
>>284
やっぱり、今書きます。(ただし、短時間で書くのでご容赦)
データがなかったのは、私も残念でした。見たかったです。いや、番組としてその件に触れるべきだったと思います。

ただ、データがない以上、その前提で判断しなければなりません。同じく2ちゃんねらーの否定的な人の意見にも彼女のデータはありませんでした。同じないもの同士で比べて、どちらが確からしいかを判断しなければなりません。
そういう状況下で私は、2ちゃんねらーの意見よりは、治療者2人の意見の方が妥当性が高いと思います。

それと、これは蛇足ですが、あなたの知り合いがガンと医者に宣告されたとき、あなたは「データを見てないから信用できない」と思いますか?
私は、データを見なくても「データはあったのだろうな」と普段は判断します。
同じ判断をヒロの場合もしました。(ただし、ヒロのデータは、本当に見てみたいと思っているし、それがなければ、私も本当には自分を納得させられない。)

289 :名無しさん:2001/02/14(水) 05:00
ヒロのことはどうでもいいが、それに乗じてHPの宣伝をする
ヒロ信奉者は、逝ってよし。スレ違いだな、すまん。でも、
書きたかったのだ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 05:44
>>288
う〜ん・・・難しいところだけど、やっぱりなんらかのデータを目にしないと
信用できないかなあ・・・
特に最近の医者はあまり信用できないし。(医療ミスが多すぎる!)
少なくとも否定しようがないデータがなければ「あの人がガンなんて嘘だ!」
という現実逃避的な気持ちを振りはらうことができないと思う。

291 :勉強してないけど一応心理学生:2001/02/14(水) 07:35
医者が患者の治療のために
「はいはいそーですね。貴方は多重人格者ですよ。(内心ね)」って感じで、
本当は多重人格ではない他の症状の人を治療するってやり方はありますよね。
その線は考えられないのでしょうか?もしそうだとして、
テレビがそれに便乗して面白おかしくなるように都合良く放送するのはどうかと思いますが。

臨床に付いてはあまりわかりませんが、うちの教授が昔研修に行っいてた医院の医者は、
本人にも家族にも自分が診断した結果からの本当の症状を伝えずに
(両親などにも伝えないのは何らかの形で患者本人に感づかれてしまうことがあるから)
患者を治療することがあったそうです。

このような方法は患者の症状、親の性格上の問題などを考慮して、
医者によっては行うことがあるそうです。それが正しいかどうかは別問題として。

自分はヒロというコが多重人格者には思えません。
もし多重人格では無い場合の医者についての説明は、
@医者もグルのやらせ
A上記のような例
B医者の診断ミス
自分は@が一番有力だと思っています。

292 :名無し17:2001/02/14(水) 07:43
話がそれてしまうので悪いのですが
解離性同一性障害は、自身の心が耐えきれない出来事が起こったとき、心が別のところに
逃げ込んで、変わりに小さな頃にイメージして心の中で作られた
強い自分や奔放的な自分、はたはアニメキャラ、特殊でいえば祖母などに無意識に
変わってもらおうとします。
無意識的なイメージみたいな感じですから、普通でいえばどんなにがんばっても
交代するわけがないのですが、あまりにも心が耐えれないような酷いことが日々
連続的に続いたとき(幼少の頃)心が乖離したときその空白のところに変わりに
耐えれる者がでて受けるわけです。(あくまでDIDになりうる人の事です)
しかしこれは、無防備な幼児期の頃にある特殊な能力みたいなものであると思うし
精神的肉体的に成長していけば当然無くならないといけないはずなのですが
変わりグセのついて直らない人、脳など身体的なことで直らない人もいるわけです。

幼児の人格などはDIDにとっては前提にあるようなもので、その土台の上に
年齢が成長した段階であるにもかかわらず、心が逃げ出したくなる
事柄がおこり同じように形成され、その事柄にも対応できうるような強い人格
(道徳があるとは限らない)が出来てる人だと思います。


293 :名無し17:2001/02/14(水) 08:00
ヒロさんの場合は今の現状では非常に低いレベルで現実逃避して
不必要に人格を増やしてる感があります。
家だけの問題だけでもないような気がします。TVの影響もあると
思いますが。
実際には18歳などの年齢の高い人格もいるみたいなのですが
ただ自由に遊びにいきたいイメージに逃避して作られてしまった低い
レベルから出来た人格のような気もします。
対人関係で一番怖い、憎悪憎しみを背負った攻撃的人格も弱いレベルだと
思うし
本人の身の危険がおこる、悲しみを背負った人格も自殺しようとする
レベルでもないようにおもえます。

さっさと幼児の人格を統合してわかりやすくすれば治療方針も固まる
とおもうのだが。


294 :勉強してないけど一応心理学生:2001/02/14(水) 08:27
続きですが、ヒロというこが多重人格ではないと思った理由ですが、
今まで否定派の皆さんが述べられてきた理由以外で思ったことを書きます。

うえの方で多重人格者の割合として1000人に4、5人と出ていましたが、
どこかで読んだことがあるのですが100万人に1人と出ていたような気がします。
どちらを信じるかは別問題としますが。
うえの方に出ていた「知人も多重人格者」というのも少々疑問に思いますが。

もしかして自分の中での多重人格の定義が違うのかもしれませんが。
自分の中では考えでは、全く別の独立した人格を持つこと、これにつきます。

医学的にはまだ証明されていない、
アメリカで何件も殺人事件を起こしているようなものです。
人格同士の記憶の交換は無理、
強い人格から弱い人格へ呼びかけることは可能(?)など。

それで否定する理由ですが、頻繁に人格が変わり、
かつすべての記憶を共有している(様に思える)ことです。

それと多重人格であるというには胡散臭すぎです。
自分の知識の中で演技をしているように思えます。
あと16歳にして人格多すぎ。
ある人格が精神的に成長したり、
知識を得るにはそれなりに、その人格ごとに時間が必要だと思います。
まあ記憶と知識というのは別物なのかもしれませんが。自分にはわかりません。
記憶→知識で、知識(直感的にわかるようなものとか)
になった部分を共有できるのかもしれませんし。

とにかく、演技臭くて、
なんとなく多重人格ではなくて他の病気思わざるおえませんでした。
テレビを見て。

まあ多重人格の研究がもっと進まなければわからないというのが正直な感想ですが。




295 :名無しさん:2001/02/14(水) 08:46
>名無し17
 もう少し、日本語を勉強なされた方がいいと思います。
 誤字・脱字だけでなく、ヘンな日本語で読み難いです。
 あ、外国語を母語とする人なら、仕方ないので、
 その場合は除きます。
 

296 :名無しさん:2001/02/14(水) 08:53
>294
 は、激しくど〜い

297 :      :2001/02/14(水) 15:38
私は偽春菜反対運動を進めているものです。
現在、偽春菜にどのような 問題があるのかを議論しています
しかし、Windows板に巣くっている悪質極まりない
偽派の手により議論出来ない状態に追い込まれています
以下のスレッドを読んでいただければいかに卑劣な行為が
行われているかがわかると思います
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=software&key=980448378
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=software&key=981797642
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=software&key=981907749
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=software&key=981951996
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=software&key=981954542

Windows板に巣くう卑劣な偽春派を 2chから追い出しましょう
我々、偽春菜反対派の議論できる場を守ってください


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 15:47
>勉強してないけど一応心理学生さん
医者もグルのやらせ・・・まぁ、可能性としては、
ありえるかもしれないとは思うんですが、
番組ご覧になりましたよねー?服部先生って、確か、多重に関しては
結構有名な先生だと思います。私は精神医学や心理学を学んでいませんが、
興味があるので文献は読んでいます、
あまり有名な先生がそういったことをするとは私には考えがたいのですが
どうでしょうか?

299 :名無しさん:2001/02/14(水) 19:21
>297
 逝ってよし、モナー教に入ってから「オマエモナー」と
 書いてください。

300 :名無しさん:2001/02/14(水) 19:42
このスレもそろそろ終わりかな

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 20:24
>>300
まだ終わりはしねぇだろぉ〜...キリ番ゲットにつき絵か詩をプレゼント♪

302 :名無しさん:2001/02/14(水) 23:22
>301
 サンクス、気持ちだけ受け取っておきます。

 本物偽者問わず、ヒロには何を言っても無駄であろう。
 なぜなら、自分を理解してほしい病にかかっているからです。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/14(水) 23:24
正しく理解してるがなぁ・・・

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 00:07
>>294 心理学生さん

一言だけ。〜せざる「を」得ない、です。〜せざる「おえない」ではない。
論文書く時は気をつけてね〜〜〜。

305 :名無し:2001/02/15(木) 00:10
多重人格の数について議論がありましたが、私の見方を書きます。ただし、私はこの件について情報を持っておらず、データを提供できませんので、私の感覚的な受け止め方を書きます。専門家の方、教えて下さい。
多重人格の実例は、私の知り合いの彼女しか知りません。このスレの意見を見ても頻発しているという印象はありません。感覚的には1000人に1人とかそういうオーダー以上では存在しないのではと思っています。ただし、「国内で極めて珍しい」「各国から研究依頼が来る」というレベルの希少性ではないと思います。
一般的文献にもある程度の例は記載されており、そうですね、感覚的には例えば「記憶喪失」と同じ程度のオーダーかそれよりやや少ない程度、と実感しております。記憶喪失は先日も全国紙で小さく報道された程度であり、「世紀の大発見」というレベルではないと思います。
多重人格もこの程度という感じではないでしょうか。だから、「他の報道機関が報道しないから、海外から研究依頼が来ないから、ヒロは多重人格ではないのでは」という見方はしません。

ちなみに、記憶喪失が報道されるときも、必ずしもそう判断したデータは公開されません。記憶喪失も判定は難しそうですが。(マスコミは、「データを出さなくても世の中の人は信じてくれるだろう」という認識を持っているのでは)
(なお、例えば「記憶喪失は学術的には存在しない」といった専門的指摘は、素人の私にとっては大変ありがたいですが、このスレの趣旨ではないので返事は出しません。多重の希少性についての私の感覚を示すための材料として使ったのみです)



306 :>303:2001/02/15(木) 00:12
自分が思っている通りに他人が理解してくれない限りは
満足できないんでしょうね。
自分の中の多様な人格(?)をいちいち識別している割には、
自分と他人は違うんだ、という基本的なことがわかって
いない、という感じがします。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 00:19
まだまだ終わらんよ!
肯定派が>>248の質問に答えるまで終わらせない!

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 01:00
248は「ペルソナ」をどのような意味として用いているのか?
まずはそれを知りたい。でないと
>意図せずペルソナが切り替わってしまう状態(役割期待に応える
>習慣が身についている状態)
の解釈を読み取れない

309 :>308:2001/02/15(木) 01:12
そーゆー小難しいことはいいから
「演技をしてるかそうでないかをどーやって判断してるか」
を教えてください。

310 :名無しさん:2001/02/15(木) 01:48
>309
 演技云々は、俳優を職業としている人が前に書いて
 なかったっけ?
 因みに偽者ヒロのページにおいて、ヒロは黙秘権を行使
 している模様。しゃべると自分の犯罪を暴露してしまう
 からでしょう。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 02:13
>>309
いえいえ、>>231さんは役者の専門家であって医学の専門家ではないです。
医学(心理学・精神医学を含む)の専門家や肯定派に聞いているのです。

312 :まちがえた:2001/02/15(木) 02:38
↑これは>>310に対するレスね

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 02:49
>そうね… 尚子 - 2001/02/15(Thu) 02:01:24 No.1619
>朔夜(※注:人格名)がいうには、わたしたちは変わったタイプ
>の多重人格障害らしいから…。でも、「ありえない」で片付け
>られても困るの。だって実際、わたしたちはこうしてここにいるんだから…。

もうお手上げですな〜

314 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 02:55
はたなかさん…あなたの書き込み、削除されました(泣


315 :みゆみゆ:2001/02/15(木) 03:17
http://www.netkids.ne.jp/~twotmc/chat/
尚子の同類の溜まり場。全員、自称多重人格者です。
 内部告発です。うらぁ 

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 03:21
つーか昔dデモ系雑誌(ムーとか)にあったよな

転生した仲間よ 連絡求む

とか…

317 :名無さん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 06:25
>>315
ここ数日ときどきみてた。
なかなか興味深いが、「これは本物かも!」という人は
残念ながら未だ見いだせず。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 07:53
>>309
309=248かどうかは知らないが、仮にそうだとしたら
>そーゆー小難しいことはいいから
>「演技をしてるかそうでないかをどーやって判断してるか」
>を教えてください。
最初からそう簡潔に書いてください。
248でないならすまんね。

多数の人格を持つ場合、その人格が常に表に出ていることは考えられ無いので、その視覚に入る事象に関連性がないと考えられる。
またその人格の形成された経緯を考察すれば、どのような防衛本能(まあこれに限らないが)から派生した人格かおおよその見当がつく=このような人格は特定の感情が肥大していることが往々にしてある、つまり通常の障害の無い人間が回りの物等にいちいち特別な意識を持たずにいるのに対して、物や事象を極めて偏向的に見る傾向がある。
これらの情報は普通、基本人格とは共有しないものと考えるので、そこでブラフをかましたりもする。
・・・ただ、精神科医も臨床心理士も「コレは演技ですね」といって追い返したり治療を放棄することは殆ど無い。
虚言癖も病の一つ。ちゃんと治療をする。治療をすればわかることもある。
時間が無くて読みづらい分ですまん。




319 :名無しって優香:2001/02/15(木) 08:30
>317
 ドイツもコイツも「私、多重人格なんです。スゴイでしょ」と
 いう気配が濃厚で辟易しました。というか本当に
 悩んでいるなら、たとえネット上であっても、
 「コイツら全員、俺と同じなのか?」と疑うのが
 普通だと思いますが、自称多重人格者にはそれが
 ないのでしょう。まあ、社会性が欠けていますしね。
 要するに、キティガイということです。

320 :今日は晴れ:2001/02/15(木) 09:48
>「演技をしてるかそうでないかをどーやって判断してるか」
>を教えてください。
テレビで見たのだが、
どうやら、記憶をなんたらかんたらする脳。(ぜんとうは?)
がちゃんと機能していない為に、多重人格と言うのが起こるそうだ。
これは、脳をスキャンすれば、あきらかに違う為、
脳をスキャンすればわかるかもしれません。


321 :嗚呼:2001/02/15(木) 10:23
あんなにまでして注目されたいのか…
自分の妄想したストーリーに外部を巻き込みたいのか…
特別だと思いたいのか…
哀れだ…可哀想に

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 13:44
>>318
309=248ではありません。
まぎらわしい書き方してすいません。
>多数の人格を持つ場合、その人格が常に表に出ていることは考えられ無いので、その視覚に入る事象に関連性がないと考えられる。
では彼女がケーキを1つ食べる間にコロコロと人格が変わっていて
その人格がみんな「今ケーキを食べてる」と認識してるということは
演技と考えてよいのでは?
ていうかあの場合、複数の人格が自ら「ケーキを食べたい」という
意志を持って出てきている。これは明らかにおかしいですね。

>どうやら、記憶をなんたらかんたらする脳。(ぜんとうは?)
>がちゃんと機能していない為に、多重人格と言うのが起こるそうだ。
>これは、脳をスキャンすれば、あきらかに違う為、
>脳をスキャンすればわかるかもしれません。

番組中にこのような点にまったくふれていないのがいかにもアヤシイ。
こういったことを意図的に避けているように思われる。

323 :>真正ドキュン320:2001/02/15(木) 14:57
>(ぜんとうは?)
前頭葉のことか?



324 :悲しいことです。:2001/02/15(木) 15:07
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/uindex.html
http://freepage.gaiax.com/home/minaduki/main
http://www4.ocn.ne.jp/~satoru0/



325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 17:31
掲示板は、まだ生きてるね♪
http://www.ziyu.net/~rent/bbs/yybbs.cgi?room=sora

326 :正義の味方:2001/02/15(木) 17:33
ルーシーさんのお父さんもタジュウジンカクナンデスカ
だって、死刑制度反対
でも、
俺の娘殺した奴は死刑だ
ショウジキナ人ナンデスネ

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 17:36
それにしても、おいしいネタを発見した2ちゃんねらーは貪欲だ┐('〜`;)┌

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 21:37
リンクは、はずされたけど掲示板は両方とも存在してるね♪
http://www.ziyu.net/~rent/bbs/yybbs.cgi?room=sora
http://cgisrv.abell.co.jp/nocharge/bbs/pt.cgi?room=hiro

329 :318:2001/02/15(木) 22:19
>では彼女がケーキを1つ食べる間にコロコロと人格が変わっていて
>その人格がみんな「今ケーキを食べてる」と認識してるということは
>演技と考えてよいのでは?
普通乖離性同一性障害は自身防衛のために形成された人格が同居するもので、彼女がケーキに関連して何らかの嫌悪を感じるならば、演技とは言えない。
ただ、その可能性は低いとは思う。
別人格は基本的に危機を回避する目的で存在するので、その人格に価値が無くなれば自ずと快方に向かう(断言は出来ないが)。
特に価値の無い人格が長い間存在することはあまり無く、強い別人格がそれ(無価値の人格)を必要としているか、あるいは身辺の人間が無価値の人格を満足させているか(つまり過保護)等が考えられる。
ただ、強く成長した人格が存在し、自己防衛が必要な事態が起きない環境にあれば、別人格が己を殺傷するようなことは無いと思う。
以上のことを考えると、演技から派生した多重人格か?とも考えられる。
このような症状の初期段階で原因がわかっていれば治療も比較的容易だが、弱く価値の無い人格が多数出来てしまい、入れ替わりが習慣化してしまうと治療は非常に難しいと思う。
弱い人格が多数存在する=周囲が基本人格を尊重していないというケースかもしれない。基本人格自身に治す気がなければどうにもならない。
>ていうかあの場合、複数の人格が自ら「ケーキを食べたい」という
>意志を持って出てきている。これは明らかにおかしいですね。
複数の人格が「ケーキを食べたい」という意志を持つこと事態はおかしなことではないが、それが次々に表にでてくることは考えにくい。
普通その中で最も強い人格が「ケークを食べる」という行為を独占することになると思うし、「ケーキを食べる」という行為は普通嬉しいことで、そういった行為をしようと基本人格を押しのけて表に出てくる人格とは、相当強い人格である(恩恵を受けようとして基本人格を押しのけて表に出てくる人格は、相当に強く成長した人格と言って良い)。

とりとめの無い文章で申し訳無い。なんか彼女のケースを文章化するのは疲れる。

330 :名無しさん@どーでもいいことだが。:2001/02/15(木) 22:28
ここ一連の一件から、ネット上に恐ろしく多くの「自称・多重人格者」の
サイトがあることを知り、改めて驚いています。
精神サイトでなく普通のサイトでもプロフィールに嬉々として
「人格たち」の紹介をしている所もいくつか見たことはあったので、
「何でこう・・予め“私は何の責任も取りたくない、悪くない”と
 言い訳してる若い子ばかりいるんだ」
と憤慨してました。今でも嫌いですが。
ネットの場という特殊な表現方法が確立されてしまったせいで広まった
弊害のようにも思えるのですが、専門的には彼らはどう分類されるんでしょう?
妄想癖、虚言症、鬱病、ノイローゼ…などなんでしょうか?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/15(木) 23:19
>>330
ただ単にとびっきりの馬鹿なだけと思います。


332 :名無しって優香:2001/02/16(金) 01:02
自称多重人格者は、傷ついているのではなく、傷ついたと
思っている自分に酔っているだけです。だから、こんな
奴らが、「私は人の痛みがわかる」と言っているのを
見ると、憤慨します。

333 :名無しって優香:2001/02/16(金) 01:15
http://s2.kcn-tv.ne.jp/users/perfume/kansei.html
自称多重人格ドキュソの巣窟の一つ。身体的に、そして多分、
精神的にもなんら異常はないでしょう。社会性がないという
点を抜かして。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 02:26
ハタナカ萌えの腐女子の皆様、速やかに移動願います。
http://www22.big.or.jp/~15ch/readres.cgi?bo=doujin&vi=0035

萌え抜きでハタナカさんに感動している皆さん及び萌えに興味のない方々
お騒がせしました。
そして誰よりハタナカさん・・・ごめんなさい。心から。

ヒロの掲示板で理性的にヒロに意見を述べたハタナカ氏は各スレでも評価は高いが
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=doujin&key=982214321

ここで同人女がよってたかってハタナカ氏をオカズにモーホを妄想中。
スレまで立てる勢い。誰かトメロ

335 :同人板より:2001/02/16(金) 03:12
>>334
こちらの住民及び畑中様。
同人女の妄想に巻き込んでしまい、もうしわけありませんでした。
畑中さんの冷静な意見に対する尊敬の念には嘘偽りはないのですが。
ともかくご不快にさせたことをお詫びします。失礼いたしました。


336 :畑中:2001/02/16(金) 13:55
>>334
あの、これは私のことなのでしょうか?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 14:00
違います

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 17:51
>>320,>>323
誰か漢字の読み方教えてやってよ


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/16(金) 17:57
多重人格52才のHPです。
ちまたで話題になってるので是非是非
http://homepage1.nifty.com/Mitume/index.html

ちなみにスレッドもたってます
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=net&key=980006186&ls=50

340 :名無しって優香:2001/02/16(金) 18:12
>>339
 これ電波じゃないの、ただのイカレポンチだろ〜。
 男はいいよ、どうでも。

ヒロをやれ。

341 :名無しって優香:2001/02/16(金) 21:02
ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。
ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。
ヒロを輪姦しろ。ヒロを輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。尚子を輪姦しろ。
 文句があるなら、いつでもこいや〜、アホヒロ



342 :名無しって優香:2001/02/17(土) 00:52
http://www.netkids.ne.jp/~twotmc/chat/
アホもヒロもキティも全員逝ってよし

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 02:19
>>317

なんだか一分ごとに人格交代してる方いらっしゃいますね(汗)
そういう事は可能なのでしょうか?浅学で恥ずかしいですが。
噂の「ヒロ」という方と同一人物でしょうか、ハンドルが一応
そうなんですが……

344 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/02/17(土) 03:47
>>336さん
ゴメソナサイ ハンセイシテマス

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 18:50
都合が悪くなって逃走したヽ(´Д`)ノ

自称多重人格のアニヲタ女のヒロさんのサイト
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/uindex.html
自称多重人格のアニヲタ女のヒロさんの掲示板
http://www.ziyu.net/~rent/bbs/yybbs.cgi?room=sora
http://cgisrv.abell.co.jp/nocharge/bbs/pt.cgi?room=hiro
逃走先のサイト
http://chance.gaiax.com/home/dystopia
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/9694/
http://www11.tok2.com/home/hekimio/top.htm
http://page.freett.com/kana3/

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 19:03
>>345
> 今まで積み上げてきたものが、ここ数日で
> めちゃめちゃになってしまったような気がする…。
>
> 聖海を落ち着かせるのに苦労したわ。
> あの子は逆上すると何をやるかわからないから…。
> 自分も他人も容赦なく傷つけてしまう。
> 純粋って、怖いことだわ。
> 聖海だけでなく、ヒロを見ていてもそう思う。
> ヒロは今回の騒動でたくさん泣いた。自分のためでなく、
> 他人のために。そしてわたしたちのためにも…。

日記で遠回しに脅し?の様な事を書き綴ってるね
多重人格である事を否定するのは彼女にとって「中傷」らしい
突っ込んだ意見を言えば「荒らし」と解釈するみたい┐('〜`;)┌

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 21:31
卑怯者の2ちゃんねらー達に彼女の苦しみがわかってたまるかっ!
親のすねかじって生きてる引き篭もり共が偉そうな口を叩くのは筋違いだろ?
なんで、自作自演の芝居だと言い切れるんだ?医者にも通院してるのは事実だろうし
掲示板を荒らすな糞厨房。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 23:09
良くわかんないけど、尚子たんキモイ!

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 23:10
バカ発見>347
ここに来るヤツ全員ヒッキーな訳ねえだろ
もう少し現実的な想像力を持ってください


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/17(土) 23:16
他板にあるヒロたんウォッチスレ(管理人スレじゃないとこ)みてるんだけどさ
悪いけど>>347の方がクソ厨房に感じるよ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:20
> 聖海を落ち着かせるのに苦労したわ。
> あの子は逆上すると何をやるかわからないから…。
> 自分も他人も容赦なく傷つけてしまう。
> 純粋って、怖いことだわ。
> 聖海だけでなく、ヒロを見ていてもそう思う。
> ヒロは今回の騒動でたくさん泣いた。自分のためでなく、
> 他人のために。そしてわたしたちのためにも…。

多重ってこんな風に脳内座談会みたいなことできるんですか?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:41
自分のとこの板は否定派からの突っ込み入るから放置して
余所の板で、自分のサイト宣伝してる・・・凄い根性だ┐('〜`;)┌
http://bbs1.sekkaku.net/free/icom.cgi?sakuya99

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:44
尚子たん、盛んに余所で遊んでるね
http://cgi.ringo.to/045/fsr.cgi?3321

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 00:52
この日記は、どう解釈すれば良いのでしょうか?
         ↓
http://www2.diary.ne.jp/user/64111/

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 03:39
>>295
こらこらつまらぬツッコミをするでない。
17さんは数少ない、ここで発言してくれる専門知識の
ある方なんだから。
まともな意見が読めなくなってしまうじゃないか。

356 :名無しさん@1周年:2001/02/18(日) 06:26
日記は、現実を否定するための、そして自らの心を安定させる
ための物語であり、妄想です。荒らしは、ヒロの中では
起こってはいけないのことなので、直接的な記述は
なされていないのでしょう。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 22:38
本当に多重人格の人って何人いるんでしょうね。
自分は多重人格だって云う人リアルで6人ぐらい知ってるけど。
全てにおいて怪しい人2人。
観察中2人。
名前に違和感あり1人。
一点の疑いもなく信じられるのは1人だけです。

知らない人が居ても脳波の乱れとかで倒れてしまう人、
自分に不利な行動を起こしてしまう人は5人中2人でした。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 22:42
>>351
脳内座談会が出来るかどうかより、脳内座談会を編纂して
サイトで公開したがるという、その行動様式の方がより
興味深いね。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/18(日) 22:51
>358
私も同感です。
あれって全部メモって載せてるんでしょうか?
リアルタイムで載せてるんでしょうか?
作ってるんでしょうか?
少し気になります。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 00:51
>>353のとこ、ヒロの書き込み(とゆーか、11-17日の書き込み)
さっくり削除?んで、管理人逃亡??
2ちゃんねららしき人が書き込んでるけど。
ヒロも、行く先ことごとくに魚っ血ゃ〜を引連れるようになってしまったか。
何か伝染病の保菌者みたいだね。ちとカワイソ。自業自得だけどね。


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 02:30
>>360
彼女は同人板の住人みたいだし、このスレも見てるんじゃないのかなぁ
何にせよ、俺も彼女の個人的な妄想遊びを邪魔しちゃ可哀相だと思う。
確かに馬鹿みたいに見えるけど、馬鹿である事は罪では無いと思うし
ムキになって苛めるのも大人げないですからね。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 02:51
コスプレとかゲームキャラに夢中な表サイトと精神系の裏サイトで
ハッキリと区別しとけばあんなに同人板で叩かれる事はなかったんじゃないかと思う。
あんなに楽しそうに他人格に性格設定して、外見はゲームキャラの○○のイメージとか
やらつけて表サイトでプロフィール語られたら、そりゃ楽しんでるんじゃないかと
叩かれもするだろうさ…。


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 03:45
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/7540/index.html
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/7540/NOVEL.html  小説(親指姫が曲者)
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/7540/ESSAY.html  エッセイ(かなり曲者)
http://www80.tcup.com/8011/bad.html   掲示板1
http://www69.tcup.com/6915/guru.html  掲示板2

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 07:30
オレが知ってるヤツは、別人格にかわるタイミングや言ってることが、そいつにとって都合良すぎて怪しかった。医者に言われたとか言ってたけど内容がいいかげんで自己診断したかのようだった。後で、部屋でそういう本を見つけたし。受診する金も無いヤツなんだけど

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 08:22
本当に多重人格だと自覚していて、人にも指摘されていたら、基本人格は不安になるだろうし治療したがるだろうけど、ソイツは治療したがることはなかったなかなり嘘くさい。精神的な病気に憧れるよーなヤツだったしな

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 08:31
病気のふりして、周りを騙せたらソイツにとっては理想的な生活が出来るってわけなんだよな。働かなくていいから。ま、医者の診断書見せろってところだけど

367 :サキ:2001/02/19(月) 08:51
上のヤツ、三つで一つの話だから。ま、あくまでオレが見てきた結果でしかないけど。どーなんだろな。別人格にかわるとき独特の匂いがするって書いてあったんだけど、それは感じたんだよな じゃーな、また来るかも。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 10:41
例えば「貸した金返せ」とか言うと、突然
「私は九条院流華(仮名)だっ!借金?記憶にない。他の人格が勝手に
やったことで、私には関係ない」
とかやらかすんだろうか。<都合が良い

369 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 12:44
>368
 いいね、そんなことができたら。借用書とか証明するものが
あれば、たとえ別人格が否定しても、裁判にして、精神鑑定
受けさせられるんじゃないかな。借りた金を返さない、
病気であると偽ったで、しょっぴかれるであろう。却って、
立場が悪くなるのは、自称多重人格者の方。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 13:18
>>363のサイトは、エセ多重人格と関係あるの?
なんか話がよく見えないんだが。
とりあえず、掲示板に挑戦的なこと書いてるヤツとかいたりして、
上っ面だけでも白旗掲げときゃいいのに、アタマワリ〜とは思うけど。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/19(月) 18:39
> 知識だけ肥大しただけの大馬鹿集団に、何でわたしたちが
> 中傷されなくちゃいけないわけ?

2chの連中は知識が肥大しただけの大馬鹿集団らしい・・
が、知能が萎縮した妄想女より100倍マシだと思う。

372 :匿様:2001/02/19(月) 21:07
まだやってたのね
2chで論議してること自体がバカバカシ・・・

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 01:51
自称ヤローの実話。貸した金は忘れない。借りた金は忘れる。すぐに忘れる

374 :名無しって優香:2001/02/20(火) 08:52
>373
 ソイツ、いい性格してるよ。自分だけじゃなく、友達にも
 借用書を作るように勧めた方がいいよ。そんなことして
 れば、友達なくすだろう。放っておけば、本当の鬱病に
 なったりして。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 10:27
>>373-374

本当の鬱病になんかなりませんよ。
なんちゃって鬱病にはなるでしょうが(藁

376 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/20(火) 14:02
多重人格ですか。2チャンにも思いっきり変なのがいますね。
15人以上の人格を持ち、自分を褒め称えてますが
ストーカー行為が暴露され荒れ狂ってる模様。
この場合は多重人格というよりは自作自演、
病気と言えばそうなんだろうけど、この場合はどんな病状なんでしょうか?。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=drama&key=967468164



377 :名無しさんの野望:2001/02/20(火) 14:40
>>376
ニュース板へ転載していいかな?
犯罪者は晒し上げてやろう(笑)

378 :376:2001/02/20(火) 22:33
>>377
転載は自由にして下さい。
かなり逝っちゃった者みたいです。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/20(火) 23:27
久しぶりに見ると面白いなこういうのも>376

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 00:39
面白いかなあ。

381 :サキ:2001/02/21(水) 01:11
>374 だろ?いい性格してるだろ浮烽、誰も相手にしてないだろーナ。鬱になったら、ある意味おどろく。気が遠くなるほどの自信過剰ヤローだからャ 本題に戻るけど…多重人格って、基本人格を傷かせないためのものだから、なかには基本人格が自信過剰の人もいるかも…なんて思った

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 01:15
376< 藁。褒めたたえるって…父iルシストはストーカーになりやすいらしい

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 01:33
特にモテないナルシストな。あと完璧主義者(身勝手だだっこ系の)

384 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/23(金) 10:31
ところで、みなさんて多重人格の発病のきっかけとか知ってます?
なんか全然話題にもならないので。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 01:02
>>384
きっかけなんて、色々ありそうだね。
会社で上司に怒られたとか、女に振られたとか(藁
ある日突然とか蓄積されたものとか。
そういうのは現実逃避なんだろうけど。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 10:11
>>384
いやなことを我慢できる限界を超えちゃって
システムエラーみたいなものなんですか?
でもって、そのエラーが簡単になおらないということですか?

多重人格の番組NHKでみたんですが(数年前)
薬をのむとか絵を描くとか粘土投げて壁にぶつけてました。
でも、その女の子の発症(?)までの人生はあまりにも
涙無しにはきけませんでした。ここでこんなこと書くと
感応性精神病とかいわれますかねぇ。
でも、その番組では脳の海馬が小さいとかいってたような気がしますね。
素人でいじめ問題で講演してる元教師は
脳のことについて書いてる本をいろいろよんでるうちに
何かの本で「親が子供に否定的なことばかり言っていじめると
脳が育っていかない。脳を傷つけるらしいです。」といってました。
これってどんな本をよんでしらべたのかわからないですが
自分で探しても見つかりませんでした。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 12:13
NHKの特集番組の科学ネタは信じるな.
嘘をテレビで放送されると授業で訂正しても
学生はテレビの方を信じる(当然...)なので
すごく困るんだよなあ.
同じことで心理学者だけでなく,生物学者,医学者,
天文学者,古生物学者などなどみんなが苦情を言っている.

388 :386:2001/02/24(土) 12:20
そうなんですか!!
じゃ、あれをみて感化されてきたピュアな学生さんは
現実を知ると辛いんでしょうね。

で、もし自分の家族とか身近な人が多重人格じゃないかという恐れがあるときは
やっぱり精神科へいくのがいいんですか..?(おそるおそる(^-^;)

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 12:47
「多重人格」であることで,本人あるいは周囲の人々の
社会的適応に大きな障害になっている時(つまり,生活が
明らかに困ったことになっている時)には精神科に相談するのが
いいだろうな.ただ「多重人格みたいだけど」みたいな話で,
本人も周りも特に困ってないなら,放っとけばよろしい.

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 18:54
>>384
突然発症というのではなくて、ある日明らかになる、ということではないかな。
10代後半〜20代前半の患者が多いそうだが、診断が下るまでに、平均6年
かかるということだし。

蓄積されたものの限界を超えるから発症する、というのとは少し違う思うよ。
解離する人格ってのを作り出すのは、耐え難い苦痛から逃れるためだとは思うが。

解離性同一性障害の患者の9割以上に、幼少時の(性的)虐待の既往がある
そうだ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/02/24(土) 19:47
同じ患者でも多重人格を信じている医者しか多重人格の症状を発見できないんでしょ?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 21:01
多重人格なんか存在しない、と頑なに信じている医者の前では、
”その医者に応対できる人格”しか出てこないかもしれん。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/24(土) 21:04
なんでも多重人格と解釈する医者の前では虚言癖のあるヤツは多重人格のふりをするかもしれん。ビリーミリガンの本を見て思った。

394 :384:2001/02/27(火) 23:58
>>390
あ、たしかに書き方が悪かったです。<発病のきっかけ
突然起こるなんてものでもないらしいですしね。

395 :匿様:2001/03/03(土) 13:02
>>349
少なくとも精神的にはヒッキ―だろな(ワラ

396 :名無しさん@人格いっぱい。:2001/03/12(月) 16:41
オマエモナー

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/13(火) 00:03
結局肯定派の負けか。。。。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/14(水) 10:16
精神的にヒッキーでも社会的にヒッキーでなければ何も問題はないんでは。


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/15(木) 20:26
ホントに日本国内に5000人も多重人格者が居ると思う?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/15(木) 20:31
アンビリバボー でやってますね。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/15(木) 22:00
しかし児童虐待が1000人に一人って、そんなに少ないかな。
もっとありそうな気がする。
ウチの近所は平和な住宅街だけど、母親が赤ちゃん殺した事件があった。
それも死んだから事件になって表面化したんであって、ほかにもたくさん
埋もれてるんじゃないのかな…。
どこまでを虐待に含めるかというのもあると思うけど。

402 :名無し:2001/03/15(木) 22:39

ココの掲示板面白いよ (´Д`)y-~~

http://strangeworld.westhost.com/cgi-bin/bbs.cgi

403 :横やり:2001/03/16(金) 10:27
人格というものを性格(というかあるひとつのものに対しての反応)を統合するものと仮定して、
多重人格の症例の一つとして、ひとつの人格が出てる間に他の人格同士が会話していることを考えてみよう。
普段我々が行動する際に脳にかける負担をAと置き、会話(というか意思の疎通を行うこと)をすることでかかる脳の負担をBとする。
普通の人間が行動する際脳にかかる負担は多くてもA+B。
しかしながら多重人格の人間が行動する際に脳にかかる負担は少なくともA+B*α(αは会話を行う人格の数)である。
一人が行動してる間に3人が脳の中で会話していたとしてA+4Bである。
当然多重人格でない人間に比べ、脳にかかる負担が大きい。
本物の多重人格であるなら脳に何らかの障害が起こる可能性が常人より高く、何らかの脳波の異常が起こりうる。
そして、歳月と共に人格を統合しにくくなるなるものである。(各人格に独自性が出てきたり、脳そのものが変化する為)
と仮定できる。
すると、今まで上げられてきた歳月と共に沈静化する多重人格は多重人格でないと言える。
更に言うなら脳波の測定などにより各人格を特定でき、特質的な異常の見られないモノは多重人格でないとも言える。
素人意見だが如何なモノか。長文・乱文スマソ。

404 :名無:2001/03/18(日) 00:09
素人意見で、そこまで根拠も出してないことがよく言えるね・・・。

405 ::2001/03/18(日) 05:09
 厨房的質問で申し訳ないんだけど、厳密な心理学用語として「多重人格」は定義されてるの?
それと、ラカンの言う「疎外的自己同一」概念の射程内で「多重人格」を正確に捉える
事はできると思う? 勘違いしてたらスマソ……

406 :へっぽこ:2001/03/20(火) 03:27
幼稚な質問なんだけど
多重人格者で例えば「花粉症」のような症状があった場合
別の人格が「花粉症」でないとかいった事例はあるんですか?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/20(火) 10:35
>>405
多重人格は、症状からしか定義されていないと思いますよ。
つまり、多重人格に見えるものが多重人格、というわけです。

次に、疎外的自己同一に関してですが、あれは人間の精神に関する矛盾、
つまり永遠に満たされることがない欲望生産の過程を、
自然に導入するための手続きだと思ってください。
いうならば「トーラス状の構造」がどのように形成されていくか、という話ですので、
多重人格とはあまりにも無関係です。

さらにいえば、ラカンを人格に関する議論に援用していくつもりなら、
人格概念そのものが現象的なものにすぎず、想像的なものの産物であることを
認めないといけなくなることを付け加えておきます。
拠って立つ基盤が排斥しあうものなのに、正反対の立場の都合のよさそうな言葉を
勝手に拝借してくることは許されないことでしょう。

あと、あなたの質問が厨房的であることはご自覚なさっている通り事実ですが、
この板では大して珍しくありませんのでそんなにお気になさらぬよう。

久々の長文マジレスは肩がこるねぇ。

408 ::2001/03/21(水) 05:57
>永遠に満たされることがない欲望生産の過程

これは、「自我」の確立されていない空虚な「S」が「他者」である「想像的イメージ」を自らに取り込む同一化、
いわば「鏡像的虜」になる過程と捉えて良いのでしょうか?
そうであるならば、言われるまでもなく重々承知しています。

僕の言いたかった事は、混沌とした「想像界」において、空虚な自我が複数の「イメージ」と連帯している前提から
その「多頭的性質」、あるいはバタイユの言う「アセファル」な自我の在り方についてです。
ラカン自身、「多頭の姿と化したこの主体は、アセファルと性質を同じくする」としてその「想像界」を捉えています。
また、

>多重人格は症状からしか定義されない

と仮定すれば、「恣意的なシニフィアンの振舞いがもたらすシニフィエの混乱」がすなわち『症状』であるラカンの
説明より、

                    想像的自我(言語)<症状<多重人格

このような演繹関係を示す事ができる。まさに「言語」が「症状」に先立つと言う意味を示すものです。
以上により、「多重人格」と「疎外的自己同一」とが無関係とするのは些か過言ではないのでしょうか?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 21:59
擬似多重人格ってありそうだね。
多重人格者の映像なんかから影響受けて、無意識的に別の人格を演じる一種のヒステリー症状。
まあ、自意識の発露としてなんだろうけど。どうよ。
でも町●、おれは信用せん。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 22:06
今、テレビであってる「中居正広の〜」の多重人格の人ってやらせ?!
やらせっぽく見える〜


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 22:08
今度はTBSですか。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/21(水) 23:37
一時期流行った心霊ネタの番組をオウム事件の影響で自粛してた連中が、
同じようなオカルト的な題材として多重人格ネタに群がってるように思える。
幼児虐待とかの社会問題になってるキーワードも盛り込めるし
番組としては派手に作れるから。ギボアイコ=町沢医師でしょ?

早くなんとかしないと、地道に研究とか治療に取り組んでる人達も
信用を失っちゃうんじゃないの?

413 :匿様:2001/03/22(木) 00:06
>>412
日本の解離性同一性障害にはまだ
「信用」などというものはない。
これからだね。

414 :名無しさん@どっと混む:2001/03/22(木) 01:09
DMきた。自分のホームページを無料で宣伝できるって。
うまいこと使えば結構役に立つかも。
http://www.directlink.co.jp/


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/22(木) 01:56
>>413
上高森遺跡の一件では日本の考古学全体の信用が揺らいだね

416 :匿様:2001/03/23(金) 17:26
>>398
別に問題があるって訳じゃねぇよ
2ちゃんねらの心配なんざ誰がするかての
要するに「アワレダナァ」って悲観してんの(ワラ

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 02:52
本物っ!!って感じの多重人格者のサイトって無いの?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 04:48
>>417
どいつも演技臭くて胡散臭い┐('〜`;)┌

419 :美咲:2001/03/25(日) 16:58
役者は、多重人格者に、入れても良いのでしょうか?
http://www.tbs.co.jp/love-s/
歌手も?
http://www.kingrecords.co.jp/jpop/nakayama/index.html



420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 07:28
>>417
http://bbs7.otd.co.jp/719670/bbs_thread
読んでみ
何か優等生人格って観じだが(藁


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 01:25
>>420>>417
俺はあの人、本物だと思う。
来場者に対するスタンスが、かなりきちんとしているんだ。
読むほうも真剣な読み方することを心がけろよ。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 08:03
書き物読んだだけで,本物かどうか分かるんなら苦労せんよ。

423 :おすぎ:2001/04/02(月) 01:18
多重人格の複数の人格は問題ではない、精神が統一しないことに問題があるのだ!とよくいうよね。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/07(土) 13:07
そんな気がするだけなんだよね。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 04:12
近頃テレビ等で、このテの特集増えてきたよね。あぁニセがますます増加するー。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 04:15
この病気は治療してなおるのか?つーか病気としてきちんと認められてるの?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 04:32
本物の多重人格者は、自分が多重人格であることを会って間もない人物に話したがるだろうか

428 :MM:2001/04/08(日) 23:06
>>426
病気として認められています。予後は結構いいです。

>>427
これまでの生活において、話すことで何らかの利益を得ている場合
話すようなことはあるかもしれませんね。。
ただ、多くのDID患者は自分の病気を言いたがらないのが普通です。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/12(木) 12:21
てすとん

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/15(日) 01:52
age

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/28(土) 21:30
最近DIDに興味を持って、検索したら結構DIDの人のサイトがあるって知ったんだけど、
この人達、本当に本物なのかな。なんだか妙な漫画の設定みたいな人格とかあるし。
なりきりっぽい?て感じ。
それはどうでもいいけど、もし本物だったらサイトやってるのって一種のリハビリとか
そういう治療効果とかあるのかな。本当に苦しんでるって人のサイトもあるんだけど。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/28(土) 23:54
今まで5000人以上の患者さん診てますが、
一人だけDID疑いの人がいました。
ものすごく稀と思いますよ。

433 :西園伸二:2001/05/01(火) 03:07
過去ログまだ読んでねえが
今度ゆっくり読ませてもらうよ
俺も結構苦しいときあるからね
HNだけで軽蔑されないことを願う

434 :告解:2001/05/01(火) 03:20
>>443漫画読み過ぎ。
>>1メンヘルには「自称多重人格」がウヨウヨ居るぞ。
行ってみ?

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 01:32
メンヘル板「やらせっていうか演技決定、多重人格少女ヒロ」
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=986309397&ls=20
メンヘル板「多重人格の女の子のリストカットを止めさせたい」
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=988480865&ls=20
メンヘル板「多重人格を悪く言わないで!」
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=988523838&ls=20
メンヘル板「似非多重人格。」
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=987857848&ls=20

これぐらいしか見つからなかった。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 01:37
多重人格は日本では約7%の人がなっていると言われていますが、
その自覚者は非常に少ないようです。本人は問題ないと思っていても
ある日突然問題が発生することもあります。
相手によって話し言葉が変わったり、天気によって気分が変わりやすい人は
念のために精神病院(抵抗があれば心療内科)で見てもらってください。

アメリカではすでに問題になっていて、カウンセラーの需要が10年前に比べて7.6倍に
増加しているらしいです。カナダでも顕在化してきており、アメリカの心理学者の多くが
ボランティアでカナダで治療していることもあります。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 01:45
>>436
マジで?学校で言えば1クラスに2,3人になるが。
他人格における記憶が無いなどの症状は極稀だと思ってたが

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 01:48
>>437
なんか煽りっぽいよ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 02:40
リストカット方法〜由月の場合〜
  1.カッターの刃を3〜4cm出す。
  2.アルコールで拭くorライターであぶる。
  3.切る。(手首、手首の裏。二の腕は切らない。主に左。たまに右にも移転。長袖で隠れる。七分だとアウト。)
  4.流血する。(.*〜5秒(激曖昧)間隔ぐらいで滴る。)
  5.ノートに垂らす(そういうノートがある。血塗れ。はっきり言ってエグい。)
  6.『3.4.5.』をしばらく楽しむ。1回に10本ぐらい切って流血は3本ぐらい。あとは滲む。
  7.アルコールで消毒(カッターの刃拭いたやつ)。
  8.絆創膏or※ティッシュとセロハンテープで手当。
   (※絆創膏がきれたとき。
    でも、翌日、ティッシュと傷口がドッキングして剥がすときに再出血するので普通は絆創膏)
  9.通常の生活に戻る。(たいがい就寝。)

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 15:19
自称くんの家にはサ●コがあった。小説も。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/02(水) 17:54
サ●コ等の didネタを好む傾向があるんでしょうか?自称くんはサ●コの大ファンなのですが

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/03(木) 03:06
>>439
なんでいちいち消毒するんだ?せめてもの体への配慮のつもり?
なら最初っからすんなよ。


最近ドロMな偽精神病患者が多すぎてウザイ。

自分の中にはこういう人格とかこういう人格もあって…
とか、症状を何故か自慢気に告白する奴ら、その時点で
私は偽物ですって白状してるようなもの。
自分の人格が何個あるかわかるってことは、『自己』があるって事だからな。
ほんまに苦しんでる奴の身になれよ!
って言うか精神病をブランド化すんな。
精神病や多重人格(正確には解離性同一性障害)と偽る事自体が病気。
ただの虚言癖というやつ。
自己欺瞞や虚栄心の固まり。
カウンセリング行くより、親にもう一度しつけ直してもらえ。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/03(木) 03:13
>って言うか精神病をブランド化すんな。
そうそう。HP見てるとほんと、そういう人が多いなぁって思う。
特に人格障害とか。「私はボーダーラインで、リストカッターで
アダルトチルドレンで、鬱で・・・・・・薬はこれこれを
飲んでます」なんてHPで自慢げに公開しとりますな。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/03(木) 03:15
>442
消毒というよりも自己を切断するものに対する儀式みたいなものだよ

445 :442:2001/05/03(木) 13:22
>>443
多いよなあ!思わず掲示板に書き込みしそうになる。
「弱虫!!!」ってな。
精神病には確証がない。薬なんて、その患者の病に直接作用させるため
出すんじゃなくて、薬を出すことによって患者を納得させる為に出してるようなもんだし。
あんたは病気です、可哀想だから薬をあげましょうね。って。
私は薬に代わりに鞭を与えたいな 藁


>>444
439の人?それとも違う人?
儀式なあ…それが神聖だとでも思うのか?そこに何か意味を持たせたいってことだよな
貴方は、古代の生け贄の儀式を野蛮で無意味だと思わないか?
必ず毎日昇って来る太陽のために、「明日も太陽が昇りますように」って
無駄な血肉を捧げていたんだぞ。汚れなき乙女や少年を餌食にしてた。

太陽は、現代だから毎日昇って来るってみんな知ってるよな。
今から思うと馬鹿らしいけど、当時にしたら凄い重要な事だったんだ。
だから貴方がもし自傷行為をしているなら、今は気付かないだろうけど
後で絶対後悔する。早く目が覚めて欲しい。貴方を貶してるんじゃなくて、
できるなら這い上がって欲しいから言うんだ。

長文ですみません。

446 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/03(木) 14:51
>442さん
ただ、その虚言を言った本人が真実だと思い込んでしまう場合があり
(=空想的虚言者)、これは某オウムの教祖などで、立派な病気。

447 :ワルイージ:2001/05/03(木) 16:14
同情して欲しがり君には辟易よなー

448 :奥さん、心理学者です:2001/05/03(木) 16:53
>443さん
でも何処までが真実か疑いますな。詐病だったとしても、見る側からは、
確認する術がありませんな。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 01:51
>>446
「私、虚言癖なんです」とは誰も言わないもんね。
と、言うことは、虚言癖はかっこ悪くて、その他の精神病はかっこいいって事
なんだろうな。偽物さん達からしてみたら。

450 :442:2001/05/04(金) 01:52
上の、私です。すみません

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 01:57
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:18
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:18
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:18
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:19
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:20
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:20
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:21
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:21
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 02:21
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 03:39
帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 03:39

帝京大学は多重人格の研究の最先端だよ

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 03:49
ほう、そうかそうか。

464 :無礼講:2001/05/04(金) 09:40
2重も多重か

465 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/04(金) 09:43
>帝京大学の内沼先生達が、宮崎青年を多重人格と鑑定したのですね。

466 :無礼講:2001/05/04(金) 09:48
判決はどうなったん?

467 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/04(金) 09:56
>466さん
極刑だったのでは?
結局、鑑定結果は3通り出たけど、多重人格にしろ、分裂病にしろ、
何れの鑑定結果でも責任能力を認めていたはず。
多重人格については、ガンサー症候群に過ぎないとの批判もあった。

468 :無礼講:2001/05/04(金) 10:02
ガンサー症候群?

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:03

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

474 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/04(金) 10:04
ただ、宮崎青年には有名なエピソードがあって、とある有名な鑑定医に
向かって「あなたのように一人でいること(=alone)イコール、寂しい
(=lonliness)と短絡的に考えるような人間に、私は鑑定されたくない」
と拒否したと。いつもの彼とは全くの別人格が言い放ったとされ、また、
青年自身このことに関しては「覚えていない」と言ったらしい。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:04

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

477 :無礼講:2001/05/04(金) 10:04
責任能力って難しいよね

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:05

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:05

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:05

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:05

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:05

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

483 :無礼講:2001/05/04(金) 10:05
一人がさみしいってのも

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:06

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:06

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:06

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:06

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:06

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:07

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:07

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:07

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:07

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/04(金) 10:07

           ζ
       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /          \
     /\    ⌒  ⌒  |
     | |    (・)  (・) |
     (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |    _||||||||| |  <  氏ね
      \ / \_/ /    \_________
        \____/
     ______.ノ       (⌒)
    //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
   / /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
   | /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
   レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′ ゜            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

   /  ̄/\     | うざいからしんでくらさいなのら!
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧   
 〃:\ ぐり〜んびる./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)アテラレタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜(;・Д・)カタイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;´Д`)デカ
〜(;´Д`)デカイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;・Д・)ナンダコリャ〜〜

494 :無礼講:2001/05/04(金) 10:08
極刑ってことはもちろん執行猶予なしだよね

495 :名無しさんお腹がすいた:2001/05/04(金) 10:11
>494さん
でも、控訴中かも知れません。

496 :無礼講:2001/05/04(金) 10:22
麻原みたいにかー。陪審制度導入しなくては

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 02:34
素人&厨房な質問で申し訳ないですが、
多重人格肯定派の専門家にお聞きしたい。

現在の診断基準としてはDSM-IIIが使われているのでしょうか、
それともDSM-IVが使われているのでしょうか。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 06:18
専門家ではないが。
DSM-IVじゃないの?
1994年にまとめ上げられて世に出されてるわけだし。
ICD-10の方はどうなんだろ。改正の予定はないのかね。
つーか、いつ出されたんだ…。症例の表記改まってないよな。

気になるのでage。

 荒らすな厨房。 人の痛みをわかる大人になれ。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 08:21

オマエモナー
人の痛みがわかるような人間ならそもそも匿名掲示板になんか来ねえだろ。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 08:24
このスレ初めて来た・・・。

ヒロ氏が「自分が多重人格であると自覚している」わけで、しかも逃避型の人格
ということは、「多重人格である自分」を便利使いすると可能性がある思う。

つまり多重人格者が多重人格者を「演じる」可能性ね。

あと、演技であったとしても「多重人格者」を非難の対象にするべきではない。
それはそれで病気であって、風邪で会社を休んだから非難されてはたまらんだろ。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 08:39
大事な仕事がある時に風邪で会社休んだら非難されるだろ。
病気にならないこと、健康管理も大切な能力、
病気だから仕方ないだろ、みたいな人間は
ちゃんとした仕事はできないよ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/12(土) 08:48
>>501
そういう意味じゃない。
じゃあ高熱のため判断力が落ちたに変えてもいい。

じゃなくて、「嘘」だとしても(ヒロ氏が嘘とも嘘じゃないとも情報不足で判断不能)
それを考えるのが心理学でしょ。
ここは"心理学"版だろうが。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 21:20
復活。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/5387/uindex.html

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 01:20
age

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 09:05
500>
多重人格を演じたら立派な詐病だよ。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 09:55
>>505
詐病って病理じゃないの?

507 :日本アメリカ化計画:2001/05/19(土) 22:42
A型は徒党を組んで国民を操ろうとする。注意せよ!
特に全国民の5%しかいないAA型は偏固で神経質。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 19:54
age

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 17:33
自称多重人格ちゃんたちの言う”自分の中にたくさん人がいる”って感じる状態、
何かガクモン的に名前があるんでしょーか。
スプリッティング?単なる妄想に含まれる?
何かわかりやすーい名称があれば、それだって言ってやれるのにな。
いつまでもDIDと混同されてる状態が続くのは良くないと思うんだが。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 23:33
大学でならったけど・・・

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 00:42
もう、このことは既出かもしれませんが・・・

宮崎務事件は、第一鑑定を行ったグループ(保崎秀夫先生
が代表)が採用されてんですよね。

で、一応、「責任能力あり」ってことになった・・・。

多重人格っていうのは、人格が入れ替わるわけで、入れ替わった
時点の人格については、本人は気づいていない。だから、皆さんも
よくご存知のとおり、私、2重人格なんですっていうのとは全く
別物。

つまり、他方の人格が、もう一方の人格に気づいているわけですし、
一般的な人でも、相手によって、言葉を変えたり、行動を変えたり
することってよくありますよね。

実は、私はこの先生方に直接、ご指導頂きました。教師一流、学生3流
って感じでしたが(苦笑)。

512 :Mr.名無しさん:2001/06/08(金) 16:47
ここは本物だとおもうけど

ttp://rikos_13.tripod.co.jp/newpage4_did_top.html

症例として本にもなっているし。

513 :七紙さん:2001/06/08(金) 18:05
性格や記憶だけでなくて、趣向や体質なんかも
変わるんだよね。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 13:15
>>512
擬似って言い方に引っかかるのですが・・・
本当に「擬似多重人格」なんて症例があるんですか?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 18:01
宅間って輩は、多重のような気が・・・

516 :512:2001/06/10(日) 16:18
>>514
単に 人格同士の連絡がなく、記憶が断絶していて、幼児期の性的虐待から
起こるいわゆる多重人格と 区別しているのだと思うけど。

517 :ナンセンスな人:2001/06/13(水) 22:09
今更レスするのもナンセンスなのでこんなHN

>>515
状況だけ見たところとりあえずそれはないと思う。

>>193>>197
「人格」が「見えない原因」だとしても、
「人格」を認めることが霊魂を信じることと同じというのは明らかに違う。
ここからは本来体験した本人にしか言えない事なのでそれを注意して読むように。
なぜか。確かに、他人が主人格以外の人格状態を見たときにはそうも見えるが、
DSM-IVにもあるように、普通の健忘では説明のつかないほどの記憶の欠落、
繰り返される同一性もしくは人格状態(identities or personality states)
が続いて居ることについて、
それを体験した者は他にどうやって説明をすることができるのか。
その証言自体が全て虚偽なのか。役者でもない子供や演技のプロでもないのに、
あたかも別人であるかのように振舞う。それをふまえれば、
人格(状態)を信じるのはごく自然であると思う。

思うのは、幼児期における何らかの原因による精神的な「逃げ」が
自己の中に向かってしまい、つまり、自分の意識の中に向かって助けを求め、
それの結果、助けを受け止める存在が出来上がる、
それが複数の人格が出来上がる要因の一つのカタチだと思う。

ま、どっちにしても「人格」が無いと言ってるんじゃなくて安心はした。
そんなことは語としてどう定義するかがであって、心理学とは直接関係ない。
そんな論議がしたいのであれば、辞書を引くか、言語板にでもいけばいい。
俺の思う人格とはidentityと似てしまうかもしれんが、
一定の行動様式を保つ状態、まぁ平たく言えば一貫性のようなものだと思ってる。
よって、一つの人格は変化する。
>>198の言うような「性格」+「気質」だけではなかなか説明はつけられない。

あ、あと
>>206
白いゴキブリは既に発見されてるよ。
世界中の解離性同一性障害を持つ人とその治療に当たる人によって。
どれにしても人格状態の変化は実際に体験しないと理解できんと思うよ。
ま、>>208には同意なんだけどね(藁

518 :ナンセンスな人:2001/06/13(水) 22:19
あ、ちなみに
>ここからは本来体験した本人にしか言えない事なのでそれを注意して読むように。
なんて言ってるけど俺はDIDな人じゃないからね。
俺もあくまでも、第三者として症状を見た結果を述べてるだけだからね。
まぁ、知り合いに解離性同一性障害と診断(←ここ重要)
された人が居たから言えるんだけどね。

519 :彼氏な人:2001/06/15(金) 16:13
俺の彼女は多重人格者である。
しかし、付き合っている間にだんだんと慣れてきてしまい、
今ではいろんな子が出てきても別に驚きもいないし、仲も良い。
俺の現状の感覚でいうと、本人(主人格)の子が頻繁な健忘症ぐらいの認識と、
同じ顔した複数の子がたまに遊びに来るような感覚で事足りてる。
遊びに来るような感覚といっても、別に訪ねてくるわけではないのだが(藁

問題といえば、同じ肉体なので見た目では非常に分かりにくく、うっかり
名前を間違えて呼んでしまうときがあり、そのときは皆一様に非常に怒ることぐらい
ですか・・・

何時か直るでしょうって気の長い気持ちで接していますが、どうでしょうか?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 16:27
>>519
少なくとも受身の姿勢じゃ治らん。
どんな原因で解離性同一性障害になったのだとしても、
過去に体験した『解離をしてしまうほど』辛い体験に向かい合い、
さらにそれを克服しなきゃならんから。
一生その障害(交代人格)と共存していくんならそれもいいかもしれんが、
ひとよりは疲れることを覚悟せにゃならんぞ。
どっちにしてもしんどいな。中途半端な覚悟なら付き合わんことだ。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 21:48
あげちょ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/16(土) 21:52
自分を見つめよう

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/18(月) 11:39
彼氏な人は、多重人格ウヲッチスレに出没してた二人のうちどっちかか?
で、解離性同一性障害を引き起こすほどのトラウマと向き合う気はあるのか?
それが表面化してきたときに、逃げ出さない覚悟があるならいいが。
逃げ出すタイミングによっては彼女に致命的ダメージを与えるかもしれないと
知っておけよ。

524 :彼氏な人:2001/06/18(月) 19:22
>>523
君はなかなか不躾で失礼な奴だなぁ(藁
ちなみに「多重人格ウヲッチスレに出没してた二人」とは、なんのことだい?
それと、トラウマについてだが、『解離をしてしまうほど』辛い体験を聞いて
なんで逃げ出す必要があるんだい?
経験したのは彼女で俺では無いから逃げる意図がわからないな。
彼女のトラウマは2歳から総て調べて、本人に伝えたし本人も受け止めてるよ。
確かに招かざる子が出て来て、包丁持って暴れたことは何度もあるが、
所詮か弱き女の子一人暴れてるだけのこと、たいして気にもとめてないが。
後は本人の自覚だから時間が解決すると思っているのだが、
どうだろう?

525 :通りすがり:2001/06/18(月) 21:54
>520
たぶん世の中の殆どの多重人格者は病院に行ってないとおもわれ、
その面倒を診ている人は、殆どが一般の普通人だろう。
多重人格者は手に負えないから覚悟が無い人は近寄るな的発想は、
トラウマを抱えてる多重人格者の心のケアに逆効果になるんじゃないか?
彼氏な人のように普通に接する方法も悪くないようにおもわれるが

526 :日本アメリカ化計画:2001/06/19(火) 00:51
<強迫性人格障害の診断基準>
アメリカ精神医学界 DMS-IV
秩序、完全主義、精神面および対人関係の統制にとらわれ、柔軟性、開放性、効率性が犠牲にされる。 成人早期に始まり、種々の状況で明らかになる。
以下のうち4つ(またはそれ以上)で示される。

1.活動の主要点が見失われるまでに、細目、規制、一覧表、順序、構成、予定表にしばられる。
2.課題の達成を妨げるような完全主義を示す。
(例:自分自身の過度に厳密な基準が満たされない という理由で1つの計画を完成させることができない。)
3.娯楽や友人関係を犠牲にしてまで仕事と生産性に過剰にのめりこむ。
(明白な経済的必要性はない。)
4.道徳、倫理、価値観についての事柄に、過度に誠実で良心的かつ融通がきかない。
5.感傷的な意味のない物の場合でも、使い古した、または価値のないものを捨てることができない。
6.他人が自分のやるやり方に従わない限り、仕事をまかせることができない。また一緒に仕事をすることができない。
7.自分のためにも他人のためにも、ケチなお金の使い方をする。お金は将来の破局に備えて貯めるべきだという歪んだ信念を持っている。
8.堅さと頑固さを示す。

527 :ワレ:2001/06/19(火) 07:29
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kabocha/mpd.htm
学んだ事もないような外国語を話す人格が有る事を考えると、悪霊の仕業である。
前に外国人にとりついていたのだ。

528 ::2001/06/19(火) 07:40
何か、生活楽しんでるねえ。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 14:36
>>527
「学んだ事もないような外国語を話す人格」の
日本での症例って無いような・・・

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/23(土) 01:23
>>526は何の意図で書きこんだんだろう…。
どうでもいいが、
『7.自分のためにも他人のためにも、ケチなお金の使い方をする。
 お金は将来の破局に備えて貯めるべきだという歪んだ信念を持っている。 』
…歪んだ信念なんだ。“アメリカ的“だからなのか?
これ含め、基準に多数あてはまりそうで、鬱。

そもそもDMSって医者が参考にして判断するものだろう?
“過度“って書き方もそうだが、判断する主体の主観にも左右されるよな。
「もっとも一般的な精神と価値観」を持った者こそ、精神科医にふさわしいということか。
多少なりとも個々人に精神的な偏りはあると思うんだが。
その辺、医者は自分自身をどう判断してるんだろう。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/23(土) 19:07
光の速度は一定として、ある物体が光速(c)に近くなると、
その物体の時間の流れは遅く、長さは短く、質量は大きくなる、
ということから、様々な物理現象を説明できるのです。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/25(月) 12:14
最近心理学板流れが早いですね。荒れてるのかな・・・

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/01(日) 01:43
物理現象がおきているだけです。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 08:59
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=995667860

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/24(火) 09:10
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=995667860&st=8&to=8&nofirst=true

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 02:00
一つだけ 知りたい
ビリーミリガンの 場合 人格が変わる都度に 外見も変わったって事だけど
どうやって可能なのですか?
髪も伸びるの? 目の色も?
実際は 女になった時は 顔の印象まで女らしくなったって 程度?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 22:04
>>536
合う度に服装や髪型が変わってるということはよくある。
それぞれの人格に、それぞれの好みがあるから。

目の前で変身すると思ってるあなたはテレビの見過ぎ(藁

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/29(日) 11:13
>>536
ビリーミリガンの場合は、読者が解り易いようにイメージを書いてある模様。
537がいってるように見た目では外見や雰囲気が変わるだけ、
内部的な事で見た目で解り易い例でいうと、右利きが左利きになった場合など

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/30(月) 22:16
ヒロの場合、顔つきはもちろん食べ物の好みまで変わったよ。
交代人格のときは顔にモザイクを掛けない時もあったから、
別人並に変化したんだと思う。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/30(月) 22:24
ICM出版「悪霊に打ち勝つ方法」より
悪霊の正体を、ほとんど突き止めたならば、どれが強くどれが弱いものか、そして、できれば、どれが首領かを探り当てようとする。必ず首領格の悪霊はいる。ある若い男性の場合に、誰が首領かということについて、二つの答えがかわるがわるに与えられたことがあった。ある悪霊は「笑い」が指導者だと言い、また他の悪霊は、「高ぶり」が首領だと言うのである。実のところは、「笑い」と「高ぶり」の間には戦いがあり、それぞれが悪霊たちを従えて、自分たちの占領していた体の覇権を争っていたのだということがわかった。
http://www.icmpress.org/new_top3.html
http://www.icmpress.org/cataloguej.html

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 16:03
kowa

542 :br_take@彼氏な人と間違われてたと思う:2001/08/03(金) 00:22
>>540
我さん。
いいかげんにしませんか?
DIDの基本人格(生来持ってる人格)以外全てが悪霊だと言ってる。
DIDが霊によるものかどうか判りませんが、
もし霊によるものだとしても「悪」であるかどうかはわからないでしょう。
基本人格の助けになる人格がいることも確かですし、
彼らを「悪霊」と言うのは彼らの存在を否定してます。
いいたいこといっぱいあるのでメールください。

ちなみに我とは多重系サイトに出没して同様の書き込みをしまくっていた人物。

スレ違いスマソ。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/04(土) 20:40
>>525
精神科医が多重人格障害に無知で、相手にしてくれないとか?

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 01:37
>>519
うちの彼女もそうだったよ。
私も、主に3人(主人格除く)と会話しておりました。
その三人の中でも一番力関係の強い子曰く
「ほかにも一杯人格がいて、でてこようとするから、消した」とか、
「ビービ―うるさいから、消した」
という事をよく言ってました。
主人格に話し掛けることもできたみたいでした。
あるとき私が、「主人格に変わって」と一番力関係の強い子に頼むと、「今、鉄格子の中に入ってて、当分でてこなさそうだったよ」
と教えてくれました。
ふくすうの彼女とつきあってる私って・・ちょっと不思議だったけど、こんなこともあるだろうっておもって、
彼女のすべてをうけとめて、つきあってました。
あるとき、一番力関係の強い子が、「そろそろ私たち消えるよ今までありがとね」
って一言のこしたまま、彼女の多重人格はなくなりました。
ちょうど、7年前の話です。
現在は普通になってます。当時は人格が入れ替わるたびにすごい頭痛がともなうみたいだったので心配したものでしたが、
今は、治って本当によかった。ちなみに来年結婚します。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 20:39
>>543 頻繁に人格が変わったり、都合良く人格が変わらない場合
医者に説明するのが困難だと思われ(病院に行く前に諦める)
それに人格が変わらない場合は健常者であるわけだし、もしくは
人格が変わってもその多くの人格の個々の性格が健常者の場合
果たして病院まで行って治療する意義があるのか (病院に行っても
簡単に直りそうもないし、無駄に時間とお金がかかりそう)
説明しづらいという問題があると思う。

>>544 そうですか、それは良かったですね。おめでとうございます。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/05(日) 21:00
>>544
複数の人格が、自分達の役目が終わったことを理解したのでしょうね。
主人格が現実から逃避したときに、彼女の変わりをする必要がなくなった
、、逆にいえば、あなたのサポートと主人格の心が強くなり、穏やかな
生活が続いてる証拠ですね。
後は激しいフラッシュバックが起こるような事故的なものがない場合
は大丈夫でしょうね。
来年結婚ですか、幸せに暮らしてください、おめでとう。

547 :543:2001/08/07(火) 17:34
>>535
そういうことではなく、医師の前で人格が交代しても
演技とみなされてしまう場合が多いらしい。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/07(火) 17:49
心理学者の心理状態
多くの時間と金を費やして心理学を学び、心理学の研究をしている。
多重人格が悪霊によるものだという事は薄々気付いてはいるが、今まで学んできた事、研究してきたことが大間違いであったということを認めたくない。世間体も気になる。
それ故、多重人格が悪霊によるものであるという事実に気付かぬ振りをし、自分を誤魔化している。
その結果、多重人格人格に対する世間の認識が、見当違いな方向に向かって行くのを見て、滅茶苦茶な事をして、もっと悪い状態にすれば、誰かがそれを見兼ねて何とかするだろうと期待している。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 15:58
>>544
おめでとうございます。幸せに過ごしてください。
でも、正直なところを聞かせてください。
今まで付き合ってきた人格がいなくなって寂しくはなかったですか?

実際、俺も今多重の子と付き合っていますが、
今の交代人格たちがいなくなったら寂しくてたまらないと思います。
というのも、主人格が弱すぎてあまり出てこないんです・・・
でも、今の生活にとても満足してます。

なんか文脈がめちゃくちゃですね。すみません。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 21:27
>>549
主人格が弱いっていうの,頷けます。
だからこそ,「多重」なペルソナつけてるんですから。
周りの「子」達が協力して「主人格」を強くして
自分達から消えていった子がいるよ,
と知り合いが申しておりました。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 08:54
>>550
今、かなり弱い状態かもしれません。
というのも、俺が出会ったのは交代人格の子だったんです。
今ではたまに出てくる主人格も俺の存在を認めて好意を持ってくれています。
今、主人格のほかに、メインは3人いるのですが、
今の状態を続けていくのはいけないことなのでしょうか?
自分としては、このままでいいと思っていますが・・・
無理はいけないと思ってはいます。
「消す」よりは「消える」の方がいいですよね?

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 23:23
>>551
他スレより

307 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2001/07/22(日) 22:27 ID:???
>>306

多少専門的な勉強をしているものとして横レスを・・・。
(この知識が絶対的なものであるとは言いません、念のため)

人格を呼び出して自殺をさせる治療法は大変古典的な方法で、もともとアメリカで提案されています(というかこの障害は殆ど全てがアメリカで発見され研究されてますから)。
で、研究の結果「完治には至らない療法であるどころか、人格を死なせるのはますますややこしくなる場合もある(KOKOROで見る通りですね)」とされたために現在は実行することは極端に少なくなったと聞いています。
アメリカで極端に少なくなったという事は、日本でも少なくなったという事であると思います。
日本で専門的に関わろうとすると(医療的にってこと)まずアメリカの資料を当たるんですし。
学会も少なくとも2つ、この障害に関するものがあります。日本では独立してはないですが。
だからKOKOROでよく見られるような、まるで漫画に出てくるような(藁)メチャクチャな医者はともかく、ある程度の常識的な医者ならまず最新の学会報告が簡単に手に入りますから、いまどき自殺させる方法をとることは少ないと思ってます。
ただし、何事にも100%はなく、まして何千人と居る医者全てが「その治療法をとっていない」と断じる事など不可能だし、意味もないと思います。

少なくとも無理やり消すのは良くなさそう・・・

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/11(土) 20:11
無理して消す方法は私も賛成しかねます >>552に同意しますね。(KOKOROは知りませんが)

>>551
消すとか消えるという問題よりも、ゆっくりでもいいから主人を強くするのが
先だと思いますよ。
主人格が強くなれば必然的に他人格の子が出にくくなりますからね。
私個人の意見をいえば、主人格中心の生活をするように心がけた(導いていく)
方がいいと思われます。

554 :na:2001/08/11(土) 21:58
http://www35.tok2.com/home/dokuichigo/cgi-bin/battreroyale/btlryl.cgi

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/12(日) 00:26
多重少女ヒロを見ていて感じた
最も強い人格である「あやめ」がカウンセラーに
「あの人(もっとも凶暴な人格)なら逃げたよ」と言った。
「逃げた」というのは「他へ行った」という意味であり
「消滅した」とは意味が違う。

556 :553:2001/08/12(日) 11:43
消すとか消えるということは本当は出来ないと思うのです。
例えになりますが、ある知り合いがいたとして、付き合いがなくなればだんだん思い出す
事もなくなり記憶が薄れてきますね。
それで何十年もたったら思い出す事も全くなくなるでしょう、記憶からすっかりなくなった
ように感じても、脳の奥深い処に必ず残ってるはずです。
それに何かのきっかけや関連付け出来る出来事があればその記憶は蘇ったりもします。
それと同じことで、ある力の強い人格が消える事を決意し消えたとしても、それは
意識の奥深い処に落ちてく事であり、深く落ちれば落ちるほど小さく力も弱くなります。
でもそれは限りなく小さくなるわけで、「消滅」したはけでは無いと思うのです。
それにどんなに小さくなろうとも、その核となるものは残ってるわけで、きっかけ
さえあれば出てくることも可能です。
ちょっと話しがそれますが
催眠などを使い、その小さな核一つ一つを呼び戻す事も出来るでしょうが
意味の無い作業であるように感じる上に、意識の奥深い処にいるものを上にまであげて
しまうことになるので、多重人格としては悪化ということになりますね。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/14(火) 00:17
>>556
統合することが最終目的なら悪化といえるかもしれないが、
統合した上で新しい、自分ひとりで自分ひとりの責任でやる、生活が困難な場合、
一概に無意味とか悪化とかは言えないのではないか。
と思ったり。

558 :553:2001/08/14(火) 12:04
>>557
確かにちょっと私の言葉足らずです、補足してみます。
< 催眠などを使い、その小さな核一つ一つを呼び戻す事も出来るでしょうが
< 意味の無い作業であるように感じる上に、意識の奥深い処にいるものを上にまであげて
< しまうことになるので、多重人格としては悪化ということになりますね。

> 一概に無意味とか悪化とかは言えないのではないか。

消滅したように思える人格を呼び戻す事についてなのですが,今現在力をもった人格の子は
比較的自由にでてこれますが、奥深く潜って非常にでにくくなっている子は
常に出てこれる状態にいなくても、他の子で充分生活出来るからであって
役目が無いから(その役目が主人格に良くとも悪くとも)だと思うんですね。
ですから、その深く潜ってる子の性格が特殊であるなら、現実生活の中でその子
でなければ対応出来ない危機的状況になった場合や、主人格及び出やすくなってる
人格の子がすべてその場面に出る事を放棄した場合など、自然と出てくることになると
思います。
ですから、多重人格というのは不自然なものですが、多重人格なりに自然な摂理と云うもの
もあるとおもうのですよ。
ですから無理やり呼び起こすことは、危険を伴う作業だと思うのです。とくに催眠
などで、意識レベルが気薄なもしくは無い人格を呼び起こして意識を持たせる作業
は、充分に注意しなければ人格が混乱を起こす原因(人格同士の混乱も)と、
人格が増てく原因になり、悪化する可能性が高いと思われるからです。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/16(木) 20:25
「しかし、御霊が明らかに言われるように、後の時代になると、ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります」(Tテモテ4.1)

「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たちまた、天にいるもろもろの悪霊に対するものです」(エペソ6.10−20)

「あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。堅くたって、この悪霊に立ち向かいなさい。(Tペテロ5.8−9)

「ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。」(ヤコブ4.7)

560 :557:2001/08/16(木) 23:48
>>553
そういう条件のもとであれば納得。
例として出しているので「多重人格一般」に対してって受け取ってしまったよ。
すまんな。

ところで、基地外が来てるようだな。(藁)

561 :nanashi:01/08/26 10:54
α多重人格治療の間違いを正すω
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=995667860&ls=50

多重人格障害について
http://piza2.2ch.net/test/read.cgi?bbs=utu&key=996680940&ls=50

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/04 21:13 ID:OxUzLJyk
町沢さんとか服部さんの所に行くと本当に治るの?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/06 23:21
今ニュース23でやってるYO

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/09 23:58
ニュース23、私も見ました。

飛び入りの素人ですが、非常に印象深かったです。
多重人格者の子育てというのがひとつのテーマでした。

ニュース23のケースは、33歳の母親が多重人格者で、8歳になる男の子と
夫と3人で同居してました。発症したのは3年前で、たしか8〜9の人格がある。
複数の幼児人格、子煩悩で酒に強い18歳(主人格は酒に弱い)、凶悪な性質を
持った人格などがあり、映像はそれらをそのまま映し出していた。
主人格の人がごく当たり前の人であるのも、初めてみる私には驚きだったし、
他人格はどこか偏ったような不自然なところがあるような印象も持った。

子供はいずれの人格も自然に受け入れ接している。
買い物の際、それぞれの人格の好物を子供が選んで買い物かごに入れているシーン、
幼児人格の母親を甘やかしているシーン・・・
凶悪な人格は、子供に対しても、罵詈雑言だけでなく、首を絞めたり、
階段から突き落とそうとしたりと暴力を働くという。
子供に怒鳴り散らし、今にも手を出そうかというシーンが映し出される。

子供を母親から離すために、公共の施設に入れることも考えている。
主人格である母親は、そのことを寂しいと語る。
相手の顔色を伺うような姿勢が習慣化してしまっているもんな・・・と父親は
子供に語り、子供もそれに頷く。
ナレーションは、「多重人格者に育てられた子供は、同じように多重
人格者になってしまうケースが多いようだ」と告げる。

ある他人格が幼い頃の記憶を語る。父親と兄から、虐待や性的暴力を受けていた
という。そのことを主人格は覚えていない。


なんというか言葉がなかったです。ですので、番組の描写、紹介だけ。

565 :553:01/09/10 11:02
>>562
> 町沢さんとか服部さんの所に行くと本当に治るの?

実際多重人格の治療というものは時間がかかると思うのですね。
個々の人格の保有してる記憶を一つ一つ調べあげ、主人格の記憶の欠落部分にパーツ
のように組み合わせていき、時間軸が連続した一つのファイルみたいなものを作る
わけですね。
でもこれは乖離した原因になりうる元となる記憶で充分です。今現在他人格がなにげに
くらしてことの記憶は別に考えて良いと思います。
しかし一見大変そうに見えるこの作業ですが、身近によき理解者がいればそんなに
大変ではないのです、なぜなら、多重人格なわけですので、それなりの状況がそろえば
ほっといても出てくるわけで、ほっといたら出てこないなら治療する必要もないでしょう(藁
その時に慎重にトラウマとなった原因を話してもらえばいいのです。それに過去の
保有してる記憶を調べるのは一人に対して一度、二度程度でいいのですから、そんなに
大変なことでは無いのです。そのかわり非常に時間がかかりますね。
しかしこれを病院で治療の初期段階でやろうと思うと、意外と困難になると思います。
何故なら多重人格を治療する場合普段の生活スタイルのそばにいるほうが治療しやすい
わけですね。
病院という特殊な状況では非常に出にくくなってるわけですし、出て来ても病院と
いう特殊な状況に対応できる人格が出て来てしまったりと大変だと思います。
するとどうしても荒治療ぽくいくか、説得して説得して出て来てもらうかになると
思うのですが、限られた時間の中ではなかなか難しいと思います。
それに病院では難しいことなのですが
日常で危機的場面になり、フラッシュバック気味に出てきた子は過去のトラウマ
を抱えて出てきますので、ちょっと錯乱してる場合が多いですが、そのかわり過去の
事を切々と話すことが多いです、それに普段何気に聞くよりは、話の信用度が高い
と思われるので重要な元となるトラウマが判るときが多いです。

ですので治療する場合は理解してる先生と保護者的な人のお互いの協力があればスムーズに
治療が進み易いと思います。(なかなかDIDの人はこの状況にいないみたいですが)

566 :553:01/09/10 14:13
>>564
その番組をみてなかったので残念ですが、どうしてもTVだとキャラのほう
を重点的にしてしまうのでオカルト的になりやすいですね。

多重人格の治療なのですが、上でもいったのですが、過去の原因となった辛い
記憶を調べ本人に理解してもらう。
そして本人にその辛い過去を受け止め乗り越えてもらう。形的じゃなく
心から乗り越える、あるいは許せるか・・・これが難しい。
乗り越えられるのは心のタフな人・・・
心が弱いからDID・・心を強くしなければ
それに本人が聞いても他人事にしか感じないし・・・

しかし逆にいえば先に過去の失われた記憶に立ち向かわなくても、
記憶が無いのは本人だけの問題で、一つしかない体の中には確実に残って
いるわけです。それは本人に対して鬱症やボーダーもしくはさまざまな依存症
などによってあらわれてるはずです、もしくは他人格に分散してるはずです。
ですので、本人自体が心身ともにそれを乗り越えられる器になれば自然と
いろいろな症状が治まってくると思います。
他人格がもってる鬱症やアルコール依存は トラウマからの副産物ですが、
普通の人ならば本人一人で抱えこみます、しかし、多重人格の場合は本人を守るために
他人格に避難させてある(押し付けてる?)場合が多いです、ですので、
ベースとなる本人の準備が出来てないうちに「統合」を急ぐと一度にさまざまな
症状が降りかかることになり、結局耐え切れずに分裂、混乱を招くこととなります。

結局問題となるのは、本人の心の強さと一見招かざる人物と思われる
偏った性格の他人格。本人が強くなったのなら、
主人格の準備が出来ているので、その他人格に説得、協力を呼びかける
ことになると思います。そして統合・・・

ここで問題になるのは、多重人格になってから過保護な状況下で生活しすぎて
トラウマになった原因からできた人格ではなく、乖離グセからできた非常に
低レベルな原因からできた人格(掃除したくないあな〜とか)殆ど幼児ができる。
これを見極めずに一緒に治療すると非常に長引くと思われるし、
きりが無いので(次々でてくるから)悪化する可能性さえもあります。
TVでみてるとこのパターンの人が多いみたいですね。
低レベルな原因で人格が増えすぎた場合、治療を邪魔することになると
思うので、(低レベルな次元で出来た子は説得しても別に直ろうとは思わない、
楽だし。逆に治療を嫌がる)
直るまでに時間がかかることになるとおもいます。それに本人の心が
強くなってない証拠ですから・・・

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/15 19:35
我さんへ
同じクリスチャンとして、すごく心痛いです。
なにもかも悪霊のせいにしてしまい、その人の心の傷を大きく広げてしまうのもどうかと思います。
聖書の言葉を使うのもいいですが、まず、悪霊か、心の傷であるか、見極めてください。
クリスチャンのなかには、極端すぎる人もおり、かえって人を傷つけてしまう人もいます。
聖書の土台は愛です。悪霊のことばかりについて書かれてるのではありません。
全部、神様の愛を土台にして書かれてるのです。
お願いですから、このような書き込みはやめてください。
そして、もしあなたがクリスチャンなのでしたら、悪霊が出て行くようにではなく、その人の心の傷が癒されるようにお祈りしてください。
それこそが、神様が望んでいることじゃないでしょうか。
もし、クリスチャンでないのでしたら、そういう書き込みはやめてください。
ちゃんと聖書を読んでください。
お願いします。

スレ違いなら、すみません。
あちこちに書き込みされてるので、どうしてもわかってほしくて…

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/17 22:18
マタイ
8:16
8:31
9:32
12:22
15:22
17:18

マルコ
1:25
5:8
6:13
9:25

ルカ
4:35
4:41
6:18
8:29
9:42
10:17
11:14

使徒
8:7
16:18

569 :br_take:01/09/17 23:30
我。
DIDが悪魔払いで治るとかいていたが、そのソースを示せ。
書籍は面倒くさいのと、金がかかるのでイヤだ。
Web上に存在するもので、ソースを示せ。
それができないなら、お前はただの荒らしだ。

570 :br_take:01/09/17 23:44
もちろん実例をな。
医者の立場からDIDと診断された方に対して、
お前の言う治療がほどこされ、
回復した例をだ。
治療率などが書かれていれば、なお良し。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/18 15:31
takeさんハケーン
サイトのリニューアル頑張ってね

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 12:05
では、あなたはビリーミリガンの交代人格がクロアチア語を話した
事をどのように説明するのか?

以前クロアチア人に取り付いていた悪霊がビリーミリガンに取り付き
ビリーミリガンの知らないクロアチア語を話したのだ。
それ以外に、どのような説明が付くのか?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/19 12:18
それから交代人格に向かって
「takeの名によって命じる。この人から出ていけ」
と言ってみてもらいたい。

次に
「イエス キリストの御名によって命じる。この人から出て行け」
と言ってみてもらいたい。

574 :553:01/09/19 23:29
霊障については否定はしませんが、DIDに関しては極めて低い確率だと思います。
いろいろな要素がありますが、DIDの人は霊障にあいにくいのですよね。
これは一見わかり難いようですが、霊障を向い入れる人の原理を判る人にとってみれ
ば至極当然な摂理だと思います。
が、しかしここは客観的もしくは物理的見地から理系的判断で討論する場なので、
それに『逸脱』しすぎたレスは控えて欲しいです。

575 :名無しさん@お腹いっぱい:01/09/20 14:36
我よ、ところで。
元々の「DID=悪霊」説って、何が発端?
ついてる霊が何人であろうと、言葉は理解出来ても話せないはずじゃないの?
何しろついているのは「その言葉を理解した事のないただの日本人だから」だ。
DID症例者が他言語を操れるのは少なからずなにがしかの影響がないと無理だと思われるし、
勿論他言語に理解のある者にその国の霊がとりつけば可能だけどね。
だからって、全部が全部「悪霊」で片が付くんだったら精神科片っ端から行って
払ってやればいいじゃん。
その力がないのなら、何言っても説得力はないね。
あったとするなら、こんな所で説教たれてないでその広い心で一人でも多くの
「悩めるDID症例者」を救ってやれよ。

576 :br_take:01/09/21 02:24
スレ違いスマソ

やっぱりキティ?
実例や根拠がなけりゃ、誰も信じないよ。
ビリーミリガンを根拠にしているようだけど、
○○は説明できないから、悪霊の仕業っていうのは、
理論的に破綻してるとしか言いようが無いね。
この辺あやふやなので、あまり信じないでほしいが、
人間の脳は一度聞いたこと、見たこと、感じたことは
全て記憶している、しかし、膨大な記憶を処理できないので、
忘れるように出来ている。との説もあるよ。
クロアチア語をたとえ一週間でも聞いていたことがあれば、
脳の全機能を使えば、話す事も不可能ではないと思うが?
>>573
もう別れたので出来ないって言ってるだろ。
字読めない?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/21 11:01
>>576
ビリーミリガンの症例を悪霊無しに説明することは不可能である。

冷戦時代にクロアチア語を聞く機会はない。
ビリーミリガンの交代人各はクロアチア語を話すだけでなく、読み書き
も出来た。
しかも、主人各にはそのようなことは出来ない。
クロアチア人に長期間取り付いていて、クロアチア語を身につけた悪霊が
ビリーミリガンに取り付いた。それ以外にどんな説明がつくというのか?

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/21 11:06
それから、示した本と聖書個所を読め。
それ無しには話にならん。

579 :br_take:01/09/21 18:27
>>我氏

ビリーミリガンの説明は私にはできないよ。
私は心理学者でも、霊能者でもないからね。

で、治った実例を示してよ。

聖書に書いてあるのかな?
それとも例のお勧めしている本かな?
聖書だったら根拠無しと同義だね。
何千年前にかかれた本を実証するのは否定にしろ肯定にしろ
不可能に近いだろうからね。
お勧めしている本に書いてあるんだったら、引用してよ。
それなりの事が書いてあったら買ってみるから。
>>578については、このスレのリソースの無駄だから、
あなたの立てたスレッドに行くよ。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 01:35
彼女がDIDでした。私も彼女ももう治ったと思っていたのですが、私と付き合って
いくうちにフラッシュバックが起こり、また症状が悪化してしまいました。(2人
別人格が現れました。)

原因は私の言葉です。けんかして、彼女に「失望した」と言ったのがきっかけにな
ったと思います。

「私は普段、人と接するときは心に服を着ているの。でも○○といるときは服を
脱いだ裸なの。だから、○○のささいな言葉で傷つくんだけど、気にしないで。」

彼女はそう言ってくれましたが、今まで治ったと信じていたのに、他の人格が現れ
たことにショックをうけていました。いくら大丈夫だといっても「いるのがわかる」
と怖がっていました。

別れは彼女の方からきりだしました。大好きだけど迷惑かけたくないからと。私が
わかったと言ったとたん、何かが倒れる音がして電話が切れました。次の日になっ
てメールが来たのですが、声を失って、施設に入院するとのことでした。

彼女を守るどころか、症状を悪化させ、苦しめてしまいました。もうこれ以上彼女
に近づかないほうがいいのでしょうか?専門家の先生方、もしお読みになられてい
ましたら、お教え下さい。彼女にしてあげられることはないのでしょうか?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 01:43
私はDIDでもなくて、専門家でもないけど、激しい鬱だった。
私が望んでいた事は、とにかく普通に付き合って欲しかった。
鬱だから・・・とか、病気だから・・・とかじゃなくて、
一人の人間として付き合って欲しかったな。
参考にならないかもしれないけど、カキコするね。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 01:59
580です。彼女とは結婚も考えていました。ただ、自分の中で彼女のDID
のことが気になっていたのも事実です。子供が生まれて、彼女と子供二人
だけのときに再発したら・・。その思いが私の言葉に知らず知らずの内
に表れていたのかもしれません。

>一人の人間として付き合って欲しかったな。
彼女もそれを望んでいました。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 07:55
>>580
>「私は普段、人と接するときは心に服を着ているの。でも○○といるときは服を
脱いだ裸なの。だから、○○のささいな言葉で傷つくんだけど、気にしないで。」

こういう事をいう人は、肝心なときに言葉の最後に言いたいことの逆をいいます。

>大好きだけど迷惑かけたくないからと

大好きだから絶対離れたくない・・・

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 10:28
メンヘル系体験談はメンヘル板でどうぞ。
それができそうになかったらせめてSageてくれませんか?

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/22 15:36
>>579
ビリーミリガンの症例に私が付けた説明>>577以外に
説明が付かないのなら、多重人格が悪霊によるものと
認めるか、少なくとも悪霊によるものである可能性が
あるということは認めるべきだ。

聖書個所は>>568
本は>>540で既に示してある

586 :br_take:01/09/22 23:26
我は放置プレイに決定しました。

587 :br_take:01/09/22 23:28
日本語が読めない人間に、日本語で話しても、
無駄だという事が、やっと理解できました。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/25 00:25
>>587
気付くの遅すぎ

589 :br_take:01/09/25 00:36
スマソ

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/26 00:27
585 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/09/22 15:36
>>579
ビリーミリガンの症例に私が付けた説明>>577以外に
説明が付かないのなら、多重人格が悪霊によるものと
認めるか、少なくとも悪霊によるものである可能性が
あるということは認めるべきだ。

聖書個所は>>568
本は>>540で既に示してある

これに対する説明は?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/09/29 03:04
ビリーミリガンのクロアチア語が話せるっていう件についてだけど、
彼は幼い頃、近所にクロアチア語が母国の外国人が住んでいて、その人
と仲が良かった為に、クロアチア語が話せるし、読み書きもできるのです。
ちゃんとダニエル・キイスの本に載ってましたよ。  補足まで。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/02 07:44
...

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 04:41
私の知り合いが多重人格と言っているのですが
どうしても信じられない事があるのです。
主人格が10歳である時別の人格が20歳だったとして
その別人格が文章を書いた場合20歳らしい文章がかけるものなのでしょうか?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/04 07:58
>>593いいかげんな事書いてませんか?
10歳で乖離だけでなく、多重人格になるのはすごく稀だし、
その上10歳が二十歳の人格を作りだすのは考えにくい。
仮にそうだとして、
本人の存在能力以上のことは出来ないが、文ぐらいかけるだろう。

595 :593:01/10/04 14:23
>594
そうなのですね。
その子は10歳の時に20歳の人格を生み出し
以来ずっとその人格が小説家を続けてると言っていたので。
ありえない話しなのでしょうか?
その小説家は結構有名な覆面小説家なので気になるのですが。

596 :594:01/10/04 19:06
>595
十歳の時に二十歳の人格を作りだしたとしても、それ以来小説家を続けてるのは、
ちょっと考えにくいですね。
かりにそうだとしても初期の方はかなり稚拙なものだったはずだと思います。
密度のあるものを書けたのは本人が十四、五あたりではないでしょうか?
どんなに人間としての内なる能力を使い、それまで生きていた隅々まで情報全てを
ひきだしたとしても十歳という年齢では難しいと思いますよ。

597 :593:01/10/04 21:51
>596
ありがとうございました。その子は現在で10代半ばの年齢なので
やはりこの話しは嘘と考えるのが自然ですね。

もうひとつお聞きしたいのですが
多重人格の方は精神安定剤のようなものを服用されるそうですが
普通1日どれくらいの量を服用するものなのでしょうか?

また虚言症の方もそういった安定剤を服用するものなのでしょうか?

598 :亞成虫スキゾ:01/10/06 14:49
>>564 ナレーションは、「多重人格者に育てられた子供は、同じように多重
人格者になってしまうケースが多いようだ」と告げる。

根拠は無いのですけど、多重人格になる人はそのような遺伝子配列を持っているのだと思います。
子供も多重人格者になるのは遺伝したという事だと思います。
虐待は直接原因ではなく、環境・境遇に遺伝子が反応したという事ではないでしょうか?

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 15:37
根拠がないならいうなよ、ヴァカ、もう消えろ

600 :分裂君:01/10/06 15:59
バレバレ心理学者。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 21:37
>>598

あのさ、そうだとしても、それは「遺伝子が悪いからそうなったんだ」って、ちょっとでも
虐待された子を批難する事に繋がりかねないじゃん?
心が弱ってる人なら、そう受け取りかねないしさ。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/06 21:39
だから、補足とか付けよう。

603 :通りすがり:01/10/06 21:52
>598

ちょっと、多重人格者は子供の頃虐待されていた事が多いので、
自分の子供にも虐待してしまうから、
多重人格者の子供には多重人格が起こりやすいと言われているのでは
無いでしょうか?

因みに赤ちゃん言葉で赤ちゃんに話し掛ける人は、
幼少の頃赤ちゃん言葉で育てられていた人が多い。

604 :ういさ:01/10/06 22:38
多重珍格なら分かります。

605 :亞成虫スキゾ:01/10/06 23:21
>>601

私は高卒で、大学とかで特別な勉強したとか心理学を勉強したとかないので、
ちょっと、と言うか、かなり表現不足でした。皆さん失礼しました。
私事になるのですが、私は視線・対人恐怖の神経症患者なのですが、
かなり遺伝的なものであるらしく、環境や境遇はあまり関係無いらしいので、
多重人格や他の精神病等も遺伝子が関与しているのではないかと推測したのです。
早く心の病の治療法の定義が確立されて欲しいです。

606 :転載君:01/10/07 00:57
一般の方やもしくはその気がある人でも、ある日突然多重人格者になったり、なんらかの
方法でそうなり得ることはありません。
なる可能性のある人は生まれながらの身体的ことや、感受性が異常に過敏など、(もちろん脳の事もあります)
その上で
まだ物事が判断出来ない幼少の頃に、PTSDになるくらいのトラウマを幾度も経験
した人であって
その上で不安定な精神状態なまま、もしくは不安定な性格のまま、不安定な環境の中で
成長していき、幾度と無くフラッシュバックを繰り返し現在に至る人はなりうるかも
しれません。
もちろん多重人格という乖離までして心を守る必要性も無く、それに近い人は
境界性人格障害や鬱やアルコール依存、薬物依存など、いろいろな形で複数の
障害を抱えていると思います。

私が言いたかったことは、PTSDの方が過去のトラウマからフラッシュバックを
起こした時に激しく過剰な反応を示しますよね。
しかし普通の健常者でも、小さなトラウマを作っている可能性があって、そんなに
怒ることでもないのに、何故か腹がたって怒りがおさまらかったとか、そんなに
悲しくもないがこれを観るたび悲しくなってきて、涙が止まらないなど。
小さなフラッシュバックを起こしているのではないでしょうか・・っていいたかったの
ですが (こう書いたほうが私の思ってるニュアンスと違うのですが・・)

多重人格者の方はこのトラウマが個別に強く成長していき、本人がフラッシュバック
を起こした時、自己防衛的に脳の記憶が遮断され、変わりにリンクされたトラウマ
が意識をもって表に出てきて自己防衛する。
当然フラッシュバックを起こした場面は、出てきた他人格の人にとってみたら、
いつもそれに対抗してる人であって個人を守るために都合がいいわけです。
しかし、個人を守るとはいっても社会的価値観など無い人もいるわけで、そんな些細なことで
そんな過激なことをしなくてもってことも多いです。

脳の事なのですが、海馬の萎縮や前頭前野皮質の機能不全がいわれてるみたいですが
多重人格者の方は生まれながらにしてその傾向があるかもしれませんが
そのまま普通に暮らせば何も起こらなかったと思います。
それよりもそうなりやすい体質の上に、日々のトラウマ的刺激により悪化したと
思います。

607 :いかれ帽子屋:01/10/07 01:07
ジプレキサという薬を処方されました。

608 :亞成虫スキゾ:01/10/07 02:08
>>606

こないだTVで多重人格の特集を見た時、5歳位の時に性的虐待をされたのが原因です、
と言っていたのですが、その人は30歳だか20歳代後半だったか忘れましたが、
かなり後になって発症したみたいでした。他の人では、虐待が原因かどうか分からないと言っている人もいました。
私は神経症で、中学一年生の時に発症したのですが、特に思い当たる原因は無いです。
不思議な事に他の神経症患者も10代半ばで発症した人がかなり居ます。
タレントで平山綾という人が居るのですが、彼女は幼少期はすごく内気だったのだけれど、
中学生の頃に急に社交的になってすごく印象に残っているとTVで言っていました。
そんなこともあり、最近は遺伝的にある日突然発症してしまうタイプもあるのかもと考えるようになりました。
肺ガン等のガンは煙草の吸い過ぎ等の原因が有りますが、乳ガンや子宮ガン等は遺伝的に突然発症するように仕組まれていたと考えられないでしょうか?
それと同様に、性格の急激な変化や、いわゆる心の病というのも、ある時期になると発症するように遺伝的に仕組まれて産まれてくる可能性も有るとは考えられないでしょうか?
余談ですが、多重人格の患者の方は不思議と女性が多いようにも思えるのだが何故なんだろう?これも不思議です。

喧嘩を売っている投稿ではないです。(念のため)

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/07 10:10
>608
悪いのですが、このスレッドを最初から読んでください。
ちょっと的が外れてる観がします。

610 :亞成虫スキゾ:01/10/07 13:20
>>609
「多重人格について教えて」というタイトルから外れているという意味ですか?
それともなにか異論等がありましたら教えてください。参考になったら嬉しいです。

611 :s.a:01/10/08 04:17
ひとこといいたいんだけど 子供じゃなくて子どもyo // s.a

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/08 09:39
>610
いや、レスを全部見てきたらってこと最初からね。

病や全ての事象は、生きている上での生活環境や思想からの心のスタンスなどに
大きく影響されるわけで、遺伝子はあくまでも確率や因子が増えるだけ。
遺伝子配列を変えて寿命を遥かに延ばしたとしても、人は自殺すれば死んでしまう
ということ

女性に多重人格が多いのは何も不思議なことではない。
鬱や境界例が女性に多いことと同じこと

>>611
レスここであってます?誤爆でないのなら、意味がわかりかねるので教えて
もらいませんか?言霊かシュの類ですか?

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/23 01:11
>>608
虐待されたから、よりも多重だから虐待受けたと考えた方が自然

子供の頃虐待されて、大人になってから人格が増えると言うのも変

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/07 22:51
これ見ろよ


http://www.miniflo.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1004112617&ls=50

615 : :01/11/17 23:32
>580

むちゃくちゃ遅レスですが、まだここを見ていることを期待して書かせてもらいます。
私は専門家ではありませんが、580さんとほぼ同様の立場にいました。
彼女が直接病院に行くのが望ましいとは思いましたが、
絶対病院には行かないって言われたもので、それは諦めました。
まず私が専門家の意見を聞こうと思い色々当たってみました。
しかし当時(5年前)はまだDIDについて懐疑的な人が多く苦労しました。
ある医者からは「あなたは、自分の彼女が多重人格と思いこんでる病気だ」
とまで言われました。それでもめげずに、なんとかよい臨床心理士のお世話にり
いろいろアドバイスをいただきました。あー話がまとまらない^^;
とにかく要点を言うと、自分1人で(彼女と2人だけで)この病気に立ち向かうことは、
無謀であり、非常に危険だということです。
また、この病気は、時間はかかりますが決して克服できない病気ではないです。
色々話したいことあるのですが、580さん、
とりあえずまだこのスレを見てるようでしたらレスください。
長々と駄文失礼しました。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 03:27
遺伝のはなしですが、両親のどちらかが発狂した場合二割近く子も発狂し、七割は精神的疾患を患う、らしいです。
まあ医者はあんま言わんようにしてるけど。
分裂でない後者の症候群のたぐいは、トラウマのせいともいえるけどさ。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 04:26
>>616
環境の問題。
多重人格の相手と一緒にいたらおかしくなるよ。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/23 11:04
> 615
580ではないのですが、私もDIDの彼女と二人で暮らしています。
確かに病院にいくことも一つの方法だと思いますが、病院にいくとどうしても
彼女の心のスタンスが病人・患者になりそうな気がしたので、彼女を病院に連れて
行くのはやめました。
私としては基本人格である彼女の心が自己責任において自力克服させたかったからです。
DIDになってしまった課程は可哀想でもありますが、現在の時点でその理由で
辛いことなどに立ち向かえなくなってしまい、逃避したあげく交代人格に記憶も
心もいったん委ねるということは、人としては非常に幼稚なことだと思います。
そうはいってもそう簡単に良い方向に向くわけでは無いのですが、、、
今彼女は一つ一つに立ち向かえるようになり、それと同調するかのように交代人格
もへっていき、かなり落ち着いた状態であります。
(今は一人、私が手が出せない?出す必要もない、高貴な特殊能力を持った子なので
そっとしている)
しかし結果として今となって言えるだけで、病院に行かないほうが良いとはいえない。
やはり専門の人に委ねる方がいいだろうかと、、
何故ならあの個性的攻撃的人格達を説得できたのはたまたまかもしれないし、私が発狂
しなかったのは発狂する直前で良い方向に向っただけかもしれない。もう一度、
同じことをやるとして想像しただけで鬱になりそうだ(ワラ
でも、方向性さえ間違えなければ、時間がかかっても良い方向に向くのは確かだと
思います。

619 :615:01/11/23 15:24
>>618
私も今となっては618さんと同じように考えてます。
私の場合も病院に連れて行かなかったのが結果的には良かったみたいです。
私は攻撃的人格(3人いました)の説得は途中で諦め、そのような人格は
できる限り無視するようにしました。まともに相手していると私自身の
精神状態がやばくなるのがわかったからです。もちろん、論理的な話し合い
には応じました。
 紆余曲折はあったものの、ここ2年ほどは安定しており、人格の交代は
ありません。その過程で、彼女が子供時代に受けた性的虐待の記憶を
思い出したのですが、今は再び忘れています。ですから完全に治ったという
わけではないと思いますが、とりあえず精神状態が安定しているので
個人的には満足しています。

>>617さんもおっしゃってるように、ほんとにきつかったですし、
おかしくなりかけました。
結局、周りにいる人が、どこまで正常な精神状態を維持できるかに
かかってるような気がします。それさえ乗り越えれれば、なんとかなるかと。
そのために、彼女ではなく、私がカウンセリングを受ました。そのことによって
彼女を無理やり病院に連れて行く以上の成果はあったと確信してます。

あと、個人的な意見ですが、服部雄一氏の治療法には賛同しかねます。

620 :618:01/11/23 23:35
>619
<あと、個人的な意見ですが、服部雄一氏の治療法には賛同しかねます。
これに関しては、このスレッドで何遍も私も述べているのですが
実質関わっているものとしては??が結構多いというより、危険なことが多い
と思われます、、、

621 :ゆきこ:01/11/23 23:38
うそつきばっかり・・・・http://sakuraikazuto4.hoops.ne.jp/
http://sakuraikazuto4.hoops.ne.jp/
http://sakuraikazuto4.hoops.ne.jp/

http://sakuraikazuto4.hoops.ne.jp/

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/24 00:43
ジェニーの中の400人
ビリーミリガンと23の棺

あたりを読むと多重人格について、一般の方でも理解できるかと思います。
かい離した人格を統合する過程なども丁寧に書いてあります。
是非一度読んでみてください。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/24 14:34
多重人格と診断する精神科医は大抵、修士しかもっていません。
浅い経験と注目を浴びたいという心理から、患者を多重人格と
診断してしまうようです。博士号以上の医者はまず別の判断をします。

世界で最初に多重人格障害と診断された女の子がよい例です。
彼女は季節的うつ病ぐらいの患者だったそうです。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/25 02:41
>622
根本的問題としてその今いわれてる最終的に統合、、、
これが最大の問題なんですよ。
それに努力している専門の方が意外といますが、実際
それに関しては否定しざえるを得ない。
ばらばらに育ってしまった人格を一人の人として記憶も性格も
一人に癒合するのは不可能に思えます。
実際もし肉体を考えないとして、
貴方と仲の良い友人とが記憶も性格も融合して一人の人になれるか?
それはとんでもなく大変な作業になることは想像出来ると思います。
DID、複数のばらばらの人格それを記憶性格、一つにまとめることは気が遠くなる
作業というより・・・幻想、、、理想、、、希望の世界だと思います。
前例として重度のDIDの人が完全なる理想の統合をなし得た症例が一つとして
あるならば、それに希望をもつこともいいと思いますが・・・・
交代人格として基本人格と違う別の生活してしまった記憶、性質は記憶として癒合
するよりは感情又無意識の行動として内なるものとして一つの体の中に内包しざえるを
えないと思います。
実際携わっていると、すべての子を守ってあげたいとおもいます、そこから
人格統合という考えが理想と思いたくなります、、、でも、それは結果的に
治療は堂々巡りを繰り返すことになると思います。

ビリーミリガンですが、いっさい統合はしてないと思います。
一時記憶を支配している人格が出て来て、その人を統合している人格として
扱っていただけで、基本人格が記憶を全て把握したとかは無いはずです。
記憶を比較的全体的に引き出す人格は、あと能力として左脳的に分析する能力
しかなかったはずです。事細かく読んだわけで無いのですみませんが、たぶんということで

625 :615:01/11/25 18:34
>>624
その通りですね。私も最初のうちは完全な統合を望んだのですが、
やがてそんなことは不可能だと何となくわかるようになりました。
人間の寿命なんて限られたものですし、その間に完全に治そうだなんて
到底無茶な話です。直接患者と関わる一個人としては、何よりも
安定した生活が一番です(藁
私は、次善の策として攻撃的で危険な人格を押さえこむようにしました。
もちろん、それに対してものすご反発がきましたが、子供っぽい反抗に
同じレベルに立って反論するのは得策ではないと思い、半ば強制的に、
他の人格と協力して押さえこみました。
服部氏の見解は、個々の人格の自立性を認めるのが大切だというように
捉えられますが、それをするとますます乖離が進むような気がします。
幼稚な理屈で攻撃してくる人格を理性を持って行動できるように
成長させることによって、完全に別の人格を育てることになリ
病状を悪化させるとしかとらえられません。
最初、私もそのようにしてたのですが、一つの人格をまともに成長させると、
また別の人格が出てきて、同様に幼稚な理屈で攻撃してきてきりがありません。
結局は>>618さんがおっしゃっているように、本人の「甘え」を助長するだけです。

626 :615:01/11/25 18:58
>>620
確かにその通りなのですが、「だったらどうするのがいいのか?」
という問いに、私は答えられません。私の場合は「たまたま」上手い方に
転んだだけって気がします。とてもじゃないけど、私の彼女に対する接し方を
他の人に薦めることはできません。
私の場合、一番危険だった時は、彼女の交代人格が表に出なくなった瞬間でした。
一気に他の人格が持っている記憶が1箇所に流れて、その情報を1人では消化できなく
なってしまいました。私の首を締めたこと、包丁を突き刺したこと、(痛かった(藁)
幼い時の虐待の記憶、全てを「1人」で背負って生きていかなければならないって
感じた時の苦しみは、ある程度私にも想像できます。
結果として、虐待の記憶だけは、今でも封印したままです。
今後どのようにやっていったらいいのかはわかりませんが、とりあえずは
本人が思い出すまでは見守るだけにしようと思ってます。

627 :615連続投稿ゴメン:01/11/25 19:28
どうでもいいことだけど
私の彼女は「部屋」というメタファーを用いていました。
まぁ、メタファーってのは私から見た場合だけど。
各々の人格はそれぞれの部屋に住んでおり、そこから出てきた人格が
その時の行動を支配するらしいです。人格が交代するときの頭痛ですが、
交代する前の人格が進んで肉体の制御を放棄した場合は頭痛はなく、
すーっと意識を失って次の瞬間には別の人格が出てきます。
逆に無理やり制御権を奪おうとした場合には、激しい頭痛を伴うみたいです。
不思議なもので、慣れてくると彼女の目を見ただけで
だいたいどの人格かわかるようになりました(藁
たまーに間違えて怒られることもしばしばありましたが(藁

628 :615氏へ:01/11/25 21:32
貴方のたどった道筋は非常によくわかります。
何故なら私がたどった道筋と同じだからです。
首を閉められる包丁を振り回す、、今と思えば懐かしい話でもあります。
基本的に第一優先は基本人格の精神的安定、症状として境界例などがあるならば
それの治癒。言うなれば基本人格の精神力の向上を主体として進めばいいと思います。
それと同時に力のある攻撃的人格などが今でも頻繁に出るのであれば
その中でも悲しみ辛さに打ち勝てる自我の強い前向きな人格、逆にいえば扱いにくい
と思われますが、時間をかけて説得して仲間になってもらうべきです。
貴方一人のがんばりではそのうち限界がでてくる可能性もあるとおもわれ、
強い人格の協力も必要になると思います。
ある程度力の強い子に他の弱い人格が出る事をおさえてもらうことも大事だと思います。
そうやった課程以後に基本人格の精神的な向上を見計らって、協力してもらってる
人格の方に最終的な協力を要請することになると思います。
微妙な問題が多すぎるので踏みこんで書くのはやめときます。

629 :628:01/11/25 21:59
>615氏
いそいで読んだので大事な部分を読み飛ばしてしまいました、スマソ。
<紆余曲折はあったものの、ここ2年ほどは安定しており、人格の交代は
ありません。
複数いた人格は深く中に潜った状態だったのですね。
逆にいえばDIDの状態が終わり、過去のトラウマが残りいつ何時フラッシュバック
が起こるかひやひやということだと思います。
いうなれば治療ということであればDIDから切り離しPTSDに時間をかけて
ケアしていくという段階でしょうか、、、

630 :空耳アワー:01/11/25 22:02
単なる記憶障害の話が何でこんなに盛り上がるのか・・・

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/25 23:46
>>624
なんとなくですが、そんなに、気が遠くなるほどの
ことではない気がします。(ってだけの話ですが)
あなたの場合、人格を「仲の良い友人」と表現していますけど、
俺は、血を分かつ兄弟みたいなものという方が適切と思います。
しかも、元々一つであったという面で言えば、
その例よりシンクロ(?)はしやすいとも。

とは言ってみても、実際のところはそれでも尋常なこととも思えません。
というか、解離によって複数が存在することそのものは
おかしいとも不自然とも思わなくなってきまして。
むしろ、自分が同一性を保てていることの方に
危惧を覚えることすらあります。

また、自分は服部氏のことについては詳しくはないのですが、
もし>>625の言う通りなのであればの話。
要するにそれは、統合の方向へ向かうか共存の方向へ向かうか、
はっきりしているか、またそれを継続できるかどうかだと思います。
まぁ、もちろん、それをはっきりするのが難しいのも承知の上で・・・。
というトーシローの意見。

>>627の話はよく聞くよね。(え?聞かない?)

>>630
なんでそこにあんたがつっこむのか・・・(w

632 :631:01/11/25 23:47
あ、ちなみに自分はDIDじゃありませんのであしからず。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/26 05:54
ビリーミリガン多重人格説は低能な心理学者が有名に成る為に
でっちあげたものと、実証を含めて習いました。

しかし、彼の映像を見てみると、やはり訛りや表情が変わるので、
やはり見極めるのは難しいです。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/26 06:02
あほう

635 :628:01/11/26 17:36
>631
私のとった方法は、
統合や共存ではなくて、交代人格を交代出来なくし、尚且つ
複数出来てしまった交代人格を心の中に埋め込む方法。
もちろん基本人格に感情の起伏や癖、嗜好、雰囲気などは影響することになりますが、
基本人格に記憶の連続性が保たれる。そのかわり交代人格の今まで培ったきた
記憶やスキルなどは犠牲になります。
交代するという癖を無くし、基本人格にPTSDなどの障害をまとめ、後は
地道にケアしていく、、、
ですので当然DIDの原因となった虐待などの記憶は事前に調べておく必要がありますが
虐待などを受け入れるには時間がかかる事だと思いますし、記憶の曖昧な本人に
無理やり突き付けて、克服を強要するのはどうかと、、長いスタンスをとった方が
良いのでは無いかと思われます。

636 :628:01/11/26 18:18
635でいったことですが、615さんも同じような立場だったみたいなので
わかってもらえると思いますが。
この方法だとDIDに関しては意外と早く直り、安定した生活と記憶の信頼性
が出来ますが、これに関しては、
交代人格すべてを大事に大事にというわけには(そうしたいのはやまやまなのだが)
いきませんので、過激な人格から猛反発を受けることになり、
よって短期間にDIDを押さえることは出来ますが、危険な状態になることが多くなり
ます。しかし比較的監視できる状態にいれば回避出来ます、その代わりこちら側も
心身ともに疲労することになりますが(ワラ
・・・ですのでこの方法も人に薦められないのです(悲

637 :631:01/11/27 02:07
>>635
確かにそれも一つの道ですよね。現実的な選択だと思います。
それは自分も考えたことがあります。
というのは、治療もなにも本人が情緒不安定だったりしては
それも不可能だろうし、実際のところは先を見据えることが
できるほどの余裕はないときのほうが多いのも事実だったりして。

ただ、それもあくまでもプロセスにしか過ぎないと思うわけです。

例えばPTSDにしても、ほとんどの場合交代人格が
DIDとなったきっかけ等の記憶を保持してるでしょう。
これは解離(をしてしまうほどの体験)によって
記憶を分断し、人格が複数存在していることからの
推測ですが、おそらく間違いはないと思っています。
# ここ突っ込まれると痛いけど・・・
じゃあ、PTSDを治療する時に記憶を呼び戻そうとすれば
その時は交代人格も何らかの形でかかわってくるわけで。
そのときに、どうするかと言う問題も出てきますよね。

過去のを無視して進もうとすると、大概どこかで
しわ寄せが来るのがオチだったりします。
これは自分も経験しました。(w

無論、
>この方法だとDIDに関しては意外と早く直り、安定した生活と記憶の信頼性
>が出来
て、それでいいのであればいいし、しっかりした
付き添う人間がいればそれはそれで成り立つのですが、
やはり、プロセスだけでゴールが見えない不安とも
うまくやっていかなければならないな、と思ったのです。

だから、それでもやはり進むべき道を模索しなければ
ならないというところで自分は砕け散った(謎)ので
今更何を言っても絵空事なんですけどね。

638 :628 :01/11/27 07:50
>637
< じゃあ、PTSDを治療する時に記憶を呼び戻そうとすれば
< その時は交代人格も何らかの形でかかわってくるわけで。
< そのときに、どうするかと言う問題も出てきますよね。

プロセスとしてはやはり過去の原因となった記憶を調べるのが先です。
これはDIDの時の一番初期にやるべきだと思います。
ですので徹底して主要なもしくは危険な要素をもった
交代人格の記憶を調べることと、基本人格の覚えてる記憶を教えてもらうこと。
しかし、調べたことを基本人格に伝えるかどうかは私はどうか?ということです。
何故なら受け入れるほど精神状態が強くないのはあきらかだからです。

そうした後で基本人格の精神面の強化と交代人格の説得を平行しながらしました、
そうしながら基本人格の精神面をみながら耐えうる範囲の過去の出来事を認知させて
いきました。

その後に>>635に続きます。 言葉足らずでスマソ、、

しかし、、、実際接した人はわかると思いますが、このプロセスは
付き添う人の精神力が常に相手を上回っていないといけません。
付き添い人の精神が崩壊する可能性すらもあるかもしれないということです。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/27 09:42
先天性の解離性同一障害とは何故おこるのでしょうか?

640 :615:01/11/27 12:06
>>637
>やはり、プロセスだけでゴールが見えない不安とも
>うまくやっていかなければならないな、と思ったのです。
以前は、ゴール=人格の統合と考えていたのですが、今はどうでもいいです(藁
あえて言うなら、プロセス=ゴールでしょうか・・・。日々の生活が楽しかったら
それでいいかって思うようになりました。余計な詮索はせずに、普通の恋人のように
接して、普通に喧嘩して過ごしている毎日に満足しています。
あまりゴールを意識しすぎると、身がもちません。無責任かもしれませんが、
なるようになれーって感じでいると、結構気楽なものです。
 最後に攻撃的な人格が出てきたとき、「○○(←基本人格)を殺す」って言われました。
つまり自殺するってことですね。まぁ今まで何回も言われてきたことですが。
その時私は、「勝手に死ねば?」って言い、その後2、3日放置しました。
その後、彼女は自力で立ち直り、以降、人格の交代はありません。
昔は、ちょっとした私の失言で傷つき、すぐ別人格が出てきてましたが、
今では私の失言を笑い飛ばすくらい強くなりました。
・・・とてもじゃないけど、他人に薦められる方法じゃないですよね。(藁

641 :628:01/11/27 20:28
>639
先天性と後天性ですが、最近私も気になっているのです。
脳の中の前頭葉や海馬などの影響から先天性のDIDがあるのではないかと、
もちろん生まれ持っての脳とかの影響と虐待などの経験両方なければ、
DIDになることは無いのでしょうが、それを上回る脳とかの影響が生まれもって
あれば、、、先天性ということも考えられるのではないかと。
どちらにしても交代人格が出来るということは程度の問題はあれ辛い出来事が
なければ出来ないのでしょうが、体質的に非常にささいな事で交代人格が
出来易い人がいることはあると思います。

>640
> 昔は、ちょっとした私の失言で傷つき、すぐ別人格が出てきてましたが、
> 今では私の失言を笑い飛ばすくらい強くなりました。

これが今の彼女の精神面を表していますよね、こんな些細なコメントですけど
私には非常に大きく意味のあるものと感じ取れます。

642 :631:01/11/27 22:44
ん〜、やっぱり>>638>>640の話を聞いてると、
運がよくないとやっていけないなと言う感じがするんですよね。
それなりに失言を笑い飛ばせるぐらいの強さが身についたのも、
615氏や628氏二人自身の精神が持ちこたえてるのも、
たまたま二人がそういう風出来る人であって、
たまたまその人に相手が出会えたからで・・・。
実際、本当なら自分はこんなことのうのうと言えるような立場で
いられないのも事実で。結局DIDの人間と付き合うだけの
知識も認識も強さもなかったわけです・・・。

>>639
個人的には先天性というのがあることすら知りませんでした。(汗
ただ、解離というのはひとつの能力だと思うんです。
勿論、その能力で助かることも苦しめられることもあるわけですが。

例えば、絶対音感などは幼い頃に身につけないと
大人になって突然音がわかるようにはならないのと同じように、
大人になってから初めて解離を体験することはないと聞きます。
それに、絶対音感を持っていると音楽をするにはとても便利ですが、
音が全て音階で聞こえてしまって、それが気になって
うとっとおしいという人もいます。そういうようなものだと思います。

また、能力であるからには開発されるかどうかの問題だと思うのです。
それが偶然、生まれてごく早い段階で開発された状態だった、
というだけの話ではないでしょうか。DNA段階とかで
全くの生まれ持っての先天性というのは自分は信じられません。
例えば、サッカーをする筋力に適した筋肉・骨格を作るDNAはあっても、
サッカーそのものの能力はやはり生まれてからのものだと思いますし。
そういう、ある種の才が>>641も言う通り前頭葉や海馬などの
特長によってもたらされ、解離を経験しやすいかどうかに影響して、
それがDIDになる、そのなりやすさにも影響しているのだと思います。

643 :615:01/11/27 23:17
>>641
そうなんです。そのような「普通」の生活がいかに素晴らしいものか
理解できたのは彼女の病気のおかげだと思ってます。
彼女がDIDであったことによって私も成長できたので、彼女には感謝してます。

>>642
私も運がよかったと思うのですが、必ずしも運だけではないなーって思います。
何回も挫折しそうになったり、おかしくなりそうになったりしましたが、
そんな時に助けてくれたのは彼女の交代人格でした。そう考えると
私は彼女に踊らされていたにすぎなかったのかな?(藁

簡単に私の対処法を書くと、
彼女の信頼を得るため必死になって、彼女のために多くのものを犠牲にしておいて
信頼を得た時点で思いっきり突き放す。あとは、彼女自身の力で解決させる。
まぁ結果的にこうなったわけで、狙ってこのような対処法をしたわけではありません。
狙ってやったら多分信頼を得ることができないと思うので他人には薦められません。(藁

644 :639:01/11/28 05:11
実はワタシ自身が先天性の解離性同一障害なのですが、
幼少の頃から現在まで虐待等を受けた形跡がないのです。
(逆行催眠などで何回も調べました)
にもかかわらず、ワタシには基本人格の他に13の人格があるのです。
ワタシ自身は他の人格とコンタクトをとったことがないのですが。
先日、主治医に「本格的治療することは難しい」と言われました。

先天性でも治るのでしょうか?

645 :615:01/11/28 12:14
>>644
私は、先天性のDIDという存在すら知りませんでした。
そこでお伺いしたいのですが、639さんが自分が先天性DIDだと思う根拠は何ですか?
また、それを知ったのはいつのことでしょうか?
644に書かれている情報から判断すると、周囲の人が639さんの言動を不審に思って
病院に連れて行ったところ、医者から先天性DIDだと診断されたってことだと思いますが。
言える範囲のことでかまいませんから、お話してくれませんか?

>幼少の頃から現在まで虐待等を受けた形跡がないのです。
虐待を受けた形跡を隠蔽した結果DIDになるので、そう簡単に形跡を見つけることは
できません。
ですから、形跡が見つからないということが先天性であると根拠にはならないと思います。

646 :628 (618.624):01/11/28 12:22
>644
先天性なのですが、どこが境か線引きは出来ないのですよ。
極端にいうとDIDになる可能性が僅かにしかない人が人知をこえた虐待を
長期間に渡って受けたためDIDになった。
また逆にDIDになる要素が非常に高く些細なことでDIDになってしまった。
DIDの人はこの範囲の中でなるわけで、傍からみた場合原因が些細すぎてわかり
にくく持って生まれた要素の方が理由として大きい場合、先天性となりますね。

貴方の場合持って生まれた、感受性、直感が非常に高く、傷つき易い心も備わって
いるはずで、どういうことかというと
他の人以上の類稀な直感能力で傷つくことを見つけ、豊かな感受性でそれを増幅
させてしまい、傷つき易い心でそれを受け入れる作業をしていると思います。
治療にあたるにしても主治医の方がどのような人か判らないのですが、親身に
なってくれる先生であればあるほど、デリケートすぎて治療に手が出しにくい
と思われます。

しかし私が考えられる一筋の希望として、肉体的な虐待を受けてないわけで、
怒りにまかせて力任せに暴れる人格や、出てきたら直ぐに自殺を試みる人格は
いないか、他のDIDの方のそれよりも弱いと思われます。
逆に純粋で心の良い人格が比較的多いと思われ、良い人格を見方に付け協力
を要請してみるのも良いと思われます。
第三者(主治医なり)の協力が必須ですが。

>642 私は絶対勧めませんが(自分から飛び込んでいく事)今度出会う事があれば
   上手くいくと思えますよ、そんな気がします。

647 :628 (618.624):01/11/28 12:38
>645
話の順序としてはそちらの方が先ですね(藁

648 :644:01/11/28 12:47
>>645
根拠・・・と言いますか、
物心つくかつかないか位の頃からそう診断されていたようです。
ワタシ自身が知ったのはほんの数年前なのですが。
信じていただけるかどうかわかりませんが、
言葉も満足に喋ることが出来ない頃、突然主人格以外の人格がでてきたとのことです。
その人格が幼児にあるまじき言動をしたために、
両親が不信がって病院に連れて行き、様々な検査をしたそうです。
当時は日本の精神医学界は現在よりも未熟過ぎ、すぐには結果がでなかったのですが、
数年前、どうやら先天性の解離性同一障害だということに落ち着いたそうです。

>>646
攻撃的な人格は現在のところ約二名とのことです。
二名ともすぐに自傷行為をするようなタイプではなく、どちらかというと
外部の人間を攻撃する性格のようです。
ただ、その外部へ向かう攻撃を全く手加減しない(らしい)ので、
周囲の人間を傷つけてしまうのはおろか、ワタシの体自身も傷ついていきます。

649 :628 (618.624):01/11/28 13:36
>648
攻撃するのは交代人格が治療の内容と、交代人格への人としてへの扱い
の希薄に納得できず抵抗しているだけにも感じますが。
加減をせずに攻撃するのは交代人格の特徴として理由があればあたりまえ
そのときは暴れて抵抗するのが目的で、人を傷つけてはいけないなどの
道徳的な事はどうでもいいこと。

話的には正確な情報がないので(あくまでも本人が知らないのだから
また聞き扱いになってしまう)幼児の時にどの程度のレベルの言動を発したの
か、人の雑談を聞き入れて鸚鵡返し程度に発したのかなどで変わると
思います。

最短で2歳程度で出来たと思いますが、長期に渡って同居みたいな
形になっていたのなら、説得と接し方は慎重にこしたことはないと
思われます。

650 :615:01/11/28 13:53
>>648
いや、別に644さんのおっしゃってることを疑ってるというわけではありません。
先天性のDIDというもの自体想像しにくいものでして質問したまでです。
ただ、診断という行為によってDIDを作り出したしたという可能性もあります。

 個人的な感想ですが、>>646さんがおっしゃってるように、完全な先天性ではなく、
些細なことでDIDになったのではないかと思います。そしてその些細なこと=治療では
ないかと思います。もちろん、これだと、幼児期に現れたという別人格の
説明がつきませんし、それ以前に素人の戯言ですので、主治医さんの言ったことの方が
正しいとは思いますけど。
 もし、治療によって人為的に作り出されたDIDでしたら案外治り易いものですよ。

651 :644:01/11/28 14:07
>>649
攻撃に関してはそうかもしれません。
ただ、攻撃的な人格のうちの一名は非常に激昂しやすく、
治療中以外でも、解離性同一障害とは全く無関係の話題の時にでも
不意に表面に出てきて攻撃を加えるらしいです(自覚はありませんが)。
勿論、それ以外の時にも出てくるらしいですが。

幼児期の言動(両親が不信がり、病院に行くきっかけとなった事件(?))を
録画したものを見たことがあるのですが、
およそ幼児とは思えない程の文章構成能力で、
鸚鵡返しというレベルではありませんでした。
自我があり(あるように見え)、
知識的にも通常の大学生以上のレベルだったそうです。
ワタシは最後まで見ていないのでよくわかりませんが。
これは一体どういうことなのでしょう。
その時の人格は未だこの体の中にいるらしいのですが、
主治医の方でも数回した会ったことがないそうです。

652 :631:01/11/28 14:50
>>648
話を聞いていると、まだお若い方のようですね。
本来(と言っても日本ではそんなことはあまり無いようですが)
DIDは診断そのものに数年、長くて10年以上も時間がかかる
と言われています。同時に、それだけの時間をかけなければ
ならないということなのでしょう。なぜなら、他の障害の可能性も
充分にありえるからです。なんだかその話だけでは、
「とにかく病名をつけたいのだけど、解離性同一性障害に必須の
幼児期の虐待などがないから先天性ということにしておこう。」
という、消去法で出された答えだとしか自分には考えられません。
まぁ、先天性というのがありえるかどうかは別だし、
その診断をした医者がどの程度の根拠からそう診断したのかは
分かりませんが、「先天性」という言葉を容易に使うのは
あまりいいこととは思えません。
心そのものがまだできていない状態・時点から心の病が発生している
と言う発想がいまいち信じられません。

653 :631:01/11/28 14:50
>>651
>およそ幼児とは思えない程の文章構成能力で、
>鸚鵡返しというレベルではありませんでした。
>自我があり(あるように見え)、
>知識的にも通常の大学生以上のレベルだったそうです。

実際に見たわけではないので計りかねる部分もありますが、
ここからの意見は自分のあくまでも「いち私見」と理解して読んでださい。
自分はカウンセラーでも何でもないのですが、
縁あって複数のDIDの方と接してきました。
そして、どこかしらの才が飛びぬけている人格が、
一人二人いるということがしばしばあるんです。
まぁ、人格が多数存在しているのだからそれだけ
そういった人格がいる確率も否めません。
しかし、ここからが持論です。決定的な根拠もありませんので、
流し読みで結構かと思います。
人間の脳をコンピュータのメモリに例えます。
# メモリの概念が分かりにくい人は個々で調べてみてください。
# まぁ、分かりやすく言えば、一次元の世界と言う感じでしょうか。
変な例えで気分を害する方がいらっしゃればすみません・・・。
人間は脳の大部分を使っていないと言いますよね。
その使用されていない部分には前述したような飛びぬけた才に
必要な部分が含まれているが、普通はそれは使用できない(しない)。
なぜなら、脳はおろか、人体そのものに多大な負荷がかかるからでしょう。
脳が体全体を支配していることからも容易に想像がつくと思います。
たまに脳の障害がある人の中に能力を発揮する人がいるように、
人格がある才能を発揮したり、そもそも全く違った記憶を持ち得るのや、
全く違った性格で行動をするのは、メモリの使用する部分が
人格によって異なることに、「一つ」の原因があるのではないか。
変数を人格ごとに宣言するというか。
そして、普通の人が使用する部分だけでは複数の人格分のメモリは
確保できないので、普通の人が使用しない部分も使用する、
それが才に繋がるのではないかと。
人間がコンピュータと違うのは、メモリのある部分を
複数の人格で共有できたりする可能性があることでしょうか。

勿論、その記憶の使い方も含め、他の要因もあるとは思います。

654 :644:01/11/28 16:05
>>652=631さん
ひとまずワタシの身の証をたてておこうと思います。
証というほど大袈裟なものではありませんが。

戸籍上の年齢は二十歳で、肉体は女です。
主人格である(?)ワタシは精神的にも女です。
最初に精神科医(と呼ぶのかは知りませんが)に診てもらったのが
二、三歳の頃で、それから幾人もの医師の方々に診察していただき、
検査と実験が繰返されました。
でもその辺りのことについては記憶が曖昧です。
(というか、普段でも自分以外の人格が出ていることが多いので
記憶の欠如が日常のように思えてしまうのですが。)

先生方は容易に「先天性」という言葉を用いたわけではないと思います。
ただ、レア・ケースとして実験材料的な存在ではあったと思いますが。

他の障害も、あります。
それはワタシ以外の人格(仮にAとしておきます)のことなのですが、
彼は解離性遁走の他に鬱病・幻聴・幻視などがあるそうです。
(直接聞いたわけではないので、用語など間違っていたらごめんなさい)
また、A以外の人格でも障害のある人格は複数いるそうです。
ワタシ自身は軽度の鬱と不眠だけなのですが。

精神の領域の病の判断が難しいのは知っていますが、
通常の解離性同一障害ではないこともあってとても不安です。
主治医の方には悪いのですが、
最近になってどんどん他の人格が露出してきているようなのです。

治るのか、治らないのか。
もし治るのだとすれば治療法は何なのでしょう?
今よりさらに良い医師はいるのでしょうか?

655 :615:01/11/28 16:27
>>654
概ね症状は私の彼女と同じです。
一つ異なるのは、644さんが他人格と連絡を取ったことがないってことです。
つまり完全な乖離状態にあるってことでしょうか。
といいましても、私の彼女の場合も初めて自覚したのは
成人後でしたから何とも言えません。

>今よりさらに良い医師はいるのでしょうか?
良い医者というのはあなたが、信頼できる医者のことです。
もし今現在の主治医のことが信頼できないのでしたら、
その旨を主治医と話し合った上で、それでも納得できないのであれば
他の医者を当るのがよいかと思います。
 素人の私が言えることはこの程度しかありません。申し訳ありません。

656 :631:01/11/28 17:36
>>654
>治るのか、治らないのか。
>もし治るのだとすれば治療法は何なのでしょう?
>今よりさらに良い医師はいるのでしょうか?
この辺は難しいですよね。

ただ、いい方向へ向かう気があるのであれば、
それはやはり周りに支えてもらわなければならないですよね。
そもそも、>>644さんが何を以って治療と思えるか、
そこから先ず始めてみるのもいいかもしれません。
それは別に治療とかじゃなくて、
幸福論とかになるかもしれませんけど・・・。

657 :654:01/11/28 17:47
>>655
ということは、
ワタシもこれから他の人格と接触する可能性が高いということですよね。
心の準備をしておこうと思います。

>>656
そうなんですよね。
一概に人格の統合が最良の手段とも言えないわけですし。
こんなことを言える立場ではないかもしれませんが、
他の人格にとっては統合とは消滅に近いことだと思いますし。
もし統合=消滅なら、ワタシの一存で(可能不可能を別にしたら)
統合することはある意味殺人のような気もしますし。
他の人格が存在していることは確かに耐えがたい恐怖ですけれど。

それにしても最近思うんです。
もし、こうしている自分が主人格ではないとしたら?
そうしたらワタシは消滅してしまうのでしょうか?

658 :654:01/11/28 17:48
ごめんなさい。
泣き言を言うのはスレ違いですよね。
すみませんでした。

659 :628 (618.624):01/11/28 18:49
話がだいぶすすんでますね。
615さんと殆ど同意できますので割合させていただきます。
治療に対抗するために出来た人格が混乱させてる可能性は高いですね。

>658
貴方は二十年間他の人格から記憶、交流の面からみても完全に遮断されてるみたい
ですよね、遮断されてるということは貴方が守られてるってことになり
ます。
逆にいえば貴方が背負い込まなければならないものを交代人格達が
全て請け負ってるわけですよね。
ですので貴方が主人格である可能性は非常に高いと思いますよ。

それと自分をDIDの中でもレアなケースで直らないのではとか思い
こんでるみたいですがそんな事無いですよ(ワラ
話をざーと読んだ感じでは大丈夫です。
自分の能力以上の分析能力や客観的能力が備わった人が出る事は珍しく
ないし、それが幼い時にでたというだけで、脳の全能力を使えばどうって
ことないと思います。(全能力も使ってないと思うが)
私はそれよりも理解不能な能力をもった人格にも逢ったことがあります
ので、怯えることはないと思いますよ。

660 :628 (618.624):01/11/28 19:20
おっと、631さんとに同意をつけるのを忘れてましたよ(スマソ
653で言いたかったことも判りますよ(ワラ

661 :615:01/11/29 07:32
>もし統合=消滅なら、ワタシの一存で(可能不可能を別にしたら)
>統合することはある意味殺人のような気もしますし。
まったく同じ理由で私の彼女も統合を拒否していました。
でも最終的には、交代人格のほとんどが統合を望むようになりました。
やがて本人もそれを望むようになリ、唯一最後まで抵抗していた人格は
やがて力を失って行き、無理やり押さえこんだみたいです。
正直言いますと、未だに私は交代人格たちのことが懐かしく思うこともあります。
しかし、彼女はそれで納得しているのでよかったかなと。
こういったわけですので、あなたが望まない限り統合はありえないと思います。
他人格との交渉は非常につらいものです。治療というのは
単純にどんどん良い方向に進むというわけではありません。
間違えなく今より辛いとこを数多く経験しなくてはなりません。
恐らく、その過程で交代人格の数も今より増えることでしょう。
それ以前に、今現在、全部の交代人格が13人というわけではなく、
表に現れている数が13人です。現れれいない人格もまだいるはずです。
非常に大変な作業ですが、自分を知るという意味でもやりがいはあることです。
631さんが、DIDは一つの才能とおっしゃってましたが、ある意味当っていると
思います。大変でしょうが、一般人では絶対に得ることのできないことが得られるます。

>それと自分をDIDの中でもレアなケースで直らないのではとか思い
>こんでるみたいですがそんな事無いですよ
あえて言うならば、DID自体がレアなケースです(藁

DIDの患者を診たという経験のある医者のほうが
正しい治療をできるとは思いません。根本的には他の精神病と繋がる点が数多く
ありますので、あなた自身と主治医とのフィーリングがあうかどうかです。(←曖昧
な書き方でゴメン)
今必要な物は、サポートしてくれる人(家族、医者、友達)と、そしたなによりも
あなた自身の強さです。できる限りの応援はしたいと思いますので、がんばりましょうね!

662 :628 (618.624):01/11/29 13:07
>661
615さんは文章からだけですが、人柄なんでしょうか心の熱さを感じますね。
661の内容は非常に良く判るし、サポート側と治療側の心の葛藤も重なる私としては
頷けます。
しかし654さんなのですが、、非常に不安定な状態で主人格としてのアイディンティティ
が気薄な状態ですので、必ずしも本人だけが読むってことは無いと思います。
読んでる途中であまり感情が高ぶると、他の子が変わって読むことになると思います。
治療を進めるには交代人格を含めた同時進行形がベストと思われるし、
ネット上で主人格をサポートすることは難しいので、
>今必要な物は、サポートしてくれる人(家族、医者、友達)
この身近な人達のバックアップが非常に大切だと思いますし、
どちらかといえば、サポートしてくれる人に微力ながら助言ぐらいは
出来るかもしれませんが。

663 :615:01/11/29 14:04
>>662
そうなんですよね〜。サポートする側の人に対しての
カウンセリングというのは非常に有効な手段だと思います。私も実際に
カウンセリングを受け、大いに助けられました。

664 :615:01/11/29 14:08
DIDの存在を認める、認めないという議論は学術的な定義としては大切でしょうが、
私にとってはどうでもよかったです。私がカウンセリングを受けた医者は、
DIDを完全には認めてなかったようですが、別に何の問題もなかったです。

665 :628 (618.624):01/12/02 11:58
スレ違いになりそうですが、やはり気になりますので、、

>>654さんなのですが
基本人格の貴方は非常に良く守られた状態ですよね、それは幼少の頃からの乖離
と交代によるものだと思いますが。
しかしそうすると、貴方に非常に近い人格がいるはずなのですが、ゆうなれば「裏」
にあたる人格。どちらにしても私が>>646でいった
貴方の場合持って生まれた、感受性、直感が非常に高く、傷つき易い心も備わって
いるはずで、どういうことかというと
他の人以上の類稀な直感能力で傷つくことを見つけ、豊かな感受性でそれを増幅
させてしまい、傷つき易い心でそれを受け入れる作業をしていると思います。
これを請け負っている子がいるはずで、かなり鬱状態にあるかもしれません
そのかわりその子は痛覚などの直接的感覚の多くは感じない可能性もありますが。
その子は非常に悩んでいると思います、感情的に豊かなその子は何故生まれて
きたか、何故辛い思いだけを引き受けていかなかればならないのか。
死んでしまおうか、それとも乗っ取るか、、、基本人格への憎悪。しかし同時に
非常に優しい心も持っているので心の中で葛藤していると思います。
しかしいうなれば、基本人格にも交代人格達にも感情をむけれるその子は非常に
重要かつ鍵となる子だとおもれ、基本人格である貴方はその子を助けてあげな
ければなりません。
その子の感情の流入を貴方が自分の責任として少しずつでも請け負う作業をし、
その子は優しい心で交代人格達への説得を試みていかなければなりません。
そうすれば自ずとどう有るべきか道が開かれていくと思います。

666 :ROM人:01/12/20 20:43
失礼!救助あげいたします。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/20 21:00
こいつは大丈夫か?
http://homepage2.nifty.com/jfc/index.html

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 09:59
こらぁ精神科医!おまいら自然科学のまわりで科学のふりして学者ヅラするんじゃねーよ。
人間ていうもの研究しているくせに人間の事なんて何一つ分かっちゃいねーんだからよ。
おまいらの研究成果って何?色んな病名増やして辞書の厚み増やすだけで何の結果もだせねーくせにYO。
実際、何の役にも立ってないじゃんかよ。そういうのはオナニーと一緒だぜ。自己満足にすぎない。
他の理論と一致せず、ひたすら自分の理論だけ押し通すバカ。宗教の方が信じればよっぽど人を幸せにするぜ。
精神科医は成果が上がらなくても、本人の機能に問題があるからとか言ってごまかせばいいんだからよ。
プロザック渡して訳のわからん論理で言いくるめて終わらせるような安易な解決策とるんじゃねーよ!
精神科医は自分の無知を認めろ!

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 10:18
精神科医って人間に対してほんとミステリーにはまりこんでいるよね。
主人格とか色んな名前つけていかにも人間のこと知ったかぶりしてさあ。
だいたいベイランス(仮面)てのは日常普通の人々が使っている物だよ。
どんな人だって尊敬している人や映画の主人公の口癖や身振りを取り込んだりしたことあるでしょう?
人間、丸一日、色んな変化の感情を経験していれば色々なベイランスをかぶる物なんだよ。
子供ほどそれは顕著に表れ、ストレスがたまった大人ほどそれは少なくなってくる。芸術家は自由にそれを使いこなすことができる。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 10:22
でも普通の人間なら自分で意識的にやっていると自覚しているんだが、逝かれてる人はそれが真実であると思いこみたいほど弱い人なんだよ。
その世界に逃げ込んだ人を見ればその人はまるで虚言症、妄想癖のようになってしまう。
彼らは本当はそれを嘘だと知っているんだよ。でもそれに直面しようとしない。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 10:23
他の人が無理矢理逝かれている人に直面しようとすれば狂ったように怯えたり、暴れたりすることもあるだろう。
怒られたら笑ってごまかす人もその出来事に直面していないんだよ。
でもその人に笑ってごまかしていることを責めて、メンツをつぶしたりすると、その人は逆切れしたり、悔しさの余り泣き出すかもしれない。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 10:30
精神科医は自分自身がウトゥなヒトが多い。
いつもそんな人ばかり相手にしているからなのか・・・。
おもしろいヒトのそばにいれば楽しくなるからねえ。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 19:34
残念ながらこのスレッドには専門の精神科医は出入りしてませんよ。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/27 03:53
ちょっと上がるとすぐこれだもんねぇ(ワラ

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 06:14
あげ

676 :名無しさん:02/01/12 19:36
ジサク自演も多重人格のうちなのでしょうか?先生!

677 :SE7EN:02/01/12 20:02
多重人格のイメージを知りました。

演技するときとよく似ているそうです。

678 :名無しさん:02/01/12 20:26
そうか、じゃあきっとあの人も・・。

679 :名無しさん:02/01/12 22:57
ここで、こんな事ばかりしてる奴と結婚したり恋愛できる奴って、
はっきりいって気持ち悪い
一日中、ここで書き込みつづけて、楽しいの?
あんたって、重症の精神病ね。
誰が、お前みたいな男の子とを好きになれるか!
この蛆虫、乞食、ごみ!

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:10
いやあー友達で男の前になると急に態度が変わる人いるけど、それは多重人格じゃないの?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:35
それはよからぬ事を考えているとかだろうな

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:49
なんかそういうコむかつくYO!

683 :名無しさん:02/01/13 21:24
あんた、馬鹿だから、仕事も無かったのね。情けない
狂ったように激しいジサク自演、低い年収、こんな奴、本気で相手にする女いるの?

684 :なル:02/01/16 19:15
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1002466412/l50
突然申し訳ないですが、上記スレッドの>28お願い。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 15:03

テレビが多重人格を作った(↓の最初のほう。280以降もおすすめ)。

http://life.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1005252226/280-


686 :631:02/01/18 19:08
最初の三行まで読んで読むのやめた。メタ意識て。
そんなもんでなるんならみんななってるよ・・・。
机上の空論としか言いようが無い。終わり。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/04 21:22
agetokimasu

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/12 21:05
あの、知り合いで一人称の呼び方がコロコロ変わる人がいるんですが。
それは多重人格ってものに関係あるんでしょうか?


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/13 02:17
関係ありません。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/13 19:44
関係ないんですか。
安心しました。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/14 02:54
がいしゅつだったらごめんね。
多重人格本人のHPダヨ。
ウオッチ版で多重人格の偽者がいるって話があって凄く荒れたけど、
どうやらこの人は本物らしい。
http://dissociative-disorder.kdn.jp/

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/03 00:13
あげ

693 : :02/04/13 06:08
今夜の実況は こちらで

激闘 カリスマ先生5人 ◆ 多重人格の少女
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1018642301/



694 :メンヘル板に投票しようよ!:02/04/13 11:40
投票所 投票スレッドに<<メンヘル>>と投票を
http://live.2ch.net/vote/index.html   

★2ちゃんねる全板人気トーナメント@メンヘル
http://life.2ch.net/test/read.cgi/utu/1018537735/l50


695 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 19:37
                  ,イ^i                   l
                 ,イ::::  l               __  _l
                /::::::::   l                 ,. |
               /::::::::::    {       /|     __/ __|
             /::::::::    _`-、_  /:: {
            /:::::::::::   < 。\    ̄  __ l     ___  l
           ./:::::::::::    r  ̄ ̄ :::::::..... <。゙yi         /
           /:::::::::::      人   :::::::::::::::. ̄、{      \ ´,
           |:::::::::::.       l __`ー-、.__,,.ノ!  !       `'´ ,
           |::::::::::::.        \ ..`..____' /  |      ─ r‐┘
           .l:::::::::::::.       \:::::::::::::::::::::/   /        ’  ,
           ヽ::::::::::. ___    \_ ̄~^/   ,/     ───┘
             \::/`ー---‐^ヽ    ゙`='   /      _ _l
              l:::      l         /           ’  l
         _ /,--、l::::.      ノ       l         ̄ .| ̄
     ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l        \         ___l
    ,/   :::         i ̄ ̄  |         \
   /:::::::.        l:::    l:::::::   l           \        l
  l:::::::::::.   l:::    !::    |:::::::   l            \   __ _l
  |:::::::::l::::  l:::    |::    l:::::     l              l     |
  |::::::::::l:::.   }:::   l:::::,r-----    l               l  __ノ
  ヽ::::::::l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /                 |     |
  /\::::`ー‐'  / l__l;;;;;;;;;;;/                    |
/   `           /                        __|

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/14 15:02
極限状況に対抗するために産まれる多重人格
良く聴きますがこんな適応作用が人の精神に本当にあるのですか?

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/18 01:35
この間、夢を見たんですけど、私がテストをしてるんです。
で、答えが解らないから、隣の人のをカンニングしたんです、それで
答えが解った。自分の夢なのに答えが解らず、夢の中の他人に答えを
教えてもらった、何か変じゃないですか?
他にも、自分がいて相手がいるんだけど相手が何を考えているのか解らない。
まーある程度、予測はできますけど完璧じゃない。
自分の夢なのに変じゃないですか?
これは、多重人格障害のメカニズムと何かしら関係がある気がするんですけど。

たぶん、多重人格障害っていうのは、夢の中(頭の中)で知らない人と話をして
自分が行動したり、あるいは逆に相手が行動する。
そんな感じではないでしょうか?
今度夢を見た時、知らない人に命令してみてください、言う事を素直に聞いたら、
素直な人(人格)、言う事を聞かなければわがままな人(人格)
がいたと言う事になるんじゃない?



698 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/04/18 01:40
多重人格とは、理性の演技にすぎず、現実逃避オナニーのようなもんです。
サイコドラマの見過ぎによるブルーナルシスのお涙頂戴劇にすぎません。
心理学とかって、ほんともっともらしい無意味な学問ですね(ワラ

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/18 01:58
脳の中の幽霊、面白い。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/20 09:34
>>697
>>691のサイトに逝ってみ?
詳しく書いてあるから。


701 :名無しさん@お腹いっぱい:02/04/23 00:51
子供の頃、自分の中に三人居ました。
私と、少し年上の女の子と、大人の男性です。
少し年上の女の子は、話し上手で要領が良く、人ウケの良い子でした。
反面、イタズラの度が過ぎる人でした。度が過ぎるというよりも、危険でした。
攻撃性が強く、いつか大事を起こすのではと思いました。
私と大人の男性が相談して、その子を眠らせることにしました。
男性もその子を押さえる為に出てこれなくなると言われました。

夢だったのか現実だったのか。
最近わからなくなってきました。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/26 17:45
>>701
DAKARA?

309 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)